歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2016年03月11日)
バックナンバー
最新ニュース
2016/03/20
2016/03/19
2016/03/18
2016/03/17
2016/03/16
2016/03/15
2016/03/14
2016/03/13
2016/03/12
2016/03/11
2016/03/10
2016/03/09
2016/03/08
2016/03/07
2016/03/06
2016/03/05
2016/03/04
2016/03/03
2016/03/02
2016/03/01
2016/02/29
2016/02/28
2016/02/27
2016/02/26
2016/02/25
2016/02/24
2016/02/23
2016/02/22
2016/02/21
2016/02/20
2016/02/19
2016/02/18
2016/02/17
2016/02/16
2016/02/15
2016/02/14
2016/02/13
2016/02/12
2016/02/11
2016/02/10
2016/02/09
2016/02/08
2016/02/07
2016/02/06
2016/02/05
2016/02/04
2016/02/03
2016/02/02
2016/02/01
2016/01/31
2016/01/30
2016/01/29
2016/01/28
2016/01/27
2016/01/26
2016/01/25
2016/01/24
2016/01/23
2016/01/22
2016/01/21
2016/01/20
2016/01/19
2016/01/18
2016/01/17
2016/01/16
2016/01/15
2016/01/14
2016/01/13
2016/01/12
2016/01/11
2016/01/10
2016/01/09
2016/01/08
2016/01/07
2016/01/06
2016/01/05
2016/01/04
2016/01/03
2016/01/02
2016/01/01
2015/12/31
2015/12/30
2015/12/29
2015/12/28
2015/12/27
2015/12/26
2015/12/25
2015/12/24
2015/12/23
2015/12/22
2015/12/21
2015/12/20
2015/12/19
2015/12/18
2015/12/17
2015/12/16
2015/12/15
2015/12/14
2015/12/13
2015/12/12
2015/12/11
2015/12/10
2015/12/09
2015/12/08
2015/12/07
2015/12/06
2015/12/05
2015/12/04
2015/12/03
2015/12/02
2015/12/01
2015/11/30
2015/11/29
2015/11/28
2015/11/27
2015/11/26
2015/11/25
2015/11/24
2015/11/23
2015/11/22
2015/11/21
2015/11/20
2015/11/19
2015/11/18
2015/11/17
2015/11/16
2015/11/15
2015/11/14
2015/11/13
2015/11/12
2015/11/11
2015/11/10
2015/11/09
2015/11/08
2015/11/07
2015/11/06
2015/11/05
2015/11/04
2015/11/03
2015/11/02
2015/11/01
2015/10/31
2015/10/30
2015/10/29
2015/10/28
2015/10/27
2015/10/26
2015/10/25
2015/10/24
2015/10/23
2015/10/22
2015/10/21
2015/10/20
2015/10/19
2015/10/18
2015/10/17
2015/10/16
2015/10/15
2015/10/14
2015/10/13
2015/10/12
2015/10/11
2015/10/10
2015/10/09
2015/10/08
2015/10/07
2015/10/06
2015/10/05
2015/10/04
2015/10/03
2015/10/02
2015/10/01
2015/09/30
2015/09/29
2015/09/28
2015/09/27
2015/09/26
2015/09/25
2015/09/24
2015/09/23
2015/09/22
2015/09/21
2015/09/20
2015/09/19
2015/09/18
2015/09/17
2015/09/16
2015/09/15
2015/09/14
2015/09/13
2015/09/12
2015/09/11
2015/09/10
2015/09/09
2015/09/08
2015/09/07
2015/09/06
2015/09/05
2015/09/04
2015/09/03
2015/09/02
2015/09/01
2015/08/31
2015/08/30
2015/08/29
2015/08/28
2015/08/27
2015/08/26
2015/08/25
2015/08/24
2015/08/23
2015/08/22
2015/08/21
2015/08/20
2015/08/19
2015/08/18
2015/08/17
2015/08/16
2015/08/15
2015/08/14
2015/08/13
2015/08/12
2015/08/11
2015/08/10
2015/08/09
2015/08/08
2015/08/07
2015/08/06
2015/08/05
2015/08/04
2015/08/03
2015/08/02
2015/08/01
2015/07/31
2015/07/30
2015/07/29
2015/07/28
2015/07/27
2015/07/26
2015/07/25
2015/07/24
2015/07/23
2015/07/22
2015/07/21
2015/07/20
2015/07/19
2015/07/18
2015/07/17
2015/07/16
2015/07/15
2015/07/14
2015/07/13
2015/07/12
2015/07/11
2015/07/10
2015/07/09
2015/07/08
2015/07/07
2015/07/06
2015/07/05
2015/07/04
2015/07/03
2015/07/02
2015/07/01
2015/06/30
2015/06/29
2015/06/28
2015/06/27
2015/06/26
2015/06/25
2015/06/24
2015/06/23
2015/06/22
2015/06/21
2015/06/20
2015/06/19
2015/06/18
2015/06/17
2015/06/16
2015/06/15
2015/06/14
2015/06/13
2015/06/12
2015/06/11
2015/06/10
2015/06/09
2015/06/08
2015/06/07
2015/06/06
2015/06/05
2015/06/04
2015/06/03
2015/06/02
2015/06/01
2015/05/31
2015/05/30
2015/05/29
2015/05/28
2015/05/27
2015/05/26
2015/05/25
2015/05/24
2015/05/23
2015/05/22
2015/05/21
2015/05/20
2015/05/19
2015/05/18
2015/05/17
2015/05/16
2015/05/15
2015/05/14
2015/05/13
2015/05/12
2015/05/11
2015/05/10
2015/05/09
2015/05/08
2015/05/07
2015/05/06
2015/05/05
2015/05/04
2015/05/03
2015/05/02
2015/05/01
2015/04/30
2015/04/29
2015/04/28
2015/04/27
2015/04/26
2015/04/25
2015/04/24
2015/04/23
2015/04/22
2015/04/21
2015/04/20
2015/04/19
2015/04/18
2015/04/17
2015/04/16
2015/04/15
2015/04/14
2015/04/13
2015/04/12
2015/04/11
2015/04/10
2015/04/09
2015/04/08
2015/04/07
2015/04/06
2015/04/05
2015/04/04
2015/04/03
2015/04/02
2015/04/01
2015/03/31
2015/03/30
2015/03/29
2015/03/28
2015/03/27
2015/03/26
2015/03/25
2015/03/24
2015/03/23
2015/03/22
2015/03/21
2015/03/20
横道坊主、二周忌を前に橋本潤の生誕ライブを開催
Fri, 11 Mar 2016 20:00:00 +0900
『Hashimoto Jun 57th Anniversary』 (okmusic UP\'s)

2014年4月14日にベーシストである橋本潤が旅立って、もうすぐ2年。4月8日には57歳の誕生日を迎えるということで、その翌日9日に吉祥寺ROCK JOINT GBにおいて、横道坊主名義による『Hashimoto Jun 57th Anniversary』と銘打ったライブが開催される。

【その他の画像】横道坊主

さらに、ゲストとして“三宅伸治&THE TRAMP”で活動を共にした盟友の三宅伸治(Vo&Gu)、橋本がバンマスを務めた“橋渡し”の相方であるトランぺッター 渡辺隆雄、吉祥寺や下北沢拠点に活動する3ピースバンドの“She’s q”のベーシスト 橋本泰斗の3人が参加! ちなみに、橋本泰斗は橋本の次男である。

もちろん橋本の逝去後、ずっとサポートベーシストとしてバンドを支えてきている永渕英男(スリルラウンジ)も参加する。

そんな橋本と深いつながりのあったゲスト達やサポートメンバーとともに開催される57th生誕ライブ。いつも以上に胸を熱くさせられること必至だ。是非とも足を運び、橋本の57歳の誕生日を盛大に祝ってほしい。

■『Hashimoto Jun 57th Anniversary』

4月09日(土) 吉祥寺ROCK JOINT GB
OPEN 18:30 / START 19:00
GUEST:三宅伸治、渡辺隆雄、橋本泰斗
<チケット>
¥4,000 / ¥4,500
info:RJGB:0422-23-3091
http://info85594.wix.com/rjgb
■チケットはe+で発売中!
http://eplus.jp/sys/T1U90P006001P0050001P002177864P0030001P0007

【関連リンク】
横道坊主 オフィシャルHP
橋渡し、スペシャルライブがCD化! 発売記念マンスリーライブも開催!
東日本大震災復興チャリティーライヴ「希望の日」、今年も開催!
スリルラウンジ、リリースを前にニューアルバムのタイトル曲「ルーシーの太陽」リリックビデオを公開

【関連アーティスト】
横道坊主, 三宅伸治, 橋渡し
【ジャンル】
ジャパニーズロック

SPYAIR、1万人との約束を果たす単独野外ライブを7月に開催
Fri, 11 Mar 2016 00:00:00 +0900
『JUST LIKE THIS 2016』 (okmusic UP\'s)

昨年結成10周年、デビュー5周年を迎えたSPYAIR。ストリートライブからスタートした自分たちの原点を改めて振り返り、あくまでも“野外"にこだわり、山梨県の富士急ハイランド・コニファーフォレストで『JUST LIKE THIS 2015』を開催。SPYAIR単独野外ライブ史上最大の1万人を集客した。この1万人の景色を目の当たりにしたボーカルIKEが「こんなヤバいものが見れるなら、2016年、17年、18年と、ずっとやっていくべきだよね!? また真夏の真ん中にみんなで遊ましょう!」と、イベントの継続を宣言。この日の約束通り、7月30日に富士急ハイラント?・コニファーフォレストにて『JUST LIKE THIS 2016』の開催が決定した。


【その他の画像】SPYAIR

昨年、結成10周年・デビュー5周年を迎えたSPYAIR。夏にはバンド単独野外ライブ史上最大級の『JUST LIKE THIS 2015』を開催、秋には大人気TVアニメ『ハイキュー!! セカンドシーズン』のオープニングテーマとなったシングル「アイム・ア・ビリーバー」と、2年ぶりとなるオリジナル・フルアルバム『4』を発表。年末にはバンド初の2大アリーナツアーを開催するなど、大躍進の1年となった。

そして今年1月よりロングセールス中のアルバム『4』を携えて行っていた全国ホールツアー[SPYAIR TOUR 2016 『4 ?for-』]が3月10日に東京・NHKホール公演でファイナルを迎えた。

バラエティに富んだアルバム収録曲1曲1曲の個性を、紗幕、特効、レーザー等で演出。会場に集まったファンを作品の世界にどっぷり引き込んだ。またアルバムにゲストボーカルとして参加、20代女性から絶大な支持を受けているシンガー“JASMINE"がサプライズで登場、ツアーファイナルを大いに盛り上げた。

今年のテーマはズバリ“ロックスター"!
ロックスター達に憧れてバンドを始め、ロックスター達が立ったライブフェスのステージに憧れて、それを目指してストリートライブからスタートしたSPYAIRならではの夢のステージを実現する! オフィシャルファンサイト「AIR-GATE」ではチケット最速先行予約受付中! SPYAIRの熱い夏にご期待あれ!

【SPYAIRコメント】
去年の熱い1日から早1年。
俺らとみんなの夏の約束。
“JUST LIKE THIS"が今年も開催決定しました!!

野外ライブがSPYAIRを育ててくれました。みんなとの繋がりをくれました。
ロックスター達に憧れて、バンド始め出して、ロックスター達が立ったライブフェスのステージに憧れて、それを目指して野外ライブで音を鳴らしてきました。

そして、去年。
俺たちが夢に描いた景色が目の前に広がってました。
本当にあの時のみんなの最高の笑顔が忘れられなくて

忘れられなくて

また、あの笑顔に会いたくて、この1年を全力で走ってきました。

今年も突き抜ける空が世界で一番気持ちいい場所で、
SPYAIRの名の下に集まったみんなと歌い、笑い、感動の涙を流したい。

富士急ハイランドで待ってます!

■『SPYAIR単独野外ライブ「JUST LIKE THIS 2016」 』

7月30日(土) 富士急ハイランド・コニファーフォレスト
開場 16:00 開演17:00(19:30終演予定)

■イベント特設サイト
http://www.spyair.net/justlikethis2016/

【関連リンク】
SPYAIR、シングル曲網羅の最強セトリで息つく暇もないステージ披露「さいたま、ぶち上げていこうぜー!」
SPYAIR、約2時間に及ぶ熱いパフォーマンスで台湾初ワンマンが大盛況
SPYAIR、日本工学院専門学校にてX\'masスペシャルトークイベントを開催
SPYAIR、新作『4』を携えての全国ホールツアーの東名阪追加公演が決定

【関連アーティスト】
SPYAIR
【ジャンル】
ジャパニーズロック

DECAYS、新作のアートワーク解禁&RECに小林祐介(THE NOVEMBERS)が参加
Fri, 11 Mar 2016 17:00:00 +0900
シングル「ビロードの鳥」 (okmusic UP\'s)

DIR EN GREYのDieとMOON CHILDの樫山圭によるプロジェクトユニット・DECAYSが4月からスタートさせるライブツアー「TOUR2016 PINK=FLORID」より会場限定販売するシングル「ビロードの鳥」のアートワークを公開した。

【その他の画像】DIR EN GREY

アートワークは春らしいピンク色を基調に、白いチューリップなどが描かれたイマジネーションをかき立てるデザインとなっている。この「ビロードの鳥」はライブ会場限定で発売されるので、ライブに参加する人はぜひ手に入れてもらいたい。また、今作のレコーディングメンバーに小林祐介(THE NOVEMBERS)がギターで参加している事もあきらかになった。G.Terrenceやチドニーもヴォーカルとして参加している。このシングルがいち早く入手できるライブツアー「TOUR2016 PINK=FLORID」のチケットは、3月12日(土)から一般発売がスタートするので、この機会をお見逃しなく。

今回のシングル発売に際して、Dieと樫山からのコメントも公開された。ニューシングル「ビロードの鳥」について、Dieは「1年前から試行錯誤を繰り返し、いつも以上に『歌』に重きを置いて今回やっと音源として形にすることができた」、樫山も「1年間も手が掛かって育ててきた曲なので、今度は聴いてくれる皆と一緒にこの手の掛かる曲を一緒に育てていきたいですね!」と語っている。さらに4月からのツアーについても「新たなメンバー編成で新たなDECAYSの音を響かせます。楽しみにしていてください」(Die)、「怨念系? 基本怨みを歌い続けている中村 中と、ダンス × デジタル × シューゲイザーを軸に、どちらかと言えばHAPPY感のあるDECAYSの生み出すROCKとが、どう合わさって混ざって融合していくのか自分自身も楽しみにしています」(樫山)と期待を煽るコメントを寄せているので、ぜひ各会場で新たに生まれ変わったDECAYSの姿を目撃してほしい。

■【DECAYSよりコメント】

■Die
1年前から試行錯誤を繰り返し、いつも以上に「歌」に重きを置いて今回やっと音源として形にすることができた「ビロードの鳥」。
この季節に似合う楽曲に仕上がったと思います。
そしてTOUR2016 PINK=FLORID。
新たなメンバー編成で新たなDECAYSの音を響かせます。
楽しみにしていてください。

■樫山圭
今回のビロードの鳥のレコーディングが終わり、この曲の生まれてきた時間を振り返ってみました。
この曲は、去年の2月ぐらいから何度も何度もアレンジや曲の構成を変更してきて、歌詞を英語にしてみたり日本語にしてみたり、ちょうど1年間も試行錯誤してきて1つの形にたどり着いた曲です。
タイトルもかなり悩んで何度も変更して決まりました。
1年間も手が掛かって育ててきた曲なので、今度は聴いてくれる皆と一緒にこの手の掛かる曲を一緒に育てていきたいですね!

そのビロードの鳥の完成形のお披露目になる今回のDECAYSツアーは、DECAYS × 中村 中のコラボレーションでライヴを演るのですが、どんなステージになるんだろうか?
怨念系? 基本怨みを歌い続けている中村 中と、ダンス × デジタル ×シューゲイザーを軸に、どちらかと言えば HAPPY感のあるDECAYSの生み出すROCKとが、どう合わさって混ざって融合していくのか自分自身も楽しみにしています。
Dieと中の歌の振り分け(ツインヴォーカル)や、曲のアレンジを考えてると、音域の難しさなどはあるんだけれど、上手くハマれば新しい音楽ジャンルを作れそうな期待が自分の中にあります。
この新しい空間になるであろう、PINK=FLORIDツアーを楽しみにしていて下さい!

■会場限定シングル「ビロードの鳥」

2016年4月1日より
『TOUR2016 PINK=FLORID』会場にて販売開始
価格:¥500
<収録曲>
01. ビロードの鳥

《RECORDING MEMBER》
Vocal & Guitar Die
Drums 樫山 圭
Guitar 小林 祐介
Bass & Vocal G.Terrence
☆ & Vocal チドニー
Violin Ayasa

■『TOUR2016 PINK=FLORID』

4月01日(金)  愛知・HOLIDAY NEXT NAGOYA
4月02日(土)  大阪・心斎橋SUNHALL
4月09日(土)  東京・新宿ReNY
<チケット>
一般発売:3月12日(土)

【関連リンク】
DECAYS オフィシャルHP
YOSHIKI×ゴールデンボンバー、本音と即興演奏が飛び出しまくった伝説の夜!
京(DIR EN GREY / sukekiyo)、最新詩集のアートワーク解禁
YOSHIKI×金爆によるニコ生特番にDIR EN GREYのShinyaのゲスト出演が決定

【関連アーティスト】
DIR EN GREY, THE NOVEMBERS, MOON CHILD, DECAYS
【ジャンル】
ジャパニーズロック

Shout it Out、新作発売記念フリーペーパーにて渋谷龍太(SUPER BEAVER)等と対談
Fri, 11 Mar 2016 19:30:00 +0900
『僕たちが歌う明日のこと』発売記念フリーペーパー (okmusic UP\'s)

Shout it Outが全国流通盤4曲入りEP『僕たちが歌う明日のこと』の発売を記念したフリーペーパーをEPの発売日である3月16日より全国の主要レコード店にて配布する事を発表した。

【その他の画像】SUPER BEAVER

このフリーペーパーでは「Shout it Outが逢いたい人」をテーマに対談をオファー。メンバー全員が大きな影響を受け、憧れのバンド像だと公言しているSUPER BEAVERからフロントマンの渋谷龍太、Shout it Outの楽曲をいち早くキャッチし、自身のSNSで発信していたという、音楽好きとしても広く知られる俳優の須賀健太。そしてShout it Outの転機となった10代限定の夏フェス「未確認フェスティバル2015」の予選時から、彼らを見守り、認めてくれた存在だと慕う、人気ラジオ番組「SCHOOL OF LOCK!」パーソナリティーのとーやま校長、あしざわ教頭が出演を快諾し、それぞれ熱い対談を繰り広げた。

■【EP『僕たちが歌う明日のこと』発売記念フリーペーパー 詳細】

2016年3月16日より全国の主要レコード店にて配布
<内容>
■対談1
山内彰馬(Shout it Out) × 渋谷龍太(SUPER BEAVER)
■対談2
Shout it Out ×須賀健太
■対談3
Shout it Out ×とーやま校長、あしざわ教頭(「SCHOOL OF LOCK!」パーソナリティー)

【関連リンク】
Shout it Out オフィシャルHP
BIGMAMA、10代限定ライブの対バン相手がついに決定
Shout it Outの新曲が『未確認フェスティバル2016』公式応援ソングに決定
Shout it Out、新作のビジュアル&ジャケットデザインを公開

【関連アーティスト】
SUPER BEAVER, Shout it Out
【ジャンル】
ジャパニーズロック

LGYankeesが東日本大震災への想いを込めた楽曲の制作秘話を語る
Fri, 11 Mar 2016 19:00:00 +0900
LGYankees (okmusic UP\'s)

東北出身のLGYankeesが、東日本大震災への想いを込めた楽曲「星に願いを 〜Wish to the Stars〜 with はたけ (シャ乱Q), 熊谷育美, 閃雷」の制作秘話を語った。

【その他の画像】熊谷育美

2011年3月11日に東日本大震災が起きてから5年が経った2016年3月11日、東北出身のアーティスト・LGYankees HIROが復興への想いを込めて制作した、東日本大震災復興メモリアルソング「星に願いを 〜Wish to the Stars〜 with はたけ (シャ乱Q), 熊谷育美, 閃雷」。本楽曲は、先月2月10日に発売したコラボアルバム『LGYankees with Friends』の収録曲である。応援ソングではなく、あくまでも被災当事者としての立場から制作されたポジティブで力強い作品となっている。

なお、「星に願いを 〜Wish to the Stars〜 with はたけ (シャ乱Q), 熊谷育美, 閃雷」のミュージックビデオは、LGYankeesの“歌詞を含め、全体を見て聴いて何かを感じ取って欲しい"という想いにより、3月11日からYouTubeにてフル尺で見ることができるので、ぜひチェックしてみてほしい。

■「星に願いを 〜Wish to the Stars〜 with はたけ (シャ乱Q), 熊谷育美, 閃雷」MV
https://youtu.be/VRTKfMYFeBo

■【LGYankees HIROよりコメント】

この楽曲を制作することになった始まりは、シャ乱Qのはたけさんが原曲となる「星に願いを...(Wish to the Stars)」を僕に聴かせてくれたことでした。
東日本大震災直後、はたけさんは「アーティストである自分には、何かいち早くできることがあるだろう...」と余震が続く中がむしゃらに楽曲制作に取り組んだそうです。
その曲はとても耳に残り、とにかく胸に響く内容だったので、「この曲を僕のアルバムに収録してもいいですか?」と尋ねると、「いいよ」とその場で快諾してくださいました。
ただし、それには条件がありました。その内容とは、「震災当事者としてのメッセージを込めた内容に詞をリメイクすること」「この楽曲のテーマに共感できる東北を中心に活動しているアーティストと一緒に歌うこと」でした。

その時、正直僕自身はあまりピンと来ていませんでした。

はたけさんと相談し、レコーディングもミュージックビデオの撮影も仙台で行うことに決まると、その日はすぐにやってきました。
フィーチャリングとして参加して貰った、同じく宮城県出身の熊谷育美さんと閃雷さんとの簡単な挨拶を済ませると、すぐにレコーディングが始まったのですが、僕を含め、他のアーティスト達も次第に言葉数が減り、レコーディングに集中しました。

"その土地で、その空気感で、その経験をした人間達が「震災」というテーマに音楽で正面から向きあう"

きっと各々の気持ちがそのような空気感をつくることを、はたけさんは最初からわかっていたんだと思います。

「星に願いを 〜Wish to the Stars〜 with はたけ (シャ乱Q), 熊谷育美, 閃雷」という楽曲は、決してネガティブではなく、前に進もうという気持ちが沢山積もった力強い作品になりました。

【関連リンク】
LGYankees オフィシャルHP
LGYankees、初のコラボアルバム『LGYankees with Friends』SPダイジェスト映像を解禁
LGYankees、はたけ(シャ乱Q)プロデュースの新曲MVを解禁

【関連アーティスト】
熊谷育美, LGYankees, シャ乱Q
【ジャンル】
J-POP

がんばれ!Victory、イシバシ楽器にて「青春!ヒーロー」譜面付きフライヤーを無料配布
Fri, 11 Mar 2016 18:00:00 +0900
がんばれ!Victory (okmusic UP\'s)

がんばれ!Victoryが1stアルバム『十代発表』のリリースを記念して3rdシングル「青春!ヒーロー」の譜面付きフライヤーをイシバシ楽器限定で全店舗で無料配布する事が決定した。

【その他の画像】がんばれ!Victory

フライヤーには楽譜に加え、れな(Gt.)によるワンポイントアドバイスなども掲載されている。配布は各店舗によって随時スタートするとのこと。是非ゲットして、がんばれ!Victoryをコピーしよう。またイシバシ楽器のサイト内にはがんばれ!Victoryの特設サイトも開設中なので、こちらも是非チェックを。

さらに、『十代発表』の発売を記念したリリースイベントも決定。3月17日(木)タワーレコード渋谷店でのフルセットライブなど連日フリーイベントが開催されるので、気になる方はお近くの会場へ足を運んでみよ う。

■イシバシ楽器内 特設サイト
http://www.ishibashi.co.jp/sale-event/ganbarevictory-info/

■【1stアルバム『十代発表』発売記念イベント 詳細】

3月17日(木)  タワーレコード渋谷店 B1 CUTUP STUDIO
時間:19:00〜
内容:フルセットバンドライブ
3月18日(金)  ポニーキャニオン1F イベントスペース
時間:19:00〜
内容:アコースティックライブ
3月19日(土)  タワーレコード池袋店
時間:13:00〜/15:00〜
内容:アコースティックライブ
3月20日(日)  ダイバーシティ東京プラザ 2Fフェスティバル広場
時間:13:00〜
内容:アコースティックライブ

【関連リンク】
がんばれ!Victory オフィシャルHP
がんばれ!Victory、埼玉西武ライオンズ試合中継番組2016シーズンテーマソングを担当
がんばれ!Victory、TOKYO FM『deeper deeper』の3月度マンスリーパーソナリティに決定
がんばれ!Victory、メジャー1stアルバム『十代発表』のジャケ写を公開

【関連アーティスト】
がんばれ!Victory
【ジャンル】
ジャパニーズロック, 女性アイドル

SuG、ミニアルバム発売を記念して各界の著名人から推薦コメントが到着
Fri, 11 Mar 2016 16:00:00 +0900
SuG (okmusic UP\'s)

3月9日にメジャー1stミニアルバム『VIRGIN』をリリースしたSuG。音楽、ファッション、映像、アートetc…ジャンルを横断して活躍するSuGに向けて、彼らと親交の深い各界のアーティストや著名人からの推薦コメントが寄せられた。

【その他の画像】清春

その多彩な顔ぶれを見るだけで、SuGがいかに独自のスタイルで活動を展開しているか、またその支持が広がっているかがお分かりいただけることかと思う。

また、SuGはAWAで公式アカウントを立ち上げ、『VIRGIN』リリースを記念した特別施策を実施中だ。3月7日から7日間連続で、『VIRGIN』収録楽曲を一日一曲ずつ解禁するとともに、その楽曲にちなんだテーマのプレイリストをメンバーが 選曲し、公開している。3月10日現在、「teenAge dream」「SIKC\'S」「桜雨」「純・不純異性交遊」の4曲が解禁され、それら4曲にちなんだプレイリストがそれぞれ公開されているので、ぜひこちらもチェックしてほしい。

■【推薦コメント】※五十音順

■石井 龍(2.5D プロジェクトマネージャー)
いくら机に向かえども一向にペンが進まず、推薦コメント(とても光栄です)を考えていました。SuGについて書きたいことが多すぎるのか、書くべきことが多すぎるのか、とにかくペンが進まずしばらく頭をひねった結果、趣旨とは違うかもしれませんが、楽曲、MVともに突き刺さった 『teenAge dream』について書こうと、決心しました。

この楽曲を初めて耳(目)にしたのはYoutubeにアップされたMVです。ゆっくりとはじまる序盤から、バラードかなと思ったのも束の間、どんどんドライブし、ラストの盛り上がりを過ぎるとたちまち物寂しくなる感じがまさに"ティーンエイジ"だなと。武瑠さんとは「TOKYO COLOR CONTACT 2」というファッション番組をともに作っていますが、映像中のFACETASMのベストやSupreamのイスといったファッションプロダクト、私物が多いというインテリアの数々。ファッションへの熱をうまく散りばめ、「器用貧乏」ではなく自分が持つもの全てをさらけ出した「マルチな表現」 で、総力戦に打って出るその姿勢に感動を覚えました。

おなじく「初期衝動」がテーマのこの楽曲が『VIRGIN』の口火を切るということで、まず自分には突き刺さるんだろうと思いつつ、どんな世界観を作り上げたのか、今からワクワクしています。

■清春
前作も普段自分の車の中で聴けるくらいクオリティ高かったので今作は更に期待しています。武瑠君は、ルックスだけでは無くミュージシャンとして評価されるべき子なんだと思います。

■下埜正太(FM OSAKA「BUZZ ROCK」DJ)
こんバズロック!! 極彩色溢れるステージも極悪過ぎるライブもよく似合うSuGの新作は原点回帰にして初期衝動フルスロットル。今までカラフルも真っ黒も艶やかに颯爽と着こなしてきて今回は『パープル』。そこには中2病的モヤっとドロっとした強烈な欲求不満も見え隠れ! あ!これこそ去年久々に大阪でやってくれた『遠隔おっぱい』だ!! 違うか!?(笑) バイバズロック〜〜!!

■たむらぱん
SuG結成10年目おめでとうございます。初めて武瑠くんと会ったときに思った。実現力に底の無い人だと。想像したりなんていくらでも出来るけど、そこに実現を兼ね備える格好良さよ。そしてめまぐるしく表現するSuGバンドを見てると、ますますバンドいいなーって思っちゃうので す。また何か面白いことやりましょう。宇宙とか。

■TeddyLoid
"VIRGIN"のリリース、おめでとうございます。
SuGさん、そして武瑠さんとの浮気者、それぞれの楽曲制作は今でも強く記憶に残っています。
アートワークやサウンドへの大胆なアプローチは毎回楽しみですが、
トレンドをおさえつつ、そのどれもがすぐにSuGさんだと分かるように仕上げるオリジナリティが凄いですね。
僕も、いつまでも"VIRGIN"な気持ちで音楽と向き合っていこうと思います。
また作品を一緒に作りましょう!

■Tom-H@ck
メジャーデビューからずっと関わっているSuG。
SuGの魅力を一言でなんか語れませんが、ただの「バンド」の括りでは絶対に語れないスケールの大きさがあります。
楽曲1つとっても、映像、ファッション、ビジュアル、歌詞、個性的な歌声、物語性…
言葉では語り尽くせない沢山の要素が詰め込まれた、多数の"面"からユーザーを魅了する、もはや1つのコンテンツであります。
カラフルになったり、はたまたブラックになったり、オシャレな曲になったと思えば、ヘヴィーな曲でスピード感を刻んだり。
「SuG」というバンドは最高のエンターテイメントが詰まったびっくり箱そのものかもしれません。

また、深く深く追いかけていくとわかります。
「表層に浮かんでいるだけのアーティストではない」ことが。
そこには"深さ"もあります。

このミニアルバムには、またワンステップ、ツーステップと成長したメンバーの姿が刻まれています。
今度もどんな世界で僕らを魅了してくれるのか。
ニューミニアルバム『VIRGIN』是非堪能してください!

■中郡暖菜(「LARME」編集長)
武瑠さんへ
SuG結成10年目&"VIRGIN"発売おめでとうございます!
音楽はもちろん、ファッションに関しても多大なる才能とセンスを
お持ちの武瑠さんは、今を生きる若い世代の憧れの存在なんだなぁと
常日頃感じております。これからも独自の武瑠ワールドを追求し
キラキラと輝いていって下さい?

■平賀哲雄(Billboard JAPAN.com編集長)
SuG結成10年目おめでとうございます!
SuGを取材するようになったのは、2012年『不完全Beautyfool Days』リリース時のインタビューからなので、まだ4年ほどの付き合いですが、あの日、武瑠くんの言動やSuGの音楽に異端児性を見出してからの日々は、とても刺激的で重厚。世界を変える為の物語に加えてもらい(と勝手に思ってます)、まだ誰も見たことがない景色に辿り着きたいという共通欲求のもと、SuGについて考えたり書いたり取材したりしながら、時にBiSとの対バンなどの無理難題をぶつけながら、そこで生まれた巨大なサークルモッシュの渦に飲み込まれながら、打ち上げで一緒に銀杏BOYZを歌い叫んだりしながら、80過ぎの婆さんがやってる居酒屋で一緒にイナゴの佃煮を食べたりしながら、ここには書けないような会話もたくさんしながら(笑)……後世に語り継がれる革命物語を1ページずつ記録していくことは、今や俺のライフワーク。いや、ライフです。この冒険のようなSuGとの人生が、かつて観たどんなエンターテインメントやアートより痛快でセンセーショナルな景色に辿り着くことを信じ、10年目以降の不完全Beautyfool Daysも追いかけさせて下さい。
と、ここまで書いてから「SuGの推薦コメントをお願いします!」とポニーキャニオンさんからのメールに記されていることに気付きました。ど うしよう? これ、推薦コメントになってないよね? …………SuG、新アルバム『VIRGIN』2016年3月9日リリース! オススメです! みんな、聴いてね!

■松崎しげる
松崎しげるで~す!!
いやぁSuGとはBLACKで共演して以来だねぇ♪
あん時は金髪のヅラ被せやがって…楽しかったよ!!!
新しいアルバムが出るんだってね~、聴かせてもらったよ!!
SuGらしい芯の通った良いアルバムだねぇ♪
また共演できたら嬉しいな!!よろしく~!!!

■吉田 尚記(ニッポン放送アナウンサー)
何人か、時代を作るような天才にお会いして、
話を聞かせていただいたことがあるのですが、

天才って、みんな柔軟で、自然に貪欲です。

SuG、そして武瑠くんが、
作詞作曲演奏は当然、ダンスやファッションから
小説や映像、そしてもちろんライブまで、あらゆる形を駆使して、
そして柔軟に、貪欲にアウトプットしていることは、
言うまでもないでしょう。

インプットについてもそうです。
武瑠くんと、一緒に歌舞伎を見に行ったときのこと。
舞台を、食い入るように見つめていた彼と、
楽屋に挨拶におじゃましました。

歌舞伎役者さん(この人も天才)に
随分綺麗な顔の子と見に来てるなと思ったよ、と言われながら、
役者さんが語る歌舞伎の色の組み合わせの話などを、
目をキラキラさせながら聞いていました。

その数ヶ月後に、みごとに他の人にはできない
鮮やかなアレンジが加えられた、
ソロプロジェクト「浮気者」(このネーミングも超にくい)の
『I 狂 U』PVでした。

これが、本物の天才じゃなくて、なんでしょうか。
早く、時代を作って!!

■米原康正
2012年原宿系のパーティで武瑠君を紹介された。名前は知ってたけど、知ってる程度。最初は多分お愛想な笑顔で始まった会話だったと思う。ところが、なのだ。話を始めて20分もたってないうちに、なんか「いっしょにビジュアル本を作りたいね」って言ってる僕がいた。今でこそ男子 も撮る僕だけど、きっかけはこの時に始まる。2012年当時、自他共に女子専門の僕が男子を撮ろうなんて、言った自分に驚いた。驚いたけど、 話をしている間中、いかに武瑠君を被写体にしてファンを喜ばすか?ってアイデアがわんわんと僕の頭から湧き出して、その方がもっと驚いた。 彼の存在が、僕のクリエイティブな精神を刺激しまくったのだ。その結果は「月刊武瑠 x 米原康正」という形になった。どうして僕が男子を撮り始めたか? それはもう一度書くけど、全て武瑠君のせいです。なんか忘れかけていた「純粋にいいもの を作る」という初期衝動を彼から再び教わった。ただし、ひとつ友達としてのお願いがある。ワーカホリック、仕事中毒とは武瑠君のためにある言葉だ。僕は残念ながら武瑠君ほどワーカホリックではないので彼と同じ時間いっしょにものを考えることはできない。だけど、都合よくその中の30分でも良いから今後とも、きっちりおつきあいさせてもらおうなんて考えてるんだけど、どうすかね、武瑠君。

■【AWA 詳細情報】

■"SuG" on AWA
https://s.awa.fm/user/5tgk6davnvhjjkvw6kbsvgxwra/?playtype=copy_user

■"ツバサミュージック (SuG 武瑠セレクト)" by SuG on AWA
https://s.awa.fm/playlist/jzhhnhh4jrdlde7fkjodn6bmgq/?playtype=copy_playlist

■"病気も吹っ飛ぶプレイリスト!! (SuG yuji)" by SuG on AWA
https://s.awa.fm/playlist/udptww7mwrbfbfn7hwbkauwkgi/?playtype=copy_playlist

■"涙サプリ (SuG 武瑠セレクト)" by SuG on AWA
https://s.awa.fm/playlist/7a2xixmukja5pmczhiy2tdavxe/?playtype=copy_playlist

■"恋愛っていろんな形があるよね (SuG shinpeiセレクト)" by SuG on AWA
https://s.awa.fm/playlist/uswngymdezcltcd5rv5jvxalhi/?playtype=copy_playlist

■「SuG TOUR 2016 SLVS」

3月12日(土)  名古屋 ボトムライン
3月13日(日)  浜松 窓枠
3月18日(金)  柏 DOMe
3月20日(日)  仙台 darwin
3月21日(月)  郡山 CLUB#9
3月27日(日)  札幌 cube garden
4月02日(土)  広島 SECOND CRUTCH
4月03日(日)  高松 DIME
4月09日(土)  神戸 VARIT.
4月10日(日)  大阪 umeda AKASO
4月14日(木)  横浜 BAYSIS
4月16日(土)  甲府 KAZOO HALL
4月17日(日)  HEAVEN\'S ROCK さいたま新都心VJ-3
4月23日(土)  金沢 AZ
4月24日(日)  長野 LIVE HOUSE J
4月29日(金)  熊本 B.9 V2
4月30日(土)  福岡 DRUM Be-1
5月05日(木)  東京 EX THEATER ROPPONGI

【関連リンク】
SuG オフィシャルHP
SuG、地上波・CSオンエア不可の“問題作”「桜雨」フルMVを期間限定公開
清春、3年ぶりとなるニューアルバムの全貌がついに解禁
武瑠(SuG)×中郡暖菜(LARME)の「TOKYO COLOR CONTACT 2」のゲストに中村里砂が登場

【関連アーティスト】
清春, たむらぱん, SuG, 松崎しげる, TeddyLoid, Tom-H@ck
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル

10ccの代表作と言えば、ロック史上に残る名曲「I\'m Not In Love」を収録した『オリジナル・サウンドトラック』
Fri, 11 Mar 2016 18:00:00 +0900
10cc『The Original Soundtrack』のジャケット写真 (okmusic UP\'s)

世代を問わず、誰もが1回は聴いたことがあるはずの「I\'m Not In Love」。しかしながら、この曲を歌っていたのが誰だったのかは、意外と知られていない。もちろん、オリジナルはここで取り上げる10cc。彼らはスタジオミュージシャン出身のベテランだけに、優れた楽曲作りだけでなく演奏面でも当時のロックグループとしては抜きん出た存在であった。メンバーは4人、基本的にはグレアム・グールドマンとエリック・スチュアートの2人がポップスの王道をいく楽曲作りを手がけ、ロル・クレームとケビン・ゴドリーの2人が楽曲作りの他、ロック感覚にあふれたアレンジを手がけるという役割で活動を行なっていた。そんな10ccのオリジナリティーが玉手箱のように詰め込まれた傑作が、架空の映画音楽としてリリースされた『オリジナル・サウンドトラック』だ。

■多様化を極めた70年代ロック

60年代の終わりから70年代中頃の期間は、ロックが飛躍的に進化した時代である。プログレッシブロック、カントリーロック、ハードロック、サイケデリックロック、グラムロック、サザンロックなど、ほぼ全てのスタイルがこの時期に生まれ、多くの名盤がリリースされていた。優れた作品と出会えるとあって、当時の多くの若者たち(僕も含めて)がロック三昧の日々を送っていた。

しかし、革新的なロック作品が毎日のようにリリースされると、良いことばかりではなく悪いことも起こる。世界中の若者たちがロックを支持することで、大手レコード会社は多大な利益を得て巨大化し、会社を維持するためにどんどん“売れるロック”を作り続けなければならない。その結果どういうことが起こるかと言うと、大規模の宣伝を通してリスナーを洗脳したり、映画やテレビ、一般企業等とタイアップすることで売上げを伸ばすといった、ある意味で“ロックスピリット”とは相反する営業戦略が取られることになるのである。

70年代中頃には、1千万枚単位の売上げとなるアルバムが続出するのだが、もちろんこれは前述したように大手レコード会社の商業政策によるもので、音楽性が高いから、革新的なアルバムだからという理由ではない。残念なことではあるが、レコード会社も企業である以上、大きな収益をあげるために仕方のないことではあった。

これら大レコード産業によるロックの商業化に反発したミュージシャンやリスナーらが、このあとすぐに“パンクロック”で反撃に出ることになるのだが、10ccの『オリジナル・サウンドトラック』はちょうどロックの変換期にあたる75年にリリースされたアルバムで、パンクロックが世界的に認知されるようになる、ほんの1年ほど前のことである。

■全英1位に輝いた「I\'m Not In Love」の実験性

10ccが目指していたのは、巧みなバンドアンサンブルとコーラスワークを中心にした王道の…ではなく、ヒネリのあるポピュラー音楽である。言い換えれば、王道のポップスに実験的な要素を付け加えたサウンドだ。

本作ではサンプリング機器がまだ存在しない時代にもかかわらず、多重録音やテープループなどを駆使しサンプリング的な効果を出している。おそらく彼らは気の遠くなるような時間をスタジオで過ごしたに違いない。大ヒットした「I\'m Not In Love」(1)では、そのままで十分な名曲であるにもかかわらず、厚みのあるコーラスやヴォーカル効果を付加するために、驚くような手間をかけて録音している。

エルトン・ジョンやカーペンターズが歌っても不思議でないぐらい上質なポップスに、グループの持ち味であるヒネリを加えることで、ロックのテイストをしっかり重ね合わせることに成功しているのだ。アメリカのミュージシャンでこの感覚に近いのはビーチボーイズ、スティーリー・ダン、トッド・ラングレンあたりだが、イギリスのグループでは彼らの他にはクイーンぐらいしか思い当たらない。

■『オリジナル・サウンドトラック』の独創性

75年、シングルリリースされた「I\'m Not In Love」は全英1位、全米2位と大ヒットした。この曲のすごさは単に1975年にヒットしたというだけでなく、2016年の今でも愛されているところにある。この曲をカバーしているアーティストは星の数ほどいるし、どこかの国では今もコマーシャルで使用されているはずで、彼らのプロフェッショナルぶりが窺える普遍的な名曲だ。また、彼らがいかにポール・マッカートニーに影響されているのかがよく分かるサウンドだ。

しかし、本作はこの曲の栄光で成り立っているわけではない。アルバム冒頭の8分以上に及ぶ組曲「パリの一夜」は圧倒的なコーラスワークで聴く者を惹き付ける(クイーンの「ボヘミアン・ラプソディ」は、この曲にインスパイアされたのかもしれない)。2曲目が前述の「I\'m Not In Love」。ファンキーなリズムの3曲目「ゆすり」は、珍しくスライドギターが活躍するアメリカっぽいサウンドで、彼らの幅広い音楽性がよく分かるナンバーだ。続くディープ・パープル・ミーツ・ポール・マッカートニーみたいな「2度目の最後の晩さん」も面白いし、オペラ風の「ブランド・ニュー・デイ」はアルバム中、最も美しい曲だろう。エイジアに影響を与えたと思われる「フライング・ジャンク」、ポップでお茶目な「人生は野菜スープ」と続き、イタリアのカンツォーネ(2)風の大作「我が愛のフィルム」で幕を閉じる。

本作はとにかく完成度が高く、聴き飽きない。グループの4人とも、メロディーメイカーとしての才能が並外れているし、ゴドリーとクレームのエンジニアとしての稀有な実力が大いに発揮されたアルバムだと言える。当時、本作はミュージシャンや評論家の間では大いに認められたが、「I\'m Not In Love」以外は、その革新的で不思議なサウンドのせいか、あまり一般受けはしなかった。

76年、残念ながらケビン・ゴドリーとロル・クレームは、アタッチメント制作(後述)のためという理由で脱退、この後はゴドリー&クレームとして活動、スタジオの魔術師として音楽活動だけでなく、ミュージックビデオの制作でも頭角を表し、数多くの賞を受賞している。また、2人で開発したギター用アタッチメント『ギズモ』は、ゴドリー&クレーム名義のアルバムで使われ、シンセサイザー的な音が出せることで一時話題になったが、80年代になって安価なシンセサイザーが入手可能になると廃れてしまった。

結局、10ccの名前はグレアム・グールドマンとエリック・スチュアートの2人が引き継ぐことになった。現在はグールドマンのみが在籍している。ファンの間では、グールドマンらの10ccが表10cc、ゴドリー&クレームを裏10ccと呼んで、どちらも認知しているところが面白い。

今月の28日には大阪、29〜30日には東京(どちらもビルボード)で来日公演があるので、興味のある人はぜひ足を運んでもらいたい。

(1) アイム・ノット・イン・ラブ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%83%8E%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%83%B4

(2) カンツォーネ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%84%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%8D

【関連アーティスト】
10cc
【ジャンル】


イロメガネ、155万人の引きこもり予備軍に贈るミニアルバムをリリース
Fri, 11 Mar 2016 18:00:00 +0900
イロメガネ (okmusic UP\'s)

作詞作曲編曲/ボーカル/ピアノ/ギター/DTMのすべてをこなす、女の子版・米津玄師とも言える東亜優のソロプロジェクト、イロメガネが5月11日に初のセルフプロデュース作品をリリースする。

【その他の画像】イロメガネ

日本には推定で155万人もの引きこもり“予備軍”が存在する。そんな人々の世界を広げるような彼女の言葉選びやメロディーセンスは、現在のサブカルシーンまでも変えていく勢いだ。

「こわい」のPVでは刺々しさと艶やかさの2つの顔を見せている。

■【コメント】

■山崎ハコ
私もだけど自宅でCDを作れる昨今だからこそ「ナマが本当、ナマが命」と思って歌っている。この人は絶対ナマを観たくなる人だ。
武道館でもいいだろうな〜と思いました!

■曽我部恵一
「白い橋」という歌が良かった。
最悪だ最高だと迷い続ける女子の歌。主人公は愛の実態を掴めぬまま、運命に翻弄されている。
傷を撫でる指先の温度を感じる。触れられぬものを見つめてしまうやさしさがある。
歌の最後に「私の現実は完璧」と着地させる歌い手は、強くて美しいと思った。

■竹内 修 (スピッツ等ディレクター/wilsonic)
1曲目「勇気を持ってグッドバイ」の歌い出し、“どっかで持ってる劣等感で” のメロディと言葉の完璧なマッチングにまずやられてしまう。
そして、ネガティヴな感情やヘヴィな状況をあっけらかんとしたトーンで歌うとか、囃子ことばや間投詞でアシストするとか、これはもうイロメガネでしか成し得ない奇跡の手法だし独自のバランス。完璧オリジナル。大好き。

■「こわい」MV
https://youtu.be/AgV1X5oILIM

■ミニアルバム『37.2°C』

2016年5月11日(水)発売
ESRR-0003/¥2,000+税
<収録曲>
1 勇気を持ってグッドバイ
2 あの時を
3 こわい
4 召し上がれ
5 白い橋
6 shall we love?
7 空はみずいろ
8 思春期
9 ブラックバードを歌って

■【ライブ情報】

「イロメガネ『37.2°C』リリースパーティー」
5月27日(金) 大塚Hearts+(バンドセット)

「イロメガネ『37.2°C』リリースツアー」
6月26日(日) 京都VOX hall(バンドセット)
6月27日(月) 南堀江 knave(バンドセット)
7月04日(月) 名古屋 APOLLO BASE(バンドセット)
7月30日(土) 静岡 Sunash(バンドセット)

「イロメガネ『37.2°C』リリースツアーファイナル」
9月09日(金) 大塚Hearts+(ワンマン) 

【関連リンク】
イロメガネ オフィシャルHP
イロメガネ オフィシャルTwitter
ライヴ会場限定コンピ『Heartsful Compilation 1』がタワレコ池袋&アリオ川口店でも販売
宇多田ヒカル、音楽活動再始動となる新曲のタイトル名を発表

【関連アーティスト】
イロメガネ
【ジャンル】
J-POP

【連載コラム】稚菜、薬師丸ひろ子の「セーラー服と機関銃」をカバー
Fri, 11 Mar 2016 18:00:00 +0900
稚菜 (okmusic UP\'s)

みなさんこんばんは。



今回はまず先に曲の紹介を。
薬師丸ひろ子さんの「セーラー服と機関銃」。
この曲もだいぶ長いですね。
薬師丸ひろ子さんから始まり、長澤まさみさん、そして今現在は橋本環奈さんが歌われています。
曲のキーが私には凄くマッチしていて歌っていて個人的に気持ちが良いと思える歌でした。
是非聴いてみて下さい。
https://www.youtube.com/watch?v=7ovc-bREu5A

セーラー服と機関銃、女性が、女の子がメインとなっているお話。
そんな女性という生き物に関して。
先日、知り合った方から、「女性は週4回性格が変わるらしいよ。」
そんなお話を聞きました。
…正直、納得。笑
女性の方は割と「分かる〜!!」となったのではないでしょうか?笑
実際、週4は言い過ぎかもしれませんが、私は最低でも月に3回は変わると思っている。
食欲旺盛になったり、気分が落ち込んだり、イライラしたり…
女性ホルモンのバランスってなかなか乱れるし、人によって乱れ方の差は激しい。
それを自分で何とかしようと思って出来るものでもないんです。
自分だってそうなりたくてなっているわけではないんですもの。
人を好きだと思う気持ちと同じ様にコントロール出来ない不思議な女性の生態。
男性陣にそれを理解してくれ!というのは無理な話なのも分かってはいるんですが、
私も一応女なもので。
ちょっとだけでも理解して欲しいなって思うところがある、、、笑
可愛い我が儘だと思ってやって下さいね。笑

そんな私がイライラしたり気分が落ち込んだ時の最近の対処法は、
なるべく人と接しない、です。笑
もちろん仕事をしていたらそれは無理な話なんですが。
仕事の時は完全に仕事と割り切る。
それ以外のプライベートな瞬間は一切人と連絡を取るのを止めています。
イライラしているから、人に当たりそうになってしまうのが凄く嫌なのです。
自分の感情がそうなる事よりも、きっと当たってしまった事に対しての罪悪感の方が大きくなってしまうのが自分でも分かるから。
アーティストでありながら、私も一人間だし、一人の女。
どうにもならない事に対して強がろうとするのではなく、
自分の中に受け入れて納得させる事も大事だなって思います。
なので私の周りにいる方は、私と連絡が取れなくなった時は、何かあったのか、とかよりも
あ、今はイライラしてるんだなーなんて気楽に受け止めて、急用でない限りしばらく待っていてやって下さい。笑
何日かしたら普通に元気に現れますので。笑
そんな私の、そして基本女性の取扱説明書なのでした。

それでは、また。

【関連アーティスト】
薬師丸ひろ子, 稚菜
【ジャンル】


ゆず、最新ライブ映像作品&MV集の詳細がついに解禁
Fri, 11 Mar 2016 15:00:00 +0900
DVD&Blu-ray『LIVE FILMS TOWA -episode zero-』 (okmusic UP\'s)

ゆずが4月27日(水)にリリースするDVD&Blu-ray『LIVE FILMS TOWA -episode zero-』、Music Video集『録歌選 TOWA』のジャケットビジュアルと収録曲を公開した。

【その他の画像】ゆず

『LIVE FILMS TOWA ?episode zero-』は、1月に発売したニューアルバム『TOWA』に先駆けて 昨年10月より敢行し計27万人を動員した『YUZU ARENA TOUR 2015-2016 TOWA -episode zero-』から、2016年1月3日に行なわれたさいたまスーバーアリーナ公演の模様を収録。代表曲「夏色」「栄光の架橋」、ファンの前で初披露となった新曲「いっばい」「みそら」「た Ri ナ ぃ」、 ブロジェクション・マッピングと連動した演出で観客の度肝を抜いた「TOWA」、ライブの回数を重ねるにつれてパフォーマンスが研ぎ澄まされていった「かける」「終わらない歌」など、 本編全19曲を収録。さらに、他公演で披露したアルバム『TOWA』収録楽曲の「夕焼け雲」「いつもの病気」「二人三脚[Album Session]」「終わりの歌」を『TOWA LIVE SELECTION』として収録。特典映像には、ファンから事前募集した質問にゆずが答えるゆるいMCトークを全公演の中から“傑作選"としてまとめた貴重な映像集『TOWA 質問コーナー傑作選〜エンドレスちゃん、持ってきて〜』が収められる。 またジャケットビジュアルは、ライブのファンタジックで壮大なイメージを踏襲し、イラストレーター・赤尾真代氏が手がけた“映画ポスター風"イラストに。アルバムの世界観を具現化した巨大セット“キャッスル・オブ・トワ"をはじめとする11トントラック36台分におよぶ壮大なセット・演出に加え、デビュー20周年を目前により成熟された北川、岩沢のパフォーマンスが発揮された、圧巻のライブ作品となっている。

さらに同時発売される『録歌選 TOWA』には「ポケット」から「TOWA」まで、近年発表されたゆずのMVを収録。さらに、「終わりの歌」(アルバム『TOWA』収録)のMVが新たに制作され、特別収録されている。北川悠仁のプライベートスタジオで、岩沢厚治とともに“ほぼ一発録り"で臨んだ同曲のレコーディング風景を軸に、アルバム制作中の模様をドキュメントタ ッチで追いかけた内容となっており、ここでしか観ることのできないMVとなっている。

■DVD&Blu-ray『LIVE FILMS TOWA -episode zero-』

2016年4月27日(水)発売
【DVD】
SNBQ-18930/¥5,000+税
※2枚組
【Blu-ray】
SNXQ-78907/¥6,000+税
<収録内容>
1. HAMO
2. REASON 3. T.W.L
4. 少年
5. 栄光の架橋
6. 友達の唄
7. いっばい
8. ルルル
9. みそら
10. た Ri ナ ぃ
11. つぶやき
12. かける
13. TOWA
14. ボケット
15. 夢の地図〜お正月 Ver.〜
16. 慈愛への旅路
17. 夏色
18. OLA!!
19. 終わらない歌
■TOWA LIVE SELECTION
1. 夕焼け雲
2. いつもの病気
3. 二人三脚[Album Session]
4. 終わりの歌
■TOWA 質問コーナー傑作選〜エンドレスちゃん、持ってきて〜

■DVD&Blu-ray『録歌選 TOWA』

2016年4月27日(水)発売
【DVD】
SNBQ-18931/¥2,000+税
【Blu-ray】
SNXQ-78908/¥3,000+税
<収録曲>
1. ポケット
2.OLA!!
3.かける
4.終わらない歌
5.TOWA
6.終わりの歌

【関連リンク】
ゆず オフィシャルHP
ゆず、東北リスナーと直接触れ合うことのできるラジオ特番が実現
ゆず、4月27日に映像作品2本を同時リリース決定
ゆず、20周年突入記念ライヴは東京ドーム弾き語り公演

【関連アーティスト】
ゆず
【ジャンル】
J-POP

sukekiyo、単独公演完売につき横浜公演2日目の模様をニコ生にて独占生中継
Fri, 11 Mar 2016 14:00:00 +0900
sukekiyo (okmusic UP\'s)

sukekiyoが3月・4月に開催する国内単独公演の全会場がソールドアウト、それに伴い3月20日(日)の横浜F.A.D公演の様子を一部ニコニコ生放送にて独占生中継することが決定した。

【その他の画像】DIR EN GREY

sukekiyoが繰り広げている“LIVE"の概念を覆すステージは、京本人による時に妖艶かつ過激で、時に心に染み入るような優雅な声と表現を軸に、sukekiyoが織り成すサウンド、そして映像・照明・スモークといった舞台を彩るすべての要素によって常に独自性が追求されている。

この度、ニコニコ生中継が決定したのは『sukekiyo 二〇一六年公演「漆黒の儀」』の横浜公演2日目で、参列者(sukekiyo公演での来場者の呼称)には『お客様にとっての「喪服」として、黒を基本とした光沢や装飾の無い服装、髪型でご来場いただきたい』というお願いがされている特別公演。スタンディングのライブハウスが、漆黒に染まり、その異様な世界の中でsukekiyoがどんなステージを魅せるのか、ファンならずとも気になるところだ。

尚、sukekiyoだけでなく表現の場を創出し続けている京は、4月には詩集『我葬の詩』下巻を発表し、その発売を記念して個展『我葬』を開催することも決定している。

■『DIR EN GREY 京(Voice)率いる sukekiyo 二〇一六年公演「漆黒の儀」ライブ独占生中継』配信ページ
http://live.nicovideo.jp/watch/lv255452466

■【ライブ情報】

■sukekiyo 二〇一六年公演「漆黒の儀」
3月19日(土)  神奈川県・横浜F.A.D ※完売御礼
3月20日(日)  神奈川県・横浜F.A.D ※完売御礼
3月23日(水)  兵庫県・神戸VARIT. ※完売御礼
3月24日(木)  兵庫県・神戸VARIT. ※完売御礼  

■sukekiyo 二〇一六年公演「桜肌、夢締め跡と優越の詩」
4月15日(金)  東京都・なかのZERO ※完売御礼
4月23日(土)  京都府・京都劇場 ※完売御礼
4月24日(日)  京都府・京都劇場 ※完売御礼

■京 個展2016『我葬』

日程:2016年4月6日(水)〜4月10日(日)
会場:東京都 SPACE 雑遊
※会場への直接のお問い合わせはご遠慮ください。

■京 詩集「我葬の詩」

2016年4月発売予定
【Deluxe Edition with 湯呑み】
¥9,000+税
※ハードカバー仕様 / A5変型 / 200 pages / フルカラー
※封入特典:オリジナル湯呑み
【Deluxe Edition】
¥7,800+税
※ハードカバー仕様 / A5変型 / 200 pages / フルカラー

【関連リンク】
sukekiyo オフィシャルHP
YOSHIKI×ゴールデンボンバー、本音と即興演奏が飛び出しまくった伝説の夜!
京(DIR EN GREY / sukekiyo)、最新詩集のアートワーク解禁
YOSHIKI×金爆によるニコ生特番にDIR EN GREYのShinyaのゲスト出演が決定

【関連アーティスト】
DIR EN GREY, 京, sukekiyo
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル

超特急、25000人を動員した代々木クリスマス公演が映像化決定
Fri, 11 Mar 2016 13:30:00 +0900
『超特急 CHRISTMAS ONEMAN LIVE 2015 Fantasy Love Train〜君の元までつながるRail〜』 (okmusic UP\'s)

超特急が2015年のクリスマスに2日間に渡って東京・国立代々木競技場 第一体育館で開催した単独公演の模様を映像化することを発表した。

【その他の画像】超特急

超特急のライブは、高いエンターテインメント性と魅せるパフォーマンス、そして超特急メンバーと8号車(=ファンの愛称)が呼応し合う、熱量たっぷりの一体感が話題を呼んでいる。2015年に開催された単独公演のチケットは全て完売、そして2日間で25000人を動員した本公演のチケットも完売となった。2016年3月19日より開催される春の全国ツアーはチケット一般発売開始後に秒速完売しているなど、飛ぶ鳥を落とす勢いで人気が加速している。

本作には2日目となる12月24日の模様が収録されており、Blu-rayで発売される。ファンタジートレインパーク"がテーマの本公演は、ライブ自体がエリア別に分かれており、まさに超特急と8号車が、クリスマスをテーマパークで一緒に楽しく盛り上がって過ごすような内容となっている。アリーナには8の字に組まれたステージを走り回ったり、ゴンドラでスタンド席を回るなどで大いに会場を沸かせ、さらには生演奏でマーティー・フリードマン、エリアマネージャー兼監督としてヒャダインが登場。超特急がトランポリンダンクに挑戦するなど、盛りだくさんの演出がぎっしり詰まっている。

今、最も注目されている彼らのライブ映像をチェックして、超特急のライブに乗車してみよう。

■Blu-ray『超特急 CHRISTMAS ONEMAN LIVE 2015 Fantasy Love Train〜君の元までつながるRail〜 at 国立代々木競技場 第一体育館』

2016年5月18日(水)発売
【通常盤】
ZXRB-3008/¥6,463+税
<収録内容>
国立代々木競技場 第一体育館ライブ公演(2015年12月24日収録)
約150分収録予定
■特典映像
メイキング映像
※約30分収録予定
■副音声
メンバーリアルタイムコメンタリー(2016.3.5リアルタイム副音声上映会atタワーレコード渋谷店SpaceHACHIKAIより)

【Loppi・HMV限定盤】(Blu-ray+PlugAir2個)
ZXRB-3009/¥9,241+税
<収録内容>
国立代々木競技場 第一体育館ライブ公演(2015年12月24日収録)
約150分収録予定
■特典映像
メイキング映像
※約30分収録予定
■副音声
メンバーリアルタイムコメンタリー(2016.3.5リアルタイム副音声上映会atタワーレコード渋谷店SpaceHACHIKAIより)
《PlugAir 配信内容》
■PlugAir-1
代々木第一体育館ライブ映像本編+メイキング映像
※Blu-ray収録内容と同じ映像がスマートフォン、タブレットでお楽しみいただけます。
■PlugAir-2
2015年春のホールツアー最終日公演(2015年4月10日)のNHKホールライブ映像(BULLET TRAIN ONEMAN SHOW SPRING HALL TOUR 2015 “20億分のLINK 僕らのRING" at NHKホール)
※Blu-rayのディスクはありません。
※副音声は収録されておりません。

<Blu-ray収録予定楽曲>※通常盤/Loppi・HMV限定盤共通
TRAIN [Fantasy ver.]
No More Cry [3rd Anniversary Special!!!!!!!!ver.]
No.1 [Christmas ver.]
Burn!
Secret Express
Dancer\'s Solo
One/O Signal
Snow break
Beautiful Chaser featuring マーティー・フリードマン
Love again featuring マーティー・フリードマン
HOPE STEP JUMP
OVER DRIVE
バッタマン
Drive on week
Shake body[Yoyogi National Gymnasium ver.]
Fantasy Love Train〜君の元までつながるRail〜
走れ!!!!超特急
fanfare
Starlight
-アンコール-
Signal[Yoyogi National Gymnasium ver.]

<PlugAir-2配信予定楽曲>※Loppi・HMV限定盤のみ
Gravitation
Superstar
What\'s going on ?
Star Gear
Time Wave
Kura☆Kura
Burn!
Believe×Believe
Kiss Me Baby
Secret Express
Bad Boyz(Bad Boyz)
キャンディ・ナイト(cologne)
Cosmic岬(タクヤ)
COMP!!COMP!!COMP!!
メドレー Rush Hour〜Drive on week〜No.1〜Shake body
Billion Beats
ikki!!!!!i!!
Bye Bye Bye
-アンコール-
One Life
走れ!!!!超特急

【関連リンク】
超特急 オフィシャルHP
超特急、2016年第一弾シングル発売を記念してニコ生特番を放送
超特急、幸せが降り注ぐ最新シングル「Yell」MV完成
超特急、男だけを集めての「男祭り」を全国ライブビューイング

【関連アーティスト】
超特急
【ジャンル】
J-POP

La PomPon、GYAO!×La PomPon&EX THEATER ROPPONGI×La PomPonの各コラボが実現
Fri, 11 Mar 2016 13:00:00 +0900
La PomPon (okmusic UP\'s)

六本木発平均年齢16歳の女の子6人組、YUKINO、KIRI、RIMA、KAREN、MISAKI、HINAによる本格派ダンス&ボーカルグループ“La PomPon"(ラ ポンポン)。彼女達の4thシングル「運命のルーレット廻して/サヨナラは始まりの言葉」(3月23日発売)の初回限定盤に収録されている「ろっぽんぎ体操〜愛コトバはジャンパラポン!〜」が聖地・六本木を巻き込み、密かに『愛コトバはジャンパラポン』旋風を巻き起こそうとしている。

【その他の画像】La PomPon

La PomPonは昨年の1月にメジャーデビューするまで、事務所のある「六本木」に約2年の間、ほぼ毎日レッスン等で通い続けていた。そんな、苦しい時期をメンバー全員で過ごした「六本木」の街はいつしか、メンバーにとって、大切な街となっていた。

デビュー当初より『ベースメント・六本木』を裏テーマに掲げ、国際都市・六本木に本社を置く会社や企業、団体の方達と共に様々な事を発信し、「六本木」を盛り上げていこうと模索している中、六本木に本社を置くGYAOが「ろっぽんぎ体操」動画施策に全面協力。GYAO社内より企画に賛同した社員が4チームに分かれ参加し、元気に楽しく身体を動かし踊っている動画となっている。

さらに今回、動画施策への協力はGYAOだけでなく、La PomPonが毎月単独の定期公演を行っている会場 「EX THEATER ROPPONGI」のSTAFFの方々も、共通の場所「六本木」を盛り上げるべく参戦!! 若手STAFFとLa PomPon メンバー全員によるFULL Ver.での夢のコラボが実現した。

リリースの3月23日まで、六本木に“ジャンバラポン旋風"を巻き起こすべく、コラボできる企業を画策中だ。

La PomPonは、1st シングルより、カップリング曲には必ず「六本木」をテーマにした楽曲を収録している中、今回の「ろっぽんぎ体操〜愛コトバはジャンパラポン!〜」は、聞いたら身体を動かさずにはいられないリズムの曲に、地名の「ろっぽんぎ」とグループ名の「ら ぽんぽん」という似ているようで、似ていない言葉を掛け合わせた言葉遊びの要素を盛り込みつつ、また、六本木の名称も要所に含んでいる歌詞で、1度聞いたら忘れられないようなテンションMAXの楽曲になっている。

さらに、誰でも簡単に身体を動かしながらリズムに乗って、元気に楽しく踊れる「体操とダンス」を融合した振り付けは、身も心もアゲアゲになる事間違いなし。企業コラボ動画と共にLa PomPon Official Channel!(公式YouTubeチャンネル) にアップされている『ろっぽんぎ体操 体操レクチャー』動画では、1st シングル「BUMP!!」や3rd Single「ろっぽんぎ音頭」でLa PomPonのノリノリ楽曲の振り付けには、欠かせないKAORI先生とメンバー YUKINO&MISAKIによる、懇切丁寧なレクチャー動画となっており、小さなお子様から大人まで、みんなでフリを覚えてLa PomPonのLIVEで盛り上がろう!!

■「ろっぽんぎ体操」企業コラボ動画 公開情報

■ La PomPon Official Channel!
「ろっぽんぎ体操 EXシアター六本木 STAFF Ver. (FULL)」
ろっぽんぎ体操 体操レクチャー
https://www.youtube.com/user/officialLaPomPon

■映像配信サービス「GYAO!」
「ろっぽんぎ体操 GYAO ver.」
3月14日(月) 公開
http://gyao.yahoo.co.jp

■「La PomPon定期公演 Vol.9 〜桜咲く頃〜」

3月22日(火) EX THEATER ROPPONGI 2F GARDEN CAFE 特設スペース

※無料会員制サイト「La PomPonの六本気」内にて、チケット予約受付中!!
■La PomPonの六本気
http://lapompon.com/member/

【関連リンク】
La PomPon オフィシャルHP
La PomPon、「運命のルーレット廻して」MVをGYAO!にて独占先行配信
La PomPon、デビュー1周年記念で東京モード学園と衣装コラボ
La PomPon、ニューシングルでZARDの「運命のルーレット廻して」をカバー

【関連アーティスト】
La PomPon
【ジャンル】
女性アイドル

坂本美雨 with CANTUS、初作品「pie jesu」を配信限定リリース
Fri, 11 Mar 2016 12:30:00 +0900
坂本美雨 with CANTUS (okmusic UP\'s)

坂本美雨 with CANTUSの初作品となる「pie jesu」が、3月11日より配信限定でリリースされた。

【その他の画像】坂本美雨

坂本美雨が今回タッグを組んだのは、コーラスを通じて様々なアーティストと共演を果たしている聖歌隊のCANTUS。そして、楽曲「pie jesu」は『キャッツ』や『オペラ座の怪人』などのミュージカル界の偉大なる作曲家アンドリュー・ロイド・ウェバーが1985年に発表した『レクイエム』の中の1曲。

昨年出産し、我が子とのコミュニケーションの中で、歌や音楽がこれまでより近い存在になっていると気づいた坂本は、自身の幼児体験においても音楽に囲まれていたことから、“子供に聴かせたい歌”、“子供に歌い継ぎたい歌”への思いを徐々に強くしていった。そんな気持ちを受け入れてくれたCANTUSのリーダー太田美帆と共に今回のプロジェクトをスタートさせた。

「pie jesu」はレクイエム(鎮魂歌)として知られる名曲だが、この鎮魂歌を坂本らしい新たなとらえ方でリスナーへ届けようとしている。テーマは “すべての人たちへの子守唄として”。坂本は制作にあたり“一番身近にいる家族、大切な人を精一杯愛して、守って、安らかな気持ちにさせること。そんな日常を重ねることが自分にとっての鎮魂であり、それを歌として表現したい”と熱い思いを寄せている。

また、歌声にポイントをおいた今作は、歌手・坂本美雨の存在を一層高める作品となっている。楽曲のプロデュースは、エレクトロニカやアンビエントの音楽で活躍する haruka nakamuraが担当。坂本とデュエットするボーカルには13歳の中学生うららが起用され、坂本の透明感のある歌声と子供ならではの清らかな歌声が絶妙に重なり合い、さらにharuka nakamuraの静謐なピアノとCANTUSの荘厳なコーラスワークが曲全体を包みこむ、現代音楽的アプローチが施された作品となっている。

現在、配信は通常配信のほか、ハイレゾ配信も開始されている。ひとつひとつの音の繊細さ、声の広がりや響きをぜひ高音質でも楽しんでほしい。

そして、2016年は今作のリリースをスタートとして、坂本美雨 with CANTUS名義の作品発表も予定している。現在入手できる音源は「pie jesu」1曲のみとなっているが、3月21日(月・祝)OAのTOKYO FM「TOKYO FM ホリデースペシャル 自分らしく生きる・働く supported by JICA」ではライヴの模様を聴くことができる。今後もどんな楽曲を発表してくれるのか、期待が高まる。

■坂本美雨オフィシャルFacebook
https://www.facebook.com/MiuSakamotoOfficial
■坂本美雨オフィシャルTwitter
https://twitter.com/miusakamoto
■坂本美雨オフィシャルinstagram
https://www.instagram.com/miu_sakamoto/
■坂本美雨オフィシャルYouTubeチャンネルhttps://www.youtube.com/user/MiuSakamotoOfficial
■haruka nakamuraオフィシャルウェブサイト
http://www.harukanakamura.com/

■配信楽曲「pie jesu」

2016年3月11日配信
■通常配信
タイトル:pie jesu
品番:YCCI-10258
価格:iTunes・レコチョク ¥250(税込)、その他サイト ¥257(税込)
商品紹介ページ:
http://www.yamahamusic.co.jp/artist/detail.php?product_id=847&artist_id=57
■ハイレゾ配信
タイトル:pie jesu <24bit/96kHz>
品番:YCCI-10259
価格:¥500(税込)
商品紹介ページ
http://www.yamahamusic.co.jp/artist/detail.php?product_id=848&artist_id=57

■「pie jesu」試聴
https://youtu.be/HNoXSEG-YHU

■【オンエア情報】

TOKYO FM「TOKYO FM ホリデースペシャル 自分らしく生きる・働く supported by JICA」
3月21日(月)13:00〜13:55 OA
※坂本美雨 with CANTUS がLIVEゲストとして出演。

【関連リンク】
坂本美雨 オフィシャルHP
CANTUS オフィシャルウェブサイト
globe、カバーアルバム参加アーティスト第2弾と収録内容を発表
globe、カバーアルバム参加第1弾アーティストは木村カエラ、倖田來未、AAAら9組

【関連アーティスト】
坂本美雨, CANTUS
【ジャンル】
J-POP

ストレイテナー、ニューアルバム発売決定! 「シーグラス」詳細&全国ツアー開催を同時発表!
Fri, 11 Mar 2016 12:00:00 +0900
ストレイテナー (okmusic UP\'s)

2016年第一弾リリースとなるシングル「シーグラス」を4月20日に発売することを発表したばかりのストレイテナーだが、5月18日に1年7カ月ぶりとなる9thアルバム『COLD DISC』の発売が決定した。そして、シングル「シーグラス」の詳細と全国ツアー「Step Into My World TOUR」開催も発表! あわせてシングル「シーグラス」ジャケット写真と新アーティスト写真も公開した。


【その他の画像】ストレイテナー

アルバム『COLD DISC』は、2015年に発売された“シングルエモーショナル三部作"(すべてオリコン・ウィークリーチャートTOP20入り!)に4月20日発売の最新シングル「シーグラス」を含めた全11曲収録予定。結成18年目を迎えて更に貪欲にバンドの音楽性を追求し完成させた作品だ。

初回限定盤には、過去にDVDとしてリリースしていたビデオクリップ集の第4弾となる、『EMOTION PICTURE SOUNDTRACK 4』を付属。2014年のシングル「Super Magical Illusion」から最新シングル「シーグラス」までのミュージックビデオ7曲を一挙に収録!

そして、ニューシングル「シーグラス」は、グルーヴ感あるアップテンポサウンドにシンガロング的メロディとセツナソング的リリックが同調した、バンドにとってニューフェイズとも言える新曲だ。カップリングにはDISCOGRAPHYの新録バージョン「DSCGRPHY [DECADE DISCO MIX]」を収録。大山純(Gtr.)加入後リアレンジされた最新ライブバージョンを基本に、エレクトロ要素を増量しクールにリアレンジ。バンドの過去と今が交差し進化を体感できるので必聴だ。

さらに、全国ツアー「Step Into My World TOUR」も発表。6月9日LIQUIDROOMを皮切りに、夏フェス時期を挟んで、11月10日(木)初となる昭和女子大学人見記念講堂まで26公演を実施する。

シングル初回生産分にはCD購入者特典として6月9日(木)LIQUIDROOMから7月15日秋田Club SWINDLEまでの前半14公演の "チケット先行予約受付" フライヤーが封入される。また9月23日(金)Zepp Nagoyaから11月10日昭和女子大学人見記念講堂の後半12公演に関しては、5月18日発売の9th Album「COLD DISC」初回生産分に同じくCD購入者特典として、 "チケット先行予約受付" フライヤーが封入される。

リリースに併せた新アーティスト写真は、橋本塁が撮影しイラストレーターの佐々木香菜子がペインティングを手掛けた、シック且つアクティブな力作だ。 “最新ライブが最高のライブ"を自負するバンドのツアーだけに複数回ライブへの参加がお勧め、必見!夏フェス参加情報も含めて2016年初夏からのストレイテナーの動きには要注目だ。

■シングル「シーグラス」

2016年4月20日(水)発売
TYCT-30058/¥1,700+税
※CD+DVD
※初回封入特典:全国ツアー「Step Into My World TOUR」 6月9日(木)LIQUIDROOM 〜 7月15日(金)秋田Club SWINDLEまでの前半14公演 "チケット先行予約受付" フライヤー封入。
<収録曲>
■CD
1.シーグラス
2.DSCGRPHY [DECADE DISCO MIX]
3.シーグラス -instrumental-
4.DSCGRPHY [DECADE DISCO MIX] ?instrumental-
■DVD
Special Talk & Acoustic LIVE \'STRAIGHDINNER\' 2016.01.24 at Billboard Live TOKYO
1.TOWER 2.Phantasien 3.Starless Coaster 4.CLONE 5.Toneless Twilight 6.NO 〜命の跡に咲いた花〜 7.DAY TO DAY 8.彩雲 9.Lightning

■アルバム『COLD DISC』

2016年5月18日(水)発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
TYCT- 69101/¥3,600+税
※初回限定デジパック仕様
【通常盤】(CDのみ)
TYCT- 60080/¥2,800+税
<収録曲>
■CD
「The Place Has No Name」「NO 〜命の跡に咲いた花〜」「DAY TO DAY」に最新シングル「シーグラス」を加えたシングル4曲を含む全11曲収録予定。
■DVD ※初回限定盤のみ
『EMOTION PICTURE SOUNDTRACK 4』
・ミュージックビデオ 全7曲収録
「Super Magical Illusion」(2014/6/25 Single)
「冬の太陽」(2014/9/17 Single)
「The World Record」(2014/9/17 Single)
「The Place Has No Name」(2015/4/22 Single)
「NO 〜命の跡に咲いた花〜」(2015/7/15 Single)
「DAY TO DAY」(2015/11/11 Single)
「シーグラス」(2016/4/20 Single)

◎初回封入特典(初回限定盤、通常盤共通)
全国ツアー「Step Into My World TOUR」9月23日(金)Zepp Nagoya 〜 11月10日(木)昭和女子大学人見記念講堂の後半12公演 "チケット先行予約受付" フライヤー封入。

■「Step Into My World TOUR」

6月09日(木) LIQUIDROOM
6月11日(土) 長崎DRUM Be-7
6月12日(日) 大分DRUM Be-0
6月14日(火) 大阪BIG CAT
6月16日(木) 松山W Studio RED
6月23日(木) 松本Sound Hall a.C
6月25日(土) 郡山CLUB#9
6月29日(水) 松江canova
6月30日(木) 岡山CRAZYMAMA KINGDOM
7月02日(土) 浜松 Live House窓枠
7月09日(土) 旭川CASINO DRIVE
7月10日(日) 函館club COCOA
7月13日(水) 高崎club FLEEZ
7月15日(金) 秋田Club SWINDLE
9月23日(金) Zepp Nagoya
9月24日(土) 広島クラブクアトロ
9月29日(木) 品川ステラボール
10月01日(土) 新潟LOTS
10月02日(日) 金沢EIGHT HALL
10月08日(土) 仙台Rensa
10月10日(月祝) 札幌ペニーレーン24
10月15日(土) 熊本B.9 V1
10月16日(日) 福岡DRUM LOGOS
10月22日(土) 桜坂セントラル
11月04日(金) NHK大阪ホール
11月10日(木) 昭和女子大学人見記念講堂

【関連リンク】
ストレイテナー オフィシャルHP
ストレイテナー、2016年第一弾シングルを4月20日にリリース
ストレイテナー、名曲「NO 〜命の跡に咲いた花〜」ライブバージョン映像を公開
ストレイテナー、「DAY TO DAY」MVのコメント入りメイキング映像を公開

【関連アーティスト】
ストレイテナー
【ジャンル】
ジャパニーズロック

凛として時雨・ピエール中野主催のフェス「ピエールフェス2016」開催決定
Fri, 11 Mar 2016 11:00:00 +0900
ピエール中野 (okmusic UP\'s)

ピエール中野が毎週木曜日にレギュラーを務めているラジオ番組「TOKAIRADIO×TSUTAYA LIFESTYLE MUSIC 929」の番組内にて、自身主催し、毎年行なっている「ピエールフェス」を、今年は7月17日に恵比寿LIQUIDROOMにて開催することを発表した。

【その他の画像】凛として時雨

ピエール中野にゆかりのある数々の名だたるミュージシャンが出演してきた同フェス。今年は誰が出演するのか、続報を待とう。チケットは3月10日21時より、オフィシャルHP先行申し込みが開始されている。

■「ピエールフェス 2016」

7月17日(日) LIQUIDROOM
OPEN&START 16:00(開場時より DJ TIME START)
<ARTIST>(※50音順)
ピエール中野(凛として時雨)
…and more

【関連リンク】
TK from 凛として時雨、綾野剛との対談が実現!
「Getting Better」20周年記念全国ツアー追加公演が決定
TK from 凛として時雨、ミニアルバム『Secret Sensation』アートワーク&詳細を発表
geek sleep sheep、2016年初のワンマンライヴを4月に実施

【関連アーティスト】
凛として時雨, ピエール中野
【ジャンル】
ジャパニーズロック













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1