歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2016年03月08日)
バックナンバー
最新ニュース
2016/03/17
2016/03/16
2016/03/15
2016/03/14
2016/03/13
2016/03/12
2016/03/11
2016/03/10
2016/03/09
2016/03/08
2016/03/07
2016/03/06
2016/03/05
2016/03/04
2016/03/03
2016/03/02
2016/03/01
2016/02/29
2016/02/28
2016/02/27
2016/02/26
2016/02/25
2016/02/24
2016/02/23
2016/02/22
2016/02/21
2016/02/20
2016/02/19
2016/02/18
2016/02/17
2016/02/16
2016/02/15
2016/02/14
2016/02/13
2016/02/12
2016/02/11
2016/02/10
2016/02/09
2016/02/08
2016/02/07
2016/02/06
2016/02/05
2016/02/04
2016/02/03
2016/02/02
2016/02/01
2016/01/31
2016/01/30
2016/01/29
2016/01/28
2016/01/27
2016/01/26
2016/01/25
2016/01/24
2016/01/23
2016/01/22
2016/01/21
2016/01/20
2016/01/19
2016/01/18
2016/01/17
2016/01/16
2016/01/15
2016/01/14
2016/01/13
2016/01/12
2016/01/11
2016/01/10
2016/01/09
2016/01/08
2016/01/07
2016/01/06
2016/01/05
2016/01/04
2016/01/03
2016/01/02
2016/01/01
2015/12/31
2015/12/30
2015/12/29
2015/12/28
2015/12/27
2015/12/26
2015/12/25
2015/12/24
2015/12/23
2015/12/22
2015/12/21
2015/12/20
2015/12/19
2015/12/18
2015/12/17
2015/12/16
2015/12/15
2015/12/14
2015/12/13
2015/12/12
2015/12/11
2015/12/10
2015/12/09
2015/12/08
2015/12/07
2015/12/06
2015/12/05
2015/12/04
2015/12/03
2015/12/02
2015/12/01
2015/11/30
2015/11/29
2015/11/28
2015/11/27
2015/11/26
2015/11/25
2015/11/24
2015/11/23
2015/11/22
2015/11/21
2015/11/20
2015/11/19
2015/11/18
2015/11/17
2015/11/16
2015/11/15
2015/11/14
2015/11/13
2015/11/12
2015/11/11
2015/11/10
2015/11/09
2015/11/08
2015/11/07
2015/11/06
2015/11/05
2015/11/04
2015/11/03
2015/11/02
2015/11/01
2015/10/31
2015/10/30
2015/10/29
2015/10/28
2015/10/27
2015/10/26
2015/10/25
2015/10/24
2015/10/23
2015/10/22
2015/10/21
2015/10/20
2015/10/19
2015/10/18
2015/10/17
2015/10/16
2015/10/15
2015/10/14
2015/10/13
2015/10/12
2015/10/11
2015/10/10
2015/10/09
2015/10/08
2015/10/07
2015/10/06
2015/10/05
2015/10/04
2015/10/03
2015/10/02
2015/10/01
2015/09/30
2015/09/29
2015/09/28
2015/09/27
2015/09/26
2015/09/25
2015/09/24
2015/09/23
2015/09/22
2015/09/21
2015/09/20
2015/09/19
2015/09/18
2015/09/17
2015/09/16
2015/09/15
2015/09/14
2015/09/13
2015/09/12
2015/09/11
2015/09/10
2015/09/09
2015/09/08
2015/09/07
2015/09/06
2015/09/05
2015/09/04
2015/09/03
2015/09/02
2015/09/01
2015/08/31
2015/08/30
2015/08/29
2015/08/28
2015/08/27
2015/08/26
2015/08/25
2015/08/24
2015/08/23
2015/08/22
2015/08/21
2015/08/20
2015/08/19
2015/08/18
2015/08/17
2015/08/16
2015/08/15
2015/08/14
2015/08/13
2015/08/12
2015/08/11
2015/08/10
2015/08/09
2015/08/08
2015/08/07
2015/08/06
2015/08/05
2015/08/04
2015/08/03
2015/08/02
2015/08/01
2015/07/31
2015/07/30
2015/07/29
2015/07/28
2015/07/27
2015/07/26
2015/07/25
2015/07/24
2015/07/23
2015/07/22
2015/07/21
2015/07/20
2015/07/19
2015/07/18
2015/07/17
2015/07/16
2015/07/15
2015/07/14
2015/07/13
2015/07/12
2015/07/11
2015/07/10
2015/07/09
2015/07/08
2015/07/07
2015/07/06
2015/07/05
2015/07/04
2015/07/03
2015/07/02
2015/07/01
2015/06/30
2015/06/29
2015/06/28
2015/06/27
2015/06/26
2015/06/25
2015/06/24
2015/06/23
2015/06/22
2015/06/21
2015/06/20
2015/06/19
2015/06/18
2015/06/17
2015/06/16
2015/06/15
2015/06/14
2015/06/13
2015/06/12
2015/06/11
2015/06/10
2015/06/09
2015/06/08
2015/06/07
2015/06/06
2015/06/05
2015/06/04
2015/06/03
2015/06/02
2015/06/01
2015/05/31
2015/05/30
2015/05/29
2015/05/28
2015/05/27
2015/05/26
2015/05/25
2015/05/24
2015/05/23
2015/05/22
2015/05/21
2015/05/20
2015/05/19
2015/05/18
2015/05/17
2015/05/16
2015/05/15
2015/05/14
2015/05/13
2015/05/12
2015/05/11
2015/05/10
2015/05/09
2015/05/08
2015/05/07
2015/05/06
2015/05/05
2015/05/04
2015/05/03
2015/05/02
2015/05/01
2015/04/30
2015/04/29
2015/04/28
2015/04/27
2015/04/26
2015/04/25
2015/04/24
2015/04/23
2015/04/22
2015/04/21
2015/04/20
2015/04/19
2015/04/18
2015/04/17
2015/04/16
2015/04/15
2015/04/14
2015/04/13
2015/04/12
2015/04/11
2015/04/10
2015/04/09
2015/04/08
2015/04/07
2015/04/06
2015/04/05
2015/04/04
2015/04/03
2015/04/02
2015/04/01
2015/03/31
2015/03/30
2015/03/29
2015/03/28
2015/03/27
2015/03/26
2015/03/25
2015/03/24
2015/03/23
2015/03/22
2015/03/21
2015/03/20
2015/03/19
2015/03/18
2015/03/17
exist†trace、ライブ感溢れる「DREAM RIDER」MVをフル解禁
Tue, 08 Mar 2016 21:00:00 +0900
exist†trace  (okmusic UP\'s)

exist†traceが3月16日(水)にリリースするファン待望のミニアルバム『THIS IS NOW』から、「DREAM RIDER」のミュージックビデオをフルサイズで公開した。

【その他の画像】exist†trace

前作まではCGを駆使した演出が散りばめられた作品が多かったが、今作は現在のライブステージ同様、アグレッシヴなパフォーマンスそのままに疾走感溢れるバンドサウンドをストレートに表現。ライブ感剥き出しのミニアルバム『THIS IS NOW』を代表するような映像作品となった。

同ミニアルバムを掲げた東名阪ワンマンライブの開催も決まっているので、ライブこそexist†traceの真髄と語る彼女たちの、リアルな「今」をその目で確かめに、是非ライブ会場にも足を運んでほしい。

■「DREAM RIDER」MV
https://youtu.be/OwuG8FFwvjg

■ミニアルバム『THIS IS NOW』

2016年3月16日(水)発売
【通常盤】
MOCD-1910/A/¥2,160(税込)
【ワン野口CD!限定トライアル盤】
MOCD-1910/B/¥1,000(税込)
※初回限定生産
<収録曲>
01. THIS IS NOW
02. DREAM RIDER
03. Shout Out
04. ネオジャパニーズヒロイン
05. TWIN WINGS
06. BLAST

■【ライヴ情報】

「ATTACK TO NAGOYA -EXTREME STAGE-」
3月20日(日) 名古屋ハートランド

「BLAST YOUR NOW」
6月26日(日) 渋谷eggman
7月09日(土) 心斎橋VARON

【関連リンク】
exist†trace オフィシャルHP 
「stylish wave EXPERIENCE ”無礼区 #04”」、6月に大阪&東京で開催
exist†trace、ニューアルバム『WORLD MAKER』表題曲MV解禁
exist†trace、ライヴを通じてファンといっしょに創り上げた2ndフルアルバムを9月にリリース!

【関連アーティスト】
exist†trace
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル

がんばれ!Victory、アルバム発売日にスタジオライヴを生配信
Tue, 08 Mar 2016 20:00:00 +0900
がんばれ!Victory (okmusic UP\'s)

がんばれ!Victoryがアルバム『十代発表』の発売を記念して、初のスタジオライヴ生配信をLINE LIVEで行うことを発表した。

【その他の画像】がんばれ!Victory

“絶対生音主義”を掲げる彼女達ならではの生音のみで作られたアルバムをじっくり堪能できるスタジオライヴ。通常のライブとは一味違ったスタジオライヴをお楽しみに!

また、アルバムリリースに先駆けて、収録曲「サヨナラ」が3月9日よりiTunesにて先行配信されることもアナウンスされた。「サヨナラ」は、ギターのれなが作詞作曲を担当した等身大の切ない想いを綴った歌詞が胸を打つなロックバラード。元気で明るい前向きな楽曲が多い がんばれ!Victoryのアルバム収録曲の中で、一際印象的な楽曲となっている。

そして、iTunesではアルバム「十代発表」の予約も開始。3月16日に全曲一気にダウンロードできる。

初のフルアルバム『十代発表』はシングル曲はもちろん、「サヨナラ」をはじめ「WONDER JOURNEY」など新曲も多数収録された充実ラインナップ。ぜひiTunesでダウンロード&予約して楽しんでみよう。

さらに、同時に歌ネットでは歌詞も先行公開。こちらも要チェックだ。

■LINE LIVE『がんばれ!Victory 1stアルバム「十代発表」リリース記念スペシャル〜スタジ オライブ生配信〜』

3月16日(水) 20:00〜
都内レコーディングスタジオより生中継
https://live.line.me/r/channels/499/upcoming/2664
※ポニーキャニオンLINE公式アカウントとお友達になって、「がんびく」等とつ ぶやいてみてください!

※「LINE LIVE」視聴方法
まずは、「LIVE」のスマートフォン用アプリをダウンロード。
iPhone https://lin.ee/goCPbh2/dtzb/tapc
Android https://lin.ee/4C8u0Ln/dtzb/tapc
チャンネル一覧の「音楽メディア」カテゴリから「ポニーキャニオン」をフォロー。配信が始まると通知が届きます。

【関連リンク】
がんばれ!Victory オフィシャルHP
がんばれ!Victory、初フルアルバム最速先行試聴会の緊急生配信が決定
がんばれ!Victory、埼玉西武ライオンズ試合中継番組2016シーズンテーマソングを担当
がんばれ!Victory、TOKYO FM『deeper deeper』の3月度マンスリーパーソナリティに決定

【関連アーティスト】
がんばれ!Victory
【ジャンル】
ジャパニーズロック, 女性アイドル

三代目JSB、和モダン・ストリートを織り成す新曲MV公開
Tue, 08 Mar 2016 19:00:00 +0900
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE (okmusic UP\'s)

三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEの通算7作目となるアルバム『THE JSB LEGACY』のリード曲「Feel So Alive」のMVが公開された。

【その他の画像】三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE

新曲「Feel So Alive」は、今までにない最先端のサウンドに加え、踊れるラッパーCRAZYBOY(ELLY)が満を持して初参戦した、新しい三代目 J Soul Brothersの可能性を感じられる楽曲。

MVは三代目J Soul Brothersの新しい一面として、日本人固有の「和」を現代のストリート系アート・ファッションと結合させて描く和モダン・ストリート〜Japanese Street Brand〜の世界となっている。その中で、三代目 J Soul Brothersメンバー一人一人が個性光るキャラクターとして登場。彼らの新しい魅力がたっぷりと見られる作品となっているので、設定にも注目し、楽しみながら見てほしい。

今回、作品を手がけた二宮“NINO”大輔 監督は「歌舞伎は、派手な衣装や一風変わった異形を好んだりすることを指した「かぶく」という言葉からきています。今回は、それを現代のエッジの効いたファッションと融合させることにより、三代目 J soul brothersとしての新しい一面を開拓し、また、それぞれの個性を際立たせることを意識しました。また、歌舞伎は、日本独自の伝統芸能であり、1600年代から400年以上、世襲で続いてきた文化です。今の三代目 J soul brothersも、EXILEや、今までのJ Soul Brothersの意志を継いだグループ。"LEGACY"を大切にする文化に共通項と必然性を感じ、今回この二つを融合させることにしました」とコメントしている。

■「Feel So Alive」MV
https://www.youtube.com/watch?v=F1rrhTaDJOM

【関連リンク】
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE オフィシャルHP
三代目JSB、3月30日に待望のニューアルバムを発売
三代目JSB・山下健二郎「オールナイトニッポン」イベントで高校生リスナーとコラボダンス
back number&星野源“ドリフェスDAY2”放送直前コメント到着「放送を見て頂いた方には是非、ライブに来てもらいたい!」

【関連アーティスト】
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
【ジャンル】
J-POP

GACKTの『卒業式サプライズライヴ』をニコ生が完全密着
Tue, 08 Mar 2016 18:00:00 +0900


ニコニコ生放送にて、3月5日に千葉県の高校で開催された、GACKTの『卒業式サプライズライヴ』に密着した特番『GACKT卒業式サプライズLIVE in [千葉経済大学附属高等学校] 密着完全版放送』が放送される。

【その他の画像】GACKT

番組ではGACKTにニコニコのカメラが完全密着し、前日のリハーサルから当日移動する車内、ライヴの模様に加え、本人へのインタビューも敢行。今回のサプライズライヴの模様をあますことなくお届け。

また、ライヴ映像開始まではGACKTのライヴツアー映像を放送する。

■ニコニコ生放送『GACKT卒業式サプライズLIVE in [千葉経済大学附属高等学校] 密着完全版放送 』

3月12日(土)13:00〜21:40(予定)
http://live.nicovideo.jp/watch/lv255184767
※本番組の一部はプレミアム会員限定視聴となります。番組全編を視聴するにはプレミアム会員のご登録が必要となります。

【関連リンク】
GACKT オフィシャルHP
GACKTが映画『カーラヌカン』主演に決定、美しい身体と美貌を持つ男性演じる
GACKTが謎の美女(?)といちゃつくファン発狂動画公開
GACKT、7年ぶりとなるコンセプトツアー『LAST VISUALIVE』の追加公演が決定

【関連アーティスト】
GACKT
【ジャンル】
ジャパニーズロック, イベント

アイランドレゲエレジェンドのHouse of Shem、リーダーのおじいちゃんはBob Marly &The Wailersのサポートメンバー!
Tue, 08 Mar 2016 18:00:00 +0900


Aloha! Natasha(ナターシャ)です。毎週火曜日にマウイ島からisland Reggae(アイランドレゲエ)のHOTなニュースをお届けしています〜
もうすぐSt. Patrick Dayですね。マウイ島もBarやレストランは緑色になりました。アイルランドのカソリック教会から移民によってアメリカにも広がり、3月17日は緑の服を着てクローバーを飾って、緑色のパッケージのラガービールとコンビーフ&キャベツで大騒ぎします。


【その他の画像】House Of Shem

今回はアイルランド人が多いニュージーランドのアイランドレゲエアーティストHouse of Shem(ハウスオブシェイム)の紹介です。
https://www.youtube.com/watch?v=CqGBHEnVNEI

House of ShemはHawaiiでもすでに大人気! Rootsと伝統的なMaoli族の曲を取り入れたアイランドレゲエミュージックは、家族愛だけではなく、政治的な内容であったり、世界平和など、Lifeについて問う歌詞もあって、アイランドレゲエには珍しく特徴的なの。

リーダーのCarlは30年以上もBob Marley & The Wailers, Gregory Isaacs, Peter Toshのサポートバンドとして参加していて、2010年に息子2人、Te Omeka とIsaiahを引き入れてHouse of Shemを結成したの。今や8名のMokopuna(マオリ語で孫)を持ち、いずれは孫たちもバンドに引き入れる予定だとか…。

そんなリーダーのお爺ちゃんの30年のレゲエバックグラウンドは、当然Bob Marleyの子供たちZiggy Marleyなどとも家族ぐるみで仲が良いので、Marleyファミリーともツアーに同行することもしばしば。メンバーの息子たちは初めRockを聴いてたらしいけど、おかあさんもレゲエが大好きで、あらゆるところにギターや打楽器を置き、料理を始めると、曲に合わせてフライパンや鍋、包丁やお箸、泡だて器.などで音を作り、踊り、床を踏み鳴らし出すそうで、息子たち曰く「生まれながらのレゲエミュージシャンママだよ!」。とにかくレゲエがかかるとノリノリのママだったそうで、当然息子たちはRockはやめて、「やっぱReggae!」ってなったそうよ。

こんなReggaeの血がつながった家族バンドだからこそ、ハーモニーはすごく美しくパフォーマンスは最高で、太平洋では不動の人気! ニュージーランドのアイランドレゲエバンドなので、オーストラリアやニュージーランドが中心だけど、太平洋の島々ではとても人気なの。いつか8名の孫もバンドメンバーに入ったら、3代メンバーがいる初のアイランドレゲエバンドになるわね。

ニュージーランドのアイランドレゲエレジェンドのHouse of Shem是非聴いてみてね!
Mahalo

【関連アーティスト】
House Of Shem
【ジャンル】


Brian the Sun、ツアーファイナルで初夏に全国18カ所のツアーを発表
Tue, 08 Mar 2016 17:00:00 +0900
「マタタビ ツアー 2015→2016」 (okmusic UP\'s)

3月4日&5日と地元大阪でインディーズ最後のツアーとなる『マタタビ ツアー 2015→2016』を2日間ソールドアウトで終了したBrian the Sunが、早くも次のツアーを発表した。

【その他の画像】Brian the Sun

メジャーデビュー後、初めてとなる今回のツアーは全国18カ所で、このうち11カ所をワンマンで回る、自身最大規模のツアーとなることが明らかになった。

あわせて、ツアーチケットの超先行発売モバイルファンクラブサイト「Brian the Sun mobile」にてスタート。ツアー及びファンクラブ先行発売の詳細は、Brian the Sun OFFICIAL WEBSITEでチェックしてほしい。

先日、4月3日スタートのTVアニメ「僕のヒーローアカデミア」のエンディングテーマを担当することが決定し、さらに勢いを増すBrian the Sunから目が離せない。

■『Brian the Sun TOUR 2016(タイトルは後日発表)』

6月02日(木) 兵庫 神戸VARIT.
6月05日(日) 京都 KYOTO MUSE
6月08日(水) 北海道 札幌COLONY
6月11日(土) 長野 長野ライブハウスJ
6月12日(日) 新潟 新潟CLUB RIVERST
6月14日(火) 秋田 秋田 LIVE SPOT2000
6月16日(木) 宮城 仙台 enn 2nd
6月18日(土) 東京 渋谷クラブクアトロ
6月23日(木) 神奈川 横浜BAYSIS
6月25日(土) 富山 富山soul power
6月26日(日) 愛知 名古屋 ell.FITS ALL
6月30日(木) 岡山 岡山CRAZY MAMA 2nd Room
7月02日(土) 愛媛 松山サロンキティ
7月03日(日) 香川 高松DIME
7月06日(水) 宮崎 宮崎 SR BOX
7月07日(木) 鹿児島 鹿児島 SR HALL
7月09日(土) 福岡 福岡Queblick
7月10日(日) 大阪 梅田クラブクアトロ

【関連リンク】
Brian the Sun オフィシャルHP
Brian the Sun、初夏に全国18カ所を巡るツアーを発表
Brian the Sun、メジャーデビュー曲は話題アニメ『僕のヒーローアカデミア』のEDテーマ
TVアニメ「僕のヒーローアカデミア」OPをポルノグラフィティ、EDをBrian the Sunが担当

【関連アーティスト】
Brian the Sun
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

布袋寅泰、「8BEATのシルエット」ティザー映像を公開
Tue, 08 Mar 2016 16:00:00 +0900
シングル「8 BEATのシルエット」 (okmusic UP\'s)

布袋寅泰の35thアニバーサリーシングル「8 BEATのシルエット」のラジオオンエアが解禁! 併せてMVを使用したティザー映像もYouTubeに公開された。

【その他の画像】布袋寅泰

「8 BEATのシルエット」は布袋の真骨頂である躍動するギターリフと布袋自身の35年の歩みを照らし合わせた歌詞が見事に融合。バッキングボーカルには親交の深い小渕健太郎(コブクロ)が参加し、35周年のテーマソングと呼ぶに相応しい、豪快で華やかな名曲が生まれた。

MVは監督に「スリル」や「バンビーナ」などを制作した中野裕之を起用。布袋のライブパフォーマンスの象徴ともいえる足上げステップをフューチャーしたティザー映像も制作された。

さらにジャケット写真も公開。世代を超えた男女8人が布袋モデルギターを抱え、8 BEATを象徴的に表現。シャープな布袋のギターの音が聞こえてくるような印象的なビジュアルに仕上がった。

4月7日、4月10日には『【BEAT 2】〜GUITARHYTHM伝説\'88〜 ソロデビュー再現GIGS』も開催。1988年に行われた伝説の1stソロライヴを、現在の布袋寅泰がどのように再現するか?過去と今と未来が交差するオーディエンスの予想をはるかに超えるライヴとなりそうだ。

そして『【BEAT 3】〜Power of Music〜 FREE LIVE! 自由の音を聴け』の開催も発表。6月22日に“オールタイムベストアルバム”を発売後初めてのライブが、故郷であり音楽活動のスタートを切った場所でのフリーライヴだけに、ファンのみならず高崎市とっても新たな伝説の1日となるだろう。

■「8 BEATのシルエット」ティザー映像
https://youtu.be/dHsLOGu3fvw

■シングル「8 BEATのシルエット」

2016年4月6日発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
TYCT-39037/¥1,800+税
【通常盤】(CD)
TYCT-30053/¥1,000+税
<収録曲>
■CD
1.8 BEATのシルエット
2.POWER(初音源化)
■DVD ※初回限定盤のみ
POWER
C\'MON EVERYBODY
MATERIALS
A DAY IN AUTUMN
・GUITARHYTHM LIVEからのライヴ映像4曲をリマスターしてコンプリート収録

【関連リンク】
布袋寅泰 オフィシャルHP
布袋寅泰、原点の地・高崎でフリーライブを開催
布袋寅泰、35周年アニバーサリーシングル&ソロオールタイムベストが発売決定
今井美樹、ロンドンでのニューイヤーコンサートにSPゲストとして布袋寅泰が登場

【関連アーティスト】
布袋寅泰
【ジャンル】
ジャパニーズロック

MONOEYES、発売間近のDVD&Blu-rayから「When I Was A King」ライヴ映像公開
Tue, 08 Mar 2016 15:00:00 +0900
MONOEYES (okmusic UP\'s)

3月9日発売となるMONOEYESのライヴDVD&Blu-ray『MONOEYES Cold Reaction Tour 2015 at Studio Coast』より、「When I Was A King」のライヴ映像が公開された。

【その他の画像】Scott Murphy

発売と同時に全公演がソールドアウトし、映像化が待たれていた貴重な公演の模様を収録したMONOEYES初の映像作品は、「My Instant Song」「Run Run」を含む、全18曲収録、ツアーのオフショットも収録された見逃せない内容になっている。

MONOEYESの最新情報は、バンドのオフィシャルHPならびにオフィシャルSNSをチェック!

■"When I Was A King" from「MONOEYES Cold Reaction Tour 2015 at Studio Coast」
https://www.youtube.com/watch?v=Tnz--TIKDu0

【関連リンク】
MONOEYES オフィシャルHP
MONOEYES、ライヴDVD&Blu-rayの詳細とジャケットビジュアル公開
ストイックに歩んだインディーズの雄、ELLEGARDENの名盤『RIOT ON THE GRILL』
MONOEYES、「Cold Reaction Tour 2015」新木場スタジオコースト公演の模様を映像化

【関連アーティスト】
Scott Murphy, 細美武士, MONOEYES
【ジャンル】
ジャパニーズロック

Acid Black Cherry、来週発売ライヴDVD&Blu-rayのトレーラー映像公開
Tue, 08 Mar 2016 14:00:00 +0900
Acid Black Cherry (okmusic UP\'s)

Acid Black Cherryの3ヶ月連続リリース第3弾となるライヴDVD&Blu-ray『2015 arena tour L−エル−』のトレーラー映像が公開された。

【その他の画像】Acid Black Cherry

2015年2月に発売したアルバム『L−エル−』を引っさげて約9か月に渡り展開され、18万人を動員したアルバムツアーファイナルの日本武道館公演を収録した『2015 arena tour L−エル−』。

動画配信サイトGYAO!で収録曲の「黒猫〜Adult Black Cat〜」のフル尺の先行配信がスタートしており、同配信サイトでは2012年に行われた、自身の5周年記念ライヴ『Acid Black Cherry 5th Anniversary LIVE Erect』の模様も期間限定で無料配信している。

ぜひ、この機会にAcid Black Cherryのライヴに触れてみてほしい。

■「2015 arena tour L−エル−」Trailer Movie
https://youtu.be/OeOJuW07B6g

【関連リンク】
Acid Black Cherry オフィシャルHP
「CDショップ大賞2016」入賞作品、Acid Black Cherryの『L−エル−』に注目!
Acid Black Cherry、18万人動員ライヴ映像商品のジャケ写解禁
Acid Black Cherry、3作連続リリース連動特典はyasuとの密会!?

【関連アーティスト】
Acid Black Cherry
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル

「スペースシャワー列伝」ツアーファイナルでフレデリック、夜の本気ダンス等4組が激突!
Tue, 08 Mar 2016 13:00:00 +0900
3月6日(日)@赤坂BLITZ (okmusic UP\'s)

今年で9回目を迎えた「スペースシャワー列伝」ジャパンツアーのファイナルが3月6日(日)に赤坂BLITZで行なわれた。

【その他の画像】夜の本気ダンス

出演は、フレデリック、夜の本気ダンス、My Hair is Bad、雨のパレードという新たな時代を切り開く可能性を秘めた4組のバンド。 全国9会場のチケットを見事ソールドアウトさせた彼らは、 互いのライバル心を剥き出しにしながら、 そのファイナルの地で列伝の歴史に新たな1ページを刻むエネルギッシュなステージを繰り広げた。

オープニングアクトはスペシャ主催のオーディション「DayDreamBeliever」でグランプリに輝いた4人組TRY TRY NIICHE。 美しいピアノのイントロによる「水面の果て」を皮切りに、 その演奏の真ん中に“歌"を置いた繊細なナンバーを届けていく。 エッジの効いたダンスナンバー「Cガール」では、 ヲクヤマ(Vo・pf)が「踊れる準備はできてますか?」と夜の本気ダンスを真似てみたり、 柴山大樹(G)はフレデリックの「オドループ」のギターを弾いたりと、 後に出演する先輩バンドの胸を借りてオーディエンスの心を掴む場面も。 昨年7月に結成されたばかりとは思えない完成度の高いステージで存在感を残した。

本編の一番手として登場したのは3月2日にメジャーデビューを果たしたばかりのアート系4人組ロックバンド、雨のパレード。全員が黒い衣装で姿を現すと、電子ドラム、サンプラーなどを駆使した前衛的なナンバー「epoch」からフロアに言い様のない陶酔感を生み出していく。MCでは「メジャーもインディーも関係ないけれど、 偉大な通過点になるようにしたいです」と、福永浩平(Vo)。新たな環境に身を置く決意を語ると、 続く「Tokyo」が素晴らしかった。九州出身の福永が見た東京。 あらゆる人が夢を追い求めて訪れるその場所は、“夢を捨てても生きていける街だ"と歌う。そして、ラストナンバー「new place」では、福永は感情を昂ぶらせて絶叫。一見、オシャレなクリエイティブ集団という佇まいの雨パレだが、彼らはそこにとんでもない激情を隠し持つバンドだった。

続いては、剥き出しの感情をぶつける、怖いもの知らずのパフォーマンスを見せた新潟の狂犬、My Hair is Bad。「真赤」からスタートしたアグレッシブなステージで、いきなり聴き手の感情をかき乱していく。MCでは椎木知仁(Vo・G)が最前列の柵に身を乗り出して、熱い口調でツアーを振り返った。「全部いちばんになると思ってたけど、何ヵ所か負けましたっ!」。 唯一のインディーズバンドでもあるマイヘアは、周りのバンドが敵に見えていた。しかし、次第に認め合い、深まったバンド同士の絆を、熱いトーキングブルースにのせて赤裸々に綴る。そして最後に、わずか30秒で駆け抜けたファストチューン「クリサンセマム」へ。そこで椎木は「この4バンドでまたやりましょう!」と力強く叫んだ。それは今回のツアーを通じてマイヘアがかけがえもないものを手に入れたことを物語っていた。

通称“MCモンスター"の異名をとる鈴鹿秋斗(Dr)が「踊れる準備はできてますかー!?」と呼びかけてスタートした夜の本気ダンスは、いきなり真骨頂のダンスロック「By My Side」でフロアをもみくちゃにした。町田建人(G)が奏でる泣きのギターリフ、マイケル(B)&鈴鹿の強靭なリズム隊。00年代のロックンロールリバイバルに影響を受けた夜ダンのグルーヴは、頭で感じるより先に体を動かしてしまう破壊力がある。そして、9日にリリースされるメジャーデビューアルバム『DANCEABLE』の新曲「Crazy Dancer」、米田貴紀(Vo・G)がハンドマイクで歌い、キレのある足さばきを見せた「fuckin\' so tired」へ。果てしない狂騒の中、「新しい時代を引っ張っていくのは俺たちだ!」と宣言した鈴鹿の言葉は決してビッグマウスではない。そう確信する圧倒的なパフォーマンスだった。

「幸せなどつき合いをしようや!」。個性派ぞろいの2016年の列伝ツアーの最後を締めくくったのは、そんな連中に負けない中毒性の高い独自のロックを貫く神戸発のフレデリックだった。1曲目の「オワラセナイト」から、ユニークな語感に3人の緻密な演奏が絶妙のバランスで重なるナンバーを次々に披露。「うわさのケムリの女の子」ではステージ一面にスモークを焚く演出で幻想的なムードを作り上げると、バンドの代表曲「オドループ」では、ハンドクラップでフロアを一体に。ラストは、「俺たちはNo.1にはなれへんかったかもしれん。でもオンリーワンです!」と、三原健司(Vo・G)が熱く叫んで届けた新曲「オンリーワンダー」へ。言葉にできない想いの丈をすべて歌へと込めた熱演だった。

アンコールで再びステージに戻ってきたフレデリック。健司は一緒にツアーを回った仲間に「大好きだ」とメッセージを伝えたが、中でもマイヘアに向けた言葉は印象的だった。「初めての福岡公演。1本目。椎木にMCで“俺は踊ってない夜"(=「オドループ」のこと)しか知らない"ってケンカを売られた。めっちゃ嫌いになった。でも9ヵ所回ってひっくり返された。大好きになった」と。全員がNo.1になりたい負けず嫌いなバンドマンたちだ。互いの意地とプライドをぶつけ合うツアーの道中には、ファイナルだけ見るとわからない葛藤もあっただろう。そんなツアーの物語を想像させるMCに胸が熱くなる。

そして、フレデリックが「ハローグッバイ」を披露したあと、全バンドを呼び込んでラストセッションへ。披露したのは斉藤和義の「歩いて帰ろう」カバーだ。フレデリック、マイヘア、雨パレ、夜ダン。総勢15名がステージに並び、順番にボーカルをとる大団円。その途中でマイヘアの椎木が「ちょっと待って! 列伝ツアーいろいろ迷惑をおかけしてすみませんでしたっ!」と切り込んだ。 そして、フレデリックとの“福岡の夜"に触れて、改めて「オドループ」をリクエスト。全員で「オドループ」を歌うという異例のフィナーレとなった。

このツアーの模様は、4月15日(金)24時からドキュメンタリー編を、さらに4月22日(金)24時からはライブ編を2週にわたり、オンエアすることが決定した。各地で新しい世代の風を巻き起こしながら、大きく成長した4組の様子をぜひ目撃してほしい。

Text by 秦理絵
Photo by 古渓一道

■【セットリスト】

■TRY TRY NIICHE (OPENING ACT)
1. 水面の果て
2. さよならエイミー
3. Cガール
4. initiation
■雨のパレード
1. epoch
2. 揺らぎ巡る君の中のそれ (New recording)
3. Tokyo
4. encore
5. new place
■My Hair is Bad
1. 真赤
2. アフターアワー
3. 元彼氏として
4. マイハッピーウェディング
5. フロムナウオン
6.優しさの行方
7.クリサンセマム
■夜の本気ダンス
1. By My Side
2. WHERE?
3. Crazy Dancer
4. fuckin\' so tired
5. 戦争
■フレデリック
1. オワラセナイト
2. 愛の迷惑
3. プロレスごっこのフラフープ
4. うわさのケムリの女の子
5. オドループ
6. オンリーワンダー
En. ハローグッバイ
■アンコールセッション
1. 歩いて帰ろう(斉藤和義カバー)
2. オドループ

【関連リンク】
夜の本気ダンス、LINE LIVE中継&ライヴ会場への無料招待決定
『SUMMER CAMP 2016』第1弾出演アーティストにKEMURI、SHANK等の8組が決定
夜の本気ダンス、アルバム『DANCEABLE』のダイジェスト映像公開
フレデリック、スペシャ列伝ツアー初日に東名阪ツアー発表

【関連アーティスト】
夜の本気ダンス, フレデリック, 雨のパレード, My Hair is Bad
【ジャンル】
ジャパニーズロック, イベント

ぼくのりりっくのぼうよみ、3部作MVの最終作「Sunrise(re-build)」を公開
Tue, 08 Mar 2016 12:00:00 +0900
ぼくのりりっくのぼうよみ (okmusic UP\'s)

ぼくのりりっくのぼうよみが1stアルバム『hollow world』から「Sunrise(re-build)」のミュージックビデオを公開した。

【その他の画像】ぼくのりりっくのぼうよみ

この作品は池田エライザ・池田大・吉村界人といった注目の若手俳優陣が主演し話題となっている「sub/objective」・「CITI」の続編であり、三曲の時間軸をまたがってストーリーが展開される群像劇3部作ミュージックビデオの最終作。BUMP OF CHICKENの「Hello,world!」「ray」やゲスの極み乙女。の「オトナチック」などを手がけた東市篤憲が監督を担当し、映画『hollow world』として完結することも明らかになっている。

また、吉村界人の主演映画『いいにおいのする映画』にも出演しているバンド“Vampilia"のmicci the mistake(Bass & Dance)が特別ゲストとしてビデオに参加しているので、そちらにも注目してほしい。

■映画『hollow world』特設サイト
http://hollowworld.jp/

■「Sunrise(re-build)」MV
https://youtu.be/jmhKf2nh2ZA

■【ライブ情報】

「CONNECTONE NIGHT Vol.1」
5月06日(金)  渋谷 CLUB QUATTRO
OPEN 17:00 / START 17:45
出演:Awesome City Club/SANABAGUN./ぼくのりりっくのぼうよみ and more

「VIVA LA ROCK 2016」
5月28日(土)  さいたまスーパーアリーナ

【関連リンク】
ぼくのりりっくのぼうよみ オフィシャルHP
ビクター新レーベル「CONNECTONE」が初主催イベント&オーディションの開催を発表
ぼくのりりっくのぼうよみ、文學界にエッセイを寄稿
2016年、ブレイク必至の新人アーティスト

【関連アーティスト】
ぼくのりりっくのぼうよみ
【ジャンル】
J-POP, ジャパニーズヒップホップ

セカイイチ、5月より全国8カ所を巡るリリースツアーを開催
Tue, 08 Mar 2016 11:00:00 +0900
セカイイチ (okmusic UP\'s)

セカイイチがニューアルバム『Round Table』を携えて全国8カ所を巡る「『Round Table』 Release Tour」を5月より開催する事を発表した。

【その他の画像】セカイイチ

ツアーは5月27日(金)の宮城・仙台FLYING SONを皮切りに、福島、盛岡、長崎、福岡、名古屋、東京と回り、ツアーファイナルの6月17日(金)大阪・梅田Shangri-Laまで全8公演開催される。チケットは一般発売に先駆けて、セカイイチのメールマガジン会員を対象にした先行予約が3月19日12:00から3月27日(日)23:00まで行なわれるとのこと。

またツアーに加えて、5月には東京・大阪でアルバムリリースを記念したアウトストアライブも開催される。アウトストアライブはニューアルバム『Round Table』に加え、すでにリリースされているライブ会場限定シングル「Grave of Music」も購入した方が対象で、アウトストアライブまでの各ライブやアウトストアライブ当日に「Grave of Music」を購入された方も参加できる。なお参加には事前予約が必要なので、詳しい予約方法は『Round Table』に封入されているチラシをご覧になってほしい。

■「セカイイチ 『Round Table』 Release Tour」

5月27日(金) 宮城・仙台FLYING SON
5月28日(土) 福島OUTLINE
5月29日(日) 岩手・盛岡the five morioka ※
6月02日(木) 長崎Ohana Cafe
6月03日(金) 福岡THE Voodoo Lounge
6月05日(日) 愛知・名古屋CLUB UPSET
6月12日(日) 東京・新代田LIVE HOUSE FEVER
6月17日(金) 大阪・梅田Shangri-La
※以外はワンマン公演

■【アウトストアライブ情報】

5月14日(土) 東京・下北沢SHELTER 
開演12:00
5月22日(日) 大阪・梅田ムジカジャポニカ 
開演12:00

【関連リンク】
セカイイチ オフィシャルHP
セカイイチ、3月30日にリリースされる新作のアートワークやMVなどを一挙公開
セカイイチ、先行シングルにオカモトショウ(OKAMOTO\'S)が参加
セカイイチ、来春新作リリース&年末ワンマンツアーで先行シングル販売決定

【関連アーティスト】
セカイイチ
【ジャンル】
ジャパニーズロック

the telephonesの石毛輝と岡本伸明が新バンド結成! 3月14日に初ライブ開催も!
Tue, 08 Mar 2016 10:00:00 +0900


the telephonesの石毛輝と岡本伸明が、北山詩織、高橋昌志と新バンドを結成し、3月14日(月)に新代田 FEVERで「preview of film」と題したライブを開催する。

【その他の画像】the telephones

「試写会」という意味を持つこのイベントがまだ名前も決まっていない生まれたての彼らの初ライブとなる。なお、新バンドの名前は当日のライブで発表される予定だ。

またこの企画には Koji Nakamura、DJ 片平実も参加し、新バンドの誕生を盛り上げるとのこと。気になる方は是非足を運んでみよう。

■「preview of film」

3月14日(月) 新代田FEVER
OPEN & DJ START 19:00 LIVE START 19:45
出演:【石毛輝(the telephones)・岡本伸明(the telephones)・北山詩織・高橋昌志(The Pat/PINK POLITICS)】 / Koji Nakamura / DJ 片平実

【関連リンク】
the telephones、超豪華アーティストによるトリビュート盤発売決定
the telephones、無期限活動休止前のラストイベントでCD即売所大抽選会開催決定
テレフォンズ最終公演、タイムテーブル発表&追加チケット販売決定
the telephones、新MV「Amber Romance」フル視聴がスタート

【関連アーティスト】
the telephones
【ジャンル】
ジャパニーズロック

石橋凌、“R-60 PROJECT"第三弾として7月20日にBDライブを開催
Tue, 08 Mar 2016 00:00:00 +0900
3月6日@東京・EX THEATER ROPPONGI (okmusic UP\'s)

石橋凌が生誕60年の節目をより充実した音楽活動の出発点とするべく立ち上げた“R-60 PROJECT"。既に第一弾として2月にライブアルバム『LIVE Neo Retro Music 2015』をリリースし第二弾の全国ツアーも展開中だが、3月6日に行なわれた全国ツアーの東京・六本木EX THEATER公演のステージ上で、そのプロジェクトの第三弾が明らかにされた。

【その他の画像】ARB

この日の東京公演は池畑潤二(Dr.)、渡辺圭一(B)、藤井一彦(G)、伊東ミキオ(Key)、梅津和時(Sax)といったレギュラー・メンバーに加えて太田惠資(Vl)が初参加。 松本治(Tb)、渡辺隆雄(Tp)、多田葉子(T-Sax)のホーンセクションも交えた豪華なミュージシャン達と共に、本編18曲と三度に及ぶアンコール7曲の計25曲を披露した。ソロ・ワークスの楽曲に、A.R.B.時代からの代表曲、洋楽スタンダードのカバーを多彩なアレンジとタイトかつシュアな演奏、そして圧倒的なボーカルで披露し、満員の客席を魅了した。

プロジェクト第三弾となるバースデーライブについては、本編終了間際のMCで石橋自身の口から観客に発表された。「SOULFUL CARNIVAL」と名付けられたこの一夜限りのスペシャル・ライブは、レギュラー・バンドに加えゲストミュージシャンを多数招いたイベントとなるとのことで、石橋の60回目の誕生日となる7月20日(水)に東京・赤坂BLITZで催される。自身が敬愛するミュージシャンを招いているとのことだけに、そのゲスト陣には期待の高まるところだ。

ますます精力的な動きを見せる、石橋凌の“R-60 PROJECT"に注目して欲しい。

photo by 竹川潤二

■【石橋凌よりコメント】

楽しく、豊かな時間をもって、60というポイントを通過したいと考え、この日は自分が尊敬する好きなミュージシャンと一緒に、魂が乱舞するカーニバルのような一夜にしたいと思っています。Welcome to “SOULFUL CARNIVAL"!

■石橋凌 Birthday Live『SOULFUL CARNIVAL』

7月20日(水) 赤坂BLITZ
17:30開場/18:30開演
出演:石橋凌、他
料金:1Fスタンディング ¥8,000 / 2F指定席 ¥8,500
※料金は全て税込・別途1ドリンクが必要となります
※ジュニア割引、シニア割引、障害者(児)介護割引に関してはキョードー東京にお問い合わせください 

■一般発売
4月23日(土) 10:00〜
■ぴあ独占先行
※受付期間:3月6日(日)20:00〜3月21日(月)11:00
http://w.pia.jp/t/ishibashiryo-t/

【関連リンク】
石橋凌 オフィシャルHP
石橋凌、全国ツアー詳細解禁!アルバムジャケとティザー動画も公開!
石橋凌、アニバーサリーイヤー第一弾として2016年2月にライブアルバムを発売
石橋凌のツアーファイナルにシナロケの鮎川誠がサプライズ参戦

【関連アーティスト】
ARB, 石橋凌
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

THE MORTAL、最新映像作品のロングトレーラー解禁&無料壁紙の期間限定配布を開始
Mon, 07 Mar 2016 21:00:00 +0900
THE MORTAL (okmusic UP\'s)

THE MORTALが3月9日にDVD&Blu-ray『IMMORTAL』を発売する事を記念して、スマートフォン及びiphone対応待ち受け画像の無料配布をオフィシャルHP上にてスタートさせた。

【その他の画像】BUCK-TICK

DVD&Blu-ray『IMMORTAL』は、2015年11月26日に行なわれたツアー「TOUR THE MORTAL2015」最終日、NHK HALLでの公演を映像化したもの。ゴシックに彩られた一夜をかいま見てほしい。なお待ち受け画像の無料配布は3月7日より1週間限定での配布とのことなので、発売が待ちきれないファンはぜひHPをチェックしよう。

また「TOUR THE MORTAL 2015」ライブ映像のトレーラーロングバージョンも同じく3月7日より公開となった。こちらは、DVD収録内容から、天使/DEAD CAN DANCE/Fantomas -展覧会の男/月/SACRIFICE/ハレルヤ!/惑星/Barbaric Man/Mortal…と、新旧の楽曲を織り交ぜた初公開のロング尺トレーラー映像となっている。

■待ち受け画像無料配布 詳細ページ
http://the-mortal.com/news/detail.php?id=1032953

■DVD&Blu-ray『IMMORTAL』 Trailer
https://www.youtube.com/watch?v=W20JaDARa34

【関連リンク】
THE MORTAL オフィシャルHP
THE MORTAL、DVD&Blu-ray『IMMORTAL』よりライヴ映像を公開
SCHAFT、21年ぶりの2ndツアー終了&アンコールでは未発表新曲も
BUCK-TICKが『Six/Nine』で示した、ギターロックバンドのスタンス

【関連アーティスト】
BUCK-TICK, 櫻井敦司, THE MORTAL
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル

メガマソ、冬眠前最後のライブDVDがSPACE SHOWER STOREにて予約スタート
Mon, 07 Mar 2016 20:00:00 +0900
ヴィンテージ・ロゴTシャツ (okmusic UP\'s)

2015年12月16日(水)に新宿ReNYにて行なわれたメガマソのウインターツアーファイナル「MEGAMASSO-サイレントガール、オープニングガール-」。ニコニコ生放送で中継されたこのライブの映像を全て編集し直してDVD化したものが、2月14日からオフィシャルHPにて1週間限定で予約販売を行なっていたが、この度SPACE SHOWER STOREにて通販取扱い開始となった。

【その他の画像】メガマソ

また、完全数量限定でメガマソのロゴを艶ヒビ加工でプリントしたヴィンテージ・ロゴTシャツ付セットバージョンも追加された。3月7日の18時から予約販売はスタートしているので、オフィシャルHPで予約出来なかった方は是非こちらをチェックしよう!

■SPACE SHOWER SOTRE メガマソSHOP
https://spaceshowerstore.com/shop/014876

■DVD『2015ウィンターツアーファイナル「MEGAMASSO-サイレントガール,オープニングガール-」』

2016年3月7日(月)18時より
SPACE SHOWER SOTRE メガマソSHOPにて予約販売開始
※2016年3月16日以降順次発送
【ヴィンテージ・ロゴTシャツ+2015ウィンターツアーファイナル「MEGAMASSO-サイレントガール,オープニングガール-」】(DVD)
販売価格:¥8,300(税込)
【2015ウィンターツアーファイナル「MEGAMASSO-サイレントガール,オープニングガール-」】(DVD)
販売価格:¥5,500(税込)
<収録内容>
1.ブラインドイノセンス
2.ステイwithミー
3.スノウィブルー
4.MOON
5.トワイライトスター
6.DeepSnow
7.MISS WAVES
8.君は埋没林に向かう。
9.とても小さくて、きっともう見えない。
10.かけあい-さかさ-まんじ
11.クンクタトル乱舞
12.fish tank
13.脂肪の塊
14.Loveless,more Loveless
15.LIPS
16.フロスチ
17.ザガールダイドホエンバウンド
18.星降町にて
19.地ベタ四ツン這イ太郎
20.芋虫の主
21.サイレントガール
22.涙猫

■「MEGAMASSO LIVE 2016 [THE FIRST REUNION,SECOND NIMBUS]」

12月10日(土) 品川インターシティーホール

【関連リンク】
メガマソ オフィシャルHP
メガマソ、“冬眠”前最後のライブで1年後の再会を誓う
メガマソ、活動休止前ラストライブがニコ生にて生中継決定
メガマソ、最新アルバム『ニシュタリ』初回盤がUSBとなって限定販売決定

【関連アーティスト】
メガマソ
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1