歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2016年03月05日)
バックナンバー
最新ニュース
2016/03/14
2016/03/13
2016/03/12
2016/03/11
2016/03/10
2016/03/09
2016/03/08
2016/03/07
2016/03/06
2016/03/05
2016/03/04
2016/03/03
2016/03/02
2016/03/01
2016/02/29
2016/02/28
2016/02/27
2016/02/26
2016/02/25
2016/02/24
2016/02/23
2016/02/22
2016/02/21
2016/02/20
2016/02/19
2016/02/18
2016/02/17
2016/02/16
2016/02/15
2016/02/14
2016/02/13
2016/02/12
2016/02/11
2016/02/10
2016/02/09
2016/02/08
2016/02/07
2016/02/06
2016/02/05
2016/02/04
2016/02/03
2016/02/02
2016/02/01
2016/01/31
2016/01/30
2016/01/29
2016/01/28
2016/01/27
2016/01/26
2016/01/25
2016/01/24
2016/01/23
2016/01/22
2016/01/21
2016/01/20
2016/01/19
2016/01/18
2016/01/17
2016/01/16
2016/01/15
2016/01/14
2016/01/13
2016/01/12
2016/01/11
2016/01/10
2016/01/09
2016/01/08
2016/01/07
2016/01/06
2016/01/05
2016/01/04
2016/01/03
2016/01/02
2016/01/01
2015/12/31
2015/12/30
2015/12/29
2015/12/28
2015/12/27
2015/12/26
2015/12/25
2015/12/24
2015/12/23
2015/12/22
2015/12/21
2015/12/20
2015/12/19
2015/12/18
2015/12/17
2015/12/16
2015/12/15
2015/12/14
2015/12/13
2015/12/12
2015/12/11
2015/12/10
2015/12/09
2015/12/08
2015/12/07
2015/12/06
2015/12/05
2015/12/04
2015/12/03
2015/12/02
2015/12/01
2015/11/30
2015/11/29
2015/11/28
2015/11/27
2015/11/26
2015/11/25
2015/11/24
2015/11/23
2015/11/22
2015/11/21
2015/11/20
2015/11/19
2015/11/18
2015/11/17
2015/11/16
2015/11/15
2015/11/14
2015/11/13
2015/11/12
2015/11/11
2015/11/10
2015/11/09
2015/11/08
2015/11/07
2015/11/06
2015/11/05
2015/11/04
2015/11/03
2015/11/02
2015/11/01
2015/10/31
2015/10/30
2015/10/29
2015/10/28
2015/10/27
2015/10/26
2015/10/25
2015/10/24
2015/10/23
2015/10/22
2015/10/21
2015/10/20
2015/10/19
2015/10/18
2015/10/17
2015/10/16
2015/10/15
2015/10/14
2015/10/13
2015/10/12
2015/10/11
2015/10/10
2015/10/09
2015/10/08
2015/10/07
2015/10/06
2015/10/05
2015/10/04
2015/10/03
2015/10/02
2015/10/01
2015/09/30
2015/09/29
2015/09/28
2015/09/27
2015/09/26
2015/09/25
2015/09/24
2015/09/23
2015/09/22
2015/09/21
2015/09/20
2015/09/19
2015/09/18
2015/09/17
2015/09/16
2015/09/15
2015/09/14
2015/09/13
2015/09/12
2015/09/11
2015/09/10
2015/09/09
2015/09/08
2015/09/07
2015/09/06
2015/09/05
2015/09/04
2015/09/03
2015/09/02
2015/09/01
2015/08/31
2015/08/30
2015/08/29
2015/08/28
2015/08/27
2015/08/26
2015/08/25
2015/08/24
2015/08/23
2015/08/22
2015/08/21
2015/08/20
2015/08/19
2015/08/18
2015/08/17
2015/08/16
2015/08/15
2015/08/14
2015/08/13
2015/08/12
2015/08/11
2015/08/10
2015/08/09
2015/08/08
2015/08/07
2015/08/06
2015/08/05
2015/08/04
2015/08/03
2015/08/02
2015/08/01
2015/07/31
2015/07/30
2015/07/29
2015/07/28
2015/07/27
2015/07/26
2015/07/25
2015/07/24
2015/07/23
2015/07/22
2015/07/21
2015/07/20
2015/07/19
2015/07/18
2015/07/17
2015/07/16
2015/07/15
2015/07/14
2015/07/13
2015/07/12
2015/07/11
2015/07/10
2015/07/09
2015/07/08
2015/07/07
2015/07/06
2015/07/05
2015/07/04
2015/07/03
2015/07/02
2015/07/01
2015/06/30
2015/06/29
2015/06/28
2015/06/27
2015/06/26
2015/06/25
2015/06/24
2015/06/23
2015/06/22
2015/06/21
2015/06/20
2015/06/19
2015/06/18
2015/06/17
2015/06/16
2015/06/15
2015/06/14
2015/06/13
2015/06/12
2015/06/11
2015/06/10
2015/06/09
2015/06/08
2015/06/07
2015/06/06
2015/06/05
2015/06/04
2015/06/03
2015/06/02
2015/06/01
2015/05/31
2015/05/30
2015/05/29
2015/05/28
2015/05/27
2015/05/26
2015/05/25
2015/05/24
2015/05/23
2015/05/22
2015/05/21
2015/05/20
2015/05/19
2015/05/18
2015/05/17
2015/05/16
2015/05/15
2015/05/14
2015/05/13
2015/05/12
2015/05/11
2015/05/10
2015/05/09
2015/05/08
2015/05/07
2015/05/06
2015/05/05
2015/05/04
2015/05/03
2015/05/02
2015/05/01
2015/04/30
2015/04/29
2015/04/28
2015/04/27
2015/04/26
2015/04/25
2015/04/24
2015/04/23
2015/04/22
2015/04/21
2015/04/20
2015/04/19
2015/04/18
2015/04/17
2015/04/16
2015/04/15
2015/04/14
2015/04/13
2015/04/12
2015/04/11
2015/04/10
2015/04/09
2015/04/08
2015/04/07
2015/04/06
2015/04/05
2015/04/04
2015/04/03
2015/04/02
2015/04/01
2015/03/31
2015/03/30
2015/03/29
2015/03/28
2015/03/27
2015/03/26
2015/03/25
2015/03/24
2015/03/23
2015/03/22
2015/03/21
2015/03/20
2015/03/19
2015/03/18
2015/03/17
2015/03/16
2015/03/15
2015/03/14
minus(-)、ゲストに平沢進を迎えた2016年初ワンマンライブが大盛況
Fri, 04 Mar 2016 20:00:00 +0900
2月22日@東京・恵比寿リキッドルーム (okmusic UP\'s)

藤井麻輝と森岡賢によるminus(-)のワンマンライブ「minus(-)LIVE 2016“ecru"」が、2月22日に東京・恵比寿リキッドルームにて開催された。

【その他の画像】SOFT BALLET

2015年12月に2枚目のミニアルバム『G』をリリースした後、藤井は盟友、今井寿(BUCK-TICK)とのユニット“SCHAFT"の活動を21年ぶりに始動。YOW-ROW(Vo/gari)、上田剛士(B/AA=)とyukihiro(Dr/L\'Arc-en-Ciel、acid android)をメンバーに迎え、音源のリリースのみならず、ツアーも開催し、確実な存在感を示してきた。ツアーは大阪でファイナルとなったが、それほど間隔を空けることなく、今度はminus(-)のワンマン。その精力的な動きには恐れ入る。

2016年初ワンマンとなる本公演は、昨年末のライヴと同様、サポートにYuumi(FliP)と山口美代子(detroit7)の女性凄腕ドラマーをツインドラムで迎えてのものだ。minus(-)の独特のスタイルと言えるこのセッティングに開場時から否応にも期待が高まる。加えてゲストに平沢進だ。90年代前半に対バンの歴史はあるものの、ゲスト、としての告知。そして昨今、俗世間から距離を取るかのように、孤高の道を歩んでいた平沢である。ゲスト出演、という告知がされた瞬間、いわゆるテクノ界隈のざわつきはとんでもなかった。それが止むことはなく、チケットはソールドアウト。リキッドルームはお客さんで膨れ上がっている。

10分押して客電が落ちる。1曲目は「No_9」。闇を引き裂くようなドラムと、アバンギャルドなピアノ。そして森岡の咆哮。このバンドの本当の根っこにあるのは、このような森岡のプリミティブさである。ダークでアンビエントなダブステップ。まるでアートだ。

そして、4曲目には早くも新曲を披露。BPMの早いアッパーなダンス・ミュージック。90年代初頭の匂いがとても新鮮。続いて「No_4」「RZM」「Maze」というミディアムなナンバーを披露。そしてさらなる新曲は、美しいテクノバラード。世界が広がっていくその感じは、森岡賢の真骨頂か。彼のロマンチシズムが生きている。

しかし、音圧が凄い。ビリビリと鼓膜が震え、会場の壁や机が音で震えている。しかし決して嫌ではない。この音響体験は、日本で本当に初と言ってもいいような体験だった。

そして遂にゲストの平沢進が登場。ギターを片手にステージに登場した、御年61歳の師匠は、なんと白髪! 観客の度肝を抜く。そしてやまない声援に対して「やかましい」と一言。そのツンデレっぷりはまさしく平沢通常仕様の証。どうなるかと期待していると、始まったのはminus(-)の中でもかなりのアッパーなダンスナンバー「Descent into Madness」。ここに平沢のギター、EVOが絡みまくる。彼にしか出せない流麗でスペイシーなギターソロ。minus(-)の楽曲と融合し、強烈な個性を主張する。だんだんそのギターも暴走し始め。「Peepshow」や「Dawn words Falling」では、オリエンタルな旋律が絡んでさらに強烈に。またこれに絡むツインドラムがまた凄い。どちらもパワフルなのだが、まったくズレない。minus(-)の世界観を高みに引っ張りあげていた。ラストの名バラード「B612」では、藤井のヴォーカルに合わせ、繊細なギターを鳴らす。いや、本当に凄かった!

さらなる驚きはアンコールで待っていた。森岡と藤井がMCで、7月末のフル・アルバムリリース、そして8月13日(土)の赤坂ブリッツワンマンを発表。最高潮に盛り上がる会場に、ツインドラムの2人、そして最後に再び平沢進を呼びこむ。そして披露された1曲は、イントロのオリエンタルな和テイストから客席に息を飲ませた。そう、ソフトバレエの「Texture」。そう、過去にもこの曲をセッションしたことはあるだけに、予想が出来なくはなかったが、まさか、まさかの1曲で、客席は阿鼻叫喚。いや、ほんとうに貴重なセッションだった。

■【セットリスト】

1. No_9
2. No_6
3. The Victim
4. New Song
5. No_4
6.RZM
7. Maze
8. Demo#1
9. Descent into Madness
10. Close
11. Peepshow
12. Dawn words falling
13. B612
-encore-
1.Texture(cover)

【関連リンク】
minus(-) オフィシャルHP
SCHAFT、21年ぶりの2ndツアー終了&アンコールでは未発表新曲も
minus(-)、2016年最初のワンマンに平沢進が出演決定
SCHAFT、ニューアルバム収録曲「Vice」MVのOA解禁&トレーラー公開

【関連アーティスト】
SOFT BALLET, 平沢進, minus(-)
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

Czecho No Republicの新曲がアニメ『ドラゴンボール超』のED曲に決定
Fri, 04 Mar 2016 19:00:00 +0900
Czecho No Republic (okmusic UP\'s)

2015年9月にリリースしたアルバム『Santa Fe』以来半年以上ぶりとなるCzecho No Republicの新曲が、フジテレビ系TVアニメ『ドラゴンボール超』の4月からのエンディング主題歌に決定した。

【その他の画像】Czecho No Republic

Czecho No Republicが『ドラゴンボール』シリーズのエンディング主題歌を担当するのは2014年10月の「Oh Yeah!!!!!!!」以来、2度目となる。

主題歌となる楽曲は「Forever Dreaming」と題され、この楽曲を表題曲としたサードシングルを5月18日に発売することも同時に発表された。この最新シングルは「チェコVer.」と「ドラゴンボール超Ver.」の2形態で発売され、どちらも4曲入りの期間限定生産の作品となる。「チェコVer.」には、今回の作品限定オリジナルデザインが施されたラバーバンドが封入され、収録楽曲も含めてバンド色の強い内容を予定。一方の「ドラゴンボール超Ver.」は『ドラゴンボール超』のキャラクタージャケットとなり、こちらも収録曲を含めてドラゴンボールファンが手にしておきたい作品となる予定だ。どちらのタイプも期間限定生産となるので、ファンにとっては予約必至の作品となるだろう。

ドラゴンボールシリーズは現在テレビアニメ放送30周年を迎え、今年には『ドラゴンボール超』も新章に突入するなど話題となっており、今回の2度目のタッグで、チェコから放たれる久々の新曲がどのような仕上がりになっているのか、どちらも目が離せない。

Photo by Hirohisa Nakano

■『ドラゴンボール超』オフィシャルHP
http://www.toei-anim.co.jp/tv/dragon_s/

■シングル「Forever Dreaming」

2016年5月18日(水)発売
【チェコVer.】(CD+ラバーバンド)
COZX-1174〜5/¥1,700+税
※期間限定生産
<収録楽曲>
1. Forever Dreaming
2. タイトル未定(後日発表)
3. タイトル未定(後日発表)
4. タイトル未定(後日発表)

【ドラゴンボール超Ver.】(CD)
COCA-17191/¥1,200+税
※期間限定生産
<収録楽曲>
1. Forever Dreaming
2. タイトル未定(後日発表)
3. タイトル未定(後日発表)
4. タイトル未定(後日発表)

【関連リンク】
Czecho No Republic オフィシャルHP
Czecho No Republic、初のDVD作品『NAKA TO SOTO』詳細解禁
Czecho No Republic、初の映像作品リリース決定&ファン感謝企画スタート
Czecho No Republic、Ust生放送でメンバーより新たな嬉しいお知らせが!?

【関連アーティスト】
Czecho No Republic
【ジャンル】
ジャパニーズロック, アニメ, テレビ(番組/CM)

がんばれ!Victory、初フルアルバム最速先行試聴会の緊急生配信が決定
Fri, 04 Mar 2016 18:30:00 +0900
がんばれ!Victory (okmusic UP\'s)

3月16日(水)にメジャー1stアルバム『十代発表』をリリースするがんばれ!Victoryが、3月5日(土)20時よりポニーキャニオン1Fにて行なう『十代発表』最速先行試聴会の模様をLINE LIVE、ツイキャスで緊急生配信することを発表した。

【その他の画像】がんばれ!Victory

イベントでは、『十代発表』からアルバム収録曲を歌詞付きで試聴するほか、メンバーが登場してトークショーと生演奏を実施するとのこと。なおこのイベントは観覧フリーとなっているため、気になる方は是非足を運んでみよう。

■『がんばれ!Victory「十代発表」ゴリゴリ最速先行試聴会』

日時:3月05日(土) 20:00〜(開場19:30〜)
内容:試聴会、メンバートークショー&生演奏
場所:ポニーキャニオン1Fイベントスペース

??LINE LIVE
「LIVE」のスマートフォン用アプリをダウンロード。チャンネル一覧の「音楽メディア」カテゴリから「ポニーキャニオン」をフォロー! 配信が始まると通知が届きます。
https://live.line.me/r/channels/499/upcoming/2560
??ツイキャス
番組が始まった瞬間に通知で受け取れるようサポーターになっておこう。メンバーへの質問、楽曲の感想は #十代発表でツイート!
http://twitcasting.tv/ganbare_victory

【関連リンク】
がんばれ!Victory オフィシャルHP
がんばれ!Victory、埼玉西武ライオンズ試合中継番組2016シーズンテーマソングを担当
がんばれ!Victory、TOKYO FM『deeper deeper』の3月度マンスリーパーソナリティに決定
がんばれ!Victory、メジャー1stアルバム『十代発表』のジャケ写を公開

【関連アーティスト】
がんばれ!Victory
【ジャンル】
ジャパニーズロック, 女性アイドル

AWA、The Beatlesの配信を記念した「My Beatles」PROJECTに甲斐よしひろ・小室哲哉・SKY-HI(日高光啓)らが参加
Fri, 04 Mar 2016 18:00:00 +0900


音楽配信サービスAWAが、2月29日よりThe Beatlesの全213曲の配信を開始した。

【その他の画像】KEMURI

配信を開始した楽曲は、代表曲と言える「Hey Jude」、「Yesterday」、「Help!」、「Let It Be」など往年の世界的大ヒット曲をはじめとした全213曲で、長年愛されるThe Beatlesの名曲をAWAで楽しめるようになった。

3月3日には「My Beatles」PROJECTとしてWEBページが立ち上がり、各界で活躍する著名人総勢30名以上がThe Beatlesへの想いを込めたプレイリストをAWAで作成。選曲理由や楽曲への想いを語ったインタビューが同時に公開されている。

なお、現在PROJECTに参加している著名人は、田中知之(FPM)、大橋トリオ、伊藤ふみお(KEMURI)、大沢伸一、☆Taku Takahashi、NAOTO (ORANGE RANGE) 、Da-iCE、MONKEY MAJIK(Maynard)、SKY-HI(日高光啓) 、甲斐よしひろ、DJ OSSHY、リヨ(クウチュウ戦) 、島袋聖南、伊東大輝、小室哲哉(敬称略)の15名。

プレイリストに込められた想いに触れながら、ぜひAWAでThe Beatlesの往年の名曲たちを楽しんでみてはいかがだろうか。

【関連リンク】
「My Beatles」PROJECT
嵐が「ゴールドディスク大賞」で2年連続、史上初の4度目の「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」受賞
『SUMMER CAMP 2016』第1弾出演アーティストにKEMURI、SHANK等の8組が決定
人気イベント『ASOBINITE!!!』でCAPSULEと小室哲哉の夢の初共演が実現

【関連アーティスト】
KEMURI, MONKEY MAJIK, The Beatles, FPM(Fantastic Plastic Machine), 甲斐よしひろ, 大沢伸一, 小室哲哉, 大橋トリオ, Da-iCE, SKY-HI, NAOTO from ORANGE RANGE, ☆Taku Takahashi, クウチュウ戦, DJ OSSHY, 島袋聖南, 伊東大輝
【ジャンル】
J-POP, その他, 音楽配信

J、ライヴ&ドキュメント映像作品の発売を記念してニコ生特番の放送が決定
Fri, 04 Mar 2016 18:00:00 +0900
J (okmusic UP\'s)

Jが3月16日に発売されるライヴ&ドキュメント映像作品『CRAZY CRAZY V -The eternal flames-』の発売を記念した特番が、ニコニコ生放送で発売当日夜に放送されることが決定した。

【その他の画像】J

この番組では過去のシリーズ作品を振り返ると共に、最新作『CRAZY CRAZY V』の見どころを徹底解剖! さらには、MCの奥浜レイラが様々なテーマからJの内面に迫るスペシャル企画も予定されているとのことだ。またJの生出演の前には、過去4作発表されている『CRAZY CRAZY』シリーズを振り返るダイジェスト映像も放送される。

そして、3月5日(土)からは、10thアルバム『eternal flames』を掲げ2015年9月から行なわれてきた全国ツアー最終章となる「J LIVE TOUR 2015~2016 - TOUR the eternal flames FINAL -』のチケット一般発売も開始されるので、こちらも是非チェックしてほしい。

■「J生出演!DVD&Blu-ray『CRAZY CRAZY V』発売記念特番で本作の見どころに迫る!」

放送日時:3月16日(水)  21:00〜23:30
<放送スケジュール>
21時:CRAZY CRAZYシリーズダイジェスト映像
22時:J生出演
http://live.nicovideo.jp/watch/lv254670695

■【ライブ情報】

「J LIVE TOUR 2015~2016 - TOUR the eternal flames FINAL -」
5月05日(木・祝)  大阪 BIG CAT
5月07日(土)  東京 EX THEATER ROPPONGI
<チケット>
大阪公演:All Standing ¥5,300(税込・別途ドリンク代¥600)
東京公演:1F Standing ¥5,300(税込・別途ドリンク代¥500)
※2016年3月5日(土)よりチケット一般発売スタート

「J Birthday LIVE 2016 -Special 2 Nights-」
8月11日(木・祝)  東京 赤坂BLITZ
Special Guest: DOOM
※2016年5月28日(土)よりチケット一般発売スタート
8月12日(金)  東京 赤坂BLITZ (F.C.Pyro.限定ワンマン)
※Jオフィシャルファンクラブ会員限定の公演となりますのでプレイガイドでのチケット発売はございません。
<チケット>
1F Standing ¥5,300(税込・ドリンク代別)

【関連リンク】
J オフィシャルHP
J、最新映像作品の全17曲を期間限定でフル公開!
J、大迫力のライブ映像をGYAO!にて独占先行解禁
J、全国ツアーファイナルで完全燃焼! 次なる展開への発表も!

【関連アーティスト】
J
【ジャンル】
ジャパニーズロック

【連載コラム】稚菜、中村あゆみの「翼の折れたエンジェル」をカバー
Fri, 04 Mar 2016 18:00:00 +0900
稚菜 (okmusic UP\'s)

最近、やっと自分の心に余裕のある時間が持てる様になったので、個人的にやる事を増やした。
余裕があるって大切だなぁなんて事をこのごろよく思う。


何か物事を始めるにあたって、最初は慣れたりもしなければならないからそれだけの事にいっぱいいっぱいになる。
他の事には目が向かないし、ちょっと休憩、なんて休んでいてもその事ばかりが気がかりで頭は全く休んでいなかったりする。
数日、もしくは数ヶ月経って慣れて来た頃に周りを見渡してみて、
今まで気が付かなかった、また新たな事に気付いたり目が向けられる様になる。
そうして初めて人と対峙する事が出来るのだ。
余裕がない時の人の顔ってびっくりするくらいに怖いなぁなんて思う。
…私も絶対そうだと思う。近寄りがたい顔しているんだろうなぁ。苦笑

「余裕がある人綺麗だな〜」なんて歌っているテレビのCMをよく見るけれど、
案外それって本当だなって。
余裕がないと人の事を幸せになんて出来やしない。
自分自身に対して幸せを感じられて初めて人の事をきちんと見る事が出来る。
だからこそ、まずは自分が幸せになる事、
そして自分を大切にする事が何よりも大切なのだと最近気が付いた。
自己中心的と捉えられる言葉かもしれないけれど、自分が一番大事。
それでいいのだと思う。
自分を大切に出来ない人が他人を幸せにする事なんて出来ない。
与えられた幸せではなく自分の内からつくられた幸せが人を包んであげられるのだと思うから。
だからこそ、余裕を身につけたい。
私の場合、やっと余裕ができても、その余裕がある事に不安を感じてまた新しい事をすぐに初めてしまうからなかなか余裕ができない。
…という厄介な性格な為だいぶ難しいかもしれませんが。笑
歌っている間は、ライブしている間はいつも不思議と落ち着いている。
それはこの先もずっとそうでありたい。
…そしてついでにプライベートでもいつかは余裕が生まれるといいな、なんて事を思うのでありました。笑

今日の一曲。
中村あゆみさんの「翼の折れたエンジェル」。
中村あゆみさんはNAONのYAONのイベントでご一緒させてもらっている大先輩。
お会いするたび、お話しさせてもらうたび、優しくていつもかっこいいなぁなんて事を思うのです。
バリバリの余裕を持っている雰囲気を感じる方。
この曲も私の生まれる数年前の曲ですが、やっぱり物心ついた頃から知っていた曲ですね。
追いつける様沢山勉強させてもらおうと思います。
是非聴いて下さい。

それでは。
https://www.youtube.com/watch?v=If7gHzniSN4

【関連アーティスト】
中村あゆみ, 稚菜
【ジャンル】


“ジャムバンド”という概念を創ったフィッシュの入門編『ファームハウス』
Fri, 04 Mar 2016 18:00:00 +0900
Phish『Farmhouse』のジャケット写真 (okmusic UP\'s)

グレイトフル・デッドやオールマン・ブラザーズ・バンドを手本に、テープトレードやファンサービスのシステムを構築、口コミだけで膨大なフォロワーを生み出したフィッシュ。彼らが世界的に認知され出した90年代前半以降、そのサウンドスタイルから、“ジャムバンド”という新たなロックの概念が登場した。90年代中頃にはガバメント・ミュール、ワイドスプレッド・パニック、ストリング・チーズ・インシデントなど、ジャムバンド系グループが大挙登場し、現在に至るまでの大きなムーブメントとなっている。そんなわけで今回は、ジャムバンドの入門用として最適の『ファームハウス』を取り上げてみよう。

■ジャムバンドとは?

「ジャムバンドとは何か?」という問いに答えるのは非常に難しい。これが特定のジャンル(ロックとかジャズとか)を指す言葉なら説明しやすいのだが、ジャンルとは明らかに違う次元のカテゴリーであるため、話はややこしい。

もともと“ジャム”とはジャムセッションの略語で、古くからジャズミュージシャンたちの間で使われてきた言葉。要するに、好きなもの同士が偶発的に集まって自由に即興演奏を行なうことだ。では、“ジャム”と“ジャムバンド”は同じ意味なのかと言うと、これが違うのである。ひとつのグループとしてみれば、ジャムばっかりやってるバンドもいるだろうが、ここで言う“ジャムバンド”とは演奏方法論的なことではなく、よりマクロなスケールを持つムーブメントのことを指す。“ヒップホップ”や“パンク”のように、思想やライフスタイルまでを含むものと捉えてもらうほうが分かりやすいだろう。

■グレイトフル・デッドの独創的な手法

今から50年ほど前、60年代中頃にアメリカ西海岸から登場したグレイトフル・デッド(1)は、主にヒッピーの思想的リーダーであったジェリー・ガルシアを中心に、サンフランシスコ界隈では絶大な影響力を持つムーブメントを生み出していた。その後の30年間で、彼らはアメリカの社会全体に影響を及ぼすようなロックグループとなっていく。残念ながら日本では彼らのようなグループは存在しないために、その感覚は分かりづらいところがあるが、ある種の宗教的な存在に近いと言うべきかもしれない。

デッドのコンサートは、曲の骨組みだけは決まっているが即興が主で、その日の観客のノリに合わせて自由に演奏するというスタイルであった。その音楽性は、フォーク、R&B、ソウル、ブルース、ブルーグラス(2)など多岐にわたっており、1曲がとても長い上、ライヴ自体も長時間におよぶことが多かった。LP時代はアルバム片面に20分程度しか収録できない制約があったため、彼らの活動はライヴパフォーマンスがメインにならざるを得なかった。実際、スタジオ録音盤とライヴ盤を聴き比べてみると分かるが、同じグループとは思えないほどサウンドイメージは違うのだ。

デッドが画期的だったのは、観客がライヴ録音するのを許可していたことだ。レコード会社との契約がどうなっていたのが知りたいところではあるが、ライヴ会場に録音専用のブースまで設置されていることもあった。これも自分たちの音楽をファンに楽しんでもらいたいという思いがあったからだろうし、デッドが本領発揮できるライヴ音源こそ、多くの人に聴いてもらいたいという考えもあっただろう。もちろん、録音を許可することで膨大な数の海賊盤が出回ることになり、アメリカ国内ではオフィシャル盤の売上は芳しくなかったようだ。70年代は普通の輸入レコード店で海賊盤(ブートレグという)も販売されていたので、僕たちもよく買った。中には酷い体裁や音質の盤もあったが、オフィシャル盤でないことで妙に興奮したことを未だに覚えている。

もうひとつ、彼らの独創的な部分はファンに関することだ。デッドに心酔する熱狂的なファンたちは“デッドヘッズ”と呼ばれ、ライヴの動員だけでなく、グッズの販売や警備などもしながら、メンバーと寝食をともにし、ツアーの時ももちろん一緒に移動するなど、メンバーとデッドヘッズは運命共同体のようなものであった。特にリーダーのジェリー・ガルシアのカリスマ性は際立っており、95年に彼が亡くなると多くのデッドヘッズは行き場を失い、雲散霧消状態になってしまった。

■デッドのシステムを新しく改良したフィッシュの手腕

フィッシュはマイク・ゴードン、トレイ・アナスタシオ、ジョン・フィッシュマン、ペイジ・オコンネルの4人組で80年代にデビューしている。90年代中頃(ジェリー・ガルシアが亡くなる前後だ)、盛んになりつつあったフェスに現れるようになると、その類似性もあって、行き場を失っていたデッドヘッズたちは一斉に注目する。

90年代に入ると、ロックを取り巻く環境は変わりつつあった。大きいフェスの増加、録音機材の充実、ネット配信、テープトレードなど…。フィッシュのメンバーは、この時代だからこそデッドの手法が活かせるはずだと確信、デッドが構築してきたシステムを見直しながら取り入れることにしたのだ。これが見事に功を奏し、あっと言う間にフィッシュのライヴ動員数は数十万人にまで膨れ上がり、全米最大のインディーズグループと評されるまでになった。99年にはフジロックに初登場、3日間連続で計12時間にもおよぶ(アメリカではもっと長いが…)ライヴを繰り広げ(同じ曲は演奏していない!)、日本でもその存在感を見せつける結果となった。2004年、やるべきことがなくなったと一旦は解散するものの、現在はまた活動を続けている。

93年にはライヴ会場に正式に「テーパー・セクション」を設置、テーパーたちが録音した音源はネットでダウンロードもできる。そして、“Phan”(ファン)と呼ばれるファンたちがそれぞれサイトを立ち上げ、フィッシュの情報発信などを行なうなど、デッドにおけるデッドヘッズと同じような運命共同体的スタンスで活動している。

要するに、これら全てを含む動きを“ジャムバンド”と呼んでいるわけで、フィッシュ以降これらの手法を使うジャムバンド系グループは増殖を続け、2016年の現在でもその波は衰えてはいない。ここ数年日本でも人気のあるテデスキ・トラックス・バンド(3)もフィッシュを範にしたジャムバンド的なグループの一つだ。

■『ファームハウス』について

本作がフィッシュの代表作かというと、それは違う。彼らが本領を発揮できるのはやっぱり長丁場のライヴだし、代表作として挙げるなら数多くリリースされているライヴ盤のひとつになるだろう。ここではジャムバンドに詳しい人たちには譲歩してもらって、これからジャムバンドを聴いてみたいという人にオススメのアルバムをということで『ファームハウス』を選んだ。

このアルバムは、全曲トレイ・アナスタシオの手になるもので、良いメロディーの楽曲が多いのが特徴だ。一部の曲ではオルタナティブなサウンドエフェクトやホーン、ストリングスを使ってはいるものの、全体的には正統派のアメリカンロック的な印象を受ける。自作ということもあって、トレイのギターがどの曲でもキマッている。タイトル曲は、レゲエっぽい中にビートルズが隠れてるみたいな感じの4分だけど、ライヴではもっと長いしエキサイトするのでライヴでも味わってみてほしい。あと、ゲストも10人近く参加していて、ブルーグラスっぽい曲とかオルタナティブ風の曲も収録されているが、本作には残念ながらフィッシュの得意なジャズ、ラテン、プログレ系の作品が入っていないので、そのあたりはまた別の機会に紹介したいと思う。ちなみに本作は、1度目の解散前にリリースされた最後のアルバムである。

(1) グレイトフル・デッド
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%95%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%87%E3%83%83%E3%83%89

(2) ブルーグラス
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%82%B9

(3) テデスキ・トラックス・バンド
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%83%87%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%BB%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%90%E3%83%B3%E3%83%89

【関連アーティスト】
Phish
【ジャンル】


秦 基博、話題のシングル「スミレ」のツアー会場限定盤リリースを発表
Fri, 04 Mar 2016 17:00:00 +0900
会場限定盤「スミレ」 (okmusic UP\'s)

現在、ニューシングル「スミレ」が大きな反響を呼んでいる秦 基博が、3月5日(土)の福岡サンパレス公演より15都市17公演に及ぶ全国ホールツアー『HATA MOTOHIRO CONCERT TOUR 2016 -青の光景』をスタートさせる。チケットは全公演が即日ソールドアウトを記録しているが、今回ツアー会場限定で「スミレ」の会場限定パッケージCDが発売されることが発表された。

【その他の画像】秦 基博

会場限定盤の「スミレ」はLPサイズ、つまりアナログレコードサイズの大きなジャケットとなっており、既発の秦が特殊メイクでおじいさん姿に変身したデザインとは異なり、花吹雪の中に秦が佇むアートワークとなっている。収録曲は既発のシングル盤と同様だが、秦にとって初のLPサイズジャケットは、ツアーに訪れた記念に是非手に入れたいアイテムだ。

また、その他にもツアー会場でアルバム『青の光景』を購入すると、秦 基博の非売品オリジナルペーパーバッグやポスターが先着でプレゼントされるなどの特典も用意されているということなので、こちらも会場で是非チェックして欲しい。

■「HATA MOTOHIRO CONCERT TOUR 2016 -青の光景-」

3月05日(土)  福岡サンパレス
3月11日(金)  岡山シンフォニーホール
3月12日(土)  広島文化学園HBGホール
3月19日(土)  秋田県民会館
3月30日(水)  ロームシアター京都 メインホール
4月03日(日)  ニトリ文化ホール
4月10日(日)  アルファあなぶきホール・大ホール
4月17日(日)  名古屋国際会議場センチュリーホール
4月24日(日)  新潟県民会館
4月28日(木)  神奈川県民ホール
5月03日(火・祝)  仙台サンプラザホール
5月11日(水)  大宮ソニックシティ 大ホール
5月18日(水)  オリックス劇場
5月19日(木)  オリックス劇場
5月26日(木)  本多の森ホール
6月03日(金)  東京国際フォーラム ホールA
6月04日(土)  東京国際フォーラム ホールA

【関連リンク】
秦 基博 オフィシャルHP
秦 基博、スミレちゃんダンサーズとの振付も話題の新曲「スミレ」MVが解禁
秦 基博、ニューシングルのカップリングにシューベルト作曲「野ばら」のカバーを収録
秦 基博、ニューシングル「スミレ」のおじいさんジャケが話題

【関連アーティスト】
秦 基博
【ジャンル】
J-POP

SCANDAL、新作を引っ提げたツアーのアジア2都市公演を追加発表
Fri, 04 Mar 2016 16:00:00 +0900
SCANDAL (okmusic UP\'s)

SCANDALがニューアルバム『YELLOW』を引っ提げて4月13日(水)の仙台から開催するライブハウスツアー『SCANDAL TOUR 2016「YELLOW」』に、アジア2都市の公演が追加で発表された。

【その他の画像】SCANDAL

すでに発表されていた6月9日(木)の香港公演、6月11 日(土)の台湾公演のほかに、昨年のワールドツアーでも訪れた6月4日(土)のシンガポール公演、さらに6月18日(土)には3年ぶりとなるタイ・バンコク公演も発表となった。早速公演の追加発表を知った海外のファンからは「6月に会えるのを楽しみにしている!」「必ずライブに行くよ!」「ヨーロッパツアーもして! イタリアで待っています!!」などの期待の声が寄せられている。

また、昨年4月に初ワンマンライブをおこなったイギリスにおいて、HMVの旗艦店であるロンドンのオックスフォード・ストリート店を含むイギリス国内約150店におよぶHMV全店舗で展開される3月度のインディーズベストアルバム『The State of Independents Campaign』に、ニューアルバム『YELLOW』が選出され大プッシュをされており、ワールドツアーを経て完成したニューアルバムがさらに世界への扉を開き、本格的ガールズロックバンドを世界に伝えるSCANDALの活動に繋がって循環している状況だ。そして、3月4日(金)からは世界35カ国2地域でニューアルバムの同時配信も開始となり、世界でSCANDALの新譜を心待ちにしているファンのもとに届けられる。

今週末、東京・大阪では一足先に日本のファンに届けられたニューアルバム『YELLOW』のリリースを記念したリリースイベントも決定しており、3月4日(金)にはラゾーナ川崎プラザ、3月6日(日)には阪急西宮ガーデンズでのスペシャルミニライブが予定されていたが、MAMI(Gt.&Vo.)が予期せぬ体調不良のため出演キャンセルとなったことで、「4人でなければSCANDALのライブはできない」というメンバーの想いと「当日参加してくれる予定だったファンのみんなに喜んでもらえるイベントにしたい」という他のメンバーたっての希望により、SCANDALとしてはかなりレアな“ハイタッチ"が行われることが急遽発表されている。

ファンからはMAMIの体調を心配する声があがるなか、「まみちゃん大丈夫? 会えないのは残念だけど、SCANDALは4人揃ってこそだから、早く良くなって元気な姿を見せてください」など、ファンとSCANDALの絆の強さを垣間みせるかのような様々なつぶやきが寄せられている。

メンバー4人の固い絆を武器に、日本そして世界中のファンと絆を結んできたSCANDAL。待望のアルバム『YELLOW』を引っ提げて、結成10周年に向かう今後の彼女たちから今後も目が離せない。

■【ライブ情報】

『SCANDAL TOUR 2016「YELLOW」』
4月13日(水) 宮城 仙台PIT
4月14日(木) 宮城 仙台PIT
4月16日(土) 新潟 新潟LOTS
4月17日(日) 新潟 新潟LOTS
4月21日(木) 福岡 Zepp Fukuoka
4月23日(土) 広島 BLUE LIVE HIROSHIMA
4月24日(日) 広島 BLUE LIVE HIROSHIMA
4月30日(土) 香川 高松festhalle
5月01日(日) 大阪 なんばHatch
5月03日(火・祝) 愛知 Zepp Nagoya
5月04日(水・祝) 愛知 Zepp Nagoya
5月08日(日) 北海道 Zepp Sapporo
5月11日(水) 東京 Zepp Tokyo
5月13日(金) 東京 Zepp Tokyo
5月14日(土) 東京 Zepp Tokyo
5月19日(木) 大阪 なんばHatch
5月20日(金) 大阪 なんばHatch
6月09日(木・祝) 香港 Star Hall
6月11日(土) 台湾 att show box
<海外公演>
6月04日(土) シンガポール The Coliseum TM, Hard Rock Hotel(R) Singapore, Resorts World TM 
6月09日(木) 香港 Star Hall 
6月11日(土) 台湾 ATT SHOW BOX 
6月18日(土) タイ バンコク BCC Hall Central Ladprao

『SCANDAL 10th ANNIVERSARY FESTIVAL「2006-2016」 』
8月21日(日) 泉大津フェニックス 
<オフィシャルWEB先行>
3月01日(火)12:00〜3月16日(水)23:59
<一般発売>
5月21日(土)10:00〜

【関連リンク】
SCANDAL オフィシャルHP
SCANDAL、キャリア初となるTVCM出演が決定
SCANDAL、『YELLOW』ダイジェスト映像を公開&Twitterでカウントダウン開始
SCANDAL、ニューアルバムのiTunesプリオーダー&新曲「SUKI-SUKI」先行配信スタート

【関連アーティスト】
SCANDAL
【ジャンル】
ジャパニーズロック













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1