歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2016年02月29日)
バックナンバー
最新ニュース
2016/03/09
2016/03/08
2016/03/07
2016/03/06
2016/03/05
2016/03/04
2016/03/03
2016/03/02
2016/03/01
2016/02/29
2016/02/28
2016/02/27
2016/02/26
2016/02/25
2016/02/24
2016/02/23
2016/02/22
2016/02/21
2016/02/20
2016/02/19
2016/02/18
2016/02/17
2016/02/16
2016/02/15
2016/02/14
2016/02/13
2016/02/12
2016/02/11
2016/02/10
2016/02/09
2016/02/08
2016/02/07
2016/02/06
2016/02/05
2016/02/04
2016/02/03
2016/02/02
2016/02/01
2016/01/31
2016/01/30
2016/01/29
2016/01/28
2016/01/27
2016/01/26
2016/01/25
2016/01/24
2016/01/23
2016/01/22
2016/01/21
2016/01/20
2016/01/19
2016/01/18
2016/01/17
2016/01/16
2016/01/15
2016/01/14
2016/01/13
2016/01/12
2016/01/11
2016/01/10
2016/01/09
2016/01/08
2016/01/07
2016/01/06
2016/01/05
2016/01/04
2016/01/03
2016/01/02
2016/01/01
2015/12/31
2015/12/30
2015/12/29
2015/12/28
2015/12/27
2015/12/26
2015/12/25
2015/12/24
2015/12/23
2015/12/22
2015/12/21
2015/12/20
2015/12/19
2015/12/18
2015/12/17
2015/12/16
2015/12/15
2015/12/14
2015/12/13
2015/12/12
2015/12/11
2015/12/10
2015/12/09
2015/12/08
2015/12/07
2015/12/06
2015/12/05
2015/12/04
2015/12/03
2015/12/02
2015/12/01
2015/11/30
2015/11/29
2015/11/28
2015/11/27
2015/11/26
2015/11/25
2015/11/24
2015/11/23
2015/11/22
2015/11/21
2015/11/20
2015/11/19
2015/11/18
2015/11/17
2015/11/16
2015/11/15
2015/11/14
2015/11/13
2015/11/12
2015/11/11
2015/11/10
2015/11/09
2015/11/08
2015/11/07
2015/11/06
2015/11/05
2015/11/04
2015/11/03
2015/11/02
2015/11/01
2015/10/31
2015/10/30
2015/10/29
2015/10/28
2015/10/27
2015/10/26
2015/10/25
2015/10/24
2015/10/23
2015/10/22
2015/10/21
2015/10/20
2015/10/19
2015/10/18
2015/10/17
2015/10/16
2015/10/15
2015/10/14
2015/10/13
2015/10/12
2015/10/11
2015/10/10
2015/10/09
2015/10/08
2015/10/07
2015/10/06
2015/10/05
2015/10/04
2015/10/03
2015/10/02
2015/10/01
2015/09/30
2015/09/29
2015/09/28
2015/09/27
2015/09/26
2015/09/25
2015/09/24
2015/09/23
2015/09/22
2015/09/21
2015/09/20
2015/09/19
2015/09/18
2015/09/17
2015/09/16
2015/09/15
2015/09/14
2015/09/13
2015/09/12
2015/09/11
2015/09/10
2015/09/09
2015/09/08
2015/09/07
2015/09/06
2015/09/05
2015/09/04
2015/09/03
2015/09/02
2015/09/01
2015/08/31
2015/08/30
2015/08/29
2015/08/28
2015/08/27
2015/08/26
2015/08/25
2015/08/24
2015/08/23
2015/08/22
2015/08/21
2015/08/20
2015/08/19
2015/08/18
2015/08/17
2015/08/16
2015/08/15
2015/08/14
2015/08/13
2015/08/12
2015/08/11
2015/08/10
2015/08/09
2015/08/08
2015/08/07
2015/08/06
2015/08/05
2015/08/04
2015/08/03
2015/08/02
2015/08/01
2015/07/31
2015/07/30
2015/07/29
2015/07/28
2015/07/27
2015/07/26
2015/07/25
2015/07/24
2015/07/23
2015/07/22
2015/07/21
2015/07/20
2015/07/19
2015/07/18
2015/07/17
2015/07/16
2015/07/15
2015/07/14
2015/07/13
2015/07/12
2015/07/11
2015/07/10
2015/07/09
2015/07/08
2015/07/07
2015/07/06
2015/07/05
2015/07/04
2015/07/03
2015/07/02
2015/07/01
2015/06/30
2015/06/29
2015/06/28
2015/06/27
2015/06/26
2015/06/25
2015/06/24
2015/06/23
2015/06/22
2015/06/21
2015/06/20
2015/06/19
2015/06/18
2015/06/17
2015/06/16
2015/06/15
2015/06/14
2015/06/13
2015/06/12
2015/06/11
2015/06/10
2015/06/09
2015/06/08
2015/06/07
2015/06/06
2015/06/05
2015/06/04
2015/06/03
2015/06/02
2015/06/01
2015/05/31
2015/05/30
2015/05/29
2015/05/28
2015/05/27
2015/05/26
2015/05/25
2015/05/24
2015/05/23
2015/05/22
2015/05/21
2015/05/20
2015/05/19
2015/05/18
2015/05/17
2015/05/16
2015/05/15
2015/05/14
2015/05/13
2015/05/12
2015/05/11
2015/05/10
2015/05/09
2015/05/08
2015/05/07
2015/05/06
2015/05/05
2015/05/04
2015/05/03
2015/05/02
2015/05/01
2015/04/30
2015/04/29
2015/04/28
2015/04/27
2015/04/26
2015/04/25
2015/04/24
2015/04/23
2015/04/22
2015/04/21
2015/04/20
2015/04/19
2015/04/18
2015/04/17
2015/04/16
2015/04/15
2015/04/14
2015/04/13
2015/04/12
2015/04/11
2015/04/10
2015/04/09
2015/04/08
2015/04/07
2015/04/06
2015/04/05
2015/04/04
2015/04/03
2015/04/02
2015/04/01
2015/03/31
2015/03/30
2015/03/29
2015/03/28
2015/03/27
2015/03/26
2015/03/25
2015/03/24
2015/03/23
2015/03/22
2015/03/21
2015/03/20
2015/03/19
2015/03/18
2015/03/17
2015/03/16
2015/03/15
2015/03/14
2015/03/13
2015/03/12
2015/03/11
2015/03/10
2015/03/09
SuG、地上波・CSオンエア不可の“問題作”「桜雨」フルMVを期間限定公開
Mon, 29 Feb 2016 22:00:00 +0900
SuG (okmusic UP\'s)

3月9日にメジャー初となるミニアルバム『VIRGIN』をリリースするSuG。そのリード曲「桜雨」MVフルが、GyaO!にて3月8日までの期間限定で公開された。

【その他の画像】SuG

「桜雨」のMVは“東京のシド&ナンシー"をテーマに刹那的な若いカップルの儚い恋愛模様を描いたドラマ仕立ての映像で、その過激な暴力シーンや性描写ゆえに地上波・CSでのフル尺オンエアが不可となった問題作だ。SuGとしては初めてメンバー以外が主演を務めたほか、映像監督のフカツマサカズと組んでボーカルの武瑠自身も監督を務め、またスタイリングまで行なうなど、武瑠にとっては“実演家"として以上に“作家"として深く携わった作品となる。

主演は若手俳優の北村諒と、女性アイドルグループ・プティパ -petit pas!-の篠崎こころの二人。パンクな匂いのするカップル役を演じた二人は、両者ともに初となるベッドシーンにも体当たりで挑んでいる。いま人気急上昇中の若手俳優と現役アイドルの共演に、先日Twitter限定で公開された予告映像は公開初日で6,000RT以上、再生回数11万回以上を記録するなど、大きな話題を呼んでいた。

また同時に、3月9日に発売される『VIRGIN』の全曲ダイジェストもYouTube上で公開された。オルタナにディスコ、ポップス、ミクスチャーからハードコアまで雑多な音楽性を取り入れ、本作のテーマである“初期衝動"や10代特有の危うさや青臭さといったモチーフを表現した、これまでのSuGの集大成にして新生SuGの誕生と呼ぶにふさわしい作品に仕上がっている。こちらも是非チェックしてほしい。

■「桜雨」MV
※2016年3月8日23:59までの限定公開
http://gyao.yahoo.co.jp/player/00025/v08952/v1000000000000003616/

【関連リンク】
SuG オフィシャルHP
武瑠(SuG)×中郡暖菜(LARME)の「TOKYO COLOR CONTACT 2」のゲストに中村里砂が登場
SuG、北村諒&篠崎こころ主演の「桜雨」予告映像を解禁
SuG、メンバーの存在感が際立つ新ビジュアルを公開

【関連アーティスト】
SuG
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル

A9のHIROTO(Gu)が自身の誕生日にSPアコースティックライブを開催
Mon, 29 Feb 2016 21:30:00 +0900
HIROTO (okmusic UP\'s)

2016年春に2nd EP『LIGHT AND DARKNESS』をリリースすることが決定し、勢いがとどまる事を知らないA9。そんなA9のギタリスト・HIROTOが、自身のバースデーである5月4日(水・祝)にスペシャルライブを神戸・Kobe SLOPEで行なうことを発表した。

【その他の画像】A9

2015年のバースデーライブは様々なアーティストとコラボし話題を呼んだが、今回はアコースティックギター×PIANOというスタイルに挑戦するとのこと。

ある人にとっては、日常からの出口。
ある人にとっては新たな日常への入り口。

DOORをコンセプトに、彼ならではの幻想的な世界の扉となるプレミアムな一夜をぜひ堪能していただきたい。

また新たに発表された新ビジュアルは、カメラマンにレニー・クラヴィッツといった世界的アーティストを多数手がける、HIRO KIMURAを起用。衣装に、2016-17A/W 東京コレクションへの参加が決定している今注目の新鋭ブランド「ヴェンヌ(Bennu)」が起用された。豪華面々とタッグを組んだこだわりの世界観にも是非注目してほしい。

■「HIROTO BD NIGHT 2016 -DOOR-」

5月04日(水・祝)  Kobe SLOPE
OPEN 21:30 / START 22:00
■チケット一般発売
2月29日 21:00〜
http://peatix.com/event/149972

【関連リンク】
A9 オフィシャルHP
A9の沙我(Ba)とNao(Dr)による初イベント開催決定
A9、2nd EP『LIGHT AND DARKNESS』収録曲「ANIMUS」の試聴をスタート
A9、2016年第1弾ライヴでPlastic Treeと2マン

【関連アーティスト】
A9
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル

UROBOROS、新作リリース&初ワンマン開催に伴いオフィシャルHPを大幅リニューアル
Mon, 29 Feb 2016 21:00:00 +0900
UROBOROS (okmusic UP\'s)

様々なジャンルやシーンで活躍する凄腕ミュージシャンたちによるプロジェクト・UROBOROSが、2nd EPのリリースや初のワンマンライブ『THE ARK OF ZODIAC』に向けて、オフィシャルHPを大幅にリニューアルした。

【その他の画像】上木彩矢

またワンマンライブ『THE ARK OF ZODIAC』のチケット販売については、3月6日までの間、UROBOROSのオフィシャルHP上での先行予約受付が実施されている。リニューアルされたHPと合わせて、こちらも是非チェックしてほしい。

■UROBOROS オフィシャルHP
http://urbrs.com/

■EP『ZODIAC』

2016年4月20日発売
【HD EDITION】(UHQCD+BD)
PCCA-50229/¥3,000+税
【STANDARD EDITION】(CD only)
PCCA-04372/¥1,833+税
<収録楽曲>
■CD
「ZODIAC」ほか全7曲収録予定
■BD ※HD EDITIONのみ
・ZODIAC -Music Video-
・Making of ZODIAC
・UROBOROS secret live “DARK REDEMPTION" digest

■『UROBOROS 1st oneman live “THE ARK OF ZODIAC"』

4月29日(金・祝)  TSUTAYA O-EAST
開場17:00 / 開演18:00
<チケット>
■価格
前売 ¥4,800 / 当日 ¥5,300(税込・ドリンク代別)
■オフィシャルサイト先行予約受付期間
2016年2月22日(月)21:00〜2016年3月6日(日)23:59
■抽選結果発表日
2016年3月8日(火)12:00頃から順次

【関連リンク】
UROBOROS、待望の2nd EPリリース&初のワンマンライブ開催を発表

【関連アーティスト】
上木彩矢, cune, Asriel, CQ, C4, UROBOROS
【ジャンル】
ジャパニーズロック

電波少女、WWWワンマンにてEP盤リリースパーティーの開催を発表
Mon, 29 Feb 2016 19:00:00 +0900
2月27日@渋谷WWW (okmusic UP\'s)

7曲入りEP盤『パラノイア』を5月11日にリリースする事を発表した新世代HIPHOP CREW・電波少女が2月27日(土)にShibuya WWWで「電波少女 解散&復活ワンマンライブ?茶番"」と題したワンマンライヴを開催した。

【その他の画像】電波少女

DJ&パフォーマンス担当のnicecreamの華麗なパフォーマンスからライヴはスタートし、RAq、Jinmenusagi、コカツ・テスタロッサ、NOBY、トップハムハット狂、NIHA-C、抹といったフィーチャリングゲストMCが曲によって入れ替わり立ち代わり登場し、超満員のオーディエンスを盛り上げる。途中、nicecreamとダンサー4人によるダンスショーケースもあり、変幻自在のSHOWを展開していく。

8曲目「オルタネートエラーfeat.トップハムハット狂」の後はワンマンライブのタイトルにもなっている“茶番"劇に突入。マネージャー役の抹との寸劇が繰り広げられる中、映像で次回作『パラノイア』の発売記念ライヴ「電波少女 E.P “パラノイア” Release Party」が5月22日(日)にclubasiaで開催される事が初めて発表された。共演は2組で電波少女のハシシが主催する自主レーベルidler recordsから4曲入りEP『Parrot\'s Paranoia』をリリースしたことがある、ぼくのりりっくのぼうよみ、電波少女と同郷の宮崎出身のMINAMI NiNEという電波少女にとって縁の深いラインナップが発表された。

ライヴ後半では新曲「RY feat.Jinmenusagi」とタイトル非公開の新曲2曲も初披露され、2015年12月にiTunes Store限定シングルとしてリリースされた「COMPLEX Remix feat.Jinmenusagi,NIHA-C」にオリジナルバージョンのハシシバースが追加されたスペシャルなバージョンが披露され、本編は終了した。アンコールではフィーチャリングゲストMCとダンサーが全員登場し、「TAKE IT ALL feat. Jinmenusagi, NIHA-C, トップハムハット狂, RAq, コカツ・テスタロッサ, NOBY, 抹」を披露し、全17曲濃密なワンマンライヴが幕を閉じた。

なお、「電波少女 E.P “パラノイア” Release Party」は最速先行受付が2月27日(土)21:00〜3月13日(日)23:59までの期間で実施され、前売り一般発売は4月2日(土)から各プレイガイドで発売される。

■【セットリスト】

1. INTRO
2. INVADER feat. RAq
3. ワンダーホエール
4. 蝸牛 feat. Jinmenusagi, コカツ・テスタロッサ
5. HIP HOP LIFE Remix feat. Jinmenusagi, NOBY
6. LIAR GAME (dance showcase)
7. オルタネート feat. トップハムハット狂 (dance showcase)
8. オルタネートエラー feat. トップハムハット狂
9. MO feat. NIHA-C
10. RY feat. Jinmenusagi
11. Earphone feat. Jinmenusagi
12. 新曲(タイトル非公開)
13. Re:カールマイヤー
14. Munchii Bear Cookiies 2015
15. COMPLEX feat. Jinmenusagi, NIHA-C
-アンコール-
16. 電波のテーマ
17. TAKE IT ALL feat. Jinmenusagi, NIHA-C, トップハムハット狂, RAq, コカツ・テスタロッサ, NOBY, 抹

■「電波少女 E.P “パラノイア" Release Party」

5月22日(日)  clubasia
出演:電波少女, ぼくのりりっくのぼうよみ, MINAMI NiNE
開場 17:00/開演 18:00
<チケット>
料金:前売り¥3,200(ドリンク別)
当日 ¥3,700(ドリンク別)
一般発売日:4月2日(土) 10:00
■最速先行受付 
2月27日(土)21:00〜3月13日(日)23:59
http://eplus.jp/denpagirl/

■EP『パラノイア』

2016年5月11日発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
RCSP-0069、70/¥2,300+税
※CD7曲収録+DVD(2/27 wwwワンマンLIVE映像)
【通常盤】(CD)
RCSP-0071/¥1,800+税
※CD7曲収録

《特典》
■タワーレコードオリジナル予約特典
「未発表音源official bootleg CD-R“MO feat. Jinmenusagi"」
3月21日(月)までにタワーレコード全店(タワーオンラインを含む)にて電波少女7曲入りEP盤『パラノイア』(初回限定盤、通常盤どちらか)を予約されたお客様に未発表音源official bootleg CD-R“MO feat. Jinmenusagi"をプレゼント。特典の引き換えは商品購入時となります。
■タワーレコード初回オリジナル特典
「ポスター」
電波少女7曲入りEP盤『パラノイア』(初回限定盤、通常盤どちらか)をタワーレコード全店(タワーオンラインを含む)購入されたお客様には先着でポスターをプレゼント。特典は無くなり次第終了となりますので予めご了承下さい。

■HMV 初回オリジナル特典
「未発表音源official bootleg CD-R“Earphone feat. NIHA-C"」
電波少女7曲入りEP盤『パラノイア』(初回限定盤、通常盤どちらか)をHMV全店(HMV ON LINEを含む)購入されたお客様には先着で未発表音源official bootleg CD-R“Earphone feat. NIHA-C"をプレゼント。特典は無くなり次第終了となりますので予めご了承下さい。

・TOWER RECORDS ON LINE 初回限定盤購入ページ
http://ur0.work/sadD
・TOWER RECORDS ON LINE通常盤購入ページ
http://ur0.work/sadJ

・HMV ON LINE初回限定盤購入ページ
http://ur0.work/sb1r
・HMV ON LINE通常盤購入ページ
http://ur0.work/sadJ

【関連リンク】
電波少女 オフィシャルHP
電波少女、7曲入りEP盤「パラノイア」発売決定
電波少女、iTunes Store限定シングルMV&新アー写を解禁
電波少女、ニューシングルのiTunes Store限定リリースが決定&ティザー映像も公開

【関連アーティスト】
電波少女
【ジャンル】
ジャパニーズヒップホップ, ライブ

“どうにもこうにも”胸騒ぎが止まらない5曲
Mon, 29 Feb 2016 18:00:00 +0900
dustbox『skyrocket』のジャケット写真 (okmusic UP\'s)

まだまだ寒い日が続く。もういい加減にして! 外は寒いのに、ライヴハウスに行くと、体がポカポカと熱くなり、寒暖の差に驚くことが最近多いです。当たり前の話なのですが。あと、インフルエンザが流行っているので、みなさん気を付けてくださいね。急に高熱が出たら、絶対にすぐ医者に行ってください。インフルの可能性大ですから。ということで、早く3月、4月が来て、温かくなってほしい気持ちを込めて、今回は胸騒ぎする5曲を集めてみました。どうぞ!

■1.「猫の惑星」(’15)/打首獄門同好会

バンド名こそ物騒だけれれど、これほどファニーなバンドはいない。今、人気急上昇中で、ライヴに行けば腹筋崩壊の危険性があるほど、思わず笑ってしまうバンドだ。音楽的にはヘヴィなミクスチャーサウンドだが、最大の魅力は歌詞にある。自ら「生活密着型ラウドロック・バンド」と銘打っている通り、あるあるネタの歌詞がとにかく最高。特にこの「猫の惑星」は猫好きなら大共感必至であり、例え猫好きでなくても、ああ、分かる分かる!という歌詞にニヤリ。特に「猫の住む星に僕らは生きている」の歌詞のリフレインに心の底からいつの間にか納得している自分がいる。猫好き以外をも虜にするキュートな一曲です。

■2.「Rise Above」(’16)/dustbox

キラッキラのメロディーライン、2ビートで駆け抜けるパンキッシュなサウンドで、すでに15年選手として走り続けている彼ら。英語詞のメロディックパンクこそ、ここ数年でめっきり少なくなったが、逆に言えば彼らのようなサウンドは稀有な存在と言えるだろう。そして、出来上がった新作『skyrocket』はYU-KI(Dr)をメンバーに迎え、初の体制で作り上げた珠玉作! 冒頭を飾るこの曲は、メンバーが好きなBLACK FLAGの曲名を彷彿させる。イントロからヘヴィなリフで畳み掛け、一転してポップな歌メロに切り替わるアプローチが実にdustboxらしい。

■3.「シラフのうちに」(’16)/ OLEDICKFOGGY

OLEDICKFOGGYのニューアルバム『グッド・バイ』が素晴らしい。完全に突き抜けた傑作です! ラスティックの主軸にクラストコアからアイドルソングまで包含するユニークなサウンドは、本当に唯一無二。今作はバンドが持つ雑食性が大爆発した一枚で、ポップかつキャッチーに磨き抜かれた楽曲も魅力的だ。その中からMVにもなった「シラフのうちに」は豪華なゲスト陣が参加している。怒髪天の増子直純、アナーキーの仲野茂、SAのNAOKI、ベッド・インの中尊寺まい、さらにお笑い界からガチでOLEDICKFOGGYの大ファンであるバイきんぐの小峠英二も出演し、MV冒頭からいい演技といい声の張りでインパクトを放っている。是非観てください! ドキドキしますから。

■4.「The Gift Of Music」(’16)/DREAM THEATER

IRON MAIDENの新作『THE BOOK OF SOULS』も2枚組の大作だったが、DREAM THEATERのニューアルバム『THE ASTONISHING』も2枚組全34曲入りの超大作になっている。日本で絶大なファンベースを持つプログレッシヴメタルバンドだが、この新作も絶好調の売れ具合。今作は全編にオーケストレーションを配し、ロックオペラ的な内容に仕上がっている。物語の場面展開をはっきりするために3〜4分台のコンパクトな楽曲が並び、大作にもかかわらずストーリーに身を委ねるように一気に聴けてしまう。特にジェイムズ・ラブリエ(Vo)の慈悲深きメロディアスな歌声は絶品です。

■5.「Hair Of The Dog」(’75)/NAZARETH

スコットランドで68年に結成された4人組。DEEP PURPLEの前座を務め、メンバーからもその実力を認められ、過去に作品プロデュースをロジャー・グローバーが手がけたこともある。そして、今年は話題持ち切りのGUNS N\' ROSESのアクセル・ローズ(Vo)が大好きと公言するバンドでもあり、ダン・マッカファーティー(Vo)の歌声を聴けば、アクセルがいかに彼の歌唱法から影響を受けているかは明白だ。この曲は実際にGUNS N\' ROSESもカバーしており、これがまたカッコ良い。オリジナルに忠実とはいえ、微笑ましいくらい好き度が伝わってくる。ちなみに、人間椅子の鈴木さんがやっているハードロック喫茶「ナザレス」はもちろんこのバンド名からきています。いいバンドなので多くの人に聴いてほしい!

【関連アーティスト】
打首獄門同好会, Nazareth, Dream Theater, dustbox, OLEDICKFOGGY
【ジャンル】


AK-69、自らのヒストリーを語る一夜限りのストーリーテリングライブを開催
Mon, 29 Feb 2016 18:00:00 +0900
2月27日@豊洲ピット (okmusic UP\'s)

申し分のない新章の幕開けだった。2月27日、豊洲ピットにてAK-69が“FOR THE THRONE"ツアー終了以降、最初のワンマン・ライブとなる“NON FICTION"を開催した。自主レーベルFlying B Entertainment立ち上げ後、初となるライブでもある。

【その他の画像】AK-69

全国13カ所のホールを巡った空前のツアーから一転、今回は「一夜限りのプレミアム・ライブ」と銘打たれた当夜限定のセットだ。

この日、奇跡を目撃できると確信しているかのように、開場時間になると豊洲ピットの前は騒然とした雰囲気が立ち込めていた。後で聞けば、実に3000人という記録的な動員であり、その人数のアドレナリンが一カ所に集中しているのだからと、騒然の理由にも納得がいく。そして、この日のライブの持つ意味の重さを、もっとも理解していたのは、他ならぬAK-69自身だっただろう。アンコールまで含め、全36曲。そして、今回のライブの特別な趣向であった、曲の合間に、自主レーベル立ち上げまでの自身の来歴を語りながらのショウケース。MCのスキルが求められるステージであると同時に、ライフをみずから語るからこその“NONFICTION"。当然、繰り返しできる「企画」ではない。「一夜限り」であるのは、必然だったのである。

オープニングのVTRが終わると、AK-69を呼び込む生のスネアとハイハットが響く。その一瞬で、大袈裟ではなく会場のボルテージが一気に沸騰したのがわかった。優れたライブがアーティスト1人によって作られるものではなく、オーディエンスとの共犯関係が成立してこそのものだと考えれば、AK-69がステージに姿を現す前に、フロアは既にこの日、AK-69を“ZONE"に呼び込む準備を整えていたと言っていい。そして、この夜“ZONE"に入ったAK-69は、オーディエンスを更なる高みへと運んだのだ。1曲目「The Cartel From Streets」に始まり、名古屋の重鎮Phobia of Thugのギャングスタ・クラシックス「Click da trigger」、AK-69の活動の原点といってもいいB-NINJAHとの楽曲「Move on」など。最近のヘッズやリスナーには耳馴染みのない楽曲までもを織り交ぜながらも、それらを感動を持って聴かせきるのは、まさにマイクスキルがあってこそ。他にも数々のヒットチューンにクラシックス。まだ発売されたばかりの新曲『Flying B』、『We Don\'t Stop』まで。3 時間に及ぶライブは、揺るぎない一体感を持って幕を閉じた。

この日、AK-69が見せたのは文字通り人生の紆余曲折、艱難辛苦があり、それらすべてが、今自身が立つステージに連れてきたものであるという告白にも似たものだった。痛みや苦しみのない人生など存在するはずもなく、オーディエンスはAKの言葉を自分の過去や体験に置き換え、生きる励みを得たのではないか。ヒップホップは、生き様の歌である。そう考えれば、その真価が発揮された一夜だったと言っていいだろう。またこの日、AK-69の口から今夏、東名阪でZeppツアーをやることが発表された。このツアーでも特別なショウを見せるとAK-69は約束した。“NON FICTION"と銘打ったステージで発表された以上、その約束は必ず予想を超えたものとして、我々の前に姿を現すに違いない。その日を待ちながら、改めて“NON FICTION"のステージを噛み締めたい。

text by Bundai Yamada

■【セットリスト】

M1 The Cartel From Streets
M2 Prologue -The Man They Call Rain Man-
M3 The Throne
M4 雨音
M5 Underground Kingz
M6 NGY
M7 Click da trigger
M8 CROWZ
M9 From the street
M10 Move on
M11 WHO ARE U ?
M12 You don\'t care
M13 Ding Ding Dong 〜心の鐘〜
M14 IRON HORSE -No Mark-
M15 THE RED MAGIC
M16 SWAG WALK
M17 Oh Lord feat Fabolous -REMIX-
M18 ICU
M19 START IT AGAIN
M20 Warriors
M21 Lookin\' In My Eyez
M22 ロッカールーム -Go Hard or Go Home-
M23 Rolls-Royce,Diamonds,Bixxhes -Remix-
M24 Buzzin\'
M25 #BOSSLIFE
M26 THE INDEPENDENT KING
M27 Flying B
<ENCORE>
EN1 PUBLIC ENEMY
EN2 Only God Can Judge Me
EN3 Give Me Just One Night
EN4 And I love You So
EN5 YELLOW GOLD
EN6 A Hundred Bottles
EN7 We Don\'t Stop feat Fat Joe
EN8 ONE
EN9 IT\'OK

■【ZEPP東名阪ツアー日程】

6月10日(金) Zepp DiverCity(東京)
7月02日(土) Zepp名古屋
7月18日(月) Zeppなんば(大阪)

【関連リンク】
AK-69 オフィシャルHP
AK-69、中日ドラゴンズを激励に沖縄キャンプ訪問
AK-69、ニューシングルジャケ&第2章の始まりを告げるトレーラー映像を公開
AK-69、自身が代表を務める事務所よりニューシングルをリリース

【関連アーティスト】
AK-69
【ジャンル】
ジャパニーズヒップホップ, ライブ

注目のホストバンド・BugTheMicが浅倉大介プロデュース曲でメジャーデビュー決定
Mon, 29 Feb 2016 17:00:00 +0900
BugTheMic (okmusic UP\'s)

今注目のホストクラブバンド・BugTheMicが4月20日にリリースするシングル「バンビーナ〜哀しき男のサガ〜」でメジャーデビューを果たす事が分かった。

【その他の画像】浅倉大介

90\'s ビートを彷彿させるダンスロックにのせて全壊で悲哀を訴え叫ぶ No.1 キャスト・愛条ヒカルのエンターテインメント性溢れるパフォーマンスと、無駄に(?)演奏スキルの高い楽器陣が話題となっている彼らのデビューシングル「バンビーナ〜哀しき男のサガ〜」は、なんとプロデューサーに浅倉大介を迎えた楽曲。DAサウンド全開のブチアゲトラックとなっている。今作はCDのみの「ご新規盤」と、ライブ会場とCJビクターオンラインショップ限定で販売されるオリジナルシャンパングラス付の「VIP盤」の2形態でのリリースとなる。「ご新規盤」の初回プレス分にはオリジナル名刺が全10種のうちランダムで1枚封入、「VIP盤」はその名の通りVIPの方しか手に入れることのできない豪華商品となっている。

歌舞伎町を中心に、東京の「夜の街」を舞台にキャストとお客様が踊り続ける同曲のミュージックビデオもYouTubeで公開となっているので、ぜひチェックしてみてほしい。

■「バンビーナ〜哀しき男のサガ〜」MV
https://youtu.be/KpbyUEWvy8w

■シングル「バンビーナ〜哀しき男のサガ〜」

2016年4月20日発売
【ご新規盤】
VBCJ-30006/¥1,000+税
※初回プレス分のみに、オリジナル名刺封入
(全10種のうちランダムで1枚封入)
【VIP盤】(CD+オリジナルシャンパングラス)
CJVZC-4/¥9,800+税
※完全生産限定、豪華BOX仕様
<収録曲> ※共通
1. バンビーナ〜哀しき男のサガ〜
2. HANAKIN NIGHT FEVER
3. LET IT DIE〜アクマデオドレ〜
4. バンビーナ〜哀しき男のサガ〜(オリジナルカラオケ)
5. HANAKIN NIGHT FEVER(オリジナルカラオケ)
6. LET IT DIE〜アクマデオドレ〜(オリジナルカラオケ)

※VIP盤に関してはライブ会場とCJビクターオンラインショップ限定での販売となります。
※CDは「ご新規盤」と同内容です。オリジナル名刺も同じく全10種のうちランダムで1枚封入されています。
※完全生産限定につき在庫無くなり次第販売終了となります。

■CJビクターオンラインショップ
https://shop.cjve.jp/products/list.php?category_id=18

■【パーティスケジュール】

『Monday The 29th』
2月29日(月)  渋谷GUILTY
時間:18:00 OPEN - 18:30 START
出演:BugTheMic/Liste Noire/GLOWS/REBORN FROM THE WORLD\'S END..and more

『U・CHI・A・GE』
3月24日(木)  渋谷DESEO
時間:18:00 OPEN - 18:30 START
出演:BugTheMic /Chat Noir/TRIPPER/HIDEKINGproject/西村右

『音の倉6センス』
3月26日(土)  東京キネマ倶楽部
時間:13:00 OPEN - 14:00 START
出演:BugTheMic/天野月/吉田茉以/中山彩/増田ミシン/相良心..and more

【関連リンク】
BugTheMic オフィシャルHP
「さよならヤマハ渋谷店コンサート」をUstreamが有料配信
松本孝弘(Tak Matsumoto)が4月6日にニューアルバムをリリース
コンテンポラリーな生活、2名体制での初ツアーが決定

【関連アーティスト】
浅倉大介, BugTheMic
【ジャンル】
J-POP

真空ホロウ、2016年初となるバンドワンマンで迫真のステージを披露
Mon, 29 Feb 2016 16:00:00 +0900
2月25日@渋谷WWW (okmusic UP\'s)

真空ホロウが2月25日、ワンマンライブを渋谷WWWで開催した。

【その他の画像】真空ホロウ

2015年7月からソロ活動を本格的に始動させ、ライブではアコースティックやバンド編成、他アーティストとのコラボなど精力的に敢行。そのなかでも、今回は今年初のバンド編成でのワンマンということもあり、多くのオーディエンスが駆けつけた。

ステージはバックと床を白一色に統一。暗転し、まずサポートメンバーの高原未奈(Ba.)、Yuumi(from FliP/Dr.)、西村奈央(Key.)がステージと同じく白い衣装で登場。最後に全身を黒で統一させた松本明人がステージに現れ、初の紅一点ならぬ“黒一点"でのステージに臨んだ。

1曲目を飾ったのはファンにとってもなじみ深い「闇に踊れ」。アグレッシブなサウンドが一気に会場を温め、 「カラクロメイロ」「シンデレラコンプレックス」「虹」とロックチューンが続く。松本が「真空ホロウへようこそ」とお決まりのセリフで迎えると、会場は大きなクラップでそれに応えた。

「どうか最後までこの部屋の中で思いのままに楽しんでいってください」と松本が告げると、「マイ・バスティーユ」へ。「ゲシュタルト」「ひかりのうた」とミディアム〜スローなナンバーが続き、一つひとつの言葉を会場に届けるかのように優しく、そして力強く歌いあげた。

メンバー紹介からの4人のセッションで一体感を見せたあとは、昭和の切ない雰囲気を色濃くまとった「Tokyo blue bug」と未発表曲「陽炎」へ。ギターを置いた松本は、登場人物になりきるかのように全身で歌の世界観を表現。続く未発表曲の「ドリップ」ではジャズテイストの心地よいリズムに身を委ねる会場に4人の音の存在感もさらに強まり、圧巻のステージを魅せた。

MCでは、サポートメンバーの女性陣について「演奏になると男性よりも男性らしくて、僕を引っ張ってくれました。これからやる曲は僕の男らしさを見せるチャンスです(笑)」と称賛。松本の男らしさにオーディエンスの期待高まるなか、ライブもいよいよ終盤へ。「ホラーガールサーカス」「バタフライスクールエフェクト」「アナフィラキシーショック」とアグレッシブなナンバーで攻め、申し分のない“カッコよさ"を見せつける。そしてラストは「MAGIC」へ。「声に出しても、心で思っても、体で表現してもいいです。一緒に歌いましょう。」松本の声に歓声があがり、コーラスでは会場全体で大迫力のシングアロング。どこまでも突き抜けるようなメロディーと歌声に会場は揺れ、躍動感にあふれたステージで本編は幕を閉じた。

アンコールでは、新曲を惜しげもなく立て続けに披露。「最果て」「執着地点」「炸裂メインストリーム」「サクラ・テンダー」を会場に届けた。この新曲たちが今後どのように育っていくのか。そんな温かな期待を寄せずにはいられない、あっという間の2時間だった。

なお、今回のライブの模様は3月25日まで視聴が可能。そして、会場限定CD『Torch.2』が、4月1日より開催の Acoustic Tour 2016『真空歩廊展 -第一回-』から販売されることが決定している。

Text by 矢作綾加
Photo by 高田真希子

■真空ホロウ "真空パックvol.10" 視聴ページ
※視聴期間:3月25日まで
https://live.line.me/r/channels/478/broadcast/1978

【関連リンク】
真空ホロウ オフィシャルHP
真空ホロウのアコースティックツアーに涼木聡(Yeti)出演決定
lynch.、全5日にわたって開催されたメンバー企画ライヴを完走
真空ホロウ、東京公演サポートメンバー決定!弾き語りツアー追加公演にISEKI(ex.キマグレン)参戦決定!

【関連アーティスト】
真空ホロウ
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

新木場・ageHaにて開催のショーケースにAFROJACKの登場が決定
Mon, 29 Feb 2016 15:30:00 +0900
「ageHa Presents AFROJACK Premium Showcase in TOKYO」 (okmusic UP\'s)

新木場・ageHaで4月にEDMのビッグパーティーが開催される。まず、4月2日(土)には世界NO.6にも輝く韓国NO.1のクラブ・オクタゴンとのコラボパーティーが開催。そして、翌週の4月9日(土)は大ヒット連発のヒットメーカーBINGO PLAYERSが、ageHaに初登場を飾る。

【その他の画像】Afrojack

また、4月16日(土)にはDJ VIVIDが主催のTURNED ONがAngelをテーマにしたホワイトパーティーをオーガナイズ。4月23日(土)にもビッグスターが登場予定など、毎週末ageHaでEDMのビッグパーティーが開催されることになる。

そして4月13日(水)には、正真正銘のスーパースターDJ 「AFROJACK」が一夜限りのクラブスタイルショーのために来日することが決定した。グラミー賞に輝き、世界中のフェスやクラブ、ダンスチャートまでを賑わせ続ける正真正銘のスーパースター、AFROJACK。日本では三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEやPKCZとのコラボでも広く知られる彼は、ULTRAやelectroxなどのビッグフェスへの出演は記憶に新しいが、クラブスタイルのショーケースは実に3年ぶりになるという。

サポートアクトには、FIG&VIPERのディレクターも務める日本のファッションアイコンALISA UENOが出演。さらに彼とゆかりのあるアーティストの出演も予定しているとのこと。

まさに、この春はageHaから目が離せない季節になりそうだ。

■「ageHa Presents AFROJACK Premium Showcase in TOKYO」

4月13日(水) 新木場・ageHa
OPEN/START:19:00
CLOSE:23:00(予定)
<チケット>
イープラス特別先行プレオーダー/Early Bird Ticket Pre-Order
¥8,000(tax incl. / + 1Drink Charge)
受付期間:3月1日(火)10:00〜3月6日(日)23:00

【関連リンク】
ageHa オフィシャルHP
三代目 J Soul Brothers、世界で初めて大阪国際空港ANA格納庫貸し切りでMV撮影
三代目 J Soul Brothers、新曲のコラボ相手はEDM界のスーパースター!
丸本莉子、地元・サンフレッチェ広島の開幕戦で約2万人を前に熱唱

【関連アーティスト】
Afrojack
【ジャンル】
ダンス/ハウス/テクノ, イベント

松山千春、デビュー40周年記念ベストアルバムの詳細がついに解禁
Mon, 29 Feb 2016 15:00:00 +0900
松山千春 (okmusic UP\'s)

松山千春が4月13日に発売する『デビュー40周年記念ベストアルバム「松山千春の系譜」』の詳細が発表された。

【その他の画像】松山千春

収録曲は松山千春がこれまでに在籍したレーベルごと(キャニオン・レコード/NEWSレコード/ALFAレコード/日本コロムビア)に松山千春本人が選曲した全60曲(4枚組)となる。初回限定盤と通常盤の2種類での発売となり、初回限定盤には全120ページの豪華ブックレット(30ページにおよぶ写真集、直筆歌詞カード、ディスコグラフィ、全ライブデータ)と貴重映像を収録した特典DVDが入るBOX仕様となる。松山千春の40年が詰まったファン必見の商品となっているので是非チェックしてほしい。

また、4月15日(金)からハーモニーホール座間(神奈川県)を皮切りに全国18箇所23公演をまわる『デビュー40周年記念コンサート・ツアー 松山千春の系譜』もスタートする予定だ。

■アルバム『デビュー40周年記念ベストアルバム「松山千春の系譜」』

2016年4月13日発売
【初回限定盤】
COZP-1157〜1161/¥12,000+税
※トールケースサイズ5面デジパックBOX仕様
※全120ページ予定の豪華ブックレット付
(ブックレット内には30ページに及ぶ写真集、直筆歌詞、ディスコグラフィ、全ライブデータを収録)
【通常盤】
COCP-39539〜42/¥8,000+税
※CD4枚組BOX仕様
※直筆歌詞入りブックレット全80ページ予定
<収録曲>
■DISC1
1.君のために作った歌
2.旅立ち
3.銀の雨
4.これ以上
5.足寄より
6.良生ちゃんとポプラ並木
7.時のいたずら
8.季節の中で
9.ピエロ
10.恋
11.窓
12.私を見つめて
13.帰りたい
14.歩き続ける時
15.父さん
16.大空と大地の中で
■DISC2
1.人生の空から
2.ひとりじめ
3.悲しい時には
4.長い夜
5.浜辺
6.もう一度
7.炎
8.ふるさと
9.空-翼を広げて
10.感謝
11.黄昏
12.男と女
13.流れ星
14.大いなる愛よ夢よ
15.はまなす
■DISC3
1.燃える日々
2.七つちがい
3.写真
4.君は…
5.麗‐Rei‐
6.抱きしめたい
7.途上
8.バラード
9.午前3時
10.SWAY
11.置き手紙
12.純‐愛する者たちへ‐
13.明日のために
14.凡庸
■DISC4
1.INTENTIONAL
2.ひまわり
3.君を忘れない
4.君に
5.生命
6.クリスマス
7.雪化粧
8.ガリレオ
9.La La La
10.祈り
11.オロオロ
12.我家
13.生きている
14.伝えなけりゃ
15.春は来る
■特典DVD
「松山千春 大空と大地の中で」(札幌テレビ放送製作・1979年)/「松山千春スペシャル CHIHARU 25 TAKE OFF」(札幌テレビ放送製作・1980年)より抜粋編集映像(約20分予定)

■『デビュー40周年記念コンサート・ツアー 松山千春の系譜』

4月15日(金) 神奈川 ハーモニーホール座間
4月20日(水) 広島 広島文化学園HBGホール
4月22日(金) 山口 山口市民会館
4月27日(水) 富山 富山オーバードホール
4月29日(金) 長野 ホクト文化ホール
5月03日(火) 香川 アルファあなぶきホール 大ホール(香川県県民ホール)
5月05日(木) 愛媛 西予市宇和文化会館
5月12日(木) 東京 東京国際フォーラム ホールA
5月13日(金) 東京 東京国際フォーラム ホールA
5月21日(土) 愛知 日本特殊陶業市民会館フォレストホール(名古屋市民会館)
5月22日(日) 愛知 日本特殊陶業市民会館フォレストホール(名古屋市民会館)
5月26日(木) 大阪 大阪国際会議場グランキューブ大阪 メインホール
5月27日(金) 大阪 大阪国際会議場グランキューブ大阪 メインホール
6月03日(金) 宮崎 宮崎市民文化ホール
6月05日(日) 鹿児島 鹿児島市民文化ホール第一
6月07日(火) 福岡 福岡サンパレス ホテル&ホール
6月10日(金) 沖縄 沖縄コンベンション劇場
6月11日(土) 沖縄 沖縄コンベンション劇場
6月17日(金) 宮城 仙台サンプラザホール
6月19日(日) 福島 郡山市民文化センター
6月21日(火) 埼玉 大宮ソニックシティ
6月28日(火) 北海道 ニトリ文化ホール
6月29日(水) 北海道 ニトリ文化ホール

【関連リンク】
松山千春 オフィシャルHP
松山千春、 デビュー40周年記念ベストアルバム 『松山千春の系譜』リリース決定
松山千春、地元北海道2DAYSで全国ツアー27公演を完結
松山千春、NHK『のど自慢』で歌唱した楽曲「生きている」が話題に

【関連アーティスト】
松山千春
【ジャンル】
J-POP

コンテンポラリーな生活、2名体制での初ツアーが決定
Mon, 29 Feb 2016 14:00:00 +0900
コンテンポラリーな生活 写真左から、藤田彩(Ba.)、朝日廉(Vo.&Gt.) (okmusic UP\'s)

2016年元旦、ドラム酒井俊介のバンド脱退と同時に、朝日廉(Gt / Vo)、藤田彩(Bass)の二人での活動続行をファンへ向けて発表したコンテンポラリーな生活が、4月3月の仙台公演を皮切りに、全国4カ所を回る小規模ツアー『コンテンポラリーな春の2MAN〜全国編〜』の実施を発表した。

【その他の画像】コンテンポラリーな生活

ツアーはツーマン形式で行われ、サイダーガール、THE PINBALLS、最終少女ひかさ等のゲストがすでに発表されている(一部公演ではO.A.の出演もあり)。また2月27日よりチケットのHP先行予約もスタート。一般発売は3月12日を予定している。

朝日廉は、「2人体制になってから最初のツアーです。新曲もしこたま作って、いっぱい聴いてもらえたらなあ、などと考えております。良い曲、クレイジーな曲取り揃えて演奏するので絶対飽きさせません。楽しみにしていて下さい。よろしくお願いします。」とコメントしている。

■『コンテンポラリーな春の2MAN 〜全国編〜』

4月03日(日) 仙台PARK SQUARE
出演:コンテンポラリーな生活/THE PINBALLS + O.A 
4月05日(火) 新潟GOLDENPIGS BLACK STAGE
出演:コンテンポラリーな生活/最終少女ひかさ + O.A 
4月12日(火) 岡山CRAZYMAMA 2ndroom
出演:コンテンポラリーな生活 + 1BAND + O.A 
4月14日(木) 横浜Club Lizard

HP先行受付期間:3月6日(日)23:59 迄
申込ページ:http://eplus.jp/conpolife-2016hp/ 
※お申し込みにはe+の会員登録(無料)が必要です。

【関連リンク】
コンテンポラリーな生活 オフィシャルHP
コンテンポラリーな生活から酒井俊介(Dr)が正式に脱退
コンテンポラリーな生活、新曲「ヤンキーガール」のMV公開
コンテンポラリーな生活、朝日廉が手がけた「ハスキーガール」のMVを公開

【関連アーティスト】
コンテンポラリーな生活
【ジャンル】
ジャパニーズロック

松本孝弘(Tak Matsumoto)が4月6日にニューアルバムをリリース
Mon, 29 Feb 2016 13:00:00 +0900
B’z・松本孝弘 (okmusic UP\'s)

B\'zの松本孝弘(Tak Matsumoto)が、4月6日にニューアルバム『enigma』をリリースする事を発表した。

【その他の画像】B\'z

2月16日に、現地ロサンゼルスのスタジオから放送されたWOWOW『生中継!第58回グラミー賞授賞式』に出演した松本孝弘。2011年にラリー・カールトンとの共作アルバム「TAKE YOUR PICK」で、第53回グラミー賞“最優秀ポップ・インストゥルメンタル・アルバム"を受賞した時以来の出演となった今回は、グラミー受賞アーティストならではの受賞当時のエピソードや今年の授賞式の見どころを語り、最後に完成間近のアルバムタイトルが『enigma』である事が初めて発表され、リスナーから続々と反響が寄せられていたニューアルバムの全貌がついに明らかに…!

昨年10月に一新された、TBS系テレビ『世界遺産』のメインテーマ「Vermillion Palace」とエンディングテーマ「Mystic Journey」、渋谷Bunkamuraにて3月19日から開催の浮世絵展『ボストン美術館所蔵 俺たちの国芳 わたしの国貞』のイメージソング「Ups and Downs」の書き下ろし曲も収録された今作は、エモーショナルな旋律とアグレッシブなギタープレイが融合した、メロディックでドラマティックなインストゥルメンタル作品。また、テレビ朝日系『ミュージックステーション』のテーマソングとしてお馴染みの名曲「#1090 〜Thousand Dreams〜」の新録、その名も「#1090 〜Million Dreams〜」がボーナストラックに収録! さらに、初回限定盤の特典DVDとBlu-rayには、2014年に開催されたライブツアー『Tak Matsumoto LIVE 2014 -New Horizon-』からブルーノート東京での最終公演全15曲を初映像化でフル収録という豪華内容になっている。

ソロ名義では初の大阪城ホールと日本武道館を含む全国5ヶ所で開催される、4月16日からスタートのライブツアー『Tak Matsumoto Tour 2016 -The Voyage-』では、今作がどのように表現されるのか? 松本孝弘のソロキャリア史上においてエポックメイキングなアルバムとツアーなることは間違いないだろう。

■アルバム『enigma』

2016年4月6日発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
BMCS-8006/¥4,630+税
【初回限定盤】(CD+Blu-ray)
BMCS-8007/¥4,630+税
【通常盤】(CD) 
BMCS-8008/¥2,593+税
<収録曲>
■CD
01.enigma
02.Vermillion Palace(TBS系テレビ「世界遺産」メインテーマ)
03.Step to Heaven
04.Ups and Downs(「ボストン美術館所蔵 俺たちの国芳 わたしの国貞」イメージソング)
05.Rock The Rock
06.Drifting
07.The Voyage
08.Hopes
09.Under The Sun
10.Dream Drive
11.The Rock Show
12.Roppongi Noise
13.Mystic Journey(TBS系テレビ「世界遺産」エンディングテーマ)
14.enigma 〜epilogue〜
-Bonus Track-
#1090 〜Million Dreams〜(テレビ朝日系「ミュージックステーション」テーマソング)
■特典DVD・Blu-ray
「Tak Matsumoto LIVE 2014 -New Horizon- at BLUE NOTE TOKYO」
01.New Horizon
02.Take 5
03.BLUE
04.華
05.Tokyo Night
06.Shattered Glass
07.学生街の喫茶店
08.Island of peace
09.That\'s Cool
10.月のあかり
11.Reason to be…
12.GO FURTHER
13.#1090
14.The Moment
15.Rodeo Blues

■『Tak Matsumoto Tour 2016 -The Voyage-』

4月16日(土)  名古屋 ダイアモンドホール
4月19日(火)  福岡 DRUM LOGOS
4月24日(日)  大阪 大阪城ホール
4月27日(水)  札幌 サッポロファクトリーホール
5月07日(土)  東京 日本武道館

【関連リンク】
松本孝弘 オフィシャルHP
B\'z・松本がグラミー賞の思い出「受賞した瞬間は、言葉にできない」、WOWOW特番に出演
グラミー賞授賞式のロス生中継スタジオにB\'z・松本孝弘が生出演
マンウィズ&9mm“ドリフェス”放送直前コメント到着「初日ノ映像ヲ心待チニシテ頂ケレバ!」

【関連アーティスト】
B\'z, 松本孝弘
【ジャンル】
ジャパニーズロック

J、最新映像作品の全17曲を期間限定でフル公開!
Mon, 29 Feb 2016 12:00:00 +0900
J  (okmusic UP\'s)

3月16日に発売されるJのライヴ&ドキュメント映像作品『CRAZY CRAZY V -The eternal flames-』に収録されるライブ映像全17曲が、2月29日 12:00から3月17日 12:00の期間、毎日1曲ずつ日替わり(24時間限定)で特設サイトにて公開されることが決定し、その第1弾である「Go Charge」の映像が公開された。

【その他の画像】J

今作は"CRAZY CRAZY"シリーズ5作目となる記念すべき映像作品で、10thオリジナルアルバム『eternal flames』を携えて行なわれた「J LIVE TOUR 2015 - Live On Instinct -」のツアーファイナルとして2015年10月10日に赤坂BLITZで行なわれたライブの模様が収録されており、その熱気溢れるライブシーンが、発売に先駆けてこの度全曲公開される運びとなった。また今作にはソロアルバム10作目、"CRAZY CRAZY"シリーズ5作目という節目のタイミングで行なわれた貴重なインタビュー映像とレコーディングやツアーに密着したドキュメンタリー映像、最新MUSIC VIDEO「I know」も収録されており、こちらも見逃せない内容となっている。

さらに特設サイトではこの映像作品用に行なわれたインタビューも公開されているので、ライブ映像と合わせて是非チェックして、常に進化を続けながらシーンの先頭を走り続けてるJの“今”を感じて欲しい。

■DVD&Blu-ray『CRAZY CRAZY V -The eternal flames-』特設サイト
http://avex.jp/j/cc5/

■「Go Charge」ライブ映像
https://youtu.be/J8xCqHk7XJ0

■【ライブ映像公開日程】

「Go Charge」
日程:2月29日 12:00〜3月01日 12:00公開
「Verity」
日程:3月01日 12:00〜3月02日 12:00公開
「PYROMANIA」
日程:3月02日 12:00〜3月03日 12:00公開
「Rollin\'」
日程:3月03日 12:00〜3月04日 12:00公開
「I know」
日程:3月04日 12:00〜3月05日 12:00公開
「Sixteen」
日程:3月05日 12:00〜3月06日 12:00公開
「go crazy」
日程:3月06日 12:00〜3月07日 12:00公開
「Jayne」
日程:3月07日 12:00〜3月08日 12:00公開
「wall」
日程:3月08日 12:00〜3月09日 12:00公開
「GO with the Devil」
日程:3月09日 12:00〜3月10日 12:00公開
「BUT YOU SAID I\'M USELESS」
日程:3月10日 12:00〜3月11日 12:00公開
「never gonna die」
日程:3月11日 12:00〜3月12日 12:00公開
「addiction」
日程:3月12日 12:00〜3月13日 12:00公開
「break」
日程:3月13日 12:00〜3月14日 12:00公開
「Believer」
日程:3月14日 12:00〜3月15日 12:00公開
「NOWHERE」
日程:3月15日 12:00〜3月16日 12:00公開
「Feel Your Blaze」
日程:3月16日 12:00〜3月17日 12:00公開

■【ライブ情報】

「J LIVE TOUR 2015~2016 - TOUR the eternal flames FINAL -」
5月05日(木・祝)  大阪 BIG CAT
5月07日(土)  東京 EX THEATER ROPPONGI
<チケット>
大阪公演:All Standing ¥5,300(税込・別途ドリンク代¥600)
東京公演:1F Standing ¥5,300(税込・別途ドリンク代¥500)
※2016年3月5日(土)よりチケット一般発売スタート

「J Birthday LIVE 2016 -Special 2 Nights-」
8月11日(木・祝)  東京 赤坂BLITZ
Special Guest: DOOM
※2016年5月28日(土)よりチケット一般発売スタート
8月12日(金)  東京 赤坂BLITZ (F.C.Pyro.限定ワンマン)
※Jオフィシャルファンクラブ会員限定の公演となりますのでプレイガイドでのチケット発売はございません。
<チケット>
1F Standing ¥5,300(税込・ドリンク代別)

【関連リンク】
J オフィシャルHP
J、大迫力のライブ映像をGYAO!にて独占先行解禁
J、全国ツアーファイナルで完全燃焼! 次なる展開への発表も!
J、全国ツアー第二弾初日に追加公演決定&映像作品リリースを発表

【関連アーティスト】
J
【ジャンル】
ジャパニーズロック

丸本莉子、地元・サンフレッチェ広島の開幕戦で約2万人を前に熱唱
Mon, 29 Feb 2016 11:00:00 +0900
2月27日@サンフレッチェ広島 (okmusic UP\'s)

丸本莉子が2月27日、サンフレッチェ広島の開幕戦で約2万人を前に地元・広島への想いを込めた自身の曲を歌い、会場を盛り上げた。

【その他の画像】丸本莉子

あいにく天候は大雨となったが、広島出身として昨年J1王者で世界3位でもあるサンフレッチェ広島の勝利を祈り、広島県ではすでにおなじみとなっている彼女のデビュー曲「ココロ予報」や、ブルボン「ラシュクーレ」CMソングとしても話題となっている「フシギな夢」を披露。来場した約2万人のスポンサーと、歌で“ココロ"を一つに繋げた。

今シーズンJ1リーグ開幕戦でもある貴重な場でスペシャルゲストとして歌唱できたことに、丸本自身も「サンフレッチェ広島の開幕戦で歌わせて頂き、広島人として本当に嬉しく思います! 雨が降る中、そして大事な開幕戦ということで、歌う前は緊張していたのですが、サポーターの皆さんの温かい想いが伝わり、勝利を願って歌わせて頂きました!最後の最後で悔しい結果になりましたが熱い試合をみてパワーを頂きました!まだ始まったばかりです! これからもサンフレッチェサポーターとして応援していきます!!」と喜んだ。

なお、3月16日(水)には、2ndミニアルバム『フシギな夢の中』がリリース。ミニアルバムには発売後すぐにiTunesトップアルバムランキングで3位にランクインした「つなぐもの」や、2016奥四万十博テーマソング「がんばる乙女 〜Happy smile again〜」、ブルボン『ラシュクーレ』CMソングとなった「フシギな夢」、「なごり雪」のカヴァー他、ボーナストラックに、渋谷 TSUTAYA O-EASTでのワンマンライブの音源を含む、今の丸本莉子を凝縮した全8曲が収録されている。

また3月9日(水)より、iTunesにて「フシギな夢の中」のプレオーダーが開始され、予約購入特典として「愛した人」のライブ音源がプレゼントされることが決定。入手できる期間は、3月9日(水)〜3月16日(水)の一週間となっている。

【関連リンク】
丸本莉子オフィシャルHP 
丸本莉子が話題のCMソング「フシギな夢」のMVを公開
丸本莉子の新曲がブルボン『ラシュクーレ』のCMソングに決定
丸本莉子、新曲がiTunesトップアルバムランキングで3位にチャートイン

【関連アーティスト】
丸本莉子
【ジャンル】
J-POP, イベント













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1