歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2016年02月26日)
バックナンバー
最新ニュース
2016/03/06
2016/03/05
2016/03/04
2016/03/03
2016/03/02
2016/03/01
2016/02/29
2016/02/28
2016/02/27
2016/02/26
2016/02/25
2016/02/24
2016/02/23
2016/02/22
2016/02/21
2016/02/20
2016/02/19
2016/02/18
2016/02/17
2016/02/16
2016/02/15
2016/02/14
2016/02/13
2016/02/12
2016/02/11
2016/02/10
2016/02/09
2016/02/08
2016/02/07
2016/02/06
2016/02/05
2016/02/04
2016/02/03
2016/02/02
2016/02/01
2016/01/31
2016/01/30
2016/01/29
2016/01/28
2016/01/27
2016/01/26
2016/01/25
2016/01/24
2016/01/23
2016/01/22
2016/01/21
2016/01/20
2016/01/19
2016/01/18
2016/01/17
2016/01/16
2016/01/15
2016/01/14
2016/01/13
2016/01/12
2016/01/11
2016/01/10
2016/01/09
2016/01/08
2016/01/07
2016/01/06
2016/01/05
2016/01/04
2016/01/03
2016/01/02
2016/01/01
2015/12/31
2015/12/30
2015/12/29
2015/12/28
2015/12/27
2015/12/26
2015/12/25
2015/12/24
2015/12/23
2015/12/22
2015/12/21
2015/12/20
2015/12/19
2015/12/18
2015/12/17
2015/12/16
2015/12/15
2015/12/14
2015/12/13
2015/12/12
2015/12/11
2015/12/10
2015/12/09
2015/12/08
2015/12/07
2015/12/06
2015/12/05
2015/12/04
2015/12/03
2015/12/02
2015/12/01
2015/11/30
2015/11/29
2015/11/28
2015/11/27
2015/11/26
2015/11/25
2015/11/24
2015/11/23
2015/11/22
2015/11/21
2015/11/20
2015/11/19
2015/11/18
2015/11/17
2015/11/16
2015/11/15
2015/11/14
2015/11/13
2015/11/12
2015/11/11
2015/11/10
2015/11/09
2015/11/08
2015/11/07
2015/11/06
2015/11/05
2015/11/04
2015/11/03
2015/11/02
2015/11/01
2015/10/31
2015/10/30
2015/10/29
2015/10/28
2015/10/27
2015/10/26
2015/10/25
2015/10/24
2015/10/23
2015/10/22
2015/10/21
2015/10/20
2015/10/19
2015/10/18
2015/10/17
2015/10/16
2015/10/15
2015/10/14
2015/10/13
2015/10/12
2015/10/11
2015/10/10
2015/10/09
2015/10/08
2015/10/07
2015/10/06
2015/10/05
2015/10/04
2015/10/03
2015/10/02
2015/10/01
2015/09/30
2015/09/29
2015/09/28
2015/09/27
2015/09/26
2015/09/25
2015/09/24
2015/09/23
2015/09/22
2015/09/21
2015/09/20
2015/09/19
2015/09/18
2015/09/17
2015/09/16
2015/09/15
2015/09/14
2015/09/13
2015/09/12
2015/09/11
2015/09/10
2015/09/09
2015/09/08
2015/09/07
2015/09/06
2015/09/05
2015/09/04
2015/09/03
2015/09/02
2015/09/01
2015/08/31
2015/08/30
2015/08/29
2015/08/28
2015/08/27
2015/08/26
2015/08/25
2015/08/24
2015/08/23
2015/08/22
2015/08/21
2015/08/20
2015/08/19
2015/08/18
2015/08/17
2015/08/16
2015/08/15
2015/08/14
2015/08/13
2015/08/12
2015/08/11
2015/08/10
2015/08/09
2015/08/08
2015/08/07
2015/08/06
2015/08/05
2015/08/04
2015/08/03
2015/08/02
2015/08/01
2015/07/31
2015/07/30
2015/07/29
2015/07/28
2015/07/27
2015/07/26
2015/07/25
2015/07/24
2015/07/23
2015/07/22
2015/07/21
2015/07/20
2015/07/19
2015/07/18
2015/07/17
2015/07/16
2015/07/15
2015/07/14
2015/07/13
2015/07/12
2015/07/11
2015/07/10
2015/07/09
2015/07/08
2015/07/07
2015/07/06
2015/07/05
2015/07/04
2015/07/03
2015/07/02
2015/07/01
2015/06/30
2015/06/29
2015/06/28
2015/06/27
2015/06/26
2015/06/25
2015/06/24
2015/06/23
2015/06/22
2015/06/21
2015/06/20
2015/06/19
2015/06/18
2015/06/17
2015/06/16
2015/06/15
2015/06/14
2015/06/13
2015/06/12
2015/06/11
2015/06/10
2015/06/09
2015/06/08
2015/06/07
2015/06/06
2015/06/05
2015/06/04
2015/06/03
2015/06/02
2015/06/01
2015/05/31
2015/05/30
2015/05/29
2015/05/28
2015/05/27
2015/05/26
2015/05/25
2015/05/24
2015/05/23
2015/05/22
2015/05/21
2015/05/20
2015/05/19
2015/05/18
2015/05/17
2015/05/16
2015/05/15
2015/05/14
2015/05/13
2015/05/12
2015/05/11
2015/05/10
2015/05/09
2015/05/08
2015/05/07
2015/05/06
2015/05/05
2015/05/04
2015/05/03
2015/05/02
2015/05/01
2015/04/30
2015/04/29
2015/04/28
2015/04/27
2015/04/26
2015/04/25
2015/04/24
2015/04/23
2015/04/22
2015/04/21
2015/04/20
2015/04/19
2015/04/18
2015/04/17
2015/04/16
2015/04/15
2015/04/14
2015/04/13
2015/04/12
2015/04/11
2015/04/10
2015/04/09
2015/04/08
2015/04/07
2015/04/06
2015/04/05
2015/04/04
2015/04/03
2015/04/02
2015/04/01
2015/03/31
2015/03/30
2015/03/29
2015/03/28
2015/03/27
2015/03/26
2015/03/25
2015/03/24
2015/03/23
2015/03/22
2015/03/21
2015/03/20
2015/03/19
2015/03/18
2015/03/17
2015/03/16
2015/03/15
2015/03/14
2015/03/13
2015/03/12
2015/03/11
2015/03/10
2015/03/09
2015/03/08
2015/03/07
2015/03/06
BLUE ENCOUNT、ニューシングルに“夢の全通フリーパス”抽選応募はがきを封入
Fri, 26 Feb 2016 21:30:00 +0900
ブルエンポスター (okmusic UP\'s)

BLUE ENCOUNTが3月9日にリリースするシングル「Survivor」の初回盤、初回仕様限定の2大封入特典が発表された。

【その他の画像】BLUE ENCOUNT

まず1つめは「夢の全通フリーパス」抽選ハガキ。これはすでに全箇所ソールドアウト、超入手困難となっている全国32ヶ所を巡る対バンツアー『TOUR2016 THANKS〜チケットとっとってっていっとったのになんでとっとらんかったとっていっとっと〜』の貴重な公演を地域別にAからDの4ブロックに分け、当選した各ブロック内のすべての公演に自由に参加できるというまさに“夢の全通フリーパス”! 抽選で各ブロック4名にプレゼントされるとのことなので、これは是非ともゲットしたい。2つめはその後の東京、大阪、名古屋、熊本で開催されるワンマンツアー『TOUR2016 THANKS〜チケットとっとってっていっとったのになんでとっとらんかったとっていっとっと。熊本ワンマンてや?そりゃよかばい!〜』の先行予約受付シリアルナンバーも封入されるとのことなので、これはシングル買い逃し厳禁だ。

さらに追って発表される対象店舗にてシングル「Survivor」を購入すると先着でB3サイズのオリジナルポスターがプレゼントされる。こちらは初回生産限定盤と通常盤を購入された方にはメンバーのライブ写真で構成されたブルエンポスターを、期間限定盤を購入された方には『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』のジャケット絵柄ポスターがプレゼントされるということなのでいち早くゲットしよう。

さらに2月25日の21時からメンバーが不定期に行なっているツイキャスによる配信番組(通称 ブルキャス)で発表されたが、来たる3月12日に都内某所にてブルエンによる謎のサバイバル(Survivorる?)イベントが開催されるとのこと。追ってこちらの情報もさらに発表されるとのことなので、期待して待とう。

そして、ワンマンツアー『TOUR2016 THANKS〜チケットとっとってっていっとったのになんでとっとらんかったとっていっとっと。熊本ワンマンてや?そりゃよかばい!〜』に関しては公式HP先行受付がスタートしている。ブルエンといえばライブなだけに、チケットが完売する前に是非申し込もう!

■謎のサバイバル(Survivorる?)イベント予告動画
https://youtu.be/yeX4YvHENeo

■【『Survivor』購入者企画 夢の全通フリーパス 獲得のチャンス「チケットとっとってっていっとたけけれどとれんかっただろうけん、とっといたばい!!」】

<申し込み方法>
シングル「Survivor」に封入される応募はがきにて申し込み。
<当選数>
各ブロック4名様
<応募締め切り>
2016年3月18日(金)当日消印有効

■ブロックA
3月29日 (火) 【香川】高松DIME 
対バン→ SUPER BEAVER
3月30日 (水) 【高知】X-pt.  
対バン→ SUPER BEAVER
4月01日 (金) 【愛媛】松山 W studio RED 
対バン→ SUPER BEAVER
4月05日 (火) 【京都】KYOTO MUSE 
対バン→ アルカラ
4月06日 (水) 【大阪】あべのROCKTOWN 
対バン→ ヒトリエ
6月17日 (金) 【富山】SOUL POWER 
対バン→ Northern19 / go!go!vanillas
6月18日 (土) 【石川】金沢 vanvan V4 
対バン→ go!go!vanillas
6月21日 (火) 【岡山】CRAZYMAMA 2nd Room 
対バン→ Fear, and Loathing in Las Vegas
■ブロックB
4月08日 (金) 【兵庫】神戸 MUSIC ZOO KOBE 太陽と虎 
対バン→ LONGMAN
4月19日 (火) 【福岡】小倉 LIVE SPOT WOW! 
対バン→ フレデリック
4月21日 (木) 【長崎】DRUM Be-7 
対バン→ フレデリック
4月23日 (土) 【鹿児島】SR HALL 
対バン→ 忘れらんねえよ
4月24日 (日) 【宮崎】SR BOX 
対バン→ 忘れらんねえよ
4月26日 (火) 【福岡】DRUM Be-1 
対バン→ I-RabBits
4月27日 (水) 【山口】LIVE rise SHUNAN 
対バン→ ircle
6月22日 (水) 【広島】CAVE-BE 
対バン→ Fear, and Loathing in Las Vegas
■ブロックC
5月07日 (土) 【埼玉】西川口 Hearts 
対バン→ クリープハイプ
5月10日 (火) 【群馬】高崎 club FLEEZ 
対バン→ サンボマスター
5月11日 (水) 【栃木】宇都宮 HEAVEN\'S ROCK VJ-2
対バン→ サンボマスター
6月04日 (土) 【北海道】帯広 STUDIO REST
対バン→ THE ORAL CIGARETTES
6月05日 (日) 【北海道】旭川 CASINO DRIVE
対バン→ THE ORAL CIGARETTES
6月07日 (火) 【北海道】札幌 cube garden
対バン→ THE ORAL CIGARETTES
6月11日 (土) 【宮城】仙台 HooK 
対バン→ TOTALFAT
6月12日 (日) 【岩手】盛岡 CLUB CHANGE WAVE 
対バン→ TOTALFAT
■ブロックD
5月16日 (月) 【愛知】名古屋 ell.FITS ALL 
対バン→ 04 Limited Sazabys
5月18日 (水) 【静岡】LiveHouse 浜松 窓枠 
対バン→ 04 Limited Sazabys
5月19日 (木) 【愛知】豊橋 club KNOT 
対バン→ ポタリ
5月25日 (水) 【千葉】LOOK 
対バン→ キュウソネコカミ
5月26日 (木) 【神奈川】横浜 BAY JUNGLE 
対バン→ キュウソネコカミ
5月31日 (火) 【茨城】水戸 LIGHT HOUSE 
対バン→ 9mm Parabellum Bullet
6月14日 (火) 【新潟】CLUB RIVERST 
対バン→ グッドモーニングアメリカ
6月15日 (水) 【長野】LIVE HOUSE J 
対バン→ グッドモーニングアメリカ

■シングル「Survivor」

2016年3月9日発売
【初回生産限定盤】(CD+DVD)
KSCL-2703〜2704/¥1,528+税
<収録曲>
■CD
1.Survivor
2.HOPE
■DVD
全国ワンマンツアー『TOUR2015-2016「≒U」』ツアーファイナルZepp Tokyo公演のライブ映像を収録
1.KICKASS
2.LIVER
3.はじまり
4. Making of 160117

【通常盤】(CD)
KSCL-2705/¥926+税
<収録曲>
1.Survivor
2.HOPE

【期間限定盤】(CD)
KSCL-2706/¥1,204+税
※『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』描き下ろし絵柄デジパックジャケット
<収録曲>
1.Survivor
2.GO CRAZY
3.ANSWER
4.Survivor (TV size)
5.Survivor (Instrumental / TV size)

■『TOUR2016 THANKS〜チケットとっとってっていっとったのになんでとっとらんかったとっていっとっと〜』

3月29日(火) 香川 高松DIME
w/ SUPER BEAVER
3月30日(水) 高知 X-pt.
w/ SUPER BEAVER
4月01日(金) 愛媛 松山 W studio RED
w/ SUPER BEAVER
4月05日(火) 京都 KYOTO MUSE
w/ アルカラ
4月06日(水) 大阪 あべのROCKTOWN
w/ ヒトリエ
4月08日(金) 兵庫 神戸 MUSIC ZOO KOBE 太陽と虎
w/ LONGMAN
4月19日(火) 福岡 小倉 LIVE SPOT WOW!
w/ フレデリック
4月21日(木) 長崎 DRUM Be-7
w/ フレデリック
4月23日(土) 鹿児島 SR HALL
w/ 忘れらんねえよ
4月24日(日) 宮崎 SR BOX
w/ 忘れらんねえよ
4月26日(火) 福岡 DRUM Be-1
w/ I-RabBits
4月27日(水) 山口 LIVE rise SHUNAN
w/ ircle
5月07日(土) 埼玉 西川口 Hearts
w/ クリープハイプ
5月10日(火) 群馬 高崎 club FLEEZ
w/ サンボマスター
5月11日(水) 栃木 宇都宮 HEAVEN\'S ROCK VJ-2
w/ サンボマスター
5月16日(月) 愛知 名古屋 ell.FITS ALL
w/ 04 Limited Sazabys
5月18日(水) 静岡 LiveHouse 浜松 窓枠
w/ 04 Limited Sazabys
5月19日(木) 愛知 豊橋 club KNOT
w/ ポタリ
5月25日(水) 千葉 LOOK
w/ キュウソネコカミ
5月26日(木) 神奈川 横浜 BAY JUNGLE
w/ キュウソネコカミ
5月31日(火) 茨城 水戸 LIGHT HOUSE
w/ 9mm Parabellum Bullet
6月04日(土) 北海道 帯広 STUDIO REST
w/ THE ORAL CIGARETTES
6月05日(日) 北海道 旭川 CASINO DRIVE
w/ THE ORAL CIGARETTES
6月07日(火) 北海道 札幌 cube garden
w/ THE ORAL CIGARETTES
6月11日(土) 宮城 仙台 HooK
w/ TOTALFAT
6月12日(日) 岩手 盛岡 CLUB CHANGE WAVE
w/ TOTALFAT
6月14日(火) 新潟 CLUB RIVERST
w/ グッドモーニングアメリカ
6月15日(水) 長野 LIVE HOUSE J
w/ グッドモーニングアメリカ
6月17日(金) 富山 SOUL POWER
w/ Northern19 / go!go!vanillas
6月18日(土) 石川 金沢 vanvan V4
w/ go!go!vanillas
6月21日(火) 岡山 CRAZYMAMA 2nd Room
w/ Fear, and Loathing in Las Vegas
6月22日(水) 広島 CAVE-BE
w/ Fear, and Loathing in Las Vegas

『TOUR2016 THANKS〜チケットとっとってっていっとったのになんでとっとらんかったとっていっとっと。熊本ワンマンてや?そりゃよかばい!〜』
6月30日(木) 東京 新木場STUDIO COAST
7月06日(水) 名古屋 ElectricLadyLand
7月07日(木) 大阪 BIGCAT
7月10日(日) 熊本 熊本B.9 V1

【関連リンク】
BLUE ENCOUNT オフィシャルHP
BLUE ENCOUNT、シングル「Survivor」の“ガンダム盤”ジャケットを公開
BLUE ENCOUNT、ニューシングル「Survivor」ジャケット&新アー写を公開
中居司会「Momm!!」にflumpoolとBLUE ENCOUNTが出演、flumpoolは「亜人」主題歌披露

【関連アーティスト】
BLUE ENCOUNT
【ジャンル】
ジャパニーズロック

吉田山田、ニューアルバムより珠玉のバラード「告白」MV公開
Fri, 26 Feb 2016 21:00:00 +0900
吉田山田 (okmusic UP\'s)

3月2日に4枚目となるオリジナルアルバム『47【ヨンナナ】』をリリースする吉田山田。そのアルバムに収録されるリード楽曲 「告白」のミュージックビデオが吉田山田のオフィシャルYouTubeにて公開された。

【その他の画像】吉田山田

「告白」は結婚する友人へ向けて作った楽曲でもあり、まっすぐな想いが綴られたラブバラードに仕上がっている。そのため、ミュージックビデオ でもシンプルにその楽曲の歌詞が際立つような仕上がりで、二人が正装で歌唱する姿が映し出され、二人の温かみのある表情にも注目である。今回公開されたミュージックビデオはショートバージョンとなるため、全編がどのような仕上がりになっているかも気になるところだ。また、アルバムに収録されている「母のうた」が、政府広報 高齢者詐欺被害の未然防止キャンペーンテーマソングに起用されており、地上波のCMのオンエアとともに、一般公募で募った母親と一緒に写った写真を使用し たミュージックビデオも話題となっている。

吉田山田は、4月24日からは初の全国47都道府県ツアー「吉田山田47都道府県ツアー〜二人また旅2016〜」、8月20日には 日比谷野外大音楽堂で「吉田山田祭り2016」を開催する。「吉田山田47都道府県ツアー〜二人また旅2016〜」のチケットは一般発売中 。公演によっては既にソールドアウトしている公演もあるので早めにチェックしよう。

■「告白」MV
https://youtu.be/sSYgQ1Kjadg

【関連リンク】
吉田山田 オフィシャルHP
吉田山田×ドォーモ、新曲PVと九州のバラエティ情報番組がコラボ企画
吉田山田、オールナイトニッポンスペシャルイベントを開催
吉田山田、母親との愛情溢れる写真を収めた「母のうた」MVを公開

【関連アーティスト】
吉田山田
【ジャンル】
J-POP

中村一義、4年ぶりのニューアルバム『海賊盤』全曲試聴がスタート
Fri, 26 Feb 2016 20:00:00 +0900
中村一義 (okmusic UP\'s)

中村一義が3月2日に発売する待望のニューアルバム『海賊盤』の試聴を開始した。リード曲「スカイライン」をはじめ、開放感あふれ多彩な楽曲群からなるアルバム収録の全11曲を一部聴くことができる。この機会に、ラジオでまだオンエアされていない本邦初公開となる収録曲を試聴しながら3月2日の『海賊盤』発売日を待とう。

【その他の画像】中村一義

そして、初回限定盤のDVDにはスカイラインのミュージックビデオに加え、アナザーバージョンとして「スカイライン(Music Video)〜Rockでなしver.〜」が収録されることも決定。いったいどんな映像になっているのか、こちらも楽しみにしておいてほしい。

また、同時にニッパートートバッグの当たるSNSキャンペーンもスタート。「スカイライン」のミュージックビデオを見て応募完了となるので、ぜひ参加しよう。Facebook、Twitter、LINEなど、主要SNSサービスのアカウントを持っていれば誰でも応募可能だ。

■アルバム『海賊盤』試聴ページ
http://www.jvcmusic.co.jp/-/Artist/A023852.html
■新曲ミュージックビデオを見て「ニッパー2WAYトート」を当てよう!
https://monipla.com/jvc-music/campaigns/6429

■「スカイライン」MV(Short ver.)
https://youtu.be/9YxhxcfR3-8

【関連リンク】
中村一義 コンセプトサイト「KIKA:GAKU」
中村一義、ライブDVD『金字塔完成記念日』のダイジェスト映像を公開
中村一義、アルバム発売を記念してタワレコ限定インストアライブ開催を発表
中村一義、盟友たちとの船出をイメージした「スカイライン」MV公開

【関連アーティスト】
中村一義
【ジャンル】
ジャパニーズロック

SpecialThanks、5月11日に待望の最新作『heavenly』をリリース
Fri, 26 Feb 2016 19:30:00 +0900


SpecialThanksが5月11日に待望の最新作『heavenly』をリリースする事を発表! それに伴い、最新アーティスト写真も公開した。

【その他の画像】SpecialThanks

5月11日にリリースされるミニアルバムは、録りおろし新曲6曲のCD音源と2015年11日1日下北沢GARDENにて行なわれた東京初ワンマンライブの模様をなんと17曲も収めたベストアルバム的DVD映像作品を1つの作品にコンパイルした、今までのファンは元より新たなファンを獲得するには余りあるお得感満載の豪華スペシャルエディション。また今作のリリースに伴い発売記念ライブツアーを10ヶ所以上を計画中との事で、今後の彼らの動きにも注目せざるを得ない。

■ミニアルバム『heavenly』

2016年5月11日発売
KOCA-89/¥2,500+税
<収録曲>
■CD
1. DOUNARUNO!?
2. SWEET
3. KOKOKARA
4. heavenly
5. Nothing
6. Please Watch Me
■DVD
2015.11.1下北沢GARDEN - SpecialThanks 「missa」 release tour - ONEMAN LIVE
Hey you! / Kitchen drinker / YOU=MUSIC I LOVE / ONE WEEK / try it out / getting on / Morning Coffee / Marguerite / ロックンロールダンス / 1.2.3!4.5.6! / listen to the radio / I MY ME MINE / I don\'t know / Mr.DONUT / Hello colorful / present? / you say good bye

【関連リンク】
SpecialThanks オフィシャルHP
『NIIGATA RAINBOW ROCK 2016』出演アーティスト第2弾が明らかに!
04 Limited Sazabys主催『YON FES 2016』、第3弾出演アーティスト&日割りを発表
04 Limited Sazabys主催野外フェスの出演アーティスト第2弾はキュウソ、KEYTALKら6組

【関連アーティスト】
SpecialThanks
【ジャンル】
ジャパニーズロック

AWAがフルマラソン専用のプレイリスト「疾走プレイリスト」を発表
Fri, 26 Feb 2016 19:30:00 +0900
「フルマラソンによりそう音楽」 (okmusic UP\'s)

音楽配信サービスAWAが2月19日、音楽と走ることをテーマとしたプロジェクト「疾走プレイリスト」を通じ、フルマラソンを走るための専用プレイリスト 2016年春特別編「フルマラソンによりそう音楽」 を発表した。

【その他の画像】くるり

本プレイリストは、2015年12月にAWAと雑誌『走るひと』が立ち上げたプロジェクト「疾走プレイリスト」が発表したもので、John Barry Orchestraによる007「James Bond Theme」をはじめ、Coldplay「Viva La Vida」や、QUEENの「We Are The Champions(Remastered 2011)」、くるりの「ワンダーフォーゲル」や、ウルフルズ「サムライソウル」など、全68曲(5時間14分)から構成されている。

プレイリストの制作メンバーとして、音楽ジャーナリストの鹿野淳さん、モデル・女優の高山都さん、モデル・タレントの三原勇希さん、ロックバンドBIGMAMAのメンバー金井政人さん、雑誌『走るひと』の編集長上田唯人さんら5名が参加。フルマラソンを4つの区間に分け、1区「走りだしたくなる曲」、2区「ランの楽しみを深めてくれる曲」、3区「強く背中を押してくれる曲」、4区「走れなくなったときの曲」をテーマに、区間ごとに選曲と並び替えを重ね、フルマラソン42.195kmを駆け抜けるための最適なプレイリストとして作成された。

【関連リンク】
AWA オフィシャルHP
【音楽ランキング】YouTube再生回数大爆発!「PERFECT HUMAN」が1位獲得。
BUMP OF CHICKEN、最新アルバム『Butterflies』の全曲配信スタート
ハイレゾ音源配信サイト『VICTOR STUDIO HD-Music.』が「HD-Music.2周年大感謝祭」を実施

【関連アーティスト】
くるり, Coldplay, ウルフルズ
【ジャンル】
音楽配信

清春、3年ぶりとなるニューアルバムの全貌がついに解禁
Fri, 26 Feb 2016 19:00:00 +0900
アルバム『SOLOIST』【初回限定盤】(CD+DVD) (okmusic UP\'s)

3月30日にリリースされる清春の3年ぶりとなるニューアルバム『SOLOIST』。この度、そのアルバムの全貌がついに明らかとなった。

【その他の画像】清春

今作の初回限定盤には、なんと清春作品史上最多となる9曲のミュージックビデオで構成された映像作品を収録。映像監督の今井俊彦氏が全編監修し、「ナザリー」「夢心地メロディ」「ロラ」「瑠璃色」、そしてリード曲「MOMENT」のミュージックビデオフルバージョンに加え、「DIARY」「メゾピアノ」などライブ人気楽曲も映像化され、毎年アーティストとして進化を続ける清春の魅力を余すことなく楽しむことが出来る。

更に、リード曲「MOMENT」の先行配信がiTunes限定でスタート。昨年末に『SOLOIST』収録曲のラフミックス音源を期間限定公開し、「早く完成した曲を聴きたい!」との声が多数寄せられた中で、リード曲をいち早く手に入れるチャンスだ。iTunes storeではアルバム『SOLOIST』のプレオーダーを受付中。予約受付が完了すると、この「MOMNET」に加え「ナザリー」「EDEN」の計3曲がその場でダウンロードされる。また、「MOMENT」のミュージックビデオも近日公開が予定されており、こちらも待ち遠しい。

ニューアルバム『SOLOIST』リリースまで約1か月となり、更なる加速を感じさせる清春から今後も目が離せない!

■iTunes store
https://itunes.apple.com/jp/album/id1068762112?app=itunes&at=10l6Y8

■アルバム『SOLOIST』

2016年3月30日発売
【通常盤】(CD ONLY)
WPCL-12327/¥3,240(税込)
※『SOLOIST』リリースイベント握手会参加券封入(初回プレス分限定)
【初回限定盤】(CD+DVD)
WPZL-31150/51/¥4,860(税込)
※デジパック仕様・全32Pブックレット付き
※『SOLOIST』リリースイベント握手会参加券封入(初回プレス分限定)
<収録曲>
■CD ※通常盤、初回限定盤共通
1. ナザリー
2. 夢心地メロディー
3. EDEN
4. DIARY
5. ロラ
6. 瑠璃色
7. FUGITIVE
8. MELLOW
9. MOMENT
10. QUIET LIFE
11. 海岸線
12. メゾピアノ
13. 麗しき日々よ
■DVD ※初回限定盤のみ
「SOLOIST special film」
1. 海岸線 Music Video Spot
2. ロラ Music Video -Full Version-
3. EDEN Music Video Spot
4. ナザリー Music Video -Full Version-
5. DIARY Music Video Spot
6. MOMENT Music Video -Full Version-
7. 夢心地メロディー Music Video -Full Version-
8. 瑠璃色 Music VIdeo -Full Version-
9. メゾピアノ Music VIdeo Spot

■「TOUR 天使の詩 2015『21』」

2月26日(金) 水戸LIGHT HOUSE
2月27日(土) 水戸LIGHT HOUSE
3月05日(土) 金沢EIGHT HALL
3月11日(金) 渋谷CLUB QUATTRO ※FC ONLY
3月13日(日) 高崎club FLEEZ
3月18日(金) 松山サロンキティ
3月20日(日) 福岡DRUM LOGOS
※終了分は割愛

【関連リンク】
清春 オフィシャルHP
『Drug TReatment』を携えて黒夢は羽ばたき、夢を飛び越えた
清春、大阪なんばHatchにてカウントダウンライヴを開催
清春、ニューアルバム完成を前に3年ぶりのソロツアーがスタート

【関連アーティスト】
清春
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル

アメリカ西海岸から南部サウンドを発信し続けたCCRの代表作、全米No. 1に輝いた『コスモズ・ファクトリー』
Fri, 26 Feb 2016 18:00:00 +0900
Creedence Clearwater Revival『Cosmo\'s Factory』のジャケット写真 (okmusic UP\'s)

彼らの大ヒット「雨を見たかい」(6thアルバム『ペンデュラム』に収録)は、アメリカ人でなくとも、世代を問わず耳にしたことがあると思う。1970年にリリースされてから現在まで、彼らの曲の中ではもっとも愛されてきた曲のひとつだ。日本では、すでに忘れられてしまった感が否めないが、クリーデンスには多くのヒット曲はもちろん、優れたアルバムが少なくない。特にシングルヒット6曲(当時は珍しい、両面がA面扱いであった)を含む彼らの5th アルバムとなる本作は、全米1位を獲得、のちのパンクロッカーたちにも大きな影響を与えた傑作である。

■60年代後半におけるアメリカ西部のロック

言うまでもなく、アメリカは広い。それだけに、場所が変われば言葉のイントネーションや音楽もかなり違ったものになる。日本でも沖縄発祥の琉球音楽、青森の津軽三味線、南大阪の河内音頭など、地域によって独特の音楽や文化がある。日本程度の大きさでも言葉が通じなかったりするのだから、広い北アメリカでは尚更で、大きい境界線を引くだけでは意味をなさないが、便宜上ここでは、西部と南部という区切りで音楽について説明する。

アメリカ西海岸(カリフォルニアのサンフランシスコやロスアンジェルスを指す)は文字通り西部で、60年代後半からヒッピーが登場し、“ラブ&ピース”を合言葉に、ベトナム戦争反対を唱えコミューン(1)を作っていた。また、マリファナやLSDを使用しながらコンサートにも参加、その頃はグレイトフル・デッド、ジェファーソン・エアプレイン、イッツ・ア・ビューティフルデイ、モビー・グレープらに代表されるサイケデリックロック(2)に人気が集まっていた。サイケデリックロックは、サウンド的にはゆったりしたリズムで、1曲あたりの時間が長いといった特徴を持つ。これは音楽の特徴というよりは、当時流行していたLSDやマリファナでトリップするための、補助的役割とみなすほうが妥当かもしれない。スタンリー・キューブリック監督の映画『2001年宇宙の旅』(‘68)をご覧になった方はご存知だと思うが、後半部分に色彩が飛び回るサイケなシーンが延々と続くのだが、その部分もトリップ用だと言われている。この映画、僕は高校生になって初めて観たのだが、このシーンは当時意味不明で、頭が痛くなったことはしっかり覚えている。

■60年代後半におけるアメリカ南部のロック

60年代後半の南部(ジョージア、フロリダ、ルイジアナ、テネシーなど)には、ほぼヒッピーはいなかったと言っても過言ではないだろう。保守的なこの地域では、ブルースやカントリーの根強いファンがおり、若者が長髪にジーンズといった格好をしているだけで嫌な顔をする大人が少なくなかった時代である。69年に公開されたデニス・ホッパー監督の映画『イージー・ライダー』では、カリフォルニア(西部)からルイジアナ(南部)まで、バイクで旅をするヒッピーが描かれているが、開放的な西部と保守的な南部の生きざまの、あまりにも大きな違いをため息まじりに描いた作品である。このあたりを押さえておかないと、この映画を観ても少しも理解できないまま終わってしまうかもしれない。

当時、南部のロックで注目を集めていたのは、オールマン・ブラザーズ・バンドや、トニー・ジョー・ホワイト、チャーリー・ダニエルズらであった。中でももっとも強力なオールマン・ブラザーズのサウンドは、ブルースやカントリーを混ぜ込んだハードなロックで、のちにデレク・アンド・ザ・ドミノスでクラプトンと共演することになるデュエイン・オールマンが在籍、サザンロック(3)というジャンルを生むほど独創的なサウンドを持っていた。余談だがオールマンの『ライヴ・アット・フィルモア・イースト』(‘71)はロック史の中で1、2を争うライヴ盤の名作だ。

■西部と南部の違いとは…

強引にまとめると、西部ではゆったりした開放的なポップさが好まれ、南部では泥臭いルーツ指向のマニアックな音楽が盛んであったと言える。実はこの感覚、西部と南部の音楽性の違いとして今でも通用するほどだ。面白いのは、そういった指向の違いによって、ロックグループの多くが西部(西海岸)に向かったり、南部に向かったりしながら、自分たちの音楽を構築していったこと。日本のように「売れるためには東京に行くしかない」という狭い了見でないところが大陸的というか不器用というか、僕としては好ましいと思う。

■西海岸で南部サウンドを目指したCCR

クリーデンス・クリアウォーター・リヴァイヴァルは、リード・ヴォーカル&ギターのジョン・フォガティを中心に、カリフォルニアで結成された4人組。デビュー盤のリリースは1968年。先ほどの方程式に当てはめると、西海岸出身で68年にデビューなので、彼らもLSDでトリップしながらのサイケデリックロックのはずである…。ところが、彼らのサウンドはなぜか南部っぽさを感じさせるアーシーなロックであった。デビュー盤の『クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル』から最後の『ライヴ・イン・ヨーロッパ』まで、どのアルバムも50年代のロックンロールやR&B、カントリーなどのテイストに満ちている。時にはその時代の大ヒット曲をカバーするなど、彼らが影響されたミュージシャンが手に取るように分かる、ある意味では懐古趣味的なサウンドで勝負していたところもあった。

しかし、彼らが単なる懐古趣味のグループで終わらなかったのは、ジョン・フォガティの卓越したヴォーカルと、それに加えて彼のソングライティングのセンスが際立っていたからである。一見、懐かしのメロディーを演奏するように見えて、その実、もっとも“新しいかたちのロック”(同時代に登場した多くのサイケデリックロックのグループよりも)を提示していたのだ。

彼らがデビューしてしばらくあとに、レオン・ラッセル、ニッティ・グリッティ・ダート・バンド、デラニー・アンド・ボニーらに代表される、スワンプ・ロック(南部テイストのロック)のミュージシャンたちが相次いで人気を獲得していくが、その先鋒的な役割を果たしたのがCCRなのである。イギリスでも、エリック・クラプトンやローリング・ストーンズ、ロッド・スチュアートらがスワンプロックのアルバムをリリースしているぐらいだから、CCRが果たした役割は相当大きいものであったと言えよう。

■『コスモズ・ファクトリー』の収録曲

僕が中学生の頃、ロックファンなら誰もが最低でもCCRのシングル盤を1枚は持っていた。それだけでも、日本での彼らの人気ぶりが分かると思うが、時代に媚びなかった分、何年経ってもサウンドが古くならないところが彼らの大きな魅力である。

本作から大ヒットしたのは「Travelin\' Band」(最高5位)「Up Around The Bend」(最高2位)「Lookin\' Out My Back Door」(最高1位)で、カップリングの「Who\'ll Stop The Rain」「Run Through The Jungle」「Long As I Can See The Light」もヒット。アルバム収録曲は全11曲で、うちカバーが3曲(「Before You Accuse Me」「My Baby Left Me」「I Heard It Through The Grapevine」)なので、オリジナルの8曲中、6曲がヒットしたことになる。

こう書くと、シングル曲の寄せ集めみたいなアルバムのように思われるかもしれないが、そうではない。アルバムとしての出来栄えは極めて良く、それが証拠に本作は全米1位(彼らにとって2回目)を獲得しているのだ。それにしても、どの楽曲もレベルが高く、僕は個人的には1曲目の7分以上に及ぶ「Ramble Tamble」が好きだ。ロカビリー(4)やロックンロールをベースにしつつも、ちゃんと70年代ロックを構築しているところが、他の同時代のグループには見られない特徴(唯一、ザ・バンドとは類似性がある)で、そこが彼らの魅力なのである。

このあと、6thアルバム『ペンデュラム』をリリースするも、多忙の中でバンド内の人間関係が上手くいかず、ジョンの兄でギタリストのトム・フォガティが脱退。そしてトリオとなって最後のアルバムである『マルディグラ』をリリースした後に解散、2度と全米1位を獲得することはできなかった。彼らのCCRとしての活動は3年半程度の短いものであったが、ロック史上に残る名グループであったことは間違いない。

(1) コミューン
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%B3


(2) サイケデリック・ロック
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%B1%E3%83%87%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF


(3) サザン・ロック
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%82%B6%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF


(4) ロカビリー
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%82%AB%E3%83%93%E3%83%AA%E3%83%BC

【関連アーティスト】
Creedence Clearwater Revival
【ジャンル】


『SUMMER CAMP 2016』第1弾出演アーティストにKEMURI、SHANK等の8組が決定
Fri, 26 Feb 2016 18:00:00 +0900
「SUMMER CAMP 2016」ロゴ (okmusic UP\'s)

5月14日(土)にお台場の野外特設会場で開催されるパンク・ラウド系ロックイベント『SUMMER CAMP』の出演アーティスト第1弾が発表された。

【その他の画像】KEMURI

今回発表されたのはbacho、HAWAIIAN6、KEMURI、My Hair is Bad、OVER ARM THROW、SHANK、STOMPIN\' BIRD、VVORLDの計8組。2015年よりもより幅の広いラインナップが発表となり、今後の出演アーティストの発表も気になるところ。チケットの第2次先行も始まったとの事なので、早めにチケットをおさえた方が良さそうだ。

今イベントは2000年から毎夏7年間、東京、名古屋、大阪、福岡のライブホールやライブハウスをツアー・イベントとしておこなっていた伝説のイベント。まだ、『夏フェス』という言葉もまだ定着していなかったような1990年代後半に当時20代前半の少年3人がイベント業者を通さずに開催、個人で出来るイベント規模の限界に挑戦したのがきっかけで始まったとのこと。初年度は渋谷ON AIR EAST(現O-EAST)、翌年には東京・大阪・名古屋の3大都市でのツアー・イベントに進化し、3回目の開催で東京・名古屋・大阪・福岡の4大都市での開催まで拡大して行なった。当時、マキシマム ザ ホルモン、10-FEET、ROTTENGRAFFTY、dustbox、175R、HAWAIIAN6等のアーティストが参加しライヴ・ホールでの開催にも関わらずフェス並みの豪華ラインナップでロック・キッズたちのなかではカリスマ的イベントとなり、2013年に川崎クラブ・チッタで復活し、3日間の全てがソールド・アウトとなった。また2015年は10回目という節目の開催で初の野外での開催を決行し、見事ソールド・アウトを果たしたが、今年はどの様な内容になるのか期待が高まるところだ。

■『SUMMER CAMP 2016』

5月14日(土) お台場野外特設会場  
OPEN 8:00 / START 10:00
<出演>
bacho, HAWAIIAN6, KEMURI, My Hair is Bad, OVER ARM THROW,SHANK, STOMPIN\' BIRD,VVORLD
<チケット>
料金:前売り ¥5,400(税込)※チャージ別
当日券:未定 
座席形態:オールスタンディング
入場整理番号:なし
入場形態:出入り自由
ドリンク代:あり
<オフィシャル2次先行>
■ぴあ/先着
受付期間:2月26日(金)正午12:00〜3月9日(水)23:59     
※お1人様4枚 前売 ¥5,400  
http://w.pia.jp/t/samacan/

【関連リンク】
『SUMMER CAMP 2016』オフィシャルHP
04 Limited Sazabys主催『YON FES 2016』、第3弾出演アーティスト&日割りを発表
04 Limited Sazabys主催野外フェスの出演アーティスト第2弾はキュウソ、KEYTALKら6組
04 Limited Sazabys主催『YON FES 2016』、第1弾出演アーティストを発表

【関連アーティスト】
KEMURI, HAWAIIAN6, STOMPIN\' BIRD, OVER ARM THROW, SHANK, bacho, My Hair is Bad, VVORLD
【ジャンル】
ジャパニーズロック, パンク/ハードコア, イベント

【連載コラム】稚菜、高橋真梨子の「桃色吐息」をカバー
Fri, 26 Feb 2016 18:00:00 +0900
稚菜 (okmusic UP\'s)

マンスリーワンマンライブが終わってから明日でちょうど一ヶ月になる。
もう一ヶ月。
本当にあっという間でした。
まるでついこの間歌っていた気分。
そう考えると、一日一日って本当に早いんだなって思う。


マンスリーワンマンライブがなくなると途端にどうしていいか分からなくなる。
今月に入ってから、久しぶりにライブハウスだったりインストアライブとしてショッピングモールに歌いに行った。
あぁそういえばこんな感じだったなぁ、なんて懐かしい感覚に捕われながらもやっぱりまだ少し違和感が残っている。
一番厄介なのは、時間配分だ。
ワンマンライブでは自分しかいないので、正直全く時間を気にせず歌いたいだけ歌わせてもらって、喋りたいだけ喋らせてもらって来た。
けれど今は時間が決まっている。
…今月一発目のライブでは感覚が分からず、大幅に時間を取ってしまった事を今ここでお詫び致します。
…ごめんなさい。苦笑
少しずつ感覚を取り戻しながら歌っていきたいと思います。

さて、そんなこんなで2016年の1/6が終わろうとしている。
私の中でいつも2月が過ぎればもう一年は終わったかの様な気持ちになります。
それは早いだろ。笑…と思われるかもしれませんが、割とここから過ぎていく月日の方がもっと早い気がするんです。
あっという間に春が来て、気が付いたら夏になっていて。
そうして涼しい秋の季節が来てもう年末だねー、なんて話をしていたら冬はすぐそこ。
この最初のスタートをどう切るかによって2016年って決まって来ると思うんです。
だらけていたら、だらけたままあっという間に一年が過ぎ去る。
そうならない為、2016年最初の1/3の時期は一番大切な時期。
だからといって今、事を急いでスタートする、とかではなく後半しっかりやる為の準備段階、というところですね。
私もこの一年、公私ともにもっともっと面白い事楽しい事が出来る様にしっかり準備していきたいと思います。
是非楽しみにしていて下さい。

さてさて、今日の一曲は。
高橋真梨子さんの「桃色吐息」。
これもまた名曲中の名曲。
知らない人はいないんじゃないかと思います。
私はもちろん生まれていない頃の曲ですが物心ついた頃から既に知っていました。
桃色吐息という言葉の表現、使い方が凄く独特で面白いなって思った曲です。
勉強になりますね。
是非聴いてみて下さい。

今週はここまで。それでは。
https://www.youtube.com/watch?v=XuXuYTH_LU0

【関連アーティスト】
高橋真梨子, 稚菜
【ジャンル】


amazarashi、最新MVで話題の『世界収束エンディングノート』を限定1,000部で発売
Fri, 26 Feb 2016 17:00:00 +0900
『世界収束エンディングノート』 (okmusic UP\'s)

amazarashiが2月28日より最新曲「エンディングテーマ」のミュージックビデオでも登場したオリジナルエンディングノート『世界収束エンディングノート』の販売を開始する。

【その他の画像】amazarashi

エンディングノートとは、「終活」という自分の人生の締めくくり方を考える新しいアクションの一環で生まれた、自分の人生を振り返り、後事を託すためのノート。今回、amazarashiは「死」を目前に綴るこのノートにインスパイアされ、オリジナルのエンディングノートを作成。その内容は、「死」を意識し、人生を顧みることで、逆に「生」への渇望に気づかせ、生きていくチカラを人々に与えるものになっている。

このオリジナルエンディングノートはネット上でも「泣けるMV」として話題になっている最新ミュージックビデオ「エンディングテーマ」に登場したノートで、MVの中では秋田ひろむ本人や、漫画家・石田スイ氏、SF作家宮内悠介氏らの回答が一部使用されている。

また『世界収束エンディングノート』は2冊1組になっており、1冊は空欄のある通常のエンディングノート。もう1冊は秋田ひろむが実際に回答した内容を印刷した書き下ろしの「記入済みノート」となっており、2月28日にZepp東京で行なわれるamazarashi 5th anniversary Live Tour 2016 「世界分岐二〇一六」の会場をはじめ、各ライブ会場とオフィシャルサイト、および都内の一部書店のみでの発売を予定している。

さらにこの『世界収束エンディングノート』の発売を記念して、最新MV「エンディングテーマ」に使用された9つの項目に対する石田スイ氏、宮内悠介氏をはじめとする出演者の回答(抜粋)がamazarashiのオフィシャルHPにて期間限定で公開されているので、こちらもチェックしよう。

■「エンディングテーマ」MV
https://youtu.be/pHGnrG_PrCU

■『世界収束エンディングノート』

2016年2月28日より発売開始
¥3,200
※A4サイズ/60ページ/2冊組/オリジナルスリーブ付き/限定1,000部
※秋田ひろむ完全書き下ろしの"記入済みノート"同梱
<内容>
自らの「死」を意識することで、「生」への渇望を知るノート。「エンディングテーマ」を中心としたamazarashiの楽曲の歌詞に合わせて、項目が構成され、ページをめくるごとに、自分の人生を再認識することができる内容。一部の項目は最新MV「エンディングテーマ」にも実際に使用されている。

【関連リンク】
amazarashi オフィシャルHP
amazarashi、新曲「エンディングテーマ」MV解禁
amazarashi秋田ひろむ、文芸誌から熱烈オファー受け初寄稿! 地元・青森を謳った詩とは?
amazarashi、アルバムトレーラー&書き下ろし小説の第1章を公開

【関連アーティスト】
amazarashi
【ジャンル】
ジャパニーズロック

レーベル設立5周年を記念して結成されたunBORDE all starsの新曲MVがついに公開
Fri, 26 Feb 2016 16:00:00 +0900
「Feel」MV キャプチャ (okmusic UP\'s)

“時代感"と“エッジ"のある“ONE & ONLY"なアーティストを、日本のみならず海外にも発信していくことを目指し、2010年12月21日にワーナーミュージック・ジャパン内で発足したレーベル「unBORDE」。そのレーベル設立5周年記念企画として緊急結成されたunBORDE all starsによる新曲「Feel」のミュージックビデオが公開された。

【その他の画像】androp

「unBORDE all stars」への参加アーティストは、アカシック、androp、indigo la End、CAPSULE、きゃりーぱみゅぱみゅ、ゲスの極み乙女。、神聖かまってちゃん、高橋優、チームしゃちほこ、tofubeats、パスピエ、RIP SLYMEといった、国内外で注目を集めるカッティングエッジなアーティスト全12組。日本のメジャーレーベルとして10組以上のアーティストが参加し、CDリリースを行なうのは史上初の試みとなる。レーベル名の「unBORDE」(スペイン語で「境界線」の意味)の由来の通り、音楽シーンの活性化のために音楽性や所属事務所など様々な「境界線」を乗り越えて、音楽が本来持つポジティブなパワーをアーティスト同士が共に発信していこうという、レーベルヘッドである鈴木竜馬の呼びかけによりこのユニットは実現した。

unBORDE all starsによる新曲「Feel」の作曲・編曲は、きゃりーぱみゅぱみゅやPerfumeなどの楽曲プロデュースを手掛けるなど国内外で評価の高い音楽プロデューサー/DJである中田ヤスタカ(CAPSULE)が、そして作詞は日本を代表するHIP HOPグループ・RIP SLYMEのPESが手掛けた。初のスペシャルコラボレーションによる、貴重な打ち合わせシーンも必見である。

レコーディングのシーンは、実際に3日間にわたり都内のレコーディングスタジオで行なわれたボーカル録りと並行して撮影された。年始の多忙なスケジュールの合間をぬって総勢41名が集結、奇跡の競演がカメラに収められている。撮影は早朝から深夜にかけて行なわれ、リアルタイムで進んでいくレコーディングを3日間追いかけた貴重な映像となっている。普段は国内外の一線で活躍するアーティストたちが、1曲を共にレコーディングするのは、彼らにとっても初めての音楽体験。各アーティストのメインボーカルのみならず、グループ全員での歌唱も録音され、ボーカルのトラック数だけでも70以上と前代未聞の豪華なサウンドに。「Feel」が41人の声によってHAPPYに歌い繋がれていく様を是非ご覧いただきたい。なおTOKYOシーンでは、unBORDE設立5周年プロジェクトのパートナーである「コカ・コーラ」の、7年ぶりに一新された新グローバルキャンペーン「TASTE THE FEELING」のテーマにインスパイアされた、「なにげない日常の中でも、ふとした瞬間をきっかけに特別に感じることができる」という楽曲メッセージが、都内近郊で撮影された複数のシーンで展開されていく。さらに、全世界111カ国にて「Feel」の先行配信が順次スタート。国内でもiTunesやレコチョク他でダウンロードできるので、是非チェックしよう。

また、3月9日にリリースされる『Feel + unBORDE GREATEST HITS』の初回プレス分封入特典も発表された。4月10日に幕張メッセイベントホールにて開催される、所属アーティストが一堂に会する大規模なレーベル主催フェス『Coca-Cola presents unBORDE 5th Anniversay Fes 2016』へ行ける「GOLD TICKET」、もしくは応募抽選に参加できる「SILVER TICKET」がランダム封入される。初回プレス分のみなので、早めに予約してほしい!

■「Feel」先行配信ページ
・iTunes
https://itunes.apple.com/jp/album/feel-single/id1081898614?app=itunes&at=10l6Y8&ls=1
・レコチョク
http://recochoku.com/w0/unbordefeel/

■「Feel」MV
https://www.youtube.com/watch?v=yvBS6crUkB8

■『Coca-Cola presents unBORDE 5th Anniversary Fes 2016』

4月10日(日)  幕張メッセ イベントホール
開演 12:00(20:30終演予定)
<出演予定アーティスト>
アカシック、androp、indigo la End、CAPSULE、きゃりーぱみゅぱみゅ、ゲスの極み乙女。神聖かまってちゃん、高橋優、チームしゃちほこ、天才バンド(new!!)、tofubeats、パスピエ、livetune+(new!!)、RIP SLYME (50音順) …and more!!

■コカ?コーラ 公式ブランドサイト
http://www.cocacola.jp

【関連リンク】
unBORDE 5th Anniversary SPECIAL SITE
人気イベント『ASOBINITE!!!』でCAPSULEと小室哲哉の夢の初共演が実現
映画『珍遊記』、捧腹絶倒シーン満載の本編冒頭6分間の映像が公開
カラオケがさらに盛り上がること間違いなし!映像を楽しめる男性アーティストのミュージックビデオ5選

【関連アーティスト】
androp, きゃりーぱみゅぱみゅ, 神聖かまってちゃん, RIP SLYME, CAPSULE, 高橋優, indigo la End, パスピエ, tofubeats, チームしゃちほこ, ゲスの極み乙女。, アカシック
【ジャンル】
J-POP, ジャパニーズロック

BABYMETAL、待望のアルバムプレオーダー&ティザー映像の公開がスタート
Fri, 26 Feb 2016 15:00:00 +0900
アルバム『METAL RESISTANCE』【初回生産限定盤】(CD+DVD) (okmusic UP\'s)

BABYMETALが4月1日に世界同時発売するニューアルバム『METAL RESISTANCE』のアルバムプレオーダー、新曲「KARATE」の先行ダウンロードがiTunesにてスタートした。それに伴い、ティザー動画がオフィシャルYouTubeにて公開された。

【その他の画像】BABYMETAL

先日詳細が発表されたニューアルバムは数曲のライブ披露済みの楽曲の他は全て新曲が収録されている。今回先行ダウンロードが開始された「KARATE」は“セイヤ ソイヤ"というかけ声と空手の型のような振り付けや、サビのメロディーと歌詞のエモーショナルさが印象的な楽曲で、昨年の横浜アリーナで初披露されたもの。ティザー動画でも「KARATE」が起用されており、今後MVも公開される予定となっている。

今作は楽曲制作の中では様々な挑戦をしており、海外盤限定収録の「THE ONE ? English ver. -」や「From Dusk Till Dawn」では初めて全編英語詞にトライしている。また前作に引き続きソロ&ユニット曲も収録。SU-METAL による「Amore ? 蒼星 ? 」、「NO RAIN, NO RAINBOW」、YUIMETALとMOAMETAL による「GJ!」(WEB会員限定盤ではバージョン違いの「GJ!? ご褒美編 ?」を収録)と「Sis. Anger」を収録。昨年、横浜アリーナ公演で「KARATE」同様に初披露された「THE ONE」は3種全て異なるバージョンが収録されており、日本盤では「THE ONE」、海外盤では全編英語詞で歌われる「THE ONE ? English ver. - 」、WEB会員限定盤ではピアノアレンジによる「THE ONE ? Unfinished ver. - 」がそれぞれ収録されている。

BABYMETALは4月2日(土)に日本人初となるイギリス・ウェンブリーアリーナでのワンマンライブを皮切りに「BABYMETAL WORLD TOUR 2016」をスタートさせ、ファイナル公演として東京ドームでの公演も決定している。詳細は後日発表とのことなので、続報を楽しみに待とう。

■iTunes
https://itunes.apple.com/jp/album//id1083834486?app=itunes&ls=1

■アルバム『METAL RESISTANCE』SPOT
https://youtu.be/7grclWcpp50

■アルバム『METAL RESISTANCE』

2016年4月1日(金)発売
【JAPAN EDITION】
■初回生産限定盤(CD+DVD)
TFCC-86545/¥3,241+税
■通常盤(CD)
TFCC-86546/¥2,315+税
<収録曲>
■CD ※通常盤・初回生産限定盤共通
1. Road of Resistance
2. KARATE
3. あわだまフィーバー
4. ヤバッ!
5. Amore - 蒼星 -
6. META!メタ太郎
7. シンコペーション
8. GJ!
9. Sis. Anger
10. NO RAIN, NO RAINBOW
11. Tales of The Destinies
12. THE ONE
■DVD ※初回生産限定盤のみ
「TOKYO METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2015 (2015.5.24)」
1. メギツネ
2. いいね!
3. Catch me if you can
4. ヘドバンギャー!!
5. Road of Resistance
6. ギミチョコ!!
7. イジメ、ダメ、ゼッタイ

【THE ONE LIMITED EDITION】
■「METAL RESISTANCE - THE ONE LIMITED EDITION -」(CD+BD)
ONEC-0002/¥10,000+税
<収録内容>
■CD
「METAL RESISTANCE - THE ONE LIMITED EDITION -」
■Blu-ray
「APOCRYPHA - THE BLACK MASS - (2015.4.23) / APOCRYPHA - THE RED MASS - (2015.4.24)」
■豪華パッケージ
※本商品はWEB会員「THE ONE」ご登録の方のみが購入戴けます。
<収録曲>
1. Road of Resistance
2. KARATE
3. あわだまフィーバー
4. ヤバッ!
5. Amore - 蒼星 -
6. META!メタ太郎
7. シンコペーション
8. GJ!- ご褒美編 -
9. Sis. Anger
10. NO RAIN, NO RAINBOW
11. Tales of The Destinies
12. THE ONE - Unfinished ver. -
■Blu-ray
「APOCRYPHA - THE BLACK MASS - (2015.4.23)」
1. Road of Resistance
2. ウ・キ・ウ・キ★ミッドナイト
3. あわだまフィーバー
4. Catch me if you can
5. 悪夢の輪舞曲
6. おねだり大作戦
7. メギツネ
8. いいね!
9. ヘドバンギャー!!
10. イジメ、ダメ、ゼッタイ
「APOCRYPHA - THE RED MASS - (2015.4.24)」
1. メギツネ
2. ド・キ・ド・キ☆モーニング
3. いいね!
4. 紅月 - アカツキ -
5. 4の歌
6. Catch me if you can
7. ヘドバンギャー!!
8. イジメ、ダメ、ゼッタイ
9. ギミチョコ!!
10. Road of Resistance

【OUT OF JAPAN EDITION】※海外盤
<収録曲>
1. Road of Resistance
2. KARATE
3. Awadama Fever
4. YAVA!
5. Amore
6. Meta Taro
7. From Dusk Till Dawn
8. GJ!
9. Sis. Anger
10. No Rain, No Rainbow
11. Tales of The Destinies
12. THE ONE - English ver. -

《通常盤(初回生産分)封入特典》
「BABYMETALスクラッチカード」
スクラッチカードを削り、「アタリDEATH!!」が出たら「BABYMETALメラミンプレート(スタンド付)」がもらえるビッグ・チャンス! 詳しくは、封入されている「BABYMETALスクラッチカード」文面をご覧ください。
※応募締切:2016年5月31日(当日消印有効)

【関連リンク】
BABYMETAL オフィシャルHP
BABYMETAL、シカゴで開催されるフェス「CHICAGO OPEN AIR」に出演決定
平成の新定番はこれだ!今こそ聴きたいバレンタインソング5選
川谷絵音(indigo la End/ゲスの極み乙女。)が音楽シーンについて語る「既存のチャートのランキングはもう信用ならなくなってきてる」

【関連アーティスト】
BABYMETAL
【ジャンル】
ジャパニーズロック, 女性アイドル, メタル

『GEORGE FEST』発売に寄せ、漫画家本秀康氏のイラスト&コメント公開
Fri, 26 Feb 2016 14:00:00 +0900
本秀康氏イラスト・ステッカー画像 (okmusic UP\'s)

2月25日はビートルズのジョージ・ハリスンの誕生日。2001年11月29日に亡くなってから15年の月日が流れているが、生きていれば73回目の誕生日を迎えるはずだった。そして、2016年2月26日、いよいよ『George Fest:ジョージ・ハリスン・トリビュート・コンサート』がリリースとなる。


【その他の画像】The Beatless

ジョージ・ハリスンの大ファンのイラストレーター/漫画家の本秀康さんが本作品に寄せたコメントは次の通り。

「ダニー・ハリスン渾身の親孝行!天国のジョージも楽しんだはずです」(本秀康)

このコメント入りのかわいいジョージのイラスト・ステッカーが日本盤には添付されている。

音楽界屈指のビッグ・ネームが一同に会し、2014年に開催されたジョージ・ハリスンのトリビュート・コンサート『GEORGE FEST』であるが 、この日の主役はジョージの一人息子ダニー・ハリスンだろう。

ジョージの91年の日本公演(当時13歳)や2002年の一周忌公演「コンサート・フォー・ジョージ」(同じく24歳)でもステージに立ったダニー。今回の『GEORGE FEST』時は36歳だったが、ダニーが生まれた時の父親の年齢になっている。今作でのダニーの「サボイ・トラッフル」や「レット・イット・ダウン」でのパフォーマンスやコンサートを仕切るプロデューサーとしての姿は、まだ幼さが残っていた2002年の時とは全く異なり、堂々としたものである。歌っている時の表情や声も含めて誰もが父親の面影とだぶってしまうことだろう。『ジョージ・フェスト』での立派に成長した息子の勇姿を、天国のジョージもきっと喜んでいるはずである。

また、『GEORGE FEST』の日本語字幕付きトレイラー映像を含むスペシャルサイトも公開されたのでそちらもチェックしてみよう。

■『GEORGE FEST』日本公式サイト
http://www.sonymusic.co.jp/georgefest
■日本語字幕付きGeorge Fest Official Trailer
https://business.facebook.com/legacyjp/videos/vb.166097603486503/936206299808959/?type=2&theater

2014年9月28日、ロサンゼルスのフォンダ・シアターで収録が行われたトリビュート・ライヴ『ジョージ・フェスト』は“ジョージ・ハリスンの音楽を祝う夕べ"という副題のとおり、ビートルズ時代からソロ、トラヴェリング・ウィルベリーズへと至るジョージ・ハリスンの名曲の数々をジョージを敬愛するアーティスト達がカヴァー。息子ダニー・ハリスンとともに、ザ・ビーチ・ボーイズのブライアン・ウィルソン、ノラ・ジョーンズ、ベン・ハーパー、HEARTのアン・ウィルソン、KILLERSのブランドン・フラワーズ、JANES ADDICTIONのペリー・ファレル、THE STROKESのニック・ヴァレンシ、アル・ヤンコヴィック、ウィ―ザ―やウィルコのメンバー他豪華アーティストが参加した。DVD、BDにはコンサート映像に加え、ハリスン家所有のジョージ・ハリスンの貴重な映像も挿入されている。バックステージやリハーサル中のミュージシャン達が、ジョージ・ハリスンから受けた影響について語るインタビュー映像も収録される。日本にとって2016年は、ビートルズ来日(1966年)から50周年、ジョージ・ハリスンが最初で最後の来日公演(1991年)を行なってから25周年、そしてジョージが亡くなってから(2001年)15年目となる節目の年でもある。

『GEORGE FEST』からは、これまでにオールスター・キャストによる「ハンドル・ウィズ・ケア」と「ヒア・カムズ・ザ・サン」「アイ・ミー・マイン」「レット・イット・ダウン」の映像も公開されている。

■アルバム『George Fest:ジョージ・ハリスン・トリビュート・コンサート』

2016年2月26日発売
日本盤:高品質Blu-spec CD2仕様
【完全生産限定盤(2CD+BD)】
SICX-30028〜30/¥4500+税
【完全生産限定盤(2CD+DVD)】 
SICX-30031〜3/¥3800+税
【通常盤】(2CD)
SICX-30034〜5/¥2800+税 
【LP(輸入盤)】(3LP)  
【デジタル】
※2CDと同内容 27曲収録
<収録曲>
■ディスク 1
1. イントロダクション
2. オールド・ブラウン・シュー/コナン・オブライエン<TV「Conan」司会者)> (ビートルズ「ジョンとヨーコのバラード」B面収録曲)
3. アイ・ミー・マイン/ブリット・ダニエル<Spoon> (ビートルズ『レット・イット・ビー』収録曲)
4. サー・フランキー・クリスプのバラード/ジョナサン・ベイツ(feat.ダニー・ハリスン)(1970『オール・シングス・マスト・パス』収録曲)
5.サムシング /ノラ・ジョーンズ(ビートルズ『アビイ・ロード』収録曲)
6.セット・オン・ユー/ブランドン・フラワーズ<The Killers>(1987『クラウド・ナイン』収録曲)
7.イフ・ノット・フォー・ユー/ハートレス・バスターズ(1970『オール・シングス・マスト・パス』収録曲)
8. ビー・ヒア・ナウ/イアン・アストベリー<The Cult> (1971『リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド』収録曲)
9. ワー・ワー /ニック・ヴァレンシ<The Strokes>(1970『オール・シングス・マスト・パス』収録曲)
10.恋をするなら/ジェームスタウン・リヴァイヴァル(ビートルズ『ラバー・ソウル』収録曲)
11.アート・オブ・ダイイング/ブラック・レベル・モーターサイクル・クラブ (1970『オール・シングス・マスト・パス』収録曲)
12.サヴォイ・トラッフル /ダニー・ハリスン(ビートルズ『ホワイト・アルバム』収録曲)
13.フォー・ユー・ブルー/チェイズ・コール(feat.ブライアン・ベル<Weezer>)(ビートルズ『レット・イット・ビー』収録曲)
14.ビウェア・オブ・ダークネス /アン・ウィルソン<Heart> (1970『オール・シングス・マスト・パス』収録曲)
■ディスク2
1.レット・イット・ダウン /ダニー・ハリスン(1970『オール・シングス・マスト・パス』収録曲)
2.ギヴ・ミー・ラヴ /ベン・ハーパー(1971『リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド』収録曲)
3.ヒア・カムズ・ザ・サン /ペリー・ファレル<Janes Addiction>(ビートルズ『アビイ・ロード』収録曲)
4.美しき人生 /アル・ヤンコヴィック(1970『オール・シングス・マスト・パス』収録曲)
5.ビハインド・ザット・ロックト・ドア/ノラ・ジョーンズ(1970『オール・シングス・マスト・パス』収録曲)
6.マイ・スウィート・ロード/ブライアン・ウィルソン<The Beach Boys>(1970『オール・シングス・マスト・パス』収録曲)
7.イズント・イット・ア・ピティ/ザ・ブラック・ライダー(1970『オール・シングス・マスト・パス』収録曲)
8.エニィ・ロード /ブッチ・ウォーカー(2002『ブレインウォッシュド』収録曲)
9.アイド・ハヴ・ユー・エニイタイム-/カレン・エルソン(1970『オール・シングス・マスト・パス』収録曲)
10.タックス・マン/コールド・ウォー・キッズ(ビートルズ『リボルバー』収録曲)
11.イッツ・オール・トゥー・マッチ /ザ・フレーミング・リップス(ビートルズ『イエロー・サブマリン』収録曲)
12.ハンドル・ウィズ・ケア /ブランドン・フラワーズ、ブリット・ダニエル、ダニー・ハリスン、ジョナサン・ ベイツ、ウェイン・コイン、アル・ヤンコヴィック&All(トラヴェリング・ウィルベリーズ『Vol.1』収録曲)
13.オール・シングス・マスト・パス /アン・ウィルソン、ダニー・ハリスン、カレン・エルソン、 ノラ・ジョーンズ&All(1970『オール・シングス・マスト・パス』収録曲)

*( )内はオリジナル作品が収録されていたアルバムorシングル
*< >内はアーティストが所属するバンド名他

■「Handle With Care」Official Live Video
https://www.youtube.com/watch?v=xP1k_kpfyEo

【関連リンク】
“山形生まれ、アメリカ・ラスベガス育ち”のじぇにー。、進化を見せられる2ndミニアルバム発売決定
たかみなAKB卒業後初仕事!? 南キャン山ちゃんと“GirlsAward 2016 SPRING / SUMMER”のMC
SIA(シーア)、生田斗真主演「秘密 THE TOP SECRET」で初邦画主題歌、「るろ剣」の大友監督が熱烈オファー
ソナーポケット、リリース記念インストアイベントをららぽーと豊洲で開催

【関連アーティスト】
The Beatless, George Harrison
【ジャンル】
ロック/ブルース(洋楽)

リーガルリリー、高校卒業自主企画ライブ会場にてニューシングルを限定発売
Fri, 26 Feb 2016 13:00:00 +0900
『初日の出』 (okmusic UP\'s)

メンバー全員が高校生最後の日である3月31日(木)に下北沢THREEにて、高校卒業企画『初日の出』を開催する現役女子高生3ピースバンド、リーガルリリーが、公演当日にニューシングル「リカントロープ」を会場限定販売することが発表された。


【その他の画像】リーガルリリー

今作は昨年5月に会場限定発売した「ライカンスロープ」以来の新作となる。また、たかはしほのか(Vo.&Gt.)の弾き語りアルバム(タイトル未定・全4曲)も会場限定で発売予定。

さらにこのイベントは新たにグッバイフジヤマの出演が決定となり、自主企画の全出演者が公開された。

リーガルリリーは4月14日に開催されるバズマザーズとELECTRIC EEL SHOCKの2マンライブのオープニングアクトとして出演が決まっている他、5月には「Next Music from TOKYO vol.8」カナダツアーに参加することが決まっている。今年の活動に目が離せない彼女達の高校卒業企画のチケットは現在発売中!

■シングル「リカントロープ」

※ライブ会場限定発売
¥500
<収録曲>
1. スターノイズ
2.リッケンバッカー
3.こんにちは。

■『リーガルリリー高校卒業企画「初日の出」』

3月31日(木) 東京・下北沢THREE
リーガルリリー / ドミコ / グッバイフジヤマ
OPEN 18:30 START 19:00

【関連リンク】
リーカ?ルリリー オフィシャルHP
まるで映画!?イケメン俳優が出演したミュージックビデオ3選
aiko、シングル「もっと」のMVショートバージョン公開
木村カエラ、企画展「絹のみち―遊(あそび)―」で七変化!

【関連アーティスト】
リーガルリリー
【ジャンル】
J-POP

いきものがかり、各界の著名人からデビュー10周年を祝うメッセージが到着
Fri, 26 Feb 2016 12:00:00 +0900
アルバム『超いきものばかり〜てんねん記念メンバーズBESTセレクション〜』 (okmusic UP\'s)

3月15日(火)にデビュー10周年を迎え、同日にベストアルバム『超いきものばかり〜てんねん記念メンバーズBESTセレクション〜』をリリースする、いきものがかり。彼らのアニバーサリーを彩るように、現在WEB上で展開されているデビュー10周年記念の特設ページにて、“超"豪華なメッセージが公開された。

【その他の画像】いきものがかり

いきものがかりがこれまでにお世話になったアーティストをはじめ、スポーツ選手・俳優・お笑い芸人など、ジャンルを“超えた"たくさんの方々からメッセージが寄せられた。中には表立って知られることのなかった、いきものがかりとの意外な繋がりが垣間見えるメッセージも。また、メッセージは今後も追加されるとの事なので、引き続き楽しみにしていてほしい。

■いきものがかり デビュー10周年特設サイト
http://ikimonogakari.com/cho-10nen/

■【メッセージ寄稿者一覧】※五十音順・敬称略

朝井リョウ(小説家)、大原櫻子、奥 華子、川相昌弘(読売巨人軍三軍監督)、木佐貫洋(読売巨人軍スカウト部)、岸谷 香、コンドウアキ(キャラクターデザイナー・イラストレーター)、桜井和寿(Mr.Children)、清水 聡(スポーツ選手)、JUJU、スキマスイッチ、鈴木雅之、SUPER BEAVER、Superfly、草野マサムネ(from スピッツ)、武井 壮(百獣の王)、チャットモンチー、Nakajin (SEKAI NO OWARI)、錦織 圭(プロテニスプレイヤー)、バカリズム、秦 基博、back number、Perfume、原 泰久(「キングダム」作者)、ファンキー加藤、太志(Aqua Timez)、ポルノグラフィティ、松井稼頭央(東北楽天ゴールデンイーグルス)、松井裕樹(東北楽天ゴールデンイーグルス)、松下奈緒、松たか子、向井 理、向井 慧(パンサー)、吉田尚記(ニッポン放送アナウンサー)、RADWIMPS、…and more

【関連リンク】
いきものがかり オフィシャルHP
いきものがかり、地元・海老名と厚木でデビュー10周年を記念した大型野外ライブイベント開催決定
「Mステ」スーパーライブ、嵐、SMAP、ミスチル、ベビメタ、Xほか全42組の演奏曲発表
AKB48、金爆、三代目JSBら「CDTV」年越しライブ第一弾出演アーティスト発表

【関連アーティスト】
いきものがかり
【ジャンル】
J-POP

吉澤嘉代子、新曲のライブ映像公開&インストア生配信緊急決定&ツアーメンバー発表
Fri, 26 Feb 2016 11:30:00 +0900
吉澤嘉代子 (okmusic UP\'s)

妄想系個性派シンガーソングライター吉澤嘉代子の2ndフルアルバム『東京絶景』(2月17日発売)のタイトル曲「東京絶景」ライブ映像が公開された。本映像は、2015年12月に東京LIQUIDROOMで開催された「吉澤嘉代子 秘密ツアー 〜8都市をめぐる秘密公演〜」の東京公演を収録したもの。


【その他の画像】吉澤嘉代子

今作の全国ツアー「絶景ツアー "夢をみているのよ"」の開催スケジュールは既報の通りだが、ツアーメンバーが発表された。

ギター 弓木英梨乃(KIRINJI)
キーボード 横山裕章
ベース 伊賀航
ドラム 伊藤大地
ギター 高慶卓史 ※4/17福岡公演のみ
ドラム 神谷洵平(赤い靴) ※4/17福岡公演のみ

豪華メンバーによるツアーに期待が高まる中、2月27日(土)よりチケット一般発売がスタートする。

また、アルバム「東京絶景」のインストアイベント、2月27日(土)タワーレコード渋谷店B1F"CUTUP STUDIO"の模様が、ニコニコ生放送公式特番(http://live.nicovideo.jp/watch/lv253607036)として生配信されることも緊急決定した。ぜひ、チェックしよう!

■「東京絶景」ライブ映像
https://youtu.be/EFJNGby3cpI

■『吉澤嘉代子 2nd album『東京絶景』リリース記念 インストアライブ生中継&アルバム試聴会 』

2月27日(土)
http://live.nicovideo.jp/watch/lv253607036
<放送スケジュール>
17:00-18:00 過去PV一挙公開
18:00-18:40 インストアライブ生配信
18:40-19:30 2nd album「東京絶景」全曲試聴会
19:30- プレミアムコーナー (新曲「手品」リリックビデオ フルver.初公開)

■「2ndフルアルバム『東京絶景』発売記念イベント ミニライブ&サイン会」

2月27日(土) 開始 18:00(整列17:30後、整理券番号順にて入場)
東京 タワーレコード渋谷店B1F"CUTUP STUDIO"
2月28日(日) 開始 15:00(集合14:30)
大阪 タワーレコード梅田NU茶屋町店 6Fイベントスペース
2月28日(日) 開始 19:00(集合18:30)
大阪 タワ−レコ−ド難波店 5Fイベントスペ−ス
3月06日(日) 開始15:30 (集合15:00)
愛知 タワ−レコ−ド名古屋パルコ店 パルコ 西館1F
3月13日(日) 開始 15:00
福岡 キャナルシティ博多B1サンプラザステージ

※イベント詳細はこちら:http://www.crownrecord.co.jp/artist/yoshizawa/whats.html

■「絶景ツアー "夢をみているのよ"」

4月09日(土) 札幌cube garden
4月16日(土) 岡山CRAZYMAMA KINGDOM
4月17日(日) 福岡スカラエスパシオ
4月23日(土) 仙台Rensa
4月27日(水) 名古屋市芸術創造センター
4月29日(金・祝) 大阪ビジネスパーク円形ホール
4月30日(土) 東京国際フォーラム ホールC

【関連リンク】
吉澤嘉代子 オフィシャルHP
吉澤嘉代子、新曲「手品」リリックビデオ公開
吉澤嘉代子のニューアルバムに絶賛コメントが続々到着
北島三郎、吉澤嘉代子らが日本クラウンヒット賞贈呈式に登場

【関連アーティスト】
吉澤嘉代子
【ジャンル】
J-POP

cinema staff、ニューアルバム『eve』を5月18日に発売
Fri, 26 Feb 2016 11:00:00 +0900
cinema staff (okmusic UP\'s)

2月25日に赤坂BLITZで行われたcinema staffのワンマンライブ「WAYPOINT 2016」にて、約1年振りの5枚目のフルアルバム『eve』を5月18日(水)に発売する事が発表された。アルバム詳細については今後改めてアナウンスされる。


【その他の画像】cinema staff

更には、アルバムに併せたcinema staff ワンマンツアー“about eve"の開催も決定! 是非、この機会に彼らの勢いのあるライブを体感して欲しい。

なお、2月25日22時よりチケットの先行受付も実施するとのことなので、確実にチケットをゲットしたい人は早速オフィシャルサイトをチェックしよう。

■アルバム『eve』

2016年5月18日発売
【初回限定盤】
PCCA.04380/¥3,600+税
【通常盤】
PCCA.04381/¥2,600+税

■「cinema staff oneman tour 2016 “about eve" 」

5月27日(金) 札幌・BESSIE HALL
5月29日(日) 仙台・CLUB JUNK BOX
6月04日(土) 福岡・BEAT STATION
6月05日(日) 広島・セカンド・クラッチ
6月11日(土) 名古屋・BOTTOM LINE
6月12日(日) 大阪・BIGCAT
6月18日(土) 東京・Zepp DiverCity TOKYO

■cinema staffオフィシャルサイト 先行予約スタート
http://cinemastaff.net/

【関連リンク】
cinema staff、初のレンタルベストリリース&赤坂BLITZワンマンのニコ生配信が決定
cinema staff、新作発売記念のニコ生特番にて「deadman」フルMV解禁決定
cinema staff、アニメ『遊☆戯☆王 ARC-V』オープニングテーマ「切り札」の初オンエアが決定
cinema staff、新作「WAYPOINT E.P.」特設サイト公開

【関連アーティスト】
cinema staff
【ジャンル】
ジャパニーズロック

桑田佳祐、60回目の誕生日より待望のソロ全楽曲配信をスタート
Fri, 26 Feb 2016 10:00:00 +0900
桑田佳祐 ロゴ  (okmusic UP\'s)

2月26日に60回目の誕生日を迎えた桑田佳祐が、その還暦を記念して自身のソロ曲の全曲配信をスタートした。

【その他の画像】サザンオールスターズ

サザンオールスターズの楽曲については、2014年の12月に配信が開始され、各配信サイトのランキングがサザン作品に埋め尽くされるという現象が起きたことが記憶に新しい。一方で、KUWATA BANDを含むソロ曲については未配信状態が続いており、桑田・サザンファンに限らず全国の音楽ファンから、配信解禁を望む声が寄せられていた。未購入の方はもちろん、すでにCDで持っているという方も、改めてパソコンやスマートフォンにダウンロードして、グレイト桑田ワークスを心行くまで楽しんでいただきたい。

またこの還暦をお祝いして、サザンオールスターズの公式サイト“sas-fan.net"では、スペシャルサイトがオープン。ファンからのお祝いメッセージや思い出の写真を募集するなど賑わいを見せている。さらに “俺と桑田庵"と題したスペシャルムービーもこのスペシャルサイトにアップされた。サザンも含めた桑田の曲ならなんでも聴けるという店「桑田庵」を舞台に織りなすストーリーとともに、名曲のMVやライブ映像を楽しめる“俺と桑田庵"、こちらは全5話の公開を予定しており、順次公開されていくとのこと。さらに初回は26日と27日2夜連続公開となっている。その他、オフィシャルサイト以外でも、各メディア等で桑田佳祐還暦をお祝いするムードが高まっているので、ぜひチェックしてみてほしい。

ただ、ファンとしてはお祝いもしつつ、やはり新たな活動の発表が一番気になるところ。現在はまだ何の発表もされていないが、「2016年も乞うご期待」という言葉を信じて、次なる発表を心待ちにしていただきたい。

■桑田佳祐 スペシャルサイト
http://sas-special-kuwata.net/

■「俺と桑田庵 第一夜」
https://youtu.be/KpDI6Z2YR3M

■【桑田佳祐 ソロ楽曲配信サイト】

sas-fan.net / A!MUSIC / レコチョク / mora / アーティスト公式サウンド / オリコンミュージックストア / 着信★うた♪ / dwango.jp / HAPPY!うた
/ iTunes Store / JOYSOUND / mu-mo / music.jp / MySound / TSUTAYA
※iTunesはApple Inc.の商標です。
※配信サイトによって、公開時間が異なります。

■sas-fan.net
http://mobile.sas-fan.net/download/

【関連リンク】
サザンオールスターズ オフィシャルHP
サザンオールスターズ、SNS限定で最新映像作品より「バラ色の人生」ライブ映像を公開
【邦楽】一度は耳にしたことがあるCMソングまとめ
寒さが厳しくなるこの季節にぴったり!雪うた特集

【関連アーティスト】
サザンオールスターズ, 桑田佳祐
【ジャンル】
J-POP

HOWL BE QUIET、トークバラエティ番組を2週連続で生配信
Fri, 26 Feb 2016 10:00:00 +0900
HOWL BE QUIET (okmusic UP\'s)

圧倒的な曲の世界観と歌詞で多くのリスナーからの支持を得ているピアノロックバンドHOWL BE QUIET。3月9日(水)にメジャーデビューシングル「MONSTER WORLD」をリリースする彼らが、2月26日(金)、発売日の3月9日(水)の2週に渡ってツイキャスおよびUstreamで「MONSTER WORLD TV」と題したトークバラエティ番組を生配信する事が決定した。


【その他の画像】HOWL BE QUIET

以前からも番組では、メンバー全員でお尻歩き競争、モノマネ、顔芸、等など、バンドらしか らぬ体当たりな内容の番組を行っており、この「MONSTER WORLD TV」でも彼らの新たな一面が垣間見れそうだ。番組では彼らへのメッセージも募集中。メールを送って番組に積極的に参加しよう!

スペースシャワーTVでは2月度ヘビーローテーション「POWER PUSH!」として「MONSTER WORLD」のミュージックビデオが大量オンエア中!デビューに向けて、大きな注目を集めているぞ。

■HOWL BE QUIET バラエティ番組「MONSTER WORLD TV」

2月26日(金)19:00〜20:00
3月09日(水)19:00〜20:00
・ツイキャス
http://twitcasting.tv/howlbequiet
・USTREAM
http://www.ustream.tv/channel/8ePXfFLmrgV
・メッセージはこちら
howl.mwtv@gmail.com

【関連リンク】
HOWL BE QUIET オフィシャルHP
HOWL BE QUIET、メジャーデビューシングルの詳細が明らかに
HOWL BE QUIET×SHE\'S×LAMP IN TERREN、スリーマンツアーを4月に開催
HOWL BE QUIET、クリスマスイブにトーク番組を生配信! 逆電もあるかも!?

【関連アーティスト】
HOWL BE QUIET
【ジャンル】
ジャパニーズロック

人気イベント『ASOBINITE!!!』でCAPSULEと小室哲哉の夢の初共演が実現
Fri, 26 Feb 2016 00:00:00 +0900
『ASOBINITE!!! - SPRING SPECIAL -』 (okmusic UP\'s)

3月12日(土)に新木場ageHa@STUDIO COASTにて開催される『ASOBINITE!!!』。ARENAは既に発表されている中田ヤスタカ(CAPSULE)や小室哲哉に加え、年末のASOBONENKAIでのライブも記憶に新しいCAPSULE、さらにRAM RIDERらが登場することに! CAPSULEと小室哲哉の夢の初共演が「ASOBINITE!!! -SPRING SPECIAL-」を盛大に盛り上げる。


【その他の画像】小室哲哉

稀代の音楽プロデューサーとして輝きを放つ、中田ヤスタカ(CAPSULE)がレジデントとなり、毎回期待を裏切らないバラエティ豊かなラインナップを実現する人気イベント『ASOBINITE!!!』。

BOXではカオティックなパーティーとして人気を博す「VIVIVI」が開催され、志茂田景樹やブスNY行きたい族、DJギズモなどバラエティに飛んだラインナップが勢ぞろい!

また、WATERではYAMARIKI率いるUP BEAT!クルーらが3月から解禁となるWATERエリアをロックする。さらに、ISLANDでは、YASUKIやZiGZAGらの最新のクラブシーンを引っ張る若手DJが勢揃いする豪華な一夜となる。

お得な前売りチケットは現在、プレイガイド(イープラス/iFLYER)にて発売中! 当日は混雑が予想されるので、早めにチケットを購入して、ASOBINITE!!!へ足を運んでみてはいかがだろうか。

■『ASOBINITE!!! - SPRING SPECIAL -』

3月12日(土)  新木場 ageHa/STUDIO COAST
OPEN/START 23:00
<料金>
DOOR:3,500yen
ageHa MEMBER:3,000yen
ADV:3,000yen
ペア割:5,600yen ※2枚同時購入
グループ割:8,100yen ※3枚同時購入
<前売りプレイガイド>
一般・ペア割・グループ割(iFLYER/イープラス)
2月13日(土)10:00〜3月11日(金)18:00

【関連リンク】
Thinking Dogs、ニューシングル発売を記念したフリーイベント&ニコ生特番を実施
ワインとお肉料理が自慢のビストロに似合う曲
unBORDE設立5周年を記念してunBORDE all stars緊急結成&新曲制作を発表
DJ KOO&マーク・パンサー「ダウンタウンDX」で小室ファミリー都市伝説語る「ファーストクラス貸し切りでした」

【関連アーティスト】
小室哲哉, CAPSULE, RAM RIDER, 中田ヤスタカ
【ジャンル】
J-POP, ダンス/ハウス/テクノ, イベント

吉田山田×ドォーモ、新曲PVと九州のバラエティ情報番組がコラボ企画
Fri, 26 Feb 2016 00:00:00 +0900
吉田山田 (okmusic UP\'s)

3月2日に4枚目となるオリジナルアルバム『47【ヨンナナ】』をリリースする吉田山田。収録楽曲「母のうた」が政府広報 高齢者詐欺被害の未然防止キャンペーンテーマソングに起用され、カンニング竹山出演のCMが話題となっているが、このたび、新曲のプロモーションビデオをKBC九州朝日放送で放送されているバラエティ情報番組「ドォーモ」で撮影することが決定した。


【その他の画像】吉田山田

吉田山田はこれまでも「ドォーモ」に幾度も出演しており番組でもお馴染みでおり、2013年4月リリースのシングル「ごめん、やっぱ好きなんだ。」のカップリング曲「SMILE」、2014年1 月リリースのアルバム「吉田山田」収録の「カシスオレンジ」が番組エンディングテーマにも起用されている。2013年4月の番組エンディング テーマとして起用された「SMILE」でも「ドォーモ」がプロモーションビデオを撮影している。

今回の企画は、2月26日(金)に福岡の天神中央公園芝生広場にて撮影を行い、集まったファンの人達が自分のスマホで吉田山田を撮影し、それを組み合わせてプロモーションビデオをつくるというもの。参加希望の方はドォーモのTwitter、Facebookに詳細が記載されているので確認の上参加しよう。

吉田山田は、3月2日にアルバム『47【ヨンナナ】』を発売し、4月24日からは初の全国47都道府県ツアー「吉田山田47都道府県ツアー〜二人また旅2016〜」、8月20日には 日比谷野外大音楽堂で「吉田山田祭り2016」を開催する。「吉田山田47都道府県ツアー〜二人また旅2016〜」のチケットは一般発売中で、既にソールドアウトしている公演もあるので早めにチェックしよう。

■KBC「ドォーモ」チームと新曲PV撮影》
ドォーモではおなじみ「吉田山田」の新曲のプロモーションビデオを撮影することになりました!…で、今回はファンの皆さんが自分のスマホで吉 田山田を撮影。それを組み合わせてPVを作ろうと思います。参加希望の人はスマホを持って集合!みんなでPV作りましょう!下記注意点を確認 のうえ皆様よろしくお願い致します!!

【日時・場所】
2月26日(金)13 :00受付スタート 
福岡県福岡市 中央区天神1−1 天神中央公園・芝生広場
※撮影終了までお付き合いいただける方のみ。(終了予定17:00)
※現地受付で先着50名になり次第終了させていただきます。
※スマートフォンをご持参ください。
※各スマホで5分程度の動画を撮影予定、事前に充分な空き容量の確保をお願いします。
※スマホを長時間使用しますので、事前にしっかり充電をお願いします!!

2016年3月2日発売
【フォトブック付き初回限定盤】
PCCA.04348/¥3,500+税
【通常盤】
PCCA.04349/¥2,500+税
<収録曲>
1.てんてんてんて
2.告白
3.全う
4.タイムマシン
5.未来(Album Mix)
※TBS系テレビ「SUPER SOCCER」12月・1月度エンディングテーマ
※朝日放送「ビーバップ!ハイヒール」12月度エンディングテーマ
6.キミに会いたいな
※TBS系テレビ 「CDTV」2015年6・7月度オープニングテーマ
7.母のうた
※政府広報 高齢者詐欺被害の未然防止キャンペーンテーマソング
8.OK
9.新しい世界へ
10.Today,Tonight
※映画『ボクは坊さん。』主題歌
11.押し出せ
12.ためいき
Bonus Track
13.日々 -弾き語り-
※通常盤のみ収録
※NHKみんなのうた2013年12月-2014年1月オンエア楽曲

◎フォトブック付き初回限定盤
初回限定盤は50ページを超えるフォトブックが付く豪華BOX仕様!
フォトブックは「吉田山田ツアー2015冬〜光と闇〜」を全公演追いかけた初公開の内容!
◎共通封入特典
スペシャル特典券(通常盤は初回プレス分のみ)
◎通常盤封入特典
「日々」弾き語りコード譜(初回プレス分のみ)

【関連リンク】
吉田山田 オフィシャルHP
吉田山田、オールナイトニッポンスペシャルイベントを開催
吉田山田、母親との愛情溢れる写真を収めた「母のうた」MVを公開
吉田山田、ニューアルバム『47【ヨンナナ】』の全貌がついに解禁

【関連アーティスト】
吉田山田
【ジャンル】
J-POP

THE STREET BEATS、新曲がモバイルゲーム内に先行登場
Fri, 26 Feb 2016 00:00:00 +0900
THE STREET BEATS (okmusic UP\'s)

THE STREET BEATSが4月6日にリリースするニューアルバム『PROMISED PLACE』の収録曲「STRAIGHT SOUL\'S LULLABY」が、アルバム発売に先駆けてモバイルゲーム『クローズ×WORST V』で先行登場し話題になっている。


【その他の画像】The Street Beats

2013年の『遥か繋がる未来』、2014年の『NEVER STOP ROLLING』に続き、近年のアルバム3部作の〆とも言える超強力なフルアルバム『PROMISED PLACE』。

結成以来32年間一貫してぶれることのない音楽に対する真摯な姿勢や、一度も活動休止したことが無いロックバンドとしてのタフな生き様は、この世知辛く不安定な現代を生きる多くのリスナーの賞賛と共感を呼んでいるTHE STREET BEATS。当然、今作にも世代や性別を超えてあらゆる層のリスナーを巻き込む魅力を持つ「心に響くロック」が満載されている。

また、アルバムリリースに併せ3月から「TOUR 2016“PROMISED PLACE"」(全国18公演)がスタートする。詳しくはオフィシャルHPまで。

【関連リンク】
THE STREET BEATS オフィシャルHP
映画『クローズEXPLODE』オリジナルサウンドトラックの詳細が明らかに!
映画「クローズEXPLODE」サントラに、Dragon Ash、MAN WITH A MISSIONなど参加!
ISAMU KATAYAMA BACKLASH創立15周年イベントにEXILEなど豪華アーティストからコメントが到着

【関連アーティスト】
The Street Beats
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ゲーム













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1