歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2016年02月14日)
バックナンバー
最新ニュース
2016/02/23
2016/02/22
2016/02/21
2016/02/20
2016/02/19
2016/02/18
2016/02/17
2016/02/16
2016/02/15
2016/02/14
2016/02/13
2016/02/12
2016/02/11
2016/02/10
2016/02/09
2016/02/08
2016/02/07
2016/02/06
2016/02/05
2016/02/04
2016/02/03
2016/02/02
2016/02/01
2016/01/31
2016/01/30
2016/01/29
2016/01/28
2016/01/27
2016/01/26
2016/01/25
2016/01/24
2016/01/23
2016/01/22
2016/01/21
2016/01/20
2016/01/19
2016/01/18
2016/01/17
2016/01/16
2016/01/15
2016/01/14
2016/01/13
2016/01/12
2016/01/11
2016/01/10
2016/01/09
2016/01/08
2016/01/07
2016/01/06
2016/01/05
2016/01/04
2016/01/03
2016/01/02
2016/01/01
2015/12/31
2015/12/30
2015/12/29
2015/12/28
2015/12/27
2015/12/26
2015/12/25
2015/12/24
2015/12/23
2015/12/22
2015/12/21
2015/12/20
2015/12/19
2015/12/18
2015/12/17
2015/12/16
2015/12/15
2015/12/14
2015/12/13
2015/12/12
2015/12/11
2015/12/10
2015/12/09
2015/12/08
2015/12/07
2015/12/06
2015/12/05
2015/12/04
2015/12/03
2015/12/02
2015/12/01
2015/11/30
2015/11/29
2015/11/28
2015/11/27
2015/11/26
2015/11/25
2015/11/24
2015/11/23
2015/11/22
2015/11/21
2015/11/20
2015/11/19
2015/11/18
2015/11/17
2015/11/16
2015/11/15
2015/11/14
2015/11/13
2015/11/12
2015/11/11
2015/11/10
2015/11/09
2015/11/08
2015/11/07
2015/11/06
2015/11/05
2015/11/04
2015/11/03
2015/11/02
2015/11/01
2015/10/31
2015/10/30
2015/10/29
2015/10/28
2015/10/27
2015/10/26
2015/10/25
2015/10/24
2015/10/23
2015/10/22
2015/10/21
2015/10/20
2015/10/19
2015/10/18
2015/10/17
2015/10/16
2015/10/15
2015/10/14
2015/10/13
2015/10/12
2015/10/11
2015/10/10
2015/10/09
2015/10/08
2015/10/07
2015/10/06
2015/10/05
2015/10/04
2015/10/03
2015/10/02
2015/10/01
2015/09/30
2015/09/29
2015/09/28
2015/09/27
2015/09/26
2015/09/25
2015/09/24
2015/09/23
2015/09/22
2015/09/21
2015/09/20
2015/09/19
2015/09/18
2015/09/17
2015/09/16
2015/09/15
2015/09/14
2015/09/13
2015/09/12
2015/09/11
2015/09/10
2015/09/09
2015/09/08
2015/09/07
2015/09/06
2015/09/05
2015/09/04
2015/09/03
2015/09/02
2015/09/01
2015/08/31
2015/08/30
2015/08/29
2015/08/28
2015/08/27
2015/08/26
2015/08/25
2015/08/24
2015/08/23
2015/08/22
2015/08/21
2015/08/20
2015/08/19
2015/08/18
2015/08/17
2015/08/16
2015/08/15
2015/08/14
2015/08/13
2015/08/12
2015/08/11
2015/08/10
2015/08/09
2015/08/08
2015/08/07
2015/08/06
2015/08/05
2015/08/04
2015/08/03
2015/08/02
2015/08/01
2015/07/31
2015/07/30
2015/07/29
2015/07/28
2015/07/27
2015/07/26
2015/07/25
2015/07/24
2015/07/23
2015/07/22
2015/07/21
2015/07/20
2015/07/19
2015/07/18
2015/07/17
2015/07/16
2015/07/15
2015/07/14
2015/07/13
2015/07/12
2015/07/11
2015/07/10
2015/07/09
2015/07/08
2015/07/07
2015/07/06
2015/07/05
2015/07/04
2015/07/03
2015/07/02
2015/07/01
2015/06/30
2015/06/29
2015/06/28
2015/06/27
2015/06/26
2015/06/25
2015/06/24
2015/06/23
2015/06/22
2015/06/21
2015/06/20
2015/06/19
2015/06/18
2015/06/17
2015/06/16
2015/06/15
2015/06/14
2015/06/13
2015/06/12
2015/06/11
2015/06/10
2015/06/09
2015/06/08
2015/06/07
2015/06/06
2015/06/05
2015/06/04
2015/06/03
2015/06/02
2015/06/01
2015/05/31
2015/05/30
2015/05/29
2015/05/28
2015/05/27
2015/05/26
2015/05/25
2015/05/24
2015/05/23
2015/05/22
2015/05/21
2015/05/20
2015/05/19
2015/05/18
2015/05/17
2015/05/16
2015/05/15
2015/05/14
2015/05/13
2015/05/12
2015/05/11
2015/05/10
2015/05/09
2015/05/08
2015/05/07
2015/05/06
2015/05/05
2015/05/04
2015/05/03
2015/05/02
2015/05/01
2015/04/30
2015/04/29
2015/04/28
2015/04/27
2015/04/26
2015/04/25
2015/04/24
2015/04/23
2015/04/22
2015/04/21
2015/04/20
2015/04/19
2015/04/18
2015/04/17
2015/04/16
2015/04/15
2015/04/14
2015/04/13
2015/04/12
2015/04/11
2015/04/10
2015/04/09
2015/04/08
2015/04/07
2015/04/06
2015/04/05
2015/04/04
2015/04/03
2015/04/02
2015/04/01
2015/03/31
2015/03/30
2015/03/29
2015/03/28
2015/03/27
2015/03/26
2015/03/25
2015/03/24
2015/03/23
2015/03/22
2015/03/21
2015/03/20
2015/03/19
2015/03/18
2015/03/17
2015/03/16
2015/03/15
2015/03/14
2015/03/13
2015/03/12
2015/03/11
2015/03/10
2015/03/09
2015/03/08
2015/03/07
2015/03/06
2015/03/05
2015/03/04
2015/03/03
2015/03/02
2015/03/01
2015/02/28
2015/02/27
2015/02/26
2015/02/25
2015/02/24
2015/02/23
2015/02/22
豪華アーティストと音楽の新しい可能性を追求し続けてきた "ビルボード・クラシックス"が3月に開催
Sun, 14 Feb 2016 14:00:00 +0900
『billboard classics festival 2016 in TOKYO』 (okmusic UP\'s)

クラシック・オーケストラと国内外のポップス/ロック/ジャズ音楽家との融合で、音楽の新しい可能性を追求し続けてきたコンサート・シリーズ “ビルボード・クラシックス”、初のガラ・コンサート『billboard classics festival 2016 in TOKYO』が3月に開催される。

【その他の画像】Salyu

出演は玉置浩二、八神純子、佐藤竹善、中島美嘉、Salyu with 小林武史という豪華な面々。指揮に欧州で活躍中の?澤寿男、演奏は東京フィルハーモニー交響楽団がつとめる。

「悲しみにさよなら」「みずいろの雨」「花束」「to U」「生まれくる子供たちのために」等、出演者の代表曲25作品余りがトップ・オーケストラとの競演によって披露される。

現代の日本の音楽シーンを彩るアーティストとフルオーケストラの競演が見せる音楽の新しい光景に期待が集まる同コンサート。そのチケットの一般発売がスタートした。

■『billboard classics festival 2016 in TOKYO』

3月12日(土) 東京・東京国際フォーラム ホールA
開場:17:00 開演:18:00
3月13日(日) 東京・東京国際フォーラム ホールA
開場:12:30 開演:13:30

指揮:?澤寿男
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団
出演:玉置浩二、八神純子、佐藤竹善、中島美嘉、Salyu with 小林武史 and more...

一般チケット販売:発売中
S席:8,800円 A席:7,800円(税込・全席指定)
お問い合わせ:SOGO TOKYO 03-3405-9999

【関連リンク】
『billboard classics festival 2016 in TOKYO』公式サイト
福原美穂、2年ぶりとなるフルオーケストラ・コンサートでソウルバードクワイアと共演
中島美嘉、『MTV Unplugged』でのプレミアムなライブ収録が終了
寒さが厳しくなるこの季節にぴったり!雪うた特集

【関連アーティスト】
Salyu, 玉置浩二, 佐藤竹善, 八神純子, 中島美嘉, 小林武史, 東京フィルハーモニー交響楽団
【ジャンル】
J-POP, クラシック

シュガー・ベイブ永遠の名作『SONGS』がハイレゾ音源で配信リリース
Sun, 14 Feb 2016 19:00:00 +0900
アルバム『SONGS -40th Anniversary Ultimate Edition- <2015 REMIX>』 (okmusic UP\'s)

昨年再発売され大好評を博したシュガー・ベイブの『SONGS』がハイレゾリューション・オーディオ(以下、ハイレゾ)音源にて、2月24日よりデジタルリリースされることがわかった。

【その他の画像】シュガー・ベイブ

今回ハイレゾ配信されるのは、『SONGS -40th Anniversary Ultimate Edition -』のDisc2 [2015 REMIX]収録のM1からM11(オリジナル「SONGS」楽曲)までの全11曲となる。

内容は15年のCD発売の際にリミックスした音源(オリジナル・マルチテープよリ48kHz/24bitのスペックで取り込み、新たにミックスしたもの)を、ハイレゾ特性を活かし新たにリマスタリングしたもの。40年前に発売されて以来、J-POP史上屈指の名盤の地位を誇る『SONGS』だが、今の時代の音楽環境に即したものとして再登場する。2016年の『SONGS』をお楽しみに。

【配信サイト】
■e-onkyo
http://www.e-onkyo.com/music/
■HD-Music.
http://hd-music.info/
■mora
http://mora.jp/index_hires
■music.jp
http://music-book.jp/music/hireso

■アルバム『SONGS -40th Anniversary Ultimate Edition- <2015 REMIX>』

2016年2月24日配信スタート
※コンテンツ仕様 FLAC 48kHz/24bit
01. SHOW
Words & Music by 山下達郎
02. DOWN TOWN
Words by 伊藤銀次 Music by 山下達郎
03.蜃気楼の街
Words & Music by 大貫妙子
04.風の世界
Words & Music by 大貫妙子
05.ためいきばかり
Words & Music by 村松邦男
06.いつも通り
Words & Music by 大貫妙子
07. すてきなメロディー
Words by 伊藤銀次・大貫妙子・山下達郎 Music by 大貫妙子・山下達郎
08. 今日はなんだか
Words by 山下達郎・伊藤銀次 Music by 山下達郎
09. 雨は手のひらにいっぱい
Words & Music by 山下達郎
10. 過ぎ去りし日々 “60\'s DREAM"
Words by 伊藤銀次 Music by 山下達郎
11. SUGAR
Words & Music by 山下達郎

【関連リンク】
シュガー・ベイブ オフィシャルHP
独自のスタイルを見出したシンガー、大貫妙子の傑作『ROMANTIQUE』
山下達郎、特設サイトでロングインタビュー公開
山下達郎、特設サイトでシュガー・ベイブ特別企画実施!

【関連アーティスト】
シュガー・ベイブ, 山下達郎, 大貫妙子
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ハイレゾ

スコーピオンズ、最新アルバム『Return To Forever』の豪華ツアー・エディションを発売
Sun, 14 Feb 2016 18:00:00 +0900
スコーピオンズ (okmusic UP\'s)

世界のハードロック・シーンの最高峰に君臨し、昨年は結成50周年という大きな節目の年を迎えたドイツの重心バンド、スコーピオンズ。結成50周年記念ワールド・ツアーを2016年も継続することを発表した彼らが、最新アルバム『Return To Forever』の豪華ツアー・エディションを発売することを明らかにした。


【その他の画像】Scorpions

近年で最も活発な動きを展開しているスコーピオンズは、2月17日のウクライナを皮切りとするワールド・ツアーの続行を発表したばかり。今回、それにあわせた形で3月11日に『Return To Forever(Tour Edition)』を発売する。

この「ツアー・エディション」は、ボーナス・トラック7曲を追加収録したCDに加え、全米でのアルバム発売記念イベントとなった9月のニューヨーク公演と6月のフランス公演を完全収録したDVD2枚が同梱される3枚組の豪華パッケージ。DVDには、昨年の全米ツアー中に撮影されたドキュメンタリー映像「On The Road in America」、ミュージック・ビデオ「We Built This House」「Going Out With A Bang 」他、リリック・ビデオ、楽曲解説インタビュー(英語版、ドイツ語版共に収録)などもボーナス映像として収録されている。またアートワークも、オリジナル盤のデザインをベースにライヴ映像を収録したアメリカとフランスの国旗をあしらった特別仕様となっている。

15年3 月には、その50周年を記念した5年振りとなるオリジナル・アルバム『Return To Forever』(邦題『祝杯の蠍団〜リターン・トゥ・フォエヴァー』を発表し、本国ドイツでのアルバム・チャート2位を始め世界各地で好セールスを記録。それと同時にスタートしたワールド・ツアーも各地軒並みソールドアウトとなり、見事に完全復活を果たした。また、彼らの黄金期である77〜88年のアルバム8枚のデラックス・エディションを一挙リリースするなどファンにとっては嬉しいニュースの多い1年でもあったと言えるだろう。

■アルバム『Return To Forever (Tour Edition)』

2016年3月11日発売
(輸入盤のみ)
<収録曲>
■CD
01. Going out with a Bang
02. We Built This House
03. Rock My Car
04. House of Cards
05. All for One
06. Rock \'n\' Roll Band
07. Catch Your Luck and Play
08. Rollin\' Home
09. Hard Rockin\' the Place
10. Eye of the Storm
11. The Scratch
12. Gypsy Life
-Bonus Tracks-
13. The World We Used to Know
14. Dancing with the Moonlight
15. When the Truth Is a Lie
16. Who We Are
17. Crazy Ride
18. One and One Is Three
19. Delirious
■DVD1
(Live in Brooklyn, NY - September 12, 2015)
01. Going out with a Bang
02. Make It Real
03. The Zoo
04. Coast to Coast
05. 70s Medley: Top of the Bill / Steamrock Fever / Speedy\'s Coming / Catch Your Train
06. We Built This House
07. Delicate Dance Always Somewhere
08. Always Somewhere
09. Eye of the Storm
10. Send Me an Angel
11. Wind of Change
12. Rock\'n\'Roll Band
13. Dynamite
14. In The Line Of Fire
15. Kottack Attack
16. Blackout
17. No One Like You
18. Big City Nights
19. Still Loving You
20. Rock You Like a Hurricane
-Bonus Videos-
21. On the Road in America (Video)
22. We Built This House (Music Video)
23. Going out with a Bang (Music Video)
24. We Built This House (Lyric Video)
25. Eye of the Storm (Lyric Video)
26. Return To Forever Track-by-Track Interview (English)
27. Return To Forever Track-by-Track Interview (German)
■DVD2
(Live at Hellfest, France - June 20, 2015)
01. Going out with a Bang
02. Make It Real
03. The Zoo
04. Coast to Coast
05. 70s Medley: Top of the Bill / Steamrock Fever / Speedy\'s Coming / Catch Your Train
06. We Built This House
07. Delicate Dance (Matthias Solo)
08. Always Somewhere
09. Eye of the Storm
10. Send Me an Angel
11. Wind of Change
12. Big City Nights
13. Dynamite
14. In The Line Of Fire
15. Kottack Attack
16. Crazy World
17. Rock\'n\'Roll Band
18. Blackout
19. Still Loving You
20. Rock You Like a Hurricane
-Bonus Videos-
21. Return to Forever - Generic Interview (English)
22. Return to Forever - Generic Interview (German)

【関連リンク】
Scorpions オフィシャル HP
2/19「Mステ」にSexy Zone、山崎まさよしら5組、カリスマドットコムは初登場
プリシラ・アーン、ニューアルバム『LA LA LA』を3月にリリース
Rihwa、シングル「明日はきっといい日になる」を引っ提げた全国ツアーがスタート

【関連アーティスト】
Scorpions
【ジャンル】
メタル, ロック/ブルース(洋楽)

植田真梨恵、東京キネマ倶楽部にてピアノワンマンツアーが終幕
Sun, 14 Feb 2016 17:00:00 +0900
2月13日@東京キネマ倶楽部 (okmusic UP\'s)

2016年1月16日、故郷・福岡よりスタートした「植田真梨恵Live of Lazward Piano "Old-fashioned."」。植田とサポートピアノ西村広文の二人だけで回るこのライブツアーは、2013年より毎年新年のこの時期に開催され、今年で四度目の開催となる。追加公演を合わせると7都市10公演という、植田真梨恵史上最大規模で行われた2016年のピアノワンマンツアーは、追加公演である横浜公演を残し、2月13日に完売の東京キネマ倶楽部にて最終日を迎えた。

【その他の画像】植田真梨恵

静かに流れるチェロの音がフェイドアウトし、植田の登場を待ち構え静まり返る客席に、打ち寄せる波の音が深く響きだす。深い海に包み込まれるかのような感覚の中、ステージに登場した植田の姿に大きな拍手が沸き起こった。真暗なステージに、きらきらとしながらもどこか懐かしいようなピアノの音色が流れ出す。

Lazward Pianoツアーの一曲目を飾るのは「さよならのかわりに記憶を消した」。物語を紡ぐような切なく悲しいバラードで観客をぐっと引き込むと、続く「優しい悪魔」では優しく噛み付くように、そっと各々の心に痕を残してゆく。

MCを挟み、ライブでの演奏が稀な「流れ星」でより深く痕跡を残したかと思うと、「1234!」の掛け声とともに、アコギとピアノが絡み付く様に交わる「スメル」、音と音が突き放すようにぶつかる「心と体」で会場の空気を一変してゆく。ベース、ドラムのいないステージ。ピアノとアコギのみでうねるようなリズムとダイナミクスを生み出す二人に激しく感情が揺さぶられ、客席も息をのんでその姿に見入っているようだった。

「改めまして皆さんこんばんは!元気ですかー!!よく来ましたね(笑)。どうもありがとうございます!「植田真梨恵Live of Lazward Piano "Old-fashioned."」、いよいよファイナルとなりました!早かった、本当に早かった!!東京キネマ倶楽部でこのツアーは一応終わってしまうのです。皆さんも余すところなく楽しんでいってくださいね。私も楽しんでいこうと思います!」

植田のMCに笑顔がこぼれ、会場が和んだところで「サファイアー!!!」という叫び声を合図に、インディーズ1stシングル「心/S/サ」から「サファイア」が演奏された。全身を使って飛び跳ねながら、弾き出されるピアノに合わせ、振り絞るように歌う植田。会場とのコール&レスポンス、ステージ脇に備えられたサブステージで歌う等、じっとできないぐらい楽しげな様子の彼女に、見ている側も嬉しい気持ちが込み上げる中、「せーの!!」という大きな声に続いて、さらにテンポを上げ「FRIDAY」「よるのさんぽ」が披露された。楽しい気持ちが飛び出し、まるで転がるようなスピードに乗せて、大きな手拍子が鳴り響く。軽やかに、感情豊かに歌い上げると、跳ねるようなリズムの「ハイリゲンシュタットの遺書」、続く「アリス」では時に淡々と、「ペースト」では揺るがない強さを感じさせる歌声で、観客を魅了してゆく。

ライブも中盤に差しかかってゆく中で植田の魅力が尽きることはなく、「ノスタルジックな風景にとらわれている」というMCに続いて演奏された「昔の話」では、揺らめく水面にたゆたうように満ちた心地にさせ、透明感溢れる「クリア」では、何物も吹っ切ったような清々しい心持ちにさせてくれる。曲に合わせて自由自在に声や音を操り、時に包み込むように、時に突き刺すように、心に届けられる曲の数々に、会場もじっと耳を傾けているようだった。

「今現在の私の夢は、本当に自分の中に抱えていることから切り取って、それがまず形に、歌になることが大事だなと思っています。曲を書き始めた頃の私は、何を曲にしたらいいのか全然わからずに、日常の中にあったぎりぎりの、本当に忘れてしまいそうなことも曲に書いてみたらと思い、日々ピリピリと過ごしていたことを思い出します。私が今から歌う曲を作ったのは18歳の頃です。当時の気持ちを細部まで全部思い出すことは今となってはとても難しいことですけど、18歳当時の心の悲しみを思い出して歌おうと思います」

澄んだピアノの音色にあわせ、呟くように歌い出した植田。言い表せない心の不安を、言葉にし曲に乗せた「ソロジー」は、1月20日にリリースされたニューシングル「スペクタクル」のc/w。歌声もピアノの音色も優しく温かいのに、時折チクチクとトゲを刺されるような感覚を覚える中、同じく「スペクタクル」のc/w「カレンダーの13月」が演奏された。架空の“13月"に、永遠となった思い出を重ね合わせたバラードは、<頁か?ない 頁か?ない 頁か?ない>と繰り返される言葉に切なさが募る一曲。植田のやるせない歌声に、演奏後会場からは惜しみない拍手が送られていた。

「今から歌うのは、私自身本当に前なんか向けないかもしれないと思ったことがあったのですが、日々は目まぐるしく過ぎてゆく中で、お天気のようにそれを受け入れていくしかないんだなと実感し作った曲になります。皆さんもそういうことを受けとめて、前に進めるといいなと思っています。今日こんなに沢山の皆さんに来ていただき、本当にありがとうございました!」

本編ラストに演奏されたのはニューシングルより「スペクタクル」。自身をも鼓舞するかのように力強く、声の限りに思いをぶつける植田。真剣な眼差しで客席を見つめ、一言一言大切に言葉を届けていくと、最後まで変わらぬ勢いを持って曲を締めくくった。

ステージを後にした植田に、沸き起こるアンコールの拍手。鳴り止まない拍手に迎えられて、ピアノ西村広文との長めのMCを挟んだ後、アンコール一曲目に披露したのは3rdシングル「わかんないのはいやだ」。軽快なイントロから、吹き抜ける風のように疾走感を伴って一気に駆け抜けてゆく。絶えず満場の手拍子が鳴り響く中、「ありがとう」と囁くように一言挨拶した後、ゆっくりと互いの顔を見合わせ曲を締めくくった。

「色々と変わっていくこともありますが、皆さんの中の変わらないもの、大切にしたいものをちゃんと持ったままで、ずっと夢を見ていられますように。今日は皆さん来てくださって本当にありがとうございました!」

本日最後を飾る曲のイントロが流れ出す。優しいピアノの音色、愛する人を思う日々を歌った「愛おしい今日」。“決まった運命なんか無い"“決まった明日なんか来ない"“愛に保証なんかいらない"明日の気持ちなど計り知れ無い、不安な気持ちに反し毎日を懸命に生きようとする人の姿を、艶やかな歌声に乗せて客席へと届けてゆく。ピアノワンマンライブにふさわしい、植田の魅力が最大限に引き出された楽曲が演奏され、本日の公演は終了となった。

音楽を志した時の気持ち、苦しかった思い、幸せに滲み出す暗い影。今まで歩んできた道をこのライブを通して振り返るように、一曲一曲噛み締めて歌っていた植田。同時にこれから進むべき、希望が生まれる何かを自身でも探すよう真剣にステージに向かっている姿は、見る者に明日へと進む勇気を与えてくれる、そんな気がしてならなかった。

今回の「植田真梨恵Live of Lazward Piano "Old-fashioned."」は、植田真梨恵史上最大規模で行われたということもさることながら、故郷の福岡を含め初めてピアノワンマンツアーで訪れることが出来た土地、中央公会堂という歴史的建造物での開催等、彼女のシンガーとしての歴史の中で一つの区切りを迎えたライブだったと言えるのではないだろうか。

ピアノワンマンツアーを終えたばかりの植田だが、2月20日(土)には追加公演となる『植田真梨恵Live of Lazward Piano "Old-fashioned. "Special Edition!』がMotion Blue yokohama にて、また4月3日(日)には Billboard Live OSAKAにて『植田真梨恵Live of Lazward Piano「カレンダーの13月 again」』と題された一夜限りのスペシャルライブが決定している。2013年1月に初めて行われたピアノワンマンライブ『カレンダーの13月』。たった二日間のライブでのみ演奏された20分を超える幻の楽曲『カレンダーの12か月たち』が、一夜限りのスペシャルライブで再演される。Live of Lazward Piano "Old-fashioned."の余韻冷めやらぬ中、ピアノワンマンツアーの原点とも言えるライブをぜひご覧いただきたい。詳細は植田真梨恵Official Web Siteまで。

■『植田真梨恵Live of Lazward Piano "Old-fashioned. "Special Edition!』

2月20日 神奈川・Motion Blue yokohama
1st Stage OPEN 15:15 / START 16:30
2nd Stage OPEN 18:15 / START 19:30

■『植田真梨恵Live of Lazward Piano「カレンダーの13月 again」』

4月03日 Billboard Live OSAKA
1st Stage OPEN 15:30 / START 16:30
2nd Stage OPEN 18:30 / START 19:30

【関連リンク】
植田真梨恵 オフィシャルHP
植田真梨恵、初のLIVE DVD『UTAUTAU vol.2』リリース決定
植田真梨恵、強い眼差しが印象的な「スペクタクル」MV解禁
植田真梨恵、4thシングル発売&ツアー追加公演決定

【関連アーティスト】
植田真梨恵
【ジャンル】
J-POP, ライブ

PUFFY、対バン企画『愛の説教小屋』で亜美と由美が対決
Sun, 14 Feb 2016 16:00:00 +0900
1月30日(土)@品川ステラボール (okmusic UP\'s)

PUFFYが1月30日、品川ステラボールで主催イベント「パフィーが対バン『愛の説教小屋』〜吉村、誕生日だってよ。説教してやろうぜ〜」を開催した。


【その他の画像】PUFFY

この日の東京は寒かった。ビルの最上階へ目をやると、電光掲示板には“5℃”とある。しかし、雪が積もると言われていただけに、傘を持たずに済んだだけでもありがたい。品川ステラボールの外で開場を待っていたPUFFYファンもきっとそう思っていたことだろう。

そう、今日は「パフィーの愛の説教小屋」の第3 弾、「パフィーが対バン『愛の説教小屋』〜吉村、誕生日だってよ。説教してやろうぜ〜 町田の狂った兎 大貫亜美 vs 寝屋川のアナコンダ 吉村由美」である。これまで、T.M.Revolution、でんぱ組.incといった強者との戦いを経てきた2人が今回相見えるのはなんと相方。身内同士の仁義なき戦いである。記念すべき結成20周年イヤーに改めて結束を深めるか、はたまた袂を分かつことになるのか、すべては今日のステージにかかっているのである。

しかし、一体どんな内容になるのだろう。2人がそれぞれのソロ曲を歌っておしまい? いやいや、そんなはずはないだろう。あのPUFFYがファンの予想通りのことをやるはずがない。

さらに、今日は吉村の誕生日ということで、開演前からお祝いムードが漂っていた。古今東西のバースデイソングが次から次へとBGMとして流れるのである。これじゃあまるで、「さあ、私のことを祝え!」と言わんばかりではないか。こんなコッテリ具合もPUFFYらしい。

そんな誕生日ムードにすっかり当てられた頃、“吉村由美の実姉”による注意事項が流れる。「アメ村でワルさを繰り返していたあのコ(吉村)が…」から始まる諸注意に場内はクスクス笑い。今日の展開の片鱗を掴んだところで、いつものおどろおどろしいオープニングムービーがスタート。

「ねぇ、亜美ちゃん。亜美ちゃんはPUFFYのリーダー何年ぐらいやってるの?」とリーダーの大貫に質問を投げかける吉村。さらに、「ギャラの取り分が8:2っておかしくない?」と問い詰める。レコーディングの時に出前のメニューを決める、ライヴの打ち上げで乾杯の音頭を取るという“重要な仕事”があると言い張る大貫だが、PUFFYのためには自分がリーダーになった方がいいと吉村は主張。最後には「このババア!」「解散だ、解散!」という言葉が飛び交い、話し合いは決裂。「今日、この場で白黒つけてやろうじゃないのよ!」という吉村の絶叫が場内に響いた後、SEのHi-STANDARD「Can\'t Help Falling In Love」が流れだす。

まず、ステージ上に現れたのは4人のバンドメンバー、フジタユウスケ(G)、伊東ミキオ(Key)、BOBO(Dr)、木下裕晴(B)。なんと全員タキシード。そして、彼らに続いて登場したのは、この日の司会を務める茂木淳一。彼もまたタキシードにシルクハット姿でビシっと決めている。なんといっても今日は吉村の誕生日。正装は必須である。そんなステージを見つめる観客は、いつもと異なる流れにゴクリと息を呑む。「こんなふざけた展開で息を呑むってなんだ」と思うだろうが、何が起ころうとしているのかこの時点では予測不能だったのだ。

舞台が整ったところで茂木は、大貫と吉村のどちらがリーダーに相応しいのか、会場にいるファンが決める「リーダー総選挙」の開催をアナウンスし、今日は2人が交互にステージに現れてパフォーマンスすることを知らせた。

そして、遂にライブスタート。茂木に呼び込まれた大貫がパジャマ姿で登場し、ソロデビュー曲「Honey」を披露。当時とは違って、深みのあるボーカルでじっくりと聴かせる。大貫が袖にはけると、今度は吉村が呼び込まれる。

すると吉村は茂木に「亜美派か由美派かどっちかな?」と本人を目の前に答えづらい質問を投げかけ、“わいろ”と大書された茶封筒を手渡す。「困ります!」と最初こそ拒んだものの、結局タキシードの内ポケットにしまい込む茂木。ワイロ効果か、「いつもやさしくて、美人な吉村由美さんにさっそく歌っていただきましょう!」とあからさまに吉村寄りの曲紹介を受けて彼女が歌ったのはソロデビュー曲「V・A・C・A・T・I・O・N」。小西康陽によるポップなメロディを、当時と変わらぬ素直でのびのびとしたボーカルで披露。間奏では客席にもワイロの飴ちゃんを投げ込むことを忘れない。

こんな風にして、「愛の説教小屋」史上最も茶番色の濃いステージが進行していく。

今日のイベントが面白いのは、ソロ曲を交互に披露していくことで2人のキャラがよりはっきりと見えてくること。英詞曲を中心にパフォーマンスする大貫のボーカルはかなり力強い。吉村がMCで「亜美ちゃんが『Radio Tokyo』歌って、ちょっと上手かったからカチンときた」と話していたように、ちょっと驚くほどの存在感だ。90年代オルタナティブロックが好きな人には、Juliana Hatfieldのような粗野さとキュートさが同居した声、と言えば伝わるだろうか。さらに彼女は「Dancing Queen」のカバーでエレキギターも披露してファンを驚かせた。一方、吉村は一切気負いを感じさせない、リラックスしたパフォーマンス。彼女の場合、初期の曲を歌ってもいい意味で以前のイメージと変わらない。ただ、大貫に触発されてか、徐々に歌唱に熱がこもっていく感じが伝わってくる。こうして2人の歌を聴いていると、如何にしてPUFFYの歌が成立しているのかを改めて実感させられる。

合間合間に匿名希望のバックバンドメンバーが大貫をディスったり、どこぞの幼稚園児たちが吉村をケチョンケチョンにこき下ろしたりするVTRが流れ、ファンがすっかりこの茶番を楽しんでいると、唐突にサプライズがやってきた。

最初に仕掛けたのは大貫。往年のボディコンファッションに身を包んだ彼女が引き連れてきたのは土岐麻子。土岐が、「やっぱり私は亜美派だなと思ったことがあって。お寿司おごってもらったじゃない? それで」という雑なエピソードで笑いを誘った後、カバーを2曲立て続けにプレイ。まずは言わずと知れた大名曲「Can\'t Take My Eyes Off You」。そして、Sheryl Crowによる90年代のヒット曲「If It Makes You Happy」。大貫はエレキギター、土岐はアコギを手に息のあったハーモニーを聴かせた。

場の空気を一気にかっさらったのは吉村。「20年来の親友の歌を1人で頑張って歌いたいと思います」と相川七瀬の大ヒット曲「夢見る少女じゃいられない」を歌い始める。そして、2番に差し掛かったところで、彼女の背後から白いライダースジャケット姿の本人が登場。この粋な演出に客席は大盛り上がり。続いては、同じく相川の大ヒット曲「彼女と私の事情」を披露。この歌詞は、当時一緒にお風呂に入るぐらい仲の良かった吉村のことを思って相川が書いた曲だという。

まさかのゲストに興奮冷めやらぬ客席。「一瞬、PUFFYのことを忘れてしまうような、熱のこもったステージ」という茂木の表現は決して言い過ぎではない。双方の持ち曲はこれにて終了。佳境を迎えたリーダー総選挙は観客の拍手の音量で決することになった……はずなのだが、「ビデオもワイロも中途半端なんだよ! アナコンダじゃなくて、アナダラケだよ!」「優等生ぶって、英語の歌ばかり歌いやがってよ! 家でいつもマンガ読んでんじゃねぇかよ!」とここにきて2人が大揉め。そんな様子に業を煮やした茂木が、「この茶番はなんだよ! そこそこ歌が上手くて、けっこうかわいくて、仲が良いのがPUFFYだろ!」と大爆発。無理やり2人に仲直りの握手をさせ、衣装を着替えてくるように指示。2人はステージを一旦降り、再び戻ってきたのだが、2人が姿を現した途端に驚き混じりの歓声が飛ぶ。

なんと、2人ともデビュー当時によく着ていた懐かしの水色のTシャツを着ていたのだ。そして、改めてお互いに謝罪した後、遂に2人揃ってのパフォーマンスが始まる。

まずは「パフィーのルール」。この2人が揃うだけでこんなに違うかと思うぐらい前のめりなパフォーマンス。そうだ、これこそがPUFFYなんだ。その後、「パフィピポ山」、「Hi Hi」、「赤いブランコ」、「アジアの純真」と一気に畳み掛け、あっという間に本編は終了。

アンコールでは、最後に披露する「ともだち」にまつわる思い出を語ろうとした吉村だったが、ここで突然ハッピーバースデイの歌と共にケーキが登場。祝われることが苦手という吉村だが、「今日はこんなに来ていただけてうれしいです」とファンへお礼。

そして、デビュー20周年記念ベストアルバム『非脱力派宣言』リリースのサプライズ告知でお返しをした。そして、「ともだち」をプレイし、これで終わりかと思いきや、大貫がBOBOに代わってドラムセットにスタンバイ。彼女がドラムを叩くから、吉村は“アノ曲”のボーカルを1人でやれという。そう、これは大貫から相方への最後のサプライズ。ケーキが出てくるところまでは予想していた吉村もこれは予想外だったようだ。そして、プレイしたのはPUFFYの「ハッピーバースデイ」。意外なことに、大貫のドラムが実に上手かった。3人のプロドラマーから教わったと言っていたが、それだけで叩けるものではない。きっと、しっかり個人練もこなしたんだろう。相方への愛あふれるアンコールにグッときた。

最後は、全出演者から吉村に花が渡されてエンディング。バカバカしさに溢れた3 時間はPUFFYのライヴ史上最長だという。しかし、不思議と長さは感じなかった。台本が練られていたことも理由のひとつだろうが、それ以上に演者全員がこの茶番劇を楽しんでいたことが大きい。そんなPUFFYが好きなんだ。

■【セットリスト】

<オープニング>
1.HONEY (亜美)
2.V・A・C・A・T・I・O・N (由美)
3.Radio Tokyo (亜美)
4.Destruction Pancake (由美)
5.Dancing Queen (亜美)
---VTR---
6.バンザーイ! (由美)
7.Be Someone Tonight (亜美)
---VTR---
8.愛のオーラ (由美)
---VTR---
9.Can\'t Take My Eyes Off You (亜美/土岐)
10.If It Makes You Happy (亜美/土岐)
11.夢見る少女じゃいられない (由美/相川)
12.彼女と私の事情 (由美/相川)
---MC---
13.パフィーのルール
---MC---
14.パフィピポ山
15.Hi Hi
16.赤いブランコ
17.アジアの純真
<ENC>
1.ともだち
2.サプライズ
3.ハッピーバースデイ

【関連リンク】
PUFFY オフィシャルHP
PUFFY、デビュー20周年記念ベストアルバム『非脱力派宣言』発売決定
奥田民生の生誕50年ライブに豪華アーティスト集結、「イージュー★ライダー」大合唱&大合奏
相川七瀬、恒例となった“七瀬の日"ライブのDVDを3月16日にリリース

【関連アーティスト】
PUFFY, 土岐麻子
【ジャンル】
J-POP, ライブ

ソナポケ、バレンタイン企画で逆チョコをファンに手渡し
Sun, 14 Feb 2016 15:00:00 +0900
2月12日(金)@渋谷ヒカリエShinQs (okmusic UP\'s)

アルバム『ソナポケイズム(6)〜愛をこめて贈る歌〜』のリリースを控えるソナーポケットが、2月12日に渋谷ヒカリエShinQsにて、逆チョコをメンバー自ら手渡しするイベントを行った。

【その他の画像】ソナーポケット

ソナポケがオープニングを務めるTVアニメ『虹色デイズ』と渋谷ヒカリエShinQsが共同して行っている『ショコラZakkaフェスティバル×虹色デイズ』のイベントに、サプライズ企画としてソナポケが参加し、実現したこのイベント。数量限定で用意されたチョコレートは、その名も“愛をこめて贈るチョコ”。「虹色デイズ」とソナポケのスペシャルパッケージに包まれたチョコレートを、集まったファン1人1人に“愛をこめて”手渡した。

なお、1年振りとなるオリジナルアルバムの【初回限定盤】に付属されるDVDには5曲のMVと、昨年9月に行われた全国ツアー『ソナポケイズム Vol.5』渋谷公会堂公演の模様がほぼ全編収録されており、【通常盤】にはボーナストラックを含む14曲が収録されている。

リリース後の4月2日からは、名古屋ガイシホールを皮切りに、5月21日のさいたまスーパーアリーナまでの約2か月間、アリーナ公演を含む全国ツアー『ソナポケイズムJAPAN TOUR 〜7th Anniversary Special〜』(全12公演)も控えている。今回のツアーでは、ソナポケにとって初のアリーナ公演となる地域も含まれており、ソナポケが提唱する“笑顔の連鎖”が年々、着実に大きな拡がりをみせている表れだろう。どんなステージを見せてくれるのか、今から楽しみでならない!

【関連リンク】
ソナーポケット オフィシャルHP
「虹色デイズ」主演声優・松岡禎丞が1日店長に、12日には主題歌担当・ソナーポケットの来場も
アニメ『虹色デイズ』のOPを担当!ソナーポケットの心温まる曲5選
ソナーポケットの新曲「愛をこめて贈る歌」MVにジャンポケ・太田&近藤千尋夫妻が登場

【関連アーティスト】
ソナーポケット
【ジャンル】
J-POP, イベント

テスラは泣かない。、吉牟田直和(Bass)が約ー年間のバンド活動休止を発表
Sun, 14 Feb 2016 13:00:00 +0900
テスラは泣かない。  (okmusic UP\'s)

テスラは泣かない。の吉牟田直和(Bass)が、4月よりバンド活動を約一年間休止し、学業に専念することを発表した。

【その他の画像】テスラは泣かない。

これは2月13日に行われた「ジョハリの窓」リリースツアーのファイナルとなるワンマンライブで発表されたもので、 以前より鹿児島県内の大学の医学部に在籍していた吉牟田は、学業とのけじめをつけ、より音楽活動に専念する為に今回の一時休止を決意したという。バンドは4月から吉牟田の復帰までの約一年間、サポートベーシストを迎え、これまでと変わらずに活動を続ける。

それに伴い、吉牟田の休止前の最後のライブ出演として、 3月27日にshibuya eggmanにて自主企画イベント『High noble MATCH! In TOKYO』を開催する事も発表された。 ゲストにはバンドとの親交の深い、空想委員会と、ヒトリエを迎え3マンライブを行う。

また、3月18日には地元鹿児島のSR HALLで開催の自主企画イベント『High noble MATCH!in KAGOSHIMA』の会場が、 同ビル8FのCAPARVO HALLに変更されることも明らかとなった。 チケット前売の段階から大勢の来場が見込まれている事から、 多くの人にライブを楽しんでもらいたいというバンドの希望で、より大きな会場での開催となった。

【吉牟田直和(Bass)コメント】
約一年間バンドを離れるにあたって、今まで応援していてくれた皆様に何を伝えれば良いのだろう?
何を言っても、個人的な事情に変わりはなく、言い訳にしかならないのではないか? と、悩みました。

しかし、言えることは、一つだけなのではないかと思います。
「必ず戻ってくるのだ」という至極単純な事実であります。

―― テスラは泣かない。というバンドは次の五月で八年目を迎えます。
そして、もちろん、これからも続いていくでしょう。
長いバンド生活、そしてこれからもっと長くなっていくであろうバンド生活の中で、僕は少しだけ時間を貰います。
学業にケジメをつけて、もっともっと音楽に集中するために!

さて、しのごの言ってもしょうがないので、一言。
「ちょっくら行ってきます!バンドをよろしく!」

【村上学(Vo&Gt)コメント】
テスラは泣かない。を見守ってくれている皆様、いつも本当にありがとうございます。
吉牟田が休んでいる一年間も、彼はメンバーの一員に変わりません。
四年前、今のメンバーになった時に“これからはこの四人でやっていく"という意思を込めて、
僕らはバンド名に「。」を加えました。それが今の“テスラは泣かない。"です。

これからの1年間も、僕らは様々な素晴らしいサポートメンバーを迎え、
今以上に精力的にライブを重ね、さらに進化していくつもりです。
そして一年間後、お互いが見違える姿で再会を果たします。
これは吉牟田との約束であり、僕らと皆様との約束です。

約束の場所も、それまでの道のりも、素晴らしいものにしてみせます、
どうかついて来てください!

■『テスラは泣かない。presents High noble MATCH! in TOKYO #3』

3月27日 shibuya eggman
出演:テスラは泣かない。 / 空想委員会 / ヒトリエ

■『テスラは泣かない。presents High noble MATCH!in KAGOSHIMA vol.3』

3月18日 鹿児島・CAPARVO HALL
※鹿児島・SR HALLから会場が変更となりました。
出演:テスラは泣かない。 / ヒトリエ / Suck a Stew Dry

【関連リンク】
テスラは泣かない。 オフィシャルHP
テスラは泣かない。、赤十字献血啓発イベントにゲスト出演決定
テスラは泣かない。、地元鹿児島で毎年恒例の自主企画イベント開催決定
テスラは泣かない。が地元・鹿児島銀行のCM第2弾に出演決定

【関連アーティスト】
テスラは泣かない。
【ジャンル】
ジャパニーズロック

WHITE ASH、新曲MVとニューアルバムジャケ写を公開
Sun, 14 Feb 2016 12:00:00 +0900
アルバム『SPADE3』 (okmusic UP\'s)

WHITE ASHが3月16日にリリースする4枚目のアルバム『SPADE 3』から、最新曲「Blaze」のMVを公開した。

【その他の画像】WHITE ASH

今作は今まで以上に壮大なロケーションの中、爆炎に囲まれたメンバーが演奏する姿が見られる。またWHITE ASHのMVと言えば、のび太(Vo./Gt.)が「例の恰好」に扮した姿を見せることが定番となっているが、冒頭から「例の恰好」ののび太が不穏な行動をとり続け、いったい何をしているのか。が、見どころとなっているので、MVの最後の最後まで目が離せない監督は加藤マニ氏で、「Paranoia」「Kiddie」以来のディレクションとなった。

さらに、オフィシャルHPではアルバム「SPADE 3」のジャケットワークが公開され、iTunesでは音源「Blaze」が、GyaoではMV「Blaze」が先行配信を開始。いよいよ発売約1か月前となり、アルバムの様相が見え始め、期待に胸が膨らむ一方である。

また、アルバムのチェーン別特典も同時に発表となっており、主要CDショップでは、アルバム購入時に「オリジナルラバーバンド」が手に入るとのことで、数に限りがあるので早めにゲットしよう。タワーレコード郡山店では、地元福島出身のギタリスト山さんのこの夏の暑い青春を凝縮した「俳句TシャツDVD」がつき、更に発売時には、等身大山さんパネルが登場する。福島では山さんの風が吹いている。

■「Blaze」、iTunesにて先行配信開始
https://itunes.apple.com/jp/album/id1080231345?app=itunes&ls=1
■「Blaze」MV、Gyaoにて動画配信スタート
http://gyao.yahoo.co.jp/player/00193/v09088/v0908000000000534029/

■「Blaze」MV
https://youtu.be/MwIyisny7R8

■アルバム『SPADE 3』

2016年3月16日発売 
【初回盤】(CD+DVD)
VPCC-80678
【通常盤】(CD)
VPCC-81863
<収録曲>
Blaze
Spade Three
Insight
Ledger
The Phantom Pain

<初回版DVD収録内容>
2015.4.17開催「DARK EXHIBITION」@新木場STUDIO COAST LIVE映像収録

◎チェーン別オリジナル特典
■タワーレコード
ラバーバンド(タワーレコードver.)
■タワーレコード郡山店2大企画決定!
・山さん等身大パネル登場!!
・郡山限店定オリジナル特典!「山さん福島を詠む、俳句TシャツドキュメンタリーDVD 〜福島や ああ 福島や〜」
※ラバーバンドとのW特典になります。
■HMV
ラバーバンド(HMV ver)
■TSUTAYA RECORDS
・ラバーバンド(TSUTAYA RECORDS ver)
・ツタロックキャンペーン応募ハガキ(抽選で3名にサイン入りオリジナルグッズプレゼント)

【関連リンク】
WHITE ASH オフィシャルホームページ
WHITE ASH、自主チャリティワンマンで来年3月にアルバムリリースを発表
WHITE ASH、ツアーファイナル終了&MV2本同時公開
WHITE ASH、『MGSV: TPP』のキャンペーンソングを世界配信

【関連アーティスト】
WHITE ASH
【ジャンル】
ジャパニーズロック

夜の本気ダンス、幻の1stミニアルバム『ヤングアダルト』の復刻盤リリースが決定
Sun, 14 Feb 2016 11:00:00 +0900
ミニアルバム『ヤングアダルト』 (okmusic UP\'s)

3月9日にメジャーデビューアルバム『DANCEABLE』をリリースする夜の本気ダンスだが、今度はインディーズ・バンドとして初めてリリースした、幻のファーストミニアルバム『ヤングアダルト』を復刻盤としてリリースすることが決定した。

【その他の画像】夜の本気ダンス

これは現在廃盤となっており、入手が困難な状態で、オークションサイト等では高値で取引されている1枚。なぜなら、今もライブ出演の際にSEとして使用されている楽曲「ロシアのビッグマフ」や、彼らのライブに、もはや欠かせない1曲となっている「fuckin\'so tired」など、現在もライブで定番となっている人気曲を収録した1枚。しかも、当時の音源をリマスタリングしてグレードアップした内容になっている。リリース日は3月30日。夜の本気ダンスの結成日が3月31日なので、結成記念日イブいう記念すべき日にリリースとなる。

また、2月18日(木)の福岡DRUM BE-1を皮切りに全国9カ所にて開催される「スペースシャワー列伝15周年記念公演 JAPAN TOUR 2016 supported by uP!!!」の各会場の即売ブースにて、メジャー1stアルバム『DANCEABLE』の先行予約が可能に! もちろんただの先行予約ではなく、予約してくれた方にはもれなく、会場限定予約特典の“DANCEABLE フラゲ缶バッジ"が付いてくる。各会場ともライブチケットを持っていない方でも会場外の即売ブースにて予約することができるので、是非この機会をお見逃しなく!!

■ミニアルバム『ヤングアダルト』

2016年3月30日発売
VICL-64560/¥1,300+税
<収録曲>
1. Afro
2. This is pop
3. fuckin\' so tired
4. Candy tune
5. for young
6. ロシアのビッグマフ

【関連リンク】
夜の本気ダンス オフィシャルHP
夜の本気ダンス、ニューアルバムよりリード曲「Crazy Dancer」MV公開
来てるぜ、バンドブーム! 2016年、さらなる活躍に期待する注目バンド5選
夜の本気ダンス、メジャー1stアルバムのジャケット写真&初回盤DVD収録曲発表

【関連アーティスト】
夜の本気ダンス
【ジャンル】
ジャパニーズロック

DearLoving、LAID、JURASSIC出演の「Earliest Memories」決定! TSUTAYA O-WESTにて一夜限りの競演
Sun, 14 Feb 2016 10:00:00 +0900
「Earliest Memories」 (okmusic UP\'s)

DearLoving、LAID、JURASSICによるイベント「Earliest Memories」の開催がバレンタインデーである2月14日に発表された。

【その他の画像】DearLoving

結成23年目を迎えたDearLoving、そして2002年に解散した関西発ロックバンドLAID、2004年に解散した長崎発ロックバンドJURASSIC。90年代にライヴハウスに足を運んでいたファンには聞き覚えのあるバンド名ではないだろうか。

この3バンドが8月7日(日)TSUTAYA O-WESTに集結し共演することが発表された。LAIDとJURASSICは一夜限りの限定復活。イベント開催の背景としては、共通の知人の呼び掛けに全アーティストが快諾し、初の組合せが実現する運びとなった。

90年代以降、ライヴハウスシーンを盛り上げていた3バンドの共演は必見。ぜひともプレミアムチケットをゲットしたいところだ。

■公演Twitter(@Earliest2016)
https://twitter.com/earliest2016

■【コメント】

「それぞれのファンが喜んで頂ける夜になるでしょう!」(MASA(Vo)/ DearLoving)

「時間を越えてもう一度LAIDとしてステージへ向かいます。ほんの少しあの頃に戻って…。ROCKMAN\'s spiritsを感じてもらえれば嬉しいです!」(RYO(Vo)/ LAID)

「まさか、またこのメンツでライヴ出来るなんて夢のよう。やるからにはガチンコでいきます!」(YU+KI(Vo)/ JURASSIC)

■「Earliest Memories」

8月07日(日) TSUTAYA O-WEST(東京)
OPEN 17:00 / START 17:30
<チケット>
発売日:3月5日(日)
プレイガイドのみ販売 
ローソンチケット:Lコード 72041

【関連リンク】
「Earliest Memories」公演特設サイト

【関連アーティスト】
DearLoving, LAID, JURASSIC
【ジャンル】
ビジュアル













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1