歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2016年02月13日)
バックナンバー
最新ニュース
2016/02/22
2016/02/21
2016/02/20
2016/02/19
2016/02/18
2016/02/17
2016/02/16
2016/02/15
2016/02/14
2016/02/13
2016/02/12
2016/02/11
2016/02/10
2016/02/09
2016/02/08
2016/02/07
2016/02/06
2016/02/05
2016/02/04
2016/02/03
2016/02/02
2016/02/01
2016/01/31
2016/01/30
2016/01/29
2016/01/28
2016/01/27
2016/01/26
2016/01/25
2016/01/24
2016/01/23
2016/01/22
2016/01/21
2016/01/20
2016/01/19
2016/01/18
2016/01/17
2016/01/16
2016/01/15
2016/01/14
2016/01/13
2016/01/12
2016/01/11
2016/01/10
2016/01/09
2016/01/08
2016/01/07
2016/01/06
2016/01/05
2016/01/04
2016/01/03
2016/01/02
2016/01/01
2015/12/31
2015/12/30
2015/12/29
2015/12/28
2015/12/27
2015/12/26
2015/12/25
2015/12/24
2015/12/23
2015/12/22
2015/12/21
2015/12/20
2015/12/19
2015/12/18
2015/12/17
2015/12/16
2015/12/15
2015/12/14
2015/12/13
2015/12/12
2015/12/11
2015/12/10
2015/12/09
2015/12/08
2015/12/07
2015/12/06
2015/12/05
2015/12/04
2015/12/03
2015/12/02
2015/12/01
2015/11/30
2015/11/29
2015/11/28
2015/11/27
2015/11/26
2015/11/25
2015/11/24
2015/11/23
2015/11/22
2015/11/21
2015/11/20
2015/11/19
2015/11/18
2015/11/17
2015/11/16
2015/11/15
2015/11/14
2015/11/13
2015/11/12
2015/11/11
2015/11/10
2015/11/09
2015/11/08
2015/11/07
2015/11/06
2015/11/05
2015/11/04
2015/11/03
2015/11/02
2015/11/01
2015/10/31
2015/10/30
2015/10/29
2015/10/28
2015/10/27
2015/10/26
2015/10/25
2015/10/24
2015/10/23
2015/10/22
2015/10/21
2015/10/20
2015/10/19
2015/10/18
2015/10/17
2015/10/16
2015/10/15
2015/10/14
2015/10/13
2015/10/12
2015/10/11
2015/10/10
2015/10/09
2015/10/08
2015/10/07
2015/10/06
2015/10/05
2015/10/04
2015/10/03
2015/10/02
2015/10/01
2015/09/30
2015/09/29
2015/09/28
2015/09/27
2015/09/26
2015/09/25
2015/09/24
2015/09/23
2015/09/22
2015/09/21
2015/09/20
2015/09/19
2015/09/18
2015/09/17
2015/09/16
2015/09/15
2015/09/14
2015/09/13
2015/09/12
2015/09/11
2015/09/10
2015/09/09
2015/09/08
2015/09/07
2015/09/06
2015/09/05
2015/09/04
2015/09/03
2015/09/02
2015/09/01
2015/08/31
2015/08/30
2015/08/29
2015/08/28
2015/08/27
2015/08/26
2015/08/25
2015/08/24
2015/08/23
2015/08/22
2015/08/21
2015/08/20
2015/08/19
2015/08/18
2015/08/17
2015/08/16
2015/08/15
2015/08/14
2015/08/13
2015/08/12
2015/08/11
2015/08/10
2015/08/09
2015/08/08
2015/08/07
2015/08/06
2015/08/05
2015/08/04
2015/08/03
2015/08/02
2015/08/01
2015/07/31
2015/07/30
2015/07/29
2015/07/28
2015/07/27
2015/07/26
2015/07/25
2015/07/24
2015/07/23
2015/07/22
2015/07/21
2015/07/20
2015/07/19
2015/07/18
2015/07/17
2015/07/16
2015/07/15
2015/07/14
2015/07/13
2015/07/12
2015/07/11
2015/07/10
2015/07/09
2015/07/08
2015/07/07
2015/07/06
2015/07/05
2015/07/04
2015/07/03
2015/07/02
2015/07/01
2015/06/30
2015/06/29
2015/06/28
2015/06/27
2015/06/26
2015/06/25
2015/06/24
2015/06/23
2015/06/22
2015/06/21
2015/06/20
2015/06/19
2015/06/18
2015/06/17
2015/06/16
2015/06/15
2015/06/14
2015/06/13
2015/06/12
2015/06/11
2015/06/10
2015/06/09
2015/06/08
2015/06/07
2015/06/06
2015/06/05
2015/06/04
2015/06/03
2015/06/02
2015/06/01
2015/05/31
2015/05/30
2015/05/29
2015/05/28
2015/05/27
2015/05/26
2015/05/25
2015/05/24
2015/05/23
2015/05/22
2015/05/21
2015/05/20
2015/05/19
2015/05/18
2015/05/17
2015/05/16
2015/05/15
2015/05/14
2015/05/13
2015/05/12
2015/05/11
2015/05/10
2015/05/09
2015/05/08
2015/05/07
2015/05/06
2015/05/05
2015/05/04
2015/05/03
2015/05/02
2015/05/01
2015/04/30
2015/04/29
2015/04/28
2015/04/27
2015/04/26
2015/04/25
2015/04/24
2015/04/23
2015/04/22
2015/04/21
2015/04/20
2015/04/19
2015/04/18
2015/04/17
2015/04/16
2015/04/15
2015/04/14
2015/04/13
2015/04/12
2015/04/11
2015/04/10
2015/04/09
2015/04/08
2015/04/07
2015/04/06
2015/04/05
2015/04/04
2015/04/03
2015/04/02
2015/04/01
2015/03/31
2015/03/30
2015/03/29
2015/03/28
2015/03/27
2015/03/26
2015/03/25
2015/03/24
2015/03/23
2015/03/22
2015/03/21
2015/03/20
2015/03/19
2015/03/18
2015/03/17
2015/03/16
2015/03/15
2015/03/14
2015/03/13
2015/03/12
2015/03/11
2015/03/10
2015/03/09
2015/03/08
2015/03/07
2015/03/06
2015/03/05
2015/03/04
2015/03/03
2015/03/02
2015/03/01
2015/02/28
2015/02/27
2015/02/26
2015/02/25
2015/02/24
2015/02/23
2015/02/22
2015/02/21
プリシラ・アーン、ニューアルバム『LA LA LA』を3月にリリース
Fri, 12 Feb 2016 21:00:00 +0900
プリシラ・アーン (okmusic UP\'s)

スタジオジブリ映画「思い出のマーニー」の主題歌を歌ったプリシラ・アーンのニューアルバム『LA LA LA』が3月9日に発売される。

【その他の画像】プリシラ・アーン

三鷹の森ジブリ美術館でミニコンサートを行ったことが縁となり、「思い出のマーニー」の主題歌に大抜擢され、ジブリ史上初となる全編英詞「Fine On The Outside」を歌ったプリシラ・アーン。その透明感溢れる歌声と作品に合った歌詞で、日本中を魅了したことは記憶に新しい。

また、2015年にはNHK広島放送局製作のテレビドラマ特別番組「被爆70年特集ドラマ・赤レンガ」(中国地方5県のNHK総合テレビで放送後、NHK-BSプレミアムでも放送)の主題歌をつとめるとともに、主人公のアニー役を演じて女優デビューもするなど、精力的に活動を続けてきた。

3月9日に発売するアルバムは、親日家でもある彼女の希望もあって日本先行発売が決定。テーマは「未来を担う“子どもたち”」。子どもから大人まで、だれもがハッピーになれる作品に仕上がっている。

さらに、ボーナストラック「ぼくはくま」(宇多田ヒカルの曲カバー、NHK「みんなのうた」作品)、「見えない羽根」(NHK「みんなのうた」作品)の2曲を加えた、全14曲が収録される。

ジャケットはこれまでのプリシラのアルバムとはまったく違った切り口で、パステルテイストのカラージャケット、そして歌詞ブックレットは「ラララのぬりえブック」という、そのまま子どもにも楽しんでもらえる特別付録の仕様になっている。

アルバム発売に先駆けて、商品特設サイトも開設。自身による、人柄溢れる楽曲解説もあり、遠くアメリカに住んでいる彼女を近くに感じられる内容となっている。気になる方はぜひ手にとって、彼女の歌声の魅力に触れてほしい。

■【プリシラ・アーン コメント】

「子どもたちのためのアルバムを作りたい。私は常々そう思ってきました。なぜなら彼らは、私がこの地球上で大好きな人間たちだからです。これまで書き溜めてきた楽曲の中から最良のエネルギーとポジティヴなメッセージを持ち、子どもたちが何らかの形で心の中にしまっている内向きな感情―それは私自身、子どもの時に感じていたもの―に触れた楽曲を選ぶことにしました。」

■アルバム『LA LA LA』

2016年3月9日発売
YCCW-10273/¥2,500+税
■Amazon
http://www.amazon.co.jp/dp/B01AFRYHF6/
<収録曲>
01. Vampire! / ヴァンパイア!
02. Forever & Forever / フォーエバー・アンド・フォーエバー
03. Body Sounds / ボディ・サウンズ
04. All By Myself / オール・バイ・マイ・セルフ
05. Elephant / エレファント
06. Little Boat / リトル・ボート
07. Leaves / リーブス
08. Des Jeunes Filles Et Des Fleurs / デ・ジョンヌ・フィーユ・エ・デ・フルール
09. Dust Bunny / ダスト・バニー
10. In My Bed / イン・マイ・ベッド
11. Desert Lullaby / デザート・ララバイ
12. Oyasumi / オヤスミ
13. ぼくはくま(ボーナストラック)
14. 見えない羽根(ボーナストラック)- 松本俊明 with プリシラ・アーン

【関連リンク】
アルバム『LA LA LA』特設ページ
プリシラ・アーン、新たなメッセージ動画到着&ニューアルバムのアートワーク公開
Rihwa、シングル「明日はきっといい日になる」を引っ提げた全国ツアーがスタート
MAY\'S 、MV3本同時公開&スペシャルライブにゲスト出演決定

【関連アーティスト】
プリシラ・アーン
【ジャンル】
J-POP

相対性理論、最新フルアルバム『天声ジングル』を4月27日にリリース
Fri, 12 Feb 2016 20:00:00 +0900
相対性理論 (okmusic UP\'s)

近年はマイ・ブラッディ・ヴァレンタイン、サーストン・ムーア、ペンギン・カフェらとのライブを行い、2015年にはジェフ・ミルズとの自主企画公演『回折III』を開催、CD+金属オブジェで作られた相対性理論 × Jeff Millsによる作品『スペクトル』を発表した相対性理論。いよいよ待望のフルアルバムが4月27日にリリースされる。


【その他の画像】相対性理論

レコーディング&ミキシングエンジニアには相対性理論・やくしまるえつこ作品でお馴染みの盟友・米津裕二郎、マスタリングはグラミー賞受賞エンジニアのテッド・ジェンセンが担当。アナログカッティングは、近年ではデヴィッド・ボウイ「★(Black Star)」、カニエ・ウェスト「My Beautiful Dark Twisted Fantasy」などのカッティングも手がけるレイ・ジャノスが担当。

今作はCD、アナログ盤(180g 重量盤LP)、高音質ハイレゾ盤(Blu-ray・BDM仕様)、カセットテープの4つのメディアでの同時発売となる(収録曲目はいずれも同内容)。緻密な音像・質感をあます事なく楽しむ事が出来るということだ。収録曲やアートワーク等の詳細は続報を待て!

■アルバム『天声ジングル』

2016年4月27日発売
【CD】
XNMR-66600/¥2,800+税
【アナログレコード 】(180g 重量盤LP)
XNMR-66601/¥3,300+税
※収録曲目は【CD】と同内容です
【カセットテープ】
XNMR-66602/¥2,200+税
※カセットテープ版オリジナルジャケット仕様
※カセットテープ製品の都合上、歌詞カードは封入されておりません
※収録曲目は【CD】と同内容です
【Blu-ray】(BDM 仕様)
XNMR-66603/¥3,800+税
※こちらは96Khz/24bitのハイレゾ音源を収録した高音質ブルーレイ盤です。(リニアPCM 96kHz/24bit 2chステレオ)
※収録曲目は【CD】と同内容です。
※音声コンテンツを収録しております。映像コンテンツは収録されておりません。
※音源データをポータブルプレイヤーやスマートフォンにも転送出来るBDM仕様です。
※CDプレイヤー、DVD プレイヤーでは再生できません。通常のブルーレイディスク・プレーヤーで再生可能です。

【関連リンク】
相対性理論 オフィシャルHP
アイドルに楽曲提供を行うバンドマンが急増、持ち曲と提供楽曲を比較
エミ・マイヤーと永井聖一(相対性理論)によるコラボアルバム発売決定
やくしまるえつこの新曲がアニメ「スペース☆ダンディ」エンディングテーマに

【関連アーティスト】
相対性理論, やくしまるえつこ
【ジャンル】
ジャパニーズロック

アンティック-珈琲店-、メジャー2ndシングル「JIBUN」のMVがGYAO!にて独占先行配信開始
Fri, 12 Feb 2016 19:00:00 +0900
アンティック-珈琲店- (okmusic UP\'s)

アンティック-珈琲店-(アンティックカフェ)のメジャー2ndシングル「JIBUN」(3月16日発売)のMUSIC VIDEOがGYAO!独占先行で解禁された。


【その他の画像】アンティック-珈琲店-

今回制作されたMUSIC VIDEOは、タイトルにもある「JIBUN」と向き合える場所、1人になれる場所・・・「自分革命」をテーマに、トイレを舞台にした構成になっている。

内容としては、各メンバーそれぞれトイレの個室に入り、トイレにこもって電話したり、ピザを食べたり、掃除したり、本を読んだり、水鉄砲で遊んだり、覗き見したりと、メンバーそれぞれが自分なりの向き合い方で「JIBUN」を演じている。さらに、ちょっとした遊び心をもった場面も!? 是非、トイレで「JIBUN」と1度向き合いながらMVを見てほしい。

そして、現在、絶賛放送中の大人気アニメ「デュエル・マスターズVSR」のエンディングテーマにも抜擢され、子供から大人と幅広い層に人気を博し、さらに海外人気も爆発中のアンカフェ(アンティック-珈琲店-)。

2月14日〜ライカエジソンを皮切りに、2ndシングルのリリース記念イベントも2ヶ月に渡って開催され、4月1日〜は、「自分革命」ツアーも全国18カ所で予定されている。是非、2016年のアンカフェにも期待してほしい!

■GYAO! 「JIBUN」MUSIC VIDEO
http://gyao.yahoo.co.jp/player/00102/v09985/v0993500000000542184/?list_id=197&tab=1&second=0&bplay=1

【関連リンク】
アンティック-珈琲店- オフィシャルHP
アンティック-珈琲店-、サンリオピューロランドにてSPイベントを開催!
アンティック-珈琲店-、ヴォーカル・みくの生誕祭を兼ねたツアー最終公演でサプライズ
アンティック-珈琲店-、全国ワンマンツアーが開幕

【関連アーティスト】
アンティック-珈琲店-
【ジャンル】
アニメ, ビジュアル, テレビ(番組/CM)

アレサ・フランクリンの『貴方だけを愛して』は、世界最高のシンガーとして君臨する彼女の原点となった作品
Fri, 12 Feb 2016 18:00:00 +0900
Aretha Franklin『I NEVER LOVED A MAN THE WAY I LOVE YOU』のジャケット写真 (okmusic UP\'s)

本作が世に出てから現在まで、世界最高の歌手としてポピュラー音楽の頂点に立ち続けるアレサ・フランクリン。彼女がいなければ、マイケル・ジャクソンもビヨンセもスティーヴィー・ワンダーも存在し得ないのではないかと思えるほど、その影響力は絶大だ。特に、本作から70年代半ばまでの彼女のアルバムは、他の追随を許さないほど圧倒的なレベルにあった。今回は、ロックやソウルというジャンルを超えるほどの影響力がある名盤中の名盤『貴方だけを愛して(原題:I NEVER LOVED A MAN THE WAY I LOVE YOU)』を取り上げてみよう。

■モータウン・サウンド VS メンフィス・サウンド

60年代中頃、イギリスのグループであるにもかかわらず、ビートルズやストーンズがアメリカで絶大な人気であった。この動きは第1次ブリティッシュ・インヴェイジョン(1)と呼ばれているが、他にもキンクス、アニマルズ、ハーマンズ・ハーミッツなど、僕が小学生の頃すでにこれらのグループのシングル盤を買っていた記憶があるので、アメリカだけでなく世界でもブリティッシュ・インヴェイジョンの波は、確実に押し寄せていたのである。

そんな中にあって、アメリカ内部にも大きなヒットメーカーが複数いた。ひとりは、デトロイト生まれの黒人、ベリー・ゴーディー・ジュニアである。彼が59年に設立した『モータウン・レコード』(2)は、60年半ば迄にマーヴィン・ゲイ、スティーヴィー・ワンダー、ジャクソン・ファイヴ、テンプテーションズ、ミラクルズ、マーサ&ザ・ヴァンデラス…などなど、数え上げればキリがないほど優れたミュージシャンのレコードを制作し、全米規模の大ヒットを連発していた。

モータウンの特徴は、黒人によって作られてはいたが、白人マーケットをかなり意識した、都会的で洗練された耳触りの良いサウンドにあった。この頃と言えば公民権運動(3)が盛んになり、白人も黒人も一緒になって差別をなくそうとしていた動きが盛んだったこともあって、モータウンは世界的に知られるレーベルとなっていく。そして、都会に流れ込む労働者が増えるにつれ、モータウンは売れ行きを伸ばしていく。

そして、もうひとり(正しくは一組)のヒットメーカーが、ジム・スチュアートとエステル・アクストンの姉弟。テネシー州メンフィスでこのふたりが共同経営者となって立ち上げた『スタックス・レコード(当初はサテライト・レコードという名称)』(4)は、モータウン・レコードより2年早く設立された。ただ、地元メンフィスでの人気はあっても、当初はひっそりと活動していた。全国レベルになるのは、大手のアトランティック・レコードが配給するようになってからであるが、それは次章で述べる。

オーティス・レディング、ルーファス・トーマス、ウィリアム・ベル、マーキーズ、ブッカー・T&ザ・MG\'sらを抱えたスタックスのサウンドは、ゴスペルをバックボーンにしたR&Bをベースにカントリー的な香りもするなど、独特であった。アメリカ人はスタックスで作られるレコードをいつしかメンフィス・サウンドと呼ぶようになっていた。南部には他にもハイ、ゴールドワックス、サウンドステージ・セブンなど、似たサウンドを持つレコード会社(似ているのは、同じレコーディング・スタジオを使っていたという理由がある)が次々に設立され、認知度は上がってきていた。日本では北部と南部という括りで、モータウン系はノーザン・ソウル、メンフィス系はサザン・ソウルと呼ぶことが多い。

田舎に住む黒人や白人たちは、ブルースやゴスペルに根ざした泥臭い音楽(R&Bのような)が好きだった。これを日本に当てはめるのは乱暴だけれども、例えば都会ではドリカムが流行ってても、田舎に住む年配の人は吉幾三のほうが好き、みたいな感じだと思ってもらえば分かりやすいかもしれない。要するに、モータウン・サウンドとメンフィス・サウンドは、どちらも黒人を中心にしたソウル音楽のスタイルなのだが“都会と田舎”“北部と南部”という真逆感を軸にした音楽性を持ち、それぞれの地域のリスナーを満足させていたのである。

■アレサ・フランクリンとアトランティック・レコード

アレサは幼少期から教会の聖歌隊で歌い、ゴスペルタッチの歌い方が得意な少女だった。最初に契約したコロンビア・レコードでは、ポピュラーシンガーとしてデビューしたために彼女の魅力が理解されず、売れない時期が長かった。彼女の実力を知っていたアトランティック・レコード(5)のジェリー・ウェクスラーは彼女を引き抜き、メンフィスでヒット作を量産していたミュージシャンらをバックに付け、レコーディングさせようと奔走する。

彼の尽力のおかげで、ようやく南部アラバマ州のフェイム・スタジオ(マッスルショールズ・サウンド・スタジオと並んで、メンフィス・サウンドのメッカのひとつ)で本作レコーディングの運びとなったものの、南部人と北部人(アレサはデトロイト育ち)の気質の違いもあって、スタジオでの進行は混迷を極めた。結局、1回目のセッションを録り終えたところで中断となり、残りはニューヨークのアトランティック・スタジオで録音されることになる。

■名作『貴方だけを愛して』

録音時にいろいろな問題があったものの、アルバムは1967年の3月にリリースされた。先行シングルとしてフェイム・スタジオで録音されたタイトルトラック「貴方だけを愛して」が2月に発売されると、その驚くべき歌唱力と、バックのシンプルながらも骨太の演奏が相乗効果を生み出し、ビルボードのR&Bチャートで1位を獲得する。

アルバムはチャートを上昇し、シングルと同様ビルボードのR&Bチャートで1位、ポップアルバム200でも2位という結果となっている。続いてリリースされた本作収録の2ndシングル「リスペクト」は当時人気絶頂にあって、ロックフェスにもよく出演していたオーティス・レディングの大ヒット曲で、アレサ・ヴァージョンがまたまた1位となる。まさに飛ぶ鳥を落とす勢いで、トップを維持しながら、アレサはこのまま70年代をポピュラー史上最高のシンガーとして君臨することになるのだ。ちなみに、2011年のローリングストーン誌が選ぶ『100人の偉大な歌手』では、1位にランキングされている。

本作に収録された楽曲は全てが名曲で、アレサの熱い歌唱ぶりに、アルバムを通して聴くだけでドッと疲れるほどだ。僕がこのアルバムと出会ったのは、中学3年生の頃。当時人気のあったマッスルショールズ録音のひとつとして知ったのだが、それから40年程度経つが、未だに愛聴盤である。何百回聴いたのか分からないぐらい聴いた。これだけの作品と出会えることは、人生の中でもそう多くはない。中でも、僕のお気に入りは、アレサと彼女の妹キャロリンが共作した「ベイビー・ベイビー・ベイビー(原題:Baby, Baby, Baby)」と、南部のシンガーソングライター、ダン・ペンが書いた「恋のおしえ(原題:Do Right Woman ? Do Right Man)」の2曲。

このアルバムに衝撃を受けた人は多いはずである。特に、アレサの歌唱力だけでなく、バックの演奏まで含めて本作に影響されたミュージシャンは、日本では忌野清志郎、上田正樹、桑田佳祐などがいるが、海外まで含めると星の数ほどいるのではないだろうか。

■神聖化するマッスルショールズ

面白いのは、多くのミュージシャンが、マッスルショールズでレコーディングすればすごいレコードが作れるかも…と考え、ここでのレコード制作を望んだことだ。ストーンズをはじめ、クラプトン、U2、ボズ・スキャッグス、シェール、ポール・サイモン、ロッド・スチュワート、トラフィック、アリシア・キーズらがマッスルショールズのスタジオでレコーディングしている。

興味のある人は、ドキュメンタリー『黄金のメロディ マッスル・ショールズ』や、彼女の映画デビューとなった『ブルース・ブラザーズ』(現在はどちらもDVD化されている)を観てほしい。アレサのすごさが分かると思うので…。

(1) ブリティッシュ・インヴェイジョン
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3

(2) モータウン・レコード
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%82%A6%E3%83%B3

(3) 公民権運動
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%95%E3%83%AA%E3%82%AB%E7%B3%BB%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E4%BA%BA%E5%85%AC%E6%B0%91%E6%A8%A9%E9%81%8B%E5%8B%95

(4) スタックス・レコード
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89

(5) アトランティック・レコード
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89

【関連アーティスト】
Aretha Franklin
【ジャンル】


amazarashi、文藝誌『別冊文藝春秋』にオリジナル詩を寄稿
Fri, 12 Feb 2016 18:00:00 +0900
amazarashi (okmusic UP\'s)

amazarashiの秋田ひろむが、1946年創刊の文藝誌『別冊文藝春秋』に書き下ろしの詩を寄稿した。2月19日(金)に主要電子書店にて発売される2016年3月号(322号)の巻頭ページに「青森唱歌」「死の克服」「インダビルディング」「セットリスト」「渋谷の夜明け」という五篇の詩と、詩に対する思いを綴ったエッセイ「詩への一言」が掲載される。


【その他の画像】amazarashi

強烈な歌詞世界が定評のamazarashi。現在までリリースしているCD全ての作品には、楽曲と同タイトルの詩集が掲載されているが、楽曲とは別テーマにて詩を寄稿するのは初めてのこととなり、初の文藝誌への寄稿は、歌詞世界の文学性の高さに惚れ込んだ編集部からの依頼で実現した。

また、amazarashiが2月24日にリリースする3rdアルバム『世界収束二一一六』の初回限定盤Aには、秋田ひろむが書き下ろしたオリジナル小説「花は誰かの死体に咲く」と、アルバム収録曲と同タイトルの詩集が掲載された上製本が同梱される。

■『別冊文藝春秋』とは
1946年の創刊以来、井伏鱒二、谷崎潤一郎、川端康成、坂口安吾、三島由紀夫など、時代を代表する作家の数々の名作を掲載してき文藝誌。より広い読者層に向けてリニューアルした2002年以降も、ミステリーからSF、恋愛小説、時代小説、マンガまで、ジャンルを問わず、多くの話題作を掲載している(角田光代『対岸の彼女』、三浦しをん『まほろ駅前多田便利軒』、横山秀夫『64(ロクヨン)』、桜庭一樹『私の男』、中島京子『小さいおうち』、ほしよりこ『逢沢りく』等)。2015年5月より完全電子化。隔月刊行、偶数月20日に主要電子書店にて販売中。
https://www.bunshun.co.jp/mag/bessatsu/

【関連リンク】
amazarashi オフィシャルHP
amazarashi、3rdアルバム詳細解禁&新曲「エンディングテーマ」の先行配信がスタート
amazarashi、YKBX制作の新曲「多数決」MVを公開
amazarashi、幕張メッセにて初360°ライヴ開催

【関連アーティスト】
amazarashi
【ジャンル】
ジャパニーズロック

Moccobond、ミニアルバム『告?前夜』を5?25?にリリース
Fri, 12 Feb 2016 18:00:00 +0900
Moccobond  (okmusic UP\'s)

Moccobondが2作?となる全国流通盤ミニアルバム『告?前夜』を、5?25?にリリースすることを発表した。


【その他の画像】Moccobond

前作『ナイスルーム』をリリースして以降、ライブ活動をいったん休?し、制作期間中にも何故かオリジナルビールを作るなど話題になっていた“クセがクセになる”バンド、Moccobond。昨年末のワンマンライブで、?年後の?阪野外?楽堂でのライブ?標を公?し、本作では?字通り『告?前夜』となる決意が感じられる。

2?16?に?阪・梅?Zeelaで?われるライブでは、今回収録される「ハレーション」が会場限定で先?販売される?込みの他、アルバムタイトル『告?前夜』にちなんで、いろいろな告?エピソードをTwitterを通じて募集している。インパクトのあるエピソードや?葉は、アルバムの帯のキャッチコピーとして採?される可能性もあり、興味がある?はハッシュタグ『#告?前夜』とつけてツイートしよう。

■ミニアルバム『告?前夜』

2016年5?25?発売
<収録曲>
1. ハレーション
2. やわらかな遭難
3. SILENT NIGHT
4. 夜が来ること
5. 夜が来たこと
6. 告?

【関連リンク】
Moccobond オフィシャルHP
Moccobond、初ワンマン後にメンバープロデュースメニューで忘年会を開催
Moccobond、来年1月14日に初の全国流通盤ミニアルバムをリリース
Moccobond、タワーレコード 4店舗限定で100円シングルを発売!

【関連アーティスト】
Moccobond
【ジャンル】
ジャパニーズロック

【連載コラム】稚菜、中森明菜の「セカンド・ラブ」をカバー
Fri, 12 Feb 2016 18:00:00 +0900
稚菜 (okmusic UP\'s)

本日12日。
今日から二日後は女の子ももちろんですが、
多くの男の子もドキドキしながら過ごす一日かもしれませんね。
そう、バレンタインデー。
女性から男性へチョコレートを贈るという儀式。
しかし、元々世界のバレンタインデーは異なっている事をご存知でしょうか?


世界のバレンタインデーは男女共に、家族や友人、恋人といった大切な人へ愛や感謝の気持ちを伝え合う日。
つまり女性から男性へ、というのは日本特有のやり方だし、
ホワイトデーという日はまずないのだそうです。
また愛の告白をするにあたっても、男性から女性へ、そしてチョコレートではなく花束だったそう。
じゃあ何故現在の日本のバレンタインはチョコレートなのか?
…実は日本のチョコレート会社のPRキャンペーンによるもの。
そして主に買い物客は女性が多い事から、女性から男性へ、という習慣にもなったそう。
まんまとハマっていますね。笑
どうですか?面白いでしょう?
私、ふと気になったこういううんちくを調べるのが結構好きなんです。笑

さてそんな女性からのバレンタインデーですが。
最近は男女関係なくチョコレートをあげる友チョコという習慣がいつの間にか流行っています。
私の高校の時も既にその風習が出来ていました。
もうバレンタインとか関係ないじゃん!
とは思いながらも、友達にあげるのと同時に好きな人にもさりげなく渡せる、という利点もある為気持ち的には楽なんだろうなぁ…そんな事を思った。
それに結局私自身も多めに作って友達に配ってたりもしましたしね。笑
好きな人には、特別にちょっと違うものを作ったり、多めに入れたりもね。
青春でした。笑
チョコレートやお菓子を作るのは昔から好きで、このバレンタインの時期になるとよく徹夜で作っていました。
家で夜中に甘ーいお菓子の香り。
…家族はいい迷惑だっただろうなぁ。
多い時には100人分以上の物を作ったりしていました。
自分でも何してたんだろう?って今は思いますよ。笑
でもすっごく大変でしたが、ちゃんと上手く出来た時のあの何とも言えない達成感。
今年は時間があったらまた何か作ろうかなぁ…なんて思います。

さてさて、今日の一曲。
バレンタインデー=愛の話をしたので、中森明菜さんの「セカンド・ラブ」を。
ちょっと切ない感じではありますが。
私が生まれる前の曲で、お客さんからのリクエストでいただいた曲。
これもまた私の引き出しにはない曲で、素敵な曲だなぁと。
是非聴いてみて下さい。

それでは。
https://www.youtube.com/watch?v=ollNSHwIoy8

【関連アーティスト】
中森明菜, 稚菜
【ジャンル】


Rihwa、シングル「明日はきっといい日になる」を引っ提げた全国ツアーがスタート
Fri, 12 Feb 2016 17:00:00 +0900
2月11日(木・祝) @HEVEAN’S ROCK さいたま新都心VJ-3 (okmusic UP\'s)

Rihwaが2月11日にHEVEAN\'S ROCK さいたま新都心VJ-3にて、2016年1月1日にリリースした8thシングル「明日はきっといい日になる」を引っ提げての全国ツアー「Rihwa\'s TOUR 2016 “TODAY MAKES TOMORROW"」の初日公演を開した。


【その他の画像】Rihwa

このツアーに向け髪をバッサリと切ってイメージチェンジしたRihwa。アンコールを含む珠玉の全19曲を熱唱した。最後の1曲にはファンにとって大きなサプライズとなった新曲「ありがとう、出会ってくれて」も初披露され、ツアータイトルに込められた「TODAY MAKES TOMORROW」(今日の自分が明日を作る)通り、素晴らしい明日を作る最高のライブを披露した。

このさいたま公演を皮切りにスタートした笑顔と元気を運ぶRihwaの素晴らしい歌声が聴けるこの全国ツアーをお見逃しなく!

■「Rihwa\'s TOUR 2016 “TODAY MAKES TOMORROW"」

2月11日(木・祝)埼玉 HEVEN\'S ROCK さいたま新都心VJ-3
2月14日(日)  札幌 PENNY LANE24
2月20日(土)  名古屋ボトムライン
2月21日(日)  京都 MUSE
2月27日(土)  福岡 イムズホール
3月05日(土)  岡山 CRAZYMAMA KINGDOM
3月06日(日)  大阪 梅田 CLUB QUATTRO
3月12日(土)  仙台 HooK SENDAI
3月13日(日)  東京 赤坂 BLITZ

【関連リンク】
三太郎シリーズやノンアルなど、心に残る最新CMソング
Rihwa、ニューシングル「明日はきっといい日になる」を2016年初春にリリース
Rihwaが歌う「明日はきっといい日になる」がダイハツのCMソングに決定
『New Acoustic Camp 2015』各アーティストの出演日がついに発表

【関連アーティスト】
Rihwa
【ジャンル】
J-POP, ライブ













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1