歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2016年01月23日)
バックナンバー
最新ニュース
2016/02/01
2016/01/31
2016/01/30
2016/01/29
2016/01/28
2016/01/27
2016/01/26
2016/01/25
2016/01/24
2016/01/23
2016/01/22
2016/01/21
2016/01/20
2016/01/19
2016/01/18
2016/01/17
2016/01/16
2016/01/15
2016/01/14
2016/01/13
2016/01/12
2016/01/11
2016/01/10
2016/01/09
2016/01/08
2016/01/07
2016/01/06
2016/01/05
2016/01/04
2016/01/03
2016/01/02
2016/01/01
2015/12/31
2015/12/30
2015/12/29
2015/12/28
2015/12/27
2015/12/26
2015/12/25
2015/12/24
2015/12/23
2015/12/22
2015/12/21
2015/12/20
2015/12/19
2015/12/18
2015/12/17
2015/12/16
2015/12/15
2015/12/14
2015/12/13
2015/12/12
2015/12/11
2015/12/10
2015/12/09
2015/12/08
2015/12/07
2015/12/06
2015/12/05
2015/12/04
2015/12/03
2015/12/02
2015/12/01
2015/11/30
2015/11/29
2015/11/28
2015/11/27
2015/11/26
2015/11/25
2015/11/24
2015/11/23
2015/11/22
2015/11/21
2015/11/20
2015/11/19
2015/11/18
2015/11/17
2015/11/16
2015/11/15
2015/11/14
2015/11/13
2015/11/12
2015/11/11
2015/11/10
2015/11/09
2015/11/08
2015/11/07
2015/11/06
2015/11/05
2015/11/04
2015/11/03
2015/11/02
2015/11/01
2015/10/31
2015/10/30
2015/10/29
2015/10/28
2015/10/27
2015/10/26
2015/10/25
2015/10/24
2015/10/23
2015/10/22
2015/10/21
2015/10/20
2015/10/19
2015/10/18
2015/10/17
2015/10/16
2015/10/15
2015/10/14
2015/10/13
2015/10/12
2015/10/11
2015/10/10
2015/10/09
2015/10/08
2015/10/07
2015/10/06
2015/10/05
2015/10/04
2015/10/03
2015/10/02
2015/10/01
2015/09/30
2015/09/29
2015/09/28
2015/09/27
2015/09/26
2015/09/25
2015/09/24
2015/09/23
2015/09/22
2015/09/21
2015/09/20
2015/09/19
2015/09/18
2015/09/17
2015/09/16
2015/09/15
2015/09/14
2015/09/13
2015/09/12
2015/09/11
2015/09/10
2015/09/09
2015/09/08
2015/09/07
2015/09/06
2015/09/05
2015/09/04
2015/09/03
2015/09/02
2015/09/01
2015/08/31
2015/08/30
2015/08/29
2015/08/28
2015/08/27
2015/08/26
2015/08/25
2015/08/24
2015/08/23
2015/08/22
2015/08/21
2015/08/20
2015/08/19
2015/08/18
2015/08/17
2015/08/16
2015/08/15
2015/08/14
2015/08/13
2015/08/12
2015/08/11
2015/08/10
2015/08/09
2015/08/08
2015/08/07
2015/08/06
2015/08/05
2015/08/04
2015/08/03
2015/08/02
2015/08/01
2015/07/31
2015/07/30
2015/07/29
2015/07/28
2015/07/27
2015/07/26
2015/07/25
2015/07/24
2015/07/23
2015/07/22
2015/07/21
2015/07/20
2015/07/19
2015/07/18
2015/07/17
2015/07/16
2015/07/15
2015/07/14
2015/07/13
2015/07/12
2015/07/11
2015/07/10
2015/07/09
2015/07/08
2015/07/07
2015/07/06
2015/07/05
2015/07/04
2015/07/03
2015/07/02
2015/07/01
2015/06/30
2015/06/29
2015/06/28
2015/06/27
2015/06/26
2015/06/25
2015/06/24
2015/06/23
2015/06/22
2015/06/21
2015/06/20
2015/06/19
2015/06/18
2015/06/17
2015/06/16
2015/06/15
2015/06/14
2015/06/13
2015/06/12
2015/06/11
2015/06/10
2015/06/09
2015/06/08
2015/06/07
2015/06/06
2015/06/05
2015/06/04
2015/06/03
2015/06/02
2015/06/01
2015/05/31
2015/05/30
2015/05/29
2015/05/28
2015/05/27
2015/05/26
2015/05/25
2015/05/24
2015/05/23
2015/05/22
2015/05/21
2015/05/20
2015/05/19
2015/05/18
2015/05/17
2015/05/16
2015/05/15
2015/05/14
2015/05/13
2015/05/12
2015/05/11
2015/05/10
2015/05/09
2015/05/08
2015/05/07
2015/05/06
2015/05/05
2015/05/04
2015/05/03
2015/05/02
2015/05/01
2015/04/30
2015/04/29
2015/04/28
2015/04/27
2015/04/26
2015/04/25
2015/04/24
2015/04/23
2015/04/22
2015/04/21
2015/04/20
2015/04/19
2015/04/18
2015/04/17
2015/04/16
2015/04/15
2015/04/14
2015/04/13
2015/04/12
2015/04/11
2015/04/10
2015/04/09
2015/04/08
2015/04/07
2015/04/06
2015/04/05
2015/04/04
2015/04/03
2015/04/02
2015/04/01
2015/03/31
2015/03/30
2015/03/29
2015/03/28
2015/03/27
2015/03/26
2015/03/25
2015/03/24
2015/03/23
2015/03/22
2015/03/21
2015/03/20
2015/03/19
2015/03/18
2015/03/17
2015/03/16
2015/03/15
2015/03/14
2015/03/13
2015/03/12
2015/03/11
2015/03/10
2015/03/09
2015/03/08
2015/03/07
2015/03/06
2015/03/05
2015/03/04
2015/03/03
2015/03/02
2015/03/01
2015/02/28
2015/02/27
2015/02/26
2015/02/25
2015/02/24
2015/02/23
2015/02/22
2015/02/21
2015/02/20
2015/02/19
2015/02/18
2015/02/17
2015/02/16
2015/02/15
2015/02/14
2015/02/13
2015/02/12
2015/02/11
2015/02/10
2015/02/09
2015/02/08
2015/02/07
2015/02/06
2015/02/05
2015/02/04
2015/02/03
2015/02/02
2015/02/01
2015/01/31
VAMPS、ニコ生にて特別番組を6夜にわたり放送決定
Fri, 22 Jan 2016 20:00:00 +0900
VAMPS (okmusic UP\'s)

1月25日(月)から1月30日(土)までの間、ニコニコ生放送にてVAMPSの特別番組 『VAMPS×ニコ生 SPECIAL “6" NIGHTS』を放送する事が明らかになった。

【その他の画像】VAMPS

2015年11月から東京を皮切りにスタートした、VAMPSが開催する“籠城型"ライヴハウス公演『VAMPS LIVE 2015-2016 JOINT 666』。ニコ生ではヴォーカル・HYDEの誕生日翌日の1月30日に行なわれる札幌での追加公演の模様を独占生中継する他、VAMPSの過去ライブ一挙放送をお届けする、特別番組を6夜にわたり生放送する。

さらに、札幌でのライブ冒頭約30分を東京、大阪、名古屋、福岡、札幌の5都市の街頭ビジョンにて同時生中継することも決定。街頭ビジョンでのライブ放映はVAMPS史上初の取り組みとなる。

■『VAMPS LIVE 2015-2016 JOINT 666』
http://vampslive2015-16.vampsxxx.com/

■『ニコニコ生放送 VAMPS×ニコ生 SPECIAL “6" NIGHTS』

『VAMPS LIVE 2015-2016 JOINT 666 〜SPECIAL “6" NIGHTS〜 1st NIGHT』
放送日時:1月25日(月) 21:00〜
http://live.nicovideo.jp/watch/lv249554625

『VAMPS LIVE 2015-2016 JOINT 666 〜SPECIAL “6" NIGHTS〜 2nd NIGHT』
放送日時:1月26日(火) 21:00〜
http://live.nicovideo.jp/watch/lv249554801

『VAMPS LIVE 2015-2016 JOINT 666 〜SPECIAL “6" NIGHTS〜 3rd NIGHT』
放送日時:1月27日(水) 21:00〜
http://live.nicovideo.jp/watch/lv249556143

『VAMPS LIVE 2015-2016 JOINT 666 〜SPECIAL “6" NIGHTS〜 4th NIGHT &HYDEバースデイカウントダウン』
放送日時:1月28日(木) 22:00〜
http://live.nicovideo.jp/watch/lv249556319

『VAMPS LIVE 2015-2016 JOINT 666 〜SPECIAL “6" NIGHTS〜 5th NIGHT』
放送日時:1月29日(金) 21:00〜
http://live.nicovideo.jp/watch/lv249556506

『VAMPS LIVE 2015-2016 JOINT 666 追加公演01.30@ZEPP SAPPORO 独占生中継』
放送日時:1月30日(土) 16:00〜
http://live.nicovideo.jp/watch/lv249556712

※本ライブの後半はプレミアム会員限定視聴となります。
番組全編を視聴するにはプレミアム会員のご登録が必要となります。

■放映街頭ビジョン
・【東京】池袋テレビちゃんビジョン
・【大阪】道頓堀トンボリステーションS/N
・【名古屋】栄インタービジョン
・【福岡】福岡市内の某街頭ビジョン
・【札幌】メガ・ビジョン4プラ
※放映スタートは1月30日(土)17:06予定です
※当日の観覧希望者が多い場合、放映を中止する場合があります。

【関連リンク】
VAMPS オフィシャルHP
VAMPS、ツアー名古屋公演にてAPOCALYPTICAと最新コラボシングルを披露
今に至るL\'Arc〜en〜Cielを確立した、奇跡のアルバム『HEART』
globe、カバーアルバム参加アーティスト第2弾と収録内容を発表

【関連アーティスト】
VAMPS, OBLIVION DUST, HYDE
【ジャンル】
ジャパニーズロック

ユニコーン、『EBI50祭』DVD&BD特設サイトにてダイジェスト映像を公開
Fri, 22 Jan 2016 19:00:00 +0900
ユニコーン (okmusic UP\'s)

2月24日にリリースされるユニコーンの映像作品『MOVIE 30 EBI50祭 “海老乃大漁祭"』の特設サイトが開設され、ダイジェスト映像が公開となった。

【その他の画像】ユニコーン

また、同時に初回生産限定盤の特製海老乃大漁旗風呂敷風バンダナで包んだ特別パッケージ仕様のイメージも公開されているので、こちらも是非チェックしておこう。

■ユニコーン『MOVIE 30 EBI50祭 “海老乃大漁祭"』SPECIAL SITE
http://www.unicorn.jp/special/ebi50dvd/

■DVD&Blu-ray『MOVIE 30 EBI50祭 “海老乃大漁祭"』

2016年2月24日発売
【DVD2枚組】
■初回生産限定盤(特製海老乃大漁旗風呂敷風バンダナで包んだ特別パッケージ仕様)
KSBL 6204-6/¥7,500+税
■通常盤
KSBL 6207-8/¥6,000+税
【Blu-ray】
■初回生産限定盤(特製海老乃大漁旗風呂敷風バンダナで包んだ特別パッケージ仕様)
KSXL 170-1/¥8,500+税
■通常盤
KSXL 172/¥7,000+税

<収録曲>
■DISC1
・私立恵比寿中学
大漁恵比寿節
金八DANCE MUSIC
・ABEDON
WAKEUP! STANDUP!
ことば
SO SO GOOD
ファンキーモンキーダンディー
TOY JUMP
・電大
ようこそ
ハレルヤ
D-SHOCK
炎のモーニングコール
ハイウェイスター
・MADBEAVERS
JIVE DAYS
プラズマバーン
SKYLINE
BOON
BLACK SUNSHINE
■DISC2
・ユニコーン
TAIRYO
夢見た男
はいYES!
オッサンマーチ
フーガ
おかしな2人
WAO!
大迷惑
SAMURAI5
Feel So Moon
すばらしい日々
VERTIGO

《初回生産限定盤特典映像》
VERTIGO [10/2 Encore]
EBI50祭開催記念・EBIが海老を
EBI50祭開催記念・EBI×エビ中コラボ動画

【関連リンク】
ユニコーン オフィシャルHP
ロックバンド、ユニコーンが到達した最高峰アルバム『ケダモノの嵐』
ユニコーン、『EBI50祭』BD&DVDリリース日が決定
バンドブームがあった1980年代に活躍したアーティスト5選

【関連アーティスト】
ユニコーン
【ジャンル】
ジャパニーズロック

サザンオールスターズ、SNS限定で最新映像作品より「バラ色の人生」ライブ映像を公開
Fri, 22 Jan 2016 18:00:00 +0900
サザンオールスターズ (okmusic UP\'s)

1月18日付オリコン映像チャートで堂々のウィークリー1位を獲得した、サザンオールスターズの全国ツアー映像作品『おいしい葡萄の旅ライブ ?at DOME&日本武道館-』。同作品の発売を機に開設されたサザンオールスターズ公式Facebookと公式Twitterにて、『おいしい葡萄の旅ライブ ?at DOME&日本武道館-』から「バラ色の人生」のライブ映像がSNS限定で公開された。

【その他の画像】サザンオールスターズ

「バラ色の人生」はアルバム『葡萄』の中でも名曲の呼び声が高い曲のひとつで、ライブでも人気を集めた楽曲である。楽曲はインターネットが発達したハイテク社会の中で、リアルの世界の素晴らしさも改めて問いかける歌詞になっているが、その中の一節にある「みんなが集まる架空の広場(SNS)で このバラ色の人生を 分けてあげたいな」という歌詞にちなんで、SNSにて「バラ色の人生」をみなさんに公開する形となった。Twitter(@sasfannet)、Facebookで観ることが出来るという、サザンならではの粋で気の利いた動画公開となるが、架空の広場“SNS"のみの限定公開となっているので、是非チェックして改めて作品の素晴らしさを体感してほしい。

2015年3月にリリースした大傑作にして大ヒットアルバム『葡萄』を携え、2015年春から夏にかけ全国11箇所23公演の全国ライブツアーを敢行し、全国で50万もの人々を感動の渦に巻き込んだライブを“収穫"した映像作品となった今作。福岡公演・東京公演を中心に選りすぐりのドーム公演を集めたライブ映像と、22年ぶりの映像化となりザ・ビートルズの「HELP!」のカバーも披露し話題となった日本武道館公演をダブルセット収録したそのボリュームはサザンオールスターズ史上最大。質・量ともに最高の作品となり、『葡萄』同様大ヒット中。まだ手に入れていない方も、ぜひゲットしてこの感動を味わっていただきたい。

■サザンオールスターズ オフィシャルFacebook https://www.facebook.com/sas.taishita/
■サザンールスターズ オフィシャル Twitter 
https://twitter.com/sasfannet

【関連リンク】
サザンオールスターズ オフィシャルHP
【邦楽】一度は耳にしたことがあるCMソングまとめ
サザンオールスターズ、お正月を艶やかに彩る最新映像作品トレーラーを公開
バンドブームからK-POPブーム、そしてクラシックテイストな曲まで多彩な平成の名曲

【関連アーティスト】
サザンオールスターズ
【ジャンル】
ジャパニーズロック

GLIM SPANKY、「ロックは生きている」企画にて FROGMANとの対談など多彩なキャンペーンを展開
Fri, 22 Jan 2016 18:00:00 +0900
GLIM SPANKY (okmusic UP\'s)

1月27日にミニアルバム『ワイルド・サイドを行け』をリリースするGLIM SPANKYが、2016年に掲げるキャッチコピー「ロックは生きている」にあわせた各種企画を多方面で立体的に展開中だ。

【その他の画像】FROGMAN

Twitter上にて行なわれている「ハッシュタグキャンペーン」は自分がロックだと思う曲を、GLIM SPANKYとファンの間で教えあうキャンペーン。ハッシュタグ「#ロックは生きている」をつけてTWEETすると、特設ページに反映される仕組みになっている。

また、TBSラジオ「SOUND AVENUE 905」1月22日(金)21:00〜22:00の週替わりDJをGLIM SPANKYが担当することも決定している。

さらに、音楽情報サイト『OKMusic』にて「ロックは生きている」対談をシリーズ連載! 現在、第一弾としてFROGMAN氏とのロック対談が公開中だ。今後ブラインドサッカー日本代表 加藤健人選手、みうらじゅん氏との対談を掲載予定とのこと。

各方面で多彩に展開されている「ロックは生きている」企画。GLIM SPANKYのルーツを垣間見る事の出来るまたとないチャンス、気になる方は是非一度触れてみてはいかがだろうか?

■「#ロックは生きている」特設ページ
http://sp.universal-music.co.jp/glim-spanky/rock/
■OKMusic「ロックは生きている」対談(連載)
http://okmusic.jp/#!/news/108110

【関連リンク】
GLIM SPANKY オフィシャルHP
GLIM SPANKY × FROGMAN
GLIM SPANKYの新曲がテレビ東京系『ゴッドタン』の2月期EDテーマに決定
GLIM SPANKY、新曲「ワイルド・サイドを行け」MV(Short ver.)を公開

【関連アーティスト】
FROGMAN, GLIM SPANKY
【ジャンル】
ジャパニーズロック

ポピュラー界のトップに君臨するマドンナの『ライク・ア・ヴァージン』
Fri, 22 Jan 2016 18:00:00 +0900
Madonna『Like a Virgin』のジャケット写真 (okmusic UP\'s)

この2月に10年振りの来日公演が予定されているマドンナ。彼女は利用できる全てのメディアを駆使することで、虚像としての「マドンナ」を演じるだけでなく、アルバムをリリースする度に新たなキャラクターを創出し変貌し続けてきた。類い稀な才能で、世界のポピュラー界を常にリードしてきたその天才は、2013年のビルボード誌に掲載された『Hot100:Top100』で、ビートルズに次ぐ2位を獲得していることからも証明されている(ちなみに3位はエルトン・ジョン、4位はエルビス・プレスリー)。今回は、彼女の長いキャリアの中にあってもっとも初期の、しかしながら世界のトップスターの仲間入りを果たしたメガヒット・アルバム『ライク・ア・ヴァージン』を紹介する。

■それまでとはまったく異質な80年代のロック

1970年代中期、パンクロックやAORの台頭で、ロックのリスナーが幅広い年齢層に広がっていることが認知されるようになった。その後、80年代に入るまでの数年間はフュージョン(クロスオーバー)やニューウェイヴが登場してきたものの、そう大きな変化はなかったと言える。その停滞した空気を一掃するかのように、70年代の終わりから80年代の初めに入ると、電子機器の急激な進歩もあって、それまでには考えられなかったような音楽が次々と生み出されることになった。

例えば、ヒップホップ文化の中で生まれたラップ(シュガーヒル・ギャングの「ラッパーズ・デライト」)、エレクトロポップ(バグルスの「ラジオ・スターの悲劇」)、テクノ(イエロー・マジック・オーケストラの「ライディーン」)、ニューロマンティック(ウルトラ・ヴォックス「ヴィエナ」)、エスノロック(トーキング・ヘッズ「ボーン・アンダー・ザ・パンチズ」)など、その多くがシンセサイザーやドラムマシンを使った“打ち込み”や“サンプリング”によるサウンド作りが特徴である。故デヴィッド・ボウイ、スティーブ・ウインウッド、ピーター・ゲイブリエルら、70年代に活躍したロッカーたちも新しい流れに乗り遅れまいと、それらの新しい機器や音楽を取り入れながら、新たな自分の音楽を構築していた時代である。ミュージシャンたちの多くが、アナログ録音とデジタル録音の狭間にあって、転換期をどう乗り越えるか、正念場を迎えていたと言えよう。

■MTVのスタート

そして、80年代初頭における音楽業界最大の変革と言えば、今では存在が当たり前になっているが、ミュージックビデオを1日中流すMTVが81年にアメリカで始まったことだ。MTVは放送開始以降現在まで、もっとも影響力を持つメディアとして世界中で広まっていく。その力を最大限に発揮したのは、83年にリリースされたマイケル・ジャクソンの「スリラー」である。カルチャー・クラブやデュラン・デュランも、ビデオ戦略によって第2期ブリティッシュ・インベイジョン(1)と言われるほどの大きな成果を上げてはいたが、当然音楽が主体で、映像は従属するものであった。それに比べて「スリラー」は、映画的な手法(映画監督を起用した)で制作されていただけに、それまでのミュージックビデオとは一線を画する出来栄えであったし、これが大ヒットしたことで、これ以降ミュージックビデオは格段に進化することになる。音楽と映像、両者の相乗効果によって、アルバム『スリラー』の売上げは全世界で1億枚を突破していて、そのギネス記録は未だに破られていない。

■マドンナの戦略

さて、70年代の中頃からニューヨークでダンサーとして活躍していたマドンナが、音楽シーンへと転身しようと考えたのはなぜか…。その理由のひとつは、音楽業界のシステムが新しく移り変わろうとしていた時期であることを察知した上で、このシステムなら自分の表現が可能になると考えたと思われる。

デビュー盤の『バーニング・アップ』(’83)は、当時の自分の土俵であるダンスクラブ客に向けて発信するつもりだったはずだが、予想に反してというか、思った以上に売れた。現在40代半ば以上の人ならご存知のはずだが、当時深夜に放送されていたMTV(番組名は失念)でも本盤からのシングル曲が何度もオンエアされていたことを覚えているのではないだろうか。

ただ、まだこの頃のミュージックビデオに対するマドンナのアプローチは、他のアーティストとそう変わるものではなかった。彼女のオリジナリティーが発揮されるのは、マイケル・ジャクソンの革命的な「スリラー」が登場し、ミュージックビデオの考え方自体が大きく変わるようになってからである。

■本作でのキャラクターがヒット

デビューアルバムが世界中で1000万枚以上売れたことで、マドンナの発言力はかなり認められ、2ndアルバムである本作では、彼女の戦略がかなり具体的に取り入れられるようになった。サウンド面ではプロデューサーにシックのナイル・ロジャースを迎えている。彼はデビッド・ボウイのメガヒット盤『レッツ・ダンス』(’83)のプロデュースでその名を全世界に轟かせ、マドンナ自身そのサウンドプロデュースに魅せられていただけに、ナイルの起用はまさに打って付けであった。

また、当時急激な進化を遂げていた最新のデジタル機器を導入することで、最先端の音楽を提供することが可能となった。加えて、シングルカットされた「ライク・ア・ヴァージン」のミュージックビデオでは“セックス・シンボル”としてのキャラクターを演出し、そのイメージを視聴者に植え付けることで、前作を軽く上回る結果を残すことになる。

■黒っぽいサウンドが特徴

本作がリリースされた84年は、80年代初頭に爆発的な人気があったニューロマンティックス(2)やファンカラティーナ(3)のブームが色褪せてきた頃だけに、アルバムの特徴でもある“黒人っぽいソウルやファンクの感覚をベースに、ニューウェイブやテクノなど様々な音楽の要素を巧みに組み合わせたダンサブルなポップス”は、時代をリードする最も新しいサウンドであった。

同時代のアーティストで言えば、シンディ・ローパー、マイケル・ジャクソン、プリンスらと並ぶほどの個性をマドンナは持っていたし、他のヒットメーカーと比べると確実に頭ひとつ抜けていた。実際、本作は全世界で2000万枚を超える売上げを達成し、マドンナの世界的スーパースターとしての躍進は、ここからスタートするのである。

面白いのは、この時代の特性として、プリンスのように黒人でありながらロックミュージシャンとして活動したり、マイケル・ジャクソンのように黒人でありながらポップスを目指したりというように、これまでにはなかったスタンスを持つミュージシャンが増えたことが挙げられるが、マドンナもまた、白人でありながらもソウルやファンクをベースにした黒っぽい作風であった。話は少しそれるかもしれないが、この辺の傾向を見ていると、70年代中期のパンクロックの登場によって、既成の音楽概念みたいなものが壊されたことは間違いないだろう。

■『ライク・ア・ヴァージン』の収録曲

デビューアルバムではマドンナ自身のペンになる曲が8曲中5曲あり、彼女の並はずれたソングライティングのセンスにも注目が集まったが、彼女のプロデューサー的視点からすると見直すべき課題だったようで、本作では歌詞部分での参加のみを重点に置いた結果となっている。確かに、大ヒットした「ライク・ア・ヴァージン」も「マテリアル・ガール」もプロのソングライターチームの手によるものだ。

アルバムにはデジタルシンセと打ち込みが中心のダンサブルなナンバー(「マテリアル・ガール」「プリテンダー」「ステイ」「ライク・ア・ヴァージン」)と、ニューウェイヴ感覚のあるエレクトロポップ(「エンジェル」「オーヴァー・アンド・オーヴァー」「ドレス・ユー・アップ」「シュー・ビ・ドゥ」)、そしてバラードナンバー(「愛は色褪せて」)これら3パターンの楽曲が収録されている。曲の配置や重厚なアレンジなど、どこをとってもアルバムの完成度は高く、ナイル・ロジャースとマドンナという両者の稀有な才能の交わりが窺える仕上がりとなっている。楽曲としての白眉はやはり「ライク・ア・ヴァージン」と「マテリアル・ガール」の2曲だろう。

■デビューから現在に至るまで、カリスマとして君臨する

さて、何と言っても本作に注目が集まった最も大きな要因は、シングル「ライク・ア・バージン」とそのビデオクリップの成功であることは間違いないが、彼女のファッションやセックス・シンボルとしての言動に、カリスマとしての圧倒的な存在感があったことも大きい。

この後、次作の『トゥルー・ブルー』(’86)が全米のみならず、イギリス、フランス、ドイツ、カナダなどでもチャート1位を獲得するなど、現在に至るまでの30年以上にわたって、歌手としてだけでなく、女優やデザイナーなどさまざまな分野で活躍し、継続して大きな評価を受け続けている。マドンナが世界最高のミュージシャンのひとりであることは疑いのない事実である。

(1) 第2次ブリティッシュ・インベイジョン
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3

(2)ニュー・ロマンティックス
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF

(3)ファンカラティーナ
https://kotobank.jp/word/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%8A%5Bfunka+latina%5D-813651

【関連アーティスト】
Madonna
【ジャンル】


【連載コラム】稚菜、小椋佳の「少しは私に愛を下さい」をカバー
Fri, 22 Jan 2016 18:00:00 +0900
稚菜 (okmusic UP\'s)

先週の月曜日、振り袖を着た女の子達を沢山見かけて、
(…あぁそっか。成人式だ。)そんな事を思ったりしていた。
そして土日は今度はセンター試験、だったみたいですね。
懐かしいなぁ、なんて事をしみじみ思った一週間。
…まぁ、センター試験は私受けてませんけど。笑


大学受験はしていないけれど、中学高校はどちらも受験してはいる。
高校に至っては二次試験まで受けているのです。
もう二度と、やりたくないって思う。笑
勉強自体は嫌いではないのだけれど、試験を受ける時のあの独特の空気感が何ともね。。
でも試験での面接に関しては割と好きでした。
アルバイトなどの面接もそうだったかもなぁ。
試験も面接も同じ緊張感はあるけれど、面接に関しては自分次第で自分の空気に持って行く事が出来るから、寧ろ得意だったのかもしれません。
…どっちかって言ったら、合格発表や採用の連絡を待っている時のあの何とも言えない緊張感がとてつもなく苦手でした。笑
きっとセンター試験を終えた学生達も、
終わって内心ほっとしながらもまだまだ心が落ち着かない状態なんだろうなって思います。
でももうやりきったのだから。
あとはドンと構えていて欲しいなって思います。
きっときっと大丈夫!

そして成人式に関しては、もう4年前なんだなって思うと、何だか不思議な感覚。
ついこの間の様に感じている。
…正直あんまり思い出はないですけど。笑
高校の友達はちらほらいて、それは楽しかったんですが、
成人式って基本どこも中学校で集まると思うんですよね。
私、中学は違う地区の私立だったので。
ほぼ知り合いがいませんでした。
…要するに暇でした。笑
だから、式が終わったら即家に帰って、朝早くて全然寝ていなかったからかそこから12時間以上寝ていた記憶があります。笑
いやー、寂しかったな。笑
でもいいんです。
私、成人式は自分の為っていうより、自分の家族に、
"大人になりました。ここまで育ててくれてありがとう!”
それを伝える日だと思っているから。
おじいちゃんとおばあちゃんちには、成人式の時に撮った写真を今でも飾ってくれている。
それが何だか凄く嬉しい。
それで十分の日。
今年成人を迎えた人は、いつもなかなか言えない感謝の気持ちをこの機会に是非、自分の言葉で伝えてみて下さいねー。

さて、今日の一曲。
小椋佳さんの「少しは私に愛を下さい」
コラムには全く関係していませんが。笑
先月ワンマンライブでも歌わせてもらいました。
この曲も、実は歌うまで知らなかった曲。
私の引き出しの中には全くない曲なので、個人的に凄く勉強になりました。
こうやって昔の素敵な曲を知る機会をもらえてありがたいなって思います。
是非、聴いてみて下さい。

それでは。
https://www.youtube.com/watch?v=GHNN5FU3_64

【関連アーティスト】
小椋佳, 稚菜
【ジャンル】


X JAPAN、ドキュメンタリー映画プレミア公開に先駆け「YOSHIKI CHANNEL」にて特番を放送
Fri, 22 Jan 2016 17:30:00 +0900
YOSHIKI  (okmusic UP\'s)

1月23日(土)、26日(火)、31日(日)の3回にわたり、ニコニコチャンネルの「YOSHIKI CHANNEL」にて特別番組が放送される事が決定した。

【その他の画像】X JAPAN

世界最高峰の映画祭として知られている米国・サンダンス映画祭にて、ワールドシネマ ドキュメンタリー部門にノミネートされている、X JAPANのドキュメンタリー映画『We Are X』が世界初公開される。『We Are X』は、X JAPANの30年間にわたる歴史を取り上げたドキュメンタリー映画で、日本のミュージシャンに焦点を当てた映画が、ワールドシネマ ドキュメンタリー部門で受賞を競うのはサンダンス史上初となる。

この映画のプレミア公開に先駆けて、映画祭オフィシャルオープニングパーティーにて、メインアーティストとしてYOSHIKIのパフォーマンスが緊急決定した。特番では、そのパフォーマンスやYOSHIKIの米国での活動模様を放送するとの事。

■【放送スケジュール】

■『We Are X』〜 米国サンダンス映画祭から YOSHIKIパフォーマンス生中継〜
放送日時:1月23日(土) 12時00分〜13時30分
放送内容:米国サンダンス映画祭オフィシャルオープニングパーティーでのYOSHIKIさんの貴重なパフォーマンスの模様をお届けいたします。
http://live.nicovideo.jp/watch/lv249694122

■YOSHIKI 〜ロサンゼルス・スタジオから生放送〜
放送日時:1月26日(火) 19時00分〜21時00分
放送内容:3月11日にリリースされるX JAPAN20年ぶりのニューアルバムの完成に向けての作業が行なわれている、YOSHIKIさんのロサンゼルスのスタジオから生放送致します。
http://live.nicovideo.jp/watch/lv249694594

■『We Are X』〜 米国サンダンス映画祭・YOSHIKIさん密着映像&現地レポートを緊急公開〜
放送日時:1月31日(日) 23時30分〜25時00分
放送内容:米国サンダンス映画祭でのYOSHIKIさんの貴重な密着映像などをダイジェストでお届けします。

※本番組の途中からYOSHIKI CHANNEL会員限定視聴となります。番組全編を視聴するにはYOSHIKI CHANNELへの入会が必要となります。
http://live.nicovideo.jp/watch/lv249695141

【関連リンク】
YOSHIKI オフィシャルHP
「極上空間」もう一度見たいリクエストは辻仁成×SUGIZO(LUNA SEA/X JAPAN)
「Mステ」スーパーライブ、嵐、SMAP、ミスチル、ベビメタ、Xほか全42組の演奏曲発表
必殺仕事人!?個性がキラリと光るベーシスト特集

【関連アーティスト】
X JAPAN, YOSHIKI
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル

さかいゆう、新曲「SO RUN」MVにて百獣の王・武井壮が走りまくる!?
Fri, 22 Jan 2016 17:00:00 +0900
さかいゆう×武井壮 (okmusic UP\'s)

さかいゆうが2月3日(水)にリリースする約2年ぶりのオリジナルアルバム『4YU』。その1曲目に収録されている楽曲「SO RUN」のミュージックビデオに、百獣の王・武井壮が主演している事がわかった。

【その他の画像】さかいゆう

「SO RUN」は、さかいが数年前にプライベートで知り合い、すぐに共鳴したという武井壮をイメージして制作された楽曲。「武井さんが走っている所はかっこいいだけでなく、心にグッときます。武井さんが日頃伝えている事、話している事は、何かに頑張っている全ての人が共感できる事だと思うので、その気持ちを歌詞に込めて曲にしました。」とさかいが語る、“応援歌"だ。

ミュージックビデオは、タイトル「SO RUN」にかけて、武井壮(SO)が走りまくる(RUN)内容となり、武井壮の他にも、主婦・サラリーマン・小学生・中学生・社会人などあらゆる世代の人物が一生懸命に走るさまをスタイリッシュに撮影した映像となっている。元・陸上十種協議日本チャンピオンで、昨年フランスのリヨンでおこなわれた世界マスターズ陸上のM40クラスの4×100mリレーでは金メダルを獲得した事もある武井壮のアスリートとしての真剣な表情と、お互いへのリスぺクトが感じ取れるさかいゆうとの共演シーンも必見だ。武井壮の100mの自己ベスト記録“10秒54"にかけて、曲のBPM(テンポ)を「105.4」にしたさかいの遊び心も面白い。

ミュージックビデオ撮影を終えた感想として武井壮は、「『SO RUN』は肩の力を抜いて楽しめるような雰囲気にしてくれる、心の拠り所になるような曲です。タイトルの『SO RUN』は、“自分(SO)が走る(RUN)"、“だから走る"という意味があると思います。自分が43年間、地球の上を走ってきた理由や、気持ちを、走るシーンの一歩一歩に込めました。」とコメント。また、さかいゆうは「『SO RUN』は、負けても転んでも、とにかく頑張っている人に響くミュージックビデオになったと思います。普段見ることのできない武井壮の一面も見れるので、そこも楽しみにしてほしいです。」と語っている。現在、You TubeのAUGUSTA CHANNELにてこのミュージックビデオを視聴する事が出来るので、気になる方は是非一度ご覧になってほしい。 なお「SO RUN」はアルバム『4YU』の発売に先駆けて、iTunesなどの音楽配信サイトにて先行フル配信がスタートしている。こちらも是非チェックを。

さかいゆうは今後、フジテレビ「SHIONOGI MUSIC FAIR」(2月6日放送)や、日本テレビ「バズリズム」(2月12日放送)にも出演する事が決まっている。こちらで見せる圧巻のパフォーマンスにも期待したい。

■「SO RUN」先行配信&『4YU』iTunes プリオーダー
iTunes
http://smarturl.it/9s57bp
レコチョク
http://recochoku.com/s0/sorun/
mora
http://mora.jp/package/43000001/4988017696583/

■「SO RUN」MV
https://www.youtube.com/watch?v=66sy2tAylIg

■アルバム『4YU』

2016年2月3日発売
【初回生産限定盤】(2CD)
AUCL 198〜9/¥3,611+税
【通常盤】(CD)
AUCL 200/¥3,000+税
<収録曲>
■CD
1.SO RUN
2.Doki Doki
3.WALK ON AIR
4.下剋情緒
5.あるギタリストの恋
6.愛は急がず -Oh Girl-
7.サマーアゲイン
8.SELFISH JUSTICE
9.トウキョーSOUL
10.愛は微熱
11.ジャスミン
■カバーCD ※初回生産限定盤のみ
『さかいゆうCOVER COLLECTION』
1.つつみ込むように…(MISIA)
2.今夜はブギーバック(NICE VOCAL)(小沢健二 featuring スチャダラパー)
3.ACROSS THE UNIVERSE(THE BEATLES)
4.One more time,One more chance(山崎まさよし)
5.遠く遠く(槇原敬之)
6.The Stranger(Billy Joel)
7.接吻(ORIGINAL LOVE)
8.よさこい鳴子踊り(高知県民謡)
9.What\'s Going On(LIVE at Billboard Live(Donny Hathaway ※原曲Marvin Gaye)
10.PAPER DOLL(LIVE at Billboard Live)(山下達郎)

■特設HP
http://www.office-augusta.com/sakaiyu/4yu/

■『4YU』発売記念モールツアー2016

2月07日(日) イオンモールナゴヤドーム前 1F セントラルコート
1部13:00〜START/2部15:30〜START
2月11日(祝・木) イオンモール浜松市野 1F シンフォニーコート
1部13:00〜START/2部15:30〜START
2月13日(土) イオンモールつくば 1F ウエストコート
1部13:00〜START/2部15:00〜START
2月14日(日) イオンレイクタウンmori 1F 木の広場
1部13:00〜START/2部15:30〜START
2月21日(日) イオンモール広島祇園 1F エキチカコート
1部14:00〜START/2部16:00〜START
2月27日(土) イオンモール香椎浜 1Fセントラルコート
1部13:00〜START/2部15:30〜START

■『さかいゆうTOUR 2016 “4YU”』

6月17日(金) 北海道 札幌cube garden
6月21日(火) 愛知 名古屋CLUB QUATTRO
6月28日(火) 高知 X-Pt
6月29日(水) 大阪 Zepp Namba
7月01日(金) 福岡 DRUM Be-1
7月03日(日) 東京 昭和女子大学人見記念講堂

【関連リンク】
さかいゆう オフィシャルHP
さかいゆう、アルバム『4YU』発売記念全国モールツアー開催決定
さかいゆう、ツアー最終公演でニューアルバムを携えた全国ツアーの開催を発表
さかいゆう、シングル「ジャスミン」リリースツアーがスタート

【関連アーティスト】
さかいゆう
【ジャンル】
J-POP

丸本莉子の新曲がブルボン『ラシュクーレ』のCMソングに決定
Fri, 22 Jan 2016 16:00:00 +0900
丸本莉子 (okmusic UP\'s)

丸本莉子が2月24日より配信リリースする新曲「フシギな夢」が、1月22日(金)から放映開始のブルボン『ラシュクーレ』のCMタイアップソングに決定した。

【その他の画像】丸本莉子

桐谷美玲がお嬢様役、高杉真宙が執事役を演じるCMは、ブルボン『ラシュクーレ』の贅沢でエレガントな世界観を表現した映画のワンシーンのような映像で、丸本莉子の優しい歌声がとてもマッチしたCMに仕上がっている。なおCMは、ブルボンのブランドサイトからもチェックできるとのこと。

2015年6月に史上初となるハイレゾでメジャーデビューし、ハイレゾ配信3サイトのデイリーチャートで1位を獲得し3冠達成。早速、"癒しの歌声“としてマスコミ等でも大きく取り上げられ話題を呼んだ丸本莉子。その後、2ndシングル・1stミニアルバムと、止まることなく作品をリリースし、3rdシングル「つなぐもの」-EPでは配信スタートともにiTunesトップアルバムランキングで3位を獲得した。2016年は、前述の配信シングル「フシギな夢」に始まり、3月16日(水)には、2ndミニアルバムのリリースも決定している。

■ブルボン ブランドサイト
https://www.bourbon.co.jp/biscuitseries/index.html

■【丸本莉子よりコメント】

「青春はブルボン」と言っていい程、アルフォートばかりを食べていた高校時代、、、
そんなブルボンさんのCMソングを作らせていただくことになり本当に嬉しく思いました!
シングル『フシギな夢』はラシュクーレを食べながら浮かんだ曲です。上品な味で至福なひと時を私は音楽で表現して皆さんに味わってもらえるよう想いを込めて歌います!

■【リリース情報】

■配信シングル「フシギな夢」
2016年2月24日(水)発売
価格:¥250(税込)
※ブルボン「ラシュクーレ」CMタイアップソング

■アルバム『タイトル未定』
2016年3月16日(水)発売
価格:¥1,800+税

■「つなぐもの」MV
https://youtu.be/3qxhfVurRQc

【関連リンク】
丸本莉子 オフィシャルHP
丸本莉子、新曲がiTunesトップアルバムランキングで3位にチャートイン
丸本莉子、ビクターのデジタル部門新レーベル「AndRec」から国内初のハイレゾ配信でデビュー
ラッキィ池田が振付を担当したPVが話題の丸本莉子、同曲を収録した初ミニアルバムをリリース!

【関連アーティスト】
丸本莉子
【ジャンル】
J-POP, テレビ(番組/CM)













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1