歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2016年01月14日)
バックナンバー
最新ニュース
2016/01/23
2016/01/22
2016/01/21
2016/01/20
2016/01/19
2016/01/18
2016/01/17
2016/01/16
2016/01/15
2016/01/14
2016/01/13
2016/01/12
2016/01/11
2016/01/10
2016/01/09
2016/01/08
2016/01/07
2016/01/06
2016/01/05
2016/01/04
2016/01/03
2016/01/02
2016/01/01
2015/12/31
2015/12/30
2015/12/29
2015/12/28
2015/12/27
2015/12/26
2015/12/25
2015/12/24
2015/12/23
2015/12/22
2015/12/21
2015/12/20
2015/12/19
2015/12/18
2015/12/17
2015/12/16
2015/12/15
2015/12/14
2015/12/13
2015/12/12
2015/12/11
2015/12/10
2015/12/09
2015/12/08
2015/12/07
2015/12/06
2015/12/05
2015/12/04
2015/12/03
2015/12/02
2015/12/01
2015/11/30
2015/11/29
2015/11/28
2015/11/27
2015/11/26
2015/11/25
2015/11/24
2015/11/23
2015/11/22
2015/11/21
2015/11/20
2015/11/19
2015/11/18
2015/11/17
2015/11/16
2015/11/15
2015/11/14
2015/11/13
2015/11/12
2015/11/11
2015/11/10
2015/11/09
2015/11/08
2015/11/07
2015/11/06
2015/11/05
2015/11/04
2015/11/03
2015/11/02
2015/11/01
2015/10/31
2015/10/30
2015/10/29
2015/10/28
2015/10/27
2015/10/26
2015/10/25
2015/10/24
2015/10/23
2015/10/22
2015/10/21
2015/10/20
2015/10/19
2015/10/18
2015/10/17
2015/10/16
2015/10/15
2015/10/14
2015/10/13
2015/10/12
2015/10/11
2015/10/10
2015/10/09
2015/10/08
2015/10/07
2015/10/06
2015/10/05
2015/10/04
2015/10/03
2015/10/02
2015/10/01
2015/09/30
2015/09/29
2015/09/28
2015/09/27
2015/09/26
2015/09/25
2015/09/24
2015/09/23
2015/09/22
2015/09/21
2015/09/20
2015/09/19
2015/09/18
2015/09/17
2015/09/16
2015/09/15
2015/09/14
2015/09/13
2015/09/12
2015/09/11
2015/09/10
2015/09/09
2015/09/08
2015/09/07
2015/09/06
2015/09/05
2015/09/04
2015/09/03
2015/09/02
2015/09/01
2015/08/31
2015/08/30
2015/08/29
2015/08/28
2015/08/27
2015/08/26
2015/08/25
2015/08/24
2015/08/23
2015/08/22
2015/08/21
2015/08/20
2015/08/19
2015/08/18
2015/08/17
2015/08/16
2015/08/15
2015/08/14
2015/08/13
2015/08/12
2015/08/11
2015/08/10
2015/08/09
2015/08/08
2015/08/07
2015/08/06
2015/08/05
2015/08/04
2015/08/03
2015/08/02
2015/08/01
2015/07/31
2015/07/30
2015/07/29
2015/07/28
2015/07/27
2015/07/26
2015/07/25
2015/07/24
2015/07/23
2015/07/22
2015/07/21
2015/07/20
2015/07/19
2015/07/18
2015/07/17
2015/07/16
2015/07/15
2015/07/14
2015/07/13
2015/07/12
2015/07/11
2015/07/10
2015/07/09
2015/07/08
2015/07/07
2015/07/06
2015/07/05
2015/07/04
2015/07/03
2015/07/02
2015/07/01
2015/06/30
2015/06/29
2015/06/28
2015/06/27
2015/06/26
2015/06/25
2015/06/24
2015/06/23
2015/06/22
2015/06/21
2015/06/20
2015/06/19
2015/06/18
2015/06/17
2015/06/16
2015/06/15
2015/06/14
2015/06/13
2015/06/12
2015/06/11
2015/06/10
2015/06/09
2015/06/08
2015/06/07
2015/06/06
2015/06/05
2015/06/04
2015/06/03
2015/06/02
2015/06/01
2015/05/31
2015/05/30
2015/05/29
2015/05/28
2015/05/27
2015/05/26
2015/05/25
2015/05/24
2015/05/23
2015/05/22
2015/05/21
2015/05/20
2015/05/19
2015/05/18
2015/05/17
2015/05/16
2015/05/15
2015/05/14
2015/05/13
2015/05/12
2015/05/11
2015/05/10
2015/05/09
2015/05/08
2015/05/07
2015/05/06
2015/05/05
2015/05/04
2015/05/03
2015/05/02
2015/05/01
2015/04/30
2015/04/29
2015/04/28
2015/04/27
2015/04/26
2015/04/25
2015/04/24
2015/04/23
2015/04/22
2015/04/21
2015/04/20
2015/04/19
2015/04/18
2015/04/17
2015/04/16
2015/04/15
2015/04/14
2015/04/13
2015/04/12
2015/04/11
2015/04/10
2015/04/09
2015/04/08
2015/04/07
2015/04/06
2015/04/05
2015/04/04
2015/04/03
2015/04/02
2015/04/01
2015/03/31
2015/03/30
2015/03/29
2015/03/28
2015/03/27
2015/03/26
2015/03/25
2015/03/24
2015/03/23
2015/03/22
2015/03/21
2015/03/20
2015/03/19
2015/03/18
2015/03/17
2015/03/16
2015/03/15
2015/03/14
2015/03/13
2015/03/12
2015/03/11
2015/03/10
2015/03/09
2015/03/08
2015/03/07
2015/03/06
2015/03/05
2015/03/04
2015/03/03
2015/03/02
2015/03/01
2015/02/28
2015/02/27
2015/02/26
2015/02/25
2015/02/24
2015/02/23
2015/02/22
2015/02/21
2015/02/20
2015/02/19
2015/02/18
2015/02/17
2015/02/16
2015/02/15
2015/02/14
2015/02/13
2015/02/12
2015/02/11
2015/02/10
2015/02/09
2015/02/08
2015/02/07
2015/02/06
2015/02/05
2015/02/04
2015/02/03
2015/02/02
2015/02/01
2015/01/31
2015/01/30
2015/01/29
2015/01/28
2015/01/27
2015/01/26
2015/01/25
2015/01/24
2015/01/23
2015/01/22
Fly or Dieが1st アルバムよりリード曲「矛と盾」のMVを公開
Thu, 14 Jan 2016 19:00:00 +0900
マキタスポーツpresents Fly or Die (okmusic UP\'s)

1月20日に1st アルバム『矛と盾』を発売する、Dark\'〜ness率いるマキタスポーツpresents Fly or Die。同作のリリースに先駆け、リード曲「矛と盾」のMVを公開した。

【その他の画像】マキタスポーツ

リード曲「矛と盾」は、タイトル通り、矛と盾、光と影、虚構と現実など、ふたつの対立する概念がテーマとなっている曲。今回発表されたMVは、冒頭にカラオケの歌詞テロップが流れてくるところから、一見カラオケ映像の中の世界なのかとかと思いきや、たちまちカメラのフレームはカラオケの画面を飛び出していき、カメラが映し出す世界がどこなのか、わからなくなるというもの。

カラオケボックスからスナック、そして宴会場へと次々と場面が切り替わり、さらにはマキタスポーツ本人、はたまたマキタがビジュアル系の意匠をこらしたダークネスも登場し現実と虚構、フィクションとノンフィクションが入り混じる、ミステリアスでトリックアートのような映像世界が展開される。ダークネスがたびたび見せる、両手を繰り返し交差させる「矛と盾」のジェスチャーもとても印象的だ。

一度観ただけでは味わいつくせないこのMV、2回視聴すればちょうど10分間ということで、マキタスポーツが火付け役でいま話題の"10分どん兵衛“の待ち時間に見事に合致することが判明。絶妙かつ新感覚な麺のコシを生み出す10分間の待ち遠しい待機時間のお供に、このMVをぜひ活用したい。

また、アルバム「矛と盾」リリース週の1月23日(土)には、東京・渋谷のHMV&BOOKS TOKYOにてリリース記念のインストア・イベントが行われることも発表された。"ミニ・アコースティックLIVE&ホコタッチ会「Buy or Die!」"と題されたこのイベントは、マキタ扮するダークネスと、F.O.Dの選抜メンバーが出演し、アコースティックでのライヴを披露する予定。さらにCD購入者には、ダークネスと握手会ならぬ「ホコタッチ会」(ホコタッチポーズでチェキ撮影)に参加することもできる。

■「矛と盾」MV
https://www.youtube.com/watch?v=wK572X-hDbs

【関連リンク】
マキタスポーツpresents Fly or Die、東名阪レコ発ツアーの対バン相手はJin-Machine
マキタスポーツ、2016年1月に人気ライブシリーズ「LIVE@マキタスポーツ」を東名阪で開催
マキタスポーツpresents Fly or Dieが待望の1stアルバム発売を発表

【関連アーティスト】
マキタスポーツ, Fly or Die, マキタスポーツpresents Fly or Die
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル

SCANDAL、アリーナツアーが日本武道館2DAYSにて終幕
Thu, 14 Jan 2016 18:00:00 +0900
1月13日(水)@日本武道館 (okmusic UP\'s)

SCANDALが昨年12月9日の神戸ワールド記念ホールからスタートした初の4万人動員の東名阪アリーナツアー『PERFECT WORLD』が、1月13日(水)に日本武道館公演にてツアーファイナルを迎えた。

【その他の画像】SCANDAL

今回のツアーは、昨年9カ国41公演のワールドツアーをまわりパフォーマンス力をあげたSCANDALが、シンプルなステージセットに立ち衣装も白と黒でラフにまとめた、"バンドらしさ"が表現されたライブとなった。約4年ぶりの日本武道館そして2DAYS公演に両日1万人の多くのファンが詰めかけた。

ライブがスタートするや、「Image」「瞬間センチメンタル」「DOLL」「EVERYBODY SAY YEAH!」「STANDARD」と新旧織り交ぜたロックナンバーで一気に会場の温度を上げる。煽りMCのコール&レスポンスの中では「新成人の人〜?」というHARUNA(Vo.&Gt.)のコールに答えた新成人の観客のレスポンスに、会場全体から拍手が起き、成人式を迎えたばかりのタイミングでお祝いムードに包まれた。

そして、アップテンポなロックナンバー「お願いナビゲーション」でオーディエンスはさらにヒートアップ! 続いてMAMI(Gt.&Vo.)がメインボーカルとなる「本を読む」、TOMOMI(Ba.&Vo.)がメインボーカルとなる「LIFE IS A JOURNEY」とメンバーそれぞれの色の付いた楽曲を演奏する中、「少女S」はライブアレンジが披露され、間奏にはメンバーのそれぞれのパートのソロまわしが入り、演奏テクニックとバンドとしてのグルーヴを魅せつけて歓声が沸き起こった。更に、ライブではおなじみのナンバー「会わないつもりの、元気でね」でさらに会場を盛り上げた。

RINA(Dr.&Vo.)がメインボーカルとギターを務める4つ打ちビートのダンスチューン「おやすみ」ではメンバー4人が横一列に並んでのパフォーマンスとなり、そのままのスタイルでテクノポップ調の「kill the virgin」を今度はHARUNAがカオシレーターを操作し、RINAがキーボードを弾くという、新たなバンドとしてのアプローチを披露し、会場が一気にダンスフロアのような空間となった。

そしてMCでは、メンバーそれぞれが2016年の目標を発表。HARUNAは「今年は自動車の免許を取りたい」と発表し、「今年の夏には車で海に行きます!」と強く意気込んだ。次にTOMOMIが「梅干しを漬けます!」と目標を発表すると、観客からは笑いがこぼれた。今年の夏フェスの際にはTOMOMI自らが漬けた梅干しをメンバーにおすそわけしたい、というほっこりとするエピソードも語られた。そして、RINAは古着屋めぐりがすきで、去年からパジャマを探しているらしく「かわいいパジャマを集める」という目標を掲げた。そしてHARUNAが「今日もしかしてパジャマで会場に来てた?」と問いかけると、RINAが「かわいいパジャマをみんなに見てもらう場所もないので、実は今日は武道館までパジャマで来ました!」と爆弾発言をし、会場からはどよめきと共に「見たーい」という期待の声が多数飛び交った。

最後に、MAMIが「自分で着る服は自分で作る!」と今年の目標を発表。続けてMAMIは「最近お買いものに行き、服を見ていると自分で作れるのでは?と思って、生地屋さんに行き、まずはトートバッグを作ってみました!」と報告すると、すかさずRINAが「MAMIが作ったパジャマを着たい!」と発言すると、会場からさらに笑いが起き、そしてメンバー同士の仲の良さが垣間見られた。

ライブに戻り、前作のアルバム「HELLO WORLD」からこの季節にピッタリな冬の曲「winter story」を披露、続いて、1月30日に公開となる映画「猫なんかよんでもこない。」の主題歌であり自身の3月2日リリースのニューアルバム『YELLOW』にも収録予定の「morning sun」、そして18thシングルの「Departure」と、ミドルテンポの"聴かせるロックナンバー"で会場がエモーショナルな雰囲気に包まれる。

そのあとは一気に、「夜明けの流星群」「Your Song」「SCANDAL BABY」「Sisters」とみんなで歌って、ノレて、踊れるナンバーを披露し、HARUNAが「みんな最高ー!」と叫び、会場のボルテージは最高潮に達した。そして本編最後のナンバーとして昨年10月公開され大ヒットとなったSCANDAL初のドキュメント映画『SCANDAL “Documentary film「HELLO WORLD」"』の主題歌ともなった「ちいさなほのお」を演奏し、しっとりと本編を終えた。

そして、アンコール1曲目には前作アルバム『HELLO WORLD』から「love in action」を演奏、2曲目にはニューアルバム『YELLOW』収録曲のアメリカンロックナンバー「Stamp!」で会場を再び温めた。

HARUNAは「平日なのにこんなにたくさん集まってくれて、4年ぶりの武道館で、しかも2DAYSすることができて嬉しいです。そして更に嬉しいことがあって、今年はバンド結成10周年を迎えます!結成10年の日には大阪でのライブが決まっていますが、結成したときは、まさか10年後にこのメンバーでバンドをやっているとは思わなかったし、まさか、こんなにたくさんの人の前でライブ出来るとも思わなかったし、本当に幸せです!」と集まったファンに向けて感謝の言葉を贈った。

そして「3月2日にリリースするニューアルバム「YELLOW」は、1年かけてメンバー4人で作った自信作です。そして4月からはアルバムを引っ提げたツアーもあります。楽しみにしていてください。また会いましょう!」と結成10周年に向かってさらに強くしなやかに突き進んでいく姿勢を見せた。

最後に、期待値が高まっているニューアルバム『YELLOW』から、MAMIが作詞、作曲した新たな冬のナンバー「SUKI-SUKI」が披露され、煌びやかな、ポップロックナンバーに歓声があがった。そしてラストナンバー「太陽スキャンダラス」を最後に演奏し、大歓声の中、東名阪でトータル4万人を動員した初のアリーナツアーが盛況のうちに幕を閉じた。

また、あわせてニューアルバム「YELLOW」のヴィジュアルも解禁され、ライブでのパフォーマンスの実力と可愛くおしゃれな結成10周年を迎えるSCANDALから今年は目が離せなくなりそうだ。

【セットリスト】
M1  Image
M2  瞬間センチメンタル
M3  DOLL
M4  EVERYBODY SAY YEAH!
M5  STANDARD
M6  お願いナビゲーション
M7  本を読む
M8  LIFE IS A JOURNEY
M9  少女S
M10 会わないつもりの、元気でね
M11 おやすみ
M12 Kill the virgin
M13 Winter story
M14 Morning Sun
M15 Departure
M16 夜明けの流星群
M17 Your song
M18 SCANDAL BABY
M19 Sisters
M20 ちいさなほのお
ーENCOREー
EN1 love in action
EN2 Stamp!
EN3 SUKI-SUKI
EN4 太陽スキャンダラス

■「SUKI-SUKI」Short Ver.
https://youtu.be/-1Yvb8w1mqM

■アルバム『YELLOW』

2016年3月2日発売
【完全生産限定盤】 
ESCL 4590-1/¥5,200(税込) 
※完全生産限定仕様 SPECIAL ORIGINAL T-shirt付き
【初回生産限定盤】(CD+DVD)
ESCL 4592-3/¥3,700(税込) 
【通常盤】(初回仕様限定盤)
ESCL4594/¥3,200(税込) 
※初回限定仕様 ステッカー
<収録曲>
■CD
1. Room No.7
2. Stamp!
(2015年7月22日リリース 21stシングル)
3. LOVE ME DO
4. Morning sun
(2016年1月30日公開 映画『猫なんかよんでもこない。』主題歌)
5. Sunday Drive
6.今夜はピザパーティー
7.ヘブンな気分
8. SUKI-SUKI
9. LOVE
10. Sisters
(2015年9月9日リリース 22ndシングル)
11. Happy Birthday
12. ちいさなほのお
(2015年10月17日公開初のドキュメント映画  
『SCANDAL “Documentary film「HELLO WORLD」"』主題歌)
BONUS TRACK Your song ?English ver.-
■DVD ※初回生産限定盤のみ
YELLOW OPENING MOVIE “Room No.7"

◎全形態共通!デジタル抽選会の参加券封入“SCANDAL TOUR 2016「YELLOW」"ツアーのMeet & Greetにご招待。

【関連リンク】
SCANDAL オフィシャルHP
SCANDAL、ツアー名古屋公演にてアルバムリリース&アジアツアー開催を発表
SCANDAL、初の東名阪アリーナツアー初日公演でドキュメンタリー映画のDVD&Blu-ray発売を発表
SCANDAL、ロンドンオリンピックでも活躍の照明デザイナーが初の東名阪アリーナツアーに参加

【関連アーティスト】
SCANDAL
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

MISTY、3月にシングルとベストアルバムを同時リリース決定
Thu, 14 Jan 2016 18:00:00 +0900
MISTY (okmusic UP\'s)

MISTYが3月23日(水)に両A面シングル「GLEANNING/LET IT DIE」とベストアルバム「BESTY」を同時リリースすることが決定した。

【その他の画像】Misty

昨年11月に<TRUST RECORDS>から古巣である<WE LOVE RECORDS>に移籍したMISTY。ベスト盤は過去に発売した全作品から9曲を再録。過去に特典として配布しファンの間でも人気のある「Without you」をリアレンジして収録した全10曲入りだ。

両A面シングルは、抜群のメロディーセンスと堪能な英語力を持つヴォーカル・SHINJIの創り出す全編英語詞で新たなる一面を魅せた激しいメロディック・ソング「GLEANNING」と、日本語詞ですでにライブでも披露されている「 LET IT DIE」の2曲入りで、MISTYの二面性を打ち出した内容に仕上がっている。

リリース後は地元、安城RADIO CLUBを皮切りに全国ツアーを行うことも決定。詳細は後日発表される。

■ベストアルバム『BESTY』

2016月3月23日発売
WLR-1025/¥2,000+税
※全10曲収録
<収録曲>
01. last chance
02. all of me
03. Dream and Hope
04. Never say never
05. Love with you
06. Wakeup call
07. You\'re my everything
08. This is a gift for you
09. Tonight,Believe
10. Without you

■シングル「GLEANNING/LET IT DIE」

2016月3月23日発売
WLR-1026 ?1,500+税
※全2曲収録
<収録曲>
■DISC 1(CD)
01. GLEANNING
02. LET IT DIE
■DISC 2(DVD)
ライブ映像収録

■【ライブ情報】

『MISTY×つばさFly共同企画"HOW\'S IT GOING" vol.1 東名阪TOUR』
1月23日(土) 名古屋@栄R.A.D
1月29日(金) 大阪@心斎橋新神楽
1月31日(日) 東京@新宿ACB

『 でらロックフェスティバル2016』
2月06日(土) DIAMOND HALL/APOLLO BASE/SiX-DOG/Club Rock\'n\'Roll/ DAY TRIVE/Tiny7/Soul Kitchen/TIGHT ROPE/SAKAE R.A.D/Party\'z/HeartLand/SPADE BOX/RED DRAGON

■リリースツアー
4月02日(土) 名古屋@安城RADIO CLUB
※皮切りに、全国ツアー開催予定!

【関連リンク】
MISTY オフィシャルHP
中村一義、最高の盟友が集結した大傑作『海賊盤』の詳細が明らかに!
がんばれ!Victory、「青春!ヒーロー」のMVを2週間限定でフル解禁
minus(-)、2016年最初のワンマンに平沢進が出演決定

【関連アーティスト】
Misty
【ジャンル】
ジャパニーズロック

期待していなかった合コンでまさかの一目惚れ!高まる期待に胸膨らむ瞬間に似合う曲
Thu, 14 Jan 2016 18:00:00 +0900
YUI「HELLO 〜Paradise Kiss〜」のジャケット写真 (okmusic UP\'s)

ミュージックソムリエ協会では、「こんな時に聴きたい音楽!」ということで、日常のヒトコマで、ふっと聴きたい音楽を選曲しました。選曲はすべて、ミュージックソムリエ(http://musicsommelier.jp)によるもの。
今回は、「期待していなかった合コンでまさかの一目惚れ!高まる期待に胸膨らむ瞬間に似合う曲」をセレクトしました。正直なところ、面倒なことの方が多いのが合コンです。
とは言うものの消滅しないのも事実です。ネガティヴな気持ちで行ってみたものの、そこで出会った人がとても魅力的だった時。思わず頭の中で流れてしまいそうな5曲を選びました。


■1.「HELLO 〜Paradise Kiss〜」/YUI
http://youtu.be/T0UQeLDxdHM

大ヒットコミック「NANA」でお馴染み、矢沢あい原作の「Paradise Kiss」が2011年に実写映画化され話題になりましたが、その主題歌として書き下ろされた曲です。
「ハロー!」とその恋は突然やってくるかもしれません。でも、相手のことをまだ何も知らないし、もしかしたらとんでもない遊び人かもしれない…どうしよう!!と不安で尻込みしてしまうアナタを、飛び切りキュートでポップなこの曲がきっと勇気付けてくれますよ!
さぁ、キラキラと魅力溢れるあの人が住む憧れの”楽園”へ、一歩踏み出しちゃいましょう。
(選曲・文/高原千紘)

■2.「不思議なピーチパイ」/竹内まりや

何も期待せずにつきあいや人数あわせで行った合コンでのひとめぼれは、何もない真っ白なキャンバスに彩られる突然の初恋のようなもの。今も昔も変わらない、竹内まりやのポップな作風がぎゅっと詰まったこの曲を背後から流したくなります。
色で例えるなら、淡い桃色。スキップしている女の子の気分が溢れています。
もう随分昔のヒットナンバーなのに、今ある気分にも寄り添える懐かしさだけでない。今もなお生き続ける名曲です。
思いがけないグッドタイミングの時に、どうぞ。
(選曲・文/宮川 桃子)

■3.「I Believe In A Thing Called Love」/THE DARKNESS
http://youtu.be/tKjZuykKY1I

最初に謝ります。筆者は”合コン”というものに全く参加しないし興味もないライフスタイルの人間です。ゴメンナサイ!
ですが、恋に浮足立っている男ほど可笑しくてみっともなくて憎めないものはない…という独断と偏見に従って、この「合コンで一目惚れ」という未知のシチュエーションにマッチする音楽をと思案したところ・・・あったあったありました!5秒ぐらいでみつけました!
それがこの曲、「I Believe In A Thing Called Love」。2004年に突如登場し世界を席巻したイギリスのハード・ロック・バンド、THE DARKNESSのヒット曲のひとつとしてお馴染みですね。キャッチー極まりない曲は、AC/DCやQUEENその他70s〜80sの正統的なハードロックからの影響を存分に感じさせつつ、なぜか「カッコイイ」と素直に表現することをためらわせる独特のヨーデル風ハイトーンヴォイスとキャットスーツ姿(笑)。
一生懸命やればやるほど「大丈夫か!?」と若干心配させる感じが、まさに合コンで浮かれているみっともない男にピッタリ!(という妄想です、あくまで・・・)
さあ、周囲の友達の生暖かい視線に負けず、フワフワしちゃいなさいフワフワ!
(選曲・文/伊藤威明)

■4.「JOY」/YUKI
http://youtu.be/bj5RSMOct2E

「誰かを愛すことなんて 本当はとても簡単だ」
今まで私はいったい何を難しく考えていたんだろう??一目惚れというのはまさにそんな感じで、ふいにやってくるものなのだろうと思います。
2番できちんと「誰かを愛すことなんて 時々とても困難だ」と歌っているところが、リアルで共感できるなぁ・・・と思いますが、年齢を重ねる度に、”恋に堕ちる”ということが難しくなりつつあるのを実感する今日この頃、一目惚れの勢いは大切に、”しゃくしゃく余裕で”恋愛も楽しみたい!と、心からそう思うのです。
(選曲・文/高原千紘)

■5.「Nights On Broadway」/ BEE GEES

こらー。期待もせずに合コンに挑むとはけしからん。
見ず知らずの男女が集まってパーティーを繰り広げる。このような多大なエネルギーを消耗する行動に、「期待なんてしないけれど、付き合いだから仕方ないか。」というポーズをつけること。これは面倒くさい。次からは「異性をハントする為に来たのだ」という気概を内に秘めて合コンに臨んで頂きたい。ロマンが生まれるのはあなたの心掛け次第なのであります。ただし温かい眼差しも忘れずに。
さて、今回選んだのはビージーズの「ブロード・ウェイの夜」。1975年のアルバム「メインコース」からシングル・カットされたミディアム・ナンバーです。イントロはシンセサイザー・ソロ。勝負の場に流れる緊迫感を演出してくれます。飛翔する甘いコーラスの美しさにうっとり。そして感情が爆発するサビの開放感。なんてドラマティックな曲展開なのでしょう。さぁ、クライマックス。この曲をバックに勝負を挑むべし。
(選曲・文/旧一呉太良)

【関連アーティスト】
YUI, YUKI, The Bee Gees, 竹内まりや, The Darkness
【ジャンル】


TK from 凛として時雨、ミニアルバム『Secret Sensation』アートワーク&詳細を発表
Thu, 14 Jan 2016 17:00:00 +0900
アルバム『Secret Sensation』 (okmusic UP\'s)

先日、ニューミニアルバム『Secret Sensation』を3月2日にリリースし、全国5箇所をまわるワンマンツアーを開催することを発表した、TK from 凛として時雨。そのジャケットアートワーク及び詳細が発表となった。

【その他の画像】凛として時雨

今作は昨年9月にリリースとなった、凛として時雨のミニアルバム『es or s』時に、サウンドに確かな手応えを感じたドイツ・ベルリンのハンザスタジオでにてTK自らが渡独し、レコーディングを敢行。

CDには、タイトル曲となる「Secret Sensation」を含む新たなオリジナル音源4曲と共に、昨年7月にビルボードライブ大阪にて行われたライブから「white silence」の音源が収録となる。

アートワークでは新たに、RADWIMPSやSalyu、さらにファッションのフィールドでもアンダーカバーなどのアートディレクション及びグラフィックデザインを手がける永戸鉄也氏を起用。ベルリンで撮影された写真をベースに、“TK from 凛として時雨"というTKのソロプロジェクト特有の有機性を内包するようなジャケットとなっている。

初回生産限定盤付属の特典DVDには、アルバム収録曲の中から「Secret Sensation」と「like there is tomorrow」のMVが収録となる。

TK from 凛として時雨のリリースは、2014年8月にリリースされた2ndアルバム『Fantastic Magic』以来の約1年半ぶり。TVアニメ「東京喰種トーキョーグール」のOPテーマとなった“unravel"が20万ダウンロードを突破するなど、ロングヒットを続ける中、まさに待望の新曲となる。

このリリースを受けた全国ワンマンツアー『Secret Sensation』も決定しており、3月20日の仙台Rensaを皮切りに、5都市で開催となる。

■ミニアルバム『Secret Sensation』

2016年3月2日発売
【初回生産限定盤】(CD+DVD)
AICL-3051〜2 / ¥2,000+税
※三方背スリーブ仕様
【通常盤】(CD)
AICL-3053 /¥1,500+税
<収録曲>
■CD
1. Secret Sensation
2. subliminal
3. ear+f
4. like there is tomorrow
5. white silence (at Billboard Live OSAKA 2015.7.20)
■DVD
1. Secret Sensation (Music Video)
2. like there is tomorrow (Music Video)

■『TK from 凛として時雨 TOUR 2016 “Secret Sensation" 』

3月20日(日) 宮城 仙台Rensa
4月02日(土) 大阪 なんばHatch
4月03日(日) 愛知 ダイアモンドホール
4月09日(土) 福岡 DRUM LOGOS
4月16日(土) 東京 TOKYO DOME CITY HALL 

【関連リンク】
凛として時雨 オフィシャルHP
TK from 凛として時雨、ミニアルバム『Secret Sensation』リリース&全国ツアーが決定
安藤裕子、9枚目のアルバムを来年3月にリリース
安藤裕子、12月に東阪ツアー「Premium Live 2015 〜Last Eye〜」を開催

【関連アーティスト】
凛として時雨, TK from 凛として時雨
【ジャンル】
ジャパニーズロック

マキシマム ザ ホルモン、漫☆画太郎原作の映画『珍遊記〜太郎とゆかいな仲間たち〜』に楽曲使用が決定
Thu, 14 Jan 2016 16:00:00 +0900
マキシマムザ亮君 (okmusic UP\'s)

松山ケンイチ主演で実写映画化される、漫☆画太郎原作のギャグ漫画『珍遊記』。本映画にホルモンの楽曲がバトルソングとして使用されることが決定した。ホルモンのアルバムジャケットイラストでおなじみの漫☆画太郎先生とのタッグがついに映画で実現する。

【その他の画像】マキシマム ザ ホルモン

1990年より週刊少年ジャンプにて連載され、シリーズ累計販売部数約400万部を記録した、唯一無二の存在感を放つ孤高の漫画家・漫☆画太郎による伝説のギャグ漫画「珍遊記〜太郎とゆかいな仲間たち〜」が、まさかの実写映画化。そして奇跡の 映画コラボが実現した。

映画で使用される楽曲は、DVD『デカ対デカ』に同梱されているCD『耳噛じる 真打』から「アバラ・ボブ<アバラ・カプセル・マーケッボブ>」と「ジョニー鉄パイプIII」の2曲。

昨年公開された『ドラゴンボールZ 復活の「F」』に引き続きバトルソング起用という事で、ホルモンが“バトルソングの帝王”と呼ばれる日も近いだろう。

当時連載されていた他の漫画と比べて、ひときわ異彩を放っていた伝説のギャグ漫画の実写映画と、ホルモンの楽曲がどのように融合するのか!? 詳細はマキシマム ザ ホルモン公式サイトにて。

【マキシマムザ亮君コメント】
うおおー!「珍遊記」実写映画化やべー!!
とにかく今回バトルシーンがすげえ!(まだ見てないけど)

飛び出る映像がど迫力でやばい!!
(まだ見てないし、そもそも3D上映あるかどうかしらねえけど)

そしてなんといっても感動のラスト15秒が泣ける!! (原作もどんな話か忘れてるし、見てないからそんなシーンあるかどうかわからねえけど)

俺は小学校の卒業アルバムの文集のコーナーで珍遊記の主人公「山田太郎」のイラスト描いたほど、童貞の頃から大好きなんだこの野郎!! 自分のバンドのCDのジャケイラストを漫☆画太郎に何回も描いてもらってるのに、まだ一回もお会いした事ねえぞ!ちくしょーー!!!
映画館で絶対観てやる!!

マキシマムザ亮君(マキシマム ザ ホルモン/歌と6弦と弟)

■マキシマム ザ ホルモン オフィシャルHP
http://www.55mth.com

【関連リンク】
『デカ対デカ』情報まとめページ
マキシマム ザ ホルモン、『Deka Vs Deka』イラストが米国イラストレーター協会シルバーメダル受賞
マキシマム ザ ホルモン、映像作品に同梱される新録版CDのタイトル&ジャケットを公開
マキシマム ザ ホルモン、映像作品『Deka Vs Deka〜デカ対デカ』ジャケ公開

【関連アーティスト】
マキシマム ザ ホルモン
【ジャンル】
ジャパニーズロック, 映画

荒井岳史、2ndソロアルバムのジャケットに自身の写真を使用
Thu, 14 Jan 2016 15:00:00 +0900
アルバム『プリテンダー』 (okmusic UP\'s)

荒井岳史(the band apart/vo)が2月3日に発売する、2ndアルバム『プリテンダー』のジャケット写真が公開となった。

【その他の画像】the band apart

これまで、the band apartを含め自身の写真をジャケットに使用することはなかったが、今作『プリテンダー』では今の荒井岳史、等身大の荒井岳史を表現した楽曲を収録した作品だからこそ初めて写真を使用したのこと。

『プリテンダー』は前作に続き、ゲストミュージシャンとして村田シゲ(Ba./口ロロ)、一瀬正和(Dr./MONOEYES/ASPARAGUS、/the HIATUS )、そしてプロデューサーに三浦康嗣(口ロロ)を迎えた最強の布陣による型にはまらないバラエティに富んだサウンドを収録している。また、発売を記念したインストア・イベントも決定している。

■アルバム『プリテンダー』

2016年2月3日発売
KATS-1004/¥3,000+税
<収録曲>
1.あの夏のイリュージョン
2.サヨナラを君に言う
3.ダンス・ウィズ・ザ・ワールド
4.玉手箱
5.TMKN
6.花火
7.23:55〜あきらめの街〜
8.あきらめの街抜けて
9.虹
10.ワンモアタイム

■『プリテンダー』発売記念インストア・イベント

2月02日(火) 19:30〜 HMVエソラ池袋
2月03日(水) 21:00〜 タワーレコード渋谷店
2月04日(木) 19:00〜 タワーレコード新宿店
2月06日(土) 13:00〜 タワーレコード池袋店
2月13日(土) 19:00〜 タワーレコード吉祥寺店
※イベント内容(全箇所):ミニライブ(観覧自由)&特典会

【関連リンク】
荒井岳史 オフィシャルHP
Kidori KidoriのアルバムリリースツアーにPredawn band、the band apart、キドリキドリがゲスト出演
the band apart、ニューシングルをライヴ会場&オフィシャルHPで限定販売
バンアパのツアーファイナル六本木公演がCSにて放送「エモーショナルな部分を見てもらえたら」

【関連アーティスト】
the band apart, 荒井岳史
【ジャンル】
ジャパニーズロック

THE MODS、35周年記念イヤーの幕開けを飾るニューアルバムのリリースを発表
Thu, 14 Jan 2016 15:00:00 +0900
THE MODS (okmusic UP\'s)

THE MODSにとって35th Anniversary yearとなる2016年。早速、ニューアルバムが3月23日にリリースされると、アナウンスされた!

【その他の画像】THE MODS

『ROCKTIONARY』以来、約2年振りとなる待望のフルアルバム『HAIL MARY』。オフィシャルサイトでは『満を持してのリリースに相応しく素晴らしい楽曲達がこれでもかとハートをわしづかみにする。決して尽きる事の無いロックへの想いは、ますます研ぎすまされ純化の道を突き進む。ここにTHE MODSの35年の歴史は輝かしい結晶として実を結んだ』と解説している。すでに全国CDショップにて予約受付中だ。

また、35周年を祝うツアーも決定した。「Round 1」として4月〜5月、そして「Round 2」として7月〜8月で全国を回り、ファイナルは10月15日に“例の場所”である日比谷野外大音楽堂のステージに立つ! アニバーサリーイヤーのツアーだけに、長い歴史の中で産み落とされた数々の名曲がセットリストに組み込まれることだろう。

■アルバム『HAIL MARY』

2016年3月23日発売
RHCA-27/¥3,000+税

■【ライブ情報】

『THE MODS TOUR 2016 "HAIL MARY" Round 1』
4月01日(金) 川崎・CLUB CITTA\'
4月08日(金) 名古屋・BOTTOM LINE
4月10日(日) 神戸・VARIT.
4月15日(金) 仙台・darwin
4月17日(日) 郡山・#9
4月22日(金) 高知・X-pt.
4月24日(日) 岡山・CRAZYMAMA KINGDOM
5月08日(日) 東京・TSUTAYA O-EAST
5月13日(金) 札幌・PENNY LANE 24
5月15日(日) 富山・MAIRO
5月20日(金) 熊本・B.9
5月22日(日) 福岡・DRUM LOGOS
5月29日(日) 大阪・BIG CAT
<チケット料金>
スタンディング 前売 ¥5,400(消費税8%含 ・ ドリンク代別途)

『THE MODS TOUR 2016 "HAIL MARY" Round 2』
7月01日(金) 新横浜・NEW SIDE BEACH!!
7月03日(日) 名古屋・DIAMOND HALL
7月08日(金) 札幌・PENNY LANE 24
7月10日(日) 山形・ミュージック昭和Session
7月14日(木) 長野・CLUB JUNK BOX
7月16日(土) 金沢・EIGHT HALL
7月18日(月) 大阪・BIG CAT
7月29日(金) 東京・LIQUID ROOM ebisu
8月05日(金) 山口・Shunan RISING HALL
8月07日(日) 長崎・DRUM Be-7
8月20日(土) 埼玉・HEAVEN\'S ROCK さいたま新都心 VJ-3
8月26日(金) 広島・CLUB QUATTRO
8月28日(日) 福岡・DRUM LOGOS
<チケット料金 >
スタンディング 前売 ¥5,400(消費税8%含 ・ ドリンク代別途)

『THE MODS TOUR 2016 "HAIL MARY" Final』
10月15日(土) 東京・日比谷野外大音楽堂
<チケット料金 >
全席指定 前売 ¥6,800(消費税8%含)

※未就学児童のご入場は出来ません。
※小学生以上のご入場にはチケットが必要になります。

【関連リンク】
THE MODS オフィシャルHP
「LONDON NITE」を愛する著名人から、35周年記念コンピにお祝いコメントが到着!
パンクロックに日本的文脈を注入したTHE MODSのデビュー作『FIGHT OR FLIGHT』
THE MODS、ライヴDVD発売&ツアー開催を発表

【関連アーティスト】
THE MODS
【ジャンル】
ジャパニーズロック

そこに鳴る、2ndミニアルバムの詳細&アートワークを公開
Thu, 14 Jan 2016 14:30:00 +0900
そこに鳴る (okmusic UP\'s)

そこに鳴るが3月9日に2ndミニアルバム 『YAMINABE』をリリース! その詳細とアートワークが発表となった。

【その他の画像】そこに鳴る

大阪発、超絶テクニカルなメタルにも匹敵する重厚サウンドに、男女の幾重にも重なりあう独特の和メロ、そしてハーモニーが見事に融合した、そこに鳴るの新たな扉を叩くかの如き、覚醒進化する迷宮のポップワールド第二章『YAMINABE』。

5曲入りEP「I\'m NOT a pirolian」にて、衝撃のインディーズデビューをしてから10ヶ月という短いタームで様々なモノを吸収し、そこに鳴るサウンドで昇華、増幅され、放たれる彼らの現在進行する8変化サウンドこそ、近い将来彼らが一歩抜きん出た存在になる事を予言できる。

アートワークを手がけたのは、BABY METAL等、数々の有名アーティストを手がける人気イラストレーター・KAgaMI。アーティスト写真を手がけたのはKEYTALK他、数々のアーティスト&ライブ写真の他、デザインなども手がけ多方面で活躍する後藤壮太郎。

新人ながら、昨年11月には初の台湾公演も成功させ、グローバルな活動も視野に入れる、彼らの活動をチェックしよう。

■ミニアルバム 『YAMINABE』

2016年3月9日発売
KOCA-88/¥1,700+税
<収録曲>
1. 6月の戦争 -extreme explosion ver.-
2. エメラルドグリーン
3. UTSUNOMIYA
4. もう二度と戻れないあの頃に
5. 少女の音色に導かれ
6. 内緒にしててよ、醜い私のことを嫌っても
7. pirolin -exskill of excalibur ver.-
8. draw -exact exodus ver.-

◎「YAMINABE」各チェーン店特典
・タワーレコード各店:ライブDVD
・Amazon.co.jp:そこに鳴るラバーブレス
・ディスクユニオン各店:オリジナル缶バッジ

【関連リンク】
そこに鳴る オフィシャルHP
そこに鳴る、「I\'m NOT a pirolian」リリースツアーを発表
そこに鳴る、「pirorhythm stabilizer 〜only your world〜」のMV公開
そこに鳴る、初の全国流通作品を4月8日(水)に発売

【関連アーティスト】
そこに鳴る
【ジャンル】
ジャパニーズロック

吉田山田、「母のうた」MV制作に使用する“母親と一緒に写った写真”を一般公募
Thu, 14 Jan 2016 14:00:00 +0900
吉田山田 (okmusic UP\'s)

吉田山田がアルバムに収録される楽曲「母のうた」MVの制作と、一般公募で集めた写真を使用して制作を行うことを発表した。

【その他の画像】吉田山田

「母のうた」は昨年12月16日にリリースしたシングル「未来/Today,Tonight」の通常盤にのみ収録され、政府広報 高齢者詐欺被害の未然防止キャンペーンテーマソングに起用されている。WEB CMが公開中だが、「オレオレ詐欺を防ぐのは、オレだ。」をキーワードに「眉山 びざん」「ゼロの焦点」などで知られる犬童一心監督が演出を手掛け、母親 とのやり取りをするカンニング竹山の名演で泣けると話題沸騰中。作詞をメンバーの吉田結威が手掛け、実の母を想って綴った歌詞が映像とリンクし、より共感を呼んでいる楽曲。

本企画は楽曲のコンセプトに合わせて、母親と一緒に写った写真を一般から募り、MVの制作に使用するというもの。期間は1月18 日(水)までとなっている。

ニューアルバムは、フォトブック付き初回限定盤と通常盤の2形態のリリースとなり、初回限定盤には50Pを超える大ボリュームのフォト ブックレットが付く。タイトルや収録内容などの詳細は追って発表となる。

■「母のうた」MV使用写真 一般公募
募集期間:2016年1月13日(水)〜2016年1月18日(月)
http://hp.ponycanyon.co.jp/informa/content/673/

【関連リンク】
吉田山田オフィシャルHP
吉田山田、新年一発目の「吉田山田のオールナイトニッポン0」でニューアルバムのリリースを発表
「日々」以外も名曲揃い!吉田山田のおすすめ曲5選
吉田山田、スペシャルイベントで山田義孝が「横浜マラソン2016」に出走することを発表

【関連アーティスト】
吉田山田
【ジャンル】
J-POP

ゆゆん、1st アルバムから「はんすう」ライヴ映像MVを公開
Thu, 14 Jan 2016 13:30:00 +0900
ゆゆん (okmusic UP\'s)

ゆゆんが昨年12月にリリースした1stアルバム『カーテンコール』より、収録曲「はんすう」のライヴ映像MVが所属レーベルの公式You Tubeチャンネルにて初公開された。

【その他の画像】ゆゆん

彼女らのホームグランドとも言うべき新宿レッドクロスでのライヴ映像となっており、彼女達の等身大の演奏がリアルに感じられる映像となっている。イシカワミナ子のリンゴスターばりのグルービーなドラムプレイは要注目である。

なお、1月17日(日)には、新宿レッドクロスにて「いい湯ゆんだなぁvol.1〜祝「カーテンコール」発売記念〜」と題されたレコ発ライヴを行ない、2月7日(日)名古屋のサーキットイベント「でらロックフェスティバル」から、レコ発地方ツアーを開催する。2月8日(月)高松DIME、2月9日(火)大阪Pangeaでは挫・人間と共演TOURとなる。

■「はんすう(Live Ver.)」MV
https://youtu.be/HhQlgWdaAyw

■アルバム『カーテンコール』

2015年12月16日発売
RCSP-0063/¥2,200+税
<収録曲> 
M-1:牛乳 
M-2:私の生活 
M-3:ハーベスト 
M-4:はるのつき
M-5:にげよう 
M-6:隙間おばけのためのファンファーレ
M-7:おうち 
M-8:さや 
M-9:はんすう 
M-10:やっほー

■ゆゆん企画『いい湯ゆんだなぁ vol.1〜祝「カーテンコール」発売記念〜』

1月17日(日) 新宿レッドクロス
出演:ゆゆん / ハラフロムヘル / the coopeez(京都)/工藤みゆき (工藤姉妹 fromまがりかど) 
DJ:越川和磨(THE STARBEMS/ex.毛皮のマリーズ)

■ゆゆん「カーテンコール」発売記念リリースツアー

2月07日(日) でらロックフェスティバル 2016
http://derarockfes.radcreation.jp/
2月08日(月) 高松DIME
出演:ゆゆん / 挫・人間 / …and more
2月09日(火) 大阪Pangea 
出演:ゆゆん/挫・人間/神頼みレコード/おかえりヒーローズ/and more

【関連リンク】
ゆゆん オフィシャルHP
日本マドンナ、スカートの中といった解散したバンドのアプリが年内限定価格でリリース
ゆゆん、1stアルバムより女子の倦怠感を描いた「牛乳」MVを初公開
ゆゆん、12月16日に1stアルバム『カーテンコール』をリリース!

【関連アーティスト】
ゆゆん
【ジャンル】
ジャパニーズロック

DAOKO、年始のプレゼントとして東京ワンマンをLINE LIVEで生配信決定
Thu, 14 Jan 2016 13:00:00 +0900
DAOKO (okmusic UP\'s)

DAOKOが1月15日(金)に東京・TSUTAYA O-EASTで行なう、ワンマンツアー「DAOKO THE FIRST TOUR」ファイナル公演をLINE LIVEで生配信することが決定した。

【その他の画像】daoko

昨年リリースしたDouble A Side 1stシングル「ShibuyaK/さみしいかみさま」が好調な中、12月18日(金)に「DAOKO THE FIRST TOUR」をスタートさせたDAOKO。即完した大阪FANJ twiceでは、見事なパフォーマンスを披露した。さらに、昨年末の「COUNTDOWN JAPAN15/16」でのライヴの大成功も記憶に新しい。そんな彼女が年始のプレゼントとして生配信する今回のライヴ。LINEで「お友達追加」し、LINE LIVEでもDAOKOを堪能してみよう。

そして、1月23日(土)20:00-20:54には、J-WAVE『Galaxy ALL AREA PASS』でデビューから今までを追いかけた番組の放送も決定! ライヴ密着のほか、これまでに関わった方々とのインタビューなどなど、彼女のこれまで、そして今を感じてほしい。

■J-WAVE「Galaxy ALL AREA PASS」
1月23 日(土)20:00〜20:54
ナビゲーター:藤田琢己
http://www.j-wave.co.jp/original/allarea/

■「DAOKO THE FIRST TOUR」

1月15日(金) 東京 TSUTAYA O-EAST
OPEN 18:00 START 19:00

■LINE LIVE 番組『DAOKO THE FIRST TOUR』

1月15日(金)19:00スタート予定
■DAOKO LINE 公式アカウント
http://line.me/ti/p/@daoko
■視聴方法
1.DAOKO LINE 公式アカウントより視聴
2.LINE LIVE アプリで視聴
3.パソコンで視聴
(※OA されてからのURL 発行の為少し始まりがおそくなります。予めご了承下さい。)

【関連リンク】
新垣隆&吉田隆一、PASSPO☆、DAOKOなど、アーバンギャルド主催『鬱フェス 2015』全出演者決定!
2015年も残り半分! 上半期にめちゃくちゃ聴いた5曲
DAOKO、六本木アートナイト2015にてライブを披露
m-flo、アルバム付属のBlu-rayとDVDに収録される2013年ツアーのダイジェスト映像を公開!

【関連アーティスト】
daoko
【ジャンル】
J-POP, ネットカルチャー

Q-MHz、1stアルバムダイジェスト第1弾をYouTube公開
Thu, 14 Jan 2016 12:30:00 +0900
Q-MHz (okmusic UP\'s)

音楽家である畑 亜貴、田代智一、黒須克彦、田淵智也(UNISON SQUARE GARDEN)の4人が結成した ブロデュースチーム・Q-MHzが、1stアルバム『Q-MHz』を1月27日にリリースする。そんな今作の収録曲のうち、前半5曲のダイジェストがチームのYouTubeチャンネルで公開された。

【その他の画像】UNISON SQUARE GARDEN

今回公開された映像はリリックビデオとしての機能も持ち合わせており、「LiVE DiVE MHz!!(featuring LiSA)」「ふれてよ(featuring 小松未可子)」「星の名は絶望(featuring 鈴木このみ)」「手探りで今 のなかを(featuring 東山奈央)」「La fiesta? fiesta!(featuring 南條愛乃)」の一部が、タイボグラフ ィで表現された歌詞と一緒に楽しめる。なお後日、第2弾として後半5曲のダイジェストも公開が予定されて いるので楽しみにしていてほしい。

またダイジェスト公開に先駆け、アルバム収録曲のうち5曲のラジオオンエアも解禁。「LiVE DiVE MHz!!(featuring LiSA)」「星の名は絶望(featuring 鈴木このみ)」「手探りで今のなかを (featuring 東山奈央)」「La fiesta? fiesta!(featuring 南條愛乃)」「short hair EGOIST(featuring 小松未可子)」がオンエア可能なので、ぜひ各ラジオ局にリクエストを送ってみよう。

■アルバム『Q-MHz』ダイジェストその1
https://www.youtube.com/watch?v=XfD25i7_jIs

■アルバム『Q-MHz』

2016年1月27日発売
TFCC-86538/¥3,500+税
※CD+ブックレット+スリーブケース
※ダウンロード販売は2016年2月3日(水)スタート
<収録曲>
01. LiVE DiVE MHz!!(featuring LiSA)
作詞・作曲:Q-MHz 編曲:Q-MHz、滝 善充(9mm Parabellum Bullet)
Guitars:滝 善充(9mm Parabellum Bullet) / Drums:城戸紘志 / Bass:黒須克彦
02. ふれてよ(featuring 小松未可子)
作詞・作曲:Q-MHz 編曲:清水哲平
Guitars:清水哲平 / Bass:黒須克彦 / Other Instruments:清水哲平
03. 星の名は絶望(featuring 鈴木このみ)
作詞・作曲:Q-MHz 編曲:新井弘毅
Guitars:新井弘毅 / Drums:城戸紘志 / Bass:田淵智也 / Other Instruments:新井弘毅
04. 手探りで今のなかを(featuring 東山奈央)
作詞・作曲:Q-MHz 編曲:齋藤真也
Guitars:海老澤祐也 / Violins & Violas:室屋光一郎 / Bass:黒須克彦 / Other Instruments:齋藤真 也
05. La fiesta? fiesta!(featuring 南條愛乃) 作詞・作曲:Q-MHz 編曲:齋藤真也
All Instruments:齋藤真也
06. I, my, me, our Mulberry(featuring 東山奈央) 作詞・作曲:Q-MHz 編曲:Q-MHz、齋藤真也 Guitars:田代智一 / Other Instruments:齋藤真也 !
07. JURASSiC KiSS(featuring LiSA)
作詞・作曲:Q-MHz 編曲:CHRYSANTHEMUM BRIDGE
Sax:武田真治 / Other Instruments:CHRYSANTHEMUM BRIDGE
08. 愛シカタナンテ知ラナイ(featuring 南條愛乃)
作詞・作曲:Q-MHz 編曲:Q-MHz、牛尾憲輔
Guitars:山本陽介 / Other Instruments:牛尾憲輔、黒須克彦
09. short hair EGOIST(featuring 小松未可子)
作詞・作曲:Q-MHz 編曲:Q-MHz
Guitars:三澤勝洸(バスビエ) / Drums:城戸紘志 / Bass:田淵智也 / Other Instruments:黒須克彦 !
10. 「ごめんね」のシンデレラ(featuring 鈴木このみ)
作詞・作曲:Q-MHz 編曲:中西亮輔
Guitars:伊藤 賢 / Drums:城戸紘志 / Bass:黒須克彦 / Other Instruments:中西亮輔

【関連リンク】
Q-MHz TOY\'S FACTORY HP
畑亜貴、ユニゾン田淵ら4人がチーム結成、小松未可子、南條愛乃、LiSAら参加でアルバムリリース
中村一義、最高の盟友が集結した大傑作『海賊盤』の詳細が明らかに!

【関連アーティスト】
UNISON SQUARE GARDEN, Q-MHz
【ジャンル】
ジャパニーズロック

LOUDNESS、ニコ生でワールドツアーの追加公演を独占生中継決定
Thu, 14 Jan 2016 12:00:00 +0900
LOUDNESS (okmusic UP\'s)

1月15日(金)19:00に開催となるLOUDNESSのライヴイベント「LOUDNESS WORLD TOUR 2015 “THE SUN WILL RISE AGAIN”〜30th Anniversary THUNDER IN THE EAST〜in JAPAN “ENCORE”」が、ニコニコ生放送で独占生中継されることがわかった。

【その他の画像】LOUDNESS

2015年にアルバム『THUNDER IN THE EAST』発売30周年を記念し、ワールドツアーを実施したLOUDNESS。チケットが完売となる大好評につき、東京での追加公演が決定した。本番組では、会場の赤坂BLITZからライヴの模様を全編にわたって生中継でお届け!

また、同日8:00からライヴ本番直前の19:00までは、ニコ生で昨年11月に放送した『LOUDNESS11時間特番』が再放送される。

■『THUNDER IN THE EAST』完全再現ライブ追加公演 独占生中継

1月15日(金)
・8:00〜19:00 LOUDNESS『THUNDER IN THE EAST 30th Anniversary Edition』発売記念 11時間特番 再放送
・19:00〜21:30 ライヴ生中継

http://live.nicovideo.jp/watch/lv248186590
※本番組の後半はプレミアム会員限定視聴。番組全編を視聴するにはプレミアム会員の登録が必要。

【関連リンク】
LOUDNESS オフィシャルHP
LOUDNESS、30周年記念サイトに国内外20アーティストによる祝福コメントを公開
LOUDNESS、マディソン・スクエア・ガーデン等のレアシーン満載のトレーラー公開
LOUDNESS、ニコ生特番にて国内外ビッグアーティスト達からの祝福コメントを放送

【関連アーティスト】
LOUDNESS
【ジャンル】
ジャパニーズロック, メタル

さくらしめじ、「はじまるきせつ/さんきゅう」リリースイベントを敢行
Thu, 14 Jan 2016 11:30:00 +0900
1月13日@イクスピアリ (okmusic UP\'s)

さくらしめじが3rdシングル「はじまるきせつ/さんきゅう」のリリース日である1月13日、イクスピアリにてリリースイベントを行った。

【その他の画像】さくらしめじ

リリースイベントは今回のロケーションにもぴったりな「まよなかぴくにっく」からスタート。自然と集まったファンにも笑顔が浮かび、会場中が手拍子でいっぱいになった。

続いて、今作の表題曲「はじまるきせつ」「さんきゅう」が披露されると、成長した彼らの姿と歌声に、会場はあたたかい雰囲気に包まれた。 最後に?田の大好きな卵かけご飯がテーマになったという、今作のカップリング曲「てぃーけーじー」で盛り上がりライブを締めくくった。

イベントの最後に田中から「皆さんに嬉しいお知らせがあります!何と僕たちの3rdシングルがオリコンデイリーチャート5位になりました!もっともっと頑張っていきたいと思います!」と伝えられ、会場中が大きな拍手でいっぱいになった。また、?田は17日より放送がスタートする、TBS日曜劇場「家族ノカタチ」にレギュラー出演が決定。俳優の右しめじにも要注目だ。

■『さくらしめじ3rdシングルリリースイベント「めでたい!菌が新年」』

1月16日(土) 16:30〜  
神奈川県 ららぽーと横浜 1Fセントラルガーデン
1月17日(日) 13:00〜
千葉県 イオンモール津田沼 1F さくら公園側特設会場
1月23日(土) 13:00〜
埼玉県 ららぽーと富士見 屋外広場
1月24日(日) 13:00〜
千葉県 西武船橋店

【関連リンク】
さくらしめじ、新曲2曲のMVがフル解禁
さくらしめじ、アコースティックバンド編成で挑んだ初ワンマンが超満員
さくらしめじ、新曲「はじまるきせつ」MVで芋洗坂係長と共演
さくらしめじ、3rd両A面シングルの全貌が明らかに!

【関連アーティスト】
さくらしめじ
【ジャンル】
J-POP, ライブ

Brand New Vibe、初のZepp DiverCityワンマンが大盛況
Thu, 14 Jan 2016 11:00:00 +0900
1月10日(日)@Zepp DiverCity (okmusic UP\'s)

全国をワゴン車一台で駆け巡り、年間200本以上のライヴに体当たりで挑み、常にファン=BNF(Brand New Family)との二人三脚で夢を更新し続けているBrand New Vibeが、1月10日(日)に初のZepp DiverCityでのワンマンを成功させた。

【その他の画像】Brand New Vibe

全国から駆け付けたファン約2,000名とともに達成。会場にいる全員にとって、記念すべき歓喜の夜となった。“今日は、俺たち史上、大好きな人たちが、過去一番集まったワンマンライブです。ありがとうございます!”とヴォーカルのKEIが大粒の涙を流しながら伝えた。

これまでずっと応援し続けてくれたファンとの絆を大事に活動してきた彼ら。折れそうな心を必死に奮い立たせ、地元・町田から声を高らかに叫び続けてきた。そんなバンドとファンそれぞれがお互いを想い、このライヴが成り立っていた。昨年リリースしたばかりの最新シングル曲「Silent Snow」のイントロがかかると、ファンがサプライズで用意したペンライトが一斉に点灯。場内には雪が降り注ぎ、ライヴはさらなるクライマックスへ!

“俺たちの音楽がよくなっていく方向、そこには間違いなく、ここにいる皆さんの絆や愛が必要でした。次のファイナルは武道館で絶対にやりたい。今なら自信がある、本気で思っている。これからも一緒に歩いていこう」――思い描いた会場、演出、そして見守ってくれているファン、スタッフ。そのすべてがこの日のために決められていたかのような、愛にあふれた感動的な一日となった。

“あなたにとって、特別なバンドになりますので、また来てください!”とヴォーカルのKEIが再び涙を流しながら訴えた。2016年のBrand New Vibeにも期待が高まる。

【関連リンク】
Brand New Vibe オフィシャルHP
「teena Girls\' Party」初の女性限定無料イベントにZOLA、ピコ、Brand New Vibe、Raptor 9が出演
Brand New Vibeが宣言! 大切な仲間と最強の音楽を掲げて楽しみながら壁をぶち壊していく!
Aqua Timez、ソナポケらが出演!「音霊 OTODAMA SEA STUDIO」第一弾スケジュール発表!

【関連アーティスト】
Brand New Vibe
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1