歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2016年01月10日)
バックナンバー
最新ニュース
2016/01/19
2016/01/18
2016/01/17
2016/01/16
2016/01/15
2016/01/14
2016/01/13
2016/01/12
2016/01/11
2016/01/10
2016/01/09
2016/01/08
2016/01/07
2016/01/06
2016/01/05
2016/01/04
2016/01/03
2016/01/02
2016/01/01
2015/12/31
2015/12/30
2015/12/29
2015/12/28
2015/12/27
2015/12/26
2015/12/25
2015/12/24
2015/12/23
2015/12/22
2015/12/21
2015/12/20
2015/12/19
2015/12/18
2015/12/17
2015/12/16
2015/12/15
2015/12/14
2015/12/13
2015/12/12
2015/12/11
2015/12/10
2015/12/09
2015/12/08
2015/12/07
2015/12/06
2015/12/05
2015/12/04
2015/12/03
2015/12/02
2015/12/01
2015/11/30
2015/11/29
2015/11/28
2015/11/27
2015/11/26
2015/11/25
2015/11/24
2015/11/23
2015/11/22
2015/11/21
2015/11/20
2015/11/19
2015/11/18
2015/11/17
2015/11/16
2015/11/15
2015/11/14
2015/11/13
2015/11/12
2015/11/11
2015/11/10
2015/11/09
2015/11/08
2015/11/07
2015/11/06
2015/11/05
2015/11/04
2015/11/03
2015/11/02
2015/11/01
2015/10/31
2015/10/30
2015/10/29
2015/10/28
2015/10/27
2015/10/26
2015/10/25
2015/10/24
2015/10/23
2015/10/22
2015/10/21
2015/10/20
2015/10/19
2015/10/18
2015/10/17
2015/10/16
2015/10/15
2015/10/14
2015/10/13
2015/10/12
2015/10/11
2015/10/10
2015/10/09
2015/10/08
2015/10/07
2015/10/06
2015/10/05
2015/10/04
2015/10/03
2015/10/02
2015/10/01
2015/09/30
2015/09/29
2015/09/28
2015/09/27
2015/09/26
2015/09/25
2015/09/24
2015/09/23
2015/09/22
2015/09/21
2015/09/20
2015/09/19
2015/09/18
2015/09/17
2015/09/16
2015/09/15
2015/09/14
2015/09/13
2015/09/12
2015/09/11
2015/09/10
2015/09/09
2015/09/08
2015/09/07
2015/09/06
2015/09/05
2015/09/04
2015/09/03
2015/09/02
2015/09/01
2015/08/31
2015/08/30
2015/08/29
2015/08/28
2015/08/27
2015/08/26
2015/08/25
2015/08/24
2015/08/23
2015/08/22
2015/08/21
2015/08/20
2015/08/19
2015/08/18
2015/08/17
2015/08/16
2015/08/15
2015/08/14
2015/08/13
2015/08/12
2015/08/11
2015/08/10
2015/08/09
2015/08/08
2015/08/07
2015/08/06
2015/08/05
2015/08/04
2015/08/03
2015/08/02
2015/08/01
2015/07/31
2015/07/30
2015/07/29
2015/07/28
2015/07/27
2015/07/26
2015/07/25
2015/07/24
2015/07/23
2015/07/22
2015/07/21
2015/07/20
2015/07/19
2015/07/18
2015/07/17
2015/07/16
2015/07/15
2015/07/14
2015/07/13
2015/07/12
2015/07/11
2015/07/10
2015/07/09
2015/07/08
2015/07/07
2015/07/06
2015/07/05
2015/07/04
2015/07/03
2015/07/02
2015/07/01
2015/06/30
2015/06/29
2015/06/28
2015/06/27
2015/06/26
2015/06/25
2015/06/24
2015/06/23
2015/06/22
2015/06/21
2015/06/20
2015/06/19
2015/06/18
2015/06/17
2015/06/16
2015/06/15
2015/06/14
2015/06/13
2015/06/12
2015/06/11
2015/06/10
2015/06/09
2015/06/08
2015/06/07
2015/06/06
2015/06/05
2015/06/04
2015/06/03
2015/06/02
2015/06/01
2015/05/31
2015/05/30
2015/05/29
2015/05/28
2015/05/27
2015/05/26
2015/05/25
2015/05/24
2015/05/23
2015/05/22
2015/05/21
2015/05/20
2015/05/19
2015/05/18
2015/05/17
2015/05/16
2015/05/15
2015/05/14
2015/05/13
2015/05/12
2015/05/11
2015/05/10
2015/05/09
2015/05/08
2015/05/07
2015/05/06
2015/05/05
2015/05/04
2015/05/03
2015/05/02
2015/05/01
2015/04/30
2015/04/29
2015/04/28
2015/04/27
2015/04/26
2015/04/25
2015/04/24
2015/04/23
2015/04/22
2015/04/21
2015/04/20
2015/04/19
2015/04/18
2015/04/17
2015/04/16
2015/04/15
2015/04/14
2015/04/13
2015/04/12
2015/04/11
2015/04/10
2015/04/09
2015/04/08
2015/04/07
2015/04/06
2015/04/05
2015/04/04
2015/04/03
2015/04/02
2015/04/01
2015/03/31
2015/03/30
2015/03/29
2015/03/28
2015/03/27
2015/03/26
2015/03/25
2015/03/24
2015/03/23
2015/03/22
2015/03/21
2015/03/20
2015/03/19
2015/03/18
2015/03/17
2015/03/16
2015/03/15
2015/03/14
2015/03/13
2015/03/12
2015/03/11
2015/03/10
2015/03/09
2015/03/08
2015/03/07
2015/03/06
2015/03/05
2015/03/04
2015/03/03
2015/03/02
2015/03/01
2015/02/28
2015/02/27
2015/02/26
2015/02/25
2015/02/24
2015/02/23
2015/02/22
2015/02/21
2015/02/20
2015/02/19
2015/02/18
2015/02/17
2015/02/16
2015/02/15
2015/02/14
2015/02/13
2015/02/12
2015/02/11
2015/02/10
2015/02/09
2015/02/08
2015/02/07
2015/02/06
2015/02/05
2015/02/04
2015/02/03
2015/02/02
2015/02/01
2015/01/31
2015/01/30
2015/01/29
2015/01/28
2015/01/27
2015/01/26
2015/01/25
2015/01/24
2015/01/23
2015/01/22
2015/01/21
2015/01/20
2015/01/19
2015/01/18
A9、2nd EP『LIGHT AND DARKNESS』収録曲「ANIMUS」の試聴をスタート
Sat, 09 Jan 2016 19:00:00 +0900
A9 (okmusic UP\'s)

A9が昨年12月25日のクリスマスライブで解禁した、2nd EP『LIGHT AND DARKNESS』のリリース。そのEPの雰囲気を少しでも届けようと、同ライブでもファンへのサプライズクリスマスプレゼントとして初披露された「ANIMUS」のショートver.の試聴が開始となった。


【その他の画像】A9

今回のリリースは、パッケージ盤とデジタルリリース盤の2種類となっている。パッケージ盤はCDとして4月から始まる『A9 TOUR 2016 「TRUTH IN LIGHT AND DARKNESS」』での会場や、一部SHOPでの販売を予定とのことでリリース日等、詳細は後日アナウンスされる。

デジタルリリース盤は通常盤、特典盤、豪華盤の3タイプが用意されている。こちらの特典はすべてデータで配信され、世界中のファンが、同じタイミングで特典を手に入れることができるのが魅力だ。その特典内容もバラエティに富んでおり、豪華盤では12月25日のライブ映像や、収録全曲の通常音源に加え、レコーディングデータおよびハイレゾデータを手に入れることができる。

タイトルが示す通り、"光"と"影"相反しつつ不可欠の2面性というコンセプトを持つEPになるということで、このコンセプトを引っ提げてのツアーも決定している。ライブではこの2面性を2部構成での演出を取り入れるとのことで、どのようなステージを魅せてくれるか楽しみだ。

■「ANIMUS」試聴(ショートver.)
https://soundcloud.com/a9_official/animus

■2nd EP『LIGHT AND DARKNESS』

2016年春発売
NINE-0002/価格未定
※パッケージ盤・デジタル盤にてリリース

<デジタル盤先行予約受付中>
第1期予約締切:2016/1/10(日)23:30まで
http://ptix.co/1Tk8goE
※先行特典:最新曲「ANIMUS」先行配信(2016年1月上旬予定)

■『A9 TOUR 2016 「TRUTH IN LIGHT AND DARKNESS」 』

4月16日 ステラボール
4月21日 札幌cube garden
4月24日 青森Quarter
4月26日 新潟NEXS NIIGATA
4月27日 仙台darwin
4月29日 郡山Hip Shot Japan
5月01日 金沢AZ
5月03日 京都FANJ
5月04日 Kobe SLOPE
5月06日 名古屋ボトムライン
5月08日 浜松窓枠
5月13日 岡山CRAZY MAMA KINGDOM
5月15日 広島クラブクアトロ
5月19日 大阪BIG CAT
5月21日 福岡BEAT STATION
5月29日 TSUTAYA O-EAST

【関連リンク】
A9 オフィシャルHP
A9、2016年第1弾ライヴでPlastic Treeと2マン
“新たな可能性”が見える12時間となった、V系シーン最大の年越しイベント『Tokyo Chaos』
A9、クリスマスライブにて来春のツアー&EPリリースを発表

【関連アーティスト】
A9
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル

マイケル・ジャクソン、アルバム『オフ・ザ・ウォール』DXエディションが発売決定
Sat, 09 Jan 2016 18:00:00 +0900
アルバム『オフ・ザ・ウォール:デラックス・エディション』 (okmusic UP\'s)

2016年1月7日〜2月26日のブラック・ヒストリー・マンス(黒人歴史月間)を記念し、マイケル・ジャクソンが1979年に発表した革命的アルバム『オフ・ザ・ウォール』の2枚組デラックス・エディション(CD+DVD/BD)が2月26日に発売されることが明らかになった。

【その他の画像】Michael Jackson

同作はリマスターされたオリジナル・アルバムと、スパイク・リー監督による最新ドキュメンタリー・フィルム「マイケル・ジャクソンの旅:fromモータウンtoオフ・ザ・ウォール」がセットとなったもの。本ドキュメンタリーは2016年1月24日(日)にサンダンス映画祭でワールド・プレミア(世界初上映)が行なわれ、テレビ初放送は2月5日(金)午後9時(US東部/西部時間)、SHOWTIMEチャンネルのオンデマンドとインターネットを通じての放送となる。SHOWTIMEでの放送後には順次世界各国で放送の予定となっている。

マイケル・ジャクソン『オフ・ザ・ウォール』の重要性は語り尽くせない。弱冠20歳のマイケルが、唯一無二の影響力を持つ音楽スターとして、そして他に類を見ない先進的・独創的なクリエイターとしてその地位を確実なものにしたのがこのアルバムだった。ブラック・アーティストとしてあらゆるレコード・セールス記録を打ち破り、(ラジオ)エアプレイ、チャート、マーケティング、シーンのトレンドといった全てにおいてR&Bとポップ・ミュージックがクロス・オーバーする、ポップ・ミュージック史上空前の“興奮の新時代"、その扉をこじ開けたのがこの作品だった。ローリング・ストーン誌の言葉を借りれば「現代のポップ・ミュージックを形作った」のがこのアルバムだったのだ。同時代の黒人アーティストにとって、 マイケルは輝くインスピレーションの源泉となった。

アメリカの黒人社会にとって、『オフ・ザ・ウォール』は“音楽とエンタティメント"の集大成だった。アメリカ国内で、そして世界でこのアルバムが成し遂げた成功は、1970年代の終わりとはいえ、未だに黒人社会にとっては夢のような現象だったのであり、彼らが黒人文化に心から誇りを持つ大きなきっかけとなった。『オフ・ザ・ウォール』の影響力はすさまじく、ビヨンセ、ファレル・ウィリアムス、ケンドリック・ラマー、ザ・ウィークエンドといった21世紀のスーパースター達は、みんなこのマイケルのアルバムの中に自分たちの未来の青写真を見ていたと言っても過言ではない。

マイケル・ジャクソン作詞作曲による同アルバムからの1stシングル “今夜はドント・ストップ(Don\'t Stop ‘Til You Get Enough)"でマイケルは初めてグラミーを受賞し、全米チャート、そしてインターナショナル・チャートでソロとして初の#1を獲得した。同じく全米チャート1位を獲得した “ロック・ウィズ・ユー"に加えて “オフ・ザ・ウォール"、“あの娘が消えた(She\'s Out of My Life)" とヒットは続き、同じアルバムから4曲連続でBillboard Hot 100の10位以内に入るという、史上初めての快挙を成し遂げた。アルバムの商業的成功は大変なもので、2014年現在アメリカ国内で8×プラチナ・アルバムに認定され(800万枚)、全世界で3000万枚以上売れた本作は音楽史上もっとも売れたアルバムの一つとして金字塔を打ち建てている。

スパイク・リー、ジョン・ブランカ、ジョン・マクレーンがプロデュース、監督をスパイク・リーが務めた「マイケル・ジャクソンの旅:from モータウン to オフ・ザ・ウォール」は、マイケルの個人アーカイブ、今をときめくスターたちやジャクソン・ファミリーのインタビュー、そしてマイケル本人の言葉やイメージといった膨大な映像資料をていねいに組み合わせ、子供としてスターになったデビュー当時から、記念すべきこのアルバムのリリースまでの足跡をたどった作品だ。今までほとんど詳細が明らかにされなかったマイケルのキャリアにおける重要な時代の物語で、「マイケル・ジャクソンの旅:fromモータウンtoオフ・ザ・ウォール」 は、モータウンでのすべての始まりからCBSレコードと契約した新たな分岐点、そして伝説的プロデューサー、クインシー・ジョーンズとの出会いまでの道のりを案内してくれる。1人のまじめで、情熱家で、努力家の少年が「キング・オブ・ポップ」になるまでの、輝かしいポートレイトがそこには描き出される。

■アルバム『オフ・ザ・ウォール:デラックス・エディション』

2016年2月26日発売
※国内盤は3月上旬リリース予定
<収録曲>
01.今夜はドント・ストップ 
02.ロック・ウィズ・ユー
03.ワーキン・デイ・アンド・ナイト
04.ゲット・オン・ザ・フロアー
05.オフ・ザ・ウォール
06.ガールフレンド
07.あの娘が消えた
08.アイ・キャント・ヘルプ・イット
09.それが恋だから
10.ディスコで燃えて

<インタビュー登場人物>
リー・ダニエルズ(俳優・映画監督/プロデューサー)、ザ・ウィークエンド、ファレル・ウィリアムス、ミスティ・コープランド(バレエダンサー)、コービー・ブライアント(NBAプレイヤー)、マーク・ロンソン、ジョン・レジェンド、クエストラヴ、キャサリン・ジャクソン(マイケルの母)、ジョー・ジャクソン(マイケルの父)、マーロン・ジャクソン、ジャッキー・ジャクソン、 L.A.リード 他

■「Don\'t Stop Till You Get Enough」MV
https://www.youtube.com/watch?v=yURRmWtbTbo

■「Rock With You」MV
https://www.youtube.com/watch?v=5X-Mrc2l1d0

■「She\'s Out Of My Life」MV
https://www.youtube.com/watch?v=6DQJPL9Yuq0

【関連リンク】
マイケル・ジャクソン オフィシャルHP
マイケル・ジャクソンの『スリラー』が史上初の30×プラチナ・アルバムに認定
クズみたいな恋人と別れた後でも涙してしまう曲
今年こそ幸せGET!新年に聴きたい★開運ソング

【関連アーティスト】
Michael Jackson
【ジャンル】
ポップス(洋楽)

BIGBANG、2年ぶりとなるファンクラブイベントは全4都市16公演でのアリーナツアー
Sat, 09 Jan 2016 17:00:00 +0900
BIGBANG (okmusic UP\'s)

BIGBANG (ビッグバン)が約2年ぶりとなる日本ファンクラブイベント『BIGBANG FANCLUB EVENT 〜FANTASTIC BABYS 2016〜』の開催を発表した。


【その他の画像】BIGBANG

このファンクラブイベントは、4月22・23・24日の神戸ワールド記念ホールよりスタートとなり、4月27日にマリンメッセ福岡、4月29・30日・5月1日の日本ガイシホール、5月14・15日の幕張メッセ展示ホールと続く、全4都市16公演でのアリーナツアーとなる模様。

2月24日の東京ドーム公演をもってファイナルを迎えるドームツアーから、間髪おかずに開催されるこのファンクラブイベント。ツアーでのステージパフォーマンスとはまた一味違ったBIGBANGの魅力を堪能できるイベントだけに、ファンにはたまらない朗報と言えるだろう。

このイベントの第1弾チケット先行抽選予約受付は、BIGBANGオフィシャルファンクラブ「VIP JAPAN」に1月11日23:59までに入会すると申し込み可能とのこと。

また、現在開催中の日本全国を揺るがすドームツアーのさなか、2月3日にはこの日本ドームツアー開催記念となるニューアルバム『MADE SERIES』のリリースも決定している。

これは全7形態での発売となり、グループとしては2012年6月の『MOSTER』以来、約3年8ヶ月ぶりの日本語バージョン収録ということが大きな話題となっている。

今作には<MADE SERIES>の中でも高い人気を得ている「LOSER」、「BANG BANG BANG」、「IF YOU」3曲の新録日本語バージョンに加え、<MADE SERIES>韓国オリジナルバージョン8曲の計11曲を収録予定。

そしてDVD/Blu-rayには「LOSER」、「BANG BANG BANG」日本語バージョンミュージックビデオ、韓国オリジナル<MADE SERIES>ビデオ集、2年連続ヘッドライナーとして出演した8月22日の大阪・ヤンマースタジアム長居での『a-nation stadium fes. 2015』ライブ映像、その他多数映像コンテンツが収録される予定だ。

2016年もドームツアー、2月3日のアルバムリリース、2月24日のLIVE DVD&Blu-rayリリース、4月〜5月ファンクラブイベントツアーと、BIGBANGの精力的な日本での活動に、今後も注目したい。

■『BIGBANG FANCLUB EVENT 〜FANTASTIC BABYS 2016〜』

4月22日(金) 神戸ワールド記念ホール
4月23日(土) 神戸ワールド記念ホール
4月24日(日) 神戸ワールド記念ホール
4月27日(水) マリンメッセ福岡
4月29日(金) 日本ガイシホール
4月30日(土) 日本ガイシホール
5月01日(日) 日本ガイシホール
5月14日(土) 幕張メッセ展示ホール
5月15日(日) 幕張メッセ展示ホール

<料金>
全席指定 VIP JAPAN会員¥7,800(税込) 一般(非会員)¥8,800(税込)
<応募条件>
(1)VIP JAPAN会員様1公演のお申し込みにつき2枚まで
(2)同伴者は非会員でも可
(3)複数公演申し込み可
※年齢制限:3歳以上よりチケット必要
※3歳未満は入場不可

【BIGBANGオフィシャルファンクラブ「VIP JAPAN」 第1弾チケット先行抽選予約受付】
2016年1月11日(月・祝)23:59までにご入会(=ご入金)いただくとファンクラブ第1弾チケット先行抽選予約に間に合います!この機会にぜひ、ファンクラブへご入会ください。 新規入会方法は、VIP JAPANを今すぐチェック!!
■BIGBANGオフィシャルファンクラブ 「VIP JAPAN」
http://fc.avex.jp/vip/

【関連リンク】
BIGBANG オフィシャルHP
BIGBANG、超動員の日本ドームツアー再々追加公演として東京ドームがファイナルに!
BIGBANG、85万人超動員の日本ドームツアーのDVD&Blu-rayを来年2月にリリース
BIGBANG、日本ドームツアー再追加として2016年2月に東京ドーム公演を開催

【関連アーティスト】
BIGBANG
【ジャンル】
K-POP

ENTHRALLS、3rdミニアルバムが予定枚数達成につき追加販売決定
Sat, 09 Jan 2016 16:00:00 +0900
ENTHRALLS (okmusic UP\'s)

2015年10月10日にENTHRALLSがタワーレコード新宿店限定でリリースした3rdミニアルバム『ねむれない夜に』が予定枚数を達成し、1月13日(水)よりタワーレコード梅田NU茶屋町店、名古屋パルコ店、広島店と店舗を追加して販売される事が決定した。

【その他の画像】ENTHRALLS

今回の特典はオリジナルグッズでもデザインに定評のある井上(Vo.)が、店舗ごとにデザインの違う3種類のステッカーを作成。各地で根強い人気がある彼らだけに、ファンにとっても嬉しい知らせだ。

1月16日からは東名阪でワンマンライブを控えているENTHRALLS。彼らにとって3年間の集大成となるこのワンマン。最新音源をしっかり予習の上、ライブに臨んでほしい。

■ミニアルバム『ねむれない夜に』トレーラー
https://youtu.be/3RtZYlLOX1I

■ミニアルバム『ねむれない夜に』

2016年1月13日(水)より追加販売
ELEN-1004/¥1,500(税込)
※TOWER RECORDS新宿店、梅田NU茶屋町店、名古屋パルコ店、広島店 限定リリース
<収録曲>
1.一色即発
2.圏外女子流
3.Interlude
4.きょうはうまく眠れない
5.クローゼット
6.ラストサマー

■ENTHRALLS 東名阪ワンマンライブツアー『きょうはうまく眠れない』

1月16日(土) 東京 下北沢SHELTER
1月22日(金) 大阪 心斎橋Pangea
1月23日(土) 名古屋 新栄ROCK\'N\'ROLL

【関連リンク】
ENTHRALLS オフィシャルHP
指先ノハク、ツアー最終公演はENTHRALLSと惑星アブノーマルとの3マン
ENTHRALLS、10月10日にタワレコ新宿店限定で1st EPをリリース
次世代のロックシーン牽引するバンドを収録した『オドロック』コンピのリリースが決定

【関連アーティスト】
ENTHRALLS
【ジャンル】
ジャパニーズロック

岸田教団&THE明星ロケッツ、アニメOPテーマとして話題の新曲MVを公開
Sat, 09 Jan 2016 15:00:00 +0900
岸田教団&THE明星ロケッツ (okmusic UP\'s)

2016年1月より放送開始のTVアニメ『GATE(ゲート) 自衛隊 彼の地にて、斯く戦え』の第2クールオープニングテーマである岸田教団&THE明星ロケッツの楽曲「GATEII ~世界を超えて~」のMVが解禁された。

【その他の画像】岸田教団 & THE 明星ロケッツ

激しいドラムソロでイントロからテンション上がりっばなりの本楽曲。サビではなんと背後に富士山が 出現!彼らのサウンドにふわさしい、スケールの大きなMVになっている。

岸田教団&THE明星ロケッツとは、リーダーの岸田がもともと「岸田教団」として『東方Project』のアレンジCDや、オリジナル楽曲を制作し、活動している中で、ライブイベントに出るため岸田がメンバーを招集したバンドである。現在でも同人サークルとしての活動も続けている。2010年にTVアニメ『学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD』の主題歌でメジャーデビュー。2013年にはTVアニメ『ストライク・ザ・ブラッド』1期OPテーマ 「ストライク・ザ・ブラッド」をリリース。2014年12月には、メジャーオリジナルフルアルバム『hack/SLASH』をリリースすると、2015年3月に開催したZepp Tokyoワンマンライブを超満員で大成功に導いた。2015年7月29日に「GATE~それは暁のように~」をリリースし、2016年1月27日には「GATEII ~世界を超えて~」をリリースすることが決定している。 2016年5月からは福岡公演を皮切りに、全国ツアーも控え、ツアーファイナルは日比谷野外大音楽堂にて開催される。

■「GATEII ~世界を超えて~」MV
https://www.youtube.com/watch?v=8rbIlzGQ0rQ

■シングル「GATEII 〜世界を超えて〜」

2016年1月27日発売
【アーティスト盤】(CD+DVD)
1000590451¥1,800+税
<収録曲>
■CD
1. GATE II 〜世界を超えて〜
作詞・作曲:岸田 編曲:岸田教団&THE明星ロケッツ
2. count 4
作詞:ichigo 作曲:岸田 編曲:岸田教団&THE明星ロケッツ
他全4曲収録
■DVD
「GATEII 〜世界を超えて〜」 Music Video

【アニメ盤】(CD+DVD)
1000590452/¥1,500+税
※アニメイラストジャケット仕様
<収録曲>
■CD
1. GATE II 〜世界を超えて〜
作詞・作曲:岸田 編曲:岸田教団&THE明星ロケッツ
2. GATE II 〜世界を超えて〜 (TV-size)
3. GATE II 〜世界を超えて〜 (instrumental)
■DVD
アニメ『GATE(ゲート) 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり』 PV(予定)

【通常盤】(CD)
1000590453/¥1,200+税
<収録曲>
1. GATE II 〜世界を超えて〜
作詞・作曲:岸田 編曲:岸田教団&THE明星ロケッツ
2. count 4
作詞:ichigo 作曲:岸田 編曲:岸田教団&THE明星ロケッツ
他全4曲収録

■『全国ワンマンツアー2016~ひさしぶりのおそと~』

5月28日(土)  博多DRUM LOGOS
6月15日(水)  名古屋ボトムライン
6月18日(土)  札幌cube garden
6月18日(土)  仙台darwin
6月24日(金)  大阪 BIG CAT
6月26日(日)  広島 SECOND CRUTCH

「全国ワンマンツアー2016 FINAL ~はじめてのおそと~」
7月23日(土)  日比谷野外大音楽堂

【関連リンク】
岸田教団&THE明星ロケッツ オフィシャルHP
岸田教団&THE明星ロケッツ、2016年全国ツアースケジュールを発表
分島花音の誕生日記念ニコ生にCeui&三澤紗千香、NEKO PUNCH、LiSA&ichigoがゲスト出演
ボカロP“ゆずひこ”、 豪華ヴォーカリスト参加のメジャーソロアルバムを3月12日にリリース!

【関連アーティスト】
岸田教団 & THE 明星ロケッツ
【ジャンル】
ジャパニーズロック, アニメ

ALL OFF、話題のアニメOPテーマ「Never Gave Up」の全貌が明らかに!
Sat, 09 Jan 2016 14:00:00 +0900
ALL OFF (okmusic UP\'s)

2015年10月より放送中のアニメ『へヴィーオブジェクト』。その新オープニングテーマであるALL OFFの楽曲「Never Gave Up」のアーティスト写真、ジャケット写真、MUSIC VIDEOが公開された。

【その他の画像】ALL OFF

さらに2月24日にはタワーレコード渋谷店 1F イベントスペースにて “ALL OFF「Never Gave Up」発売記念 ミニライブ&特典お渡し&握手会" が開催されることも決定した。

ALL OFFは2004年に結成された5人組バンド。初代COUNTDOWN JACK優勝者として2008年末の『COUNTDOWN JAPAN08/09』に出演した事をきっかけに2010年にCDデビュー。その後リリースを重ね、2014年の『ROCK IN JAPAN FESTIVAL2014』や『MERRY ROCK PARADE2014』出演など、数少ないビッグチャンスを確実にモノにしながら、地道に日本中を走り回って来た。2015年、TVアニメ「ヘヴィーオブジェクト」のオープニングテーマに抜擢され、「One More Chance!!」で遂にメジャーのフィールドへと辿り着く。2015年12月31日にはCOUNTDOWN JAPAN 15/16 supported by Windows 10にも出演し、2016年にはワンマンライブツアーも決定しているなど、今後の活躍からも目が離せない存在だ。

■「Never Gave Up」MV
https://www.youtube.com/watch?v=eEvY_rN5ktc

■シングル「Never Gave Up」

2016年2月10日(水)発売
【アニメ盤】(CD+DVD)
1000591382/¥1,500+税
<収録曲>
■CD
1. Never Gave Up
作詞:so-hey 作曲・編曲:ALL OFF
※TVアニメ 「へヴィーオブジェクト」 新オープニングテーマ
2. Never Gave Up-TV size-
3. Never Gave Up-DJ Genki Remix-
4. Never Gave Up-instrumental-
■DVD
TVアニメ「へヴィーオブジェクト」ノンテロップアニメOP映像

【アーティスト盤】(CD)
1000591381/¥1,000+税
<収録曲>
1. Never Gave Up TVアニメ
作詞:so-hey 作曲・編曲:ALL OFF
※TVアニメ 「へヴィーオブジェクト」 新オープニングテーマ
2. Higher
作詞:so-hey 作曲・編曲:ALL OFF
3. トモダチ
作詞:so-hey ・田村タツジ 作曲・編曲:ALL OFF
4. Never Gave Up-instrumental-

《アーティスト盤 特典》
■TOWER RECORDS
オリジナルステッカー(タワーレコード限定 Ver.)
■その他店舗
メーカー特典 オリジナルステッカー

■【ALL OFF「Never Gave Up」発売記念ミニライブ&特典お渡し&握手会】

日時:2月24日(水) 19:30
開催場所:タワーレコード渋谷店 1F イベントスペース
■対象商品
2月10日発売
ALL OFF「Never Gave Up<アーティスト盤>」
(品番:1000591381)
ALL OFF「Never Gave Up<アニメ盤>」
(品番:1000591382)
■対象店舗
渋谷店 ・新宿店 ・池袋店
※詳しい参加方法などは公式HPをご覧ください。

■『ALL OFF Major Debut Anniversary One-Man Live Tour !!!』

2月13日(土)  OSAKA DROP
2月14日(日)  NAGOYA Rad Hall
2月20日(土)  TOKYO TSUTAYA O-WEST

【関連リンク】
ALL OFF オフィシャルHP
ALL OFF、アニメ『へヴィーオブジェクト』の新OPテーマを担当
ALL OFF、来年2月にメジャーデビュー記念のワンマンライヴツアー敢行
ALL OFF、話題のアニメOPテーマ「One More Chance!!」フルMV解禁

【関連アーティスト】
ALL OFF
【ジャンル】
ジャパニーズロック, アニメ, テレビ(番組/CM)

Crossfaith主催イベント第一弾出演アクトとしてSkindred、HER NAME IN BLOODが参加決定
Sat, 09 Jan 2016 13:00:00 +0900
『ACROSS THE FUTURE 2016』フライヤー (okmusic UP\'s)

Crossfaithが2月14日に一夜限り開催する、自主企画イベント「ACROSS THE FUTURE」。その第一弾ゲストアクトが発表となった。

【その他の画像】Skindred

最新アルバム『XENO』にて「Wildfire」のゲストボーカル参加も果たしたBenji Webbe率いる英国バンド・Skindred、そして日本より旧知の仲であるHER NAME IN BLOODが参加を発表。このイベントは“未来の向こう側"をテーマにジャンルの壁はもとより、国境や国籍をも超えることを目的としたイベントであり、今回は東京・新木場STUDIO COASTにて2年ぶりの開催となる。

第二弾の発表も後日予定されており、オフィシャル先行もスタートしている。気になる方は是非チェックしてみよう。

■『ACROSS THE FUTURE 2016』 特設サイト
http://acrossthefuture.com/

■『ACROSS THE FUTURE 2016』

2月14日(日)  新木場STUDIO COAST
OPEN 16:00 / START 17:00
LINE UP:Crossfaith, Skindred, HER NAME IN BLOOD

<オフィシャル先行>
1月08日(金)17:00〜1月12日(火)21:00
http://w.pia.jp/s/acrossthefuture/

■『XENO WORLD TOUR 2016 : JAPAN』

1月25日(月) 宮城 仙台RENSA
w:9mm Parabellum Bullet
1月27日(水) 石川 金沢EIGHT HALL
w:The BONEZ
2月01日(月) 香川 香川OLIVE HALL
w:04 Limited Sazabys
2月03日(水) 広島 広島CLUB QUATTRO
w:MAN WITH A MISSION
2月05日(金) 福岡 福岡DRUM BE-1
w:lynch.
2月10日(水) 愛知 名古屋DIAMOND HALL
w:BRAHMAN
2月11日(木・祝) 大阪 なんばHATCH
w:SiM
2月13日(土)  東京 豊洲PIT
w:the HIATUS

【関連リンク】
Crossfaith オフィシャルHP
Crossfaith、2年振りとなる自主イベントを新木場にて開催決定
Crossfaith、怒濤の8年間を濃密に詰め込んだ大作ドキュメンタリーが遂に完成!
Crossfaith、英国野外フェス「READING & LEEDS FESTIVAL 2016」に自身3度目の出演が決定

【関連アーティスト】
Skindred, Crossfaith, HER NAME IN BLOOD
【ジャンル】
ジャパニーズロック, イベント

Mrs. GREEN APPLE、スペシャアプリ内番組で新曲MVを初公開!?
Sat, 09 Jan 2016 12:00:00 +0900
Mrs. GREEN APPLE (okmusic UP\'s)

Mrs. GREEN APPLEにとって初のフルアルバムとなる『TWELVE』のリリースを1月13日(水)に控える中、フラゲ日の12日(火)にスペシャアプリ内番組「緊急特番!『TWELVE』リリース記念SPECIAL」(22:00-23:00)に生出演することが決定した。

【その他の画像】Mrs. GREEN APPLE

スペシャアプリの番組内では「ミセスにムチャぶりたい12のこと」を事前に大募集。メンバーには番組出演時まで内容は明かされない。この募集は、#ミセスグリーンアップル#スペシャアプリで募集をスタートしている。また、この日にスペシャルとして「TWELVE」から新たにMVを制作、初公開される予定。ただし条件つきとのことなので気になる方は番組をチェック!

先日1月6日(水)からは先行して『TWELVE』のiTunesプレオーダーもスタート。期間限定価格の他、予約特典として「パブリック」のみ先行ダウンロードできる。

■【スペシャアプリ 生配信視聴方法】

スペースシャワーの公式スマートフォンアプリ「スペシャアプリ」、動画配信サイト「SPACE SHOWER ON DEMAND」(PC、タブレット、スマートフォン対応)に加え、LINEアプリの映像配信サービス「LINE LIVE CAST」でも配信決定!スペースシャワーTVのLINE公式アカウントに友だち登録するだけで視聴が可能。
・スペシャアプリ:http://sstv.jp/app (App Store、Google Playにてダウンロード)
・SPACE SHOWER ON DEMAND (スペシャオンデマンド) :http://odmd.spaceshower.jp
・LINE LIVE CAST:「スペースシャワーTV」LINE公式アカウント(LINE ID:@spaceshowertv)を友だち登録

■【iTunesプレオーダー】

『TWELVE』を予約注文すると先行トラック「パブリック」がダウンロードできます。 さらに予約期間は限定価格¥2,100→¥1,900となっています。
iTunes:http://po.st/ittwelve

【関連リンク】
Mrs. GREEN APPLE オフィシャルHP
Czecho No Republic、初の映像作品リリース決定&ファン感謝企画スタート
≪邦楽篇≫次に来るのはこのアーティスト!2016年ブレイクしそうなアーティストを予想!
Mrs. GREEN APPLE、初の東名阪ワンマンツアーが大成功!

【関連アーティスト】
Mrs. GREEN APPLE
【ジャンル】
ジャパニーズロック

デヴィッド・ボウイ、大回顧展「David Bowie is」の日本開催を発表
Sat, 09 Jan 2016 12:00:00 +0900
デヴィッド・ボウイ (okmusic UP\'s)

デヴィッド・ボウイのニュー・アルバム『★』が、69歳の誕生日にあたる1月8日に発売された。その記念すべき日に、日本のファンにとって嬉しいニュースが到着。2013年にイギリスで開催されたデヴィッド・ボウイの大回顧展『David Bowie is』の日本開催が2017年春に決定したのだ。

【その他の画像】David Bowie

大回顧展『David Bowie is』は、前作『ザ・ネクスト・デイ』(2013年)発売直後イギリスで開催され、ロンドン、ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館(V&A)のキュレーター、Victoria Broackes、Geoffrey Marshの監修により、デヴィッド・ボウイのアーカイヴから厳選された300点以上の貴重な品々が展示、音楽、ファッション、デザイン、演劇、アート、フィルムなど、ボウイの世界観が忠実に表現された大規模な回顧展。現在までにカナダ、ブラジル、ドイツ、アメリカ、フランス、オーストラリア、オランダで開催し、音楽活動50年のキャリアを持つデヴィッド・ボウイの魅力に、引き続き世界的な注目が集まっている。

この記念すべき日を祝して、鋤田正義氏(写真家)、高橋靖子氏(スタイリスト)、山崎洋一郎氏(ロッキング・オン編集長)、計3名のデヴィッド・ボウイを愛する日本の著名人の方々からメッセージが寄せられているので、是非ご覧になってほしい。

photo by Jimmy King

■『David Bowie is』詳細ページ
http://www.vam.ac.uk/content/articles/t/touring-exhibition-david-bowie-is/

■【各著名人からのメッセージ】※敬称略/五十音順

■鋤田正義(写真家)
長い10年間の空白、そして世紀のカムバック劇と言われた2013年のアルバム、と同時にイギリスV&Aミュージアムの回顧展"David Bowie is"がロンドンから始まった。
そしてその回顧展は今なお世界の都市を巡回中…。このビッグな企画展はまだまだ先の予定も決まっているという。
1972年から彼を撮影している僕も大いにエネルギーをもらっていて、2013年のロンドンをはじめ、東京、パリ、ボローニャ、メルボルン、ニューヨークと小規模ながら僕の"David Bowie展"もワールドツアー中だ。
そして世界中の若いファンを巻き込みながら、ニュー・アルバムのリリース。
彼のアーティストとしてのエネルギーを再び感じ取ったところです。

■高橋靖子(スタイリスト)
そこは,庭でもあり,宇宙でもある。
暗くもあり、明るくもある。
庭から、宇宙から、未知なるものを発見し、世界を創り、人々をインスパイアする。
その次元に食らいつくために、この曲を聴く。

■山崎洋一郎(ロッキング・オン編集長)
ボウイがかなり緻密に作りこんだデモを新世代のジャズ・ミュージシャンに演奏させた」という制作プロセスそのものが、このアルバムの本質だ。
デヴィッド・ボウイの「先鋭的なアーティスト」の部分が的確に抽出され、今の時代にアウトプットされている。
『LOW』、『スケアリー・モンスターズ』、『ヒーザン』のように、ロックとアートとポップの三角形のちょうどまん中に位置する、緊張感のあるボウイらしい傑作だと思う。

【関連リンク】
デヴィッド・ボウイ オフィシャルHP
デヴィッド・ボウイの最新シングルと同名舞台作品『ラザルス』のレポートが到着
デヴィッド・ボウイ、新作『★』からの最新シングルは「ラザルス」
デヴィッド・ボウイ、新作『★』透明アナログ盤をSony Music Shopにて数量限定販売

【関連アーティスト】
David Bowie
【ジャンル】
ポップス(洋楽)













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1