歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2015年12月22日)
バックナンバー
最新ニュース
2015/12/31
2015/12/30
2015/12/29
2015/12/28
2015/12/27
2015/12/26
2015/12/25
2015/12/24
2015/12/23
2015/12/22
2015/12/21
2015/12/20
2015/12/19
2015/12/18
2015/12/17
2015/12/16
2015/12/15
2015/12/14
2015/12/13
2015/12/12
2015/12/11
2015/12/10
2015/12/09
2015/12/08
2015/12/07
2015/12/06
2015/12/05
2015/12/04
2015/12/03
2015/12/02
2015/12/01
2015/11/30
2015/11/29
2015/11/28
2015/11/27
2015/11/26
2015/11/25
2015/11/24
2015/11/23
2015/11/22
2015/11/21
2015/11/20
2015/11/19
2015/11/18
2015/11/17
2015/11/16
2015/11/15
2015/11/14
2015/11/13
2015/11/12
2015/11/11
2015/11/10
2015/11/09
2015/11/08
2015/11/07
2015/11/06
2015/11/05
2015/11/04
2015/11/03
2015/11/02
2015/11/01
2015/10/31
2015/10/30
2015/10/29
2015/10/28
2015/10/27
2015/10/26
2015/10/25
2015/10/24
2015/10/23
2015/10/22
2015/10/21
2015/10/20
2015/10/19
2015/10/18
2015/10/17
2015/10/16
2015/10/15
2015/10/14
2015/10/13
2015/10/12
2015/10/11
2015/10/10
2015/10/09
2015/10/08
2015/10/07
2015/10/06
2015/10/05
2015/10/04
2015/10/03
2015/10/02
2015/10/01
2015/09/30
2015/09/29
2015/09/28
2015/09/27
2015/09/26
2015/09/25
2015/09/24
2015/09/23
2015/09/22
2015/09/21
2015/09/20
2015/09/19
2015/09/18
2015/09/17
2015/09/16
2015/09/15
2015/09/14
2015/09/13
2015/09/12
2015/09/11
2015/09/10
2015/09/09
2015/09/08
2015/09/07
2015/09/06
2015/09/05
2015/09/04
2015/09/03
2015/09/02
2015/09/01
2015/08/31
2015/08/30
2015/08/29
2015/08/28
2015/08/27
2015/08/26
2015/08/25
2015/08/24
2015/08/23
2015/08/22
2015/08/21
2015/08/20
2015/08/19
2015/08/18
2015/08/17
2015/08/16
2015/08/15
2015/08/14
2015/08/13
2015/08/12
2015/08/11
2015/08/10
2015/08/09
2015/08/08
2015/08/07
2015/08/06
2015/08/05
2015/08/04
2015/08/03
2015/08/02
2015/08/01
2015/07/31
2015/07/30
2015/07/29
2015/07/28
2015/07/27
2015/07/26
2015/07/25
2015/07/24
2015/07/23
2015/07/22
2015/07/21
2015/07/20
2015/07/19
2015/07/18
2015/07/17
2015/07/16
2015/07/15
2015/07/14
2015/07/13
2015/07/12
2015/07/11
2015/07/10
2015/07/09
2015/07/08
2015/07/07
2015/07/06
2015/07/05
2015/07/04
2015/07/03
2015/07/02
2015/07/01
2015/06/30
2015/06/29
2015/06/28
2015/06/27
2015/06/26
2015/06/25
2015/06/24
2015/06/23
2015/06/22
2015/06/21
2015/06/20
2015/06/19
2015/06/18
2015/06/17
2015/06/16
2015/06/15
2015/06/14
2015/06/13
2015/06/12
2015/06/11
2015/06/10
2015/06/09
2015/06/08
2015/06/07
2015/06/06
2015/06/05
2015/06/04
2015/06/03
2015/06/02
2015/06/01
2015/05/31
2015/05/30
2015/05/29
2015/05/28
2015/05/27
2015/05/26
2015/05/25
2015/05/24
2015/05/23
2015/05/22
2015/05/21
2015/05/20
2015/05/19
2015/05/18
2015/05/17
2015/05/16
2015/05/15
2015/05/14
2015/05/13
2015/05/12
2015/05/11
2015/05/10
2015/05/09
2015/05/08
2015/05/07
2015/05/06
2015/05/05
2015/05/04
2015/05/03
2015/05/02
2015/05/01
2015/04/30
2015/04/29
2015/04/28
2015/04/27
2015/04/26
2015/04/25
2015/04/24
2015/04/23
2015/04/22
2015/04/21
2015/04/20
2015/04/19
2015/04/18
2015/04/17
2015/04/16
2015/04/15
2015/04/14
2015/04/13
2015/04/12
2015/04/11
2015/04/10
2015/04/09
2015/04/08
2015/04/07
2015/04/06
2015/04/05
2015/04/04
2015/04/03
2015/04/02
2015/04/01
2015/03/31
2015/03/30
2015/03/29
2015/03/28
2015/03/27
2015/03/26
2015/03/25
2015/03/24
2015/03/23
2015/03/22
2015/03/21
2015/03/20
2015/03/19
2015/03/18
2015/03/17
2015/03/16
2015/03/15
2015/03/14
2015/03/13
2015/03/12
2015/03/11
2015/03/10
2015/03/09
2015/03/08
2015/03/07
2015/03/06
2015/03/05
2015/03/04
2015/03/03
2015/03/02
2015/03/01
2015/02/28
2015/02/27
2015/02/26
2015/02/25
2015/02/24
2015/02/23
2015/02/22
2015/02/21
2015/02/20
2015/02/19
2015/02/18
2015/02/17
2015/02/16
2015/02/15
2015/02/14
2015/02/13
2015/02/12
2015/02/11
2015/02/10
2015/02/09
2015/02/08
2015/02/07
2015/02/06
2015/02/05
2015/02/04
2015/02/03
2015/02/02
2015/02/01
2015/01/31
2015/01/30
2015/01/29
2015/01/28
2015/01/27
2015/01/26
2015/01/25
2015/01/24
2015/01/23
2015/01/22
2015/01/21
2015/01/20
2015/01/19
2015/01/18
2015/01/17
2015/01/16
2015/01/15
2015/01/14
2015/01/13
2015/01/12
2015/01/11
2015/01/10
2015/01/09
2015/01/08
2015/01/07
2015/01/06
2015/01/05
2015/01/04
2015/01/03
2015/01/02
2015/01/01
2014/12/31
2014/12/30
Jin-Machine、初のクラウドファンディングでワンマンミサの映像化を目指す
Tue, 22 Dec 2015 23:00:00 +0900
シングル「NEVER SAY NEVER」【Type-A】 (okmusic UP\'s)

Jin-Machineがバンド結成以降初のクラウドファンディングにチャレンジすることがわかった。

【その他の画像】Jin-Machine

このクラウドファンディングは、音楽専門クラウドファンディングサイト muevoとタッグを組み、2016年2月28日(日)に赤坂BLITZで開催予定のJin-Machineワンマンミサの映像化を目的としたもの。

充実したリターンの内容として、収録した映像がいち早く観られるのはもちろん、アフターイベントへの招待や、ワンマンミサ当日メンバーとの写真が撮れる権利など、さまざまなプランが予定されている。

目標を超える支援があった場合はライヴの演出などに投入する予定で、MCのfeaturing16が「バラード曲でのCO2噴出、MC中の銀テープ噴出など無駄な演出をおこない、記憶に残るライヴを作り上げたい!」と熱いコメントを寄せている。

プロジェクト開始は1月25日(月)からとなり、開始まではツイッターでリターン案も募集。日本一面白いヴィジュアル系バンドを自負する彼らの新たな試みに注目してほしい。

なお、2016年1月27日発売のニューシングル「NEVER SAY NEVER」の予約会、インストア情報が合わせて発表された。コスプレや企画性の高い内容のイベントでファンの心を鷲掴みにするJin-Machineが、今回も斬新なイベントを企画。ファンならずとも楽しめるエンタテインメント性の高いイベントとなりそうだ。ぜひ会場に足を運び、Jin-Machineワールドを体験してみよう。

■muevo オフィシャルHP
https://www.muevo.jp
■Jin-Machineクラウドファンディング プロジェクトページ(muevoサイト内)
https://www.muevo.jp/campaigns/a3310316-804f-4560-898c-9d00c2a2d580/limited_releases
※希望リターンはハッシュタグ『♯ジンマCF』でツイート。
■クラウドファンディングとは?
http://music-media.muevo.jp/2015/11/27/about-cfservice/

■Jin-Machineワンマンミサ「おげれつ戦国ハナクソ相撲〜優勝決定戦〜」

2016年2月28日(日) 赤坂BLITZ
開場 17:30 / 開演 18:00
<チケット>
料金:前売り ¥4,000 / 当日 ¥4,500(1DRINK 別途)

■【インストア・予約会イベント情報 〜第一弾〜】

12月26日(土) 大阪 ZEAL LINK
時間:12:00
内容:トーク&握手会&撮影会(6ショット会&2ショット会)
<2016年>
1月09日(土) タワーレコード名古屋近鉄パッセ店
時間:13:00
内容:握手会&撮影会(6ショット会&2ショット会)
1月09日(土) 名古屋 ZEAL LINK
時間:17:00
内容:トーク&握手会&撮影会(6ショット会&2ショット会)
1月11日(月・祝) タワーレコード池袋店
時間:13:00
内容:握手会&撮影会(6ショット会&2ショット会)
1月11日(月・祝) 新星堂サンシャインシティアルタ店
時間:17:00
内容:握手会&撮影会(6ショット会&2ショット会)

『発売記念予約イベント little HEARTS. 大阪店スペシャル DAY!』
1月16日(土) little HEARTS. 大阪店
■1部
時間:START 15:00
内容:トークショー&握手会&撮影会(6ショット会&2ショット会)
※詳細後日発表!
■2部
時間:START 18:00
内容:トークショー&握手会&撮影会(6ショット会&2ショット会)
※詳細後日発表!

■シングル「NEVER SAY NEVER」

2016年1月27日発売
【Type-A】
YCCW-30048/¥1,800+税
Amazon:http://www.amazon.co.jp/dp/B017SASPTW/
<収録曲>
01. NEVER SAY NEVER
02. FIVE
03. ENCORE
04. NEVER SAY NEVER (Instrumental)
05. FIVE (Instrumental)
06. ENCORE (Instrumental)
07. ANOTHER STORY I(トーク)

【Type-B】
YCCW-30049/¥1,400+税
Amazon:http://www.amazon.co.jp/dp/B017SASPRE/
<収録曲>
01. NEVER SAY NEVER
02. スーパーハッピー
03. NEVER SAY NEVER (Instrumental)
04. スーパーハッピー (Instrumental)
05. 素晴らしい未来を創造するための講話(トーク)

【Type-C】
YCCW-30050/¥700+税
Amazon:http://www.amazon.co.jp/dp/B017SASPYM/
<収録曲>
01. NEVER SAY NEVER
02. ANOTHER STORYII(トーク)

【関連リンク】
Jin-Machine オフィシャルHP
Jin-Machine、ロックフェス「夏の魔物」で全力パフォーマンスを披露
「stylish wave MAX \'15\'\'一撃乱舞”」Lycaon、GOTCHAROCKAら8組の競演にファン熱狂!
Jin-Machine、ニューシングル「ゴリラ」収録曲とジャケ写を公開

【関連アーティスト】
Jin-Machine
【ジャンル】
ビジュアル

小室哲哉feat.神田沙也加(TRUSTRICK)&tofubeatsが「Umabi」テーマソングを配信リリース
Tue, 22 Dec 2015 20:00:00 +0900
配信シングル「#RUN」 (okmusic UP\'s)

小室哲哉、TRUSTRICKの神田沙也加、tofubeatsで結成されたユニット“小室哲哉feat.神田沙也加(TRUSTRICK) & tofubeats”が、配信シングル「#RUN」を12月23日にリリースする。

【その他の画像】小室哲哉

「#RUN」はJRA日本中央競馬会による、競馬の魅力をSNSで広げていく全く新しい競馬エンターテインメントサイト「Umabi」のテーマソング。スペシャルサイトでは、同曲のMVも公開されている。

20周年を迎えたglobeのカバー&ベストアルバムが話題の小室哲哉、圧倒的な歌唱力と演技力でますます注目を浴びる神田沙也加、アーティスト、トラックメイカー、DJとして幅広く活躍するtofubeatsによる、スペシャルなコラボレートにより産み出された楽曲「#RUN」は「走る」をテーマに、「青空の下、競馬場を野外音楽フェスのように楽しむ」ことをイメージして作られた。小室哲哉が作詞・作曲を、神田沙也加がボーカルを、tofubeatsがアレンジとミックスを担当し、高揚感のあるメロディとトラックに圧倒的なボーカルが響きわたる、「RUN=走る」というテーマにふさわしい、疾走感あふれる楽曲に仕上がった。

■Umabiテーマソング「#RUN」スペシャルサイト
http://umabi.jp/joy/run/
■ 競馬エンターテインメントサイト「Umabi」
http://umabi.jp

■配信シングル「#RUN」

2015年12月23日配信スタート
01.#RUN
02.#RUN (Instrumental)

■iTunes
https://itunes.apple.com/jp/album/id1066671715?app=itunes&ls=1
■レコチョク
http://recochoku.com/a0/tkfeattk_1023/
■mu-mo
http://q.mu-mo.net/of/tk_151223/

■「#RUN」MV
https://www.youtube.com/watch?v=lMgiJ6bKrPg

■「#RUN」(FULL ver.)MV
https://www.youtube.com/watch?v=e_0KAVOS3PA

■「#RUN」/ TK feat.TK スペシャルインタビュー
https://www.youtube.com/watch?v=7Ff4sXdS6DY

【関連リンク】
TRUSTRICK、年末ワンマンにて新曲「beloved」を初披露
unBORDEのクリスマス恒例イベント『unBORDE Xmas PARTY 2015』のタイムテーブル解禁
TRUSTRICK、Zepp DiverCity(TOKYO)でのワンマンをニコ生にて完全生中継

【関連アーティスト】
小室哲哉, 神田沙也加, tofubeats, TRUSTRICK, 小室哲哉feat.神田沙也加(TRUSTRICK) & tofubeats
【ジャンル】
J-POP

今井寿(BUCK-TICK)と藤井麻輝(minus(-)、睡蓮)によるSCHAFTのニューアルバム収録曲が解禁
Tue, 22 Dec 2015 19:00:00 +0900
SCHAFT (okmusic UP\'s)

BUCK-TICKの今井寿と現minus(-)、睡蓮の藤井麻輝(ex.SOFT BALLET)のインダストリアル・ユニット“SCHAFT”の2ndアルバム『ULTRA』の収録曲が発表された。

【その他の画像】BUCK-TICK

アルバムにはオリジナル曲全11曲が収録され、初回限定盤には「Vice」のMVが収録されるとのこと。レーベルサイトではトレイラーがアップされており、収録曲の一部をいち早く聴くことができる。

また、オフィシャルfacebookでは、このトレイラーが500シェア達成したらアルバム収録曲から随時、試聴を開始するとのことなので、すぐチェックしてシェアしよう。

そして、現在発表されているライヴの日程に大阪公演の追加も決定。東京でのライヴ日程だけが発表されていただけに関西地域での追加公演は嬉しい限り。レコーディングに参加しているYOW-ROW(GARI)、上田剛士(AA=)、yukihiro(L\'Arc〜en〜Ciel)という国内屈指のアーティストたちがライヴにも参加するだけに、どのような内容になるのか期待は高まるばかりだ。

さらに、1991年以降のSCHAFT作品の軌跡を完全アーカイヴするディスク4枚組ボックス『ARCHIVES』(1月20日発売)とのW購入キャンペーンも発表された。“SCHAFTシンボルフラッグ”が抽選で200名に当たるキャンペーンとなるのでぜひ応募しよう。

■アルバム『ULTRA』完全限定生産BOX 『ARCHIVES』-Short Ver.-トレイラー
https://youtu.be/YXE8UDwVOg4

■アルバム『ULTRA』

2016年1月20日発売
【初回限定】(SHM-CD+DVD)
VIZL-922/¥3,500+税
【通常盤】(SHM-CD)
VICL-70200/¥3,000+税
<収録曲>
■CD
01.The loud engine
作詞:YOW-ROW/作曲:Fujii Maki
02.Vice
作詞:Fujii Maki/作曲:Imai Hisashi
03.drift
作詞:YOW-ROW/作曲:Fujii Maki
04.SAKASHIMA
作詞:Imai Hisash/作曲:Imai Hisashi
05.Der Zauberlehrling
作詞:YOW-ROW/作曲:Fujii Maki
06.Anti-Hedonist
作詞:Fujii Maki/作曲:Imai Hisashi
07.ReVive
作詞:YOW-ROW/作曲:Fujii Maki
08.swan dive
作詞:YOW-ROW/作曲:Imai Hisashi
09.Adam\'s rib
作詞:YOW-ROW/作曲:Imai Hisashi
10.Leidenschaft
作詞:Fujii Maki/作曲:Fujii Maki
11.魅
作詞:Imai Hisashi/作曲:Imai Hisashi
■DVD ※初回限定盤のみ
「Vice」MV収録

■「TOUR ULTRA - The Loud Engine -」

1月22日(金) 神奈川・CLUB CITTA\'川崎
1月24日(日) 神奈川・yokohama Bay Hall
1月25日(月) 東京 LIQUIDROOM
1月27日(水) 東京・赤坂BLITZ
1月28日(木) 東京・EX THEATER ROPPONGI
2月06日(土) 大阪・梅田CLUB QUATTRO

【関連リンク】
SCHAFT オフィシャルHP
THE MORTAL、圧倒的なゴシックに彩られたツアー最終公演が映像化
SCHAFT、新作『ULTRA』と限定生産BOX『ARCHIVES』のジャケットを公開

【関連アーティスト】
BUCK-TICK, SCHAFT, 睡蓮, minus(-)
【ジャンル】
ジャパニーズロック

ハワイアン・レゲエのヒット曲メーカー Bo Napoleon!これを聴いたら夏気分!
Tue, 22 Dec 2015 18:00:00 +0900


もうすぐクリスマスですね。ハワイはメリークリスマスを“Mele Kalikimaka(メレカリキマカ)”って言うんですよ。ハワイのサンタはアロハシャツでカヌーに乗って海からやってくるの。25日の早朝は子供たちがカヌーサンタに会いにビーチに集まってきます。

ところで、私はクリスマス前の学期末試験中。レポート書きながらBGMを聴いていたら、アイランドレゲエのアーティストはBo Napoleonの作曲したヒット曲が多いなぁ〜なんて考えていたので、今回はBo Napolenを紹介しちゃいます。

【その他の画像】Bo Napoleon

Bo Napoleonはネイティブハワイアンでカリフォリニア育ち、家族中が音楽好きで、今でも度々兄弟と一緒に時々Liveも行なっています。Boは自ら大勢のアイランドレゲエアーティストとコラボしているけど、主にアイランドレゲエのヒット曲の作詞作曲家として有名なの。
http://youtu.be/xazMGvTBJPI

ハワイのラジオ局でもよくかかっている「Born and Raised」はビーチでビールを飲みながら聴く曲に持って来い!と、Heineken BeerがBoの曲をCMに選曲し、21世紀のオランダのビールは世界中でこのイメージが定着したほどなのよ。

その後、たびたびアメリカの大ヒット刑事ドラマ「Hawaii 5-0」の挿入歌に選ばれて、ラジオ局はもちろん、Hawaiiのニュース番組やHawaiiをテーマにした映画などにも何曲も選ばれているの。曲の提供が多いので、Boの名前がなかなか前に出てくることはないけど、今ではアイランドレゲエのTOP3アーティストとも言われているCommon Kingsが一躍有名になった「Wade in your Water」もBoの作曲なの。

Bo Napoleonの曲を聴くと、寒い冬もすぐに夏気分になるはず!
是非聴いてみてね! Mahalo

【関連アーティスト】
Bo Napoleon
【ジャンル】


amazarashi、1年4ケ月ぶりとなるフルアルバム『世界収束二一一六』リリース決定
Tue, 22 Dec 2015 18:00:00 +0900
amazarashi (okmusic UP\'s)

青森在住の秋田ひろむを中心とするバンドamazarashiが、2016年2月24日に3rd フルアルバム『世界収束二一一六』のリリースすることを発表した。

【その他の画像】amazarashi

1年4ケ月ぶりとなるフルアルバムは、TVアニメ『東京喰種√A』で起用されYouTubeで1,150万回再生され話題となった「季節は次々死んでいく」、ノイタミナ『乱歩奇譚 Game of Laplace 』OPの「スピードと摩擦」を含む全12曲を収録予定。

初回生産限定盤A(ライヴDVD、秋田ひろむ書き下ろしの小説、詩集付き)に加え、オリジナルフィギュア同梱の初回生産限定盤B(5,000枚限定)、通常盤の3形態にてリリースされる。

また、アルバムの解禁に合わせ、2016年1月17日より開始するライブツアーのタイトルが『世界分岐二〇一六』であることも発表された。 ステージの前にスクリーンが張られ、タイポグラフィー、映像、ライブパフォーマンスが融合した独自のライブを行っているamazarashi。今回のツアーの東京公演は、2daysに渡るZepp Tokyo、中野サンプラザ(チケットはソールドアウト) と初の3日間にわたる開催を予定している。

■アルバム『世界収束二一一六』

2016年02月24日発売
【初回生産限定盤A】(CD+DVD)
AICL 3068〜9/¥3,500+税
※オリジナル小説、詩集本封入
【初回生産限定盤B】(CD+amazarashiフィギュア)
AICL 3071〜2/¥3,500+税
※5000枚限定
【通常盤】(CD)
AICL 3070/¥2,778+税

■【amazarashi 秋田ひろむコメント】

僕はこの世界に失望しています。でもそれは、この世界に期待していることの裏返しです。ゆっくりと終わりへ向かう真っ只中、人の笑顔は虚しいものでしょうか。命は虚しいでしょうか。歌うことは虚しいでしょうか。
今までで一番悲観的なアルバムになりました。でもそれは、この世界に期待していることの裏返しです。
虚しさに生きてそのさなかに笑えよ。さよならは一瞬だそのなさかに歌えよ。

■『amazarashi 5th anniversary Live Tour 2016 「世界分岐二〇一六」』

1月17日(日) 北海道 Zepp Sapporo
1月24日(日) 愛知 Zepp Nagoya
1月31日(日) 福岡 Zepp Fukuoka
2月20日(土) 広島 広島クラブクアトロ
2月21日(日) 大阪 Zepp Namba
2月27日(土) 東京 Zepp Tokyo
2月28日(日) 東京 Zepp Tokyo
3月06日(日) 東京 中野サンプラザ

【関連リンク】
amazarashi オフィシャルHP
amazarashi、5thアニバーサリーツアーの追加公演を発表
ACIDMAN、amazarashi、miwa、スキマ、クリープがJFL5局キャンペーンライヴに出演
amazarashi、新曲「名前」のMVは炎で彩られた暖かい作品に

【関連アーティスト】
amazarashi
【ジャンル】
ジャパニーズロック

GLIM SPANKY、『ワイルド・サイドを行け』発売記念インストアライヴの詳細解禁
Tue, 22 Dec 2015 17:00:00 +0900
GLIM SPANKY (okmusic UP\'s)

GLIM SPANKYが1月27日にリリースする2016年第1弾ミニアルバム『ワイルド・サイドを行け』の発売を記念した、タワーレコードでのインストアライブの詳細が発表された。

【その他の画像】GLIM SPANKY

1月30日に新宿店、翌31日に梅田NU茶屋町、そして2月7日に名古屋PARCO店でアコースティックライヴ&サイン会を開催する。

また、初回盤に付属する特典DVより、新曲「NEXT ONE」のライヴ映像が公開された。特典DVDには「NEXT ONE」を含む10曲のライヴ映像が収録。『SUNRISE JOURNEY TOUR』赤坂BLITZ公演はチケットがソールドアウトしたこともあって映像化の声が多く寄せられ、その声に応える形で初回DVD特典が決定した。これだけの曲数のライヴ映像がDVD化されるのはGLIM SPANKYとしては初のこと。ファン必携の1枚となっている。

■「NEXT ONE」ライヴ映像
https://youtu.be/-cOXmoXZKk4

■ミニアルバム『ワイルド・サイドを行け』

2016年1月27日発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
TYCT-69097/¥2,500+税
【通常盤】(CD)
TYCT-60077/¥1,500+税
<収録曲>
■CD
1.ワイルド・サイドを行け
2.NEXT ONE
3.BOYS&GIRLS
4.太陽を目指せ
5.夜明けのフォーク
■DVD ※初回限定盤のみ
1. サンライズジャーニー
2. 焦燥
3. MIDNIGHT CIRCUS
4. ダミーロックとブルース
5. 褒めろよ
6. WONDER ALONE
7. リアル鬼ごっこ
8. NEXT ONE
9. 大人になったら
10. さよなら僕の町

■タワーレコード インストアライヴ情報

1月30日(土) 東京 タワーレコード新宿店
21:00〜
1月31日(日) 大阪 タワーレコード梅田NU茶屋町店
16:00〜
2月07日(日) 愛知 タワーレコード名古屋PARCO店
13:00〜
※名古屋パルコ 西館1F イベントスペース

■『“ワイルド・サイドを行け”ツアー』

4月02日(土) 愛知 名古屋 SPADE BOX
4月03日(日) 大阪 JANUS
4月16日(土) 東京 恵比寿 LIQUID ROOM

【関連リンク】
GLIM SPANKY オフィシャルHP
GLIM SPANKY「BOYS&GIRLS」が「トランスフォーマー」イベント&新番組のテーマソングに
GLIM SPANKY、ミニアルバム『ワイルド・サイドを行け』の全貌が明らかに
「MUSIC にゅっと。」主催ライブに向けてCzecho No Republic、GLIM SPANKY等からコメントが到着

【関連アーティスト】
GLIM SPANKY
【ジャンル】
ジャパニーズロック

分島花音、『劇場版 selector destructed WIXOSS』メインテーマの全貌が明らかに
Tue, 22 Dec 2015 16:00:00 +0900
分島花音 (okmusic UP\'s)

分島花音が担当する、2016年2月13日公開の『劇場版 selector destructed WIXOSS』のメインテーマ曲 「Love your enemies」 の音源が解禁され た。

【その他の画像】分島花音

「Love your enemies」はTVアニメ『selector infected WIXOSS』オーブニングテーマ 「killy killy JOKER」、TVアニメ『selector spread WIXOSS』オーブ ニングテーマ「world\'s end, girl\'s rondo」に続く期待作! 作品を大いに盛り上げる、ドラマティックで壮大な楽曲になっている。

また、2016年2月10日に発売される同シングルの特典も解禁された。アーティスト盤を対象とし、 B2両面告知ボスター、TCGカードが特典となる。楽曲と併せてぜひチェックしてほしい。

■「Love your enemies」音源視聴
https://www.youtube.com/watch?v=RUnTGqHa0JA

■シングル「Love your enemies」

2016年2月10日発売
【アーティスト盤】(CD+DVD)
1000590457/¥1,500+税
※アニメ版権(デカ帯仕様)
<収録曲>
■CD
1. Love your enemies
※劇場版『selector destructed WIXOSS』主題歌
2.「killy killy JOKER」(re-mix ver.)
3.「world’s end, girl’s rondo」(re-mix ver.)
4. Love your enemies (instrumental)
全4曲収録予定
■DVD
劇場版『selector destructed WIXOSS』PV 収録予定

【通常盤】(CD)
1000590458/¥1,000+税
<収録曲>
1. Love your enemies
※劇場版『selector destructed WIXOSS』主題歌
2.「killy killy JOKER」(re-mix ver.)
3.「world’s end, girl’s rondo」(re-mix ver.)
4. Love your enemies (instrumental)
全4曲収録予定

◎特典情報
■アーティスト盤 メーカー特典1:B2両面告知ボスター
対象法人:アニメイト 、ゲーマーズ 、とらのあな 、ソフマッブ 、TSUTAYA 、HMV 、タワーレコード
■アーティスト盤 メーカー特典2:TCGカード
対象法人:アニメイト、ゲーマーズ、とらのあな、ソフマッブ、TSUTAYA、HMV、タワーレコード
、Neowing、株式会社ヨドバシカメラ 、WonderGOO(一部店舗除く) 、新星堂(一部店舗除く) 、フタバ図書(一部店舗を除く)、M\'sレコード 、コーチャンフォーグルーブ(一部店舗除く) 、バンダレコード/ライオン堂(一部店舗除く) 、玉光堂(一部店舗除く) 、三洋堂書店(一部店舗を除く)

■分島花音 LIVE TOUR 2016 『Unbalance by Me 』

5月07日(土) 埼玉 HEAVEN\'S ROCKさいたま新都心VJ-3
5月08日(日) 宮城 仙台MACANA
5月27日(金) 京都 KYOTO MUSE
5月29日(日) 福岡 DRUM SON
5月31日(火) 愛知 名古屋 ell.FITS ALL
6月18日(土) 大阪 BIG CAT
6月26日(日) 東京 ZEPP DiverCity

【関連リンク】
分島花音 オフィシャルHP
細谷佳正、OVA「ストライク・ザ・ブラッド」に感無量、そして「僕はまだ二期を諦めておりません」
分島花音×キュアメイドカフェのコラボカフェ「カフェ ド ソレイユ」が期間限定オープン
「HALLOWEEN PARTY 2015」2日目は笑いから深い感動まで!

【関連アーティスト】
分島花音
【ジャンル】
J-POP, アニメ, 映画

赤色のグリッター、思い出の地・渋谷WWWで初ワンマン開催決定
Tue, 22 Dec 2015 15:00:00 +0900
赤色のグリッター (okmusic UP\'s)

12月2日にファーストアルバム『存在証明』をリリースし、レコ発企画下北沢シェルターを大盛況のうちに終了させた赤色のグリッターが、当日のライブ内で初のワンマンライブを開催する事を発表した。

【その他の画像】赤色のグリッター

2012年に千葉県柏市にて結成した赤色のグリッターは、2013年、SPACE SHOWER 主催オーディション「DayDreamBeliever」グランプリを獲得、そのオーディション会場でもあったWWWにて今回凱旋ワンマンライブを行なう。

「赤色のグリッター 1st ALBUM 「存在証明」リリース ワンマンライブ 君の瞳DENTITY〜キミノアイデンティティ〜」と名付けられたワンマンライブで赤色のグリッターのこれまでの軌跡と未来への道しるべを感じることができるであろう。オフィシャルHPでは、最速先行予約が受付中、是非いち早くチケットをゲットしてほしい。

また、赤色のグリッターは自身の卒業への思い出を綴った卒業ソング「未来飛行機」の動画企画をスタートさせた。NEXUSとの共同で立ち上げたこの企画は「未来飛行機」のうたってみた&演奏してみた動画を一般募集!! 応募方法はハッシュタグ「#未来飛行機」をつけてツイートするだけ。メンバーが選出する"赤色のグリッター賞"に輝いた方には「未来飛行機」生ライブがプレゼントされるとのこと。是非、卒業が近づく学生に参加して頂きたい。

■NEXUS×赤色のグリッター『存在証明』発売記念特設サイト
http://www.nexus-web.net/live/feature/akaironoglitter/

■『赤色のグリッター1st ALBUM 「存在証明」リリース ワンマンライブ 君の瞳 DENTITY〜キミノアイデンティティ〜』

5月15日(日) shibuya WWW
※チケット先行予約受付中。詳細はオフィシャルHPまで

■『赤色のグリッター1st ALBUM 「存在証明」リリース ~心の置き場所ツアー~』

【前半戦】
12月18日(金)  東京 下北沢 SHELTER
<2016年>
1月16日(土)  岩手 盛岡 the five morioka
1月17日(日)  宮城 仙台enn 3rd
1月23日(土)  大阪 福島 LIVE SQUARE 2nd LINE
1月24日(日)  名古屋 池下 CLUB UPSET
【中盤戦】
Brian the Sun 「シュレディンガーの猫」リリースツアー 『マタタビ ツアー 2015〜2016』
2月20日 (土)  新潟 CLUB RIVERST
2月26日 (金)  名古屋 APOLLO BASE
2月28日 (日)  広島 4.14
3月19日 (土)  福岡 「BEA × Zepp Fukuoka presents FX 2016」
3月28 日(月)  札幌 Sound Lab mole 「ch LIVE(S)」

【関連リンク】
赤色のグリッター オフィシャルHP
Brian the SunのリリースツアーにLAMP IN TERREN、赤色のグリッター等が参戦決定
赤色のグリッター、1stアルバム『存在証明』全曲紹介トレーラー映像が完成
赤色のグリッター、配信限定シングル「海より」配信スタート&MVフルバージョン公開

【関連アーティスト】
赤色のグリッター
【ジャンル】
ジャパニーズロック

東京カランコロン×Czecho No Republic、三都を巡るツアー「三都ものがたり」完走!
Tue, 22 Dec 2015 14:00:00 +0900
12月15日@渋谷duo MUSIC EXCHANGE (okmusic UP\'s)

東京カランコロンとCzecho No Republicによる仙台、京都、東京と三都を回ったツアー「三都ものがたり」のツアーファイナル東京公演が12月15日、渋谷duo MUSIC EXCHANGEにて行なわれた。

【その他の画像】東京カランコロン

このツーマンは、今年の「JAPAN JAM」にてCzecho No Republicの武井優心(Vo/Ba)がケータリングブースで東京カランコロンのせんせい(Vo/Key)に声をかけたのが発端になっている。同じ編成だった二組がお互いを意識し過ぎて、今までは微妙な距離感があったが、流れの速い最近の音楽シーンに負けぬよう、タッグを組んで盛り上がらない?という提案により開催が決定した。

仙台公演では、特別にアパレルブランド『nano・universe』仙台店10周年イベントともコラボし、来場者はこの日のドレスコードとなっていたオリジナルのコラボTシャツを着用。メンバーも揃いの『nano・universe』の衣装をそれぞれ身に纏いステージに立った。

そして、12月15日、この二組の対バンを待ちに待っていたファンによって大入り満員になった東京公演。先行はCzecho No Republic。初期の名曲「Call her」や最近のバンドのエレクトリックポップ路線の「エンドルフィン」、「Firework」、そしてその思考でアレンジされた「DANCE」を披露。新作『Santa Fe』をリリースし、全国ツアーを回ってきてバンド力が増して、タイトな演奏で観客を踊れせるには十二分なパフォーマンスだった。途中のMCでボーカル&ベースの武井が上記の今ツアーに至った経緯を話した。そして、東京カランコロンの「少女ジャンプ」を初めてカバー。タカハシマイ(Cho/Syn/Per)の伸びのあるボーカルで大いに会場を盛り上げた。

後攻の東京カランコロンは、出だしからいちろー(Vo/Gt)のギターが鳴らなくなるトラブルに見舞われるが、せんせいと佐藤全部(Ba)による謎の迷曲「ミイラ取りがミイラになる」を披露。その間にギターの調整が終わり、無事に本編をスタート。いちろーはステージを所狭しと動き回って観客を煽り、せんせいはキュートな歌声と振り付けで会場を魅了した。1月に発売するアルバム『noon/moon』より「シンクロする」、「スパイス」を演奏、とくに「カラフルカラフル」は会場が合唱する程すぐにメロディーを憶えるポップソングだった。途中にはCzecho No Republicの「ダイナソー」のカバーを演奏。おいたん(Gt/Cho)の弾くギターがカランコロン節になるフレーバーを散りばめたアレンジになっていた。アンコールは東京カランコロン演奏による「少女ジャンプ」を出演者10人で演奏。お互い切磋琢磨した三都によるツアーは大盛況によって幕を閉じた。

Photo by にしゆきみ

■Czecho No Republic オフィシャルHP
http://c-n-r.jp/
■東京カランコロン オフィシャルHP
http://tokyokarankoron.com

【関連リンク】
Czecho No Republic、年明けに東名阪で対バンライブイベントを開催
忘れらんねえよ、「ツレ伝」対バン発表とともに秘密の集会も緊急開催
Brian the Sun、O-WEST公演のもう1組の対バン相手は東京カランコロン
「MUSIC にゅっと。」主催ライブに向けてCzecho No Republic、GLIM SPANKY等からコメントが到着

【関連アーティスト】
東京カランコロン, Czecho No Republic
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

日本工学院ミュージックカレッジ主催「RealDreams 2016」にchayとSAKANAMONが出演
Tue, 22 Dec 2015 13:00:00 +0900
chay (okmusic UP\'s)

日本工学院ミュージックカレッジ最大の音楽イベント「RealDreams 2016」が2016年2月6日(土)に東京ドームシティホールにて開催されることが決定した。

【その他の画像】SAKANAMON

このイベントはアーティスト系の学生による演奏とダンス系の学生によるパフォーンス、そしてコンサート・レコーディング系の学生が創る照明やサウンドでライヴを盛り上げるなど、ミュージックカレッジの学生達が一丸となって繰り広げる一大イベントで、今回で9回目の開催となる。

また、今回は学生の出演者に加えて、スペシャルゲストとしてchayとSAKANAMONの2組を迎えるなど、豪華なラインナップになっている。さらに、高校生にはイベント鑑賞に加えて、chayとイベントのバックステージツアー体験やレコーディング体験、エグジットチューンズとのコラボ企画など様々な参加メニューも用意されているので、ぜひチェックして参加してみよう。

■「RealDreams 2016」

2016年2月6日(土) 東京ドームシティホール
14:30 OPEN / 15:30START
ゲスト出演:chay、SAKANAMON
入場方法:高校生限定 
■各プログラムの詳細と申込みは以下HPから
http://www.kozys.org/neec/mus/realdreams/

■【同時開催高校生限定スペシャルメニュー】

■chayと歌おう!高校生コーラス大募集
ヴォーカル希望の方必見!chayとともに東京ドームシティホールの舞台に立ち
3000人の前で歌いませんか?事前のコーラス指導もバッチリ行います。合唱部
など部活での参加も可能です。

■お仕事発見バスツアー「エグジットチューンズというお仕事」
SNSミュージックシーンからゲーム音楽、バンドシーン、さらには運動会イベントまで幅広く音楽学シーンでのエンターテインメントを創造する「エグジットチューンズ」の魅力とお仕事をスタッフの方から直接聞ける特別講義を開催。また、会場ではスペシャル企画も開催予定です。

■プロミュージシャンによる高校生バンドクリニック
「RealDreams 2016」の開催当日に「高校生バンドクリニック」を開催します。
本校による特別レッスンで演奏力を一気に引き上げます。バンド男子・女子集まれ。

■東京ドームシティホールバックステージツアー
楽屋周辺やステージ袖などイベントの裏側がのぞけるツアーです。

■LIVEレコーディング体験
生演奏やパフォーマンスのライブレコーディングを体験しよう!

【関連リンク】
chay、ニューシングルのリリース記念イベントでバースデーケーキのサプライズ!
chay、ニューシングル「好きで好きで好きすぎて」にクリスマスツアー特別先行予約ができる特典を封入
赤い公園の対バンツアーにSAKANAMON、tricot、LEGOが参加決定
「関ジャム」でエレカシ&chayの名曲をセッション、又吉はくるりと真心ブラザーズの歌詞を解説

【関連アーティスト】
SAKANAMON, chay
【ジャンル】
ジャパニーズロック, イベント

EXILE ATSUSHI+AIの新曲がフジテレビ系ドラマ『ナオミとカナコ』主題歌に
Tue, 22 Dec 2015 12:30:00 +0900
EXILE ATSUSHI (okmusic UP\'s)

EXILE ATSUSHI+AI の最新曲「No more」が、2016年1月14日よりスタートするフジテレビ系ドラマ木曜劇場『ナオミとカナコ』主題歌に起用されることが決定した。

【その他の画像】EXILE ATSUSHI+AI

2008年に発表した「So Special」、今年6月にリリースした「Be Brave」に続き、三度目のコラボレーションとなる本作は、ドラマの世界観に合わせATSUSHIとAIの2人が書き下ろした作品。2人のボーカルが織り成すハーモニーが美しい一曲となっている。

ATSUSHIは最新曲「No more」について、 「ドラマの内容からも、今回の楽曲は、つらい思いをしている、今の現状から、少しでも光のある場所へ、明るい未来へ、抜け出そう。そういったテーマになっています。 タイトルに込められたNo moreとは、これ以上、このままではいけない。という、決心の表れでもある言葉です。これ以上、泣いていたくない、これ以上傷つけたくない、 そんな思いを、守るもののために、強い信念を持って、つらぬこう。そんな曲になっています。あきらめるにはまだ少し早すぎるというフレーズがありますが、イジメの問題や、DVの問題など、弱い立場にいらっしゃる方へ、勇気を出して、そこから抜け出そう?そんな強い想いのこもった曲になりました」と作品への熱い思いを語った。

プロデューサーを務める長部聡介は、 「『ナオミとカナコ』は暴力という理不尽な力によって困難な状況に置かれた主人公2人がギリギリの決断をして、自分たちの人生を切り開いていくドラマです。痛みを知っている人間だけが持つ本当の優しさ、弱さを抱えている人間だけが持つ本当の勇気、それらが凝縮された繊細で温かく、力強い曲が出来上がりました。EXILE ATSUSHI + AIという日本を代表するシンガー2人の歌声がナオミとカナコに、そしてドラマを見てくれるすべての人に、明日を生きる力を与えてくれると確信しています」とコメント。

最新曲「No more」は近日に楽曲配信がスタート。さらに、4月に自身の妊娠を発表し、9月に無事第一子となる女児を出産したAIにとって、産後初のリリース作品となり、AIにとってはもちろん、ATSUSHIにとっても感慨深い思い溢れる作品と言える。

AIは「No more」の制作にあたり、 「今回のドラマの内容を聞いた時、相当面白そうで興奮しました!w なのでそのドラマに恥じない曲を作らないとと思ってました。そして今回ATSUSHI君と曲を作っていく中でドラマの内容を意識してつくりましたw。今回の曲作りは私もちょうど赤ちゃん産んだばっかりの時だったので赤ちゃんの世話とか母乳をやりながら歌詞を考えてましたw おかげで気持ちがより入りました!またここまでハモってる曲もなかなかないので歌うのもすごく楽しかったです!!ATSUSHI君と妥協せず今回も最高な曲ができたので、是非 みなさん聴いて下さいね!!!らびゆー!」とAIらしく語った。

また、ATSUSHIはレコーディング時のエピソードして 「AIちゃんとのレコーディングはいつもワクワクします。意見がぶつかることがほぼなく、ここは自分が引いた方が良いのではないかという、引き算をする時にでもせっかくカッコいいんだから、それは入れようなど常にお互いを尊重して制作に集中出来ます。あとは、お互いが書いた歌詞や、お互いが歌ったフレーズにインスピレーションを受けて、作業が自然と進んでいきます。休憩時間に、お子さんの写真を見せてもらったり、本当に彼女とお会いすると、いつも幸せな気持ちにさせてくれます」とコメントし、音楽性やライフスタイルなどをひっくるめ、お互いをリスペクトしあう2人の絆の強さを感じさせる。

2人が紡ぎだす言葉とハーモニーを、『ナオミとカナコ』のストーリーと共に楽しみたい。

■EXILE オフィシャルHP
http://exile.jp/index.php
■AI オフィシャルHP
http://aimusic.tv/

■シングル「No more」

発売日未定
【CD+DVD】
【CD】

【関連リンク】
EXILE ATSUSHI+AIコラボ曲のMV公開
EXILE ATSUSHI+AIによる『HEAT』主題歌配信スタート
TRUE、自らの原点・出発点となる1stアルバムリリース
木村カエラ、プレミアライヴがバーチャルリアリティムービーで蘇る

【関連アーティスト】
EXILE ATSUSHI+AI
【ジャンル】
J-POP, テレビ(番組/CM)

ゲスの極み乙女。、アルバムリード曲「両成敗でいいじゃない」のMV公開
Tue, 22 Dec 2015 12:00:00 +0900
ゲスの極み乙女。 (okmusic UP\'s)

ゲスの極み乙女。の待望の2ndフルアルバム『両成敗』に収録されているリードトラック「両成敗でいいじゃない」のMVが解禁となった。

【その他の画像】ゲスの極み乙女。

“両成敗がとまらない”というフレーズを大合唱したらどんなに気持ちよいだろうという素朴な想いから200人の男女の混声合唱団とこのMVは制作された。誰もが一度は経験したことのあるであろう合唱。皆で歌う事で歌詞や曲の世界観を更に拡張していき、人に訴えかけていく。

人から発せられる力と、今回のキーワードでもある“両成敗"という文字から想起する日本の歴史感とその雰囲気(和装、武者、のぼり旗、習字タイトル)も漂うことでさらにその空間は濃く深いものになっている。

その一風変わった空間で、様々なことが起きていく。合唱コンクールの会場にリムジンで登場する場違いさ、光るLED武者、サイリウムを持ちながら歌う合唱団。全てが何かがおかしい…。その中でも、メンバー達は楽しそうに自由に演奏していく。そして“両成敗”という言葉を軸にメンバーに起こる出来事が、運命のようにつながっていく。

特に、映画『卒業』のパロディを演じるシーン。休日課長が思いをよせる、ほな・いこかを川谷絵音から奪いとる。各キャラクターも重なって“両成敗”を象徴するシーンになっている。1960年代に大流行したこの映画は、恋人を奪うこと、奪われることを象徴的に描いており、しかし、奪う方の痛快さに焦点をおいた映画だった。そんな映画をゲス乙女流に落とし込み、メンバーの魅力とキャラクター、楽曲のもつ包容力が、全部まとめて“両成敗でいいじゃない”と笑い飛ばしているようにも見える。最後の大団円では、あれだけカオスなことがあったのに合唱の力も重なり、感動的なフィナーレになっていく。そして“両成敗でいいじゃない"その川谷絵音の一言が心に刺さる。

今回の発表と合わせ、『両成敗』発売記念スペシャルサイトもオープン。本サイトでは、「両成敗でいいじゃない」「私以外私じゃないの」「ロマンスがありあまる」「無垢な季節」「オトナチック」のMVや本作に関する情報が集約されており、今後スペシャルコンテンツや最新情報が随時追加される予定となっている。こちらも合わせてチェックしよう。

■ゲスの極み乙女。2ndフルアルバム「両成敗」発売記念スペシャルサイト
http://ryoseibai.com
■ゲスの極み乙女。 オフィシャルHP
http://gesuotome.com

■【ゲスの極み乙女。川谷絵音(Vo/Gt)コメント】

サビのメロディーは一回聴いたらもう最後。ずっと頭の中で鳴り続けます。今回のMVではそんな強いサビを合唱隊によって
さらに強調しています。みんな一斉に歌ったり踊ったり。絵的にかなり面白いものになったと思います。僕とちゃんMARIが同時に
シンセを弾く部分が映像としても曲としても一番の見どころです。ゲスの極み乙女。の真骨頂を感じてください。

■【東市篤憲 監督 コメント】

「両成敗でいいじゃない」の楽曲が持つまるで笑ったり泣いたりしている感情の変化のようなエモーショナルさと、混沌が濃密に凝縮されたような次々と展開していく音の世界。そして両成敗という言葉の持つ強さとその意味につながるストーリーとスケール感。
全部まとめて“両成敗でいいじゃない”を映像で表現してみました。メンバーに楽しんで演じてもらった芝居パートは、映画のパロディで“両成敗"したり、細かいネタが満載なので探して是非楽しんでみてください。作り上げた200人の合唱団と武者ダンサー「チーム迷彩」関わった全てのスタッフ、ゲスの極み乙女。メンバーに感謝でいっぱいです。ありがとうございました。

■「両成敗でいいじゃない」MV
https://www.youtube.com/watch?v=bVZElDCQn3I

■ゲスの極み乙女。 ワンマンLIVE「ゲス乙女大集会〜武道館編〜」

3月30日(水) 東京 日本武道館
3月31日(木) 東京 日本武道館

【関連リンク】
ゲスの極み乙女。、2ndフルアルバム初回生産限定盤DVDの全詳細を解禁
TVに映画に引っ張りだこ!ゲスの極み乙女。押さえておきたい5曲
B’z、椎名林檎、X JAPANら出演、テレ朝主催フェスがCSにて一挙6時間放送
【連載コラム】稚菜、ゲスの極み乙女。の「ロマンスがありあまる」をカバー

【関連アーティスト】
ゲスの極み乙女。
【ジャンル】
ジャパニーズロック

ブルエン、新曲「はじまり」MV公開&全国高校サッカー決勝戦でパフォーマンス決定
Tue, 22 Dec 2015 12:00:00 +0900
BLUE ENCOUNT (okmusic UP\'s)

『第94回全国高校サッカー選手権大会』の応援歌にも抜擢された、BLUE ENCOUNTのニューシングル「はじまり」のMVが公開された。また、来年1月11日に埼玉スタジアムで行われる同大会の決勝戦にてBLUE ENCOUNTが「はじまり」のLIVEパフォーマンスを行うことが決定した。

【その他の画像】BLUE ENCOUNT

「はじまり」のMVはメンバーの田邊、江口、高村が高校時代に通っていた母校、熊本高等専門学校と大津町運動公園内のサッカー場というオール熊本ロケにて撮影された内容で構成。

1人のサッカー部に属する選手の栄光や挫折、そして苦悩からの立ち直りと一人の人間の成長を描いた同MVだが、今回公開されたのは歌詞の入ったリリックバージョンとなっている。これでブルエンからの応援歌をしっかり理解できるはずだ。熱く、泣けて、そして希望を持てる珠玉のバラード「はじまり」を熱唱しよう。

そして、第94回全国高校サッカー選手権大会の決勝戦にてLIVEパフォーマンスを行うBLUE ENCOUNT。汗と涙の熱血バンドことブルエンが高校サッカー選手の夢の大舞台を全力の演奏でサポートする。チケットの入手方法や詳細については高校サッカーのオフィシャルHPをチェックしてほしい。

■「はじまり」(short ver.)MV
https://youtu.be/xFj1mlzMzTU

【関連リンク】
BLUE ENCOUNT オフィシャルHP
BLUE ENCOUNTの新曲がアニメ『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』新OPテーマに決定
忘れらんねえよの『ツレ伝』にPANとBLUE ENCOUNTの参戦が決定
BLUE ENCOUNT、話題のニューシングル「はじまり」ジャケット写真を公開

【関連アーティスト】
BLUE ENCOUNT
【ジャンル】
ジャパニーズロック

マドンナ、初期の名盤6枚を紙ジャケットCDとして再リリース
Tue, 22 Dec 2015 11:00:00 +0900
アルバム『バーニング・アップ(原題:MADONNA)』 (okmusic UP\'s)

2016年2月13日(土)&14日(日)に10年ぶりの来日公演を行なうマドンナが、この来日を記念して、これまでに発表したアルバム作品のうち初期6枚のアルバムを紙ジャケットCDで2016年2月3日(水)にリリースすることを発表した。

【その他の画像】Madonna

対象となるアルバムは『バーニング・アップ(原題:MADONNA)』(\'83)、『ライク・ア・ヴァージン(原題:LIKE A VIRGIN)』(\'84)、『トゥルー・ブルー(原題:TRUE BLUE)』(\'86)、『ライク・ア・プレイヤー(原題:LIKE A PRAYER)』(\'89)、『ユー・キャン・ダンス(原題:YOU CAN DANCE)』(\'87)、『ウルトラ・マドンナ〜グレイテスト・ヒッツ(原題:THE IMMACULATE COLLECTION)』(\'90)の6作。

それぞれのアルバムは、US仕様オリジナルLPを可能な限り再現し、日本盤の初回LP帯を再現するほか、オリジナル・レーベルや封入物も可能な限り再現される予定とのこと。また、新規解説に加え、LP盤、CD初回盤およびリマスター盤時のライナーノーツも再掲される予定で、初回生産限定盤となる。

『バーニング・アップ』、『ライク・ア・ヴァージン』、『トゥルー・ブルー 』は2001年デジタル・リマスター音源、『ライク・ア・プレイヤー』(\'89)、『ユー・キャン・ダンス』(\'87)、『ウルトラ・マドンナ〜グレイテスト・ヒッツ』はオリジナル・マスター音源が使用され、『ユー・キャン・ダンス』以外の作品は、現行CDに含まれているボーナス・トラックは収録されず、リリース当時のアルバム収録曲のみ収録となる。なお 『ユー・キャン・ダンス』のみ現行CDと同様、オリジナルLP収録曲に加えられた3曲が含まれるとのこと。

■【リリース情報】

アルバム『バーニング・アップ(原題:MADONNA)』
2015年2月3日(水)発売
WPCR-17077/¥2,315+税
<概要>
1983年7月にリリースされた記念すべきデビュー・アルバム(全米8位)。プロデュースはジョン“ジェリー・ビーン"ベニテス、マーク・ケイミン、レジー・ルーカス。デビュー・シングル「エヴリバディ」がUSダンス・チャートで3位のヒットとなり、続く「バーニング・アップ」「ホリデイ」もダンス・チャートでヒット、4thシングル「ラッキー・スター」が全米シングル・チャート4位のヒットとなった。

アルバム『ライク・ア・ヴァージン(原題:LIKE A VIRGIN)』
2015年2月3日(水)発売
WPCR-17078/¥2,315+税
<概要>
1984年11月にリリースされた2ndアルバムで初の全米No.1獲得作品。シングル「ライク・ア・ヴァージン」(全米No.1)「マテリアル・ガール」(全米No.2)が大ヒットし、\'80年代のセックス・シンボルとして世界中での人気を決定づけたアルバム。プロデュースはナイル・ロジャース、マドンナ、ステファン・ブレイ。

アルバム『トゥルー・ブルー(原題:TRUE BLUE)』
2015年2月3日(水)発売
WPCR-17079/¥2,315+税
<概要>
1986年6月にリリースされた3rdアルバム(全米No.1)。マドンナ自身もプロデュースに参加し、クリエイターとしての実力を充分に発揮したアルバム。他にプロデューサーとして、前作からのステファン・ブレイと新たにパトリック・レナードが参加。シングル「パパ・ドント・プリーチ」(全米No.1)「ラ・イスラ・ボニータ」(全米No.4)などがヒットした。

アルバム『ライク・ア・プレイヤー(原題:LIKE A PRAYER)』
2015年2月3日(水)発売
WPCR-17080/¥2,315+税
<概要>
1989年3月にリリースされた4thアルバム(全米No.1)。“このアルバムは私の母親、父親、そして家族の絆について描いた"とマドンナ自身が語っており、彼女が若かりし頃に亡くなった母親に捧げられている。タイトル曲である「LIKE A PRAYER」のミュージック・ビデオの描写が波紋を呼んだ。プリンスとのデュエット曲「ラヴ・ソング」を収録。プロデュースはマドンナ、パトリック・レナード、ステファン・ブレイとプリンス。

アルバム『ユー・キャン・ダンス(原題:YOU CAN DANCE)』
2015年2月3日(水)発売
WPCR-17081/¥2,315+税
<概要>
『トゥルー・ブルー』リリース後の1987年11月にリリースされた初のリミックス・アルバム(全米14位)。シングル「スポットライト」がUSダンス・チャートNo.1になったほか、1985年にUSダンス・チャートNo.1になった「イントゥ・ザ・グルーヴ」などが収録されている。

アルバム『ウルトラ・マドンナ〜グレイテスト・ヒッツ(原題:THE IMMACULATE COLLECTION)』
2015年2月3日(水)発売
WPCR-17082/¥2,315+税
<概要>
20世紀最大のスターとなったマドンナの1990年11月にリリースされたキャリア初のベスト・アルバム(全米No.2)。「ライク・ア・ヴァージン」から最新シングル「ヴォーグ」まで、1983年のデビューから1990年までのマドンナの軌跡であり、ビッグ・ヒット多数を収録した史上最強のベスト・アルバム。これまでに全世界で3,000万枚以上のセールスを記録している。

■『Madonna Rebel Heart Tour / マドンナ レベル・ハート・ツアー』

2月13日(土) さいたまスーパーアリーナ
2月14日(日) さいたまスーパーアリーナ

■スペシャル・サイト
http://madonna-japantour2016.com

【関連リンク】
マドンナ オフィシャルHP
マドンナ、「レベル・ハート・ツアー」に先駆けた来日記念盤を1月にリリース
【20代向け】思わず歌詞に共感するこの5曲〜女性アーティスト編
マドンナ、『レベル・ハート・ツアー』で10年ぶりの来日公演決定

【関連アーティスト】
Madonna
【ジャンル】
ポップス(洋楽)

フレデリック、全国ツアーセミファイナルで見せた新たな覚悟とは?
Tue, 22 Dec 2015 10:00:00 +0900
12月20日@大阪BIG CAT (okmusic UP\'s)

2014年の『オドループ』から今春の『オワラセナイト』を世に放つ流れにのって、ツアー、イベント出演で頭角を現してきたフレデリック。彼らの全国ツアー「フレデリズムツアー」のセミファイナルが12月20日(日)に大阪BIG CATにて行なわれた。

【その他の画像】フレデリック

彼らが満を持して先月リリースした『OTOTUNE』。このリリースに併せて行なった全10箇所に渡るワンマンツアーだが、前売りチケットは全て完売! 正に今“キてる”バンドの一つなのは間違いなく、順風満帆に見える彼らも実はこの9月にドラムのkaz.が一身上の都合で脱退。「グルーブ」が屋台骨の彼らのようなバンドにとって要のドラムが抜けることはかなりの痛手だった筈ながら、11月ツアー初日の神戸を見た限りは「よく2カ月でこれだけのステップを踏めたなぁ…」と、感心させられる内容だった。レコーディングから参加していたサポートドラマー・高橋武(ex.Any)の力量がマッチングして、ピンチを乗り越えツアーも佳境に入り、ツアー9本目となる大阪公演を迎えた。

足かけ3年に渡りコンスタントに発表した作品が30曲に及んできた彼らは、ワンマンライブに際しても曲のバリエーションが揃ってきた。インディーズの名曲「SPAM生活」「ふしだらフラミンゴ」「プロレスごっこのフラフープ」、バンドの風向きを変えた「オドループ」「オワラセナイト」、そこから圧倒的な歌詞の強さを併せ持った最新作の「トウメイニンゲン」「ハローグッバイ」等、キラーチューンを要所に「これでもか!」というくらい「踊らせる」ことに徹した演奏。また全体の構成も「グルーブ」「ディープ」「ディスコ」等、数曲ごとに色が分かれフレデリックにしか出しえないライブの流れを作り出せていたのも非常に明快だった。察するにテーマは「いかに踊らせるか?」

「踊る(踊らせる)」というおそらく60年前ロックが生まれた頃からライブで観客を前にしたミュージシャン達が抱えたであろうテーマを、今更どうこういうのも違うかもしれないがここ10年くらいだろうか、日本のライブに於いては非常に重要なファクターになっていると現場にいて感じるこの頃。「四つ打ち」なのか「BPMの速さ」、「リズム」なのかはたまた「ループ」で覚醒させるのか?ジャンルならば「ファンク」「ディスコ」「テクノ」…あらゆる手段を使って「いかに躍らせるか」をテーマとしてミュージシャンが試行錯誤する中、フレデリックは実に多様かつ一筋縄でいかない頼もしい音楽性を見せてくれる。必ずどこかに「ひと手間「ひと癖」入れてくるのが実に面白いし、「音楽性の高さ」や「遊び心」といったロックの持つ楽しさを随所に醸し出しているのは主に作詞・作曲をすべて手掛けるベース三原康司の奇才によるところが大きい。そしてその曲達を演奏するにあたりこのツアーでは4人個々の出音も固まってきた。ベースラインは腰にくる気持ち良さだし、ため息の漏れるギター赤頭隆児の奇抜な「ギターリフ」、胸にグッと入ってくる三原健司のボーカル。明らかにツアーはバンドを育て音を固める。このツアーでフレデリックはまた一つ上に上がったのは間違いない。
 
当初個人的に彼らにハマったのは「音の隙間」の気持ち良さや「歌詞の行間」を妄想させてくれる面白さだったが、それは逆に一般的には「分かりにくさ」でもあった。それを打破したのが「オドループ」や「オワラセナイト」であり、そこから続く今作の「ハローグッバイ」や「トウメイニンゲン」の曲のシンプルさや直接的な歌詞(でも時にあまのじゃく)は、これはこれで心躍らせてくれる新たな感覚。そう、客席フロアの側に立つと曲と演奏で「身体」を、そして歌詞と気持ちで「心」も踊らせて欲しい。今夜のフレデリックは心身共にBIG CATに居た観客を躍らせていた筈だ。

メンバー脱退からバンドを続ける「覚悟」がより大きくなったことも成長させたのかもしれない。ステージに上がる人達はどんなジャンルでもこの覚悟の大きさによって観客の心を打つかどうかが決まる面もある。中途半端な覚悟は、中途半端な演奏や表現にしかならないしそんなライブはチケット誰も買わないだろう。誰かが居ないと生きれないのも人間ならば、他人のと軋轢(あつれき)がストレスになって「透明人間になって消えたい」と、かなう分けないアホな願望があるのも人間。だから「言いたいこと」はなかなか本人に言えないし、「愛」もいき過ぎると面倒になるし、「オワリ」を「ハジマリ」と思えるにはかなりの開き直りが必要だし、「さよなら」から始めることもなかなか難しい。

こんな生きていて誰しもが抱える葛藤をテーマにした歌詞もまたフレデリックの真骨頂なのだけど、三原健司のボーカルが明らかに一線級の豪速球として特にライブでこの歌詞達が胸に刺さってくるのも実に頼もしく感じられた。

この時代、高い音楽性と人間力を持ったバンドが結局残る気がするし、それらを併せ持ったバンドの演奏は曲の破壊力を増幅させることが出来るし、そこに僕らは心動かされ、「明日から頑張ろう」と思うし、「言いたいことは本人に言おう」と小さな覚悟が出来るし、「愛の押し売りは迷惑だ」と謙虚になれるし、別れがあっても「新しい生活を始めないといけない」とまたスタートが切れる。

「言いたいことは俺に言えよ」。この夜ボーカル三原健司の放った言葉はただひたすらにカッコ良かった。並々ならぬ覚悟と同時にこのバンドが多くの人の糧になって時代を作る予感がした。年末フェスにも多数参戦、そして来年にはブレイクアーティストへの登竜門と言われるスペースシャワー列伝2016への出演も決まっている彼らは、明日恵比寿リキッドルームで全国ツアーのファイナルを迎える。チケットはソールドアウトしているが、ニコニコ生放送での中継が決まっているのでこの機会にぜひチェックしよう。

■ニコニコ生放送「フレデリズムツアー2015 ツアーファイナル@恵比寿リキッドルーム」ライブ独占生中継
※配信日時:2015年12月22日(火)18:00〜
http://live.nicovideo.jp/watch/lv244691359

■『スペースシャワー列伝15周年記念公演 JAPAN TOUR 2016』

2月18日(木) 福岡県 DRUM Be-1
2月19日(金) 広島県 広島CLUB QUATTRO
2月21日(日) 香川県 高松MONSTER
2月25日(木) 北海道 cube garden
2月27日(土) 宮城県 仙台MACANA
2月28日(日) 新潟県 GOLDEN PIGS RED STAGE
3月02日(水) 愛知県 名古屋CLUB QUATTRO
3月03日(木) 大阪府 BIGCAT
3月06日(日) 東京都 赤坂BLITZ

<出演者>
フレデリック / 夜の本気ダンス / My Hair is Bad / 雨のパレード

【関連リンク】
フレデリック オフィシャルHP
フレデリック、全公演完売ツアーのファイナルをニコ生で中継決定
フレデリック、ニューアルバム『OTOTUNE』より「ハローグッバイ」のMVを公開
フレデリック、新作『OTOTUNE』全曲ダイジェスト映像を公開

【関連アーティスト】
フレデリック
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

木村カエラ、プレミアライヴがバーチャルリアリティムービーで蘇る
Tue, 22 Dec 2015 06:00:00 +0900
下北沢SHELTERで開催した200人限定のプレミアライヴ (okmusic UP\'s)

木村カエラが下北沢SHELTERで開催した200人限定のプレミアライヴが、バーチャルリアリティ・ライブムービー(VR/仮想現実ムービー)となって12月24日に配信されることが決定した。

【その他の画像】木村カエラ

『KAELA LIVE VR』と名付けられたアプリをスマートフォンにダウンロードし、そのスマートフォンを専用のゴーグルにセットすると、今回配信される「one more」「c\'mon」「TODAY IS A NEW DAY」の3曲がまさに下北沢SHELTERのど真ん中後方に立ち、自分を中心に360℃の視界で楽しめる仕様となっている。

視線を向けた先の動画が楽しめるバーチャルリアリティ(VR/仮想現実)ライブムービーは、今回限りの面白視点も特別に収録。視線を下に向けると本来ならば自分の足元が見えるはずだが、今回はまさかのライブハウス天井からの視点映像に。ライヴ時におこったクラウドサーフィンやファンが突き上げたこぶしが迫ってくる。

残念ながらステージ後方からの視点なので、ステージ上のカエラが少し遠く感じてしまうのだが、もみくちゃになって、湿度100%かと思うような熱気のなかでのライブを体験できるのはこのバーチャルリアリティ・ライヴムービーしかない。

さらに、装着すると誰でもカエラになれる、カエラver.のゴーグルも500個限定で同じく12月24日に発売されることも決定した。段ボール製の組み立て式で、カエラの顔がプリントされているこのゴーグルに、『KAELA LIVE VR』をダウンロードしたスマートフォンをセットすれば、すぐに伝説のライブに没頭できる。これらは全て12月22日よりより予約がスタートする。

下北沢SHELTERは木村カエラにとって思い出の場所。デビュー前、高校生の時に何度もライブを観に通ったライヴハウス、下北沢SHELTER。カエラのこのライブで帯同したギター、渡邊忍が在席しているバンドASPARAGUSを初めて観たのもここだった。そんなカエラの思い出も共有しながら、このアプリをぜひ楽しんでほしい。

■バーチャルリアリティ・ライブムービー『KAELA LIVE VR』

2015年12月24日発売
■『KAELA LIVE VR』アプリ
¥1,000+税
<収録楽曲>
1.one more
2.c\'mon
3TODAY IS A NEW DAY
■VRゴーグル(KAELA ver.)
¥3,000+税
■予約及び販売オフィシャルサイト 
http://www.divr.jp/?mode=f3

※アプリ及びゴーグルはDIVRとのコラボレーション商品となります。
※DIVRは株式会社アーティフィス開発商品です。

【関連リンク】
木村カエラ オフィシャルHP
globe、カバーアルバム参加アーティスト第2弾と収録内容を発表
音楽も冬支度! 冬が待ち遠しくなる5曲
globe、カバーアルバム参加第1弾アーティストは木村カエラ、倖田來未、AAAら9組

【関連アーティスト】
木村カエラ
【ジャンル】
J-POP

山下達郎の名曲「クリスマス・イブ」が30年連続オリコンチャートTOP100入りを達成
Tue, 22 Dec 2015 04:00:00 +0900
シングル「クリスマス・イブ」 (okmusic UP\'s)

山下達郎が歌うクリスマスシーズンの定番曲「クリスマス・イブ(30th ANNIVERSARY EDITION)」が、12月28日付オリコン週間シングルランキングで先週付の178位から39位へと急上昇した。

【その他の画像】山下達郎

同曲は、オリコンランキングの集計・発表年度で「2016年度」にあたる今週付でTOP100入りを果たし、1987年度から続いている「TOP100入り連続年数記録」が、前人未踏かつ節目となる“30年連続"の大台に到達した。また、同じくクリスマスソングの定番曲で、同記録歴代2位のワム!「ラスト・クリスマス」(1989〜98年)が記録した10年連続を20年上回るとともに、1983年12月発売から現時点での累積売上枚数を189.8万枚とした。

アルバム『Melodies』よりシングルカットされた同曲は、1983年12月26日付(オリコン1984年度)で44位となり初ランクイン。その後、1988年にJR東海『X\'MAS EXPRESS』CMソングに起用されたことが呼び水となり、発売から約6年後の1989年11月20日付で初のTOP10入り。その後1991年1月14日付でミリオンセールスを達成している。

現在、「クリスマス・イブ」は、ソフトバンク MOON RIBAR「クリスマス」篇 CMソングとして絶賛OA中。また、12月14日(月)から期間限定で販売がスタートした「クリスマス・イブ」(2015 クリスマス・スペシャル・パッケージ)のリリースと、デビュー40周年を記念して、TOWER RECORDS CAFE表参道店にて、CD販売期間と同期間となる12月14日(月)から12月25日(金)までの期間、『TOWER RECORDS CAFE表参道店 presents 山下達郎スペシャル企画』と題した様々なオリジナル企画を開催中だ。

■MOON RIBAR 特設ページ(WEB限定バージョンCM公開中)
http://www.softbank.jp/mobile/special/sumahotanoshi/

■【山下達郎 コメント】

30年の長きにわたり、リスナーの皆さまとメディアの方々からいただいたご愛顧・ご支援への感謝の気持ちは、とても言葉では表せません。心より御礼申し上げます。音楽がいちばん輝いていた時代を生きられた幸せ。引き続きがんばります。

■シングル「クリスマス・イブ(2015 クリスマス・スペシャル・パッケージ)」

2015年12月14日(月)発売
WPCL-11665/¥1,000+税
※販売期間:2015年12月25日(金)まで
※現行商品である「クリスマス・イブ」(30th Anniversary Edition)をベースに、オリジナルの三方背ボックスをかぶせた商品仕様になります。

【関連リンク】
山下達郎 オフィシャルHP
山下達郎、「クリスマス・イブ」がソフトバンクCMソングに決定
山下達郎40周年特番Part 2、クリス松村を迎えて12月20日(日)にオンエア決定
この時期になるとテレビや街中でよく聴くクリスマスソングBEST5

【関連アーティスト】
山下達郎
【ジャンル】
J-POP

ゆず、毎年恒例の「冬至の日ライブ」映像を期間限定配信
Tue, 22 Dec 2015 00:00:00 +0900
ゆず (okmusic UP\'s)

ゆずが自身のYouTubeオフィシャルチャンネルにて、毎年恒例の「冬至の日ライブ」の模様を公開した。

【その他の画像】ゆず

同ライブは、1年で最も昼が短く夜が長い日である“冬至"にあわせ、ゆずが結成当初から12月22日に開催している無料ライブ。過去に横浜スタジアムやよみうりランドをはじめ、さまざまな場所で実施されてきた。

YouTube配信での実施は2010年、2013年に続き3度目。今回は、現在ゆずの楽曲制作の軸となっている北川悠仁のプライベートスタジオ・STUDIO HOUSEにてライブを敢行。代表曲「夏色」をはじめ、2016年1月13日発売のNEW ALBUM『TOWA』に収録される新曲「終わりの歌」を初披露するなど、全5曲をパフォーマンスしている。

なお、「冬至の日ライブ」の映像は、2015年の12月31日23時59分までの期間限定公開となっているので、視聴はお早めに!

■「冬至の日ライブ」映像(2015年12月31日 23時59分まで視聴可能)
https://youtu.be/JewecXVu7G8

■『SPECIAL LIVE LAWSON presents YUZU ARENA TOUR 2016 TOWA』

1月14日(木) 東京・国立代々木競技場第一体育館
1月16日(土) 東京・国立代々木競技場第一体育館
1月17日(日) 東京・国立代々木競技場第一体育館

【関連リンク】
ゆず オフィシャルHP
年末恒例「Mステ」スーパーライブ、ミスチル、ベビメタほか42組がクリスマスに競演
ゆず、ニューアルバム全収録曲&ジャケ写を公開
ゆず、アルバム『TOWA』を完結させる代々木3DAYSライヴ開催決定

【関連アーティスト】
ゆず
【ジャンル】
J-POP













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1