歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2015年12月20日)
バックナンバー
最新ニュース
2015/12/29
2015/12/28
2015/12/27
2015/12/26
2015/12/25
2015/12/24
2015/12/23
2015/12/22
2015/12/21
2015/12/20
2015/12/19
2015/12/18
2015/12/17
2015/12/16
2015/12/15
2015/12/14
2015/12/13
2015/12/12
2015/12/11
2015/12/10
2015/12/09
2015/12/08
2015/12/07
2015/12/06
2015/12/05
2015/12/04
2015/12/03
2015/12/02
2015/12/01
2015/11/30
2015/11/29
2015/11/28
2015/11/27
2015/11/26
2015/11/25
2015/11/24
2015/11/23
2015/11/22
2015/11/21
2015/11/20
2015/11/19
2015/11/18
2015/11/17
2015/11/16
2015/11/15
2015/11/14
2015/11/13
2015/11/12
2015/11/11
2015/11/10
2015/11/09
2015/11/08
2015/11/07
2015/11/06
2015/11/05
2015/11/04
2015/11/03
2015/11/02
2015/11/01
2015/10/31
2015/10/30
2015/10/29
2015/10/28
2015/10/27
2015/10/26
2015/10/25
2015/10/24
2015/10/23
2015/10/22
2015/10/21
2015/10/20
2015/10/19
2015/10/18
2015/10/17
2015/10/16
2015/10/15
2015/10/14
2015/10/13
2015/10/12
2015/10/11
2015/10/10
2015/10/09
2015/10/08
2015/10/07
2015/10/06
2015/10/05
2015/10/04
2015/10/03
2015/10/02
2015/10/01
2015/09/30
2015/09/29
2015/09/28
2015/09/27
2015/09/26
2015/09/25
2015/09/24
2015/09/23
2015/09/22
2015/09/21
2015/09/20
2015/09/19
2015/09/18
2015/09/17
2015/09/16
2015/09/15
2015/09/14
2015/09/13
2015/09/12
2015/09/11
2015/09/10
2015/09/09
2015/09/08
2015/09/07
2015/09/06
2015/09/05
2015/09/04
2015/09/03
2015/09/02
2015/09/01
2015/08/31
2015/08/30
2015/08/29
2015/08/28
2015/08/27
2015/08/26
2015/08/25
2015/08/24
2015/08/23
2015/08/22
2015/08/21
2015/08/20
2015/08/19
2015/08/18
2015/08/17
2015/08/16
2015/08/15
2015/08/14
2015/08/13
2015/08/12
2015/08/11
2015/08/10
2015/08/09
2015/08/08
2015/08/07
2015/08/06
2015/08/05
2015/08/04
2015/08/03
2015/08/02
2015/08/01
2015/07/31
2015/07/30
2015/07/29
2015/07/28
2015/07/27
2015/07/26
2015/07/25
2015/07/24
2015/07/23
2015/07/22
2015/07/21
2015/07/20
2015/07/19
2015/07/18
2015/07/17
2015/07/16
2015/07/15
2015/07/14
2015/07/13
2015/07/12
2015/07/11
2015/07/10
2015/07/09
2015/07/08
2015/07/07
2015/07/06
2015/07/05
2015/07/04
2015/07/03
2015/07/02
2015/07/01
2015/06/30
2015/06/29
2015/06/28
2015/06/27
2015/06/26
2015/06/25
2015/06/24
2015/06/23
2015/06/22
2015/06/21
2015/06/20
2015/06/19
2015/06/18
2015/06/17
2015/06/16
2015/06/15
2015/06/14
2015/06/13
2015/06/12
2015/06/11
2015/06/10
2015/06/09
2015/06/08
2015/06/07
2015/06/06
2015/06/05
2015/06/04
2015/06/03
2015/06/02
2015/06/01
2015/05/31
2015/05/30
2015/05/29
2015/05/28
2015/05/27
2015/05/26
2015/05/25
2015/05/24
2015/05/23
2015/05/22
2015/05/21
2015/05/20
2015/05/19
2015/05/18
2015/05/17
2015/05/16
2015/05/15
2015/05/14
2015/05/13
2015/05/12
2015/05/11
2015/05/10
2015/05/09
2015/05/08
2015/05/07
2015/05/06
2015/05/05
2015/05/04
2015/05/03
2015/05/02
2015/05/01
2015/04/30
2015/04/29
2015/04/28
2015/04/27
2015/04/26
2015/04/25
2015/04/24
2015/04/23
2015/04/22
2015/04/21
2015/04/20
2015/04/19
2015/04/18
2015/04/17
2015/04/16
2015/04/15
2015/04/14
2015/04/13
2015/04/12
2015/04/11
2015/04/10
2015/04/09
2015/04/08
2015/04/07
2015/04/06
2015/04/05
2015/04/04
2015/04/03
2015/04/02
2015/04/01
2015/03/31
2015/03/30
2015/03/29
2015/03/28
2015/03/27
2015/03/26
2015/03/25
2015/03/24
2015/03/23
2015/03/22
2015/03/21
2015/03/20
2015/03/19
2015/03/18
2015/03/17
2015/03/16
2015/03/15
2015/03/14
2015/03/13
2015/03/12
2015/03/11
2015/03/10
2015/03/09
2015/03/08
2015/03/07
2015/03/06
2015/03/05
2015/03/04
2015/03/03
2015/03/02
2015/03/01
2015/02/28
2015/02/27
2015/02/26
2015/02/25
2015/02/24
2015/02/23
2015/02/22
2015/02/21
2015/02/20
2015/02/19
2015/02/18
2015/02/17
2015/02/16
2015/02/15
2015/02/14
2015/02/13
2015/02/12
2015/02/11
2015/02/10
2015/02/09
2015/02/08
2015/02/07
2015/02/06
2015/02/05
2015/02/04
2015/02/03
2015/02/02
2015/02/01
2015/01/31
2015/01/30
2015/01/29
2015/01/28
2015/01/27
2015/01/26
2015/01/25
2015/01/24
2015/01/23
2015/01/22
2015/01/21
2015/01/20
2015/01/19
2015/01/18
2015/01/17
2015/01/16
2015/01/15
2015/01/14
2015/01/13
2015/01/12
2015/01/11
2015/01/10
2015/01/09
2015/01/08
2015/01/07
2015/01/06
2015/01/05
2015/01/04
2015/01/03
2015/01/02
2015/01/01
2014/12/31
2014/12/30
2014/12/29
2014/12/28
現役女子高生ガールズバンドのЯeaL(りある)が来春メジャーデビュー
Sun, 20 Dec 2015 19:00:00 +0900
ЯeaL (okmusic UP\'s)

ガールズバンドファンのみならずシーンの内外から熱い注目を集めているЯeaL(りある)が、2016年3月に<SMEレコーズ>よりメジャーデビューすることを発表した。

【その他の画像】ЯeaL

ЯeaLは2012年大阪にて結成され、関西を中心に人気急上昇中の現役高校3年生ガールズバンド。作詞作曲を手掛けるRyoko(Vo.&Gu.)のポップメイカーとしてのポテンシャルの高さと、圧倒的なライヴパフォーマンスが話題を呼んでいる。

さらに2016年3月27日には、デビュー直後にして大阪城野外音楽堂でのデビューイベントを開催! ЯeaLの今後の動向に注目しておいてほしい。

【関連リンク】
ЯeaL オフィシャルHP
ぼくのりりっくのぼうよみ、MV3部作が東市篤憲監督で映画化
さくらしめじ、新曲「はじまるきせつ」MVで芋洗坂係長と共演
超特急がアプリゲームに!「超特急と耳かき」アプリ配信決定

【関連アーティスト】
ЯeaL
【ジャンル】
J-POP

デヴィッド・ボウイの最新シングルと同名舞台作品『ラザルス』のレポートが到着
Sun, 20 Dec 2015 18:00:00 +0900
デヴィッド・ボウイ (okmusic UP\'s)

ニューヨークで上演中の舞台作品『ラザルス』のレポートが到着した。本作はデヴィッド・ボウイのニューアルバム『★』からの最新シングル「ラザルス」と同名舞台作品となる。

【その他の画像】David Bowie

ニューヨーク・シアター・ワークショップで上演中の『ラザルス』は、デヴィッド・ボウイとブロードウェイミュージカルとして大ヒットした『ONCE ダブリンの街角で』の脚本を手がけた劇作家エンダ・ウォルシュによって書かれ、ベルギー出身の演出家イヴォ・ヴァン・ホーヴェが監督した舞台作品。1963年のウォルター・テヴィス著『地球に落ちてきた男』(The Man Who Fell to Earth)がインスピレーション元になっており、この著書は1976年にニコラス・ローグ監督によって映画化され、デヴィッド・ボウイが中心人物トーマス・ジェローム・ニュートン役を演じたことでも知られている。ボウイ自身は出演していないが、『ラザルス』はトーマス・ニュートンのキャラクターに焦点を当てたもので、来年1月に発売となるデヴィッド・ボウイの新作『★』(ブラックスター)からの最新シングルと同じタイトルを持つ。なお、iTunesでは最新シングル「ラザルス」の配信がスタートしている。

■「ラザルス」iTunes
https://itunes.apple.com/jp/album/lazarus/id1059043043?i=1059043057

■『ラザルス』 レポート

物語は小説から40年後の世界が舞台。マイケル・C・ホールが演じる地球に留まったままのニュートンは、死にきれない魂を抱えている。だから物語は、彼に安らかな結末を迎えさせてあげたい、宇宙に返してあげたい、という内容のもの。物語のキーは、彼を宇宙に返してあげたいと思う“天使"に出会うこと。ソフィア・アナ・カルーソがその“天使"をイノセントにフラジャイルに、美しく演じている。

ミュージカルは、アルバムからの新曲でもある「ラザルス」で幕開けするのだが、この歌詞がさっそくスゴい。「ここを見て/僕は今天国いる」「僕は傷を抱えている。誰の目にも見えない/僕はドラマを抱えている。誰も奪うことのできない/すべての人がもう僕が誰なのか知っている」「僕にはもう失うものなどない」と。すでに発表されているシングル「★」も彷彿とさせるジャズに影響されたと思われるが、しかし不惑な世界を象徴するようなナンバー。素晴らしいのは、主演のニュートンが歌い出した瞬間、ボウイが歌っているようにしか聴こえなかったこと。彼は、ボウイを自分の中で取り込み、しかし安っぽいマネに陥ることなく、ボウイの歌を絶妙なバランスで彼なりに体現していた。そしてこの歌がさっそく舞台全体のトーンである、ディストピアとも言える、破綻した世界観を映し出していた。ステージはスタイリッシュだが、非常にシンプル。ベッドと外の世界を映し出す巨大なTVスクリーン、そして、レコードプレーヤーと、ボウイのアナログ盤が置かれていた。そのミニマルなスタイルが、正に世界の孤独を表していたようでもあり、また舞台の隅々にボウイの分身がいるようだった。さらに、舞台の背景には、ガラス越しに、サックス奏者も含めたバンドがいて、彼らの姿も見えるようになっていた。

主人公のニュートン以外の出演者も最小限だが、この舞台のユニークだったところは、彼らの断片的な情報の台詞に観客が混乱しそうになったと思えた瞬間に、ボウイのヒット曲「チェンジス」などが歌われるという感動的な構成になっていたこと。つまり、目の前に暗黒が見えた瞬間に、ボウイの曲が観客への光となって照らす役割を果たすのだ。しかも、たった200人の小さな劇場で、俳優達が、生で、大音量でボウイのヒット曲を歌うのである。そのエンターテインメント性と言ったら破格で、でもだからこそ、シュールな物語とのギャップに、迷宮に入り込んだ錯覚に陥るという素晴らしい構成になっているのだ。ボウイの曲は、サックスなどが入ったジャズっぽいアレンジで演奏されることもあった。しかし、それぞれの曲が、その時のシーンを見事に反映していた、というのも、興味深いところだった。そういう意味では、この舞台は、ボウイが一貫して描いて来た物語の延長線上にあるとも言える。TVスクリーンに映し出される奇妙な映像は、ニュートンの混乱した心理の混乱を映しだすこともあったし、またはメディアの混乱を映し出すこともあった。登場人物達の人格は、物語に複雑な視点を与え、物語を進行させる機動力となっていた。ダークなディストピア的な舞台は、ボウイらしい世界観であり、しかし、そこで展開される物語は、主人公の孤独、そしてだからこそ人と繋がりたいという思い、そして愛。しかし、その愛が不条理な暴力によって破壊されることについてである。ただ、主人公は、最後に、美しく悲しい結末を迎える。「ヒーローズ」に終わるこの物語で、ボウイは地球に対して何を言いたいのだろうと思わせるエンディングでもある。

ボウイは、これまで自身が様々なペルソナになって、時代の物語を反映してきた。ここで映し出された世界観というのは、恐らく彼に今見えているカオス化した世の中を映し出す物語であり、それがあまりに混乱しているため、ミュージカルというある種大げさな物語にまでして語る必要があると思ったのだろう。そして、この物語の出発点となった「ラザルス」が新作『★』にも収録されているように、このミュージカルと新作には、兄弟のような親密な関係性があるのではないかと思うのだ。ジャズ的なサウンドで世界の混沌を表し、しかし、その力強い曲が観客に光となるような、ボウイの新たなペルソナの地球への帰還を益々期待させてくれるようなミュージカルだった。

Text by Akemi Nakamura
Photo:Jan Versweyveld、Jimmy King

【『ラザルス』で使用された楽曲(※舞台使用順)】
01.Lazarus(新曲)
02.It\'s No Game
03.This Is Not America
04.The Man Who Sold the World
05.No Plan(新曲)
06.Love is Lost
07.Changes
08.Where Are We Now?
09.Absolute Beginners
10.Dirty Boys
11.Killing A Little Time(新曲)
12.Life On Mars
13.All the Young Dudes
14.Always Crashing in the Same Car
15.Valentine\'s Day
16.When I Met You(新曲)
17.Heroes

■「ラザルス」(Audio)
https://youtu.be/ZSt9RDIIa0k

【関連リンク】
デヴィッド・ボウイ 日本オフィシャルHP
デヴィッド・ボウイ、新作『★』からの最新シングルは「ラザルス」
デヴィッド・ボウイ、新作『★』透明アナログ盤をSony Music Shopにて数量限定販売
デヴィッド・ボウイの新作『★』に新世代ジャズシーンを牽引する豪華アーティストが参加

【関連アーティスト】
David Bowie
【ジャンル】
ポップス(洋楽), ロック/ブルース(洋楽), イベント

te\' 、「日本武道館ワンマン」を誓うツアーファイナルが熱狂のうちに終幕
Sun, 20 Dec 2015 17:00:00 +0900
12月18日@東京・渋谷WWW (okmusic UP\'s)

te\'が12月18日、10月よりスタートした全国9箇所を巡る全国ツアー『其れは、繙かれた結晶の断片。或いは赫奕たる日輪の残照。無限反復する紋中紋の一綴りで、託された意思を継ぐものは、雄心勃勃として表象の蓋然性を検証する。』 のツアーファイナルを東京・渋谷WWWにて開催した。

【その他の画像】te\'

ファイナル公演は2部構成で演出され、第1部は8月5日にリリースした『其れは、繙かれた『結晶』の断片。或いは赫奕たる日輪の残照。』の完全再現となるライヴが繰り広げた。

スクリーンに、最新アルバムに収録されている楽曲のタイトルが幻想的次々と映し出され、観客が、映像とBGMの世界に惹き込まれていくと、メンバーがステージに現れる。「『緒』」の文字がスクリーンに映されると、突然、轟音が鳴り響き、ライヴがスタート。

第1部は新作アルバムの収録楽曲を順に演奏していく演出で、途中にMCも挟むことも全くせず、ステージが進んで行く。te\'のメンバーから放たれる圧倒的なサウンドとパフォーマンス。照明を巧みに使う"光と影"の世界を表現するかのような演出に観客は魅了されていき、会場全体の空気すら一体化していく。

アルバムの最後に収められている「私は舞う枯葉。風任せな躍動を自律と『錯誤』する縹渺たる虚体。」で、最高潮に達した会場のボルテージ。しかし、演奏が終わると無言のままステージを立ち去るメンバーに一瞬戸惑う観客だったが、演出の意図を理解した瞬間、会場からは爆発的な拍手と歓声が鳴り響いた。

幕間は、再びスクリーンにte\'を象徴する「漢字」を用いた映像が流れ幻想的な世界が会場を包み込む。そして、再びメンバーが登場し、パフォーマンスが再開されると、観客のボルテージが最高潮に上がっていく。

第2部は、1部でMCがなかった鬱憤のせいか、怒涛のMCで会場を爆笑の渦に飲み込んでく。パフォーマンスは、“長いアンコール“という位置付けで、旧譜で構成されたセットリストで、轟音と光の演出で観客の熱を沸騰させる。また、kono(Gt)は、観客への感謝を伝え、ファンへの恩返しを誓いつつも、「僕らの目標は、日本武道館!」と宣言し、バンドの野望をステージ上で誓った。

パフォーマンス終了後、スクリーンにはエンドロールが流れ、2016年の東名阪ワンマンツアー開催も発表された。

ツアー中には、hiro(Gt)の脇腹骨折というトラブルがありつつも、全国ツアーを走り抜けたte\'。大きな野望に向け、今後も走り続けるte\'の今後の動向から目が離せない。

■【セットリスト】

■第1部
SE:『緒』
1.夜は光を掩蔽し、幾多の秘密を酌み、さかしまな『夢想』を育む。
2.意味を喪失した時、虚無は私を冒し、享楽だけが『慰』みとなる。
3.離散的な欠片の集合が混沌から『秩序』に変わる時、美は発現す。
4.『鍵』
5.自由と孤独は秤の上の矛盾であり、その均衡にこそ『檻』がある。
6.終焉から振り返る我が夢は、陰影の濃淡に浮かぶ『光』の残り香。
7.『有』
8.道徳はうつろう教義であり、その『閾』は昼と夜でさえ変容する。
9.『盈』
10.思想も共感もいらず、ただ幻聴を誘発する『起因』としての音楽。
11.私は舞う枯葉。風任せな躍動を自律と『錯誤』する縹渺たる虚体。
■第2部
1.変容する意識下で読み取る世界が『誤読』ならば現実もまた錯覚。
2.秤を伴わない剣は暴走を、剣を伴わない秤は『無力』を意味する。
3.天涯万里、必然を起こすは人に在り、偶然を成すは『天』にあり。
4.美しき旋律も、音を語る言を持たずしては心にも『留』めがたし。
5.詩はただ、病める魂の所有者と孤独者との寂しい『慰』めである。
6.思想とは我々の選ぶものを見せず、我々の好むものを『見』せる。
7.楽観の深奥で燻る魔は、万人が宿す普遍的無意識の『罪』の残滓。
8.言葉を用いて奏でる者は才能に在らず、ただの記憶に『過』ぎぬ。
9.音の中の『痙攣的』な美は、観念を超え肉体に訪れる野生の戦慄。

■【東名阪ワンマンツアー】

4月16日(土) 大阪 心斎橋Pangea
4月17日(日) 愛知 名古屋CLUB ROCK\'N\'ROLL
5月15日(日) 東京 代官山UNIT

【関連リンク】
te\' オフィシャルHP
「残響祭 10th ANNIVERSARY」の千秋楽、Zepp DiverCity公演が大盛況!
残響record 設立10周年記念ライブイベントをニコ生で初の生中継決定
残響recordが設立10周年を記念したコンピレーションアルバムをリリース

【関連アーティスト】
te\'
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

忘れらんねえよの『ツレ伝』にPANとBLUE ENCOUNTの参戦が決定
Sun, 20 Dec 2015 16:00:00 +0900
忘れらんねえよ (okmusic UP\'s)

忘れらんねえよが来年1月から行う『ツレ伝』の対バンツレ(=対バンゲスト)の第2弾を発表した。

【その他の画像】PAN

『ツレ伝』とは、忘れらんねえよが主催する2マンツアーのことで、忘れらんねえよが尊敬してやまない先輩・友達・後輩を招いて行われる。

今回発表されたツレは、札幌にPAN、浜松にBLUE ENCOUNT。この夏、フェスやイベントで忘れらんねえよとも共演し、会場を大いに盛り上げた2組である。東京以外の各地チケット一般発売中で、すでに千葉、北浦和、札幌公演が完売となっているので、参戦希望者は早めに申し込もう。

■「忘れらんねえよ主催ツレ伝ツアー2016 」

1月09日(土) 千葉 千葉LOOK
w:東京カランコロン
1月10日(日) 埼玉 北浦和KYARA
w:LEGO BIG MORL
1月23日(土) 愛知 名古屋CLUB QUATTRO
w:Theピーズ
1月24日(日) 大阪 梅田CLUB QUATTRO
2月14日(日) 新潟 新潟CLUB RIVERST
2月19日(金) 宮城 仙台CLUB JUNK BOX
2月21日(日) 北海道 札幌ベッシーホール
w:PAN
2月28日(日) 静岡 浜松窓枠
w:BLUE ENCOUNT
3月05日(土) 岡山 岡山IMAGE
3月27日(日) 東京 東京TSUTAYA O-EAST

【関連リンク】
忘れらんねえよ オフィシャルHP
忘れらんねえよ、「ツレ伝」対バン発表とともに秘密の集会も緊急開催
BLUE ENCOUNT、話題のニューシングル「はじまり」ジャケット写真を公開
『COUNTDOWN JAPAN 15/16』12月30日の注目アーティスト5選

【関連アーティスト】
PAN, 忘れらんねえよ, BLUE ENCOUNT
【ジャンル】
ジャパニーズロック

MAGiC BOYZ、初主演映画公開日&追加出演者と主題歌CDリリースを発表
Sun, 20 Dec 2015 14:00:00 +0900
MAGiC BOYZ (okmusic UP\'s)

何事にも全力な“スタダ系男子集団"EBiDAN"の異端児・4MC1DJ の中学生(思春期)HIPHOP グループMAGiC BOYZが12月20日(日)にライブで行われたライブで、クラウドファンディングで資金を集めて製作された初主演映画『イカれてイル?』の公開日と追加出演者、主題歌のCDリリース決定を発表した。

【その他の画像】MAGiC BOYZ

『イカれてイル?』はリアル中学2年生によるリアル中2病をテーマをした作品で、魔法学校の中2病の少年たちと女子大生への淡い恋心を描いたフェイクドキュメンタリー作品。2016年2月6日よりユナイテッド・シネマ豊洲を皮切りに順次全国公開される。

これまで、北山詩織、KENZO(DA PUMP)、伊地知大樹(ピスタチオ)、NIPPS(BUDDHA BRAND)、D.O(練マザファッカー)、MARIA(SIMI LAB)、やついいちろう、ブラザートム等の出演が発表されていたが、更に、CQ、DJ MASTERKEY、MACK-CHIN、DOTAMA、ハハノシキュウ、小澤慎一朗(ピスタチオ)も出演していることがわかった。

また、本作の主題歌に起用されているMAGiC BOYZの新曲「ありのままでマジボ」は2月3日にリリース。 現在、メンバー全員が中学2年の彼らのまさに“ありのまま”を歌った、初のバラード楽曲で、新ビジュアルやカップリング曲の情報は後日公開予定となっている。

■映画『イカれてイル?』 特報映像
https://youtu.be/GNLHoShjFlI

■映画『イカれてイル?』

2016 年2月6日(土)劇場公開
出演: MAGiC BOYZ(MCユウト、MCリュウト、MCフウト、MCトーマ、DJマヒロ))、北山詩織、KENZO(DA PUMP)、伊地知大樹(ピスタチオ)、佐野愛夏、 NIPPS、D.O、MARIA(SIMI LAB)、VIKN、nabepro、やついいちろう(エレキコミック)、CQ、DJ MASTERKEY、MACKA-CHIN、DOTAMA、ハハノシキュウ、小澤慎一朗(ピスタチオ)、ブラザートム(特別出演)
監督・脚本:竹内道宏

前売り券:1,200円(税込)
MAGiC BOYZイベント会場とムビチケオンラインにて発売中!
http://www.movieticket.jp/Film/059708
※ムビチケオンラインの発売は、12月21日(月)10:30〜となります。

■シングル「ありのままでマジボ」

2016年2月3日発売
ZXRC-1054/¥1,000(税込)
<収録曲>
1.ありのままでマジボ
2.タイトル未定

【関連リンク】
MAGiC BOYZ オフィシャルHP
MAGiC BOYZ、オバチャーンとの2マン開催決定
熱いぜ、EBiDAN! いま注目すべき男子グループ5選
MAGiC BOYZ、定期イベントで新メンバー募集を発表

【関連アーティスト】
MAGiC BOYZ
【ジャンル】
J-POP, 映画

クラムボン、ワーナー期のアルバム5タイトルを最新デジタル・リマスターを施して再発
Sun, 20 Dec 2015 15:00:00 +0900
アルバム『JP』 (okmusic UP\'s)

クラムボンがワーナーミュージック・ジャパン所属期に発表したのアルバム5タイトルが、最新デジタル・リマスターを施され、2016年1月27日にリリースされることがわかった。

【その他の画像】クラムボン

リマスタリング・エンジニアは木村健太郎(kimken studio)が担当。ボーナス・トラックを加え、リマスタリング、紙ジャケ仕様で手に取りやすい価格にて発売される。

さらに、日本コロムビア移籍後の『imagination』(2003年発表作品)以降のアルバム8タイトルも同様の仕様・形態で発売予定。乞うご期待!

■アルバム『JP』

2016年1月27日発売
WPCL-12304/¥1,500+税
※紙ジャケット
1. はなれ ばなれ
2. いたくない いたくない
3. タイムリミット(streeya ♪ mix)
4. パンと蜜をめしあがれ(JP version)
5. ORENZI
6. 波は
7. 風邪をひいたひょうしに
8. トレモロ
9. 雲ゆき
10. Our Songs (MUSIC FAIR mix)
11. GLAMMBON
bonus tracks
12. タイムリミット taken from an ep“はなれ ばなれ”
13. Our Songs taken from an ep“パンと蜜をめしあげれ”

■アルバム『まちわび まちさび』

2016年1月27日発売
WPCL-12305/¥1,500+税
※紙ジャケット
1. ドギー&マギー
2. 君は僕のもの
3. まちわび まちさび
4. 月食
5. 大貧民
6. シカゴ(病み上がり)
7. ミラーボール
8. 246
9. EPIC
10. 090
bonus track
11. シカゴtaken from an ep“シカゴ/246”

■アルバム『ドラマチック』

2016年1月27日発売
WPCL-12306/¥1,500+税
※紙ジャケット
1. ロマンチック
2. ジョージ
3. サラウンド
4. 心象21
5. レインボウ
6. 恋わずらい
7. 残暑
8. モノクローム
9. 便箋歌
10. ララバイ サラバイ
11. ドラマチック
12. 麗しのキスシーン taken from an ep“サラウンド”
13. のんびり taken from an ep“残暑”

■アルバム『Re-clammbon』

2016年1月27日発売
WPCL-12307/¥1,500+税
※紙ジャケット
1. Re-雲ゆき
2. Re-サラウンド
3. Re-華香るある日
4. Re-パンと蜜をめしあがれ
5. Re-モザイク
6. Re-はなれ ばなれ
7. Re-トレモロ
8. Re-残暑
9. Re-タイムリミット
bonus tracks
10. Re-雲ゆき(ライヴ・ヴァージョン) taken from audios of dvd “id tour 2003.1.26 shibuya
11. 便箋歌(ライヴ・ヴァージョン) taken from audios of dvd “id tour 2003.1.26 shibuya

■アルバム『id』

2016年1月27日発売
WPCL-12308/¥1,500+税
※紙ジャケット
1. id
2. 雨
3. adolescence
4. 海の風景
5. eel restaurant
6. ロッククライミング
7. くちぶえ〜wayward story〜
8. 小淵沢
9. charm point
10. 道
11. ハレルヤ
12. コントラスト
bonus track
13. 道 artcore ver. taken from audios of dvd “id tour 2003.1.26 shibuya

【関連リンク】
クラムボン オフィシャルHP
RADWIMPS、ハナレグミと寄り添い絡み合う音楽に満ちた対バンツアー第六夜
クラムボン、初の日本武道館公演にて完全限定シングルを発売
メロキュア10年ぶり新作でミト、末光篤、西脇辰弥、川口圭太がリアレンジ

【関連アーティスト】
クラムボン
【ジャンル】
ジャパニーズロック

城 南海、アルバム曲「月の砂漠」が映画『つむぐもの』主題歌に決定
Sun, 20 Dec 2015 14:30:00 +0900
映画『つむぐもの』フライヤー (c)2016 「つむぐもの」製作委員会(okmusic UP\'s)

芸歴50周年で映画初主演の石倉三郎&『息もできない』のキム・コッピ共演の映画『つむぐもの』の主題歌に、歌手・城 南海(きずき みなみ)のニューアルバム『尊々加那志〜トウトガナシ〜』に収録されている「月の砂漠」が決まった。城 南海の楽曲が映画主題歌に起用されるのは、映画『アニと僕の夫婦喧嘩』主題歌「光」以来2度目となる。

【その他の画像】城 南海

「月の砂漠」は作詞をもりちよこ、作曲を韓国ドラマ『冬のソナタ』の主題歌「最初から今まで」を手掛け、これまでにも平原綾香、倉木麻衣など数多くの日本のアーティストたちに作品提供を続けているユ・ヘジュンが担当。2013年11月に韓国歴史ドラマの巨匠イ・ビョンフン監督 のドラマ『トンイ』の挿入歌「チョネジア」を日本で唯一日本語カバーする許諾を受けシングルリリースするなど、韓国音楽シーンとの縁も深い城 南海は、今回の「月の砂漠」で韓国を代表する作曲家とのコラボレーションを果たした。

映画『つむぐもの』は2016年3月19日より有楽町スバル座ほか全国ロードショーとなる。

■【コメント】

■城 南海
言葉や文化の壁を超え、心と心で絆を紡いでいく2人の姿に、胸が熱くなりました。
誰にとっても身近な問題である「介護」と、後世へ受け継がなければならない「伝統芸能」。
この2つのテーマに向き合い、奮闘する若者たちの姿は、大切なことを思い出させてくれます。
私自身、故郷奄美大島の民謡を歌っていますが、いまこの時代に自分ができること、そして伝えていきたいことを改めて考えさせられました。若い 世代の方々にも、是非見て頂きたい作品です。
そして今回、主題歌「月の砂漠」を歌わせて頂き、とても光栄に思います。
ユ・ヘジュンさんの美しいメロディーラインともりちよこさんの温かい歌詞が織りなす世界は、日韓を舞台としたこの作品にぴったりだと思ってい ます。
“どんなときも、あなたは1人じゃない”。
淡く優しい光で道を照らしてくれる月のように、皆さんの心に寄り添えるような歌を歌えたらと思います。

■犬童一利 監督
「観客の皆さんを暖かい気持ちで包み込んで欲しい」
『つむぐもの』の主題歌にはそんな楽曲を求めていました。城さんの「月の砂漠」は僕の想いにぴったりでした。
観客の皆さんはラストシーンが終わったあと、城さんの音楽を聴きながら、剛生とヨナが過ごした日々を思い返し、暖かい気持ちに包まれると思い ます。その気持ちをそれぞれの日常に連れていくことで、この映画のテーマが日本・そして世界中に広まると信じています。

■映画『つむぐもの』

出演:石倉三郎、キム・コッピ、吉岡里帆、森永悠希、隆(新人)、本多章一、結城貴史、広澤草、伊東愛、宇野祥平、内田慈、日野陽仁
主題歌:「月の砂漠」城 南海(ポニーキャニオン)
監督:犬童一利
脚本:守口悠介
企画・製作統括:梅田一宏
エグゼクティブプロデューサー:吉田ときお、前田紘孝
プロデュー サー:前信介
「つむぐもの」製作委員会:プリンシパル、丹南ケーブルテレビ、ソウルエイジ
制作プロダクション:ソウルエイジ
配給・宣伝:マジックアワー
(C)2016 「つむぐもの」製作委員会

■映画『つむぐもの』オフィシャルHP
http://www.tsumugumono.com

【関連リンク】
城 南海 オフィシャルHP
城 南海、アルバム『尊々加那志●トウトガナシ●』購入特典ポスター公開
カラオケ女王こと城 南海、ニューアルバムのジャケ写&アー写公開
“カラオケ女王”こと城 南海、3枚目のオリジナルアルバムが完成!

【関連アーティスト】
城 南海
【ジャンル】
J-POP, 映画

HOWL BE QUIET、3月発売のシングル「MONSTER WORLD」でメジャーデビュー
Sun, 20 Dec 2015 13:30:00 +0900
12月19日@名古屋ell.FITS ALL (okmusic UP\'s)

圧倒的な曲の世界観と歌詞で多くのリスナーからの支持を得ている今大注目のピアノロックバンドHOWL BE QUIET。12月19日に名古屋ell.FITS ALLにおいて開催した東名阪ワンマンツアー「チャンス到来TOUR」の最終公演にて、3月9日にシングル「MONSTER WORLD」でメジャーデビューすることを正式に発表した。

【その他の画像】HOWL BE QUIET

シングルの表題曲となる「MONSTER WORLD」はポップでカラフルなMVが話題沸騰中で、ライヴでもに人気曲となっている。

MCでは竹縄(Vo.)も「メジャーデビューしても俺たちは自分たちの音楽だったり、根っこの部分だったりは何にも変わらないからこれからもついて来て下さい!」と話し、メジャーデビューに向けて強い意気込みを語った。

シングルには「MONSTER WORLD」を含めた全3曲が収録。また、初回限定盤に付属されるDVDには「MONSTER WORLD」のMV、そして即日ソールドアウトしたチャンス到来TOUR 渋谷WWWの貴重なライヴ映像を収録予定だ。豪華な予約/先着購入特典も用意されているので早めに予約した方がよさそうだ。

また、『チャンス到来TOUR』の追加公演が3月8日渋谷クラブクアトロ、3月16日梅田シャングリラで行われることが決定。こちらのチケットもソールドアウト必至なのてオフィシャルHP先行にて確実にゲットしよう。

photo by Takeshi Yao

■シングル「MONSTER WORLD」

2016年3月9日発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
PCCA.04350/¥1,800+税
【通常盤】(CD)
PCCA.04351/¥1,200+税
<収録曲>
■CD
1.MONSTER WORLD
2. 未定
3. 未定
■DVD
「MONSTER WORLD」MV
チャンス到来TOUR@渋谷WWW LIVE 映像

◎予約/先着購入特典
「MONSTER WORLD」購入者に先着でプレゼント
・TSUTAYA RECORDS
ハウルのオリジナルミニクリアファイル(MONSTER WORLD ver.)
・タワーレコード
ハウルのオリジナル卓上カレンダー(MONSTER WORLD ver.)
・HMV
ハウルのオリジナルB3ポスター(MONSTER WORLD ver.)
・上記以外のCDショップ
ハウルのオリジナルステッカー(MONSTER WORLD ver.)
※一部お取り扱いのない店舗/オンラインサイトもございます。店舗へご確認のうえご予約ください。

■「MONSTER WORLD」MV(Clean ver.)
https://youtu.be/SG0Pm2MWZN8

■『チャンス到来TOUR 〜決戦前夜編〜』

3月08日(火) 東京 渋谷クラブクアトロ
3月16日(水) 大阪 梅田シャングリラ

【関連リンク】
HOWL BE QUIET オフィシャルHP

【関連アーティスト】
HOWL BE QUIET
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

フラカン、武道館ライヴを映像化&初の47都道府県ワンマンツアー開催決定
Sun, 20 Dec 2015 13:00:00 +0900
「夢のおかわり2016」ビジュアル (okmusic UP\'s)

フラワーカンパニーズが12月19日、初となる日本武道館ワンマン公演を開催! 開催発表から約10ヵ月を経てチケットがSOLD OUTし、バンド史上最大かつ大感動のステージとなった同ライブの模様を完全収録したDVD&Blu-rayが、来年2016年3月16日にリリースされることがわかった。商品にはライヴ映像に加え、当日のライブ音源を収録したCDが通常仕様としてパッケージされる。

【その他の画像】フラワーカンパニーズ

初回仕様では武道館ライブの写真とライヴ直後のメンバーへのインタビューを収めた「武道館ライブフォト&インタビューブック」が特典として付く予定。「フラカンの日本武道館」に参加できなかったファンはもちろん、参加した人も永久保存版となること必至だ。

さらに、来年2月から12月まで、全47都道府県ワンマンツアー『夢のおかわり2016』が開催され、その47都道府県全55公演のスケジュールが一挙発表された。 フラワーカンパニーズにとって1年でワンマンライブ47都道府県すべてを周るのは実は初の試みだ。

今年、日本武道館成功に向け、全国各地からの応援と、当日各地から集まってくれたことへの感謝の気持ちを込め、2016年はこれまで以上に熱いライヴをフラカンが全国に届けにいく。

■DVD&Blu-ray『フラカンの日本武道館〜生きててよかった、そんな夜はココだ!〜』

2016年3月16日発売
【2DVD+2CD】
AIBL-9339〜9342/¥5,800+税
【1Blu-ray+2CD】
AIXL-67〜69/¥6,800+税
◎初回仕様:三方背BOX+武道館ライブフォト&インタビューブック付

■Sony Music Shopにて予約スタート!
こちらで予約をされた方には、Sony Music Shop限定オリジナル特典として「フラカンの日本武道館スタッフパス風ステッカー」をプレゼント!(特典はなくなり次第終了)
・DVD
http://www.sonymusicshop.jp/m/item/itemShw.php?cd=AIBL-9339
・Blu-ray
http://www.sonymusicshop.jp/m/item/itemShw.php?cd=AIXL-67

■『フラワーカンパニーズ 47都道府県ワンマンツアー「夢のおかわり2016」』

2月16日(火)大阪@梅田umeda AKASO
2月17日(水)大阪@梅田Shangri-La
2月20日(土)三重@松阪M\'AXA
3月05日(土)福島@福島OUT LINE
3月06日(日)宮城@石巻BLUE RESISTANCE
3月12日(土)神奈川@横浜BAYSIS
3月13日(日)神奈川@横浜BAYSIS
3月19日(土)長野@長野CLUB JUNK BOX
3月20日(日)石川@金沢AZ
3月25日(金)岡山@岡山ペパーランド
3月26日(土)広島@広島セカンド・クラッチ
4月02日(土)茨城@水戸LIGHT HOUSE
4月03日(日)山梨@甲府CONVICTION
4月13日(水)香川@高松DIME
4月16日(土)福岡@小倉FUSE
4月17日(日)佐賀@佐賀GEILS
4月22日(金)愛知@名古屋Electric Lady Land
4月24日(日)静岡@静岡Sunash
5月07日(土)北海道@函館club COCOA
5月08日(日)北海道@札幌PENNY LANE24
5月14日(土)鳥取@米子AZTiC laughs 
5月15日(日)山口@周南LIVE rise SHUNAN
5月18日(水)兵庫@神戸VARIT.
5月20日(金)徳島@徳島club GRINDHOUSE
5月22日(日)高知@高知x-pt.
5月28日(土)山形@酒田Music Factory
5月29日(日)秋田@秋田SWINDLE
6月04日(土)栃木@宇都宮 HEAVEN\'S ROCK 宇都宮 VJ-2
6月05日(日)群馬@高崎CLUB FLEEZ
6月18日(土)岐阜@岐阜CLUB ROOTS
6月22日(水)長崎@長崎Studio Do!
6月24日(金)福岡@福岡the Voodoo Lounge
6月26日(日)宮崎@宮崎SR-BOX
7月02日(土)東京@恵比寿LIQUID ROOM
7月03日(日)東京@恵比寿LIQUID ROOM
7月09日(土)沖縄@那覇桜坂セントラル
9月11日(日)大分@大分T.O.P.S Bitts hall
9月13日(火)奈良@奈良NEVERLAND
9月17日(土)富山@*某所
10月29日(土)福島@いわきSONIC
10月31日(月)宮城@仙台MACANA
11月03日(木・祝)岩手@盛岡CLUB CHANGE WAVE
11月05日(土)青森@青森Quarter
11月12日(土)福井@福井CHOP
11月13日(日)滋賀@大津U★STONE
11月16日(水)鹿児島@鹿児島SR HALL
11月18日(金)熊本@熊本Django
11月20日(日)島根@松江AZTiC canova
11月26日(土)埼玉@さいたま HEAVEN\'S ROCK さいたま新都心 VJ-3
11月27日(日)千葉@千葉LOOK
12月09日(金)新潟@新潟CLUB RIVERST
12月11日(日)愛媛@松山W-studuo RED
12月14日(水)京都@京都磔磔
12月15日(木)京都@京都磔磔
12月18日(日)和歌山@和歌山CLUB GATE

■フラワーカンパニーズ 47都道府県ワンマンツアー「夢のおかわり2016」特設ページ
http://www.flowercompanyz.com/yumenookawari2016

【関連リンク】
フラワーカンパニーズ オフィシャルHP
フラワーカンパニーズ、初武道館公演の2Fスタンド見切れ席を追加発売決定
フラワーカンパニーズ、USTREAM番組「月刊フラカン武道館 vol.10」生配信決定
フラワーカンパニーズ、初の武道館公演を記念してJOYSOUNDとコラボキャンペーンをスタート

【関連アーティスト】
フラワーカンパニーズ
【ジャンル】
ジャパニーズロック

吉田山田、初全国47都道府県ツアー&日比谷野音ワンマン開催決定
Sun, 20 Dec 2015 12:30:00 +0900
12月19日@TOKYO DOME CITY HALL (okmusic UP\'s)

吉田山田が12月19日にTOKYO DOME CITY HALLにて開催した全国ツアー『吉田山田ツアー2015冬〜光と闇〜』最終公演で、来年に47都道府県ツアーを行うことを発表した。

【その他の画像】吉田山田

この日のMCで「来年2016年、初めての47都道府県ツアーに出かけます!」と発表。ツアーファイナルということもあり、全国各地から集まったファンからは大歓声が沸き起こった。

47都道府県ツアーは『吉田山田47都道府県ツアー〜二人また旅2016〜』と題して、バンド編成ではなく2人だけの弾き語りで行うツアーとなる。4月24日の大阪umeda AKASOを皮切りに8月14日の新潟・新潟LOTSまで全国を【関西/四国編】【関東編】【中国/九州/沖縄編】【北海道/東北編】【東海/甲信 越編】を5つのブロックに分けて行われる。

同時に特設サイトも立ち上がったが、東京公演のみ“COMING SOON”と表示されており、どのような発表があるのか期待も感じられる。

さらに、今年8月に行われた『吉田山田祭り』を来年開催することもアナウンス。8月20日に日比谷野外大音楽堂にて 『吉田山田祭り2016』と題した初の野音ワンマンライヴが行われる。

今年の締めくくりとなるツアーファイナルで、来年のさらなる大きな動きが発表され、ますます吉田山田の行く末が楽しみである。チケット販売はモバイルファンクラブサイトにて受付中。

photo by 岩崎 真子
※岩崎 真子の崎は旧字体が正式表記

■『吉田山田47都道府県ツアー〜二人また旅2016〜』

【関西/四国編】
4月24日(日) 大阪 umeda AKASO
4月26日(火) 高知 高知X-pt.
4月27日(水) 愛媛 松山キティホール
4月29日(金・祝) 香川 高松DIME
5月01日(日) 徳島 club GRINDHOUSE
5月02日(月) 京都 京都磔磔
5月04日(水・祝) 兵庫 THE LIVE HOUSE CHICKEN GEORGE
5月05日(木・祝) 奈良 NEVER LAND
5月07日(土) 和歌山 CLUB GATE
5月08日(日) 滋賀 U☆STONE

【関東編】
5月19日(木) 千葉 柏PALOOZA
5月21日(土) 栃木 HEAVEN\'S ROCK 宇都宮 VJ- 2
5月22日(日) 茨城 mito LIGHT HOUSE
5月27日(金) 群馬 高崎club FLEEZ
5月28日(土) 埼玉 HEAVEN\'S ROCK さいたま新都心VJ-3
5月29日(日) 神奈川 横浜BAYSIS

【中国/九州/沖縄編】
6月11日(土) 鹿児島 CAPARVO HALL
6月12日(日) 宮崎 WEATHER KING
6月14日(火) 大分 DRUM Be-0
6月15日(水) 福岡 イムズホール
6月17日(金) 佐賀 LIVE HOUSE GEILS
6月18日(土) 長崎 DRUM Be-7
6月19日(日) 熊本 LIVEHOUSE 熊本B.9 V1
6月21日(火) 山口 RISING HALL SHUNAN
6月23日(木) 広島 HIROSHIMA CLUB QUATTRO
6月25日(土) 島根 松江 AZTiC canova
6月26日(日) 鳥取 米子 AZTiC laughs
6月28日(火) 岡山 CRAZYMAMA KINGDOM
7月02日(土) 沖縄 桜坂セントラル 

【北海道/東北編】
7月15日(金) 山形 山形ミュージック昭和Session
7月16日(土) 福島 郡山HIPSHOT JAPAN
7月18日(月・祝) 北海道 札幌PENNY LANE24
7月20日(水) 宮城 仙台darwin
7月22日(金) 岩手 盛岡CLUB CHANGE WAVE
7月23日(土) 秋田 Akita Club SWINDLE
7月24日(日) 青森 Quarter

【東海/甲信越編】
7月29日(金) 静岡 Live House 浜松窓枠
7月30日(土) 三重 松阪 Live Music M\'AXA
7月31日(日) 岐阜 club-G
8月02日(火) 愛知 DIAMOND HALL
8月06日(土) 富山 Livehouse SoulPower
8月07日(日) 石川 金沢AZ
8月09日(火) 福井 福井 CHOP
8月11日(木・祝) 山梨 甲府CONVICTION
8月13日(土) 長野 LIVE HOUSE J
8月14日(日) 新潟 新潟LOTS

「吉田山田祭り 2016」
8月20日(土) 東京 日比谷野外大音楽堂

■「吉田山田47都道府県ツアー〜二人また旅2016〜」特設サイト
http://yoshidayamada.com/47tour/index.html

【関連リンク】
吉田山田 オフィシャルHP
吉田山田、ニューシングル「未来/Today,Tonight」のリリース記念イベントが大盛況
吉田山田、渋谷マルイにて「吉田山田展2015-2016」の開催を発表
吉田山田、ニューシングル収録曲が政府広報 高齢者詐欺被害の未然防止キャンペーンテーマソングに決定

【関連アーティスト】
吉田山田
【ジャンル】
J-POP, ライブ

ORANGE RANGE、15周年の幕開けに『琉球サミット in 江戸』開催
Sun, 20 Dec 2015 12:00:00 +0900
ORANGE RANGE (okmusic UP\'s)

2016年にバンド結成15周年イヤーに突入するORANGE RANGEが、2月22日にZepp DiverCityで自主イベント『琉球サミット in 江戸』を開催することを発表した。

【その他の画像】ORANGE RANGE

2001年に沖縄・コザで結成したORANGE RANGEは、2002年2月22日に初めての作品となるミニアルバム『オレンジボール』をリリース。以降、ジャンルにとらわれない自由かつ高い音楽性と、卓越したポピュラリティが話題となり、数々の名曲を送り出し続けている。

ORANGE RANGEは12月19日、通算10枚目のオリジナルアルバム『TEN』を携えた全国28公演のツアー「ORANGE RANGE LIVE TOUR 015 〜TEN〜」のファイナルを、地元の沖縄ミュージックタウン音市場で開催。新たなキラーチューンと化した「SUSHI食べたい feat. ソイソース」をはじめとする新作『TEN』の収録曲から、「チャンピオーネ」「キリキリマイ」といったこれまでに発表してきた楽曲まで、新旧織り交ぜたセットリストでこの日も会場を盛り上げた。

そして、来年はORANGE RANGE結成15周年。今回の『琉球サミット in 江戸』開催のみならず、あの頃の思い出が蘇る名曲を振り返る企画として、現在ORANGE RANGEオフィシャルHPにて「あなたのとっておきのレンジナンバー」を大募集! この機会にぜひチェックしてみよう。

■『琉球サミット in 江戸』

2月22日(月) 東京 Zepp DiverCity
開場/開演: 18:00/19:00

■「あなたのとっておきレンジナンバー」

ORANGE RANGE結成15周年を記念して、「あなたのとっておきのレンジナンバー」をORANGE RANGEオフィシャルサイトで大募集。数ある名曲の中から、これは!と思う曲を3曲選んでください。みなさんからいただいたリクエストを参考にしながら15周年イヤーの企画で形にしていきます。そしてご応募いただいた方の中から抽選で「メンバー直筆サイン入りグッズ」を15名様にプレゼントします。応募〆切は2016年2月22日(月)正午まで。みなさんのリクエストをお待ちおります!現在中間発表も行われていますので、ぜひチェックしてみてください。

■「あなたのとっておきのレンジナンバー」ページ
https://orangerange.com/form_tracklist201512/

【関連リンク】
ORANGE RANGE オフィシャルHP
DJ KAORI、NAOTO、ピエール中野らが出演する『LightningDASH! 2』開催決定
FLOW、10thアルバムでHISASHI(GLAY)やNAOTO(ORANGE RANGE)とコラボ!
ORANGE RANGE、年末恒例の対バンイベントの相手はWANIMA!

【関連アーティスト】
ORANGE RANGE
【ジャンル】
ジャパニーズロック

FUKI、JKカップルのラブラブ動画で「キミがスキ」が大人気
Sun, 20 Dec 2015 11:00:00 +0900
FUKI (okmusic UP\'s)

“恋がしたくなる歌声”で話題のシンガーソングライターFUKIが、クリスマスを目前に2nd配信シングル「キミがスキ -Winter Ver.-」でJK(女子高生)カップルたちを盛り上げている。

【その他の画像】FUKI

クリスマスといえば、“恋人と特別な夜を過ごす聖なる日”と一般的には言われがちだが、近年“ぼっちクリスマス”というキーワードが話題の通り、ひとりでクリスマスを過ごす人が増えているという。

その一方で、カップル動画を投稿することで話題の人気アプリ、Mix Channel(ミックスチャンネル)内で、「キミがスキ -Winter Ver.-」に合わせて、ラブラブすぎる動画を公開するJKたちが増加。TVメディア等でも取り上げられ、アプリ内でも超人気カップルのてんりこやみつまほはじめ、次々にカップル達の、独自にデコレーションされたラブラブ動画が公開されている。

Mix Channelでの楽曲支持力や、歌詞をポエムのようにつぶやく“FUKI現象”が起こったりと、ソーシャルメディアを中心に次々に話題を作り続けているFUKIだが、無料歌詞検索サイトUtaTenのランキング企画“クリスマスソングといえばこの曲”では、「キミがスキ -Winter Ver.」が堂々の1位を獲得した。

12月21日20時半から、GYAO! MUSIC LIVEにてスタジオ生配信ライヴを行うFUKIだが、リアルタイムで“スペシャル・リリック”を公開することを発表。1st配信シングルの「キミじゃなきゃ」、「キミがスキ -Winter Ver.-」は、画面上に歌詞が映し出される。

さらに、ライヴ中に同時にレコーディングを行い、2月10日に発売が発表されているコンセプトアルバム『キミへ 〜Love Song Collection〜』へ、数曲収録されることが発表された。どの曲が収録されるのかは当日までのお楽しみとなっている。

■てんりこ カップル
https://mixch.tv/m/ia3SlaAW
■みつまほ カップル
https://mixch.tv/m/4OhWbhLz
■FUKI オフィシャルHP
http://www.jvcmusic.co.jp/fuki/

■配信シングル「キミがスキ -Winter Ver.-」

配信中
¥250+税

■アルバム『キミへ 〜Love Song Collection〜』

2016年2月10日発売
VICL-64443/¥1800+税

■「キミじゃなきゃ」MV
https://youtu.be/jMdPvkqxPT0

■GYAO! MUSIC LIVE『FUKI Winter Session Live “LOVE SONGS” 〜キミがスキ〜』

12月21日(月)20時半スタート
■視聴はこちら
http://gyao.yahoo.co.jp/music-live/

【関連リンク】
FUKI、初のコンセプトアルバム『キミへ ~Love Song Collection~』の発売が決定
FUKI、デビュー曲「キミじゃなきゃ」が配信チャート上位にランクイン
さくらしめじ、新曲「はじまるきせつ」MVで芋洗坂係長と共演
超特急がアプリゲームに!「超特急と耳かき」アプリ配信決定

【関連アーティスト】
FUKI
【ジャンル】
J-POP













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1