歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2015年12月18日)
バックナンバー
最新ニュース
2015/12/27
2015/12/26
2015/12/25
2015/12/24
2015/12/23
2015/12/22
2015/12/21
2015/12/20
2015/12/19
2015/12/18
2015/12/17
2015/12/16
2015/12/15
2015/12/14
2015/12/13
2015/12/12
2015/12/11
2015/12/10
2015/12/09
2015/12/08
2015/12/07
2015/12/06
2015/12/05
2015/12/04
2015/12/03
2015/12/02
2015/12/01
2015/11/30
2015/11/29
2015/11/28
2015/11/27
2015/11/26
2015/11/25
2015/11/24
2015/11/23
2015/11/22
2015/11/21
2015/11/20
2015/11/19
2015/11/18
2015/11/17
2015/11/16
2015/11/15
2015/11/14
2015/11/13
2015/11/12
2015/11/11
2015/11/10
2015/11/09
2015/11/08
2015/11/07
2015/11/06
2015/11/05
2015/11/04
2015/11/03
2015/11/02
2015/11/01
2015/10/31
2015/10/30
2015/10/29
2015/10/28
2015/10/27
2015/10/26
2015/10/25
2015/10/24
2015/10/23
2015/10/22
2015/10/21
2015/10/20
2015/10/19
2015/10/18
2015/10/17
2015/10/16
2015/10/15
2015/10/14
2015/10/13
2015/10/12
2015/10/11
2015/10/10
2015/10/09
2015/10/08
2015/10/07
2015/10/06
2015/10/05
2015/10/04
2015/10/03
2015/10/02
2015/10/01
2015/09/30
2015/09/29
2015/09/28
2015/09/27
2015/09/26
2015/09/25
2015/09/24
2015/09/23
2015/09/22
2015/09/21
2015/09/20
2015/09/19
2015/09/18
2015/09/17
2015/09/16
2015/09/15
2015/09/14
2015/09/13
2015/09/12
2015/09/11
2015/09/10
2015/09/09
2015/09/08
2015/09/07
2015/09/06
2015/09/05
2015/09/04
2015/09/03
2015/09/02
2015/09/01
2015/08/31
2015/08/30
2015/08/29
2015/08/28
2015/08/27
2015/08/26
2015/08/25
2015/08/24
2015/08/23
2015/08/22
2015/08/21
2015/08/20
2015/08/19
2015/08/18
2015/08/17
2015/08/16
2015/08/15
2015/08/14
2015/08/13
2015/08/12
2015/08/11
2015/08/10
2015/08/09
2015/08/08
2015/08/07
2015/08/06
2015/08/05
2015/08/04
2015/08/03
2015/08/02
2015/08/01
2015/07/31
2015/07/30
2015/07/29
2015/07/28
2015/07/27
2015/07/26
2015/07/25
2015/07/24
2015/07/23
2015/07/22
2015/07/21
2015/07/20
2015/07/19
2015/07/18
2015/07/17
2015/07/16
2015/07/15
2015/07/14
2015/07/13
2015/07/12
2015/07/11
2015/07/10
2015/07/09
2015/07/08
2015/07/07
2015/07/06
2015/07/05
2015/07/04
2015/07/03
2015/07/02
2015/07/01
2015/06/30
2015/06/29
2015/06/28
2015/06/27
2015/06/26
2015/06/25
2015/06/24
2015/06/23
2015/06/22
2015/06/21
2015/06/20
2015/06/19
2015/06/18
2015/06/17
2015/06/16
2015/06/15
2015/06/14
2015/06/13
2015/06/12
2015/06/11
2015/06/10
2015/06/09
2015/06/08
2015/06/07
2015/06/06
2015/06/05
2015/06/04
2015/06/03
2015/06/02
2015/06/01
2015/05/31
2015/05/30
2015/05/29
2015/05/28
2015/05/27
2015/05/26
2015/05/25
2015/05/24
2015/05/23
2015/05/22
2015/05/21
2015/05/20
2015/05/19
2015/05/18
2015/05/17
2015/05/16
2015/05/15
2015/05/14
2015/05/13
2015/05/12
2015/05/11
2015/05/10
2015/05/09
2015/05/08
2015/05/07
2015/05/06
2015/05/05
2015/05/04
2015/05/03
2015/05/02
2015/05/01
2015/04/30
2015/04/29
2015/04/28
2015/04/27
2015/04/26
2015/04/25
2015/04/24
2015/04/23
2015/04/22
2015/04/21
2015/04/20
2015/04/19
2015/04/18
2015/04/17
2015/04/16
2015/04/15
2015/04/14
2015/04/13
2015/04/12
2015/04/11
2015/04/10
2015/04/09
2015/04/08
2015/04/07
2015/04/06
2015/04/05
2015/04/04
2015/04/03
2015/04/02
2015/04/01
2015/03/31
2015/03/30
2015/03/29
2015/03/28
2015/03/27
2015/03/26
2015/03/25
2015/03/24
2015/03/23
2015/03/22
2015/03/21
2015/03/20
2015/03/19
2015/03/18
2015/03/17
2015/03/16
2015/03/15
2015/03/14
2015/03/13
2015/03/12
2015/03/11
2015/03/10
2015/03/09
2015/03/08
2015/03/07
2015/03/06
2015/03/05
2015/03/04
2015/03/03
2015/03/02
2015/03/01
2015/02/28
2015/02/27
2015/02/26
2015/02/25
2015/02/24
2015/02/23
2015/02/22
2015/02/21
2015/02/20
2015/02/19
2015/02/18
2015/02/17
2015/02/16
2015/02/15
2015/02/14
2015/02/13
2015/02/12
2015/02/11
2015/02/10
2015/02/09
2015/02/08
2015/02/07
2015/02/06
2015/02/05
2015/02/04
2015/02/03
2015/02/02
2015/02/01
2015/01/31
2015/01/30
2015/01/29
2015/01/28
2015/01/27
2015/01/26
2015/01/25
2015/01/24
2015/01/23
2015/01/22
2015/01/21
2015/01/20
2015/01/19
2015/01/18
2015/01/17
2015/01/16
2015/01/15
2015/01/14
2015/01/13
2015/01/12
2015/01/11
2015/01/10
2015/01/09
2015/01/08
2015/01/07
2015/01/06
2015/01/05
2015/01/04
2015/01/03
2015/01/02
2015/01/01
2014/12/31
2014/12/30
2014/12/29
2014/12/28
2014/12/27
2014/12/26
GLAY、『亀田音楽専門学校』にゲスト講師として出演決定
Fri, 18 Dec 2015 20:00:00 +0900
GLAY (okmusic UP\'s)

1月27日に53枚目となるシングル「G4・IV」をリリースするGLAYが、自身のプロデュースを務める亀田誠治司会のNHK Eテレ『亀田音楽専門学校』にゲスト講師として出演することがわかった。

【その他の画像】GLAY

番組では「J-POP大躍進〜インパクト合戦の時代〜」と題して、1994年から99年のJ-POPを特集。番組内では亀田とともに、日本でCDが最も売れたこの時代にアーティストたちがハイトーンボイスや転調など音楽的インパクトを求めて競い合い、わずか6年の間に急速に進化を遂げたJ-POPの音楽テクニックを分析する。また、大ヒット曲「HOWEVER」(97年)、「誘惑」(98年)も生演奏するとのこと。オンエアはEテレで1月14日(木)23:00〜23:44、再放送は1月18日(月)1:10〜1:54。

そして、ニューシングル「G4・IV」の特典DVD内容も発表。シングル全4曲のMV&メイキングに加え、5月30日(土)、31日(日)に開催し、11万人を動員した20周年ファイナルの東京ドーム公演「20th Anniversary Final GLAY in TOKYO DOME 2015 Miracle Music Hunt Forever」から、31日(日)公演に演奏された「pure soul」と「百花繚乱」のライヴ映像を収録する。さらに7月25日(土)、26日(日) に故郷・函館にオープンした函館アリーナのこけら落とし公演「GLAY Special Live at HAKODATE ARENA GLORIOUS MILLION DOLLAR NIGHT Vol.2」から、25日(土)公演の「My Private“Jealousy"」と26日(日)公演の「いつか」が収録され、計4曲のライヴ映像が楽しめる。

1月25日(月)にZepp DiverCityで開催される『「G4・IV」Presents Special Live Scoop!〜ZeppがZombieであるために2016〜』のエントリーも受付中。こちらは、G-DIRECTや指定の各CDショップで「G4・IV」予約者対象に抽選でチケットを購入できるプレミアムライヴとなっている。エントリー締切は12月23日(水)の23:00までとなっているため、ご予約はお早めに!

【放送情報】
NHK Eテレ「亀田音楽専門学校シーズン3 」
放送日時:平成28年1月14日(木)23:00〜23:44 Eテレ
再放送 :平成28年1月18日(月)01:10〜01:54 Eテレ

【関連リンク】
GLAY、ニューシングルのジャケット写真は4人が新たな旅路へと向かう姿
GLAY、北海道新幹線開業イメージソングの先行配信がスタート
30代男性に歌ってほしい、定番カラオケソング
FLOW、10thアルバムでHISASHI(GLAY)やNAOTO(ORANGE RANGE)とコラボ!

【関連アーティスト】
GLAY, 亀田誠治
【ジャンル】
ジャパニーズロック, テレビ(番組/CM)

八代亜紀、「雨の慕情」のブルースライヴ映像を公開
Fri, 18 Dec 2015 19:00:00 +0900
11月17日@ブルーノート東京 (okmusic UP\'s)

八代亜紀が11月17日にブルーノート東京で行なったプレミアムライヴ「AKI YASHIRO “AIUTA" Special Night」より、「雨の慕情」の映像が公開された。

【その他の画像】八代亜紀

八代亜紀が初の“ブルース”に挑んだ新作『哀歌-aiuta-』の発売を記念して行なわれた本公演。全2公演ともにチケット即完売で迎えたステージは、11月27日(金)よりYouTubeで4週連続公開されており、ブルージーなサウンドアレンジの光る代表曲「雨の慕情」がその最後を飾った。圧巻のパフォーマンスをぜひチェックしてみてほしい。

八代亜紀は12月19日(土)に東京国際フォーラムホールCでアルバム発売記念2回目のライヴを開催するが、好評につき来年2月29日(月)に3回目となる追加公演をMOTION BLUE YOKOHAMAで行なうことが発表された。全2公演150名ずつしか入ることのできないプレミアムライヴは、例によってチケット完売必至! 会場で“生のブルース”を体感してみては?

■「雨の慕情」(LIVE)
https://www.youtube.com/watch?v=ddWrMeYJuJs

■「八代亜紀『哀歌-aiuta-』ブルースアルバム発売記念コンサート」

12月19日(土) 東京国際フォーラム・ホールC
開場16:30/開演17:00
料金:全席指定 ¥7,800(税込)
※未就学児童入場不可

■「AKI YASHIRO 哀歌〜Premium Night〜 at MOTION BLUE YOKOHAMA」

2月29日(月) MOTION BLUE YOKOHAMA
1st:16:30開場/17:45開演
2nd:19:30開場/20:45開演
料金:自由席 ¥8,500(税込)/BOX席 ¥34,000+シートチャージ ¥6,000(4名まで利用可能)
INET先行予約:1月4日(月)
一般予約開始:1月7日(木)
※予約受付順に整理番号を発行。
予約受付先:モーション・ブルー・ヨコハマ(045-226-1919)
※11:00〜22:00
WEB予約 ※公演当日の14:00まで。
http://www.motionblue.co.jp

【関連リンク】
八代亜紀 オフィシャルHP
八代亜紀、ブルーノート東京でのライブ映像を4週連続公開決定
八代亜紀、渾身のブルースライブに寺岡呼人がサプライズ出演
八代亜紀、●プロジェクションマッピングを駆使したMVで15歳の“自分”と対面!?

【関連アーティスト】
八代亜紀
【ジャンル】
J-POP, 演歌/歌謡曲

清春、ニューアルバム『SOLOIST』を2016年3月30日にリリース
Fri, 18 Dec 2015 18:00:00 +0900
清春 (okmusic UP\'s)

清春が3年振りとなるニューアルバム『SOLOIST』を、ワーナーミュージック・ジャパンより2016年3月30日にリリースすることを発表した。

【その他の画像】清春

そして、同ニューアルバム収録曲の内、ラフミックス音源10曲の先行ストリーミングを1週間限定でスタートさせることが判明! この機会を逃すともう耳にすることの出来ないレア音源なので、アップされたワーナーのHPを是非ともチェックしてほしい。

さらに、ニューアルバム収録曲の「ナザリー」「EDEN」が12月23日より、各配信サイトにて先行配信されるとのこと。

3年振りの全国ツアーの直後、3月30日のリリースに向けなだらかに活動の勢いを加速させる清春。1994年のメジャーデビュー以降、20年以上経過する彼が何故未だシーンに存在し、影響を与え続けるのかをこの最新作『SOLOIST』を聴いて確認してもらいたい。

■清春 ワーナーミュージック・ジャパンHP 
http://wmg.jp/artist/kiyoharu/
■ストリーミング期間
2015年12月18日(金)18:00〜2015年12月25日(金)24:00

■アルバム『SOLOIST』

2016年3月30日発売
【初回限定盤】
WPZL-31150/51/¥4,860(税込)
【通常盤】
WPCL-12327/¥3,240(税込)

【先行配信】
2015年12月23日配信開始
■iTunes Store
・「ナザリー」
https://itunes.apple.com/jp/album/id1067077017?app=itunes&at=10l6Y8
・「EDEN」
https://itunes.apple.com/jp/album/id1067069824?app=itunes&at=10l6Y8
※iTunes は、米国およびその他の国で登録されている Apple Inc. の商標です。
■レコチョク
http://recochoku.com/w0/kiyoharu/

■「TOUR 天使の詩 2015『21』」

12月23日(祝・水) 横浜BAYHALL
12月31日(木) 大阪なんばHATCH
<2016年>
1月10日(日) 仙台RENSA
1月11日(祝・月) 仙台DARWIN ※PLUGLESS
1月16日(土) KYOTO MUSE
1月17日(日) KYOTO MUSE
1月23日(土) 広島CLUB QUATTRO
1月30日(土) HEAVEN’S ROCK さいたま新都心 VJ-3
2月06日(土) 浜松LIVE HOUSE窓枠
2月07日(日) 岐阜CLUB-G
2月09日(火) 名古屋ダイアモンドホール
2月13日(土) 柏PALOOZA
2月14日(日) 柏PALOOZA
2月19日(金) HEAVEN’S ROCK 宇都宮 VJ-2
2月20日(土) HEAVEN’S ROCK 熊谷 VJ-1
2月26日(金) 水戸LIGHT HOUSE
2月27日(土) 水戸LIGHT HOUSE
3月05日(土) 金沢EIGHT HALL
3月11日(金) 渋谷CLUB QUATTRO ※FC ONLY
3月13日(日) 高崎club FLEEZ
3月18日(金) 松山サロンキティ
3月20日(日) 福岡DRUM LOGOS

【関連リンク】
清春 オフィシャルHP
清春、VAPEブランド「Beyond Vape」のオープニングイベントでシークレットライヴを実施!
清春、66公演に及ぶMONTHLY PLUGLESS 2015 『MARDI GRAS』がフィナーレへ
タッキー&翼、コラボアルバム第三弾アーティストとして綾小路 翔、清春、河村隆一の参加を発表

【関連アーティスト】
清春
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル

スキマスイッチ、花園ラグビー場を訪れた映像や試合時の歓声が加わった「ハナツ」MVが完成
Fri, 18 Dec 2015 18:00:00 +0900
シングル「LINE」【初回生産限定盤】(Blu-spec CD2+DVD) (okmusic UP\'s)

スキマスイッチが12月27日(日)に開幕する「第95回全国高校ラグビー大会」大会テーマソングとなっている「ハナツ」のMVを期間限定でフル公開した。

【その他の画像】スキマスイッチ

また、大会開幕直前の12月25日(金)には大会テーマソングの「ハナツ」を毎日放送『ちちんぷいぷい』でテレビ初披露。この日限りのスペシャルバージョンでのパフォーマンスを予定している。年明け1月7日(木)準決勝戦と1月11日(月)決勝戦には、スキマスイッチが花園ラグビー場へ駆け付け、試合観戦することが発表された。

スキマスイッチは、長野県・菅平高原で高校ラグビー部の夏合宿を見学したイメージをもとに楽曲を制作。MVは夏の菅平、レコーディングドキュメンタリー、迫力満点の高校ラグビー映像で制作されたショートver.がすでに公開されていたが、その映像にスキマスイッチの2人が聖地花園ラグビー場を訪れた映像や試合時の歓声も新たに加わり、さらに躍動感のある感動的な作品に仕上がった。

今回のスキマスイッチと全国高校ラグビー大会のコラボレーションを記念して、「ハナツ」が収録されている最新シングル「LINE」(11月11日発売)を毎日放送1F「らいよんデイリーストア」、もしくはSony Music Shop(オンラインショップ)で購入者すると、先着で「ハナツ」アナザージャケットが配布される。こちらは来年1月7日(木)の準決勝戦、1月11日(月)の決勝戦時の花園ラグビー場でのCD購入者も対象となる。どちらも期間・数量限定につき、早めにゲットしたい。特典配布期間は1月11日(月)まで。

■「ハナツ」MV(フルver.)
YouTube「AUGUSTA CHANNEL」
http://jp.youtube.com/user/officeaugusta
YouTube 「MBS公式チャンネル」
https://www.youtube.com/user/MBS

■【「ハナツ」へのコメント】

■スキマスイッチ
勝負の世界では勝つためにも、例え負けたとしても様々な"ハナツ"ものがあります。そしてちょっとスケールは広がりますが、個人的にそれは生きてく上でも重要だということを今になって感じてもいます。自分で、自分たちで一生懸命育てたものを いかに共鳴させて強く"ハナツ"か。菅平での合宿を見学させて頂いた時に強く感じたそんな部分を歌詞のテーマにして、二人であーだこーだとそれこそ部活のように本気で言い合いながら作りました。この楽曲が楕円のボールを追い掛け そして繋げていく選手の皆さんの背景になればと思っています。

■「全国高校ラグビー大会」大会ハイライト番組メインキャスター:大畑大介
戦っている高校生たちだけでなく、高校ラグビーを取り巻く環境に身を置く人たちにもそれぞれ当てはまる歌だと思います。そして何よりも、僕自身の誕生日の11月11日にリリースされるので、自分のテーマソングのような気がしています。(笑)

■全国高校ラグビー大会」大会ハイライト番組メインキャスター:小島瑠璃子
素晴らしい歌です。この「ハナツ」を聴く今年の高校生たちは、何年経っても、自分がラグビーをしていた頃や花園のことをこの曲を聴く度に、思い出すことができるはずです。自分の青春とリンクする曲がある、というのはすごく羨ましいです。

【関連リンク】
スキマスイッチ オフィシャルHP
つらくて悲しい気持ちを吹き飛ばしてくれる前向きな曲5選
小田和正が贈る15回目のクリスマスライブより収録レポート到着
安藤裕子、9枚目のアルバムを来年3月にリリース

【関連アーティスト】
スキマスイッチ
【ジャンル】
J-POP, テレビ(番組/CM)

『フーズ・ネクスト』はザ・フーが挫折しながら創り上げた、永遠に聴き継がれるべき名盤
Fri, 18 Dec 2015 18:00:00 +0900
The Who『Who\'s next』 のジャケット写真 (okmusic UP\'s)

1971年に発表された本作の2年前、彼らはロックにオペラを導入した『トミー』(\'69)という作品で、全世界にその名を知らしめた。メンバーのピート・タウンゼンドのアイデアによるロックオペラへの試みは世界中で大きな成功を収め、ブリティッシュロック界の頂点を極めたのだが、誰も成し遂げたことのない初のジャンルであったため、アルバム制作は困難を極めている。しかし、この作品での苦労がグループの音楽的成長を促したことは確実で、『トミー』から2年後、流行とは無縁のロック史に残る名盤『フーズ・ネクスト』を生み出すことができたのである。

■日本ではあまり人気が出なかったグループ

僕が中学低学年の頃、各種音楽雑誌で『トミー』の記事がよく出ていたことは、今でもよく覚えているのだが、自分も含め周りのロック好きの友達が、このアルバムを買っているのは見たことがない。それはなぜかと言うと、当時『トミー』は2枚組で値段が高かったことがひとつ。もうひとつは、当時の日本のロック少年は、やっぱりギタープレーヤーが大好きで、どうしてもクラプトンやジェフ・ベック、ジミー・ペイジらのような“リード・ギタリスト”に夢中であったことが挙げられると思う。

ザ・フーのピート・タウンゼンドは、カッコ良いギターソロを弾きまくるタイプではなく、コードプレイや印象的なリフが巧い、どちらかと言えば渋めのギタリストなので、子供にはまだその魅力がよく分からなかった。もちろん、彼はフィードバック奏法やハウリング奏法を生み出しているし、何よりステージでギターを放り投げたり壊したりする怖い人(笑)であることは知っていたのだが、彼が知的で渋いパフォーマーだということを理解したのは、もう少し大人になってからのことであった。

■『トミー』の成功と『フーズ・ネクスト』

ヨーロッパではオペラ(もしくはミュージカル)という音楽形式自体が親しみやすかったのだろう。映画の世界では60年代に、英米を中心にミュージカル作品が数多く制作されていて、『サウンド・オブ・ミュージック』『メリー・ポピンズ』『マイ・フェア・レディ』『シェルブールの雨傘』などを全部観たロック少年は、僕をはじめ少なくなかった…(60〜70年代の娯楽って、子供に限っては映画・本・音楽・芝居・テレビぐらいしかない時代だからね)。そこに目を付けたタウンゼンドの思惑は正解だったと思う。

それまでのフーは、コンパクトにまとめたポップなロックをヒットさせてはいたものの、中堅どころのグループであった。それだけに『トミー』での変貌ぶりは業界を驚かせたが、音楽家の両親を持つタウンゼンドは、かなり若い頃からミュージカル的な音作りを考えていたようだ。彼はひとりで『トミー』の台本や歌詞を書き下ろし、メンバーやエンジニアにそのコンセプトを細かく説明している。そして、スタジオに入った後も、内容を修正したり、メンバーの意見を取り入れながら、誰も踏み込んだことのない領域でのアルバム作りを進めていった。

結局、半年余りの時間をかけて『トミー』は完成すると、イギリスではチャートで2位、アメリカでも4位になるなど、大ヒットしている。日本でもシングルカットされた「ピンボールの魔術師」(これは買いました♪)は、かなりヒットした。また、アルバムやシングルだけでなく、ヨーロッパやアメリカのオペラハウスで公演を行なうというロックグループでは初となる試みや75年には映画化もされ、彼らは世界中を飛び回ることになる。

多忙で、曲作りやレコーディングもままならず、次作はライヴ盤の『ライブ・アット・リーズ』(\'70)が発売されるのだが、『トミー』とはまた違うハードロック的な優れたパフォーマンスで、これもまた大ヒットする。『ライブ・アット・リーズ』はパンクロッカーだけでなく、オルタナ系やノイズ系のロッカーたちにも影響を与えるなど、これをザ・フーの代表作に挙げるファンも少なくない

思うに、『トミー』レコーディング時の苦労のおかげで、メンバー間のコミュニケーションは密になり、この経験がスタジオ録音盤としての次作『フーズ・ネクスト』の完成度を引き上げることにつながったことは間違いない。『トミー』までにリリースされた3枚のスタジオ作品も決して悪くはないが、『トミー』以降のスタジオ録音盤『フーズネクスト』と『四重人格』(\'73)については、それまでとは次元が違うぐらいの高い完成度となっているのだ。

■初の全英1位を獲得した『フーズネクスト』

『トミー』の成功もあって、タウンゼンドは次なるロックオペラに取りかかっている。それは、あるロックグループが聴衆と一体となって恍惚する模様をSFファンタジー的に表現しようというもので、“ライフハウス”というタイトルまで決まっていたのだが、タウンゼンドの台本が難解でグループのメンバーのみならず、スタッフにも理解できなかったこと、上演場所のヤング・ヴィック・シアターでメンバーと聴衆役の役者が共同生活することになっていたが、多くの参加者が帰ってしまったこと、ザ・フーのマネージャーであり助言者のキット・ランバート(彼はタウンゼンドの絶大な信頼を得ていた)が、この企画に乗り気でなかったこと…などの理由で『ライフハウス』の制作は頓挫してしまう。

次に、アメリカでのレコーディングの話が持ち上がり、ニューヨークのレコード・プラントで録音が開始されることになった。ところが、このスタジオがニューヨークの繁華街に建っていたことから、メンバーたちの夜遊びがすぎ、またランバートがヘロイン中毒でどうしようもない状態だったため、レコーディングは早々に切り上げられることになる。

このアルバムのミキシングのために呼ばれた、敏腕エンジニアとして知られるグリン・ジョンズは、その不出来さに驚き、レコーディングのやり直しを提案すると同時に『ライフハウス』の企画をも考え直すようメンバーを説得する。タウンゼンド以外はこの申し入れを受け入れ、ここで『ライフハウス』の企画は終わりを迎える。ただ、タウンゼンドは楽曲の完成度には自信を持っていて、それらの曲を次作に使用することにはメンバーも異存はなかった。

いろいろと紆余曲折はあったが、こうして『フーズ・ネクスト』の制作がスタートし、1971年8月に発売された。アメリカでは10日間ほど先行リリースされ、チャートで最高位4位という素晴らしい結果であった。イギリスでも、発売されると同時に喝采をもって迎えられ、ザ・フーとして初の全英1位に輝いたのである。

■ライブ時の躍動感とスタジオ録音の緻密さが一体となった作品

『フーズ・ネクスト』はジョン・エントウィッスルの「マイ・ワイフ」を除いて、全てタウンゼンドの作品で占められ、かつそれらは『ライフハウス』のために用意された作品ばかりである。本作が名盤となり得たのは、タウンゼンドの才能だけではなく、先にも述べたように、ここに至るまでの試行錯誤と、メンバー内におけるコミュニケーションの再構築がもたらした成果だと思う。

特に、この頃のタウンゼンドの才能は底知れないものがあったようで、ロジャー・ダルトリーやエントウィッスルは「ピートが作ってきたデモテープを、自分らなりに演奏し直すだけで良いものができた」と後年語っている。そのデモテープは、ピートが全楽器を多重録音していて、ビートルズ、ストーンズ、イーグルス、ジョー・コッカーなどを手がけてきたグリン・ジョンズは「デモテープといっても、そのまま発売できるぐらいの仕上がりだった」と、誰よりもタウンゼンドの才能をリスペクトしている。

ただ、ザ・フーのすごいところは、プレーヤー各人の力量と個性が際立っているところにある。コードワークとリフがカッコ良いピート・タウンゼンドのギター(2011年の「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」で第10位)、キース・ムーンの派手で奔放なドラム(2010年の「ローリング・ストーン誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のドラマー」で、レッド・ツェッペリンのジョン・ボーナムに次ぐ第2位となっている)、エントウィッスルの緻密で音数の多いリードギターのようなベース(2011年の「ローリング・ストーン誌が選ぶ最も偉大なベーシスト」で、なんと第1位)、ロジャー・ダルトリー(2013年の「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第61位)のパワフルなボーカルがあってこそ、ザ・フーなのだ。

本作は『トミー』のコンセプトアルバムとしての緻密さと『ライブ・アット・リーズ』のパワフルさが同居したかのような力強い演奏を軸に、名演かつ名曲がぎっしり詰まっている濃密なアルバムだ。『トミー』以前のポップなグループではなく、ローリング・ストーンズやキング・クリムゾンと並ぶほどの骨太のグループに変革しているのだが、これは前述したように『トミー』の成功と『ライフハウス』の挫折が、彼らをこれほどまでに成長させたのだと思う。

特筆すべきは、彼らの作品としては初めてとなるシンセサイザーの導入である。1
曲目「BABA O\'RILEY」の冒頭、テープループっぽい音が収録されているが、これはループではなく、タウンゼンドが長時間弾き続けて録音したらしい。これはシンセサイザー黎明期のあるある話である。作品全編を貫く、キース・ムーンの常識を度外視したドラミングも必聴だ。この作品がライブ感覚にあふれているのは、彼のドラムによるところが大きい。

■モッズとパンクスに愛されたグループ

ザ・フーは後に登場するロッカーに大きな影響を与えていることでも知られる。60年代にはモッズ(1)たちに愛され、日本では甲本ヒロト、奥田民生、佐野元春、ミッシェル・ガン・エレファントらがフー好きを公言している。海外では何と言ってもザ・ジャム時代のポール・ウェラーがその代表だろう。ウェラーはザ・フーを手本に、70年代にモッズを復活させた仕掛け人でもある。

また、パンクスに愛された60年代ロッカーなんてザ・フーぐらいじゃないかと思う。セックス・ピストルズもそうだし、リチャード・ヘルはフーの「マイ・ジェネレーション」にインスパイアされて「ブランク・ジェネレーション」をリリースしてるぐらいだからね。他にも、W.A.S.P. 、パールジャム、オアシス、デヴィッド・ボウイなどなど、キリがないぐらい、ザ・フーの影響はあちらこちらに及んでいるのだ。

2015年現在、キース・ムーンとジョン・エントウィッスルは既に亡くなっており、タウンゼンドとダルトリーのみで、活動と休止を繰り返している。

(1)モッズ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%83%E3%82%BA

【関連アーティスト】
The Who, Pete Townshend, Roger Daltrey, John Entwistle, Keith Moon
【ジャンル】


【連載コラム】稚菜、由紀さおりの「夜明けのスキャット」をカバー
Fri, 18 Dec 2015 18:00:00 +0900
稚菜 (okmusic UP\'s)

さて、今日は私が通っていた専門学校の話を少し。
私が専門学校に通い出したのは、約4年前。
ボーカルコースは、ソロ、バンド、シンガーソングライターの3つのコースに別れていて、
私はもちろんシンガーソングライターコース(ここからはシンソと省略します)でした。


私が思うにシンソは割と変わった人が多い。
自分で自分を表現するからでしょうか。
孤独が好きな人が多いし、発想も少しぶっ飛んでいたりします。
その証拠に、私は自分は普通の人間だと思っていますが周りからは変わってるねー!と言われる事が多いですね。笑
それからシンソコースには留学生の方が沢山いました。
私が一番仲良かったのは韓国人の友達です。
韓国の人って日本人よりかなり自立している人が多いので、
考え方も行動力も少し上をいっていました。
そして一人でいるのを好む人が多い。笑
私も群れるのは何かと苦手で一人でいるのが好きな方なので、
その距離感が一番楽でありがたかったな。
ただ一つ後悔しているのは、あの時友達から少しでも韓国語習っておけば良かったなぁ…という事ですね。笑

色んな人がいて面白いです。
色んな考えがあったから新しい発想が生まれてきたりしました。

専門に行くだけ無駄、そう言われる方もいます。
でもね、無駄な事って何一つないって私は思う。
無駄にするかしないかは自分次第じゃないでしょうか。
私は自分にとって必要だと思う事だけでも真剣に取り組んできました。
そして何より待っているだけでは何も起きない、
自分から行動する事の大切さをうちの学校から教えてもらった気がします。
それは学校だけではありません。
勉強も仕事も、人付き合いだって全部、無駄な事はないはず。
失敗も自分の糧に必ずなる。
行動を起こしてみて初めて変わる事って沢山あるから。
これって無駄な事なのかな…そう思う事があったら、
まずはその考えを捨ててそれが与えうる結果を想像してみて下さい。
きっと何かしら自分を成長させてくれる結果があるはず。
見つかったら、その物事に取り組む姿勢が、明日からきっと変わるでしょう。
無駄だと思いながら取り組むより、前向きに挑戦する方がきっと楽しいですよ。

さて今日の一曲は、由紀さおりさんの「夜明けのスキャット」。
スキャットとは意味のない音(例えば「ダバダバ」「ドゥビドゥビ」といったような)をメロディーに合わせてアドリブで歌う事です。
声を一つの楽器として表現します。
専門に通っていた初期、よくこの表現方法で即興でセッションをしていました。
スキャットってやってみると分かるかもしれませんが、凄く気持ちよく歌えるんですよね。
歌詞を気にしなくていい分、流れる音に身を任せて声を出せるからかもしれません。
歌っていて本当に気持ちよかったです。
ずっとルルル〜…と歌っていたかったなぁ。。笑
是非聴いて下さい。
https://www.youtube.com/watch?v=koqORtoQWy8

【関連アーティスト】
由紀さおり, 稚菜
【ジャンル】


超特急、年末に5日間の看板番組地上波放送が決定
Fri, 18 Dec 2015 17:30:00 +0900
『超特急のふじびじスクール!年末対決スペシャル!!』 (okmusic UP\'s)

超特急が2014年10月からフジテレビ内のオフィシャルサイトで放送している番組『超特急のふじびじスクール!』。12月26日(土)〜31日(木)(27日(日)を除く)の5日間、同番組の地上波オンエアが決定した。

【その他の画像】青木隆治

安田大サーカスの団長安田が先生役、超特急が生徒役として出演し、学校形式でオススメの商品やお得な情報を教材に、商品の魅力を毎回テーマに沿って超特急が体当たりでバラエティーにチャレンジする姿が話題を呼んでいる『超特急のふじびじスクール!』。

年末に放送される『超特急のふじびじスクール!年末対決スペシャル!!』は、同番組のレギュラーの座を奪いに来るゲストにお笑い芸人のスギちゃん、永野や、前ふじびじMCの嗣永桃子、青木隆治らを迎えて放送される。超特急はレギュラーの座を死守することができるのか!? 乞うご期待!

【7号車タカシ コメント】
いろんな刺客がレギュラーを狙ってきているので、全力でレギュラーの座を守りたいと奮闘する姿に注目してください!
地上波でのレギュラー放送を目標にサザエさんのような長寿番組にしたいです!

■『超特急のふじびじスクール!』 オフィシャルHP
http://www.fujitv.co.jp/fujibiji/
■超特急 オフィシャルHP
http://bullettrain.jp

■『超特急のふじびじスクール!年末対決スペシャル!!』

【放送概要】(フジテレビジョン・関東ローカル)
12月26日(土)15:29〜15:34 ゲスト:スギちゃん&エルシャラカーニ
12月28日(月)16:05前後〜 ゲスト:永野
12月29日(火)16:25前後〜 ゲスト:ねば〜る君
12月30日(水)16:00前後〜 ゲスト:嗣永桃子&青木隆治
12月31日(木)15:54〜15:59 ゲスト:森脇健児
※放送時間未確定の日程はわかり次第、オフィシャルHPで発表。

【関連リンク】
超特急が90\'s J-POPに敬意を表し、8cmシングルCDをリリース!
超特急×タワーレコード渋谷店、2日限定のコラボ企画を開催
超特急、デザートバイキング「スイーツパラダイス」とのコラボレーションを発表
超特急、12月15日放送『ペケポンプラス』でゴールデン初出演

【関連アーティスト】
青木隆治, 超特急, 嗣永桃子(Berryz工房)
【ジャンル】
J-POP, テレビ(番組/CM)

RADWIMPS、ワンマンライヴをスタッフ目線で生配信!?
Fri, 18 Dec 2015 17:00:00 +0900
RADWIMPS (okmusic UP\'s)

RADWIMPSが初の試みとして、12月23日(水)行なうワンマンライヴ「RADWIMPSのはじまりはじまり」を一部生配信することがわかった。

【その他の画像】RADWIMPS

一部と言えども、RADWIMPSのライヴがインターネットを通してより多くの人に届けられる。しかも、PA卓という限られたスタッフのみ立ち入ることのできる領域にカメラを設置。スタッフ目線のRADWIMPSが楽しめる試みとなりそうだ。

“会場とは違う楽しみ方を。”??このたび、そんな機会の提供にGYAO!が全面協力。題して、GYAO!カメラ設置「RADWIMPSのはじまりはじまりのさわり」。カメラを担当するのは、RADWIMPSファンにはお馴染みのライヴ映像作品『青とメメメ』の監督である映像ディレクター、谷聰志となる。生配信は17:45からスタートし、4曲が中継される予定だ。

また、今回の生配信に先駆け、RADWIMPSの代表曲「ふたりごと」「有心論」「いいんですか?」「おしゃかしゃま」「会心の一撃」のフルサイズMVに加え、最新シングル「記号として」のMVワンコーラスがGYAO!に初登場! こちらもチェックしてみよう。

さらに、12月23日に事前受注および「RADWIMPSのはじまりはじまり」会場限定販売されるRADWIMPS初のアナログ盤「記号として / ‘I\' Novel」が好評につき、東京はHMV record shop 渋谷、大阪はFLAKE RECORDSで限定販売されることとなった。各店とも、12月23日より販売開始で、販売は店頭のみ(電話での取り置きや通販はなし)。

■GYAO!カメラ設置「RADWIMPSのはじまりはじまりのさわり」配信URL
http://gyao.yahoo.co.jp/music-live
■RADWIMPS MV公開ページ
http://gyao.yahoo.co.jp/p/00101/v12124/

■「10th ANNIVERSARY LIVE TOUR FINAL RADWIMPSのはじまりはじまり」

12月23日(水) 幕張メッセ国際展示場
開場・開演:16:30 / 18:00
料金・席種:前売 ¥7,900/スタンディング
チケット発売中

■【アナログ盤「記号として / ‘I\' Novel」 販売店舗】

■HMV record shop 渋谷
〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町36-2 ノア渋谷1F
TEL:03-5784-1390
OPENING HOURS:11:00 - 22:00

■FLAKE RECORDS
〒550-0015 大阪市西区南堀江1-11-9 SONO四ツ橋ビル201
TEL:06-6534-7411
OPEN:12:00 / CLOSE 21:00

各店とも、12月23日(水)より販売開始となり、販売は店頭のみとなります。電話でのお取り置きや通販は行っておりませんのでご了承ください。

【関連リンク】
RADWIMPS オフィシャルHP
RADWIMPS、ツアー千秋楽はMr.Childrenと対バン!
RADWIMPS、対バンツアー第十夜は盟友ONE OK ROCKとの白熱戦!
RADWIMPS、対バンツアー「RADWIMPSの胎盤」第九夜の相手は同郷のいきものがかり!

【関連アーティスト】
RADWIMPS
【ジャンル】
ジャパニーズロック

JMC(ジュミッチ)、KREVAプロデュースで“親子の絆”を歌う
Fri, 18 Dec 2015 16:30:00 +0900
12月17日@渋谷Glad (okmusic UP\'s)

今年8月にミニアルバム『さよならチャンキー、納豆PARTYで御座います。』でメジャーデビューした話題のEDMユニット、JMC(ジュミッチ)が12月17日(木)に2度目のワンマンライヴを渋谷Gladで行なった。

【その他の画像】KREVA

スマッシュヒットとなった彼らの代表曲「納豆 ON THE RICE」をはじめ、計18曲、約2時間のワンマンライヴは笑いあり涙ありで、会場は終始熱気に包まれた。途中、衣装チェンジをステージ上で薄いカーテン越しに行なうという前代未聞の生着替え演出もあり、唯一無二の存在感を放っていた。

そして、アンコールでパフォーマンスした「みそしるママ らいすパパ」が、来年2月17日にシングルリリースされることも発表となった。この楽曲は以前からライヴで披露、ファンからCD化を熱望されていた楽曲で、所属事務所の大先輩・KREVAによるプロデュース作品となる。“食べ物系”EDMアーティストとなりつつあるJMCが放つ初のシングルは、尊敬するKREVAとタッグを組んで親子の絆を歌う、メロウで温かい1曲となった。

また、この楽曲の振り付けは牧野アンナが担当。この日、振り付けが初披露された。牧野は1990年代の沖縄アクターズスクール全盛時代にチーフインストラクターとして数々のアーティストの育成に関わり、近年はAKB48らの振り付けで活躍している。この振り付けはJMCの二人が牧野へ熱いメッセージを送ったことで実現に至った。

さらに、「みそしるママ らいすパパ」のMVも合わせて公開。イラストムービーで構成された映像はメンバーのMicchiyが描いたもので、心温まる親子の絆が描かれたストーリーとなっている。今回アップロードされたのはShort Ver.のVol.1で、続きは順次アップロードを予定。今後ストーリーが明らかになるため、引き続きチェックしてみてほしい。

なお、シングルのカップリング曲には、日本の伝統ソングである“うれしいひなまつり”をモチーフにした「ひなParty!」や、ミュージカル女優の綿引さやかをフィーチャリングに迎えた本格的EDMソング「TOKYO DOG STORY 2 feat.綿引さやか」などを収録。計7トラックの贅沢なシングルとなっている。

■「みそしるママ らいすパパ」MV Vol.1
https://youtu.be/ZZmmPQaiBCk

■シングル「みそしるママ らいすパパ」

2016年2月17日発売
VICL-37144/¥1,200+税
<収録曲>
01.みそしるママ らいすパパ
02.ひなParty!
03.TOKYO DOG STORY 2 feat.綿引さやか
04.みそしるママ らいすパパ(Instrumental)
05.ひなParty!(Instrumental)
06.TOKYO DOG STORY 2 feat.綿引さやか(Instrumental)
07.みそしるママ らいすパパ(アカペラ)

【関連リンク】
JMC オフィシャルHP
「関ジャム」にback number登場。若い女性にウケる歌詞の秘密とは?横山ら5人は「ヒロイン」をセッション
11月11日の「ベースの日」に開催されたJ-WAVE ベース・ロワイアルに亀田誠治、KenKenらが出演!
ヴァーチャルアーティスト・IA、日本では初となるワンマンライブを開催

【関連アーティスト】
KREVA, JMC
【ジャンル】
J-POP, ジャパニーズヒップホップ, ライブ

荒川ケンタウロスがビルの階段をかける、アルバム『時をかける少年』トレイラー映像を公開
Fri, 18 Dec 2015 16:00:00 +0900
荒川ケンタウロス (okmusic UP\'s)

荒川ケンタウロスが11月18日にリリースしたフルアルバム『時をかける少年』のトレイラー映像を公開!

【その他の画像】荒川ケンタウロス

同トレイラーはメンバーセルフプロデュースによる完全DIYの一発撮りで、曲が変わるごとにビルの階段を駆け上がる内容となっている。メンバーで考えた演出により、各階ごとに雰囲気も違うので、DIYならではの面白さが詰め込まれた映像に注目してほしい。

また、現在リード曲「ティーティーウー」のMVが公開中となっているが、「dancedance or die」のMVも制作中とのことだ。

■アルバム『時をかける少年』トレイラー映像
https://youtu.be/T3afazDr86I

■アルバム『時をかける少年』

発売中
COCP-39341/¥3,000+税
<収録曲>
dancedance or die
アーケード
恋をするように
ティーティーウー
※TBS系テレビ「CDTV」11月度エンディングテーマ
ナイトフライト
カレイド
重力列車
デリー
natsume
セカンドステージ

【関連リンク】
荒川ケンタウロス オフィシャルHP
セプテンバーミー、自主企画イベントが大盛況&ツアーファイナルのゲスト決定
荒川ケンタウロス、新曲MVは漫画家・長尾謙一郎とコラボレーション
荒川ケンタウロス、メジャー1stアルバム『時をかける少年』オリジナル特典&先行試聴決定

【関連アーティスト】
荒川ケンタウロス
【ジャンル】
ジャパニーズロック

ぼくのりりっくのぼうよみ、1stアルバムがiTunesロック・トップアルバムランキング1位を獲得
Fri, 18 Dec 2015 15:00:00 +0900
アルバム『hollow world』 (okmusic UP\'s)

ビクターエンタテインメントの新レーベル、CONNECTONEからメジャーデビューした“ぼくのりりっくのぼうよみ”の1stアルバム『hollow world』が、発売と同時にiTunesロック・トップアルバムランキングで1位を獲得した。

【その他の画像】ぼくのりりっくのぼうよみ

まだ17歳の高校3年生が大学受験勉強の合間を縫って制作したアルバムが、いきなり頂点に立った。12月16日に発売された『hollow world』は、配信開始と同時にチャートのトップにランクイン。アルバムリード曲の「パッチワーク」「sub/objective」がオンエアされるやいなや、SNSを中心に“天才少年出現!”と爆発的なスピードで名前が拡散中の通称“ぼくりり”だが、アルバム発売翌日の大阪のラジオ局FM802でのプロモーション稼働を最後に、完全に受験勉強モードへ突入する。

大学生になったら積極的にライヴをやりたいと意気込んでいる“ぼくりり”。来年の春までは、今年最高のアルバムの呼び声も高い『hollow world』を聴き込んで待つとしよう。

■アルバム『hollow world』

発売中
VICL-64487/¥2,000+税
<収録曲>
01.Black Bird
02.パッチワーク
03.A prisoner in the glasses
04.Collapse
05.CITI
06.sub/objective
07.Venus
08.Pierrot
09.Sunrise(re-build)

■iTunes Store
https://itunes.apple.com/jp/album/hollow-world/id1056045682

【関連リンク】
ぼくのりりっくのぼうよみ オフィシャルHP
ぼくのりりっくのぼうよみ、FM802の生放送に出演決定
ぼくのりりっくのぼうよみ、1stアルバムの全曲試聴トレーラー映像を公開
ぼくのりりっくのぼうよみ、注目の若手俳優陣が熱演する「sub/objective」MV公開

【関連アーティスト】
ぼくのりりっくのぼうよみ
【ジャンル】
ジャパニーズヒップホップ

「ビクターロック祭り2016」、新設ステージの出演アーティストが明らかに
Fri, 18 Dec 2015 14:00:00 +0900
「ビクターロック祭り2016」 (okmusic UP\'s)

レコードメーカーの株式会社JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント(以下、ビクター)が主催するロックフェスティバル「ビクターロック祭り2016」に今年から新設される「ROAR STAGE supported by Eggs」。その出演者が明らかになった。

【その他の画像】DJやついいちろう

「ROAR STAGE」に出演するのは、Awesome City Club、Gacharic Spin、DJダイノジ、DJやついいちろう(エレキコミック)、ヒステリックパニック、藤原さくらの6アーティスト。

また「ROAR STAGE」では、このたび発表されたアーティストに加え、このステージへの出演権を懸けた公募オーディション「ワン!チャン!!」も開催し、現在ライヴ審査選出の鍵となるユーザーのネット投票を受け付けている。詳しくは下記サイトをチェックしてみてほしい。

■公募オーディション「ワン!チャン!!」
http://eggs.mu/project/one_chan

■「ビクターロック祭り2016」

2月14日(日) 幕張メッセ国際展示場
時間:開場 AM9:00 開演 AM10:30 終演 PM20:30(予定)
出演:Awesome City Club、Gacharic Spin、くるり、サカナクション、THE BAWDIES、サンボマスター、DJダイノジ、DJやついいちろう(エレキコミック)、Dragon Ash、ヒステリックパニック、藤原さくら、レキシ and more

チケット料金:前売9,180円(税込)/当日9,670円(税込)
チケット発売:セブンイレブン、セブンネットショッピング先行1次受付 12月20日(日)23:59まで
先行料金:9,180円(税込)
Tシャツ付きチケット:12,680円(税・発送費込)
公式サイト: http://rockmatsuri.com

【関連リンク】
藤原さくら、初フルアルバムのリリースを記念したワンマンツアー開催決定
Gacharic Spin、最新DVDより「ファイナルなファンタジー」のMVを公開
DJ KAORI、NAOTO、ピエール中野らが出演する『LightningDASH! 2』開催決定
Gacharic Spin、ツアーファイナルで約3時間の熱いライブを展開

【関連アーティスト】
DJやついいちろう, DJダイノジ, Gacharic Spin, 藤原さくら, Awesome City Club, ヒステリックパニック
【ジャンル】
フェス

氷室京介、4大ドームを回る「LAST GIGS」が決定!
Fri, 18 Dec 2015 13:30:00 +0900
氷室京介 (okmusic UP\'s)

氷室京介が来年4月から5月にかけて、4大ドームツアー「KYOSUKE HIMURO LAST GIGS」を行なうことがわかった。

【その他の画像】BO?WY

2014年に全国50公演行なわれたソロデビュー25周年ツアーのファイナル公演目前の7月13日、山口県周南市での公演中に急遽ライヴ活動の無期限休止を発表した氷室京介。その報は多くのファンのみならず社会に大きな衝撃をもって伝えられた。そして、その翌週のツアーファイナルの横浜スタジアム公演では、本人の口から“耳の不調が休止の理由”と語られた。本来、この横浜スタジアム公演でライヴ活動への区切りを付ける予定だったが、落雷による公演中断と氷室自身の怪我によるコンディションの不十分さから、“このリベンジをどこかで必ずもう1度、演らせて欲しいと思います”と宣言して横浜スタジアムのステージを後にしたこともまた、強烈なインパクトを残した。

そして、ついにその“リベンジ”となるライヴが、4大ドームツアー「KYOSUKE HIMURO LAST GIGS」と題されて決定した。来年4月23日(土)、24日(日)の京セラドーム大阪を皮切りに、4月29日(金)のナゴヤドーム、5月14日(土)の福岡ヤフオクドーム、5月21日(土)、22日(日)、23日(月)の東京ドームの計7公演が決定! 30万人の動員を予定している。チケットの一般発売は来年3月26日(土)。

1981年にBOφWYを結成し、1988年のソロデビューを経て、来年35周年を迎えるという長きにわたって氷室を支えてきた多くのファンの期待に応えるべく準備を進める中で、“ライブツアー最終日までまだ時間があるので、応援してくれる皆とゆっくり時間を共有したいと思う”と氷室は語っている。

本人の意向で「KYOSUKE HIMURO LAST GIGS」では、BOφWY時代の楽曲からソロ楽曲まで、氷室が歌ってきたすべての楽曲を対象にリクエストを募り、その結果をライヴ選曲の参考にすることを発表している。12月18日(金)正午より演奏曲のリクエスト投票が特設サイトでスタートする。すでに先行リクエストを受け付けている、カラオケでの歌唱が投票になる「LIVE DAM STADIUMカラオケリクエスト」での結果と合わせて、ライヴ演奏曲の考案に取り入れられることになっている。

■演奏曲リクエスト投票 特設サイト
http://sp.wmg.jp/himuro/
■「LIVE DAM STADIUMカラオケリクエスト」
http://livedam.jp/cp_himuro/

■「KYOSUKE HIMURO LAST GIGS」

4月23日(土) 大阪 京セラドーム大阪
4月24日(日) 大阪 京セラドーム大阪
4月29日(金) 愛知 ナゴヤドーム
5月14日(土) 福岡 ヤフオクドーム
5月21日(土) 東京 東京ドーム
5月22日(日) 東京 東京ドーム
5月23日(月) 東京 東京ドーム

【関連リンク】
氷室京介、ファイナルライブでの演奏曲リクエストを「LIVE DAM STADIUM」にて先行受付開始
氷室京介、2016年春にファイナルライブを開催!
氷室京介、涙と熱気で溢れた横浜スタジアムライブ映像作品が1月21日にリリース
氷室京介、25周年記念ツアー最終日が映像化! FC会員限定でリリース決定!

【関連アーティスト】
BO?WY , 氷室京介
【ジャンル】
ジャパニーズロック

三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE、実写版『テラフォーマーズ』の主題歌を担当
Fri, 18 Dec 2015 13:00:00 +0900
三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE (okmusic UP\'s)

三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEが来年4月29日に公開となる漫画『テラフォーマーズ』の実写映画版の主題歌を担当することがわかった。

【その他の画像】三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE

『テラフォーマーズ』は、累計発行部数1,400万部を突破した、熱狂的人気を誇る漫画。火星地球化“テラフォーミング”計画を始めた2599年の日本を舞台に、異常進化したヒト型のテラフォーマーを駆除するため、火星に送り込まれた日本人15人の、人類の未来を懸けた究極の戦いを描くアクションエンターテイメント作である。

伊藤英明、武井咲、山下智久、山田孝之、小栗旬ら日本を代表する豪華キャストによって完全映画化された本作の注目度は非常に高く、特報素材はすでに再生回数70万回以上を記録している。

三代目 J Soul Brothersメンバーも原作『テラフォーマーズ』の大ファンで、パフォーマーの岩田剛典は「もともと原作コミックのファンで三代目 J Soul Brothersの楽曲が実写化される「テラフォーマーズ」の主題歌に決まって大変光栄に思っています! 映画と共に僕たちの新曲もどうぞ楽しみに待っていてください!」と主題歌決定への喜びをコメント。

メガホンをとった三池崇史監督は、「素敵な事件になることを期待している。なんか、今時の日本映画ってユルいからね。“面白い映画は自分たちで創ろう”っていう主義の私にとって、彼らの音に溢れるヤバさが必要だった。剥き出しのJ Soulを感じながら映画を楽しんで頂きたい」と、彼らならではのパワーに期待を寄せる。

また、本作のプロデューサーである小岩井宏悦は、「実写版「テラフォーマーズ」は、間違いなく2016年、最大規模のエンタメ作品であり、最高にポップでクールな日本映画です。こんな日本最大級の映画の主題歌を背負えるポップでロックでソウルフルなアーティストは、国内には三代目J Soul Brothers。これはおそらく国民の総意だと思います(笑) 。もし、断られたら主題歌はなし!と決めてました」と、当初から彼ら以外には考えられないほど熱望していたとのこと。

制作中の楽曲を聴いた感想についても、「一言で言うと“ヤバい!”です。とにかく聞いていてパワーがもらえる、それでいてどこかエモーションがこもっている、パンチがあってカッコいい。ハートがある熱い男たちへの応援歌を、同じだけハートがある熱い仲間からもらった、と言う印象です。「テラフォーマーズ」という映画にとって、完璧以上の主題歌だと思います」と絶賛している。

三代目 J Soul Brothersが映画主題歌を担当するのは、『アンフェア the end』(2015年9月5日公開)以来2回目となる。

(C)貴家悠・橘賢一/集英社 (C)2016 映画「テラフォーマーズ」製作委員会

【関連リンク】
「日本レコード大賞」記者会見にAKB48、三代目JSB、西内まりやらが登壇し意気込み語る
【音楽ランキング】AKB高橋みなみラストシングルに収録のNHK朝ドラ主題歌がランクイン!
【音楽年間ランキング】シングル1位は三代目JSB、アルバム1位はドリカムベストが獲得!
AKB48、金爆、三代目JSBら「CDTV」年越しライブ第一弾出演アーティスト発表

【関連アーティスト】
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
【ジャンル】
J-POP, 映画

ももちひろこ、NHK『みんなのうた』で放送中の新曲「ぼくのそらとぶじゅうたん」を配信
Fri, 18 Dec 2015 13:00:00 +0900
ももちひろこ (okmusic UP\'s)

ももちひろこが2015年12月よりNHK『みんなのうた』にて放送がスタートしている、新曲「ぼくのそらとぶじゅうたん」を12月18日に配信リリースした。

【その他の画像】ももちひろこ

2011年のデビュー当初より、人々の心を捉えるメロディと情感溢れる歌声で注目された、ももちひろこ。2014年にリリースしたシングル「もしもの話」は「トヨタレンタリース愛知」のCMソングに起用され、全国のFMラジオにおいても絶大な支持を得ている。彼女の代表曲である「and I...」や「きみを幸せにするからね」が動画コミュニティ「MixChannel」で女子中高生層から共感を集め、YouTubeでも再生回数が50万回を越えるなど、確固たる地位を築いている。

そんな彼女がNHK『みんなのうた』に書き下ろした「ぼくのそらとぶじゅうたん」は、「もし、この教室から飛び出して空を飛べたら…」と空想している少年のファンタジーがいっぱいにつまった一曲。

ももちひろこは「小学校の頃の気持ちに戻って曲を作りました」とコメントしており、教室の窓際の席でぼーっと外の景色を眺めているような子どもだったというももちのワクワクしていた気持ちが、軽快なリズムで表現されている。子ども達はもちろん、「元・子ども達」の大人にもワクワクする気持ちが湧き上がってくることは間違いないだろう。

■配信シングル「ぼくのそらとぶじゅうたん」

iTunes他より配信中
¥250(税込)
※NHK「みんなのうた」でオンエア中

【関連リンク】
ももちひろこ オフィシャルHP
ももちひろこ、5年前にリリースした感涙バラード「and I...」がSNSアプリ等で話題に!
映画「洋菓子店コアンドル」主題歌を歌う“ももちひろこ”と蒼井優の対談が公開
超特急が90\'s J-POPに敬意を表し、8cmシングルCDをリリース!

【関連アーティスト】
ももちひろこ
【ジャンル】
J-POP, テレビ(番組/CM)

土屋アンナ、教会にて行なわれたクリスマスライヴで洋楽カヴァーとゴスペルを披露
Fri, 18 Dec 2015 12:00:00 +0900
12月16日@品川教会グローリア・チャペル (okmusic UP\'s)

土屋アンナが12月16日、キリスト品川教会グローリア・チャペルでクリスマスライヴを開催した。

【その他の画像】土屋アンナ

バラエティ番組での破天荒な姉貴キャラから、ファッションショーのトップモデル、映画・舞台女優と、幅広く活躍する土屋アンナ。歌手としての彼女は、アニメ「NANA」の主題歌「rose」に代表されるような本格ロックを歌い、自身がボン・ジョヴィを敬愛するなど、ロックミュージシャンとしてのイメージが強いが、近年彼女が力を傾注しているカテゴリーが、幼少時代から親しんでいるゴスペルだ。

ゴスペルの聖地ともいえるキリスト品川教会グローリア・チャペル(東京)で毎年開催しているクリスマスライヴでは、100名にも及ぶ聖歌隊を従えたゴスペルの伝統的スタイルを取り入れ歌い上げる賛歌が大きな反響を呼んでいる。

今回開催されたクリスマスライヴは、12月9日にリリースされた洋楽カヴァーアルバム『NAKE\'d 〜Soul Issue〜』のCDをそのまま完璧に再現するというブロックと、洋楽カヴァー曲を中心にゴスペルスタイルでパフォーマンスするブロックの2部構成となった。

Sam Smith「STAY WITH ME」、Amy Winehouse「Rehab」などソウルフルな曲から、maroon5「SUNDAY MORNING」、THE FUGEESのカヴァーで有名な「Killing Me Softly With His Song」、Backstreet Boysの大ヒットソング「 I WANT IT THAT WAY」、ジャクソン5「I Want You Back」、そしてChristina Aguilera, Lil\' Kim, Mya, Pinkのコラボカヴァーでおなじみの「Lady Marmalade」など、誰もが一度は耳にしたことがあり、土屋アンナ自身が愛してやまない洋楽の名曲を聖歌隊と共に披露。

また、アンコールで披露したBON JOVIの「Livin\' On A Prayer(Bon Jovi cover)」は、本人だけには事前に知らされておらず、サプライズでの演奏となった。ぶっつけ本番となった歌唱だが、あたふたするも、とても即興とは思えない程の対応と歌唱力を披露した。

その後のシンディ?・ローパーの「True Colors(CYNDI LAUPER cover)」はアンナからの提案で追加アンコールとなるなど、まさに「ライヴ感」あふれるステージとなった。

そして今回のライヴの中から、Amy Winehouse「Rehab」、BEATLES「Let It Be」、BON JOVI「Livin\' On A Prayer」の歌唱映像が公開。映像を見た人からは「このBON JOVIの聖歌隊カヴァーヤバすぎ!」「土屋アンナてこんなに歌上手かったの?」「土屋アンナのイメージが変わった」「カヴァーだけど完全に自分の曲にしてる!」と“魂”で歌うソウルフルな歌唱に多くの驚きと賛辞が寄せられている。

2016年3月11日の自身の誕生日には、ブルーノート東京でのバースデーライヴが決定している土屋アンナ。ぜひ会場に足を運んで、生で彼女の魂の歌に触れて欲しい。

■【THINK! FEEL! and LIVE! 2015.12.16@品川教会】
https://www.youtube.com/watch?v=XmPp5sh3awk

■アルバム『NAKE\'d 〜Soul Issue〜』

発売中
【CD+DVD】
CTCR-14878/B/¥3,300+税
【CD】
CTCR-14879/¥2,000 +税
<収録曲>
■CD
01 STAY WITH ME
02 I WANT IT THAT WAY
03 SUNDAY MORNING
04 Killing Me Softly With His Song
05 I Want You Back
06 Rehab
07 Lady Marmalade
■DVD
NAKE\'d ~Soul Issue~ / Recumentary Film(Live Recording Documentary)
01 STAY WITH ME
02 I WANT IT THAT WAY
03 SUNDAY MORNING
04 Killing Me Softly With His Song
05 I Want You Back
06 Rehab
07 Lady Marmalade

■「ANNA TSUCHIYA NAKE\'d」

3月11日(金) ブルーノート東京

【関連リンク】
土屋アンナ オフィシャルHP
MONKEY MAJIK、初の日本武道館ワンマンが大成功
土屋アンナ、ビートルズの「Let It Be」を歌うライヴ映像がすごいと話題に!
女にだって負けられない戦いがある!

【関連アーティスト】
土屋アンナ
【ジャンル】
J-POP, ライブ

マイケル・ジャクソンの『スリラー』が史上初の30×プラチナ・アルバムに認定
Fri, 18 Dec 2015 12:00:00 +0900
アルバム『スリラー』 (okmusic UP\'s)

1982年の発表以来、全世界で1億5千万枚以上のセールスを記録したマイケル・ジャクソンの『スリラー』が、全米レコード協会によるゴールド&プラチナム・アルバム・プログラム史上初の30×プラチナ・アルバムに認定された。

【その他の画像】マイケル・ジャクソン

RIAA会長兼CEOのケアリー・シャーマンは、「RIAAは音楽業界を代表し、ゴールドおよびプラチナ・アルバムの認定を60年間続けてきましたが、ひとりのアーティストが30×プラチナの境地に達したのは今回が史上初めて。ゴールド&プラチナ・アルバムの歴史に残る唯一無二のステイタスを祝福できて光栄です。私たちの心や音楽史における『スリラー』の不朽の地位に対する、何とたぐいまれな成果であり証しであることでしょう」と語っている。

クインシー・ジョーンズとマイケル・ジャクソンがプロデュースを手がけた歴史的名作『スリラー』は、1982年11月30日の発売以来、かつてどのアルバムも成し得なかったグラミー賞8部門受賞という新記録を達成するなど様々な賞を受賞し、成功の新たな基準を打ち立て続けている。『スリラー』はビルボードのアルバム・チャートに2年半近く登場し続け、37週にわたり1位を記録するという現代の記録も保持している。同作はリリース後最初の80週間をアルバム・チャートの上位10位以内で過ごした史上初のアルバムとなったが、同様の功績を成し遂げたアルバムは発売以来30年以上経った今もわずか1作である。同作はビルボードのアルバム・チャート登場112週目(1984年10月30日)にして、RIAA史上初の20倍プラチナ・アルバムに認定された。『スリラー』は世界的にも、イギリス、フランス、イタリア、オーストラリア、デンマーク、ベルギー、スペイン、アイルランド、ニュージーランド、カナダ、そしてアパルトヘイト当時および廃止以降の南アフリカをはじめ、ほぼすべての国で1位を獲得している。

同作はその多様さと深さによって評価を博した。ローリング・ストーン誌は同作をマイケルにとっての“重大な転機"と呼び、ニューズウィーク誌は「マイケルの声はこれらの曲と一体化し、ハートを与える…これこそが、この音楽を不朽のものにするのだ」と予言的に記している。
このアルバムからは7曲がトップ10シングルとなり、「今夜はビート・イット」「ビリー・ジーン」が1位となった。収録された全9曲が地球上の全人類の心や記憶に永遠に居場所を残している。

『スリラー』は単なる1作のアルバムに留まらず、20世紀と21世紀の両方においてグローバルな文化的マルチメディア現象であり続け、音楽の境界線を打ち破り、ポップスの限界を永遠に押し広げている。『スリラー』の楽曲の力強さと特異性は、同作に先んじたロック、ポップス、ソウルのあらゆる定義の域を超えるものだった。エディ・ヴァン・ヘイレンの扇情的なギターを擁する「今夜はビート・イット」は、ポップスとロックの新種のハイブリッドとして、黒人と白人の音楽の長期にわたった棲み分けを打破した。『ザ・ガール・イズ・マイン』では黒人男性と白人男性が同じ女性について軽口を叩き合った。同じアルバムにはアフリカ音楽に根ざした「スタート・サムシング」や、リズム&ブルースに根ざした「ビリー・ジーン」が収録されていた。これほど多彩な内容のアルバムをリリースした者はかつて誰ひとり存在しなかった。

「マイケルの人種的先導者としての最も重大な功績は恐らくミュージック・ビデオに関するものだろう」。ジョー・ヴォーゲルは著書『マイケル・ジャクソン コンプリート・ワークス』の中でそう記している。黎明期にあったこの芸術様式に魅了されたマイケルは、壮大なスケールでストーリーを語り、楽しませることを臨んだ。

「ビリー・ジーン」が官能的な映画撮影技術、ドラマティックな物語、そして圧巻の振り付けを擁していたにもかかわらず、ほぼ白人ロック・アーティスト限定の編成を行っていた黎明期のMTVは放映を拒否した。エピックは粘り続けた。壁が崩壊するとMTVの視聴率は急上昇し、アフリカ系アメリカ人アーティストの一世代に門戸が開かれた。「彼はMTVのジャッキー・ロビンソンだったのです」と文化評論家のトゥーレは評している。続いて、マイケルが音楽とダンスの力で2組のギャングを引き合わせる、

「今夜はビート・イット」の忘れられないショート・フィルムが登場した。そして、極めつけが「スリラー」だった。1983年にロサンゼルスのAVCOシアターで初演された同作は、その後3週間連続でソールド・アウトとなった。これほどの興奮を生み出し、30年以上を経ても人々の注目を集め続け共通の記憶であり続けてきたビデオは後にも先にも存在しない。同作は現在も、米国議会図書館によってアメリカ国立フィルム登録簿入りに選ばれた唯一のミュージック・ビデオである。

『スリラー』の重要性はグラミー賞において、マイケル・ジャクソンの業界仲間たちに認識されている。『スリラー』は12部門でノミネートされるという新記録を打ちたて、うち8部門を受賞。これはアルバム1作が受賞したグラミー賞の数として史上最多である。同年の受賞のうち、アルバム・オブ・ザ・イヤー、レコード・オブ・ザ・イヤー(「ビート・イット」)、最優秀男性ポップ・ヴォーカル(「スリラー」)、最優秀エンジニア録音(クラシック以外)(『スリラー』)、最優秀男性ロック・ヴォーカル(「ビート・イット」)、最優秀男性R&Bヴォーカル(「ビリー・ジーン」)、最優秀R&B楽曲(「ビリー・ジーン」)の7部門はマイケルに贈られている。(マイケルが同年受賞した8つ目のグラミー賞は、『E.T.』に贈られた最優秀児童向けレコード部門だった。)同年、マイケル・ジャクソンはアメリカン・ミュージック・アワードを8部門と、MTVビデオ・ミュージック・アワードを3部門受賞。翌年には『ザ・メイキング・オブ・マイケル・ジャクソンズ・スリラー』が第27回グラミー賞において最優秀ビデオ・アルバムのトロフィーを獲得した。

マイケル・ジャクソンはそのたぐいまれなキャリアを通じて全世界で10億枚以上もの作品を売り上げ、13曲のシングルがナンバー・ワンとなり、ロックンロールの殿堂入りを2度果たしたごく少数のアーティストのひとりとなった。『ギネスブック』はジャクソンを「史上最高の成功を収めたエンタテイナー」に、『スリラー』を「史上最高の売り上げを博したアルバム」と認定している。彼の芸術性、振り付け、音楽は、ポップス、ソウル、R&B、ヒップホップのアーティストとファンに、何世代にもわたってインスピレーションを与え続けている。

エピック・レコーズ会長兼CEOのL.A.リードはこう語る。「マイケル・ジャクソンがひとえに史上最高にして最大のアーティストであることは火を見るより明らかです。彼はチャート上のヒットや売り上げの統計が驚異的であるだけでなく、この世のものとは思えないほど純粋な音楽性の持ち主でした。『スリラー』は画期的かつ衝撃的な作品でした。…完成の域そのものだったのです。マイケルがエピック・レコーズの核心にいることは私にとってこの上ない誇りです。彼はいつまでも唯一無二のキング・オブ・ポップであり続けることでしょう」。

マイケル・ジャクソンの遺産管理を務めるジョン・ブランカとジョン・マクレインはこう語っている。「1億枚を超えるセールス。そして今もなお売れ続けている。『スリラー』のような現象は他にありませんでした。マイケルはそのクリエイティヴィティを思う存分発揮し、感情の深みを探索し、音の革新の限界を押し広げました。そのプロセスの中で音楽業界の壊滅的な障壁を突破し、自身の音楽を通じて文字通り世界をひとつにしたのです。マイケル・ジャクソンの音楽によって活気付けられなかった場所などこの惑星には存在しません。『スリラー』はリリースから30年を経ても啓示的であり続けているのです」

『スリラー』をはじめマイケルのヒット作は、シルク・ドゥ・ソレイユとマイケル・ジャクソン遺産管理会が共同でプロデュースを手がける人気のラスベガス公演『マイケル・ジャクソン ONE』にフィーチャーされている。『マイケル・ジャクソン ONE』はラスベガスのマンダレイ・ベイ・ホテル内マイケル・ジャクソン ONEシアターでソールド・アウトを続け、ファンを感嘆させていると共に、そのレガシーを新しい世代にも受け継いでいる。

■「BILLIE JEAN」MV
https://www.youtube.com/watch?v=Zi_XLOBDo_Y

■「BEAT IT」MV
https://www.youtube.com/watch?v=Ym0hZG-zNOk

■「THRILLER」MV
https://www.youtube.com/watch?v=izS67QTVAjk

【関連リンク】
マイケル・ジャクソン オフィシャルHP
デヴィッド・ボウイ、新作『★』からの最新シングルは「ラザルス」
面倒な掃除を楽しくノリノリに変えるオススメ5曲
ドライブ中に大声で歌ってストレス解消できる5曲

【関連アーティスト】
マイケル・ジャクソン
【ジャンル】
ロック/ブルース(洋楽)

大橋トリオ、新曲がハウスメイト新作CMソングに決定
Fri, 18 Dec 2015 11:00:00 +0900
大橋トリオ (okmusic UP\'s)

先日、約1年ぶりのオリジナルアルバム『10(TEN)』のリリースを発表した大橋トリオ。同ニューアルバムに収録される新曲「愛で君はきれいになる」が12月19 日(土)より全国で放送開始の「ハウスメイトTVCMソング」に決定した。今回のCM テーマである「まごころ」を表現した書き下ろし楽曲で、思いやり溢れるCMの世界観と見事にマッチした大橋トリオらしい1曲に仕上がっている。

【その他の画像】大橋トリオ

2016年2月3日に発売される新作『10(TEN)』は、"歌"と"リズム"で極限までにシンプルにロックした、通算10枚目のオリジナルアルバム。2013 年に「ロック」をテーマに発表されたアルバム『plugged』の延長線上にあるものの、より彼の真骨頂であるピアノ、キーボード、ギターにフォーカスし、ピアノロックやディスコファンクなどのテイストを反映した個性的な楽曲達で新たなるサウンドスケープを展開! まさに大橋トリオのメロウネス・ロックと呼べる作品に仕上がっている。

そして、DVD付きには新曲「愛で君はきれいになる」のMVと前回のNHKホールでのツアーファイナルライブ映像を完全収録。さらに大橋トリオの映像を高画質・高音質で楽しめるBlu-ray盤の発売も決定している。

このオリジナルアルバムを引っさげた全国ホールツアーも決定しているのでぜひそちらもチェックしてほしい。

■『ohashiTrio TOUR 2016 〜10【TEN】〜』

4月01日(金) 新潟 新潟市音楽文化会館
4月03日(日) 長野 北野文芸座
4月09日(土) 神奈川 関内ホール
4月14日(木) 兵庫 神戸朝日ホール
4月16日(土) 静岡 浜松勤労会館Uホール
4月21日(木) 福島 福島テルサFTホール
4月23日(土) 宮城 日立システムズホール仙台・シアターホール
4月29日(金) 石川 石川県文教会館
5月01日(日) 大阪 オリックス劇場
5月19日(木) 熊本 くまもと森都心プラザ・プラザホール
5月21日(土) 福岡 福岡市民会館
5月27日(金) 岡山 山陽新聞さん太ホール
5月29日(日) 広島 NTTクレドホール
6月04日(土) 愛知 日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール
6月10日(金) 東京 NHKホール

【関連リンク】
大橋トリオ オフィシャルHP
シシド・カフカ、セッションミニアルバムの全貌が判明
大橋トリオの新曲MVを斎藤工が初監督
宇多田ヒカル、ソングカバー・アルバム収録曲&参加アーティストからのコメントを発表

【関連アーティスト】
大橋トリオ
【ジャンル】
ジャパニーズロック, テレビ(番組/CM)

超特急が90\'s J-POPに敬意を表し、8cmシングルCDをリリース!
Fri, 18 Dec 2015 00:00:00 +0900
シングル「No More Cry[3rd Anniversary Special!!!!!!!!ver.]」 (okmusic UP\'s)

小室哲哉氏から楽曲提供を受け、TRFと2MANライブを行うなど、時代も世代も飛び越えて音楽とダンスを媒介にすべてのエンタテイメントを繋ぐ超特急。そんな彼らが90\'s J-POPに敬意を表して、2015年の今、8cmシングルCDをリリースする。

【その他の画像】超特急

配信限定で販売してきた「No More Cry[3rd Anniversary Special!!!!!!!!ver.]」にglobeカバー楽曲「Love again」をカップリングで収録! ジャケットは8cmシングルの特徴である短冊形をフルに生かしたデザインとなっている。

初回プレスのみの製造販売となり、12月23日と24日に代々木第一体育館で開催される単独ライブ2daysでの会場で先行販売、そして、2016年1月2日よりHMV店舗・HMV&BOOKS TOKYO・ローチケHMV(オンライン)にて数量完全限定で販売開始される。

【超特急メンバーコメント】
■1号車・コーイチ
初のカバー曲「Love again」と3rd Anniversary Special!!!!!!!!の「No More Cry」という大切な2曲を記念すべき1枚に収めました。
そんな想いのつまった今回の8cmシングルを代々木で手に取っていただけると嬉しいです。

■シングル「No More Cry[3rd Anniversary Special!!!!!!!!ver.]」

2015年12月23日(水)発売
ZXRC-1053/¥1,000(税込)
<収録曲>
M-1: No More Cry[3rd Anniversary Special!!!!!!!!ver.]
M-2:Love again
M-3: No More Cry[3rd Anniversary Special!!!!!!!!ver.] オリジナルカラオケ
M-4: Love again オリジナルカラオケ
※代々木第一体育館ライブ会場(12月23・24日)にて数量限定先行販売
※2016年1月2日よりHMV店舗・HMV&BOOKS TOKYO・ローチケHMV(オンライン)にて数量完全限定販売開始
(2016年12月25日10時〜予約受付開始)

■『超特急 CHRISTMAS ONEMAN LIVE 2015 Fantasy Love Train〜君の元までつながるRail〜』

12月23日(水・祝)  国立代々木競技場 第一体育館
開場 17:00/開演 18:00
12月24日(木) 国立代々木競技場 第一体育館
開場 18:00/開演 19:00

【関連リンク】
超特急 オフィシャルHP
超特急、デザートバイキング「スイーツパラダイス」とのコラボレーションを発表
超特急、12月15日放送『ペケポンプラス』でゴールデン初出演
globe、カバーアルバム参加アーティスト第2弾と収録内容を発表

【関連アーティスト】
超特急
【ジャンル】
J-POP

超特急×タワーレコード渋谷店、2日限定のコラボ企画を開催
Fri, 18 Dec 2015 00:00:00 +0900
超特急×タワーレコード渋谷店 コラボレーション・ポスター (okmusic UP\'s)

12月23日(水・祝)と24日(木)に国立代々木競技場 第一体育館 にてワンマンライブ2days「超特急 CHRISTMAS ONEMAN LIVE Fantasy Love Train〜君の元までつながるRail〜」を開催する超特急が、タワーレコード渋谷店とのコラボレーション企画を2日限定で開催する。

【その他の画像】超特急

今回渋谷店で開催するコラボの内容は3つ。まず、ワンマンライブが開催される今月23日と24日の2日間限定で、渋谷店8FのSpaceHACHIKAIにて、2013年12月24日 Zepp DiverCityで開催されたファンミーティング内でのみ披露した「ヲタ特急」のパフォーマンスと、当日のメイキング映像を上映(入場料:¥1,600 税込)。

そして、渋谷店1Fエントランスでは、コラボカップドリンクを販売。コラボカップには「FANTASY LOVE TRAIN」ロゴとライブの日付入りだ。また、1F店内にて、2014年12月25日 東京国際フォーラム ホールAで開催したライブ時にメンバーが着用した衣装を展示。(※衣装展は12月21日〜27日開催)

さらに、コラボドリンクのレシートを持って同日に渋谷店8Fでの上映会にご来場の方には数量限定で「FANTASY LOVE TRAIN」ロゴ缶バッジをプレゼント、という特典付きだ。

どのコラボレーションも、タワレコ渋谷店で2日間しか体験できないファンには貴重なコラボレーションとなるので、ライブ前、ライブを観た翌日など、お早目に足を運んでほしい。

【超特急メンバー コメント】
■2号車 カイ
「8号車の皆様に僕たち超特急からのとても素敵なクリスマスプレゼントになるかと思いますので、ぜひぜひ楽しんでほしいです!」

■超特急×タワーレコード渋谷店 2日限定コラボレーション

【コラボ企画?1】
『Zepp DiverCity Tokyo 2013 BULLET TRAIN FAN MEETING Vol.06 act1 ヲタ特急 & Making of FAN MEETING Vol.06』上映会

SpaceHACHIKAIにて、2013年開催のファンミーティング秘蔵映像上映会開催! 2013年12月24日 Zepp DiverCityで開催されたファンミーティング内でのみ披露された「ヲタ特急」のパフォーマンスと、当日のメイキング映像を上映。当日の来場者しか見る事が出来なかった幻のアクトが遂に解禁。2014年夏のZepp TOURにも登場した「ヲタ特急」の原点がここに! さらに、メイキング映像では、一体何回着替えるの!?という早着替えの裏側(!)や、あの“イブの奇跡"まで、余すところなくお見せします!!この機会を逃したら、もはや見ることさえも叶わないかもしれない貴重映像のオンパレード!
■会場:
タワーレコード渋谷店8F SpaceHACHIKAI 
■上映スケジュール:
12月23日(水・祝)・24日(木)各日5回上映
1部:11:00/ 2部:12:30/3 部:14:00/4部:15:30/5部:17:00
■上映時間:47分
■チケット料金:¥1600
※チケットは各日上映分を当日朝10時〜会場入口にて販売いたします。
例)12月24日 (木)17時上映回分チケット⇒12月24日(木)朝10時〜販売
※チケットの購入は1会計につき1枚までの販売となります。
お支払いは現金のみご利用可能です。クレジット、金券、クーポン類、ポイント利用などはできませんのでご了承ください。
※チケットは整理番号順にお渡しします。
※各回開演15分前に会場入り口に集合、整理番号順での入場となります。
※購入後の上映回・上映日の変更・キャンセルによる返金はできません。
※着席でのご鑑賞です。
※各回、予定枚数がなくなり次第、終了となります。

【コラボ企画?2】
1Fエントランスにてコラボカップドリンク販売!

ライブ当日の2日間限定でコラボカップドリンクを販売いたします! コラボカップには「FANTASY LOVE TRAIN」ロゴとライブの日付入り!
■販売時間:
12月23日(水・祝)・24日(木)各日10:00〜21:00
■メニュー:
・ホットカフェオレ
・ロイヤルミルクティ
・ホットココア
各¥650(税込)
コラボカップドリンク購入後、購入時のレシートを持って同日に渋谷店8Fでの上映会にご来場の方に「FANTASY LOVE TRAIN」ロゴ缶バッジをプレゼント! 缶バッジのカラーはもちろん7色!
※缶バッジのカラーはランダムでのお渡しです。色はお選びいただけませんのでご了承ください。
※缶バッジのカラーはそれぞれ予定数がなくなり次第、終了となります。
※お支払いは現金のみご利用可能です。クレジット、金券、クーポン類、ポイント利用などはできませんのでご了承ください。

【コラボ企画?3】
1F店内にて衣裳展開催!

2014年12月25日 東京国際フォーラム ホールAで開催したライブ時にメンバーが着用したメンバーカラーのチェックが印象的な衣装を展示!
■展示スペース
タワーレコード渋谷店1F店内
■展示期間 
12月21日(月)〜27日(日)

【関連リンク】
超特急 オフィシャルHP
超特急、デザートバイキング「スイーツパラダイス」とのコラボレーションを発表
超特急、12月15日放送『ペケポンプラス』でゴールデン初出演
globe、カバーアルバム参加アーティスト第2弾と収録内容を発表

【関連アーティスト】
超特急
【ジャンル】
J-POP













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1