歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2015年12月11日)
バックナンバー
最新ニュース
2015/12/20
2015/12/19
2015/12/18
2015/12/17
2015/12/16
2015/12/15
2015/12/14
2015/12/13
2015/12/12
2015/12/11
2015/12/10
2015/12/09
2015/12/08
2015/12/07
2015/12/06
2015/12/05
2015/12/04
2015/12/03
2015/12/02
2015/12/01
2015/11/30
2015/11/29
2015/11/28
2015/11/27
2015/11/26
2015/11/25
2015/11/24
2015/11/23
2015/11/22
2015/11/21
2015/11/20
2015/11/19
2015/11/18
2015/11/17
2015/11/16
2015/11/15
2015/11/14
2015/11/13
2015/11/12
2015/11/11
2015/11/10
2015/11/09
2015/11/08
2015/11/07
2015/11/06
2015/11/05
2015/11/04
2015/11/03
2015/11/02
2015/11/01
2015/10/31
2015/10/30
2015/10/29
2015/10/28
2015/10/27
2015/10/26
2015/10/25
2015/10/24
2015/10/23
2015/10/22
2015/10/21
2015/10/20
2015/10/19
2015/10/18
2015/10/17
2015/10/16
2015/10/15
2015/10/14
2015/10/13
2015/10/12
2015/10/11
2015/10/10
2015/10/09
2015/10/08
2015/10/07
2015/10/06
2015/10/05
2015/10/04
2015/10/03
2015/10/02
2015/10/01
2015/09/30
2015/09/29
2015/09/28
2015/09/27
2015/09/26
2015/09/25
2015/09/24
2015/09/23
2015/09/22
2015/09/21
2015/09/20
2015/09/19
2015/09/18
2015/09/17
2015/09/16
2015/09/15
2015/09/14
2015/09/13
2015/09/12
2015/09/11
2015/09/10
2015/09/09
2015/09/08
2015/09/07
2015/09/06
2015/09/05
2015/09/04
2015/09/03
2015/09/02
2015/09/01
2015/08/31
2015/08/30
2015/08/29
2015/08/28
2015/08/27
2015/08/26
2015/08/25
2015/08/24
2015/08/23
2015/08/22
2015/08/21
2015/08/20
2015/08/19
2015/08/18
2015/08/17
2015/08/16
2015/08/15
2015/08/14
2015/08/13
2015/08/12
2015/08/11
2015/08/10
2015/08/09
2015/08/08
2015/08/07
2015/08/06
2015/08/05
2015/08/04
2015/08/03
2015/08/02
2015/08/01
2015/07/31
2015/07/30
2015/07/29
2015/07/28
2015/07/27
2015/07/26
2015/07/25
2015/07/24
2015/07/23
2015/07/22
2015/07/21
2015/07/20
2015/07/19
2015/07/18
2015/07/17
2015/07/16
2015/07/15
2015/07/14
2015/07/13
2015/07/12
2015/07/11
2015/07/10
2015/07/09
2015/07/08
2015/07/07
2015/07/06
2015/07/05
2015/07/04
2015/07/03
2015/07/02
2015/07/01
2015/06/30
2015/06/29
2015/06/28
2015/06/27
2015/06/26
2015/06/25
2015/06/24
2015/06/23
2015/06/22
2015/06/21
2015/06/20
2015/06/19
2015/06/18
2015/06/17
2015/06/16
2015/06/15
2015/06/14
2015/06/13
2015/06/12
2015/06/11
2015/06/10
2015/06/09
2015/06/08
2015/06/07
2015/06/06
2015/06/05
2015/06/04
2015/06/03
2015/06/02
2015/06/01
2015/05/31
2015/05/30
2015/05/29
2015/05/28
2015/05/27
2015/05/26
2015/05/25
2015/05/24
2015/05/23
2015/05/22
2015/05/21
2015/05/20
2015/05/19
2015/05/18
2015/05/17
2015/05/16
2015/05/15
2015/05/14
2015/05/13
2015/05/12
2015/05/11
2015/05/10
2015/05/09
2015/05/08
2015/05/07
2015/05/06
2015/05/05
2015/05/04
2015/05/03
2015/05/02
2015/05/01
2015/04/30
2015/04/29
2015/04/28
2015/04/27
2015/04/26
2015/04/25
2015/04/24
2015/04/23
2015/04/22
2015/04/21
2015/04/20
2015/04/19
2015/04/18
2015/04/17
2015/04/16
2015/04/15
2015/04/14
2015/04/13
2015/04/12
2015/04/11
2015/04/10
2015/04/09
2015/04/08
2015/04/07
2015/04/06
2015/04/05
2015/04/04
2015/04/03
2015/04/02
2015/04/01
2015/03/31
2015/03/30
2015/03/29
2015/03/28
2015/03/27
2015/03/26
2015/03/25
2015/03/24
2015/03/23
2015/03/22
2015/03/21
2015/03/20
2015/03/19
2015/03/18
2015/03/17
2015/03/16
2015/03/15
2015/03/14
2015/03/13
2015/03/12
2015/03/11
2015/03/10
2015/03/09
2015/03/08
2015/03/07
2015/03/06
2015/03/05
2015/03/04
2015/03/03
2015/03/02
2015/03/01
2015/02/28
2015/02/27
2015/02/26
2015/02/25
2015/02/24
2015/02/23
2015/02/22
2015/02/21
2015/02/20
2015/02/19
2015/02/18
2015/02/17
2015/02/16
2015/02/15
2015/02/14
2015/02/13
2015/02/12
2015/02/11
2015/02/10
2015/02/09
2015/02/08
2015/02/07
2015/02/06
2015/02/05
2015/02/04
2015/02/03
2015/02/02
2015/02/01
2015/01/31
2015/01/30
2015/01/29
2015/01/28
2015/01/27
2015/01/26
2015/01/25
2015/01/24
2015/01/23
2015/01/22
2015/01/21
2015/01/20
2015/01/19
2015/01/18
2015/01/17
2015/01/16
2015/01/15
2015/01/14
2015/01/13
2015/01/12
2015/01/11
2015/01/10
2015/01/09
2015/01/08
2015/01/07
2015/01/06
2015/01/05
2015/01/04
2015/01/03
2015/01/02
2015/01/01
2014/12/31
2014/12/30
2014/12/29
2014/12/28
2014/12/27
2014/12/26
2014/12/25
2014/12/24
2014/12/23
2014/12/22
2014/12/21
2014/12/20
2014/12/19
財部亮治、初の東京ワンマンを2月13日(土)に渋谷ラママにて開催
Fri, 11 Dec 2015 20:30:00 +0900
財部亮治 (okmusic UP\'s)

財部亮治が12月11日に行なった地元・福岡でのライヴ中に、初の東京でのワンマンライヴを2月13日(土)に渋谷ラママで開催することを発表した。

【その他の画像】財部亮治

楽曲制作のみならず、自身で映像制作も手がけ、MVを作品としてYouTubeを中心に発信し、YouTube FanFest JapanではWORLD ORDERやHome Sessionsとのコラボレーションしパフォーマンスを行うなど、マルチに活躍する新世代クリエイターの財部亮治。

彼が音楽クリエイターと志すキッカケとなり、多重録音を駆使して自身一人が発した音で楽曲を構築するスタイルを生み出す基になったのは、海外ドラマ「glee」。原点を見つめ直すと共に、ネットを中心とした活動のフィールドを拡げ新たな一歩を踏み出すという意味合いから、イベントタイトルに「Season 1」と付けられた。

なお、今回のチケットはオンラインチケット販売サービスPeatixでの販売となる。YouTubeでは3万人以上のファンを獲得し、今後さらに多角的な活動を行っていく財部亮治の活躍に注目しよう。

■財部亮治 YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCWDA90eEvGBgtbOM997aStw
■オフィシャル Twitter
https://twitter.com/Ryoji_Takarabe
■オフィシャル FACEBOOK
https://www.facebook.com/rjryojitakarabe/

■「財部亮治ワンマンライブ 〜Season 1〜」

2月13日(土) 渋谷ラママ
11:45 開場 / 12:30 開演
チケット:前売 ¥2,500 / 当日 ¥3,000
※ご入場は、チケットのQRコードを読込みによる受付となります。

■Peatix
http://peatix.com/event/134823

【関連リンク】
FUKI、初のコンセプトアルバム『キミへ ~Love Song Collection~』の発売が決定
たんこぶちん、10代完結盤となる4thアルバムの発売が決定
【連載コラム】蟹江一平、「夢の四十路」について考える(第18夜)
大塚愛の2大ライブを収めたBD&DVDジャケ公開、トリッキーボンボンが並んだ遊び心満載の内容に

【関連アーティスト】
財部亮治
【ジャンル】
J-POP

城 南海、名古屋にて開催される韓国歴史ドラマオフィシャルコンサートに歌唱出演決定
Fri, 11 Dec 2015 20:00:00 +0900
城 南海 (okmusic UP\'s)

2016年3月25日(金)に愛知県芸術劇場 大ホールで開催される「チャングム&イ・サン&トンイの世界 ドラマ・シンフォニー」へ、城南海が歌唱出演することが決定した。

【その他の画像】城南海

CBCテレビの放送でも好評を博した韓国歴史ドラマの大ヒット3作品『宮廷女官チャングムの誓い』『イ・サン』『トンイ』のオフィシャル・コンサートとなるこの公演は、2015年3月末に東京国際フォーラム・ホールAで開催された東京公演への再演の希望を受け開催されるもの。半世紀の歴史を誇る名古屋フィルハーモニー交響楽団を、ポップスオーケストラの匠・藤野浩一が率い、司会には「紅白歌合戦」の司会を6年連続で務め現在フリーアナウンサーとして活躍する宮本隆治が務める。名古屋で1日限りとなる豪華絢爛な祭典をお見逃しなく。

なお、チケットの発売は12月19日(土)より一般発売となるが、12月12日(土)から特別先行予約も開始されるので、気になる方は公演のオフィシャルHPで確認を。

■「チャングム&イ・サン&トンイの世界 ドラマ・シンフォニー」オフィシャルHP
http://hicbc.com/event/nagoyads/

■【「チャングム&イ・サン&トンイの世界」 ドラマ・シンフォニー 名古屋公演 詳細】

3月25日(金) 愛知県芸術劇場 大ホール
14:00開演/17:30時開演 (2回公演)
チケット料金:S席/¥9,800 A席/¥7,800 B席/¥6,800
<音楽監督>
イム・セヒョン(作詞・作曲)
<監督>
イ・ビョンフン
<演奏>
名古屋フィルハーモニー交響楽団
<指揮・編曲>
藤野 浩一
<司会>
宮本 隆治
<シンガー>
城 南海(キズキ ミナミ)
<合唱>
名古屋少年少女合唱団
※出演者は予告なく変更になる場合がございますので予めご了承ください。

■城 南海ワンマンライブ「ウタアシビ2016春」

3月05日(土)  umeda AKASO 
3月12日(土)  名古屋BL cafe 
3月19日(土)  日本橋三井ホール 

■「月と月」MV
https://youtu.be/FaEKNV3HUzI

【関連リンク】
城 南海 オフィシャルHP
城南海、幻想的な空間で歌う「月と月」MVを公開
城 南海、カバーアルバム『サクラナガシ』発売&先行配信決定
城 南海がJ-MELOのEDを担当! 奄美大島の方言で平和を歌う!

【関連アーティスト】
城南海
【ジャンル】
J-POP

デヴィッド・ボウイ、新作『★』透明アナログ盤をSony Music Shopにて数量限定販売
Fri, 11 Dec 2015 19:30:00 +0900
アルバム『★』【完全生産限定盤[輸入盤]】 (okmusic UP\'s)

デヴィッド・ボウイが69回目の誕生日にあたる2016年1月8日に世界発売するニュー・アルバム『★』の透明アナログ盤(D2C Clear Vinyl 輸入盤)を、Sony Music Shopにて100セット限定発売する事が決定した。

【その他の画像】David Bowie

こちらは世界では5,000セットの完全限定生産盤となるだけに、即完売が予想されるファン必携の激レア・アイテムだ。通常の黒いレーベル面とは違った、美しくクリアな『★』透明アナログ盤は180g重量盤、16ページブックレットが付属した仕様となり、12月11日よりSony Music Shopにて予約がスタートしている。なお、在庫がなくなり次第、終了となるので、お早めの予約をおすすめしたい。

新作『★』は、デヴィッド・ボウイと"70年代のボウイを創った男"とも言える盟友トニー・ヴィスコンティがプロデュースを手掛け、ダニー・マッキャスリン(Saxophone, Flute, Woodwind)、マーク・ジュリアナ(Drums, Percussion)、ジェイソン・リンドナー(Piano, Wurlitzer Organ, Keyboards)ら“新世代のジャズ・シーン"を牽引するアーティストや、2011年に解散したLCDサウンドシステムの中心人物、ジェームス・マーフィーがPercussionで参加を果たしている事でも話題を集めている。

2013年、世界中の誰もが驚いたデヴィッド・ボウイの予期せぬ復活劇は「事件」として瞬く間に全世界を駆け巡り、10年振りの新作にしてロック史上最大のカムバック作となった『ザ・ネクスト・デイ』の発売から3年。時代と共に変化をし続ける、ボウイが創造した次なる芸術形式とは? その答えが『★』で明らかになるだろう。

■Sony Music Shop アルバム『★』予約ページ
http://www.sonymusicshop.jp/DBowie_CVinyl/

■LPパッケージ動画
https://youtu.be/cbOMaEnb3MQ

■アルバム『★』

2016年1月8日発売予定
【完全生産限定盤 [輸入盤]】
※Sony Music Shop限定販売:限定100セット
※透明アナログ盤 180g重量盤
※16ページ ブックレット付き
※在庫がなくなり次第終了となります。お早めにお買い求め下さい。
<収録予定曲>
■Side A
A1. Blackstar
A2. \'Tis a Pity She Was a Whore
A3. Lazarus
■Side B
B1. Sue (Or In a Season of Crime)
B2. Girl Loves Me
B3. Dollar Days
B4. I Can\'t Give Everything Away

【関連リンク】
デヴィッド・ボウイ オフィシャルHP
デヴィッド・ボウイの新作『★』に新世代ジャズシーンを牽引する豪華アーティストが参加
きゃりーぱみゅぱみゅ、衝撃の仮装“ベティちゃん”に続いて“デヴィッド・ボウイ”に挑戦!?
異能の才を振りまいたデヴィッド・ボウイ! グラムロック期の名作『Aladdin Sane』!

【関連アーティスト】
David Bowie
【ジャンル】
ポップス(洋楽)

LUI FRONTiC 赤羽JAPAN、1stアルバム完成&リリースパーティーの開催を発表
Fri, 11 Dec 2015 19:00:00 +0900
LUI FRONTiC 赤羽JAPAN (okmusic UP\'s)

2015年1月11日に活動休止をかけて行なわれたインディーズ・ラスト・ワンマンライブ渋谷CLUB QUATTRO公演から1年。LUI FRONTiC 赤羽JAPANの心意気がギッシリ詰まった1stフル・アルバム『UP! UP!! UP!!!』が遂に完成した。

【その他の画像】LUI FRONTiC 赤羽JAPAN

ジャケットビジュアルは彼らの遊び心をアメリカンコミック風で表現。本作には1stシングル「リプミー」、2ndシングル「ワンダーループ」、 “今"の彼のリアルな心意気が描かれた超ポジティブソング「フラチネ」、アコースティックライヴでは外せない「どうして」が卒業ソングとして生まれ変わった「セカンドブルー」、その他ライヴではお馴染みの「瑠璃色の名前抱いて」「tarite」も収録される。更に通常盤にはアカバネーゼ(ファン総称)からCD化の要望が高かった「ハナレバナレ」のアコースティックヴァージョンをボーナストラックとして収録。なお、新曲「フラチネ」が12月13日(日)に放送されるプールイのレギュラー番組NACK5「プールイのアルシェでLuiLui」にてラジオ初オンエアされるとのこと。アカバネーゼはこちらも楽しみに待とう。

また、オフィシャルHPではこの作品のリリースパーティとしてLUI FRONTiC 赤羽JAPAN初の主催イベント開催とドラマーオーディションも発表されたので、是非チェックしてみてほしい。

■アルバム『UP! UP!! UP!!!』

2016年1月27日発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
UPCH-7098/¥4,500(税込)
【通常盤】(CD)
UPCH-2069/¥3,000(税込)
<収録曲>
■CD
1.スマッシュヒット
2.フラチネ
3.ワンダーループ
4.tarite
5.瑠璃色の名前抱いて
6.セカンドブルー
7.シェアプリ
8.明日から
9.リプミー
10.明日世界が終わるなら
-Bonus Track- ※通常盤のみ
「ハナレバナレ(acoustic ver.)」
■DVD ※初回限定盤のみ
・「リプミー」MV
・「ワンダーループ」MV
・「フラチネ」MV

■『LUI FRONTiC 赤羽JAPAN presents「A-nation vol.1」~1st ALBUM「UP!UP!!UP!!!」Release Party~』

2016年1月30日(土) 下北沢 CLUB QUE
Open 17:30 / Start 18:00
出演:LUI FRONTiC 赤羽JAPAN/and more!

<チケット>
料金:¥2,500(税込)※入場時にドリンク代が別途必要
一般発売日:12月26日(土) AM10:00〜

【関連リンク】
LUI FRONTiC 赤羽JAPAN オフィシャルHP
LUI FRONTiC 赤羽JAPAN、1stアルバム『UP! UP!! UP!!!』を2016年1月27日にリリース
LUI FRONTiC 赤羽JAPAN、新たな決意を胸にワンマンライブを開催
LUI FRONTiC 赤羽JAPAN、全国ツアーの中止&フリーライブ開催を発表

【関連アーティスト】
LUI FRONTiC 赤羽JAPAN
【ジャンル】
ジャパニーズロック

I Don\'t Like Mondays.、イタリアにてロケを敢行した「LOVE YOURSELF」MV公開
Fri, 11 Dec 2015 18:30:00 +0900
I Don’t Like Mondays. (okmusic UP\'s)

I Don\'t Like Mondays.が、1stアルバム『TOKYO』収録曲「LOVE YOURSELF」のミュージック・ビデオを公開した。

【その他の画像】I Don\'t Like Mondays.

このミュージック・ビデオは今秋にバンドが訪れたミラノで、メンバー自身の手によって撮影された映像を編集した作品。広場でのストリート・パフォーマンスや人々とのユーモラスな交流、また現地でのプレイボーイぶり(!)など、彼らの素の魅力を余すところなく伝えるMVとなっている。

また、12月23日に初めて配信限定でリリースするシングル「Girlfriend」のジャケット写真も公開された。こちらは前出のパリと同時期に訪れたパリの街頭でのポートレートで、1stアルバム『TOKYO』のジャケットを手掛けて以来親交を深めている世界的なフォトグラファー LESLIE KEEの撮影によるもの。揃いのファッションにサングラスでキメた彼ららしい精悍なビジュアルとなっている。楽曲はキャッチーかつグルーヴィで、冬のラヴ・ソングの新定番になりそうな仕上がりになっており、女性ファンのみならず楽しめる内容だ。近日彼らのラジオ・レギュラー番組でもO.A.が予定されているので是非チェックしてほしい。

バンドは2016年3月12日(土)に2度目となるワンマン・ライヴ『TOKYO 2016』を渋谷クラブ・クアトロで行なうことが決定しているが、その前に年内3本の東名阪ツアー(poreheadとの2マン)、そして1月31日(日)にはEX THEATER ROPPONGIで行なわれる「BREAK OUT presents 春祭 2016」への出演も発表された。是非ライヴ会場で生のアイドラの魅力に触れてみてほしい。

■「LOVE YOURSELF」MV
https://youtu.be/NligYEztrAE

■【ライブ情報】

『porehead x I DON\'T LIKE MONDAYS. 〜カップリングツアー2015〜』
12月17日(木) 心斎橋 DROP
12月18日(金) 名古屋IMAIKE CLUB 3STAR
12月22日(火) 渋谷 club asia

<2016年>
『BREAK OUT presents 春祭 2016』
1月31日(日) EX THEATER ROPPONGI
開場開演:16:00 / 17:00
出演:I Don\'t Like Mondays.、ハジ→、舞台「暁のヨナ」スペシャルコラボ X4 YUYA (松下優也)
http://break-out.jp/matsuri/

■ワンマンライブ情報
3月12日(土) SHIBUYA CLUB QUATTRO
開場/開演:17:00/18:00
チケット料金:¥4,500+1 Drink

【関連リンク】
I Don\'t Like Mondays. オフィシャルHP
I Don\'t Like Mondays.、配信限定シングル「Girlfriend」のリリースが緊急決定
I Don\'t Like Mondays.、渋谷CLUB QUATTROでのワンマンライブが決定!
I Don\'t Like Mondays.、サントラを手がけた「YOHJI YAMAMOTO」のショートフィルム公開

【関連アーティスト】
I Don\'t Like Mondays.
【ジャンル】
ジャパニーズロック

MERRY、ニューシングル「平日の女」を紐解く最新ヴィジュアル&トレーラー解禁
Fri, 11 Dec 2015 18:00:00 +0900
MERRY (okmusic UP\'s)

自己のアイデンティティーに誇りを持ち、信念を貫きながら作品を世に発信し続けてきたMERRYが、2016年1月27日に発表する最新シングル「平日の女」の最新情報が届いた。

【その他の画像】MERRY

前作「Happy life」を通して“現代社会の幸福論"を提示したMERRYが今、対峙しているのは理性と欲望の葛藤のなかで辿り着いた“背徳"から生じる苦悶。社会によって築き上げられた制度(システム)から逸脱したときに生まれるこの感情は、果たして罪なのか…? そんな疑問を暗に示すかのようなMERRYの最新アー写が、この度公開となった。自然体で真正面からメンバーをおさえたその写真は、単なる証明写真のようだが、見る立場を変えれば罪を犯した者たちの記録ともとれる。その写真と二次元化されたメンバーの融合によって生まれた最新ヴィジュアルの謎はまだ明らかにされていないが、過去数作品でもみられたMERRYオリジナルの展開のなかでその答えと新たな衝撃が待ち受けているに違いない。

更に、過激な最新ライヴ映像で構成されたトレーラー映像も解禁された。初回生産限定盤Aに収録される男性限定ライヴ映像(2015年10月20日 高円寺HIGH公演)をベースに構成されたトレーラーのエンディングでは、意味深なメッセージとともに最新曲「平日の女 -A面-」のイントロが解禁され、徐々にその片鱗を覗かせて期待を煽っている。

そんなMERRYだが、シングル「平日の女」の発売直後である2016年2月7日(日)にはEX THEATER ROPPONGIでのワンマン公演が決定している。昨年12月に発表されたアルバム『NOnsenSe MARkeT』を引っ提げて行なわれてきた全国行脚の最終目的地「NOnsenSe MARkeT FINAL -最終階-」。本公演のチケットは12月12日(土)に全国プレイガイドにて一斉発売される。型破りなライヴ・パフォーマンスにも定評があるMERRYの記念すべき一夜を見逃すな!

■「平日の女」 Trailer
https://youtu.be/2Sz1kICCoTY

■シングル「平日の女」

2016年1月27日発売
【初回生産限定盤A】(CD+DVD)
SFCD-0182〜183/¥2,778+税
<収録曲>
■DISC 1 : CD
1. 平日の女 -A面-
2. 平日の女 -B面-
■DISC 2 : DVD
・ライヴ映像
Grateful Year 2015 「NOnsenSe MARkeT -メンズフロア-」
2015.10.20 高円寺HIGH
《収録曲》
1.千代田線デモクラシー
2.迷彩ノ紳士
3.Friction XXXX
4.under-world
5.Hide-and-seek
6.さよなら雨(レイン)
7.窓 -replay-
8.オリエンタルBLサーカス
9.ジャパニーズモダニスト
10.ロストジェネレーション -replay-
11.Happy life
12.アイデンティティー
13.消毒
14.Midnight Shangrila

【初回生産限定盤B】(CD+DVD)
SFCD-0184〜185/¥1,800+税
<収録曲>
■DISC 1 : CD
1. 平日の女 -A面-
2. 平日の女 -B面-
■DISC 2 : DVD
平日の女 -A面- (MUSIC VIDEO)
MAKING OF 平日の女

【通常盤】(CD)
SFCD-0186/¥1,204+税
<収録曲>
1. 平日の女 -A面-
2. 平日の女 -B面-
3. Hide-and-seek [LIVE] ※
4. T.O.P [LIVE] ※
※Grateful Year 2015 「NOnsenSe MARkeT -レディースフロア-」
2015.10.19 高円寺HIGHにて収録

※収録内容、タイトル表記及び仕様等は変更になる可能性がございます。

■『COUNTDOWN 2015-16 NOnsenSe MARkeT 4F -眠れない羊-』

12月31日(木) 新宿LOFT
開場 23:00 / 開演 23:30
※本公演は深夜公演となりますため、18歳未満及び高校在学中の方は御入場出来ません。 

■『NOnsenSe MARkeT FINAL -最終階-』

2016年2月7日(日) EX THEATER ROPPONGI
開場 16:15 / 開演 17:00
<チケット>
席種:1Fスタンディング / 2F指定
料金:¥5,500 ※税込 / ドリンク代別
■一般発売
12月12日(土)

【関連リンク】
MERRY オフィシャルHP
V系バンド年越しイベントのセッションメンバー&D≒SIRE参加メンバーが決定
MERRY、背徳的な恋愛模様を描き出したニューシングル「平日の女」の発売が決定
MERRY、初主催イベント「ラムフェス」が大盛況のうちに幕

【関連アーティスト】
MERRY
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル

SHERBETS、新作より浅井健一が監督を務めた「Stealth」MV公開
Fri, 11 Dec 2015 18:00:00 +0900
SHERBETS (okmusic UP\'s)

2016年1月20日に通算10作目のオリジナル・アルバム『CRASHED SEDAN DRIVE』をリリースすることを発表したSHERBETSが、そのアルバム収録曲であり、12月12日の渋谷 CLUB QUATTROよりスタートするツアーから会場限定で発売されるシングルでもある「Stealth」のミュージック・ビデオを公開した。

【その他の画像】SHERBETS

メンバーである浅井健一のディレクションによるこの作品は、圧倒的な映像と楽曲の持つディープさ、さらにメンバーの表情を映し出した見応えのある作品となっており、アルバム全体の仕上がりも実に楽しみになってくる内容だ。気になる方はアルバム発売前に是非ご覧になってほしい。

■「Stealth」MV
https://youtu.be/XFa-zmjPPPc

■【リリース情報】

シングル「Stealth」
2015年12月12日(土)渋谷クラブクアトロ公演より発売開始
SSR-049/¥1,000(税込)
<収録曲>
1.Stealth
2.Abbey
3.Jackleen

アルバム『CRASHED SEDAN DRIVE』
2016年1月20日発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
VKCS-10054/¥4,000+税
※ステッカー付き
【通常盤】(CD)
VKCS-10055/¥2,700+税
<収録曲>
1. JOLENE
2. Stealth
3. Crashed Sedan Drive
4. A BABY
5. COWBOY
6. September
7. 俺たちの季節
8. Kinshasa
9. Canberra Zombies Food Court
10. Practice Hand
11. JAKE

■【ライブ情報】

SEXY STONES RECORDS 15th ANNIVERSARY SHERBETS YEAR END PATY『STEALTH GIGS』
12月12日(土)  渋谷 CLUB QUATTRO
12月28日(月)  大阪 umeda AKASO
12月29日(火)  名古屋 CLUB QUATTRO

SHERBETS TOUR 2016『CRASHD SEDAN DRIVE』
2月07日(日) 千葉LOOK
2月11日(木・祝) 金沢vanvanV4
2月13日(土) 松阪M\'AXA
2月14日(日) 神戸VARIT.
2月16日(火) 高松DIME
2月19日(金) 福岡DRUM Be-1
2月20日(土) 鹿児島SR HALL
2月26日(金) 仙台MACANA
2月27日(土) いわきclub SONIC
3月04日(金) 札幌cube garden
3月09日(水) 名古屋クラブクアトロ
3月10日(木) 大阪Shangri-La
3月16日(水) 渋谷TSUTAYA O-EAST
3月19日(土) 沖縄Output

【関連リンク】
SHERBETS オフィシャルHP
「LONDON NITE」を愛する著名人から、35周年記念コンピにお祝いコメントが到着!
『New Acoustic Camp 2015』各アーティストの出演日がついに発表
「New Acoustic Camp 2015」新たに6組の出演アーティストを発表

【関連アーティスト】
SHERBETS, 浅井健一
【ジャンル】
ジャパニーズロック

ソウル変革を成し遂げたマーヴィン・ゲイの不朽の名作『What\'s Going on』
Fri, 11 Dec 2015 18:00:00 +0900
『What\'s Going on』(’71)/Marvin Gaye (okmusic UP\'s)

リスナーを煽ったり、超絶テクニックを見せつけるタイプのミュージシャンであれば、そのすごさや革新性を理解するのは比較的容易いと思う。しかし、あまり目立たなかったり、超絶なのに技術をひけらかさないタイプは受け手がすぐに評価できるかというと、なかなか難しい…。アメリカのソウル界においては、ジェームス・ブラウンやスライ・ストーンは確実に前者であり、今回取り上げるマーヴィン・ゲイは後者になるのかもしれない。僕が最初に本作を聴いた時、自他ともに認めるハードロック少年だった。だから、極めて普通(しばらく後で間違いに気付くのだが…)っぽいマーヴィンの音楽が物足りなく感じたものだった。それから数年後、いろいろな音楽と出合い、自分でも楽器を演奏するようになってから、このアルバムをもう一度聴いてみると、そのすごさに震えたのである。それからは数え切れないぐらい聴くようになり、いつの間にか自分のオールタイムベストの一枚となっていた。それが今回紹介するマーヴィン・ゲイの『What\'s Going on』というアルバムだ。

■ヒット曲を量産したモータウン・レコード

マーヴィンが所属していたのは、モータウン・レコード(1)というソウル専門のレーベル。このレーベル、乱暴な言い方をしてしまうと、ジャニーズ事務所とか、つんく♂のハロプロ、はたまた秋元康のAKB46ら、アイドルを抱えた芸能事務所的な存在であった。抱えていたスターは、ダイアナ・ロスが在籍したスプリームス(かつてはシュープリームスと呼ばれた)、子供時代のマイケル・ジャクソンが在籍した兄弟グループのジャクソン5や、テンプテーションズ、スティーヴィー・ワンダー、スモーキー・ロビンソン、マーヴィン・ゲイ、ライオネル・リッチーなど、黒人ばかりのアーティストたちにもかかわらず、全米に向けてポピュラーヒットを量産するレコード会社で、60年代中頃には大手レコード会社と肩を並べるほどに成長している。

会社のオーナーはベリー・ゴーディ・ジュニアで、曲作りを任せるライターチームや演奏を任せるミュージシャンを、会社の専属として雇うなど、ヒットを短期間に量産できる体制を作り上げた彼の功績は大きい。おそらく、ジャニーズ事務所のジャニー喜多川は、ゴーディの経営手法をかなり取り入れていると思われる。

■「昭和枯れすすき」もしくは「男と女のラブゲーム」

もともとマーヴィンは、フランク・シナトラやナット・キング・コールのようなポピュラー歌手を目指しており、最初のうちはあまり売れなかったが、60年代中頃に組んだタミー・テレルとのデュエットコンビで、一気にスターになっている。その頃の音楽性は、分かりやすい例で言えば、さくらと一郎の「昭和枯れすすき」とか、日野美歌と葵司朗の「男と女のラブゲーム」あたりの感じだと思う…ほんまかいなwww。

ところが人気絶頂だった1970年、タミー・テレルが脳腫瘍のために亡くなってしまう。マーヴィンは彼女の死のショックから立ち直れず、何もできなくなり、1年以上も休養することになってしまった。

■公民権運動とベトナム戦争の影響とニューソウルの台頭

多忙を極めていた彼が、この休養によってさまざまな音楽と触れ合いながら、当時の公民権運動(2)やベトナム戦争(3)など社会の動向まで見据えることによって、その後の音楽人生は大きく変化することになる。

ちょうどこの頃、スティーヴィー・ワンダー、スライ&ザ・ファミリー・ストーン、カーティス・メイフィールド、ダニー・ハサウェイら、黒人としてのメッセージを掲げて、次々に新しいソウル(ニューソウル)が生まれようとしていた。特に、ダニー・ハサウェイのデビュー作『Everything Is Everything』(’70)は、それまでの黒人音楽には存在しなかったシンガーソングライター的なスタンスで、70年代ソウルの進むべき道を示した作品として、マーヴィンにも大きな影響を与えたはずだ。

■会社の意向に沿わなかった先行シングル

モータウンで、初期にはスタジオミュージシャン(ドラムス)やソングライターとしても活動していたマーヴィンは、バックミュージシャンやソングライターチームと意見交換しながら、自分の考える音楽を形にしようとしていた。ただ、彼の考える音楽は、それまでのモータウンのイメージ(誰が聴いても心地良い当たり触りのないサウンド)を覆すような、社会性を持った作品であっただけに、オーナーのゴーディと激しく対立、モータウンを辞めることすら考えるのだが、なんとかオーナーを説得し(ストライキまでやっている)、反戦を歌ったシングル曲「What’s Going on(邦題:愛のゆくえ)」を発表する。

リリースされたシングル「What’s Going on」は、モータウンの記録を塗り替えるほど売れに売れた。これを知ったゴーディは文句を言わなくなり、自ら追加プレスの指示さえ出している。ビルボードで総合2位、同ソウルチャートでは1位、キャッシュボックスでも1位に輝いているのだから当然の結果だろう。

■トータルアルバムとしての魅力

シングルの成功に続いてリリースされた本作は、たぶんソウルのレコードとしては初めてのコンセプトアルバムとなっている。アルバムを通して、何度か“What’s Going on”のリフが登場するが、反戦や公害、貧困などの社会問題について、マーヴィンの思いが歌詞に乗って明確に表現されている。

収録曲は全部で9曲。シングルヒットはタイトルトラックを含め3曲あるが、できればアルバムを通して聴いてほしい。本作が名盤なのは、各曲の仕上がりがどうこうというよりは、マーヴィンの思想がアルバム全編を貫いているからだ。

■アルバムの名声を不動のものにしたバックミュージシャン

しかし、このアルバムが名盤となったのは、そういった社会性やマーヴィンの思いだけではなく、バックの演奏とアレンジがそれまでにない新しいものであったからだ。

ベースのジェームズ・ジェマーソン、ドラムスのベニー・ベンジャミン、キーボードのアール・ヴァン・ダイクが中心のファンク・ブラザーズと呼ばれるモータウンの専属バックグループが、マーヴィンの考える”サウンド”を形にできたことで、本作以降にリリースされるソウル音楽全体への影響が決定的なものとなる。特にベースとドラムの演奏は、録音も含めてロックをはじめとするポピュラー音楽全般に影響を与えたと言っても過言ではないだろう。それほどの卓越したプレイが本作にはつまっているのだ。これは、マーヴィン自身がバックミュージシャン出身であったことが大きい。

本作にはバックミュージシャンのクレジットが入っているのだが、これはモータウンの作品では初めてのことだった。ゴーディにしてみれば、売れるシンガーさえクレジットされていれば十分だと考えていたのだろうが、マーヴィンは本作に参加したミュージシャンたちのすごい演奏に敬意を表したかったに違いない。このあたりにも、マーヴィンのロックスピリットを明確に感じる。

■『What\'s Going on』以降のソウル

本作がきっかけとなって、スティーヴィー・ワンダーはコンセプトアルバム作りに目覚めるし、カーティス・メイフィールドやダニー・ハサウェイの作品もニューソウルとして認知されるようになる。本作の影響は、現在までずっと続いており、ブラックコンテンポラリーのシンガーたちをはじめ、プリンス、ミニー・リパートン、ローリン・ヒル、ビヨンセなど、よく知られた黒人アーティストや、ジェームス・テーラー、キャロル・キング、ボズ・スキャッグスなどにまで及び、ロックやポピュラーに携わる多くのミュージシャンに絶大な示唆を与えている。

本作に興味を持ったなら、ファンク・ブラザーズにスポットをあてたドキュメンタリー映画『永遠のモータウン』や「What’s Going on」のカラオケが収録されたCD『ベスト・オブ・ファンク・ブラザーズ』もチェックしてほしい。モータウンをネタにした映画『ドリームガールズ』も秀作なので、ぜひ!

(1)モータウン・レコード…https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%82%A6%E3%83%B3

(2)公民権運動…https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%95%E3%83%AA%E3%82%AB%E7%B3%BB%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E4%BA%BA%E5%85%AC%E6%B0%91%E6%A8%A9%E9%81%8B%E5%8B%95

(3)ベトナム戦争…https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%88%E3%83%8A%E3%83%A0%E6%88%A6%E4%BA%89

【関連アーティスト】
Marvin Gaye
【ジャンル】


【連載コラム】稚菜、ゲスの極み乙女。の「ロマンスがありあまる」をカバー
Fri, 11 Dec 2015 18:00:00 +0900
稚菜 (okmusic UP\'s)

あなたは学生の時、夏休みや冬休み等の宿題を先にやってしまうタイプでしたか?
それとも後回しにして、最後の方になって焦って終わらせるタイプでしたか?


前者の人ってわりと少ない気がします。
このタイプは私の周りでは大体、何事にも真面目でしっかりしている人でしたね。
…もちろん私は後者タイプでした。笑
基本最後まで引っ張ります。
まぁ何とかなるでしょ、精神の人です。笑
でも例外もあって、好きなものに関しては誰に言われるでもなく一番最初に取り組んで終わらせてしまうという部分もありました。
しっかりしてるのかしてないのか、よく分からない性格ですね。笑

試験勉強もそうだったなぁって思います。
好きな教科の時は好きだからこそ早めに取りかかっていたけれど、
苦手な教科に関しては一夜漬けで何とかしよう。。その精神でした。
…まぁ容量が良かったのか、試験に出そうな所だけしっかりやっていた為、
運良くいつも上手く点を稼いで成績は何とかなったんですけどね。笑
ちなみに私の好きな科目は数学、苦手な科目は社会全般でした。笑

嫌いな事ってどうしても後回しにしてしまいがち。
苦手な事って極力避けたいし、避けられないのならばなるべくそれに触れる時間を少なくしたいなって思ってしまうから。

今でもそうかもしれません。
仕事をするにあたって、期限ギリギリまで手をつけられない。
やり始めてしまえば集中しているのであっという間に終わる事も分かってはいるんですが、
その一度手をつけるところまでが遅い。
でも自分の興味がある事には誰に言われるでもなく結構早くからやっていたりするんですよね。
どちらが正しいのかは分かりません。
後回しタイプでも良いとは思う。
最終ちゃんと終わらせられれば誰にも迷惑はかからないし、それで良いと思うから。
ただもっと前から早く取り組めばその分自分の為になる事も事実。
自分が成長したかったら、自分自身に迷惑をかけたくなかったら、早め早めの行動はとても大事。
今すぐそう行動出来る様変える事は無理でも、
私はまず手始めにその意識から変えていこうと思ったのでした。
時間を有意義に使える人間になりたいですね。

さて今週の一曲。
ゲスの極み乙女。の「ロマンスがありあまる」
ゲスの極み乙女。の曲は一度聴いたら耳に残る、そんな楽曲ばかりだなぁって思います。
それが本当に凄いです。
好きだから歌ってみたいと思いました。
でも同時にこの曲調は自分でも歌った事はなかったし作った事もなかったのでかなり手こずった曲でもあります。
好きと少し苦手、が混ざった歌。
でもやっぱりずっと歌ってみたかったので初めて挑戦してみました。
是非聴いていただけたらと思います。
https://www.youtube.com/watch?v=GfyG1xS2Hd4

それでは。

【関連アーティスト】
ゲスの極み乙女。, 稚菜
【ジャンル】


浜崎あゆみ、ウィンターアルバムから新曲「Winter diary」試聴動画を公開
Fri, 11 Dec 2015 17:30:00 +0900
アルバム『Winter diary 〜A7 Classical〜』 (okmusic UP\'s)

浜崎あゆみが12月23日にリリースするウィンターアルバム『Winter diary 〜A7 Classical〜』収録曲で、小室哲哉書き下ろしによる未発表新曲「Winter diary」の試聴音源を解禁した。

【その他の画像】浜崎あゆみ

同楽曲は8月にリリースされたミニアルバム『sixxxxxx』に収録され、グアム撮影のMVも話題になった「Summer diary」の続編となっており、公開後、Twitterでは「冬にぴったりのバラードだね! あゆちゃんからのChristmasプレゼント!」「あゆちゃんのクリスマスソング! 毎度期待以上を届けてくれる!」等の反応が多数寄せられている。

また、浜崎あゆみのTwitterオフィシャルアカウントでは、次に解禁して欲しい楽曲のアンケートを実施中。その結果を受けて、11日深夜、更に新たな楽曲が解禁されるとのことなので、そちらも要チェックだ。

■浜崎あゆみ Twitterオフィシャルアカウント
https://twitter.com/ayu_19980408

■「Winter diary」試聴動画
https://www.youtube.com/watch?v=j6UbffPjIm4

■アルバム『Winter diary 〜A7 Classical〜』

2015年12月23日(水)発売
AVCD-93326/¥3,100+税
<収録曲>
01.WARNING
02.Step by step
03.Sorrows
04.Last minute
05.Summer diary
06.Sky high
07.NO FUTURE
08.Out of control
09.The GIFT
10.The Show Must Go On
■Special Track
Winter diary(Original mix)※完全未発表新曲

■「ayumi hamasaki COUNTDOWN LIVE 2015-2016 A 〜MADE IN TOKYO〜」

12月29日(火) 国立代々木競技場第一体育館
12月30日(水) 国立代々木競技場第一体育館
12月31日(木) 国立代々木競技場第一体育館
<チケット>
全席指定:¥8,900(税込)

【関連リンク】
浜崎あゆみ オフィシャルHP
globe、カバーアルバム参加アーティスト第2弾と収録内容を発表
Mステ10時間SP、全61組“全部ヒット曲”の演奏曲発表
ZARD「負けないで」22年ぶり復活オンエア!Mステ10時間SP

【関連アーティスト】
浜崎あゆみ
【ジャンル】
J-POP

QOOLAND、新たな決意を誓ったワンマンツアーが大盛況のうちに幕
Fri, 11 Dec 2015 17:00:00 +0900
12月4日@渋谷WWW (okmusic UP\'s)

QOOLANDが『大切なお知らせ』とタイトルに掲げ、東名阪で行ったワンマンツアーのファイナルが12月4日に渋谷WWWにて行われた。

【その他の画像】QOOLAND

「今年は本当にやり切れないことがたくさんあった。何も成し遂げられなかった1年だった。だけど、その中で生まれた曲は、明るくて、楽しくて、温かいものだった。一緒に歌ってくれますか!」と、QOOLANDのボーカル&ギター・平井拓郎は、会場中の大合唱を生んだアンコールラストナンバー「Shining Sherry」の最後のサビに入る際、会場中の愛しの"君"に、こう叫んだ。そして、そこから起こった会場中の同曲の大合唱の場面からは、この1年、彼らが悩み、迷い、苦しんだ末に見つけ、確信し、それを手に入れる為に再び力強く走り出し始めた瞬間が見えた気がした。

この日のライヴは、12月9日発売のニューアルバム『COME TOGETHER』のリリースを直前に控え、それをいち早く共有するかのように、同作品からの曲が数多く放たれたのと同時に、これまでの代表曲や人気曲もふんだんに披露。彼らの2015年の締めくくりと共に、更に輝くべく2016年に向けての高潔が各曲と共に会場いっぱいに放たれていた。

まずは、オープニングアクトとして「WHOLAND(フーランド)」が登場。とは言え、こちらはQOOLANDの変名バンド。メンバーがパートチェンジをし、キーボードに平井拓郎、ボーカル&ドラムに菅ひであき(B&Cho.)ギターにタカギ皓平(Dr)、ベースを川崎純(G)が務め、ちょっと稚拙な「Shining Sherry」が披露された。

実際のQOOLANDがステージに現われたのは19時25分頃。1曲目はニューアルバムからの表題曲であり、M-1を飾っていた「Come Together」。会場中に、"一緒に行こうぜ!!"と手を差し伸べているかのような同曲が、いきなり場内を一つにしていく。♪一緒に探して生きていこうぜ♪のリリックに会場中がグイッとステージに惹きつけられる。続いて、得意にして特異な、彼らならではの平井、川崎によるツインタッピングも光る「熊とフナムシ」に入る。同曲ではファンにはお馴染みの振り付けも登場。一体感に加え、親近感も付加されていく。続く「区民」では、3拍子も加わり、彼らのポップスセオリーに囚われない変則性やフレキシブルさを味わうことができた。

ここまでで一気に3曲。通例なら一旦MCに入り、次のブロックへと呼吸を整えるところだ。しかし、この日の彼らは、軽い挨拶程度で次曲「ある事無い事」に入った。"一区切りなんてついてられない。今日の俺たちには、曲を通して伝えたいことが沢山あるんだ!!" そんな風にも映った場面だ。その「ある事無い事」では、楽曲が擁する疾走感とドライヴ感が会場をグイグイと高みへと引き上げていく。「セレクト(うーっはーっ!!)」でのサビでの解放感を始め、序盤は走り抜けていく選曲が目立った。と、それとは対照的に、前半終盤では、ポストロック的要素も盛り込んだ「I hate」、ジワジワとしたダイナミズムが会場を包んでいった「Week」、ミディアムナンバー「映画と週末」や、4つ打ちのダンサブルさが会場に横揺れを作り出した「ブルーアルバム」等、彼らの音楽的幅や探究心、そしてそれを独自のセンスや音楽性を交え、オリジナリティへと昇華させた、彼ららしい音楽性が多岐に渡り楽しめた。

中盤では、聴かせる歌が印象的だった。ミディアムナンバーの「映画と週末」や、JACKMAN RECORDSからリリースされたアルバム『教室、千切る.ep』に言及。その中から「一番好きなナンバーです」(平井)の言葉のあと歌われた「風邪を引かないうちに」は、そのミディアムな曲調と相まって、これまでよりもオーディエンスに寄り沿い、まるで傍らで歌われているかのような安堵感や信頼感に会場が寄り添った。「志士雄」に入る前のMCでは、菅と平井のやりとりが面白かった。「るろうに剣心」の登場人物・緋村剣心を模した、「ござるよ」を連発しながら、菅が、「QOOLANDも機材車で全国を回り、その様は剣心と変わらない流浪人だ」と、独自の定義を会場に投げかける。そしてそのまま、「るろうに剣心」をモチーフにした「志士雄」に突入。楽曲のエモーショナルさと菅のグロウルなシャウト、そして楽曲の持っている、《それでも俺は俺。自分の道を突き進んでいくだけ!!》との浪人魂にも通ずる男気が会場を来襲する。次曲で放たれた、こちらも秘めたエモさと00世代ギターロック的なアプローチも特徴的な「ラストセンサー」では、途中、ギターを川崎に任せ、平井がマイクを両手で握りしめ、感情たっぷりに歌う姿も印象深かった。

後半に入るとライヴはますます激しさを増していく。「勝つまでが戦争」での、彼らの激しい部分の後には、そのカウンターのように聴かせるナンバー「白夜行」が登場。続く、ニューアルバムからの「言えない人が言えてたら」では、楽曲に自分たちの、《あの時》を重ね合わせて聴いているオーディエンスの姿も見られた。

本編ラストは、「ゆとり教育概論」と「ドグラマグラ」であった。サビの疾走感が会場をもう一度並走させ、後半の激しい部分が会場をグイグイと惹き込んでいった「ゆとり教育概論」、曲の途中では菅もベースを置き側転等をキメた「ドグラマグラ」が駆け抜けていくかのように会場に疾風を起こした。

アンコールは2曲。まずは「大切なお知らせ」が鳴らされた。その後、本当の意味での大切なお知らせが、この会場でも告げられる。名古屋ではニューアルバムの発売を、大阪では2月からスタートする、そのニューアルバムを引っ提げてのツアーの敢行、そして、この日のWWWでは、「Shining Sherry」のミュージックビデオが本邦初公開となった。
そして、アンコールラストは、その「Shining Sherry」。まずはこの曲を始める前に、同曲が生まれた経緯、しいて言えば今回のニューアルバムへと繋がった経緯を平井が語り始める。熊本で今年3月に開催されたサーキットイベントに出演した際、最初はお客さんが数人で、"こんなところまで演りに来た意味があるのか…?"と、プレイを始めたが、最終曲を演る頃には200人以上のお客さんが詰めかけてくれたこと。それが凄く心強く、励みになったこと。それを機に、歌いたい人、届けたい人に改めて気づけたこと。その人に届けるためだけに、この歌を作ったこと。そして、それを歌うこと。それがこれからの自分たちの使命であること。その歌を伝えたい、聴いてもらいたい相手こそが、この日、会場に集まってくれた方々を始め、自分たちのファンであること…。それらを力強く言い放ったあと歌われた「Shining Sherry」は、まさに彼らだけでなく、会場全体で作りあげたものであった。♪誰でもいいなら君がいい♪と歌いつつ、♪誰でもいいわけじゃない♪ ♪何がなんでも君がいい♪と、彼ららしい告愛フレーズも印象的な同曲に、"これからもお互い一緒に歩いていこう!!"と歌われている気がした。

「12月9日にニューアルバムが発売になる。この日は俺たちにとっての1月1日だ。ようやく俺たちの新年がやってくる。来年は今にも増してやるからよろしくな!」と、「Shining Sherry」のアウトロで、平井は力強くオーディエンスに約束した。その時、会場から返された頼もしい呼応は、これからQOOLANDが、この2015年を経て、見つけ、確信し、そこに向かって走り出していく様(さま)に並走していくことを誓った、力強いアライアンスのようにも響いた。

Text by 池田スカオ和宏

■【セットリスト】

■WHOLAND(O.A)
1.Shining Sherry

■QOOLAND
1.Come Together
2.熊とフナムシ
3.区民
-MC-
4.ある事無い事
5.セレクト
6.I hate
7.Week
8.さよならNEVADA
-MC-
9.映画と週末
10.ブルーアルバム
11.風邪を引かないうちに
-MC-
12.志士雄
13.ラストセンサー
-MC-
14.都民
15.勝つまでが戦争
16.白夜行
17.言えない人が言えてたら
18.ゆとり教育概論
19.ドグラマグラ
EC1 大切なお知らせ
MV上映 「Shining Sherry」
EC2 Shining Sherry

■『「COME TOGETHER」RELEASE TOUR2016』

2月05日(金)  千葉 LOOK
2月06日(土)  熊谷 HEAVEN\'S ROCK VJ-1
2月07日(日)  水戸 LIGHT HOUSE
2月10日(水)  心斎橋 Pangea
2月12日(金)  新代田 FEVER
2月13日(土)  名古屋 CLUB ROCK\'N\'ROLL
2月26日(金)  広島 CAVE-BE
2月28日(日)  岡山 CRAZYMAMA 2nd Room
3月04日(金)  新潟 CLUB RIVERST
3月06日(日)  宇都宮 HEAVEN\'S ROCK VJ-2
3月11日(金)  静岡 UMBER
3月25日(金)  仙台 Flying Son
3月26日(土)  秋田 Club SWINDLE
3月27日(日)  酒田 Music Factory
and more…

【関連リンク】
QOOLAND オフィシャルHP
完全にノンフィクション、待望の新作を9月16日にリリース
アンテナ、『ダイスをころがせ 3』にオープニングアクトで出演決定
空想委員会の対バンツアーに赤い公園、cinema staff等が出演! 1stシングルの詳細も明らかに!

【関連アーティスト】
QOOLAND
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

城之内ミサ、ニュージーランド&フランスにて震災追悼5周年コンサートを開催
Fri, 11 Dec 2015 16:00:00 +0900
城之内ミサ (okmusic UP\'s)

2011年2月22日に起こったクライストチャーチ地震から5年。音楽家・ユネスコ平和芸術家の城之内ミサが、自作曲と現地のオーケストラの共演で、被災地からの声に応え哀悼と希望のコンサートを実施する。

【その他の画像】城之内ミサ

追悼の祈りを込め、崩壊した大聖堂に替わり日本人建設家の坂茂氏の設計で建てられた仮設大聖堂(紙の聖堂)にて、城之内ミサの作曲作品と指揮のもと、クライストチャーチ・シンフォニーオーケストラと現地の合唱団により、追悼と希望への祈念を奏でる。

また、3月11日には東日本大震災から5年目を迎えるにあたり、パリのサンジュルマン・デ・プレ教会にてフランスの国立管弦楽団有志奏者たちの演奏、さらには岩手県大船渡の子供達とこのコンサートに賛同した方々で合唱団を結成し、被災地に向け追悼と希望、そしてテロで被害に遭われた方々に平和への祈念を奏でる。

この2つのコンサートの指揮とピアノ、楽曲は城之内ミサ。ユネスコ憲章の前文にある「心に平和の砦を築く」を胸に、災害からの心の復興を願い追悼の意を表する内容となっている。パリでは「ユネスコの取り組み」と題し、第8代ユネスコ事務局長:松浦晃一朗氏の講演を共に実施する。

なお、城之内ミサ氏は2005年、ニューヨーク・カーネギーホールにて、「災害からの心の復興」をテーマに、スマトラ沖大震災チャリティコンサートを実施。その際、9.11テロの遺族100名を招待。また、2011年にはアフガニスタンの子供達とも現地にてコンサートを行ない、世界でも大きな反響を呼んでいる。

東日本大震災に際しては、ユネスコ・パリ本部で「絆キャンペーン」を実施し、各国からの支援を要請。「世界遺産トーチランコンサート〜peace of mindキャンペーン」は、このサポートをしてきた。いまもなお、羽田空港国際線での連続コンサートを初め、様々な地域でキャンペーンを展開している。

■【公演詳細】

「ユネスコ・パリ本部公式パートナーシップ事業 ユネスコ平和芸術家城之内ミサ 世界遺産トーチランコンサート 
Peace of mindキャンペーン 震災追悼5周年コンサート『哀悼と希望 災害からの心の復興』」
2月22日(月) ニュージーランド・クライストチャーチ大聖堂
19:00 開演 
3月11日(金) フランス・パリ サンジェルマン・デ・プレ教会
20:30 開演

【関連リンク】
城之内ミサ オフィシャルHP
城之内ミサ、「世界遺産トーチランコンサート」日印両国で開催
城之内ミサ、都内で「世界遺産トーチランコンサート」 最終日は復興支援のチャリティ開催
FUKI、初のコンセプトアルバム『キミへ ~Love Song Collection~』の発売が決定

【関連アーティスト】
城之内ミサ
【ジャンル】
J-POP

マキタスポーツ、2016年1月に人気ライブシリーズ「LIVE@マキタスポーツ」を東名阪で開催
Fri, 11 Dec 2015 16:00:00 +0900
マキタスポーツpresents Fly or Die (okmusic UP\'s)

マキタスポーツが自身の音楽活動の中で「もっともコアな場所」と位置づけ、三ヶ月に一度のペースで行なっているライブ「LIVE@マキタスポーツ」が2016年1月末に東名阪で開催されることが発表された。

【その他の画像】マキタスポーツ

これまで、東京・汐留のライヴハウスで継続的に行なわれてきた「LIVE@」シリーズは、マキタ自身が「自分の一番やりたいことをやるライブ。弾き語り中心、言ってみれば自分探しです。メディアではなかなか伝えられないことをじっくりとやる実験の場。食事をしてもらって、音楽と笑いがあって。ま、僕ん家に遊びに来てもらう感じです」と言うように、親密な空間で濃いマキタの音楽エンタテインメントを満喫できる内容となっており、回をおうごとにファンが急増している。1月に開催予定の東京公演は場所を青山CAYに移し、さらに初めて名古屋・大阪でも出張版として開催される。

同じく1月20日には、マキタ率いる「マキタスポーツpresents Fly or Die」による初のアルバム『矛と盾』のリリースが予定されている。この度CDおよび同時発売されるLPのアルバムジャケットも公開されたので、こちらも是非チェックしてほしい。

■【ライブ情報】

『LIVE@マキタスポーツ in 名古屋』
1月27日(水) 名古屋K・Dハポン
開場開演:19:30 / 20:00

『LIVE@マキタスポーツ in 大阪』
1月28日(木) 大阪ムジカジャポニカ
開場開演:19:30 / 20:00

『LIVE@マキタスポーツ in 東京』
1月30日(土) 青山CAY
開場開演:18:00 / 19:00

【関連リンク】
マキタスポーツ オフィシャルHP
マキタスポーツpresents Fly or Dieが待望の1stアルバム発売を発表
マキタスポーツpresents Fly or Die、『COUNTDOWN JAPAN』で鈴木このみとコラボ!
マキタスポーツの人気ライヴシリーズにクリープハイプの尾崎世界観が登場

【関連アーティスト】
マキタスポーツ, マキタスポーツpresents Fly or Die
【ジャンル】
J-POP

コブクロ、最新映像作品初回盤に宮沢和史との夢のセッション2曲を収録
Fri, 11 Dec 2015 15:00:00 +0900
シングル「未来」 (okmusic UP\'s)

12月16日(水)にリリースされるコブクロの最新映像作品『KOBUKURO LIVE TOUR 2015 “奇跡"FINAL at 日本ガイシホール』が完成した。

【その他の画像】THE BOOM

本作品は2015年4月の札幌公演を皮切りに、8月まで全国10都市24公演を実施し、コブクロ史上過去最大の30万人を動員した全国アリーナツアー『KOBUKURO LIVE TOUR 2015“奇跡"』のファイナル、8月27日の名古屋・日本ガイシホール公演の模様を全曲収録した映像作品だが、その全国ツアーの全公演において、唯一自身の楽曲以外で披露されていたのがTHE BOOMの「風になりたい」。それは、2014年12月に東京・日本武道館での解散ライブ「THE BOOM FINAL 20141217」をもって、25年の活動に終止符を打った伝説のバンド・THE BOOMというアーティストに、多大なる影響を受け、尊敬の念を抱くコブクロ二人の提案により、今ツアーのセットリストに組み込まれたものだった。

そんな中、7月18日&19日の京セラドーム大阪公演では、宮沢和史本人がシークレットゲストとしてステージに登場。ファン達のどよめきと歓声が沸き立つ中、コブクロと宮沢和史が一体となり「風になりたい」を披露。他会場ではなかった演出として、100人のパーカッション隊やダンサーがセンターステージの周りを歌い踊りながら練り歩く演出と相まって、最高のパフォーマンス披露となった。更に、THE BOOMの名曲中の名曲「星のラブレター」を、特別に追加で披露するというサプライズも実現し、ファン達は贅沢な時間に酔いしれた。

12月16日発売のLIVE DVD & Blu-ray『KOBUKURO LIVE TOUR 2015“奇跡"FINAL at 日本ガイシホール』では、その“奇跡"の共演による2曲の映像を初回盤のみのスペシャル特典映像として特別収録。夢のようなセッションの模様を是非ともご覧いただきたい。

■DVD & Blu-ray『KOBUKURO LIVE TOUR 2015“奇跡"FINAL at 日本ガイシホール』

2015年12月16日(水)発売
【初回盤】※スペシャル・パッケージ仕様
■DVD
WPBL-90358/9/¥6,500+税
■Blu-ray
WPXL-90115/¥7,500+税 
【通常盤】
■DVD
WPBL-90360/1/¥5,500+税
■Blu-ray
WPXL-90116/¥6,500+税 
<収録曲>
1.奇跡
2.Summer rain
3.轍-わだち-
4.今、咲き誇る花たちよ
5.願いの詩
6.信呼吸
7.永遠(とわ)にともに
8.hana
9.水面の蝶
10.Twilight
11.遠くで・・
12.桜
13.DOOR
14.NO PAIN, NO GAIN
15.風になりたい
15.42.195km
16.サヨナラ HERO
17.memory
18.星が綺麗な夜でした
19.ココロの羽
-ボーナス映像-
“奇跡"TOUR DOCUMENTARY
■豪華特典映像(初回盤のみ)
・風になりたい with 宮沢和史(Live at 京セラドーム大阪)
・星のラブレター with 宮沢和史(Live at 京セラドーム大阪)

■シングル「未来」

2015年12月16日(水)発売
¥555+税
<収録曲>
M1:未来
M2:未来 inst.

【関連リンク】
コブクロ オフィシャルHP
【音楽ランキング】やったね!「浦ちゃん」。初登場第1位!浜辺で歌う歌に泣けてくる。
年末恒例「Mステ」スーパーライブ、ミスチル、ベビメタほか42組がクリスマスに競演
コブクロ、話題の映画主題歌となった新曲「未来」のPVが3本同時完成

【関連アーティスト】
THE BOOM, 宮沢和史, コブクロ
【ジャンル】
J-POP

シド、新アー写解禁&ジョイポリスにてX\'masソングの再上映が決定
Fri, 11 Dec 2015 14:30:00 +0900
シド (okmusic UP\'s)

2016年1月13日に初のシングルベスト『SID ALL SINGLES BEST』をリリースするシドが新たなアーティスト写真と、アートワークを公開した。

【その他の画像】シド

『SID ALL SINGLES BEST』にはインディーズ時代から11月25日に発売したばかりの最新シングル「漂流」まで全28曲のシングル楽曲に加え、本作品用に新たに収録された新曲「夢心地」をあわせた全29曲を収録する。

また、現在、東京ジョイポリスで開催中の『SID winter park in JOYPOLIS』では、12月17日からシドのクリスマスソング「White tree」のデジタルライブの再演が決定! この「White tree」の撮り下ろし映像は2014年に開催されたイベントで上映されたものだが、好評につき、本年もクリスマス時期に合わせて再演されることとなった。雪が舞い降る演出が施されこれからの時期にぴったりのムービーショーとなる。また、あわせてプロジェクションマッピングを使用した『V.I.P』のMVショーも上映が決定しているとのこと。詳しいショースケジュールは、イベント特設サイトからチェックして頂きたい。

■『SID winter park in JOYPOLIS』特設サイト
http://tokyo-joypolis.com/event/sid_tjp/index.html

【関連リンク】
シド オフィシャルHP
マオ(シド)×tatsuo×カリスマカンタローによる「イケVプロジェクト」が全パート合格者を発表
AKi、新曲「FAIRY DUST」ショートMV&LIVE DVDダイジェスト映像を公開
シド、新曲「夢心地」を含むシングルベストを1月にリリース

【関連アーティスト】
シド
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル

モノブライトの桃野陽介が2016年元旦からInterFM897にてレギュラー番組をスタート
Fri, 11 Dec 2015 14:00:00 +0900
モノブライト 桃野陽介 (okmusic UP\'s)

モノブライトのフロントマン・桃野陽介が、DJとして独自の視点から音楽の楽しみ方をリスナーに奨めていく新番組「limelight music」が、InterFM897にて2016年1月1日(金)24:00からスタートすることが明らかになった。

【その他の画像】モノブライト

桃野はUKロックシーンを自身のベースとしながらも、邦楽・洋楽・時代を問わない幅広い知識と懐の深さ、そして、音楽への豊かな愛があふれるMCから今回のレギュラー番組に抜擢。ラジオレギュラーはFM802「MUSIC FREAKS」以来、約7年振りとなる。

番組では桃野の発案を基に、自身が持つルーツから1曲に焦点を当てながら「昔」と「今」で楽曲の聴き方や在り方を検証していくコーナーや、一見異なるところにあると思わせるアーティスト同士の共通点を導き出し、そこを軸にピックアップしていく企画など、徹底的に「音楽」にこだわり、等身大の感覚で一曲一曲を丁寧に紐解いてく。なお、初回は生放送となり、レコーディング中の新作から「ビューティフルモーニング(Wake Up!)」のオンエア初解禁もあるので、お聴き逃しのないように。

また、自身が立ち上げた新レーベル"kiraku records"からの第一弾作品として、「冬、今日、タワー」の配信もスタートした。これは2013年11月に発表した6thアルバム『MONOBRIGHT three』以来、モノブライトとしては約2年振りとなる。きらめきがあふれるようなリフと鈴の音が冬の訪れを告げ、12弦ギターの音色が白く染まる街の中で起こるドラマを映し出し、東京タワーだけに留まらずマリンタワーやテレビ塔、展望塔など、聴く人それぞれに持つタワーの景色を鮮明に思い起こさせる。

年末に行なわれるCOUNTDOWN JAPAN 15/16での新体制披露、そして1月の東阪ワンマンも待ちきれないところではあるが、桃野が持つ新しい音楽へのあくなき欲求を原動力に、結成10周年に向かって走り続けて行く彼らからは引き続き、目が離せない。

■InterFM897「limelight music」

オンエア日:2016年1月1日(金)
24:00〜25:00 生放送
※以降、毎週金曜24:00〜25:00
DJ:桃野陽介(モノブライト)

■InterFM897 オフィシャルサイト
https://www.interfm.co.jp/

【関連リンク】
モノブライト オフィシャルHP
モノブライトの出口博之が高見沢俊彦のラジオにて“特撮兄弟”に変身!?
モノブライト、新レーベルから約2年振りの新曲リリースが決定
桃野陽介&関根卓史によるユニット Hocori、インストアライブ&限定CD再販決定

【関連アーティスト】
モノブライト
【ジャンル】
ジャパニーズロック

Gacharic Spin、最新DVDより「ファイナルなファンタジー」のMVを公開
Fri, 11 Dec 2015 13:30:00 +0900
Gacharic Spin (okmusic UP\'s)

Gacharic Spinが12月16日にリリースするライブDVD『赤裸ライアー TOUR FINAL!!! 2015 〜渋谷公会堂〜』から「ファイナルなファンタジー」のミュージックビデオを公開した。

【その他の画像】Gacharic Spin

「ファイナルなファンタジー」はメジャーファーストフルアルバム『MUSIC BATTLER』に収録されている、ギターTOMO-ZOがメインボーカルを務める楽曲。発売当初から「意外な名曲」「歌詞が泣ける」などと話題となっていた。ミュージックビデオは、ニコリン星からきたTOMO-ZOが、地球で仲間を見つけ成長しニコリン星に帰って行く…という切ないストーリー。普段は見ることのできない、Gacharic Spinのメンバーにも注目だ。また、最新ライブDVDの本編の映像も公開中! ド熱いライブ映像の一部がこちらで見ることができるので、ぜひチェック頂きたい。

さらに、タワーレコード渋谷店限定購入者特典とディスクユニオンの限定購入者特典も発表された。どちらもスペシャルな1日になること間違いなしのイベントとなっているので、こちらもお楽しみに!

■「ファイナルなファンタジー」MV(short ver.)
https://youtu.be/uOqrojkpUKo

■【ワンマンツアー日程】

4月30日(土) 札幌 Sound Lab mole
5月04日(水) 福岡 DRUM Be-1
5月05日(木) 広島 SECOND CRUTCH
5月14日(土) 宮城 仙台MACANA
5月15日(日) 新潟 CLUB RIVERST
5月21日(土) 名古屋 Electric Lady Land
5月22日(日) 大阪 umeda AKASO
5月28日(土) 東京 EX THEATER ROPPONGI

【関連リンク】
Gacharic Spin オフィシャルHP
Gacharic Spin、ツアーファイナルで約3時間の熱いライブを展開
Gacharic Spin、韓国ライヴが大成功&12月リリースDVDの全貌が明らかに
「ビクターロック祭り」番外編イベント『Dog Run Night』にガチャピン、ヒスパニ等が集結!

【関連アーティスト】
Gacharic Spin
【ジャンル】
ジャパニーズロック

Czecho No Republic、年明けに東名阪で対バンライブイベントを開催
Fri, 11 Dec 2015 13:00:00 +0900
Czecho No Republic  (okmusic UP\'s)

日比谷野外大音楽堂公演から3rdアルバム『Santa Fe』リリースツアー、最終公演の東京Zepp DiverCityワンマンも大盛況だったCzecho No Republicが来年、東名阪で対バンイベントでスタートする。

【その他の画像】Czecho No Republic

Czecho No Republicが企画する2016年からの対バンイベントは『1 ON 1』と題されており、一対一の熱いライブが繰り広げられること必至だ。 東京・名古屋・大阪それぞれのゲストバンドは後日発表される。ファンは新しい情報を待とう。

また、12月15日(火)に東京都・渋谷duo MUSIC EXCHANGEにて開催の、「東京カランコロンとCzecho No Republicの三都ものがたり supported by nano・universe」にて、2016年2月19日(金)の 渋谷CLUB QUATTRO 公演チケットの最速販売が行われる。

■『Czecho No Republic 東名阪QUATTRO 2マン 【1 ON 1 TOUR】』

2月15日(月) 名古屋CLUB QUATTRO 
※ゲスト後日解禁
2月16日(火) 梅田CLUB QUATTRO 
※ゲスト後日解禁
2月19日(金) 渋谷CLUB QUATTRO 
※ゲスト後日解禁

オフィシャル先行:2015年12月16日 12:00 〜12月20日 23:59
チケット一般発売:2016年1月9日 (土)

【関連リンク】
Czecho No Republic オフィシャルHP
「MUSIC にゅっと。」主催ライブに向けてCzecho No Republic、GLIM SPANKY等からコメントが到着
音楽情報番組「MUSICにゅっと。」の「十八番ライブ!」にチェコの追加出演が決定
Czecho No Republic、ツアースタートに先駆け新曲「Heart Beat」MV公開

【関連アーティスト】
Czecho No Republic
【ジャンル】
ジャパニーズロック

HY、結成15周年記念全国ツアーファイナルをニコ生で独占生中継決定
Fri, 11 Dec 2015 12:00:00 +0900
12月10日@TOKYO DOME CITY (okmusic UP\'s)

今年結成15年を迎え、7月に11枚目のアルバム『LIFE』をリリース、現在全国ツアー中のHYが12月10日、TOKYO DOME CITYで開催した東京公演にて新たなニュースを発表した。

【その他の画像】HY

それは彼らの地元であり、全国ツアーの最終日となる、12月23日(水・祝)の沖縄コンベンション劇場での公演を、ニコニコ生放送で独占生中継するというもの。

チケットがソールドアウトした結成15周年記念全国ツアー「15th Anniversary HY SMILE 〜LIFE TOUR 2015」の沖縄公演。残念ながらチケットをゲットできなかったファンやどうしても現地に駆けつけることができず涙を飲んだファンは是非こちらを視聴しよう!

さらに、沖縄公演ではスペシャルな発表も用意されているとのこと。こちらも要チェックだ。

【ニコニコ生放送 詳細】
番組名:HY 15周年記念全国ツアー「HY SMILE LIFE TOUR 2015」最終公演独占生中継
放送日時:2015年12月23日(水・祝)17:00-19:00
タイムシフト視聴期間:30日
番組URL:http://live.nicovideo.jp/watch/lv243495364

Live Photo by 濱谷幸江 (SACHIE HAMAYA)

【関連リンク】
HY オフィシャルHP
小田和正が贈る15回目のクリスマスライブより収録レポート到着
小田和正、15回目となる『クリスマスの約束』は地元・横浜で実施
HY、結成15周年記念ツアーで「やりたいことを全部やる!」

【関連アーティスト】
HY
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

04 Limited Sazabys、地元・名古屋にて主催野外フェス開催決定
Fri, 11 Dec 2015 11:00:00 +0900
04 Limited Sazabys (okmusic UP\'s)

04 Limited Sazabys(フォーリミテッドサザビーズ)が12月10日のZepp Nagoyaでのワンマン公演にて、地元・名古屋にて企画する野外フェス『YON FES 2016』を2016年4月2日(土)と3日(日)の2日間にわたって開催することを発表した。

【その他の画像】04 Limited Sazabys

会場は愛知県最大級の大型公園?モリコロパーク(愛・地球博記念公園)”であり、今回のようなアーティスト主催の野外フェスティバルが開催されるのは初の試みとなる。

桜咲く春の季節に、緑豊かなロケーションも同時に堪能できる会場だけに、これまでお世話になってきた地元・名古屋にて、初のアーティスト主導で開催される春の大型フェスとして、今後、大きな話題を集めていくだろう。出演者は主催の04 Limited Sazabysのほかに、今後も続々と追加される予定となっている。

そして、早くも『YON FES 2016』オフィシャルサイトにて、最速チケットのオフィシャル先行受付スタート! 期間は2015年12月10日(木) 22:00 〜 2015年12月27日(日) 23:59までとなっている。

■『YON FES 2016』オフィシャルHP
http://www.yonfes.nagoya
■『YON FES 2016』オフィシャルTwitter
@yon_fes

■【開催宣言】

04 Limited Sazabysは名古屋のバンドです。
名古屋で結成して8年、この街の音楽とカルチャー、ライブハウスシーンに影響を受けながら活動してきました。
少しずつ変化する状況の中、今年は4/1のメジャーデビューに始まりたくさんの夢が叶いました。
念願だったフェスにも出演させてもらえるようになりました。
全国各地の素晴らしいフェスに出会い、こんな1日を名古屋に持ち帰りたい、こんな1日を自分達で作りたいという気持ちが芽生えました。
その気持ちは日に日に増してゆき、もう抑えきれなくなってしまった04 Limited Sazabysは遂に、フェスを主催します。

会場はずっとここでやりたいと思っていた愛・地球博記念公園(通称モリコロパーク)。
僕が学生時代住んでいた街にあります。
いよいよ僕らも街とライブハウスに還元、恩返しできる可能性が出てきました。
今度は僕らがシーンに影響を与える番、そしてシーンを作る番です。

YON FES、開催します。

GEN
04 Limited Sazabys

■『YON FES 2016』開催決定!
https://youtu.be/l8kXfkGbDIM

■『YON FES 2016』

日時:2016年4月02日(土)、03日(日)
時間:開場9:30 開演11:00 終演予定19:00 (各日共予定)
※雨天決行(荒天の場合は中止)
会場:モリコロパーク(愛・地球博記念公園)
出演:4 Limited Sazabys/and more
料金:
・4月02日(土) 入場券 ¥5,800 
・4月03日(日) 入場券 ¥5,800 
・2日通し入場券 ¥10,800
※一般発売は、各日1日入場券のみの販売となります。2日通し券の販売はございません。
一般発売日:2016年2月21日(日)10:00〜

【関連リンク】
04 Limited Sazabys オフィシャルHP
Crossfaith、『XENO WORLD TOUR 2016 : JAPAN』のゲストアクト発表
04 Limited Sazabys、1stシングル「TOY」より「escape」のMVを公開
フクザワ×ハジメファンタジー、ツアーファイナルにフォーリミ GENと話題の“MV女優”の出演が決定

【関連アーティスト】
04 Limited Sazabys
【ジャンル】
ジャパニーズロック

忘れらんねえよ、「ツレ伝」対バン発表とともに秘密の集会も緊急開催
Fri, 11 Dec 2015 10:00:00 +0900
忘れらんねえよ (okmusic UP\'s)

忘れらんねえよが2016年1月から行う「ツレ伝」の対バン「ツレ」(=対バンゲスト)を発表し、12月13日の「秘密の集会」開催も発表した。

【その他の画像】LEGO BIG MORL

忘れらんねえよが開催する2マンツアー「ツレ伝」第一弾として発表された尊敬してやまない先輩・友達・後輩であるツレは、千葉に東京カランコロン、北浦和にLEGO BIG MORL、名古屋にThe ピーズ。どのアーティストも忘れらんねえよと縁が深く、当日はエモーショナルな2マンライブになることは間違いない。先週より東京以外の各地チケット一般発売が始まったが、既に千葉、北浦和、札幌公演がすでにSOLD OUTとなっているので、参戦希望者は早めに申し込もう。

緊急開催と称され、12月13日に都内ライブハウスにて、忘れらんねえよが「秘密の集会」を行うことを発表。この集会では何が行われるのだろうか。間違いなく何かの仕掛けがあるはずだが、謎が多いこのイベントの詳細は、応募当選者にのみ知らされるとのことなので、こちらも応募しよう

■「忘れらんねえよ主催ツレ伝ツアー2016 」

1月09日(土) 千葉LOOK 
w/東京カランコロン
1月10日(日) 北浦和KYARA 
w/LEGO BIG MORL
1月23日(土) 名古屋CLUB QUATTRO 
w/Theピーズ
1月24日(日) 梅田CLUB QUATTRO
2月14日(日) 新潟CLUB RIVERST
2月19日(金) 仙台CLUB JUNK BOX
2月21日 (日) 札幌ベッシーホール
2月28日 (日) 浜松窓枠
3月05日 (土) 岡山IMAGE
3月27日 (日) 東京TSUTAYA O-EAST

■「忘れらんねえよ秘密の集会」

12月13日(午前中) 都内ライブハウス
応募方法 詳細
http://www.office-augusta.com/wasureranneyo/

【関連リンク】
忘れらんねえよ オフィシャルHP
『COUNTDOWN JAPAN 15/16』12月30日の注目アーティスト5選
赤い公園、対バンツアーが大盛況のうちに終幕
忘れらんねえよからドラムの酒田耕慈が脱退

【関連アーティスト】
LEGO BIG MORL, The ピーズ, 忘れらんねえよ, 東京カランコロン
【ジャンル】
ジャパニーズロック

flumpool、ニューシングルのジャケ写で覗かせたインパクト大な二面性とは?
Fri, 11 Dec 2015 09:00:00 +0900
シングル「夜は眠れるかい?」【初回限定盤】(CD+DVD) (okmusic UP\'s)

flumpoolが2016年2月3日(水)リリース予定のニューシングル「夜は眠れるかい?」のジャケット写真を公開した。

【その他の画像】flumpool

初回限定盤のジャケットはボーカルの山村隆太のソロ、通常盤の方はメンバー4人全員が写ったものとなっているが、いずれも自らの顔を破り、その中から、さらに違った顔(一面)をのぞかせるという、かなりインパクトの強い仕上がりとなっている。今回のジャケットにはメンバーの持つ二面性が表現されており、また、殻を破って新たな音楽を表現していくという、強い意志も感じられるものとなっている。また楽曲「夜は眠れるかい?」は大人気コミック『亜人』の映画&TVシリーズの主題歌となっており、早くもそのエッジーなサウンドが早くも巷を盛り上げているが、その『亜人』の世界観をも踏襲した今回のビジュアルはさらに話題をさらうことは間違いないだろう。

ちなみに、今回のシングルのカップリング曲「君が笑えば 〜Just like happiness〜」は、flumpoolの真骨頂ともいえる温かみのある優しいサウンドとなっており、リード曲の「夜は眠れるかい?」と合わせて、ここでもflumpoolの“二面性"が感じることができる。また初回限定盤のジャケットは山村隆太のソロとなっているが、同様の仕様を施した、他のメンバーのバージョンのジャケットカードも初回限定盤には同封されており、付け替えてメンバーそれぞれの世界観(二面性)を楽しむことも可能となっているとのこと。こちらも要チェックだ。

今回アートワークを担当したのは、A4Aの東市篤憲氏。先日解禁されたばかりの「夜は眠れるかい?」 LIMITED MOVIEも手掛けており、トータルで創り上げられる世界観をチェックしよう。

さらに今回、シングルの初回限定盤に付属のDVDの収録楽曲も公開された。「LIMITED TOUR 2015 R→LOOF PLAN 〜大人の屋根裏計画〜」Zepp DiverCity Tokyo公演の模様がスペシャルセレクションとして収録されることが発表されていたが、そこで披露された「ベガ 〜過去と未来の北極星〜」「この時代を生き抜くために」「僕はここにいる」「Because... I am」「プレミアム・ガール」5曲がフルサイズ収録され、「傘の下で君は…」と「MW 〜Dear Mr. & Ms. ピカレスク〜」はダイジェストで収録された、LIMITED TOURを30分強に凝縮したスペシャルライブDVDとなっている。全国限定5都市で開催された今回のツアーでは、普段聴くことのできない、まさしく“限定"のセットリストで行なわれたことが話題となっていたが、それらが収録された今回の映像は、まさにプレミアムなものと言っても過言ではない。

flumpoolは12月30日(水)31日(木)に横浜アリーナで初の単独でのカウントダウンライブ"flumpool COUNTDOWN LIVE 2015→2016「ヒツジの皮を被ったサルたちの歌合戦」"の開催を控えている。年末から、年明けのシングルリリースに向けても精力的に動いていくflumpoolから目が離せそうにない!

■シングル「夜は眠れるかい?」

2016年2月3日(水)発売予定
【初回限定盤】(CD+DVD)
AZZS-41/¥1,700+税
<収録曲>
■CD
1 夜は眠れるかい? 
※映画&TVシリーズ『亜人』主題歌
2 君が笑えば 〜Just like happiness〜 
※ブルボン「アルフォートミニチョコレート」TVCMソング
3 MOMENT
■DVD
「LIMITED TOUR 2015 R→LOOF PLAN 〜大人の屋根裏計画〜」
Zepp DiverCity Tokyo公演の模様をスペシャルセレクションで収録

【通常盤】(CDのみ)
AZCS-2060/¥1,200+税
※アニメ『亜人』描き下ろしワイドキャップステッカー付属
<収録曲>
1 夜は眠れるかい? 
※映画&TVシリーズ『亜人』主題歌
2 君が笑えば 〜Just like happiness〜 
※ブルボン「アルフォートミニチョコレート」TVCMソング
3 MOMENT
4 夜は眠れるかい? (Instrumental)
5 君が笑えば 〜Just like happiness〜 (Instrumental)

■「夜は眠れるかい?」スペシャルページ
http://www.flumpool.jp/sp/yoru/

■『flumpool COUNTDOWN LIVE 2015→2016「ヒツジの皮を被ったサルたちの歌合戦」』

【未の忘年会】
12月30日(水) 神奈川 横浜アリーナ
16:00開場 / 17:00開演 / 20:00終演 ※全て予定時刻
【申の新年会】
12月31日(木) 神奈川 横浜アリーナ
20:00開場 / 21:30開演 / 24:30終演 ※全て予定時刻

<チケット>
発売中
料金:¥6,500(税込)
※オリジナル年賀状プレゼント付き
※4歳以上 チケット必要
※3歳以下 入場不可
※お一人様4枚まで

【関連リンク】
flumpool オフィシャルHP
flumpool、LINE生配信でカウントダウンへの意気込み語る
TERU(GLAY)、レギュラー番組の20周年記念スペシャルイベント開催
flumpool、新曲「夜は眠れるかい?」LIMITED MOVIE公開&ブルボンのクリスマスCMに楽曲提供

【関連アーティスト】
flumpool
【ジャンル】
ジャパニーズロック

FUKI、初のコンセプトアルバム『キミへ ~Love Song Collection~』の発売が決定
Fri, 11 Dec 2015 00:00:00 +0900
FUKI (okmusic UP\'s)

10月に配信シングル「キミじゃなきゃ」でメジャーデビューを果たし、12月9日に2枚目の「キミがスキ 〜Winter Ver.」を配信リリースしたシンガーソングライターのFUKIが初となるコンセプトアルバム『キミへ 〜Love Song Collection〜』を 2016年2月10日(水)に発表する。

【その他の画像】FUKI

JK(女子高生)を中心に、歌詞をポエムのようにひたすら呟く「FUKI現象」は今もなお止まる事がなく、WEBメディアでは「新たなJKの新教祖が登場!」と取り上げられ、この内容でまとめられた“NAVERまとめ"の記事が50万Viewを獲得するほど、注目を浴びている新人シンガーソングライターのFUKI。
 
そんな彼女がデビュー後、わずか3ヶ月でコンセプトアルバムを発売することを発表した。“それぞれのラブストーリー"をテーマに全8曲を収録する同作、ヒットし続ける「キミ」シリーズや「FUKI現象」で話題のFUKIだが、このアルバムで遂に彼女の全貌が明らかになることだろう。

CDにも収録されるデビュー作品「キミじゃなきゃ」は、音楽聴き放題アプリFaRaoの、11月度再生ランキング&"Good"ランキング1位を獲得したことが先日発表され、2nd配信シングル「キミがスキ 〜Winter Ver.-」は前作同様、渋谷を中心に爆弾オンエアー継続中だ。

いま、一番逢いたい人、一番大切な人へ。ストレートなキモチを綴った告白ラブソングは、X‘masを目前に話題沸騰中で、「FUKI現象」はまだまだ止まらない。ミックスチャンネルでも人気のカップルなど、一般人のラブラブの写真が散りばめられたリリックビデオが話題だ。この2曲から繰り広げられるコンセプトアルバムに期待したい。

また、12月21日(月)20時半〜は、GYAO! MUSIC LIVEで初めてスタジオライブも生配信! これまで露出が少なかったため、「どんな歌声なんだろう」「どんな人なんだろう」というコメントがすでに殺到している。アルバム発売を前に、彼女の生の歌声を是非体感して欲しい。

■【GYAO! MUSIC LIVE情報 】

『FUKI Winter Session Live "LOVE SONGS" 〜キミがスキ〜』
12月21日(月)20時半スタート
http://gyao.yahoo.co.jp/music-live/

■アルバム『キミへ 〜Love Song Collection〜』

“それぞれのラブストーリー"をコンセプトに全8曲を収録。 デビューヒット作の1st 配信シングル「キミじゃなきゃ」、2nd配信シングル「キミがスキ 〜Winter Ver.〜」はもちろん収録のFUKI、待望のCD第一弾!

2016年2月10日(水) 発売
VICL-64443/¥1,800+税

■「キミがスキ 〜Winter Ver.-」 (Lyric Video)
https://youtu.be/fyNBpgQvT2U

■「キミじゃなきゃ」 MV
https://youtu.be/jMdPvkqxPT0

【関連リンク】
FUKI オフィシャルHP
FUKI、デビュー曲「キミじゃなきゃ」が配信チャート上位にランクイン
日食なつこ、アルバム『逆光で見えない』のツアーにkomaki参加決定
三代目 J Soul Brothersが「Yahoo! 検索大賞2015」にて大賞&ミュージシャン部門賞をW受賞

【関連アーティスト】
FUKI
【ジャンル】
J-POP













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1