歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2015年12月09日)
バックナンバー
最新ニュース
2015/12/18
2015/12/17
2015/12/16
2015/12/15
2015/12/14
2015/12/13
2015/12/12
2015/12/11
2015/12/10
2015/12/09
2015/12/08
2015/12/07
2015/12/06
2015/12/05
2015/12/04
2015/12/03
2015/12/02
2015/12/01
2015/11/30
2015/11/29
2015/11/28
2015/11/27
2015/11/26
2015/11/25
2015/11/24
2015/11/23
2015/11/22
2015/11/21
2015/11/20
2015/11/19
2015/11/18
2015/11/17
2015/11/16
2015/11/15
2015/11/14
2015/11/13
2015/11/12
2015/11/11
2015/11/10
2015/11/09
2015/11/08
2015/11/07
2015/11/06
2015/11/05
2015/11/04
2015/11/03
2015/11/02
2015/11/01
2015/10/31
2015/10/30
2015/10/29
2015/10/28
2015/10/27
2015/10/26
2015/10/25
2015/10/24
2015/10/23
2015/10/22
2015/10/21
2015/10/20
2015/10/19
2015/10/18
2015/10/17
2015/10/16
2015/10/15
2015/10/14
2015/10/13
2015/10/12
2015/10/11
2015/10/10
2015/10/09
2015/10/08
2015/10/07
2015/10/06
2015/10/05
2015/10/04
2015/10/03
2015/10/02
2015/10/01
2015/09/30
2015/09/29
2015/09/28
2015/09/27
2015/09/26
2015/09/25
2015/09/24
2015/09/23
2015/09/22
2015/09/21
2015/09/20
2015/09/19
2015/09/18
2015/09/17
2015/09/16
2015/09/15
2015/09/14
2015/09/13
2015/09/12
2015/09/11
2015/09/10
2015/09/09
2015/09/08
2015/09/07
2015/09/06
2015/09/05
2015/09/04
2015/09/03
2015/09/02
2015/09/01
2015/08/31
2015/08/30
2015/08/29
2015/08/28
2015/08/27
2015/08/26
2015/08/25
2015/08/24
2015/08/23
2015/08/22
2015/08/21
2015/08/20
2015/08/19
2015/08/18
2015/08/17
2015/08/16
2015/08/15
2015/08/14
2015/08/13
2015/08/12
2015/08/11
2015/08/10
2015/08/09
2015/08/08
2015/08/07
2015/08/06
2015/08/05
2015/08/04
2015/08/03
2015/08/02
2015/08/01
2015/07/31
2015/07/30
2015/07/29
2015/07/28
2015/07/27
2015/07/26
2015/07/25
2015/07/24
2015/07/23
2015/07/22
2015/07/21
2015/07/20
2015/07/19
2015/07/18
2015/07/17
2015/07/16
2015/07/15
2015/07/14
2015/07/13
2015/07/12
2015/07/11
2015/07/10
2015/07/09
2015/07/08
2015/07/07
2015/07/06
2015/07/05
2015/07/04
2015/07/03
2015/07/02
2015/07/01
2015/06/30
2015/06/29
2015/06/28
2015/06/27
2015/06/26
2015/06/25
2015/06/24
2015/06/23
2015/06/22
2015/06/21
2015/06/20
2015/06/19
2015/06/18
2015/06/17
2015/06/16
2015/06/15
2015/06/14
2015/06/13
2015/06/12
2015/06/11
2015/06/10
2015/06/09
2015/06/08
2015/06/07
2015/06/06
2015/06/05
2015/06/04
2015/06/03
2015/06/02
2015/06/01
2015/05/31
2015/05/30
2015/05/29
2015/05/28
2015/05/27
2015/05/26
2015/05/25
2015/05/24
2015/05/23
2015/05/22
2015/05/21
2015/05/20
2015/05/19
2015/05/18
2015/05/17
2015/05/16
2015/05/15
2015/05/14
2015/05/13
2015/05/12
2015/05/11
2015/05/10
2015/05/09
2015/05/08
2015/05/07
2015/05/06
2015/05/05
2015/05/04
2015/05/03
2015/05/02
2015/05/01
2015/04/30
2015/04/29
2015/04/28
2015/04/27
2015/04/26
2015/04/25
2015/04/24
2015/04/23
2015/04/22
2015/04/21
2015/04/20
2015/04/19
2015/04/18
2015/04/17
2015/04/16
2015/04/15
2015/04/14
2015/04/13
2015/04/12
2015/04/11
2015/04/10
2015/04/09
2015/04/08
2015/04/07
2015/04/06
2015/04/05
2015/04/04
2015/04/03
2015/04/02
2015/04/01
2015/03/31
2015/03/30
2015/03/29
2015/03/28
2015/03/27
2015/03/26
2015/03/25
2015/03/24
2015/03/23
2015/03/22
2015/03/21
2015/03/20
2015/03/19
2015/03/18
2015/03/17
2015/03/16
2015/03/15
2015/03/14
2015/03/13
2015/03/12
2015/03/11
2015/03/10
2015/03/09
2015/03/08
2015/03/07
2015/03/06
2015/03/05
2015/03/04
2015/03/03
2015/03/02
2015/03/01
2015/02/28
2015/02/27
2015/02/26
2015/02/25
2015/02/24
2015/02/23
2015/02/22
2015/02/21
2015/02/20
2015/02/19
2015/02/18
2015/02/17
2015/02/16
2015/02/15
2015/02/14
2015/02/13
2015/02/12
2015/02/11
2015/02/10
2015/02/09
2015/02/08
2015/02/07
2015/02/06
2015/02/05
2015/02/04
2015/02/03
2015/02/02
2015/02/01
2015/01/31
2015/01/30
2015/01/29
2015/01/28
2015/01/27
2015/01/26
2015/01/25
2015/01/24
2015/01/23
2015/01/22
2015/01/21
2015/01/20
2015/01/19
2015/01/18
2015/01/17
2015/01/16
2015/01/15
2015/01/14
2015/01/13
2015/01/12
2015/01/11
2015/01/10
2015/01/09
2015/01/08
2015/01/07
2015/01/06
2015/01/05
2015/01/04
2015/01/03
2015/01/02
2015/01/01
2014/12/31
2014/12/30
2014/12/29
2014/12/28
2014/12/27
2014/12/26
2014/12/25
2014/12/24
2014/12/23
2014/12/22
2014/12/21
2014/12/20
2014/12/19
2014/12/18
2014/12/17
三代目 J Soul Brothersが「Yahoo! 検索大賞2015」にて大賞&ミュージシャン部門賞をW受賞
Wed, 09 Dec 2015 23:00:00 +0900
「Yahoo! 検索大賞 2015」授賞式 (okmusic UP\'s)

12月9日、2015年に前年と比較して検索数が最も急上昇した人物・作品・製品を表彰する「Yahoo! 検索大賞 2015」が発表され、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEが、栄えある大賞とミュージシャン部門賞のダブル受賞を果たし、ヴォーカルの今市隆二と登坂広臣が会場にゲストとして出演した。

【その他の画像】三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE

三代目 J Soul Brothersの検索数が急上昇した理由として、1月28日に発売されたアルバム『PLANET SEVEN』が100万枚以上の出荷を記録し、オリコンの上半期アルバムランキングでの1位獲得した事。さらに、5月27日の福岡ヤフオク!ドームを皮切りにスタートした自身初の全国ドームツアー『三代目 J Soul Brothers LIVE TOUR 2015 「BLUE PLANET」』にてライブビューイング含め120万人ものファンを動員させ、Wミリオン達成という異例の快挙を成し遂げた事が要因として挙げられた。

ヤフー株式会社 代表取締役社長宮坂学氏より、三代目J Soul Brothersの2人へ大賞とミュージシャン部門賞のダブル受賞を表し、トロフィーが贈呈されると、「本当にこのような素晴らしい賞を2つも頂けて、自分たちを検索してくださった方々、一人一人に感謝したいです」(今市隆二)、「本当にびっくりしました。驚いています。このような賞を頂けるという事で大変光栄に思います」(登坂広臣)と、2人それぞれに受賞の感想を述べ、喜びの声を会場に届けた。

またWミリオン、そして「Yahoo!検索大賞 2015」W受賞を獲得した2人は2015年度の活躍を振り返り、「今年初めてドームツアーをやらせて頂き、デビュー当時からドームのステージに7人で立てたら…と話していたので、本当に自分たちにとって大きな夢を今年叶えさせて頂いたので、本当に支えてくださる皆さんに感謝です」(今市隆二)、「アルバムのミリオン達成もそうですし、ドームツアーの120万人動員も、改めて自分たちが、自分たちの音楽をたくさんの人に聴いて頂けているんだなと実感する瞬間でもあったので、本当に光栄な事だと思っています」(登坂広臣)と、これまでの軌跡を感慨深く語った。

受賞ラッシュの止まらない三代目 J Soul Brothers。その勢いはより一層増すばかりだ。

【関連リンク】
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE オフィシャルHP
「Yahoo!検索大賞2015」発表、三代目JSB、Hey! Say! JUMPらが“今年の顔”に
年末恒例「Mステ」スーパーライブ、ミスチル、ベビメタほか42組がクリスマスに競演
2015年カラオケランキング首位は秦基博「ひまわりの約束」に、映画『STAND BY ME ドラえもん』主題歌

【関連アーティスト】
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
【ジャンル】
J-POP, イベント

AKi、新曲「FAIRY DUST」ショートMV&LIVE DVDダイジェスト映像を公開
Wed, 09 Dec 2015 17:30:00 +0900
AKi (okmusic UP\'s)

AKiのソロ第2弾となるミニアルバム『EPHEMERAL』より「FAIRY DUST」MV short ver.と、初のソロライブを収録したLIVE DVD『A Feeling Begins to Arise』のダイジェスト映像が公開された。

【その他の画像】シド

MVには前作同様、Drum・宮上元克(THE MAD CAPSULE MARKETS)、Guitar・加藤貴之(兎)、Guitar・佑聖(元THE KIDDIE)が参加。ダイジェスト映像は、この会場に運よく入れた人以外には初公開の映像となる。

さらに、2016年5月より待望のファースト・ツアーが開催される事も同時解禁となった。すでに発表されているMUCCとのダブルヘッドラインツアー『MAVERICK DC presents DOUBLE HEADLINE TOUR 2016 「M.A.D」』で全国を回ったあとに開催されるファースト・ツアー。2016年5月1日、AKiの地元でもある厚木からスタートし、7月18日のツアー・ファイナル公演 Zepp DiverCity Tokyoまで全国を駆けまわる。

また、今回発売されるミニアルバム『EPHEMERAL』、LIVE DVD『A Feeling Begins to Arise』にファースト・ツアーのチケット最速先行受付の詳細が封入されている。『EPHEMERAL』を聴き、『A Feeling Begins to Arise』を観て、是非AKiの世界観の片鱗をその身体で感じ取ってほしい。

■「FAIRY DUST」MV(short ver.)& LIVE DVD ダイジェスト映像
https://youtu.be/jkbg2YnWz-0

■AKi Tour 2016 『HEADZ UP & DO IT!』

5月01日(日) Thunder Snake ATSUGI
5月03日(祝・火) 町田The Play House
5月05日(祝・木) 新潟LOTS
5月07日(土) 長野CLUB JUNK BOX
5月08日(日) 金沢EIGHT HALL
5月12日(木) 梅田クラブクアトロ
5月14日(土) 神戸VARIT.
5月15日(日) 京都MUSE
5月19日(木) Live House 浜松窓枠
5月20日(金) 名古屋ボトムライン
5月25日(水) HEAVEN\'S ROCK宇都宮VJ-2
5月29日(日) 広島クラブクアトロ
5月31日(火) HEAVEN\'S ROCKさいたま新都心VJ-3
6月10日(金) 福岡DRUM LOGOS
6月12日(日) 鹿児島CAPARVO HALL
6月18日(土) 高松DIME
6月19日(日) 松山サロンキティ
6月22日(水) 郡山CLUB #9
6月24日(金) 仙台Rensa
6月26日(日) 札幌PENNY LANE24
7月18日(祝・月) Zepp DiverCity Tokyo

【関連リンク】
AKi オフィシャルHP
シド、新曲「夢心地」を含むシングルベストを1月にリリース
MUCC×Aki、ツアー「M.A.D」追加公演&コラボ楽曲CD付きパンフレット発売決定
シド、東京ジョイポリスとのSPコラボイベント開催を発表

【関連アーティスト】
シド, AKi
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル

Crossfaith、2年振りとなる自主イベントを新木場にて開催決定
Wed, 09 Dec 2015 20:00:00 +0900
「ACROSS THE FUTURE 2016」 (okmusic UP\'s)

Crossfaithが2016年2月に2年振りとなる自主イベント「ACROSS THE FUTURE」を新木場にて開催する事を発表した。

【その他の画像】Crossfaith

2014年に初開催となった彼らの自主企画イベント「ACROSS THE FUTURE」。“未来の向こう側"をテーマにジャンルの壁はもとより、国境や国籍をも超えることを目的としたイベントであり、今回は東京・新木場STUDIO COASTにて一夜限りの開催となった。Crossfaithならではのスペシャルゲストアクトも何組か予定されているとのことで、これからの発表に期待がかかる。チケットは12月9日の17時よりオフィシャル先行が受付スタートしているので、気になる方は是非チェックを!

■『ACROSS THE FUTURE 2016』

2月14日(日)   新木場STUDIO COAST
OPEN 16:00 / START 17:00
http://acrossthefuture.com/

■最速オフィシャル先行
※12月9日(水)17:00〜12月15日(火)21:00
http://w.pia.jp/s/acrossthefuture/

【関連リンク】
Crossfaith オフィシャルHP
Crossfaith、怒濤の8年間を濃密に詰め込んだ大作ドキュメンタリーが遂に完成!
Crossfaith、英国野外フェス「READING & LEEDS FESTIVAL 2016」に自身3度目の出演が決定
Crossfaithのワールドツアー日本編にthe HIATUS、BRAHMAN参戦

【関連アーティスト】
Crossfaith
【ジャンル】
ジャパニーズロック

GALNERYUS、コンセプトアルバムより新曲「RAISE MY SWORD」MV公開
Wed, 09 Dec 2015 19:00:00 +0900
GALNERYUS (okmusic UP\'s)

ついにリリースを迎えたGALNERYUS史上初となるコンセプトアルバム『UNDER THE FORCE OF COURAGE』。その世界観を投影した剣に導かれた、父と子の熱い絆をドラマチックに描き出した新曲「RAISE MY SWORD」のミュージックビデオが公開となった。

【その他の画像】GALNERYUS

通算10枚目にして、前述の通りGALNERYUS史上初のコンセプトアルバムとなる本作は、組曲的な内容の全9曲を収録。「2つの大きな勢力の争いに翻弄される二人の男の人生を軸に、人間にとっての永遠のテーマを問う物語」 となっている。LOUD PARK 15、そしてリリース前の東名阪ツアーや先日公開された全曲トレーラーを通じ、アルバムの本質を体現し五感を刺激してきたGALNERYUS。今回新たに公開された「RAISE MY SWORD」の映像では、そこからさらに具体化されたストーリを体感できることだろう。

リリース直前の先週末には、前哨戦ツアー海外編として上海・香港・台湾でワンマンライブを敢行し、各地フロアが満員状態に。アジアの熱狂的なファンに囲まれ、J-METALのトップランナーとしての貫禄を見せつけた。

尚、国内では来年3月からスタートするアルバム発売記念ツアー「"JUST PRAY TO THE SKY"TOUR 2016」の日程及び詳細もアナウンスされた。仙台を皮切りに全国7都市をめぐり、ツアーファイナルは豊洲PIT公演となる。東京・大阪の会場ではスクリーン・システムの導入も決定し、通常のツアーとは一味違ったライブになることが間違いない。アルバム購入者にはツアーでの連動特典もあるとのことだ。

哀愁と構築美の融合が聴く者のイマジネーションを刺激するコンセプトアルバム『UNDER THE FORCE OF COURAGE』。またしても新境地を切り拓いたGALNERYUSが再びシーンを席捲する!

■「RAISE MY SWORD」MV
https://youtu.be/prBxPljqt0M

■『「UNDER THE FORCE OF COURAGE」発売記念全国ツアー "JUST PRAY TO THE SKY"TOUR 2016』

3月13日(日) 仙台 MACANA
3月14日(月) 新潟 GOLDEN PIGS RED
3月26日(土) 大阪 BIGCAT
4月02日(土) 福岡 DRUM Be-1
4月03日(日) 広島 SECOND CRUTCH (旧ナミキジャンクション)
4月05日(火) 名古屋 Electric Lady Land
4月16日(土) 札幌 cube garden
4月23日(土) 東京 TOYOSU PIT

【関連リンク】
GALNERYUS オフィシャルHP
GALNERYUS、初コンセプトアルバムの世界観を体感できるトレーラーを公開
GALNERYUS、バンド史上初のコンセプトアルバムの全貌が明らかに
GALNERYUS、『LOUD PARK2015』でコンセプトアルバムリリースを発表

【関連アーティスト】
GALNERYUS
【ジャンル】
ジャパニーズロック, メタル

『西遊記』は日本の音楽シーンを進化させたスーパーバンド、ゴダイゴの大傑作
Wed, 09 Dec 2015 18:00:00 +0900
ゴダイゴ『西遊記』のジャケット写真 (okmusic UP\'s)

吉井和哉が12月9日にカバーアルバムシリーズ第2弾となる作品『ヨジー・カズボーン〜裏切リノ街〜』を発表したばかりだが、その収録曲の中にゴダイゴの「ガンダーラ」がある。オリジナルと大きく変わらないバンドアレンジで、カバーと言うよりもコピーと言ってよい仕上がりに、思わずゴダイゴへの惜しみないオマージュを感じざるを得ない楽曲である。そんなわけで今回の邦楽名盤列伝はゴダイゴを取り上げたい。ロビンだけでなく、数多くのアーティストに多大なる影響を与えた偉大なるレジェンドである。

■1978〜79年の快進撃

街を歩いていても、家に居ても、とある楽曲が聴こえてきて、「最近、この曲、よく聴くなぁ」なんて思った経験は誰にでもあるだろう。ミリオンセールスが少なくなった今でも、まだまだよくあることだと思う。俗に言うヒット曲。例を挙げれば枚挙に暇がないが、古くはジュリーやピンクレディー、小室ファミリーもそうだったし、最近ではEXILEや嵐を思い出す。個人的に最も印象に残っているのが1978〜79年のゴダイゴの快進撃だ。1978年の「ガンダーラ」「モンキー・マジック」、1979年の「ビューティフル・ネーム」「銀河鉄道999」「ホーリー・アンド・ブライト」と、かなり大袈裟に言うと、当時はゴダイゴの楽曲を聴かない日がないほどであった気がする。

こんなことがあった。1979年の夏休み。当時中学生だった筆者は友人とともに街に遊びへ行ったところ、ラジオ番組の公開録音現場に出くわした(公開生放送だったかもしれない)。そこで番組で流す曲のリクエストも受け付けていた。「そういうことなら…」と友人と示し合わせて、当時大ヒットしていた「銀河鉄道999」と書いて所定の箱に用紙を投函。番組の開始を待った。そのうちに、前説だったか番組パーソナリティーだったか男性が登壇して諸注意と曲のリクエストを募ったのだが、彼はこんなことを言った。「どんどんリクエストをください。今、あの何とか鉄道とかいう曲ばっかりですので他の曲もお願いします」と。未だいたいけな中学生だった我々は何か悪いことに加担した気がして、肩を落として静かにその場を立ち去り、以後、ハードコアパンクしか聴かなくなったという…というのは嘘だが、何だか恐縮してしまったのは事実。壇上の方も「銀河鉄道999」のリクエストばかりで、辟易していたのだろう。今になればそれもわかる。毎日「××××××」(編集部註:自主規制)を聴かされたら自分もそうなる。ただ、当時はそれだけ皆、特に子供たちはゴダイゴが好きだったし、それほど街にあふれていたということである。

■ドラマ『西遊記』との出会い

ゴダイゴの結成は1975年。「ガンダーラ」「モンキー・マジック」で大ブレイクするまで3年を費やしている。この間、CMソングや映画のサントラなどで一定の評価を受けていたものの、いまひとつパッとしなかったのは英語詞が関係していたらしい。今の音楽ファンは信じられないだろうが、その昔は英語詞というだけでレコードを出させてもらえないとか、デビューさせてもらえないことが多々あったという。いや、90年代ですらそうした慣習が残っていたわけで、この頃には関係者に相手にされるような話ではなかったことは想像するに難くない。ゴダイゴにはスティーヴ・フォックス(Ba)、トミー・スナイダー(Dr)という外国人メンバーが2名在籍していた上、北米での生活が長かった奈良橋陽子女史がプロデューサー兼作詞家であったことで、今で言うグローバリゼーションのあるバンドであり、むしろ英語詞の方が自然で、おそらく変に意識することなく英語で歌っていたのだろう。しかし、CMや映画ならまだしも、そのままの姿勢で所謂チャート上で闘えるほど時代は成熟していなかった。そんな彼らのもとにドラマの音楽担当のオファーが届く。サントラに加えて、オープニング、エンディングまでを手掛けるという。それが日本テレビの開局25周年ドラマ『西遊記』であった。

ウィキペディアで調べたら、このドラマ『西遊記』は「(放送された)1978年は日中平和友好条約が調印された年であり、当時としては画期的な中国ロケが中華人民共和国中央広播事業局の協力のもと行なわれた。放送枠は、NHK大河ドラマと同じ日曜夜8時であり、ひけをとらないようにと当時の金額で10億円の予算が投じられた」とある。彼らのエキゾチックな音楽性が認められたとはいえ、そんな超大作ドラマの音楽担当にゴダイゴが起用されたことは大抜擢だったと言っていい。エンディングテーマ曲「ガンダーラ」は日本語詞という依頼で、これを歌うことには若干の抵抗感はあったということだが、オープニングテーマ「モンキー・マジック」は英語詞。これは同ドラマの海外販売という戦略があってのことだったろうが、それはゴダイゴにとって僥倖であった。開局25年記念番組ということで、このドラマ『西遊記』は事前の宣伝告知も相当なものであり、筆者も「何かすごいドラマが始まる!」とワクワクして放送日を待っていたような気がする。そこで流れてきたオープニングテーマの躍動感と、日本人俳優が演じる『西遊記』で英語詞という無国籍感にカッコ良さを感じたものだ。同じように感じた子供たちも少なくなかったであろう。そこで潮目が変わった。いや、潮目どころではない。これは大袈裟でも何でもなく、そこが時代の転換点となったのであった。

■難解さを飲み込んだ大衆性

そのドラマのサウンドトラックでもあった『西遊記』は、それと同時にゴダイゴ通算3枚目のオリジナルアルバムであり、最もセールスを記録した作品でもある。プログレ、サイケ、ブルース、ソウル、R&Rと、ゴダイゴのバンドとしてのポテンシャルの高さをしっかりとパッケージしている上、M2「ガンダーラ」も英語バージョンになり、全編英語詞のバンド本位のアルバムであるとも言える。しかし、難解さ、マニアックさはほとんど感じられない。いや、例えばM1「THE BIRTH OF THE ODYSSEY〜MONKEY MAGIC」の冒頭、約1分間にもおよぶ電子音のイントロはまさにプログレ的で、そのスリリングな様子はカッコ良いのだが、(特に当時は)万人受けするフレンドリーなものではない。また、M3「ASIATIC FEVER」で聴かせるロックサウンドも結構洋楽的なアプローチだし、タイムラグなく曲がつながっているM4「WE\'RE HEADING OUT WEST TO INDIA」〜M5「THANK YOU, BABY」はその様からしてサイケデリックだし、M7「HAVOC IN HEAVEN」での若干変拍子気味の間奏のグイグイ迫る感じはマニアックと言えばマニアックだ。だが、「これ見よがしではない」と言えばいいのか、M1「THE BIRTH OF THE ODYSSEY」も実にいい頃合いで「MONKEY MAGIC」につながるし、その他のサウンドにしても決して歌の主旋律を邪魔することなく配されている。プログレであり、サイケであるのだが、難解でないのだ。これはタケカワユキヒデ(Vo)とミッキー吉野(Key)という両メインコンポーザーが作るメロディーラインが親しみやすく、キャッチーなものであることにも起因することは明らかだろうが、もっと言えばそのメロディーとサウンドのバランスが絶妙だったことが大きな勝因だったと思う。

耳に残るメロディーはもちろん、シンセサイザーを大胆に導入しつつもアジアンテイストあふれるサウンドは、熱心な音楽ファンでもあまり聴いたことがないものだっただろう。だからこそ、自分も含めて当時の子供たちはゴダイゴに夢中になった。ウィキペディアにもゴダイゴのヒット曲を指して「これらのヒットはとりわけ低年齢層に受け入れられたためである」とある。異論はない。しかし、子供だからこそ、それまでになかった音楽に敏感に反応したとも言える。“子供だまし”という言葉があるが、俗に言う“子供だまし”なものにこそ子供は簡単にはだまされない。俗に言う企画もので後世に残るヒットがないことがその証左である。ゴダイゴは上記の通り、マニアだからこそ奏でることができる音楽を鳴らし、真っ向からではなくドラマのサントラという迂回路線ではあったものの、邦楽シーンに分け入った。そこでブレイクしたのは、そのサウンドがプログレやサイケデリックをベースにしたものであり、歌詞が英語であったからこそ…であったと思う。ゴダイゴはそれまでなかったものだからこそ、ウケたのだ。これは間違いないと思う。その後のゴダイゴは、ユニセフ国際児童年協賛曲「ビューティフル・ネーム」、 映画『銀河鉄道999』のテーマソング、ドラマ『西遊記II』のエンディングテーマ「ホーリー・アンド・ブライト」を発表し、前述の通り、時代の寵児となった。そればかりか、90年代半ばに小沢健二がゴダイゴへのリスペクトを公言して以降、モロにゴダイゴを神と崇めるバンド、MONKEY MAJIKが登場してヒット曲を連発するなど、ゴダイゴが日本の音楽シーンに及ぼした影響は甚大であることがわかってきた。EXILEが「銀河鉄道999」をカバーし、それが今や彼らの代表曲になっているに至っては、ゴダイゴの偉大さを痛感せざると得ないのである。

【関連アーティスト】
タケカワユキヒデ, GODIEGO, ミッキー吉野
【ジャンル】


くるり、コンセプトライブ『NOW AND THEN Vol.3』にて5thアルバムを再現
Wed, 09 Dec 2015 18:00:00 +0900
くるり (okmusic UP\'s)

2016年9月のバンド結成20周年を迎えるにあたり、あえて過去を振り返ったうえでこれからを創っていく、という意思が込められたコンセプトライブを展開中のくるりが、そのシリーズ第三弾となる「NOW AND THEN Vol.3」の開催を発表した。

【その他の画像】くるり

長きにわたる活動の中で進化してきたくるりは2015年4月に行なった第一弾で、1stアルバム『さよならストレンジャー』と2ndアルバム『図鑑』を再現。第二弾では数多くのアーティストにも影響を与えた3rdアルバム『TEAM ROCK』と4thアルバム『THE WORLD IS MINE』を再現してきた。そして、今回は2003年3月10日にリリースされた、5枚目のオリジナルアルバム『アンテナ』を再現するライブとなる。テクノ、エレクトロニカを体現した後の同アルバムにはロックミュージックのダイナミズムが満ちており、今のくるりがどのようにこのサウンドを再構築してくれるのか、今から期待は高まるばかりだ。なお、チケット先行予約は12月9日より随時開始。その他、2次先行予約などについてはオフィシャルHPをチェックして欲しい。

■「How To Go」MV
https://www.youtube.com/watch?v=grHA8rXwBeA

■「ロックンロール」MV
https://www.youtube.com/watch?v=_zokr3meORk

■『くるり 20th ANNIVERSARY「NOW AND THEN vol.3」』

5月07日(土) 香川県/festhalle(フェストハレ) 
5月08日(日) 福岡県/福岡市民会館
5月10日(火) 広島県/広島JMSアステールプラザ大ホール
5月16日(月)  大阪府/オリックス劇場 
5月17日(火)  京都府/ロームシアター京都
5月25日(水)  愛知県/名古屋市公会堂
5月27日(金)  宮城県/電力ホール
5月30日(月)  神奈川県/神奈川県民ホール
5月31日(火)  神奈川県/神奈川県民ホール

<チケット>
一般発売日:2016年3月5日(土)
・くるりファンクラブ「純情息子」先行
12月9日(水)12:00〜12月21日(月祝)23:59
https://note.mu/quruli/m/m86d745e4e37e
・くるりオフィシャルHP先行
12月23日(水)12:00〜12月28日(月)23:59
https://www.funity.jp/nowandthen3-hp1/

【関連リンク】
くるり オフィシャルHP
『ビクターロック祭り2016』第1弾出演アーティストにくるり、サカナクション等が決定!
くるり、コンセプトライブ「NOW AND THEN Vol.2」の追加公演が決定
「関ジャム」でエレカシ&chayの名曲をセッション、又吉はくるりと真心ブラザーズの歌詞を解説

【関連アーティスト】
くるり
【ジャンル】
ジャパニーズロック

Plastic Tree、待望のニューアルバム『剥製』トレーラー映像を公開
Wed, 09 Dec 2015 17:00:00 +0900
Plastic Tree (okmusic UP\'s)

Plastic Treeが12月23日にリリースするアルバム『剥製』のトレーラー映像を公開した。シングル「マイム」「スロウ」「落花」を収録した期待のアルバムということで、ファンの方は要チェックである。

【その他の画像】Plastic Tree

また、初回限定盤の展開写真もついに公開となった。初回限定盤は劇団イヌカレー・泥犬監修のメンバーフォトブックと歌詞・アートワークで構成される豪華80Pスペシャルブックレットに加え、なんと世界に1つだけのブックレットが作れる24P塗り絵ブックレットが付属。アナログEPサイズの豪華装丁BOXに入った重厚感溢れる仕様になっている。シングル3部作で話題となった劇団イヌカレー・泥犬とのコラボアートワークの集大成といえる豪華な作品に! フルアルバムとしては2012年12月リリースの『インク』からおよそ3年振り、通算13枚目となる待望の作品だけに期待が高まる今作。特典画像も公開されているので、こちらもご覧になってみてほしい。

また、アルバムリリース後の12月29日(火)30日(水)にはバンド恒例の年末公演「ゆくプラくるプラ」をTOKYO DOME CITY HALLで開催することが決定。1日目はPlastic Tree前期(\'95年〜\'04年)の楽曲から、2日目は後期(\'05年〜\'15年)の楽曲からそれぞれ全曲ファンリクエストによる構成で開催されるとのことだ。

■アルバム『剥製』トレーラー映像
https://youtu.be/AOUfzI8JdYM

■【ライブ情報】

Plastic Tree 2015 年末公演
『ゆくプラくるプラ〜海月リクエストの夕べ・前編〜』
12月29日(火) TOKYO DOME CITY HALL
開場 17:00 / 開演 18:00

Plastic Tree 2015 年末公演
『ゆくプラくるプラ〜海月リクエストの夕べ・後編〜』
12月30日(水) TOKYO DOME CITY HALL
開場 15:00 / 開演 16:00

※全曲ファンリクエストによる構成で、前編は1995年から2004年までの楽曲、後編は2005年から2015年までの楽曲を演奏いたします。
前編:Plastic Tree前期(\'95年〜\'04年)
後編:Plastic Tree後期(\'05年〜\'15年)

【関連リンク】
Plastic Tree オフィシャルHP
Plastic Tree、3年ぶりとなるニューアルバムの詳細を解禁
UROBOROSがシークレットで初ライヴを敢行
Plastic Tree、ツアーファイナルで13thアルバムのリリースを発表

【関連アーティスト】
Plastic Tree
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル

go!go!vanillasが受験生を応援するコラボ菓子「Toppa」のテーマ曲を担当
Wed, 09 Dec 2015 16:00:00 +0900
go!go!vanillas (okmusic UP\'s)

go!go!vanillasがTOKYO FM 『SCHOOL OF LOCK!』とロッテのコラボ菓子「トッパ(Toppa)」のテーマソングを担当することが決定した。楽曲は2016年2月10日に発売するメジャー2ndアルバム『Kameleon Lights』に収録される新曲「ニューゲーム」となる。

【その他の画像】go!go!vanillas

「トッパ(Toppa)」とは、全国の10代に絶大な支持を得ている“ラジオの中の学校"『SCHOOL OF LOCK!』とロッテのお菓子「Toppo」が、受験生を応援するためにコラボレーションした受験応援菓子のこと。今年で10年目を迎えるこの「Toppa」第10弾が12月15日(火)より受験シーズンに合わせて全国発売となるが、2015年のテーマソングはバニラズが担当、12月10日(木)の放送では『SCHOOL OF LOCK! Toppa発売直前スペシャル』と題してバニラズがゲスト出演し、受験生応援・Toppaのテーマソング「ニューゲーム」を生演奏で初披露することが決定した。ファンは聴き逃しのないようチェックして欲しい。

作詞作曲を担当したボーカルの牧 達弥は「受験に向けてがんばっているみんなへの応援歌でもあり、僕らの世代全員の応援歌にもなるように書きました。自分の受験体験も経験として織り込んであるので、今回、テーマソングに選んでいただいてぴったりだと思います。」とコメントしている。受験生リスナーには是非聴いてもらいたいナンバーだ。

また、バニラズが発信しているWEBラジオ番組「go!go!Radio」も更新された。今回は「COUNTER ACTION TOUR 2015」ファイナル赤坂BLITZ終演後の楽屋で収録されたもので、ツアーを終えたばかりの彼らの感想や本音が臨場感たっぷりで聴ける内容となっているので、こちらも要チェックだ。

勢いを止めることなく進むバニラズ。今まで以上に、最高の音楽と話題を届けてくれるであろう彼らに、引き続き注目して欲しい。

■WEBラジオ「go!go!Radio」
http://gogovanillas.com/radio/

■【「Toppa」商品情報】

Toppa第10弾! "勇気のToppaキーホルダー"で受験を突破!
『SCHOOL OF LOCK!』と、ロッテのお菓子「トッポ(Toppo)」が、受験生を応援するためにコラボレーションした受験応援菓子『トッパ(Toppa)』。2006年から2014年までに発売した第1弾〜第9弾が大好評につき、さらにパワーアップして今年も発売!裏面パッケージは、今年も6種類。番組企画“Toppaモデル・オーディション"から選ばれた男女6組のリスナーモデルが、全国の『SCHOOL OF LOCK!』リスナーから募集した“言葉のお守り"(受験生に勇気を与えるメッセージ・勇気の言葉)が書かれた黒板を持ったデザインです。中身は、トッポのチョコレート味です。

■特設サイト
http://www.tfm.co.jp/lock/toppa10

【関連リンク】
go!go!vanillas オフィシャルHP
go!go!vanillas、来年2月に2ndアルバムを発売&全国ツアー開催決定
go!go!vanillas、『バニラズカラオケ選手権“バニカラ!”』を開催
go!go!vanillas、WEBラジオ『go!go!Radio』のツアー直前特番が配信スタート

【関連アーティスト】
go!go!vanillas
【ジャンル】
ジャパニーズロック

aiko、怖いと話題の新曲「プラマイ」フルMVを公開
Wed, 09 Dec 2015 15:00:00 +0900
aiko (okmusic UP\'s)

aikoのニューシングル「プラマイ」のミュージックビデオが現在GYAO!にて期間限定公開中だが、aikoオフィシャルYouTubeチャンネルでも12月9日より公開となった。

【その他の画像】aiko

今回はストーリー仕立てのミュージックビデオに仕上がっている。疾走感溢れるポップな楽曲とは裏腹に、その過激なドラマシーンが怖いと話題に。交際2ヶ月で別れてしまった元彼を忘れられず、好きになり過ぎて愛情をコントロールできなくなった女性が、別れた彼への執着心からストーカーとなってしまったという設定で、男性へのストーキングする様子が怖いと、ショートバージョンが公開されるやいなやネットを中心に話題となり、オフィシャルチャンネルでのフルサイズ公開も望まれていた。元カレが留守の間に家に忍び込み、彼の髪の毛までを食べてしまう…という エキセントリックなシーンも。だが最後まで見てみると、とても切ないエンディングが待ち受けている。改めてフルサイズをチェックしてみよう。

aikoは年末に、ホールツアーaiko Live Tour『Love Like Pop vol.18』を開催。26日(土)27日(日)には横浜アリーナで『Love Like Pop vol.18〜うしろ髪ひかれクリスマス〜』2days、31日(木)には大阪城ホールにて初のカウントダウンライブ『Love Like Pop vol.18〜CountDown Live あっという間の最終日〜』を行なう。チケットは好評につき一般発売後に即完売。チケットを入手できた幸運なファンは三日間だけのスペシャルライブを存分に楽しもう。

■「プラマイ」MV
https://youtu.be/I-gtTUYQ76U

■シングル「プラマイ」

発売中
PCCA.15039/¥1,200+税
※初回限定仕様盤:カラートレイ&8Pブックレット
<収録楽曲>
M1.プラマイ
M2.合図
M3.4秒
M4.プラマイ(instrumental)

■『aiko Live Tour 「Love Like Pop vol.18」』

「Love Like Pop vol.18〜うしろ髪ひかれクリスマス〜」
12月26日(土) 横浜アリーナ
12月27日(日) 横浜アリーナ

「Love Like Pop vol.18〜Countdown Live あっという間の最終日〜」
12月31日(木) 大阪城ホール 
開場20:00 開演21:30 終演24:30頃予定

【関連リンク】
aiko オフィシャルHP
年末恒例「Mステ」スーパーライブ、ミスチル、ベビメタほか42組がクリスマスに競演
aiko、FM802「Walkin\' Talikin\'-徒然ダイアローグ-」で秦 基博とのスペシャル対談が決定
【ドリフェスDAY3】オープニングは関ジャニ∞、トリはX JAPAN。「ENDLESS RAIN」で会場感極まる

【関連アーティスト】
aiko
【ジャンル】
J-POP

MUCC×lynch.、2マンイベント追加公演が大盛況のうちに幕
Wed, 09 Dec 2015 14:30:00 +0900


12月8日(火)、CLUB CITTA\'川崎にてMUCC×lynch.2MANイベント「MARCH ON THE DARKNESS」の追加公演が行なわれた。

【その他の画像】lynch.

先陣を切ったのはMUCC。「結成10周年おめでとうございます! lynch.は純粋に応援できるバンド。…でも今日はぶっ潰しに来ました!!」と逹瑯(Vo.)が声を上げると会場からは大歓声が起こった。途中、lynch.の「MIRRORS」を葉月(Vo./lynch.)と歌唱し、両バンドのボーカリストの貴重な2ショットを見せつけた。

続いてlynch.のステージへ。 「みんなの想いが作った追加公演ファイナルです。ありがとう。楽しくやろうぜ!」と語った後には「MUCCぶっ潰そうぜ!」と逹瑯に対抗心を燃やすMCで会場を盛り上げる。MUCCの「大嫌い」のイントロが流れると、ホールケーキを持った逹瑯が登場。翌々日に誕生日を迎える葉月へのサプライズの演出にメンバー一同は笑みを浮かべながら、ライブは更に加速してゆく。アンコールでは、両バンドメンバー総出でそれぞれの楽曲を披露。8月31日の大阪を皮切りに、愛知、福岡、そして本日のファイナルまで切磋琢磨してきた戦友・MUCCへ葉月は「MUCCのこと、これから「ライバル」って呼んでもいいですか?!」とアツい言葉を贈った。

lynch.は2016年1月13日にLIVE DVD『HALL TOUR\'15 「THE DECADE OF GREED」-05.08 SHIBUYA KOKAIDO-』を発売予定。また、1月31日より高田馬場CLUB PHASEにて各メンバーがプロデュースする『lynch. Member Produce 5 Days』が5日間に渡って開催され、3月には全国ツアー『TOUR\'16「DARK DARKER DARKNESS」#2 -My name is evil-』を実施予定だ。

Photo by 土屋良太

【関連リンク】
lynch. オフィシャルHP
V系バンド年越しイベントのセッションメンバー&D≒SIRE参加メンバーが決定
lynch.、2016年春ツアー開催&最新映像作品のジャケ写を公開
MUCC×Aki、ツアー「M.A.D」追加公演&コラボ楽曲CD付きパンフレット発売決定

【関連アーティスト】
lynch., MUCC
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル, ライブ

プライマル・スクリーム、3年振りとなる新作『Chaosmosis』の日本先行発売が決定
Wed, 09 Dec 2015 14:00:00 +0900
アルバム『Chaosmosis』 (okmusic UP\'s)

プライマル・スクリームが通算11作目のアルバム『Chaosmosis』を2016年3月18日に、Ignition Records内の自身のレーベルFirst Internationalからリリースする。

【その他の画像】Primal Scream

ボビー・ギレスピー、アンドリュー・イネスを中心に1980年代から活動を開始し、全ての音楽を呑みこみ進化を遂げてきた、プライマル・スクリーム。前作『More Light』から3年振りとなる『Chaosmosis』の日本盤CDは、ソニー・ミュージックより3月16日に先行発売される。また、日本盤のみのボーナス・トラックも収録される予定だ。

アルバムに関しては、スウェーデンとロンドンでレコーディングされたこと、アートワークと曲目のみ公開されており、ボビー・ギレスピーの顔が用いられ、多くの色を使ったサイケデリックでロックンロール、パンク、デジタル感もたっぷりなアートワークは、なんともプライマル・スクリームらしい。今回の発表にあわせアルバム・ティーザー映像も公開された。

前作『More Light』には、ロバート・プラント、マーク・スチュワート(ザ・ポップ・グループ)、ケヴィン・シールズ(マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン)などが参加を果たすなど、毎作品の参加ゲスト陣も楽しみの一つ。果たして今作には誰かゲスト参加しているのか? ロックンロールをベースに作品ごとに音楽性も変化を遂げる彼らの新作の方向性は? 明かされていない様々な新作の内容に、音楽ファンの期待は高まるばかりだ。

UKでは、新作リリース後にスコットランドのアバディーン、グラスゴー、ロンドン、マンチェスターにて公演が行われ、5月以降もイギリスの『Common People 2016』を始めとしたフェスティヴァルへの出演が決まっている。

■アルバム『Chaosmosis』ティーザー映像
https://youtu.be/joRmzDe3lzY

■アルバム『Chaosmosis』

2016年3月16日日本先行発売
<収録曲>
1. Trippin\' On Your Love
2. (Feeling Like A) Demon Again
3. I Can Change
4. 100% Or Nothing
5. Private Wars
6. Where The Light Gets In
7. When The Blackout Meets The Fallout
8. Carnival Of Fools
9. Golden Rope
10. Autumn In Paradise
※日本盤CDのみのボーナス・トラック収録予定

【関連リンク】
プライマル・スクリーム 日本オフィシャルHP
PRIMAL SCREAMの『Screamadelica』は90年代のUKロックを象徴する実験作
プライマル・スクリームが新作『モア・ライト』日本最速試聴会を開催!
プライマル・スクリーム、新作は『モア・ライト』日本先行発売。最新MV公開!

【関連アーティスト】
Primal Scream
【ジャンル】
ロック/ブルース(洋楽)

サザンオールスターズ、ライブ映像作品『おいしい葡萄の旅』の完全生産限定盤SP特典を発表
Wed, 09 Dec 2015 13:30:00 +0900
DVD&Blu-ray『おいしい葡萄の旅ライブ -at DOME & 日本武道館-』 完全生産限定盤 展開画像 (okmusic UP\'s)

先日、全国ツアー『おいしい葡萄の旅』の映像化を発表したサザンオールスターズ。3時間以上にわたるライブのドームと武道館の2セットが収録される超大作のリリースとあって、すでにファンの間では大評判となっているが、この度、その完全生産限定盤の特典が明らかになった。

【その他の画像】サザンオールスターズ

毎回サザンらしい気の利いた特典も作品とともにファンの楽しみのひとつとなっているが、今回もすでに情報が公開されているボーナスディスクのドキュメンタリー映像「Document Film -サザンオールスターズとおいしい葡萄の旅- & 旅のMC集」に加え、まさにサザンオールスターズからの“お年玉"というにふさわしい内容となっている。

ライブ中にメンバー自身が出演する架空のCM映像が会場中の爆笑を誘ったが、そこでフィーチャーされていたのが、謎の飲料"ドクダミ・スパーク"。映像の中では、メンバーが瓶に入った"ドクダミ・スパーク"を飲んでいたが、今回特典として限定盤に梱包されるのはその缶バージョン、その名も「ドクダミ・スパーク -葡萄缶-」! あのメンバーも飲んでいた"ドクダミ・スパーク"が実際に手に入る!?と思いきや、実はこれはあくまでも缶の貯金箱。ぜひこの「ドクダミ・スパーク -葡萄缶-」を使ってお年玉を貯めよう!

さらなる特典は、なんとジグソーパズル。“サザンオールスターズ LIVE TOUR 2015「おいしい葡萄の旅」"でのフィナーレを飾った姿が印象的なサザンオールスターズメンバー5人のラインナップ写真が108ピース(257×182mm)のジグソーパズルになって登場。このジグソーパズルを完成させれば、映像を見た感動がさらに倍増するはずだ。

そして、もうひとつの特典は、「おいしい葡萄の旅」の感動が蘇る旅の写真がスペシャルなポスター! 表裏両面ともが別々のデザインになっているこのスペシャルポスター、片側には「“葡萄"完熟パズル」の完成形と同じメンバーのラインナップ写真がデザインされ、2016年のカレンダーとしても使えるようになっている優れもの。さらに裏返すと、そこには各会場でメンバーとともに来場のお客さんと撮影し、オフィシャルサイトにも掲載されていた、旅の記念写真を圧巻の全会場分掲載!両面ともにスペシャルなデザインのポスターとして完成。どちらを表にして貼るかはあなた次第だ。

以上のスペシャル特典満載の“葡萄 完熟ギフト"BOXと銘打たれた完全生産限定盤のBOXは、そのパッケージ自体も、和紙があしらわれ、お年賀にもぴったりの重厚でゴージャスな箱に仕上がっている。年始に楽しめるサザンからの“ギフト"はファンならずとも必携のアイテムとなりそうだ。

そして、12月9日より発売に先駆けてオフィシャルYOUTUBEチャンネルにて「東京VICTORY (at DOME)」と「アロエ (at 日本武道館)」の映像を公開。作品の感動と興奮を一早く味わえる2曲となっているので、こちらも必見である。

■サザンオールスターズ オフィシャルYOUTUBEチャンネル
http://youtube.com/SouthernallStarsch

■「東京VICTORY」ライブ映像(at DOME)
https://youtu.be/jYbalGCy_4k

■「アロエ」ライブ映像(at 日本武道館)
https://youtu.be/1gKqlyGMVz0

■DVD&Blu-ray『おいしい葡萄の旅ライブ 〜at DOME & 日本武道館-』

2016年1月6日発売
【完全生産限定盤】
■Blu-ray 3枚組
VIZL-1300/¥10,500+税
■DVD 5枚組
VIZL-1301/¥10,500+税
<特典内容>
・“葡萄 完熟ギフト"BOX
・Bonus Disc「Document Film 〜サザンオールスターズとおいしい葡萄の旅- & 旅のMC集」
・ドクダミ・スパーク -葡萄缶-(貯金箱)
・“葡萄" 完熟パズル
・おいしい葡萄の旅 スペシャルポスター

【通常盤】
■Blu-ray 2枚組
VIXL-700〜701/¥8,000+税
■DVD 4枚組
VIBL-1300〜1303/¥8,000+税

<収録内容>(完全生産限定盤、通常盤共通)
■おいしい葡萄の旅ライブ at DOME
※福岡・東京を中心に選りすぐりのドーム公演パフォーマンスを収録!
■おいしい葡萄の旅ライブ at 日本武道館
※LIVE at 日本武道館 2015/8/17-8/18より収録

【関連リンク】
サザンオールスターズ オフィシャルHP
30代男性に歌ってほしい、定番カラオケソング
第57回「レコ大」各賞決定、最優秀アルバムはサザン「葡萄」、司会は安住アナ&仲間由紀恵
サザンオールスターズ、10年ぶりの全国ツアーが映像作品として発売決定

【関連アーティスト】
サザンオールスターズ
【ジャンル】
J-POP

METAFIVE、1stアルバム『META』収録曲「Don\'t Move」の先行配信が決定
Wed, 09 Dec 2015 13:00:00 +0900
METAFIVE(高橋幸宏×小山田圭吾×砂原良徳×TOWA TEI ×ゴンドウトモヒコ×LEO今井) (okmusic UP\'s)

高橋幸宏×小山田圭吾×砂原良徳×TOWA TEI ×ゴンドウトモヒコ×LEO今井という面々によるMETAFIVEが、2016年1月13日にリリースする待望のオリジナルアルバム『META』から、収録曲「Don\'t Move」の先行配信をスタートさせた。


【その他の画像】LEO今井

「Don\'t Move」は配信に先駆け、特設サイトにてそのスタジオライヴ・バージョンを公開しており、大きな話題を呼んでいる。

なお、『META』のジャケットは、国内のみならず世界からも熱狂的な支持を集めている画家 五木田智央の描き下ろし。METAFIVE×五木田智央というトップ・クリエイターたちのタッグは、こちらも大きな話題を呼ぶこと間違いなし。

1月14日には恵比寿LIQUIDROOMにてリリース・パーティー『pre-METALIVE 2016〜「META」RELEASE party』が、21日には六本木 EX THEATER ROPPONGIにてワンマンライヴ『METALIVE 2016』が開催。動き始めたMETAFIVEの怒涛の活動に要注目だ。

■【配信情報】

■iTunes Store
https://itunes.apple.com/jp/album/id1062742490?app=itunes&at=10l6Y8
※iTunes Storeではアルバム『META』のプレオーダーを受付中。予約手続きが完了すると、その場で「Don\'t Move」がダウンロードされます。
■レコチョク
http://recochoku.com/w0/METAFIVE_dontmove/

■【ライブ情報】

『METAFIVE “pre-METALIVE 2016 〜「META」RELEASE party"』
2016年1月14日(木) 恵比寿 LIQUIDROOM
開場:19:00 / 開演:20:00
オープニングアクト:Young Juvenile Youth
※チケット発売中

『METAFIVE “METALIVE 2016"』
2016年1月21日(木) EX THEATER ROPPONGI
開場:18:30 / 開演:19:30

【関連リンク】
METAFIVE 特設サイト
METAFIVE、アルバム発売に先駆け特設サイトにてスタジオ・ライブ映像を公開
強者メンバーによるスーパーバンド“METAFIVE”が来年1月に待望のアルバムを発表
『WORLD HAPPINESS 2015』が大盛況のうちに幕!

【関連アーティスト】
LEO今井, TOWA TEI, 砂原良徳, 高橋幸宏, 小山田圭吾, METAFIVE
【ジャンル】
ジャパニーズロック

矢沢永吉、6年振りの東京ドーム公演収録のBlu-ray&DVD『ROCK IN DOME』がオリコン1位獲得!
Wed, 09 Dec 2015 12:00:00 +0900
矢沢永吉 (okmusic UP\'s)

5万人を熱狂させた矢沢永吉6年振りの東京ドーム公演を完全ノーカット収録したライヴDVD『ROCK IN DOME』(GARURU RECORDS/12月2日発売)が、オリコン週間総合DVDランキング(集計期間:11月30日〜12月6日)で初登場首位を獲得した。

【その他の画像】矢沢永吉

矢沢の映像作品によるDVD総合首位獲得は、『TREASURE BOX』(2014年5月発売)以来1年7ヵ月ぶり通算2作目。自らが64歳8ヵ月で樹立した「DVD首位獲得最年長記録」を66歳3ヵ月へと更新する偉業を達成した。

同日に発売されたBlu-ray Disc(以下BD)盤も同週付オリコン週間BDランキングで初登場総合3位にランクインし、音楽DVDとBDの週間売上枚数の合算による「総合ミュージック映像ランキング」でも1位となった。

今作は、矢沢のソロデビュー40周年を記念して、今年9月5日に開催された6年ぶりの東京ドーム公演の模様を完全ノーカットで収録。「ベストライヴ更新」と言われるほど矢沢自身が最高のパフォーマンスをみせていることに加え、2015年ラストのライヴとなると開催前から謳っていただけに、会場のファンが今年はこのライヴで燃え尽きたいという気持ちで盛り上がっている様子が強く感じられる。

40周年の集大成として、数多くの名曲とパフォーマンスが披露された圧巻のステージをあますところなく収録。特典映像として、ロサンゼルスで撮影しアンコール前に上映されたドキュメントムービーも収録されている。

数々の記録を作り続ける矢沢永吉の伝説は、まだまだ止まりそうにない。

■Blu-ray&DVD『ROCK IN DOME』

発売中
【Blu-ray】(1DISC)
GRRB-1/¥6,389+税
【DVD】(2DISC)
GRRD-20〜21/¥5,463+税
発売/販売元:GARURU RECORDS
<収録曲>
〜INTRODUCTION
1.RUN&RUN
作詞:西岡恭蔵 作曲:矢沢永吉
2.MEDLEY#1
止まらないHa〜Ha
作詞:ちあき哲也 作曲:矢沢永吉
愛の叫び
作詞:大倉洋一 作曲:矢沢永吉
ファンキー・モンキー・ベイビー
作詞:大倉洋一 作曲:矢沢永吉
〜MC〜
3.ゴールド・ラッシュ
作詞:山川啓介 作曲:矢沢永吉
4.BIG BEAT
作詞:ちあき哲也 作曲:矢沢永吉
5.黒く塗りつぶせ
作詞:西岡恭蔵 作曲:矢沢永吉
6.未来をかさねて
作詞:加藤ひさし 作曲:矢沢永吉
〜MC〜
7.安物の時計
作詞:松本隆 作曲:矢沢永吉
8.鎖を引きちぎれ
作詞:山川啓介 作曲:矢沢永吉
9.GET UP
作詞:ちあき哲也 作曲:矢沢永吉
〜MC〜
10.世話がやけるぜ
作詞:木原敏雄 作曲:矢沢永吉
11.MEDLEY#2
恋の列車はリバプール発
作詞:相沢行夫 作曲:矢沢永吉
最後の約束
作詞:相沢行夫 作曲:矢沢永吉
MARIA
作詞:高橋研 作曲:矢沢永吉
12.LAHAINA
作詞:ちあき哲也 作曲:矢沢永吉
〜MC〜
13.レイニー・ウェイ
作詞:相沢行夫 作曲:矢沢永吉
14.サイコーなRock You!
作詞:小鹿涼 作曲:矢沢永吉
15.ワン・ナイト・ショー
作詞:糸井重里 作曲:矢沢永吉
〜MC〜
16.苦い涙
作詞:山川啓介 作曲:矢沢永吉
17.ディスコティック
作詞:相沢行夫 作曲:矢沢永吉
〜MC (メンバー紹介)〜
18.ニューグランドホテル
作詞:大津あきら 作曲:矢沢永吉
19.逃亡者
作詞:西岡恭蔵 作曲:矢沢永吉
〜ENCORE 1〜
20.ミスター・ギブソン
作詞:大倉洋一 作曲:矢沢永吉
21.トラベリン・バス
作詞:西岡恭蔵 作曲:矢沢永吉
22.いつの日か
作詞:秋元康 作曲:矢沢永吉
〜ENCORE 2〜
23.止まらないHa〜Ha
作詞:ちあき哲也 作曲:矢沢永吉

【関連リンク】
矢沢永吉 オフィシャルHP
矢沢永吉、熱狂の東京ドーム公演が早くも映像作品化決定
稚菜(わかな)、カンボジアへの思いを語る
矢沢永吉、本人選曲による『ALL TIME BEST ALBUM II』発売決定

【関連アーティスト】
矢沢永吉
【ジャンル】
ジャパニーズロック

星野源、アルバム『YELLOW DANCER』配信スタート&アナログ盤リリースも
Wed, 09 Dec 2015 12:00:00 +0900
星野源 (okmusic UP\'s)

星野源のニューアルバム『YELLOW DANCER』が、12月9日よりiTunes Store、レコチョク、moraほか各音楽配信サイトにおいて配信がスタートした。

【その他の画像】星野源

オリコン週間アルバムランキング(12月14日付)にて初登場1位を獲得、今年発売の男性ソロアルバムでは最高の初週売上を記録するなど、大ヒット中の今作。大ヒットを記録した「SUN」を始め、「地獄でなぜ悪い」「Crazy Crazy」「桜の森」などのシングル表題曲、「Snow Men」(資生堂 マキアージュWEBムービー「Snow Beauty」主題歌)、「Week End」(フジテレビ「めざましどようび」テーマソング)など話題のタイアップ楽曲、インストゥルメンタルや弾き語り曲など多彩な全14曲を収録し、各メディアでも“最高傑作”と評されている。

今年6月、メジャーデビュー5周年を機に、楽曲配信をスタートし、「SUN」が主要サイトのチャートで軒並み1位を獲得、過去楽曲やアルバムも各サイトにてチャート上位を軒並みジャックしたとこも記憶に新しいだけに、今作も大きな話題となりそうだ。

また、同時に本作が来年1月20日にアナログ盤としてリリースされることも発表された。音楽的にも圧倒的な評価を得ているだけに、アナログ化待望の声も多く、こちらも大きな話題になりそう。

星野源はこの後もフジテレビ『FNS歌謡祭THE LIVE』(12月16日)、テレビ朝日『ミュージックステーションスーパーライブ2015』(12月25日)、そして大晦日には『第66回NHK紅白歌合戦』に初出場することが決定。大活躍の星野源からますます目が離せない。


■アルバム『YELLOW DANCER』配信URL
※12月9日よりスタート
・iTunes Store
https://itunes.apple.com/jp/album/id1062215238?app=itunes&ls=1
・レコチョク
http://recochoku.jp/album/A1003322840/
・mora
http://mora.jp/package/43000005/VICL-64439/
■星野源 オフィシャルHP
http://www.hoshinogen.com/

■アナログ『YELLOW DANCER』

2016年1月20日発売
VIJL-60160/¥3,300+税
※完全限定生産商品
<収録楽曲>
1.時よ
2.Week End
3.SUN
4.ミスユー
5.Soul
6.口づけ
7.地獄でなぜ悪い
8.Nerd Strut (Instrumental)
9.桜の森
10.Crazy Crazy
11.Snow Men
12.Down Town
13.夜
14.Friend Ship

【関連リンク】
年末恒例「Mステ」スーパーライブ、ミスチル、ベビメタほか42組がクリスマスに競演
星野源、ニューアルバム『YELLOW DANCER』が オリコンデイリーチャート 初登場1位を獲得
【音楽ランキング】Newアルバム発売の星野源が再浮上!1位は今週もあの胸キュンソング!
星野源、アルバムリードトラック「時よ」MVにて車掌に扮装!?

【関連アーティスト】
星野源
【ジャンル】
ジャパニーズロック

DJ KAORI、NAOTO、ピエール中野らが出演する『LightningDASH! 2』開催決定
Wed, 09 Dec 2015 11:00:00 +0900
『LightningDASH! 2』 (okmusic UP\'s)

クラブイベント&ファンランの聖地、新木場夢の島に、また新しい伝説が生まれる! 6月に1万人を集めた「音とネオン」のパレード『LightningDASH!』(以下ライトニングダッシュ)がさらにパワーアップし、2016年3月26日に『LightningDASH! 2』として新木場・夢の島特設コースにて開催されることが決定した。

【その他の画像】ORANGE RANGE

前回同様、冠アーティストとして「DJ KAORI」がメインアクトをつとめる他、普段のEDMイベントではお目にかかれない、ROCKフェス的なDJ達が“異種格闘技参戦!”を繰り広げる。

先ずは、「ORANGE RANGE」でも人気の、犬の写真が可愛い沖縄出身DJ。NAOTO(ナオト)が出演。「ORANGE RANGE」他、「delofamilia」「IS & ISM」としても活躍している彼は、naotohiroyama名義でDJやリミキサー・コンポーザーとしての顔も合わせ持ち、様々なクラブイベントや音楽の場で目撃情報が多数上がっており、沖縄が生んだ末っ子の中の末っ子は、双子テクノ・バンド「RYUKYUDISKO」の実弟でもある。

そして、「凛として時雨」のドラマーである「ピエール中野」も参戦決定。高度な技術と豊かな表現力による、圧倒的なプレイスタイルで支持を得ている彼は、ドラマーとして、GLAYやももいろクローバーZ、でんぱ組.incなどの楽曲に参加し、バンド活動は勿論のこと、DJとしても精力的に活動し、数々のフェスに出演している。

また、前回に引き続き、会場を一体にさせるパフォーマンスでは超一流、お笑い界一音楽業界に顔の広い(?)芸人とも言われている、「DJやついいちろう」も登場。今回も会場をスパークさせるに違いない。

春休み最終の週末に、EDMパーティーとロックフェスが高度にハイブリットした、他では味わえない“一粒で二度おいしい“ファンランイベントは『LightningDASH!』だけ。

2年目は、コースアトラクションも増強し、「ブラックライトドーム」や「ネオントンネル」「レーザーイルミネーション」等、史上初のライトニングアトラクションが盛りだくさん。また、日本で唯一のエレクトリックバブルランとして、ゴール後のバブルプールは更に巨大化。参加者全員を泡だらけにさせる。

12月は早期エントリー「早割り」を実施しており、割引価格でエントリーができるだけでなく、イベント前に、参加賞Tシャツや、DJ KAORIダブルネームのライトニング・ギアが自宅に送付されるサービスも付くので、ファンランシーズン最初を飾るビックイベント開催を是非チェックしてみてはいかがだろうか

■NAOTO VTRコメント
https://youtu.be/_TOZmAmJtCY

■『LightningDASH! 2』スペシャル動画
https://youtu.be/_H0nqQ00J_8

【関連リンク】
『LightningDASH! 2』オフシャルHP
『LightningDASH! 2』オフシャルFaceBook
『LightningDASH! 2』オフシャルTwitter
『LightningDASH! 2』オフシャルInstagram

【関連アーティスト】
ORANGE RANGE, 凛として時雨, DJ KAORI, DJやついいちろう, ピエール中野, naotohiroyama
【ジャンル】
イベント

スピッツの名盤『ハチミツ』トリビュートアルバムがiTunesで先行配信
Wed, 09 Dec 2015 10:00:00 +0900
アルバム『JUST LIKE HONEY 〜『ハチミツ』20th Anniversary Tribute〜』 (okmusic UP\'s)

スピッツの名盤『ハチミツ』発売20年を記念したトリビュート・アルバム『JUST LIKE HONEY -『ハチミツ』20th Anniversary Tribute-』が、CD発売に先駆けて12月9日よりiTunesにて先行配信される。

【その他の画像】スピッツ

赤い公園、10-FEET、NICO Touches the Walls、鬼龍院翔(ゴールデンボンバー)、indigo la End、LAMP IN TERREN、クリープハイプ、9mm Parabellum Bullet、GOOD ON THE REEL、ASIAN KUNG-FU GENERATION、初恋の嵐 feat. 曽我部恵一、SCOTT MURPHYら豪華アーティストが参加している今作。特設サイトでは、彼らの楽曲やスピッツへの愛とリスペクトにあふれたコメントも掲載されているので、要チェックだ。

なお、CDは12月23日、アナログ盤は1月27日にリリースされる。

■『JUST LIKE HONEY 〜『ハチミツ』20th Anniversary Tribute〜』ダイジェスト試聴映像
https://www.youtube.com/watch?v=Wzmwgj_tgik

■アルバム『JUST LIKE HONEY 〜『ハチミツ』20th Anniversary Tribute〜』

2015年12月23日発売
【CD】UPCH-2065/¥3,000+税
2016年1月27日発売
【アナログLP】
UPJH-9016/¥3,900+税
<収録曲>
01.「ハチミツ」/赤い公園 
02.「涙がキラリ☆」/10-FEET
03.「歩き出せ、クローバー」/NICO Touches the Walls
04.「ルナルナ」/鬼龍院翔(ゴールデンボンバー)
05.「愛のことば」/indigo la End 
06.「トンガリ\'95」/LAMP IN TERREN
07.「あじさい通り」/クリープハイプ
08.「ロビンソン」/9mm Parabellum Bullet
09.「Y」/GOOD ON THE REEL
10.「グラスホッパー」/ASIAN KUNG-FU GENERATION
11.「君と暮らせたら」/初恋の嵐 feat. 曽我部恵一
Bonus Track「俺のすべて」/SCOTT MURPHY

■iTunes先行配信はこちら
http://po.st/hachimitsublitms

【関連リンク】
『JUST LIKE HONEY 〜『ハチミツ』20th Anniversary Tribute〜』特設サイト
忘年会でカラオケなに歌う!?40代男性が歌う必ず盛り上がる曲、オススメ5選
スピッツの『ハチミツ』トリビュートアルバム全曲試聴映像が公開
スピッツ『ハチミツ』のトリビュートアルバムクイズ、ヒント動画で今度こそ当てろ!

【関連アーティスト】
スピッツ
【ジャンル】
ジャパニーズロック

LOVE PSYCHEDELICO、渋谷マークシティのクリスマスジングルを緊急配信
Wed, 09 Dec 2015 00:00:00 +0900
配信シングル「Merry Xmas To You」 (okmusic UP\'s)

今年デビュー15周年を迎えたLOVE PSYCHEDELICOが、渋谷マークシティのクリスマスジングルとして制作した新曲「Merry Xmas To You」を12月9日より配信することを発表した。


【その他の画像】LOVE PSYCHEDELICO

2000年に「LADY MADONNA〜憂鬱なるスパイダー〜」で衝撃的なデビューを果たし、音楽業界を震撼させたLOVE PSYCHEDELICO。同じく2000年にオープンした渋谷マークシティからのラブコールを受けて、今回特別にクリスマスのジングルを書き下ろした。

渋谷マークシティ館内では放送後問い合わせが相次いでおり、今回急きょ配信することが決定。「Merry Xmas To You」は、ギターとオルガンの音色が冬の街をキラキラと彩りKUMIの暖かな歌声が響く、クリスマスの訪れが待ち遠しくなるような楽曲となっている。また「Love Is All Around」に続き、今回のジャケットもKUMIが手掛けた。

そして、ライヴアルバム『15th ANNIVERSARY TOUR -THE BEST- LIVE』の完全生産限定盤に収録される、5月30日の昭和女子大学人見記念講堂公演のトレーラー映像が公開された。堀江博久(Key&G)・高桑圭(Ba)・ゴンドウトモヒコ(Horns & Computer Operating)に加え、ドラムに高橋幸宏を迎えた特別なバンド編成で開催。15年という年月を歩んできた軌跡が体感できる、圧巻のライヴパフォーマンスとなっている。

dTVでは、アルバムリリースに先駆けて、LOVE PSYCHEDELICOからのコメント映像+約30分ほどのライヴ映像のダイジェストが配信スタートとなる。この映像は『15th ANNIVERSARY TOUR -THE BEST- LIVE』リリース前日の12月22日まで視聴できるので、お見逃しのないように!

さらに、iTunesでは『15th ANNIVERSARY TOUR -THE BEST- LIVE』のライヴCDの予約注文がスタートした。早めにチェックしてリリースを待とう。

■配信シングル「Merry Xmas To You」

配信中
■iTunes https://itunes.apple.com/jp/album/id1062211981?app=itunes&ls=1
■レコチョク
http://recochoku.jp/song/S1002483267/

■『15th ANNIVERSARY TOUR -THE BEST- LIVE』トレーラー映像
https://youtu.be/qVQ0Pt152Hg

【関連リンク】
LOVE PSYCHEDELICO オフィシャルHP
高橋幸宏、珠玉のトリオ・ライブシリーズ「Heart of Hurt 2015」開催決定
LOVE PSYCHEDELICO、“15周年つながり”で渋谷マークシティとコラボ
LOVE PSYCHEDELICO、香港最大のロックフェスにヘッドライナーとして初出演

【関連アーティスト】
LOVE PSYCHEDELICO
【ジャンル】
ジャパニーズロック

KUNI、横綱日馬富士出演で話題の「願い叶うなら」MVフルバージョンを公開
Wed, 09 Dec 2015 00:00:00 +0900
KUNI×第70代横綱日馬富士 (okmusic UP\'s)

第70代横綱日馬富士が出演したことで話題となっている、KUNIの3rdシングル「願い叶うなら」(12月2日発売)MVのフルバージョンが公開となった。

【その他の画像】KUNI

横綱日馬富士が亡き父に向けた想いを、かねてより横綱と親交の深かったKUNIが本人に代わって歌い上げた「願い叶うなら」。そのMVは日馬富士の土俵入りの様子や、尊敬する亡き父と共に撮影したスチール、そして今回新たに撮り下ろしたイメージ映像で構成されており、ここでしか見ることのできない非常に貴重な作品となっている。

「願い叶うなら」とカップリング曲「ありがとう... (Acoustic ver.)」はレコチョクでも配信されているので、こちらも要チェックだ。また、リリースを記念し各所でインストアイベントも実施予定なので、是非足を運んでみてほしい。

■「願い叶うなら」MVフルバージョン
https://youtu.be/2LmOkxAMf5I

■「願い叶うなら」(第70代横綱 日馬富士 special edit.)
https://youtu.be/FKbbHJ3UiJI

■シングル「願い叶うなら」

2015年12月2日発売
CRCP-10351/¥1,000+税
<収録曲>
1. 願い叶うなら
2. ありがとう...(Acoustic ver.)
3. 願い叶うなら -Instrumental-
4. ありがとう...(Acoustic ver.)-Instrumental-

【配信情報】
・「願い叶うなら」
レコチョク、iTunesにて配信中
・「ありがとう... (Acoustic ver.)」
レコチョク、iTunesにて配信中

■レコチョク
http://recochoku.jp/artist/2000268269/
■iTunes
https://itunes.apple.com/jp/artist/kuni/id265726149

■【イベント情報】

「THANKS!30th ANNIVERSARY みなとみらいKINGDOM WINTER 2015」
12月19日(土)
※詳細は後日発表致します。

KUNIニューシングル「願い叶うなら」リリース記念インストアライブ
2015年
12月12日(土) イオン鎌取
13:00〜・15:00〜の2回ステージ
12月26日(土) OSC湘南シティ
13:00〜・15:00〜の2回ステージ
12月27日(日) イオン茅ヶ崎
13:00〜・15:00〜の2回ステージ
<2016年>
1月16日(土) 小田原ダイナシティー
13:00〜・15:00〜の2回ステージ
1月17日(日) イオンマリンピア 
13:00〜・15:00〜の2回ステージ
2月06日(土) イオン八事
2月07日(日) 愛知県内にてインストアライブ予定。
2月@大分パークプレイス
…他、随時HPにて詳細発表。

※イベント当日、KUNIのCDを即売会場でお買い上げの方に先着で特典会参加券を差し上げます。特典券をお持ちの方はミニライブ終了後のサイン&握手会にご参加いただけます。

【関連リンク】
KUNI オフィシャルHP
KUNI、新曲は日馬富士関の亡き父への想いを歌ったバラード
KUNI、新曲「Regert」MV&アートワークを解禁
新レーベル「CROWN VenuS」のお披露目ライヴに蝶野正洋が登場!?

【関連アーティスト】
KUNI
【ジャンル】
J-POP













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1