歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2015年12月02日)
バックナンバー
最新ニュース
2015/12/11
2015/12/10
2015/12/09
2015/12/08
2015/12/07
2015/12/06
2015/12/05
2015/12/04
2015/12/03
2015/12/02
2015/12/01
2015/11/30
2015/11/29
2015/11/28
2015/11/27
2015/11/26
2015/11/25
2015/11/24
2015/11/23
2015/11/22
2015/11/21
2015/11/20
2015/11/19
2015/11/18
2015/11/17
2015/11/16
2015/11/15
2015/11/14
2015/11/13
2015/11/12
2015/11/11
2015/11/10
2015/11/09
2015/11/08
2015/11/07
2015/11/06
2015/11/05
2015/11/04
2015/11/03
2015/11/02
2015/11/01
2015/10/31
2015/10/30
2015/10/29
2015/10/28
2015/10/27
2015/10/26
2015/10/25
2015/10/24
2015/10/23
2015/10/22
2015/10/21
2015/10/20
2015/10/19
2015/10/18
2015/10/17
2015/10/16
2015/10/15
2015/10/14
2015/10/13
2015/10/12
2015/10/11
2015/10/10
2015/10/09
2015/10/08
2015/10/07
2015/10/06
2015/10/05
2015/10/04
2015/10/03
2015/10/02
2015/10/01
2015/09/30
2015/09/29
2015/09/28
2015/09/27
2015/09/26
2015/09/25
2015/09/24
2015/09/23
2015/09/22
2015/09/21
2015/09/20
2015/09/19
2015/09/18
2015/09/17
2015/09/16
2015/09/15
2015/09/14
2015/09/13
2015/09/12
2015/09/11
2015/09/10
2015/09/09
2015/09/08
2015/09/07
2015/09/06
2015/09/05
2015/09/04
2015/09/03
2015/09/02
2015/09/01
2015/08/31
2015/08/30
2015/08/29
2015/08/28
2015/08/27
2015/08/26
2015/08/25
2015/08/24
2015/08/23
2015/08/22
2015/08/21
2015/08/20
2015/08/19
2015/08/18
2015/08/17
2015/08/16
2015/08/15
2015/08/14
2015/08/13
2015/08/12
2015/08/11
2015/08/10
2015/08/09
2015/08/08
2015/08/07
2015/08/06
2015/08/05
2015/08/04
2015/08/03
2015/08/02
2015/08/01
2015/07/31
2015/07/30
2015/07/29
2015/07/28
2015/07/27
2015/07/26
2015/07/25
2015/07/24
2015/07/23
2015/07/22
2015/07/21
2015/07/20
2015/07/19
2015/07/18
2015/07/17
2015/07/16
2015/07/15
2015/07/14
2015/07/13
2015/07/12
2015/07/11
2015/07/10
2015/07/09
2015/07/08
2015/07/07
2015/07/06
2015/07/05
2015/07/04
2015/07/03
2015/07/02
2015/07/01
2015/06/30
2015/06/29
2015/06/28
2015/06/27
2015/06/26
2015/06/25
2015/06/24
2015/06/23
2015/06/22
2015/06/21
2015/06/20
2015/06/19
2015/06/18
2015/06/17
2015/06/16
2015/06/15
2015/06/14
2015/06/13
2015/06/12
2015/06/11
2015/06/10
2015/06/09
2015/06/08
2015/06/07
2015/06/06
2015/06/05
2015/06/04
2015/06/03
2015/06/02
2015/06/01
2015/05/31
2015/05/30
2015/05/29
2015/05/28
2015/05/27
2015/05/26
2015/05/25
2015/05/24
2015/05/23
2015/05/22
2015/05/21
2015/05/20
2015/05/19
2015/05/18
2015/05/17
2015/05/16
2015/05/15
2015/05/14
2015/05/13
2015/05/12
2015/05/11
2015/05/10
2015/05/09
2015/05/08
2015/05/07
2015/05/06
2015/05/05
2015/05/04
2015/05/03
2015/05/02
2015/05/01
2015/04/30
2015/04/29
2015/04/28
2015/04/27
2015/04/26
2015/04/25
2015/04/24
2015/04/23
2015/04/22
2015/04/21
2015/04/20
2015/04/19
2015/04/18
2015/04/17
2015/04/16
2015/04/15
2015/04/14
2015/04/13
2015/04/12
2015/04/11
2015/04/10
2015/04/09
2015/04/08
2015/04/07
2015/04/06
2015/04/05
2015/04/04
2015/04/03
2015/04/02
2015/04/01
2015/03/31
2015/03/30
2015/03/29
2015/03/28
2015/03/27
2015/03/26
2015/03/25
2015/03/24
2015/03/23
2015/03/22
2015/03/21
2015/03/20
2015/03/19
2015/03/18
2015/03/17
2015/03/16
2015/03/15
2015/03/14
2015/03/13
2015/03/12
2015/03/11
2015/03/10
2015/03/09
2015/03/08
2015/03/07
2015/03/06
2015/03/05
2015/03/04
2015/03/03
2015/03/02
2015/03/01
2015/02/28
2015/02/27
2015/02/26
2015/02/25
2015/02/24
2015/02/23
2015/02/22
2015/02/21
2015/02/20
2015/02/19
2015/02/18
2015/02/17
2015/02/16
2015/02/15
2015/02/14
2015/02/13
2015/02/12
2015/02/11
2015/02/10
2015/02/09
2015/02/08
2015/02/07
2015/02/06
2015/02/05
2015/02/04
2015/02/03
2015/02/02
2015/02/01
2015/01/31
2015/01/30
2015/01/29
2015/01/28
2015/01/27
2015/01/26
2015/01/25
2015/01/24
2015/01/23
2015/01/22
2015/01/21
2015/01/20
2015/01/19
2015/01/18
2015/01/17
2015/01/16
2015/01/15
2015/01/14
2015/01/13
2015/01/12
2015/01/11
2015/01/10
2015/01/09
2015/01/08
2015/01/07
2015/01/06
2015/01/05
2015/01/04
2015/01/03
2015/01/02
2015/01/01
2014/12/31
2014/12/30
2014/12/29
2014/12/28
2014/12/27
2014/12/26
2014/12/25
2014/12/24
2014/12/23
2014/12/22
2014/12/21
2014/12/20
2014/12/19
2014/12/18
2014/12/17
2014/12/16
2014/12/15
2014/12/14
2014/12/13
2014/12/12
2014/12/11
2014/12/10
T.M.Revolution、ゲーム主題歌の配信リリースが急遽決定!
Wed, 02 Dec 2015 23:30:00 +0900
配信シングル「Inherit the Force -インヘリット・ザ・フォース-(Game Edit)」 (okmusic UP\'s)

12月23日発売予定のPlayStation(R)Vita専用ソフト『機動戦士ガンダム EXTREME VS-FORCE』の主題歌を担当しているT.M.Revolution。その楽曲「Inherit the Force -インヘリット・ザ・フォース-(Game Edit)」が、12月16日より配信限定リリースされることがわかった。

【その他の画像】T.M.Revolution

今年9月の「イナズマロック フェス 2015」でもいち早く披露されていた楽曲で、ファンの要望に応えてゲームのリリース直前に急遽配信リリースが決定した。「INVOKE」「ignited -イグナイテッド-」「vestige -ヴェスティージ-」など『ガンダムSEED』シリーズと縁の深いT.M.Revolutionが、モビルスーツ同士のバトルを熱く激しく盛り上げる。

■配信シングル「Inherit the Force -インヘリット・ザ・フォース-(Game Edit)」

2015年12月16日発売
価格未定
※着うた(R)/着うたフル(R)スマホ・PCで配信
※配信限定につき、CDリリース予定はなし

【関連リンク】
T.M.Revolution オフィシャルHP
西川貴教×志倉千代丸が手掛ける“B-project”より、雪広うたこ描き下ろし美麗ジャケ公開
中居正広がMCを務める新音楽番組がスタート「いつもと違う感覚で収録に臨んでいただきたい」
西川貴教×志倉千代丸が手掛けるイケメンアイドルプロジェクトのイベントが開催

【関連アーティスト】
T.M.Revolution
【ジャンル】
ジャパニーズロック, アニメ, ゲーム

デヴィッド・ボウイの新作『★』に新世代ジャズシーンを牽引する豪華アーティストが参加
Wed, 02 Dec 2015 19:00:00 +0900
アルバム『★』 (okmusic UP\'s)

デヴィッド・ボウイが自身69回目の誕生日となる来年1月8日に発売するニューアルバム『★』に、新世代ジャズシーンを牽引するマーク・ジュリアナ、ダニー・マッキャスリンらが参加していることがわかった。

【その他の画像】David Bowie

時代の先駆者とも言えるデヴィッド・ボウイから届けられた、ニューアルバムからのタイトルトラックにして1stシングルでもある「★」(ブラックスター)は、ダークで美しく、グラマラス、挑戦的なサウンドに次々と変わる拍子、シングルの既成概念を超えた9分57秒という尺の幻想的な楽曲。新作の方向性を紐解くキートラックであり、ボウイの音楽的冒険の向かう先に、現在全音楽ファンの注目が集まっている。

先日届いた情報によると、新作のプロデュースはボウイ自身とトニー・ヴィスコンティが務めているという。1969年の『スペース・オディティ』からその関係は始まり、ベルリン3部作と呼ばれる『ロウ』(1977年)、『ヒーローズ』(1977年)、『ロジャー』(1979年)などの名盤にプロデューサーとして関わってきたトニー・ヴィスコンティは、まさに“70年代のボウイを創った男”とも言える。トニー・ヴィスコンティが新作に関して、“デヴィッドの昔のサイドメンを起用すると、ロックの人々がジャズをやることになってしまうからね。ジャズミュージシャンにロックを演奏させることによってそれを覆すことができる。彼らの音楽へのアプローチはとても新鮮だった”と海外メディアに語っているとおり、新作『★』でボウイは新世代ジャズシーンを牽引するミュージシャンを中心に起用し、前作『ザ・ネクスト・デイ』とも違う、これまでにないまったく新しものを目指したようだ。

ボウイの音楽活動50周年を記念して2014年に発売されたオールタイムグレイテストヒッツ『ナッシング・ハズ・チェンジド』に収録、マリア・シュナイダー・オーケストラと制作された当時の新曲で、今作にもアレンジを大胆に変えて再収録される「スー(オア・イン・ア・シーズン・オブ・クライム)」のレコーディングメンバーでもあり、2004年グラミー賞の最優秀ジャズインストゥルメンタルソロ部門にノミネート、自分名義のアルバムにおいては、ラテンアメリカの要素を入れながら冒険的なジャズを展開するダニー・マッキャスリン(Sax、Flute、Woodwind)。“エルヴィン・ジョーンズやアート・ブレイキーといったハードバップのドラムの達人たちを1980年代のドラムマシーン、ローランド808と足したものをJディラで割り、スクエアプッシャーのパワーになるまで増殖させた結果”などと評されるマーク・ジュリアナ(Dr、Perc)。

チック・コリアにもその才能を高く評価され、NYのジャズシーンの常連にしてジャズの枠にとどまらず、グローバルに音楽表現を追求し、エレクトロジャズトリオのNOW VS.NOWでマーク・ジュリアナと活動を共にするジェイソン・リンドナー(Piano、Wurlitzer Organ、Key)。NYとロサンゼルスを飛ぶように行き来し、アヴァンギャルドジャズとファンクの世界においてリーダー的存在を担う傍ら、テデスキ・トラックス・バンド、ドナルド・フェイゲンら多岐にわたるイノベーターたちにとって頼り甲斐のある有能なサイドマンとして引っぱりだこのティム・ルフェーヴル(Ba)、NYを拠点に30年以上活動し、マリア・シュナイダーら多岐にわたるアーティストたちと共演、世界各地においてもクリニックやワークショップを開催し、2002年から2005年にはニューイングランド音楽院の教員を務め、2014年にはドリス・デューク・アーティスト賞を受賞した、名サイドマンでもあるベン・モンダー(Gu)らがレコーディングに参加。また、ティム・ゴールズワージーとのプロデューサーチームであるThe DFAや、DFAレコーズの運営、DJ、リミックスなどその活動は多岐にわたり、2011年に解散したLCDサウンドシステムの中心人物、ジェームス・マーフィー(Perc)が「スー(オア・イン・ア・シーズン・オブ・クライム)」と「ガール・ラヴズ・ミー」に参加している。

また、シングル「★」をさらに不可解で魅惑的なものにさせるという見事な影響を及ぼしているのが同曲のショートフィルム(MV)。「★」がフィーチャーされているドラマ『ザ・ラスト・パンサーズ』の監督でもあり、これまでにマドンナ、ビヨンセ、ニュー・オーダーらのMVやドラマ・CMなどを手がけるヨハン・レンクが、同曲のショートフィルムの監督を務めた。ボウイと彼は、ポパイのアニメという普通でないダンスからインスピレーションを得たというところで絆を深め、レンク監督は“デヴィッドがとても古いアニメのYouTube映像を送ってくれました。確か『ポパイ』だったと思います。ああいう初期のアニメは、フレームごとに絵を描いている。そうするとキャラクターが…(ぎくしゃくした動きをまねる)…デヴィッドはこういった動きが欲しいと言ったのです”と制作過程を振り返っている。

現在、iTunes Storeではアルバム『★』の予約注文の受付が開始されており、予約すると先行トラック「★」がダウンロードできるようになっている。また、『★』の日本盤CDは通常のCDプレーヤーで再生可能な高品質フォーマット、Blu-spec CD2仕様での発売となる。

■iTunes Store アルバム『★』予約注文
https://itunes.apple.com/jp/album/blackstar/id1059043043

【関連リンク】
デヴィッド・ボウイ 日本オフィシャルHP
きゃりーぱみゅぱみゅ、衝撃の仮装“ベティちゃん”に続いて“デヴィッド・ボウイ”に挑戦!?
異能の才を振りまいたデヴィッド・ボウイ! グラムロック期の名作『Aladdin Sane』!
青葉市子がボウイ、ポール、ダフト・パンクとともに『ミュージック・マガジン』の表紙に登場!

【関連アーティスト】
David Bowie
【ジャンル】
ロック/ブルース(洋楽)

BOW WOWのデビュー作『吼えろ!BOWWOW』は洋楽と真っ向勝負できる初の国産HR
Wed, 02 Dec 2015 18:00:00 +0900
BOW WOW『吼えろ!BOWWOW』のジャケット写真 (okmusic UP\'s)

“バウ・ワウ”と言うと犬の鳴き声以前に、今は米ラッパーを連想する人もいるようだが、往年のギターキッズなら、これはもう「山本恭司!」と即答だろう。日本のロックの黎明期、我が国のバンド…しかもハードロックバンドがとても洋楽に対抗できるなんて思えなかった当時、シーンに現れたBOW WOWはロック通をうならせた超実力派バンドである。

■洋楽との壁をぶち破る

最近のその筆頭と言えばBABYMETALだろうが、DIR EN GREY、ONE OK ROCKら海外で活躍する日本のバンドも珍しくなくなってきた。布袋寅泰、高崎晃(LOUDNESS)、松本孝弘(B’z)、MIYAVIら、世界に通用する日本人ギタリストも少なくない。しかし、1970年代前半までは「そもそも日本人にロックは無理」といった暗黙の了解的ネガティブ論も根強かったと聞く。敗戦からまだ30年程度しか経ってない状況では西洋コンプレックスも無理からぬことだったろうが、その頃からはっぴいえんどを始め、ジャックス、フラワー・トラヴェリン・バンド等、それを払拭するかのアーティストが現れ始めた。76年にデビューしたBOW WOWは明確に、そして衝撃的に洋楽との壁をぶち破ったバンドだろう。音楽評論家の渋谷陽一氏が自らパーソナリティーを務めていたラジオ番組でBOW WOWのデビュー前にM1「Heart\'s On Fire」をかけ、曲が終わってからこの楽曲が日本のバンドであると明かしたというエピソードは有名である。渋谷氏は『吼えろ!BOWWOW』のライナーノーツも手掛けており、レコードの帯には以下の文章が掲載されている。「バウワウの登場は、ひとつの事件である。ハード・ロックが日本のグループによって完璧に演奏され…その音が日本の曖昧な音楽シーンを切裂く、それが僕の夢だった。しかし、それは彼等の登場によって夢でなくなってしまったようだ」。プロモーションの一環だったとは言え、渋谷氏も歓喜を隠し切れなかったことが分かる。

■特筆すべき山本恭司のギター

それほどBOW WOWのスキルは卓越していた。特に山本恭司(Gu&Vo)のギターだ。もともとBOW WOWのプロデューサーは当時大人気だったベイ・シティ・ローラーズのようなアイドル風バンドを、これまたモンキーズ風にメンバーを選抜して結成させる予定だったそうである。しかし、山本がオーディションに合格したことで、本格志向が強まっていったのだという。つまり、山本恭司の登場がBOW WOWの誕生を決定付けたのだ。前述の通り、今や海外勢に引けを取らない、洋楽と真っ向勝負できるギタリストも多い昨今。「いやいや、そうは言っても昭和50年の話でしょ? 今の最前線のアーティストとは比較にならないのでは?」と思われる人がいるかもしれない。舐めてもらっては困る。何がすごいって、山本恭司は1956年生まれ。そう、デビュー時、若干19歳だったのである。若くてバカテクなことだけを褒め称えたいのではない。速弾きできる若者なら当時も他にいたであろう(まぁ、山本の速弾きも相当なものなので、これをまったく否定するわけではない)。山本のギターの素晴らしさはそのフィーリングだ。細かく音符を追うだけでなく、艶っぽい音色を響かせるのである。その点で、『吼えろ!BOWWOW』のギターは今聴いても驚異的ですらある。

■聴きどころ満載のデビュー盤

日本のバンドであることを告げずに初オンエアされた、山本曰く「デビュー曲とも言える曲」というM1「Heart\'s On Fire」。イントロからAメロにかけての「ハイウェイスター」的アプローチ、サビでのプログレ的な転調も聴き応えあるが、圧巻はやはりソロパートだろう。全編を支配する速弾きも確かに素晴らしいが、ソロ後半のブルージーなタッチは妙齢なミュージシャンのプレイを思わせる流麗さだ。いずれもポップなブギーM2「BROWN HOUSE」、M3「FOXY LADY」は、それこそアイドルバンド構想の名残か、全体のトーンとしては歌謡曲テイストがあることは否めないが、「BROWN HOUSE」ではテンポアップするアウトロのツインギターや、「FOXY LADY」のソロでは楽曲全体のファニーテイストにニュアンスを加えているのも聴き逃せない。疾走感あるM4「VOLUME ON」、R&RナンバーのM8「THEME OF BOW WOW」もカッコ良いリフは流石だし、ミディアムバラードのM7「WITHERED SUN」では歌に重なるブルージーな旋律は実に艶めかしい。インストナンバー、M5「A LIFE IN THE DARK」で使われるテンションノートは後のビジュアル系に影響を与えたと思われるなど(確証なし)、聴きどころは多彩だが、何と言ってもこのアルバム『吼えろ!BOWWOW』は、10分近くに及ぶ大作M6「JAMES IN MY CASKET」に止めを刺すであろう。

■脅威の一発録り

フィードバックノイズを強調したディストーションエフェクト。ザクザクと刻むワイルドなリフ。タイトルや歌詞以上にそのギターサウンドが何よりも雄弁に語っている通り、ジミ・ヘンドリックスへオマージュを捧げた楽曲である。この楽曲のすごさは、歌ではなく、ギターを前面に出したことだろう。アルバムの中心で、しかも10分近い収録時間というのは当時としては極めて稀なことだったに違いない。だが、この楽曲は、今聴いてもそれが大正解だったことを納得させられる素晴らしいテイクだ。全体的な鳴きのギターは言うまでもないが、3分を過ぎた頃からのメロディアスなパートの何と色っぽいことか! また、6分頃からの速弾きのスリリングさたるや…耳から絶頂感を得られること間違いなしである。最も恐ろしいのは、これはどうやら一発録りであるということだ(確証に至るまで調べられなかったが、当時はもちろんPro Toolsなどない頃で、基本は一発録りであったであろうから、これは真実だろう)。もう一度言うが、弾いているのは御年19歳の少年である。素直に敬意を払いたい。山本恭司ばかり絶賛してしまったが、天才の音をバックアップする形の斉藤光浩(Gu&Vo)、佐野賢二(Ba)、新美俊宏(Dr)という他のメンバーの演奏も見事なものである。これも未確認情報であるが、斉藤、新美は前バンドのDO.T.DOLLでのレコーディングでは演奏しておらず、所謂スタジオミュージシャンが影武者をしていたそうだ。それが真実だとすると、その間の1〜2年で急激に腕を上げたことになる。とりわけ『吼えろ!BOWWOW』でのツインギターの絡みは緊張感のあるものが多く、これもまた聴きどころだ。

その後、BOW WOWは77年にエアロスミスやキッスの来日公演でオープニングアクトを務めるなど、まさに日本を代表するハードロックバンドとして君臨。82年には、これまた傑作との呼び声高い9thアルバム『WARNING FROM STARDUST』を発表後にはハノイ・ロックスと共に英国ツアーを決行するが、斎藤の脱退で解散となった。しかし、翌84年初頭、5人編成となり、VOW WOWとバンド名を変えて復活するも、これも90年に活動停止。以後は、新生BOW WOWを挟んで、98年に山本、斎藤、新美の布陣で再結成したり、09年、10年にも再びステージに立ったり、何度も離合集散しているので今後も何らかのアクションがあるかもしれない。まぁ、こればかりはメンバーの胸下三寸であろうが、当時を知らない音楽ファンにぜひともその雄姿を観てもらいたいバンドではある。

【関連アーティスト】
BOW WOW, 山本恭司, 斉藤光浩
【ジャンル】


KUNI、新曲は日馬富士関の亡き父への想いを歌ったバラード
Wed, 02 Dec 2015 18:00:00 +0900
KUNI (okmusic UP\'s)

湘南出身のシンガーKUNIが12月2日、第70代横綱 日馬富士関の亡き父への想いを歌い上げた壮大なバラードソング「願い叶うなら」をリリースした。

【その他の画像】KUNI

同曲のMVには日馬富士関本人も初出演しており、現在YouTubeには亡き父への想いを語ったプレミアム映像も公開中だ。

日馬富士関は「願い叶うなら」を初めて聴いた時のことについて質問されると「まさに自分の人生そのものなので、最初聞いた時には胸が苦しくて、涙が出てきた」とコメント。それ以降は毎日聴くようになり、2年ぶりの優勝となった先日の九州場所でもウォーミングアップ時にイヤホンで「願い叶うなら」を聴きながら気持ちを高めていたとのこと。

一方、KUNIも「少しでも横綱の気持ちに近づけたらと、レコーディングの際はブース内で横綱の子供の頃の写真や、モンゴルの星空やご家族の写真、土俵入りなどをスライドショーにして、それを見ながら歌いました」と曲作りについての想いを力強く語った。

MVとプレミアム映像、そしてシングル「願い叶うなら」に是非注目してほしい。

■「願い叶うなら」(第70代横綱 日馬富士 special edit.)
https://youtu.be/FKbbHJ3UiJI

■シングル「願い叶うなら」

2015年12月2日発売
CRCP-10351/¥1,000+税
<収録曲>
1. 願い叶うなら
2. ありがとう... (Acoustic ver.)
3. 願い叶うなら -Instrumental-
4. ありがとう... (Acoustic ver.) -Instrumental-

■配信情報
・「願い叶うなら」レコチョク、iTunesにて配信中
・「ありがとう... (Acoustic ver.)」レコチョクにて配信中

■【イベント情報】

「ダイナシティ presents God Bless Saturday SPECIAL」
12月05日(土) 小田原ダイナシティ ウエスト1Fキャニオンステージ
時間:13:00〜15:55 
出演時間:13:25予定
※観覧フリー

「THANKS!30th ANNIVERSARY みなとみらいKINGDOM WINTER 2015」
12月19日(土) みなとみらい クイーンズスクエア

■KUNIニューシングル「願い叶うなら」リリース記念インストアライブ

12月06日(日) イオンマリンピア 
13:00〜 / 15:00〜の2回ステージ
12月12日(土) イオン鎌取 
13:00〜 / 15:00〜の2回ステージ
12月26日(土) OSC湘南シティ 
13:00〜 / 15:00〜の2回ステージ
12月27日(日) イオン茅ヶ崎 
13:00〜 / 15:00〜の2回ステージ
<2016年>
1月16日(土) 小田原ダイナシティ
13:00〜 / 15:00〜の2回ステージ
1月17日(日) イオンマリンピア 
13:00〜 / 15:00〜の2回ステージ
2月06日(土) イオン八事 
2月07日(日) 愛知県内インストア予定
2月 大分パークプレスインストア予定
※他、随時HPにて詳細発表
※イベント当日、KUNIのCDを即売会場でお買い上げの方に先着で特典会参加券を差し上げます。特典券をお持ちの方はミニライブ終了後のサイン&握手会にご参加いただけます。

【関連リンク】
KUNI オフィシャルHP
KUNI、新曲「Regert」MV&アートワークを解禁
新レーベル「CROWN VenuS」のお披露目ライヴに蝶野正洋が登場!?
KUNIのデビューシングル「ありがとう...」が有線リクエストチャートTOP10入り

【関連アーティスト】
KUNI
【ジャンル】
J-POP

次世代ガールズロックシーンをリードする話題のバンド、CherryHeartsがデビュー!
Wed, 02 Dec 2015 17:00:00 +0900
CherryHearts (okmusic UP\'s)

次世代ガールズロックシーンをリードする大注目のニューカマー、CherryHeartsが12月2日にシングル「スノーレター」でデビューを果たした。

【その他の画像】CherryHearts

これまで会場限定シングルを10枚リリースし、ライヴでの定番曲を数多く持つ彼女たち。冬をテーマとした「スノーレター」は、爽やかでハッピーな曲に仕上がっており、Aメロからサビまでキャッチーなメロディで埋め尽くされたテンポのいい楽曲となっている。

プリンセス・プリンセスをイメージさせるような笹宮千穂(Vo) の歌声も親しみやすく、今後この曲もCherryHeartsを代表するキラーチューンとして多くの人に愛されることは間違いないだろう。

「スノーレター」のカップリングには、アップテンポのポップなハードロックナンバー 「ai」を収録。覚えやすいメロディに加え早川満里奈(G)と椎名りえ(G)のツインギター、日向琴乃(B)の心地よいビートも印象的で、こちらもライヴで聴くのが楽しみなナンバーだ。

また、12月6日(日)には東京・表参道GROUNDにてシングル「スノーレター」を引っ提げたデビュー記念ワンマンライヴ「Snow Letter」が行なわれる。9月22日に渋谷Star loungeで実施された初のワンマンライヴでは、ポップ感満載のキラキラした楽曲と華やかなパフォーマンスで時間を感じさせないハッピーな空間を演出していた彼女たち。その後、10月にはZeppダイバーシティ東京で行われたライヴイベントでAldiousやDef Techと共演。大舞台も経験済みだ。

キュートなルックスが魅力のCherryHeartsだが、実は4人のメンバー中、2人が170cmを超える長身で、ヴォーカルの笹宮千穂も165cmという高身長の持ち主。ステージ映えする容姿に加え、メンバーのキャラもファンを引きつける要因の1つとなっている。

12月2日にデビューシングル「スノーレター」のリリース、そして12月6日(日)東京・表参道GROUNDでのデビュー記念ワンマンライヴを経て、2016年 CherryHeartsは大きな飛躍を遂げることだろう。

■「スノーレター」MV
https://www.youtube.com/watch?v=FGOVjtaKSC0

■「Sweet Voice Call」MV
https://youtu.be/4NoQEAldLqk

■シングル「スノーレター」

2015年12月2日発売
【DVD付限定盤】(CD+DVD)
RAMI-010/¥1,500+税
カラオケ2曲含む、全4曲収録/歌詞付
<DVD>
Music Video「スノーレター」
Music Video「Sweet Voice Call」

【通常盤】(CD)
RAMI-011/¥1,000+税
カラオケ2曲含む、全4曲収録/歌詞付

■【ライヴスケジュール】

CherryHearts デビュー記念ONE-MAN LIVE『Snow Letter』
12月06日(日) 表参道GROUND
開場/開演:17:30 / 18:00
前売/当日:¥3,000 / ¥3,500(D代別)

「35 minutes ALL!!」
12月23日(水・祝) 名古屋ell.FITSALL
開場/開演:16:30 / 17:00
前売/当日:¥2,800 / ¥3,300 (D代別)
出演:CherryHearts / BAND MAID(R) and more...

【関連リンク】
CherryHearts オフィシャルHP
Def Tech、寿君、アルディアスら出演のVAA主催イベントが無料開催!
ネクストブレイクアーティストとして人気急上昇中のガールズロックバンドが今冬デビュー!
POLYSICS、VR MV制作クラウドファンディング企画の豪華リターンプラン情報解禁

【関連アーティスト】
CherryHearts
【ジャンル】
ジャパニーズロック

グリーン・デイのドキュメンタリーDVDが来年1月にリリース
Wed, 02 Dec 2015 16:00:00 +0900
DVD『Heart Like A Hand Grenade』 (okmusic UP\'s)

グリーン・デイのアルバム『アメリカン・イディオット』 のレコーディング時の舞台裏を収録したドキュメンタリーDVDが『ハート・ライク・ア・ハンド・グレネード』が、2016年1月20日にリリースされる。

【その他の画像】Green Day

今年ついにロックの殿堂入りを果たした、グリーン・デイ。2000年代を代表する彼らの超メガヒット・アルバム『アメリカン・イディオット』の誕生の瞬間を収めた前代未聞のドキュメンタリー映像が、10年の歳月を経て解禁される。

2004年に発表された7thアルバム『アメリカン・イディオット』は、全世界で1500万枚以上の売り上げを記録。収録曲「ブールヴァード・オブ・ブロークン・ドリームス」は、第48回グラミー賞にてパンク史上初となる「最優秀レコード賞」に輝いた。また、2010年にはブロードウェイ・ミュージカルとしても大きな成功を収めている。

今作『ハート・ライク・ア・ハンド・グレネード』は、2009年に限定公開されて以来「失われた映像」と思われていた超・貴重映像を、ディレクターのジョー・ローカー(2006年『リブ・フリーキー!ダイ・フリーキー!』等)の手によってドキュメンタリー化。今年10月に開催された第38回ミルバレー国際映画祭でのワールド・プレミア以降、本国USでは135ヶ所の劇場にて上映された。

リリース決定を受け、ビリー・ジョー・アームストロングは「10年以上前の映像だなんて信じられない。このアルバムがどんなことになるのか、これが冒険の始まりに過ぎないなんて思ってなかった。ファンにはこの映像を楽しんでから、もう一度僕たちを見て、全てを理解してほしいな」とコメントを寄せている。

■『ハート・ライク・ア・ハンド・グレネード』 トレイラー映像
https://youtu.be/OJkYThGQEUU

■DVD『ハート・ライク・ア・ハンド・グレネード』

2016年1月20日発売
WPBR-90809/¥2,980+税

【関連リンク】
グリーン・デイ オフィシャルHP
グリーンな気持ちに浸れる5曲
卒業シーズンに聴きたい5曲
ビリー・ジョー・アームストロング(グリーン・デイ)とノラ・ジョーンズによるコラボアルバムが完成!

【関連アーティスト】
Green Day
【ジャンル】
ロック/ブルース(洋楽)

がんばれ!Victory、ニコ生番組に話題の芸人"永野"が乱入
Wed, 02 Dec 2015 15:00:00 +0900
12月1日(火)@ポニーキャニオン1F (okmusic UP\'s)

来年1月27日に3rdシングル「青春!ヒーロー」をリリースするがんばれ!Victory。そんな彼女たちが12月1日(火)にポニーキャニオン1Fで公開スタートさせたニコニコ生放送番組『がんばれ!Victory〜年またぎ“青春!ヒーロー”!〜』に、話題の芸人である永野が乱入した。

【その他の画像】がんばれ!Victory

予約枚数が1,000枚に達して初めてDVDをリリースできる永野は、その予約数を伸ばすためにがんばれ!Victoryのニコ生へ乱入! ネタを披露するとともに、DVDの告知を行なった。

これは永野がネタを披露し、がんばれ!Victoryのメンバーが面白いと思ったらDVDの告知に協力するという番組内容。ネタを見たがんばれ!Victoryは全員が“面白い”と判定し、永野のDVD発売に太鼓判を押した。すると、永野は“来年がんばれ!Victoryにツインボーカルとして加入します!”といきなり宣言! 会場は大盛り上がりに。番組の最後には、がんばれ!Victoryの3rdシングル「青春!ヒーロー」がアコースティックバージョンで披露され、ニコニコ生放送は17,000人を超える試聴となった。

また番組終盤では、「青春!ヒーロー」の音源解禁についても発表された。12月2日(水)よりdヒッツで90秒サイズの視聴音源の配信スタートし、12月7日(月)ニッポン放送『ミュ〜コミ+』にがんばれ!Victoryが生出演! 「青春!ヒーロー」もラジオ初解禁となる。

■dヒッツ「青春!ヒーロー」short ver.先行配信
http://rd.music.docomomarket.ne.jp/dhits/vic/1202/
■「永野」オリジナルDVD(タイトル未定/発売未定) 予約受付特設サイト
http://ps.ponycanyon.co.jp/nagano/

【関連リンク】
がんばれ!Victoryがオールナイトニッポンパーソナリティに再挑戦
がんばれ!Victory、直球勝負の3rdシングル「青春!ヒーロー」詳細解禁
がんばれ!Victory、3rdシングル発売を記念してプレミアム2マンイベントを開催
がんばれ!Victory、地元佐賀凱旋ライヴ大成功&ニューシングル発売決定

【関連アーティスト】
がんばれ!Victory
【ジャンル】
ジャパニーズロック, 女性アイドル, イベント

go!go!vanillas、『バニラズカラオケ選手権“バニカラ!”』を開催
Wed, 02 Dec 2015 14:00:00 +0900
go!go!vanillas (okmusic UP\'s)

カラオケ まねきねこ、ひとりカラオケ専門店ワンカラの参加型カラオケすきっとにて、go!go!vanillasの全楽曲配信が決定! これを記念して12月3日より、『バニラズカラオケ選手権“バニカラ!”』が開催される。

【その他の画像】go!go!vanillas

『バニカラ!』はgo!go!vanillasの曲をカラオケで歌って、審査ポイント82.0(バニラ)点または90点以上を獲得すると、パーティーを盛り上げるスペシャル映像が流れるというもの。さらに、バニラズの曲で累計ポイント5,555(ゴー!ゴー!)点を獲得すると、スマホ用“バニカラ・マスター認定証”がゲットできる。認定証のマスターランクは3段階用意されているので、ファンはぜひチャレンジしてほしい。

■カラオケ まねきねこHP
http://www.karaokemanekineko.jp/
■すきっとねっとHP
https://www.skit-net.com/web/pc/top/
※カラオケ まねきねこHP、すきっとねっとHPでの「バニカラ!」詳細掲載は12/3からとなります。

■「ワンマンツアー“COUNTER ACTION TOUR 2015"」

12月03日(木)  東京 赤坂BLITZ
※Thank You Sold Out!

【関連リンク】
go!go!vanillas オフィシャルHP
go!go!vanillas、WEBラジオ『go!go!Radio』のツアー直前特番が配信スタート
go!go!vanillas、10月28日よりTSUTAYA限定アルバムのレンタルをスタート
go!go!vanillasの『カウンターアクシュン会』が大盛況

【関連アーティスト】
go!go!vanillas
【ジャンル】
ジャパニーズロック

斎藤アリーナ、戸松恵哉、ASA-CHANGが『ムジカ・ピッコリーノ』レコ発イベントに登場
Wed, 02 Dec 2015 13:00:00 +0900
11月29日@タワーレコード錦糸町店 (okmusic UP\'s)

NHK Eテレで放送中の人気音楽番組『ムジカ・ピッコリーノ』CD発売記念イベントが11月29日にタワーレコード錦糸町店にて開催され、『メロトロン号の仲間たち』よりアリーナ役の斎藤アリーナ、エリオット役の戸松恵哉、ポン・ジョルノ役のASA-CHANGの3人が登場した。

【その他の画像】ASA-CHANG

家族連れでにぎわう日曜日のショッピングモールには開始前から大勢の観客が集まり、ステージ前の子ども優先エリアも満席で出演者たちの登場を今か今かと待っている。頭上には、番組に登場したメロトロン号やモンストロのイラストが飾られた。

オープニングテーマが流れ、ステージに登場したアリーナが「小さなお友達も大きなお友達も、こんにちはー!」と挨拶すると、子ども達から「こんにちはー!」と大きなレスポンスと拍手が沸き起こる。一緒に来たはずのエリオットとポンさんを探すが見つからず、坂本九の名曲「見上げてごらん夜の星を」を1人で歌うアリーナだが、どこからともなくエリオットとポンさんの声が響き二人がステージに登場すると、会場はさっそく大きな笑い声で包まれた。

続けてトロンボーンのモンストロが登場した「Chattanooga Choo Choo(チャタヌガチューチュー)」を歌う場面では、楽器を取りに行こうとするエリオットとポンさんは途中で芋を食べ過ぎたらしく、おならが我慢できずに思わずプッ!となってしまったりと、まさに番組から飛び出した楽しいステージが繰り広げられる。

最後にアリーナとエリオットのラップをフューチャーした「メロトロン号でパーティー」を歌い、会場の一体感はマックスにステージは幕を下ろした。

その後のサイン会にも大勢のファンが参加し、最初から最後まで笑顔と拍手に溢れたハッピーなイベントとなった。

なお、アリーナ役の斎藤アリーナとゴンドリー役のゴンドウトモヒコは、リヒャルト船長役で出演している鈴木慶一のミュージシャン生活45周年記念ライヴにゲスト出演が決まっているとのこと。こちらもあわせてチェックしてほしい。

(C)NHK

■CD「ムジカ・ピッコリーノ メロトロン号の仲間たち」特設サイト
http://columbia.jp/musica/
■NHK番組オフィシャルHP
http://www4.nhk.or.jp/musica/

■アルバム『ムジカ・ピッコリーノ メロトロン号の仲間たち』

発売中
COCP-39342/¥2,300+税
<収録曲>
01 : ムジカ・ピッコリーノ・オープニングテーマ2015/ゴンドウトモヒコ 
02 : 聖者が街にやってくる/トラディショナル
03 : 組曲「惑星」から「木星」/ホルスト
04 : トルコ行進曲/モーツァルト
05 : ムジカ・ピッコリーノ・テーマ・ヴァリエーション1/BGM
06 : I Want You Back/Jackson5
07 : 分析中!/BGM
08 : Chattanooga Choo Choo/Glenn Miller
09 : 津軽じょんから節/青森県民謡
10 : Arina\'s Memory/BGM
11 : リベルタンゴ/アストル・ピアソラ
12 : 無伴奏チェロ組曲 第1番 プレリュード/J.S.バッハ 
13 : Eliot\'s Blliliant reasoning/BGM
14 : Within You Without You/The Beatles
15 : ムジカ・ピッコリーノ・テーマ・ヴァリエーション2 /BGM
16 : Scotland the Brave/スコットランド民謡
17 : 剣の舞/ハチャトリヤン
18 : Gauche\'s Waltz/BGM
19 : Mischievous Girl/BGM
20 : Fly me to the moon/Bart Howard
21 : メロトロン号でパーティー/DJ 1,2
22 : ポンさんのハチミツ/BGM
23 : 見上げてごらん夜の星を/坂本九  
24 : Gondry\'s Dream/BGM
25 : Like a Rolling Stone/Bob Dylan
26 : Mas que nada/Jorge Ben & Jorge Lima Menezes
27 : Richard\'s Eureka! /BGM
28 : The Sound of Silence/Simon & Garfunkel
29 : Scrap Mountain /BGM
30 : I was born to love you/Freddie Mercury(Queen)
31 : ムジカ・ピッコリーノ・テーマ・ヴァリエーション3/BGM
32:エイトメロディーズ/BGM

<レギュラーメンバー>
鈴木慶一(G,Vo)、斎藤アリーナ(G,Vo)、ASA-CHANG(Dr)、戸松恵哉(Key)、ゴンドウトモヒコ(Euph/F.Hr)、徳澤青弦(Vc)
<ゲストアーティスト>
M2,ドラム:ASA-CHANG
M3,リコーダー:吉澤 実&栗コーダーカルテット(栗原 正己・川口 義之・関島 岳郎)
M4,ピアノ:H ZETT M
M6,スティールパン:土生 剛、田村 玄一、大野 由美子、福田 美由紀
M8,トロンボーン:浜野 謙太
M9,三味線:上妻 宏光
M11&12,チェロ:徳澤 青弦
M14,タブラ:池田 絢子
M16,バグパイプ:山根 篤
M17,マリンバ:SINSKE
M20,クラリネット:谷口 英治
M21,ターンテーブル:DJ 1,2
M23,ユーフォニアム:ゴンドウトモヒコ
M25,ハーモニカ:千賀 太郎
M26,パンデイロ:フランシス・シルヴァ
M28,アコースティックギター:ROLLY
M30,エレキギター:ROLLY、鈴木 慶一、斎藤 アリーナ

【関連リンク】
NHK Eテレ「ムジカ・ピッコリーノ メロトロン号の仲間たち」初のトークショー&サイン会開催決定
ウルフルズや大原櫻子が参加する『映画ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年』のアルバム詳細解禁
コレサワ、「あたしを彼女にしたいなら」のMVが『M-ON! Recommend』に決定
クリフエッジ、蝶野正洋が題字を手がけた8thアルバムリリース決定

【関連アーティスト】
ASA-CHANG
【ジャンル】
J-POP, テレビ(番組/CM), イベント

家入レオ、2016年第1弾シングルのリリースが決定
Wed, 02 Dec 2015 12:00:00 +0900
家入レオ (okmusic UP\'s)

家入レオの11枚目となるシングルが、来年2月17日にリリースされることが決定した。

【その他の画像】家入レオ

2016年第1弾となるニューシングルには、半年ぶりの新曲(タイトル未定)ほか、カップリングには自身初となるNHK『みんなのうた』(2016年2〜3月)の新曲「オバケのなみだ」、ドラマ『恋仲』主題歌の別バージョンとして劇中でも起用されて今回CD初収録となる「君がくれた夏(Piano Version)」を収録。

家入がNHK『みんなのうた』に登場するのは、今回が初めて。「オバケのなみだ」について家入は、“人は誰でも純粋な子どもだった時代があります。その時にしか聞き取れない世界の声、見ることの出来ない世界の色、そういうキラキラした破片が、この曲には閉じ込められています。この曲を聴いて、誰かを純粋に思う気持ち、大切に思う気持ちを改めて感じてほしい”とコメントしている。17歳でデビューし、その切なさと力強さが同居する歌声と歌詞で10代を駆け抜け、まもなく21歳を迎える家入ならではの心情世界が込められた楽曲となった。

この11thシングルは、新曲のMVとメイキング映像を収録したDVD付き初回限定盤A、初となるスタジオ録音によるカバー曲を2曲収録した2CD仕様の初回限定盤B、そして通常盤の3形態でリリース。通常盤には、ボーナストラックとして「オバケのなみだ(NHKみんなのうた Version)」も収録される。

家入レオは、12月2日(水)19:00〜生放送のフジテレビ系『2015 FNS歌謡祭』に出演し、山本彩と「君がくれた夏」のコラボ歌唱を予定している。こちらもぜひチェックを!

■シングル「タイトル未定」

2016年2月17日発売
【初回限定盤A】(CD+DVD)
VIZL-931/¥1,700+税
<収録曲>
■CD
01.タイトル未定
02.オバケのなみだ
03.君がくれた夏(Piano Version)
04.タイトル未定(Instrumental)
05.オバケのなみだ(Instrumental)
06.君がくれた夏(Piano Version)(Instrumental)
■DVD
01.タイトル未定(MV+メイキング)

【初回限定盤B】(2CD)
VIZL-932/¥1,700+税
<収録曲>
■DISC 1
01.タイトル未定
02.オバケのなみだ
03.君がくれた夏(Piano Version)
04.タイトル未定(Instrumental)
05.オバケのなみだ(Instrumental)
06.君がくれた夏(Piano Version)(Instrumental)
■DISC 2
カバー曲 2曲

【通常盤】(CDのみ)
VICL-37141/¥1,200+税
<収録曲>
01.タイトル未定
02.オバケのなみだ
03.君がくれた夏(Piano Version)
04.タイトル未定(Instrumental)
05.オバケのなみだ(Instrumental)
06.君がくれた夏(Piano Version)(Instrumental)
07.オバケのなみだ(NHKみんなのうた Version)(Bonus track)

【関連リンク】
家入レオ オフィシャルHP
家入レオ、ハイレゾヘッドフォン「CLASS-S」の第2弾PV公開
家入レオの「君がくれた夏」が最優秀ドラマソング賞を受賞
【最新音楽情報】music.jp週間シングルランキング(2015年10月21日付)

【関連アーティスト】
家入レオ
【ジャンル】
J-POP, テレビ(番組/CM)

POLYSICS、VR MV制作クラウドファンディング企画の豪華リターンプラン情報解禁
Wed, 02 Dec 2015 12:00:00 +0900
POLYSICS (okmusic UP\'s)

POLYSICSのVR技術を駆使したMV制作プロジェクト「POLYSICSのVR MV制作 OR DIE!!! 〜あなたの周りを縦横無尽〜」のクラウドファンディングによる募集がスタート! 企画のリターンの内容が発表された。

【その他の画像】POLYSICS

今回リターン内容としてされたのは、POLYSICSのライヴ招待&リハ見学ができるプラン、POLYSICS限定公式つなぎに希望者にはメンバーのサインを入れてプレゼントするプラン。そしてさらに、『ハヤシのHEN 愛 LET\'S GO!デラックスプラン』と題し、ハヤシが実際に使用していたギターにサインを入れてプレゼントするという、なんとも貴重なプランも限定1名で用意されている。

ファンにはたまらないこのプロジェクトをぜひチェックしてもらいたい!

■「POLYSICSのVR MV制作 OR DIE!!! 〜あなたの周りを縦横無尽〜」募集ページ
https://www.muevo.jp/campaigns/6d534204-1949-4948-ae4d-bf2c5b674388/limited_releases

■【ライヴ情報】

『POLYSICSからのお年玉!!! 新年会 OR DIE!!! 〜新曲お披露目 & 新春福引き大会!!!〜』
1月11日(月・祝) 下北沢CLUB Que

『20周年まであと1年!!! 〜まだまだやるで無茶なこと!!! 1日100曲かましたる!!!〜』
3月04日(金) 大阪 心斎橋BIGCAT
時間:開場18:15 / 開演19:00

【関連リンク】
POLYSICS オフィシャルHP
POLYSICS、新プロジェクトはヴァーチャル・リアリティMV製作!?
ROTTENGRAFFTY、リリースツアーでの対バンアーティスト第一弾を発表
POLYSICS、9月11日に開催するSPライブの模様をニコ生にて配信

【関連アーティスト】
POLYSICS
【ジャンル】
ジャパニーズロック

小田和正、約5年ぶりに映画主題歌を書き下ろし!
Wed, 02 Dec 2015 11:00:00 +0900
小田和正 (okmusic UP\'s)

小田和正の最新曲「風は止んだ」(発売未定)が、2016年に全国東宝系で公開となる映画『64-ロクヨン-前編/後編』の主題歌に決定した。

【その他の画像】小田和正

今回、瀬々敬久(ぜぜたかひさ)監督から小田和正に主題歌のオファーがあり、小田が快諾したことで強力タッグが実現した。「風は止んだ」は、原作を読んで書き下ろした最新曲。やさしいメロディーと普遍的な歌詞が物語に寄り添う、胸に染みる楽曲に仕上がった。小田が映画の主題歌を書き下ろすのは、2011年7月公開の『ロック〜わんこの島〜』での「hello hello」以来で、約5年ぶりとなる。

【瀬々敬久監督 コメント】
たった7日間しかなかった昭和64年。平成という時代になって大きく社会も人々も変化した。だが、昭和という時代にまだ忘れ物をしたように生きている人たちがいる。そういう人たちの切ない思いが錯綜する映画、それが『64-ロクヨン-前編/後編』だと思いました。それらの思いを抱えつつ、ラストには生きる希望を伝えたかった。それを支えるには小田和正さんが作る楽曲が相応しいのではないか。そう思い、小田さんにお願いしました。

生まれて来た そのわけは
今もまだ 分らないけど それでも

生きてゆく その意味は
少しだけ 分ったかも しれない

出来上がった曲の歌詞はこう始まります。僕は感動と共にある喜びを感じました。この歌詞からすぐに、ブルース・スプリングティーンの『生きる理由』という曲を思い出したのです。
スプリングスティーンがテレンス・マリック監督作品『地獄の逃避行』を見て想を得て作ったアルバム『ネブラスカ』、その中のラストを飾る曲です。
その後、ショーン・ペンは『ネブラスカ』の中の『ハイウェイ・パトロール』という曲からヒントを得て映画『インディアン・ランナー』を作ります。
そのアルバムの最後を括る『生きる理由』。人は、苦しい時であればあるほど、「生きる理由(わけ)」を探します。『64-ロクヨン-前編/後編』もそういう人々の大きな集合体である映画です。荒涼とした大地、ネブラスカと同じように北関東のささくれ立った風景の中で展開していく『64-ロクヨン-前編/後編』の世界に挿す一筋の光、それが今回の小田さんの楽曲です。
この曲のおかげで映画はさらに大きなものを得ることが出来ました。小田さん、本当に感謝しています。ありがとうございました!

【佐藤浩市 コメント】
映画『64-ロクヨン-前編/後編』は、原作を読んだときから大変な仕事になるという覚悟を決めて撮影に臨んだ作品。
完成した映画のラストに小田和正さんの曲が流れたとき、ようやく永い戦いが終わったように穏やかな気持ちになれました。

■『64-ロクヨン-前編/後編』 公式サイト
http://64-movie.jp/

【関連リンク】
小田和正 オフィシャルHP
小田和正、15回目となる『クリスマスの約束』は地元・横浜で実施
小田和正、宇崎竜童ら豪華アーティストが出演する「オールナイトニッポンALIVE」開催決定
小田和正、SUBARUのTVCMに新曲を書き下ろし

【関連アーティスト】
小田和正
【ジャンル】
J-POP, 映画

ファンキー加藤、2015年ラストワンマンで9,000人を熱狂の渦に!
Wed, 02 Dec 2015 10:00:00 +0900
11月28日@宮城セキスイハイムスーパーアリーナ (okmusic UP\'s)

ファンキー加藤が11月28日に宮城セキスイハイムスーパーアリーナにて開催した、2015年ラストワンマンライヴとなる『I LIVE YOU 2015 in 仙台』で9,000人を熱狂の渦に巻き込んだ。

【その他の画像】ファンキー加藤

今年、ファンキー加藤がライヴで仙台を訪れたのは3回目。5月に全国ツアー『ONE FOR HALL TOUR 2015』で仙台サンプラザホールを訪れた際、「楽天のkoboスタ宮城で始球式をやりたい!」と話したことがきっかけで、その夢が実現し、9月に始球式&球場でのミニライヴを開催。楽天との縁も深い「あとひとつ」も披露し、2013年の日本シリーズを思い出させるような感動的なステージを繰り広げた。

そして今回、すっかり冬の寒さに様変わりした東北に熱のこもった歌を届け、年内のラストワンマンを締めくくった。

『I LIVE YOU 〜』とは各地の都市の大会場で年に数回だけ行ない、全国のファンがその土地土地の名産を食べて、名所を廻って、最後はファンキー加藤のライブで一緒に盛り上がろうという不定期開催のプレミアライヴ。 ファンモン時代には『お前たちとの道』と題して行なっており、2008年の日比谷野外音楽堂を皮切りに、仙台セキスイハイムスーパーアリーナ、大阪城ホール、名古屋ガイシホール、横浜スタジアム、大阪京セラドームなど各都市で開催し、徐々に規模を拡げ、全国のファンにとってもプレミアムなワンマンライブとなっていった。2013年の「お前たちとの道FINAL」は東京ドームでのファンモン解散ライブとなり、夢の舞台で有終の美を飾った。

ソロになってからは日本武道館、大阪城ホールに続き今回が3回目の『I LIVE YOU 〜』。ヒット曲「輝け」から始まったライブは3曲目に「ヒーロー」、5曲目にタオルソング「まわせ!」と序盤から一気に加速し、「リリースの予定とかまだ全く決まってないけど、早く歌いたいから新曲歌っちゃいます!」と未発表曲の新曲「急性ラブコール中毒」も披露する大サービスに観客も大盛り上がり。

MCでは9月のkoboスタ宮城での始球式の模様を大画面に映し出し、本人自ら解説。スタンド席でライブ観戦に訪れた東北楽天ゴールデンイーグルスの立花球団社長と松井 稼頭央選手を紹介し、ライヴ中にも関わらず、来シーズンの始球式の約束を取り付けた。

その東北楽天ゴールデンイーグルスのみならず、東北との深いかかわりを持つ「あとひとつ」では9,000人の掌が頭上高くかかげられ、それぞれの想いが東北の地でひとつになった。

今回で第3回目となった『I LIVE YOU 2015 in 仙台』だったが、早くも2016年最初の『I LIVE YOU 2016 in 名古屋』開催決定が発表され、「俺たちまだまだたくさんの幸せに出会えるぜ!みんな頑張れ!死なない程度に頑張れ!出会ってからずっとありがとう!2016年もよろしくお願いします!」と次の再会を誓いライブを締めくくった。

現在、ファンキー加藤オフィシャルサイトでは記念すべき第10回目の卒業式応援ライブを募集中。 特設サイトで出張ライブを開催する学校を募集している。締め切りは2016年1月20日23時59分となる。 学校生活の大切な思い出となる卒業式を盛り上げたい、より一層心に残る卒業式にしたいという卒業生や学校関係者の方は、ぜひ熱いメッセージを添えて応募してほしい。

photo by 堂園博之

■卒業式応援ライブ特設サイト
http://www.dreamusic.co.jp/sp/funky_kato/2016_school_live/
■ファンキー加藤 オフィシャルHP
http://funkykato.com/

■「I LIVE YOU 2016 in 名古屋」

4月16日(土) 愛知 日本ガイシホール
開場16:00/開演17:00
■公式ページ
http://funkykato.com/iliveyou2016nagoya/

【関連リンク】
ファンキー加藤、記念すべき10回目となる卒業生応援ライヴの開催校を募集
「Momm!!」にてファンキー加藤が新曲披露、ELT持田&木下ほうかは料理をふるまう
ファンキー加藤、よみうりランドでのSPミニライブで新曲を披露
ファンキー加藤、コボスタ宮城での始球式に登場

【関連アーティスト】
ファンキー加藤
【ジャンル】
J-POP, ライブ

SMAP、『10th Anniversary SMAP SHOP!』期間限定で開催決定
Wed, 02 Dec 2015 00:00:00 +0900
「10th Anniversary SMAP SHOP!」 (okmusic UP\'s)

12月10日〜2016年1月6日の期間限定で、akasaka Sacas内に『10th Anniversary SMAP SHOP!』がオープンすることがわかった。

【その他の画像】SMAP

1年の感謝を込めて期間限定で開催されるSMAP SHOP。記念すべき10年目を迎えた今年のショップテーマは『10th Anniversary SMAP SHOP!』に決定した。

メモリアルイヤーに相応しくラグジュアリーな装飾で飾られた店内は、ショップを訪れた人にとって素敵な思い出となるように、まるでパーティに遊びきたような感じにさせてくれるデザインに仕上がっている。

店内ではここでしか手に入れることができない様々なオリジナルグッズも販売。ハンカチ・マグカップといった例年好評のグッズはもちろん、スーツケースベルトやトートバッグなどのお出かけに持っていきたいグッズや、数量限定の10thAnniversary缶バッジなど、今年ならではのアイテムも充実している。

また、恒例の390円CDを今年も発売! 「10th Anniversary 」らしさに溢れる、10年間のメンバーからの感謝の気持ちがこもったアイテムは、「華麗なる逆襲」のリミックスを手掛けたtofubeatsによる作品だ。

店内ではここでしか見ることができないメンバーのメッセージ映像も放映されるほか、メンバーが実際に着用した衣装の展示など、何度訪れても楽しいショップとなっている。

当日の整理券配布状況や商品の品切れ情報についてはSMAP SHOP公式HPに掲載されるので、要チェックだ。

■【販売品目一覧】

■SMAP SHOP限定
CD「10th Anniversary SMAP SHOP!」¥390
「マグカップ」¥1,600
「ハンカチ」 ¥1,300
「ポストカードセット」¥1,000
「キーホルダー」¥1,800
「パスケース」¥1,300
「マルチケース」¥1,400
「トートバッグ」¥3,500
「スーツケースベルト」¥2,000
「数量限定 10thAnniversary缶バッジ」¥3,200
■DVD
DVD「HERO」¥24,624
DVD「アイムホーム」¥22,680
DVD「スペシャリスト2&3」¥5,940
DVD「銭の戦争」¥24,624
■CD
CD「華麗なる逆襲 / ユーモアしちゃうよ」¥1,296
CD「Otherside / 愛が止まるまでは」¥1,296
CD「アイムホーム」オリジナル・サウンドトラック¥3,240

【関連リンク】
SMAP SHOP オフィシャルHP
中居司会「Momm!!」にてback numberが恋愛感語る、遊助はRED RICE(from 湘南乃風)と先輩後輩トーク
中居司会「Momm!!」にてHKT48指原らが自撮トーク、はるっぴは料理をふるまう
中居正広の「金スマ」新企画、ミュージシャン・グローバーがツリーハウス建造

【関連アーティスト】
SMAP
【ジャンル】
イベント, 男性アイドル













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1