歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2015年12月01日)
バックナンバー
最新ニュース
2015/12/10
2015/12/09
2015/12/08
2015/12/07
2015/12/06
2015/12/05
2015/12/04
2015/12/03
2015/12/02
2015/12/01
2015/11/30
2015/11/29
2015/11/28
2015/11/27
2015/11/26
2015/11/25
2015/11/24
2015/11/23
2015/11/22
2015/11/21
2015/11/20
2015/11/19
2015/11/18
2015/11/17
2015/11/16
2015/11/15
2015/11/14
2015/11/13
2015/11/12
2015/11/11
2015/11/10
2015/11/09
2015/11/08
2015/11/07
2015/11/06
2015/11/05
2015/11/04
2015/11/03
2015/11/02
2015/11/01
2015/10/31
2015/10/30
2015/10/29
2015/10/28
2015/10/27
2015/10/26
2015/10/25
2015/10/24
2015/10/23
2015/10/22
2015/10/21
2015/10/20
2015/10/19
2015/10/18
2015/10/17
2015/10/16
2015/10/15
2015/10/14
2015/10/13
2015/10/12
2015/10/11
2015/10/10
2015/10/09
2015/10/08
2015/10/07
2015/10/06
2015/10/05
2015/10/04
2015/10/03
2015/10/02
2015/10/01
2015/09/30
2015/09/29
2015/09/28
2015/09/27
2015/09/26
2015/09/25
2015/09/24
2015/09/23
2015/09/22
2015/09/21
2015/09/20
2015/09/19
2015/09/18
2015/09/17
2015/09/16
2015/09/15
2015/09/14
2015/09/13
2015/09/12
2015/09/11
2015/09/10
2015/09/09
2015/09/08
2015/09/07
2015/09/06
2015/09/05
2015/09/04
2015/09/03
2015/09/02
2015/09/01
2015/08/31
2015/08/30
2015/08/29
2015/08/28
2015/08/27
2015/08/26
2015/08/25
2015/08/24
2015/08/23
2015/08/22
2015/08/21
2015/08/20
2015/08/19
2015/08/18
2015/08/17
2015/08/16
2015/08/15
2015/08/14
2015/08/13
2015/08/12
2015/08/11
2015/08/10
2015/08/09
2015/08/08
2015/08/07
2015/08/06
2015/08/05
2015/08/04
2015/08/03
2015/08/02
2015/08/01
2015/07/31
2015/07/30
2015/07/29
2015/07/28
2015/07/27
2015/07/26
2015/07/25
2015/07/24
2015/07/23
2015/07/22
2015/07/21
2015/07/20
2015/07/19
2015/07/18
2015/07/17
2015/07/16
2015/07/15
2015/07/14
2015/07/13
2015/07/12
2015/07/11
2015/07/10
2015/07/09
2015/07/08
2015/07/07
2015/07/06
2015/07/05
2015/07/04
2015/07/03
2015/07/02
2015/07/01
2015/06/30
2015/06/29
2015/06/28
2015/06/27
2015/06/26
2015/06/25
2015/06/24
2015/06/23
2015/06/22
2015/06/21
2015/06/20
2015/06/19
2015/06/18
2015/06/17
2015/06/16
2015/06/15
2015/06/14
2015/06/13
2015/06/12
2015/06/11
2015/06/10
2015/06/09
2015/06/08
2015/06/07
2015/06/06
2015/06/05
2015/06/04
2015/06/03
2015/06/02
2015/06/01
2015/05/31
2015/05/30
2015/05/29
2015/05/28
2015/05/27
2015/05/26
2015/05/25
2015/05/24
2015/05/23
2015/05/22
2015/05/21
2015/05/20
2015/05/19
2015/05/18
2015/05/17
2015/05/16
2015/05/15
2015/05/14
2015/05/13
2015/05/12
2015/05/11
2015/05/10
2015/05/09
2015/05/08
2015/05/07
2015/05/06
2015/05/05
2015/05/04
2015/05/03
2015/05/02
2015/05/01
2015/04/30
2015/04/29
2015/04/28
2015/04/27
2015/04/26
2015/04/25
2015/04/24
2015/04/23
2015/04/22
2015/04/21
2015/04/20
2015/04/19
2015/04/18
2015/04/17
2015/04/16
2015/04/15
2015/04/14
2015/04/13
2015/04/12
2015/04/11
2015/04/10
2015/04/09
2015/04/08
2015/04/07
2015/04/06
2015/04/05
2015/04/04
2015/04/03
2015/04/02
2015/04/01
2015/03/31
2015/03/30
2015/03/29
2015/03/28
2015/03/27
2015/03/26
2015/03/25
2015/03/24
2015/03/23
2015/03/22
2015/03/21
2015/03/20
2015/03/19
2015/03/18
2015/03/17
2015/03/16
2015/03/15
2015/03/14
2015/03/13
2015/03/12
2015/03/11
2015/03/10
2015/03/09
2015/03/08
2015/03/07
2015/03/06
2015/03/05
2015/03/04
2015/03/03
2015/03/02
2015/03/01
2015/02/28
2015/02/27
2015/02/26
2015/02/25
2015/02/24
2015/02/23
2015/02/22
2015/02/21
2015/02/20
2015/02/19
2015/02/18
2015/02/17
2015/02/16
2015/02/15
2015/02/14
2015/02/13
2015/02/12
2015/02/11
2015/02/10
2015/02/09
2015/02/08
2015/02/07
2015/02/06
2015/02/05
2015/02/04
2015/02/03
2015/02/02
2015/02/01
2015/01/31
2015/01/30
2015/01/29
2015/01/28
2015/01/27
2015/01/26
2015/01/25
2015/01/24
2015/01/23
2015/01/22
2015/01/21
2015/01/20
2015/01/19
2015/01/18
2015/01/17
2015/01/16
2015/01/15
2015/01/14
2015/01/13
2015/01/12
2015/01/11
2015/01/10
2015/01/09
2015/01/08
2015/01/07
2015/01/06
2015/01/05
2015/01/04
2015/01/03
2015/01/02
2015/01/01
2014/12/31
2014/12/30
2014/12/29
2014/12/28
2014/12/27
2014/12/26
2014/12/25
2014/12/24
2014/12/23
2014/12/22
2014/12/21
2014/12/20
2014/12/19
2014/12/18
2014/12/17
2014/12/16
2014/12/15
2014/12/14
2014/12/13
2014/12/12
2014/12/11
2014/12/10
2014/12/09
A9、クリスマスライヴ&アフターパーティー開催決定
Tue, 01 Dec 2015 22:00:00 +0900
A9 (okmusic UP\'s)

A9が12月25日に今年最後のワンマンライヴ『A9 2015 Xmas Live〜the DIVINE〜』を開催! さらに、2年前の10周年公演時に行われ、次回開催を熱望されていたアフターパーティーが再び行われる。

【その他の画像】Alice Nine

イベントにはメンバーも登場し、クリスマスの夜をファンと一緒に過ごす。ライヴ終わりでテンションの上がったメンバーがどんなトークを繰り広げるかも楽しみのひとつだ。

さらに、DJ TIMEも設けられ、普段のライブでは見ることのできない彼らの姿や、メンバーの音楽のルーツなども垣間見れる。

また、もうひとつの目玉としてその日行われたライヴを、大画面、大音量、大人数ですぐに鑑賞できるという企画も。ライヴ会場での興奮が再度味わえるということで、前回も参加者の間でもかなり好評だったということでクリスマスの夜、ファンクラブ会員へのプレゼントとしてこの場が設けられた。ライヴと同じく騒ぐもよし、じっくりと鑑賞しながら感想を述べ合うのもよし、という1つのライブで2度おいしいというお得な時間になる。

2016年の予定がまだ発表されていないA9。8月の本格始動から積極的に活動をしている彼らの来年の展開はおそらく12月25日に届けられるだろう。

■『A9 2015 Xmas Live〜the DIVINE〜 EX THEATER ROPPONGI』

12月25日(金) 東京 EX THEATER ROPPONGI
OPEN/START:17:45/18:30

■『NUMBER SIX. presents A9 2015 Xmas Special Night Party』

12月25日(金) 東京 BERG TOKYO
OPENSTART:22:30/END:29:00

【関連リンク】
A9 オフィシャルHP
AliceNineがバンド名称を“A9”に正式変更
『SuGフェス2015』にA9、田中聖率いるINKT出演
Alice Nine、再始動に向けタイアップ情報解禁

【関連アーティスト】
Alice Nine, A9
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル

Waive、解散からちょうど10年後の12月1日にGIG「FINAL DISTORTION!」開催を発表
Tue, 01 Dec 2015 22:00:00 +0900
Waive (okmusic UP\'s)

Waiveが、解散からちょうど10年を機に再集結し、〈GIG「FINAL DISTORTION!」〉を開催することがわかった。

【その他の画像】Waive

2005年12月1日 22:00。Shibuya-AX史上最高動員のすし詰め状態の中、その活動に幕を閉じたWaive。

先日、突如として公開されたWaiveのオフィシャルサイトに記されていた数字は、上記の日時だった。その解散からちょうど10年後の2015年12月1日 22:00。ふたたびオフィシャルサイトが更新され、最新のイメージやムービーと共に今回の解散10周年公演〈GIG「FINAL DISTORTION!」〉の開催が告げられた。

また、サイト上にはオフィシャルTwitterとオフィシャルLINE@のアカウントが記載されており、今後はこれらからも最新情報が発信されていくとのこと。

彼らの初めてのワンマン公演タイトルであった”HEAVY DISTORTION”と、今回の公演に使われた”FINAL”という「始まりと終わり」を彷彿させる言葉選びの真意は計り知れないが、2016年4月3日(日)EX THEATER ROPPONGIのステージに4人が立つという事実を胸に、当日会場へ足を運んでほしい。

サイトの更新と同時に、チケット先行受付もスタート。”もう一度、巡り会う奇跡”へ、時は動き始めた。

■WaiveオフィシャルTwitter
https://twitter.com/Waive_info
■WaiveオフィシャルLINE@
http://line.me/ti/p/%40waive_info

■「10years later…」
https://www.youtube.com/watch?v=Dj8t2Jhl1jY&feature=youtu.be

■GIG「FINAL DISTORTION!」

2016年4月3日(日) EX THEATER ROPPONGI
open 16:00 / start 17:00
<チケット>
チケット前売り:¥6,500(1F オールスタンディング)/¥7,000(2F 全席指定)
チケット一般発売日:2016年3月5日(土)
問合せ先:HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999(平日12:00〜18:00)

【関連リンク】
Waive オフィシャルHP

【関連アーティスト】
Waive
【ジャンル】
ビジュアル

GLAY、ニューシングル予約購入者対象に向けたプレミアムライヴ開催決定
Tue, 01 Dec 2015 21:00:00 +0900
GLAY (okmusic UP\'s)

GLAYが53thシングル「G4・IV」のリリースを記念して、予約購入者対象に抽選でチケットを購入できるプレミアムライヴをZepp DiverCityにて開催することを発表した。

【その他の画像】GLAY

今作は北海道新幹線開業イメージソング「Supernova Express 2016」やTVアニメ『ダイヤのA-SECOND SEASON-』オープニングテーマ「空が青空であるために」など、メンバー全員が書き下ろした楽曲4曲に加え、CD+DVD盤には4曲全てのMVが収録される。

チケット購入抽選はGLAYオフィシャルECショップG-DIRECT、関東を中心としたCDショップにて予約購入した場合が対象となり、CDショップでは予約時にエントリーカードを配布する。

応募期間は12月1日より12月23日23時まで。予約はお早めに!

■シングル「G4・IV」

2016年1月27日発売
【CD+DVD】
PCCN.00021/¥1,900+税
【CD】
PCCN.000022/¥1,400+税
<収録曲>
■CD
01.彼女はゾンビ
02.Scoop
03.Supernova Express 2016
M0.空が青空であるために
■DVD
全楽曲のMV等

■『「G4・4」Presents Special Live Scoop!〜ZeppがZombieであるために2016〜』応募方法

■対象期間中に2016年1月27日発売のシングル「G4・4」CD+DVD盤(PCCN-00021)もしくはCD ONLY盤(PCCN-00022)を下記の対象店舗にてご予約頂いたお客様に、チケット抽選先行に応募できる「エントリーカード」を先着でお渡し致します。
■特設サイトへアクセスして頂き、エントリーカードに記載のシリアルナンバーをご入力いただくとチケット抽選先行にエントリーができます。ぜひ この機会にご予約ください。
※既に対象店舗にて商品をご予約いただいているお客様も、抽選先行エントリー期間中に該当店舗にて全額を前金でお支払いいただければ先着でエントリーカードをお渡しいたします。

【抽選先行エントリー対象 予約受付期間】
2015年12月1日(月)10:00〜2015年12月23日(水)23:00 応募締切まで
※特設サイトの応募締切は12月23日(水)の23:00です。エントリーには時間がかかりますので余裕を持ってご予約/エントリーをお願い致します。
※シリアルナンバーは、チケットの購入を保証するものではございません。
※特別先行予約締め切り後に抽選を行わせて頂き、当選者のみご購入が可能となります。

【対象店舗】
■G-DIRECT
https://gdirect.jp/store/
■HMV
HMV&BOOKS TOKYO、エソラ池袋、ルミネエスト新宿、立川、ららぽーと豊洲、ラゾーナ川崎、ららぽーと横浜、ららぽーと柏の葉、イオンモール船橋、大宮アルシェ、ららぽーと富士見、イオンモール高崎、イオンモール太田、イトーヨーカドー宇都宮、イオンモール水戸内原、札幌ステラプレイス、仙台ロフト、栄、グランフロント大阪 、あべのキューズモール、阪急西宮ガーデンズ
■タワーレコード
渋谷店、新宿店、池袋店、横浜ビブレ店
■TSUTAYA
SHIBUYA TSUTAYA、マルイ北千住店、三軒茶屋店、マルイファミリー溝口店、
TSUTAYA TOKYO ROPPONGI、TSUTAYA EBISUBASHI
※店頭でのご予約については現金のみのお取り扱いとなる場合がございます。あらかじめご了承ください。

※G-DIRECTでは「G4・4」の商品をご予約頂いている方で、2015年12月22日(水)15:00までにG-DIRECTカスタマーセンターでご入金が確認できた方 (代引きの方はご注文が完了できた方)が対象となります。すでに1次予約でご予約済みの方も対象となります。詳しくはG-DIRECTサイト(https://gdirect.jp /store/)にてご確認ください。

■『「G4・4」Presents Special Live Scoop!〜ZeppがZombieであるために2016〜』

1月25日(月) 東京 Zepp DiverCity
開場18:00/開演 19:00

【関連リンク】
GLAY オフィシャルHP
GLAY、地元・北海道で開催されたイベントにてシングル「G4・IV」リリースを発表
GLAY、ニコニコ生放送とユニカビジョンでライブ映像を放映
GLAY、2016年早々にニューシングルのリリースを発表!

【関連アーティスト】
GLAY
【ジャンル】
ジャパニーズロック

TOTALFAT、BIGMAMAらが出演! 『RX-NIGHT Vol.7』が来年1月に開催決定!
Tue, 01 Dec 2015 20:00:00 +0900
『RX-RECORDS Presents RX-NIGHT Vol.7』 (okmusic UP\'s)

RX-RECORDSが毎年レーベルに縁のあるアーティストを招いて開催する『RX-NIGHT』の第7回公演が来年1月に行われる。

【その他の画像】BIGMAMA

来年2016年はUK.PROJECTの本拠地、下北沢にて新年会的イベントとして年始に開催となる。

出演者は昨年も出演したBIGMAMA、asobius、Cettia、SPiCYSOLの4バンドに加え、今年よりRX-RECORDSの仲間となったTOTALFATが出演する。

今週末の12月6日よりe+にてチケット発売がスタートするのでお見逃しなく。

■『RX-RECORDS Presents RX-NIGHT Vol.7』

1月11日(月・祝) 東京 下北沢GARDEN
出演:asobius / SPiCYSOL / Cettia / TOTALFAT / BIGMAMA

【関連リンク】
RX-RECORDS オフィシャルHP
TOTALFAT、全国ツアーの沖縄追加公演&恒例の新春イベントの開催を発表
TOTALFAT、ニューシングル「宴の合図」のMV公開
TOTALFAT、2016年ワンマンツアー開催を発表

【関連アーティスト】
BIGMAMA, TOTALFAT, asobius, Cettia, SPiCYSOL
【ジャンル】
ジャパニーズロック, イベント

クリフエッジ、蝶野正洋が題字を手がけた8thアルバムリリース決定
Tue, 01 Dec 2015 19:00:00 +0900
蝶野正洋、クリフエッジ (okmusic UP\'s)

クリフエッジの8thアルバム『あなたの声が聞こえる』のリリースが決定。収録詳細とアートワークがあわせて発表された。

【その他の画像】クリフエッジ

アルバム『あなたの声が聞こえる』は、 クリフエッジのカラーでもある応援ソングに紐づく「皆の悩みや叫びが自分達に届いているから、背中を後押ししたい」という熱い想いを込めて作られたタイトル曲「あなたの声が聞こえる」、2011年にリリースされ配信ヒットを記録した「Endless Tears feat. 中村舞子」を現在のクリフエッジの解釈でリメイクした刹那系ラブソングの決定版「Endless Tears 終わらないメロディー feat. メロディー・チューバック」、応援ソングの新境地「キラリ☆未来へ」、平成ムード歌謡ダンスユニット純烈をゲストに迎えた「バカみたいに、愛してた feat. 純烈」、謎のシンガーNo.6(シックス)を迎えた、恋の終わりの互いのリアルな気持ちを綴った「Bye Bye feat. No.6」など、全13曲が収録されている。

また、CDジャケットの題字は、所属レーベルCROWN VenuSの名誉宣伝部長を務めるプロレスラー蝶野正洋の書き下ろしによるもの。 タイトル曲に込めたメッセージに共感した蝶野が、力強く背中を押すイメージを題字で表現したいというクリフエッジからの依頼を快諾し、今作のジャケットが仕上がった。

なお、アルバムリリースに先駆け、12月23日より「Endless Tears 終わらないメロディー feat. メロディー・チューバック」の 先行配信がレコチョク、iTunesにてスタートする。

■アルバム『あなたの声が聞こえる』

2016年1月13日発売
【TYPE-A】(CD+DVD)
CRCP-40440/¥3,000+税
【TYPE-B】(CD)
CRCP-40441/¥2,500+税
<収録曲>
1. Intro Voice 
2. あなたの声が聞こえる 
3. Endless Tears 終わらないメロディー feat. メロディー・チューバック
4. いつだって。
5. キラリ☆未来へ
6. バカみたいに、愛してた feat. 純烈  
7. Interlude Rose Ring
8. 今夜のFull Moon feat. miccie  
9. ワクワク↑センサ→  
10. ラバーサリー 愛の1年記念日
11. Be Ambitious feat. CAMPUS PLUS  
12. Bye Bye feat. No.6  
13. Fontaine Here feat. No.6

<DVD>
1. あなたの声が聞こえる (Music Clip)
2. Endless Tears 終わらないメロディー feat. メロディー・チューバック (Music Clip)
3. Fontaine Here feat. No.6 (Music Clip)

【関連リンク】
クリフエッジ オフィシャルHP
クリフエッジ、思い入れのあるナンバーをセルフカバー
クリフエッジ、お台場にて水前寺清子と「三百六十五歩のマーチ」を熱唱
水前寺清子、クリフエッジの新曲「三百六十五歩のマーチ feat. 水前寺清子」で初ラップ

【関連アーティスト】
クリフエッジ
【ジャンル】
J-POP

7!!、ツアーファイナルを第2の地元となりつつある神奈川で開催
Tue, 01 Dec 2015 19:00:00 +0900
11月29日@KAAT神奈川芸術劇場 (okmusic UP\'s)

7!!のワンマンツアー『7!!のうぷぷなツアー2015〜でーじごぶさーたーあんだぎー!!〜』のファイナルが、11月29日にKAAT神奈川芸術劇場で行われた。

【その他の画像】7!!

これまでツアーファイナルは地元沖縄で迎えていたが、NANAE(vo)が今年の春から、テレビ神奈川の人気音楽情報バラエティー番組『saku saku』の6代目MCに就任し、第2の地元となりつつある神奈川で初めての千秋楽を迎えた。

今までの7!!のカラフルなイメージとは違う、シックなモノクロの衣装に身を包んだメンバーは全23曲を披露。12か所を回り切り大きな成長を遂げ、堂々としたパフォーマンスを見せつけてくれた。

MCでは「ツアーでみんなの笑顔とパワーを感じたら、本当に心から音楽をやっていて良かったと思えました!いつかは47都道府県全部をツアーで回って、みんなの街に行きたいので、これからも7!!を支えてもらえると嬉しいです」と、いつも応援してくれるファンへの感謝の気持ちを伝えた。

来年にはデビュー5周年を迎える7!!。次のアルバムへの意欲もうかがえる、力強くも笑顔の溢れる7!!らしいライブだった。

また、NANAE(Vo)は来年2016年3月13日に開催される『横浜マラソン2016』に、メディアランナーとして参加する。

■『横浜マラソン2016』 公式サイト
http://www.yokohamamarathon.jp/2016/

■イベント情報

『毎日がクリスマス2015〜わたしたちのクリスマス会においでよ◇◇◇〜』
12月22日(火) 神奈川 横浜赤レンガ倉庫1号館 3Fホール
出演:アップアップガールズ(仮)/7!!/Little Glee Monster
※◇は白抜きのハートマークが正式表記

『ESS12th卒業制作LIVE with 7!!「いちゃりばちょーでー!! 〜出逢いにありがとう〜」』
1月29日(金) 東京 府中の森芸術劇場 ふるさとホール
※ワンマン公演

『A.F.R.O 七番勝負〜篤府摂都の乱〜』
1月30日(土) 愛知 名古屋CLUB UPSET
出演:A.F.R.O/7!!

【関連リンク】
7!! オフィシャルHP
7!!、新曲「世界を回せ!!」がオリオンスタイルCMソングに決定
7!!がニューシングル「センチメートル」のMVを公開
7!!が米アニメコンベンション「A-Kon 26」にて約2,000人を魅了

【関連アーティスト】
7!!
【ジャンル】
J-POP, ライブ

ラグビーで有名なニュージーランドは、アイランドレゲエのSammy Jも有名!
Tue, 01 Dec 2015 18:00:00 +0900


Aloha! Natasha(ナターシャ)です。毎週火曜日にマウイ島からホットなisland Reggae(アイランドレゲエ)のHOTなニュースをお届けしています!

先週末のサンクスギビングデイがようやく過ぎて、LAもマウイも島中がクリスマスデコレーションとイルミネーションで凄く華やかになりました。そろそろプレゼントを買わないとね〜。

【その他の画像】Sammy J

今日は日本と気候がさかさまのニュージーランドのアイランドレゲエアーティスト、Sammy J(サミージェイ)のご紹介です。

Sammy Jはマオリ族とオーストラリアのハーフ。オーストラリアを“オージー”というように、マオリのハーフは“モージー(Mozzie)”って地元では呼ぶの。今日本で大人気のラグビーでマオリのハカダンスを見たことありますよね。戦前の踊りというか、日本の応援団みたいな…トンガやサモア、ハワイにもハカダンスがあるけど、みんな少し違うのよ。
https://www.youtube.com/watch?v=4h130PPshcc

さてさて本題です。ニュージーランドはラグビーが日本の野球のように有名で、アイランドレゲエが大人気! ニュージーランドではアイランドレゲエアーティストとしてSammy Jが有名だけど、彼は本職の社会福祉民生委員としても有名なの。

両親がホームレスか、ドラッグや犯罪に手を染めた、その子供たちの更生を担当しているんだけど、なんと更生プログラムにアイランドレゲエの曲を使用しているの。みんなの知っているレゲエは暴力的だったり、セクシーな歌詞である反面、アイランドレゲエのほとんどが愛、家族愛、“悩んでいないで踊って、虹見て、Happyになろう”とかみたいな歌詞でしょ? その歌詞を書き出して、考えさせて、絵を描かさせて、最後には楽器を使ってその一語一語を理解させて歌わせるといったセラピーなんですって! 最近では学校でも不良グループにこのセラピーが取り入れられているそうで、音楽は人生を豊かにするって言葉に私も納得! 私もSammy Jのセラピー受けてみたいなぁ〜。

アイランドレゲエセラピーで有名なだけではなく、有名なアイランドレゲエフェスにも参加しているSammy Jの取り組みに、他の有名レゲエアーティストも賛同していて、いつかこの子供たちをステージにあげてみたいなぁーって言っているらしいの。その夢も間近かもね。そんな美しい歌詞のSammy Jの歌聴いてみてね。

【関連アーティスト】
Sammy J
【ジャンル】


さかいゆう、シングル「ジャスミン」リリースツアーがスタート
Tue, 01 Dec 2015 18:00:00 +0900
11月30日(月) @福岡 DRUM Be-1 (okmusic UP\'s)

シンガーソングライターさかいゆうが11月30日(月) 、福岡県DRUM Be-1にて全国ツアー『さかいゆう TOUR 2015“ジャスミン”』の初日公演を行った。

【その他の画像】さかいゆう

本ツアーは蔦谷好位置をプロデューサーに迎え、女優の早見あかりが主演したミュージックビデオが各所で絶賛されている話題の新曲「ジャスミン」をひっさげての全国五大都市ツアー。種子田健(Ba)、田中“TAK”拓也(Gu)、望月敬史(Dr)、pochi(Key)という盤石のバンドメンバーを従え、新旧の人気曲はもちろん、ファンから事前にTwitter等でリクエストされた曲、珍しいカバー曲も披露し、ポップでグルーヴィーな圧巻のステージをみせた。

中盤MCでは、さかいからビッグな発表が。「2016年2月3日に約2年ぶり自身4枚目のオリジナルアルバムを発売します!!」というサプライズ発表に、会場に詰めかけた福岡のファンからは大歓声が沸き起こった。

ニューアルバムにはシングル「ジャスミン」はもちろん、現在J-WAVE 冬のキャンペーンソングとして絶賛OA中の「Doki Doki」など進化したさかいワールドがつまった楽曲が収録されている。

初回生産限定盤には、さかいがこれまで発表してきた数々のカバーソングを集めたカバーCDが特典として付属される。さかいのカバー楽曲・センスは幅広く、「ジャスミン」のカップリングとして収録された「接吻」(ORIGINAL LOVE)や「ストレンジャー」(ビリー・ジョエル)、インディーズ時代にカバーした「今夜はブギーバック (nice vocal)」(小沢健二featuring スチャダラパー)や、「つつみ込むように・・・」(MISIA)など幅広く収録される。さらには、今年東京・大阪で開催されたBillboard LIVEでのスペシャルカバーライヴ音源や、新たにレコーディングするカバー曲も収録される予定だ。

また、アルバム発売決定にあわせ、全国ツアー『さかいゆう TOUR2015“ジャスミン”』の会場限定予約特典として、ライヴ中にさかいと観客との集合写真に直筆サインを入れてプレゼントする企画も実施中。ツアーファイナルとなる12月19日の中野サンプラザ公演まで、各会場で実施されるので、こちらも楽しみにしておきたい。

■アルバム『タイトル未定』

2016年2月3日発売
【初回生産限定盤】(2CD)
¥3,611+税
【通常盤】(CD)
3,000+税
<収録内容>
■CD ※収録曲順未定
1.ジャスミン
2.サマーアゲイン
3.WALK ON AIR
4.Doki Doki
5.トウキョーSOUL
7.SO RUN
8.愛は微熱
など全11曲収録予定
■初回生産限定盤CD
「ストレンジャー」 (ビリー・ジョエル)
「接吻」(ORIGINAL LOVE)
「遠く遠く」(槇原敬之 カバー)
「つつみ込むように・・・」(MISIA)
「今夜はブギーバック(NICE VOCAL)」(小沢健二 featuring スチャダラパー)
「One more time, One more chance」(山崎まさよし) ほか、新録のカバー曲も収録予定

※収録内容は変更する可能性がございます。ご了承ください。

■『さかいゆう TOUR 2015 “ジャスミン”』

12月02日(水) 大阪 サンケイホールブリーゼ
12月07日(月) 愛知 名古屋CLUB QUATTRO
12月10日(木) 北海道 cube garden
12月19日(土) 東京 中野サンプラザホール

【関連リンク】
さかいゆう オフィシャルHP
さかいゆうの新曲がテレビ朝日『じゅん散歩』のEDテーマに決定
山崎まさよしのデビュー20周年を祝う『Augusta Camp 2015』が大盛況のうちに幕
さかいゆう、Billboard LIVEにてスペシャル・カバーライブを開催

【関連アーティスト】
さかいゆう
【ジャンル】
J-POP, ライブ

THE BACK HORN、アルバム『運命開花』ダイジェスト音源で楽曲解説
Tue, 01 Dec 2015 17:30:00 +0900
THE BACK HORN (okmusic UP\'s)

THE BACK HORNの11thアルバム『運命開花』のメンバーによる楽曲解説付きの全曲ダイジェスト音源が公開された。

【その他の画像】THE BACK HORN

昨年4月発売の『暁のファンファーレ』以来、約1年半振りのリリースとなる『運命開花』は、9月に発売された両A面シングルから「悪人」「その先へ」、BCリーグに所属する福島県の県民球団・福島HOPESの公式サポートソングとなっていた「魂のアリバイ」など、全12曲が収録されている。収録曲の「ダストデビル」は4月に開催した渋谷公会堂でのワンマンライヴで披露されており、ファンの間で話題となっていた楽曲だ。

初回限定盤は特典DVDが付属したブックケース仕様となっており、『運命開花』のレコーディングの様子や、サイレント映像がYouTubeにて公開され話題となっていた「悪人」、昇る朝陽の中で演奏するシーンが印象的な「その先へ」の2本MVと、その撮影ドキュメントを含む約45分の特別映像を収録している。

また、店舗購入特典として、タワーレコードとTSUTAYA RECORDSでは、それぞれ異なった絵柄のオリジナルステッカー(CDジャケットサイズ)が先着でプレゼントされる。

ニューアルバムの発売を記念してのツアー『「KYO-MEIワンマンツアー」〜運命開歌〜』は、2016年2月21日の渋谷TSUTAYA O-EASTを皮切りに、6月12日の新木場STUDIO COASTまで、全35公演が開催される。

さらに、THE BACK HORNのメンバー自らが企画・演出を手掛ける恒例のスペシャルイベント『マニアックヘブンVol.9』が、12月23日に東京・新木場STUDIO COASTで開催。2005年12月の初開催以降、選曲から演出まで全てがマニアックに構成される内容が話題を呼び、チケット入手困難が続くプレミアムライヴとなっているこのイベントだが、今回はTHE BACK HORNにカバーしてほしい楽曲を募集するリクエスト企画などが予定されている。

■『THE BACK HORN「KYO-MEIワンマンツアー」〜運命開歌〜』特設サイト
http://www.thebackhorn.com/feature/11th_release_tour/
■『マニアックヘブンVol.9』特設サイト
http://maniacheaven.com/
■THE BACK HORN オフィシャルHP
http://www.thebackhorn.com

■『運命開花』 ダイジェスト音源【楽曲解説付き】
https://youtu.be/l0JFaRKX1lE

■アルバム『運命開花』

発売中
【初回限定盤】(CD+DVD)
VIZL-903/¥3,300+税
※ブックケース仕様
※LIVE TOUR「KYO-MEIワンマンツアー」〜運命開歌〜 チケット先行案内封入(12月6日(日)応募〆切)
【通常盤】(CDのみ)
VICL-64440/¥2,700+税
※LIVE TOUR「KYO-MEIワンマンツアー」〜運命開歌〜 チケット先行案内封入(12月6日(日)応募〆切)
<収録曲>
■CD
01.暗闇でダンスを
02.ダストデビル
03.その先へ
04.tonight
05.コンクリートに咲いた花
06.記憶列車
07.胡散
08.魂のアリバイ
09.悪人
10.シュプレヒコールの片隅で
11.君を守る
12.カナリア
■DVD ※初回限定盤のみ
『Document of 運命開花』

■『マニアックヘブンVol.9』

12月23日(水) 東京 新木場STUDIO COAST

■『THE BACK HORN「KYO-MEIワンマンツアー」〜運命開歌〜』

2月21日(日) 東京 渋谷TSUTAYA O-EAST
2月23日(火) 千葉 千葉LOOK
2月25日(木) 埼玉 HEAVEN\'S ROCK KUMAGAYA VJ-1
3月02日(水) 栃木 HEAVEN\'S ROCK UTSUNOMIYA VJ-2
3月03日(木) 茨城 水戸LIGHT HOUSE
3月11日(金) 京都 磔磔
3月13日(日) 鳥取 米子AZTiC laughs
3月18日(金) 兵庫 神戸VARIT.
3月20日(日) 和歌山 CLUB GATE
3月21日(月) 奈良 NEVERLAND
3月26日(土) 長野 松本Sound Hall aC
3月27日(日) 山梨 甲府CONVICTION
3月31日(木) 福島 郡山HIP SHOT JAPAN
4月02日(土) 宮城 石巻BLUE RESISTANCE
4月03日(日) 岩手 盛岡CLUB CHANGE WAVE
4月07日(木) 静岡 浜松窓枠
4月09日(土) 愛知 名古屋DIAMOND HALL
4月10日(日) 石川 金沢EIGHT HALL
4月14日(木) 大分 DRUM Be-0
4月16日(土) 宮崎 SR-BOX
4月17日(日) 鹿児島 CAPARVO HALL
4月21日(木) 岡山 YEBISU YA PRO
4月23日(土) 高知 X-pt.
4月24日(日) 愛媛 松山サロンキティ
5月07日(土) 広島 クラブクアトロ
5月08日(日) 福岡 DRUM LOGOS
5月10日(火) 熊本 DRUM Be-9 V1
5月14日(土) 島根 松江AZTiC canova
5月15日(日) 香川 高松MONSTER
5月21日(土) 新潟 Lots
5月22日(日) 宮城 仙台Rensa
5月28日(土) 北海道 旭川CASINO DRIVE
5月29日(日) 北海道 札幌ペニーレーン24
6月10日(金) 大阪 なんばHatch
6月12日(日) 東京 新木場STUDIO COAST

【関連リンク】
THE BACK HORN、ニューアルバム『運命開花』特典DVDのダイジェスト映像を公開
THE BACK HORN、ニコ生でアルバム完成特番を配信
THE BACK HORN、自ら企画・演出を手掛ける「マニアックヘブンVol.9」開催決定
THE BACK HORN、ニューアルバムを携えたワンマンツアー開催決定

【関連アーティスト】
THE BACK HORN
【ジャンル】
ジャパニーズロック

ウルフルズや大原櫻子が参加する『映画ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年』のアルバム詳細解禁
Tue, 01 Dec 2015 17:00:00 +0900
ちびまる子ちゃん×ウルフルズ×大原櫻子 (okmusic UP\'s)

12月23日(水)にリリースとなる『「映画ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年」ミュージックアルバム』の収録曲とジャケットビジュアル、店舗別特典の詳細が公開となった。

【その他の画像】ウルフルズ

ボーナストラック含め、全33曲を収録。大原櫻子によるメインテーマ曲「おどるポンポコリン」と、挿入歌「キミを忘れないよ」の劇中使用のムービー・バージョンと、このCDでしか聴くことのできないピアノをバックに歌い上げるピアノ・アコースティックバージョン、そしてエンディングをグッと盛り上げるウルフルズ「おーい!!」などが収録される。

また、これまでのアニメちびまる子ちゃんの音楽を創り上げてきた中村暢之による、場面毎の印象的なテーマ音楽も収められる。なお、「ずっと ともだち」には、中川大志・劇団ひとり・パパイヤ鈴木・渡辺直美・ローラといった豪華声優陣が参加しているので、テーマ音楽にも注目してほしい。

さらに、ちびまる子ちゃんと大原櫻子の絵柄を使用した店舗別特典も決定! 詳細はオフィシャルHPなどで確認してもらいたい。

■『映画ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年』オフィシャルHP
http://chibimaru-movie.com/
■ウルフルズ オフィシャルHP
http://www.ulfuls.com/
■大原櫻子 オフィシャルHP
http://sakurako-web.com

■アルバム『「映画ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年」ミュージックアルバム』

2015年12月23日発売
VICL-64525/¥2,315+税
<収録曲>
1 おどるポンポコリン / 大原櫻子
2 キミを忘れないよ(ムービー・バージョン) / 大原櫻子
3 おーい!! / ウルフルズ
4 ずっと ともだち / アンドレア(中川大志)・シン(劇団ひとり)・ネプ(パパイヤ鈴木)・ジュリア(渡辺直美)・シンニー(ローラ)

※5〜31曲目は映画の流れに準じています
音楽:中村暢之(M15.21.32 作曲:亀田誠治)

5 いつも通りの朝
6 パーティールーム
7 ティータイム
8 煮え切らないまる子
9 さくら家・アンドレア
10 小杉家・ネプ
11 ほなみ家・シンニー
12 花輪邸・マーク
13 マルコとまる子
14 ズバリ、グローバルでしょう!!
15 キミを忘れないよ〜会いたい人がいます〜
16 最高の時間
17 縁結び
18 やさしさ
19 追憶のマルコ
20 友蔵のプレゼント
21 キミを忘れないよ(インストゥルメンタル)
22 もうすぐお別れ
23 さようならシンニー
24 グッドラック
25 もしかしたら!
26 ちいさな奇跡
27 たからもの
28 マルコおじいちゃん
29 いつの日にか
30 おもいで
31 エピローグ
32 キミを忘れないよ(ピアノ・インストゥルメンタル)
■ボーナストラック
キミを忘れないよ(ピアノ・アコースティック・バージョン)

■【特典情報】

■オリジナルミニクリアファイル(ちびまる子ちゃん&大原櫻子絵柄):TSUTAYA RECORDS 全国各店 / TSUTAYA オンラインショッピング
※TSUTAYAオンラインショッピングはご予約分のみ対象です。
■オリジナル缶バッヂ2個セット(ちびまる子ちゃん&大原櫻子絵柄) :タワーレコード 全国各店 / タワーレコードオンライン
■オリジナルステッカーシート (ちびまる子ちゃん&大原櫻子絵柄):HMV全国各店 / ローチケHMV
■オリジナルポストカード2枚セット(ちびまる子ちゃん&大原櫻子絵柄):楽天ブックス、セブンネットショッピング、山野楽器CD / DVD取扱店舗 /山野楽器オンラインショップ、新星堂全国各店/WonderGOO全国各店等

※特典は無くなり次第終了となります。
※対象店は随時追加となる可能性があります。
※一部お取扱いの無い店舗等もございますので、詳しくはお近くの店舗へお問い合わせ下さい。

【関連リンク】
大原櫻子、2ndツアーファイナルでちびまる子ちゃんと夢の共演!
小田和正、宇崎竜童ら豪華アーティストが出演する「オールナイトニッポンALIVE」開催決定
来週11月13日放送のMステにPerfumeほか6組出演、関ジャニ∞は2曲を披露
ウルフルズや大原櫻子の劇中楽曲を収録した「映画ちびまる子ちゃん」ミュージックアルバム発売決定

【関連アーティスト】
ウルフルズ, 大原櫻子
【ジャンル】
J-POP, アニメ, 映画

コレサワ、「あたしを彼女にしたいなら」のMVが『M-ON! Recommend』に決定
Tue, 01 Dec 2015 16:30:00 +0900
コレサワ (okmusic UP\'s)

コレサワの2nd E.P.『女子、ジョーキョー。のリードトラック「あたしを彼女にしたいなら」のMVが、MUSIC ON! TVの『M-ON! Recommend』に決定! 12月1日から31日まで大量オンエアされる。

【その他の画像】コレサワ

フルアニメーション作品が『M-ON! Recommend』に選出されるのは、2012年9月のハンサムケンヤの「集積ライフ」以来3年3ヶ月ぶり。女性アーティストの作品としては過去例がなく初の選定となる。

「あたしを彼女にしたいなら」のMVは、コレサワの全作品のジャケットアートワークを手がけるウチボリシンペがディレクションを行い、クマのキャラクター“れ子ちゃん”が、そのビジュアルを担当。 “れ子ちゃん”の気になる男子との初デートを描いた映像には、『女子、ジョーキョー。』のジャケットに登場する5人も曲中のどこかに登場しているので、ぜひチェックしてほしい。

■「あたしを彼女にしたいなら」 MV
https://www.youtube.com/watch?v=e3857A5uuCA

【関連リンク】
コレサワ オフィシャルHP
コレサワ、ヴィレッジヴァンガードとの限定コラボTシャツ発売決定
コレサワ、自身初の無料招待ライブを女子限定・男子限定で開催
コレサワの新曲が『バズリズム』11月EDテーマに決定

【関連アーティスト】
コレサワ
【ジャンル】
J-POP, テレビ(番組/CM)

柴田淳、ベスト盤リリース記念イベントが大盛況
Tue, 01 Dec 2015 16:00:00 +0900
11月29日(日)@HMV&BOOKS TOKYO(渋谷) (okmusic UP\'s)

柴田淳が11月29日(日)、HMV&BOOKS TOKYO(渋谷)にてリクエストベストアルバム『All Time Request BEST 〜しばづくし〜』の発売記念となるインストアイベントを行なった。

【その他の画像】柴田淳

全国各地から訪れたファンはもちろんのこと、TVの音楽番組やバラエティ番組を通じて興味を持ったという新規ファンを含む約500人が見守る中、この日のために選曲されたベストアルバムに収録の「ため息」「愛をする人」「あなたの手」「月光浴」「雨」「Love Letter」の6曲を歌の世界観とのギャップのある独特のトークを交えながら披露した。約7年振りの共演となった五十嵐宏治によるサポート演奏(キーボード)は時の流れを感じさせないほどの息の合ったステージとなった。さらに、この日はライブ後に握手会も行われ、リリース直後にファンとっても嬉しいイベントとなった。

また、店内には今回のベスト盤の発売記念としてアートワーク展も開催中で、CDブックレット&初回限定盤付属のカレンダーで初のコラボレーションが実現した、人気スタイリスト風間ゆみえがとらえた、柴田淳の“女性らしさ"が美しいアートワークの数々とともに上質なフォトパネルとして展示されている。

そして、デビュー15周年記念企画の第2弾として1夜限りの超プレミアムライブ「Jun Shibata 15th Anniversary Special Moon night Miracle party」を2016年1月11日(月・祝)にパシフィコ横浜国立大ホールで行なうことも決定している。チケットは現在プレイガイド先行が始まっていて、一般発売は12月5日(土)より発売開始となる。

■アルバム『All Time Request BEST 〜しばづくし〜』

2015年11月25日発売
【初回限定盤】(2CD+カレンダー「しば歴(ごよみ)」付)
VIZL-909/¥4,000+税
【通常盤】(2CD) 
VICL-64478〜79/¥3,300+税 
【Loppi・HMVアニバーサリー盤】(2CD+グッズ「(ぽるちー手ぬぐい)付)
NSZ-727/¥4,000+税 
<収録曲>
■DISC-1
1. ぼくの味方
2. 隣の部屋
3. 未成年
4. それでも来た道
5. 月光浴
6. あなたとの日々
7. 片想い
8. 夢
9. 後ろ姿
10. ちいさなぼくへ
11. 愛をする人
12. ため息
13. ピンクの雲   ※インディーズ曲
14. 心がうたうとき ※インディーズ曲
15. パズル     ※インディーズ曲
■DISC-2
1. HIROMI
2. Love Letter
3. 花吹雪
4. 救世主
5. あなたの手
6. 十数えて
7. 雨
8. マナー
9. 哀れな女たち
10. キャッチボール
11. 道
12. 今夜、君の声が聞きたい
13. 月夜     ※新録 セルフカバー
14. 声      ※新録 セルフカバー

■『Jun Shibata 15th Anniversary Special Moon night Miracle party』

1月11日(月・祝)  パシフィコ横浜 国立大ホール
OPEN 16:00 / START 17:00
<チケット>
料金:指定席 ¥6,800(税込)

【関連リンク】
柴田淳 オフィシャルHP
柴田淳、デビュー15周年を記念して一夜限りのSPライブを開催
柴田淳、ファン投票型ベストに幻のインディーズ曲&新録セルフカバーを特別収録
『情熱大陸フェス』でフミヤと木梨憲武&ヒロミ、葉加瀬とMay J.ら夢の競演

【関連アーティスト】
柴田淳
【ジャンル】
J-POP, イベント

X JAPAN、ニコ生にて12月28日まで『石巻チャリティLIVE』のタイムシフト視聴が可能
Tue, 01 Dec 2015 15:00:00 +0900
「『石巻チャリティLIVE』独占生中継」 (okmusic UP\'s)

11月28日、X JAPANにとって24年ぶりとなるライブハウス公演『石巻チャリティLIVE』が開催され、その模様がニコニコ生放送で独占生中継された。

【その他の画像】X JAPAN

本公演はメインの放送に加え、“YOSHIKI専用カメラ”、“Toshl専用カメラ”を用意し、それぞれの公式チャンネルで放送、ニコ生初の“3元放送"も実施された。

約1時間半にわたり行われた同ライヴは、会場キャパシティ150人という超プレミアム公演。チケットの半数は地元石巻市・東松島市・牡鹿群女川町在住の方のみを対象とした無料の招待枠であり、半数の75枚は「ヤフオク!」内チャリティーオークションにて出品され、落札額が120万円の高値を付けるなど大きな話題を呼んだ。

「JADE」から始まったライヴは、出だしから会場とニコ生視聴者が一体となって大盛り上がりに。ライブハウスならではのメンバーとの距離感の近さに、ニコ生でも「これはうらやましいな」、「この近さはすごいな」「すげええええええええ」といったコメントが流れる場面も。

続いて2曲目は「Rusty Nail」、3曲目は「紅」とX JAPANの大ヒットナンバーを連発。中でも「紅」のイントロが始まった瞬間、ニコニコ生放送には文字色を赤に変えたコメントが殺到し、「XXXXXXXXXXXXX」の弾幕で画面が真っ赤に埋め尽くされた。

これにYOSHIKIは「皆さんの愛を感じます」と笑顔。「被災地の復興を手助けしたい」とライブを通じての被災地支援を改めて強調した。

一方で、MCではYOSHIKIとToshlらしい掛け合いも。これまで公式には発表されていなかった二人の誕生日をYOSHIKIがうっかり喋ってしまい、コメントでファンからツッコミを入れられる場面も。

中盤から終盤にかけては、「Forever LOVE」「HERO」「BORN TO BE FREE」と新旧のヒット曲を織り交ぜて、圧巻のパフォーマンスを披露。ラストナンバーとなった「X」では、会場のファンが“Xジャンプ”で、ニコ生視聴者は「XXXXXXXXXX」のコメントで一体となり大いに盛り上がった。

アンコールではYOSHIKIが「1日も早い復興を祈ってこの曲を捧げたいと思います」とコメントし、「TEARS」「ENDLESS RAIN」を披露。ライヴの終わりにはファンと一緒に自撮りをしたり、ハイタッチしたりするなど、ライブハウスならではのコミュニケーションを楽しみ、大歓声に包まれる中幕を閉じた。

ニコニコ生放送では12月28日までタイムシフト視聴が可能。また、YOSHIKI CHANNELにて12月4日に『X JAPAN 日本ツアー開幕SP〜横浜アリーナ会場から現場直撃&レポ・音漏れ配信・スタジオからYOSHIKI生出演〜』が、Toshl CRYSTAL ROCKチャンネルでは12月27日に『「ゆくToshlくるToshl」としちゃん年末スペシャル!』がオンエアされる。

■X JAPAN 24年ぶりのライブハウス公演『石巻チャリティLIVE』

URL: http://live.nicovideo.jp/watch/lv240260918
※本番組は12月28日(月)まで、タイムシフト視聴が可能です。

■YOSHIKI CHANNEL『X JAPAN 日本ツアー開幕SP〜横浜アリーナ会場から現場直撃&レポ・音漏れ配信・スタジオからYOSHIKI生出演〜』

12月04日(金)17:00〜
URL:http://live.nicovideo.jp/watch/lv243586231

■Toshl CRYSTAL ROCKチャンネル『「ゆくToshlくるToshl」としちゃん年末スペシャル!』

12月27日(日)15:00〜
URL :http://live.nicovideo.jp/watch/lv243496457

【関連リンク】
X JAPAN オフィシャルHP
気は早いですが…2015年を振り返ってみた5曲
X JAPAN、20年ぶりの日本ツアー被災地石巻から遂にスタート!
X JAPAN、18年ぶり紅白出場決定!

【関連アーティスト】
X JAPAN, YOSHIKI, Toshl
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

吉田山田、ニューシングル予約特典は山田義孝描き下ろしイラスト入りカレンダー
Tue, 01 Dec 2015 15:00:00 +0900
メンバー描き下ろしオリジナルポケットサイズカレンダー(TSUTAYA ver. 裏) (okmusic UP\'s)

自身最大規模となる今年二度目の全国ツアー『吉田山田ツアー2015冬〜光と闇〜』を開催中の吉田山田。このたび、12月16日に発売するA面シングル「未来/Today,Tonight」の先着予約特典のデザインが公開された。

【その他の画像】吉田山田

今回のシングルは購入するCDショップごとに異なる「オリジナルポケットサイズカレンダー」が特典として配布される。表面には二人の写真、裏 面にはメンバーの山田義孝が描き下ろしたイラストとカレンダーが当てこまれ、形態できるポケットサイズで便利な仕様となっている。法人毎にデ ザインが異なるのと、数に限りがあるため、店舗・WEBサイトで確認の上、お早めにご予約を。

シングル「未来/Today,Tonight」の表題曲は、「未来」に朝日放送『ビーバップ!ハイヒール』12月度エンディングテーマと、 TBS系テレビ『SUPER SOCCER』12月・1月度エンディングテーマのWタイアップがついており、「Today,Tonight」は映画『ボクは坊さん。』主題歌と豪華タイアップがつく。ミュージックビデオも現在、YouTubeの吉田山田Officialチャンネルにて公開中なので、両曲をリリース前に改めてチェックしておこう。

また、敢行中の全国ツアー『吉田山田ツアー2015冬〜光と闇〜』は、ファイナルの12月19日(土)東京・TOKYO DOME CITY HALLまで続く。チケットは一般発売中だが、新潟公演・仙台公演は指定席完売につき立ち見席を追加販売中。逃さないようこちらも早めにチェックしよう。

■シングル「未来/Today,Tonight」

2015年12月16日発売
【LIVE DVD付き初回限定盤】(CD+DVD)
PCCA.04313/¥2,000(税込)
<収録曲>
■CD
1.未来
2.Today,Tonight
3.未来(Instrumental)
4.Today,Tonight(Instrumental)
■DVD
2015年8月29日に上野恩賜公園水上音楽堂で行った一日限りのスペシャルライブ「吉田山田祭り2015〜ホロリもあるよ〜」から数曲収録予定!

【通常盤】(CD)
PCCA.04314/¥1,300(税込)
※封入:イベント参加券
<収録曲>
1.未来
2.Today,Tonight
3.母のうた ※通常盤のみ収録
4.未来(Instrumental)
5.Today,Tonight(Instrumental)
6.母のうた(Instrumental) ※通常盤のみ収録

《先着予約購入特典》
■TSUTAYA RECORDS
※TSUTAYAオンラインショッピングは、ご予約分のみ対象です。
メンバー描き下ろしオリジナルポケットサイズカレンダー(TSUTAYA ver.)
■タワーレコード
メンバー描き下ろしオリジナルポケットサイズカレンダー(タワーレコード ver.)
■HMV
メンバー描き下ろしオリジナルポケットサイズカレンダー(HMV ver.)
■山野楽器
メンバー描き下ろしオリジナルポケットサイズカレンダー(山野楽器ver.)
■その他CDショップ
オリジナルポケットサイズカレンダー(応援店 ver.)
※一部取り扱いの無い店舗がある場合もございます。
※上記先着予約購入特典は数に限りがございます。発売前でも先着予約購入特典が終了している場合もございますので、あらかじめご了承ください。

《ライブ会場限定予約特典》
ライブ会場限定生写真
(数種類の写真からお好きな物を1枚プレゼント)
※ランダムで本人落書き入りの当たりも!
※会場毎に生写真のデザインは異なります。
※上記予約特典は数に限りがございます。無くなり次第終了となりますので、あらかじめご了承ください。

【関連リンク】
吉田山田 オフィシャルHP
吉田山田、新曲「未来」MV公開&Wタイアップが決定
吉田山田、ニューシングル「未来/Today,Tonight」のジャケ写&収録楽曲公開
吉田山田、映画『ボクは坊さん。』プレミアム上映会に登場

【関連アーティスト】
吉田山田
【ジャンル】
J-POP

DearLoving、結成23周年記念公演「23」を新宿ReNYで開催
Tue, 01 Dec 2015 14:00:00 +0900
DearLoving (okmusic UP\'s)

2015年は全国ツアー5本、再メジャーデビューを果たすなど勢力的な活動を行っていたDearLovingが、12月5日(土)に新宿ReNYで結成23周年記念公演「23」を開催する。

【その他の画像】DearLoving

1993年に中学の同級生で結成したDearLoving。その後、ジャンルの変更を経て2009年にメジャーデビュー。その後、TAKUYA(Dr)の脱退や所属事務所から離れるなどいくつもの試練を乗り越えて、23年目に突入する。

23年目。決して楽には成し遂げることが出来ないことを継続していく彼らが新宿ReNYで表現するものを、そして今後の彼らに注目していきたい。

■【MASA☆(Vo)コメント】

「サッカーの道を決断した矢先、偉大な先輩のライヴを観に行った。言葉に表せない感動があった。バンド結成時は、"もてたい"という理由でスタートした。そして年月を重ねて、ファンや関係者の支えもあり、ここまで走ってきました。これからもファンと共に、人生を歩んでいきたい」

■結成23周年記念特別公演「23」

12月5日(土) 新宿ReNY
開場 16:30 / 開演 17:30

【関連リンク】
DearLoving オフィシャルHP
ヴィジュアル系イベント「TOKYO FANTASISTA」特番がテレ玉「HOT WAVE」にて放送決定
DearLoving、新曲「エール」MVを「ひかりTV」で配信決定
DearLoving、新曲「エール」がテレ玉「俺達バカ社長」のEDテーマに決定

【関連アーティスト】
DearLoving
【ジャンル】
ビジュアル

サイダーガールがタワレコ限定で初の全国流通盤をリリース
Tue, 01 Dec 2015 14:00:00 +0900
サイダーガール (okmusic UP\'s)

正体不明の炭酸系バンド、サイダーガールが2016年2月3日にタワーレコード限定の全国流通ミニアルバム『サイダーの街まで』をリリースすることを発表した。

【その他の画像】サイダーガール

サイダーガールは2014年7月に下北沢CLUB251で行なわれた初ライブがいきなりソールドアウトし、結成当初より話題となっていた4人組。今年6月に初の自主制作1stミニアルバム『サイダーのしくみ』を発表し、発売早々ライブ会場で1000枚を完売した以来、初の全国流通盤となる。

今作はメンバーの Yurin(Vo/Gt.)、 知(Gt.)、 フジムラ (Ba.)の三人がそれぞれの楽曲の作詞作曲を担当。そして今作を引っさげての初の全国ツアー「サイダーガール TOUR 2016 サイダーのゆくえ -君の街まで-」を開催することも決定した。

なお、12月26日(土) 新宿MARZにて行なわれる自主企画イベント「CIDER LABO vol.2」は既にSOLD OUTしているので、気になる方は是非ツアーの詳細をチェックしてみよう。

■ミニアルバム『サイダーの街まで』

2016年2月3日発売
¥1,700+税
※タワーレコード限定販売
<収録曲>
1. No.2
2. 夕凪
3. パズル
4. アンラッキーリビングデッド
5. 夜が明けるまで

■「サイダーガール TOUR 2016 サイダーのゆくえ -君の街まで-」

2月06日(土)  名古屋 伏見Jammin
2月07日(日)  大阪 心斎橋DROP
2月12日(金)  福岡 天神graf
2月19日(金)  仙台 仙台MACANA
2月26日(金)  東京 新代田FEVER ※TOUR FINAL

【関連リンク】
サイダーガール オフィシャルHP
奥田民生、地元・広島にて3度目の「ひとり股旅スペシャル」を開催
高橋幸宏、珠玉のトリオ・ライブシリーズ「Heart of Hurt 2015」開催決定
セプテンバーミー、自主企画イベントが大盛況&ツアーファイナルのゲスト決定

【関連アーティスト】
サイダーガール
【ジャンル】
ジャパニーズロック

DENIMS、初の海外公演となるタイのフェスに出演決定
Tue, 01 Dec 2015 13:00:00 +0900
DENIMS (okmusic UP\'s)

DENIMSが初の海外公演となるタイの『Stone Free Music Festival』への出演が決定した。

【その他の画像】DENIMS

『Stone Free Music Festival』は今年で4回目の開催となるタイSaraburi(サラブリ)の岩山にて、12月11〜13日の3日間開催される野外フェスティバル。同公演には日本からsawagi、How to Count One to Ten、DJ Moolaの出演も決定。DENIMSは当公演に併せてタイ各所での数公演を予定している。

そして、12月2日から新曲「DAME NA OTONA」の国内、海外80か国以上でのiTunes配信が決定した。同時に新曲「DAME NA OTONA」のトレーラー映像もweb上にて公開!

これに伴い、現在発売中の1st ミニアルバム『Daily use』も12月2日から国内、海外iTunes配信も決定した。

■『The world may never know PRESENTS STONE FREE MUSIC FESTIVAL 4』

12月11日〜13日 Khao Wong, Saraburi
56 Bands 3 Days 2 Nights
https://www.facebook.com/StoneFreeMusicFestival/

■配信シングル「DAME NA OTONA」

2015年12月2日発売
配信限定リリース

■『DAME NA OTONA』Trailer
https://youtu.be/kWhmregIiHg

【関連リンク】
DENIMS オフィシャルHP
deronderonderon、Helsinki Lambda Clubら5バンド主催の共同企画ツアー開催
DENIMS、6月24日(水)に初となる全国流通盤ミニアルバムのリリースが決定
真心ブラザーズ、名盤『KING OF ROCK』再現ライヴ再び! 東京公演は大熱狂!

【関連アーティスト】
DENIMS
【ジャンル】
ジャパニーズロック

[Alexandros]がシングル「Girl A」購入者特典トークショーの詳細を発表
Tue, 01 Dec 2015 12:30:00 +0900
[Alexandros] (okmusic UP\'s)

ドラマ『サイレーン 刑事×彼女×完全悪女』のオープニング曲に起用された、[Alexandros]のニューシングル「Girl A」の購入者特典であるトークショーの詳細が発表された。

【その他の画像】[Alexandros]

トークショーは応募特典のA賞となっており、来年1月9日に都内で行われる予定だ。時間や詳しい場所などは当選者のみに知らされる。

トークショーでは、最新シングル「Girl A」の初回限定盤に封入されるDVD『free live Back in Yoyogi Park!2015.6.17』を、メンバー自らが座談会形式で行う。このDVDは今年6月に約1万人を動員して話題になった代々木公園でのフリーライヴのドキュメンタリーとライブを約40分ほど収録したもので、トークショーでは[Alexandros]のメンバーがDVDを観ながら、その日の思い出や裏話などをファンの前で語るという、フリーライヴに参加したファンもそうでないファンも楽しめる内容となっている。

なお、[Alexandros]がトークショーを行うのは、3月にリリースした「ワタリドリ/Dracula La」の購入者応募特典以来2回目となる。

また、B賞のオリジナルクリアファイルのデザインも公開された。応募方法はシングル「Girl A」初回限定盤もしくは通常盤の中のチラシに詳細が掲載されている。

このシングルには応募特典の他にも、封入特典として来年3月に東名阪で行われるスペースシャワーTVで放送中のレギュラー番組『Welcome! [Alexandros]』のライブチケット先行予約シリアルナンバーや、購入時にCDショップ各チェーンごとに異なるポスターやポストカードなどがもらえるなど盛りだくさんな内容だ。

このシングルに関する特典に関して詳しくは[Alexandros]オフィシャルHP及び[Alexandros]スペシャル特設サイトをチェックしてほしい。

■[Alexandros] スペシャル特設サイト
http://sp.universal-music.co.jp/alexandros/
■[Alexandros] オフィシャルHP
http://alexandros.jp/

■シングル「Girl A」

2015年12月2日発売
【初回盤】(CD+DVD)
UPCH-7087/¥2,300+税
【通常盤】(CDのみ)
UPCH-5863/¥1,300+税
<収録曲>
■CD
01.Girl A
02.タイトル未定
03.Leaving Grapefruits(live at Nippon Budokan 2015.7.17)
■DVD ※初回盤のみ
2015年6月17日に行なわれたライヴイベント『free live Back in Yoyogi Park!』をドキュメントタッチで収録

◎ 応募特典
A賞:メンバー全員参加のスペシャル・トークイベントへ抽選でご招待
B賞:オリジナルクリアファイルを抽選でプレゼント
◎ 封入特典
Welcome! [Alexandros] LIVE2016 チケット先行予約シリアルナンバー封入
3月07日(月) 大阪 なんばHatch
3月08日(火) 愛知 Zepp Nagoya
3月10日(木) 東京 新木場STUDIO COAST

【関連リンク】
【ドリフェスDAY1】ゲス極、マンウィズ、9mmら6組、トリはB\'z。稲葉「とっても気持ちよかったです!」
ドラマ「サイレーン」オープニング曲を歌う[Alexandros]の魅力とは?
[Alexandros]、新曲「Girl A」のMVは“多層人格、多層世界”がコンセプト!
[Alexandros]、ニューシングル「Girl A」のジャケ公開&先行配信決定

【関連アーティスト】
[Alexandros]
【ジャンル】
ジャパニーズロック

RADWIMPS、ツアー千秋楽はMr.Childrenと対バン!
Tue, 01 Dec 2015 12:00:00 +0900
11月28日(土) @Zepp Tokyo(RADWIMPS)  (okmusic UP\'s)

RADWIMPSの対バンツアー『10th ANNIVERSARY LIVE TOUR RADWIMPSの胎盤』も遂に千秋楽! 11月28日、敬愛するMr.Childrenを迎えて開催された。

【その他の画像】Mr.Children

職業柄、気分が高揚するとつい大仰な表現をしがちなので普段はなるべくその動きを抑制しようと心がけているのだが??いや、とんでもない一夜を目撃してしまったというのが正直な感想だ。

RADWIMPSとMr.Childrenの共演がZEPP TOKYOで行われたということ。それは、急遽決定した『RADWIMPSの胎盤』の追加公演にして終幕を飾るにふさわしい、また今後も語り草となるに違いない、奇跡のような必然だった。

あえてアンコールから思い返してみる。「胎盤」ツアーのアンコールでは、時折、RADとその日のゲストがさらなる音楽の交歓をすべくセッションを繰り広げてきたわけだが、この日はまず野田洋次郎が桜井和寿と田原健一を招き入れ、3人で(洋次郎は鍵盤、桜井はアコースティックギター、田原がエレキギター) Mr.Childrenの「車の中でかくれてキスをしよう」をプレイ。Mr.Childrenが国民的な人気を誇るバンドになる前の季節に生まれた、甘いバラードだ。洋次郎は演奏前に「ミスチルとセッションさせてもらえるなら、この曲をどうしても一緒に歌いたかった」と言っていた。そう、この日、洋次郎はひとりのファンとして敬愛を込めて、Mr.Childrenを「ミスチル」と呼んでいた。洋次郎はアメリカで過ごした小学生時代に、Mr.Childrenの楽曲が収録されたカセットテープを、比喩ではなく擦り切れるまで聴いていたという。だからこそ、洋次郎はアンコールであの日の少年に戻っていた。いつかの少年は、青年になりRADWIMPSというバンドを仲間と結成し、音楽に人生を捧げ、“ミスチル"との共演を果たした。だからこそ、洋次郎の感慨は、名状しがたいものがあった。ちなみに洋次郎はRADWIMPSのライブ本編のMCでMr.Childrenとの共演が実現した喜びを語ると、「CROSS ROAD」を弾き語りでワンコーラス歌った。桜井はそんな洋次郎の思いに応えるように、彼の目の前で「夢番地」を弾き語った。洋次郎は鍵盤に突っ伏して、欣幸の至りを全身で噛み締めた。2曲目の交歓。洋次郎と桜井がステージに残り、RADWIMPSのメンバーを呼びこむ。披露されたのは、桜井がBank BandでカバーしたRADWIMPSの「有心論」だ。RADWIMPSと桜井がその歌を奏でている光景はどこか超現実的であったが、その音と声はどこまでも生々しく響いた。

「有心論」を終え、洋次郎と桜井が抱き合う。ステージを去る桜井を、洋次郎は最敬礼で見送った。洋次郎が興奮気味に「もう1曲、歌っていいっすか!?」と叫ぶ。それから洋次郎は、夢について語った。願えば夢は叶うなんて、口が裂けても言えない。現実は、そうじゃないから。でも、だからどうしたと思う。今夜、RADWIMPSがミスチルと共演した事実が、あなたたちに何らかのメッセージになったら俺はうれしいと、洋次郎は言った。最後の最後にRADWIMPSが鳴らしたのは、「夢番地」だった。

記憶を巻き戻そう。2日前にライブハウスツアーを終えたばかりのMr.Childrenは、とにかく“ストロング”だった。まず、音がとんでもなくよかった。ロックバンドとしての無骨さを強調するようなサウンドと、1曲のなかでミクロとマクロの視点を行き来し、摩耗しない真理としてのメッセージ性を浮かび上がらせる歌のスケール感。徹頭徹尾、その迫力に気圧された。ライブハウスの音響で浮き彫りになった、Mr.Childrenというバンドのすごみ。

1曲目の「未完」を筆頭に、近年の楽曲を中心に構成したセットリストにもアグレッシブなモードが顕著に表れていた。そのなかに「掌」や「youthful days」、「Sign」といった、イントロの時点でオーディエンスから歓声があがる過去のシングル曲を織り交ぜるのだから、たまらない。

桜井はMCでRADWIMPSの楽曲をデビュー前のデモから聴いていたということ、その数年後、スガシカオと食事したときに「日本のロックはついにここまできた!」と話題になったというエピソードを明かした。Mr.Childrenにとって、この日が2015年最後のライブだった。ラストはそのことを踏まえて、自分たちとオーディエンス、10周年を迎えたRADWIMPSに捧げる曲として、「終わりなき旅」を響かせた。

Mr.Childrenを国民的バンドたらしめる理由をまざまざと体感する??そういうライヴだった。

そして、RADWIMPS。1曲目「DADA」から『胎盤』ツアーで研ぎ澄まれたグルーヴの強度があらわになる。ステージを自由に跳ね回る洋次郎。盤石のプレイを誇示する桑原彰と武田祐介。このツアーのシンボリックな存在となったとも言える刄田綴色と森瑞希のツインドラム。筆者が『胎盤『ツアーを観たのは初日以来だったのだが、ツインドラムの共振の精度は格段に上がっていた。そのことでバンドアンサンブル全体がさらなる自由度と説得力を獲得していたのである。オープンハンドスタイルの刄田とスタンダードスタイルの森が両サイドに位置する左右対称の画もすっかり馴染んでいる。スタイルの異なる2人のドラマーがリズムを共有している姿を見て、やはり『胎盤』ツアーだからこそトライしたツインドラムなのだ、と確信する。この編成もまた『胎盤』ツアーのメッセージとして機能していたのだ。

もちろん、縦軸にストレートなロックサウンドも刺激的なのだが、個人的に白眉だったのが、「ヒキコモリロリン」におけるジャズやファンク、ディスコの要素を天衣無縫に織り交ぜた黒いフィーリング。ロックサイドから全方位的な音楽の快楽を提示するバンドとして、RADWIMPSはいるということ。そのことをあらためて痛感した。だからこそ、RADWIMPSの歌は、そこに込められたこの世界と生命の実像を全身全霊で捉えようとする野田洋次郎というソングライターの意志は、僕らを強く揺さぶる(そう、それは桜井和寿の作家性とも離れがたく重なっている)。

RADWIMPSはこの10年の総括と新たなフェイズを同時に映し出すライブを「胎盤」ツアーで体現してみせた。その最後にMr.Childrenが隣にいたことは、あまりに特別だった。RADWIMPSの2015年最後のライブは、12月23日、幕張メッセ国際展示場。そこでバンドは何を聴かせ、見せ、感じさせてくれるのか。最新のRADWIMPSをしかと捉えたいと思う。

text by 三宅正一(Q2)
photo by 植本一子

■RADWIMPS オフィシャル HP
http://radwimps.jp
■RADWIMPS 10th ANNIVERSARY HP
http://radwimps.jp/10th

■『10th ANNIVERSARY LIVE TOUR FINAL RADWIMPSのはじまりはじまり』

12月23日(水・祝) 幕張メッセ国際展示場
開場/開演時間 16:30/18:00

【関連リンク】
RADWIMPS、対バンツアー第十夜は盟友ONE OK ROCKとの白熱戦!
RADWIMPS、対バンツアー「RADWIMPSの胎盤」第九夜の相手は同郷のいきものがかり!
RADWIMPS、対バンツアー第八夜は親愛なるスピッツと熱演
RADWIMPS、対バンツアー第七夜目でクリープハイプと激突

【関連アーティスト】
Mr.Children, RADWIMPS
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

スピッツの『ハチミツ』トリビュートアルバム全曲試聴映像が公開
Tue, 01 Dec 2015 12:00:00 +0900
アルバム『JUST LIKE HONEY 〜『ハチミツ』20th Anniversary Tribute〜』 (okmusic UP\'s)

スピッツの6thアルバム『ハチミツ』をアルバムをまるごとカバーした『JUST LIKE HONEY 〜『ハチミツ』20th Anniversary Tribute〜』の参加アーティストの演奏楽曲が発表された。そして、特設サイトも更新された。

【その他の画像】10-FEET

特設サイトでは、アルバムに収録される楽曲をどのアーティストが演奏しているのか予想するというクイズ企画を実施していたが、全曲試聴映像の公開とともに解禁され、これにあわせてジャケットも公開された。

また、参加アーティストのコメントも到着! こちらも必見だ。

■『JUST LIKE HONEY 〜『ハチミツ』20th Anniversary Tribute〜』ダイジェスト試聴映像
https://www.youtube.com/watch?v=Wzmwgj_tgik

■【参加アーティスト コメント】

01.「ハチミツ」/赤い公園  
「Spitzへの尊敬、「ハチミツ」への愛を持って、赤い公園なりに誠心誠意カバーさせて頂きました。
押忍!必聴で、宜しくお願いします!」

02.「涙がキラリ☆」/10-FEET 
■TAKUMA
音楽は記憶を呼び覚まします。
自分の青春時代に耳にして好きになった曲。
カバーした事によってこの曲の本当の素晴らしさにまた気づきました。
■NAOKI
今回「涙がキラリ☆」で参加させて頂いたのですが、
学生の頃によくカラオケで歌ってた大好きな曲だったので楽しみながらも、
ゆったりとした重厚なサウンドを意識してアレンジさせて頂きました♪♪
参加させて頂いてとても嬉しく思っています!
■KOUICHI
大好きなスピッツの大好きな曲を精一杯、自分らなりに演奏出来た事、ほんとに嬉しく思います。
スピッツのような素晴らしいバンドになれるよう僕達もまだまだ頑張るぞー。

03 .「歩き出せ、クローバー」/NICO Touches the Walls
「ロビンソン」を聴いて曲作りを始めた僕にとって、今回の『ハチミツ』トリビュートへの参加はこれ以上ない名誉であります。
改めて自分の原点と向き合うことができたし、この経験は僕ら四人にとってまさに「何よりの宝物」になりました。
スピッツへの最大限の感謝とリスペクトとともに、NICO Touches the Walls版「歩き出せ、クローバー」を皆さんにお届けいたします。
楽しんで聴いてもらえたら光栄です。

スピッツの皆さんへ

またロックロック呼んでくださいね!
二度目に呼んでもらったときの打ち上げで正宗さんに「NICOはもうレギュラーメンバーだから」って言ってもらえたこと、、、忘れてませんので!!!(笑)

04.「ルナルナ」/鬼龍院翔(ゴールデンボンバー) 
大好きなスピッツさんのトリビュートアルバムに参加させて頂けてとても光栄です。
僕の暗く暑苦しい歌声は草野マサムネさんとは似ても似つかず、レコーディングを始めた時はこんな歌声で良いんだろうか…と焦りました。
しかし、「せっかくスピッツさんサイドからオファーをいただいたのだから、
いつもの自分の暑苦しい歌声で歌いきったものを納品してみよう!」
と、ある種の開き直りのような感じで暗く暑苦しく歌わせて頂きました!
まぐれでヒットしたポッと出の僕らにとってトリビュートアルバムというもの自体に初めて参加させて頂きます。
初めての参加がスピッツさんでとても嬉しいです。

05.「愛のことば」/indigo la End
■川谷絵音
indigo la Endのバンド名の由来にもなった大好きなバンドの大好きな曲をカバー出来るなんて光栄です。インディゴ流の「愛のことば」楽しみにしていてください。

06。「トンガリ\'95」 /LAMP IN TERREN
■LAMP IN TERREN 松本大(Vo&Gt)
自分の書いた曲以外をバンドでやる経験がなかったので、とても新鮮な気持ちで音楽に触れられました。

いつも通りまず僕が大まかなアレンジを作ってメンバーに持っていき、彼らもまた自由に楽しんでやっていたので、不思議と自分らの曲のようにも思えています。烏滸がましいですが。笑

気に入ってくれると嬉しいです。よろしくお願いします。


07.「あじさい通り」 /クリープハイプ
■尾崎世界観
二十年前に世に生まれたこの曲が、二十年後に成人して、少し捻くれた大人になったイメージでアレンジさせて貰いました。 でも根が良い奴(元の曲が素晴らしい)だから、納得のいく仕上がりになりました。 今回、こんな貴重な体験をさせて貰えて本当に嬉しいです。

08.「ロビンソン」 /9mm Parabellum Bullet
■Vo/Gt 菅原卓郎
「ほんとうにたくさんの人の心に刻まれているこの曲。スピッツのみなさんは好きにやっていいよと言ってくれるはず、とばかりに思い切りやりました。9mmで参加出来て光栄です。」
■Gt 滝 善充
「私の大好きなスピッツのトリビュートに参加できることになってとても嬉しいです。ハチミツは自分のお小遣いで初めて買ったアルバムで、本当に大好きになって何百周したかわかりません。名曲のオンパレードで聴いていてとても元気になれます。参加できたことをとても光栄に思います。ありがとうございます。」
■Ba 中村和彦
「偉大なロックバンドのトリビュートアルバムに参加することができて、心から光栄に思っています。僕らなりのリスペクトを、この曲の素晴らしさとともに、多くの人に感じてもらえたらいいなと思います。」
■Dr かみじょうちひろ
「国民的な名曲。これをカバー出来て恐悦至極でありますー)^o^(そんな作品を僕らがいじり、土足で踏み込む様な扱いをして良いものか迷いましたが。ご本人様方から許可がちゃんと出たので…やっちゃったーん!!☆〜(ゝ。∂)」

09.「Y」/GOOD ON THE REEL
■Vo 千野隆尋
正直、人生でスピッツのトリビュートアルバムに参加させていただけるなんて思ってもいませんでした。
ハチミツが発売された当初、僕は小学生でした。
みんなでよくロビンソンを歌いながら歩いたのを覚えています。
僕にとってスピッツは、人生に自然と寄り添ってくれるバンドです。
このアルバムに参加できて、僕はとても幸せです。

10.「グラスホッパー」/ASIAN KUNG-FU GENERATION
■後藤正文
『ハチミツ』は僕の青春の暗黒時代を支えてくれたアルバムです。
パーフェクトに八方塞がりだった10代最後の、希望の光のひとつ。そんな作品でした。
トリビュートに参加できて光栄です。
あの頃の自分に知らせてやりたいです。

11.「君と暮らせたら」/初恋の嵐 feat. 曽我部恵一
■初恋の嵐
スピッツには、以前、“初恋に捧ぐ"をカバーしてもらって“ヤラレっぱなし"だったので、今回、“カバー返し"が出来て、すごく嬉しいです!
■曽我部恵一
バンドメンバー4人が一歩も引かずひとつの楽曲を高めることのみに全感覚器官を研ぎ澄ませた「ハチミツ」という状態に、あらためて恐れ入った次第です。

Bonus Track.「俺のすべて」/SCOTT MURPHY
■SCOTT MURPHY (MONOEYES, ALLiSTER)
ALLiSTERで「チェリー」、ソロでも「楓」をCOVERさせて頂いたりで
今回まさか『ハチミツ』TRIBUTE ALBUMに参加させてもらえるなんて
思ってもいませんでした!
「俺のすべて」もすごく好きな曲なので一生懸命やりました!
アメリカ代表です!!!(笑)
また一緒に美味しい日本酒を呑みましょう!!!

■アルバム『JUST LIKE HONEY 〜『ハチミツ』20th Anniversary Tribute〜』

2015年12月23日発売
【CD】UPCH-2065/¥3,000+税
2016年1月27日発売
【アナログLP】
UPJH-9016/¥3,900+税
<収録曲>
01.「ハチミツ」 赤い公園 
02.「涙がキラリ☆」 10-FEET
03 .「歩き出せ、クローバー」 NICO Touches the Walls
04.「ルナルナ」 鬼龍院翔(ゴールデンボンバー)
05.「愛のことば」 indigo la End 
06.「トンガリ\'95」 LAMP IN TERREN
07.「あじさい通り」 クリープハイプ
08.「ロビンソン」 9mm Parabellum Bullet
09.「Y」 GOOD ON THE REEL
10.「グラスホッパー」 ASIAN KUNG-FU GENERATION
11.「君と暮らせたら」 初恋の嵐 feat. 曽我部恵一
Bonus Track「俺のすべて」 SCOTT MURPHY

【関連リンク】
『JUST LIKE HONEY 〜『ハチミツ』20th Anniversary Tribute〜』特設サイト
GOOD ON THE REEL、2ndフルアルバム初回限定盤に初のライヴ映像を収録
「監獄学園」第6話、退学阻止・濡れTの夢を賭け副会長と腕相撲。名シーンも連発
Brian the SunのリリースツアーにLAMP IN TERREN、赤色のグリッター等が参戦決定

【関連アーティスト】
10-FEET, 9mm Parabellum Bullet, スピッツ, NICO Touches the Walls, ASIAN KUNG-FU GENERATION, ゴールデンボンバー, クリープハイプ, 赤い公園, Scott Murphy, 曽我部恵一, 初恋の嵐, GOOD ON THE REEL, indigo la End, 鬼龍院翔, LAMP IN TERREN
【ジャンル】
ジャパニーズロック

フレデリック、ニューアルバム『OTOTUNE』より「ハローグッバイ」のMVを公開
Tue, 01 Dec 2015 11:00:00 +0900
「ハローグッバイ」MV (okmusic UP\'s)

フレデリックが11月25日にリリースされたミニアルバム『OTOTUNE』より「ハローグッバイ」のミュージックビデオをYoutube A-Sketchチャンネルにて公開した。

【その他の画像】フレデリック

監督はメジャーデビュー以降タッグを組んでいるスミス氏。これまで2人の女性キャストがアイコンになっていたフレデリックのミュージックビデオだが、今作は阿久津ゆりえをキャストに起用。一人の女性を通じた「過去」「現在」といった日常の瞬間の積み重ね、出会いや別れ、そして新しい世界へ踏み出す不安と希望などの複雑な感情が巧みに表現されており、今年に入り上京、そしてドラムの脱退を経て3人体制になった今の彼らの心境ともシンクロしたようなミュージックビデオに仕上がっている。また今回のアルバム『OTOTUNE』が過去2作のアルバムと繋がる3部作ということで、これまでの「オドループ」「オワラセナイト」」を彷彿させるシーンも登場するので、合わせてチェックしてみよう。

フレデリックは現在初の全国ワンマンツアーを行なっているが、チケットは全公演ソールドアウトとなっており、今年を締めくくる年末フェスを始め、今後一層注目が集まりそうだ。

■「ハローグッバイ」MV
https://youtu.be/c9nUD4iwrSA

【関連リンク】
フレデリック オフィシャルHP
フレデリック、新作『OTOTUNE』全曲ダイジェスト映像を公開
フレデリック、初のアニメタイアップが決定
フレデリック、美女×ダンスに加えてストーリー性を盛り込んだ「トウメイニンゲン」MVが完成

【関連アーティスト】
フレデリック
【ジャンル】
ジャパニーズロック

GOOD ON THE REEL、2ndフルアルバム初回限定盤に初のライヴ映像を収録
Tue, 01 Dec 2015 00:00:00 +0900
GOOD ON THE REEL (okmusic UP\'s)

GOOD ON THE REELが12月2日にリリースするセカンドフルアルバム『ペトリが呼んでる』の初回限定盤付属DVDに、初のライヴ映像を収録する事を発表した。

【その他の画像】GOOD ON THE REEL

GOOD ON THE REELは今まで映像作品はリリースが無く、ライヴ会場で目に焼き付けるしかすべがなかったが、この度初めてライヴ映像が付いた作品をリリースするとの事で、なおさら期待は高まる。気になる映像は2015年に行なわれた3本のライヴから抜粋されたとのことだ。また、ライヴ映像収録楽曲解禁に加え、YouTubeではアルバム楽曲全曲を試聴出来るティザー映像も公開されているので、こちらも是非チェックを。

さらにTBS・MBS深夜ドラマ『監獄学園 -プリズンスクール-』の主題歌となっている「サーチライト」が宮城・秋田・名古屋・三重・山梨・関東のラジオ局で軒並みパワープレイを獲得しており、12月はラジオでも楽曲を聴く事が出来る。先日ショートバージョンが公開された新曲「つぼみ」はTBSテレビ『CDTV』12月度エンディングテーマにも決定し、12月5日(土)より放送されるとのことだ。

また、SPACE SHOWER TVではGOOD ON THE REELの特番が決定! ライヴ映像に加えメンバーが長い時間を過ごした高田馬場でのインタビューなど、GOOD ON THE REELの今と過去を紐解くスペシャルな内容になっているので、ファンの方は楽しみに待とう!

■アルバム『ペトリが呼んでる』全曲ティザー
http://www.youtube.com/watch?v=lla19L83wgc

■アルバム『ペトリが呼んでる』

2015年12月2日発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
UPCH-7091/¥3,600+税
【通常盤】(CDのみ)
UPCH-2064/¥2,700+税
<収録曲>
■CD
01.BYSTANDER
02.サーチライト
03.つぼみ
04.rainbeat
05.シャボン玉
06.So Late Me
07.スケール美術館
08.ノースポール
09.REM
10.さよならポラリス
11.Mr.Week
12.ペトリコール

■DVD ※初回限定盤のみ
※ライヴが行なわれた時系列順に表記
GOOD ON THE REEL TOUR 2015
HAVE A “GOOD" NIGHT Vol.22〜8つの箱舟〜
2015年1月23日(金) 大阪:なんばHatchより
・存在証明書 
・シャワー
GOOD ON THE REEL TOUR 2015
HAVE A “GOOD" NIGHT Vol.26〜8つの箱舟〜
2015年3月5日(木) 東京:EX THEATER ROPPONGIより
・水中都市
・ハッピーエンド
GOOD ON THE REEL TOUR presents
HAVE A “GOOD" NIGHT
2015年7月31日(金) 東京:恵比寿LIQUID ROOMより
・迷子センター
・夜にだけ
※同商品DVDには、よりGOOD ON THE REELのライヴの世界観を感じれる曲順になっており、上記時系列とは別の収録曲順となっている。尚、CDジャケットには上記の時系列通りに表記されている。

■GOOD ON THE REEL presents 『 HAVE A "GOOD" NIGHT Vol.33 〜 Vol.47 』 ペトリコール 〜 雨天決行 〜

2月06日(土) 千葉 柏PALOOZA
2月11日(木) 北海道 札幌Sound Lab mole
2月13日(土) 宮城 仙台darwin
2月20日(土) 京都 KYOTO MUSE
2月27日(土) 岡山 表町LIVE HOUSE IMAGE
2月28日(日) 香川 高松DIME
3月01日(火) 兵庫 KOBE VARIT.
3月03日(木) 広島 SECOND CRUTCH
3月05日(土) 福岡 DRUM Be-1
3月06日(日) 熊本 DRUM Be-9 V2
3月12日(土) 石川 Vanvan V4
3月13日(日) 新潟 GOLDEN PIGS RED STAGE
3月19日(土) 大阪 BIGCAT
3月20日(日) 愛知 CLUB QUATTRO
3月25日(金) 東京 Zepp Diver City

【関連リンク】
GOOD ON THE REEL オフィシャルHP
「監獄学園」第6話、退学阻止・濡れTの夢を賭け副会長と腕相撲。名シーンも連発
11月30日配信の「夜のぶっちスタジオ」にGOOD ON THE REELが登場
「監獄学園」第5話、退学の危機に濡れT祭で男子結束?あの2ケツも?

【関連アーティスト】
GOOD ON THE REEL
【ジャンル】
ジャパニーズロック













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1