歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2015年11月29日)
バックナンバー
最新ニュース
2015/12/08
2015/12/07
2015/12/06
2015/12/05
2015/12/04
2015/12/03
2015/12/02
2015/12/01
2015/11/30
2015/11/29
2015/11/28
2015/11/27
2015/11/26
2015/11/25
2015/11/24
2015/11/23
2015/11/22
2015/11/21
2015/11/20
2015/11/19
2015/11/18
2015/11/17
2015/11/16
2015/11/15
2015/11/14
2015/11/13
2015/11/12
2015/11/11
2015/11/10
2015/11/09
2015/11/08
2015/11/07
2015/11/06
2015/11/05
2015/11/04
2015/11/03
2015/11/02
2015/11/01
2015/10/31
2015/10/30
2015/10/29
2015/10/28
2015/10/27
2015/10/26
2015/10/25
2015/10/24
2015/10/23
2015/10/22
2015/10/21
2015/10/20
2015/10/19
2015/10/18
2015/10/17
2015/10/16
2015/10/15
2015/10/14
2015/10/13
2015/10/12
2015/10/11
2015/10/10
2015/10/09
2015/10/08
2015/10/07
2015/10/06
2015/10/05
2015/10/04
2015/10/03
2015/10/02
2015/10/01
2015/09/30
2015/09/29
2015/09/28
2015/09/27
2015/09/26
2015/09/25
2015/09/24
2015/09/23
2015/09/22
2015/09/21
2015/09/20
2015/09/19
2015/09/18
2015/09/17
2015/09/16
2015/09/15
2015/09/14
2015/09/13
2015/09/12
2015/09/11
2015/09/10
2015/09/09
2015/09/08
2015/09/07
2015/09/06
2015/09/05
2015/09/04
2015/09/03
2015/09/02
2015/09/01
2015/08/31
2015/08/30
2015/08/29
2015/08/28
2015/08/27
2015/08/26
2015/08/25
2015/08/24
2015/08/23
2015/08/22
2015/08/21
2015/08/20
2015/08/19
2015/08/18
2015/08/17
2015/08/16
2015/08/15
2015/08/14
2015/08/13
2015/08/12
2015/08/11
2015/08/10
2015/08/09
2015/08/08
2015/08/07
2015/08/06
2015/08/05
2015/08/04
2015/08/03
2015/08/02
2015/08/01
2015/07/31
2015/07/30
2015/07/29
2015/07/28
2015/07/27
2015/07/26
2015/07/25
2015/07/24
2015/07/23
2015/07/22
2015/07/21
2015/07/20
2015/07/19
2015/07/18
2015/07/17
2015/07/16
2015/07/15
2015/07/14
2015/07/13
2015/07/12
2015/07/11
2015/07/10
2015/07/09
2015/07/08
2015/07/07
2015/07/06
2015/07/05
2015/07/04
2015/07/03
2015/07/02
2015/07/01
2015/06/30
2015/06/29
2015/06/28
2015/06/27
2015/06/26
2015/06/25
2015/06/24
2015/06/23
2015/06/22
2015/06/21
2015/06/20
2015/06/19
2015/06/18
2015/06/17
2015/06/16
2015/06/15
2015/06/14
2015/06/13
2015/06/12
2015/06/11
2015/06/10
2015/06/09
2015/06/08
2015/06/07
2015/06/06
2015/06/05
2015/06/04
2015/06/03
2015/06/02
2015/06/01
2015/05/31
2015/05/30
2015/05/29
2015/05/28
2015/05/27
2015/05/26
2015/05/25
2015/05/24
2015/05/23
2015/05/22
2015/05/21
2015/05/20
2015/05/19
2015/05/18
2015/05/17
2015/05/16
2015/05/15
2015/05/14
2015/05/13
2015/05/12
2015/05/11
2015/05/10
2015/05/09
2015/05/08
2015/05/07
2015/05/06
2015/05/05
2015/05/04
2015/05/03
2015/05/02
2015/05/01
2015/04/30
2015/04/29
2015/04/28
2015/04/27
2015/04/26
2015/04/25
2015/04/24
2015/04/23
2015/04/22
2015/04/21
2015/04/20
2015/04/19
2015/04/18
2015/04/17
2015/04/16
2015/04/15
2015/04/14
2015/04/13
2015/04/12
2015/04/11
2015/04/10
2015/04/09
2015/04/08
2015/04/07
2015/04/06
2015/04/05
2015/04/04
2015/04/03
2015/04/02
2015/04/01
2015/03/31
2015/03/30
2015/03/29
2015/03/28
2015/03/27
2015/03/26
2015/03/25
2015/03/24
2015/03/23
2015/03/22
2015/03/21
2015/03/20
2015/03/19
2015/03/18
2015/03/17
2015/03/16
2015/03/15
2015/03/14
2015/03/13
2015/03/12
2015/03/11
2015/03/10
2015/03/09
2015/03/08
2015/03/07
2015/03/06
2015/03/05
2015/03/04
2015/03/03
2015/03/02
2015/03/01
2015/02/28
2015/02/27
2015/02/26
2015/02/25
2015/02/24
2015/02/23
2015/02/22
2015/02/21
2015/02/20
2015/02/19
2015/02/18
2015/02/17
2015/02/16
2015/02/15
2015/02/14
2015/02/13
2015/02/12
2015/02/11
2015/02/10
2015/02/09
2015/02/08
2015/02/07
2015/02/06
2015/02/05
2015/02/04
2015/02/03
2015/02/02
2015/02/01
2015/01/31
2015/01/30
2015/01/29
2015/01/28
2015/01/27
2015/01/26
2015/01/25
2015/01/24
2015/01/23
2015/01/22
2015/01/21
2015/01/20
2015/01/19
2015/01/18
2015/01/17
2015/01/16
2015/01/15
2015/01/14
2015/01/13
2015/01/12
2015/01/11
2015/01/10
2015/01/09
2015/01/08
2015/01/07
2015/01/06
2015/01/05
2015/01/04
2015/01/03
2015/01/02
2015/01/01
2014/12/31
2014/12/30
2014/12/29
2014/12/28
2014/12/27
2014/12/26
2014/12/25
2014/12/24
2014/12/23
2014/12/22
2014/12/21
2014/12/20
2014/12/19
2014/12/18
2014/12/17
2014/12/16
2014/12/15
2014/12/14
2014/12/13
2014/12/12
2014/12/11
2014/12/10
2014/12/09
2014/12/08
2014/12/07
Waiveのオフィシャルサイト内に突如、“ある数字”が表示!?
Sun, 29 Nov 2015 22:00:00 +0900
Waive オフィシャルサイト (okmusic UP\'s)

2010年の「奇跡の再演」とまで呼ばれたライブ以降、完全に沈黙を守っていたWaive。突如、彼らのオフィシャルサイト内に”ある数字”が表示された。

【その他の画像】Waive

“2005.12.1 22:00〜”

この数字の羅列に、ファンなら見覚えがあるはずだ。それは…
2005年12月1日、22時! そう、それは紛れもなくWaiveが解散した日時である。

2015年現在、それからちょうど10年の瞬間を目前にした、この更新が意味することは何なのか? サイトTOPに今もなお表示され続ける、「決して色褪せることのない、思い出の1ページ」に何かが書き足されるのか? 今後の動向に注目だ!

【関連リンク】
Waive オフィシャルHP
Rayflower、ミニアルバムレコ発インストアイベントで全国行脚
Rayflower、ニューミニアルバムのジャケ写真を公開
Rayflower、3年ぶりとなるミニアルバム発売決定

【関連アーティスト】
Waive
【ジャンル】
ビジュアル

真心ブラザーズ、名盤『KING OF ROCK』再現ライヴ再び! 東京公演は大熱狂!
Sun, 29 Nov 2015 19:00:00 +0900
11月28日(土)@EX THEATER ROPPONGI (okmusic UP\'s)

今年5月、アルバム『KING OF ROCK』のリリースから20年を迎え、東京、大阪で「KING OF ROCK 20th」と銘打ったライヴを行なった真心ブラザーズ。好評だったこのライヴを受け、10月より「MORE KING OF ROCK 20th」として全国を回ってきたツアーが11月28日(土)、いよいよ東京へと戻ってきた。

【その他の画像】真心ブラザーズ

登場のSEと共に会場は歓声で包まれ、桜井秀俊、そして今回もドラムとベースを務める伊藤大地(Dr)と岡部晴彦(Ba)が登場する。そして、遅れて登場のYO-KINGが「だるいカンジ!」の叫びとともに、“スピード”でライヴは幕を開けた。のっけからフルパワー。ちょうど「KING OF ROCK」のツアーと並走するように、10月リリースのカヴァー・アルバム『PACK TO THE FUTURE』のツアーを同メンバーで行なっていたこともあり、バンドのグルーヴはキレッキレだ。頭から波に乗るように、“高い空”、“愛”へと続いていく。アルバムではファンキーな雰囲気の“愛”だが、骨太なビートと、男臭くブルージーなギター、そしてYO-KINGがシャウトするように歌い上げる、Low Down Roulettesとのソリッドな“愛”もまた熱い。そして、“マイ・バック・ページ”、桜井がヴォーカルをとる“上手な眠り方”、“すぐやれ 今やれ”へとノンストップでプレイし、会場の温度をグングン上げていった。

6曲が終わったところで、YO-KINGが「ということで、みなさんようこそ」というあいさつをし、「今回のライヴは、アルバム『KING OF ROCK』を曲順通りに披露する特殊なライヴです」とYO-KING。そして、「20年も経つと、固有名詞も古くなるよね――《カール・ルイスでフルマラソン》(“すぐやれ 今やれ”)とかね。違う言葉入れちゃうと、歌詞を口が覚えているから後がグダグダになっちゃうんだよね」(YO-KING)と言って、会場を笑いに包み、ここからはアナログ盤でいうところのB面と、後半戦へ突入した。

 “マイ・リズム”から、生バンドによるヒップ・ホップ・チューン“マイ・ガール”で、オーディエンスを心地よく揺らす。岡部のブリッブリに低音をきかせたベースから、桜井の爆裂なギター・リフが冴える“STONE”の、ハードコア・パートでは先ほどまでの心地よいグルーヴとは一転、超高速のビートにオーディエンスもぶんぶん頭を振り、コブシを突き上げる盛り上がり。“STONE”は腎臓結石の壮絶な痛みをリアルに綴った曲だが、「20年前に、この曲で笑ってたやつも、今、石が出てます。僕の周りで続出してます」と語るYO-KINGの言葉に、笑いが起こる。もちろん、「今笑った人、気をつけろよ」というツッコミも忘れない。

息の合ったバンドならではの、濃いアンサンブルでたっぷりと聴かせた“日曜日”のアウトロから、ラスト・チューン“スピード2”のファンキーなバンド・グルーヴへと、うねるように展開すると、YO-KINGはノーブレスで高速のパートを叫び倒した。「今、死ぬかと思った」と言うくらい、怒涛の勢いで本編を締めくくった。20年という年月を経ても、その曲たちは色あせぬまま、そして真心ブラザーズはさらにタフに、スピーディにと、馬力を増しているようにすら思うから、恐ろしい。ラストまで爆音と笑顔とがあふれた一夜となった。

TEXT:吉羽さおり
PHOTO:eri shibata

【関連リンク】
真心ブラザーズオフィシャルHP 
真心ブラザーズ、リリースツアー初日は興奮と爆笑の坩堝に
「関ジャム」でエレカシ&chayの名曲をセッション、又吉はくるりと真心ブラザーズの歌詞を解説
真心ブラザーズ、カバーアルバムより「風になりたい」のMVを公開

【関連アーティスト】
真心ブラザーズ
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

WEAVER、ツアーファイナルでニューアルバムのタイトル&来春のツアーを発表
Sun, 29 Nov 2015 18:00:00 +0900
11月28日@東京・渋谷NHKホール (okmusic UP\'s)

WEAVERが11月27日、全国ホールツアー「WEAVER HALL TOUR 2015 Still Boys & Girls 〜Sing Like Dancing In Our Hall〜」のファイナル公演を開催した。

【その他の画像】WEAVER

全国10都市10公演となった今回のツアーでは、今年の夏に各地で数多くのフェスやイベントに出演し磨きをかけた表現力で、伸びやかで堂々としたパフォーマンスを展開しつづけ、全国各地で大盛況。新曲も披露され、数々の演出が話題となったツアーが、東京・渋谷NHKホール公演をもって大団円を迎えた。

この最終公演のステージ上では、未定となっていたニューアルバムのタイトルと、来春、再び全国を回るホールツアーを開催するこという、新たなうれしい発表があった。

発表されたアルバムのタイトルは『Night Rainbow』。ナイトレインボーとは、見ると幸福になれるという逸話があり、なかなか見ることができない奇跡的現象。メンバーからもコメントが到着しているので、こちらもチェックして頂きたい。

WEAVERにとってオリジナルアルバムのリリースは2013年に発表した『Handmade』以来約3年ぶり。その間、半年間のロンドン留学や、ライブハウスツアー、ホールツアー、海外公演等、着々名実ともにスケールアップした現在のWEAVERが凝縮された作品となる。今年リリースされたシングル「くちづけDiamond」(TVアニメ「山田くんと7人の魔女」オープニングテーマ)や、TBS駅伝テーマソングとなっている「Boys & Girls」など話題曲も収録予定で、リリースは来年2月10日(水)となる。

また、来春に新たなツアー、『WEAVER 11th TOUR 2016 「Draw a Night Rainbow」』を開催する事も併せて発表した。二ューアルバム『Night Rainbow』を引っ提げて行うこのツアーは、多彩な今回のツアーが大盛況だっただけに、さらに期待感が高まる。新たなWEAVERを目撃できる話題性も高いツアーになることは間違いない。

そして、WEAVER OFFICIAL MEMBER\'S CLUB “WOW"2016年グッズの販売もスタート! 「WOW」とはWitness Of WEAVERの略称で、年に1回発行するオフィシャルグッズを購入すると、会員限定サイトにアクセス出来るシリアルナンバーをゲットすることができるほか、ツアーチケット最速先行受付やメンバー限定メールマガジン、写真や動画コンテンツの閲覧が出来るサービス。次のツアーの先行発売は、1月8日(金)より"WOW"2016メンバー対象の先行からスタートするので、ゲットしておこう。さらに、LINE公式カウントもスタート!! そちらもチェックしよう。

ツアーを終えたばかりにもかかわらず、早くも来年の、アルバム『Night Rainbow』、春のツアーに向けて動き出したWEAVERから、ますます目が離せなさそうだ。

■WEAVER LINE公式アカウント
アカウント名:WEAVER
LINE@ID:@WEAVER
https://line.me/ti/p/%40weaver

【アルバム『Night Rainbow』メンバーコメント】
■ピアノ&ボーカル 杉本雄治
「僕たちにとって約3年ぶりのオリジナルアルバムが完成しました。
たった3年という月日の中でも時代、音楽シーンは目まぐるしく変化していき、その中で自分たちはどんな音楽を作っていくのか…試行錯誤しながらもその瞬間の想いを曲にしてきました。
色々な条件が重なった時に奇跡的に現れ、見た者に幸福を呼ぶといわれる、夜に掛かる虹=「Night Rainbow」
日本の音楽シーンにまだまだ、根付いてないピアノバンドだからこそ作れる新しい音楽。
まさに「Night Rainbow」のような決して簡単には出会えない音、僕らがまだ感じたことのない音楽を探求して出来上がったのがこの作品です。
幾つものツアー、ロンドンへの留学を経てより強固なものとなった僕らの意志、そしてバンドの進化が必ず楽曲から伝わるはずです。
僕らが音楽で描く「Night Rainbow」を、ぜひあなたの体で感じて確かめてください」

■アルバム『Night Rainbow』

2016年2月10日(水) 発売
【初回盤】(CD+DVD)
AZZS-43/¥3,611+税
【通常盤】(CD)
AZCS-1053/¥2,500+税
※収録楽曲、初回盤特典DVDの内容等につきましては追って発表させて頂きます。

■アルバム予約ページ
・【初回限定盤】ポスト投函お届け
http://www.asmart.jp/weaver2016al_syokai
・【通常盤】ポスト投函お届け
http://www.asmart.jp/weaver2016al_tuujyo

■『WEAVER 11th TOUR 2016「Draw a Night Rainbow」』

4月09日(土) 大阪 オリックス劇場
4月10日(日) 名古屋 日本特殊陶業市民会館ビレッジホール
4月16日(土) 高松 アルファあなぶき小ホール
4月17日(日) 静岡 グランシップ静岡中ホール
4月29日(金・祝) 福岡 福岡国際会議場メインホール
4月30日(土) 広島 広島JMSアステールプラザ中ホール
5月02日(月) 仙台 若林区文化センター
5月04日(水・祝) 札幌 札幌サンプラザホール
5月06日(金) 東京 NHKホール

【受付期間】
"WOW"2016メンバー 特別チケット先行一次受付
2016年1月8日(金)12:00〜2016年1月14日(木)23:59

【関連リンク】
WEAVER オフィシャルHP
WEAVER、年末年始のTBS駅伝番組テーマソングを担当
WEAVER、全国ホールツアー初日公演にて約3年ぶりのアルバムリリースを発表
WEAVER、デビュー記念日に『WEAVER TV』を配信

【関連アーティスト】
WEAVER
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

中村一義、歴史的名盤『金字塔』を再現したライブを開催
Sun, 29 Nov 2015 17:00:00 +0900
11月28日@江戸川区総合文化センター (okmusic UP\'s)

中村一義が11月28日に地元・江戸川区総合文化センターでの特別ライブ公演となる「エドガワQ2015」を開催した。

【その他の画像】中村一義

新作制作への意欲とともに、ライブでのレコーディングから新曲初披露と、今までキャリアを一新したネクストビジョンをみせている中村一義。中村一義の地元、江戸川区で行われたこの日のライブ。一曲目は名盤『金字塔』のとおり「始まりとは」。中村がマイクに向かって語りかける姿に観客の期待が高まる。「犬と猫」では、観客皆体を揺らし、当時と変わらない、色あせない歌声に耳を傾けていた。「ここにいる」ではバックのスクリーンに川の風景や、地元小岩駅付近、江戸川の土手など、「金字塔」の制作にも影響したであろう風景が映し出された。中村のバンドメンバー6人とともに、マイクにしがみついて熱唱する姿が印象的だった。

「まる・さんかく・しかく」では明るい曲調と照明に合わせ、手で「まる・さんかく・しかく」をつくる観客の姿も。『金字塔』の中でも人気の高い「永遠なるもの」を中村一義が熱唱すると、会場全体が「まってました」といわんばかりに、盛大な拍手が巻き起こった。

「犬と猫 再び」では、本日初の本人からのMCが。「今日はみなさん、ありがとうございましたー!40歳になりました!僕の人生はバラ色にかわったー!!」話すと会場からは大きな拍手と歓声が鳴り響いた。そしてなんと、バンドメンバー全員が前にでてきて演奏されたのは『金字塔』の最後に収録されている「シークレットトラック」内の曲。会場全体が、中村一義の遊び心に胸を打たれていた。

第二部では「ここからは、この場所をライブハウスにしちゃおうよ!」と言うと、観客全員が総立ちに!ライブでも人気の高い「ジュビリー」「ショートホープ」そして「キャノンボール」と6曲を駆け抜けるように演奏し、鳴り止まないアンコールの中、ステージに再登場したのは総勢11人のバンドメンバー。「この仲間たち全員合わせて「大海賊」です!このメンバーで今レコ?デング中です。新曲「スカイライン」をお届けするのも、そう遠くはないかと思います。どうぞお楽しみに」と中村が話すと大きな拍手が沸き起こった。そして演奏されたのは「スカイライン」。まだ音源化されていないにも関わらず、会場は手を振ったり、掛け声をかけたりとファンが既に新曲を楽しみにしている姿が見受けられた。中村一義の色褪せないポップセンスが詰まった今回の新曲「スカイライン」。聞いている人を笑顔にさせるポップな曲調は、2017年にデビュー20周年を迎える、明るい門出に相応しい楽曲となりそうだ。

そしてラストの曲は「ロックンロール」!まさに会場がライブハウスに生まれ変わったかのように、観客全員がジャンプして踊り、「大海賊」を名乗るにふさわしい、賑やかなアンコールとなった。

本人達が退場したのち、スクリーンに映し出されたのは「2016.3.2. NEW ALBUM & NEW DVD LEREASE & 2016年 ライブツアー決定!」の文字。会場からは大きな拍手が巻き起こり、ライブは大盛況の中、終演となった。

2016年3月2日(水)に発売が決定した、中村一義の約4年ぶりのニューアルバムは、本日よりオフィシャルサイトでその情報を知ることができる。また、ライブDVDには本日行われた「エドガワQ2015」が収録され、すべての『金字塔』ファンにはたまらないアイテムとなりそうだ。

来春に行われるライブツアーは本日からオフィシャルサイト先行と、ファンクラブ先行がスタート。「エドガワQ2015」に来られなかった人も、この機会にぜひライブに足を運んでみてはいかがだろうか。

中村一義の最新情報は中村一義コンセプトサイトKIKA:GAKUに掲載されるので、チェックしよう。

【セットリスト】
■第1部
01. 始まりとは
02. 犬と猫
03. 街の灯
04. 天才とは
05. 瞬間で
06. 魔法を信じ続けるかい?
07. どこにいる
08. ここにいる
09. まる・さんかく・しかく
10. 天才たち
11. いっせーのせっ!
12. 謎
13. いつか
14. 永遠なるもの
15. 犬と猫 再び
16. シークレット(おまけ)
■第2部
17. グレゴリオ
18. 君ノ声
19. ジュビリー
20. ショートホープ
21. 1,2,3
22. キャノンボール
〜アンコール〜
23. スカイライン
24. ロックンロール

■『中村一義 Live Tour 2016 「(タイトル未定)」』

4月15日(金) 埼玉 HEAVEN\'S ROCK さいたま新都心 VJ-3
4月17日(日) 茨城 club SONIC mito
4月22日(金) 仙台 MACANA
4月28日(木) 名古屋 CLUB QUATTRO
4月30日(土) 岡山 IMAGE
5月15日(日) 札幌 KRAPS HALL
5月20日(金) 大阪 梅田CLUB QUATTRO
5月22日(日) 福岡 BEAT STATION 
5月31日(火) 東京 赤坂BLITZ

【関連リンク】
中村一義 コンセプトサイトKIKA:GAKU  
野田愛実、2016年3月に名古屋にてワンマンライブを開催
星野源、ニューアルバムより新曲「Week End」の試聴動画を公開
BENI、刺激&感動ありの全国ツアー初日公演

【関連アーティスト】
中村一義
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

打首獄門同好会、来年2月のワンマン公演に向けて激レアグッズのプレゼント企画を発表
Sun, 29 Nov 2015 16:00:00 +0900
打首獄門同好会 (okmusic UP\'s)

ミニアルバム『まだまだ新米』発売、新米「獄ひかり」発売、そして2016年2月20日にバンド史上最大規模のZepp TOKYOワンマンライブが開催決定と、予想の斜め上をいく発表をした打首獄門同好会。そんな彼らからワンマンライブの先行チケット購入者にプレゼント企画の実施、学割の実施、さらにファミリー席の設置が決定という知らせが届いた。

【その他の画像】打首獄門同好会

プレゼント企画とは、現在申し込み受付中の先行チケット申込者に郵送される「プレゼント応募券」に、応募券を葉書に貼って送ることで、希望のプレゼントに応募することができるという企画だ。注目すべきはそのプレゼント内容で、メンバーが学生時代に買ったギターやライブで実際に使用されていた機材や衣装、現在は手に入らない昔のグッズやポスターなど、ファンにはたまらない内容になっている。

ファミリー席は先日、大槻ケンヂ氏より「打首獄門同好会はファミリー席を設けた方が良い」というアドバイスを受け、今回設置が決定した。小さなお子さんと共に来場を予定している家族向けに、Zepp TOKYOの2階席などを使ってスペースを用意するとのこと。希望者は来場人数分のチケットを購入の上、受付専用メールアドレス『uchikubi.live@ldandk.com』まで家族構成を連絡すれば、事務局側で席の確保を行う。

そして学割は、打首獄門同好会の主要企画では毎回実施されているもので高校生以下を対象に1,000円をキャッシュバック。対象の学生は、ひとまずチケットを通常の手続きで入手の上、当日該当窓口で学生証を提示するとキャッシュバック分を受け取れる。

先行チケットの申し込み締め切りは12月9日となっている。

■【打首獄門同好会 ワンマンライブ】

2016年2月20日(土) Zepp Tokyo
開場 17:00 / 開演 18:00
前売¥3,780(D代別)
<プレゼント応募券チケット先行受付>
11/17(火)22:00〜12/9(水)23:59...お1人様4枚まで
特設ページ:http://www.ldandk.com/uchikubi/2015/
<チケット一般>
12/19(土)10:00開始

◎スペシャルプレゼント
会長賞:高校の時に買ったアコースティックギター 1名
河本賞:シンバル&スネアヘッド 1名
junko賞:初代鎖ストラップ「サリーちゃん」1名
10獄放送局賞:カブの旅「ダルビッシュ3世伯爵&男鹿さん」1名

【Wチャンス】
スペシャルプレゼントがはずれても、もう一度チャンス!
A賞:大澤会長元ステージ衣装「獄ハーフパンツ」1名
B賞:大澤会長ステージ使用「お遍路笠」1名
C賞:10獄放送局「千田の飼育員3点セット」1名
D賞:せせりパーカー (M1名・L1名)
E賞:I◆焼鳥Tシャツ(黒M1名・白S1名)
F賞:諭吉四名討ち死にTシャツ(XS2名・S1名・L5名)
G賞:Sports&Music Tシャツ(XS2名・S2名)
H賞:大澤会長使用済み「削れた獄ピック」20名
I賞:少女漫画「私を二郎に連れてって」20名
J賞:JR南武線掲載ポスター 20名
K賞:庶民派爆弾さんポスター 20名
L賞:最新版「まだまだ新米」ポスター 10名
残念賞:会場に応募券半券をお持ちいただいた方に、もれなく!
Zepp TOKYOワンマンライブ記念ポストカード(会場引き換え)

※◆は白抜きのハートマーク

【関連リンク】
打首獄門同好会 オフィシャルHP
打首獄門同好会が新曲「TAVEMONO NO URAMI」MVを公開
打首獄門同好会、ジオ◯グの使用承諾得られずアルバム内容変更!?
打首獄門同好会、公約を果たすバックドロップシンデレラとの合同レコ発決定

【関連アーティスト】
打首獄門同好会
【ジャンル】
ジャパニーズロック

ぼくのりりっくのぼうよみ、注目の若手俳優陣が熱演する「sub/objective」MV公開
Sun, 29 Nov 2015 15:00:00 +0900
ぼくのりりっくのぼうよみ (okmusic UP\'s)

ビクターエンタテインメントの新レーベル“CONNECTONE”から12月16日にメジャー・デビューすることを明らかにした“ぼくのりりっくのぼうよみ"が、1stアルバム『hollow world』から「sub/objective」のミュージックビデオを公開した。

【その他の画像】ぼくのりりっくのぼうよみ

池田エライザ、池田大、吉村界人といった注目の若手俳優陣が出演し、ぼくのりりっくのぼうよみ本人も一瞬だけ登場している。同ミュージックビデオの監督は、BUMP OF CHICKENの「Hello,world!」「ray」やゲスの極み乙女。「オトナチック」などを手がけた東市篤憲が担当。主観(subjective)と客観(objective)というテーマがメランコリックに描かれた「sub/objective」は、ぼくのりりっくのぼうよみがまだ15歳の時に制作した楽曲だ。凄まじいまでの表現力に溢れた楽曲の世界を、才能ある若き俳優達が熱演している。

タワーレコードが発行するフリーマガジン「bounce」で表紙を飾るなど、既にメジャーデビュー前から話題騒然の“ぼくのりりっくのぼうよみ"。タワーレコード各店舗では、1stアルバム『hollow world』より4曲の先行試聴を開始しているので、是非店舗に足を運んで頂きたい。

iTunes Storeでは、1stアルバム『hollow world』の予約注文も受付中だ。予約注文するとその場ですぐに収録曲「sub/objective」、「パッチワーク」の2曲がダウンロード出来る。こちらも公開された「sub/objective」ミュージックビデオとともにチェックし、12月16日に迫ったアルバムの発売を心待ちにして欲しい。

■「sub/objective」MV
https://youtu.be/HKThn7Phxkk

【関連リンク】
ぼくのりりっくのぼうよみ オフィシャルHP
ぼくのりりっくのぼうよみ、メジャーデビューアルバムのリード曲を先行配信
期待の新星・ぼくのりりっくのぼうよみがアルバムリード曲「パッチワーク」の先行配信をスタート
indigo la End、lot holonとのコラボTシャツ第2弾をワンマンライブにて販売決定

【関連アーティスト】
ぼくのりりっくのぼうよみ
【ジャンル】
ジャパニーズロック

奥田民生、生誕50周年を締め括るSPライブがWOWOWにて放送決定
Sun, 29 Nov 2015 14:00:00 +0900
「奥田民生  生誕50周年伝説 “となりのベートーベン”」 (okmusic UP\'s)

12月22日に開催される奥田民生の生誕50周年を祝うライブ『奥田民生 生誕50周年伝説 “となりのベートーベン"』が、2016年1月30日(土)夜6:00よりWOWOWプライムにて放送される事が決定した。

【その他の画像】奥田民生

彼と親交のあるゲストアーティストを招き行なう第1部と、バンドと大編成のスペシャルオーケストラで行なう第2部のライブをお届けする。

2015年に50歳となった奥田民生。5月には生誕50年記念ライブ『ユニコーン 奥田民生50祭“もみじまんごじゅう"』を開催、10〜11月には約2年ぶりとなるツアー『秋コレ』を全国で展開、さらに4年ぶりとなる弾き語りライブ『ひとり股旅スペシャル@マツダスタジアム』を行なうなど、アニバーサリーイヤーならではの1年を駆け抜けてきた。そのメモリアルな1年を締めくくる一夜限りのスペシャルライブが『生誕50周年伝説“となりのベートーベン"』だ。

奥田のレコーディング&ツアーを中心に活動する盟友・斎藤有太の「彼の音楽を皆と共に楽しみ、未来に繋がる一夜限りのRock\'n\'Roll Partyをやりたい!」という想いから実現したこのイベントには、奥田と親交のあるミュージシャンが世代を超えて集結する。奥田のミュージシャン人生を投影した顔ぶれが織り成す2部構成のステージは必見!

(c) 2008-2015, WOWOW INC.

■【『奥田民生 生誕50周年伝説 “となりのベートーベン"』WOWOWプライム放送 詳細】

放送日時:2016年1月30日(土) 夜6:00〜
収録日:2015年12月22日
収録場所:東京 東京国際フォーラム ホールA
<ゲストアーティスト>
うつみようこ、オカモトショウ(OKAMOTO\'S)、岸田繁(くるり)、草野マサムネ(スピッツ)、Char、トータス松本(ウルフルズ)、仲井戸麗市、浜崎貴司、PUFFY、八熊慎一(SPARKS GO GO)、YO-KING(真心ブラザーズ)、吉井和哉、Leyona、和田唱(TRICERATOPS) ※五十音順
■第1部 バンドメンバー
古田たかし、根岸孝旨、長田進、斎藤有太
バンドメンバー:小原礼、斎藤有太、湊雅史
■第2部 バンドメンバー
伊藤大地、ハマ・オカモト(OKAMOTO\'S)、松浦善博、斎藤有太、三沢またろう
スペシャルオーケストラ:金原千恵子、西村浩二、村田陽一、山本拓夫 ほか

【関連リンク】
奥田民生 オフィシャルHP
【40代向け】歌詞に共感できる曲5選●男性アーティスト篇●
奥田民生の「2015年ツアー秋コレ」がついにスタート
奥田民生、メモリアルイヤーを締め括るSPワンナイトショウが開催決定

【関連アーティスト】
奥田民生
【ジャンル】
ジャパニーズロック, テレビ(番組/CM)

KERA、27年ぶりのソロ新作は父に捧げるジャズ・アルバム
Sun, 29 Nov 2015 13:00:00 +0900
KERA (okmusic UP\'s)

2015年6月に有頂天の復活ミニ・アルバム『lost and found』をリリースし、精力的に活動中のKERA(有頂天、ケラ&ザ・シンセサイザーズ、No Lie-Sense)が、2016年1月20日に27年ぶりのソロアルバム『Brown, White & Black』をリリースする。

【その他の画像】有頂天

今作のテーマはジャズ。秋元康がプロデュースを手がけた前作『原色』(1988年)製作時から密かにプランを練っていたという本作は、オーセンティックなものでは無く、榎本健一や二村定一のような一種のフェイクジャズ。ジャズ・ミュージシャンだった父に捧げるジャズ・アルバムに仕上げたという。

本作はスタンダード・ナンバー「シャイン」、「ラヴァー、カム・バック・トゥ・ミー(恋人よ我に帰れ)」、ゲルニカ「復興の歌」、灰田勝彦「東京の屋根の下」、エノケンも歌った「月光値千金」、日本の愛唱歌「学生時代」の7曲のほか、セルフ・カバーである有頂天の「ミシシッピ」 等、本作の為の書き下ろした新曲6曲が収録された全13曲入り。ビッグ・バンドでのスウィング・ジャズはもちろん、ジプシー・ジャズ、クレズマー、ジャズテクノなど、様々なアプローチで“21世紀のエノケン"を目指す。これまでになくリラックスした製作現場を得て、多くのゲスト・ミュージシャン達と共に作り上げた、決してジャズミュージシャンには作り得ないジャズ・アルバムが出来上がった。また、ジャケットは3面紙ジャケット仕様の豪華盤となっている。

尚、12月12日(土)に新宿ロフトにて有頂天とケラ&ザ・シンセサイザーズの2マン・イベントが開催される。この日は有頂天の待望の新曲を披露するほか、ケラ&ザ・シンセサイザーズのゲストとして田渕ひさ子が参加するとのことで、こちらも見逃せない。

■【KERAよりコメント】

88年に秋元康氏のプロデュースで発表した「原色」以来、実に27年ぶりのソロ・アルバムを、年末にお届けしたい。こちらはジャズだ。ジャズといってもエノケンとか二村定一のような、一種のフェイク・ジャズ。父親に聴かせたかったアルバムを、ようやく作れる。

■アルバム『Brown, White & Black』

2016年1月20日(水)発売
CDSOL-1700/¥3,000+税
※三面豪華紙ジャケット
※オール・カラー・ブックレット付
<収録曲>
1. Old Boys (SWING)
2. Shine (That\'s Why They Call Me Shine )
3. 半ダースの夢
4. これでおあいこ
5. 学生時代
6. Lover, Come Back to Me
7. ミシシッピ
8. 流刑地
9. 月光値千金
10. 東京の屋根の下
11. 復興の歌
12. 地図と領土
13. フォレスト・グリーン(或いは、あの歌をいつか歌えるか)

■『有頂天VSケラ&ザ・シンセサイザーズ ツーマンライブ』

12月12日(土)  新宿LOFT
開場 18:00/開演 19:00
<出演>
有頂天
ケラ&ザ・シ ンセサイザーズ (ゲスト:田渕ひさ子、他)
<チケット>
前売:¥5,000
当日:¥5,500
※ 1ドリンク別

【関連リンク】
ケラ&ザ・シンセサイザーズ、「真夜中のギター」MV公開
ナゴムレコード主催者、ケラが率いたロックバンド、有頂天。『AISSLE』はポップとアートが同居した類稀なる傑作!
鈴木慶一×KERAによる“No Lie-Sense”が単独ライブ開催決定
日本のカルチャーを牽引する新たなラジオ番組がスタート!

【関連アーティスト】
有頂天, ケラ&ザ・シンセサイザーズ, No Lie-Sense, KERA
【ジャンル】
J-POP, ジャズ/フュージョン

X4、ツアーファイナルが大盛況&配信シングルがiTunes R&B/ソウルチャートで首位獲得
Sun, 29 Nov 2015 12:00:00 +0900
11月26日(木)@品川ステラボール (okmusic UP\'s)

ツアーファイナルを成功をさせた本格派ダンス&ボーカルユニットX4、そのファイナルの日にリリースされた配信シングルがiTunes R&B/ソウルチャートで首位獲得!

【その他の画像】松下優也

今年、3度目となる全国ツアー『LIVE TOUR 2015 〜 Killing Me〜』が11月26日、品川ステラボールにてツアーファイナルを迎えた。

過去最大級の今回のツアーファイナル。しかも、品川ステラボールでの公演は初めてであり、彼らにとって過去最大のホールキャパであったが、追加公演にも関わらず超満員に! デビュー曲「Killing Me」で幕を開けたこの日のライブ。YUYA、T-MAX、KODAIの3 人がすべてリードボーカルをとれ、ダンスソロもこなせる本格派ヴォーカル&ダンスグループとして、10月のツアー初日からさらに進化したステージを見せた。

そんなパーフェクトなパフォーマンスと凛としたビジュアルからは想像もつかない、彼らの芸人顔負けの饒舌な関西弁トークに会場は大爆笑。ツアー中の珍道中や銭湯にみんなで行ったときの笑い話など、このルックスと喋りのギャップが彼らの魅力でもありファンの心をつかんでいるよう。

途中、YUYA・KODAIの2人による未発表曲「薬指」やT-MAXが振付を考えたダンスソロパートなど、今回のツアーから新たな試みもある中、ライブ終盤ではこの日ツアー最終日にリリースされた配信限定シングル「Snow Flakes」を披露。このツアー初日で初披露され、この最終日までファンと一緒に作り上げてきたという冬もピッタリなミディアムラブバラード。同曲はすでにiTunes R&B/ソウルチャートで首位を獲得している。

そしてアンコール最後では、次回の春ツアーを発表。ファンのニーズに答えるかの様に今回のツアーより更に規模を増した全国23所を予定。ツアーファイナルは地元大阪・なんばHatchにて行う。

アンコール最後には、ファンに何度も感謝を述べつつ、将来の夢は武道館公演と語るメンバー。それまで一緒についてきて下さいとの呼びかけに拍手で約束するファン。全20曲のステージは幕を閉じた。

年明けから、YUYA(松下優也)がミュージカル「花より男子 The Musical」(道明寺司役)、舞台「暁のヨナ」(ハク役)、T-MAX・KODAIが舞台「私のホストちゃん THE FINAL 〜激突!名古屋栄編〜」へ出演と、音楽以外のフィールドでも注目の彼ら。2016年の活躍にも期待したい。

■配信シングル「Snow Flakes」

配信中
iTunes、レコチョク、など、各配信サイトよりダウンロード!
配信サイト:https://xxxx4.jp/news
※特典でメンバー直筆メッセージ入りプレミアムクリスマスカード、X4プレミアムクリスマスツリー、メンバーチェキ等がつくサイトもございます。

■『LIVE TOUR 2016 』

4月01日(金) 兵庫・神戸 VARIT月
4月02日(土) 京都・京都 MUSE
4月03日(日) 静岡・浜松 窓枠
4月06日(水) 長崎・長崎 DRUM Be-7
4月08日(金) 熊本・熊本 B月9 V1
4月09日(土) 岡山・岡山 CRAZYMAMA KINGDOM
4月10日(日) 香川・高松 MONSTER
4月12日(火) 愛媛・松山 SALONKITTY
4月15日(金) 北海道・札幌 cube garden
4月17日(日) 千葉・柏 PALOOZA
4月20日(水) 東京・恵比寿 LIQUIDROOM
4月22日(金) 宮城・仙台 darwin
4月23日(土) 新潟・新潟 GOLDEN PIGS BLACK STAGE
4月24日(日) 石川・金沢 AZ
4月30日(土) 茨城・水戸 LIGHT HOUSE
5月04日(水) 広島・広島 CLUB QUATTRO
5月06日(金) 愛知・名古屋 ダイアモンドホール
5月07日(土) 岐阜・岐阜 club-G
5月13日(金) 埼玉・さいたま新都心 HEAVEN\'S ROCK
5月14日(土) 神奈川・横浜 F月A月D
5月21日(土) 福岡・福岡 DRUM LOGOS
5月24日(火) 東京・東京 Zepp Divercity TOKYO
5月26日(木) 大阪・なんば Hatch

【関連リンク】
星野源、ニューアルバムより新曲「Week End」の試聴動画を公開
BENI、刺激&感動ありの全国ツアー初日公演
小田和正、15回目となる『クリスマスの約束』は地元・横浜で実施
吉澤嘉代子、ツアー初日公演にて2ndフルアルバムのリリースを発表

【関連アーティスト】
松下優也, X4
【ジャンル】
J-POP, ライブ

palet、定期公演にて新メンバー加入を発表!
Sun, 29 Nov 2015 11:00:00 +0900
palet (okmusic UP\'s)

paletが 11月27日(金)、新メンバー加入をAKIBAカルチャーズ劇場での定期公演「金曜の夜は〜palet time ! palet7つ目の挑戦。〜赤坂BLITZへの道〜」にて発表した。

【その他の画像】palet

パフォーマンス終了後、MC担当のメンバー井草里桜菜が突如新メンバー加入を発表。満員の場内は大きなどよめきが起きた。

9月に発売された6thシングル「All for One」が渡邊真由を新メンバーとして加入の第1弾シングルとしてリリースしたこともあり、今回の突如の新メンバーの加入宣言は大きな驚きを与えた。なお新メンバーの名前、人数、年齢などの一切の情報は触れられてはないが、今後のpaletの活動に注目しよう。

■【ライブ情報】

『palet LIVE 2015 年末スペシャル!!』
12月28日(月) 赤坂BLITZ
開場18:00 開演18:30

『金曜の夜は〜palet time ! palet7つ目の挑戦。〜赤坂BLITZへの道〜』
12月11日(金) AKIBAカルチャーズ劇場
開場19:15 開演20:00

【関連リンク】
palet オフィシャルHP
palet、普及活動で1万枚のチラシ配りに挑戦!?
palet、ツアーファイナルにて年末に赤坂BLITZでのワンマンライブ開催を発表
palet、3周年ライブDVDのジャケット&収録内容を公開

【関連アーティスト】
palet
【ジャンル】
女性アイドル

SKE48が再始動を感じさせる圧巻のステージを披露
Sun, 29 Nov 2015 10:00:00 +0900
11月28日(土)@名古屋国際会議場センチュリーホール (okmusic UP\'s)

SKE48が11月28日、昼・夜の2回公演でコンサート「SKE48冬コン2015 名古屋再始動。〜珠理奈が帰って来た〜ひと足お先にXmas!ユニット祭り」を名古屋国際会議場センチュリーホールにて開催した。

【その他の画像】SKE48

公演では観客2800人が見守る中、総勢68人のメンバーが“、縦横無尽にステージを駆け巡り、会場を沸かせた。

なかでも今月11月25日に発売されたばかりの初のユニットシングル、ラブ・クレッシェンド「コップの中の木漏れ日」、キャラメルキャッツ「あの日の未来まで」、トランジットガールズ「だって 雨じゃない?」、フルマリオン「愛してるとか、愛してたとか」と各新ユニットが楽曲を披露していく中、松村香織率いるデッドストックダイアモンドの「平民出馬宣言」が本日初披露し選挙活動さながらにビラを配りながら歌唱するなど、それぞれ個性あるユニットのパフォーマンスで観客を圧倒し本公演に華を添えた。

また、"ひと足お先に"とタイトルにもある通り、クリスマスソングカバーメドレーも公演後半で披露。メンバーもサンタやトナカイのコスチュームを身に纏い、「きよしこの夜」・「赤鼻のトナカイ」など会場全体をクリスマスムードで盛り上げ、ファンへの少し早いクリスマスプレゼントとなった。

しかも、夜公演アンコールでは急遽研究生の昇格が湯浅支配人より発表された。チームSへの昇格に杉山愛佳・野島樺乃、チームKII昇格が 小畑優奈・白井琴望、チームE昇格が 後藤楽々・菅原茉椰、と総勢6名が昇格し涙を浮かべるメンバーも。

最後に松井珠理奈は 「SKE48再始動ということで、今のSKE48と、そしてこれからのSKE48を見逃して欲しくはありません。SKE48を応援してくださってるみなさんが、こんなにSKE48の曲をたくさん知っているんだよ!って胸を張って言っていただけるグループになれたらいいなと思います。どんな困難もみなさんと一緒に乗り越えて、一緒に進んで行けたらいいなと思いますので、これからもSKE48の応援をよろしくお願いします。」と本公演を締めくくり、SKEの"再始動"が今日から始まったのを感じさせるステージとなった。

11月29日も名古屋国際会議場センチュリーホールにて「SKE48リクエストアワー」が開催される。

【セットリスト】
■昼公演
-overture
M-01,前のめり
M-02,恋を語る詩人になれなくて
M-03,ボウリング願望
M-04,僕らの風
M-05,未来とは?
M-06,コケティッシュ渋滞中
M-07,コップの中の木漏れ日
M-08,フィンランド・ミラクル
M-09,Glory days
M-10,叱ってよ、ダーリン!
M-11,お楽しみは明日から
M-12,平民出馬宣言
M-13,あの先の未来まで
M-14,片想いFinally
M-15,マツムラブ!
M-16,あっという間の少女
M-17,雨のピアニスト
M-18,だって 雨じゃない?
M-19,愛してるとか、愛してたとか
M-20,不器用太陽
M-21,強がり時計
M-22,12月のカンガルー
M-23,クリスマスメドレー
・きよしこの夜
・赤鼻のトナカイ
・サンタが街にやってくる
・あわてんぼうのサンタクロース
・あなたとクリスマスイブ
・ジングルベル
・We Wish You A Merry Christmas
M-24,パレオはエメラルド(Xmas ver.)
〜アンコール〜
EN-1,I love AICHI
EN-2,1!2!3 !4! ヨロシク!
EN-3,アイシテラブル!
EN-4,僕は知っている

■夜公演
-overture
M-01.青空片想い
M-02.ごめんね、SUMMER
M-03.コップの中の木漏れ日
M-04.バンザイVenus
M-05.アイシテラブル!
M-06.嘘つきなダチョウ
M-07.眼差しサヨナラ
M-08.わがままコレクション
M-09.だって 雨じゃない?
M-10.愛してるとか、愛してたとか
M-11.スルー・ザ・ナイト
M-12.愛の数
M-13.平民出馬宣言
M-14.あの先の未来まで
M-15.クロス
M-16.ウィンブルドンへ連れて行って
M-17.思い出以上
M-18.キスだって左利き
M-19,オキドキ
M-20,強がり時計
M-21,12月のカンガルー
M-22,クリスマスメドレー
・きよしこの夜
・赤鼻のトナカイ
・サンタが街にやってくる
・あわてんぼうのサンタクロース
・あなたとクリスマスイブ
・ジングルベル
・We Wish You A Merry Christmas
M-23,パレオはエメラルド(Xmas ver.)
〜アンコール〜
EN-1,I love AICHI
EN-2,1!2!3 !4! ヨロシク!
EN-3,バズーカ砲発射!
EN-4,僕は知っている

【関連リンク】
SKE48 オフィシャルHP
X JAPAN、20年ぶりの日本ツアー被災地石巻から遂にスタート!
ジュンスカ、ツアーファイナルで伝説となった渋谷公会堂ライブの映像化を発表
Tourbillon、結成10周年記念ライブが大盛況のうちに幕

【関連アーティスト】
SKE48, ラブ・クレッシェンド
【ジャンル】
J-POP, 女性アイドル, ライブ

METAFIVE、アルバム発売に先駆け特設サイトにてスタジオ・ライブ映像を公開
Sun, 29 Nov 2015 09:00:00 +0900
アルバム『META』 (okmusic UP\'s)

2016年1月13日に待望のオリジナル・アルバム『META』を発売するMETAFIVEが、アルバム・リリースを記念して特設サイトをオープン! その第1弾としてアルバムに先駆け、バンドメンバー6名のみのスタジオ・ライブによる映像を公開した。

【その他の画像】LEO今井

公開された楽曲はアルバムにも収録される「Don\'t Move」。METAFIVEならではの疾走感のあるファンキーな楽曲であり、2015年に彼らが出演した「WORLD HAPPINESS 2015」「OTODAMA\'15〜音泉魂〜」でいち早く披露され、好評を博したナンバーだ。

今回公開される映像は、4Kカメラ10台によるあてぶりナシ1発録音のスリリングな映像となった。2016年1月発売のアルバム『META』に収録されたトラックとは違う、彼らの魅力を余すところなく映し出したライブ映像である。また特設サイトでは今後も映像やインタビューなどコンテンツの拡充を予定。ファンならずとも注目の内容が期待される。

尚、METAFIVEはアルバム発売翌日の1月14日に恵比寿リキッドルームにてオープニングアクトにYoung Juvenile Youthを迎え、リリースパーティー “pre-METALIVE 2016 〜「META」RELEASE party"を、1月21日には六本木EXシアターにてワンマンライブ"METAFIVE “METALIVE 2016"の開催を発表している。

■METAFIVE 特設サイト
http://sp.wmg.jp/metafive/

■【ライブ情報】

『METAFIVE “pre-METALIVE 2016 〜「META」RELEASE party"』
2016年1月14日(木) 恵比寿 LIQUIDROOM
開場:19:00 / 開演:20:00
オープニングアクト:Young Juvenile Youth
※チケット発売中

『METAFIVE “METALIVE 2016"』
2016年1月21日(木) EX THEATER ROPPONGI
開場:18:30 / 開演:19:30

【関連リンク】
METAFIVE オフィシャルfacebook
LOVE PSYCHEDELICO、15周年が体感できるライヴアルバムを12月にリリース
強者メンバーによるスーパーバンド“METAFIVE”が来年1月に待望のアルバムを発表

【関連アーティスト】
LEO今井, TOWA TEI, 砂原良徳, 高橋幸宏, 権藤知彦, 小山田圭吾, METAFIVE
【ジャンル】
J-POP

X JAPAN、20年ぶりの日本ツアー被災地石巻から遂にスタート!
Sun, 29 Nov 2015 00:00:00 +0900
11月28日(土)@石巻ブルーレジスタンス (okmusic UP\'s)

X JAPANが11月28日より、1995〜96年に行った「DAHLIA TOUR」以来、実に20年ぶりとなる日本ツアーを石巻のライブハウスからスタートさせた。

【その他の画像】X JAPAN

今回の石巻公演はX JAPANのリーダーYoshikiが、自分の目で被災地を見たいと2013年9月に石巻を訪れ、幼稚園や小学校等を回わり最後に本日のライブ会場である石巻ブルーレジスタンスに立ち寄り、その際Yoshikiは次回の訪問を約束。今回ライブ開催という形でその約束が果たされた事となった。

X JAPAN(X)として、この規模のライブハウス公演は、1991年12月31日の「ALL NIGHT METAL PARTY」目黒鹿鳴館以来、実に24年ぶりとなる。

本日の公演は震災復興チャリティーコンサートとして開催され、入場出来る観客は150名のみ。半数の75枚はインターネットオークションサイト「ヤフオク!」内特設サイトのチャリティオークションに出品された。残りの半数75枚は地元の石巻市・東松島市・牡鹿群女川町在住の方のみを対象とした無料ご招待に当選された方々である。

「ヤフオク!」でのチケットオークション落札金額の総額は28,289,358円となり「中央共同募金会」を通じて全額寄付され、東北被災地の子供たちの支援に使用されることとなった。

当日、ライブハウスには、石巻市長を始め、地元を代表した高校生たちがX JAPANの凱旋を出迎えた。

惜しくも当選に漏れたファンや地元の方たちの為に、会場から15分ほどの場所にある石巻市総合体育館では、急きょパブリック・ビューイングが行われ、約3000人のファンはライブの模様が映り出されるスクリーンに向かって大声援を送っていた。さらに、このライブはニコニコ生放送を通じて全世界にもネット配信され、番組中も更なる寄付が出来る様に視聴者に呼びかけられた。

X JAPANバンドとしても、それぞれメンバーとしても、これまで様々な形でチャリティー活動を行っている。1995年阪神淡路大震災では被災した学校10校以上にピアノを寄贈、2009年四川大地震でも被災地に音楽施設の寄贈、2011年東日本大震災後にはYoshikiはX JAPANのラストライブで使用した自らのクリスタルピアノをオークションに出し落札額を全額寄付、その後もX JAPANで出演したa-nationの出演料も全額寄付を行った。またSUGIZOもボランティア活動で石巻に行く等、継続的に支援活動を行っている。

X JAPANの日本ツアーはこの後、12月1日(火)〜4日(金)横浜アリーナを皮切りに、7日(月)大阪、9日(水)福岡、11日(金)広島、14日(月)・15日(火):名古屋の5都市で計9公演が行われる。

そして、12月31日(木)大晦日にはX 18年ぶりに6回目の「紅白歌合戦」出演を果たす。

さらに、2016年3月11日(金)には20年ぶりのスタジオアルバムが全世界発売予定。翌3月12日にはNYマディソンスクエアガーデンとともに世界的に著名で由緒あるイギリスのウェンブリー・アリーナ(SSE ARENA,WEMBLEY)にて、アルバムリリースパーティー#XDAYと題したコンサートイベントを行う。そのイベント時には、ハリウッド映画として製作されているX JAPANのドキュメンタリー映画のワールド・プレミアが行われる。

今後のX JAPANの動向に注目しよう。

■X JAPAN ツアースケジュール

12月01日(火) 横浜・横浜アリーナ
12月02日(水) 横浜・横浜アリーナ
12月03日(木) 横浜・横浜アリーナ
12月04日(金) 横浜・横浜アリーナ
12月07日(月) 大阪・大阪城ホール
12月09日(水) 福岡・マリンメッセ福岡
12月11日(金) 広島・広島グリーンアリーナ
12月14日(月) 名古屋・日本ガイシホール
12月15日(火) 名古屋・日本ガイシホール

【X JAPAN 世界ツアー】
2016年3月12日(土) イギリス・ウェンブリーアリーナ

【関連リンク】
X JAPAN オフィシャルHP
X JAPAN、18年ぶり紅白出場決定!
【ドリフェスDAY3】オープニングは関ジャニ∞、トリはX JAPAN。「ENDLESS RAIN」で会場感極まる
X JAPAN、日本ツアー最終日の模様が全国の映画館で生中継決定

【関連アーティスト】
X JAPAN, YOSHIKI
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル, ライブ













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1