歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2015年11月26日)
バックナンバー
最新ニュース
2015/12/05
2015/12/04
2015/12/03
2015/12/02
2015/12/01
2015/11/30
2015/11/29
2015/11/28
2015/11/27
2015/11/26
2015/11/25
2015/11/24
2015/11/23
2015/11/22
2015/11/21
2015/11/20
2015/11/19
2015/11/18
2015/11/17
2015/11/16
2015/11/15
2015/11/14
2015/11/13
2015/11/12
2015/11/11
2015/11/10
2015/11/09
2015/11/08
2015/11/07
2015/11/06
2015/11/05
2015/11/04
2015/11/03
2015/11/02
2015/11/01
2015/10/31
2015/10/30
2015/10/29
2015/10/28
2015/10/27
2015/10/26
2015/10/25
2015/10/24
2015/10/23
2015/10/22
2015/10/21
2015/10/20
2015/10/19
2015/10/18
2015/10/17
2015/10/16
2015/10/15
2015/10/14
2015/10/13
2015/10/12
2015/10/11
2015/10/10
2015/10/09
2015/10/08
2015/10/07
2015/10/06
2015/10/05
2015/10/04
2015/10/03
2015/10/02
2015/10/01
2015/09/30
2015/09/29
2015/09/28
2015/09/27
2015/09/26
2015/09/25
2015/09/24
2015/09/23
2015/09/22
2015/09/21
2015/09/20
2015/09/19
2015/09/18
2015/09/17
2015/09/16
2015/09/15
2015/09/14
2015/09/13
2015/09/12
2015/09/11
2015/09/10
2015/09/09
2015/09/08
2015/09/07
2015/09/06
2015/09/05
2015/09/04
2015/09/03
2015/09/02
2015/09/01
2015/08/31
2015/08/30
2015/08/29
2015/08/28
2015/08/27
2015/08/26
2015/08/25
2015/08/24
2015/08/23
2015/08/22
2015/08/21
2015/08/20
2015/08/19
2015/08/18
2015/08/17
2015/08/16
2015/08/15
2015/08/14
2015/08/13
2015/08/12
2015/08/11
2015/08/10
2015/08/09
2015/08/08
2015/08/07
2015/08/06
2015/08/05
2015/08/04
2015/08/03
2015/08/02
2015/08/01
2015/07/31
2015/07/30
2015/07/29
2015/07/28
2015/07/27
2015/07/26
2015/07/25
2015/07/24
2015/07/23
2015/07/22
2015/07/21
2015/07/20
2015/07/19
2015/07/18
2015/07/17
2015/07/16
2015/07/15
2015/07/14
2015/07/13
2015/07/12
2015/07/11
2015/07/10
2015/07/09
2015/07/08
2015/07/07
2015/07/06
2015/07/05
2015/07/04
2015/07/03
2015/07/02
2015/07/01
2015/06/30
2015/06/29
2015/06/28
2015/06/27
2015/06/26
2015/06/25
2015/06/24
2015/06/23
2015/06/22
2015/06/21
2015/06/20
2015/06/19
2015/06/18
2015/06/17
2015/06/16
2015/06/15
2015/06/14
2015/06/13
2015/06/12
2015/06/11
2015/06/10
2015/06/09
2015/06/08
2015/06/07
2015/06/06
2015/06/05
2015/06/04
2015/06/03
2015/06/02
2015/06/01
2015/05/31
2015/05/30
2015/05/29
2015/05/28
2015/05/27
2015/05/26
2015/05/25
2015/05/24
2015/05/23
2015/05/22
2015/05/21
2015/05/20
2015/05/19
2015/05/18
2015/05/17
2015/05/16
2015/05/15
2015/05/14
2015/05/13
2015/05/12
2015/05/11
2015/05/10
2015/05/09
2015/05/08
2015/05/07
2015/05/06
2015/05/05
2015/05/04
2015/05/03
2015/05/02
2015/05/01
2015/04/30
2015/04/29
2015/04/28
2015/04/27
2015/04/26
2015/04/25
2015/04/24
2015/04/23
2015/04/22
2015/04/21
2015/04/20
2015/04/19
2015/04/18
2015/04/17
2015/04/16
2015/04/15
2015/04/14
2015/04/13
2015/04/12
2015/04/11
2015/04/10
2015/04/09
2015/04/08
2015/04/07
2015/04/06
2015/04/05
2015/04/04
2015/04/03
2015/04/02
2015/04/01
2015/03/31
2015/03/30
2015/03/29
2015/03/28
2015/03/27
2015/03/26
2015/03/25
2015/03/24
2015/03/23
2015/03/22
2015/03/21
2015/03/20
2015/03/19
2015/03/18
2015/03/17
2015/03/16
2015/03/15
2015/03/14
2015/03/13
2015/03/12
2015/03/11
2015/03/10
2015/03/09
2015/03/08
2015/03/07
2015/03/06
2015/03/05
2015/03/04
2015/03/03
2015/03/02
2015/03/01
2015/02/28
2015/02/27
2015/02/26
2015/02/25
2015/02/24
2015/02/23
2015/02/22
2015/02/21
2015/02/20
2015/02/19
2015/02/18
2015/02/17
2015/02/16
2015/02/15
2015/02/14
2015/02/13
2015/02/12
2015/02/11
2015/02/10
2015/02/09
2015/02/08
2015/02/07
2015/02/06
2015/02/05
2015/02/04
2015/02/03
2015/02/02
2015/02/01
2015/01/31
2015/01/30
2015/01/29
2015/01/28
2015/01/27
2015/01/26
2015/01/25
2015/01/24
2015/01/23
2015/01/22
2015/01/21
2015/01/20
2015/01/19
2015/01/18
2015/01/17
2015/01/16
2015/01/15
2015/01/14
2015/01/13
2015/01/12
2015/01/11
2015/01/10
2015/01/09
2015/01/08
2015/01/07
2015/01/06
2015/01/05
2015/01/04
2015/01/03
2015/01/02
2015/01/01
2014/12/31
2014/12/30
2014/12/29
2014/12/28
2014/12/27
2014/12/26
2014/12/25
2014/12/24
2014/12/23
2014/12/22
2014/12/21
2014/12/20
2014/12/19
2014/12/18
2014/12/17
2014/12/16
2014/12/15
2014/12/14
2014/12/13
2014/12/12
2014/12/11
2014/12/10
2014/12/09
2014/12/08
2014/12/07
2014/12/06
2014/12/05
2014/12/04
BUMP OF CHICKENがニューアルバムリリースと結成20周年ライブ、さらにスタジアムツアーを発表
Thu, 26 Nov 2015 23:00:00 +0900
BUMP OF CHICKEN (okmusic UP\'s)

第66回NHK紅白歌合戦に初出場することが決定したBUMP OF CHICKENが、2016年2月10日にアルバム『Butterflies』をリリースすることを発表! さらに、バンド結成20周年ライブとスタジアムツアーも決定した。

【その他の画像】BUMP OF CHICKEN

来年結成20周年というメモリアルイヤーを迎えたBUMP OF CHICKEN。バンドの新境地を切り拓くのは、2016年2月にリリースされるニューアルバム『Butterflies』! 昨年の東京ドーム公演以降に発表された「You were here」、「ファイター」、「パレード」、「Hello,world!」、「コロニー」という豪華タイアップ付の既発曲5曲に、アルバムリード曲「Butterfly」( 発表)を含む新曲6曲を加えた11曲を収録予定している。

リリース形態は初回限定盤A(CD+DVD)、初回限定盤B(CD+Blu-ray)、通常盤(CD only)の3形態で、初回限定盤には応募総数250,000通を超えるプレミアムライブとなった今年のSpecial Live 2015@横浜アリーナの映像を全編収録。ライブの映像が全編収録されるのは初となり、貴重なアイテムになること必至だ。予約/購入者先着の店舗別オリジナル特典も同時に発表もなったので、BUMP OF CHICKENオフィシャルHPをチェックしてほしい。その他、アルバムアートワークをはじめ、収録内容の詳細、特典デザイン等は後日発表予定となっている。

そして、バンド結成20周年記念日の来年2月11日に開催する 『BUMP OF CHICKEN 結成20周年記念 Special Live 「20」』と、来春から始まるバンド史上初のスタジアムツアー 『BUMP OF CHICKEN STADIUM TOUR 2016 ‘\'BFLY\'\'』の開催も決定した。ツアーファイナルは日産スタジアム公演が決定している。日産スタジアム公演の開催日程は、後日発表予定とのこと。

結成 20 周年を迎え、更なる進化を遂げるバンドのステージを楽しみに待っておこう。

■アルバム『Butterflies』

2016年2月10 日発売
【初回限定盤A】(CD+DVD)
TFCC-86550/¥4,500(+税)
【初回限定盤B】(CD+Blu-ray)
TFCC-86551/¥5,500(+税)
【通常盤】(CD)
TFCC-86552/¥3,000(+税)
<収録曲>
■CD
「You were here」「ファイター」「パレード」「Hello,world!」「コロニー」「Butterfly」含む11曲収録予定
■初回限定盤A 付属DVD/初回限定盤B 付属Blu-ray
Special Live 2015@横浜アリーナの全編映像

◎3形態共通封入特典
ツアーファイナルとなる日産スタジアム公演最速先行予約フライヤー(シリアルナンバー入り)

■【ライブ情報】

『BUMP OF CHICKEN 結成20周年記念 Special Live 「20」』
2月11日(木・祝) 千葉県 幕張メッセ国際展示場9〜11ホール
料金:前売8,100円(税込)
チケット一般発売日:2016年1月24日(日)各プレイガイドWEB受付のみ

『BUMP OF CHICKEN STADIUM TOUR 2016 ‘\'BFLY(バタフライ)\'\'』
4月09日(土) 大阪府 京セラドーム大阪
4月10日(日) 大阪府 京セラドーム大阪
5月08日(日) 愛知県 ナゴヤドーム
5月22日(日) 福岡県 ヤフオク!ドーム
※ツアーファイナルは日産スタジアムで開催予定
料金:前売8,640円(税込)
チケット一般発売日:2016年3月19日(土)各プレイガイドWEB受付のみ
オフィシャルサイト1次先行:2015年12月1日(火)12:00〜12月7日(月)23:59
オフィシャルサイト2次先行:2015年12月8日(火)12:00〜12月14日(月)23:59

【関連リンク】
BUMP OF CHICKEN オフィシャルHP
音楽も冬支度! 冬が待ち遠しくなる5曲
BUMP OF CHICKEN、歴史に新たな一歩を刻むスペシャルライヴで観客を魅了
BUMP OF CHICKEN、横アリ公演ライブビューイングの入場者特典が決定

【関連アーティスト】
BUMP OF CHICKEN
【ジャンル】
ジャパニーズロック

X JAPAN、18年ぶり紅白出場決定!
Thu, 26 Nov 2015 21:30:00 +0900


X JAPANが大みそかの「第66回NHK紅白歌合戦」に18年ぶりに出場することが決定した。

【その他の画像】X JAPAN

18年ぶりに紅白出場が決定したX JAPAN 。リーダー・YOSHIKI本人からのコメント届いた。 大みそかの放映ではどのようなパフォーマンスを見せるかが楽しみだ。

■X JAPAN CHANNEL
http://ch.nicovideo.jp/xjapanofficial

【関連リンク】
X JAPAN オフィシャルHP
【ドリフェスDAY3】オープニングは関ジャニ∞、トリはX JAPAN。「ENDLESS RAIN」で会場感極まる
X JAPAN、日本ツアー最終日の模様が全国の映画館で生中継決定
X JAPAN、ニコ生にて震災復興チャリティーコンサートを全世界へ独占生中継決定

【関連アーティスト】
X JAPAN
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル, テレビ(番組/CM)

ボジョレー・ヌーボー解禁! 赤ワインが飲みたくなる曲
Thu, 26 Nov 2015 18:00:00 +0900
中森明菜『ベスト フィンガー: 25周年記念セレクション』のジャケット写真 (okmusic UP\'s)

ミュージックソムリエ協会では、「こんな時に聴きたい音楽!」ということで、日常のヒトコマで、ふっと聴きたい音楽を選曲しました。選曲はすべて、ミュージックソムリエ(http://musicsommelier.jp)によるもの。
11月19日は、ボジョレー・ヌーボー解禁日でした。毎年ニュースなる話題ですが、これはフランスのボジョレーで収穫されたブドウ(ガメイ種)でできたワインの新酒の解禁日のことを指しているそうです。ボジョレー・ヌーボーは、渋みが少ないので、少し冷やしてから飲むと美味しいんですって。さて、美味しいお酒には、やっぱりいい音楽が必須でしょう!ということで、今回は「赤ワインが飲みたくなる曲」をセレクトしました。ミュージックソムリエなんて名乗ってますからね、今回も良い音楽、揃えています。オススメ5曲をどうぞ。


■1.「恋するリリー」/世武裕子
https://www.youtube.com/watch?v=qQUWkUklDZs

ボジョレー・ヌーボー解禁!とか言っているけど、普段飲むワインとの差異があまり分からない。でも、ワイン好きだし飲むか!みたいな感じで、毎年ワインを飲んでいるのです、私は。まぁ、あまり肩ひじ張らずに楽しくワインが飲めれば、いいんじゃなんですかね、きっと。
世武裕子の「恋するリリー」を聴きながらグラスを傾ければ、幸せな気分でワインが飲めること間違いなしです。フランス語で歌われる歌詞とピアノの音を聴くだけで、なんだか心が弾みます。この作品は、2010年3月に発売されたセカンド・アルバム「リリー」に収録された曲です。今年は、フジテレビ月9ドラマ「恋仲」や映画「ストロボエッジ」のサウンドトラックを担当した彼女。これからも、ボジョレー・ヌーボーのような軽やかで爽やかな作品を始め、さまざまな表情の作品が発表されるのが楽しみです。
(選曲・文/石井由紀子)

■2.「Lay Down Your Weary Tune」/The Byrds

「もうその歌を弾くのはやめておくれ ギターの弦みたいに気張らないで休んでごらん 君の演奏に付き合ってくれる歌い手は居ないのだから。」演奏はフォーク・ロックの旗手バーズ。1965年当時、まだ世に出ていなかったボブ・ディランの名曲を見事に彼ら自身のものにしています。
明日は久しぶりの休み。仕事を頑張って、頑張って、帰ってきた。一人暮らしの家には、楽しみにしていた今年のボジョレーワイン。部屋を暖かくすれば、ご褒美のボジョレーを頂く準備は万端。グラスにワインを注いで、飲みながら聴きたいのが、「Lay Down Your Weary Tune」です。
ゆったりとした心地よいテンポと、包み込まれるようなハーモニーは、優しさ包容力を持ってワインと共に、疲れを癒してくれることでしょう。
(選曲・文/GAOHEWGII)

■3.「Break Silence」/CARBON AIRWAYS
https://www.youtube.com/watch?v=v3BSrXl4J3g

ボジョレーヌーボーの「ヌーボー(nouveau)」は、「新しいもの」という意味。フレッシュなワインのお供には、フレッシュなアーティストの作品を!と思いまして、フランス発の若手ユニット、CARBON AIRWAYSの作品をご用意いたしました。
少し硬い音質のエレクトリックサウンドに耳を傾け、身体を揺らせば、ワインの酔いもいい感じに回ります。まったりと音楽とワインを堪能するのもいいけれど、近未来感がバシバシ伝わる音楽を聴きながら飲むワインも楽しいものです。
CARBON AIRWAYSは、フランス人の姉弟で構成されたユニットです。弟のオンギュースがサウンドを作成し、姉のエレオノアが歌詞とメロディーを作っています。今年8月には、SONIC MANIAにも出演を果たし、アジアでの活躍も期待される彼ら。ボジョレー・ヌーボーのように、日本でも愛される存在になってもらいたいです。
(選曲・文/石井由紀子)

■4.「TANGO NOIR」/中森明菜

ボジョレー・ヌーボーに似合う曲を選曲しましたが、実は私、下戸なのです。赤ワインのイメージを、下戸なりに膨らませて選んでみました。
赤ワインの真紅は、情熱を感じさせてくれる気がするのです。そして、その雰囲気に似合うのが、中森明菜の歌声ではないでしょうか。特に、1980年代後半の彼女の曲には、異国情緒を感じさせるものが多いのですが、その中でも特に異国情緒と情熱を感じるのが、1987年の大ヒット曲「TANGO NOIR」です。タンゴのイメージの赤と黒。情熱的な愛を描いた歌詞が、とても印象的な作品です。
彼女にしか出せないような低音。そして、サビ終わりの"tango noir!!!"という揺らぎを入れた歌唱。激情が、聴き手にも非常に伝わってきます。中森明菜の歌の凄さを堪能するには、もってこいのナンバーですね。この曲を聴きながら、情熱的な赤ワインを飲んでみたいものです。
(選曲・文/Kersee)

■5.「One Day」/URBAN TALE

待ちに待ったボジョレー解禁!
仕事帰りに買ったワインを開け、自宅のソファでくつろぎながら、今年の仕上がりをじっくりと確かめる。毎年の微妙な味わいの違いが楽しいですよね!
ワインを堪能するシーンには、ゆったり和めるロック・バラードがおススメ!。
・・・と一聴したところで、「あれ?これJOURNEYじゃないの?」と思った方、いらっしゃいませんか?
実はこれ、フィンランドのURBAN TALEというバンドのデビューアルバム『Urban Tale』(2003年)からの曲。曲も歌声も否応なく、アメリカを代表するロックバンドJOURNEYを彷彿とさせますが、それもそのはず。URBAN TALEは、JOURNEYのトリビュート企画をきっかけに生まれたバンドなのです。もちろん「彷彿とさせる」といっても、才能のないミュージシャンがやれば、単なる物真似になってしまいそうなところを、本家JOURNEYに匹敵する、優れた名バラードに仕上げている点は、素晴らしいの一言。
そして、よくよく耳を澄ませば、サウンドの端々に本家にはない、独特の透明感も聴いてとれて、それがまた楽しいのです。
ワインと音楽。その楽しみ方には、どこか似たところがありますね。
(選曲・文/伊藤威明)

【関連アーティスト】
The Byrds, Urban Tale, 中森明菜, 世武裕子, Carbon Airways
【ジャンル】


コレサワ、ヴィレッジヴァンガードとの限定コラボTシャツ発売決定
Thu, 26 Nov 2015 20:00:00 +0900
コレサワ (okmusic UP\'s)

シンガーソングライターのコレサワが2ndシングル「女子、ジョーキョー。」の発売を記念して、ヴィレッジヴァンガードとのコラボTシャツを作成&発売することが決定した。

【その他の画像】コレサワ

今年春に発売された1st シングル「君のバンド」も好調なシンガーソングライターのコレサワ。ヴィレッジヴァンガード各店舗でも支持を受けていることから、ヴィレッジヴァンガードからの熱いオファーで、今回の完全限定コラボTシャツが実現した。

コレサワの全ビジュアルは「れ子ちゃん」といわれるクマのキャラクターが担当していて、今回は「れ子ちゃん」が“遊べる本屋"をコンセプトにしたヴィレッジヴァンガードの象徴である本とともに登場。「本の上にれ子どーん」タイプで完全限定、エクスクルーシブ仕様となっており、ヴィレヴァンでしか手に入らないデザインのTシャツだ。デザインはコレサワの全作品のジャケット、MVを手がけるウチボリシンペによるもので、今後ツアー会場等での販売は行わないので、早目に手に入れよう。

こちらの完全限定コラボTシャツは、11月26日(木)17時よりヴィレッジヴァンガードオンラインストアで予約受付が開始され、12月15日(火)に発売となる。取り扱い店舗については12月1日(火)に、ヴィレッジヴァンガードオンラインストアおよび、コレサワのオフィシャルホームページにて発表されるので是非チェックしよう。

■ヴィレッジヴァンガードオンラインストア
http://vvstore.jp/feature/detail/6913/
■コレサワ オフィシャルHP
http://koresawa.jp/

■コレサワ×ヴィレッジヴァンガード完全限定コラボTシャツ「本の上にれ子どーん」Tシャツ

価格:¥2500(税込)
色:白
サイズS:M
・S:着丈約65cm/身幅約48cm/袖丈約20cm
・M:着丈約68cm/身幅約50cm/袖丈約20cm
・L:着丈約71cm/身幅約53cm/袖丈約21cm
デザイン:ウチボリシンペ
発売日:12月15日(火)
予約開始日:11月26日(木)17:00〜
問い合わせ:ヴィレッジヴァンガードオンラインストア

2015年12月16日(水)発売
RECO-003/¥1,200(+税)
<収録曲>
1.あたしを彼女にしたいなら
※日本テレビ系「バズリズム」11月エンディングテーマ
2.トーキョー
3.最終電車
4.シティーガール
5.シュシュ
※テレビ東京「廃墟の休日」エンディングテーマ

◎「女子、ジョーキョー。」特典一覧
・Village Vanguard 「あたしを彼女にしたいなら」MV
※お買い求めの店舗に特典がつくか必ずご確認くださいませ。
・タワーレコード全店 ステッカー
・HMV全店 ステッカー
・TSUTAYA全店(一部店舗を除く) ステッカー 
※お買い求めの店舗に特典がつくか必ずご確認くださいませ。
※ステッカーはそれぞれ異なるデザインになります。

いずれも先着になります。必ず事前にお買い求めの店舗にて特典がつくことをご確認の上ご予約、お買い求めください。

【関連リンク】
コレサワ、自身初の無料招待ライブを女子限定・男子限定で開催
コレサワの新曲が『バズリズム』11月EDテーマに決定
コレサワ、2nd E.P.のリードトラックMVを公開
コレサワ、「女子、ジョーキョー。」発売記念で女子限定・男子限定無料ライヴ開催決定

【関連アーティスト】
コレサワ
【ジャンル】
J-POP

POLYSICS、新プロジェクトはヴァーチャル・リアリティMV製作!?
Thu, 26 Nov 2015 19:30:00 +0900
POLYSICS (okmusic UP\'s)

稀有なサウンドで注目を集め、日本のニューウェイブ・ミュージックシーンの最先端で常に活動してきたPOLYSICSがユニークな製作プロジェクトをスタートさせる。

【その他の画像】POLYSICS

そろいのツナギにバイザー、特異なライブパフォーマンス。サウンドは爆音ギターと、シンセサイザーやヴォコーダーなど、コンピューターミュージックを融合させる斬新さで注目を集め、日本のニューウェイブ・ミュージックシーンの最先端で常に活動してきたPOLYSICS。

毎回、新しい試みに挑戦してきた彼らが今回挑むのは、仮想の現実空間を360度立体的に楽しむ事のできるVR(ヴァーチャル・リアリティ)を駆使した体感型ミュージックビデオ制作。今回のプロジェクトでは、VR技術を手軽にスマートフォンで体験する事のできる「ハコスコ」というガジェットとコラボレーションする。

そんな新しい形のミュージックビデオ制作を、『VR MV制作 OR DIE!!! 〜あなたの周りを縦横無尽〜のVR MV製作プロジェクト』と名付けられたクラウドファンディングを使い、参加者全員で作りあげる企画がスタートする。

参加者にはリターンとして、MVの視聴権やPOLYSICS限定デザインのハコスコがもらえるほか、MV撮影の参加権や、メンバーが愛してやまない私物のプレゼント、ハヤシと一緒にバンジージャンプができるプランなどが用意されている。なお、クラウドファンディングの募集は12月1日20時からスタート!

2016年で結成19周年を迎える彼らの「来るべき20周年に向けて活動を支えてくれたファンと記憶に残るものを作りあげたい!」という思いが込められた今回の企画に、あなたも是非参加してみてはいかがだろうか。

■クラウドファンディング
https://www.muevo.jp/campaigns/6d534204-1949-4948-ae4d-bf2c5b674388/limited_releases

■「ハコスコ」とは…
ダンボール製のVRビューワーとスマホを使って、お手軽にVR(バーチャルリアリティ)体験ができるスマホVRサービスです。
詳しくはこちら:http://hacosco.com/

■【ライブ情報】

『POLYSICSからのお年玉!!! 新年会 OR DIE!!! 〜新曲お披露目 & 新春福引き大会!!!〜』
1月11日(月・祝) 下北沢CLUB Que

『20周年まであと1年!!! 〜まだまだやるで無茶なこと!!! 1日100曲かましたる!!!〜』
3月04日(金) 大阪 心斎橋BIGCAT
時間:開場18:15 / 開演19:00

【関連リンク】
POLYSICS オフィシャルHP
ROTTENGRAFFTY、リリースツアーでの対バンアーティスト第一弾を発表
POLYSICS、9月11日に開催するSPライブの模様をニコ生にて配信
『WORLD HAPPINESS 2015』が大盛況のうちに幕!

【関連アーティスト】
POLYSICS
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ダンス/ハウス/テクノ

アンティック-珈琲店-、全国ワンマンツアーが開幕
Thu, 26 Nov 2015 19:00:00 +0900
11月21日@HEAVEN\'S ROCK さいたま新都心 (okmusic UP\'s)

アンティック-珈琲店-の全国ワンマンツアー『LIVE CAFE TOUR\'15「Burning Communication」』が、11月21日(土)にHEAVEN\'S ROCK さいたま新都心で行われたライブからスタート!! チケットもSOLD OUT!!と、幸先の良いスタートだ。

【その他の画像】アンティック-珈琲店-

ツアータイトルへ「Burning Communication」と名付けたように、今回のメニューは、魂を熱くたぎらせる/騒がずにいれない熱狂導き出す楽曲が主役。

この日から、クリスマスレッドを基調とした新衣装で登場。満員のカフェっ仔(観客)たちが赤いタオルを振りまわし、みく(Vo)と歌をかけあってゆく。メジャーデビューシングル『千年DIVE!!!!!』から幕を開けたライブは、熱狂へ飛び込めとばかりに、冒頭から場内にBurningな空気を生みだしていた。

「僕ら、このツアーで燃えたいと思って「Burning Communication」とタイトルを付けました。でも、ゆうきが「この小屋(ライブハウス)を燃やすくらいの勢いでやろうぜ」と言ってたんで、「小屋を燃やしちゃ駄目でしょ?(笑)」と注意したんですけど。僕ら的には心を燃やして欲しいので、一緒に燃え上がりましょう!!」とMCでみくが語ったその発言こそ、今回のツアーを一番わかりやすく説明する言葉。

「僕たちにしか出来ないロックがあると思ってます」というみくの言葉通り、手の花咲かせはしゃいだり、会場全員がモンキーダンスやヘドバンに興じたり、無数の拳突き上げ舞台上と客席がバトルしたりと、魂も身体も熱くBurningさせる楽曲を5人は次々と叩きつけてきた。

中盤では、ツアー始まりの日に相応しくミディアムメロウな楽曲を歌えば、12月25日にシングル発売する『恋するサンタクロース』もいち早く披露。気持ちを熱く高ぶらせる楽曲も魅力だが、肌と肌とを交わしあう温もりを感じたり、胸ときめかせるロマンチックな歌を通し、恋に落ちた瞬間と同じドキドキした気持ちを届けてゆく姿勢も、ほんのりアダルトな香りも漂わせる今のアンティック-珈琲店-の魅力?!

中盤戦では、紫に髪を染めたゆうき(Key)が「Burning Jump!!」と叫びながら、カフェっ仔たちを煽れば、普段はクールなカノン(B)も気持ちがBurningしたのか、カフェっ仔たちへコール&レスポンスを呼びかけていた。そのコールが「だ埼玉って言うんじゃねぇ!!埼京線が最強だ!!」という内容なのも…。このコール、各地で飛び出すのかも楽しみだ。

「こうやってステージに立てるのも、みんなとの絆があるから。俺たちはみんなの夢の支えになれればいいなと思ってる。それが俺たちの夢です」と、後半もみくの煽りを受け、会場中のカフェっ仔たちが拳やタオル振り上げ『BondS〜絆〜』へ熱狂。魂を燃え盛らせた『覚醒ヒロイズム〜THE HERO WITHOUT A NAME〜』、お馴染み『スマイル一番イイ♀〜2015ver.〜』などを奏で、終始場内中にBurningした熱狂と笑顔の花を咲かせながら、アンティック-珈琲店-はツアー初日の幕を閉じていった。

この日は、アンカフェの鉄板曲から、『苺』のような懐かしい楽曲も演奏。新旧どんな歌が飛び出すかも、今回のツアーで気持ちをBurningさせる上での嬉しい魅力になっている。ツアーは、みく(Vo)の誕生日でもある1月5日(火)ティアラこうとう大ホールまで続くように、セットリストも組み換えながら、熱狂抱くライブを繰り広げてゆくのは間違いない。

TEXT:長澤智典

■【ライブ情報】

■LIVE CAFE 2015 X\'mas special
「ニャンタクロースがサンリオピューロランドにやってくる」
12月24日(木) サンリオピューロランド

■LIVE CAFE TOUR \'15
「Burning Communication」
11月21日(土) さいたま新都心VJ-3
11月22日(日) 柏PALOOZA
11月27日(金) 長野JUNK BOX
11月28日(土) 金沢AZ
12月05日(土) 名古屋E.L.L
12月06日(日) 大阪MUSE
12月08日(火) 京都MUSE
12月09日(水) 広島Cave-Be
12月12日(土) 高崎CLUB FLEEZ
12月13日(日) 仙台MACANA
12月19日(土) 岡山IMAGE
12月20日(日) 福岡DRUM Be-1
12月22日(火) 神戸VARIT.
12月26日(土) 静岡Sunash
12月27日(日) 横浜BAYSIS

■LIVE CAFE TOUR \'16
「Burning Communication Final」
1月05日(火)  ティアラこうとう 大ホール

【関連リンク】
アンティック-珈琲店- オフィシャルHP
Crack6 MSTR主催 HALLOWEEN PARTY、仮装姿のステージに満員の会場が大熱狂
Crack6 MSTR主催「Crazy Monsters」、来年3月に新木場スタジオコーストにて「クレモンフェス」開催
アンティック-珈琲店-、野音ワンマンにて白熱のライブを披露

【関連アーティスト】
アンティック-珈琲店-
【ジャンル】
ビジュアル, ライブ

ロックバンドを撮り続けているカメラマン、土田紘が初の写真展を開催
Thu, 26 Nov 2015 18:45:00 +0900


すかんち、ZIGGY、D\'ERLANGERなど数多くのロックバンドのライブやアーティスト写真を撮り続けているカメラマン、土田紘の自身初となる写真展が12月1日より渋谷 Gallery LE DECOで開催される。

【その他の画像】ZIGGY

2010年から撮り続けているロックミュージシャン達の写真から厳選された、300枚に及ぶカットを一気に展示! 土田紘が切り取ったロックな瞬間で数々のアーティスト達の「ライブ」を感じてみてはどうだろうか?

なお、初日12月1日(火)にKiyoshi(media youth、hide with Spread Beaver、machine、MADBEAVERS他)、12月4日には元ANTHEMのボーカル前田“TONY"敏仁のアコースティックライブも開催される(入場無料)。

■【先輩カメラマンやアーティストからのコメント】

■鋤田正義(カメラマン) http://sukita.jp/
「ア〜、ここにもロック魂が......。」

■森重樹一 http://morishigejuichi.jp/
「俺は歌で、土田は写真で、一瞬を刻み続けよう!」

■戸城憲夫 http://1046.org
「いつもありがとう。もっと修行を積みなさい(写真のことはよくわかんないけど)」

■広瀬"HEESEY"洋一 http://www.heesey.com/
「土田紘が切り取った<ロックンロールの瞬間>が、今ここにある」

■『SUCHIDA HIROSHI PHOTO EXHIBITION"HEROES"/"MOMENTS" 土田紘写真展「ヒーローズ」/「モーメンツ」』

"HEROES":2010年〜2015年の間に撮影した日本のロックミュージシャン達のライブ写真
"MOMENTS":2011年〜2012年にかけて撮影した風景写真等

2015年12月1日(火) 〜 6日(日)
11:00 〜21:00 (最終日は17:00まで)
渋谷 Gallery LE DECO 5F・6F (問)TEL:03-5485-5188
http://www.ledeco.net
※入場無料

<展示予定バンド>(五十音順)
ZIGGY、すかんち、THE SLUT BANKS、the DUST\'N\'BONEZ、TYO、D\'ERLANGER、BAD SiX BABiES、vez、MADBEAVERS、Rama Amoeba

<展示予定アーティスト>(五十音順)
秋間経夫、ASAKI、飯田成一、石井仁、EBI、大内“MAD"貴雅、大島治彦、大山正篤、岡田“OKAHIRO"弘、カトウタロウ、金川卓矢、菊地英二、菊地英昭、kyo、Kiyoshi、CIPHER、坂下丈朋、SEELA、清水“Matty"ケンヂ、DIE、高木フトシ、TUSK、Tetsu、戸城憲夫、広瀬“HEESEY"洋一、前田“TONY"敏仁、三国義貴、満園英二、宮脇“JOE"知史、森重樹一、YANA、横関敦、吉田ブギー、Ryuji、ROLLY

◎展示会場内にてアコースティックミニライブ開催
12月01日(火) Kiyoshi a.k.a freeman
12月04日(金) 前田“TONY"敏仁 from TYO
※各日19:00〜 開演予定
※入場無料

【関連リンク】
土田紘 オフィシャルHP
MUCCとAki(シド・ベーシスト明希)による全国ホールツアーの追加出演アーティストが発表に!
『HALLOWEEN PARTY 2015』にkyo(D\'ERLANGER)、柩(ナイトメア)、HALLOWEEN DOLLSが出演決定
D\'ERLANGER、初ライヴ・ブルーレイ作品のアートワーク&収録内容を解禁

【関連アーティスト】
ZIGGY, D\'ERLANGER, Anthem, Madbeavers, すかんち
【ジャンル】
ジャパニーズロック

日本コロムビアが時代を切り開くバンド、女性ソロシンガーを募集!
Thu, 26 Nov 2015 18:00:00 +0900
「COLUMBIA U-25 AUDITION」 (okmusic UP\'s)

日本最古のレコード会社として今年創立105周年を迎えた日本コロムビアが、「COLUMBIA U-25 AUDITION」と銘打ったオーディションを開催することがわかった。

【その他の画像】

「COLUMBIA U-25 AUDITION」は、次なる100年を目指して時代を切り開いていく次世代のアーティストを発掘すべく同社が発表したもので、タイトルにもあるとおり25歳以下(Under-25)という年齢制限のもと、ジャンル不問で“バンド”“女性ソロシンガー”の2形態で応募を受け付ける。書類審査を通過すると、2次審査として2月にスタジオライヴ、最終審査では3月に新宿LOFTでのライヴパフォーマンスを行なう。

なお、オーディションの合格特典として1年間の育成契約を締結し、同社がレッスン費用などの育成費を負担するなど、メジャーデビューを目指してサポートするとのことだ。Twitter、Facebookの公式アカウントも開設されているので、詳細はオフィシャルHPからチェックしてみよう。

■「COLUMBIA U-25 AUDITION」オフィシャルHP
http://columbia.jp/U-25audition/
■「COLUMBIA U-25 AUDITION」 公式Twitter https://twitter.com/U25audition
■「COLUMBIA U-25 AUDITION」 公式Facebook https://www.facebook.com/U25audition/

■「COLUMBIA U-25 AUDITION」

105周年を迎えた日本コロムビアが、一緒に時代を切り開く次世代のアーティストを募集!

【応募条件・資格】
■バンド
年齢:25歳まで 
※応募時が全員25歳以下であること
国籍・性別不問
演奏形態・ジャンル不問
レーベルやプロダクションに未所属の方
オリジナル楽曲で応募できる方
<2次スタジオ審査><3次ライブ審査>への出演が可能な方
■女性ソロシンガー
年齢:25歳まで 
※応募時が25歳以下であること
国籍不問
演奏形態・ジャンル不問
レーベルやプロダクションに未所属の方
オリジナル楽曲やカバー曲で応募できる方
<2次スタジオ審査><3次ライブ審査>への出演が可能な方

【オーディションの流れ】
■1次:書類審査
応募受付開始:2015年11月25日(水)
※WEBもしくは郵送での応募
応募受付〆切:2016年1月31日(日)
※WEB応募:23:59まで、郵送応募:当日消印有効
1次審査結果は通過者にのみ、2016年2月5日(金)までに随時会場等の詳細をご連絡いたします。
■2次:スタジオ審査
東京:2016年2月20日(土)・21日(日)
名古屋:2016年2月27日(土)
大阪:2016年2月28日(日)
2次審査結果は通過者にのみ、各日スタジオ審査1週間後までにご連絡いたします。
「2次スタジオ審査」希望日程は応募シートにご記入下さい。
■3次:ライブ審査
2016年3月22日(火) 新宿 LOFT
時間等詳細は通過者にのみご連絡いたします。

【合格者特典】
・1年間の育成契約締結し、メジャーデビューを目指してサポート。
・1年間のレッスン費用等、育成費を負担。

【関連リンク】
矢野顕子、アナログレコード&ハイレゾ連続リリース第二弾は『ホントのきもち』『音楽堂』『akiko』
THE ALFEE、約6年ぶりのオリジナルアルバム『三位一体』収録曲&ジャケ写公開
SCHAFTのツアーに上田剛士(AA=)やyukihiro(L\'Arc〜en〜Ciel)が参加決定
かりゆし58、10周年記念アルバムより「オリーブ」のMVを公開

【関連アーティスト】

【ジャンル】
J-POP, その他

SuG、「Break Out」の12月度オープニング・トラックを担当
Thu, 26 Nov 2015 15:00:00 +0900
SuG (okmusic UP\'s)

SuGが12月16日にリリースするニューシングル「SICK\'S」が、テレビ朝日系番組「Break Out」の12月度 オープニング・トラックに決定した。12月3日放送分から毎週同曲のMVが全国の地上波にてオンエアされる。

【その他の画像】SuG

「SICK\'S」は“現代病"がテーマとなっているため、廃病院を舞台に撮影されたMVは、一見ホラーかと思いきや、ゲームライクな演出や、ストリートファッションに身を包んだゾンビがキレキレのダンスを披露するなど、SuGらしい毒気とポップさ溢れる仕上がりとなっている。MV解禁が今から楽しみだ!

■「SICK’S」特設Tumblr
http://sug-sicks.tumblr.com/
■「SICK’S」特設ページ
https://sug-web.jp/pages/sicks

【関連リンク】
SuG オフィシャルHP
SuG、タイのバンコクで開催される「JAPAN EXPO THAILAND 2016」に出演決定
武瑠(SuG)が監督した短編映画が第1回アーティストシネマ賞を受賞
SuG、ニューシングル「SICK\'S」リリース決定

【関連アーティスト】
SuG
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル, テレビ(番組/CM)

赤色のグリッター、1stアルバム『存在証明』全曲紹介トレーラー映像が完成
Thu, 26 Nov 2015 17:00:00 +0900
赤色のグリッター (okmusic UP\'s)

赤色のグリッターが12月2日にリリースする1stアルバム『存在証明』のトレーラー映像を公開した。

【その他の画像】赤色のグリッター

また、赤色のグリッターLINE公式が開設。このオフィシャルLINEでは今後、メンバーの動画や写真などを公開していく予定とのことだ。

■赤色のグリッターLINE公式
ID : akaironoglitter
※友だち追加
※ID検索 で上記IDを入力

■アルバム『存在証明』トレーラー
https://youtu.be/EfK8a2CzfEk

■アルバム『存在証明』

2015年12月2日発売
PECF-3158/¥2,000 +税
<収録曲>
1.introduction
2. 神様の涙
3. 海より
4. ボディーソープ
5. 息をとめる
6. クローバー
7.continue
8. 泣くなよ
9. 風は突然に

【関連リンク】
赤色のグリッター、配信限定シングル「海より」配信スタート&MVフルバージョン公開
赤色のグリッター、母校で卒業生500人にサプライズライブ
LAMP IN TERRENの自主企画ライブに同期である“赤色のグリッター”が参戦決定!
「HighApps Vol.19」&「HighApps TOURS」振り返り番組にてライヴ映像放送!

【関連アーティスト】
赤色のグリッター
【ジャンル】
ジャパニーズロック

ドラマチックアラスカ、新曲MVティザー公開
Thu, 26 Nov 2015 16:00:00 +0900
ドラマチックアラスカ (okmusic UP\'s)

ドラマチックアラスカが12月4日(金)にiTunes先行配信リリースする新曲のMVティザームービーを公開した。

【その他の画像】ドラマチックアラスカ

ドラマチックアラスカの新曲「人間ロック」のMV監督を務めるのは感覚ピエロの「A-Han!!」のPVなどを手がける太田大貴氏。きらびやかに光る大量のCD-Rが吊るされたセットの中で演奏するメンバー3 人と、着物姿に般若のお面をつけて登場する謎の美女3人…。このティザームービーでは彼女たちの素顔はバンドロゴで隠され、正体はフルVer.公開までのお楽しみとなっている。フル公開までの間、Twitterではハッシュタグ #人間ロック をつけて美女3人の予想を募集中だ。

■iTunes 先行配信「人間ロック」
2015年12月4日(金)配信リリース
https://itunes.apple.com/jp/album/ren-jianrokku-single/id1058738527

■「人間ロック」ティザームービー
https://youtu.be/q4T8eVg6s1Q

【関連リンク】
ドラマチックアラスカ オフィシャルHP
ドラマチックアラスカ、『よろず屋ジョニー』主題歌リリース決定
ドラマチックアラスカ、新年早々にバンド史上最大規模のなんばHatchでのワンマンが決定
ドラマチックアラスカ、FC発足に伴い記念ライブを地元・神戸にて開催決定

【関連アーティスト】
ドラマチックアラスカ
【ジャンル】
ジャパニーズロック

中森明菜、ニューアルバムタイトル曲「FIXER」が映画タイアップ決定
Thu, 26 Nov 2015 15:00:00 +0900
中森明菜 (okmusic UP\'s)

中森明菜が12月30日、約6年ぶりにリリースするオリジナルアルバム『FIXER』。そのタイトル曲である「FIXER -WHILE THE WOMAN ARE SLEEPING-」が、映画「女が眠る時」のイメージソングで使用されることが決定した。

【その他の画像】中森明菜

2016年2月27日に公開される、映画「女が眠る時」。今回、中森明菜の妖艶な世界観かつ独特の印象深い歌声が映画関係者の耳にとまり、映画の深淵なる魅惑のミステリー感とマッチするという事でイメージソングとして使用されることが決定。さらに予告編では中森明菜がタイトルコールを担当することになり、これは昨年2014年のNHK紅白歌合戦以来の肉声となり、大いに話題になりそう。楽曲のサブタイトルには映画の原題名が付けられ、この新曲「FIXER」がいかに映画の世界観とマッチしているかが表されている。

映画「女が眠る時」の監督は1993年の『ジョイ・ラック・クラブ』で映画ファンの注目を集め、1995年の『スモーク』がベルリン国際映画祭銀熊賞に輝いた巨匠ウェイン・ワン。ニューヨーカー誌に掲載されたヨーロッパで著名なスペイン人作家ハビエル・マリアスによる短編小説「WHILE THE WOMEN ARE SLEEPING」を日本で撮影することを自ら提案、ウェイン・ワンにとって初となる日本映画監督作品。

この作品には日本を代表する豪華な演技派俳優陣が集結しており、謎めいた初老の男・佐原を自作以外での映画出演は実に12年ぶりとなるビートたけし。佐原の行動に振り回されていく作家・健二を映画『CUT』での鬼気迫る演技がヴェネツィア国際映画祭にて絶賛された西島秀俊が演じる。ミステリアスなヒロイン・美樹には、オーストラリア出身で国際派女優としての期待も高い忽那汐里。ほかにも、小山田サユリ、リリー・フランキー、新井浩文、渡辺真起子ら、国内外で活躍中の俳優が名を連ねている。

ストーリーは、若く美しい女性と男との異常な愛、変わっていく妻との関係、覗きへの罪悪感と止まらない好奇心、エスカレートしていく衝動……。郊外のリゾートホテルという閉塞的な場所で、次第に自分自身を見失っていく男。「狂っているのは、自分なのか。それとも<目の前の現実>なのか」女への執着が狂気へと変わっていく男の姿を、背徳的で官能的な映像美で描く、深淵なる魅惑のミステリーとなっている。

【「女が眠る時」予告編 木藤プロデューサーコメント】
「ウェイン・ワン監督、ビートたけしさん主演の映画にまさか中森明菜さんがイメージソングを歌って頂ける! そんな豪華過ぎるコラボレーションが出来たことを製作一同大変嬉しく思っております。中森さんの歌とタイトルコールを聞いた瞬間、日常の景色が非日常に見えてくる。映画の世界観と同様な感性を共有させて頂いたことに興奮が冷めません」

■映画「女が眠る時」公式ホームページ
http://www.onna-nemuru.jp/

■アルバム『FIXER』

2015年12月30日発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
UPCH-7095/¥3,800+税 
【通常盤】(CD)
UPCH-2068/¥3,000+税
<収録曲>
■CD
M-1, FIXER -WHILE THE WOMEN ARE SLEEPING-
M-2, Rojo -Tierra-
M-3, Endless Life
M-4, unfixable
M-5, La Vida
M-6, 雨月
M-7, とどけたい 〜voice〜
M-8, 欲動
M-9, kodou
M-10, Lotus
M-11, Re-birth
■DVD ※初回限定盤のみ
特典映像

【関連リンク】
中森明菜 オフィシャルHP
中森明菜、悩の日々を歌ったシングルを発売
中森明菜、50枚目のシングルは“苦悩の日々を歌った渾身作”!
中森明菜、ついにリリースとなったカバーアルバム『歌姫4』特典映像を公開

【関連アーティスト】
中森明菜
【ジャンル】
J-POP, 映画

シアターブルック、ツアー東京公演に元メンバーの出演が決定
Thu, 26 Nov 2015 14:00:00 +0900
シアターブルック (okmusic UP\'s)

「中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2015」を大成功に収め、さらなる飛躍を目指すシアターブルック。現在ツアー中のそんな彼らの東京公演に、2名のゲストが出演することがわかった。

【その他の画像】佐藤タイジ

シアターブルックはメジャーデビュー20周年を迎えた今年、10作目となるフルアルバム『LOVE CHANGES THE WORLD』をリリース。2013年の夏ツアー以来、約1年半ぶりの全国ツアーを11月3日(火)からスタートさせている。12月6日(日)の東京公演は彼らのかつてのホームグラウンドとも言える新宿LOFTで行なわれるが、この日のゲストに元メンバーであるDJ吉沢dynamite.jp、yasuhiroyonishi(与西泰博)の2人を迎えることが決定した。「中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2015」で実現した奇跡の共演が再びとなるか、ファンならずとも注目の集まるところだ。

全国ツアーは、その後も年内は徳島(佐藤タイジの地元!)から広島と続行。2016年も九州から札幌までを全国をくまなく回るツアーと発展することが決定している。

■「LOVE CHANGES THE WORLD TOUR」特設サイト
http://20th.theatrebrook.com/tour/

■「LOVE CHANGES THE WORLD TOUR」

12月06日(日) 東京 新宿LOFT
12月10日(木) 徳島 club GRINDHOUSE
12月11日(金) 広島 セカンド・クラッチ
<2016年>
1月15日(金) 宮崎 SRBOX
1月17日(日) 福岡 Live House CB
2月28日(日) 京都 磔磔
3月26日(土) 岩手 盛岡 the five morioka
3月27日(日) 宮城 仙台LIVE HOUSE enn 2nd
3月29日(火) 北海道 札幌KRAPS HALL

【関連リンク】
シアターブルック オフィシャルHP
チャットモンチー主催フェス出演者第二弾はPerfume、シアターブルック、KANA-BOON
シアターブルック、20周年を記念したアルバムに豪華ゲストが参加
「中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2015」に斉藤和義、ROTTENGRAFFTY、The SunPauloが出演決定

【関連アーティスト】
佐藤タイジ, シアターブルック, DJ吉沢dynamite.jp
【ジャンル】
ジャパニーズロック

ASIAN KUNG-FU GENERATION、シングルとミュージッククリップ集を年明けにリリース
Thu, 26 Nov 2015 13:00:00 +0900
ASIAN KUNG-FU GENERATION (okmusic UP\'s)

海外ツアーを成功させ、勢いが止まらないASIAN KUNG-FU GENERATIONが年明けの2016年1月6日、ニューシングルとミュージッククリップ集をリリースする。

【その他の画像】ASIAN KUNG-FU GENERATION

ヨーロッパや中南米の7都市を回る海外ツアーを成功させたばかりのASIAN KUNG-FU GENERATION。"ラウド"を標榜してロサンゼルスでレコーディングされた傑作アルバム『Wonder Future』後、早くもタイアップシングル「Right Now」のリリースが発表された。

『GO』『世界の中心で、愛をさけぶ』などで知られる行定勲監督の最新作映画『ピンクとグレー』のために書き下ろされた「Right Now」は、ラウド路線は継続しながら「これぞアジカン!」なエモーションが注ぎ込まれた抜けの良い楽曲となっている。カップリングには全国30ヶ所を回った『Tour 2015「Wonder Future」』より厳選されたライヴ音源3曲が収録される。

そして、『マジックディスク』以降、最新作『Wonder Future』までのミュージッククリップ13作品を網羅した『映像作品集11巻』も同日にリリースすることが発表された。本編にはメンバーによる副音声、更に特典映像として貴重映像満載のメイキング集も収録された豪華盤となっている。

また、今回の発表に併せてジャケット写真も公開されている。「Right Now」は映画『ピンクとグレー』と連動した2色構成となっており、パッケージは盤面が透けてみえる特殊仕様となっている。一方、『映像作品集11巻』のジャケットは中村佑介のイラストをコラージュした作品だ。

いよいよ2016年、バンド結成20周年イヤーを迎えるアジカン。ロックバンドとして確固たる地位を築いた彼らがどのような攻め方をするのか、今後の動向も是非チェックして欲しい。

■映画『ピンクとグレー』公式サイト
http://pinktogray.com/

■シングル「Right Now」

2016年1月06日発売
【初回生産限定盤】(CD+DVD)
KSCL-2647〜2648/¥1,500(+税)
【通常盤】(CD)
KSCL-2649/¥1,250(+税)
<収録曲>
■CD
01. Right Now
02. Eternal Sunshine / 永遠の陽光 (LIVE)
03. 深呼吸 (LIVE)
04. Wonder Future / ワンダーフューチャー (LIVE)
■DVD
「Right Now」Music Clip
「Right Now」メイキング

◎ Loppi (ローソン・ミニストップ)&HMV限定セット
初回生産限定盤/通常盤それぞれに、<ASIAN KUNG-FU GENERATION オリジナルマフラータオル>が付いた限定セットの発売が決定! ローソン・ミニストップ店頭のLoppi・HMV店頭・HMV ONLINEにて、予約受付開始!
http://www.hmv.co.jp/newsdetail/article/1511241006/

■Blu-ray& DVD『映像作品集11巻』

2016年1月06日発売
【Blu-ray】
KSXL-95/¥3,500(+税)
【DVD】
KSBL-6201/¥3,000(+税)
<収録内容>
01. All right part2
02. マーチングバンド
03. 踵で愛を打ち鳴らせ
04. 夜を越えて
05. それでは、また明日
06. バイシクルレース
07. 今を生きて
08. Loser
09. ローリングストーン
10. スタンダード
11. Easter / 復活祭
12. Planet of the Apes / 猿の惑星
13. Opera Glasses / オペラグラス
■EXTRA
・MUSIC CLIPメイキング集
「All right part2」「踵で愛を打ち鳴らせ」「それでは、また明日」「今を生きて」「Planet of the Apes / 猿の惑星」「Opera Glasses / オペラグラス」
・ローリングストーン(long ver.)

■【ライブ情報】

「NO NUKES 2015 Acoustic Night」
11月27日(金) 豊洲PIT
出演:Gotch / 斉藤和義 / TOSHI-LOW(BRAHMAN) / 仲井戸"CHABO"麗市 / 辻 雄貴+シャクジ能
※Gotchの出演となります。

「NO NUKES 2015」
11月28日(土) 豊洲PIT
出演:ASIAN KUNG-FU GENERATION / ACIDMAN / 在日ファンク / HEY-SMITH / MONOEYES / and more…

「rockin\'on presents COUNTDOWN JAPAN 15/16」
日程:12月28日(月)・29日(火)・30日(水)・31日(木)
会場:幕張メッセ国際展示場1〜11ホール、イベントホール(千葉市美浜区)
※出演は上記日程の内1日のみ

「チャットモンチーの徳島こなそんそんフェス2016〜みな、おいでなしてよ!〜」
2月27日(土) アスティとくしま

【関連リンク】
ASIAN KUNG-FU GENERATION オフィシャルHP
チャットモンチー主催フェスの第一弾出演者にアジカン、Base Ball Bear等が決定
アジカン、ツアーセミファイナルをYouTube Liveで生配信
スピッツ、豪華メンバーが集結する名盤『ハチミツ』トリビュートアルバム発売決定

【関連アーティスト】
ASIAN KUNG-FU GENERATION
【ジャンル】
ジャパニーズロック

VAMPS、LIVE作品『VAMPS LIVE 2015 BLOODSUCKERS』ティザー映像を公開
Thu, 26 Nov 2015 12:30:00 +0900
VAMPS (okmusic UP\'s)

VAMPSが12月9日にリリースする最新アルバム『BLOODSUCKERS』 の集大成となるLIVE作品『VAMPS LIVE 2015 BLOODSUCKERS』のティザー映像が公開された。

【その他の画像】VAMPS

改めて彼らのステージのスケールの大きさや迫力、凄まじさを垣間見ることができるティザー映像を是非チェックしてもらいたい。

■Blu-ray&DVD『VAMPS LIVE 2015 BLOODSUCKERS』ティザー映像
https://youtu.be/WlR35YBAa-I

■Blu-ray&DVD『VAMPS LIVE 2015 BLOODSUCKERS』

2015年12月09日発売
■Blu-ray
【初回限定盤】
UIXV-90007/予価:¥9,180(税込)
※本編 + ARENA Tour 2015 Documentary
※デジパック + 豪華 Tour Photo Book (64P) + 三方背ケース
【通常盤】
UIXV-10007 / 予価:¥5,940(税込)
※本編 + Beast Party 2015 Documentary & ACOUSTIC LIVE映像
※アマレイ + ブックレット(12P)
【UNIVERSAL MUSIC STORE限定盤Goods付Blu-ray】
PDXV-1904 / ¥15,120 (税込)
※通常盤(Blu-ray) + オリジナルグッズ(バブルヘッドフィギュアHYDE&K.A.Z)+BOX
■DVD
【初回限定盤】(2DVD) 
UIBV-90008/9 / 予価:¥8,100(税込)
※本編 + ARENA Tour 2015 Documentary
※デジパック + 豪華 Tour Photo Book (64P) + 三方背ケース
【通常盤】(DVD)
UIBV-10026 /予価:¥4,860(税込)
※本編 + Beast Party 2015 Documentary & ACOUSTIC LIVE映像
※アマレイ + ブックレット(12P)
【初回限定盤Goods付DVD】(DVD) 
UIBV-90012 /¥11,340 (税込)
※通常盤(DVD) + オリジナルグッズ(Tシャツ、マフラータオル、ナップサック)+BOX

【関連リンク】
VAMPS オフィシャルHP
APOCALYPTICA × VAMPS、コラボ曲のリリック・ビデオを公開
VAMPS×APOCALYPTICAの強力コラボシングルが全世界配信スタート
VAMPS、熱狂のジョイントツアーがスタート!

【関連アーティスト】
VAMPS, OBLIVION DUST, HYDE
【ジャンル】
ジャパニーズロック

RADWIMPS、対バンツアー「RADWIMPSの胎盤」第九夜の相手は同郷のいきものがかり!
Thu, 26 Nov 2015 12:00:00 +0900
11月24日(火)@横浜アリーナ(RADWIMPS) (okmusic UP\'s)

RADWIMPSが連日熱演を繰り広げる「RADWIMPS 10th ANNIVERSARY LIVE TOUR RADWIMPSの胎盤」の第九夜となる11月24日(火)、横浜アリーナにて同郷の同志いきものがかりを迎えて開催された。

【その他の画像】いきものがかり

「RADWIMPSとはずっと違う道を進んでいると思ってました。でも、10年経って、違うものを作っていると思っていた人に、手を差し伸べてもらって。真ん中の部分ではちゃんと繋がっているんじゃないかと信じてステージに立ちました。繋がることができて、本当に嬉しかったです」

水野良樹が語った、その言葉がすごく胸に迫った。「方向性が全く違うじゃない? 一番タイプが違うでしょう、僕ら」とMCで彼が言っていたように、RADWIMPSといきものがかりは、今回の対バンツアーの中でも、最も予想外の組み合わせだった。「おお!と思った人も一杯いるんじゃないですか?」と野田洋次郎も言っていた。

共に神奈川県出身で、世代も、デビューの時期も近かった両者。共にFMヨコハマで番組を持っていたりもした。でも、そこから10年、それぞれは別の道を歩んできた。「みんな」を包む半径の大きな歌を紡いできたいきものがかりと、「一人」を焦点に胸を貫くような歌を作ってきたRADWIMPS。でも、その二組が初めて交わったこの夜に感じさせてくれたのは、どちらもやっぱり、音楽に対して真っ向から情熱を注いできた、ということ。それが大きな熱量になって放たれていた、ということだった。

水野は最初のMCで「完全アウェーだと思ってます」と言っていたけれど、そんなことは全然なかった。「ありがとう」や「風が吹いている」など代表曲を次々と披露し、「じょいふる」では吉岡聖恵がステージ狭しと走り回り、「絶対に楽しませてやるぞ」という気負いのようなものを見せてくれた。お客さんの一人一人も、手拍子して、飛び跳ねて、一緒に歌って、大きな盛り上がりのうねりを作っていく。

RADWIMPSも圧巻だった。喜怒哀楽の全てを色鮮やかに塗りつけるようなステージ。森瑞希と刄田綴色のツインドラムが、突進力を持って響く。野田、桑原、武田のプレイが躍動的なエネルギーとなって爆発する。昨日がバンドのメジャーデビュー記念日だったという彼ら。野田は「今日は10年と1日目、すがすがしくて気持ちいいです」と前に進んでいく意志を語る。「時間をかけて、心をこめて作った曲です」と、この日に店着日だったニューシングルから新曲「 ‘I\' Novel 」を披露。愛しさの感情がこみ上げてくるようなメロディを響かせた。

「彼らは僕らとはちょっと違うところで、だけど僕らが全く知らない責任や苦しみを抱えながら、ちゃんと音楽を届けたいとやってきた。そんな彼らと一緒にできて嬉しかったです」

野田洋次郎は最後、いきものがかりについて、こう語った。「僕らは音楽から目を背けずに、音楽に何の嘘もつかずにやってきた。これからもそれは変わらないと思います」と自分たちの10年を語り、「あなたが夢を追っているのなら、その道標になれたらいいなと思います」と、一人一人のお客さんに呼びかけた。

二つのバンドが歩んできた道。そのことを強く感じさせてくれた一夜だった。

text by 柴 那典
photo by 植本一子

■いきものがかり オフィシャル HP
http://ikimonogakari.com/
■RADWIMPS オフィシャル HP
http://radwimps.jp
■RADWIMPS 10th ANNIVERSARY HP
http://radwimps.jp/10th

■『10th ANNIVERSARY LIVE TOUR RADWIMPSの胎盤』

11月04日(水) Zepp Tokyo
Guest Act : 米津玄師
11月05日(木) Zepp Tokyo
Guest Act : きのこ帝国
11月09日(月) Zepp Namba
Guest Act : plenty
11月10日(火) Zepp Namba
Guest Act : LOVE PSYCHEDELICO
11月12日(木) Zepp Sapporo
Guest Act : ゲスの極み乙女。
11月16日(月) Zepp Nagoya
Guest Act : ハナレグミ
11月18日(水) Zepp Fukuoka
Guest Act : クリープハイプ
11月23日(月祝) 横浜アリーナ
Guest Act : Spitz
11月24日(火) 横浜アリーナ
Guest Act : いきものがかり
11月25日(水) 横浜アリーナ
Guest Act : ONE OK ROCK
11月28日(土) Zepp Tokyo
Guest Act : Mr.Children

■『10th ANNIVERSARY LIVE TOUR FINAL RADWIMPSのはじまりはじまり』

12月23日(水・祝) 幕張メッセ国際展示場
開場/開演時間 16:30/18:00

【関連リンク】
RADWIMPS、対バンツアー第八夜は親愛なるスピッツと熱演
RADWIMPS、対バンツアー第七夜目でクリープハイプと激突
RADWIMPS、ハナレグミと寄り添い絡み合う音楽に満ちた対バンツアー第六夜
RADWIMPS、大合唱で熱狂の宴を締め括ったゲスの極み乙女。との対バンツアー第五夜

【関連アーティスト】
いきものがかり, RADWIMPS
【ジャンル】
ジャパニーズロック

電波少女、ニューシングルのiTunes Store限定リリースが決定&ティザー映像も公開
Thu, 26 Nov 2015 11:00:00 +0900
iTunes Store限定シングル「COMPLEX REMIX feat. Jinmenusagi, NIHA-C」 (okmusic UP\'s)

電波少女がニューシングル「COMPLEX REMIX feat. Jinmenusagi, NIHA-C」を12月9日にiTunes Store限定でリリースする事を発表した。

【その他の画像】電波少女

今年5月にリリースされたiTunes限定シングル「MO feat.NIHA-C」がiTunes ヒップホップ/ラップ シングルチャート最高位2位を記録し、2nd アルバム『WHO』もiTunes ヒップホップ/ラップ アルバムチャート最高位2位を記録しているだけに、最新作への注目度は高い。

前アルバムでもフィーチャリング・アーティストとしてコラボしたラッパー、JinmenusagiとNIHA-Cをフィーチャーした豪華な内容の今作。そのタイトル通り、世の中に対する屈折した感情を描写したリリック、エフェクト処理を多用したハシシのメロウなラップと、メロウかつ壮大な楽曲は電波少女ならではのオリジナリティを獲得している。

同時に「COMPLEX REMIX feat. Jinmenusagi, NIHA-C」のティザー映像も初公開された。来年2月27日(土)には、Shibuya WWWで『電波少女 解散&復活ワンマンライブ"茶番"』を行なう事も決定している。

■「COMPLEX REMIX feat. Jinmenusagi, NIHA-C」ティザー映像
https://youtu.be/_ZqstTRvaWQ

■シングル「COMPLEX REMIX feat. Jinmenusagi, NIHA-C」

12月9日(水)0:00〜発売
※i Tunes Store限定シングル

■『電波少女 解散&復活ワンマンライブ"茶番"』

2016年2月27日(土)Shibuya WWW
開場 17:00/開演 18:00

【関連リンク】
電波少女 オフィシャルHP
電波少女、2nd アルバム『WHO』のトレイラー映像、全曲解説を公開
電波少女、7月リリースのアルバムより「Earphone feat. Jinmenusagi」MV解禁
電波少女、人気曲「Munchii Bear Cookiis」の再録版リリックビデオ公開&音源を無料配布

【関連アーティスト】
電波少女
【ジャンル】
ジャパニーズヒップホップ

ユナイテッドモンモンサン、1stアルバム『SOS』特典は未収録曲入りCD!
Thu, 26 Nov 2015 10:00:00 +0900
ユナイテッドモンモンサン (okmusic UP\'s)

ユナイテッドモンモンサンが1月20日にリリースする1stアルバム『SOS』の購入者特典が明らかとなった。

【その他の画像】ユナイテッドモンモンサン

タワーレコード、ヴィレッジヴァンガードでの購入者には、「アルバム未収録音源+メンバーによるアルバム全曲解説」が特典でプレゼント! それぞれの購入店舗によって、違う楽曲が入ったCDをお渡しするという太っ腹な特典となっている。

<"SOS"購入者特典>
■タワーレコード オリジナル特典
アルバム未収録曲「ドラマチック」+メンバーによるアルバム全曲解説(CD)
■ヴィレッジヴァンガード オリジナル特典
アルバム未収録曲「みつからない」+メンバーによるアルバム全曲解説(CD)

■アルバム『SOS』

2016年1月20日発売
265-LDKCD/¥2,000+税
<収録曲>
1. 妻になりたい
2. 読モンスタグラム
3. Base Ball Girl
4. radiosong
5. やさしくなりたい
6. パズルゲーム
7. 星に願いを
8. 干物woman no cry
9. 君だけのキス
10. 星降る夜をとびこえて

【関連リンク】
ユナイテッドモンモンサン オフィシャルHP
ユナイテッドモンモンサン、約3年ぶりのフルアルバムリリース決定
「HighApps SPECIAL!! ●SPRING ROCK PARTY 2015●」最終追加出演者発表
RADWIMPS、対バンツアー第八夜は親愛なるスピッツと熱演

【関連アーティスト】
ユナイテッドモンモンサン
【ジャンル】
ジャパニーズロック

RADWIMPS、対バンツアー第八夜は親愛なるスピッツと熱演
Thu, 26 Nov 2015 00:00:00 +0900
11月23日(月)@横浜アリーナ(RADWIMPS) (okmusic UP\'s)

RADWIMPSの対バンツアー「RADWIMPSの胎盤」第八夜が、バンドのデビュー記念日である11月23日(月)に大先輩のスピッツを迎え、横浜アリーナで行なわれた。

【その他の画像】RADWIMPS

Spitzは本気だった。いや、毎回本気に違いないけども、10歳の誕生日当日の対バンに選ばれた意味やら想いの深さやらを受け取って、28歳のバンドは真っ向からかっさらいにきていた。どこまでも艶やかなオープニングナンバー「運命の人」でギュッと掴んだら、大人気がないとしか言いようのない最強のセットリストでグングン自分たち色に染め上げていく。20年以上前の名曲を当時より瑞々しいパフォーマンスで響かせる。かと思えば、「ラッドのリハも観れちゃったからね。羨ましいだろー?」なんて飄々とおどけてみせ、「人前で演奏するのは初めての曲を聴いてもらおうかな」という前フリのあとに渾身の「叫べ」をぶん投げる。敬意という最上の熱を帯びたカヴァーにフロアは歓喜し、圧倒され、横浜アリーナは一個の塊になった。エバーグリーンな音楽とは? 唯一無二なバンドとは? そして挑戦者とは? そのひとつの答えがこの日のSpitzだった。

大先輩から重量級のお祝いを受けたRADWIMPSは、感謝と歓びと高揚感、その他モロモロを音楽に換えて爆発させていく。RADWIMPSの音楽は形成する粒子が細かいから聴き手の心にピタリと寄り添うのだと思っていたけれど、この日の彼らはもっとうんと強固で、なんなら1音1音から人型や体温まで伝わってくるくらい無骨なまでに誠実だった。その誠実な1音1音を2人のサポートドラマーを含む5人で強靭なアンサンブルへと昇華させていた。だから1フレーズ先の予測もつかないジェットコースターのような曲も、“ずいぶん長らく歩いてきたような"で始まる最新シングル「‘I\'Novel」も、たったひとりのあなたのことを歌ったメジャーデビュー曲「25コ目の染色体」も、披露した全部の曲が10年という時間を歩んできた現在地であり、心からの“ありがとう"であり、“生き続けましょう"であり、“シアワセになれよ!"だった。

前半抑えていたSpitz愛が「語りだしたらハンパないんですけど」という言葉とともに野田洋次郎から溢れ出す。帰国した小5以来ずっと聴いてきたこと。女の子に対するキモチなんて何もわからない時から、“愛してる"を歌っていたこと。だから自分の綴る“愛してる"や“好き"にはどうしたって何割かSpitzがいること。少し照れながら嬉しそうにそう語った1時間後、アンコールでSpitzのメンバーを迎え入れ、一緒に「スパイダー」を演奏する奇跡みたいな現実。しかも全員並ぶと、暴れん坊ドラマー、アクの強いギタリスト、バンドイチ踊るベーシスト、嘘のつけない不器用なヴォーカリストという構成が妙に重なって面白い。この状況を草野マサムネが「バンドもお客さんもすごい優しくて。法に触れない範囲で一番気持ちいい何かが入ってきているようだ」と言えば、野田洋次郎は「連鎖していくといいですね。誰かと10年後ここに立てたら」なんて未来にチラリと思いを馳せる。そして会場にいた全員が高額当選くじみたいなこのスペシャルな光景を胸に明日からの日々を過ごすのだ。

text by 山本祥子
photo by
・RADWIMPS:植本一子
・Spitz:上飯坂 一

■RADWIMPS オフィシャルHP
http://www.radwimps.jp/
■スピッツ オフィシャルHP
http://spitz.r-s.co.jp/

■「10th ANNIVERSARY LIVE TOUR RADWIMPSの胎盤」

11月24日(火) 神奈川 横浜アリーナ
w : いきものがかり
11月25日(水) 神奈川 横浜アリーナ
w : ONE OK ROCK
11月28日(土) Zepp Tokyo  
w:Mr.Children

■「10th ANNIVERSARY LIVE TOUR FINAL RADWIMPSのはじまりはじまり」

12月23日(水・祝) 幕張メッセ国際展示場
開場/開演時間 16:30 / 18:00
※ワンマンライブ

【関連リンク】
RADWIMPS、対バンツアー第七夜目でクリープハイプと激突
RADWIMPS、ハナレグミと寄り添い絡み合う音楽に満ちた対バンツアー第六夜
RADWIMPS、大合唱で熱狂の宴を締め括ったゲスの極み乙女。との対バンツアー第五夜
RADWIMPS、Mr.Childrenを迎えた対バンツアーの追加公演とワンマンライブが決定

【関連アーティスト】
RADWIMPS
【ジャンル】
ジャパニーズロック, イベント













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1