歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2015年11月21日)
バックナンバー
最新ニュース
2015/11/30
2015/11/29
2015/11/28
2015/11/27
2015/11/26
2015/11/25
2015/11/24
2015/11/23
2015/11/22
2015/11/21
2015/11/20
2015/11/19
2015/11/18
2015/11/17
2015/11/16
2015/11/15
2015/11/14
2015/11/13
2015/11/12
2015/11/11
2015/11/10
2015/11/09
2015/11/08
2015/11/07
2015/11/06
2015/11/05
2015/11/04
2015/11/03
2015/11/02
2015/11/01
2015/10/31
2015/10/30
2015/10/29
2015/10/28
2015/10/27
2015/10/26
2015/10/25
2015/10/24
2015/10/23
2015/10/22
2015/10/21
2015/10/20
2015/10/19
2015/10/18
2015/10/17
2015/10/16
2015/10/15
2015/10/14
2015/10/13
2015/10/12
2015/10/11
2015/10/10
2015/10/09
2015/10/08
2015/10/07
2015/10/06
2015/10/05
2015/10/04
2015/10/03
2015/10/02
2015/10/01
2015/09/30
2015/09/29
2015/09/28
2015/09/27
2015/09/26
2015/09/25
2015/09/24
2015/09/23
2015/09/22
2015/09/21
2015/09/20
2015/09/19
2015/09/18
2015/09/17
2015/09/16
2015/09/15
2015/09/14
2015/09/13
2015/09/12
2015/09/11
2015/09/10
2015/09/09
2015/09/08
2015/09/07
2015/09/06
2015/09/05
2015/09/04
2015/09/03
2015/09/02
2015/09/01
2015/08/31
2015/08/30
2015/08/29
2015/08/28
2015/08/27
2015/08/26
2015/08/25
2015/08/24
2015/08/23
2015/08/22
2015/08/21
2015/08/20
2015/08/19
2015/08/18
2015/08/17
2015/08/16
2015/08/15
2015/08/14
2015/08/13
2015/08/12
2015/08/11
2015/08/10
2015/08/09
2015/08/08
2015/08/07
2015/08/06
2015/08/05
2015/08/04
2015/08/03
2015/08/02
2015/08/01
2015/07/31
2015/07/30
2015/07/29
2015/07/28
2015/07/27
2015/07/26
2015/07/25
2015/07/24
2015/07/23
2015/07/22
2015/07/21
2015/07/20
2015/07/19
2015/07/18
2015/07/17
2015/07/16
2015/07/15
2015/07/14
2015/07/13
2015/07/12
2015/07/11
2015/07/10
2015/07/09
2015/07/08
2015/07/07
2015/07/06
2015/07/05
2015/07/04
2015/07/03
2015/07/02
2015/07/01
2015/06/30
2015/06/29
2015/06/28
2015/06/27
2015/06/26
2015/06/25
2015/06/24
2015/06/23
2015/06/22
2015/06/21
2015/06/20
2015/06/19
2015/06/18
2015/06/17
2015/06/16
2015/06/15
2015/06/14
2015/06/13
2015/06/12
2015/06/11
2015/06/10
2015/06/09
2015/06/08
2015/06/07
2015/06/06
2015/06/05
2015/06/04
2015/06/03
2015/06/02
2015/06/01
2015/05/31
2015/05/30
2015/05/29
2015/05/28
2015/05/27
2015/05/26
2015/05/25
2015/05/24
2015/05/23
2015/05/22
2015/05/21
2015/05/20
2015/05/19
2015/05/18
2015/05/17
2015/05/16
2015/05/15
2015/05/14
2015/05/13
2015/05/12
2015/05/11
2015/05/10
2015/05/09
2015/05/08
2015/05/07
2015/05/06
2015/05/05
2015/05/04
2015/05/03
2015/05/02
2015/05/01
2015/04/30
2015/04/29
2015/04/28
2015/04/27
2015/04/26
2015/04/25
2015/04/24
2015/04/23
2015/04/22
2015/04/21
2015/04/20
2015/04/19
2015/04/18
2015/04/17
2015/04/16
2015/04/15
2015/04/14
2015/04/13
2015/04/12
2015/04/11
2015/04/10
2015/04/09
2015/04/08
2015/04/07
2015/04/06
2015/04/05
2015/04/04
2015/04/03
2015/04/02
2015/04/01
2015/03/31
2015/03/30
2015/03/29
2015/03/28
2015/03/27
2015/03/26
2015/03/25
2015/03/24
2015/03/23
2015/03/22
2015/03/21
2015/03/20
2015/03/19
2015/03/18
2015/03/17
2015/03/16
2015/03/15
2015/03/14
2015/03/13
2015/03/12
2015/03/11
2015/03/10
2015/03/09
2015/03/08
2015/03/07
2015/03/06
2015/03/05
2015/03/04
2015/03/03
2015/03/02
2015/03/01
2015/02/28
2015/02/27
2015/02/26
2015/02/25
2015/02/24
2015/02/23
2015/02/22
2015/02/21
2015/02/20
2015/02/19
2015/02/18
2015/02/17
2015/02/16
2015/02/15
2015/02/14
2015/02/13
2015/02/12
2015/02/11
2015/02/10
2015/02/09
2015/02/08
2015/02/07
2015/02/06
2015/02/05
2015/02/04
2015/02/03
2015/02/02
2015/02/01
2015/01/31
2015/01/30
2015/01/29
2015/01/28
2015/01/27
2015/01/26
2015/01/25
2015/01/24
2015/01/23
2015/01/22
2015/01/21
2015/01/20
2015/01/19
2015/01/18
2015/01/17
2015/01/16
2015/01/15
2015/01/14
2015/01/13
2015/01/12
2015/01/11
2015/01/10
2015/01/09
2015/01/08
2015/01/07
2015/01/06
2015/01/05
2015/01/04
2015/01/03
2015/01/02
2015/01/01
2014/12/31
2014/12/30
2014/12/29
2014/12/28
2014/12/27
2014/12/26
2014/12/25
2014/12/24
2014/12/23
2014/12/22
2014/12/21
2014/12/20
2014/12/19
2014/12/18
2014/12/17
2014/12/16
2014/12/15
2014/12/14
2014/12/13
2014/12/12
2014/12/11
2014/12/10
2014/12/09
2014/12/08
2014/12/07
2014/12/06
2014/12/05
2014/12/04
2014/12/03
2014/12/02
2014/12/01
2014/11/30
2014/11/29
YouTube番組「ソニレコ!暇つぶしTV」にThinking Dogsが初登場
Fri, 20 Nov 2015 22:00:00 +0900
「ソニレコ!暇つぶしTV」 2015.11-(3) (okmusic UP\'s)

シンガーソングライターKと乃木坂46の能條愛未、中元日芽香がMCを務めるYouTube番組「ソニレコ!暇つぶしTV」の11月第3週分が20日(金)に放送となった。

【その他の画像】K

今回のゲストは、異例のタイアップ抜擢で6月にデビューしたシンデレラバンド、Thinking Dogs! ”世界初の養蜂Music Viedo”として話題となっているニューシングル「3 times」についてトークが繰り広げられた他、Music Viedo撮影時のエピソードを語るなど見ごたえたっぷりの内容となっている。

さらに、能條愛未、中元日芽香から質面攻めにあうThinking Dogs。ソニレコTVでしか見る事が出来ない4人の表情に注目して頂きたい!

また、Little Glee Monsterのメンバーが担当するコーナー「リトグリのゆるゆる50音」では”manaka”が登場。今回担当する50音は「な」。”manaka”が出す一風変わった問題にスタジオから正解者は現れるのか? ”manaka”の可愛らしい表情とともにチェックしてほしい。

11月配信分最終回となる次週は、ついにオープニング曲の制作に着手する。3人のメロディーセンスが見られること間違いなしの回なので是非見逃さないで頂きたい。

◎メッセージはこちら
sonyreco@sonymusic.co.jp

■「ソニレコ!暇つぶしTV」オフィシャルYouTubeチャンネル
http://www.youtube.com/user/sonyrecoSMEJ
■Thinking Dogs YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCLv7NjKEizWVXsg4xIHy1ew
■K オフィシャルYouTubeチャンネル
http://www.youtube.com/user/kSMEJ
■乃木坂46 オフィシャルYouTubeチャンネル
http://www.youtube.com/user/nogizaka46SMEJ

■「ソニレコ!暇つぶしTV」 2015.11-(3)
https://youtu.be/GUjjIRvGTco

■【リリース情報】

■Thinking Dogs
シングル「3 times」
発売中
【初回特典盤】
SRCL8907〜8908/¥1,500(税抜)
【通常盤】
SRCL8909/¥1,000(税抜)
※ロッテCMタイアップソング

■K
アルバム『Ear Food』(イヤーフード)
発売中
SRCL-8856/¥3,500(税込)
※全11曲収録

■乃木坂46
シングル「今、話したい誰かがいる」
発売中
【初回生産限定盤A】
SRCL8910〜1/¥1,528(税抜)
【初回生産限定盤B】
SRCL8912〜3/¥1,528(税抜)
【初回生産限定盤C】
SRCL8914〜5/¥1,528(税抜)
【通常盤】
SRCL8916/¥972(税抜)
※全国ロードショー「心が叫びたがってるんだ。」主題歌

■【ライブ情報】

■Thinking Dogs
『3 times』発売記念フリーライブ&特典会
11月21日(土) ららぽーと豊洲 シーサイドデッキ メインステージ
11月22日(日) タワーレコード渋谷店 1Fイベントスペース

『DOG\'S PARTY vol.1〜わんわん冬の大感謝祭2015』
12月22日(火) 六本木 morph-tokyo

■K
K デビュー10周年記念全国47都道府県ツアー『10th anniversary K〜thanK you!〜』
11月21日(土) 鳥取 BEXX米子
11月23日(月・祝) 山口 Shunan RISING HALL
11月27日(金) 静岡 マリナート 小ホール

■乃木坂46
「アンダーライブ @日本武道館」
12月17日(木) 日本武道館
12月18日(金) 日本武道館

「乃木坂46 Merry X’mas Show 2015 @日本武道館」
12月20日(日) 日本武道館
12月21日(月) 日本武道館

【関連リンク】
K オフィシャルHP
乃木坂46 オフィシャルHP
Thinking Dogs オフィシャルHP
乃木坂46舞台挨拶、西野「歯磨きシーンは恥ずかしかった」秋元は可愛さPR継続宣言【全文レポ】

【関連アーティスト】
K, 乃木坂46, Thinking Dogs
【ジャンル】
J-POP, 女性アイドル

LOUDNESS、30周年記念サイトに国内外20アーティストによる祝福コメントを公開
Fri, 20 Nov 2015 21:00:00 +0900
LOUDNESS (okmusic UP\'s)

LOUDNESSが11月25日にリリースする世界進出アルバム『THUNDER IN THE EAST』の発売30周年を記念したアニバーサリーアルバムの発売を祝し、30周年記念サイトに国内外20アーティストによる映像コメントが一斉に公開された。


【その他の画像】LOUDNESS

これらのコメントは、先日放送されたニコニコ生放送10時間特番で一度限り上映されたもので、国内外の第一線で活躍するジャンルを超越した多くのビッグアーティスト達がLOUDNESSに共感し、リスペクトしていることが大きな話題となった。

今回、30周年記念サイトに公開するにあたり、松本孝弘(B\'z)、ジェイル大橋代官(聖飢魔II)という2人のビッグアーティストからの祝福コメントも到着した。LOUDNESSと30年以上の付き合いがあるという松本は、1985年当時、完成したばかりの『THUNDER IN THE EAST』を故・樋口宗孝(Dr)の自宅で大音量で聴いたことや、10月末にLAの老舗ライブハウス「WHISKY A GO GO」で行なわれたLOUDNESSのライブを楽しんだことなど、様々なエピソードを交えて祝福している。また、ジェイル大橋代官は、1981年に浅草芸術劇場で行なわれたデビューライブに行ったこと、またアメリカでゴルフやライブハウスにプライベートで楽しんだエピソードなどを披露している。

■『THUNDER IN THE EAST』30周年公式サイト
http://columbia.jp/loudness/
<コメント提供アーティスト一覧>
アレキシ・ライホ(CHILDREN OF BODOM)
稲葉浩志(B\'z)
エリック・ピーターソン&アレックス・スコルニック(TESTAMENT)
奥田民生
ゲイリー・ホルト(EXODUS、SLAYER)&マーク・オセグエダ(DEATH ANGEL)from Metal Allegiance
ケリー・キング(SLAYER)
サバトン(SABATON)
ジェイク・E・リー (RED DRAGON CARTEL)
ジェイル大橋代官(聖飢魔II)
ジェフ・ジョージ(We Are Harlot)
ジェフ・ルーミズ&マイケル・アモット(ARCH ENEMY)
スピッツ
デーモン小暮閣下(聖飢魔II)
デイヴ・ムステイン(MEGADETH)
テリー・バトラー(OBITUARY)
浜田麻里
ハロウィン(HELLOWEEN)
松本孝弘(B\'z)
ルーク篁参謀(聖飢魔II)
吉井和哉 / 広瀬“HEESEY”洋一 / 日下部“BURNY”正則
ロニー・アトキンス&ケン・ハマー(PRETTY MAIDS)
斉藤和義

■【松本孝弘(B\'z)からのコメント】
https://www.youtube.com/watch?v=NErft3W-m0M

■【ジェイル大橋代官(聖飢魔II)からのコメント】
https://youtu.be/qgZesUyeKco

【関連リンク】
LOUDNESS オフィシャルHP
LOUDNESS、マディソン・スクエア・ガーデン等のレアシーン満載のトレーラー公開
LOUDNESS、ニコ生特番にて国内外ビッグアーティスト達からの祝福コメントを放送
LOUDNESSの高崎晃が日本人初として「BURRN!」の表紙に決定

【関連アーティスト】
LOUDNESS
【ジャンル】
ジャパニーズロック, メタル

堂島孝平、20thアニバーサリーアルバム『VERY YES』詳細解禁
Fri, 20 Nov 2015 20:00:00 +0900
アルバム『VERY YES』 (okmusic UP\'s)

堂島孝平が12月16日に発売する20thアニバーサリー記念となるオリジナルアルバムの詳細が一挙に発表された。

【その他の画像】堂島孝平

アルバムのタイトルは『VERY YES』。20周年イヤーを精力的に活動してきた今の堂島孝平を表すような明るく、楽しく、HAPPYな内容の仕上がりだ。フジテレビ系「オモクリ監督〜O-Creator\'s TV show〜」で堂島孝平が監督として登場した際に書き下ろした「NO GOODBYE」も収録されている。

また初回限定盤に付属するDVDに収録される中野サンプラザ公演のライブのトレーラー映像も公開された。多数のゲストを迎え、5時間に及ぶ盛大なライブの一部が発売に先駆けて体感できる。特典DVDには厳選された17曲分のダイジェストが収録される予定だ。

堂島孝平はこのアルバムを引っさげての全国ツアー「【DJKH 20th】DJKH×A.C.E. TOUR 2016『君が、来る』」を行なうが、アルバム発売を記念したインストアイベントを開催する事も発表。東京はタワーレコード新宿店、名古屋はタワーレコード名古屋パルコ店、大阪はタワーレコード難波店の3か所で開催される。

■アルバム『VERY YES』初回限定盤付属DVDトレーラー映像
https://youtu.be/xvfb5XQeE1Q

■アルバム『VERY YES』

2015年12月16日(水)発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
TECI-1473/¥3,800+税
【通常盤】(CD)
TECI-1474/¥3,000+税
<収録内容>
■CD(初回/通常 共通)
1.PERFECT LOVE
2.わがみ
3.ワンダーサレンダー
4.免許を取ったら
5.アルコール&レスポンス
6.H.A.P.P.Y
7.MR. RAINY MAN
8.NO GOODBYE
9.きみのため
■DVD(初回限定盤特典)
20thアニバーサリーイヤーのスタート日でもある2月22日に中野サンプラザで開催された「堂島孝平 活動20周年記念公演 オールスター大感謝祭!」のライブ映像をダイジェストで収録。
いとしの第三惑星 / 葛飾ラプソディー / 6AM / Remember / メロディアス / Selfish Girl / 25の瞳 / スマイリー、月へ行く / SHORT CUTTER! / So She, So I / 妹子なぅ / スマイリンブギ / 旅人のうた / き、ぜ、つ、し、ちゃ、う / サンキューミュージック / LUCKY SAD / 俺は、ゆく

■ゲスト参加ミュージシャン(映像出演順)
A.C.E.[小松シゲル / 鹿島達也 / 奥田健介/ 渡辺シュンスケ], ヒックスヴィル, NONA REEVES, 和田 唱(TRICERATOPS), GO-GO KING RECORDERS, Smalll Boys, 住岡梨奈, Hi-Tension Please![八橋義幸 / tatsu / 渡辺シュンスケ / 小松シゲル], UNISON SQUARE GARDEN, 東京スカパラダイスオーケストラ, レキシ, 桜井秀俊(真心ブラザーズ), THE SMILE COUNCIL HORNS, YO-KING(真心ブラザーズ)

■堂島孝平20thアニバーサリーアルバム『VERY YES』発売記念トーク&サイン会

12月19日(土) タワーレコード新宿店 7F イベントスペース
12:00 スタート 
12月20日(日) 名古屋パルコ店 店内 イベントスペース
13:00 スタート
12月20日(日) タワーレコード難波店 5Fイベントスペース
18:00 スタート

■「【DJKH 20th】DJKH×A.C.E. TOUR 2016『君が、来る』」

1月09日(土)  大阪・心斎橋 JANUS 
1月15日(金)  北海道・札幌 KRAPS HALL  
1月23日(土)  名古屋・ell.FITS ALL  
2月07日(日)  宮城・仙台hook  
2月10日(水)  広島・バックビート  
2月12日(金)  福岡・Drum SON  
2月21日(日)  東京・LIQUIDROOM

【関連リンク】
堂島孝平 オフィシャルHP
堂島孝平の書き下ろし楽曲が「ライザップ」公認ソングに決定
片平里菜、弾き語りワンマンツアー東北会場のゲストに堂島孝平が出演決定
SMA40周年記念イベント、ファイナルは豪華アーティスト勢揃いのフリーライブ

【関連アーティスト】
堂島孝平
【ジャンル】
J-POP

中島みゆき、5,000人超の観客を魅了した東京国際フォーラム公演
Fri, 20 Nov 2015 19:30:00 +0900
中島みゆき (okmusic UP\'s)

11月19日、『中島みゆきConcert「一会(いちえ)」2015〜2016』が東京国際フォーラムで開催された。

【その他の画像】中島みゆき

静寂のなかに身をひそめていた観客の期待は、バンドの演奏が始まり、緞帳が上がると、大きな拍手となって姿を現わした。そして、風を立たせ、中島みゆきが登場。

アルバム『LOVE OR NOTHING』(94年)収録曲「もう桟橋に灯りは点らない」が1曲目。ライヴとは思えないくらい鮮明に聴こえる言葉。「夜会」などで培ってきた独特の発声法によるものなのか。アレンジの妙か。音響スタッフの腕か。あるいはそのすべてかもしれないが……。そっと語るように、小さくつぶやくように歌う「ピアニシモ」「あなた恋していないでしょ」でも、一切くぐもることのない声と言葉。もはや神業の域だ。

コンサートは3部構成。第1部はSweet。第2部はBitter。第3部がSincerely Yours。ここは観客への感謝に代えて、といったところだろう。全セットリスト中、もっとも古い曲は『臨月』(81年)収録の「友情」。もっとも新しい曲は11月11日に発売になったばかりのニューアルバム『組曲(Suite)』収録曲だ。第1部で歌われた「ライカM4」は、中島みゆきとはデビュー以来のつきあいであるタムジンこと、写真家の田村仁を歌ったらしい。中島みゆきのイメージからは想像できないほどグルーヴィーなボーカルだった。第2部での「空がある限り」は、夕暮れを背負い、凛と立って歌う。徐々に熱を帯びる声。客席を埋めた5,000人超がジリッジリッと中島みゆきの懐にひきずり込まれるのを見た。

12月9日には、この『組曲(Suite)』がアナログレコードでも発売になる。中島みゆきにとって17年ぶりのLPレコード。世界的なカッティング・エンジニア小鐵 徹がハイレゾマスター音源をカッティングしており、言葉の肌ざわりまでも聴こえてきそうだ。

コンサートは進む。観客からのお便りを読むラジオ番組風コーナー、子供時代の思い出なども交えた爆笑MC、舞台上での衣装の早替えなど、音楽以外でも楽しめる構成と演出。NHK連続テレビ小説『マッサン』主題歌「麦の唄」で第2部を締める。続く第3部の曲をすべて歌い終えると、客席に近づき挨拶をする中島みゆき。観客を見渡す表情はすがすがしい。膝を折る深いおじぎはバレリーナの美しさ。最後の最後、舞台袖間際で、立ち止まり、少しだけ振り向き、手を振った。「じゃ、また」。潔い短い別れの言葉が聞こえてきそうな一瞬だった。そしてまた風を立たせ、去って行った。

TEXT:藤井徹貫

■商品特設ページ
http://www.yamahamusic.co.jp/miyuki/

■『中島みゆきConcert「一会(いちえ)」2015〜2016』

11月12日(木) 東京都・府中の森芸術劇場
11月16日(月) 東京都・東京国際フォーラム ホールA
11月17日(火) 東京都・東京国際フォーラム ホールA
11月19日(木) 東京都・東京国際フォーラム ホールA
12月14日(月) 大阪府・オリックス劇場
12月15日(火) 大阪府・オリックス劇場
12月17日(木) 大阪府・オリックス劇場
<2016年>
01月07日(木) 大阪府・フェスティバルホール
01月08日(金) 大阪府・フェスティバルホール
01月26日(火) 東京都・東京国際フォーラム ホールA
01月27日(水) 東京都・東京国際フォーラム ホールA
01月29日(金) 東京都・東京国際フォーラム ホールA
02月08日(月) 東京都・東京国際フォーラム ホールA
02月09日(火) 東京都・東京国際フォーラム ホールA
02月11日(木・祝) 東京都・東京国際フォーラム ホールA

■『中島みゆきConcert「一会(いちえ)」2015〜2016』
http://miyuki-concert-tour.jp/index.asp

■アルバム『組曲(Suite)』

発売中
YCCW-10265/¥3,000+税
Amazon:http://www.amazon.co.jp/dp/B0152Y315O
<収録曲>
01. 36時間
02. 愛と云わないラヴレター
03. ライカM4
04. 氷中花
05. 霙みぞれの音おと
06. 空がある限り
07. もういちど雨が
08. Why & No
09. 休石
10. LADY JANE

■アルバム『組曲(Suite)』<完全生産限定アナログレコード(LP)>

中島みゆき17年振りとなるアナログレコード、『組曲(Suite)』発売! 24bit/96kHzのハイレゾマスター音源をアナログ・レコード・カッティングの名匠、小鐵 徹氏によるカッティングでアナログ・レコード化した完全生産限定盤の貴重な作品!

2015年12月9日発売
YCJW-10008/¥4,000+税
仕様:アナログ(12インチ)
Amazon :http://www.amazon.co.jp/dp/B016ZP5CZG

【関連リンク】
中島みゆき オフィシャルHP
【40代向け】思わず歌詞に共感するこの5曲●女性アーティスト編
読書の秋にピッタリな文学性の高い5曲
中島みゆき、Blu-ray&DVD『夜会VOL.18「橋の下のアルカディア」』ダイジェスト映像を公開

【関連アーティスト】
中島みゆき
【ジャンル】
J-POP

ねごと、5周年記念自主企画フェスをスペシャアプリで生配信
Fri, 20 Nov 2015 19:00:00 +0900
ねごと presents「お口ポカーンフェス?!NEGOTO 5th Anniversary〜バクTO THE FUTURE〜」 (okmusic UP\'s)

スペースシャワーTVの公式スマートフォンアプリ「スペシャアプリ」にて、11月23(月・祝)恵比寿 LIQUIDROOMにて開催される、ねごと presents『お口ポカーンフェス?!NEGOTO 5th Anniversary〜バクTO THE FUTURE〜』が生配信される。

【その他の画像】ねごと

ねごとpresents 『お口ポカーンフェス?!NEGOTO 5th Anniversary〜バクTO THE FUTURE〜』は、ねごとが、今年デビュー5周年を記念して開催する約4年ぶりとなる自主企画フェス。チケットは一般発売とともにSOLD OUTしている。なお、今回の配信はメインステージである“ねごとステージ"の模様を生配信となり、サブステージである“ひとりごとステージ"は、会場だけのお楽しみとなる。

また、スペースシャワーの公式スマートフォンアプリ「スペシャアプリ」、動画配信サイト「SPACE SHOWER ON DEMAND」(PC、タブレット、スマートフォン対応)に加え、LINEアプリの映像配信サービス「LINE LIVE CAST」でも配信決定! スペースシャワーTVのLINE公式アカウントに友だち登録するだけで視聴が可能だ。

■スペシャアプリ
(App Store、Google Playにてダウンロード)
http://sstv.jp/app
■SPACE SHOWER ON DEMAND
http://odmd.spaceshower.jp

■【ねごとpresents 『お口ポカーンフェス?!NEGOTO 5th Anniversary〜バクTO THE FUTURE〜』公演概要】

11月23日(月) 14:00〜終演まで(予定)
出演:ねごと / ねごと / ねごと / ねごと / ねごと
※“ねごとステージ"(メインステージ)のみ
http://www.negoto.com/bakufes/

■ねごと presents 『お口ポカーンフェス?! NEGOTO 5th Anniversary 〜バク TO THE FUTURE〜』

11月23日(月・祝)  恵比寿LIQUIDROOM
OPEN 13:00 START 14:00
※THANK YOU!SOLD OUT!
<出演アーティスト>
ねごと / ねごと / ねごと / ねごと / ねごと
蒼山幸子 / 沙田瑞紀 / 藤咲佑 / 澤村小夜子

【関連リンク】
ねごと オフィシャルHP
ねごと、自主企画フェス前に再び特番を生配信決定
ねごと、舞台裏などオフショット満載の『“VISION" TOUR 2015』トレーラー公開
ねごと、デビュー5周年記念フェスはまさに“ねごと祭り”なメンツに!

【関連アーティスト】
ねごと
【ジャンル】
J-POP

ソナーポケット、1月発売のシングル詳細発表&配信限定楽曲「二人冬物語」リリース
Fri, 20 Nov 2015 19:00:00 +0900
ソナーポケット (okmusic UP\'s)

先日、通算22枚目となるニューシングルを1月にリリースする事を発表したソナーポケットだが、その続報としてリリース日が1月20日に決定し、タイトルが「ベストフレンド」に決まったことが、最新のアーティスト写真と共に発表された。

【その他の画像】ソナーポケット

シングルは全4形態あり、初回限定盤にはMVとMVメイキングのDVDが付く。通常盤A-虹色デイズ盤-には「ベストフレンド-アニメCVドラマヴァージョン-」が収録され、CDジャケットはアニメ描き下ろし仕様になるとのこと。「アニメCVドラマヴァージョン」とは同曲が主題歌となっているアニメ『虹色デイズ』のメイン・キャラクター4人(夏樹、智也、恵一、剛)が曲間に登場し、オリジナルストーリーを展開するスペシャル・ヴァージョン。これはアニメ界でも類を見ない、新たな作品と言えるだろう。

4形態は全て収録内容やCDジャケットが異なる物になっており、それぞれのCDに封入される各応募券を4枚集めて応募すると、全員にソナポケが直筆で(応募者の)名前とサインを書き込んだポストカードがプレゼントされる。応援してくれるファンを大切に想う、ソナポケならではのCD特典である。

また、2016年早春には待望の通算6枚目となるオリジナルアルバムのリリースを予定していることも明らかとなった。シングルとアルバムのW購入者特典企画も予定されているらしいので、アルバムに関しての詳細発表も待ち遠しい限りである。

そしてさらにもう一つ、耳よりな情報が発表された。シングルを待ちきれないファンには嬉しい、配信限定シングル「二人冬物語」が11月25日(水)よりレコチョクにて独占先行配信されることになったのだ。加速する男女の恋心を描いた心温まるウィンター・ラブソングは、この冬必聴の一曲になることだろう。4月からは東京、名古屋、大阪、福岡でのアリーナ公演を含む全国ツアー「ソナポケイズムJAPAN TOUR 〜7th Anniversary Special」を開催することも決定しているソナーポケット。彼らの躍進から目が離せない!

■アニメ『虹色デイズ』オフィシャルHP
http://rainbow-days.tv/

■【リリース情報】

配信限定シングル「二人冬物語」
2015年11月25日(水)レコチョク独占先行配信スタート
<配信Singleレコチョク特典>
「二人冬物語」のシングルor着うたフル(R)をDLされた方を対象に、抽選で7周年を記念して7名様に「ソナポケとのクリスマス生電話」が当たります!!!
◎ 1週間限定応募抽選特典
11月25日(水)0:00〜12月1日(金)23:59
※生電話企画の詳細は、当選者のみに後日レコチョクよりお知らせとなります。


シングル「ベストフレンド」
2016年1月20日(水)発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
TKCA-74330/¥1,296+税
<収録内容>
■CD
1. ベストフレンド
2. タイトル未定A曲
3. ベストフレンド(instrumental)
4. タイトル未定A曲(instrumental)
■DVD
1. 『ベストフレンド』MV 
2. 『ベストフレンド』MVメイキング&オフショット

【通常盤A -虹色デイズ盤-】 (CDのみ)
TKCA-74334/¥1,204+税 
※アニメ描き下ろしジャケット仕様
<収録内容>
1. ベストフレンド
2. ベストフレンド-アニメCVドラマヴァージョン-
3. タイトル未定A曲
4. タイトル未定A曲(instrumental)

【通常盤B】(CDのみ)
TKCA-74335/¥1,000+税 
<収録内容>
1. ベストフレンド
2. タイトル未定A曲
3. ベストフレンド(instrumental)
4. タイトル未定A曲(instrumental)

【通常盤C】(CDのみ)
TKCA-74336/¥1,000+税
<収録内容>
1. ベストフレンド
2. タイトル未定B曲
3. ベストフレンド(instrumental)
4. タイトル未定B曲(instrumental)

◎「初回限定盤」「通常盤A -虹色デイズ盤-」「通常盤B」「通常盤C」は全てジャケットが異なります。

《ソナーポケット購入者豪華応募特典》
■その1
・応募者全員プレゼントのSingle全形態(4種類)購入者対象スペシャル特典実施!  メンバー直筆応募者の名前入りポストカードをプレゼント!!!
■その2
・2016年早春オリジナル6th ALBUMとのW購入者応募特典実施!  W購入者特典内容の詳細は後日発表!!!

■「ソナポケイズムJAPAN TOUR 〜7th Anniversary Special」

4月02日(土)  愛知:日本ガイシホール
4月09日(土)  大阪:大阪城ホール
4月16日(土)  新潟:新潟テルサ
4月17日(日)  新潟:新潟テルサ
4月23日(土)  広島:広島文化学園HBGホール
4月24日(日)  広島:広島文化学園HBGホール
4月28日(木)  宮城:仙台サンプラザホール
5月01日(日)  札幌:ニトリ文化ホール
5月07日(土)  福岡:福岡国際センター
5月13日(金)  香川:サンポートホール高松
5月14日(土)  香川:サンポートホール高松
5月21日(土)  埼玉:さいたまスーパーアリーナ

【関連リンク】
ソナーポケット オフィシャルHP
ソナーポケット、リリースイベントでも“笑顔の連鎖”拡大中
ソナーポケット、アリーナツアーファイナルを開催
2010年リリース以降限定! 最新クリスマスソング5選

【関連アーティスト】
ソナーポケット
【ジャンル】
J-POP

MERRY、背徳的な恋愛模様を描き出したニューシングル「平日の女」の発売が決定
Fri, 20 Nov 2015 18:30:00 +0900
MERRY (okmusic UP\'s)

社会が作り出した既成概念にとらわれず、日々鬱積した感情を音楽に乗せてぶちまけてきたMERRYの最新シングルが2016年1月27日にリリースされることが決定した。

【その他の画像】MERRY

“現代社会の幸福論"を謡い上げた前作「Happy life」から約半年ぶりに発表されるこの作品は、「平日の女」というなんとも意味深長なタイトルが付けられた2016年第一弾シングル。代名詞とも言える哀愁的かつレトロ感のあるサウンドに乗せられた背徳的な恋愛模様を描き出した歌詞からはMERRYの根底にある独自の精神性が感じられ、最新アルバム『NOnsenSe MARkeT』の発表以降精力的な活動をしてきた彼らの未来を示す作品になるだろう。

更に、タイトルだけでなく気になるのは、その収録内容。表題曲である「平日の女」がA面/B面として収録されるのだが、ここでは同じ歌詞に異なる楽曲で構成するという前代未聞の試みがなされているという。発売形態は、特典DVDが付録の初回生産限定盤2種と、通常盤の3形態。まず、初回生産限定盤Aには、2015年10月20日に高円寺HIGHで行なわれた男性限定ライヴ映像がボリューム満点で収録され、初回生産限定盤Bには前作「Happy life」に続き、鬼才と言われる近藤廣行監督によるミュージックビデオが収録される予定だ。そして通常盤には、同年10月19日開催の女性限定ライヴよりキラーチューン2曲が臨場感溢れるサウンドでパッケージされる。尚、初回生産限定盤は数に限りがあるので、入手したい人は早めに予約を済ませておこう。

シングル発売直後となる2016年2月7日には、アルバム『NOnsenSe MARkeT』の集大成となる記念公演「NOnsenSe MARkeT FINAL -最終階-」を控えるMERRY。今作が、何事にも臆することなく己の信念を貫き続ける彼らにとって起爆剤になることを期待したい。

■シングル「平日の女」

2016年1月27日発売
【初回生産限定盤A】(CD+DVD)
SFCD-0182〜183/¥2,778+税
<収録曲>
■DISC 1 : CD
1. 平日の女 -A面-
2. 平日の女 -B面-
■DISC 2 : DVD
・ライヴ映像
Grateful Year 2015 「NOnsenSe MARkeT -メンズフロア-」
2015.10.20 高円寺HIGH

【初回生産限定盤B】(CD+DVD)
SFCD-0184〜185/¥1,800+税
<収録曲>
■DISC 1 : CD
1. 平日の女 -A面-
2. 平日の女 -B面-
■DISC 2 : DVD
平日の女 -A面- (MUSIC VIDEO)
MAKING OF 平日の女

【通常盤】(CD)
SFCD-0186/¥1,204+税
<収録曲>
1. 平日の女 -A面-
2. 平日の女 -B面-
3. Hide-and-seek [LIVE]*
4. T.O.P [LIVE]※
※Grateful Year 2015 「NOnsenSe MARkeT -レディースフロア-」
2015.10.19 高円寺HIGHにて収録

※収録内容、タイトル表記及び仕様等は変更になる可能性がございます。

■『COUNTDOWN 2015-16 NOnsenSe MARkeT 4F -眠れない羊-』

12月31日(木) 新宿LOFT
開場 23:00 / 開演 23:30
<チケット>
席種:スタンディング
チケット料金:¥5,000 ※税込 / ドリンク代別
※本公演は深夜公演となりますため、18歳未満及び高校在学中の方は御入場出来ません。 
■一般発売:12月5日(土)

■『NOnsenSe MARkeT FINAL -最終階-』

2016年2月7日(日) EX THEATER ROPPONGI
開場 16:15 / 開演 17:00
<チケット>
席種:1Fスタンディング / 2F指定
料金:¥5,500 ※税込 / ドリンク代別
■一般発売
12月12日(土) 
■MERRY OFFICIAL先行
受付期間:11月9日(月)12:00〜11月23日(月・祝)18:00
※受付期間中どなたでもお申し込みいただけます。
http://eplus.jp/merry0207hp/

【関連リンク】
MERRY オフィシャルHP
MERRY、初主催イベント「ラムフェス」が大盛況のうちに幕
MERRY、主催イベント『ラムフェス』タイムテーブル発表&カウントダウンライブ開催決定
MERRY主催の「ラムフェス」、豪華ラインナップがついに発表

【関連アーティスト】
MERRY
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル

がんばれ!Victory、直球勝負の3rdシングル「青春!ヒーロー」詳細解禁
Fri, 20 Nov 2015 18:00:00 +0900
がんばれ!Victory (okmusic UP\'s)

がんばれ!Victoryが1月27日にリリースする3rdシングルの詳細が明らかとなった。

【その他の画像】がんばれ!Victory

タイトルは「青春!ヒーロー」。タイトルの通りど真ん中直球勝負のキャッチーなロックナンバーで、春に向けて新生活をスタートさせる人々の背中を押すメッセージソングとなった。作詞作曲は様々なアーティストに楽曲を提供するシンガーソングライター・TAMATE BOX、プロデュースはGacharic Spinなどを手がける角田崇徳が担当。カップリングに収録される「ボクラノミライ」は、メンバーの掛け合いがコミカルな楽曲。印象的なリフでがんばれ!Victoryのオリジナリ ティが溢れる、遊び心のあるロックナンバーとなった。こちらのプロデュースは2ndシングル「ラリラリラ」に引き続き、BACK DROP BOMBのギタリストJin Tanakaが担当している。なお初回限定盤のDVDには「青春!ヒーロー」MVと、メンバーの素顔が垣間見れるアートワーク、MV撮影時の豪華メイキング映像が収録される。

そして、「青春!ヒーロー」の歌詞カードにはコード譜付きの仕様となっており、これから楽器を始める人やがんばれ!Victoryをカヴァーしたい人は是非CDをゲットしよう。

また、がんばれ!Victoryは「青春!ヒーロー」のリリースを記念したフリーイベントの開催を発表。今回もビジター戦と題したフリースペースでのアコースティックイベントと、ホーム戦と題したニコニコ生放送の公開生放送を実施。また12月13日(土)を皮切りに、関東のライブハウスで対バンイベントも実施。フルセットライブ、アコース ティックライブ、トーク番組観覧など、がんばれ!Victoryの様々な顔が見られるイベントになるとのことなので、ファンの方は要チェック!

■シングル「青春!ヒーロー」

2016年1月27日発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
PCCA.04328/¥1,389+税
※封入特典:イベント参加券A封入
【通常盤】(CD Only)
PCCA.70467/¥926+税
※封入特典:イベント参加券A、がんばれ!Victory野球カード(ソロ5種+集合1種の全6絵柄のうち1枚 ランダム封入)
【あやき盤】(CD Only)
PCCA.04329/¥741+税
※封入特典:イベント参加券B、デモ楽曲投票用紙
【れな盤】(CD Only)
PCCA.04330/¥741+税
※封入特典:イベント参加券B、デモ楽曲投票用紙
【まゆこ盤】(CD Only)
PCCA.04331/¥741+税
※封入特典:イベント参加券B、デモ楽曲投票用紙
【しのぶ盤】(CD Only)
PCCA.04332/¥741+税
※封入特典:イベント参加券B、デモ楽曲投票用紙
【みなみ盤】(CD Only)
PCCA.04333/¥741+税
※封入特典:イベント参加券B、デモ楽曲投票用紙

<収録曲> ※初回限定盤、通常盤共通
■CD ※初回限定盤、通常盤共通
1. 青春!ヒーロー
2. ボクラノミライ
3. 青春!ヒーロー(カラオケ)
4. ボクラノミライ(カラオケ)
■DVD ※初回限定盤のみ
1. 青春!ヒーロー Music Video
2. Behind the Scenes of 青春!ヒーロー
※初回限定盤、通常盤はコード譜付きジャケット仕様

<メンバーソロ盤収録曲>
1. 青春!ヒーロー
2. ボクラノミライ
3. それぞれのメンバー書き下ろしデモ曲

《店頭予約特典》
“がんばれ!Victoryプライベートセルフフォト(全10種のうち1種)"
※数量限定で無くなり次第の終了となりますので、ぜひお早目のご予約をおすすめいたします。

■【シングル「青春!ヒーロー」発売記念イベント詳細】

11月29日(日)  イオンモール津田沼 1Fさくら公園側特説会場
時間:11:30 14:00
12月05日(土)  三井アウトレットパーク多摩南大沢(FM NACK5「HITS THE TOWN」公開生放送)
時間:14:00
12月12日(土)  関東某所
12月19日(土) ららぽーと横浜 F セントラルガーデンステージ
時間:13:00 15:00
<2016年>
1月11日(月・祝)  大宮アルシェ 1Fイベントステージ
時間:13:00 15:00
1月17日(日)  ららぽーと富士見 屋外広場
時間:13:00 15:00
1月24日(日)  イオンモールおゆみ野 1F中央エスカレーター前広場
時間:13:00 15:00

※全会場アコースティックライブ+特典会(全会場観覧フリー)
※イベント終了後3rdシングル「青春!ヒーロー」をご予約いただいた方に特典会を実施します。
※特典会詳細はがんばれ!VictoryオフィシャルHPをご覧ください。

■【ホーム戦(ニコ生公開生放送)詳細】

■初回公開生放送日時
12月01日(金)  開場 19:30/開演 20:00
※番組放送スタート時間 20:00
■場所
ポニーキャニオン1F イベントスペース
※観覧フリー

※番組終了後3rdシングル「青春!ヒーロー」をご予約いただいた方に特典会を実施します。
※特典会詳細はがんばれ!VictoryオフィシャルHPをご覧ください。

【関連リンク】
がんばれ!Victory オフィシャルHP
がんばれ!Victory、3rdシングル発売を記念してプレミアム2マンイベントを開催
がんばれ!Victory、地元佐賀凱旋ライヴ大成功&ニューシングル発売決定
がんばれ!Victoryが「カラオケ本舗 まねきねこ」とコラボ

【関連アーティスト】
がんばれ!Victory
【ジャンル】
ジャパニーズロック, 女性アイドル

テレヴィジョンの『マーキー・ムーン』こそがニューヨークパンクの先駆的アルバム!
Fri, 20 Nov 2015 18:00:00 +0900
Television『Marquee Moon 』のジャケット写真 (okmusic UP\'s)

パンクと言えば、セックス・ピストルズ、クラッシュ、ダムドら英のグループが多く語られるが、彼らに影響を与え、パンクロックの精神を世に知らしめたのは、テレヴィジョン、パティ・スミス、ラモーンズなど、ニューヨークで活躍したロッカーたちである。特にテレヴィジョンはメジャーデビューこそパティ・スミスに先を越されたものの、デビューアルバムとなる本作『マーキー・ムーン』のリリースによって、その実力を世界に知らしめただけでなく、ロックスピリットを失いつつあった音楽業界のカンフル剤としても大きな役割を果たした。ただ、彼らの全盛期はデビュー前から本作リリース後の少しであることも確かで、78年に発表した『アドべンチャー』の仕上がりは本作に及ばなかった。その後、休止・再結成を繰り返してはいるが、キレのいいバンドという以上の成果は残していない。

■テレヴィジョン結成時のアメリカ音楽業界は…

 テレヴィジョンが結成されたのは1973年。この時代のロック界の様子はと言うと、60年代中・後期に見られたクリームやMC5のような“音が大きくてハードなロック”から、キャロル・キングやジェームス・テーラーに代表される“身近な心象を描いたシンガーソングライター的なサウンド”へ移行しつつあった時期である。時代は高度成長期から安定期を世界的に迎え、ロックもゆったりとした大人のサウンドが求められるようになってきていた。それまでロックを聴いていた若者たちも気付けば社会人になり、大手レコード会社は新たな若手リスナーを獲得することに併せ、青年リスナーが続けて聴ける新たなロックを供給する必要に迫られていた。

 そんな事情もあって、72・3年頃のヒットチャートは、カントリーロックやポピュラー寄りのロックが大半を占めている。この後しばらくするとAORやダンス(ディスコ)音楽が全盛となる。当時の、いわゆる王道のロックファンたちは、概ねレコード業界の動きにのっとってロックを聴いていたと僕は記憶している。

■ニューヨークの下町で培われた芸術性と反商業性

 ただ、テレヴィジョンを生んだニューヨークの下町(ローワー・イーストサイド)は、アンディ・ウォーホルのポップアート(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%83%E3%83%97%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%88)やヴェルヴェット・アンダーグラウンドの音楽を生み出したことからも分かるように、独自のアーティスティックな文化を持ち、一般的な世間の動きとは一線を画した土壌があった。

 前述したように、72・3年頃は、一般的にはどちらかと言えばエルトン・ジョン、カーペンターズらのポピュラー志向派と、ニッティ・グリッティ・ダート・バンドや初期のイーグルスに代表されるカントリーっぽいロックが世界的に流行していたのである。僕が中学3年生の頃、日本でも音楽雑誌『ミュージックライフ』の人気投票でハード・ロックのレッド・ツェッペリンとフォークロックのCSN&Y(クロスビー・スティルス・ナッシュ&ヤング)がデッドヒートを繰り広げ、最後は僅差でCSN&Yが1位になるという時代だったのだ。

 しかし、72年にデビューしたブルー・オイスター・カルト(ヘヴィメタルの元祖のひとつ)にしても、73年デビューのニューヨーク・ドールズ(パンク&グラムロックの元祖)にしても、ニューヨークの下町でしか育ち得ない一風変わったグループであった。これは世界に名だたる最先端の多くの芸術家たちがローワー・イーストサイドで活動していたのが大きい。世間的な流行に媚びず、自分たちの“真実”を創造する姿勢に、地元のロッカーたちの多くが影響を受けていたことは間違いない。

 社会的には、大量消費の一環としてのロックが生産されようとする時代であった。テレヴィジョンズやパティ・スミスらは、それらの産業ロックにノーを突き付け、荒削りではあるが個性的かつ前衛的なロックを生み出していく。そして、この後のロック界を大きく変革・牽引していくことになるのだが、最初にパンクロックとして世界的な注目を浴びたのはセックス・ピストルズだっただけに、パンクロックはイギリス由来のものという誤解を生じることになった。

■マーキー・ムーンの周辺

 1971年、トム・ヴァーレイン、リチャード・ヘル(のちにハートブレイカーズ・ヴォイドイズ)、ビリー・フィッカの3人は、テレヴィジョンの前身ネオンボーイズを結成するものの、すぐに解散。バラバラになっていたが74年初頭に再結集、リチャード・ロイドを加えて4人組となる。ジョニー・サンダースのニューヨーク・ドールズ、パティ・スミス、デボラ・ハリーのブロンディーらと同じく、CBGBやマクシズ・カンサス・シティなどのライブハウスで腕を磨いた彼らは、ローワー・イーストサイドで絶大な人気を得るのだが、ライヴ活動が忙しいことやリチャード・ヘルの脱退などもあって、盟友パティ・スミスと比べるとメジャーデビューは若干遅れた(というか、メジャーデビューしたかったのかどうかも怪しい)。ヘルの脱退後、ブロンディーに在籍していたフレッド・スミスが加入することで『マーキームーン』への布陣ができた。

 インディーズでシングルを1枚発表した後にエレクトラと契約、77年2月に『マーキームーン』はリリースされた。地元出身で世界的写真家のロバート・メイプルソープによるジャケット写真はグループの先鋭的なイメージをしっかり捉えていて、今見ても最高にカッコ良い。サウンド面ではヴァーレインの激しいながらも個性的なヴォーカル、芸術性の高い歌詞、切れ味鋭いギター、都会出身者ならではのクールさ、荒削りで張り詰めた緊張感など、それらがミックスされた本作は、商業的に成功していたグループには絶対に真似のできない音作りがポイントであった。特にLP時代はA面にあたる最初の4曲の出来は秀逸で、10分にも及ぶタイトルトラックは彼らの最高の一曲だと思う。

 このアルバムが、後のポストパンクやオルタナティブロックのグループに与えた影響は計り知れない。しかし、あまりにも新しい音楽性を持っていたために、当時のリスナーにはなかなか理解されず、セールス面では苦戦したこともまた事実である。パンクロック人気の中心はイギリスで、テレヴィジョンが渡英するたびに熱狂するファンが増えていったとはいえ、アメリカ国内ではそんなに売れなかったのだ。結局、78年に2ndアルバムの『アドヴェンチャー』をリリースするものの、こちらはリスナーだけでなく批評家筋からの酷評もあって、あえなく解散することになってしまった。

 しかし、振り返ってみれば、テレヴィジョンに責任はなく、当時のリスナーが彼らの音楽に追い付けなかっただけであることは確かである。それは『マーキームーン』がパンクロックを代表する作品のひとつとして、2015年現在、未だに聴き継がれていることが証明となるだろう。個人的には、全てのパンクロックのアルバム中、最高位に位置する作品だと信じている。

■テレヴィジョンの影響

 ヴァーレインの個性的なヴォーカルは、おそらくデビッド・ボウイやルー・リードに影響されていると思われるが、それを理解した上でもなお、ヴァーレインの個性は強烈だ。この強烈さこそが、ニューヨークの下町で生まれた所以なのかもしれない。その過度とも言えるクセのある個性は、トーキングヘッズのデヴィッド・バーン、ブームタウンラッツのボブ・ゲルドフ、忌野清志郎あたりに、その“過度さ”すら含めて引き継がれている。また、U2、REM、ソニック・ユースらは、インタビューなどを通して自分たちが影響されたグループとして、テレヴィジョンの名前を挙げていることも最後に記しておきたい。

【関連アーティスト】
Television
【ジャンル】














c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1