歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2015年11月14日)
バックナンバー
最新ニュース
2015/11/23
2015/11/22
2015/11/21
2015/11/20
2015/11/19
2015/11/18
2015/11/17
2015/11/16
2015/11/15
2015/11/14
2015/11/13
2015/11/12
2015/11/11
2015/11/10
2015/11/09
2015/11/08
2015/11/07
2015/11/06
2015/11/05
2015/11/04
2015/11/03
2015/11/02
2015/11/01
2015/10/31
2015/10/30
2015/10/29
2015/10/28
2015/10/27
2015/10/26
2015/10/25
2015/10/24
2015/10/23
2015/10/22
2015/10/21
2015/10/20
2015/10/19
2015/10/18
2015/10/17
2015/10/16
2015/10/15
2015/10/14
2015/10/13
2015/10/12
2015/10/11
2015/10/10
2015/10/09
2015/10/08
2015/10/07
2015/10/06
2015/10/05
2015/10/04
2015/10/03
2015/10/02
2015/10/01
2015/09/30
2015/09/29
2015/09/28
2015/09/27
2015/09/26
2015/09/25
2015/09/24
2015/09/23
2015/09/22
2015/09/21
2015/09/20
2015/09/19
2015/09/18
2015/09/17
2015/09/16
2015/09/15
2015/09/14
2015/09/13
2015/09/12
2015/09/11
2015/09/10
2015/09/09
2015/09/08
2015/09/07
2015/09/06
2015/09/05
2015/09/04
2015/09/03
2015/09/02
2015/09/01
2015/08/31
2015/08/30
2015/08/29
2015/08/28
2015/08/27
2015/08/26
2015/08/25
2015/08/24
2015/08/23
2015/08/22
2015/08/21
2015/08/20
2015/08/19
2015/08/18
2015/08/17
2015/08/16
2015/08/15
2015/08/14
2015/08/13
2015/08/12
2015/08/11
2015/08/10
2015/08/09
2015/08/08
2015/08/07
2015/08/06
2015/08/05
2015/08/04
2015/08/03
2015/08/02
2015/08/01
2015/07/31
2015/07/30
2015/07/29
2015/07/28
2015/07/27
2015/07/26
2015/07/25
2015/07/24
2015/07/23
2015/07/22
2015/07/21
2015/07/20
2015/07/19
2015/07/18
2015/07/17
2015/07/16
2015/07/15
2015/07/14
2015/07/13
2015/07/12
2015/07/11
2015/07/10
2015/07/09
2015/07/08
2015/07/07
2015/07/06
2015/07/05
2015/07/04
2015/07/03
2015/07/02
2015/07/01
2015/06/30
2015/06/29
2015/06/28
2015/06/27
2015/06/26
2015/06/25
2015/06/24
2015/06/23
2015/06/22
2015/06/21
2015/06/20
2015/06/19
2015/06/18
2015/06/17
2015/06/16
2015/06/15
2015/06/14
2015/06/13
2015/06/12
2015/06/11
2015/06/10
2015/06/09
2015/06/08
2015/06/07
2015/06/06
2015/06/05
2015/06/04
2015/06/03
2015/06/02
2015/06/01
2015/05/31
2015/05/30
2015/05/29
2015/05/28
2015/05/27
2015/05/26
2015/05/25
2015/05/24
2015/05/23
2015/05/22
2015/05/21
2015/05/20
2015/05/19
2015/05/18
2015/05/17
2015/05/16
2015/05/15
2015/05/14
2015/05/13
2015/05/12
2015/05/11
2015/05/10
2015/05/09
2015/05/08
2015/05/07
2015/05/06
2015/05/05
2015/05/04
2015/05/03
2015/05/02
2015/05/01
2015/04/30
2015/04/29
2015/04/28
2015/04/27
2015/04/26
2015/04/25
2015/04/24
2015/04/23
2015/04/22
2015/04/21
2015/04/20
2015/04/19
2015/04/18
2015/04/17
2015/04/16
2015/04/15
2015/04/14
2015/04/13
2015/04/12
2015/04/11
2015/04/10
2015/04/09
2015/04/08
2015/04/07
2015/04/06
2015/04/05
2015/04/04
2015/04/03
2015/04/02
2015/04/01
2015/03/31
2015/03/30
2015/03/29
2015/03/28
2015/03/27
2015/03/26
2015/03/25
2015/03/24
2015/03/23
2015/03/22
2015/03/21
2015/03/20
2015/03/19
2015/03/18
2015/03/17
2015/03/16
2015/03/15
2015/03/14
2015/03/13
2015/03/12
2015/03/11
2015/03/10
2015/03/09
2015/03/08
2015/03/07
2015/03/06
2015/03/05
2015/03/04
2015/03/03
2015/03/02
2015/03/01
2015/02/28
2015/02/27
2015/02/26
2015/02/25
2015/02/24
2015/02/23
2015/02/22
2015/02/21
2015/02/20
2015/02/19
2015/02/18
2015/02/17
2015/02/16
2015/02/15
2015/02/14
2015/02/13
2015/02/12
2015/02/11
2015/02/10
2015/02/09
2015/02/08
2015/02/07
2015/02/06
2015/02/05
2015/02/04
2015/02/03
2015/02/02
2015/02/01
2015/01/31
2015/01/30
2015/01/29
2015/01/28
2015/01/27
2015/01/26
2015/01/25
2015/01/24
2015/01/23
2015/01/22
2015/01/21
2015/01/20
2015/01/19
2015/01/18
2015/01/17
2015/01/16
2015/01/15
2015/01/14
2015/01/13
2015/01/12
2015/01/11
2015/01/10
2015/01/09
2015/01/08
2015/01/07
2015/01/06
2015/01/05
2015/01/04
2015/01/03
2015/01/02
2015/01/01
2014/12/31
2014/12/30
2014/12/29
2014/12/28
2014/12/27
2014/12/26
2014/12/25
2014/12/24
2014/12/23
2014/12/22
2014/12/21
2014/12/20
2014/12/19
2014/12/18
2014/12/17
2014/12/16
2014/12/15
2014/12/14
2014/12/13
2014/12/12
2014/12/11
2014/12/10
2014/12/09
2014/12/08
2014/12/07
2014/12/06
2014/12/05
2014/12/04
2014/12/03
2014/12/02
2014/12/01
2014/11/30
2014/11/29
2014/11/28
2014/11/27
2014/11/26
2014/11/25
2014/11/24
2014/11/23
2014/11/22
ボカロP×ボカロP×歌い手、三位一体コンピCD『ニコラボ』発売決定
Sat, 14 Nov 2015 18:00:00 +0900
アルバム『ニコラボ』 (okmusic UP\'s)

動画共有サイトで活躍中のボカロPとボカロPがお互いの曲をアレンジし、歌い手が歌う"ボカロP×ボカロP×歌い手"の三位一体コンピレーションCD『ニコラボ』が、2015年12月30日に発売されることが決定した。

【その他の画像】nameless

お互いにリスペクトし合うボカロP同士がお互いの楽曲をリミックス、それを歌い手が歌うというスペシャルコラボ企画。CDタイトルとなっている「ニコラボ」は、"ニコニコ"と"コラボ"の造語。

参加ボカロPはEZFG、梅とら、ギガP、koyori(電ポルP)、tilt-six、とあ、n-buna、niki、PolyphonicBranch、レタスPの10名、参加歌い手は96猫、Sou、nameless、れをるの4名。

10月20日には先行してEZFGがリミックスと動画を担当、れをるが歌ったnikiの楽曲「WAVE」を投稿。14万再生を超え、神コラボとのコメントも。

それぞれの色が光る、ここでしか聴くことのできない音が紡がれている本作の続報が期待される。

■niki × EZFG × れをる「WAVE」
http://www.nicovideo.jp/watch/sm27408763

■アルバム『ニコラボ』

2015年12月30日発売
DUED-1155/¥1,900+税
※アーティスト:96猫、れをる、nameless、Sou 他
※ジャケットイラスト:りゅうせー
<収録予定楽曲>
・niki × EZFG × れをる
「WAVE」feat. EZFG × れをる
「サイバーサンダーサイダー」feat. niki × れをる
・PolyphonicBranch × n-buna × nameless
「二次元ドリームフィーバー」feat. n-buna × nameless
「ウミユリ海底譚」feat. PolyphonicBranch × nameless
・梅とら × ギガP × 96猫
「虎視眈々」feat. ギガP × 96猫
「ヒビカセ」feat. 梅とら × 96猫
・tilt-six × レタスP × Sou
「エレクトロサチュレイタ」feat. レタスP × Sou
「lllトゥルティンアンテナlll」feat. tilt-six × Sou
・koyori(電ポルP) × とあ × れをる × 96猫、nameless × Sou
「独りんぼエンヴィー」feat. とあ × nameless × sou
「ツギハギスタッカート」feat. koyori(電ポルP) × れをる × 96猫
※曲順未定

【関連リンク】
『ニコラボ』特設ページ
96猫、ニューアルバム『Brand New...』にGLAYのHISASHIが参加
96猫が2015年元旦発売のアルバムで鬼束ちひろの「月光」をカバー
「新妹魔王」OP担当“Metamorphose”の3人目は美郷あき「私の新しい扉を開いてくれた」

【関連アーティスト】
nameless, 96猫, れをる, Sou
【ジャンル】
J-POP, ネットカルチャー, ボーカロイド

X JAPAN、ニコ生にて震災復興チャリティーコンサートを全世界へ独占生中継決定
Sat, 14 Nov 2015 17:00:00 +0900


X JAPANが11月28日(土)に石巻ブルーレジスタンスで開催する、震災復興チャリティーコンサート『石巻チャリティLIVE』がニコニコ生放送にて独占生中継されることが分かった。

【その他の画像】X JAPAN

世界ツアーの幕開けとして開催される同ライブ。X JAPANとしてのライブハウス公演は、1991年の12月31日に目黒鹿鳴館にて行われて以来、実に24年ぶりだ。今回、ニコニコ生放送では、この150人しか観ることのできない貴重なライブ公演を全世界に向けて(※)、現地から独占生中継する。

本公演のチケットは全150枚のみ用意され、半数はチャリティーオークションにて出品、残りの半数は地元石巻市・東松山市・牡鹿群女川町在住の方のみを対象とした無料の招待枠として準備されている。

(※)日本国内のみならず海外からの視聴も可能です。

■X JAPAN オフィシャルHP
http://www.xjapanmusic.com
■X JAPAN CHANNEL
http://ch.nicovideo.jp/xjapanofficial

■【ニコニコ生放送概要】

タイトル:X JAPAN 24年ぶりのライブハウス公演『石巻チャリティLIVE』独占生中継
放送日時:11月28日(土)16:00〜
番組視聴URL:http://live.nicovideo.jp/watch/lv240260918
※本番組の後半はプレミアム会員限定視聴となります。番組全編を視聴するにはプレミアム会員のご登録が必要となります。

【関連リンク】
ニコ生がYOSHIKIに1日に密着! 3DCGライブホログラフィック劇場でhideとの再会も!?
hideの思いが17年の歳月をかけて現実に!
X JAPAN、ワールドツアー初日は石巻でのチャリティコンサート
hide 50th anniversary FILM『JUNK STORY』がニューヨーク・コミコンにて上映決定

【関連アーティスト】
X JAPAN
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル

SCAFULL KINGが来春、9年ぶりとなるツアーを開催
Sat, 14 Nov 2015 17:00:00 +0900
『Slow Bus Movin』フライヤー (okmusic UP\'s)

SCAFULL KINGが9年ぶりとなるツアー『Slow Bus Movin\'』を来春に開催することを発表した。

【その他の画像】SCAFULL KING

その日程と場所は、2016年3月12日(土)に愛知・名古屋 DIAMOND HALL、4月3日(日)に大阪 心斎橋 BIG CAT。チケットの一般発売に先駆け、11月20日(金)にオフィシャルサイト先行予約が開始される。

■SCAFULL KINGツアー『Slow Bus Movin\'』

3月12日(土) 名古屋 DIAMOND HALL
4月03日(日) 心斎橋 BIG CAT
OPEN 17:30 / START 18:00
ADV 4,300yen (1ドリンク代別途)
■チケット 12/12(土)発売
チケットぴあ 0570-02-9999
(Pコード 名古屋: 282-318、大阪: 282-343)
ローソンチケット 0570-084-003
(Lコード 名古屋: 45727、大阪: 54845)
イープラス http://eplus.jp

【関連リンク】
SCAFULL KING オフィシャルHP
LOW IQ 01、久々のMASTER LOWでのツアーがスタート!
SCAFULL KING、10月末仙台でBRAHMANとの対バン・ライヴが決定
スキャフル・Kenziの復興支援プロジェクト<PUNK SKA UNITY>にTOSHI-LOW、恒岡 章らが参加

【関連アーティスト】
SCAFULL KING
【ジャンル】
ジャパニーズロック

BLUE ENCOUNT、来年3月より全国32か所を廻る対バンツアーを開催
Sat, 14 Nov 2015 16:00:00 +0900
11月 13日 (金) @名古屋 Zepp Nagoya (okmusic UP\'s)

BLUE ENCOUNTが2016年3月29日(火)の香川 高松DIMEより全国32か所を廻る対バンツアーを開催することを発表した。

【その他の画像】BLUE ENCOUNT

熱く激しくオーディエンスと一体となる<熱血>なパフォーマンス全国を席巻中のバンド、ブルエンことBLUE ENCOUNT。来年1月13日(水)にリリースとなるシングル「はじまり」は、第94回全国高校サッカー選手権大会の応援歌として決定している。

そんな彼らの全国ツアー『TOUR 2015-2016「≒U」』がスタート。これまでの最大規模のツアーながら全会場SOLD OUTとバンドの勢いを表している。そして、11月13日に行われた初日の名古屋公演で、対バンツアー『TOUR 2016 THANKS〜チケットとっとってっていっとったのになんでとっとらんかったとっていっとっと〜』の日程を発表。なお、11月20日から11月30日までオフィシャルモバイルサイト<LIVER\'S CREW>にて先行受付が行われるとのこと。

対バンの相手バンドについては今後発表されるとのことなので続報を待とう。

■オフィシャルモバイルサイト<LIVER\'S CREW>
https://lc.blueencount.jp/

■『TOUR 2016 THANKS〜チケットとっとってっていっとったのになんでとっとらんかったとっていっとっと〜』

3月29日(火)香川 高松DIME
3月30日(水)高知 X-pt.
4月01日(金)愛媛 松山 W studio RED
4月05日(火)京都 KYOTO MUSE
4月06日(水)大阪 あべのROCKTOWN
4月08日(金)兵庫 神戸 MUSIC ZOO KOBE 太陽と虎
4月19日(火)福岡 小倉 LIVE SPOT WOW!
4月21日(木)長崎 DRUM Be-7
4月23日(土)鹿児島 SR HALL
4月24日(日)宮崎 SR BOX
4月26日(火)福岡 DRUM Be-1
4月27日(水)山口 LIVE rise SHUNAN
5月07日(土)埼玉 西川口 Hearts
5月10日(火)群馬 高崎 club FLEEZ
5月11日(水)栃木 宇都宮 HEAVEN\'S ROCK VJ-2
5月16日(月)愛知 名古屋 ell.FITS ALL
5月18日(水)静岡 LiveHouse 浜松 窓枠
5月19日(木)愛知 豊橋 club KNOT
5月25日(水)千葉 LOOK
5月26日(木)神奈川 横浜 BAY JUNGLE
5月31日(火)茨城 水戸 LIGHT HOUSE
6月04日(土)北海道 帯広 STUDIO REST
6月05日(日)北海道 旭川 CASINO DRIVE
6月07日(火)北海道 札幌 cube garden
6月11日(土)宮城 仙台 HooK
6月12日(日)岩手 盛岡 CLUB CHANGE WAVE
6月14日(火)新潟 CLUB RIVERST
6月15日(水)長野 LIVE HOUSE J
6月17日(金)富山 SOUL POWER
6月18日(土)石川 金沢 vanvan V4
6月21日(火)岡山 CRAZYMAMA 2nd Room
6月22日(水)広島 CAVE-BE

【関連リンク】
BLUE ENCOUNT オフィシャルHP
Ki/oon Music主催イベント『/ SLASH /』への出演権を獲得した3バンドが決定
BLUE ENCOUNT、全国高校サッカー選手権大会の応援歌がシングル化決定
BLUE ENCOUNTが「第94回全国高校サッカー選手権大会」の応援歌を書き下ろし

【関連アーティスト】
BLUE ENCOUNT
【ジャンル】
ジャパニーズロック

RADWIMPS、大合唱で熱狂の宴を締め括ったゲスの極み乙女。との対バンツアー第五夜
Sat, 14 Nov 2015 15:00:00 +0900
11月12日(木)@Zepp Sapporo(RADWIMPS) (okmusic UP\'s)

RADWIMPSが連日熱演を繰り広げる「RADWIMPS 10th ANNIVERSARY LIVE TOUR RADWIMPSの胎盤」。その第五夜が11月12日(木)、Zepp Sapporoにおいてゲスの極み乙女。を迎え開催された。

【その他の画像】RADWIMPS

対バンツアーはやはり特別だ。

オーディエンスとRADWIMPS、そこに対バンアーティストとそのファンが加わり、その日の空間を作り上げる。ゲストアーティストによって、会場の空気、バンドのテンションが全然別物であるのが面白い。「熱量」と言ってもその質は全く違うもので、ライブが生き物であることを改めて実感させられる。

この夜の対バンライブは同世代のミュージシャン同士のリスペクトと愛に溢れ、オーディエンスは終始踊り続け、会場はものすごい熱気に包まれた。外は気温5℃。一足早く冬を迎えた札幌にて、ゲスの極み乙女。を迎えた第五夜。

ゲスの極み乙女。の「キラーボール」で幕を開けるや否や、「待っていました!」と言わんばかりに躍り狂うオーディエンス。ほな・いこかのタイトでパワフルなドラム、休日課長の歌うベース、ちゃんMARIの熱く叙情的なピアノに川谷絵音のグルーヴィな歌。極めてセッション性の高い、ソリッドなアンサンブルが降り注ぐ。

「コポゥ」とおなじみの挨拶で、オーディエンスとコール&レスポンスをし、さらに会場を温めたちゃんMARI。休日課長に絶妙な切り込みでツッコミを入れる川谷、コミカルでシニカルなMCに客席からドッと笑いが起こる。ストイックで熱量が高い演奏から一転、親しみやすいキャラクターのギャップ感も、彼らのライブの魅力の一つであることが伺われる。

RADWIMPSは高校時代から聴いていたけれど、実は野田と3 歳しか違わないという川谷絵音。大学時代もバンドや弾き語ったりしていたと話し「トレモロ」の一節を歌うと、すかさずオーディエンスの大合唱が加わる。ライブ中盤、今度はバンドで「ふたりごと」をカヴァーし、ファンを喜ばせた。灼熱のバトンを受け継いだRADWIMPS、Zepp Sapporoでのライブは2011年4月に「絶体延命ツアー」で訪れて以来となる。

既にかなりの熱気を帯びたオーディエンスを更に煽るべく、アグレッシブなステージが繰り広げられる。日々そのグルーブが強靭さを増していくサポートドラムの森瑞希と刃田綴色に、フロント3人がステージの最前にグッと出てくる姿は圧巻である。それに応える割れんばかりのオーディエンスの歓声。きっとこの日を、日々の生きる糧に、楽しみにしていたであろう気持ちが会場に溢れ、彼らの演奏と共鳴する。

今日は一層、オーディエンスの歓声の粒子が細かく、密度が濃い。

「トレモロ」を弾き語った川谷に呼応するように、さっき練習した、と「ロマンスがありあまる」を弾き語る野田。オーディエンスの喜ぶ声が反響する。「年齢がそんなに変わらないのに、9年前の曲がその人の中に残ってくれていて。そして今、ミュージシャンとなって新たな音楽を生み出しているという事実。これは10年続けて初めて味わうもので、途轍もない感動(野田)」という感謝の言葉と共に演奏された「ふたりごと」。今をときめくバンドによるカヴァーと、オリジナルを同日に生で聴けてしまう豪華さは、この夜のハイライトであった。

アンコールでは「やっぱり来てもらったからには一緒に歌いたい(野田)」と、川谷とちゃんMARIを呼び込む。川谷が「ずっと聴いていたのだけれど、不安で一人、さっきカラオケに行って練習してきた」という「最大公約数」のセッションに、歓喜の声が上がる。

「贅沢疲れしてんな?欲しがらないとやらないよ!」と野田の言葉に、オーディエンスからは「欲しい!!」の大合唱。「これ歌ってたって小耳に挟んだから、本家本元を(野田)」と歌い始めたのは「トレモロ」。狂喜乱舞するオーディエンスと今日一番の大合唱で熱狂の第五夜を締め括った。

次はちょうど中日となるZepp Nagoya公演。この夏、野田が楽曲提供をし、公私共に交流の深い先輩であるハナレグミを迎える。

photo by 植本一子

■RADWIMPS 10th ANNIVERSARY
http://www.radwimps.jp/10th/
■RADWIMPS オフィシャルl HP
http://www.radwimps.jp/
■ゲスの極み乙女。オフィシャルl HP
http://gesuotome.com

■「10th ANNIVERSARY LIVE TOUR RADWIMPSの胎盤」

11月16日(月) 愛知 Zepp Nagoya
w:ハナレグミ
11月18日(水) 福岡 Zepp Fukuoka
w : クリープハイプ
11月23日(月・祝) 神奈川 横浜アリーナ
w : Spitz
11月24日(火) 神奈川 横浜アリーナ
w : いきものがかり
11月25日(水) 神奈川 横浜アリーナ
w : ONE OK ROCK

■「10th ANNIVERSARY LIVE TOUR FINAL RADWIMPSのはじまりはじまり」

12月23日(水・祝) 幕張メッセ国際展示場
開場/開演時間 16:30 / 18:00
※ワンマンライブ

【関連アーティスト】
RADWIMPS, ゲスの極み乙女。
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

aiko、ニューシングル「プラマイ」のMVショートバージョンを公開
Sat, 14 Nov 2015 12:00:00 +0900
aiko (okmusic UP\'s)

aikoが11月18日に発売するニューシングル「プラマイ」のMVショートバージョンを、オフィシャルYouTubeチャンネル『aikoOfficial』に公開した。

【その他の画像】aiko

ドラマ仕立てのMVに仕上がっている今作。冒頭のシーンでは、女性が監視カメラに映し出された男性の生活を覗き見ているという驚きの展開からスタート。女性は別れた彼への執着心からストーカーとなってしまった設定で、彼の留守中に自宅へ忍び込み、ベッドに顔をうず めたり、洗濯物を持ち帰ったりとストーリーは展開していく。

aikoの歌唱シーンでは、「プラマイ」のタイトル通り、白と黒の 対象的な二通りの衣装で歌っており、白い衣裳では光に照らされながらリズムに合わせて歌い踊り、黒い衣装では土砂降りの雨の中で感情的に歌う 姿が印象的である。また、歌唱シーンにはところどころにハレーションが入れられており、楽曲の世界観に彩りが加えられた演出にも注目。今回公 開された映像はショートバージョンとなるが、今後のストーリーがどのような結末を迎えるのか乞うご期待。

さらに、aikoは11月20日(金)放送のテレビ朝日『ミュージックステーション』への出演が決定。新曲「プラマイ」をテレビ初披露する。

■「プラマイ」MV short version
https://youtu.be/tyi73M55uwY

■「プラマイ」30秒『え...その先は!?』映像
https://youtu.be/rtkZd7aBEag

【関連リンク】
aiko オフィシャルHP
11月20日放送のMステにKinki、HKT48コラボら6組出演、カーリー・レイ・ジェプセンはあの大ヒット曲披露
白と黒のaikoが対照的なシングル「プラマイ」30秒映像公開
【30代向け】思わず歌詞に共感するこの5曲〜女性アーティスト編

【関連アーティスト】
aiko
【ジャンル】
J-POP, テレビ(番組/CM)

RADWIMPS、対バンツアー第四夜はLOVE PSYCHEDELICOと共演
Wed, 11 Nov 2015 21:00:00 +0900
11月10日(火)@大阪 Zepp Namba (RADWIMPS) (okmusic UP\'s)

RADWIMPSが連日熱演を繰り広げる「RADWIMPS 10th ANNIVERSARY LIVE TOUR RADWIMPSの胎盤」。その第四夜が11月10日(火)、LOVE PSYCHEDELICOを迎え、大阪 Zepp Namba にて開催された。また、11月25日リリースのニューシングルから「記号として」ミュージックビデオのshort ver.が公開に! 同MVを手がけたのは「会心の一撃」に引き続き、気鋭の大久保拓朗監督。不思議に居心地の悪さすら感じる天地が歪んだアンバランスな世界で、アグレッシブな演奏が繰り広げられ、バランス=均衡とは何か、正しいとは何なのか、を考えさせられる映像に仕上がった。

【その他の画像】LOVE PSYCHEDELICO

「RADWIMPS 10th ANNIVERSARY LIVE TOUR RADWIMPSの胎盤」の第四夜。今年デビュー15周年を迎えたLOVE PSYCHEDELICOと、10周年のRADWIMPSの競演は、共にアニバーサリーならではの豪華なセットリストに、会場のファンは全身でその音楽を浴び、手を挙げ掌をステージに向け、その喜びを体現した。

野田洋次郎と同じく、幼少の頃に海外生活を送っていたというKUMI。日本語と英語を自然かつ自由に行き来する歌は、ミクスチャーな歌詞世界に独特のリズム感と魔法のような心地よさを併せ持ち、15年前のデビュー当初、斬新なインパクトを与えた。野田も魅了された1人であり、カラオケにて「Last Smile」を制服姿でキーを4つ上げて歌っていた高校時代を振り返り、一緒のステージに立てる喜びを感慨深そうに語った。

艶のあるKUMIの歌声、ブルージーなNAOKIのギターに共鳴する深沼元昭のギターを、権藤知彦がユーフォニウムやキーボードで柔らかく包み、高桑圭(Ba)と白根賢一(Dr)による太い幹のようなリズム隊が気持ちよいグルーヴでバンドを支える。

初めて彼らのライヴを観るファンも多く居たようだが、「Free World」「LADY MADONNA〜憂鬱なるスパイダー〜」「Your Song」など続々披露される名曲に手を振り身を委ね、そのステージを堪能していた。

「(LOVE PSYCHEDELICOの) 生声聴いて、ずっと音楽をやってきてよかった。10年やってきて、現在進行形で関わってくれて、あなたたちのものにしてくれてありがとう」と感謝しながらステージに立ったRADWIMPS。自己紹介代わりの「ギミギミック」のソロ回しや中盤で披露されるソロバトルは日に日に激しさを増す。より緻密に絡み合うアンサンブルと、よりパワフルさを増すリズム隊。公演を重ねる毎に、メンバー3人へだけではなく、サポートドラムの森瑞希や刃田綴色への声援も増えてきた。

本ツアーの見所の一つであるソロバトル。本日のリハーサルでも新たなチャレンジと共に5つの音が凌ぎあっていた。一度として同じライブはない。日々進化し続けるRADWIMPSの真摯な姿を目の当たりにした瞬間であった。そのトライアルは大成功、オーディエンスの熱狂がそれを物語っていた。

この日は10年前を振り返るご当地エピソードも飛び出した。10年前に初めてMINAMI WHEELに出演した時のこと。ライヴに来てもらおうとアメリカ村周辺にてメンバー自らフライヤーを配っていたという思い出を語ると、恐らく当時はまだRADWIMPSに出会えていなかった人の方が多いであろうオーディエンスからどよめきと驚きの声が上がった。

本編終了後、鳴り止まぬアンコールに応え「チケット代が200万円に変わるほどのプレゼント(野田)」として観客に届けたのは、当日しかもリハーサル後に急きょ決まったというスペシャルセッション。RADWIMPSの3人と、LOVE PSYCHEDELICOのふたりが、それぞれマンドリンにギター、ベースと弦楽器を手に登場し、野田が大好きというLOVE PSYCHEDELICO曲「These days」をセッション。5弦奏に華やかなKUMIの歌、そして野田の優しいハーモニーが重なり、幻想的な調べとなり会場に響き渡る。

「電車大丈夫?」とオーディエンスを気にかけながらもう1曲、と今度はRADWIMPS曲である「Tummy」を共演。KUMIとNAOKIに挟まれ真ん中で歌う野田の幸せそうな表情が印象的であった。

先輩2人を熱い握手とハグでお見送りした後は、今日一番の大合唱となった「有心論」で、多幸感溢れる一夜を締めくくった。

次は12日。Zepp Sapporoにて、ゲスの極み乙女。を迎える。 

photo by 古溪一道

■「記号として」MV(short ver.)
https://youtu.be/qE1X1RltpN0

■「10th ANNIVERSARY LIVE TOUR RADWIMPSの胎盤」

11月12日(木) 北海道 Zepp Sapporo
w:ゲスの極み乙女。
11月16日(月) 愛知 Zepp Nagoya
w:ハナレグミ
11月18日(水) 福岡 Zepp Fukuoka
w : クリープハイプ
11月23日(月・祝) 神奈川 横浜アリーナ
w : Spitz
11月24日(火) 神奈川 横浜アリーナ
w : いきものがかり
11月25日(水) 神奈川 横浜アリーナ
w : ONE OK ROCK

【関連リンク】
RADWIMPS オフィシャルHP
RADWIMPS、対バン第三夜の相手は6年越しのplenty
RADWIMPS、きのこ帝国との共演で感動を誘った対バンツアー第二夜
RADWIMPS、初の対バンツアーが米津玄師を迎え開幕

【関連アーティスト】
LOVE PSYCHEDELICO, RADWIMPS
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

THE BACK HORN、ニューアルバム『運命開花』特典DVDのダイジェスト映像を公開
Sat, 14 Nov 2015 14:00:00 +0900
THE BACK HORN (okmusic UP\'s)

11月25日に発売されるTHE BACK HORNの11thアルバム『運命開花』の初回限定盤に付属する特典DVDのダイジェスト映像が公開となった。

【その他の画像】THE BACK HORN

ニューアルバム『運命開花』のレコーディングの様子や、サイレント映像が話題となっていた「悪人」、昇る朝陽の中で演奏するシーンが印象的な「その先へ」のMV2本と、その撮影ドキュメントを含む約45分の特別映像を、同特典DVDには収録。今回のダイジェスト映像では、その一部が確認できる。

■『運命開花』初回特典DVDダイジェスト
https://youtu.be/o7H9k2itUzw

【関連リンク】
THE BACK HORN、ニコ生でアルバム完成特番を配信
THE BACK HORN、自ら企画・演出を手掛ける「マニアックヘブンVol.9」開催決定
THE BACK HORN、ニューアルバムを携えたワンマンツアー開催決定
ROTTENGRAFFTY、リリースツアーでの対バンアーティスト第一弾を発表

【関連アーティスト】
THE BACK HORN
【ジャンル】
ジャパニーズロック

04 Limited Sazabys、1stシングル「TOY」より「escape」のMVを公開
Sat, 14 Nov 2015 13:00:00 +0900
04Limited Sazabys (okmusic UP\'s)

04 Limited Sazabysが10月28日にリリースした、メジャー初となる4曲入りシングル「TOY」に収録されている「escape」のMVが公開された。

【その他の画像】04 Limited Sazabys

脳内で起こる迷いと葛藤をテーマとした「escape」のMVは15台のカメラで各メンバーが演奏に迫り、そのピースを組み合わせたクールかつトリッキーな映像となっており、エモーショナルでハードなロックサウンドを引き立てている。

また、「04 Limited Sazabys」LINE公式アカウントが開設された。公式アカウントを友だち登録すれば、「TOY tour 2015」の様子やメンバーからのメッセージなどほかでは見れない情報が届くので、ぜひに登録してみよう。

■「escape」MV
https://www.youtube.com/watch?v=iRSo193GNuc

■『TOY tour 2015』

11月13日(金) 高松MONSTER
11月15日(日) 福岡BEAT STATION
11月20日(金) 新潟GOLDEN PIGS RED STAGE
11月21日(土) 仙台MACANA
11月23日(月) 札幌cube garden
11月26日(木) 広島CLUB QUATTRO
12月02日(水) Zepp DiverCity
12月04日(金) 心斎橋BIG CAT
12月10日(木) Zepp Nagoya

【関連リンク】
04Limited Sazabys オフィシャルHP
フクザワ×ハジメファンタジー、ツアーファイナルにフォーリミ GENと話題の“MV女優”の出演が決定
04 Limited Sazabys、メジャー1stシングルよりリード曲「Letter」MV公開
今押さえておくべき、ブレイク必至アーティスト5組〜邦楽ロック編〜

【関連アーティスト】
04 Limited Sazabys
【ジャンル】
ジャパニーズロック

L\'Arc〜en〜Ciel、新アーティスト写真をラル代官様が乗っ取り!?
Sat, 14 Nov 2015 11:00:00 +0900
L\'Arc〜en〜Ciel  (okmusic UP\'s)

先日公開されたばかりのL\'Arc〜en〜Cielの新アーティスト写真が、ラル代官様に乗っ取られているらしい。

【その他の画像】L\'Arc〜en〜Ciel

ラル代官様とは、ラル徳商人とともに以前、L\'Arc〜en〜Cielの広告バナーに登場した謎の登場人物。WEBバナー上でたまに登場するとのことで、見つけた人はじっくりチェックしてみよう。

【関連リンク】
L\'Arc〜en〜Ciel オフィシャルHP
BUCK-TICK 今井寿&minus(-) 藤井麻輝によるSCHAFTの最新作が1月20日に発売決定
「HALLOWEEN PARTY 2015」2日目は笑いから深い感動まで!
「HALLOWEEN PARTY」10月24日(土)公演のスペシャルパフォーマーはイベント限定バンド

【関連アーティスト】
L\'Arc〜en〜Ciel
【ジャンル】
ジャパニーズロック

NICO Touches the Walls、古村大介(Gt)の骨折により大阪城ホール公演が延期に
Sat, 14 Nov 2015 10:00:00 +0900
NICO Touches the Walls (okmusic UP\'s)

NICO Touches the Wallsの古村大介(Gt)が手骨を骨折。12月23日(水・祝)に予定されている大阪城ホール公演の延期、さらに12月31日(木)の『COUNTDOWN JAPAN 15/16』への出場をキャンセルすることが発表された。

【その他の画像】NICO Touches the Walls

以下、所属マネージメントからのコメントとメンバーからのコメント、公演延期のお知らせ。

【NICO Touches the Walls に関する大切なお知らせ】

「いつも NICO Touches the Walls を応援して頂きありがとうございます。本日 NICO Touches the Walls の所属マネージメントより、古村大介(Gt)骨折に伴うお知らせを発表いたしましたのでご報告させていただきます。皆様に多大なるご心配とご迷惑をおかけする事態となりましたことを心よりお詫び申し上げます。メンバーとスタッフ一丸となってバンドの復帰に専念していこうと思いますので、引き続き今後共お力添えの程よろしくお願い申し上げます」

【NICO Touches the Walls 12月23 日(水・祝) 大阪城ホール公演延期のお知らせ】

「いつも NICO Touches the Walls を応援して頂き、ありがとうございます。皆様に大切なご報告がございます。ギターの古村大介が、制作時にスタジオの扉に右手首を挟まれ、右第 4、5 中手骨を骨折して手術を受けることとなり、担当医師より、演奏が出来る状態に回復するまで 2 ヶ月を要するとの診断を受けました。この状況を受けてメンバー・スタッフと協議を重ねた結果、古村が年内にステージに立つことが難しい状況であると判断し、12 月 23 日(水、祝) の「LIVE SPECIAL 2015“渦と渦〜西の渦〜"」大阪城ホール公演を延期して開催させていただくことといたしました。

公演を楽しみにお待ちいただいていたファンの皆様及び関係者の皆様には多大なご心配とご迷惑をおかけいたしますことを心よりお詫び申し上げますと共に、この度の公演延期について何卒ご理解いただけますようお願い申し上げます。

なお、11 月 25 日(水)「1125/2015 “初と初〜東の初〜"」下北沢 CLUB251 公演、11 月 25 日(水)「1125/2015 “初と初〜西の初〜"」梅田 Shangri-La 公演。こちらの公演は、古村を除く、メンバー3 人での出演に変更します。2016 年 1 月 8 日(金)「 LIVE SPECIAL 2016“渦と渦 〜東の渦〜"」日本武道館公演。こちらの公演は通常通り 4 人での演奏を予定しております」
?
【メンバーコメント】
■古村大介
「いつも NICO Touches the Walls を応援してくれている皆様へ

この度自分の手の怪我によって、今年いっぱいまでのステージに立つ事を諦めなくてはならなくなってしまいました。LIVE を楽しみにしてくれていたみんな、ずっと応援してくれているみんな、常に力を尽くしてくれているスタッフ、そしてメンバー三人、本当に多くの人に心配と迷惑をかけてしまった事をお詫びします。少しでも不安を抱えたままステージに立つ事は出来ないと思い、四人で話し合い、チームで話し合い、本当に悩んだ結果、大阪城ホールの延期、1125/2015 の内容の変更、『COUNTDOWN JAPAN 15/16』のキャンセルをさせてもらう事にしました。

今は一刻も早く手を治して、今までの何倍ものパワーと気持ち、それを伝える努力をして皆さんに全力のステージをみせる事を心に誓って日々を過ごそうと思っています。大阪城ホールを楽しみにしてくれていたみんなには半年も先になってしまうけれど、必ず全力のステージをお約束します。どうか待っていてください。

自分と向き合って、またみんなと向き合えるように考えていこうと思います。どうか引き続き NICO Touches the Walls の応援を宜しくお願いします!」

■光村龍哉、坂倉心悟、対馬祥太郎
「僕らも残念な気持ちですが、短い期間の中で何度も 4 人で話し合いを重ねた結果、今まで以上に力を合わせてこの状況を 4 人で乗り越えていくこと以外はあり得ないという結論に至りました。

こと城ホール公演に関しては、今年のツアーでライヴ中に発表した際のあのいつまでも鳴り止まなかった歓声と拍手がやはり未だに僕らの頭の中から離れません。その気持ちに報いる万全の状態をお約束することが今の僕らのすべてです。

古村の回復を待つ間、今は 3 人でできることをとにかく全力でやっていこうと思います。これからの NICO Touches the Walls に期待していてください」

■12月23 日(水・祝) 大阪城ホール公演 振替公演日

【振替公演日】
2016年5月6日(金) 大阪城ホール
開場 17:30/開演 18:30

・開場・開演時間も変更になりましたので充分ご注意ください。
・振替公演には、今お持ちのチケットがそのまま有効となりますので、大切に保管をお願い致します。座席番号もそのまま有効となります。
・お手持ちの 12 月 23 日(水・祝)公演のチケットは、5月6日(金)の振替公演でのみ有効となります。他日程・他会場の公演へはご入場できませんのでご了承ください。なお、残念ながら振替公演にご来場いただけないお客様には、以下の通りチケットの払い戻しを承ります。ご購入先によって払戻し方法が異なりますので、よくご確認のうえお手続きをお願い致します。

払い戻し期間:11 月 20 日(金)10:00〜12 月 6 日(日)まで
※12 月 6 日(日)の終了時間はプレイガイドによって異なります。

【払い戻し方法】
■来場者先行・「まっすぐなうた」CD 封入先行・NICO モバイル会員先行・オフィシャルサイト先行・FM802・KEP・ローソンチケットプレリク 1 次、2 次先行にて購入されたお客様(ローソン・ミニストップ店頭にて入金、配送受け取りでチケットが届いていない方)ご入金いただきました店舗にて【代金支払証明書】券面での払戻しとなります。(代金支払証明書の券面左下にお買求めの店舗名が記載されています)
・詳細
http://l-tike.com/oc/lt/haraimodoshi/
・お問合わせ
ローソンチケットインフォメーション
0570-000-777(10:00〜20:00)
■ローソンチケットにて購入されたお客様
お引取りいただいた店舗での払戻しとなります。(チケット券面左下にお買求めの店舗名が記載されています)
配送にてお引き取りされたお客様は、お近くのローソン・ミニストップ店舗にて払戻しいたします。
・詳細
http://l-tike.com/oc/lt/haraimodoshi/
・お問合わせ
ローソンチケットインフォメーション
0570-000-777(10:00〜20:00)
■「渦と渦」CD 封入先行にて購入されたお客様
・詳細
払戻期間中に、2016 年 5 月 6 日(金)振替公演へのご参加かチケット代金払い戻しかを下記受付フォームにご入力下さい。
受付フォーム:http://pia.jp/v/nico15tr/
※振替・払い戻しいずれを希望の場合も、必ずフォームへのご入力をお願い致します。
※期間内にご入力がない方は、振替公演のチケットを公演 2 週間前より発送させて頂きます。
・お問合わせ
チケットぴあ question@pia.co.jp
■チケットぴあにて購入されたお客様
・詳細
http://t.pia.jp/guide/refund.html
・お問合わせ
チケットぴあインフォメーション
0570-02-9111(オペレーター対応:10:00〜18:00)
■e+(イープラス)にて購入されたお客様
・詳細
http://eplus.jp/refund2/
・お問合せ
イープラス 0570-06-9911(10:00〜18:00)
■CN プレイガイドにて購入されたお客様
お引取りいただいた店舗での払戻しとなります。
・詳細
http://www.cnplayguide.com/refund/
・お問合せ
CN プレイガイド 0570-08-9999(10:00〜18:00)
■楽天チケットでチケットを購入されたお客様
・詳細
http://ticket.rakuten.co.jp/change
・お問合せ
楽天チケット カスタマーサポート担当
E-mail:support@ticket.rakuten.co.jp
■Yahoo!チケットにてチケットを購入されたお客様
・詳細
購入時にご登録のメールアドレス宛にお送りする「Yahoo!チケット」からのメールにてご確認をお願い致します。
・お問合せ
Yahoo!プレミアム会員先行について:050-5855-1371
※13:00〜17:00(土・日・祝日・年末年始を除く)
Yahoo!チケット先行について:0570-041-821
※13:00〜17:00(土・日・祝日・年末年始を除く)
上記払戻期日は必ずお守り下さい。期日を過ぎますと、払戻を致しかねますのであらかじめご了承下さい。

公演についてのお問い合わせ:キョードーインフォメーション 0570-200-888(10:00〜18:00)

【関連リンク】
【J-POP】聴きたい曲が分からない…そんなアナタにおすすめ曲5選
NICO Touches the Walls、初武道館ライヴの上映会でラジオ公開収録決定
スピッツ、豪華メンバーが集結する名盤『ハチミツ』トリビュートアルバム発売決定
NICO Touches the Walls、武道館ライヴの上映会決定

【関連アーティスト】
NICO Touches the Walls
【ジャンル】
ジャパニーズロック

LOUDNESS、マディソン・スクエア・ガーデン等のレアシーン満載のトレーラー公開
Sat, 14 Nov 2015 00:45:00 +0900
LOUDNESS  (okmusic UP\'s)

LOUDNESSの世界進出アルバム『THUNDER IN THE EAST』の30周年アニバーサリーエディションが11月25日にリリース。その初回盤(Limited Edition)、3,000セット限定ボックス(Ultimate Edition)に収録されるドキュメンタリーDVD『A Documentary of THUNDER IN THE EAST』のトレーラーが公開となった。

【その他の画像】LOUDNESS

米アトランティックとの破格の7年契約が決まったときの関係者の興奮、プロデューサーのマックス・ノーマンとの苦闘のレコーディングを証言する現在のメンバー、30年ぶりに発掘されたモトリー・クルーとの全米アリーナツアー映像、日本人として初めてマディソン・スクエア・ガーデンの舞台に立ったシーンなど、初公開となる映像が満載で、1985年にアメリカへ単身で乗り込み、全米ツアーの密着取材を行なった現オフィス北野社長の森昌行の証言も織り交ぜられているという注目の内容だ。

また、初回盤と3,000セット限定BOX両方に収録されるライヴDVDの収録曲も発表された。当初は約60分が収録予定だったが、大幅に内容を増やし、トータル97分、18トラックもの全米でのパフォーマンスが収録されることに。どのパフォーマンスがどの会場で収録されたかも明らかになっているので、詳しくはオフィシャルサイトへ。

■『A Documentary of THUNDER IN THE EAST』トレーラー映像
https://www.youtube.com/watch?v=HykpKrMEmqY

■アルバム『THUNDER IN THE EAST 30th Anniversary Edition』

2015年11月25日発売
【初回限定盤】「Limited Edition」(CD+2DVD)
COZP-1099〜101/¥7,500+税
※デジパック仕様
※特製スリーブジャケット
※特製ブックレット(カラー秘蔵写真集+ライナーノーツ)付き
<収録曲>
■CD
〈『THUNDER IN THE EAST」2015年メンバー監修最新リマスター+Bonus Tracks2曲〉
01.CRAZY NIGHTS
02.LIKE HELL
03.HEAVY CHAINS
04.GET AWAY
05.WE COULD BE TOGETHER
06.RUN FOR YOUR LIFE
07.CLOCKWORK TOY
08.NO WAY OUT
09.THE LINES ARE DOWN
10.NEVER CHANGE YOUR MIND
11.CRAZY NIGHTS(Unreleased Demo -M4-)
12.WE COULD BE TOGETHER(Unreleased Demo -M2-)
■DVD1
ドキュメンタリー作品『A Documentary of THUNDER IN THE EAST』
■DVD2
ライヴ映像作品『THUNDER IN THE EAST 1985 US TOUR LIVE』

【3000セット限定プレミアムBOX】「Ultimate Edition」(3CD+2DVD+1LP+1EP+1MT)
COZP-1102〜9/¥30,000+税
※スペシャルブックレット(カラー秘蔵写真集、ライナーノーツ、証言集)付き
※ツアーパンフレット復刻(『LOUDNESS WORLD CIRCUIT \'85 CHAPTER 1』『LOUDNESS WORLD CIRCUIT \'85 CHAPTER 2』『LOUDNESS WORLD CIRCUIT \'86 CHAPTER 3』)付き
※復刻グッズ(Tシャツ(フリーサイズ)「THUNDER IN THE EAST TOUR IN THE WEST 1985」ロゴ復刻(フロント)+1985年全米ツアー全日程入り(バック))付き
※ラミネートパス「TOUR IN THE WEST」復刻(裏面に35周年記念ロゴ入り)付き
※スペシャルグッズ(プレミアムBOX限定 スペシャルピック4種セット)付き
<収録曲>
■CD1
〈『THUNDER IN THE EAST」2015年メンバー監修最新リマスター〉
01.CRAZY NIGHTS
02.LIKE HELL
03.HEAVY CHAINS
04.GET AWAY
05.WE COULD BE TOGETHER
06.RUN FOR YOUR LIFE
07.CLOCKWORK TOY
08.NO WAY OUT
09.THE LINES ARE DOWN
10.NEVER CHANGE YOUR MIND
■CD2
〈“BEFORE and AFTER"〜First Demo Tracks from Japan〜〉
01.THE LINES ARE DOWN(Unreleased DEMO -M3-)
02.WE COULD BE TOGETHER(Unreleased DEMO -M2-)
03.GET AWAY(Unreleased DEMO -M5-)
04.RUN FOR YOUR LIFE(Unreleased DEMO -M6-)
05.CRAZY NIGHTS(Unreleased DEMO -M4-)
06.FIRESTORM(Unreleased DEMO -M7-)
07.HEAVY CHAINS(Unreleased DEMO -M11-)
08.NEVER CHANGE YOUR MIND(Unreleased DEMO -M10-)
09.ERUPTION(Unreleased DEMO -M9-)
■CD3
〈“BEFORE and AFTER"〜Recording Tracks from STUDIO SOUND CITY 1984.9.25〜〉
01.HEAVY CHAINS(Unreleased -M11-)
02.GET AWAY(Unreleased -M5-)
03.NO WAY OUT(Unreleased -M15-)
04.CLOCKWORK TOY(Unreleased -M17-)
05.THE LINES ARE DOWN(Unreleased -M3-)
06.CRAZY NIGHTS(Unreleased -M4-)
07.LIKE HELL(Unreleased -M13-)
08.NEVER CHANGE YOUR MIND(Unreleased -M10-)
09.RUN FOR YOUR LIFE(Unreleased -M6-)
10.WE COULD BE TOGETHER(Unreleased -M2-)
■DVD1
ドキュメンタリー作品『A Documentary of THUNDER IN THE EAST』
■DVD2
ライヴ映像作品『THUNDER IN THE EAST 1985 US TOUR LIVE』+プレミアムBOX限定特典映像
■LP
『THUNDER IN THE EAST』完全復刻盤(シリアルナンバー入り)
■EP 収
『CRAZY NIGHT』(クレージー・ナイト) 完全復刻盤
■CASSETTE TAPE
〈“START from ZERO"〜Rare Tracks from Rehearsal Studio Works〜〉
・Side A.
LIKE HELL(Unreleased DEMO -M13-)
・Side B.
NO WAY OUT(Unreleased DEMO -M15-)

【関連リンク】
LOUDNESS オフィシャルHP
LOUDNESS、ニコ生特番にて国内外ビッグアーティスト達からの祝福コメントを放送
LOUDNESSの高崎晃が日本人初として「BURRN!」の表紙に決定
LOUDNESS、『THUNDER IN THE EAST』発売30周年記念ニコ生特番放送決定

【関連アーティスト】
LOUDNESS
【ジャンル】
ジャパニーズロック, メタル













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1