歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2015年11月12日)
バックナンバー
最新ニュース
2015/11/21
2015/11/20
2015/11/19
2015/11/18
2015/11/17
2015/11/16
2015/11/15
2015/11/14
2015/11/13
2015/11/12
2015/11/11
2015/11/10
2015/11/09
2015/11/08
2015/11/07
2015/11/06
2015/11/05
2015/11/04
2015/11/03
2015/11/02
2015/11/01
2015/10/31
2015/10/30
2015/10/29
2015/10/28
2015/10/27
2015/10/26
2015/10/25
2015/10/24
2015/10/23
2015/10/22
2015/10/21
2015/10/20
2015/10/19
2015/10/18
2015/10/17
2015/10/16
2015/10/15
2015/10/14
2015/10/13
2015/10/12
2015/10/11
2015/10/10
2015/10/09
2015/10/08
2015/10/07
2015/10/06
2015/10/05
2015/10/04
2015/10/03
2015/10/02
2015/10/01
2015/09/30
2015/09/29
2015/09/28
2015/09/27
2015/09/26
2015/09/25
2015/09/24
2015/09/23
2015/09/22
2015/09/21
2015/09/20
2015/09/19
2015/09/18
2015/09/17
2015/09/16
2015/09/15
2015/09/14
2015/09/13
2015/09/12
2015/09/11
2015/09/10
2015/09/09
2015/09/08
2015/09/07
2015/09/06
2015/09/05
2015/09/04
2015/09/03
2015/09/02
2015/09/01
2015/08/31
2015/08/30
2015/08/29
2015/08/28
2015/08/27
2015/08/26
2015/08/25
2015/08/24
2015/08/23
2015/08/22
2015/08/21
2015/08/20
2015/08/19
2015/08/18
2015/08/17
2015/08/16
2015/08/15
2015/08/14
2015/08/13
2015/08/12
2015/08/11
2015/08/10
2015/08/09
2015/08/08
2015/08/07
2015/08/06
2015/08/05
2015/08/04
2015/08/03
2015/08/02
2015/08/01
2015/07/31
2015/07/30
2015/07/29
2015/07/28
2015/07/27
2015/07/26
2015/07/25
2015/07/24
2015/07/23
2015/07/22
2015/07/21
2015/07/20
2015/07/19
2015/07/18
2015/07/17
2015/07/16
2015/07/15
2015/07/14
2015/07/13
2015/07/12
2015/07/11
2015/07/10
2015/07/09
2015/07/08
2015/07/07
2015/07/06
2015/07/05
2015/07/04
2015/07/03
2015/07/02
2015/07/01
2015/06/30
2015/06/29
2015/06/28
2015/06/27
2015/06/26
2015/06/25
2015/06/24
2015/06/23
2015/06/22
2015/06/21
2015/06/20
2015/06/19
2015/06/18
2015/06/17
2015/06/16
2015/06/15
2015/06/14
2015/06/13
2015/06/12
2015/06/11
2015/06/10
2015/06/09
2015/06/08
2015/06/07
2015/06/06
2015/06/05
2015/06/04
2015/06/03
2015/06/02
2015/06/01
2015/05/31
2015/05/30
2015/05/29
2015/05/28
2015/05/27
2015/05/26
2015/05/25
2015/05/24
2015/05/23
2015/05/22
2015/05/21
2015/05/20
2015/05/19
2015/05/18
2015/05/17
2015/05/16
2015/05/15
2015/05/14
2015/05/13
2015/05/12
2015/05/11
2015/05/10
2015/05/09
2015/05/08
2015/05/07
2015/05/06
2015/05/05
2015/05/04
2015/05/03
2015/05/02
2015/05/01
2015/04/30
2015/04/29
2015/04/28
2015/04/27
2015/04/26
2015/04/25
2015/04/24
2015/04/23
2015/04/22
2015/04/21
2015/04/20
2015/04/19
2015/04/18
2015/04/17
2015/04/16
2015/04/15
2015/04/14
2015/04/13
2015/04/12
2015/04/11
2015/04/10
2015/04/09
2015/04/08
2015/04/07
2015/04/06
2015/04/05
2015/04/04
2015/04/03
2015/04/02
2015/04/01
2015/03/31
2015/03/30
2015/03/29
2015/03/28
2015/03/27
2015/03/26
2015/03/25
2015/03/24
2015/03/23
2015/03/22
2015/03/21
2015/03/20
2015/03/19
2015/03/18
2015/03/17
2015/03/16
2015/03/15
2015/03/14
2015/03/13
2015/03/12
2015/03/11
2015/03/10
2015/03/09
2015/03/08
2015/03/07
2015/03/06
2015/03/05
2015/03/04
2015/03/03
2015/03/02
2015/03/01
2015/02/28
2015/02/27
2015/02/26
2015/02/25
2015/02/24
2015/02/23
2015/02/22
2015/02/21
2015/02/20
2015/02/19
2015/02/18
2015/02/17
2015/02/16
2015/02/15
2015/02/14
2015/02/13
2015/02/12
2015/02/11
2015/02/10
2015/02/09
2015/02/08
2015/02/07
2015/02/06
2015/02/05
2015/02/04
2015/02/03
2015/02/02
2015/02/01
2015/01/31
2015/01/30
2015/01/29
2015/01/28
2015/01/27
2015/01/26
2015/01/25
2015/01/24
2015/01/23
2015/01/22
2015/01/21
2015/01/20
2015/01/19
2015/01/18
2015/01/17
2015/01/16
2015/01/15
2015/01/14
2015/01/13
2015/01/12
2015/01/11
2015/01/10
2015/01/09
2015/01/08
2015/01/07
2015/01/06
2015/01/05
2015/01/04
2015/01/03
2015/01/02
2015/01/01
2014/12/31
2014/12/30
2014/12/29
2014/12/28
2014/12/27
2014/12/26
2014/12/25
2014/12/24
2014/12/23
2014/12/22
2014/12/21
2014/12/20
2014/12/19
2014/12/18
2014/12/17
2014/12/16
2014/12/15
2014/12/14
2014/12/13
2014/12/12
2014/12/11
2014/12/10
2014/12/09
2014/12/08
2014/12/07
2014/12/06
2014/12/05
2014/12/04
2014/12/03
2014/12/02
2014/12/01
2014/11/30
2014/11/29
2014/11/28
2014/11/27
2014/11/26
2014/11/25
2014/11/24
2014/11/23
2014/11/22
2014/11/21
2014/11/20
KANA-BOON/シナリオアート、スプリットシングルのリリースを記念したコラボ映像を公開
Thu, 12 Nov 2015 13:30:00 +0900
KANA-BOON / シナリオアート (okmusic UP\'s)

11月11日に発売となったKANA-BOON/シナリオアートによるスプリットシングル「talking /ナナヒツジ」のリリースを記念して制作された、「もぎもぎKANA-BOON番外編 with シナリオアート」の映像がYouTubeにて公開された。

【その他の画像】KANA-BOON

これはスペースシャワーTVにて放送中のKANA-BOONのレギュラー番組「もぎもぎKANA-BOON」に、シナリオアートをゲストに迎えた様子が収録されたもので、同番組の名物企画にシナリオアートが挑んでいる。両バンドのメンバーの普段では見ることが出来ない表情を見ることが出来るレアな番組となっているので是非チェックして欲しい。

【SPACE SHOWER TV】
「もぎもぎKANA-BOON」
初回放送:毎週火曜日23:15〜23:30 リピート: 毎週水曜日24:15〜、毎週日曜日26:45〜
http://www.spaceshowertv.com/
※本番組はYouTubeのみで視聴可能。

■KANA-BOON オフィシャルHP
http://www.kanaboon.com/
■シナリオアート オフィシャルHP
http://www.scenarioart.jp/
■KANA-BOON / シナリオアート「talking / ナナヒツジ」Split Single Special Site
http://www.kanaboon.com/ssss/

■「もぎもぎKANA-BOON 番外編 with シナリオアート」
https://youtu.be/cmQnK1XB3Qw

■シングル「talking /ナナヒツジ」

2015年11月11日発売
【初回盤A アーティスト盤】(CD+DVD)
KSCL 2631-2/¥1,850+税
<収録曲>
■CD
1. talking / KANA-BOON
2. ナナヒツジ / シナリオアート
3. ぬけがら / KANA-BOON
4. トワノマチ / シナリオアート
■DVD
・KANA-BOON
「KANA-BOONのとぅるとぅるかむとぅるーTOUR 2015 〜夢のアリーナ編〜」より
1. タイムアウト (at 大阪城ホール)
2. 大阪城ホール公演ドキュメンタリー&インタビュー
3. とぅるとぅるかむとぅるーMC 大阪城ホール編
4. 日本武道館公演ドキュメンタリー&インタビュー
5. パレード (at 大阪城ホール)
・シナリオアート
20150703 at ebisu LIQUIDROOM「ワンマンツアー 2015 [Scene #1] -Happy Umbrella-」より
6.アオイコドク
7.フユウ
8.ナイトレインボー

2015年11月11日発売
【初回盤B アニメ盤】(CD+DVD)
KSCL2633-4/¥1,750+税
※浅野いにお描き下ろしアニメ絵柄、デジパック仕様
<収録曲>
■CD
1. talking /KANA-BOON
2. ナナヒツジ/シナリオアート
3. PUZZLE/KANA-BOON
4. ホシドケイ/シナリオアート
■DVD
1.「すべてがFになる THE PERFECT INSIDER」ノンクレジット OP 映像
2.「すべでがFになる THE PERFECT INSIDER」ノンクレジット ED 映像
※浅野いにお描き下ろしアニメ絵柄、デジパック仕様

2015年11月11日発売
【通常盤】(CD)
KSCL 2635/¥1,400+税
<収録曲>
1. talking / KANA-BOON
2. ナナヒツジ / シナリオアート
3. ぬけがら / KANA-BOON
4. トワノマチ / シナリオアート

■『Ki/oon Music presents / SLASH /』

11月15日(日) 新木場STUDIO COAST  
出演:KANA-BOON、BLUE ENCOUNT、シナリオアート、DJみそしるとMCごはん and more!!

【関連リンク】
シナリオアート、東名阪で自主企画イベントの開催が決定
KANA-BOON / シナリオアート、スプリットシングル初回盤DVDトレイラーを公開
KANA-BOON / シナリオアート、「talking / ナナヒツジ」MVをフル尺公開

【関連アーティスト】
KANA-BOON, シナリオアート
【ジャンル】
ジャパニーズロック

グッドモーニングアメリカ、大阪で撮影するMVのエキストラを募集
Thu, 12 Nov 2015 20:00:00 +0900
グッドモーニングアメリカ (okmusic UP\'s)

10月28日に3枚目のアルバムにしてセルフタイトル作をリリースしたグッドモーニングアメリカが、同アルバムに収録されている「雨ニモ風ニモマケズ」のMVを撮影するにあたり、エキストラを募集することを発表した。

【その他の画像】グッドモーニングアメリカ

今までも「ファイティングポーズ」、「コピペ」、「友よ」などでファン参加型のMVのエキストラを募集していたが、大阪でのMV撮影、エキストラ募集は初となる。11月21日(土)深夜から撮影ということで、18歳以上がエキストラ参加条件になっている。

応募は11月11日(水)20:00から11月19日(木)17:59まで、オフィシャルHP内の応募専用フォームより受け付けている。

【関連リンク】
グッドモーニングアメリカ オフィシャルHP
グッドモーニングアメリカ、「友よ」のMVはドラマ仕立て
グドモと金爆がタワレコ主催『FIST BUMP』第2弾でガチンコ対バン
グッドモーニングアメリカ、10月31日(土)はお祭り“グドモデイ”!

【関連アーティスト】
グッドモーニングアメリカ
【ジャンル】
ジャパニーズロック

中孝介、ニューシングル「目をとじても」発売日に北京で文化交流イベントに出演
Thu, 12 Nov 2015 20:00:00 +0900
11月11日、中国の北京で開催された文化交流イベントにて日本語で歌唱パフォーマンスを披露 (okmusic UP\'s)

「地上で、もっとも優しい歌声」と称されるボーカリスト、中孝介(あたりこうすけ)がニューシングル「目をとじても」の発売日である11月11日に、中国の北京で開催された文化交流イベントに出席し、日本語で歌唱パフォーマンスを披露した。

【その他の画像】中孝介

このイベントは中国のメディア各社が主催。世界各地で中国文化を発信してきた文化人・書店関係者に対して表彰を行うイベントで、指名を受けて中孝介が日本から招待された。中孝介は2006年のデビュー直後からアジアでのアーティスト活動を積極的に展開しており、イベント当日には多数現地メディアから取材を受けるなど、中国での高い知名度と数多くのファンを持っていることがうかがえる。

同イベントで中孝介は堪能な中国語でスピーチを披露し、中国で人気の高い自身のデビュー曲「それぞれに」を日本語で披露した。

中孝介は現在日本国内でも全国ツアーを行っており、11月29日(日)には東京国際フォーラムでツアーファイナルを迎える。

【関連リンク】
中孝介、“金髪のヴァイオリニスト”NAOTOを迎えたツアー開催
中 孝介、ニューシングル「目をとじても」を11月にリリース
中孝介、地元・奄美で『ベストカバーズ〜夏目友人帳〜』リリースイベントを開催
中 孝介、アニメ『夏目友人帳』のカバーアルバム『ベストカバーズ〜夏目友人帳〜』を発売

【関連アーティスト】
中孝介
【ジャンル】
J-POP, イベント

1 FINGERの新曲が「仮面ライダー ゴースト」劇場版主題歌に決定
Thu, 12 Nov 2015 19:00:00 +0900
11月11日@渋谷ライブハウスミルキーウェイ (okmusic UP\'s)

ケツメイシがプロデュースする新人アーティスト1 FINGER(ワンフィンガー)の新曲「はじまりの日」が映画『仮面ライダー×仮面ライダー ゴースト&ドライブ 超MOVIE大戦ジェネシス』の主題歌に決定した。

【その他の画像】ケツメイシ

このニュースは11月11日に渋谷のライブハウスミルキーウェイにて行われた、1 FINGERの定期ライブ「1DAYO!!!!!! Vol.7」で発表されたもの。当日は1 FINGERメンバーより新曲「はじまりの日」の歌唱前にスペシャルゲストとして、仮面ライダーゴーストと仮面ライダードライブがステージ上に呼び込まれるサプライズもあり、シングルの発売と主題歌の決定に会場に集まった約200人のファンは大いに盛り上がった。

映画はこの10月から放送を開始した平成仮面ライダーシリーズ最新作「仮面ライダーゴースト」と、前作「仮面ライダードライブ」がクロスオーバーする劇場版で、2大ライダーが共闘する劇場版「MOVIE大戦」シリーズの第7弾。12月12日より全国公開される。

1 FINGER は2013年12月、“次世代のケツメイシ"を探すべく開催された「三代目ケツメイシオーディション」にて約1,500名の応募の中から選出された8名(男性6名/女性2名)からなるボーカル&ラップユニット。日本フェンシング協会とのコラボレーションや、今回の劇場版仮面ライダーの主題歌など、話題の新人1 FINGERは今後も目が離せない要チェックのアーティストだ。

昔から仮面ライダーファンだというメンバーでラップ担当のIMANISHIは「父親が幼い僕に見せてくれたビデオで仮面ライダーに出会い、僕の中の正義感を作ってくれたのも仮面ライダーです。そんな僕にとって永遠のヒーロー。仮面ライダーと言う作品に関われる日が来るなんて本当に光栄です。」と興奮を隠せない様子だ。

また、この日は1 FINGERはライブ終演後、来年1月27日に彼ら名義としては初となるミニアルバムとなる「ONE DREAM」のリリースも発表! DVD付には当日のライヴの模様も収録されるとのこと。立て続けのサプライズに会場のボルテージは最高潮に達し、この日のライヴは幕を閉じた。

『仮面ライダー×仮面ライダー ゴースト&ドライブ 超MOVIE大戦ジェネシス』の主題歌「はじまりの日」が収録されたシングル「仮面ライダーシリーズ 2015年公開映画 主題歌集」は12月9日に発売されるとのことなので乞うご期待!

■『仮面ライダー×仮面ライダー ゴースト&ドライブ 超MOVIE大戦ジェネシス』(12月12日公開) オフィシャルサイト
http://www.movie-taisen.com/

■【リリース情報】

シングル「仮面ライダーシリーズ 2015年公開映画 主題歌集」
2015年12月9日(水)発売
AVCD-83406/¥1,200(+税)
<収録曲>
01 はじまりの日/ 1 FINGER
※『仮面ライダー×仮面ライダー ゴースト&ドライブ 超MOVIE大戦ジェネシス』主題歌
02 re-ray / Mitsuru Matsuoka EARNEST DRIVE 
※『劇場版 仮面ライダードライブ サプライズ・フューチャー』主題歌
03 Who‘s that guy / 及川光博 
※『劇場版 スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号』主題歌
04 はじまりの日 (カラオケ)
05 re-ray (カラオケ)
06 Who‘s that guy (カラオケ)

ミニアルバム『ONE DREAM』
2016年1月27日(水)発売
【CD+DVD】
AVCD-93307/B/¥2,315(+税)
【CD】  
AVCD-93308/¥1,852(+税)
<収録曲>
■CD
「はじまりの日」他
※全7曲収録予定。
■DVD
「Change The World MV」
「1DAYO!!!!!!!! Vol.7 LIVE at Shibuya Milkyway」より数曲収録
※全20分収録予定。

【関連リンク】
1 FINGER WEB オフィシャルHP
【40代向け】歌詞に共感できる曲5選〜男性アーティスト篇〜
2016年にデビュー15周年を迎えるケツメイシがDVD & Blu-ray『ケツの穴...こだわらへん』を発売
ケツメイシが笑いあり、涙ありのエンターテインメントショーを映像化

【関連アーティスト】
ケツメイシ, 1 FINGER, KTMusic
【ジャンル】
J-POP, ジャパニーズヒップホップ, 映画, ライブ

浅田祐介プロデュース・楽曲提供オーディション優勝者、かなななが初の楽曲配信
Thu, 12 Nov 2015 18:00:00 +0900
かななな (okmusic UP\'s)

2015年6月に動画配信サイト「SHOWROOM」内で行われた「浅田祐介プロデュース・楽曲提供オーディション」にて優勝した岩手県在住20歳のシンガーソングライター、かなななが自身のオリジナル曲「MY STAR」の配信をスタートさせた。

【その他の画像】浅田祐介

かなななは自宅の部屋から弾き語りでの配信を行い、一般視聴者からポイントで競う予選を1位で通過、決勝配信での審査を経て見事グランプリに選ばれた。予選、決勝通じて、審査員との対面無し。オンラインですべて行われるこのオーディション、参加者は自宅など、自由な場所から自由なスタイルで参加、既存のオーディションには無い様々な個性や原石の粗削りな魅力が伝わるユニークさが話題を呼び、現在まで3回実施されている。

6月に行われた初回の優勝者である、かなななは予選決勝とも全て自宅から顔出し無しで配信。耳に残る声質、配信で表現される個性が評価されグランプリを獲得した。浅田祐介プロデュース、自身の詞曲による楽曲「MY STAR」は、10代の秘めた恋心を透明感のある歌声で聴かせる自身のオリジナル曲となっている。

<かななな プロフィール>
・岩手県在住
・血液型:AB型
・趣味:ゲーム、お年寄り観察
・特技:アクセサリー作り
・好きな音楽:-POPとかロックとか歌謡曲とかいろいろ好きです(>_<)
・映画:クレヨンしんちゃんヘンダーランドの大冒険
・本:ドラゴンボール
・音楽を始めたきっかけ:特にきっかけはなくて、小さい時からとにかく音楽が好きだったので自然とこうなりました。小学校では合奏団、中学校では吹奏楽、高校からギターをはじめたり、家では家族がいつも歌ってたりしていて常に音楽に囲まれながら生活していました。
・配信について:ファンの人たちはみんな住んでるところは遠いんですけどネット上ではすごく近い存在でいられるところかなと思います。放送のコメントとか公式LINEとかTwitterとかで友達みたいな感覚で話したりできるので!
・将来の目標:たくさんの人に歌を聴いてもらいたいです。町中で自分の歌声が流れてほしいです。
・曲作りの方法:思いついたフレーズからどんどん物語を膨らませて曲にしてます。

■配信シングル「MY STAR」

配信中
iTunes、レコチョク他、各サイトで配信中
■iTunes 
https://itunes.apple.com/jp/album/id1055296963

■「MY STAR short ver.」
https://www.youtube.com/watch?v=_ifmvn_PmZY

【関連リンク】
かななな オフィシャルHP
西沢幸奏、自身初の単独イベント開催決定
【music.jp音楽ランキング】話題のドラマ主題歌が続々ランクイン!1位はmiwaの新曲が獲得!(2015年11月11日付)
石井聖子、「局? ?TSU-BO-NE」MVで働くOLを応援

【関連アーティスト】
浅田祐介, かななな
【ジャンル】
J-POP, ネットカルチャー

フルマラソンであと10キロ、でもまだ10キロの苦しい時に自分を震い立たせる曲
Thu, 12 Nov 2015 18:00:00 +0900
Manowar「The Power」のジャケット写真 (okmusic UP\'s)

ミュージックソムリエ協会では、「こんな時に聴きたい音楽!」ということで、日常のヒトコマで、ふっと聴きたい音楽を選曲しました。選曲はすべて、ミュージックソムリエ(http://musicsommelier.jp)によるもの。
スポーツの秋。各地でマラソン大会が開催されています。走ることって、達成感もあって楽しいのですが、やはり途中の道のりは辛いもの。そこで今回は、フルマラソンで残り10キロの苦しい時に聴きたい曲を選びました。背中を押してくれる6曲をどうぞ。


■1.「戦う男」/エレファントカシマシ

フルマラソンであと10キロということは、30キロを過ぎたところ。
国際マラソンのトップ・ランナーはラストスパートをかけるところでもありますが、やはり一番苦しいところだと聞いたことがあります。「もうこのままゴールは無いのでは」と思うくらいゴールがひたすら遠く感じるのも、この30キロを過ぎた辺りからだそうですね。
あと10キロ、残りの力を全て絞り出してゴールを目指して燃え尽きるために。
エレファントカシマシの「戦う男」は、1997年に発売されたアルバム「明日に向かって走れ」からのセカンドシングル曲です。ファーストシングルで表題曲の「明日に向かって走れ」は、どちらかというとマラソンのためのトレーニング中に聴くと頑張れる感じですが、この「戦う男」はリズムにもスピード感があって、気持ちを強く奮い立たせてくれます。歌詞がそのまま全て、心にエールとして響くでしょう。もちろん戦う女性にも。
(選曲・文/阪口マサコ)

■2.「Sports Men」/細野晴臣

なぜフルマラソンを走るのか、様々な理由があるかとは思いますが、この曲みたいな理由もひょっとしたらあるのではないでしょうか。残り10キロ、自分との戦いで思い起こすかもしれません。
日本のポップスの発展に多大なる影響を与えた御大、細野晴臣。今もなお各ジャンルで常に一歩先を行く音楽を発表し続けています。この曲は1982年のアルバム『Philharmony』に収録された代表曲です。彼はこの時YMOでも大活躍をしていました。
サンプリングを大々的に使ったこの曲は、YMOともちょっと違ったテクノポップ。歌声は細野自身ですが、かなり加工されています(地声もすごくいい声なのになあ…)。全編英語の歌詞です。体が弱かったのでこれから強くして、そしてスポーツマンになるんだ、といったことを歌っています。サビでもはっきりと「僕はスポーツマンになるんだ」と。スポーツマンになるという思いが、フルマラソンを完走する原動力にもなると思います。曲に後押しされながら、完走を目指していけそうです。
(選曲・文/片山明憲)

■3.「BRIGHTER DAY」/安室奈美恵
https://www.youtube.com/watch?v=MULj5rf3CvA

90年代から、J-POPのトップをひた走ってきた安室ちゃん。彼女のキャリアは、フルマラソンよりも、ずっと大変で厳しいこともたくさんあったでしょう。そんな人が唄う曲を聴くと、自分ももう一歩前に踏み出そう、と勇気をもらえます。柔らかで、しなやかな印象を持つ曲は、まるで走る横でじっくり応援してくれている気持ちにさせてくれます。残り10キロ。辛い道のりだけど、この日のために練習してきた自分の姿が、脳内でドラマのようにスローモーションで再生されそうです。この曲は、2014年秋にヒットしたフジテレビ系ドラマ「ファーストクラス」の主題歌に使用されました。逆境にも負けないヒロインの姿を自分に重ねながら、あと一歩、もう一歩と頑張っていけそうです。
(選曲・文/石井由紀子)

■4.「Crowd Chant」/Joe Satriani

フルマラソンを走り抜く力、自分の力だけではなく、周りの声援も大きな力となることでしょう。完走するための大きな原動力になる、周りからの声援を擬似的に体験できる曲をご紹介します。
主にメタルで活躍するギタリスト、Joe Satriani。彼のギターテクニックは世のギターキッズたちを虜にしてきました。彼を師匠とする者は数知れず。この曲でもテクニックを存分に発揮しています。
4つ打ちの打ち込みとクラッピングがベースとなり、そこに彼のギターが唸りをあげます。ギターが歌っています。それに人間の声が呼応する。ギターと人間がコール&レスポンスをするのです。まるで聴いている人を応援するように。キツくなったときでもこの曲は応援曲となるでしょう。この曲は人気の経済系テレビ番組のテーマ曲となっておりますので、ご存知の方はイメージがつくのではないかと思います。
(選曲・文/片山明憲)

■5.「Training Montage」(映画「ロッキー4」より)/Vince DiCola

もう「あと10キロ」、でもまだ「あと10キロ」。
苦しい自分をケリ上げつつ、しかし決して焦ることなく、ひたすら着実に走り続ける。
走り続けるという「作業」を鉄の意志で完遂する。まだ遠いゴールの瞬間へ向かって・・・。
ここはやはりスポ根映画界の絶対王者、名画「ロッキー」シリーズのサウンドトラックの出番です。
今回ご紹介するのは、かの有名なビル・コンティの手掛けたお馴染みの曲ではなく、「ロッキー4」で起用された、ヴィンス・ディコーラによる「Training Montage」。
ライヴァルにして親友のアポロを葬った仇敵ドラゴとの試合に向けて、黙々と厳しい特訓を重ねるロッキー。そのシーンで流れるこの曲を覚えている方も多いかもしれません。
聴いているだけで胸が熱くなる名曲。そしていかにも80sなシンセサイザー・サウンドが、今となっては新鮮に響きます。(余談ですが、80sのシンセものは、ぜひアナログレコードで聴いてみてください。一つ一つの音の太さ、豊かさが違います。) ただ燃え上がるだけじゃダメなんです。燃え上がった炎が持続することこそ大切で、難しく、価値あることなんですよね。
ちなみに、この「ロッキー4」で最期を迎えたアポロですが、その息子を主役に据えた「ロッキー」シリーズの新作映画「クリード」も近く公開になるとのこと。こちらの炎も持続しているようです。さあ、必ずゴールまで走り切りましょう!
(選曲・文/伊藤威明)

■6.「The Power」/Manowar

フルマラソンを完走するというのは、相当な練習を積まないと難しいと思います。残り10キロ走り抜くのは相当キツいはず。そんな時に欲しいのはパワーでしょう。ご紹介するこの曲は、曲名からまさにその通りで、全身の血が沸き上がるようなとてもアツい曲です。
ヘヴィメタルのバンドは数あれど、彼らほどメタルを崇拝し、その身をメタルに捧げたバンドは他にいないと思います。そのバンドの名は、Manowar。徹底された男のマッチョイズムが、どの曲でも大げさなくらい表現されています。彼ら自身も一瞬プロレスラーかと見まがうような筋骨隆々のマッチョたち。全てメタルのために体をも仕上げているのです。「偽メタルに死を」(Death to False Metal)という言葉を掲げたり、ライブで139dBもの爆音を出し「世界で最もうるさいバンド」としてギネス認定されたり、レコーディング契約のサインの際に自らの血で判を押したりと伝説は数知れず。男、いや漢の中の漢たちなのです。暑苦しさ故、ネタ要素が多いのも彼らの魅力の一つです。
この曲もイントロからアツい演奏です。ギターのリフも気持ちを昂揚させる。ボーカルのEric Adamsも血管がちぎれるんじゃないかというくらい力のこもった歌唱を披露します。特にサビはギターの速弾きも相まってとにかく凄まじい。これを聴けば全身からパワーが漲ってきます。
(選曲・文/片山明憲)

【関連アーティスト】
エレファントカシマシ, Manowar, Joe Satriani, 細野晴臣, 安室奈美恵
【ジャンル】


ストレイテナー、「DAY TO DAY」MVのコメント入りメイキング映像を公開
Thu, 12 Nov 2015 17:00:00 +0900
ストレイテナー (okmusic UP\'s)

ストレイテナーの2015年第3弾シングル「DAY TO DAY」のMVに主演した俳優・千葉雄大とストレイテナーのホリエアツシがコメントを加えた、同MVのメイキング映像がYouTubeにて公開された。

【その他の画像】ストレイテナー

プライベートでも交流のあるホリエアツシと千葉雄大の掛け合い的なコメントの合間に、ホリエが千葉に演出指示を出しているメイキングシーンを挟み込んだ、見どころ満載なメイキング映像となっているので、「DAY TO DAY」ミュージックビデオと共に楽しんでいただきたい。

■ホリエアツシ&千葉雄大コメント入り「DAY TO DAY」MVメイキング映像
https://www.youtube.com/watch?v=YtXOEU8rdKU

■「DAY TO DAY」MV
https://www.youtube.com/watch?v=qI306Q05xPY

■【ライブ情報】

『Special Talk & Acoustic LIVE \'STRAIGHDINNER\' 』
2016年1月24日(日) Billboard Live TOKYO
・1st stage [開場] 15:30 / [開演] 16:30
・2nd stage [開場] 18:30 / [開演] 19:30
※1日2回公演となります。

2015年第2弾全国ツアー『FREE ROAD TOUR』
11月17日(火) 渋谷CLUB QUATTRO
11月19日(木) 仙台Rensa
11月21日(土) 新潟LOTS
11月23日(月・祝) 札幌PENNY LANE 24
11月27日(金) なんばHATCH
11月29日(日) 高松MONSTER
12月05日(土) 福岡Drum Logos
12月12日(土) Zepp Nagoya
12月13日(日) 広島CLUB QUATTRO
12月19日(土) 新木場STUDIO COAST

【関連リンク】
ストレイテナー オフィシャルHP
ストレイテナー、俳優の千葉雄大が出演する「DAY TO DAY」MVをGYAO!&VEVOにて公開
ストレイテナー、千葉雄大が出演する「DAY TO DAY」MV公開
InterFM897開局記念イベントに小林武史を中心にした豪華メンバーが集結

【関連アーティスト】
ストレイテナー
【ジャンル】
ジャパニーズロック

Ki/oon Music主催イベント『/ SLASH /』への出演権を獲得した3バンドが決定
Thu, 12 Nov 2015 16:00:00 +0900
さらばルバート (okmusic UP\'s)

今週末11月15日(日)にKi/oon Music主催の新たなライヴイベント『/ SLASH /』が開催される。同イベントへの出演をかけたオーディションも実施されていたが、その中から優秀賞として3組のアーティストが選出され、イベントへの出演権を獲得した。

【その他の画像】KANA-BOON

同レーベルの若手アーティスト勢として、KANA-BOON、BLUE ENCOUNT、シナリオアート、DJみそしるとMCごはんが出演する本ライヴイベント。優秀賞に選ばれたのは、「さらばルバート」、「空を飛ぶ”」、「CHAI」、「Couple」の3組(出演順)。それぞれに持ち味の異なる、才能溢れる3組が出揃った。

チケットは絶賛発売中! KANA-BOON、BLUE ENCOUNTら、今最も勢いのある若手ロックバンド勢と未知の才能とがぶつかり合う、フレッシュな顔合わせによるこのライヴイベントを目撃しよう。

■「Ki/oon Music presents / SLASH /」

11月15日(日) 新木場STUDIO COAST
14:00開場 / 15:00 開演(20:00終演予定)
出演:KANA-BOON、BLUE ENCOUNT、シナリオアート、DJみそしるとMCごはん、さらばルバート、空を飛ぶ、CHAI、Couple
<チケット>
前売 4,000円(税込)/ 1ドリンク代別途必要
※高校生以下キャッシュバックあり(500円)

■【優秀賞受賞3バンド プロフィール】

■さらばルバート、空を飛ぶ
<メンバー>
Vocal, Guitar 白衣イロハ(ハクイイロハ) / Guitar, Chorus きりん四半世紀(キリンシハンセイキ) / Bass, Chorus 中山太一くん(ナカヤマタイチクン) / Drums 大規模な(ダイキボナ)
<プロフィール>
2011年関東にて某日結成。
執拗な迄のブレイク、時折の変拍子、捻じ込むテンションコード、そしてそれを包括する破壊的且つ、一方的なステージが進んでいく。
2011年夏 結成。
2012年8月 point blanc主催「SF?SF!」にてグランプリ獲得。
2014年3月 ドラムに現メンバーの「大規模な」が加入。
2014年4月 下北沢GARAGEにてワンマンライブを初開催。満員御礼。
2015年3月 LD&K主催「宇田川コーリング2015」にて、全国500以上のバンドの中からグランプリ獲得。
2015年7月 関西読売テレビ「マヨなか笑人」のEDタイアップに「箱庭のマッド・ビート」が採用される。
http://rubato.info/

■CHAI
<メンバー>
Vo,Key マナ / Vo,Gt カナ / Ba,Cho ユウキ / Dr,Cho ユナ
<プロフィール>
世界3位になる、ニュー・エキサイト・オンナバンド(NEO)のCHAIです。名古屋を拠点に活動中。新しい価値観『NEOかわいい』で今までの「カワイイ」の価値観を覆し、CHAIは無敵の世界3位になります!
http://chai-band.com

■Couple
<メンバー>
momo (Vo) / ngt (Gt) / yuri (Syn)
<プロフィール>
2014年、僕らが出逢ったのはよく晴れた春の日だった。くたびれたレコードショップの店内BGMが気になったので店長に尋ねると、彼はこう答えた。「この曲を尋ねられるのは今日で3人目だよ。あとの2人も君と同じ歳くらいの男の子と女の子だったね。ほら、今あそこのベンチで話してるよ。」
僕たちはCouple。音楽で結ばれた3人だ。
https://soundcloud.com/couple-2

【関連リンク】
「Ki/oon Music presents / SLASH /」オフィシャルHP
シナリオアート、東名阪で自主企画イベントの開催が決定
KANA-BOON / シナリオアート、スプリットシングル初回盤DVDトレイラーを公開
BLUE ENCOUNT、全国高校サッカー選手権大会の応援歌がシングル化決定

【関連アーティスト】
KANA-BOON, DJみそしるとMCごはん, BLUE ENCOUNT, シナリオアート, さらばルバート, 空を飛ぶ, CHAI, Couple
【ジャンル】
ジャパニーズロック, イベント

小田和正、宇崎竜童ら豪華アーティストが出演する「オールナイトニッポンALIVE」開催決定
Thu, 12 Nov 2015 15:00:00 +0900
「オールナイトニッポンALIVE 〜ヒットこそすべて〜」 (okmusic UP\'s)

ニッポン放送とフジパシフィックミュージックが2016年3月1日(火)に日本武道館にて、ニッポン放送「HAPPY FM93」開局記念&フジパシフィックミュージック創立50周年記念コンサート「オールナイトニッポンALIVE〜ヒットこそすべて〜」を開催する。


【その他の画像】Superfly

このコンサートは、12月から本放送の開始が予定されているニッポン放送のワイドFM「HAPPY FM93」の開局と、フジパシフィックミュージックの創立50周年を記念するもの。

フジパシフィックミュージックは、1966年有楽町ニッポン放送の一室で産声を上げ、その翌年1967年に「オールナイトニッポン」がスタート。それ以来フジパシフィックミュージックとニッポン放送「オールナイトニッポン」は数多くのヒット曲の誕生を後押ししていくことになる。

その中で、ザ・フォーク・クルセダーズ、オフコース(小田和正)、ダウン・タウン・ブギウギ・バンド(宇崎竜童)、大滝詠一といった日本の音楽シーンを切り開いた才能豊かなアーティストに関わってきた。

そして、2016年3月1日(火)、日本武道館にゆかりのアーティストが集結し、一夜限りのお祭りが開催される。豪華出演者によるステージに期待して会場に足を運ぼう。

■ニッポン放送「HAPPY FM93」開局記念 フジパシフィックミュージック創立50周年記念コンサート「オールナイトニッポンALIVE 〜ヒットこそすべて〜」

2016年3月1日(火) 日本武道館
17:30 開場/18:30 開演
出演者:泉谷しげる/稲垣潤一/宇崎竜童/ウルフルズ/EPO/小田和正/きたやまおさむ/坂崎幸之助/Superfly/鈴木雅之/平松愛理/藤井フミヤ ※五十音順にて発表
<チケット>
9,300円(全席指定・税込)
先行販売開始:2015年11月21日(土)
一般発売開始:2016年1月末

【関連リンク】
「オールナイトニッポンALIVE 〜ヒットこそすべて〜」オフィシャルHP
松本隆の作詞活動45周年を祝うライブがBSにて放送、“はっぴいえんど”再集結ほか、豪華アーティストが多数参加
【30代向け】思わず歌詞に共感するこの5曲〜女性アーティスト編
Superflyがカバーする名曲「I Love Rock ‘N\' Roll」に作曲者のアラン・メリルがギターで参加

【関連アーティスト】
Superfly, 鈴木雅之, ウルフルズ, 小田和正, 稲垣潤一, 泉谷しげる, 宇崎竜童, EPO, きたやまおさむ, 坂崎幸之助
【ジャンル】
J-POP, イベント

L’Arc〜en〜Ciel、新アー写&ニューシングル「Wings Flap」ジャケ写を公開
Thu, 12 Nov 2015 14:00:00 +0900
L’Arc〜en〜Ciel (okmusic UP\'s)

L’Arc〜en〜Cielの新アーティスト写真、ニューシングル「Wings Flap」のジャケット写真、店頭購入者特典の「きらきら Wings Flapショッピングバッグ」の絵柄がオフィシャルHPにて公開された。

【その他の画像】L’Arc~en~Ciel

今作はタイトル「Wings Flap」にちなんで羽を基調としたデザインが施されており、完全生産限定盤のLPサイズジャケットはピンクシルバー仕様となっている。店頭購入者特典となる「きらきら Wings Flapショッピングバッグ」はLPサイズが入る大きさで、両面にジャケット絵柄が描かれた仕様となっている。

また、「Wings Flap」は作曲がken、hydeによるもの。カップリングに収録される「HONEY」のL’Acoustic versionは、hydeプロデュースである事も明らかになった。下記詳細をチェックして、ニューシングル「Wings Flap」をゲットしてほしい。

■シングル「Wings Flap」

2015年12月23日発売
【完全受注生産限定盤】(CD+Blu-ray+PHOTOBOOK)
KSCL 2662-2664/¥3,000+税
※豪華スペシャルパッケージ (LPサイズ)
※L’ArCASINO LIVE PHOTOBOOK (24p)
※“ラル札”ステッカーシート封入
※“L’ArCASINOフラッグ” プレゼント応募券封入
※予約受付は終了しております。
<収録曲>
■CD ※共通
1. Wings Flap
Words : hyde Music : ken / hyde
Arranged by L\'Arc〜en〜Ciel
2. HONEY -L’Acoustic version-
Words and Music : hyde
Arranged by Yasuaki Maejima and L\'Arc〜en〜Ciel
Acoustic Piano and Programming : Yasuaki Maejima
Produced by hyde and Yasuaki Maejima
3. Wings Flap (hydeless version)
4. HONEY -L’Acoustic version- (hydeless version)
■Blu-ray
・Wings Flap -LIVE 2015 L\'ArCASINO Edition-
・LIVE 2015 L’ArCASINO -Opening Animation-
・Wings Flap ?Music Clip-

【初回生産限定盤】(CD+Blu-ray)
KSCL 2665-2666/¥1,944+税
※ミニ“ラル札”ステッカーシート封入
※“L’ArCASINOフラッグ” プレゼント応募券封入
<収録曲>
■Blu-ray
・Wings Flap ?Music Clip-
・LIVE 2015 L’ArCASINO -Opening Animation-

【通常盤】(CD)
KSCL 2667/¥1,204+税
※初回仕様
※ミニ“ラル札”ステッカーシート封入
※“L’ArCASINOフラッグ” プレゼント応募券封入

【関連リンク】
L’Arc〜en〜Ciel オフィシャルHP
「L\'Arc-en-Ciel LIVE 2015 L\'ArCASINO」、夢を描くことの素晴らしさを再確認した最終日
「L\'Arc-en-Ciel LIVE 2015 L\'ArCASINO」、初日は夢舞大橋が虹色に染まった伝説のライヴに
VAMPS、2万人が集結した『BEAST PARTY』初日に清春が登場

【関連アーティスト】
L’Arc~en~Ciel
【ジャンル】
ジャパニーズロック

RADWIMPS、Mr.Childrenを迎えた対バンツアーの追加公演とワンマンライブが決定
Thu, 12 Nov 2015 14:00:00 +0900
RADWIMPS (okmusic UP\'s)

RADWIMPS が11月4日のZepp Tokyoを皮切りに、先輩・後輩・ジャンルを超えたリスペクトアーティストと各地で日々熱演を繰り広げる「10th ANNIVERSARY LIVE TOUR RADWIMPSの胎盤」の追加公演と、同ツアーを締めくくるワンマンライブの開催が決定した。

【その他の画像】Mr.Children

「10th ANNIVERSARY LIVE TOUR RADWIMPSの胎盤」の追加公演は11月28日(土)にZepp Tokyoにて行なわれ、Mr. Childrenを迎えての対バン公演となる。

そして、同ツアーを締めくくるワンマンライブは、12月23日(水・祝)に幕張メッセ国際展示場にて行われる。初の対バンツアーでの化学反応を経て、およそ1年半ぶりとなるワンマンライブも期待できることだろう。

また、12月23日にオフィシャルHPからの予約者対象で発売となる初のアナログ盤「記号として/‘I\' Novel 」がワンマンライブ会場でも特別に販売されることが決定した。

■RADWIMPS オフィシャルHP
http://www.radwimps.jp/
■Mr.Children オフィシャルHP
http://www.mrchildren.jp

■【ライブ情報】

「10th ANNIVERSARY LIVE TOUR RADWIMPSの胎盤」
11月12日(木) 北海道 Zepp Sapporo
w:ゲスの極み乙女。
11月16日(月) 愛知 Zepp Nagoya
w:ハナレグミ
11月18日(水) 福岡 Zepp Fukuoka
w : クリープハイプ
11月23日(月・祝) 神奈川 横浜アリーナ
w : Spitz
11月24日(火) 神奈川 横浜アリーナ
w : いきものがかり
11月25日(水) 神奈川 横浜アリーナ
w : ONE OK ROCK

「10th ANNIVERSARY LIVE TOUR FINAL RADWIMPSのはじまりはじまり」
12月23日(水・祝) 幕張メッセ国際展示場

【関連リンク】
RADWIMPS、対バンツアー第四夜はLOVE PSYCHEDELICOと共演
RADWIMPS、対バン第三夜の相手は6年越しのplenty
RADWIMPS、きのこ帝国との共演で感動を誘った対バンツアー第二夜
RADWIMPS、初の対バンツアーが米津玄師を迎え開幕

【関連アーティスト】
Mr.Children, RADWIMPS
【ジャンル】
ジャパニーズロック

SPYAIR、地元・名古屋ZIP-FMを1日ジャック!
Thu, 12 Nov 2015 13:00:00 +0900
SPYAIR (okmusic UP\'s)

4枚目のオリジナルアルバムとなるニューアルバム『4』がいよいよ11月18日にリリースとなるSPYAIR。同作の発売を記念して、発売日翌日の11月19日(木)、彼らの地元・愛知県のラジオステーションZIP-FMで『SPYAIR DAY』が決定した。朝から晩まで、この日1日ZIP-FMをSPYAIRがジャックする!  また、このスペシャルな1日を記念して、同日名古屋市内にあるショッピング施設 アスナル金山 明日なる!広場にてスペシャルイベントを開催し、19時からの生番組「FABULOUS RIDE」では会場から電話生中継を行う。

【その他の画像】SPYAIR

また、アコースティックミニライブやスペシャル抽選会も開催! 抽選会はサイン&握手会やZIP-FM×SPYAIRのコラボグッズが当たる大注目の企画となっている。さらに、当日会場にてニューアルバム『4』を購入すると“『4』オリジナルミサンガ リストバンド"がゲットできるというファンには嬉しい特典も! 

12月には初の2大アリーナツアー「SPYAIR ARENA TOUR 2015『DYNAMITE 〜シングル全部ヤリマス』〜」も決定しているSPYAIR。12月13日(日)愛知・日本ガイシホール、12月22日(火)さいたまスーパーアリーナで開催される。地元名古屋・日本ガイシホールはチケット一般発売と共に即完売! さいたまスーパーアリーナも残すことわずか! チケットのご予約はお早めに!

■ZIP-FM オフィシャルHP
http://zip-fm.co.jp/

■【ZIP-FM “SPYAIR DAY"概要】

11月19日、ZIP-FMをSPYAIRがジャック!
<出演番組>
・05:00〜06:00放送 「STARTS!」  
・06:00〜09:00放送 「MORNING CHARGE」  
・09:00〜11:00放送 「PEACHY.」  
・11:00〜14:00放送 「SONIC FUN RADIO」 
・14:00〜17:00放送 「SMILE HEART BEAT」 
・17:00〜19:00放送 「BEATNIK JUNCTION」  
・19:00〜20:50放送 「FABULOUS RIDE」 
※アスナル金山より電話生中継!
・21:00〜24:00放送 「GROOVERS DIVE」 

■【スペシャルイベント概要】

日時:11月19日(木) 19:00〜
内容:アコースティックミニライブ
場所:愛知県・アスナル金山 明日なる!広場

<スペシャル抽選会概要>
開催日時:11月19日(木) 15:00〜18:30
開催場所:成城石井アスナル金山店 横通路
■スペシャル抽選会 賞品
A賞:アルバム『4』ジャケットサイン&握手会 50名様
B賞:ZIP-FM×SPYAIRコラボポスター 100名様

<スペシャル抽選会参加方法>
※スペシャル抽選会の参加は、下記記載の対象商品(CD&パッケージ)と、そのオビが必要になります。
※スペシャル抽選会は、対象商品(CD&パッケージ)確認の上、そのオビをお持ちの枚数分の抽選をスタッフが一度に行います。
※スペシャル抽選会は、A賞、B賞、ハズレの3種類がございます。
※A賞、B賞にご当選の方は、イベントスペース前方の優先観覧エリアにて、イベントをご観覧頂けます。
※優先観覧エリアの入場は、18:30〜を予定致しております。A賞、B賞にご当選の方は、ご当選券記載の集合時間に必ずお集まり下さい。集合時間に遅れた場合は、ご当選が無効となる場合がございます。
※A賞ご当選券、B賞ご当選券には、整理番号が記載されており、A賞整理番号1番の方から順番に優先観覧エリアにご入場頂きます。A賞のご当選者の入場完了後、B賞ご当選者の御案内をB賞整理番号1番の方からおこないます。
※A賞ご当選者は、アコースティックミニライブ終了後、ジャケットサイン&握手会に御案内します。
※B賞ご当選者は、抽選会時に賞品をスタッフよりお渡しします。
※スペシャル抽選会の結果、「ハズレ」の方は優先観覧エリアではイベントをご観覧頂けません。会場フリースペースから御観覧下さい。
※スペシャル抽選会は、開催時間内であってもA賞、B賞がなくなり次第終了となります。
※会場内で、お待ち頂くスペースが限られておりますので、スペシャル抽選会にご参加の方は、14:45に集合して下さい。整列
完了後、15:00より配布開始させて頂きます。当日の状況により時間は前後する可能性がございます。

<対象商品>
アルバム『4』
2015年11月18日発売
【初回生産限定 A】(CD+DVD)
AICL 2989〜2990/¥3,500+税
【初回生産限定 B】(2CD)
AICL 2991〜2992/¥3,700+税
【通常盤】(CD)
AICL 2993/¥2,700+税

<当日CD購入者 会場限定特典>
・SPYAIR 『4』オリジナルミサンガ リストバンド
※CD及び特典は、数に限りがございます。無くなり次第終了となりますので、予めご了承ください。
<対象商品は当日会場でもお買い求めいただけます>
当日CD販売開始予定時間:15:00

◎スペシャル抽選会参加方法&注意事項はコチラ!
ご参加いただく際は必ずお読みください!
http://www.spyair.net/zipfmspevent.pdf 
※PC/スマホよりご確認ください。

■「SPYAIR ARENA TOUR 2015『DYNAMITE』〜シングル全部ヤリマス〜」

12月13日(日)  愛知 日本ガイシホール
開場 18:00 開演19:00
12月22日(火) 埼玉 さいたまスーパーアリーナ
開場 17:30 開演18:30

【関連リンク】
SPYAIR オフィシャルHP
SPYAIR、アルバム『4』発売記念フリーライヴ&ハイタッチ会開催
SPYAIR、2年ぶりのオリジナルアルバム『4』発売決定
SPYAIR、2大アリーナツアーで披露する楽曲投票企画を実施

【関連アーティスト】
SPYAIR
【ジャンル】
ジャパニーズロック

YG ENTERTAINMENT×avexによる大規模オーディション開催決定
Thu, 12 Nov 2015 13:00:00 +0900
「YOUNGUNS AUDITION 2016」 (okmusic UP\'s)

BIGBANGをはじめ、2NE1、PSY等全世界で活躍するアーティストを多数擁するYG ENTERTAINMENTとavexが、男女募集の大規模オーディション『YOUNGUNS AUDITION 2016』を共同で開催する。

【その他の画像】

『YOUNGUNS AUDITION 2016』は、男女そして国籍の壁も超えたグローバルな才能を募集するオーディションと銘打たれており、優秀者にはYGEXレーベルからのメジャーデビューが予定されているという。人材発掘・育成・デビューまでを世界レベルのアーティストを抱えるYG ENTERTAINMENTが監修するということで、かなりの厳しい審査基準が予想されるが、このオーディションを契機に日本発の次のBIGBANG、2NE1が生まれてくるかと思うと、YG ファンのみならずとも大注目のオーディションとなることは間違いなさそうだ。

なお、応募はパソコン・スマートフォンからのかんたんWEBエントリーとなっている。歌・ダンス・ラップに自信がある人、アーティストになりたい人はもちろん、YG ENTERTAINMENTのアーティストになることは夢のまた夢だと思っている人にも絶好のチャンスとなっているので、「YOUNGUNS AUDITION 2016」 オーディションサイトにて詳しい詳細をチェックの上、エントリーしてみてほしい。

【関連リンク】
「YOUNGUNS AUDITION 2016」 オーディションサイト
BIGBANG、ニューアルバム&D-LITEのソロライヴの映像作品を来年リリース
家入レオ、ハイレゾヘッドフォン「CLASS-S」の第2弾PV公開
MUCC×AKi、コラボアーティスト写真を解禁

【関連アーティスト】

【ジャンル】
その他

AA=、次作がKj(Dragon Ash)とのコラボレーション作であることを発表
Thu, 12 Nov 2015 12:00:00 +0900


11月11日20時にAA= Official YouTube Channelにて公開された、AA=の次のリリースを示唆する動画内で、次作はDragon AshのフロントマンであるKj(Dragon Ash、以下Kj)とのコラボレーション作となることがアナウンスされた。

【その他の画像】Dragon Ash

『AA= TOUR THE NEXT』と題したライブツアーを敢行中のAA=。大盛況のうちに終えた大阪・名古屋公演の終演後、会場限定で「Are you ready?」「AA=×?」「2015:11:11:20:00」とだけ描かれたフライヤーが配布され、ファンの間で謎を呼び話題となっていた。

それに対するAA=の回答と言える今回の動画には楽曲の一部が使用され、「Are you ready?」という強烈な叫び声と狂暴なベースライン、さらには一瞬聞くことができるKjのボーカルが、凄まじい楽曲に仕上がっていることを予感させる。

KjはDragon Ash結成前よりTHE MAD CAPSULE MARKETSの大ファンで、音楽ひとつで日本のラウド・ロックシーンを切り拓いてきた上田剛士をリスペクトし憧れを抱いてきた。前例のない新たなシーンを切り拓き、そのシーンをメインストリームにまで持ち上げたふたりの最狂のコラボレーションとなる今作は、日本のラウド・ロックシーンにおいて奇跡の共演であり、2015年最大の事件となることは間違いなさそうだ。

Live photo by JON…

■【上田剛士(AA=)コメント】

「Kj、降谷建志と一緒に音を出す。
それは僕にとっても特別な事だ。
多くの若いミュージシャンから僕の音を聴いて来たと言われてきた。
彼らは(僕がそうだった様に)それぞれ新しい自分の音を追求し生み出していく。
そんな彼らの音を聴く事は、自分にとって誇らしく特別な瞬間だ。
Kj。
彼もまたそんな中の一人。
出会った頃はまだ少年だったケンジが今は一人の男として、この歪んだベースで歌っている。
最高の気分だ。
そして、ケンジの音を聴いた新たな少年が、また新しい音を世界に響かせてくれるだろう。
そうやって、この音達は繋がって行く。
きっとそんな俺たちは、バカでかい音の固まりに捕われた特別種なんだ」

■「AA= × ? THE ANSWER IS …」動画
https://youtu.be/f7_AQXreqSE

■『AA= TOUR THE NEXT』東京公演

2015年11月21日(土) 新宿 ReNY
開場 17:00開演 18:00

【関連リンク】
AA= オフィシャルHP 
BUCK-TICK 今井寿&minus(-) 藤井麻輝によるSCHAFTの最新作が1月20日に発売決定
ホルモン、“MONSTER ENERGY ULTRA”発売記念イベントで新音源を初お披露目
AA=が世田谷3DAYSツアーの開催を発表

【関連アーティスト】
Dragon Ash, AA=
【ジャンル】
ジャパニーズロック

ELO、新作発表記念シークレット・ギグをロンドンで敢行
Thu, 12 Nov 2015 11:00:00 +0900
11月9日@ポーチェスター・ホール (okmusic UP\'s)

15年ぶりの新作『アローン・イン・ユニヴァース』の発表記念をかねて、ELOがロンドンのポーチェスター・ホールで特別ライブを行った。

【その他の画像】Electric Light Orchestra

8時15分きっかりにステージに姿を現したジェフ・リン。会場から掛け声があがる。ギタリスト2人とベーシスト、ドラマー、キーボード2人にバッキング・シンガー2人というバンド構成だ。

「オール・オーバー・ザ・ワールド」でゆるやかに幕が開いた。ここにヒット曲「イーヴィル・ウーマン」が続けば、どこからともなく拍手が沸きそれがリズムとなる。そしてサビの部分は大合唱だ。選曲は圧倒的に70年代の曲が多く、ELOの歴史をたどる名曲を選びそこに新譜からの曲が4曲加わった。「ターン・トゥー・ストーン」では軽快なリズムが会場の雰囲気を盛り上げ、新譜のオープニング曲でありビートルズ風メロディーが魅力的な「ホエン・アイ・ワズ・ア・ボーイ」では、皆がジェフの声にじっくりと聞き入った。「オーロラの救世主」「スイート・トーキング・ウーマン」「ミスター・ブルー・スカイ」などは、イントロが始まっただけでどの曲がすぐわかったファンは感激の歓声をあげ、大合唱が起こった。「ドント・ブリング・ミー・ダウン」は、ドラムスの部分を拍手で入れるタイミングもばっちり、まるでリハーサルしたかのようでびっくり!

観客は熟年40代〜60代がほとんど。若者率5%、男女の比率は9:10ほどか。ロックファンというよりは、往年のポップ・ファン、ヒット・チャートを追っていた世代ではないかと察する。たまに親子ファンもちらほら。その彼らがジェフの演奏を聞きながら歌う様子は本当に楽しげ。そんな楽しげなファンの様子を見て、ステージ上のジェフも幸せそうだった。会場から何度か男性の声で、「ジェフ愛してるよ〜」の声もあがった。

70年代のアルバムでは本物のオーケストラを使用していたそうだが、この日はそれを2人のキーボード奏者がシンセで置き換えた。何本ものギターを取り換え、持ち替えながら演奏するジェフ。バンドとの息もぴったりで、演奏は完璧。レコードを再現したかのようなギミックなしのシンプルなアレンジが彼の人柄を現していたかのよう。「ホエン・ナイト・カムズ」では短めだが、ギター・ソロも披露してくれた。フィナーレは「ロール・オーバー・ベートーヴェン」ここだけは生ストリングスが加わり、エレクトリック・ギターが炸裂した。全盛時代のELOのステージは宇宙船のような大掛かりなものだったと言うが、この日は一回きりのショーケース的なライブということで、ロゴ・マークのライトを掲げ、天井にアート・インスタレーション風の電球をあしらったシンプルなスタイル。それでもELOの美メロ、美コーラス、美ストリングスの雰囲気を、そこはかと強調していたと思う。ソングライティングに加えタジオでのレコーディングが大好きというジェフ。新作は自分で全てを演奏したそうだから、新曲全曲をライブで演奏するにはバンド・メンバーとのリハーサルが必要になるはず。現在4曲がレパートリー、ツアーを開始するまでに増えることは間違いないだろう。

去年ハイドパークでのライブをやって、ELOに今もあれほど多くのファンがいたことに痛く感激した様子のジェフ。まさか自分を見に来てくれる人なんかいるだろうか、と思っていたそうなのだ。(しかりに長い間ライブもやっていない)「5万人も観に来てくれたんだよ」とこの日もファンに向けて嬉しそうに語っていた。来年4月のイギリスのアリーナ・ツアーが発表となった。今週金曜の発売日には、ソールドアウトが予想される。

text by 高野裕子

■【セットリスト】

1 All Over the World (from the soundtrack to Xanadu, 1980)
2 Evil Woman (from Face the Music, 1975)
3 Showdown (from On the Third Day, 1973)
4 Turn to Stone (from Out of the Blue, 1977)
5 When I Was a Boy (from Alone in the Universe, 2015)
6 Living Thing (from A New World Record, 1976)
7 One Step at a Time (from Alone in the Universe, 2015)
8 Strange Magic (from Face the Music, 1975)
9 Don\'t Bring Me Down (from Discovery, 1979)
10 Steppin\' Out (from Out of the Blue, 1977)
11 Sweet Talkin\' Woman (from Out of the Blue, 1977)
12 Can\'t Get It Out Of My Head (from Eldorado, 1974)
13 When the Night Comes (from Alone in the Universe, 2015)
14 Ain\'t It a Drag (from Alone in the Universe, 2015)
15 Rock \'n\' Roll is King (from Secret Messages, 1983)
16 Telephone Line (from A New World Record, 1976)
17 Mr. Blue Sky (from Out of the Blue, 1977)
18 Roll Over Beethoven (from Electric Light Orchestra 2, 1973)

【関連リンク】
ELO オフィシャルHP
ELOのジェフ・リン、ビートルズ秘話とビートルズ愛を語る
ELO、15年ぶりの新作アルバムより新曲「ホエン・ザ・ナイト・カムズ」を公開
マドンナ、「レベル・ハート・ツアー」に先駆けた来日記念盤を1月にリリース

【関連アーティスト】
Electric Light Orchestra, ELO
【ジャンル】
ロック/ブルース(洋楽), ライブ

Gacharic Spin、韓国ライヴが大成功&12月リリースDVDの全貌が明らかに
Thu, 12 Nov 2015 10:00:00 +0900
11月7日(土) @韓国 弘大 DIDIM HALL(Hongdae DIDIM HALL) (okmusic UP\'s)

全力エンターテイメント凄腕ガールズバンドGacharic Spinが、8月に行われたサンフランシスコでの『J-POP SUMMIT 2015』ライヴに続き、韓国公演も大成功させた。


【その他の画像】Gacharic Spin

この日は9月30日にリリースしたアルバムのリード曲「MUSIC BATTLER」からスタートすると、続いて「More Power」とライブでの人気曲を演奏。そして、はな(Vo.&Drums)が韓国語で「みなさん今日はありがとう!私たちのアルバムが韓国でも発売されたので、聞いてくださいね!」と話すと会場からは大きな拍手が巻き起こった。なお、この日、はなはすべてのMCを韓国で披露した。また、「雪泣く〜setsunaku〜メロディー」は韓国語のスペシャルバージョンで披露され、観客全員がその声に聴き入っていた。

メンバー全員が光る手袋を着用し、息のあった振り付けで盛り上げる「夢喰いザメ」など、普段と変わらないパワフルなステージを魅せつけた彼女達。なんとアンコールで披露した「Lock On!!」も韓国語で歌い、幕を閉じた。

また、12月16日に発売される最新ライヴDVD『赤裸ライアーTOUR FINAL!!! 2015 〜渋谷公会堂〜』の特典映像の内容も発表された。初回盤にはライヴのオフショット映像や、メジャー1stフルアルバム「MUSIC BATLLER」収録の「ファイナルなファンタジー」のMusic Videoなど、このDVDでしか見られない貴重な映像が多数収録されている。さらに、アマゾンでは限定のオリジナルステッカー特典が付くことも発表された。

12月には台湾でもライブが決定しているGacharic Spin。止まることなく全力で駆け続ける彼女たちの超攻撃的&ド派手な活躍に注目だ!

■【セットリスト】

1.MUSIC BATTLER
2.More Power
-MC-
3.ガンバンバダンサー
4.ファイナルなファンタジー
5.雪泣く〜setsunaku〜メロディー
se
6.夢喰いザメ
-MC-
7.Don\'t Let Me Down
8.夢言実行
9.ハンティングサマー
-MC-
10.赤裸ライアー
11.常識デストロイヤー
12.ダンガンビート
13.WINNER
EN1.Lock On!!
GS Gacha 2012

■DVD『赤裸ライアー TOUR FINAL!!! 2015 〜渋谷公会堂〜<可能な限り詰め込みました>』

2015年12月16日発売
VIZL-910/¥9,259+税
※初回生産限定盤(2DVD)
※BOX仕様・フォトブック付 
<収録内容>
■DISC-1
ライヴ本編コンプリート収録<全24曲>
1.Lock On!!
2.More Power
3.爆弾娘(ボンバーガール)
4.GS★PLANET
5.ハンティングサマー
6.Ben-Jan-Dan
7.ヌーディリズム
8.好きな人、だけど…
9.今を生きてる〜2013年 春〜
10.さよならチェリー
11.ルーレット
12.夢喰いザメ
13.JUICY BEATS
14.オトナ少女
15.僕だけのシンデレラ
16.溶けないCANDY
17.週末ファンタジー
18.赤裸ライアー
19.運命さえも変える言葉
20.ダンガンビート
21.宝物
22.Don\'t Let Me Down
23.BROKEN LOVER
24.WINNER
■DISC-2
特典映像集
・オフショットType-A
・オフショットType-B
・TOMO-ZO / ファイナルなファンタジー(Music Video)
・パントマイム映像(オレオレオナ編)
・トレーラー

■DVD『赤裸ライアーTOUR FINAL!!! 2015 〜渋谷公会堂〜』

2015年12月16日発売
VIBL-788/¥3,704+税 
※通常盤(DVD)
<収録内容>
ライヴ本編選抜収録:全12曲
1.Lock On!!
2.More Power
3.爆弾娘(ボンバーガール)
4.好きな人、だけど…
5.夢喰いザメ
6.溶けないCANDY
7.赤裸ライアー
8.運命さえも変える言葉
9.ダンガンビート
10.Don\'t Let Me Down
11.BROKEN LOVER
12.WINNER
■特典映像集
※スペシャル副音声(メンバー録り下し)
※オフショットType-C

■『Gacharic Spin LIVE in Taipei』

12月19日 (土) THE WALL 公館
時間:OPEN 17:00 START 18:00

【関連リンク】
Gacharic Spin オフィシャルHP
「ビクターロック祭り」番外編イベント『Dog Run Night』にガチャピン、ヒスパニ等が集結!
Gacharic Spin、ツアー初日公演にて渋公ライブDVDのリリースを発表
Gacharic Spinがタワレコ渋谷で全力ライヴ!

【関連アーティスト】
Gacharic Spin
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

EXILE、史上最強ハッピーソング「Ki・mi・ni・mu・chu」のMVを公開
Thu, 12 Nov 2015 05:00:00 +0900
EXILE (okmusic UP\'s)

EXILE TRIBEメンバーがイメージキャラクターとして出演している「サントリー ザ・モルツ」TV CMで話題となっている、12月9日発売のEXILE最新曲「Ki・mi・ni・mu・chu」のMVが公開された。

【その他の画像】EXILE

CM内でのEXILEや三代目J Soul Brothersのメンバーが杯を交わしながら笑顔で語り合う姿や、サビの一度聞いたら頭から離れないキャッチーなフレーズが視聴者の心を掴み話題になったこの曲。先立って公開された「Ki・mi・ni・mu・chu」リリックビデオやライブ映像はYouTubeにて瞬く間に100万回以上の再生回数を突破。現在では合計500万回以上と、これまでに類を見ないスピードで再生回数をたたき出している。

今作のMVは「サントリー ザ・モルツ」タイアップソングということで、昔から「お酒好き」で知られるEXILEメンバーが、仲間とHappyに乾杯している内容となっており、過去のEXILEの飲み会の映像や「サントリー ザ・モルツ」のCM撮影時のメイキング映像、そして9月から開催中のドームツアー「EXILE LIVE TOUR 2015 "AMAZING WORLD"」でメンバーとファンが一緒に盛り上がっている映像を組み合わせて制作。乾杯から生まれる人と人とのリアルな繋がりを感じられるMVとなっている。

日々のストレスや嫌なことを何かに夢中になって忘れられたらという願いを込め、ATSUSHIによって書き下ろされた「Ki・mi・ni・mu・chu」は、CD発売に先駆けて先行配信中。

また、12月9日発売のニュー・シングル「Ki・mi・ni・mu・chu」には、カップリングに2008年にリリースされたEXILEの大ヒットチューン「LAST CHRISTMAS」の新アレンジ・バージョン「LAST CHRISTMAS -2015 Version-」が収録されている。

EXILE ATSUSHIは「とにかく底抜けに明るく、みんなで踊りたくなるような曲なので、“ゲット・ダンス"という名の、指をさすだけの簡単な振り付けにしました。ぜひ覚えて一緒に踊ってもらえたら嬉しいです」とコメントしている。

■サントリーHP
http://www.suntory.co.jp/beer/themalts/

■『Ki・mi・ni・mu・chu』MV
https://www.youtube.com/watch?v=bzhER32wO_U

■シングル「Ki・mi・ni・mu・chu」

2015年12月9日発売
【CD+DVD】
RZCD-59996/B/¥1,800+税
【CD】
RZCD-59997/¥1,000+税
【EX FAMILY&LDH official mobile CD/DVD SHOP限定商品】(CD+DVD)
RZC1-86010/B/¥2,000+税
<収録内容>
■CD
1. Ki・mi・ni・mu・chu
2. LAST CHRISTMAS -2015 Version-
3. Ki・mi・ni・mu・chu (Instrumental)
4. LAST CHRISTMAS -2015 Version- (Instrumental)
■DVD
1. Ki・mi・ni・mu・chu (Music Video)

【関連リンク】
EXILE オフィシャルHP
EXILE、ニューシングル「Ki・mi・ni・mu・chu」のビジュアル公開
音痴で悩んでいるアナタへ。カラオケで歌いやすい曲おすすめ5選<男性向け>
EXILE・三代目JSBらドラマ「HiGH&LOW」舞台挨拶開催「最高の総合エンタテインメントを届けようと」

【関連アーティスト】
EXILE
【ジャンル】
J-POP, テレビ(番組/CM)

中島美嘉、土屋公平ら参加の新プロジェクト“MIKA RANMARU”が初ライヴ
Thu, 12 Nov 2015 00:00:00 +0900
11月11日@東京・新宿LOFT (okmusic UP\'s)

11月11日、中島美嘉の新プロジェクト“MIKA RANMARU”の初ライヴとなる『MIKA RANMARU 〜MIKA NAKASHIMA 15th ANNIVERSARY〜 ROCK\'N\' ROLL LIVE』が新宿LOFTで開催された。


【その他の画像】土屋公平

中島美嘉がアニヴァーサリー・イヤーの初日に15周年を記念した企画コンサートを発表し、ファンのみならず全ての音楽ファンを驚かせたのが、今回のライブ。MIKA RANMARUは中島のツアーギタリスト・土屋公平(元ストリート・スライダーズ)ともに結成した4人編成バンドで、ドラムは池畑潤二(THE ROOSTERS、HEATWAVE、ROCK\'N\'ROLL GYPSIES、DeeDeeFeverほか)、ベースは海老沼崇史という強力な布陣だ。

突然のライブ告知にも関わらず、チケット発売受付を開始すると同時に即完売となったプレミアムなパフォーマンスということもあり、開場直後にはすでに満員となっている会場。ライヴハウス入り口から会場へと続く階段には、当日券を求めて並ぶファンの姿も。なにが起こるのかと待ち望むファンの熱気が溢れ、開演までロックDJが客席をウォーム・アップ。

ポスターヴィジュアルでも鮮烈な印象を与えた金髪ヘアーの中島美嘉が煙草をくゆらせて登場し観客が沸き上がる中、バンドたちが楽器を持つと、ミディアムなヘビー・チューン「PASSION」でスタート。バラードシンガー中島美嘉とはまったく別の魅力を持つ、ラウドかつダンサブルなロックナンバー群が次々と披露され、彼女のヒストリーの中でも垣間見ることの少なかった一面を押し出した前半部分が一気に駆け抜けてゆく。ステージ上ではクールに振る舞う中島が、その表情にときおり楽しそうな笑顔を浮かべ、シングルとなった「Dear」そして「僕が死のうと思ったのは」をシンプルなバンドサウンドで再構築させていくと、いよいよステージは後半部へと向かう。

後半の幕開けは中島のヒット曲として多くのファンに愛されている極上の1曲「LIFE」からスタート。「まだまだ熱くなるよ!」と、観客を煽ると、もともとアップテンポのダンスナンバーとして知られる同楽曲はタイトなロックナンバーへと生まれ変わり、そこからキッチュで愛くるしいポップロック「conFusiOn」へと続いていく。

体を揺らし、セクシーにリズムを刻むヴォーカリストからバンドメンバー紹介へ。海老沼嵩史、池畑潤二に続き「今日からあたしの相棒だぁっ!」と中島が土屋公平=RANAMRUの名前を呼ぶとファンからは熱い拍手が起こる。

休みなくたたみ込むようなリフレインが耳にこびりつく「LOVE IS ECSTASY」が会場をひとつにすると、コンサートはいよいよクライマックスへ。最後はAC/DCにインスパイアされたハードナンバー「I DON\'T KNOW」でフロアを熱狂させると、アンコールなしの1時間超の大歓声の中、幕を下ろした。

なにが飛び出すかわからない中島美嘉。次にどんな展開が待ち受けるのか?彼女の動向からますます目が離せない!

photo by 川田洋司

■【セットリスト】

M1 PASSION
M2 SHUT UP
M3 BLACK AND BLUE
M4 DANCE WITH THE DEVIL
M5 Dear
M6 僕が死のうと思ったのは
M7 LIFE
M8 conFusiOn
M9 LOVE IS ECSTASY
M10 I DON\'T KNOW

(Vo)中島美嘉
(G)土屋公平
(B)海老沼嵩史
(Dr)池畑潤二

【関連リンク】
中島美嘉 オフィシャルHP
【music.jp音楽ランキング】話題のドラマ主題歌が続々ランクイン!1位はmiwaの新曲が獲得!(2015年11月11日付)
中島美嘉、3Dプロジェクションマッピングをバックに新曲熱唱
【music.jp音楽ランキング】auのCMで話題のBEGIN新曲や西内まりやドラマ主題歌がランクイン(2015年11月4日付)

【関連アーティスト】
土屋公平, The Roosters, Heatwave, 中島美嘉, ROCK\'N\'ROLL GYPSIES, ストリート・スライダーズ, MIKA RANMARU
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1