歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2015年11月11日)
バックナンバー
最新ニュース
2015/11/20
2015/11/19
2015/11/18
2015/11/17
2015/11/16
2015/11/15
2015/11/14
2015/11/13
2015/11/12
2015/11/11
2015/11/10
2015/11/09
2015/11/08
2015/11/07
2015/11/06
2015/11/05
2015/11/04
2015/11/03
2015/11/02
2015/11/01
2015/10/31
2015/10/30
2015/10/29
2015/10/28
2015/10/27
2015/10/26
2015/10/25
2015/10/24
2015/10/23
2015/10/22
2015/10/21
2015/10/20
2015/10/19
2015/10/18
2015/10/17
2015/10/16
2015/10/15
2015/10/14
2015/10/13
2015/10/12
2015/10/11
2015/10/10
2015/10/09
2015/10/08
2015/10/07
2015/10/06
2015/10/05
2015/10/04
2015/10/03
2015/10/02
2015/10/01
2015/09/30
2015/09/29
2015/09/28
2015/09/27
2015/09/26
2015/09/25
2015/09/24
2015/09/23
2015/09/22
2015/09/21
2015/09/20
2015/09/19
2015/09/18
2015/09/17
2015/09/16
2015/09/15
2015/09/14
2015/09/13
2015/09/12
2015/09/11
2015/09/10
2015/09/09
2015/09/08
2015/09/07
2015/09/06
2015/09/05
2015/09/04
2015/09/03
2015/09/02
2015/09/01
2015/08/31
2015/08/30
2015/08/29
2015/08/28
2015/08/27
2015/08/26
2015/08/25
2015/08/24
2015/08/23
2015/08/22
2015/08/21
2015/08/20
2015/08/19
2015/08/18
2015/08/17
2015/08/16
2015/08/15
2015/08/14
2015/08/13
2015/08/12
2015/08/11
2015/08/10
2015/08/09
2015/08/08
2015/08/07
2015/08/06
2015/08/05
2015/08/04
2015/08/03
2015/08/02
2015/08/01
2015/07/31
2015/07/30
2015/07/29
2015/07/28
2015/07/27
2015/07/26
2015/07/25
2015/07/24
2015/07/23
2015/07/22
2015/07/21
2015/07/20
2015/07/19
2015/07/18
2015/07/17
2015/07/16
2015/07/15
2015/07/14
2015/07/13
2015/07/12
2015/07/11
2015/07/10
2015/07/09
2015/07/08
2015/07/07
2015/07/06
2015/07/05
2015/07/04
2015/07/03
2015/07/02
2015/07/01
2015/06/30
2015/06/29
2015/06/28
2015/06/27
2015/06/26
2015/06/25
2015/06/24
2015/06/23
2015/06/22
2015/06/21
2015/06/20
2015/06/19
2015/06/18
2015/06/17
2015/06/16
2015/06/15
2015/06/14
2015/06/13
2015/06/12
2015/06/11
2015/06/10
2015/06/09
2015/06/08
2015/06/07
2015/06/06
2015/06/05
2015/06/04
2015/06/03
2015/06/02
2015/06/01
2015/05/31
2015/05/30
2015/05/29
2015/05/28
2015/05/27
2015/05/26
2015/05/25
2015/05/24
2015/05/23
2015/05/22
2015/05/21
2015/05/20
2015/05/19
2015/05/18
2015/05/17
2015/05/16
2015/05/15
2015/05/14
2015/05/13
2015/05/12
2015/05/11
2015/05/10
2015/05/09
2015/05/08
2015/05/07
2015/05/06
2015/05/05
2015/05/04
2015/05/03
2015/05/02
2015/05/01
2015/04/30
2015/04/29
2015/04/28
2015/04/27
2015/04/26
2015/04/25
2015/04/24
2015/04/23
2015/04/22
2015/04/21
2015/04/20
2015/04/19
2015/04/18
2015/04/17
2015/04/16
2015/04/15
2015/04/14
2015/04/13
2015/04/12
2015/04/11
2015/04/10
2015/04/09
2015/04/08
2015/04/07
2015/04/06
2015/04/05
2015/04/04
2015/04/03
2015/04/02
2015/04/01
2015/03/31
2015/03/30
2015/03/29
2015/03/28
2015/03/27
2015/03/26
2015/03/25
2015/03/24
2015/03/23
2015/03/22
2015/03/21
2015/03/20
2015/03/19
2015/03/18
2015/03/17
2015/03/16
2015/03/15
2015/03/14
2015/03/13
2015/03/12
2015/03/11
2015/03/10
2015/03/09
2015/03/08
2015/03/07
2015/03/06
2015/03/05
2015/03/04
2015/03/03
2015/03/02
2015/03/01
2015/02/28
2015/02/27
2015/02/26
2015/02/25
2015/02/24
2015/02/23
2015/02/22
2015/02/21
2015/02/20
2015/02/19
2015/02/18
2015/02/17
2015/02/16
2015/02/15
2015/02/14
2015/02/13
2015/02/12
2015/02/11
2015/02/10
2015/02/09
2015/02/08
2015/02/07
2015/02/06
2015/02/05
2015/02/04
2015/02/03
2015/02/02
2015/02/01
2015/01/31
2015/01/30
2015/01/29
2015/01/28
2015/01/27
2015/01/26
2015/01/25
2015/01/24
2015/01/23
2015/01/22
2015/01/21
2015/01/20
2015/01/19
2015/01/18
2015/01/17
2015/01/16
2015/01/15
2015/01/14
2015/01/13
2015/01/12
2015/01/11
2015/01/10
2015/01/09
2015/01/08
2015/01/07
2015/01/06
2015/01/05
2015/01/04
2015/01/03
2015/01/02
2015/01/01
2014/12/31
2014/12/30
2014/12/29
2014/12/28
2014/12/27
2014/12/26
2014/12/25
2014/12/24
2014/12/23
2014/12/22
2014/12/21
2014/12/20
2014/12/19
2014/12/18
2014/12/17
2014/12/16
2014/12/15
2014/12/14
2014/12/13
2014/12/12
2014/12/11
2014/12/10
2014/12/09
2014/12/08
2014/12/07
2014/12/06
2014/12/05
2014/12/04
2014/12/03
2014/12/02
2014/12/01
2014/11/30
2014/11/29
2014/11/28
2014/11/27
2014/11/26
2014/11/25
2014/11/24
2014/11/23
2014/11/22
2014/11/21
2014/11/20
2014/11/19
RADWIMPS、対バンツアー第四夜はLOVE PSYCHEDELICOと共演
Wed, 11 Nov 2015 21:00:00 +0900
11月10日(火)@大阪 Zepp Namba (RADWIMPS) (okmusic UP\'s)

RADWIMPSが連日熱演を繰り広げる「RADWIMPS 10th ANNIVERSARY LIVE TOUR RADWIMPSの胎盤」。その第四夜が11月10日(火)、LOVE PSYCHEDELICOを迎え、大阪 Zepp Namba にて開催された。また、11月25日リリースのニューシングルから「記号として」ミュージックビデオのshort ver.が公開に! 同MVを手がけたのは「会心の一撃」に引き続き、気鋭の大久保拓朗監督。不思議に居心地の悪さすら感じる天地が歪んだアンバランスな世界で、アグレッシブな演奏が繰り広げられ、バランス=均衡とは何か、正しいとは何なのか、を考えさせられる映像に仕上がった。

【その他の画像】LOVE PSYCHEDELICO

「RADWIMPS 10th ANNIVERSARY LIVE TOUR RADWIMPSの胎盤」の第四夜。今年デビュー15周年を迎えたLOVE PSYCHEDELICOと、10周年のRADWIMPSの競演は、共にアニバーサリーならではの豪華なセットリストに、会場のファンは全身でその音楽を浴び、手を挙げ掌をステージに向け、その喜びを体現した。

野田洋次郎と同じく、幼少の頃に海外生活を送っていたというKUMI。日本語と英語を自然かつ自由に行き来する歌は、ミクスチャーな歌詞世界に独特のリズム感と魔法のような心地よさを併せ持ち、15年前のデビュー当初、斬新なインパクトを与えた。野田も魅了された1人であり、カラオケにて「Last Smile」を制服姿でキーを4つ上げて歌っていた高校時代を振り返り、一緒のステージに立てる喜びを感慨深そうに語った。

艶のあるKUMIの歌声、ブルージーなNAOKIのギターに共鳴する深沼元昭のギターを、権藤知彦がユーフォニウムやキーボードで柔らかく包み、高桑圭(Ba)と白根賢一(Dr)による太い幹のようなリズム隊が気持ちよいグルーヴでバンドを支える。

初めて彼らのライヴを観るファンも多く居たようだが、「Free World」「LADY MADONNA〜憂鬱なるスパイダー〜」「Your Song」など続々披露される名曲に手を振り身を委ね、そのステージを堪能していた。

「(LOVE PSYCHEDELICOの) 生声聴いて、ずっと音楽をやってきてよかった。10年やってきて、現在進行形で関わってくれて、あなたたちのものにしてくれてありがとう」と感謝しながらステージに立ったRADWIMPS。自己紹介代わりの「ギミギミック」のソロ回しや中盤で披露されるソロバトルは日に日に激しさを増す。より緻密に絡み合うアンサンブルと、よりパワフルさを増すリズム隊。公演を重ねる毎に、メンバー3人へだけではなく、サポートドラムの森瑞希や刃田綴色への声援も増えてきた。

本ツアーの見所の一つであるソロバトル。本日のリハーサルでも新たなチャレンジと共に5つの音が凌ぎあっていた。一度として同じライブはない。日々進化し続けるRADWIMPSの真摯な姿を目の当たりにした瞬間であった。そのトライアルは大成功、オーディエンスの熱狂がそれを物語っていた。

この日は10年前を振り返るご当地エピソードも飛び出した。10年前に初めてMINAMI WHEELに出演した時のこと。ライヴに来てもらおうとアメリカ村周辺にてメンバー自らフライヤーを配っていたという思い出を語ると、恐らく当時はまだRADWIMPSに出会えていなかった人の方が多いであろうオーディエンスからどよめきと驚きの声が上がった。

本編終了後、鳴り止まぬアンコールに応え「チケット代が200万円に変わるほどのプレゼント(野田)」として観客に届けたのは、当日しかもリハーサル後に急きょ決まったというスペシャルセッション。RADWIMPSの3人と、LOVE PSYCHEDELICOのふたりが、それぞれマンドリンにギター、ベースと弦楽器を手に登場し、野田が大好きというLOVE PSYCHEDELICO曲「These days」をセッション。5弦奏に華やかなKUMIの歌、そして野田の優しいハーモニーが重なり、幻想的な調べとなり会場に響き渡る。

「電車大丈夫?」とオーディエンスを気にかけながらもう1曲、と今度はRADWIMPS曲である「Tummy」を共演。KUMIとNAOKIに挟まれ真ん中で歌う野田の幸せそうな表情が印象的であった。

先輩2人を熱い握手とハグでお見送りした後は、今日一番の大合唱となった「有心論」で、多幸感溢れる一夜を締めくくった。

次は12日。Zepp Sapporoにて、ゲスの極み乙女。を迎える。 

photo by 古溪一道

■「記号として」MV(short ver.)
https://youtu.be/qE1X1RltpN0

■「10th ANNIVERSARY LIVE TOUR RADWIMPSの胎盤」

11月12日(木) 北海道 Zepp Sapporo
w:ゲスの極み乙女。
11月16日(月) 愛知 Zepp Nagoya
w:ハナレグミ
11月18日(水) 福岡 Zepp Fukuoka
w : クリープハイプ
11月23日(月・祝) 神奈川 横浜アリーナ
w : Spitz
11月24日(火) 神奈川 横浜アリーナ
w : いきものがかり
11月25日(水) 神奈川 横浜アリーナ
w : ONE OK ROCK

【関連リンク】
RADWIMPS オフィシャルHP
RADWIMPS、対バン第三夜の相手は6年越しのplenty
RADWIMPS、きのこ帝国との共演で感動を誘った対バンツアー第二夜
RADWIMPS、初の対バンツアーが米津玄師を迎え開幕

【関連アーティスト】
LOVE PSYCHEDELICO, RADWIMPS
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

小室哲哉、最大のヒット作globeの1stアルバム『globe』の歴史的意義
Wed, 11 Nov 2015 18:00:00 +0900
globe『globe』のジャケット写真 (okmusic UP\'s)

デビュー20周年の今年。過去の楽曲から小室哲哉自身がセレクトし、一部新録を加えて新たにマスタリングした、リプロダクトしたアルバム『Remode 1』を発売した他、木村カエラ、GreeeeN、倖田來未らが参加したトリビュートアルバムが12月にリリース予定されるglobe。90年代に一世を風靡した“小室ファミリー”の中でも、小室本人の参加もあってか、他のアーティストとは若干雰囲気の異なる陰影が感じられるユニットであるが、1stアルバムにして最大のヒット作となった『globe』から、改めてこのグループの本質を見極めてみたい。

■近代芸能史に名を残す音楽家

「何を今更…」と言われるかもしれないが、あえて強調しておこう。小室哲哉は偉大な音楽家である。1970年代半ばより裏方として音楽シーンで活動を開始。84年、自らのバンド、TM NETWORKでデビュー以後、プロデューサー、コンポーザーとしても頭角を現し、数多くのミリオンセラーを世に送り出してきた。これが俗に言う“小室ファミリー”で、有名どころは安室奈美恵、華原朋美、観月ありさ、篠原涼子、trf、hitomi、内田有紀、H Jungle with t、dos等だが、一説には小室氏が手掛けたアーティストは100組を超えると言われている。以下はウィキペディアからの抜粋である。「1996年4月15日にはオリコンシングルチャートにおいてプロデュース曲がトップ5を独占した。1996年は安室奈美恵のアルバムも300万枚を超えるなど、この年だけでプロデュース曲の総売上枚数は1,500万枚以上を記録した。さらに1996年から2年連続で高額納税者番付において全国4位を記録、1997年の納税額は11億7000万円で推定所得は約23億円だった」。売上枚数や納税額がすなわちその音楽性の優秀さではないであろうが、ここまでの実績があれば数字とその才能とが無縁だとは言えないであろう。今も驚異に感じるのはその量産体制だ。スペースの都合で流石にその全てを挙げられないが、95年から5年間くらいまでの仕事量は特に尋常ではない。この間、毎月3〜6曲をプロデュースしているのだ。この辺りのワーカホリック的動きを粗製乱造と揶揄する人がいるのも事実だが、仮に(あくまでも“仮に”だが)質の低い作品を乱発していたとしても、それが5年間も続くはずもなく、その流行作家としての手腕は群を抜いていたことは間違いない。昭和の大作曲家、大作詞家と比べてもその実績は決して劣るものではないし、それどころか、歴代作曲家売上ランキングでは筒美京平氏に次いで2位と、大袈裟ではなく、近代の日本芸能史に名を残す音楽家と言ってもいいのである。

■globeの意外な生い立ち

他者への楽曲提供、プロデュースだけでも相当のものだが、小室哲哉はそれらと同時進行で自らのユニットも立ち上げてしまったのだから、今考えればこれはもう驚異を通り越して脅威であるし、畏敬の念を禁じ得ない。そのユニットこそがglobeである。1stアルバム『globe』が当時のオリコン記録を更新する売り上げ400万枚以上を記録と、“小室ファミリー”の中でも作品単体で見たらダントツの売り上げを誇ったユニットなのだが、その生い立ちを調べてみると、なかなか興味深いものが見えてくる。ダウンタウンの浜田雅功と小室哲哉による音楽ユニット、H Jungle with tが「WOW WAR TONIGHT 〜時には起こせよムーヴメント」で1995年3月にデビューしているのだが、本来ならこの時期にglobeがデビューする予定だったところ、浜田雅功から依頼を受けた小室がH Jungle with tの楽曲作成を優先したのだという。また、そもそもglobeはZARDのようにメディアに顔を出さないシークレット・アーティストのような形態で活動する予定だったらしい。1stシングル「Feel Like dance」のPVは当初CG映像のみでメンバーは出演せず、3rdシングルの「SWEET PAIN」はPVを製作しなかったという。ところが、「Feel Like dance」がチャート初登場3位、2nd「Joy to the love」が1位、3rd「SWEET PAIN」が2位と、いきなりブレイクしたことで、テレビや音楽番組への出演を解禁。「Feel Like dance」のPVも、3人の映像を加えたものに変更したというのだ。

■開放感一辺倒じゃないサウンド

また、この件をご存知の方も多いかもしれないが、当初globeは二人組で、ユニット名も“ORANGE”の予定だった。当時、流行っていた2アンリミテッドの日本版を目指していたらしい。つまり…この辺は想像の域を出ないが、globeは決して用意周知なマーケティングやマーチャンダイジングによって生み出されたものではなく、言い方に語弊があるかもしれないが、実はかなり直観的なユニットだったのではないかと思われてならない。それは1stアルバム『globe』からも薄々感じられるところだ。はっきり言って、この作品、じっくりと作り込まれたような印象がない。いい意味で自由奔放さが感じられ、今となってはそれが何とも味わい深いのである。主旋律は言うまでもなく、王道の小室メロディーである。それは間違いない。シングルチューンは特に顕著で、特に「DEPARTURES」辺りは本当に優れたメロディーだと思う。しかしながら、trfやH Jungle with tが基本的に明るく突き抜けるような音楽性を持っていたのに対して、globeは開放感一辺倒というわけでなく、そこには陰影がある。概ねラップ部分がそれに当たるが、マーク・パンサーのパートばかりでなく、M3「GONNA BE ALRIGHT」のようにKEIKOのヴォーカルパートにもそれがある。サウンドもそうで、M8「Always Together」がもっとも分かりやすいが、ジャジーで落ち着いたテンポのM9「Precious Memories」にしても景気のいい雰囲気ではないし、M4「DEPARTURES」の間奏も決して明るいイメージではない。当たり前のことだが、一口に“小室サウンド”と言っても、さまざまなものがあったことを、図らずもglobeは証明していると思う。

■内向的にも思える歌詞世界

最も陰影が感じられるのは歌詞だ。M2「Feel Like dance」からして、《Feel Like dance/いつの頃か 忘れそな遠い日/めくるめく想いは/情けない程、この頃味わえないよ/男女はなぜ時代を 色彩る様な恋と/それだけじゃきっと 満たしきれず 愛を囁く/今宵ダンスと共に》と、どこか満足せず、フラストレーションを感じてるという内容だ。M3「GONNA BE ALRIGHT」の《IT\'S GONNA BE ALRIGHT/声をかけあって 傷なめあって 生きてる/IT\'S GONNA BE ALRIGHT/つける薬もないくらいに 乱れてる》といい、M7「SWEET PAIN」の《In your eyes/描いた未来を見つめて/ためらうことがこのごろじゃ 日替わりにめぐってくる/いつのころか好きなだけじゃ ものごとが前に行かない》といい、逡巡する主人公が描かれている。M10「FREEDOM」で《2つの国と 1つの街と人が/交差する 喜び悲しみとか/FREEDOM 地球がまだ/FREEDOM 廻っているから/争いに勝つこと 土地を仕切ること/色で分けること 血を選ぶこと/FREEDOM 2人が今/FREEDOM 離れているから感じる》とラブ&ピースを標榜し、M11「MUSIC TAKES ME HIGHER」はオール英語詞ではあるが、まさに字義通りの前向きさで締め括ってはいるものの、アルバム全体としては、まったく悩みがないオールハッピーな感じはない。少なくとも、多くの人が“小室ファミリー”から感じたであろう、俗に言う“勝ち組”な感じがないのである。

■社会不安を反映していたのか?

しかしながら、そのアルバム『globe』が400万枚超のセールスを記録し、ベスト盤を除くオリジナルアルバムとしては歴代ベスト3にランクイン。“小室ファミリー”の中でも群を抜いた支持を得たというのが最も興味深いところだ。おそらく、そうした、言わば自由な作風が多くのリスナーの心を掴んだのだろう。きっちりしたものよりも、若干の歪さがあるほうがアート足り得ると言われるが、そういうことではないだろうか。また、小室氏は後に「(globeは)世の中のムーヴメントを映し出す、雑誌のような作品を打ち出していきたいと考えていました。時代を音楽で解説するようなイメージですね」と語っている。globeがデビューした当時がどんな時代だったかと言うと、1月に阪神淡路大震災、3月に地下鉄サリン事件が起こり、社会不安が増大していた時期だ。歪にも思える音楽性にそれらの社会不安が直結していたわけではないだろうが、『globe』からは確かに“不安”といったものも感じられるし、単なる恋愛の流行歌として片づけられない魅力がある。多くのリスナーはそこにあった時代の空気を敏感に感じていたのかもしれない。まぁ、後半はかなり話が飛躍した感は否めないが、20年を経てリイシューやトリビュート作がリリースされるタイミングだからこそ、このユニットの歴史的意義に思いを寄せるのも決して悪いことではないと思う。

【関連アーティスト】
globe, 小室哲哉
【ジャンル】


石井聖子、「局 TSU-BO-NE」MVで働くOLを応援
Wed, 11 Nov 2015 19:00:00 +0900
石井聖子 (okmusic UP\'s)

石井聖子のニューシングル「7cm」より「局 TSU-BO-NE」のMVが公開された。


【その他の画像】石井聖子

6月24日に発売されたニューシングル「7cm」は、アーティストでありながら化粧品開発会社の社長で自身もOLとして働く石井聖子が、1人の女性が傷つき成長していく姿を描いたストーリー仕立てのシングル。

1曲目の「局 TSU-BO-NE」では、仕事一筋でやってきた主人公となるオフィスのお局の“現実"が描かれ、2曲目の「Irony」で理想と現実に揺れる姿、3曲目の「7cm」で前向きに生きていく姿を表現している。

今回公開された「局 TSU-BO-NE」のMVは、「メイクは戦う(働く)女性のバトルスーツ」をテーマに最前線で働く女性をフィーチャーし、彼女らがスッピンからメイクまでを仕上げる様子が描かれている。スッピンを晒す勇気ある女性5人と、何故か混じって映るドラァグクイーンが、職場へ向う働く女性の凛々しい姿を表現。

なお、今作は石井聖子本人もスッピンで参加している。そのビフォア・アフターもぜひチェックしてみよう。


※初出時は文字化けが発生しており、ご迷惑をおかけいたしました。

■「局 TSU-BO-NE」MV
https://www.youtube.com/watch?v=Qnj8MN_UOt4

■「7cm」MV
https://www.youtube.com/watch?v=W1d-y8g9vPI

【関連リンク】
石井聖子 オフィシャルHP
白と黒のaikoが対照的なシングル「プラマイ」30秒映像公開
佐咲紗花、作家陣との作詞・作曲・編曲に挑戦した3rdアルバムリリース
Hilcrhyme、四季をテーマにしたコンセプトアルバムの試聴映像公開

【関連アーティスト】
石井聖子
【ジャンル】
J-POP

MUCC、ヨーロッパライヴ&ドキュメンタリーDVDの爆音上映会の開催が決定
Wed, 11 Nov 2015 20:30:00 +0900
DVD『F#CK THE PAST F#CK THE FUTURE ON WORLD-Paradise from T.R.E.N.D.Y.-』 (okmusic UP\'s)

MUCCが11月25日に発売するヨーロッパライヴ&ドキュメンタリーDVD『F#CK THE PAST F#CK THE FUTURE ON WORLD-Paradise from T.R.E.N.D.Y.-』の爆音上映会の開催が決定した。

【その他の画像】MUCC

5月に敢行されたヨーロッパツアー『MUCC EUROPE TOUR 2015“F#CK THE PAST F#CK THE FUTURE”』の映像を中心に、MUCCメンバーが各々セルフ撮影で記録したオフショットなど、メンバー視点のドキュメンタリー映像もふんだんに収録した、“ただ”のライヴDVDとは一味違うテイストの今作。

爆音上映会は11月23日(月・祝)に東京 渋谷CYCLONEにて開催され、MUCCオフィシャルモバイルサイト「虚無僧DU MODE」会員を対象に、応募者の中から抽選にて参加者が決定する。

そして、今回のDVDのジャケット、および収録曲も解禁に! ジャケットデザインを担当したのは、6月に発売したミニアルバム『T.R.E.N.D.Y. -Paradise from 1997-』や『THE END OF THE WORLD』など。MUCCの作品を多数手がける7STARS DESIGN。「T.R.E.N.D.Y. -Paradise from 1997-』のビジュアルワークの先にある作品でありながら、海外ツアーを経験したMUCCならではの“海外から見た日本のミクスチャーな世界観”を描いた作品となっている。

さらに、DVDの最新SPOT映像も公開となった。リリースまであと2週間と迫った今作、ぜひ注目してほしい。

■『F#CK THE PAST F#CK THE FUTURE ON WORLD -Paradise from T.R.E.N.D.Y.-』爆音上映会

11月23日(月・祝)  東京 渋谷CYCLONE
OPEN 11:30 START 12:30
■料金
料金 ¥2,000(税込・ドリンク代込)
※オールスタンディング
※虚無僧DU MODE会員限定
■内容
・メンバー登壇
・『F#CK THE PAST F#CK THE FUTURE ON WORLD -Paradise from T.R.E.N.D.Y.-』のライヴ映像上映
※ドキュメンタリー映像の上映はございません。
■虚無僧DU MODE限定受付
2015年11月11日(水)18:00〜11月13日(金)18:00
詳細は虚無僧DU MODEでご確認ください。
※受付期間中に虚無僧DU MODE会員の方が受付の対象となります。
虚無僧DU MODE http://mucc-mobile.jp/

■DVD『F#CK THE PAST F#CK THE FUTURE ON WORLD-Paradise from T.R.E.N.D.Y.-』

2015年11月25日発売
AIBL-9327〜8/¥4,680(税込)
<収録曲>
■DISC1
THE END
THE END OF THE WORLD
睡蓮
ENDER ENDER
D・f・D (Dreamer from Darkness)
B.L.U.E -Tell me KAFKA-
レインボー
HATEЯ (正式表記はЯの上に×印)
WateR〜369 -ミロク-
アゲハ
Ms.Fear
Tell me
ニルヴァーナ
ファズ
Hallelujah
Mr.Liar
●ENCORE
MAD YACK
TONIGHT
Marry You【Very surprise in Berlin】
・MC collection of the world
逹瑯MC-I teach Japanese of the world
ミヤMC
YUKKE MC
SATOち MC
・蘭鋳Jump collection of the world
■DISC2
MUCC EUROPE TOUR 2015 “F#CK THE PAST F#CK THE FUTURE" Documentary

■『F#CK THE PAST F#CK THE FUTURE ON WORLD-Paradise from T.R.E.N.D.Y.-』SPOT映像
https://youtu.be/mOLLeaKZh0g

【関連リンク】
MUCC オフィシャルHP
MUCC×AKi、コラボアーティスト写真を解禁
MUCCとAki(シド・ベーシスト明希)による全国ホールツアーの追加出演アーティストが発表に!
「HALLOWEEN PARTY 2015」2日目は笑いから深い感動まで!

【関連アーティスト】
MUCC
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル

シナリオアート、東名阪で自主企画イベントの開催が決定
Wed, 11 Nov 2015 18:00:00 +0900
シナリオアート (okmusic UP\'s)

シナリオアートが2016年春に東名阪にて自主企画イベントを開催することが決定した。

【その他の画像】シナリオアート

このイベントは11月11日発売のKANA-BOONとのスプリットシングル「talking/ナナヒツジ」に収録している「ナナヒツジ」をテーマにしたイベントになる予定で、約2年ぶりにゲストを招いての対バン形式で開催される。気になるゲストアーティストは後日発表となっているので、続報を期待しよう。

なお、イベントの冠となっている[Chapter]は、シナリオアートが続けている自主企画シリーズ。来月おこなわれるアコースティック・ワンマン『[Chapter #8]』は、即日ソールドアウトになる程の人気イベントとなっている。一般発売に先駆けて先行予約も予定しているので、ファンは今後の情報をチェックしておこう。

■【シナリオアート・メンバーコメント】

群れからはぐれた羊のように、たった一人寂しさを抱えて生きる時もある。
そんな孤独なハグレヒツジが寄り添う居場所となれるように素敵なライブを企画しました。
今回は対バン形式で、それぞれの信じた音楽で未来を切り開いてきたハグレヒツジなバンドに集まってもらいます。一緒に優しい夜を過ごしましょう。

■【ライヴ情報】

『[Chapter #9]-ハグレヒツジハナゴヤニ-』
2月20日(土) 愛知 名古屋CLUB QUATTRO

『[Chapter #10]-ハグレヒツジハオオサカニ-』
3月05日(土) 大阪 大阪BIGCAT

『[Chapter #11]-ハグレヒツジハトウキョウニ-』
3月10日(木) 東京 赤坂BLITZ

【関連リンク】
シナリオアート オフィシャルHP
KANA-BOON / シナリオアート、スプリットシングル初回盤DVDトレイラーを公開
KANA-BOON / シナリオアート、「talking / ナナヒツジ」MVをフル尺公開
新曲続々登場!2015年秋アニメ主題歌は絶対はずせない名曲ぞろい

【関連アーティスト】
シナリオアート
【ジャンル】
ジャパニーズロック

年内解散を迎えるFACT、ラストツアーファイナルが終幕
Wed, 11 Nov 2015 17:00:00 +0900
11月10日@千葉 K\'s Dream (okmusic UP\'s)

年内解散を迎えるロックバンドFACTのラストワンマンツアー『FACT “KTHEAT” JAPAN TOUR 2015』が11月10日、ベーシストとドラマーの地元でもある千葉 K\'s Dreamで千秋楽を迎えた。

【その他の画像】FACT

このツアーは全国19カ所にわたって行われ、全公演ソールドアウト。迎えた千秋楽では、解散がまるで嘘のように、ステージにも客席にも笑顔溢れる、ある意味いつも通りのライヴ風景が繰り広げられた。序盤から止まぬクラウドとシンガロングの嵐。それでも、時折、言葉にせずとも心底にこの瞬間が永遠に続いてほしいという願いに溢れたシーンもあり、メンバーの表情は、いつものそれとはやはり異なる複雑で特別に深い深いツアーファイナル公演となった。

当日は、11月11日発売となったFACTベストアルバム『best+ 2009-2015』から、FACT最後のMVとなる新曲「look away」の映像も解禁。残念ながらファイナル公演での披露はなかったものの「まさしくFACT」というメロディック・ハードコアな楽曲の裏側にある複雑な心境を、殴り書かれた歌詞が埋め尽くす巨大な壁を背負いシンプルな演奏シーンのみで表現した胸熱の映像に仕上がっている。

また、主催イベント『ROCK-O-RAMA 2015』のアフターパーティーの開催が決定した。本編終了後、同渋谷のライヴハウスTHE GAMEにてDJイベントという形で開催され、メンバーに縁の深いロックレーベルのA&RがDJとして出演する。本編のリストバンドを持っている来場者は半額で入場ができ、解散の余韻をファンと共に朝まで共有できる場として、FACT自身のアイデアで実現した企画とのこと。

『ROCK-O-RAMA 2015』のFACT部分のライブのみ、ニコニコ生放送にて中継されることも決定しており、チケットを入手できなかったファンも、FACTのラストアクトを、ぜひその目に焼き付けてほしい。

■「look away」MV
http://gyao.yahoo.co.jp/player/00071/v08803/v1000000000000002948/

■【ライブ情報】

『ROCK-O-RAMA 2015』
11月20日 (金) 東京 渋谷:TSUTAYA O-EAST、shibuya duo MUSIC EXCHANGE、club asia (全3 会場 / 4ステージ)
出演:The BONEZ、COUNTRY YARD、Crossfaith、Crystal Lake、FACT、HER NAME IN BLOOD、HEY-SMITH、Ken Yokoyama、LITE、LOYAL TO THE GRAVE、MAN WITH A MISSION、NOTHING TO DECLARE (Acoustic Set)、POP DISASTER (Acoustic Set)、SIDE IMPACT、SNORT、STORM OF VOID、SWANKY DANK (Acoustic Set)、waterweed (A to Z)

『Rock-O-Rama 2015 -After Party-』
11月20日 (金) 東京 SHIBUYA THE GAME
DJ: Gatani(Murder Channel)/kooooosuke!!(Ya Kick So Bad PUNK!?)/KTR(JMS)/Masashi(TWILIGHT RECORDS)/Moppy(CAFFEINE BOMB RECORDS)/YSK(RB RECORDS)/210 & 12(maximum10)

■ニコニコ生放送「FACT LAST LIVE完全生中継 〜ニコニコ音楽教則動画 #3 in ROCK-O-RAMA 2015〜 」

11月20日(金) 6:00〜
http://live.nicovideo.jp/watch/lv237599923
※ 生中継はFACTのライヴのみとなります

【関連リンク】
FACT オフィシャルHP
日本だけでなく海外でも成功している、おすすめアーティスト5選
FACT主催サーキット・フェスの全出演バンド&当日のニコ生放送が決定
FACT、最後の全国ツアーがスタート&新曲入りベストアルバムを11月に発売

【関連アーティスト】
FACT
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

きのこ帝国、アルバム表題曲「猫とアレルギー」のMVを公開
Wed, 11 Nov 2015 16:00:00 +0900
きのこ帝国 (okmusic UP\'s)

きのこ帝国が11月11日にリリースした、メジャー1stアルバム『猫とアレルギー』からタイトル曲「猫とアレルギー」のMVを公開した。

【その他の画像】きのこ帝国

今回の作品も先日公開された「怪獣の腕のなか」と同様に、島田大介が監督を務めている。「怪獣の腕のなか」のMVとは一転、演奏シーンをストイックに切り取ったシンプルな世界観は、楽曲の持つ凛々しさをより引き立たせ、ヴォーカル佐藤の「歌」が胸に迫る。

春にリリースしたシングル「桜が咲く前に」、そして「猫とアレルギー」「怪獣の腕のなか」含む全12曲を収録したメジャー1stアルバム『猫とアレルギー』。佐藤(vo)の「歌」を響かせるべく、丁寧に編みこまれた楽曲をはじめ、ビジュアル、映像作品、その全てにおいて、きのこ帝国の更なる攻めの一歩を感じてほしい。iTunes、レコチョクほか主要サイトでの配信もスタートし、「怪獣の腕のなか」のMVのフルヴァージョンも同時公開となっているので、こちらもチェックしてほしい。

きのこ帝国は今後、11月19日からスタートするツーマンツアー『怪獣と猫のツーマンツアー』を経て、2016年のワンマンツアー『きみと宝物をさがすツアー』を開催。メジャー1stアルバム『猫とアレルギー』を携えて開催される待望のワンマンツアーは、3月11日福岡DRUM Be-1からスタートし、ファイナル公演の4月3日東京・中野サンプラザホールまで続く。

■「猫とアレルギー」MV
https://www.youtube.com/watch?v=H8z0x-i84_c

■「怪獣の腕のなか」MV
https://www.youtube.com/watch?v=W4eFAWRAPtY

■「怪獣と猫のツーマンツアー」

11月19日(木) 岡山 IMAGE  
w/アカシック
11月21日(土) 福岡 the voodoo lounge 
w/アカシック
11月25日(水) 大阪 umeda AKASO 
w/Salyu
11月26日(木) 名古屋 Electric Lady Land 
w/安藤裕子
11月30日(月) 札幌 cube garden 
w/Galileo Galilei
12月02日(水) 仙台 CLUB JUNK BOX 
w/ねごと
12月09日(水) 東京 Zepp DiverCity Tokyo 
w/くるり

■きのこ帝国ワンマンツアー2016「きみと宝物をさがすツアー」

3月11日(金) 福岡DRUM Be-1
3月12日(土) 広島Cave-Be
3月18日(金) 金沢AZ
3月21日(月・祝) 札幌cube garden
3月24日(木) 大阪BIG CAT
3月25日(金) 名古屋CLUB QUATTRO
3月27日(日) 高松MONSTER
4月01日(金) 仙台MA.CA.NA
4月03日(日) 東京・中野サンプラザホール

【関連リンク】
きのこ帝国 オフィシャルHP
RADWIMPS、きのこ帝国との共演で感動を誘った対バンツアー第二夜
きのこ帝国、2016年ワンマンツアー決定
きのこ帝国、メジャー1stアルバムより新曲「怪獣の腕のなか」MV公開

【関連アーティスト】
きのこ帝国
【ジャンル】
ジャパニーズロック

BIGBANG、ニューアルバム&D-LITEのソロライヴの映像作品を来年リリース
Wed, 11 Nov 2015 15:00:00 +0900
BIGBANG (okmusic UP\'s)

BIGBANGが日本ドームツアー『BIGBANG WORLD TOUR 2015〜2016 [MADE] IN JAPAN』の開催を記念したニューアルバム『MADE SERIES』を、2016年2月3日にリリースすることを発表した。

【その他の画像】BIGBANG

アルバム『MADE SERIES』は全7形態での発売となり、これまでに公開された“MADE SERIES”韓国オリジナルバージョン8曲ほかを収録予定。そして、DVD&Blu-rayには“MADE SERIES”ミュージックビデオ集や、2年連続ヘッドライナーとして出演した8月22日大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた『a-nation stadium fes. 2015』の約60分にわたるライヴ映像、その他多数映像コンテンツが収録される予定だ。

さらに、初回生産限定となるDELUXE EDITIONには、豪華ブックレットに加え、2014年11月〜2015年1月にかけ74万人超を動員した日本5大ドームツアーの1月18日京セラドーム大阪ツアーファイナル『[BIGBANG JAPAN DOME TOUR 2014〜2015 “X” (TOUR FINAL at KYOCERA DOME OSAKA)』の約180分のライヴ映像がコンパイルされるなど、ファン垂涎の超豪華内容となる模様だ。

そして、BIGBANGのボーカリストD-LITEが“韓国出身ソロアーティスト史上初となる2年連続10万人以上動員の日本ツアー”という金字塔を打ち立てた、全8都市15公演17万人動員のソロアリーナツアー『D-LITE DLive 2014 in Japan 〜D\'slove〜』のアンコールツアーとなる『Encore!! 3D Tour [D-LITE DLive D\'slove]』のライヴDVD&Blu-rayが2016年1月27日にリリースされることも同時に発表となった。

このアンコールツアーは、ファンからの熱い再演のリクエストに応え、1月〜2月に国立代々木第一体育館・大阪城ホールで開催されたもの。本作品には、笑顔と感動に包まれたD-LITEにしか出来ないあたたかさを感じさせる、ダブルアンコール含む全19曲3時間超えの2月1日国立代々木第一体育館公演の模様が収録される。また、初回生産限定となる豪華ブックレット付きSPECIAL BOX仕様のDELUXE EDITIONは、アンコールツアー裏側に密着したメイキング映像その他に加え、2枚組みライヴCD全16曲もパッケージングと、こちらも豪華内容となる予定だ。

■アルバム『MADE SERIES』

2016年2月03日発売
【CD+3Blu-ray+PHOTO BOOK+スマプラ・ミュージック&ムービー -DELUXE EDITION-】
AVCY-58350/B〜D/¥9,300+税
※初回生産限定
※仕様:豪華仕様 / スマプラ・ミュージック&ムービー付き
※封入特典:豪華特典応募シリアルアクセスコード

【CD+3DVD+PHOTO BOOK+スマプラ・ミュージック&ムービー -DELUXE EDITION-】
AVCY-58349/B〜D/¥8,800+税
※初回生産限定
※仕様:豪華仕様 / スマプラ・ミュージック&ムービー付き
※封入特典:豪華特典応募シリアルアクセスコード

【CD+Blu-ray+スマプラ・ミュージック&ムービー】
AVCY-58352/B/¥4,700+税
※初回仕様:豪華仕様
※初回封入特典:豪華特典応募シリアルアクセスコード
※スマプラ・ミュージック&ムービー付き

【CD+DVD+スマプラ・ミュージック&ムービー】
AVCY-58351/B/¥4,200+税
※初回仕様:豪華仕様
※初回封入特典:豪華特典応募シリアルアクセスコード
※スマプラ・ミュージック&ムービー付き

【CD+スマプラ・ミュージック】
AVCY-58353/¥2,600+税
※初回仕様:豪華仕様
※初回封入特典:豪華特典応募シリアルアクセスコード
※スマプラ・ミュージック付き

【PLAYBUTTON】
AQED-77186/¥2,400+税
※初回生産限定
※仕様:缶バッジ型音楽プレイヤー

【CD】
<【BIGBANG WORLD TOUR 2015〜2016 [MADE] IN JAPAN】会場限定盤>
・【G-DRAGON ver. 】
AVC1-58354/¥2,500+税
・【T.O.P ver.】
AVC1-58355/¥2,500+税
・【SOL ver.】
AVC1-58356/¥2,500+税
・【D-LITE ver. 】
AVC1-58357/¥2,500+税
・【V.I ver.】
AVC1-58358/¥2,500+税
※仕様:紙ジャケット仕様 / 歌詞ブックレット封入無
※初回生産限定盤

<収録内容>
■DISC-1 (CD)
・LOSER -KR Ver.-
・BAE BAE -KR Ver.-
・BANG BANG BANG -KR Ver.-
・WE LIKE 2 PARTY -KR Ver.-
・IF YOU -KR Ver.-
・SOBER -KR Ver.-
・ZUTTER -KR Ver.- / GD&T.O.P
・Let\'s not fall in love -KR Ver.-
他、収録予定
■DISC-2 (DVD/Blu-ray)
[Music Video]
・LOSER -KR Ver.-
・BAE BAE -KR Ver.-
・BANG BANG BANG -KR Ver.-
・WE LIKE 2 PARTY -KR Ver.-
・SOBER -KR Ver.-
・ZUTTER -KR Ver.- / GD&T.O.P
・Let\'s not fall in love -KR Ver.-
[a-nation stadium fes. 2015]
・BANG BANG BANG -KR Ver.-
・TONIGHT
・HANDS UP
・LOSER -KR Ver.-
・BAD BOY
・WE LIKE 2 PARTY -KR Ver.-
・BAE BAE -KR Ver.-
・FANTASTIC BABY
・声をきかせて
・MY HEAVEN
・FEELING
・SOBER -KR Ver.-
他、収録予定
■DISC-3,4 (DVD/Blu-ray)
[BIGBANG JAPAN DOME TOUR 2014〜2015 "X" (TOUR FINAL at KYOCERA DOME OSAKA)]
- OPENING MOVIE -
・FANTASTIC BABY
・TONIGHT
・STUPID LIAR
- MC -
・BLUE
・HaruHaru -Japanese Version-
・ガラガラ GO!!
・Top Of The World
・NUMBER 1
-MC-
・ポギガヨ (KNOCK OUT) / GD&TOP
・HIGH HIGH / GD&TOP
・BAD BOY
・Tell Me Goodbye
- INTERMISSION -
・CAFe
・LIES
・LOVE SONG
- BAND JAM -
・GOOD BOY / GD X TAEYANG
・HANDS UP
・FEELING
- MC -
・MY HEAVEN
・声をきかせて
〜ENCORE〜
・LAST FAREWELL
- MC -
・DJ TIME / V.I 
STRONG BABY_V.I
DOOM DADA_T.O.P
RINGA LINGA_SOL
ピタカゲ (CROOKED)_G-DRAGON
ナルバキスン (Look at me, Gwisun)_D-LITE
CRAYON_G-DRAGON
・FANTASTIC BABY

■DVD&Blu-ray『Encore!! 3D Tour [D-LITE DLiveD\'slove]』/D-LITE

2016年1月27日発売
【2Blu-ray+2LIVE CD+PHOTO BOOK+スマプラ・ムービー&ミュージック -DELUXE EDITION-】
AVXY-58343〜4/B〜C/¥8,800+税
※初回生産限定版
※仕様:SPECIAL BOX+豪華フォトブック付
※封入特典:豪華特典応募シリアルアクセスコード

【2DVD+2LIVE CD+PHOTO BOOK+スマプラ・ムービー&ミュージック -DELUXE EDITION- 】
AVBY-58341〜2/B〜C/¥7,800+税
※初回生産限定版
※仕様:SPECIAL BOX+豪華フォトブック付
封入特典:豪華特典応募シリアルアクセスコード

【2Blu-ray+スマプラ・ムービー】
AVXY-58347〜8/¥6,300+税
※初回封入特典:豪華特典応募シリアルアクセスコード

【2DVD+スマプラ・ムービー】
AVBY-58345〜6/¥5,300+税
※初回封入特典:豪華特典応募シリアルアクセスコード

<収録曲>
■DISC-1、2 (DVD/Blu-ray)
-OPENING-
SHUT UP
-MC-
Rainy Rainy
Dress
想い募って
-MC-
二人?一人!!
醒めて、眠れ
-BAND JAM-
歌うたいのバラッド
BABY DON\'T CRY
-MC-
どうにもとまらない with 山本リンダ
古い日記
全力少年
-MC-
じょいふる
WINGS
-INTERLUDE MOVIE-
〜ENCORE〜
今夜はブギー・バック nice vocal
テバギヤ (A Big Hit!)
ナルバキスン (Look at me, Gwisun)
〜DOUBLE ENCORE〜
どうにもとまらない
今夜はブギー・バック nice vocal
Dress
■DISC-3、4 (LIVE CD)
01. SHUT UP
02. Rainy Rainy
03. Dress
04. 想い募って
05. 二人?一人!!
06. 醒めて、眠れ
07. 歌うたいのバラッド
08. BABY DON\'T CRY
09. どうにもとまらない
10. 古い日記
11. 全力少年
12. じょいふる
13. WINGS
14.今夜はブギー・バック nice vocal
15. テバギヤ (A Big Hit!)
16. ナルバキスン (Look at me, Gwisun)

■「BIGBANG WORLD TOUR 2015〜2016 [MADE] IN JAPAN」

11月12日(木)  東京ドーム
11月13日(金)  東京ドーム 
11月14日(土)  東京ドーム 
11月15日(日)  東京ドーム 
11月20日(金)  京セラドーム大阪 
11月21日(土)  京セラドーム大阪 
11月22日(日)  京セラドーム大阪 
11月28日(土)  福岡 ヤフオク!ドーム 
11月29日(日)  福岡 ヤフオク!ドーム 
12月05日(土)  ナゴヤドーム 
12月06日(日)  ナゴヤドーム
<2016年> 
1月09日(土)  京セラドーム大阪 
1月10日(日)  京セラドーム大阪 
1月11日(月・祝)  京セラドーム大阪 
2月06日(土)  福岡 ヤフオク!ドーム ※追加公演
2月07日(日)  福岡 ヤフオク!ドーム ※追加公演

【関連リンク】
BIGBANG オフィシャルHP
【現地レポ】BEGIN、歌と踊りで国境を越えた大盛況のブラジルライブ2日間
白と黒のaikoが対照的なシングル「プラマイ」30秒映像公開
佐咲紗花、作家陣との作詞・作曲・編曲に挑戦した3rdアルバムリリース

【関連アーティスト】
BIGBANG, D-LITE
【ジャンル】
K-POP

かりゆし58、デビュー10周年を記念した全国ツアーの日程を発表
Wed, 11 Nov 2015 15:00:00 +0900


2016年2月22日にデビュー10周年記念アルバムをリリースするかりゆし58が、全国ツアーの日程を発表した。

【その他の画像】かりゆし58

2月20日の地元沖縄の桜坂セントラル2daysから始まる今回のツアー。タイトルは『ハイサイロード 2006-2016〜オワリ×はじまり〜』と代表曲のタイトルがモチーフとなっている。

11月10日から最速先行として、ファンクラブ会員向けの予約がスタート。公演の詳しい情報、先行予約等の情報はかりゆし58のオフィシャルHPから確認できるので、要チェックだ。

■かりゆし58ツアー特設サイト
http://ldandk.com/kariyushi58/10th_tour/
■かりゆし5810周年記念アルバム特設サイト
http://ldandk-inc.xsrv.jp/kariyushi58/

■「かりゆし58 ハイサイロード 2006-2016〜オワリ×はじまり〜」

2月20日(土) 沖縄 桜坂セントラル
2月21日(日) 沖縄 桜坂セントラル
2月27日(土) 東京 渋谷チェルシーホテル
2月28日(日) 東京 渋谷チェルシーホテル
3月01日(火) 大阪 大阪BIGCAT
3月03日(木) 兵庫 神戸チキンジョージ
3月04日(金) 京都 京都MUSE
3月06日(日) 愛媛 松山サロンキティ
3月08日(火) 高知 高知キャラバンサライ
3月09日(水) 香川 高松DIME
3月11日(金) 岡山 岡山CRAZYMAMA KINGDOM
3月12日(土) 広島 BLUE LIVE 広島
3月16日(水) 鹿児島 鹿児島 CAPARVO HALL
3月18日(金) 福岡 福岡DRUM LOGOS
3月19日(土) 大分 大分DRUM Be-0
3月21日(月・祝) 愛知 Zepp NAGOYA
3月23日(水) 静岡 浜松窓枠
4月02日(土) 新潟 新潟LOTS
4月03日(日) 石川 金沢EIGHT HALL
4月06日(水) 秋田 秋田SWINDLE
4月08日(金) 宮城 仙台darwin
4月09日(土) 福島 郡山♯9
4月17日(日) 北海道 札幌PENNY LANE24

【関連リンク】
かりゆし58 オフィシャルHP
中島美嘉、本人も出演&歌唱したドラマ『表参道高校合唱部!』で話題の「愛の歌」を公開
真夏に聴きたい、沖縄発激アツミュージシャン5選
かりゆし58、2016年2月にデビュー10周年記念盤リリース決定

【関連アーティスト】
かりゆし58
【ジャンル】
ジャパニーズロック

家入レオ、ハイレゾヘッドフォン「CLASS-S」の第2弾PV公開
Wed, 11 Nov 2015 14:30:00 +0900
11月10日@ビクタースタジオ301st (okmusic UP\'s)

12月発売予定のハイレゾヘッドフォン「CLASS-S」の第2弾シリーズ「WOOD 01/WOOD 02」のキャンペーンソングが、第1弾「SIGNA 01/SIGNA 02」に引き続き、家入レオの「君がくれた夏」に決定した。

【その他の画像】家入レオ

11月10日にビクタースタジオ301stにて行われたそのハイレゾヘッドフォン「CLASS-S」第二弾シリーズ新作発表会に、家入が特別ゲストとして登場し、「君がくれた夏」のピアノバージョンを初披露した。

その新作発表会にて、タイアップアーティストとして紹介された家入は、「君がくれた夏」をBGMに登場。今回の起用に「"目を閉じているのに情景が浮かぶ”、そんな上質なサウンドをお客様にお届けしたいという願いに共感しましたし、そのお手伝いができることをとても光栄に思います」と語り、実際に使ってみた感想では「今まで聞いていたイヤフォンやヘッドフォンではなく“WOOD”で聞くと、違った世界観で聞けると思います」とコメント、「君がくれた夏」のピアノバージョンをレコーディングさながらのマイクで歌い上げた。

会場では、来場者はあえてスピーカーや生音ではなく、ヘッドフォンでこの模様を視聴。家入の響き渡る歌声と、ヘッドフォンのダイレクトでリアルに透き通る音質の合わさった音に拍手が巻き起こった。

また、同じくビクター301stで撮影されたプロモーションビデオも併せて公開された。アカペラで録音された「君がくれた夏」を、ヘッドフォンを装着した家入が「いつまでも聞いていたい」とメッセージを語る撮り下ろしビデオに、家入自身も初挑戦だったというバイノーラル録音方式で収録。あたかもその場に居合わせたような立体的な臨場感が体感できるプロモーションビデオとなっている。

このプロモーションビデオはオフィシャルHPの他、11月30日からは各地の屋外ビジョンで見ることができ、特にHPではヘッドフォンで試聴することでバイノーラル体験ができる映像がアップされているので要チェックだ。

■JVCハイクラスヘッドフォン「CLASS-S」スペシャルサイト「S+(エスプラス)」 
http://www3.jvckenwood.com/accessory/class-s/
■“「CLASS-S」×家入レオ”スペシャルサイト WOOD編
http://www3.jvckenwood.com/accessory/class-s/leo/

【関連リンク】
家入レオ オフィシャルHP
家入レオの「君がくれた夏」が最優秀ドラマソング賞を受賞
【最新音楽情報】music.jp週間シングルランキング(2015年10月21日付)
ドラマ『恋仲』主題歌「君がくれた夏」も大ヒット!家入レオの魅力を徹底分解

【関連アーティスト】
家入レオ
【ジャンル】
J-POP, イベント, ハイレゾ

SPYAIR、アルバム『4』発売記念フリーライヴ&ハイタッチ会開催
Wed, 11 Nov 2015 14:00:00 +0900
アルバム『4』 (okmusic UP\'s)

SPYAIRがニューアルバム『4』のリリースを記念して、東京と大阪でスペシャルフリーライヴとハイタッチ会を行うことが決定した。

【その他の画像】SPYAIR

各会場、アルバム『4』を持参するとスペシャルフリーライヴ優先観覧エリアに案内されるほか、付属のオビを持参するとメンバーとハイタッチができる。

また、当日会場にてニューアルバム『4』を購入すると“ 『4』オリジナルミサンガ リストバンド”がゲットできるという特典も。詳細はオフィシャルHPで確認しよう。

■アルバム『4』特設サイト
http://www.spyair.net/four/

■アルバム『4』発売記念フリーライブ&ハイタッチ会

11月18日(水) 東京 東京ドームシティ ラクーアガーデンステージ
当日CD販売開始予定時間:11月18日(水)14:00〜

11月21日(土) 大阪 千里セルシー 1Fセルシー広場
当日CD販売開始予定時間:11月21日(土) 13:00〜
優先観覧エリア入場券 配布開始予定時間:13:00〜

■アルバム『4』

2015年11月18日発売
【初回生産限定 A】(CD+DVD)
AICL 2989〜2990/¥3,500+税
【初回生産限定 B】(2CD)
AICL 2991〜2992/¥3,700+税
【通常盤】(CD)
AICL 2993/¥2,700+税
<収録曲>
■CD
1. ROCKIN\' OUT
2.ファイアスターター 
3.アイム・ア・ビリーバー
4.COME IN SUMMER
5.Far away
6.NO-ID feat. JASMINE
7.ダレカノセイ
8.EZ Going?
9.Someday, Somewhere
10.4 LIFE
11.イマジネーション
12.Stand by me
■初回生産限定 A 特典DVD
・Music Video
イマジネーション
ROCKIN\' OUT
ファイアスターター
アイム・ア・ビリーバー
Making of アイム・ア・ビリーバー
JUST LIKE THIS 2015
■初回生産限定 B  特典CD
『JUST LIKE THIS 2015』Live at FUJI-Q HIGHLAND 2015.8.8
1. 現状ディストラクション
2. Rock\'n Roll
3. OVER
4. Last Moment
5. Blowing
6. LINK IT ALL
7. To
8. BEAUTIFUL DAYS
9. 0 GAME
10. Supersonic
11. ROCKIN\' OUT
12. I want a place
13.ファイアスターター

【関連リンク】
SPYAIR オフィシャルHP
SPYAIR、2年ぶりのオリジナルアルバム『4』発売決定
SPYAIR、2大アリーナツアーで披露する楽曲投票企画を実施
SPYAIR、シングル期間生産限定盤『ハイキュー!!』描き下ろしアニメ絵柄を公開

【関連アーティスト】
SPYAIR
【ジャンル】
ジャパニーズロック

松坂慶子&フォー・セインツ、NHK「歌謡コンサート」生出演でデュエットソング「たまには仲間で」披露
Wed, 11 Nov 2015 14:00:00 +0900
シングル「たまには仲間で」 (okmusic UP\'s)

松坂慶子とフォー・セインツが11月17日(火)放送のNHK『歌謡コンサート』に生出演し、松坂が6年ぶりに主演を務める映画『ベトナムの風に吹かれて』主題歌「たまには仲間で」を生パフォーマンスすることが決定した。

【その他の画像】フォー・セインツ

「たまには仲間で」は代表作に「小さな日記」「希望」といったヒット曲を持つ“カレッジ・ポップスの旗手”フォー・セインツのヴォーカルである上原徹と松坂慶子のデュエットソング。

当初、上原徹のソロでのレコーディングが予定されていたが、映画『ベトナムの風に吹かれて』のプロデューサーが「松坂慶子の歌声と映画の役どころにもピッタリ合う!」と松坂をレコーディングに誘ったという。そして、その強い熱意にほだされ、今回の歌唱を快諾。極上のデュエットソングが誕生した。

同曲は人が生きていく上で思い出してほしい「人を思いやることの大切さ」が込められた温かいメッセージソングとなっている。NHK『歌謡コンサート』は11月17日(火)20:00から放送予定。二人揃ってのTV生パフォーマンスが見られる、この貴重な機会に注目だ。

■シングル「たまには仲間で」

発売中
【初回生産限定盤】(CD+DVD)
UPCY-9450/¥1,800(税込)
【通常盤】(CD)
UPCY-5050/¥1,300(税込)
<収録曲>
■CD
1.たまには仲間で
※映画「ベトナムの風に吹かれて」主題歌
2.子供らよ
※映画「ベトナムの風に吹かれて」挿入歌
3.たまには仲間で(オリジナル・カラオケ)
4.たまには仲間で(オリジナル・カラオケ / duet with 松坂慶子)
5.たまには仲間で(オリジナル・カラオケ / duet with フォー・セインツ)
■DVD  ※初回生産限定盤のみ
「たまには仲間で」MV

【関連リンク】
フォー・セインツ with 松坂慶子、デュエットソングが映画「ベトナムの風に吹かれて」主題歌に決定
40年ぶり活動再開のフォー・セインツ、新曲起用のイメージ・ビデオが話題に
中村八大の音楽と世界を新世代へ! 「21世紀の『上を向いて歩こう』」コンサートの開催迫る!
八代亜紀、?プロジェクションマッピングを駆使したMVで15歳の“自分”と対面!?

【関連アーティスト】
フォー・セインツ, 松坂慶子
【ジャンル】
演歌/歌謡曲, テレビ(番組/CM), 映画

椎名慶治(元SURFACE)、2016年1月に3枚目のソロアルバムをリリース
Wed, 11 Nov 2015 13:30:00 +0900
椎名慶治(元SURFACE) (okmusic UP\'s)

元SURFACEのヴォーカリスト、椎名慶治がソロとしては3枚目のアルバム『MY LIFE IS MY LIFE』を2016年1月6日にリリースすることが決定した。

【その他の画像】椎名慶治

SURFACEが解散したのは2010年、椎名はその後ソロで活動を続け、2013年にはデビュー15周年を記念してSURFACEのデビューアルバム『Phase』を全曲セルフカバーした同名アルバムもリリースしている。おなじみの名曲「それじゃあバイバイ」「さぁ」「なにしてんの」等が、さらにパワーアップしたバージョンとなってリニューアル、往年のSURFACEファンのみならず、新たな世代のリスナーの間でも話題となった。

そして今年10月、TBSで放送された『キングオブコント2015』に出演した2人組お笑いコンビ、コロコロチキチキペッパーズが卓球を題材にしたコントの中で「さぁ」を使用、大きな話題を呼んだのは記憶に新しい。各音楽配信チャートで「さぁ」が急上昇、2015年10月13日付iTunesソングチャートでは4位まで躍り出る結果となった。

ダウンロードだけでなく、街のCDショップでもコロチキのネタ元として展開され、また、カラオケでもランキングが急上昇、そのイキオイは収まる気配がないようだ。

“当の本人”である椎名慶治もTwitter上で「いつか生演奏に合わせてネタをやるのはいかがでしょう(笑)?」とツイート、コロコロチキチキペッパーズのナダルが応えて「うわー!!!すごい素敵なお話!!是非やらせていただきたいです!生演奏でのコラボは絶対に、確実に、やっべぇぞ!!!」と返信、コラボへの期待も高まっている。

『MY LIFE IS MY LIFE』は、 1stソロライブ『RABBIT-MAN』最後のMCで発せられた、椎名の「俺は俺だよ!」。SURFACEを解散して、個人名義 椎名慶治として活動を始めて5年が経ち、どんな時でもブレることなく「”椎名慶治”が”椎名慶治”としてやりたい」音楽を作り続けてきた彼が、ソロ活動5周年の節目に、あらためて自分自身と向き合い、この先も「俺は俺」を貫き通すという、強い意志が感じられる作品となるはずだ。

■アルバム『MY LIFE IS MY LIFE』

2016年1月06日発売
HWCL-0007/¥3,000+税 
<収録予定曲>
・MY LIFE IS MY LIFE
・シャクシャク
・フラストレーションNo.5
・ささくれ
・キミノモンスター★
・ウェザーリポート
※順不同
※全11曲収録予定。

■Yoshiharu Shiina LIVE 2016「MY LIFE IS MY LIFE」

2月11日(木・祝) 福岡 福岡DRUM SON
2月12日(金) 岡山 岡山CRAZYMAMA 2nd Room
2月14日(日) 大阪 梅田CLUB QUATTRO
2月19日(金) 東京 下北沢シェルター
※男性限定ライブ
2月20日(土) 埼玉 HEAVEN\'S ROCK さいたま新都心 VJ-3
2月27日(土) 愛知 名古屋CLUB QUATTRO
3月04日(金) 福島 郡山Hip Shot Japan
3月05日(土) 宮城 仙台MACANA
3月13日(日) 茨城 水戸LIGHT HOUSE
3月20日(日) 静岡 沼津Quars
3月25日(金) 北海道 札幌COLONY
4月02日(土) 東京 TSUTAYA O-EAST

Vocal:椎名慶治
Guitar:新井弘毅
Bass:櫻井陸来
Drums:坂本暁良
Keyboards:村原康介

【関連リンク】
椎名慶治 オフィシャルHP
椎名慶治、約3年ぶりのニューアルバム『MY LIFE IS MY LIFE』をリリース!
椎名慶治、思い出のライヴハウスで追加公演が決定
椎名慶治、自身の誕生日に開催されたライブの模様を映像化

【関連アーティスト】
椎名慶治, SURFACE
【ジャンル】
ジャパニーズロック

白と黒のaikoが対照的なシングル「プラマイ」30秒映像公開
Wed, 11 Nov 2015 13:00:00 +0900
aiko (okmusic UP\'s)

aikoの34枚目となるニューシングル「プラマイ」のテレビCMが公開された。

【その他の画像】aiko

今回公開された映像には白い衣裳を身にまとい、髪をダウンスタイルにしたaikoが、光に照らされながらリズムに合わせて歌い踊る姿と、土砂降りの雨の中で黒い衣裳のaikoが、感情的に歌う姿が映し出されている。「プラマイ」のタイトル通り、白と黒の対照的な世界感で、相反する姿が描かれているようだ。

また、今回はドラマ仕立ての作品になっており、部屋の中で花に囲まれた少女、キスシーンなど意味深な映像も散りば められている。この動画に付けられたタイトルは"「プラマイ」30秒『え…その先は!?』映像#。その名の通り、全貌が気になるところだ。

また、aikoがニッポン放送の『back numberのオールナイトニッポン』に来週11月17日に出演することが決定。こちらもぜひお聴き逃しなく。

■「プラマイ」30秒『え...その先は!?』映像
https://youtu.be/rtkZd7aBEag

■シングル「プラマイ」

2015年11月18日発売
PCCA.15039/¥1,200+税
※初回限定仕様盤:カラートレイ&8Pブックレット
<収録曲>
1.プラマイ
2.合図
3.4秒
4.プラマイ(instrumental)

■aiko Live Tour 「Love Like Pop vol.18」

aiko Live Tour 「Love Like Pop vol.18〜うしろ髪ひかれクリスマス〜」
12月26日(土) 神奈川 横浜アリーナ
12月27日(日) 神奈川 横浜アリーナ

aiko Live Tour「Love Like Pop vol.18〜Countdown Live あっという間の最終日〜」
12月31日(木) 大阪 大阪城ホール

【関連リンク】
aiko オフィシャルHP
【30代向け】思わず歌詞に共感するこの5曲〜女性アーティスト編
aiko、ニューシングル「プラマイ」の収録楽曲が決定&ジャケ写公開
aiko、最新アーティスト写真公開

【関連アーティスト】
aiko
【ジャンル】
J-POP, テレビ(番組/CM)

マドンナ、「レベル・ハート・ツアー」に先駆けた来日記念盤を1月にリリース
Wed, 11 Nov 2015 13:00:00 +0900
アルバム『レベル・ハート〜ジャパン・ツアー・エディション』 (okmusic UP\'s)

来年2月13日(土)&14日(日)に10年ぶりの来日公演「レベル・ハート・ツアー」を行なうマドンナ。それを記念して、『レベル・ハート(ジャパン・ツアー・エディション)』が1月22日に発売されることが決定した。

【その他の画像】Madonna

CD+DVD付きの形態で、日本盤の『レベル・ハート』『レベル・ハート(スーパー・デラックス)』とは違う絵柄がアルバムジャケットに使用された、日本独自商品となっている。

『レベル・ハート』は今年3月11日にリリースされ、全米2位を獲得、世界18ヵ国のオフィシャルチャートと60の国と地域のiTunesで1位を獲得した。シングルとなった3曲「リヴィング・フォー・ラヴ」「ゴーストタウン」「ビッチ・アイム・マドンナ feat.ニッキー・ミナージュ」すべてがビルボードダンスチャートでマドンナ自身44回目、45回目、46回目の1位を獲得し、ビルボードの単独チャートでの最多1位獲得数の記録(46回)を更新中だ。

来日記念盤となる『レベル・ハート(ジャパン・ツアー・エディション)』は、そのシングル3曲と「ビッチ・アイム・マドンナ feat.ニッキー・ミナージュ」のリミックスバージョンの計4本のMVを収録したDVDが付いたCD+DVD付き形態。VEVO、YouTubeで1億2500万回再生されている「ビッチ・アイム・マドンナ feat.ニッキー・ミナージュ」ほか、『レベル・ハート』からのMVがフィジカル商品に収録されるのはこれが初となる。

■マドンナ来日公演スペシャル・サイト
http://madonna-japantour2016.com

■アルバム『レベル・ハート〜ジャパン・ツアー・エディション』

2016年1月22日発売
UICS-9152/¥3,300+税
<収録曲>
■CD
01.Living For Love/リヴィング・フォー・ラヴ
02.Devil Pray/デヴィル・プレイ
03.Ghosttown/ゴーストタウン
04.Unapologetic Bitch/アンアポロジェティック・ビッチ
05.Illuminati/イルミナティ
06.Bitch I\'m Madonna feat.Nicki Minaj/ビッチ・アイム・マドンナ feat.ニッキー・ミナージュ
07.Hold Tight/ホールド・タイト
08.Joan of Arc/ジャンヌ・ダルク
09.Iconic feat.Chance The Rapper & Mike Tyson/アイコニック feat.チャンス・ザ・ラッパー&マイク・タイソン
10.HeartBreakCity/ハートブレイクシティ
11.Body Shop/ボディ・ショップ
12.Holy Water/ホーリー・ウォーター
13.Inside Out/インサイド・アウト
14.Wash All Over Me/ウォッシュ・オール・オーヴァー・ミー
15.Best Night/ベスト・ナイト
16.Veni Vedi Vici feat.Nas/ウェーニー・ウィーディー・ウィーキー feat.NAS
17.S.E.X./S.E.X.
18.Messiah/メシア
19.Rebel Heart/レベル・ハート
20.Living For Love(Dirty Pop Remix)/リヴィング・フォー・ラヴ(ダーティ・ポップ・リミックス)
■DVD
01.Living For Love/リヴィング・フォー・ラヴ
02.Ghosttown/ゴーストタウン
03.Bitch I\'m Madonna feat.Nicki Minaj/ビッチ・アイム・マドンナ feat.ニッキー・ミナージュ
04.Bitch I\'m Madonna(Sander Kleinenberg Remix)feat.Nicki Minaj/ビッチ・アイム・マドンナ(Sander Kleinenberg Remix)feat.ニッキー・ミナージュ

■「レベル・ハート・ツアー」

2月13日(土) 埼玉 さいたまスーパーアリーナ
2月14日(日) 埼玉 さいたまスーパーアリーナ

【関連リンク】
【20代向け】思わず歌詞に共感するこの5曲〜女性アーティスト編
マドンナ、『レベル・ハート・ツアー』で10年ぶりの来日公演決定
マドンナ、新曲ミュージックビデオを公開&スーパー・デラックス盤の発売決定
マドンナ、ニューアルバムにアヴィーチーや元プロボクサーのマイク・タイソンなどが参加

【関連アーティスト】
Madonna
【ジャンル】
ポップス(洋楽), R&B/ソウル, ダンス/ハウス/テクノ

MACO、1stフルアルバム『FIRST KISS』が自身初のオリコン週間TOP5入り
Wed, 11 Nov 2015 12:00:00 +0900
アルバム 『FIRST KISS』 (okmusic UP\'s)

11月4日に発売となったMACOの1stフルアルバム『FIRST KISS』が、11月16日付オリコン週間総合アルバムランキングで堂々初登場5位にランクイン! 昨年7月リリースのメジャーデビューミニアルバム『23』は10位を獲得しており、今作も上位獲得が期待されていたが、それを上回る自身初のTOP5入りを果たした。

【その他の画像】MACO

“私自身初のオリコントップ5入り、とても嬉しいです。とても良いスタートダッシュになったと思っています。自分自身、このファーストフルアルバムは全身全霊込めて作った一枚なので、多くの方に聴いて頂きたい作品となりました。応援してくれるファンの皆様、このアルバムから私の存在を知ってくれた皆様、そして家族に、心から感謝しています。これからも頑張りますので、応援よろしくお願いします”とMACOはコメントしている。

『FIRST KISS』はiTunesでも連日1位をキープしており、昨年インディーズよりリリースされたミニアルバム『22』、メジャーデビューミニアルバム『23』に続き、3作連続でiTunes1位の記録となった。

【関連リンク】
MACO オフィシャルHP
MACO、アルバム発売イベントで原宿のカリスマモデルカップルと初対面
MACO、1stアルバム発売イベントに話題のカップルがゲスト出演決定
MACO、自身初の全国ツアー開催決定&1stアルバム全収録曲を解禁

【関連アーティスト】
MACO
【ジャンル】
J-POP

MUCC×AKi、コラボアーティスト写真を解禁
Wed, 11 Nov 2015 11:00:00 +0900
MUCC×AKi (okmusic UP\'s)

MUCCとAKi(シドのベーシスト、明希のソロワーク名)がヘッドライナーとなって開催される全国ホールツアー『MAVERICK DC presents DOUBLE HEADLINE TOUR 2016「M.A.D」』。そんな彼らのコラボアーティスト写真が解禁となった。

【その他の画像】シド

MUCCのメンバーとAKiがひとつのテーブルを囲み、まるでひとつのバンドかと錯覚してしまうくらい一体感のあるものとなっており、このイベントがただの対バンツアーではないことを物語っている。

また、今年7月18日に新木場Studio Coastで開催された「MUCC TOUR 2015“F#CK THE PAST F#CK THE FUTURE"Final【The Requiem, Endless Nightmare, Darkness YHWH,】」のアンコールでAKiがコーラス&ベースとしてサプライズ出演して大きな話題となった「TONIGHT」のライヴ映像も、イベントオフィシャルサイトで公開された。こちらもアーティスト写真同様、「M.A.D」ツアーが垣間見られるような、激しくロックなステージ映像なので、ぜひチェックを!

売切必至のこのイベント。各プレイガイドでは先行受付が随時始まっているので、早めの購入をおすすめしたい。

■『DOUBLE HEADLINE TOUR 2016「M.A.D」』オフィシャルサイト
http://mad-maverick.com

■『MAVERICK DC presents DOUBLE HEADLINE TOUR 2016「M.A.D」』

1月31日(日) 大阪 オリックス劇場
MUCC / AKi / カメレオ
2月07日(日) 愛知 名古屋市公会堂
MUCC / AKi / ユナイト
2月11日(木) 埼玉 さいたま市文化センター
MUCC / AKi / ギルガメッシュ
2月13日(土) 宮城 仙台電力ホール
MUCC / AKi / DIV
2月26日(金) 石川 金沢市文化ホール
MUCC / AKi Guest Guitar : Ken
2月28日(日) 広島 JMSアステールプラザ大ホール
MUCC / AKi Guest Guitar : Ken
3月11日(金) 福岡 福岡市民会館
MUCC / AKi Guest Vocal : マオ / Guest Guitar : Ken
3月13日(日) 滋賀 びわ湖ホール
MUCC / AKi Guest Vocal : HYDE
3月18日(金) 東京 中野サンプラザホール
MUCC / AKi
3月19日(土) 東京 中野サンプラザホール
MUCC / AKi / D\'ERLANGER
3月26日(土) 北海道 道新ホール
MUCC / AKi Guest Guitar : Ken
3月27日(日) 北海道 道新ホール
MUCC / AKi Guest Guitar : Ken

【関連リンク】
MUCC オフィシャルHP
AKi オフィシャルHP
MUCCとAki(シド・ベーシスト明希)による全国ホールツアーの追加出演アーティストが発表に!
「HALLOWEEN PARTY 2015」2日目は笑いから深い感動まで!

【関連アーティスト】
シド, MUCC, AKi
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル, イベント

タッキー&翼、コラボアルバム第三弾アーティストとして綾小路 翔、清春、河村隆一の参加を発表
Wed, 11 Nov 2015 10:00:00 +0900
アルバム『TRIP & TREASURE TWO』 (okmusic UP\'s)

タッキー&翼が12月2日に発売するニューアルバム『TRIP & TREASURE TWO』の第三弾コラボレーションアーティストがオフィシャルHPにてティザー映像と共に発表された。

【その他の画像】清春

すでに第一弾として山田ひろし、クレイジーケンバンド・横山剣、tofubeats、吉田山田、そして第二弾としてEvery Little Thing・持田香織、チャラン・ポ・ランタン、松井五郎が発表されていたが、第三弾アーティストとして最後に発表されたのは綾小路 翔(氣志團)、清春、河村隆一の参加だ。綾小路 翔は前作『TRIP & TREASURE』に続いての参加となり、清春は今井翼のソロ曲、河村隆一は滝沢秀明のソロ曲でのコラボレーションとなる。

なお、タッキー&翼は現在「TACKEY & TSUBASA CONCERT 2015 ふたり旅」の真っ最中。さらに、2016年1月には「タッキー&翼 2016 新春コンサート」の開催も決定している。

■【第三弾コラボレーションアーティストよりコメント】

■綾小路 翔(氣志團)
2011年の「TRIP & TREASURE」に続き、今作も参加させて頂き、心より光栄であります。本当にありがとうございます。今回の楽曲は、自分がタッキー&翼のコンサートに行った際に「お二人に言って貰いたい?」と思っている事をてんこ盛りに詰め込んだ意欲作です。次回のツアーでは、ファンの皆様と一緒に、客席でキャアキャア騒ぐのが楽しみでなりません。愛羅武汰鬼痛罵! 押忍!

■清春
まず依頼を貰って驚きました。メロディーの感じや曲の雰囲気は頂いたリクエストに答えられたんじゃないかと思うし、自分でも歌いたい曲になりました。ライブで演ってもらえたら嬉しいです。

■河村隆一
今回の「forever 君を. . .」は大人の恋の物語を作ってみました。特に女性の信じる未来を、見守る事の出来る強さを感じて頂けると、嬉しく思います。タッキーの清潔感のある色っぽさが、この曲に吹き込まれるのを楽しみに作業しました。それは、想像以上の楽しい時間でした。タッキー&翼のアルバムを、今から楽しみにしています。

■アルバム『TRIP & TREASURE TWO』ティザー映像
https://www.youtube.com/watch?v=GNWkumydsCQ

【関連リンク】
タッキー&翼 オフィシャルHP
「関ジャム」で河村隆一のプライベートに迫る、セッションは渋谷、村上、丸山、安田、大倉と「I love you」
日テレハロウィンライブにて氣志團がセカオワに仮装!?
Tourbillon、結成10周年記念のベストアルバムのジャケットと収録曲を発表

【関連アーティスト】
清春, 氣志團, 河村隆一, タッキー&翼
【ジャンル】
J-POP, 男性アイドル

Hilcrhyme、四季をテーマにしたコンセプトアルバムの試聴映像公開
Wed, 11 Nov 2015 00:00:00 +0900
Hilcrhyme (okmusic UP\'s)

Hilcrhymeが11月18日にリリースる、これまでにリリースしてきた楽曲を“春”“夏”“秋”“冬”4つの季節ごとに分け、MCのTOCが選曲したコンセプトアルバム『春夏秋冬〜Hilcrhyme 4Seasons Collection〜』。そのダイジェスト試聴映像が公開された。

【その他の画像】Hilcrhyme

この映像の中でも使用されているCDジャケットは、越ちひろという長野在住の画家によるもの。今年、北陸新幹線の開業に伴って生まれ変わった長野駅の壁画を制作した、今とても注目されている人物で、知人からの紹介がきっかけで今回のCDジャケットのために絵を描いてもらうことになった。Hilcrhymeのメンバーは彼女に9月中旬に出会い、これまでの作品を見せてもらううちに意気投合したという。四季折々の彩、そして繊細ながらも力強い独自の輝きを放つ越ちひろの絵と、Hilcrhyme唯一無二の聴き手に染み込むような叙情的な楽曲たちのコラボ。ぜひ、チェックしてみてほしい。

そして、このアルバムのために書き下ろした全編ラップの新曲バラード「HAKU-SAN」が11月11日(水)より各サイトで先行配信される。この曲は、Hilcrhymeの冬の名曲「もうバイバイ」のサイドストーリーになっていると先日発表されたばかりで、話題の新曲だ。

「HAKU-SAN」配信
●iTunes
http://po.st/hc4sitms
●レコチョク
http://po.st/hc4sreco

■『春夏秋冬〜Hilcrhyme 4Seasons Collection〜』ダイジェスト試聴映像
https://www.youtube.com/watch?v=0vuskZmh370

■アルバム『春夏秋冬〜Hilcrhyme 4Seasons Collection〜』

2015年11月18日発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
UPCH-7073/¥4,212(税込)
【通常盤】(CDのみ)
UPCH-2058/¥3,250(税込)
<収録曲>
■CD
01.ツボミ
02.FLOWER BLOOM
03.春夏秋冬
04.鼓動
05.YUKIDOKE
06.雨天
07.蛍
08.BOYHOOD
09.Summer Up
10.No.109
11.Kaleidoscope
12.Changes
13.もうバイバイ
14.マイクリスマスキャロル
15.HAKU-SAN
16.言えない 言えない(ボーナストラック)
■DVD
2015年8月23日(日)に大阪城野外音楽堂で開催され、ソールドアウトした初の野外ワンマン「白昼夜」のライヴ映像

【関連リンク】
Hilcrhyme オフィシャルHP
Hilcrhyme、四季をテーマにしたコンセプトアルバムから新曲「HAKU-SAN」を先行配信
Hilcrhyme、“四季"をテーマにしたコンセプトアルバムの詳細を解禁
Hilcrhyme、“四季"がテーマのコンセプトアルバムを11月に発売

【関連アーティスト】
Hilcrhyme, TOC
【ジャンル】
J-POP, ジャパニーズヒップホップ













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1