歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2015年10月31日)
バックナンバー
最新ニュース
2015/11/09
2015/11/08
2015/11/07
2015/11/06
2015/11/05
2015/11/04
2015/11/03
2015/11/02
2015/11/01
2015/10/31
2015/10/30
2015/10/29
2015/10/28
2015/10/27
2015/10/26
2015/10/25
2015/10/24
2015/10/23
2015/10/22
2015/10/21
2015/10/20
2015/10/19
2015/10/18
2015/10/17
2015/10/16
2015/10/15
2015/10/14
2015/10/13
2015/10/12
2015/10/11
2015/10/10
2015/10/09
2015/10/08
2015/10/07
2015/10/06
2015/10/05
2015/10/04
2015/10/03
2015/10/02
2015/10/01
2015/09/30
2015/09/29
2015/09/28
2015/09/27
2015/09/26
2015/09/25
2015/09/24
2015/09/23
2015/09/22
2015/09/21
2015/09/20
2015/09/19
2015/09/18
2015/09/17
2015/09/16
2015/09/15
2015/09/14
2015/09/13
2015/09/12
2015/09/11
2015/09/10
2015/09/09
2015/09/08
2015/09/07
2015/09/06
2015/09/05
2015/09/04
2015/09/03
2015/09/02
2015/09/01
2015/08/31
2015/08/30
2015/08/29
2015/08/28
2015/08/27
2015/08/26
2015/08/25
2015/08/24
2015/08/23
2015/08/22
2015/08/21
2015/08/20
2015/08/19
2015/08/18
2015/08/17
2015/08/16
2015/08/15
2015/08/14
2015/08/13
2015/08/12
2015/08/11
2015/08/10
2015/08/09
2015/08/08
2015/08/07
2015/08/06
2015/08/05
2015/08/04
2015/08/03
2015/08/02
2015/08/01
2015/07/31
2015/07/30
2015/07/29
2015/07/28
2015/07/27
2015/07/26
2015/07/25
2015/07/24
2015/07/23
2015/07/22
2015/07/21
2015/07/20
2015/07/19
2015/07/18
2015/07/17
2015/07/16
2015/07/15
2015/07/14
2015/07/13
2015/07/12
2015/07/11
2015/07/10
2015/07/09
2015/07/08
2015/07/07
2015/07/06
2015/07/05
2015/07/04
2015/07/03
2015/07/02
2015/07/01
2015/06/30
2015/06/29
2015/06/28
2015/06/27
2015/06/26
2015/06/25
2015/06/24
2015/06/23
2015/06/22
2015/06/21
2015/06/20
2015/06/19
2015/06/18
2015/06/17
2015/06/16
2015/06/15
2015/06/14
2015/06/13
2015/06/12
2015/06/11
2015/06/10
2015/06/09
2015/06/08
2015/06/07
2015/06/06
2015/06/05
2015/06/04
2015/06/03
2015/06/02
2015/06/01
2015/05/31
2015/05/30
2015/05/29
2015/05/28
2015/05/27
2015/05/26
2015/05/25
2015/05/24
2015/05/23
2015/05/22
2015/05/21
2015/05/20
2015/05/19
2015/05/18
2015/05/17
2015/05/16
2015/05/15
2015/05/14
2015/05/13
2015/05/12
2015/05/11
2015/05/10
2015/05/09
2015/05/08
2015/05/07
2015/05/06
2015/05/05
2015/05/04
2015/05/03
2015/05/02
2015/05/01
2015/04/30
2015/04/29
2015/04/28
2015/04/27
2015/04/26
2015/04/25
2015/04/24
2015/04/23
2015/04/22
2015/04/21
2015/04/20
2015/04/19
2015/04/18
2015/04/17
2015/04/16
2015/04/15
2015/04/14
2015/04/13
2015/04/12
2015/04/11
2015/04/10
2015/04/09
2015/04/08
2015/04/07
2015/04/06
2015/04/05
2015/04/04
2015/04/03
2015/04/02
2015/04/01
2015/03/31
2015/03/30
2015/03/29
2015/03/28
2015/03/27
2015/03/26
2015/03/25
2015/03/24
2015/03/23
2015/03/22
2015/03/21
2015/03/20
2015/03/19
2015/03/18
2015/03/17
2015/03/16
2015/03/15
2015/03/14
2015/03/13
2015/03/12
2015/03/11
2015/03/10
2015/03/09
2015/03/08
2015/03/07
2015/03/06
2015/03/05
2015/03/04
2015/03/03
2015/03/02
2015/03/01
2015/02/28
2015/02/27
2015/02/26
2015/02/25
2015/02/24
2015/02/23
2015/02/22
2015/02/21
2015/02/20
2015/02/19
2015/02/18
2015/02/17
2015/02/16
2015/02/15
2015/02/14
2015/02/13
2015/02/12
2015/02/11
2015/02/10
2015/02/09
2015/02/08
2015/02/07
2015/02/06
2015/02/05
2015/02/04
2015/02/03
2015/02/02
2015/02/01
2015/01/31
2015/01/30
2015/01/29
2015/01/28
2015/01/27
2015/01/26
2015/01/25
2015/01/24
2015/01/23
2015/01/22
2015/01/21
2015/01/20
2015/01/19
2015/01/18
2015/01/17
2015/01/16
2015/01/15
2015/01/14
2015/01/13
2015/01/12
2015/01/11
2015/01/10
2015/01/09
2015/01/08
2015/01/07
2015/01/06
2015/01/05
2015/01/04
2015/01/03
2015/01/02
2015/01/01
2014/12/31
2014/12/30
2014/12/29
2014/12/28
2014/12/27
2014/12/26
2014/12/25
2014/12/24
2014/12/23
2014/12/22
2014/12/21
2014/12/20
2014/12/19
2014/12/18
2014/12/17
2014/12/16
2014/12/15
2014/12/14
2014/12/13
2014/12/12
2014/12/11
2014/12/10
2014/12/09
2014/12/08
2014/12/07
2014/12/06
2014/12/05
2014/12/04
2014/12/03
2014/12/02
2014/12/01
2014/11/30
2014/11/29
2014/11/28
2014/11/27
2014/11/26
2014/11/25
2014/11/24
2014/11/23
2014/11/22
2014/11/21
2014/11/20
2014/11/19
2014/11/18
2014/11/17
2014/11/16
2014/11/15
2014/11/14
2014/11/13
2014/11/12
2014/11/11
2014/11/10
2014/11/09
2014/11/08
チャットモンチー主催フェスの第一弾出演者にアジカン、Base Ball Bear等が決定
Fri, 30 Oct 2015 20:30:00 +0900
チャットモンチー (okmusic UP\'s)

チャットモンチーのデビュー10周年を記念して、2016年2月27日(土)と28日(日)に地元・徳島で開催される屋内型フェス『チャットモンチーの徳島こなそんそんフェス2016〜みな、おいでなしてよ!〜』の出演者第一弾、および出演日が発表となった。

【その他の画像】チャットモンチー

今回発表となったのは、チャットモンチー(27日、28日)、小籔千豊(27日、28日)、ASIAN KUNG-FU GENERATION(27日)、Base Ball Bear(27日)、レキシ(27日)、四星球(28日)、MONGOL800(28日)の計7組。イベントオフィシャルHPでは、チャットモンチーとのエピソードを交えた形で、各出演者の紹介が行なわれている。

出演者第二弾は11月中旬に発表の予定で、若手アーティストからベテランアーティストまで、チャットモンチーならではの豪華なラインナップが予定されている。なお、チケットは11月23日(月・祝)10:00から一般発売が開始されるとのこと。

そして、日本武道館公演当日の11月11日に発売される「CHATMONCHY 10th Anniversary Remaster Series "Forever Edition"」に関する新たな収録情報と、新装されたジャケットも発表となった。新たに発表された情報は、Disc2に当時のLive音源を全曲分収録、リリース当時&2015年メンバーインタビュー、高橋久美子 寄稿文、当時の撮りおろし写真の5つとなる。

■『チャットモンチーの徳島こなそんそんフェス2016〜みな、おいでなしてよ!〜』特設サイト
http://www.konasonfes.jp

■【チャットモンチーより各出演者の紹介 ※オフィシャルHP掲載】

■ASIAN KUNG-FU GENERATION
レーベルの良き先輩であり、ボーカル&ギターのゴッチ(後藤正文)さんにはチャットのシングル『きらきらひかれ』のプロデューサーも務めてもらいました。アマチュア時代に徳島からアジカンの武道館を観に行こうと上京しましたが、台風に阻まれ大遅刻。3時間遅れで武道館に到着した瞬間にライブが終了!(涙)なんてこともありました。

■Base Ball Bear
デビューが同期で事務所も同じ。かつて「若若男女サマーツアー」というイベントで、チャットと一緒にツアーも回ったりもした仲良し&ライバルバンド。ギター&ボーカルの小出君とあっこは一緒に「みんなの映画部」なるWeb連載を持っていたり、ドラムの堀之内君とはプロレス談義に花を咲かせたり、ベースの史織ちゃんは若若男女ツアー時にチャットの楽屋に入り浸って女子トークしていたりなんですが、ギターの湯浅君とはほとんど会話したことがないとの説も(笑)。

■レキシ
2015年11月25日にリリースされるファーストシングル『SHIKIBU』に、チャットの2人がフューチャリングボーカルで参加させて頂いているレキシ。もちろんチャットには「阿波の踊り子」、えっちゃんには「なるとなでしこ」、あっこには「アッ!古今和歌集」なるありがたいレキシネームを頂きました。

■四星球
アマチュア時代からライバルのコミックバンド。チャットとは鳴門教育大学の軽音部で一緒だったという長い付き合いのバンドでもあります。シンガーの康雄君とあっこは大学のクラスも一緒、そしてなんと誕生日も一緒! 2014年のMONSTER baSHでは、大トリまで務めた四国の星。当日は貴重な同郷バンドとして参加してくれます。

■MONGOL800
ドラムの高里さんが、これまた四国大学卒業なんてご縁もあり、2015年5月に熊本県で行われた「阿蘇ロックフェスティバル」で共演させてもらった際にちゃっかり出演オファーをしちゃったら、出演を快諾頂きました。ありがとうございます!

■小籔千豊
あっこ曰く「大阪のチャットモンチーメンバー」。2人体制になった時に、スリーピースのチャットが観たい! という理由で自らドラムを始めて猛練習、ライブで一緒に演奏までしてしまったという逸話もあります。ご自身主催の「コヤブソニック」にもお呼ばれしたり、いつもチャットを可愛がってくれています。今回のこなそんフェスでは2日間に渡って芸人さんを仕切ってくれる熱の入れよう。

そして今回の発表には間に合いませんでしたが、第二弾発表を11月中旬に行う予定です。こなそんフェスを更に盛り上げてくれる旬でベテランで若手なバンド、アーティストが控えてますよ! これまた超期待してお待ち下さい!

■『チャットモンチーの徳島こなそんそんフェス2016〜みな、おいでなしてよ!〜』

2月27日(土) アスティとくしま
2月28日(日) アスティとくしま
開場:12:00 / 開演:13:00
■チケット
27日券、28日券:各¥9,720 (税込)
※2日間通し券の販売はございません。
チケット一般発売:11月23日(月)10:00〜
<出演者>
■2月27日 (土)
・チャットモンチー
・吉本新喜劇 小籔千豊 NEW!!
・ASIAN KUNG-FU GENERATION NEW!!
・Base Ball Bear NEW!!
・レキシ NEW!!
・第二弾発表アーティストその(1)
■2月28日 (日)
・チャットモンチー
・吉本新喜劇 小籔千豊NEW!!
・四星球 NEW!!
・MONGOL800 NEW!!
・第二弾発表アーティストその(2)
・第二弾発表アーティストその(3)

【関連リンク】
チャットモンチー オフィシャルHP
アイドルに楽曲提供を行うバンドマンが急増、持ち曲と提供楽曲を比較
レキシ、シングル「SHIKIBU」のユーモラスな特設サイトがオープン!
アジカン、ツアーセミファイナルをYouTube Liveで生配信

【関連アーティスト】
チャットモンチー, ASIAN KUNG-FU GENERATION, Base Ball Bear, 四星球, MONGOL800, レキシ
【ジャンル】
ジャパニーズロック, イベント

GLAY、2016年初のホールツアータイトル&ロゴが決定
Fri, 30 Oct 2015 20:00:00 +0900
「GLAY HIGHCOMMUNICATIONS TOUR 2016“Supernova”」ロゴ (okmusic UP\'s)

2016年1月28日の大阪・オリックス劇場を皮切りに、全国18ヶ所26公演にて開催されるGLAYのホールツアーのタイトルが「GLAY HIGHCOMMUNICATIONS TOUR 2016 “Supernova"」に決定した。

【その他の画像】GLAY

ロゴのデザインも発表となり、色鮮やかなデザインに加え“Supernova"=“超新星"と新たなGLAY、そして4月まで続くホールツアーを疾走させるといった意気込みを感じさせてくれるデザインとなった。

また、10年振りに開催され2日間で11万人を動員したGLAYの東京ドーム公演「20th Anniversary Final GLAY in TOKYO DOME 2015 Miracle Music Hunt Forever」のDVD & Blu-rayが11月11日にリリースされる。そのライブ映像が、スペースシャワーTV、MUSIC ON! TV、MTVの音楽系CS局3 局のそれぞれでライブの1部を一斉に独占先行解禁されることが決定した。同東京ドーム公演のテーマソングである 「HEROES」をはじめ、「誘惑」「SOUL LOVE」「軌跡の果て」などのGLAY往年の名曲がオンエアされる。併せてオフィシャルVineチャンネルではVine限定6秒SPOTも公開している。

そして、10月28日にリリースされるGLAYメジャー1stアルバムのアンソロジー盤『SPEED POP Anthology』の中で、貴重なデモ音源や未発表曲を収録したDISC2の試聴が特設サイト上でスタートしているので、こちらも欠かさずチェックしよう。

■【東京ドームライブ映像解禁内容】

10月30日(金)より東京ドーム公演の
ライブ映像の1部を1週間独占先行解禁!

■SPACE SHOWER TV
「HEROES」「軌跡の果て」
http://www.spaceshowertv.com/timetable/index_oalist.html
■MUSIC ON!TV
「疾走れ!ミライ」「SOUL LOVE」
http://www.m-on.jp/oa/
■MTV
「つづれ織り〜so far and yet so close〜」「誘惑」
http://www.mtvjapan.com/onair/playlist

■DVD&Blu-ray『20th Anniversary Final GLAY in TOKYO DOME 2015 Miracle Music Hunt Forever』45秒スポット
https://youtu.be/iMUKkH2ZpyA

【関連リンク】
GLAY オフィシャルHP
藍井エイル、新曲はGLAY・HISASHIがプロデュース「ずっとずっと私の憧れ」
思い出とともに浸りたい、センチメンタル夏ソング
GLAY、5月の東京ドーム公演収録の映像作品&Anthologyシリーズ第3弾『SPEED POP』リリース決定

【関連アーティスト】
GLAY
【ジャンル】
ジャパニーズロック

ゲスの極み乙女。、待望の2ndフルアルバムを来年1月にリリース
Fri, 30 Oct 2015 19:30:00 +0900
ゲスの極み乙女。 (okmusic UP\'s)

ゲスの極み乙女。が前作『魅力がすごいよ』から約1年2か月ぶりとなる、待望の2ndフルアルバム『両成敗』を2016年1月13日(水)に発売することを発表した。

【その他の画像】ゲスの極み乙女。

2015年に発表されたシングル作品3部作「私以外私じゃないの」「ロマンスがありあまる」「オトナチック」を含む全16曲入りの超豪華盤となっている。最新作となる両A面4thシングル「オトナチック/無垢な季節」がオリコンWEEKLYチャートで過去最高位となる5位を記録、また「NTTドコモ dヒッツpowered by レコチョク」のTVCMも大量OA中で、レコチョク、iTunes等のデジタル配信チャートも好調な中、遂にフルアルバムの発売発表を迎えた。

初回生産限定盤はCDに豪華DVD作品が付属。またLoppi(ローソン/ミニストップ)・HMV限定で初回生産限定盤、通常盤それぞれにオリジナルトートバッグが付いた商品も発売されるとのこと。また10月30日から各CDショップでの予約も開始されるが、アルバムタイトル『両成敗』のデザインが使用された店舗/チェーン別の特典内容(総数50,000個限定)も発表された。それぞれの特典は数に限りがあるので、早めの予約をおすすめする。

なお、本作の収録曲タイトル、曲順、DVD内容、ジャケット写真等は後日発表とのこと。これからもゲスの極み乙女。から目が離せそうにない。

■アルバム『両成敗』

2016年1月13日(水)発売
【初回生産限定盤】(CD+DVD)
WPZL-31141/2/¥3,500+税
【通常盤】(CD)
WPCL-12297/¥3,000+税
【Loppi・HMV限定 オリジナルトートバッグセット】
■初回生産限定盤(CD+DVD)
WPZL31141LH/¥4,200+税
■通常盤(CD)
WPCL12297LH/¥3,700+税

《チェーン別 予約特典グッズ詳細》
■タワーレコード全国各店/タワーレコードオンライン
『両成敗』×湯呑
■TSUTAYA全国各店/TSUTAYAオンラインショッピング
『両成敗』×扇子
■WonderGoo/新星堂全国各店
『両成敗』×箸
■Loppi・HMV
『両成敗』×手拭い
■amazon
『両成敗』×巾着
■サポート店
『両成敗』×葉書

【関連リンク】
ゲスの極み乙女。 オフィシャルHP
【最新音楽情報】music.jp週間シングルランキング(2015年10月28日付)
1ヶ月振りのMステに嵐、ゲス、サカナ、クロマニヨンズ、乃木坂、Hey!Say!JUMP登場
ゲスの極み乙女。、初のアリーナツアーファイナル公演が終演&新曲「無垢な季節」MVフル解禁

【関連アーティスト】
ゲスの極み乙女。
【ジャンル】
ジャパニーズロック

話題の新ユニット・DECAYS、初の音源はUSBメモリーとして12月に発売
Fri, 30 Oct 2015 19:00:00 +0900
DECAYS (okmusic UP\'s)

DIR EN GREYのDieとMOON CHILDの樫山圭を中心としたユニット「DECAYS」が12月16日にリリースする、初の音源作品 『Red or Maryam』(レッド・オア・マリアム)の詳細が明らかになった。

【その他の画像】DIR EN GREY

以前から今年12月リリースがアナウンスされていた本作品はなんと、USBメモリー形態よるミニアルバム。全7曲のハイレゾ音源とMP3音源に加え、iTunes Storeでも配信中のミュージックビデオ「Secret mode」、そして今年7月28日に赤坂BLITZで行なわれた主催イベント「DECAYS presents 『THE GROWTH TO DECAY』」でのライヴ映像やライヴ写真が収められた特殊仕様となっている。なお、本作品は数量限定生産のため、予約が一定数に達したところで販売終了となるのでご注意を。

そして、この初音源を携えて、DECAYSは12月下旬に大阪と東京で単独ライヴ「Red or Maryam」を実施する。大阪公演は12月21日にOSAKA MUSE、東京公演は24日に新宿BLAZEでそれぞれ開催。11月21日からのチケット一般発売に先駆けて、10月31日12:00からはオフィシャルサイト先行受付もスタートするとのこと。

今回の音源発売&単独公演について、Dieは「グルーヴ、サウンド、メロディ。肌で感じてください」、樫山は「自然と体が動いてしまう様なライヴをイメージして制作してきた音源なので、ライヴの方も楽しみにしておいて下さい」と、それぞれファンの期待を煽るコメントを寄せている。ぜひUSBメモリーを通じて、そしてライヴ会場にてDECAYSの真の姿に触れてほしい。

■【DECAYSよりコメント】

■Die
月と太陽が融合し、陰と陽が混在。
空間を突き抜けるようなメロディ、闇を彷徨うようなメロディ、、、
お互いのこだわりが強い「メロディ」にはとことんこだわり抜いた。

「Red or Maryam」
グルーヴ、サウンド、メロディ。
肌で感じてください。

■樫山圭
DECAYSとしてスタートになる音源なので、メンバー選びから始まり、楽曲制作にあたり何度も試行錯誤を重ねながら完成にたどり着きました。
今作は、僕とDieの得意とするバンド(生音)本来のグルーヴに、シューゲイザー、デジタルな要素を融合させたサウンドに、耳障りの良いメロディをのせた作品になりました。
自然と体が動いてしまう様なライヴをイメージして制作してきた音源なので、ライヴの方も楽しみにしておいて下さい。

■ミニアルバム『Red or Maryam』

2015年12月16日発売
【完全生産限定盤】(USBメモリー)
FWR-080/¥8,000+税
<収録内容>
■ハイレゾ (48kHz/24bit WAV)+MP3 (320kbps)
01. Secret mode (Red or Maryam ver)
02. 愛と哀を遺さず…
03. Dry
04. Red tide
05. NOVA SPIRAL
06. ラナ 〜from Future Boy〜
07. beautiful
■-Music Clip-
Secret mode
■-Live Footage-
DECAYS presents 「THE GROWTH TO DECAY」
2015.07.28 AKASAKA BLITZ
01. NOVA SPIRAL
02. beautiful
■2015.07.28 AKASAKA BLITZ Offshot Photo Data
12 Photo Cards

※数量限定のため、予定数が無くなり次第販売を終了致します。予めご了承ください。
※本製品はパソコン向け製品ですのでパソコンをお持ちで無い方はお使い頂けません。予めご了承ください。
※ハイレゾ音源本来の音質をお楽しみいただくには、別途スピーカーやハイレゾ対応DACが必要になる場合がございます。
※収録内容、タイトル表記及び仕様等は変更になる可能性がございます。

■『DECAYS 「Red or Maryam」』

12月21日(月)  OSAKA MUSE
12月24日(木)  新宿BLAZE
開場 18:00/開演 19:00
<チケット>
スタンディング:¥5,400 (税込・ドリンク代別)
■一般発売日
2015年11月21日(土)
■オフィシャルサイト先行(イープラス受付)
受付期間:10/31(土)12:00〜11/8(日)18:00
入金期間:11/10(火)13:00〜11/15(日)21:00
http://eplus.jp/decays2015w/

【関連リンク】
DIR EN GREY Die 公式モバイルサイト『Die Mobile』
「HALLOWEEN PARTY 2015」2日目は笑いから深い感動まで!
DIR EN GREY、ファンクラブ&携帯会員限定ライヴ開催決定
VAMPS主宰「HALLOWEEN PARTY」、幕張3days初日は衝撃シーンの続出!

【関連アーティスト】
DIR EN GREY, MOON CHILD, DECAYS
【ジャンル】
ジャパニーズロック

MY FIRST STORY、新曲「ALONE」MVがついにフル解禁
Fri, 30 Oct 2015 19:00:00 +0900
MY FIRST STORY (okmusic UP\'s)

MY FIRST STORYのシングル「ALONE」のMVが遂にフル尺で公開となった。

【その他の画像】MY FIRST STORY

火柱の上がる中での迫力の演奏シーンをはじめ、ラストまで見入ってしまうほど完成された同MV。今までは30秒のトレーラーとCDに付属のDVDでしか見ることのできなかったため、ファンならずとも必見のMVとなっている。

また、ギターのShoは年内でライブ活動の休止を発表しており、活動休止前の最後のワンマンライブは12月2日に東京・TSUTAYA O-EASTで行なわれる「WE ARE NOT ALONE Sho-TIME!!」となる。チケットは先行受付などは一切行なっておらず、10月31日(土)10:00からの一般発売のみとなる。5人揃っての最後のワンマンライブをぜひ見届けて欲しい。なお、年内に決定しているライブはShoも含め、5人でのライブとなる。

■「ALONE」MV
https://www.youtube.com/watch?v=YhDhxjaCA-w

■「WE ARE NOT ALONE Sho-TIME!!」

12月2日(水)  渋谷TSUTAYA O-EAST
OPEN:18:00 / START:19:00

【関連リンク】
MY FIRST STORY  オフィシャルHP
VAMPS主宰「HALLOWEEN PARTY」、幕張3days初日は衝撃シーンの続出!
MY FIRST STORYのSho(Gu)が年内をもってライブ活動を休止
MY FIRST STORY、全国ツアー『WE ARE NOT ALONE TOUR 2015』全公演がソールドアウト!

【関連アーティスト】
MY FIRST STORY
【ジャンル】
ジャパニーズロック

Crack6 MSTR主催「Crazy Monsters」、来年3月に新木場スタジオコーストにて「クレモンフェス」開催
Fri, 30 Oct 2015 18:00:00 +0900
Crazy Monsters ロゴ (okmusic UP\'s)

Crack6のMSTR(千聖 from PENICILLIN)が音頭を取り、定期開催中のイベント「Crazy Monsters」。通算3回目となった「HALLOWEEN PARTY」が、今年は10月24日に 新宿ReNYを舞台に開催された。

【その他の画像】アンティック-珈琲店-

矢田耕平(池袋BRAND X)、Daccoを司会に迎えたこの日は、Crack6、ALvino、DASEIN、C4、S.Q.F、wyse、THE MICRO HEAD 4N\'Sと豪華な面々が全員仮装姿で登場。チケットもSOLD OUTし、満員の観客たちが熱狂した。

その勢いを受け、次回のイベントも決定! 来年3月12日(土)に新木場スタジオコーストにて開催される。その名も「クレモンフェス〜春の祭典 2016〜」。昨年はAiiA Theater Tokyoを舞台に実施された同イベントだが、今年はさらに規模を拡大し、新木場スタジオコーストへ進出した。

イベントは回数を重ねるごとにどんどんモンスター化しており、出演者もヴィジュアル界の歴史を長年にない続けてきたアーティストばかり。このモンスターたちの祭典を、ぜひ楽しみにしていてほしい。

TEXT:長澤智典

■『Crazy Monsters「クレモンフェス」〜春の祭典 2016〜』

3月12日(土) 新木場スタジオコースト
OPEN 12:30 / START 13:00
<出演>
・Crack6
・ALvino
・THE MICRO HEAD 4N\'S
・Ricky
・S.Q.F
・wyse
・Dacco
・ADAPTER。
・defspiral
・GOTCHAROCKA
・アンティック-珈琲店-
・スペシャルゲストあり
・矢田 耕平(司会)
<チケット>
前売券¥5,500(D別) / 当日券¥6,000(D別)
■10月27日(火)21:00〜11月30日(月)18:00、イープラスにて先行販売中(先着順)
受付URL:http://eplus.jp/crazymonsters-hp/(PC/携帯/スマホ共通)
■12月26日(土)10:00より一般発売
・ローソンチケット TEL.0570-084-003(L:78786)
http://l-tike.com
・チケットぴあ TEL.0570-02-9999(P:280-445)
http://w.pia.jp/t/cremon-fes/
・イープラス
http://eplus.jp/crazymonsters/

【関連リンク】
HIV/AIDSチャリティライブ『HOPE AND LIVE2015』DAY-2の全出演者が解禁
アンティック-珈琲店-、野音ワンマンにて白熱のライブを披露
アンティック-珈琲店-、メジャーデビューシングル発売記念イベントでファンに求婚!?
「stylish wave MAX \'15\'\'一撃乱舞”」Lycaon、GOTCHAROCKAら8組の競演にファン熱狂!

【関連アーティスト】
アンティック-珈琲店-, PENICILLIN, wyse, ADAPTER。, 千聖, S.Q.F, Crack6, Ricky, defspiral, ALvino, THE MICRO HEAD 4N\'S, GOTCHAROCKA, Dacco
【ジャンル】
ビジュアル, イベント

【連載コラム】稚菜、秦基博の「初恋」をカバー
Fri, 30 Oct 2015 18:00:00 +0900
稚菜 (okmusic UP\'s)

愛とは何か?
そんな事をよく考えている私。
そんな中で、じゃあ初恋とは何だろう?
ふと疑問に思って調べてみた事がありました。
"その人にとってのはじめての恋"
という定義が出て来ました。

…余計に訳が分からなくなってしまいました。笑
生まれて初めて人を好きになった幼少期の頃の事?
思春期の時代に青春の思い出を一緒に作った人との事?
私は、最初は前者の事だと思っていました。
でもそうなると私は初恋の子の事をはっきりと思い出す事が出来ません。笑
静岡にいた頃の保育園時代に好きな子がいた様な記憶はあるんですが、
小学校2年生で東京に引っ越して来ているのでそれ以来会っておらず分からない…という感覚です。


そのあとの思春期時代、片思いをしたり、好きだなって思う人と付き合ったり。
普通に思い描く初恋だったらその時期の事なのかもしれません。
でも"本当の意味での初恋"ではないのかなって。
まだお互い自分というものが確立されていない、
言うなればまだ子供としての時期の恋愛は本当の意味での初恋ではない様な気がします。

じゃあ私の中で本当の意味での初恋とは何なのか?
色々考えた結果、大人になって自我が出て来た中で、
初めてこの人だ!と、そして、一生一緒にいたい。
そう直感で思える人に出逢えた時なのかなって、そう思った時にやっと腑に落ちました。笑
それが学生時代の人もいるかもしれないし、まだそんな人に出会っていない。
そんな人もいるでしょう。
きっと初恋って歳とか関係ないんだなって思います。
つまり、大人になってからこその人生の伴侶としての運命の出逢いこそが本当の意味での初恋なのかなぁと。
私の中での結論なので全くこれが正しいという訳ではありません。笑

私はずっと一生隣にいる事を想像出来る人にはまだ出逢えていない気がします。
もちろん恋愛をしてきた中で相手とはしっかり向き合ってきてはいますが。
家族になるまでのものが正直未だ自分の中では曖昧で想像ができないのです。
恋を知ってはきたけれど、愛はまだ知れていない、そんな感覚でしょう。
でもいいんです。
焦ってするものでもないし、見つからなきゃ見つからないでそれも一つの人生の楽しみ方だと思うから。
だからこそ、そう思える人にいつか本当に出逢えた時の、本当の意味での初恋が楽しみだなぁなんて事を思ったのでした。

さて今日の一曲。
初恋繋がりで秦基博さんの「初恋」
秦さんの歌声と曲が大好きで、ずっとずっと聴いて来ている憧れのシンガーソングライター。
この曲にも、秦さんなりの初恋の想いが沢山隠れている気がします。
是非聴いてみて下さい。
https://youtu.be/IE_GbuLW48I

それでは。

【関連アーティスト】
秦 基博, 稚菜
【ジャンル】


オアシスなど数々のバンドにリスペクトされるTHE STONE ROSESの名盤『THE STONE ROSES』
Fri, 30 Oct 2015 18:00:00 +0900
THE STONE ROSES『THE STONE ROSES』のジャケット写真 (okmusic UP\'s)

かねてから3枚目のオリジナルアルバムの制作が噂されているTHE STONE ROSES。オアシスのノエル・ギャラガーが彼らの新たな活動についてほのめかしていることもあり、話題になっているが、オアシスを始めとする多くのブリットポップ、オルタナティブ系のバンドに多大な影響を与えながら、活動期間中、たった2枚のアルバムしか残さず1996年に解散した(その後、2011年に再結成を果たすが)バンドもそうそういないだろう。90年代の音楽シーンをともに駆け抜けた人たちにとっては、まさに伝説のバンド。そして、やはりTHE STONE ROSESの名盤と言えば、1曲目「I Wanna Be Adored」からギュッと心を掴まれる1stアルバム『THE STONE ROSES』だと思う。

■ロック好きなら聴いて損なし!

THE STONE ROSESの1stアルバムがリリースされた時は、気になって早速買いに行った。昔からジャケ買いに近い感覚で、あまりリサーチせずに勘を頼りに選ぶことが多いのだが、THE STONE ROSESの場合はまず、バンド名だ。「もしかしてローリング・ストーンズに影響を受けたバンド? それともガンズ・アンド・ローゼズ?」(実際にはヴォーカルのイアン・ブラウンがストーンズとポール・ウェラー好きだったからとか、もろもろ諸説あるようだ)と単純に気になったのと、1曲目に“憧れられたい”という邦題が付けられていたからだ。1989年当時ロックバンドは以前より身近な存在となっていて、いわゆる“雲の上の存在的なスター”は少なくなっていた。そんな時代に“憧れられたい”とか“熱烈に愛されたい”みたいな、どストレートなタイトルを曲に付けるバンドがいることに妙にテンションが上がった。そして、手にとったTHE STONE ROSESの音楽は期待を裏切らない煌めきと高揚感にあふれていた。ちなみにTHE STONE ROSESは幼少の頃からともに遊んでいたイアン・ブラウンとギタリストのジョン・スクワイアによってマンチェスターで結成されたバンドだ。1stアルバム『THE STONE ROSES』はシングルカット曲「She Bangs The Drums」がUKインディーチャートの1位を獲得したのをきっかけにじわじわと売れ、リリース翌年の1990年にはナショナルチャートで19位を記録。NME誌に“史上最高のアルバム”と絶賛されることになる。が、レーベルとのトラブルやバンドを取り巻く環境の変化がTHE STONE ROSESの活動をストップさせることになった。マンチェスターブームからブリットポップへとシーンが移り変わる中、THE STONE ROSESが2ndアルバム『Second Coming』をリリースするのは1994年の12月。1stにして最高傑作と高い評価を得ながら、約5年もの間、彼らは長い沈黙期間に入ったのだ。

■アルバム『THE STONE ROSES』

マニのベースにジョン・スクワイアの鮮烈なギターリフが絡み、レニの力強いドラミングに何とも言えないカタルシスを覚えるオープニングナンバー「I Wanna Be Adored」はイントロからして“キターッ!”という興奮を覚える。なぜ、オアシスなどのミュージシャンが彼らをリスペクトしているかは、このアルバムを聴けば一発で分かるのではないだろうか。美しく広がりのあるメロディーとフックのあるギターのフレーズ。ヒットの引き金となった「She Bangs The Drums」もベースのフレーズにギターのカッティングが被さっていく箇所が印象的だが、そのバンドアンサンブルは聴けば聴くほどに秀逸である。もちろん、このアルバムがリリースされた頃、THE STONE ROSESはまだ無名の存在だ。が、収録されている曲たちを聴くと巨大な会場のフェスでオーディエンスがシンガロングしている光景が浮かんでくるからすごい。後半にいくに従って高揚していくナンバーなど、本作にはバンドマジックが散りばめられている。サイケデリックなナンバー、ファンクなビートの曲、牧歌的でフォーキーな側面を持つ曲など音楽的にもキャパシティーが広く、月日を経て聴いてみてもやはり、これは間違いなく名盤だと思う。

【関連アーティスト】
The Stone Roses
【ジャンル】














c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1