歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2015年10月14日)
バックナンバー
最新ニュース
2015/10/23
2015/10/22
2015/10/21
2015/10/20
2015/10/19
2015/10/18
2015/10/17
2015/10/16
2015/10/15
2015/10/14
2015/10/13
2015/10/12
2015/10/11
2015/10/10
2015/10/09
2015/10/08
2015/10/07
2015/10/06
2015/10/05
2015/10/04
2015/10/03
2015/10/02
2015/10/01
2015/09/30
2015/09/29
2015/09/28
2015/09/27
2015/09/26
2015/09/25
2015/09/24
2015/09/23
2015/09/22
2015/09/21
2015/09/20
2015/09/19
2015/09/18
2015/09/17
2015/09/16
2015/09/15
2015/09/14
2015/09/13
2015/09/12
2015/09/11
2015/09/10
2015/09/09
2015/09/08
2015/09/07
2015/09/06
2015/09/05
2015/09/04
2015/09/03
2015/09/02
2015/09/01
2015/08/31
2015/08/30
2015/08/29
2015/08/28
2015/08/27
2015/08/26
2015/08/25
2015/08/24
2015/08/23
2015/08/22
2015/08/21
2015/08/20
2015/08/19
2015/08/18
2015/08/17
2015/08/16
2015/08/15
2015/08/14
2015/08/13
2015/08/12
2015/08/11
2015/08/10
2015/08/09
2015/08/08
2015/08/07
2015/08/06
2015/08/05
2015/08/04
2015/08/03
2015/08/02
2015/08/01
2015/07/31
2015/07/30
2015/07/29
2015/07/28
2015/07/27
2015/07/26
2015/07/25
2015/07/24
2015/07/23
2015/07/22
2015/07/21
2015/07/20
2015/07/19
2015/07/18
2015/07/17
2015/07/16
2015/07/15
2015/07/14
2015/07/13
2015/07/12
2015/07/11
2015/07/10
2015/07/09
2015/07/08
2015/07/07
2015/07/06
2015/07/05
2015/07/04
2015/07/03
2015/07/02
2015/07/01
2015/06/30
2015/06/29
2015/06/28
2015/06/27
2015/06/26
2015/06/25
2015/06/24
2015/06/23
2015/06/22
2015/06/21
2015/06/20
2015/06/19
2015/06/18
2015/06/17
2015/06/16
2015/06/15
2015/06/14
2015/06/13
2015/06/12
2015/06/11
2015/06/10
2015/06/09
2015/06/08
2015/06/07
2015/06/06
2015/06/05
2015/06/04
2015/06/03
2015/06/02
2015/06/01
2015/05/31
2015/05/30
2015/05/29
2015/05/28
2015/05/27
2015/05/26
2015/05/25
2015/05/24
2015/05/23
2015/05/22
2015/05/21
2015/05/20
2015/05/19
2015/05/18
2015/05/17
2015/05/16
2015/05/15
2015/05/14
2015/05/13
2015/05/12
2015/05/11
2015/05/10
2015/05/09
2015/05/08
2015/05/07
2015/05/06
2015/05/05
2015/05/04
2015/05/03
2015/05/02
2015/05/01
2015/04/30
2015/04/29
2015/04/28
2015/04/27
2015/04/26
2015/04/25
2015/04/24
2015/04/23
2015/04/22
2015/04/21
2015/04/20
2015/04/19
2015/04/18
2015/04/17
2015/04/16
2015/04/15
2015/04/14
2015/04/13
2015/04/12
2015/04/11
2015/04/10
2015/04/09
2015/04/08
2015/04/07
2015/04/06
2015/04/05
2015/04/04
2015/04/03
2015/04/02
2015/04/01
2015/03/31
2015/03/30
2015/03/29
2015/03/28
2015/03/27
2015/03/26
2015/03/25
2015/03/24
2015/03/23
2015/03/22
2015/03/21
2015/03/20
2015/03/19
2015/03/18
2015/03/17
2015/03/16
2015/03/15
2015/03/14
2015/03/13
2015/03/12
2015/03/11
2015/03/10
2015/03/09
2015/03/08
2015/03/07
2015/03/06
2015/03/05
2015/03/04
2015/03/03
2015/03/02
2015/03/01
2015/02/28
2015/02/27
2015/02/26
2015/02/25
2015/02/24
2015/02/23
2015/02/22
2015/02/21
2015/02/20
2015/02/19
2015/02/18
2015/02/17
2015/02/16
2015/02/15
2015/02/14
2015/02/13
2015/02/12
2015/02/11
2015/02/10
2015/02/09
2015/02/08
2015/02/07
2015/02/06
2015/02/05
2015/02/04
2015/02/03
2015/02/02
2015/02/01
2015/01/31
2015/01/30
2015/01/29
2015/01/28
2015/01/27
2015/01/26
2015/01/25
2015/01/24
2015/01/23
2015/01/22
2015/01/21
2015/01/20
2015/01/19
2015/01/18
2015/01/17
2015/01/16
2015/01/15
2015/01/14
2015/01/13
2015/01/12
2015/01/11
2015/01/10
2015/01/09
2015/01/08
2015/01/07
2015/01/06
2015/01/05
2015/01/04
2015/01/03
2015/01/02
2015/01/01
2014/12/31
2014/12/30
2014/12/29
2014/12/28
2014/12/27
2014/12/26
2014/12/25
2014/12/24
2014/12/23
2014/12/22
2014/12/21
2014/12/20
2014/12/19
2014/12/18
2014/12/17
2014/12/16
2014/12/15
2014/12/14
2014/12/13
2014/12/12
2014/12/11
2014/12/10
2014/12/09
2014/12/08
2014/12/07
2014/12/06
2014/12/05
2014/12/04
2014/12/03
2014/12/02
2014/12/01
2014/11/30
2014/11/29
2014/11/28
2014/11/27
2014/11/26
2014/11/25
2014/11/24
2014/11/23
2014/11/22
2014/11/21
2014/11/20
2014/11/19
2014/11/18
2014/11/17
2014/11/16
2014/11/15
2014/11/14
2014/11/13
2014/11/12
2014/11/11
2014/11/10
2014/11/09
2014/11/08
2014/11/07
2014/11/06
2014/11/05
2014/11/04
2014/11/03
2014/11/02
2014/11/01
2014/10/31
2014/10/30
2014/10/29
2014/10/28
2014/10/27
2014/10/26
2014/10/25
2014/10/24
2014/10/23
2014/10/22
日本のロックを創生した村八分、唯一のオリジナル作『ライブ』
Wed, 14 Oct 2015 18:00:00 +0900
村八分『ライブ』のジャケット写真 (okmusic UP\'s)

結構なロック好きで知られる女優の成海璃子が数年前にバラエティー番組で自室を紹介した際に、彼女の私物CDとしてINUやTHE STALIN、筋肉少女帯、高田渡、はっぴいえんどなど、日本のロッククラシックが取り上げられ、それらに交じって村八分のCDが『ライブ』も出たことがネットでちょっとした話題になったことがある(その他、あぶらだこや猛毒もあったというから彼女は筋金入りであるようだ)。楽曲はおろか、そのバンド名が放送自粛対象だったりするので電波メディアで取り上げられることが極めて少ないバンドであるが、日本語のロックを確立させたレジェンドのひとつである。

バンドの中心人物、柴田和志(Vo、通称:チャー坊)が「俺らを伝説にされるのはごめんやわ」と言ったという逸話があるとのことで、こう言うのも憚られる感じだが、こと日本において村八分ほど“伝説”と呼ぶに相応しいバンドもいない。1969年から4年の活動期間の中で発表したアルバムはライヴ盤1作品。しかも、リリース直後にバンドは解散。チャー坊がインタビュー嫌いだったという説もあり、活動中のメンバーの肉声はほとんど残っておらず、後に山口冨士夫(Gu)が著作『村八分』でその活動を振り返っているものの、チャー坊、山口を始め初期メンバーのほとんどが鬼籍に入られたこともあって、現在、村八分を検証するのはかなり難しい。もっともこのバンドの音楽性が愚にも付かないものであれば、伝説以前に語る価値すらないわけだが、日本ロックシーンを検証するうえでも村八分の存在はこの上なく大きいのだ。

日本のロックが確立された時期には諸説あろうが、おそらくはっぴいえんど辺りをその始祖と捉えることに異論は少なかろう。1966年のザ・ビートルズ来日公演以降、その影響も手伝って国内で流行したグループ・サウンズ。その衰退期であった1970年前後に活動を開始したジャックス、フラワー・トラヴェリン・バンド、サンハウス、頭脳警察、四人囃子、あるいは当時はまだアコースティック編成ではあったものの、RCサクセションもそうであろうし、この村八分も元祖・日本のロックバンドと言える存在だ。グループ・サウンズも欧米のヴォーカル・アンド・インストゥルメンタル・グループの流れを汲むもので、形態としてはロックバンドと変わらないものも多かったが、当時は未だレコード会社の意向が強く反映されており、会社専属の作曲家、作詞家によって作られた楽曲を演奏するバンドも少なくなかった。つまり、自らの演奏に自らの言葉を乗せたオリジナリティーのある音楽…今となっては当たり前とも言えるスタイルは彼ら先達によって進められた(その先に日本語か英語かの「日本語ロック論争」もあったというが、それは別項に譲る)。

はっぴいえんどが日本語を巧みにメロディーに乗せロックはフォークにも歌謡曲にもなり得ることを証明した一方、村八分はザ・ローリング・ストーンズに代表されるエッジの立ったR&Rに、そのサウンドが醸し出す雰囲気を損なうことなく、日本語を乗せたバンドの先駆けであったと思う。チャー坊は、これまた海外ロック史での伝説的なライヴ、オルタモントでのフリーコンサート(演奏中に観客が殺害される事件、俗に言う“オルタモントの悲劇”が起こったザ・ローリング・ストーンズ主催公演)を観に行くほどであったというから、村八分のサウンドはモロにザ・ローリング・ストーンズの影響を受けている。ザ・ローリング・ストーンズのルーツでもあるチャック・ベリーの匂いも濃い。時にソリッドに、時にルーズに響かせる山口冨士夫のギターは、その歪んだ音こそワイルドだが、案外生真面目というか、しっかりと鳴らされている印象で、テクニックだけで言えば、本家、キース・リチャーズ より幾分上手いのではないかと思うほどである。正直言って、アルバム『ライブ』収録曲はリズムがぶれている箇所が多々あるが、青木真一(Ba)は村八分参加以前には音楽活動の経験がなかったというから、メンバーのキャリア差からすればこれは致し方ないといったところだろう。ただ、その演奏は緊張感あふれるテイクばかりで、だからと言って聴きどころがないというわけではない。

さて、歌詞である。村八分を聴いたことがないという人の中にも、このバンドの歌詞は過激であることを知っている人がいるかもしれない。厳密に言うと過激というのではなく、所謂“差別用語”が使われていると言ったほうがよいと思う。具体的にはM1「あッ!!」の《俺はびっこで あきめくら/俺の事を たすけて欲しい/俺の事を 助けてくれ/解かる奴 聞け 俺の事》《俺の事 解かる奴 よく聞きな/耳を澄まして よく聞きな/俺は片輪 片輪者/心の醜い 片輪者》、M4「あくびして」の《めくらさがし めくらさがし あくびのためにめくらさがし》がそれに当たると思う(これらはこの京都大学西部講堂でのテイクの歌詞であって、これ以外ではもっとハードだったという指摘もあるが、本稿ではあくまでも『ライブ』での歌詞を指す)。障害者や身体的欠陥を指摘するものゆえに不謹慎と言えば言えるが、直接そういった人たちに向かったものではなく、自虐の比喩であったり、社会批判とおぼしき内容での喩えではあろうし(だからこそ、なおさら不謹慎との指摘もあるとは思うが…)、村八分の楽曲はNHKの放送自粛対象に指定されているというから、そもそも簡単に耳にできるものではないので、個人的にはもはや目くじらを立てるものではないと思う。異論はあるかもしれないが、先に述べた、エッジの立ったR&Rの雰囲気を損なうことのない日本語を乗せたという方法論のほうが重要ではないかと感じる。

ウィキペディアにも“差別用語と言われるような過激な表現の歌詞など、アンダーグラウンドな雰囲気が漂う”とあるくらいだから、このイメージはもはや如何ともし難いものだろう。M1「あッ!!」冒頭に収録されている「うるせぇ! 文句あるんやったらここ来たら?」の観客を罵倒するMCでも分かる通り、やはり村八分にはロック特有の不良性がある。だが、これは今回『ライブ』を聴いて感じたことでもあるが、チャー坊の作詞センスがそれらに糊塗されて正当な評価を得ていないのはもったいないと思う。M6「水たまり」《風に吹かれて水たまり/風に吹かれて吹きだまり/おちる下に水たまり》や、M10「ぐにゃぐにゃ」の《いるか あのこ あのこ いるか/そこ そこ そこ 探って/おぅ!ビックリぎょうてん!/押して 吹かれて 引いて 押して/あっ ユラ ユラ ユラユラユラユラ》などで見せる日本語の語感を強調したフレーズは詩的だ。《黄色い 黄色い/河の底から生まれでた馬の骨/揉まれて 踏まれて 揉まれて 馬の骨 骨の土》(M8「馬の骨」)のようにリフレインも多用しており、どことなく谷川俊太郎の詩に通じるような印象もある。

もう一度、言うが、このチャー坊の日本語へのこだわりを見せた歌詞と、本家をも凌駕する山口冨士夫のギターサウンドが合わさったことこそが村八分のケミストリーである。これは当時、他に類なきものであり、ひいては日本のロックの進化を導いたものだった。村八分は、はっぴいえんどと並び立つ、もう一方の巨人である。

【関連アーティスト】
村八分
【ジャンル】


Superflyが新作「黒い雫 & Coupling Songs:‘Side B\'」のジャケット写真&ティザー映像を公開
Wed, 14 Oct 2015 23:00:00 +0900
シングル「黒い雫 & Coupling Songs:‘Side B’」 (okmusic UP\'s)

Superflyが12月2日リリースの20thシングル記念盤「黒い雫 & Coupling Songs:‘Side B\'」のジャケット写真と、その撮影の様子をダイジェストにしたティザー映像を公開した。

【その他の画像】Superfly

今回はシングルのタイトルが「黒い雫」という事もあり、本人の髪の毛を振り乱して、その髪の先から黒い雫が飛び散る…というコンセプトで撮影。実際に、本人が何度も何度も髪を振り乱したカットが撮影され、体を張った撮影が繰り広げられた。髪を上げ下げしたり、横になびかせたりと…実に2時間近くも髪を振り乱す撮影にチャレンジ! くらくらする…と言いながらも、志帆は一瞬でしか撮れない髪のシルエットに拘るのだった。

また、今回の衣装は本人の楽曲イメージにあった「和」をコンセプトに、アンティークの着物生地を撮影のためにリメイクし、ビンテージのパンツとミックス。Superflyらしいジャパニーズモダンなスタイリングとなっている。

今までのSuperflyのジャケット写真には無かった、非常に斬新なものに仕上がった今作のジャケット。その撮影の様子をダイジェストにしたティザー映像も公開されているので、こちらも是非、チェックしてほしい。

■「黒い雫 & Coupling Songs:‘Side B\'」 ティザー映像
https://www.youtube.com/watch?v=Q7kKsAZSRJU

■20thシングル記念盤「黒い雫 & Coupling Songs:‘Side B\'」

2015年12月2日(水)発売
【初回限定盤】(2CD+DVD)
WPZL-31130/2/¥3,200+税
【通常盤】(2CD)
WPCL‐12280/1/¥2,700+税
<収録曲>
■Disc1 CD(全5曲収録)
M-01:黒い雫
※フジテレビ系水10ドラマ『無痛〜診える眼〜』主題歌
M-02:タイトル未定
M-03 :タイトル未定
M-04:Beautiful(Live)『Superfly WHITE TOUR 2015』@東京国際フォーラムより
M-05:On Your Side(Live)『Superfly WHITE TOUR 2015』@東京国際フォーラムより
■Disc2 CD(全17曲収録)
M-01:孤独のハイエナ
【2007年04月04日リリース/1st Single『ハロー・ハロー』より】
M-02:凛
【2007年08月01日リリース/2nd Single『マニフェスト』より】
M-03:愛と感謝
【2008年02月27日リリース/4th Single『愛をこめて花束を』より】
※JFL「POWER OF MUSIC」キャンペーンソング
M-04:Perfect Lie
【2008年09月10日リリース/6th Single『How Do I Survive?』より】
M-05:Welcome To The Rockin\' Show
【2009/年05月13日リリース/7th Single『My Best Of My Life』より】
M-06:Rescue Me
【2010年12月15日リリース/11th Single『Eyes On Me』より】
M-07:プリマドンナ
【2010年12月15日リリース/11th Single『Eyes On Me』より】
M-08:Different Ways
【2011年03月09日リリース/12th Single『Beep!!』より】
M-09:I My Me Mine Mine
【2011年10月12日リリース/14th Single『愛をくらえ』より】
※映画「スマグラー おまえの未来を選べ」イメージソング
M-10:28
【2012年08月15日リリース/15th Single『輝く月のように』より】
M-11:終わりなきゲーム
【2012年10月31日リリース/16th Single『Force』より】
M-12:透明人間
【2012年10月31日リリース/16th Single『Force』より】
M-13:万華鏡と蝶
【2014年05月14日リリース/17th Single『Live』より】
※映画『闇金ウシジマくんPart2』イメージソング
M-14:The Long Way Home
【2014年05月14日リリース/17th Single『Live』より】
M-15:You You
【2014年11月19日リリース/18th Single『愛をからだに吹き込んで』】
※「JFL presents FOR THE NEXT」テーマソング
M-16:クローゼット
【2014年11月19日リリース/18th Single『愛をからだに吹き込んで』】
※テレビ東京系「Crossroad」エンディングテーマ
M-17:愛をこめて花束を(Piano ver.)
【2009年3月/期間限定配信】
■Disc3 DVD ※初回限定盤のみ
2015年5月30日に初の大阪で行われた、“5th アルバム『WHITE』リリース記念Free Live@大阪城西の丸庭園"のLive映像を収録!(全10曲収録)
M-01.White Light
M-02.タマシイレボリューション
M-03.Alright!!
M-04.愛をこめて花束を
M-05.Bi-Li-Li Emotion
M-06.マニフェスト
M-07.愛をからだに吹き込んで
M-08.Beautiful
EN1.On Your Side
EN2.You You

■『Superfly Arena Tour 2016 』

1月30日(土)幕張メッセイベントホール
2月06日(土)さいたまスーパーアリーナ
2月07日(日)さいたまスーパーアリーナ
2月13日(土)マリンメッセ福岡
2月27日(土)ゼビオアリーナ仙台
3月05日(土)大阪城ホール
3月06日(日)大阪城ホール
3月12日(土)北海道立総合体育センター 北海きたえーる
3月19日(土)名古屋日本ガイシホール
3月20日(日)名古屋日本ガイシホール

前売チケット料金:指定¥7,560 (税込) / 名古屋・大阪は立見有¥6,480 (税込)
※未就学児入場不可・12歳以下は保護者同伴の上、チケットが必要となります。
※さいたまスーパーアリーナは、一部着席指定席がございます。こちらの席は抽選により割り当てられますのでご了承ください。

問い合わせ:Superconnection 
TEL:03-5428-3636 (平日12:00〜17:00)
superfly@taisuke.co.jp

【関連リンク】
Superfly オフィシャルHP
Superfly、20枚目のシングルは初のカップリングベスト付きでリリース!
本日7月31日のMステ、4年ぶりTUBE夏ソング・グループ魂「彦摩呂」ほか
Superfly、過去最大規模の全国ツアーがついにスタート

【関連アーティスト】
Superfly
【ジャンル】
J-POP

「HALLOWEEN PARTY」10月24日(土)公演のスペシャルパフォーマーはイベント限定バンド
Wed, 14 Oct 2015 20:00:00 +0900
Halloween Men\'s Only Club Band (okmusic UP\'s)

「HALLOWEEN PARTY」の10月24日(土)幕張公演、スペシャルパフォーマーにHalloween Men\'s Only Club Bandの出演が決定した。

【その他の画像】シド

Halloween Men\'s Only Club Bandは、anis(Vo / MONORAL)、ken(Gu / L\'Arc〜en〜Ciel)、明希(Ba / シド)、Shinya(Dr / DIR EN GREY)による「HALLOWEEN PARTY 2015」イベント限定の超レアバンド! さらに、幕張公演にはTommy heavenly6がオープニングパフォーマーとして登場する。

■「HALLOWEEN PARTY 2015」LINE UP
http://www.halloweenparty2015.com/lineup/

■「HALLOWEEN PARTY 2015」

10月17日(土) 兵庫 神戸ワールド記念ホール
10月18日(日) 兵庫 神戸ワールド記念ホール
10月23日(金) 千葉 幕張メッセ国際展示場9・10・11ホール
10月24日(土) 千葉 幕張メッセ国際展示場9・10・11ホール
10月25日(日) 千葉 幕張メッセ国際展示場9・10・11ホール

【関連リンク】
L\'Arc〜en〜Ciel、ニューシングル「Wings Flap」特典・仕様が追加決定
今年のMAVERICK DC GROUP年末恒例日本武道館企画は音楽バトルイベント!?
京(DIR EN GREY / sukekiyo)が「男 アラーキーの裸ノ顔」に登場
『Mステ』30年目の今、聴き返してみたい5曲

【関連アーティスト】
シド, DIR EN GREY, Ken, MONORAL, Tommy heavenly6, L\'Arc〜en〜Ciel
【ジャンル】
ジャパニーズロック, フェス

たんこぶちん、バルセロナで開催される「第21回サロン・デル・マンガ」に出演決定
Wed, 14 Oct 2015 20:00:00 +0900
たんこぶちん (okmusic UP\'s)

佐賀県唐津市出身の5人組ガールズバンド、たんこぶちん。8月5日にリリースした最新アルバム『TANCOBUCHIN vol.3』が好評な彼女たちが、この秋スペイン・バルセロナで開催される「第21回サロン・デル・マンガ」に出演することが決定した。

【その他の画像】たんこぶちん

昨年は約13万人を集めたスペイン最大のジャパンカルチャーフェスティバル「サロン・デル・マンガ」。海外公演に向けて、iTunesヨーロッパでたんこぶちんのセレクションアルバム『TANCOBUCHIN for EU』も配信がスタートした。スペインでも日本のガールズバンドパワーをぜひ見せてきてほしい。

たんこぶちんは、10月30日(金)、31日(土)に出演する。

■「サロン・デル・マンガ」 オフィシャルHP
http://manga-xxi.ficomic.com/info-jap.cfm

【関連リンク】
たんこぶちん オフィシャルHP
たんこぶちん、スペイン最大のジャパンカルチャーフェスティバルに出演決定
たんこぶちん、フリーライヴで中山加奈子と共演
たんこぶちん、8月8日に花火大会&「お台場夢大陸」出演決定

【関連アーティスト】
たんこぶちん
【ジャンル】
ジャパニーズロック

SiM、自身初の日本武道館ワンマンが完売!
Wed, 14 Oct 2015 19:00:00 +0900
SiM (okmusic UP\'s)

神奈川・湘南出身のレゲエパンクバンド、SiMが11月4日(水)に行なう自身初となる日本武道館公演「“THE TOUR 2015” FiNAL ONE MAN SHOW at BUDOKAN」のチケットがソールドアウトとなったことがわかった。

【その他の画像】SiM

この武道館に先立って行なわれる全国Zeppツアー「“THE TOUR 2015”〜Road To BUDOKAN 2MAN SHOWS〜」の4公演もすでにソールドアウトとなっており、この「THE TOUR 2015」は全5公演が完全ソールドアウト! 合計で約18,000人を動員することとなった。

Zeppツアーは、SiMと共に今のラウドロックシーンの中心にいる先輩、盟友、後輩たちとの2バン形式だが、武道館はワンマン公演となる。ヴォーカルのMAHは常日頃より“SiMはライブハウスで生まれて、ライブハウスで死んでいくバンド”と語っており、当初から今回の武道館公演を“最初で最後”と謳っているが、“どうせやるなら、武道館だからこそ、武道館でしか見られないSiMのライブを見せるので楽しみにして欲しい”ともしている。

ラウドロックシーンを牽引するSiMが、日本武道館でどのようなライヴを見せてくれるのか。本当に見逃せない一夜となりそうだ。

■「“THE TOUR 2015”FiNAL ONE MAN SHOW at BUDOKAN」

11月04日(水) 東京 日本武道館

【関連リンク】
SiM、ゲーム『クローズ BURNING EDGE(バーニングエッジ)』のテーマソングを担当
SiM、6thシングル「CROWS」MVトレーラー映像を解禁
SiMが「SiM AGAINST YOU -答え合わせ編-」トレーラーを公開
SiM、Zeppツアーの対バン発表&ニューシングルDVDコンテンツのトレーラーも公開

【関連アーティスト】
SiM
【ジャンル】
ジャパニーズロック, レゲエ/スカ

星野源、ブラックミュージックへの憧れと日本情緒あふれるポップスを目指したニューアルバムが完成
Wed, 14 Oct 2015 18:00:00 +0900
星野源 (okmusic UP\'s)

星野源の約2年半ぶりとなる4thアルバム『YELLOW DANCER』のリリース、そして全国ツアーの開催が発表された。

【その他の画像】星野源

約2年半ぶりとなる待望の4thアルバムのタイトルは『YELLOW DANCER』。大ヒットした「SUN」をはじめ、「地獄でなぜ悪い」「Crazy Crazy」「桜の森」といったシングル表題曲、「Snow Men」(資生堂 マキアージュWEBムービー『Snow Beauty』主題歌)、「Week End」(フジテレビ『めざましどようび』テーマソング)など話題のタイアップ楽曲から、インスト、弾き語りまで、多彩な全14曲を収録している。

また、シングルではお馴染みの映像作品付きの初回限定盤(Blu-ray & DVD)もアルバム作品としては初めて発売される。映像内容などは後日発表となっているので、続報をチェックしてほしい。アルバム『YELLOW DANCER』のリリースは12月2日。

来年1月9日(土)からはアルバム『YELLOW DANCER』を引っさげ、「星野源 LIVE TOUR 2016『YELLOW VOYAGE』」も決定。2014年に行なわれた「星野源の復活アアアアア!」以来の全国ツアーということもあり、こちらのチケット争奪戦は間違いなさそうだ。なお、アルバムにはツアーのチケット先行抽選受付用シリアル番号が封入されることになっているので、ぜひアルバムを購入の上で応募してほしい。応募締め切りは12月7日(月)。

【星野源 コメント】
『YELLOW DANCER』完成です。久しぶりのアルバム制作、楽しみながら好き放題にやらせていただきました。2011年にリリースした1stシングルのカップリング曲「湯気」から、コツコツと進めていた「自分の趣味である(ソウルやジャズ、R&Bやジャンプブルースなどの)ブラックミュージックと、己の音楽性の融合」を、全面的に追及したアルバムになりました。ブラックへの憧れと共に、日本情緒あふれるポップスを目指した結果、「イエローミュージック」と呼べそうな楽曲たちが生まれました。体だけでなく、心も躍るようなアルバムができたと思います。初回限定盤では初めてBlu-rayを特典にできることも嬉しく、ツアーも発表になり、様々な角度からワクワクしています。たくさんの人に聴いて欲しいです。星野源4thアルバム、『YELLOW DANCER』をよろしくお願いします!(星野源)

■アルバム『YELLOW DANCER』

2015年12月2日発売
【初回限定盤A】(CD+Blu-ray+特製ブックレット)
VIZL-897/¥4,900+税
【初回限定盤B】(CD+DVD+特製ブックレット)
VIZL-898/¥4,600+税
【通常盤 初回限定仕様】(CD+特製ブックレット)
VIZL-899/¥3,100+税
【通常盤】(CDのみ)
VICL-64439/¥3,000+税
<収録曲>
01.地獄でなぜ悪い
02.Crazy Crazy
03.桜の森
04.SUN
05.Snow Men
06.Week End
他 全14曲 ※曲順未定
※全形態共通封入特典:「星野源 LIVE TOUR 2016『YELLOW VOYAGE』」チケット先行抽選受付用シリアル番号封入

■「星野源 LIVE TOUR 2016 『YELLOW VOYAGE』」

1月09日(土) 北海道 札幌 ニトリ文化ホール
1月16日(土) 石川 本多の森ホール
1月23日(土) 埼玉 さいたまスーパーアリーナ
1月24日(日) 埼玉 さいたまスーパーアリーナ
1月28日(木) 香川 高松 アルファあなぶきホール 大ホール
2月03日(水) 宮城 仙台サンプラザホール
2月09日(火) 愛知 名古屋 日本ガイシホール
2月16日(火) 福岡 サンパレスホテル&ホール
2月27日(土) 兵庫 神戸ワールド記念ホール
2月28日(日) 兵庫 神戸ワールド記念ホール
3月05日(土) 広島 広島文化学園HBGホール

【関連リンク】
星野源 オフィシャルHP
星野源、新曲「Week End」が『めざましどようび』 新テーマソングに
星野源、待望の新曲「Snow Men」MVを公開
池井戸潤「ロスジェネの逆襲」が文庫部門1位獲得、星野源「働く男」は自身初のTOP10入り

【関連アーティスト】
星野源
【ジャンル】
ジャパニーズロック

普遍の愛をテーマにした新童謡アルバム『あからんくん』が完成
Wed, 14 Oct 2015 18:00:00 +0900
アルバム『あからんくん』 (okmusic UP\'s)

“普遍の愛=all you need is LOVE”をテーマに、今大人から子供たちに伝えたいことを大人向けの新しい童謡として制作したアルバム『あからんくん』が10月28日に発売される。

【その他の画像】イルカ

松本一起、伊勢正三によるプロデュースに、南こうせつやイルカら豪華なメンバー、しなまゆ、そして世界エアギターチャンピオンの名倉七海といった注目の新人も参加。バラード、ロック、ボサノバ、ラップなど従来の童謡の枠を超えたポップで多彩な作品となっている。この作品は“あ”から“ん”までの50音から始まるタイトル曲を収録した内容で、数々のヒット曲を手がける作詞家、松本一起による詞に伊勢正三らが曲を付けた。

今作のCDジャケットにも起用されるメインキャラクターは、茅ヶ崎在住の新鋭イラストレーター、安部竜一がデザインした“普遍の愛”を象徴する創造物(クリーチャー)「あからんくん」。そのメインキャラクターのテーマ曲「あからんくん」と、“あ”から“の”までの26曲が収録される。続きの“は”から“ん”までは、来年発売予定。

この作品の特徴は、子供だけでなく“大人に向けても作られている”点。伊勢正三は“いろんな世代の人たちに共感してもらえるように、かつてボクらが世に出した歌で楽しんでくれた人がお子さんやお孫さんに聴かせたくなるものを作りたかった”とコメントしている。松本一起も“日本語の情緒、味、香りを大切に新しい童謡を作詞しました。そして童謡にこそ時代という呼吸が必要だと思い、今ならではの世界観を表現しました。大人も子供も一緒になって100年は歌い続けて欲しい、そんな願いを込めて、、”と語る。

メインキャラクターのテーマ曲「あからんくん」のリリックビデオがYouTubeに公開されているので、新しい童話の世界を覗いてみよう。また、このアルバムのリリースに合わせて、同名の絵本も10月23日にスペースシャワーブックスから発売される。“新童謡=音楽”と“絵本=グラフィック”の新しい融合を楽しんでみてほしい。

■「あからんくん」リリックビデオ
https://youtu.be/fcExPzwTvYA

■アルバム『あからんくん』

2015年10月28日発売
FLCF-4489/¥2,000+税
<収録曲>
01.あい
02.いっぱい
03.うた
04.えあぎたー
05.おにいちゃん
06.かたおもい
07.きっすのあじ
08.くさかんむり
09.けいきがいい
10.ことば
11.さくら
12.しおこしょう
13.すし
14.せんせい
15.そら
16.たからもの
17.ちきゅうぎ
18.つき
19.てんさい
20.ともだち
21.なみだ
22.にじ
23.ぬれぞうきん
24.ねたふり
25.のんき
26.あからんくん

【関連リンク】
百恵、裕次郎、サザン、SMAP…リクエスト・ラブソング100選、TBSで4時間SP
南こうせつ主宰コンサートに遠藤賢司、クリス・ハートら豪華メンバー出演!
しなまゆ、ワンマンライブでメジャーデビュー1年目を締めくくる
しなまゆ、1stアルバム『まえならえ』をリリース&チャイナドレスMVも公開中

【関連アーティスト】
イルカ, 南こうせつ, 伊勢正三, しなまゆ
【ジャンル】
J-POP, 演歌/歌謡曲

JASMINE、新曲も披露したプロデュースイベント「Jas Vegas」が大盛況
Wed, 14 Oct 2015 17:00:00 +0900
10月10日(土)@渋谷HARLEM PLUS (okmusic UP\'s)

唯一無二のパワフルかつ繊細な歌が魅力のシンガー、JASMINEがプロデュースする“女の子が輝くための新感覚ライヴパーティー”「Jas Vegas」が10月10日(土)、1年半ぶりに渋谷HARLEM PLUSで開催された。

【その他の画像】JASMINE

本公演は“90年代の良質なNEW SCHOOL、R&B、HIP HOP、そして2015年現在の最新トレンドを一晩に体感できる場所”というコンセプトで行なわれた。オープンと同時に熱狂的なファンが押し寄せ、HARLEM PLUSはあっという間に満員に! MARIN、Jinmenusagi、KANDYTOWNと濃厚なヒップホップを感じさせるメンバーのライヴを経て、デビュー曲「sad to say」を歌いながらJASMINEがステージに登場すると、会場のファンから悲鳴にも似た歓声が沸き起こった。

続けざまに「High Flying」で畳みかけたのち、“未発表の新曲をここにいる皆様にお聞かせします!”という声に続いて、未発表曲「cinderella(仮)」を初披露。サックスがフィーチャーされたオーガニックなトラックに乗せた美メロに、会場はまるでこの曲を知っていたかのような盛り上がりを見せた。

その後、「Jas Vegas」では恒例のアップ曲を立て続けに披露し、DJ HIPSの流麗なスクラッチプレイから「#AGARU」のコール&レスポンスでテンションをMAXに上げたあと、装いを新たにリアレンジされた「Best Partner」を歌唱。熱狂からアカペラパートへの落差にファンたちが息を呑む形で公演を締めくくった。

しかし、ほどなくして始まった熱烈なアンコールに応え、この日の最後を飾る曲として「Dreamin\'」を熱唱。ファンの間でも名曲の呼び声高い楽曲で発揮されたその天才的歌唱力に会場は酔いしれた。大盛況の「Jas Vegas」、次回は11月1日(日)に大阪・CLUB PICCADILLY UMEDA OSAKAで開催される。「Jas Vegas in OSAKA」と題されたこの公演にはMACO、隣のミカゲロンの出演も決定している。新たなコンセプトのもと始まった「Jas Vegas」から、今後も目が離せない。

■「Jas Vegas in OSAKA」

11月01日(日) 大阪 CLUB PICCADILLY UMEDA OSAKA
開場:16:30/開演:17:00
出演:JASMINE、MACO、隣のミカゲロン
チケット:前売り ¥2,800 / 当日 ¥3,500
※入場の際、別途ドリンク代(¥500)が必要。
一般発売プレイガイド: ローソンチケット

【関連リンク】
JASMINE オフィシャルHP
MACO、初の失恋ソング「Kiss」が原案のYouTubeドラマ放送決定
MACO、1stアルバム発売記念ワンマンのチケット一般発売がスタート
MACOがフランス映画の主題歌を担当「私自身とリンクする部分がたくさんありました」

【関連アーティスト】
JASMINE, Jinmenusagi, MACO
【ジャンル】
J-POP, ライブ

大阪のロックバンド“裸体”、12月に初の全国流通盤となる1stミニアルバム『新世界』をリリース
Wed, 14 Oct 2015 16:30:00 +0900
裸体 (okmusic UP\'s)

10月14日にTOWER RECORDS限定シングル「原動力」を発売した大阪のロックバンド、裸体。そんな彼らが、12月9日に1stミニアルバム『新世界』をリリースすることがわかった。

【その他の画像】裸体

7年という活動の中で単独流通音源を出さずに活動してきた彼らだが、これまでにeastern youthとの2マンを成功させ、また今年9月から11月の3ヵ月連続大阪東京連続企画の11月大阪編ではcinema staff、東京編ではLOSTAGEとの2マンライヴが控えている。

ライヴではお馴染みの躍動感のある楽曲と、心にそっと寄り添って背中を押してくれる力強い言葉をパッケージングした全7曲。大阪の最終兵器がいよいよ全国に向かって動き出す!

■ミニアルバム『新世界』

2015年12月9日発売
KABA-011/¥2,000+税
<収録曲>
01.言い聞かせる事
02.原動力
03.俺もそう
04.冷えきった空
05.回顧
06.それ以外に
07.あの頃の僕には

■ライヴ情報

11月08日(日)
裸体presents「みんなのうた〜11月東京編〜 」
出演:裸体、LOSTAGE

11月27日(金)
裸体企画 「みんなのうた〜11月大阪編〜」
出演:裸体、cinema staff

【関連リンク】
裸体 オフィシャルHP
cinema staff、ニューE.P.「WAYPOINT E.P.」にダブルタイアップ
大阪の最終兵器、裸体が初の単独音源「原動力」をリリース
cinema staff、ニューEP発売&初のホールワンマン開催決定

【関連アーティスト】
裸体
【ジャンル】
ジャパニーズロック

THE BAWDIES、新春1発目の東名阪ツアーが決定
Wed, 14 Oct 2015 16:00:00 +0900
THE BAWDIES (okmusic UP\'s)

THE BAWDIESの最新シングル「SUNSHINE」。10月28日のリリースまで残すところあと2週間となったこのタイミングで、2016年の年明けに新年1発目となる東名阪ツアーがアナウンスされた。新年1発目の東名阪ツアーは、THE BAWDIESとの新年会とも言える記念すべきツアーとなりそうだ。

【その他の画像】THE BAWDIES

さらに、こちらのチケットには“新春ギフト付き”と明記され、もれなくお土産がもらえるという嬉しい特典も用意されている。そのほかにも新春ならではのサプライズをまだまだ予定しているとのこと!

最新シングル「SUNSHINE」のパッケージ商品には、シリアルナンバーを封入。そのシリアルナンバーの利用方法は、2つ用意されている。まず1つ目は、今回発表となった2016年新春に開催されるワンマンツアー「BRINGING IN THE ROCK & ROLL NEW YEAR」のツアーチケット抽選予約に応募できるということ。こちらの受付期間は10月27日(火)12:00〜11月8日(日)24:00までとなっている。そして、シリアルナンバーダブル特典としてもう一つの利用方法は、当選個数30名という超限定「SUNSHINE」トートバッグ(※添付サンプル画像参照)のプレゼント抽選に応募できる。こちらの応募期間は11月11日(水)24:00まで。

なお、ワンマンツアー「BRINGING IN THE ROCK & ROLL NEW YEAR」のチケットをいち早くゲットしたいという方には耳寄りな情報が! 10月14日(水)正午から10月21日(水)24:00までの1週間限定で、オフィシャルモバイルサイトでの先行予約を受付中だ。どこよりも先にチケットを予約できるこの機会をお見逃しなく!

■THE BAWDIES モバイルサイト
http://sp.thebawdies.com/

■「BRINGING IN THE ROCK & ROLL NEW YEAR」

1月10日(日) 大阪 なんば Hatch
1月11日(月) 愛知 名古屋 DIAMOND HALL
1月17日(日) 東京 EX THEATER ROPPONGI

【関連リンク】
THE BAWDIES オフィシャルHP
稲葉浩志(B\'z)、新曲「水路」がWOWOWドラマ主題歌に決定
マンウィズのジャン・ケン・ジョニー、新作への想いを語る。「好キな作品トノコラボハアーティスト冥利ニ尽キル」
lynch.の最新アルバムがヨーロッパでリリース決定

【関連アーティスト】
THE BAWDIES
【ジャンル】
ジャパニーズロック

家入レオ×大原櫻子、同世代カップリングライヴでセッションも!
Wed, 14 Oct 2015 15:30:00 +0900
10月13日@Zepp Tokyo (okmusic UP\'s)

「ビクターロック祭り2016」の開催を2016年2月14日に控える中、そのイベントの番外編として10月13日(火)に注目の同世代女性シンガー、家入レオと大原櫻子が初のカップリングライヴを行なった。

【その他の画像】家入レオ

開演と同時にBGMに乗って、白と青の爽やかな衣装に身を包んだ大原櫻子が登場。「Over The Rainbow」で歌声をステージから響かせ、“こんばんは〜大原櫻子です! 今日は楽しんでいくぞ〜”とファンを盛り上げる。会場が一瞬静まり、ギターのオープンコードがかすかに聞こえると、「明日も」のイントロパートをアカペラで歌い上げ、瞬く間に2,700人の観客を魅了した。

“本日はビクターロック祭り番外編ということで、私の大好きな、尊敬する家入レオさんとライブができて、とてもルンルンしてます! デビュー前から大好きで、ライブも見せてもらったりしていた憧れの存在なので、とても嬉しいです。2人でイベントを盛り上げていければと思っていますので、宜しくお願いします!!”と思いを述べると、リリースしたばかりのシングル「真夏の太陽」、そして“このイベントが近付いて来たので、みんなで一緒に歌いたいなと思います!”と呼びかけ、コール&レスポンスを交えながらの「オレンジのハッピーハロウィン」と、季節感が漂う2曲でさらに盛り上げる。続いて、「瞳」の1番をアコースティック編成で披露し、会場をやさしく包み込むと、割れんばかりの拍手が巻き起こった。

そして、“まだまだみんな元気は残ってるかー!? まだまだ歌っていきたいかー!?”と、手拍子とタオル回しで盛り上げた「頑張ったっていいんじゃない」に続き、最後の曲「Happy Days」では2,700人の“HAPPYダンス”で会場を熱気に包み、約45分にわたる大原櫻子のステージは終了した。

15分の休憩のあと、次に控えるのは家入レオ。ステージへ登場すると、ロックナンバー「純情」を激しく歌い上げ、いきなり会場の熱気は最高潮に! “みなさんこんばんは、家入レオです! 今日は盛り上がっていきましょう!”と挨拶すると、「Shine」「太陽の女神」と言ったヒットナンバーを披露。“私、2マンライブは今回が初めてなんですよ。記念すべきその第1回目を、大原櫻子ちゃんと一緒に迎えることが出来て、とても嬉しいです!”とMCし、“櫻子ちゃんとは夏に歌番組でコラボしたんですけど、その時お会いするのがほぼ初めてという状況で。人見知りだからなかなか話しかけられなかったんですけど、シーンとした楽屋で、勇気を出して、櫻子ちゃんの『明日も』を携帯で流してみたの。それで恐る恐る隣を見てみたら、櫻子ちゃんの太陽みたいな笑顔がそこにあってね。なんてかわいいんだろうって思って(笑)。この前、2人で朝ごはんにも行ったの!”と、大原との仲良しエピソードを話す場面も。そして、「Silly」「Still」をしっとりと聴かせ、続く「lost in the dream」では、力強いギター演奏で観客を沸かせた。

“いろんなご縁があって、櫻子ちゃんが出演していたドラマ『恋仲』の主題歌を私が歌わせて頂いたんですけど、これからその曲を歌いたいと思います”と、大ヒット中のナンバー「君がくれた夏」も披露。その後は“盛り上がってくぞ!”という掛け声から、「勇気のしるし」「Linda」「サブリナ」とアップテンポなナンバーを畳みかけ、観客とのコール&レスポンスでは“ビクター! ビクター! 櫻子! 櫻子! レオ! レオ!”と煽る。「希望の地球」のラスト、会場全員でジャンプして一体感に包まれる中、家入はステージを後にした。

鳴り止まないアンコールの中、まさかの大原のツアーTシャツに着替えた家入が登場。“大原櫻子ちゃんのファン、見えるかー!?(笑)”と呼びかけると、会場は一気に大盛り上がり。そして家入が“今日はせっかくの2マンライブなので…お呼びしたいと思います、大原櫻子ちゃん!”と呼び込むと、今度は家入のファンクラブTシャツを着用した大原がステージに登場。家入と同じように、“家入レオちゃんファン、見えるかー!?(笑)”と観客に声を掛け、熱いハグを交わした2人の姿に、大歓声が沸き起こった。

“『恋仲』の櫻子ちゃん、すごく素敵だったよね!? 私も毎回ドキドキしながら拝見していたんですけど…今日はせっかくなので、櫻子ちゃんとコラボしたいと思います!”と家入が切り出し、ドラマ『恋仲』の主題歌「君がくれた夏」を2人でセッション。歌い終わったあと、2人は再びハグを交わしていた。“一歳違いということで、同世代なので、また2人でいろいろ出来たらいいね。音楽活動や女優業、お互いに頑張っていきましょう!”と激励し合った家入と大原。ラストは仲良く手を繋ぎ、“ありがとうございましたー!”と会場に生声で挨拶し、約2時間半に及ぶ熱いカップリングライヴは幕を閉じた。

また、2月14日(日)に行なわれる「ビクターロック祭り2016」の出演権をかけたオーディション「ワン!チャン!!」の開催も発表され、同時に「ビクターロック祭り2016超早割チケット」として¥6,900(税込・ロック価格)での先行チケット発売も決定した。詳しくは、「ビクターロック祭り2016」のオフィシャルHPへ! なお、「ビクターロック祭り2016」の第1弾アーティスト発表は11月末日を予定している。

■「ビクターロック祭り2016」オフィシャルHP 
http://www.rockmatsuri.com/
■家入レオ オフィシャルHP 
http://www.jvcmusic.co.jp/leo-ieiri/
■大原櫻子オフィシャルHP 
http://sakurako-web.com/

■「ビクターロック祭り2016」

2016年2月14日(日) 幕張メッセ国際展示場
出演者:11月末発表予定

【関連リンク】
家入レオ、全7か所にわたる学園祭ライヴがスタート
大原櫻子、ニューシングル「キミを忘れないよ」ジャケ写でオトナの女性に
大原櫻子の新曲が日テレ系女子駅伝・マラソン中継応援ソングに決定
家入レオ、全国ワンマンツアー最終公演の完全版を映像化

【関連アーティスト】
家入レオ, 大原櫻子
【ジャンル】
J-POP, イベント

いきものがかり、『遺産争族』主題歌のMVを「スッキリ!!」で解禁
Wed, 14 Oct 2015 15:00:00 +0900
いきものがかり (okmusic UP\'s)

いきものがかりの新曲「ラブとピース!」のMVが、10月15日放送の日本テレビ系「スッキリ!!」にて初オンエアされることが決定した。

【その他の画像】

テレビ朝日系木曜ドラマ『遺産争族』主題歌に決定し、話題を呼んでいる「ラブとピース!」。MVでは、いきものがかり史上もっともユーモアにあふれたドタバタ劇が展開されている。

また、それとは対照的にキュートかつ色気のある吉岡聖恵の表情や、司会者役で今話題の加藤諒、プロレスラー役で実在の杉浦貴が出演している点も見どころだ。なお、番組は天災・事件等で変更になる場合があるとのこと。

さらに、10月15日の10時30分からはこのMVのYouTube Editionも公開されるのでお見逃しなく!

■「ラブとピース!」MV−YouTube Edition?(10月15日10:30より公開)
https://youtu.be/lc7JVGqDGzo

■シングル「ラブとピース! / 夢題〜遠くへ〜」

2015年11月3日発売
ESCL-4543/¥1,165+税
初回仕様限定盤特典:いきものカード046封入
※無くなり次第通常盤が出荷されます。
<収録曲>
1.ラブとピース!
2.夢題〜遠くへ〜
3.ラブとピース! -instrumental-
4.夢題〜遠くへ〜 -instrumental-

【関連リンク】
いきものがかり オフィシャルHP
今井美樹のベストアルバムがオリコンデイリー1位獲得
チャラン・ポ・ランタン、新曲MVは歌詞とまったくリンクしない!?
クミコの新曲発表&日本子守唄協会15周年記念コンサートにつんく♂登場

【関連アーティスト】

【ジャンル】
J-POP, テレビ(番組/CM)

フォー・セインツ with 松坂慶子、デュエットソングが映画「ベトナムの風に吹かれて」主題歌に決定
Wed, 14 Oct 2015 14:30:00 +0900
シングル「たまには仲間で」 (okmusic UP\'s)

女優・松坂慶子とフォー・セインツのリードボーカル・上原徹による奇跡のデュエットソング「たまには仲間で」が、松坂慶子主演映画「ベトナムの風に吹かれて」の主題歌に決定した。

【その他の画像】フォー・セインツ

フォー・セインツは、激動の60年代を駆け抜けた“カレッジ・ポップス”の旗手。1968年、「小さな日記」「希望」という後世に残る大ヒット曲を生み出し、今も多くの人々に支持され続けている。

1968年のデビュー以来、途切れることなく時代の歌を書き続けているフォー・セインツのリーダー上原徹はまさに現役のシンガーソングライターだが、昨年12月、団塊世代を励ます「たまには仲間で」、争う子供たちに向けた愛の歌「子供らよ」の二曲を盟友の作詞家・岡本おさみ(代表作「襟裳岬」「旅の宿」)と共作。ライヴで披露したところ、映画「ベトナムの風に吹かれて」の監督の耳に止まり、団塊の世代を描いた映画にはうってつけということで、主題歌、挿入歌としての使用が決定した。

当初上原徹のソロでのレコーディングが予定されていたが、松坂慶子の歌声と映画の役どころにもピッタリ合うと、プロデューサーが松坂をレコーディングに誘った。「映画の内容といい、曲の歌詞の内容といい、それぞれが作品として最高に生きていくためには、主演女優・松坂慶子とフォー・セインツ上原徹とのデュエットしかない!」という映画スタッフと音楽スタッフとの熱意にほだされ、ついに今回の歌唱に挑戦。団塊の夫婦というシチュエーションで、極上のデュエットソングが誕生した。

シングル「たまには仲間で」は10月14日にリリース。忘れてはいけない仲間のぬくもり、家族への愛情など、人が生きていくために思い出して欲しい「人を思いやることの大切さ」を伝えるメッセージソングに仕上がっている。2015年、結成50周年の年を迎えたフォー・セインツ。彼らの歴史を網羅したオールタイム・ベストの発売も決定している彼らの今後からも目が離せなくなりそうだ。

■「たまには仲間で」MV
https://www.youtube.com/watch?v=MGYWONwI6Ow

■シングル「たまには仲間で」

2015年10月14日発売
【初回生産限定盤】(CD+DVD)
UPCY-9450/¥1,800(税込)
【通常盤】(CD)
UPCY-5050/¥1,300(税込)
<収録曲>
■CD
1.たまには仲間で
※映画「ベトナムの風に吹かれて」主題歌
2.子供らよ
※映画「ベトナムの風に吹かれて」挿入歌
3.たまには仲間で(オリジナル・カラオケ)
4.たまには仲間で(オリジナル・カラオケ / duet with 松坂慶子)
5.たまには仲間で(オリジナル・カラオケ / duet with フォー・セインツ)
■DVD ※初回生産限定盤のみ
「たまには仲間で」MV

【関連リンク】
フォー・セインツ オフィシャルHP
40年ぶり活動再開のフォー・セインツ、新曲起用のイメージ・ビデオが話題に
分島花音、ニューシングル「君はソレイユ」の詳細を一挙解禁
超特急、「MUSIC CIRCUS\'15」で魅力を見せつける圧倒的パフォーマンス

【関連アーティスト】
フォー・セインツ, 松坂慶子
【ジャンル】
J-POP, 映画

クミコ、日台文化交流イベントで「広い河の岸辺」熱唱
Wed, 14 Oct 2015 14:00:00 +0900
?10月12日@??加賀市文化会館 (okmusic UP\'s)

『花子とアン』「マッサン』で使用され、?話題となった「広い河の岸辺〜The Water Is Wide〜」?を歌う??クミコが、???加賀市文化会館にて行われた?『?台湾まつり in 加賀市?? 台北市立國楽団 日本公演?』?に出演した。

【その他の画像】クミコ

1979年に台湾で初めて設立された伝統のオーケストラ・台北市立國楽団?による2回目?となる日本公演は、?日台交流の架け橋として活??躍する????台湾歌手の??寒雲(かんうん)?が???プロデュース。???寒雲?は、“希望の歌”として各メディア?に?取り上げられ、合唱ソングとしても広がりを見せている「広い河の岸辺」?を??北京語でカバー?しており、当日はクミコをゲストに迎え、?2人が?ステージに並んだ。

?クミコは?公演の2部?より?登場?。70名?の?オーケストラ?による?民族楽器を多分に駆使した壮大な演奏をバックに、クミコが日本語で、寒雲が北京語で共に「広い河の岸辺」を高らかに唄い?あげる。国境を越えたそのパフォーマンスに、約1,400名におよぶ日??台の観客から?は?拍手と歓声があがり、会場全体で合唱?を繰り広げる圧巻のステージ?となった。

?「広い河の岸辺?」についてクミコは?、?「?みんなで歌える希望の曲。台湾でもたくさんの人に聴いてもらえていることが凄くありがたいです。今日こうして、寒雲さんのおかげで北京語との競演ができたことで、もっともっとこの曲が広がってくれたらと思います。?」と日台の観客に感謝の言葉を述べ、改めて楽曲をアピール。また?、?つんく♂プロデュースによる新曲についても、「?つんく♂さんに作っていただいた《うまれてきてくれて ありがとう》も台湾で唄われたら嬉しいです。」と語った。

???“次世代に歌い継ぐ子守唄”として9月2日に発売となった?「?うまれてきてくれて ありがとう?」?は、最新のUSENリクエストランキング歌謡曲部門?にて?1位を?記録、先日9日のコンサートで?は?つんく♂がサプライズ出演し?たことも大きな話題となった。

クミコの精力的な活動から、今後も目が離せない。

■「広い河の岸辺 〜The Water Is Wide〜」
?https://www.youtube.com/watch?v=_pgFR1ScukA

■「うまれてきてくれて ありがとう」Music Video ???
https://www.youtube.com/watch?v=SqwrbZY2wgM?

【関連リンク】
クミコ オフィシャルHP
クミコの新曲発表&日本子守唄協会15周年記念コンサートにつんく♂登場
クミコ、つんく♂作曲「うまれてきてくれて ありがとう」発売記念イベント開催
クミコ、広島で希望の歌「広い河の岸辺」を7,000人と大合唱

【関連アーティスト】
クミコ
【ジャンル】
J-POP, イベント

安室奈美恵×初音ミク、コラボMV公開! メイキングムービーもフルCGで制作!?
Wed, 14 Oct 2015 13:30:00 +0900
「B Who I Want 2 B feat. HATSUNE MIKU」MV (okmusic UP\'s)

安室奈美恵とバーチャルシンガーの初音ミクとのコラボレーション楽曲「B Who I Want 2 B feat.HATSUNE MIKU」のMVが公開された。

【その他の画像】安室奈美恵

発売中の最新アルバム『_genic』に収録されることで初の共演を果たした安室奈美恵と初音ミク。コラボ楽曲を発表した際に、声だけではなく“2人が共演している姿を見たい”という要望の声が多く寄せられ、それに応える形でMVの制作に至ったという。もちろん、MVは全編フルCGで制作されており、リアルでは見ることのできない“安室奈美恵と初音ミクの共演”が実現したプレミアム作品となっている。

さらに、今回制作されたのはMVだけではない。そもそも、すべての映像はCGで制作されているため、撮影オフショットのようなものは存在しない。ところが、この本来存在しないはずのMVメイキングムービーもフルCGで制作してしまっているのだ。このメイキングムービーは、NYLON TVで公開中。まさに、安室奈美恵が完全にバーチャルの世界に飛び込むという、次元を超えたコラボレーション作品となった。

MVのコンセプトは“NEO TOKYO”。3Dモデルと作画(2D)の安室&初音がシームレスに行き来する、フルCG映像ならではの手法を入れたショートストーリー仕立ての内容だ。また、その舞台は“URBAN(アーバン)”“GAME(ゲーム)”“FASHION(ファッション)”、そしてコンセプトである“NEO TOKYO(ネオトーキョー)”の4シーンで構成されており、シューティングゲームで盛り上がるシーンやクラブイベントでダンスパフォーマンスを披露するシーンなど、さまざまなシチュエーションで2人が共演している姿を観ることができる。

「B Who I Want 2 B feat.HATSUNE MIKU」は、Diploと共にマドンナを共同プロデュースし、自身の作品も主要音楽メディアから軒並み高い評価を得ている大注目のUKアーティスト、SOPHIEによるプロデュースが実現したフューチャーポップ。MV中には、“SOPHIE”の文字を型取ったテキストオブジェも登場するなど話題性が高い。そして、この2人は『NYLON JAPAN 11月号』Web通販限定版の表紙を飾っているとのこと! 『NYLON JAPAN 11月号』Web通販限定版では、90\'sヒップホップをテーマにした、MVとは異なるスタイリングで表紙に登場し、中ページではファッションシューティングも展開している。DTMマガジンでも、同様に2人が表紙を飾っているとのことで、まるで実在するアーティストかのような活動ぶりだ。

また、安室の3Dモデル(全4ポーズ)と記念撮影できるアプリ「namie amuro 3D camera」も好評配信中。カメラ画面で3Dモデルを360度回転させながら、お好みのアングルで安室奈美恵と記念撮影できるとのことなので、ぜひ試してみてほしい。安室奈美恵のオフィシャルHPでは、“安室奈美恵とのコラボレーションを見てみたいアーティスト”を投票できるスペシャルサイトもオープン。こちらの投票期間は12月31日(木)までとなっている。

■「B Who I Want 2 B feat.HATSUNE MIKU」メイキングムービー (NYLON TV)
http://www.nylon.jp/tv/
■「namie amuro 3D camera」
・Android:
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.moblab.cam3DNamiko
・ios:
https://itunes.apple.com/jp/app/id1036084454
■安室奈美恵 コラボレーションアーティスト投票サイト
http://namieamuro.jp/survey/answer/collaboArtists/

■「B Who I Want 2 B feat.HATSUNE MIKU」MV
https://www.youtube.com/watch?v=WAGwY9ODTEQ

【関連リンク】
安室奈美恵 オフィシャルHP
Mステ10時間SP、全61組“全部ヒット曲”の演奏曲発表
ZARD「負けないで」22年ぶり復活オンエア!Mステ10時間SP
安室奈美恵、全国ツアースタート&3年ぶりのアジアツアーも発表

【関連アーティスト】
安室奈美恵, SOPHIE, 初音ミク
【ジャンル】
J-POP, R&B/ソウル, ボーカロイド

HEY-SMITHがキュレーターを務めた『Bowline』が大阪で開催
Wed, 14 Oct 2015 13:00:00 +0900
HEY-SMITH (okmusic UP\'s)

9月26日、27日の幕張メッセに続いて、いよいよBowline史上初となる大阪の陣が開催された。

【その他の画像】POTSHOT

今回キュレーターを務めたのは、地元大阪が誇るメロディックパンクバンド、HEY- SMITH!『会いたい人』というシンプルかつハートフルなテーマを掲げ、ジャンルレス、ボーダーレス、まさに"異種混合"のレアな面々がZeppなんば大阪に招集された。

■Crossfaith
「一緒に遊ぼうぜー!」。彼らの登場により、冒頭から場内のムードは暖気どころか一気に最大級のボルテージにまで引き上げられてしまった。『System X』『Xeno』『Devil\'s Party』など、最新アルバム『XENO』から狂乱必至の楽曲で観客にたたみかける。シャウトとヘッドバンギングが止まらない熱気のなか、ラストナンバーとなった『Countdown To Hell』では「最後は俺たちのやり方で終わらせてくれ!」というKoieの呼びかけと同時に、フロアの人垣が左右へ裂かれた。「中指あげろー!」という雄叫びを合図に、オーディエンスたちは再び入り乱れ、ひとつに。日本はもとより、海外のシーンでも鍛え抜かれた彼らのライブは本当に激しく、何よりもドラマティックだった。

■DUB 4 REASON
今回のキャスティングのなかでも特に異色の存在であった『DUB 4 REASON』のドレッド3人衆。ラフな雰囲気でステージ上に現れるや否や、まずは軽妙なデジタルサウンドと裏打ちのリズムが心地良い『SHOUT DUB』からのスタート。「暗黒ダンスミュージックとか言われてますけど、俺らめっちゃポップなバンドだから!」とオーディエンスに訴えたMASTER Kの言葉とは裏腹(?)に、続く『ANARCHY AND DUB』の独特な気怠さを孕んだヘヴィーなサウンドで観客を虜にした。すべての楽曲がインストゥメンタルで構成された彼らの音楽は、言葉以上に強い印象を与え、ライブ終了後も深い余韻を残した。

■グッドモーニングアメリカ
やはり一筋縄ではいかないバンドである。オープニングでのたなしんの客席からの登場に、フロアは一時騒然となった。オーディエンスに支えられながら、恒例の「ファイヤー!!」の掛け声でいよいよライブがスタート(たなしんはオーディエンスの手により、安定の半ケツでステージ上へ)。『未来へのスパイラル』『コピペ』でフロアのテンションをさらに煽り、続く新曲『ディスポップサバイバー』では、オーディエンスと息の合ったコール&レスで一体感を増した。ラストを飾った『空ばかり見ていた』の後、止まない拍手喝采のなか、メンバー全員が観客席に向けて、いつまでも深くお辞儀をしていた姿が印象的だった。

■LIFE IS GROOVE
“異種混合”という言葉をこの日一番体現していたのは、おそらくこのバンドだったのではないだろうか。KenKen、ムッシュかまやつ、山岸竜之介、韻シストバンドなど、新鋭から百戦錬磨までの実力派が揃った『LIFE IS GROOVE』。「世界で一番かっこいいファンクミュージックをやろうと思って、このバンドを結成しました!」というKenKenの言葉通り、冒頭の『PARTY ON』から最高にグルーヴィなサウンドでフロアを包んだ。『ゴロワーズを吸ったことがあるかい』では、KenKenの盟友であるROTTENGRAFFTYのN∀OKIが飛び入り参加し、即興のライミングを披露。続くラストでは、ムッシュかまやつ氏の代表曲であるザ・スパイダーズの『バンバンバン』で、この最高にクールなセッションの幕を閉じた。

■POTSHOT
今回キュレーターを務めたHEY-SMITHにとって、おそらく多大な影響を受けた存在であろうバンド『POTSHOT』が登場。『POTSHOT IS COMING』からのスタートで、フロアでは呼応するようにスカダンスが始まった。『BE ALIVE』『RADIO』と、ステップの足を止めさせないほどアッパーな曲が続き、曲間の「絶賛解散中のPOTSHOTです!」というRYOJIの自虐的なMCには、オーディエンスから笑いと歓迎の拍手が鳴った。新曲『FIGHT TOGETHER』に続いて「猪狩からのリクエストです」という言葉から始まった『UNDER THE BLUE SKY』で、場内のボルテージは最高潮に。軽妙でハッピームードに溢れた彼らのライブは、多くのファンを魅了した。

■PUFFY
この日の"紅一点"として登場したPUFFY。クールなロックナンバー『boom boom beat』を皮切りに『愛のしるし』『これが私の生きる道』などのヒットチューンで、あっと言う間にフロアの空気を"PUFFY色"に塗り替えた。先程まで激しいモッシュ合戦を繰り広げていた観客も、この時間ばかりは身体をゆるく左右に揺らし、一緒にメロディを口ずさむ。「カニ食べいこう〜!」マイクを向けられたオーディエンスが大合唱で応えた『渚にまつわるエトセトラ』に続いて、彼女たちのステージを締めくくったのは、やはりこの曲『アジアの純真』。結成20周年を迎えてもなお、変わらぬ愛くるしさと類を見ないオリジナリティは、不動の"ポップ・アイコン"としての貫禄さえ感じさせた。

■HEY-SMITH
トリを飾ったのは、本イベントのキュレーションを務めたHEY-SMITH。彼らの登場…いや、“復活”を心待ちにしていたであろうファンたちが、所狭しとフロアにひしめきあっていた。暗幕が開くと同時に、雄叫びにも似た観客からの歓喜の声が場内に響く。スタートの合図となった『Endless Sorrow』から、客席はもはやマグマさながらの熱気と狂乱の坩堝に。『Drug Free Japan』『Jump!!』など、ひたすらボルテージを上昇させる曲が連続投下され、まるでステージ上の彼らの熱狂が伝染しているかのように激しく悶えるオーディエンスの姿は、"狂喜乱舞"以外に当てはめる言葉が見つからないほどだ。『俺は音楽しか信じていない!音楽はお前らが思っているより尊いんじゃ!ダウンロード出来るもんならやってみろ!』という猪狩の言葉から始まった『Download Me If You Can』、そして自身のルーツのひとつから生まれた名曲『Skate Or Die』でステージを後にした。だが、そのまますんなりと終わるはずはなく、アンコールに呼び込まれ、ステージに再登場した彼らは『True Yourself』、そしてCrossfaithのKoieを招いての『Come Back My Dog』を熱演。これですべてのライブが終了…と思いきや「裏に行ったらあと30秒あるって言われたから、30秒で終わる曲やります!」と『Teenage Frustration』を演奏した。つくづく“完全燃焼”させてくれるバンドである。

まさに“この日だけのスペシャルな対バン”を観ることが出来た『Bowline大阪場所』。終演後、会場を後にする観客の最高に満たされた表情を見て、ひとつの確信を得ることができた。今回キュレーターを務めたHEY-SMITHが誰よりも一番「会いたかった」のは、素晴らしいステージを飾ったキャストたちだけでなく、この日に会場に訪れたすべてのお客さんたちだったのではないだろうか。そして、テーマに掲げた「会いたかった」という言葉が、この日のライブが終了する頃には、すべての人の心の中で「会えて良かった」という言葉に変化していたような気がした。

TEXT:三好千夏
PHOTO:半田安政(Showcase)(Crossfaith、グッドモーニングアメリカ、POTSHOT、HEY-SMITH)、HayachiN(DUB 4 REASON、LIFE IS GROOVE、PUFFY)


【セットリスト】
■Crossfaith
1. System X
2. Xeno
3. Monolith
4. Ghost In The Mirror
5. Devil\'s Party
6. Omen
7. Countdown To Hell

■DUB 4 REASON
1.SHOUT DUB
2.ANARCHY AND DUB
3.WICKEDUB
4.CRISIS DUB
5.ETERNAL RIGHTS

■グッドモーニングアメリカ
1.未来へのスパイラル
2.コピペ
3.ディスポップサバイバー
4.キャッチアンドリリース
5.ハローハローハロー
6.空ばかり見ていた

■LIFE IS GROOVE
1.PARTY ON
2.Today\'s Song
3.Brain Food MaMa
4.ゴロワーズを吸ったことがあるかい
5.バンバンバン

■POTSHOT
1.POTSHOT IS COMING
2.BE ALIVE
3.RADIO
4.FIGHT TOGETHER
5.UNDER THE BLUE SKY
6.LOVE CHANGES EVERYTHING
7.SHE IS CUTE
8.PARTY
9.EVERY RAIN LETS UP
10.FREEDOM
11.MEXICO
12.CLEAR

■PUFFY
1.boom boom beat
2.愛のしるし
3.これが私の生きる道
4.Hi Hi
5.赤いブランコ
6.誰かが
7.渚にまつわるエトセトラ
8.アジアの純真

■HEY-SMITH
1.Endless Sorrow
2.Drug Free Japan
3.Living In My Skin
4.Like A Gentleman
5.Jump!!
6.Stand Up For Your Right
7.The First Love Song
8.Lonely With Everyone
9.We Sing Our Song
10.Download Me If You Can
11.Skate Or Die
en1.True Yourself
en2.Come Back My Dog
en3.Teenage Frustration

【関連リンク】
Bowline オフィシャルHP
FACT主催サーキット・フェスの全出演バンド&当日のニコ生放送が決定
タワレコ主催イベント「Bowline」、HEY-SMITHキュレーター公演のSPトレーラーを公開

【関連アーティスト】
POTSHOT, PUFFY, Crossfaith, HEY-SMITH, グッドモーニングアメリカ, DUB 4 REASON, LIFE IS GROOVE
【ジャンル】
ジャパニーズロック, イベント

稲葉浩志(B\'z)、新曲「水路」がWOWOWドラマ主題歌に決定
Wed, 14 Oct 2015 12:00:00 +0900
B\'z・稲葉浩志 (okmusic UP\'s)

11月22日(日)夜10:00から放送開始となる『連続ドラマW 誤断』(第1話無料放送)の主題歌を、B\'zの稲葉浩志が担当することが決定した。

【その他の画像】B\'z

B\'zが結成25周年を迎えた際、『B\'z 25th Anniversary Special 全米ツアー密着ドキュメント「Only Two」』をWOWOWが独占放送した親交もある中で、今回はB\'zとはまた異なる独自の世界観で魅了するソロ活動中の稲葉にオファーし、主題歌の書き下ろしが実現。WOWOWドラマと稲葉浩志の初のタイアップとなる。

NHK連続テレビ小説『マッサン』以降、連続ドラマ初単独主演となる玉山鉄二と、同作の脚本を手がけた羽原大介の再タッグで話題の本作。社会派ヒューマンサスペンスを盛り上げながら、深遠なる魅力をも放つ稲葉の新曲との強力コラボにより、さらに注目が集まることは間違いなさそうだ。

なお、新曲のタイトルは「水路」で、リリースは現状未定となっている。

【稲葉浩志 コメント】
「流れる時間と積み重なる時間というふたつの軸のなかで、過去を後悔し失うことを恐れ、明日への希望を持ち今を生きようとする主人公を描きました。ドラマのなかで流れるのが楽しみです」

【主演・玉山鉄二 コメント】
「稲葉さんがこの作品に参加して頂ける事、大変心強いです。
自分自身が多感な時期に、B\'zに多くの影響を受け、
まさにバイブル。確実に今の僕の感性の一部になっています。
この作品にある様々な角度の正義、その狭間にある、世の中の違和感に溺れる人間、不鮮明な光…
この作品により重厚感を持たせて頂けました。
撮影はまだ中盤ですが、この曲を胸に精進して行きたいと思います」

【堤口敬太(WOWOWプロデューサー) コメント】
「本作は製薬会社の隠蔽事件を題材にした社会派作品ですが、社会正義と会社の利益との間で揺れる主人公の葛藤や苦悩、そして登場人物それぞれの正義を描いたヒューマンドラマです。数々の音楽とともに人の心に残る詩を生み出されてきた稲葉さんであれば、主人公の複雑な感情に寄り添いながら、暗闇から前に進むための微かな希望を与えてくれる、そんな音楽を作ってくださると思いオファーをさせていただきました」

【関連リンク】
B\'z・松本孝弘、TBS『世界遺産』新テーマ曲を書き下ろし
稲葉浩志、映像作品『Koshi Inaba LIVE 2014〜en-ball〜』の詳細が明らかに
稲葉浩志、『龍が如く』最新作に楽曲提供

【関連アーティスト】
B\'z, 稲葉浩志
【ジャンル】
ジャパニーズロック, テレビ(番組/CM)

分島花音、ニューシングル「君はソレイユ」の詳細を一挙解禁
Wed, 14 Oct 2015 12:30:00 +0900
分島花音 (okmusic UP\'s)

分島花音が11月25日にリリースするシングル「君はソレイユ」(『ストライク・ザ・ブラッド OVA』のエンディングテーマ)のアーティスト写真、ジャケット写真、商品および特典詳細を解禁した。

【その他の画像】分島花音

2014年2月に発売された「signal」(TVアニメ『ストライク・ザ・ブラッド』エンディングテーマ)に引き続き、今回も『ストライク・ザ・ブラッド』の世界観をやさしく紡ぎ出している。カップリングに収録される「プリンセスチャールストン」は、過去にライヴでも演奏されてきた曲。ファン待望のニューシングルとなる。

■シングル「君はソレイユ」

2015年11月25日発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
1000584281/¥1,800+税
【通常盤】(CDのみ)
1000584282/¥1,200+税
※描き下ろしアニメ版権(デカ帯仕様)
<収録曲>
■CD
01.君はソレイユ
02.プリンセスチャールストン
03.君はソレイユ(instrumental)
04.プリンセスチャールストン(instrumental)
■DVD ※初回限定盤のみ
01.君はソレイユ(MV)

【関連リンク】
分島花音 オフィシャルHP
「電波諜報局」にTRUEと井口裕香&分島花音がゲスト出演
アニサマ2015の第1弾出演アーティストが発表に
“ANIMAX MUSIX”初の大阪公演で2,000人以上を動員

【関連アーティスト】
分島花音
【ジャンル】
J-POP, アニメ, テレビ(番組/CM)

超特急、「MUSIC CIRCUS\'15」で魅力を見せつける圧倒的パフォーマンス
Wed, 14 Oct 2015 11:30:00 +0900
10月11日(日)@大阪・南港のATCホール (okmusic UP\'s)

10月11日(日)に大阪・南港のATCホールを舞台に開催された「MUSIC CIRCUS\'15」。そのレッドステージに超特急が登場した。

【その他の画像】超特急

EDMやクラブミュージックを軸にした本イベント。今年は“ハロウィン”を一大テーマに開催され、会場には国内外からジャンルを超えた音楽好きが集まった。

超特急は「Time Wave」で、会場にいる観客を一気に虜にしたあと、「Kiss Me Baby」「バッタマン」を披露。「バッタマン」では、ハロウィンにちなんで6号車ユースケが曲中でかぶり物をして登場、オーディエンスにお菓子を撒くなど、バラエティに富んだ演出で会場を盛り上げた。

通路を行き交う観客をも立ち止まらせ、踊り、騒ぎ、会場を揺らしてしまうほどの圧倒的なパフォーマンスで駆け抜けた超特急。“中継ぎのエース”として相応しいインパクトで爪痕を残し、多彩なジャンルのイベントから引っぱりだこになっている魅力を見せつけるステージとなった。

2015年に開催した全国ツアーは全てチケットが完売するなど、ブレイクに向けて波に乗っている超特急は、12月23日(水)、24日(木)に代々木競技場 第一体育館で2daysの単独ライヴを開催予定だ。

【セットリスト】
01.Time Wave
02.Kiss Me Baby
03.バッタマン

■「超特急 CHRISTMAS ONEMAN LIVE 2015 Fantasy Love Train〜君の元までつながるRail〜」

12月23日(水) 東京 国立代々木競技場 第一体育館
12月24日(木) 東京 国立代々木競技場 第一体育館

【関連リンク】
超特急 オフィシャルHP
超特急、『MBS音祭2015』で白熱ステージを展開
超特急の大人気レギュラー番組がついに激動の最終回!
超特急、初出演となるイナズマロックフェスで大奮闘!

【関連アーティスト】
超特急
【ジャンル】
J-POP, イベント

ゆゆん、12月16日に1stアルバム『カーテンコール』をリリース!
Wed, 14 Oct 2015 11:00:00 +0900
ゆゆん (okmusic UP\'s)

ゆゆんが初の全国流通音源となるアルバム『カーテンコール』を12月16日にリリースすることが発表された。

【その他の画像】ゆゆん

ゆゆんは2013年10月結成。メンバーはゆりえ(ex.スカートの中)、まりな(ex.日本マドンナ)、イシバシリサ(ex.アイマイミー)、イシカワミナ子からなる4人組。現在は都内を中心に精力的なライヴ活動を展開し、既にライヴハウスシーンではかなりの盛り上がりを見せている。

今回は初の全国流通音源であるが、アルバムとしての完成度は非常に高い。バラエティに富んだ楽曲が見事にひとつの世界観として統一されている素晴らしいデビュー作が完成した。タワーレコードでは初回オリジナル特典として先着でポスターがプレゼントされるので、気になる方は早めにチェックしよう。

さらにアルバム収録曲「はんすう」がテレビ東京系『ソレダメ! 〜あなたの常識は非常識!?』10月クールエンディングテーマに決定した。10月21日(水)18時57分放送分からEDテーマとしてOAされるので、こちらも要注目である。番組はテレビ東京系6局ネット(テレビ東京、テレビ北海道、テレビ愛知、テレビ大阪、テレビせとうち、TVQ九州放送))で放送。お見逃しのないように。

■テレビ東京系『ソレダメ! 〜あなたの常識は非常識!?』
http://www.tv-tokyo.co.jp/sore_dame/

■アルバム『カーテンコール』

2015年12月16日発売
RCSP-0063/¥2,200+税
<収録曲>
01. 牛乳
02. 私の生活
03. ハーベスト
04. はるのつき
05. にげよう
06. 隙間おばけのためのファンファーレ
07. おうち
08. さや
09. はんすう
10. やっほー

【関連リンク】
ゆゆん オフィシャルHP
acid android、展示会の新ビジュアル公開&前売チケット発売決定
cinema staff、ニューE.P.「WAYPOINT E.P.」にダブルタイアップ
J、ツアーファイナルで完全燃焼!

【関連アーティスト】
ゆゆん
【ジャンル】
ジャパニーズロック

がんばれ!Victory、地元佐賀凱旋ライヴ大成功&ニューシングル発売決定
Wed, 14 Oct 2015 10:00:00 +0900
10月11日@地元佐賀・GEILS (okmusic UP\'s)

がんばれ!Victoryが10月11日に地元佐賀・GEILSにて初の凱旋ワンマンライヴを行った。

【その他の画像】がんばれ!Victory

9月12日にTSUTAYA O-WESTにてメジャーデビュー後、初のワンマンを成功に収めたばかりの彼女たち。1ヶ月も経たないうちに行った佐賀でのワンマンライブは、地元ならではのアットホームな雰囲気と佐賀在住時代に作曲した楽曲を織り交ぜたセットリストを披露する東京のワンマンライヴとは様相を変えた内容で集まった200人のファンを魅了した。

ライブはオープニングSEから一発目に「KGSD」でスタート。ファーストMCでは、佐賀での凱旋ワンマンライブの想いを語る場面も。続けて佐賀時代に制作しライブでも定評の高い「ろっく」を披露。続けて同じく佐賀時代に制作した「NIJI」を連続で披露。続いてMCでは、「ラリラリラ」で行ったソロ盤に収録されるメンバー書き下ろしデモ投票企画の発表も。1000通を超える応募の中、まゆこが作詞作曲した「Go my way!!!」が見事1位を獲得したことを発表。アレンジした後、次作以降の作品への収録が決定する今回の企画だが、アレンジが施される前の“一夜限り”の「Go my way!!!」を初披露した。

その後、メジャーデビューシングル「全力!スタート」などを披露すると、サイレンが鳴り、がんばれ!Victoryのワンマンライブでは恒例のサプライズ発表に。「1月27日に3rdシングルのリリースが決定しました!」と9月にシングルをリリースしたばかりの彼女たちが早くも3rdシングルのリリースを集まったファンに報告。合わせてニューシングル購入者対象単独イベントも大阪、東京の2箇所で開催することも発表した。

そして、「Never Give Up」「ラリラリラ」「ふらいはい!!!」と会場を熱気に包んだままにライブは終了した。アンコールでは、あやきを除く4名のメンバーがステージに再登壇すると、「ビクネットみなみ」と題した佐賀の名産を紹介するコーナーに。地元・唐津市の法被を身に纏い、がんばれ!Victoryならではのゆるいトークで「唐津焼き」や「玄海漬け」「ドリアンサイダー」などを紹介。がんばれ!Victoryのボケボケのトークで会場を笑いに包むと、あやきもステージに戻り、佐賀時代に生んだ楽曲で故郷を歌った「HOME」をしっとりと歌い上げ、来場した観客も演奏に聞き入った。間違いなく「HOME」は今回の凱旋ワンマンを象徴するであろう1シーンとなった。最後は「DEAR」を披露し、アンコールは終了。ライヴは大盛況に終わった。

がんばれ!Victoryは2016年1月27日にメジャー3 枚目となるシングルをリリース。さらに、リリースを記念した単独イベント『がんばれ!Victory LIVE 特別試合「もうすぐバレンタイン!あるかも!?逆転満塁ホームラン!」(がんビクチョコ付き)』を東京・大阪の2箇所で開催する。

■【セットリスト】

01.KGSD
02.I Go Everyday
03.青春ライフポップ
04.ろっく
05.NIJI
06.Go my way!!!
07.全力!スタート
08.HAPPY LIFE
09.また明日
10.Never Give Up
11.ラリラリラ
12.ふらいはい!!!
〜アンコール〜
01.HOME
02.DEAR

■シングル「タイトル未定」

2016年1月27日発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
PCCA.04328/¥1,389+税
【通常盤】(CD Only)
PCCA.70467/¥926+税
【あやき盤】(CD Only)
PCCA.04329/¥741+税
【れな盤】(CD Only)
PCCA.04330/¥741+税
【まゆこ盤】(CD Only)
PCCA.04331/¥741+税
【しのぶ盤】(CD Only)
PCCA.04332/¥741+税
【みなみ盤】(CD Only)
PCCA.04333/¥741+税

■封入特典
01.イベント入場券
02.3rdシングル「タイトル未定」オリジナルマフラータオル
03.全員チェキ券&がんビクチョコ引換券
■3rdシングル「タイトル未定」5形態購入セット(あやき盤、れな盤、まゆこ盤、しのぶ盤、みなみ盤)
封入特典:イベント入場券、がんビクチョコ引換券
■予約受付はこちら
http://ps.ponycanyon.co.jp/victory/3rd/

■がんばれ!Victory LIVE 特別試合 「もうすぐバレンタイン!あるかも!?逆転満塁ホームラン!」(がんビクチョコ付き)

2月06日(土) 大阪 心斎橋CLUB DROP
2月13日(土) 東京 Shibuya eggman
??応募方法
「がんばれ!Victory Shop」にて3rdシングル「タイトル未定」を予約購入すると、先着で200名限定プレミアムライヴ
??詳細はこちら
http://ps.ponycanyon.co.jp/victory/3rd/

【関連リンク】
がんばれ!Victory オフィシャルHP
がんばれ!Victoryが「カラオケ本舗 まねきねこ」とコラボ
がんばれ!Victory、メジャーデビュー後初のワンマンが大盛況
がんばれ!Victory、出来高報酬クリアならずも“延長戦"としての再チャレンジが決定

【関連アーティスト】
がんばれ!Victory
【ジャンル】
J-POP, ライブ

lynch.の最新アルバムがヨーロッパでリリース決定
Wed, 14 Oct 2015 00:00:00 +0900
lynch. (okmusic UP\'s)

lynch.の最新アルバム『D.A.R.K. ?In the name of evil-』がヨーロッパで発売されることが決定した。発売日は10月16日を予定しており、L\'Arc〜en〜CielやGact、Abingdon Boys SchoolなどのCDも取り扱うGANSHIN RECORDSより発売される(収録内容は国内盤と同内容)。

【その他の画像】lynch.

『D.A.R.K. ?In the name of evil-』の収録曲「BEAST」は、2016年早春より全国ロードショーとなる映画『復讐したい』主題歌に決定。また、2016年1月13日にはライヴDVD 『HALL TOUR\'15「THE DECADE OF GREED」-05.08 SHIBUYA KOKAIDO-』を発売する。このDVDには、2015年5月8日に渋谷公会堂で行われたlynch.初のホールツアー『HALL TOUR\'15「THE DECADE OF GREED」』のFINAL公演の映像を、本編からアンコールまでMCも含め全曲完全収録。初回生産限定版には、2014年12月27日に10周年を記念して開催された“THE 10th BIRTHDAY 『2004-2014』 at STUDIO COAST"の映像を全曲完全収録して同梱、さらにホールツアーに密着したドキュメント映像や、メンバーによるオーディオコメンタリーが副音声で収録(渋谷公会堂ライヴ^のみ)される。

現在lynch.は全国ツアーlynch.TOUR\'15『DARK DARKER DARKNESS』を実施中!

■GAISHIN RECORDS オフィシャルHP
http://www.gan-shin.de

■アルバム『D.A.R.K. -In the name of evil-』

発売中
【初回限定盤】(CD+DVD)
KICS-93256/¥3,333+税
※DIGIPAK&OUTER CLEAR SLEEVE仕様
※3作連動企画応募ハガキ封入
【通常盤】(CDのみ)
KICS-3256/¥2,778+税
※初回プレス分のみ3作連動企画応募ハガキ封入
<収録曲>
■CD
01.INTRODUCTION
02.D.A.R.K.
03.ANTARES
04.EVOKE
05.GHOST
06.ILLUMINATI
07.ETERNITY
08.FALLEN
09.BEAST
10.INVADER
11.COSMOS
12.MELANCHOLIC
13.MOON
■DVD ※初回限定盤のみ
01.EVOKE(MV)
02.ETERNITY(MV)

【関連リンク】
lynch. オフィシャルHP
lynch.、初ホールライヴの模様を収めたDVDリリース決定
lynch.、スペシャルイベントの詳細を発表
lynch.、アルバム発売日にInterFM897&ニコ生にて特番連続放送

【関連アーティスト】
lynch.
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1