歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2015年10月12日)
バックナンバー
最新ニュース
2015/10/21
2015/10/20
2015/10/19
2015/10/18
2015/10/17
2015/10/16
2015/10/15
2015/10/14
2015/10/13
2015/10/12
2015/10/11
2015/10/10
2015/10/09
2015/10/08
2015/10/07
2015/10/06
2015/10/05
2015/10/04
2015/10/03
2015/10/02
2015/10/01
2015/09/30
2015/09/29
2015/09/28
2015/09/27
2015/09/26
2015/09/25
2015/09/24
2015/09/23
2015/09/22
2015/09/21
2015/09/20
2015/09/19
2015/09/18
2015/09/17
2015/09/16
2015/09/15
2015/09/14
2015/09/13
2015/09/12
2015/09/11
2015/09/10
2015/09/09
2015/09/08
2015/09/07
2015/09/06
2015/09/05
2015/09/04
2015/09/03
2015/09/02
2015/09/01
2015/08/31
2015/08/30
2015/08/29
2015/08/28
2015/08/27
2015/08/26
2015/08/25
2015/08/24
2015/08/23
2015/08/22
2015/08/21
2015/08/20
2015/08/19
2015/08/18
2015/08/17
2015/08/16
2015/08/15
2015/08/14
2015/08/13
2015/08/12
2015/08/11
2015/08/10
2015/08/09
2015/08/08
2015/08/07
2015/08/06
2015/08/05
2015/08/04
2015/08/03
2015/08/02
2015/08/01
2015/07/31
2015/07/30
2015/07/29
2015/07/28
2015/07/27
2015/07/26
2015/07/25
2015/07/24
2015/07/23
2015/07/22
2015/07/21
2015/07/20
2015/07/19
2015/07/18
2015/07/17
2015/07/16
2015/07/15
2015/07/14
2015/07/13
2015/07/12
2015/07/11
2015/07/10
2015/07/09
2015/07/08
2015/07/07
2015/07/06
2015/07/05
2015/07/04
2015/07/03
2015/07/02
2015/07/01
2015/06/30
2015/06/29
2015/06/28
2015/06/27
2015/06/26
2015/06/25
2015/06/24
2015/06/23
2015/06/22
2015/06/21
2015/06/20
2015/06/19
2015/06/18
2015/06/17
2015/06/16
2015/06/15
2015/06/14
2015/06/13
2015/06/12
2015/06/11
2015/06/10
2015/06/09
2015/06/08
2015/06/07
2015/06/06
2015/06/05
2015/06/04
2015/06/03
2015/06/02
2015/06/01
2015/05/31
2015/05/30
2015/05/29
2015/05/28
2015/05/27
2015/05/26
2015/05/25
2015/05/24
2015/05/23
2015/05/22
2015/05/21
2015/05/20
2015/05/19
2015/05/18
2015/05/17
2015/05/16
2015/05/15
2015/05/14
2015/05/13
2015/05/12
2015/05/11
2015/05/10
2015/05/09
2015/05/08
2015/05/07
2015/05/06
2015/05/05
2015/05/04
2015/05/03
2015/05/02
2015/05/01
2015/04/30
2015/04/29
2015/04/28
2015/04/27
2015/04/26
2015/04/25
2015/04/24
2015/04/23
2015/04/22
2015/04/21
2015/04/20
2015/04/19
2015/04/18
2015/04/17
2015/04/16
2015/04/15
2015/04/14
2015/04/13
2015/04/12
2015/04/11
2015/04/10
2015/04/09
2015/04/08
2015/04/07
2015/04/06
2015/04/05
2015/04/04
2015/04/03
2015/04/02
2015/04/01
2015/03/31
2015/03/30
2015/03/29
2015/03/28
2015/03/27
2015/03/26
2015/03/25
2015/03/24
2015/03/23
2015/03/22
2015/03/21
2015/03/20
2015/03/19
2015/03/18
2015/03/17
2015/03/16
2015/03/15
2015/03/14
2015/03/13
2015/03/12
2015/03/11
2015/03/10
2015/03/09
2015/03/08
2015/03/07
2015/03/06
2015/03/05
2015/03/04
2015/03/03
2015/03/02
2015/03/01
2015/02/28
2015/02/27
2015/02/26
2015/02/25
2015/02/24
2015/02/23
2015/02/22
2015/02/21
2015/02/20
2015/02/19
2015/02/18
2015/02/17
2015/02/16
2015/02/15
2015/02/14
2015/02/13
2015/02/12
2015/02/11
2015/02/10
2015/02/09
2015/02/08
2015/02/07
2015/02/06
2015/02/05
2015/02/04
2015/02/03
2015/02/02
2015/02/01
2015/01/31
2015/01/30
2015/01/29
2015/01/28
2015/01/27
2015/01/26
2015/01/25
2015/01/24
2015/01/23
2015/01/22
2015/01/21
2015/01/20
2015/01/19
2015/01/18
2015/01/17
2015/01/16
2015/01/15
2015/01/14
2015/01/13
2015/01/12
2015/01/11
2015/01/10
2015/01/09
2015/01/08
2015/01/07
2015/01/06
2015/01/05
2015/01/04
2015/01/03
2015/01/02
2015/01/01
2014/12/31
2014/12/30
2014/12/29
2014/12/28
2014/12/27
2014/12/26
2014/12/25
2014/12/24
2014/12/23
2014/12/22
2014/12/21
2014/12/20
2014/12/19
2014/12/18
2014/12/17
2014/12/16
2014/12/15
2014/12/14
2014/12/13
2014/12/12
2014/12/11
2014/12/10
2014/12/09
2014/12/08
2014/12/07
2014/12/06
2014/12/05
2014/12/04
2014/12/03
2014/12/02
2014/12/01
2014/11/30
2014/11/29
2014/11/28
2014/11/27
2014/11/26
2014/11/25
2014/11/24
2014/11/23
2014/11/22
2014/11/21
2014/11/20
2014/11/19
2014/11/18
2014/11/17
2014/11/16
2014/11/15
2014/11/14
2014/11/13
2014/11/12
2014/11/11
2014/11/10
2014/11/09
2014/11/08
2014/11/07
2014/11/06
2014/11/05
2014/11/04
2014/11/03
2014/11/02
2014/11/01
2014/10/31
2014/10/30
2014/10/29
2014/10/28
2014/10/27
2014/10/26
2014/10/25
2014/10/24
2014/10/23
2014/10/22
2014/10/21
2014/10/20
クミコの新曲発表&日本子守唄協会15周年記念コンサートにつんく♂登場
Mon, 12 Oct 2015 13:00:00 +0900
10月9日@学習院大学百周年記念会館正堂 (okmusic UP\'s)

クミコが10月9日、NPO法人日本子守唄協会創立15周年を記念したコンサートを学習院大学百周年記念会館正堂にて開催した。

【その他の画像】クミコ

“次世代に歌い継ぐ子守唄”をテーマに制作された、9月2日発売のニューシングル「うまれてきてくれて ありがとう」。日本子守唄協会の会長を務める湯川れい子が、子供との時間を大切にしているというつんく♂に作曲を依頼し、クミコが歌声を吹き込んだ一曲である。

そんな流れもあって、同コンサートではクミコと湯川れい子の呼び込みにより、つんく♂がサプライズで登壇。胸ポケットからメッセージを取り出すと、以下のようにクミコが代読した。

「子守唄協会15周年おめでとうございます。こうやって立派な音楽ホールで皆様とお会い出来たことを光栄に思っております。子守唄って遠い昔から歌い継がれて来たものがたくさんあるとは思います。しかし、世の中もどんどん変動していく中で今この世の中が求めている子守唄が絶対にあるんだと思うんです。だからきっとこの協会も発足されたんじゃないかと思うわけです。7歳になる長男が2歳くらいまでの話ですが、彼がなかなか寝付けないとき、寝付くまで肩に顔を乗せて抱っこして部屋の中をゆっくり歩き回るといつの間にか寝てくれる子でした。同じく双子の長女は『シングルベッド』の鼻歌が大好きな子でした。そして、次女はこの『うまれてきてくれて ありがとう』の曲の元となる鼻歌を聞きながら寝るのが好きな子でした。今では3人とも このクミコさんの『うまれてきてくれて ありがとう』が大好きで寝る前に『ねえ、あのありがとうのやつ、聞きたい』と言って聞きながら眠っています。この曲ってクミコさんの不思議な癒しボイスのおかげで一度でも聞いたら不思議となんだか懐かしい子どもの頃に戻ったような気分になれる曲だとおもうんです。一人でも多くの人に耳にしていただけるチャンスがあれば、日本国中、とっても幸せな気分に浸れるのになぁっておもっています。 つんく♂」

その後クミコが「うまれてきてくれて ありがとう」を歌唱し、ステージ上にて見守るようにして聞き入っていたつんく♂は、目を潤ませ涙ぐむ一幕もあった。歌唱が終わると固い握手を交わし、つんく♂は涙を拭き取りながらステージを後にした。

クミコはオリジナル曲のほか、子守唄として有名な美智子皇后陛下作詞の「ねむの木の子守唄」を東京女声合唱団と披露。日本伝来の「五木の子守唄」「お江戸の子守唄」など、バラエティ豊かなセットリストを歌い上げた。

アンコールでは『大事に大事に、私には子供はおりませんが、子供のように育てていきたい』と語った「うまれてきてくれて ありがとう」を生バンドの演奏とともに歌唱し、コンサートは幕を閉じた。

■つんく♂ コンサート感想

自分の曲でありながらも曲をステージの上で聞きながら、湯川さんのお力を感じ、そしてクミコさんの唄を改めてステージの上で聞き、「うまれてきてくれてありがとう うまれてありがとう」という部分に「ほんとうにありがとう 出会えてありがとう」と感じました。

家族ともそうですし、こうやってお仕事出来る皆様ともそうですし、今日コンサートに来られた皆さんとの出会い全て、誰もが“うまれてきたから"こそ有り得たんだな、とそう思いました。

僕もこうやって命を残していただいたので、少しでも世の中のお役に立ちたいと思いますし、それだけではなく、私自身も生きている意義を感じられるような楽しい人生を歩んでいかなければなと思いました。

■【セットリスト】

M1「お江戸の子守唄」〜「五木の子守唄」
M2「広い河の岸辺」with東京女声合唱団
(詞:八木倫明 曲:スコットランド民謡)
M3「イルカの子守唄」カラオケver
(詞:湯川れい子 曲:つんく)
M4「うまれてきてくれて ありがとう」カラオケver
(詞:湯川れい子 曲:つんく)
M5「INORI〜祈り〜」
(詞:GOD BREATH 曲:佐々木祐滋)
M6「先生のオルガン」
(日本語詞:古賀力 曲:C,Trenet)
M7「からたち日記」
(詞:西沢 爽 曲:遠藤実)
M8「ともだち」
(詞:永六輔 曲:いずみたく)
M9「愛の讃歌」
(詞:岩谷時子 曲:M.Monnot)
M10「この素晴らしき世界〜What a Wonderful World〜」
(日本語詞:クミコ 作曲:George Douglas)
〜アンコール〜
En1「ねむの木の子守唄」 with東京女声合唱団
En2「うまれてきてくれて ありがとう」 生バンド演奏 with東京女声合唱団

【関連リンク】
クミコ オフィシャルHP
世界でウケる日本の音楽とは?小室哲哉×つんく♂対談など掲載「J-MELO」発の書籍リリース
クミコ、つんく♂作曲「うまれてきてくれて ありがとう」発売記念イベント開催
ロックバンド、シャ乱Qの核心を示した堂々たる作品『勝負師』

【関連アーティスト】
クミコ, つんく♂
【ジャンル】
J-POP, ライブ

Tigh-Z、東名阪京ワンマンツアー初日MCで新メンバーの加入を発表!
Mon, 12 Oct 2015 21:20:00 +0900
Tigh-Z (okmusic UP\'s)

Tigh-Zが東名阪京ワンマンツアーの最終日に新メンバーが加わることを発表した。

【その他の画像】Tigh-Z

TAKUYA、RYOTA、HighT、まーし、SHOTA、RYOからなるダンスボーカルグループのTigh-Z。BIRTHのリーダーTAKAMICHIがプロデューサーを務め、「DREAM UP」で配信デビューを果たすと、レコチョクデイリーランキング4位を獲得。さらに、2ndデジタルシングル「Dear My Love」ではレコチョクデイリーランキング1位を獲得し、結成1年にして1,000人ワンマンという快挙を成し遂げた。

今回の発表は10月9日に行われた東名阪京ワンマンツアーの東京公演にて、リーダーのTAKUYAから「ツアーファイナルの京都でTigh-Zは7人になり、さらなる進化を遂げます!」と告げられた。新メンバーの加入により、新たな伝説が始まる瞬間を見逃すな!

■Tigh-Z オフィシャルl LINE ID:@tigh_z

■【TAKUYA コメント】

「Tigh-Z リーダーTAKUYAです。12月27日(日)僕らの地元京都で"Tigh-Z ONE MAN LIVE TOUR2015 final"を迎えます! 僕ら自身このツアーを通してたくさんの人に出会い、たくさんの人の支えの中でひと回りも、ふた回りも成長出来たと思います。7人目の新メンバーの発表、さらに大きな発表をさせて頂けるよう12月27日ファイナルに向けて日々突き進んでいきますので、是非みんなが支えてきてくれたTigh-Zの成長を会場で感じにきてください!」

■「12/27 Tigh-Z One Man LIVE 〜新たなる挑戦 東名阪京ツアーファイナル〜」

12月27日(日) 京都FAN J(京都)
OPEN 15:30 / START 16:00 / CLOSE 20:00
友情出演:RAY
<チケット>
料金:前売り ¥4,500 当日 ¥5,000(別途ドリンク代 ¥600)
e−プラスにて発売中:http://eplus.jp
[チケット入場順]
1.プレイガイドチケット+BBC会員証持参
2.一般プレイガイド
3.手売り
4.当日
主催 :株式会社 DEF MUSIC ENTERTAINMENT

※今回取り置きチケットはございません。プレイガイドでのお早めのお求めをお願い致します。
※BBC社員もチケット必要

■BIRTH ALL STARZファンクラブ「バスブラ☆カンパニー(BBC)」への入会はこちら
http://basz.jp

【関連リンク】
Tigh-Z オフィシャルHP
Salyu with 小林武史、プレミアム・シンフォニック・コンサートがスタート&初日の映像を公開
遊佐未森、「NHKみんなのうた」のために書き下ろした新曲「カリヨン・ダンス」を12月9日にリリース
水曜日のカンパネラ、ニューアルバムから「西玉夫」MV公開

【関連アーティスト】
Tigh-Z
【ジャンル】
J-POP

小林太郎、FM802にてニューアルバム収録の新曲「花音」を初OA
Mon, 12 Oct 2015 19:30:00 +0900
小林太郎 (okmusic UP\'s)

10月13日放送のFM802「REDNIQS」にて、小林太郎の新曲「花音」が初解禁される。

【その他の画像】小林太郎

新曲「花音」は11月25日(水)に発売となる小林太郎のニューアルバム『URBANO』(ウルバーノ)のリード曲として収録される1曲で、太郎の持つ力強くも伸びやかな歌声が映える、壮大なバラードだ。

10月10日(土)に出演した「PlayStation presents MINAMI WHEEL 2015」では、映画『復讐したい』の挿入歌である「伽藍堂」をライブで初披露。イベントの初日、トップバッターでの出演となった会場は満員となり、熱気で溢れた。

年末には「COUNTDOWN JAPAN15/16」への出演も決定している小林太郎。ニューアルバム『URBANO』は映画挿入歌からバラード曲まで、太郎の歌声を様々なメロディで表現する1枚となり、年末のステージにも期待が高まる。

■アルバム『URBANO』

2015年11月25日発売 
【初回限定盤】(CD+DVD)
KICS-93311/¥3,148+税
【通常盤】(CD)
KICS-3311/¥2,685+税
<収録曲> ※共通
■CD ※共通
1.NIBBLE
2.tachikiru melody
3.伽藍堂 
※映画『復讐したい』挿入歌 
※ヒトリエDr.ゆーまお参加
4.花音 
5.祭
6.アイムレス
7.REAL
8.SCARS
9.時雨
10.光
11.鎖  
■DVD
MV(「花音」+「Damn」)&2015/5/4ワンマンライブat下北沢GARDEN映像

《購入者特典》 ※全国共通特典
ポストカード
※対象店舗にて初回限定盤(KICS-93311)または通常盤(KICS-3311)をお買い上げの方に先着でプレゼント!
※対象店舗は10月下旬〜11月上旬に発表予定です。
※特典は先着となり、数に限りがございますので、あらかじめご了承ください。ご予約及びお買い上げになる前に必ず各店舗にてご確認頂きますよう宜しくお願い致します。

【関連リンク】
小林太郎 オフィシャルHP
小林太郎、待望のワンマンツアー開催に伴いTwitterにてリクエストを募集
小林太郎、最新MVに“ガキ使”でお馴染みのピカデリー梅田が!?
小林太郎、4ヶ月ぶりの都内ライブで来年2月リリースの最新曲を初披露

【関連アーティスト】
小林太郎
【ジャンル】
ジャパニーズロック

Salyu、進化を遂げた「minima」が12月に開催決定
Mon, 12 Oct 2015 18:00:00 +0900
Salyu   (okmusic UP\'s)

Salyuが1年半振りとなる公演「“minima"-ミニマ?」を12月に開催する事を発表した。

【その他の画像】Salyu

今回発表されたのは、今までの「minima」とはまた違う新しい形態となった「minima ? session -」。「minima」が誕生してから4年、新たな進化を遂げることとなる。Salyu が生み出す深淵な声と小林武史が紡ぎだす音の粒子と音楽世界。今までの化学反応をさらに越える空間となり、奥深さと厚みが増す音楽が実現する。11 年という歴史の中で奏でられた音楽と共に演奏してきたミュージシャン。全ての距離が近い環境で息づかいすら体感できる一夜となるだろう。

今回はドラムのあらきゆうこと共にSalyuの楽曲を披露。歌とピアノとドラム。楽曲の輝きがまた違う光を放つその瞬間に是非五感と使って浴びるにふさわしいライブとなることだろう。

なお、Salyu × 小林武史は現在 Billboard classics 「Salyu with 小林武史 PREMIUM SYMPHONIC CONCERT」を開催中。10月12日にBunkamura オーチャードホール公演を、10月24日にはミューザ川崎シンフォニーホール公演を迎えるので、こちらも合せてチェックしてみよう。

■「a brand new concert issue “minima"-ミニマ? Salyu × 小林武史 - session 1 -」

12月07日(月) 東京都 下北沢GARDEN
12月10日(木) 東京都 下北沢GARDEN

<チケット>
料金:指定席 ¥5,000+税(ドリンク代¥500別途)
※スタンディング
■発売情報
OFFICIAL FC会員抽選先行:
10月12日(月・祝) 12:00 〜 10月16日(金) 23:59
一般発売:11月14日(土)

【関連リンク】
Salyu オフィシャルHP
Salyu with 小林武史、プレミアム・シンフォニック・コンサートがスタート&初日の映像を公開
InterFM897開局記念イベントに小林武史を中心にした豪華メンバーが集結
Salyu&小林武史、初のフルオーケストラコンサートでの演奏作品を発表

【関連アーティスト】
Salyu, 小林武史
【ジャンル】
J-POP

サラバ、ニンジャスレイヤーサン! 衝撃アニメのEDを飾ったスリリングな5曲
Mon, 12 Oct 2015 18:00:00 +0900
Boris「キルミスター」のジャケット写真 (okmusic UP\'s)

『ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン』が終わってしまいました。『キルラキル』などのヒット作で知られるトリガーが制作を担当したこのアニメ。レトロゲームのような書き割り風演出の中に、不意に投入される臨場感あふれるアクションシーン。戦闘前にも「ドウモ、ニンジャスレイヤーサン」と挨拶を欠かさない、ステレオタイプな日本人気質をデフォルメしたようなキャラクター。シリアスとギャグを忙しなく行き交う遊び心満載の作品で、毎週度肝を抜かれました。そんな『ニンジャスレイヤー』ですが、毎回エンディングテーマを異なるアーティストが担当することでも話題を呼んでいました。今回はその中から5曲ピックアップします。

■1.「キルミスター」(\'15)/Boris

日本のみならず海外でも人気の高い、3ピースヘヴィロックバンドBoris。他のアーティストが1回ずつ参加しているのに対し、彼らだけ第1話と第26話の「キルミスター」、第11話の「Aurashi No Ken」と、3回もエンディングを手がけているのはなぜでしょう。挑発的かつヘヴィながらもポップに落とし込まれたサウンドが、このアニメのエンターテイメント性を象徴しています。

■2.「NEO CYBER MADNESS」(\'15)/skillkills

アーバンヒップホップ、ベースミュージック、オルタナティブロックなどのジャンルレスな音楽性で注目を集めるskillkills(スキルキルス)。その複雑にして難解なリズムパターンゆえ、ニコニコ動画では「この変拍子がクセになる」といったコメントが多数寄せられましたが、実は彼らの楽曲は全て4拍子で構成されています。なお、この楽曲が起用された回は、「主人公が巨大なロブスターを倒す」という内容でした。

■3.「もんだな」(\'13)/赤い公園

赤い公園は「もんだな(NINJA MIX)」を提供しました。これは、1stアルバム『公演デビュー』に収録されている「もんだな」のスペシャルリミックスで、今回は原曲を紹介していますが、エンディングバージョンでは尺八が足されています。2分足らずの楽曲に綴られた未練と孤独の実感、頼りない自身への叱咤が、和楽器の厳かな音色でより叙情的に感じられる仕上がりとなりました。

■4.「Fantastic Magic」(\'14)/TK from 凛として時雨

第15話に抜擢されたのは、TK from 凛として時雨のソロアルバム『Fantastic Magic』の表題曲。TKの胸の内をかきむしるようなハイトーンヴォイス、終わりまで減速することなく続くギター、ドラム、ベース、エレクトリックバイオリンのせめぎ合い、そして英語詞と日本語詞が暗号のように入り交じった歌詞に隠されたストレートな愛の言葉。極めて情報量の多いこの曲と、ギミックたっぷりの今作との相性はぴったりでした。

■5.「Purple My Ghost」(\'15)/Drop’s

そして最後は、ガールズバンドDrop’sの3rd EP『未来』に収録されているこの曲。ぶっ太く荒々しいスローテンポなブルースに乗せられるシリアスながら気迫のこもった歌詞、クールさを保ちつつも情感たっぷりの歌声は、この作品にしては珍しくセンチメンタルな回となった13話に色を添えました。ちなみに、今回紹介した曲は現在発売中の『ニンジャスレイヤー フロムコンピレイシヨン「忍」』、もしくは11月25日リリース『ニンジャスレイヤー フロムコンピレイシヨン「殺」』に収録されているので、こちらもチェックしてみてください。

【関連アーティスト】
赤い公園, BORIS, TK from 凛として時雨, Drop’s
【ジャンル】


松田聖子、新曲「惑星になりたい」にて中田ヤスタカ等と豪華コラボ
Mon, 12 Oct 2015 17:00:00 +0900
10月11日(日)@舞浜アンフィシアター (okmusic UP\'s)

今年デビュー35周年を迎えた松田聖子が10月11日(日)、舞浜アンフィシアターにてファンクラブイベント「Seiko Matsuda Fan Meeting 2015」を開催。全3回公演、合計・約6000人のファンが会場に詰め掛けた。

【その他の画像】松任谷由実

「デビュー35周年! 本当にありがとうございます。皆様の応援のお蔭でここまで来れました。」と黒いワンピースで登場した松田聖子は、「今日は、音楽で一緒に、デビューから振り返ってみましょう!」と、キーボードの野崎洋一と一緒に、1980年のデビュー曲「裸足の季節」や、「一千一秒物語」「天国のキッス」などを、思い出トークと共にワンフレーズずつ披露した。35年の歴史を歌で振り返っていく。その後、大抽選大会などを行ない、思い出に残る、大盛況のファンミーティングとなった。

その後のミニライブでは、白いTシャツに白のミニスカートで現れ、「マンハッタンでブレックファスト」からライブがスタート。白いドレスワンピースに着替えて再度登場した松田聖子が、10月28日に発売するニューシングル「永遠のもっと果てまで」を初披露すると、会場に集まったファンからは大きな歓声が上がった。歌い終わると、「大切な曲が出来まして、この曲も一生懸命歌って参りますので、皆様応援どうぞよろしくお願い致します」と、深々とお辞儀をした。この楽曲は作詞・松本隆、作曲・呉田軽穂(松任谷由実)、編曲:松任谷正隆という松田聖子の歴史を語る上ではずせない制作陣が31年ぶりに集まった、ファン垂涎の新曲となっている。

さらに、ここで10月28日に発売する両A面シングルのもう1曲、「惑星になりたい」の制作陣について、本人から発表が。作詞・松本隆、作曲・呉田軽穂(松任谷由実)、さらに編曲には中田ヤスタカ(CAPSULE)を迎え、新たなタッグとなった。そして、その楽曲もここで初披露。「POPでかわいらしい楽曲なので、この楽曲も応援してください。」と言うと、今までの松田聖子の楽曲に新たな彩りを添える、中田ヤスタカ(CAPSULE)アレンジ全開の楽曲に、ファンからは大きな拍手が贈られた。

「赤いスイートピー」を会場のファンと共に最後に合唱し、全6曲を余すとこなく披露。本人が言っていたように、音楽で35年を振り返る、という豪華なファンミーティングは、幸せな空気に包まれながら終了した。

■【セットリスト】

マンハッタンでブレックファスト
Dancing Caf?
眠れない夜
永遠のもっと果てまで
惑星になりたい
赤いスイートピー

■シングル「永遠のもっと果てまで/惑星になりたい」

2015年10月28日(水)発売
【初回限定盤A】(CD+DVD)
UPCH-89240/¥1,600+税
【初回限定盤B】(CD+35th Anniversary 特製ジャケット仕様)
UPCH-89246/¥1,500+税
※シングルレコードサイズジャケット+封入ポスター+封入ブロマイド(1種)
【初回限定盤C】(カセット)
UPSH-89001/¥1,000+税
【通常盤】(CD)
UPCH-80414/¥1,200+税
<収録内容>
「惑星になりたい」
作詞:松本隆 作曲:呉田軽穂 編曲:中田ヤスタカ(CAPSULE)
「永遠のもっと果てまで」
作詞:松本隆 作曲:呉田軽穂 編曲松任谷正隆

【関連リンク】
松田聖子 オフィシャルHP
新木場・ageHa恒例のハロウィンイベント、今年の仮装テーマは「ミッドナイト・サーカス」!
赤い鳥、吉田美奈子、荒井由実、シナロケ、YMO……レジェンド達が夢の競演
ヤスタカ、tofubeatsら出演ライヴ&パーティ『YYY(ワイワイワイ)』開催決定

【関連アーティスト】
松任谷由実, 松田聖子, CAPSULE, 中田ヤスタカ, 松本隆
【ジャンル】
J-POP, ライブ

FOUR GET ME A NOTS、全国ツアーファイナルが大盛況のうちに終了
Mon, 12 Oct 2015 16:00:00 +0900
10月11日@渋谷TSUTAYA O-WEST (okmusic UP\'s)

FOUR GET ME A NOTSが10月11日、渋谷TSUTAYA O-WESTにて全国ツアー「ASTREA TOUR」ファイナル公演を開催した。

【その他の画像】FOUR GET ME A NOTS

7月15日に発売されたアルバム『ASTREA』を引っ提げた今回のツアー。この日はLONGMAN、Dizzy Sunfist、SCOTLAND GIRLの3バンドをゲストに迎えて開催された。まずはゲストバンドそれぞれが会場を盛り上げた後、FOUR GET ME A NOTSのステージへ。アルバム『ASTREA』のリード曲「Sail」を1曲目に演奏すると、休むことなく「Universe」「Firm resolution」「Hate」と疾走感溢れるナンバーが続き、阿部貴之(Dr.)が「なんて良い日なんだろうね、最高!」と感極まり叫んだ。

キラキラと照明が輝く中でしっとりと「Stars」を披露した後は「The first thing」「Now」など攻め曲の連発でフロアはさらに熱を増し、ラストの「All is simple」では“ラララ…"のシンガロングが起こった。鳴り止まないアンコールに応えて再び登場したFOUR GET ME A NOTSは、自身初のカバー曲「A whole new world」を歌唱してから“女の子が集まる場所を作りました!"と高橋智恵(Vo.&Gt.)が声を掛け、出演バンドの女性メンバーよりShiori(SCOTLAND GIRL/Vo.&Ba.)、SAWA YORIKI(LONGMAN/Vo.&Ba.)、あやぺた(Dizzy Sunfist/Vo.&Gt.)、そして、いやま(Dizzy Sunfist/Vo.&Ba.)が入れ替わり立ち替わりで次々にFOUR GET ME A NOTSのメンバーと一緒に演奏をおこなった。複数のバンドと繰り広げた今回の全国ツアーを終えて石坪泰知(Vo.&Ba.)“「繋げる」そして「残す」。そんな生き方をしたい?。"と語った。

そして11月29日には、本ツアーの追加公演『FOUR GET ME A NOTS presents"Chase after rainbows vol.8 ~ASTREA TOUR EXTRA~"』がメンバーの地元である千葉LOOKにてワンマンライブとして開催される。また、7月15日に発売されたアルバム『ASTREA』収録曲の「Hate」が、2016年早春より全国ロードショーとなる映画『復讐したい』挿入歌に決定。映画『復讐したい』の原作は山田悠介の小説「復讐したい」(幻冬舎)で、FOUR GET ME A NOTSの他に、小林太郎、感覚ピエロ、Brand New Vibe、Drop\'s、ユビキタスが挿入歌を、lynch.とROTTENGRAFFTYが主題歌を担当することが決定している。

Photo by SARU(SARUYA AYUMI)

■映画『復讐したい』オフィシャルHP
http://revenge-movie.com

■【セットリスト】

1.Sail
2.Universe
3.Firm resolution
4.Hate
5.Heroine
6.Music is my life
7.Set you free
8.Thirst
9.Void
10.Mement
11.Stars
12.The first thing
13.Now
14.Here we go
15.Beginning
16.Start all over
17.Dear Black
18.All is simple
EC1.A whole new world
EC2.Chase after rainbows
EC3.My guitar my songs
EC4.Firm resolution

■『FOUR GET ME A NOTS presents"Chase after rainbows vol.8 ~ASTREA TOUR EXTRA~"』

11月29日(日) 千葉LOOK
OPEN/START 18:00/18:30
<チケット>
前売:¥2,800- / 当日 ¥3,300-
■e+先行 ※10/12(月)まで
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002170660P0030001
<プレイガイド>
一般発売日:10/17(土)
・ローソンチケット 
(Lコード:77090)
・千葉LOOK店頭
・e+

【関連リンク】
FOUR GET ME A NOTS オフィシャルHP
FOUR GET ME A NOTSが新曲「Sail」のMVを公開
FOUR GET ME A NOTS、5thフルアルバム『ASTREA』ドキュメント第2弾解禁
FOUR GET ME A NOTS、全国ツアー「ASTREA TOUR」開催決定

【関連アーティスト】
FOUR GET ME A NOTS
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

Gacharic Spin、ツアー初日公演にて渋公ライブDVDのリリースを発表
Mon, 12 Oct 2015 15:00:00 +0900
10月11日(日) @福岡 BEAT STATION  (okmusic UP\'s)

9月30日にメジャー1stフルアルバム『MUSIC BATTLER』をリリースしたGacharic Spinが、結成6周年を記念したワンマンツアー「Gacharic Spin 6th Anniversary ONEMAN TOUR」を、10月11日(日)の福岡BEAT STATIONよりスタートさせた。

【その他の画像】Gacharic Spin

初日からニューアルバムに収録されている楽曲を多数披露。 F チョッパーKOGAがマイクなしで「私たちが六周年を迎えた全力エンターテインメントガールズバンド、Gacharic Spinだーー!!! 6周年のツアーへようこそー! 一緒に最後まで楽しみたいと思います! 今日はみなさん、ライブを見に来たんじゃないよ! 一緒につくりにきたんだよ! 最後までよろしくね!」と叫ぶと、会場からは大きな拍手が巻き起こった。

駆け抜けるようにパフォーマンスを行なう中、中盤にはFチョッパーKOGAから大発表が。「今日実は大きなニュースを持ってきました。なんと12月に、渋谷公会堂ライブのライブDVDを発売します! 楽しみにしていてくださいね!」と、KOGA。Gacharic Spinの歴史に残る大舞台、渋谷公会堂でのライブを収録したDVDの発売発表に、会場からは割れんばかりの大きな拍手が鳴り響いた。

約2時間半にわたるワンマンツアー初日は「またね」「デジタルフィクション」を初披露。また、オレオレオナの恋愛トークコーナーや、TOMO-ZOのコーナーおしゃべりコーナー、パフォーマーによるグッズ紹介コーナーなどそれぞれがMCを披露、また3号のねんねがピアノを弾いたりと新体制ならではの企画が盛り込まれ、全力エンターテイメントガールズバンドを名乗るにふさわしい熱い公演となった。今後は11月29日のツアーファイナル、ZeppTokyo公演まで全国を回る予定だ。

11月には韓国でのワンマンライブ、12月には台湾でもライブが決定しているGacharic Spin。止まることなく?全力″で駆け続ける彼女たちの超攻撃的&ド派手な活躍に注目だ!

■【セットリスト】

Opening :GS Gacha2015
1.デジタルフィクション
2.MUSIC BATTLER
3.爆弾娘(ボンバーガール)
4.ハンティングサマー
5.More Power
6.Identity
7.今を生きてる
8.雪泣く〜setsunaku〜メロディー
9.夢言実行
10.夢喰いザメ
11.TAMASHII
12.ファイナルなファンタジー
13.ガンバンバダンサー
14.Ben-Jan-Dan
15.赤裸ライアー
16.常識デストロイヤー
17.ダンガンビート
18.WINNER
EN1.またね
EN2.Lock On!
Ending:GS Gacha2012

■【リリース情報】

DVD『赤裸ライアー TOUR FINAL!!! 2015 〜渋谷公会堂〜<可能な限り詰め込みました>』
2015年12月16日発売
VIZL-910/ ¥9,259+税
※初回生産限定盤(2DVD)
※BOX仕様・フォトブック付 
<収録内容>
・LIVE本編
・特典映像収録予定

DVD『赤裸ライアーTOUR FINAL!!! 2015 〜渋谷公会堂〜』
2015年12月16日発売
VIBL-788/¥3,704+税 
<収録内容>
・LIVE本編
・特典映像収録予定

■「Gacharic Spin 6th Anniversary ONEMAN TOUR」

10月11日(日)  福岡 BEAT STATION
10月12日(月)  広島 SECOND CRUTCH
10月17日(土)  宮城 仙台MACANA
10月18日(日)  新潟 CLUB RIVERST
11月03日(火)  名古屋 Electric Lady Land
11月14日(土)  札幌 DUCE
11月22日(日)  大阪 umeda AKASO
11月29日(日)  Zepp Tokyo

【関連リンク】
Gacharic Spin オフィシャルHP
Gacharic Spinがタワレコ渋谷で全力ライヴ!
Gacharic Spin、台湾デビュー&ワンマンライブ開催が大決定!
Gacharic Spin、ツーマンツアー初日公演にて新曲を初披露

【関連アーティスト】
Gacharic Spin
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

LACCO TOWER 塩崎啓示のアーティストメシを紹介!
Mon, 12 Oct 2015 15:00:00 +0900
LACCO TOWER (okmusic UP\'s)

ライヴの楽屋やレコーディング現場でのお弁当、ケータリング、出前などでのお気に入り、定番メニューといった、アーティストならではのごはん。また、現在では種類豊富なグルメのほうも注目されつつある音楽フェス。アーティストに身近なごはんを、アーティスト目線から紹介していきます!

【その他の画像】LACCO TOWER

■LACCO TOWER 塩崎啓示(Ba)

寝ることよりも遊ぶことよりも、食べることが一番好きです。
日中は夜ご飯のために頑張っています。
最近では厳選されたラーメン好きなバンドマンの集い、『上杉ラーメン部』に所属しました。
全て手作りのラーメンを作り、飲み会の〆にみんなで食べるという会です。
参加しているのはSUPER BEAVER、THE ORAL CIGARETTES、ircle…など。
その他、それぞれの酒に合うつまみを日々研究中。

■――地方でのお弁当定番メニュー!

登利平の鳥めし。故郷群馬の定番お弁当です。変わらぬパッケージ、味。少年野球や運動会などを思い出します。逆に、群馬県外で食べたことはないですね(笑)。

■――ライヴ前、ライヴ中に飲む定番ドリンクはコレ!

ヴォーカルの松川ケイスケは、ライヴ前はスロートコート(ハーブティー)、ライヴ中はスポーツドリンクを飲んでいます。

■――注目の新メニュー!

9月26日に小田原アリーナで行なわれた『小田原イズム2015』出演時の食事を紹介します。

・YABAI RAMEN/『圭一屋』
本格的な家系をフェスで食べられるとは! 野外で食べるとまた一層味わい深く、美味しかったです。

・豆乳うどん/『ゆがわら 十二庵』
初めて食べましたが、さっぱりしていて何杯でも食べられます。かすかに感じる辛みがまた食欲を引き立たせてくれました。ラー油を入れて食べるのがオススメです!

【関連リンク】
LACCO TOWER 塩崎啓示のアーティストメシを紹介!

【関連アーティスト】
LACCO TOWER
【ジャンル】


和楽器バンド、野音ツアーファイナルに3,000人が大熱狂
Mon, 12 Oct 2015 14:00:00 +0900
10月11日(日)@東京・日比谷野外大音楽堂 (okmusic UP\'s)

和楽器バンドが10月11日に東京・日比谷野外大音楽堂にて初の全国ツアー『1st JAPAN Tour 2015』の最終公演を開催し、約3,000人の前で白熱のパフォーマンスを繰り広げた。


【その他の画像】和楽器バンド

初の全国ツアーのチケットは全会場共に即日ソールドアウト。ファンにとってはプレミアムライヴとなっていた。

18時過ぎに開演した本公演。期待と興奮の歓声の中、メンバーがステージに登場! 会場がひときわ大歓声に包まれる中、「戦-ikusa-」からスタートした。

続けて「いろは唄」「Perfect Blue」など多彩な楽曲を披露していき、ボーカルの鈴華ゆう子が「全国ツアーファイナル!今日は最後まで楽しんでいきましょう!」 と呼びかけると、オープニングから会場内のボルテージは一気に上がっていった。

ライヴ後半では、疾走感あふれる「反撃の刃」や、ギターの町屋がリードヴォーカルをとる「郷愁の空」、そして和楽器バンドのライブでは恒例となっているドラムと和太鼓による“演奏バトル”など、大胆かつ繊細な演奏でオーディエンスを魅了した。

本編最後の「華振舞」を歌い終え、メンバーがステージを去ると、盛大なアンコール、ファンによる「暁ノ糸」の大合唱が鳴り響き、再びメンバーが登場。

鈴華(Vo.)は「アンコールありがとうございます。今回の全国ツアーはメンバー8人だけでは出来ていなくて、私達のことを知ってくれた人が増えてくれたからこそ、こうして私達からみなさんに会いに行くことが出来ました」と感謝の気持ちを語った。

アンコールではヒット曲「千本桜」、ライヴの人気曲「地球最後の告白を」を歌い上げ、全21曲、約2時間のステージは幕を閉じた。

和楽器バンドは9月に発売した2ndアルバム『八奏絵巻』がオリコンランキング1位を獲得。 11月にはチケットが即完した2度目の台湾公演2DAYS、そして年明け1月6日には『和楽器バンド 大新年会2016 in 日本武道館』の開催が決定している。

【関連リンク】
和楽器バンド オフィシャルHP
和楽器バンドが初のアルバム1位獲得
和楽器バンド、話題の新曲「反撃の刃」MVにて初のロック系ファッションに挑戦
和楽器バンドが“刀男子”をテーマにした新作MV「暁ノ糸」を公開

【関連アーティスト】
和楽器バンド
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

Rihwa、ニューシングル「明日はきっといい日になる」を2016年初春にリリース
Mon, 12 Oct 2015 12:00:00 +0900
Rihwa (okmusic UP\'s)

Rihwaが2016年初春発売のシングルとして、全国オンエアー中の『ダイハツ キャスト スタイル “モダンデザイン編”』CMソング、高橋優の楽曲「明日はきっといい日になる」のカバーをリリースすることが決定した。

【その他の画像】Rihwa

CMオンエアが始まって以降、今楽曲への反響が大きく、またRihwa自身初のカバーシングル作品となる。リリース日等、シングルの詳細は追って発表予定。

そして、そのリリースを記念して約1年8ヶ月ぶりのワンマンツアーの開催も決定した。バンドを引き連れては、自身最多の全国9カ所を回る。

■「明日はきっといい日になる」Rihwa ライナーノーツ

ダイハツのCMソングとして使用されている、シンガーソングライター高橋優さんの楽曲をカバーさせて頂くことになりました。優さんには事務所の先輩という事もありデビュー前からお世話になっていて、初めてライブを観た時には魂を揺さぶられ“私もこんな表現者になりたい!”と憧れました。そんな大大大尊敬する方の、しかも私が何度も励まされていたあの曲のカバーを、この私がさせて頂けるな んて...この素敵なお話をスタッフさんから相談された時は迷う余地もなく即答でYES!!!!!と答えました。
歌う上で私が一番意識したのは、この曲が持つメッセージの力強さをしっかりと伝えること。歌詞の中に私が一番好きなフレーズがあります。“それも幸せと選ぶことは出来る”幸せとは、自分で選択する事が出来る。自分の意志で、明日をいい日にすることが出来る。だから、明日はきっといい日になる!!!!
\'あなた\'に、もっともっと幸せになって欲しいという優さんの真っ直ぐで純粋なメッセージに感動しました。このバワフルなメッセージをより多くの方に伝えられるように、私自身もこの曲に励まされながら真摯 に向き合ってこれからも歌っていきたいと思います。

■『Rihwa Tour 2016(仮)』

2月11日(木・祝) 埼玉 HEAVEN\'S ROCKさいたま新都心
2月14日(日) 北海道 札幌PENNY LANE
2月20日(土) 愛知 名古屋ボトムライ
2月21日(日) 京都 京都MUSE
2月27日(土) 福岡 福岡イムズホール
3月05日(土) 岡山 岡山CRAZYMAMA KINGDOM
3月06日(日) 大阪 梅田CLUB QUATTRO
3月12日(土) 宮城 仙台HooK
3月13日(日) 東京 赤坂BLITZ

【関連リンク】
Rihwa オフィシャルHP
Rihwaが歌う「明日はきっといい日になる」がダイハツのCMソングに決定
『New Acoustic Camp 2015』各アーティストの出演日がついに発表
『New Acoustic Camp 2015』第四弾出演アーティストはTHE King ALL STARS、Rihwaら7組

【関連アーティスト】
Rihwa
【ジャンル】
J-POP

ROTTENGRAFFTYが心斎橋アメリカ村三角公園でゲリラライブを敢行
Mon, 12 Oct 2015 11:00:00 +0900
10月11日(日)@心斎橋アメリカ村三角公園 (okmusic UP\'s)

ROTTENGRAFFTYが10月11日(日)、大阪心斎橋のアメリカ村三角公演でゲリラライヴを敢行した。

【その他の画像】ROTTENGRAFFTY

10月6日にKYOTO MUSEで行われたツアー『ROTTENGRAFFTY“Live Is Beautiful Tour 2015-2016”』の初日終演後に突如発表された、“−予告− 10月11日(日) 14時30分 心斎橋アメリカ村三角公園 ロットンTシャツヲ 着テ集マレ。”のメッセージ。当日を迎えた三角公園はロットンTシャツを着たファンなど約3000人のオーディエンスが集結。小さな公園が黒一色に染められた。

ファンのボルテージが高まる中、予定の時刻14時30分を超えて、三角公園向かいのビルの壁面に設置されたビジョンがせり上がり、ステージが現れる。ツインボーカルの一人、N∀OKIの「アメ村大合唱〜!!」のシャウトでライブはスタート。1曲目は10月7日にリリースされたミニアルバム「Life Is Beautiful」から表題曲の「Life Is Beautiful」を披露。ロック、EDM、レゲエなどあらゆるジャンルが融合したロットンならではのミクスチャーロックだ。

NOBUYA(Vo)、KAZUOMI(G)のシャウトに呼応して手を高く上げ答えるオーディエンス。会場は一気に熱気に包まれた。続いてロットンの代表曲でもある「金色グラフィティー」。三角公園に大合唱が響き渡る。道行く人も巻き込んでの壮絶な盛り上がりとなった。

安全面も考慮してこの日は2曲のパフォーマンスであったが、いつもと違う環境ということもあり、メンバーはもちろんファンにとっても忘れられないライヴになった。

【関連リンク】
ROTTENGRAFFTY オフィシャルHP
ROTTENGRAFFTYがツアー初日に意味深な予告を発表
ROTTENGRAFFTY、新作『Life Is Beautiful』トレーラー&特設サイトを公開
ROTTENGRAFFTY、新曲MV公開&全国SPトークセッション開催を発表

【関連アーティスト】
ROTTENGRAFFTY
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

lynch.、初ホールライヴの模様を収めたDVDリリース決定
Mon, 12 Oct 2015 10:00:00 +0900
5月8日@渋谷公会堂 (okmusic UP\'s)

lynch.が10月11日に広島 CLUB QUATTROで行われた『TOUR\'15「DARK DARKER DARKNESS」』にて、2016年1月13日にライブDVD 『HALL TOUR\'15「THE DECADE OF GREED」-05.08 SHIBUYA KOKAIDO-』を発売することを発表した。

【その他の画像】lynch.

同DVDには2015年5月8日に渋谷公会堂で行われた、lynch.初のホールツアー『“HALL TOUR\'15「THE DECADE OF GREED」”』のFINAL公演の映像を、本編からアンコールまでMCも含め全曲完全収録! 初回生産限定盤には、2014年12月27日に10周年を記念して開催された『“THE 10th BIRTHDAY 『2004-2014』 at STUDIO COAST”』の映像を全曲完全収録して同梱、さらにホールツアーに密着したドキュメント映像や、メンバーによるオーディオコメンタリーが副音声で収録(渋谷公会堂ライヴのみ)される。

■DVD『HALL TOUR\'15 「THE DECADE OF GREED」-05.08 SHIBUYA KOKAIDO-』

2016年1月13日発売
【初回生産限定盤】(3DVD)
KIBM-90545〜7 /¥7,963+税
※スペシャルパッケージ仕様(予定)
<収録内容>
■DISC 1
・渋谷公会堂でのライヴ(2015.05.08)を本編〜アンコールまで全曲完全収録
・ メンバーによるオーディオコメンタリー(副音声)収録(渋谷公会堂ライヴのみ)
■DISC 2/3
・新木場スタジオコーストで行われた10周年記念LIVE(2014.12.27)を全曲完全収録
・ホールツアーに密着したドキュメント映像収録予定

【通常盤】
KIBM-548/¥3,889+税
<収録内容>
渋谷公会堂でのライヴ(2015.05.08)を本編〜アンコールまで全曲完全収録 (初回生産限定盤 DISC1と同内容/オーディオコメンタリーは収録されません)

■『lynch.TOUR\'15「DARK DARKER DARKNESS」

10月11日(日) 広島 CLUB QUATTRO
10月13日(火) 滋賀 U☆STONE
10月15日(木) 神奈川 新横浜 NEW SIDE BEACH!!
10月17日(土) 宮城 仙台 Rensa
10月18日(日) 新潟 LIVEHOUSE 新潟 SHOW!CASE!!
10月20日(火) 埼玉 HEAVEN\'S ROCK さいたま新都心VJ-3
10月24日(土) 福岡 BEAT STATION
10月25日(日) 鹿児島 SR HALL
10月27日(火) 熊本 Django
10月29日(木) 島根 出雲 APOLLO
10月31日(土) 香川 高松 MONSTER
11月01日(日) 高知 X-pt.
11月03日(火) 愛知 名古屋 DIAMOND HALL
11月06日(金) 大阪 なんばHatch
11月14日(土) 北海道 札幌 PENNY LANE24
11月15日(日) 北海道 旭川 CASINO DRIVE
11月22日(日) TOKYO DOME CITY HALL

【関連リンク】
lynch. オフィシャルHP
lynch.、スペシャルイベントの詳細を発表
lynch.、アルバム発売日にInterFM897&ニコ生にて特番連続放送
lynch. 、sadsを迎えての主催ライヴ「THE VERSUS」で夢を実現

【関連アーティスト】
lynch.
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル

家入レオ、全7か所にわたる学園祭ライヴがスタート
Mon, 12 Oct 2015 00:00:00 +0900
10月11日(日)@獨協医科大学「獨協スーパーアリーナスペシャルLIVE 42」 (okmusic UP\'s)

家入レオが10月11日、獨協医科大学『獨協スーパーアリーナスペシャルLIVE 42』に出演。全7か所にわたる学園祭ライヴをスタートさせた。

【その他の画像】家入レオ

満場御礼の約1,200人が訪れたこの日のライブは、7thシングル「純情」で幕を開け、立て続けに3曲披露。「獨協医科大学のみなさん、こんにちは、家入レオです。まだ3曲しか歌ってないのに、この盛り上がりすごいですね。私も今年の12月で21歳ですが、同世代パワーをすごく感じてます!今日が学園祭ライブ1発目ですが、みなさん一緒に最高のライブを作りましょう」と挨拶MC。ライブ中盤では「私がもし大学生だったら今3年生。キャンパスライフ、とってもうらやましいと思っているのですが、今キャンパスライフで楽しいこと打ちこんでいること教えてください」とMCのあと、会場に集まった学生に質問したり、家入が持つ大学生のイメージを話したりと、学園祭ならではの一幕も。

ライヴ終盤では観客とのコール&レスポンスを繰り広げる熱いステージを披露し、ステージを駆け巡るロックナンバーから会場全体を切なく包み込むバラードまで、アンコールを含めた全12曲を披露した。          

学園祭ライブの初日を大盛況で終えた家入だが、11月18日にリリースされる映像作品『20 〜4th Live Tour』もダイジェスト映像も公開! 今春開催された14都市15公演、約2万人を動員した自身4度目となる全国ワンマンツアー『家入レオ 4th ワンマン Tour 〜20 twenty〜』のツアーファイナル、7月4日東京・渋谷公会堂の模様を完全パッケージ化した今作。本編には「君がくれた夏」のライヴを初収録しているほか、全23曲、MC含むトータル約113分の映像を収録。特典映像には、ツアー初日となった5月4日の日比谷野外大音楽堂から7曲収録に加え、最終公演のバックヤードの模様などを特別収録し、トータル150分超えのボリューム収録となっている。

■『20 〜4th Live Tour』ダイジェスト映像
https://youtu.be/n14Urd3QOzs

【関連リンク】
家入レオ オフィシャルHP
家入レオ、全国ワンマンツアー最終公演の完全版を映像化
家入レオ、『東北ドリームコレクション2015』で熱唱
家入レオの「君がくれた夏」がJVC初ハイレゾヘッドホンキャンペーンソングに決定

【関連アーティスト】
家入レオ
【ジャンル】
J-POP, ライブ

Plastic Tree、ツアーファイナルで13thアルバムのリリースを発表
Mon, 12 Oct 2015 00:00:00 +0900
10月11日@豊洲PIT (okmusic UP\'s)

Plastic Treeの全国ツアー『自由落花』のファイナル公演が10月11日に豊洲PITにて開催! 恒例の年末公演『ゆくプラくるプラ』の開催決定と、ニューアルバムのリリース情報が発表された。

【その他の画像】Plastic Tree

『ゆくプラくるプラ』は12月29日と30日にTOKYO DOME CITY HALLで開催。1日目はPlastic Tree前期(\'95年〜\'04年)の楽曲から、2日目は後期(\'05年〜\'15年)の楽曲からそれぞれ全曲ファンリクエストによる構成で行われる。リクエストの受付方法など詳細は後日発表となる。

また、13枚目となるニューアルバムは12月23日にリリース。バンドとしては2014年3月にミニアルバム『echo』をリリースしているものの、フルアルバムとしては2012年12月リリース『インク』からおよそ3年振りとなる待望のリリースとなる。タイトルや収録楽曲など詳細は公開されていないが、楽しみに待とう!

■Plastic Tree主催公演「虚を捨てよ、町へ出よう」

10月12日(月・祝)東京・豊洲PIT
出演:Plastic Tree/MUCC/女王蜂/ドレスコーズ

■Plastic Tree 2015 年末公演 『ゆくプラくるプラ〜海月リクエストの夕べ・前編〜』

12月29日(火) 東京 TOKYO DOME CITY HALL
※1995年から2004年までの楽曲を演奏

■Plastic Tree 2015 年末公演 『ゆくプラくるプラ〜海月リクエストの夕べ・後編〜』

12月30日(水) 東京TOKYO DOME CITY HALL
※2005年から2015年までの楽曲を演奏

【関連リンク】
Plastic Tree オフィシャルHP
Plastic Tree、有村のソロシーンなど見どころ満載な新曲MVを公開
UROBOROSがTVアニメ「六花の勇者」OP主題歌を担当
Plastic Tree、ニューシングル「落花」アートワークと最新ヴィジュアルを公開

【関連アーティスト】
Plastic Tree
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル, ライブ













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1