歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2015年10月10日)
バックナンバー
最新ニュース
2015/10/19
2015/10/18
2015/10/17
2015/10/16
2015/10/15
2015/10/14
2015/10/13
2015/10/12
2015/10/11
2015/10/10
2015/10/09
2015/10/08
2015/10/07
2015/10/06
2015/10/05
2015/10/04
2015/10/03
2015/10/02
2015/10/01
2015/09/30
2015/09/29
2015/09/28
2015/09/27
2015/09/26
2015/09/25
2015/09/24
2015/09/23
2015/09/22
2015/09/21
2015/09/20
2015/09/19
2015/09/18
2015/09/17
2015/09/16
2015/09/15
2015/09/14
2015/09/13
2015/09/12
2015/09/11
2015/09/10
2015/09/09
2015/09/08
2015/09/07
2015/09/06
2015/09/05
2015/09/04
2015/09/03
2015/09/02
2015/09/01
2015/08/31
2015/08/30
2015/08/29
2015/08/28
2015/08/27
2015/08/26
2015/08/25
2015/08/24
2015/08/23
2015/08/22
2015/08/21
2015/08/20
2015/08/19
2015/08/18
2015/08/17
2015/08/16
2015/08/15
2015/08/14
2015/08/13
2015/08/12
2015/08/11
2015/08/10
2015/08/09
2015/08/08
2015/08/07
2015/08/06
2015/08/05
2015/08/04
2015/08/03
2015/08/02
2015/08/01
2015/07/31
2015/07/30
2015/07/29
2015/07/28
2015/07/27
2015/07/26
2015/07/25
2015/07/24
2015/07/23
2015/07/22
2015/07/21
2015/07/20
2015/07/19
2015/07/18
2015/07/17
2015/07/16
2015/07/15
2015/07/14
2015/07/13
2015/07/12
2015/07/11
2015/07/10
2015/07/09
2015/07/08
2015/07/07
2015/07/06
2015/07/05
2015/07/04
2015/07/03
2015/07/02
2015/07/01
2015/06/30
2015/06/29
2015/06/28
2015/06/27
2015/06/26
2015/06/25
2015/06/24
2015/06/23
2015/06/22
2015/06/21
2015/06/20
2015/06/19
2015/06/18
2015/06/17
2015/06/16
2015/06/15
2015/06/14
2015/06/13
2015/06/12
2015/06/11
2015/06/10
2015/06/09
2015/06/08
2015/06/07
2015/06/06
2015/06/05
2015/06/04
2015/06/03
2015/06/02
2015/06/01
2015/05/31
2015/05/30
2015/05/29
2015/05/28
2015/05/27
2015/05/26
2015/05/25
2015/05/24
2015/05/23
2015/05/22
2015/05/21
2015/05/20
2015/05/19
2015/05/18
2015/05/17
2015/05/16
2015/05/15
2015/05/14
2015/05/13
2015/05/12
2015/05/11
2015/05/10
2015/05/09
2015/05/08
2015/05/07
2015/05/06
2015/05/05
2015/05/04
2015/05/03
2015/05/02
2015/05/01
2015/04/30
2015/04/29
2015/04/28
2015/04/27
2015/04/26
2015/04/25
2015/04/24
2015/04/23
2015/04/22
2015/04/21
2015/04/20
2015/04/19
2015/04/18
2015/04/17
2015/04/16
2015/04/15
2015/04/14
2015/04/13
2015/04/12
2015/04/11
2015/04/10
2015/04/09
2015/04/08
2015/04/07
2015/04/06
2015/04/05
2015/04/04
2015/04/03
2015/04/02
2015/04/01
2015/03/31
2015/03/30
2015/03/29
2015/03/28
2015/03/27
2015/03/26
2015/03/25
2015/03/24
2015/03/23
2015/03/22
2015/03/21
2015/03/20
2015/03/19
2015/03/18
2015/03/17
2015/03/16
2015/03/15
2015/03/14
2015/03/13
2015/03/12
2015/03/11
2015/03/10
2015/03/09
2015/03/08
2015/03/07
2015/03/06
2015/03/05
2015/03/04
2015/03/03
2015/03/02
2015/03/01
2015/02/28
2015/02/27
2015/02/26
2015/02/25
2015/02/24
2015/02/23
2015/02/22
2015/02/21
2015/02/20
2015/02/19
2015/02/18
2015/02/17
2015/02/16
2015/02/15
2015/02/14
2015/02/13
2015/02/12
2015/02/11
2015/02/10
2015/02/09
2015/02/08
2015/02/07
2015/02/06
2015/02/05
2015/02/04
2015/02/03
2015/02/02
2015/02/01
2015/01/31
2015/01/30
2015/01/29
2015/01/28
2015/01/27
2015/01/26
2015/01/25
2015/01/24
2015/01/23
2015/01/22
2015/01/21
2015/01/20
2015/01/19
2015/01/18
2015/01/17
2015/01/16
2015/01/15
2015/01/14
2015/01/13
2015/01/12
2015/01/11
2015/01/10
2015/01/09
2015/01/08
2015/01/07
2015/01/06
2015/01/05
2015/01/04
2015/01/03
2015/01/02
2015/01/01
2014/12/31
2014/12/30
2014/12/29
2014/12/28
2014/12/27
2014/12/26
2014/12/25
2014/12/24
2014/12/23
2014/12/22
2014/12/21
2014/12/20
2014/12/19
2014/12/18
2014/12/17
2014/12/16
2014/12/15
2014/12/14
2014/12/13
2014/12/12
2014/12/11
2014/12/10
2014/12/09
2014/12/08
2014/12/07
2014/12/06
2014/12/05
2014/12/04
2014/12/03
2014/12/02
2014/12/01
2014/11/30
2014/11/29
2014/11/28
2014/11/27
2014/11/26
2014/11/25
2014/11/24
2014/11/23
2014/11/22
2014/11/21
2014/11/20
2014/11/19
2014/11/18
2014/11/17
2014/11/16
2014/11/15
2014/11/14
2014/11/13
2014/11/12
2014/11/11
2014/11/10
2014/11/09
2014/11/08
2014/11/07
2014/11/06
2014/11/05
2014/11/04
2014/11/03
2014/11/02
2014/11/01
2014/10/31
2014/10/30
2014/10/29
2014/10/28
2014/10/27
2014/10/26
2014/10/25
2014/10/24
2014/10/23
2014/10/22
2014/10/21
2014/10/20
2014/10/19
2014/10/18
MY FIRST STORYのSho(Gu)が年内をもってライブ活動を休止
Fri, 09 Oct 2015 13:00:00 +0900
MY FIRST STORY (okmusic UP\'s)

MY FIRST STORYのSho(Gu)が年内の活動を持って、MY FIRST STORYとしてのライブ活動を当面の間、休止することを発表した。

【その他の画像】MY FIRST STORY

Sho自身の家庭の事情によりライブ活動を長期的に続けていくことが急遽困難な状況となり、メンバー・スタッフ一同で話し合った結果、今回の結論に至ったとのこと。

なお、年内の決定しているライブ・イベントに関しては、変わらずShoを含めた5人での活動を予定しているとのこと。12月2日(水)にTSUTAYA O-EASTにて開催される「WE ARE NOT ALONE Sho-TIME!!」がShoがMY FIRST STORYのメンバーとして出演する最後のワンマンライブとなる。詳しい公演内容は、オフィシャルHPをご覧になってほしい。

■Shoからのコメント

突然の報告でみんなを驚かせてしまったかとは思いますが、家庭の諸事情により今回、悩んだ末の決断をしました。いつの日かちゃんと皆に話せる時が来るまでは温かく応援して頂けたらと思います。
メンバー及びMY FIRST STORYのチーム全員と切磋琢磨し、応援してくれているみんなの為に進み続けたいという気持ちの中で、暫くの間、裏から仲間の事を支えて一緒に成長していこうと決めました。
この状況の中で自分が出来る最大限の力をMY FIRST STORYに注ぎたいと思います。
今後ともMY FIRST STORYを宜しくお願い致します。

MY FIRST STORY Sho

■『INTACT RECORDS / JMS presents WE ARE NOT ALONE Sho-TIME!!』

12/02(水) 東京・TSUTAYA O-EAST
開場 : 18:00/開演 : 19:00

【関連リンク】
MY FIRST STORY オフィシャルHP
MY FIRST STORY、全国ツアー『WE ARE NOT ALONE TOUR 2015』全公演がソールドアウト!
VAMPS主宰『HALLOWEEN PARTY 2015』開催決定!
MY FIRST STORY、ニューシングル「ALONE」のトレーラー映像公開

【関連アーティスト】
MY FIRST STORY
【ジャンル】
ジャパニーズロック

Salyu with 小林武史、プレミアム・シンフォニック・コンサートがスタート&初日の映像を公開
Fri, 09 Oct 2015 15:30:00 +0900
10月4日@兵庫県立芸術文化センター (okmusic UP\'s)

小林武史とSalyu、そしてフルオーケストラによるステージ「Salyu with 小林武史 プレミアム・シンフォニック・コンサート」が、10月4日に兵庫県立芸術文化センターでツアー初日を迎えた。

【その他の画像】Salyu

柳澤寿男の指揮でストリングスが静かに滑り出し、小林のピアノが重なっていく「VALON-1」で幕は開けた本公演。Salyuの声は管弦楽の響きとの親和性が高いことを証明する。続く「新しいYES」では、アップテンポなピアノとパーカッションの刻むリズムにトランペットやホルンが加わり、フルオーケストラならではの演奏で観客を魅了した。

他にも「アイニユイケル」やドビュッシー「月の光」の管弦楽版、「landmark」、「Lighthouse」などで構成され、客席には涙をながす観客もいるほど、圧巻のコンサートとなった。

「Salyu with 小林武史 プレミアム・シンフォニック・コンサート」はこの後東京と川崎で開催予定。残念ながら東京公演は完売しているが、このステージの動画が公開されているので、是非そちらも合わせてチェックしていただきたい。

■【小林武史 コメント】

「もともとSalyuの声や歌を称して、<素晴らしい楽器のようだ>と言われることが多かったのですが、オーケストラとの相性も含めて、生楽器の音の響きとSalyuの声、そして音楽を、その共振や共鳴を、存分に味わえるコンサートになると思っています」

■10月4日@兵庫県立芸術文化センター
https://youtu.be/bNx57SivwA4

■「Salyu with 小林武史 プレミアム・シンフォニック・コンサート」

10月12日(祝・月) 東京・Bunkamuraオーチャードホール
※チケットは完売。
10月24日(土) 神奈川・ミューザ川崎シンフォニーホール
出演:Salyu、小林武史
指揮:<東京>栗田博文 <川崎>山下一史 
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団
<チケット>
チケット料金:¥7,800(全席指定・税込)
※特製プログラム付
お問い合わせ:キョードー東京 0570-550-799

【関連リンク】
Billboard Classics 公式HP
InterFM897開局記念イベントに小林武史を中心にした豪華メンバーが集結
Salyu&小林武史、初のフルオーケストラコンサートでの演奏作品を発表
映画「起終点駅 ターミナル」主題歌にMy Little Lover、小林武史書き下し

【関連アーティスト】
Salyu, 小林武史
【ジャンル】
J-POP, クラシック, ライブ

新感覚の「Hi-Res Silent Party」でハイレゾ体験! 豪華ゲストらによるダンスバトルに200人が"ゾクゾク"
Fri, 09 Oct 2015 20:45:00 +0900
10月8日@渋谷 sound museum VISION (okmusic UP\'s)

10月8日に渋谷 sound museum VISIONにて、ソニーマーケティング株式会社のヘッドホン新シリーズh.earTMとウォークマン(R)新Aシリーズ発売に合わせた新感覚の体験イベント「Hi-Res Silent Party presented by h.ear×WALKMAN(R)」が開催された。

【その他の画像】

イベントは5色ある新製品の中から好きなカラーを選ぶところからスタート。ゲストにダンサー・コレオグラファーの仲宗根梨乃、フリースタイル・バスケットボーラーのZiNEZを迎えると、会場の盛り上がりは最高潮に。招待客200名が思い思いのベッドホンを装着すると、目にも鮮やかな光景が広がった。

今回の醍醐味はなんといっても”ゾクゾクタイム”。ウォークマン(R)に収録されたオリジナル楽曲を一斉に再生すると、サイレント空間で200名が同じハイレゾ音源を体験できる、まさに新感覚のイベント。楽曲スタート同時にパフォーマー達が登場すると、ヒップホップダンスやポールダンス、仲宗根梨乃・ZiNEZによるパフォーマンスなど多種多様なパフォーマンスを披露しフロアを盛り上げた。もちろんパフォーマーもベッドホンを装着しており、激しい動きにも対応していることがしっかりと証明された。

最後はゲストによるトークステージ。ハイレゾについて聞かれると、「もともと音楽が持っているパワーとかメッセージがより伝わってきた」(仲宗根梨乃)、「細かい音も聴こえるし、朝一で好きな曲を目を閉じて聴いてほしい」「今まで聴いていた曲を聴き直したくなる」(ZiNE)とハイレゾ体験の感動を語った。

また、これまでに経験した”ゾクゾク”した体験については、「人生初のショーでマイケルジョーダンのハーフタイムショーに出たこと」(ZiNE)、「中2の時に福岡ドームにマイケル・ジャクソンを観に行ったこと」と両者とも”MJ”に関する体験を話し、フロアの関心を惹きつけた。

ほかにも会場では新製品をイメージした5種類のオリジナルカクテルも提供され、招待客は聴覚・視覚・味覚すべてを使ってイベントを楽しんだ。

ヘッドホン新シリーズh.earTMとウォークマン(R)新Aシリーズは10月10日(土)より発売。ぜひ新製品を手に入れて衝撃のハイレゾ体験を堪能してほしい。
「Hi-Res Silent Party」特設サイト

■【ヘッドホン hear シリーズ 概要】

2015年10月10日発売
※オープン価格
【ステレオヘッドホン h.ear on『MDR-100A』】
カラー:ビリジアンブルー、シナバーレッド、チャコールブラック、ライムイエロー、ボルドーピンク
【密閉型インナーイヤーレシーバー h.ear in『MDR-EX750AP』】
※スマートフォン用リモコン
カラー:ビリジアンブルー、シナバーレッド、チャコールブラック、ライムイエロー、ボルドーピンク
【密閉型インナーイヤーレシーバー h.ear in『MDR-EX750』】
カラー:チャコールブラック
【ノイズキャンセリングヘッドホン h.ear in NC『MDR-EX750NA』】
※スマートフォン用リモコン
カラー:チャコールブラック

■【ウォークマン(R)新Aシリーズ 概要】

2015年10月10日発売
※オープン価格
【ウォークマン(R)『NW-A25』(16GB)】
※デジタルノイズキャンセリングインナーイヤーヘッドホン同梱
カラー:ビリジアンブルー、シナバーレッド、チャコールブラック、ライムイエロー、ボルドーピンク、シルバー
【ウォークマン(R)『NW-A25HN』(16GB)】
※ハイレゾ対応ジタルノイズキャンセリングインナーイヤーヘッドホン同梱
(『MDR-NW750N』同等)
カラー:ビリジアンブルー、シナバーレッド、チャコールブラック、ライムイエロー、ボルドーピンク、シルバー
【ウォークマン(R)『NW-A26HN』(32GB)】
※ハイレゾ対応ジタルノイズキャンセリングインナーイヤーヘッドホン同梱
(『MDR-NW750N』同等)
カラー:ビリジアンブルー、チャコールブラック、ボルドーピンク、シルバー
【ウォークマン(R)『NW-A27HN』(64GB)】
※ハイレゾ対応ジタルノイズキャンセリングインナーイヤーヘッドホン同梱
(『MDR-NW750N』同等)
カラー:チャコールブラック、シルバー

【関連リンク】
今年のMAVERICK DC GROUP年末恒例日本武道館企画は音楽バトルイベント!?
deronderonderon、Helsinki Lambda Clubら5バンド主催の共同企画ツアー開催
「SHIGA IDOL COLLECTION〜2015 X\'mas Special〜」、第3弾ラインナップが解禁!

【関連アーティスト】

【ジャンル】
イベント, ハイレゾ

吉田山田の「日々」、YouTube再生回数が800万回を突破
Fri, 09 Oct 2015 20:00:00 +0900
吉田山田 (okmusic UP\'s)

「NHKみんなのうた」で放送され大きな反響を呼び、2013年12月のリリース以来、ロングセールスを記録している吉田山田の楽曲「日々」の YouTubeの再生回数が800万回を突破した。

【その他の画像】吉田山田

メディア露出やイベント出演の度にiTunesやレコチョクを中心に配信が伸び、25万ダウンロードを超えて日本レコード協会からプラチナ作品の認定もされている。映画『ボクは坊さん。』の主題歌「Today,Tonight」の配信スタートと併せて再び「日々」のランキングが急浮上しており、まだまだ配信の伸びも期待される。

吉田山田は、10月9日から名古屋栄のセントラルパーク地下街にて『吉田山田展名古屋』を開催。本邦初公開の写真も含む膨大な量のライブ写真や衣装展示、秘蔵映像のオンエアや、山田義孝デザインの限定グッズ販売を行なっており、初日となる10月9日もオープンから沢山のファンで賑わっている。なかでもセントラルパークの壁面をジャックするほどの山田義孝が描いた巨大アートは必見。11日には吉田山田本人が登壇してのオープニングセレモニーを行ない、さらに同日深夜にはZIP-FMにてスペシャル生放送も行なう。是非足を運んでみよう。

また、飲食店・ライブハウス・クルージングパーティ等、様々なスペース開発・運営を手がける株式会社エスエルディーとのコラボレーション企画が決定。メンバーそれぞれの好みのメニュー・それぞれの要望を盛り込んだオリジナルレシピを共同開発し、東京・福岡の2エリアで10月19日〜11月1日まで期間限定で開催される。

11月1日からは今年二度目となる全国ツアー「吉田山田ツアー2015冬〜光と闇〜」も控えており、今年も吉田山田の動きからまだまだ目が離せない。

■「日々」MV
https://www.youtube.com/watch?v=4J9AcO6LrfM

【関連リンク】
吉田山田 オフィシャルHP
吉田山田、映画『ボクは坊さん。』主題歌「Today,Tonight」のMVは郷愁あふれる内容に
吉田山田、映画完成披露試写会で初披露した主題歌「Today,Tonight」が感動を誘う
吉田山田、第二の故郷・名古屋にて話題のアーティスト展を開催

【関連アーティスト】
吉田山田
【ジャンル】
J-POP

Poet-type.M、4部作第3弾の最新MV&ビジュアルイメージを公開
Fri, 09 Oct 2015 19:00:00 +0900
Poet-type.M (okmusic UP\'s)

今年より音楽で綴る御伽噺「夜しかない街」を四季に合わせ4部作で表現しているPoet-type.Mが、10月21日(水)にリリースするコンセプトミニアルバム第3弾にあたる秋盤『A Place, Dark & Dark -性器を無くしたアンドロイド-』からリード曲となる「あのキラキラした綺麗事を(AGAIN)」のMVとアーティスト写真を公開した。

【その他の画像】Good Dog Happy Men

リード曲となった「あのキラキラした綺麗事を(AGAIN)」は夏盤からガラッと雰囲気を変えキャッチーなメロディーが引き立つ80\'sロックに仕上がっており、映像作品は弔いを感じさせる切ないバラード感を演出している。

なお、門田は現在自身主催のライブイベント「festival M.O.N -美学の勝利-」の最中で、門田がこれまで結成してきたBURGER NUDS、Good Dog Happy Men、Poet-type.Mが集結する奇跡の対バンイベントのファイナル公演は24日東京・LIQUIDROOMにて実施される。

■【セルフライナーノーツ】

信仰、依存、孤独。そして混沌(サイケデリック)
両性具有のアンドロイド達が列をなす教会。薔薇の_葬園には霧の雨が降り、メンタルと物語を終焉へと向かわせる。
夜しか無い街、「Dark&Dark」の秋。
街の灯が切り裂いた6つの情念。
欠けた月を咥えて「さよなら」がやってきた。
赤錆びた雨の音。

なんて哀しくて寂しい音だろう。

<門田 匡陽>

■「あのキラキラした綺麗事を(AGAIN)」MV
https://youtu.be/D1a_WFSx704

■ミニアルバム『A Place, Dark & Dark-性器を無くしたアンドロイド-』

2015年10月21日発売
PtM-1032/¥1,500+税
<収録曲>
1 だが、ワインは赫(Deep Red Wine)
2 あのキラキラした綺麗事を(AGAIN)
3 ある日、街灯の下(Farewell, My Lovely)
4 双子座のミステリー、孤児のシンパシー(GPS)
5 プリンスとプリンセス(Nursery Rhymes ep4)
6 性器を無くしたアンドロイド(Dystopia)

■「festival M.O.N -美学の勝利-」

10月24日(土) 東京 LIQUIDROOM ebisu
開場17:00 / 開演18:00
<出演>
Poet-type.M / BURGER NUDS / Good Dog Happy Men
<チケット>
前売:¥3,800-

【関連リンク】
Poet-type.M オフィシャルHP
Poet-type.M、BURGER NUDS、Good Dog Happy Menが会場限定スプリット盤をリリース
Poet-type.Mが新作『夏盤』収録曲「その自慰が終わったなら(Modern Ghost) 」MVを解禁
Poet-type.M、夜しかない街の物語『夏盤』の詳細解禁

【関連アーティスト】
Good Dog Happy Men, Poet-type.M, 門田匡陽, BURGER NUDS
【ジャンル】
ジャパニーズロック

FACT主催サーキット・フェスの全出演バンド&当日のニコ生放送が決定
Fri, 09 Oct 2015 19:00:00 +0900
「ROCK-O-RAMA 2015」 (okmusic UP\'s)

先日第一弾出演ラインナップが発表され、大きな話題を呼んでいるFACT主催の都市型サーキット・フェス「ROCK-O-RAMA 2015」。この度、その全ラインナップが発表となった。

【その他の画像】FACT

今回発表されたのはThe BONEZ、Crossfaith、Crystal Lake、HER NAME IN BLOOD、waterweed。そして、アコースティック・セットでの出演でNothing To Declare、POP DISASTER、SWANKY DANKという計8組。3会場、全4ステージの内、club asia 2階の『PEACE STAGE』が、アコースティック・ステージとなる。

FACTは、この公演が自身最後のライヴとなる。現在開催中のラストツアーは、追加公演含め全19公演全てがソールドアウトとなっており、こちらのフェスも、第1次先行時点で、激しいチケット争奪戦が繰り広げられた。第2次先行は、10月10日(土)正午より開始される。

そして、FACTのライヴ部分がニコニコ生放送で完全独占ストリーミングされることも同時に発表された。当日はFACTのライヴ生中継に加え、ニコ生の教則動画でお馴染みの「a fact of life」が、16周年にかけて160回オンエアされるほか、特選映像集が約16時間に渡って放送される予定だ。

それに先駆け、10月30日(金)には前回オンエア時に大きな話題となった『FACTのニコニコ音楽教則動画』の『#2』の放送も決定。また、自身初のフィジカル・ベスト・アルバム『best+ 2009-2015』の発売を記念して「あなたの選ぶBEST OF FACT SONG」も企画されており、ベスト曲の投票は番組ホームページで既に始まっている。

■『FACTのニコニコ音楽教則動画 #2 〜ベストアルバム「Best+ 2009-2015」発売記念〜』
※「あなたの選ぶBEST OF FACT SONG」応募受付中
(10月19日(月) 23時59分まで)
http://live.nicovideo.jp/watch/lv237409865
■『FACT LAST LIVE完全生中継 〜ニコニコ音楽教則動画 #3 in ROCK-O-RAMA 2015〜』
※ 生中継はFACTのライヴのみとなりますので、ご注意下さい。
http://live.nicovideo.jp/watch/lv237599923

■「ROCK-O-RAMA 2015」

11月20日 (金) 東京 渋谷:TSUTAYA O-EAST、shibuya duo MUSIC EXCHANGE、club asia (全3会場 / 4ステージ)
<出演>
The BONEZ、COUNTRY YARD、Crossfaith、Crystal Lake、FACT、HER NAME IN BLOOD、HEY-SMITH、Ken Yokoyama、LITE、LOYAL TO THE GRAVE、MAN WITH A MISSION、NOTHING TO DECLARE (Acoustic Set)、POP DISASTER (Acoustic Set)、SIDE IMPACT、SNORT、STORM OF VOID、SWANKY DANK (Acoustic Set)、waterweed (A to Z)
<チケット>
■料金
¥5,900(税込)
※入場時に別途ドリンク代500円を頂きます。
■申し込み
※必ず下記のオフィシャルHPから注意事項をご確認の上、お申し込みください。
http://rock-o-rama2015.com

【関連リンク】
FACT オフィシャルHP
Crossfaith、現地ファンによってソールドアウトしたロンドン公演の一部を公開
Crossfaith、轟音で世界遺産の日光山 輪王寺を揺らす!
「9月よ、さようなら」というタイミングで聴きたい5曲

【関連アーティスト】
FACT, Crossfaith, SWANKY DANK, The BONEZ, CRYSTAL LAKE, HER NAME IN BLOOD, waterweed
【ジャンル】
ジャパニーズロック, イベント

『HALLOWEEN PARTY 2015』にkyo(D\'ERLANGER)、柩(ナイトメア)、HALLOWEEN DOLLSが出演決定
Fri, 09 Oct 2015 18:30:00 +0900
「HALLOWEEN PARTY 2015」ロゴ (okmusic UP\'s)

開催を間近に控えたVAMPS主宰の「HALLOWEEN PARTY」に、HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRAとして、10月18日(日)の神戸公演にkyo (D\'ERLANGER)、10月24日(土)の幕張公演に柩 (ナイトメア)が出演する事が決定した。

【その他の画像】ナイトメア

さらに、幕張公演の「HALLOWEEN COLLECTION」に、HALLOWEEN DOLLSの参加が決定した。

それにあわせて「HALLOWEEN PARTY」特設サイトにはHYDEのスペシャルインタビューを掲載。なぜ今「HALLOWEEN PARTY」のカヴァー曲をプロデュースしたのか? 今年のHALLOWEEN PARTYの見所などを語ったインタビューとなっているので、気になる方は是非こちらもチェックしてほしい。

■HYDE スペシャルインタビュー
http://www.vamprose.com/halloweendolls/

■『HALLOWEEN PARTY 2015』

10月17日(土)・18日(日) 兵庫 神戸ワールド記念ホール
10月23日(金)・24日(土)・25日(日)  千葉 幕張メッセ国際展示場9・10・11ホール

出演:
■神戸ワールド記念ホール
10月17日(土)VAMPS / BREAKERZ / ナイトメア / HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA / ペレ草田[スペシャルパフォーマー]

10月18日(日)VAMPS / BREAKERZ / MY FIRST STORY / HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA / 椎名ぴかりん[スペシャルパフォーマー]

■幕張メッセ国際展示場9・10・11ホール
10月23日(金)VAMPS / BREAKERZ / MY FIRST STORY / GACKT presents 神威♂楽園 / HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA / 女王蜂 × チームしゃちほこ[スペシャルパフォーマー] / DEEP GIRL[スペシャルパフォーマー]

10月24日(土)VAMPS / BREAKERZ / ももいろクローバーZ / 氣志團 / HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA

10月25日(日)VAMPS / BREAKERZ / ゴールデンボンバー / でんぱ組.inc / HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA / Silent Siren [スペシャルパフォーマー]

【HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA参加アーティスト】
10月17日(土) VAMPS / BREAKERZ / ナイトメア / ペレ草田 / 明希(シド) / anis(MONORAL) / 喜矢武豊(ゴールデンボンバー) / 逹瑯(MUCC) / Tommy heavenly6

10月18日(日)VAMPS / BREAKERZ / MY FIRST STORY / 椎名ぴかりん / 明希(シド) / anis(MONORAL) / kyo(D\'ERLANGER) / 逹瑯(MUCC) / Tommy heavenly6 / 柩(ナイトメア) / ROLLY

10月23日(金) VAMPS / BREAKERZ / MY FIRST STORY / 女王蜂 / DEEP GIRL / 明希(シド) / anis(MONORAL) / Shinya(DIR EN GREY) / Tommy heavenly6 / 柩(ナイトメア) / ROLLY / 分島花音

10月24日(土) VAMPS / BREAKERZ / ももいろクローバーZ / 氣志團 / 明希(シド) / anis(MONORAL) / Shinya (DIR EN GREY) / 逹瑯(MUCC) / Tommy heavenly6 / 柩(ナイトメア) / YUKI(DUSTAR-3, Rayflower) / 分島花音

10月25日(日) VAMPS / BREAKERZ / ゴールデンボンバー / でんぱ組.inc / Silent Siren / 青木隆治 / 明希(シド) / anis(MONORAL) / Shinya(DIR EN GREY) / 逹瑯(MUCC) / Tommy heavenly6 / YUKI(DUSTAR-3, Rayflower) / 分島花音

MC:やまだひさし(全公演共通)

■HALLOWEEN COLLENTION ゲスト出演
10月23日(金) / 24日(土) / 25日(日) 
HALLOWEEN DOLLS

【関連リンク】
『HALLOWEEN PARTY 2015』特設サイト
D\'ERLANGER、初ライヴ・ブルーレイ作品のアートワーク&収録内容を解禁
『HALLOWEEN PARTY 2015』新たに5組のアーティストが出演決定
VAMPS、籠城型ライヴハウス公演開催を発表

【関連アーティスト】
ナイトメア, VAMPS, D\'ERLANGER, kyo, HYDE, HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA, 柩 from NIGHTMARE
【ジャンル】
ジャパニーズロック, イベント

新木場・ageHa恒例のハロウィンイベント、今年の仮装テーマは「ミッドナイト・サーカス」!
Fri, 09 Oct 2015 18:30:00 +0900
「ageHa HALLOWEEN2015」 (okmusic UP\'s)

日本最大級のエンターテイメントスペース 新木場・ageHaで毎年恒例となっている「ageHaハロウィン」。毎年国内最大級のハロウィンパーティーが開催されるageHaでは、例年よりもさらにパワーアップした夜が繰り広げられそうだ。

【その他の画像】DJ KAORI

今年の見所は、なんと言ってもハロウィンイベントの目玉である毎年恒例の仮装コンテストがageHa史上初の2日連続で開催されるということだろう。そして、その賞金総額は100万円という豪華さだ。

今年のageHa HALLOWEENのテーマは「ミッドナイト・サーカス」。ageHaのステージは大変大きいため、ステージ映えする派手さと、誰にでも伝わるモチーフの選定が入賞の鍵となりそうだ。仮装のテーマは限定されていないので、ぜひ自由な発想、テーマで思い思いの仮装を表現してみよう。

そして、「ダンソン」のリズムネタでブレイク中のお笑いコンビ・バンビーノ、白目ネタでブレイク中のピスタチオ、高城剛、IMALU、ViViのモデルとして活躍するまいぷぅこと宮城舞など超豪華な両日のコンテスト審査員も注目を浴びている。

コンテストへの参加は当日エントリーに加え、事前応募枠が設定されている。プロのダンサー、パフォーマーの参加も歓迎。さらに、2日連続の応募も可能となっているので、奮って参加しよう。

また、3daysブチ抜きで、仮装した姿のセルフィーを投稿し、優秀者は10万円がもらえるというSelfieフォトコンテストも実施。参加方法はインスタグラムにてageHaアカウントをフォローし、「#ageHalloween2015」をつけて写真を投稿するだけというお手軽さなので、ぜひこちらもチャレンジしてみてはいかがだろうか。

10月30日(金)は、きゃりーぱみゅぱみゅのプロデューサーである中田ヤスタカが、10月31日(土)はNO.1フィメールDJ DJ KAORIがヘッドライナーを務めるageHaのハロウィン。ぜひ会場に足を運び、ハロウィン気分を味わおう。

■【イベント概要】

「ageHa×ASOBISYSTEM presents ASOBINITE!!! HALLOWEEN 2015 -MIDNIGHT CIRCUS-」
10月30日(金) ageHa
OPEN 21:00
<チケット料金>
DOOR : TBA
全身仮装ディスカウント:¥3,000

「ageHa HALLOWEEN 2015 -MIDNIGHT CIRCUS-」
10月31日(土) ageHa
OPEN: 21:00
<チケット料金>
DOOR : TBA
¥5,000 予定
全身仮装ディスカウント: ¥3,000

【関連リンク】
「ageHa HALLOWEEN 2015」特設サイト
ヤスタカ、tofubeatsら出演ライヴ&パーティ『YYY(ワイワイワイ)』開催決定
きゃりーの新曲が、日本初となる「コカ・コーラ」ハロウィンTVCMソングに!
DJ KAORIが贈る『THE BIG PARTY』、9月のゲストライヴにAK-69が初登場!

【関連アーティスト】
DJ KAORI, 中田ヤスタカ
【ジャンル】
イベント

BUCK-TICK・櫻井敦司率いるTHE MORTALがフルアルバムの全貌発表&MV初公開
Fri, 09 Oct 2015 18:00:00 +0900
THE MORTAL (okmusic UP\'s)

BUCK-TICK・櫻井敦司のソロプロジェクト“THE MORTAL"の1stフルアルバム『I AM MORTAL』。その収録内容の全貌が明らかとなった。

【その他の画像】BUCK-TICK

10月14日発売のミニアルバム『Spirit』収録の「PAIN DROP」「夢」という2曲の他にも、タイトルのラインナップを見るだけでも、デカダンスとゴシックの香りが漂うオリジナル曲12曲がラインナップされており、THE MORTALの美しくも“死”の香り漂う世界に期待が持たれる。

また、10月9日より「夢」のミュージックビデオのダイジェストが公開された。この映像は11月11日発売のフルアルバム『I AM MORTAL』の初回限定生産盤の特典DVDに収録される。この他にアルバム収録の「Mortal」「天使」「ギニョル」など合計5曲の映像が収録されるとのこと。

さらに、初のライブ「TOUR THE MOTRAL 2015」に先駆け、10月13日(火)よりタワーレコード(一部店舗)にてタワーレコード限定デザインTシャツとフェイスタオルの事前先行販売をおこなうことも発表された。11月16日よりスタートするツアー、そして1stフルアルバムの発売に今から期待が高まるところだが、まずは先だって発売されるミニアルバム『Spirit』を聴いて、THE MORTALのダークで美しく、そして狂気を孕んだ世界にひたってほしい。

■「夢」MUSIC VIDEO ダイジェスト
https://www.youtube.com/watch?v=QbpkY27jBWQ

■アルバム『I AM MORTAL』

2015年11月11日発売
【初回限定生産盤】(CD+DVD)
CTCR-14875/B/¥5,500+税
※スペシャルパッケージ仕様
※豪華40Pフォトブックレット付
※スペシャル特典応募券封入
【通常盤】(CDのみ)
CTCR-14876/¥3,000+税
<収録曲>
■CD
1. 天使
作詞:櫻井敦司/作曲:村田有希生         
2. DEAD CAN DANCE
作詞:櫻井敦司/作曲:三代堅
3 . Barbaric Man
作詞:櫻井敦司/作曲:村田有希生
4. 夢 -Deep Dream
作詞:櫻井敦司/作曲:Jake Cloudchair
5. Fantomas -展覧会の男
作詞:櫻井敦司/作曲:三代堅
6. MOTHER
作詞:櫻井敦司/作曲:村田有希生      
7. ギニョル
作詞:櫻井敦司/作曲:三代堅
8. 月
作詞:櫻井敦司/作曲:Jake Cloudchair
9. PAIN DROP -It rains cats & dogs
作詞:櫻井敦司/作曲:村田有希生
10. グロテスク
作詞:櫻井敦司/作曲:三代堅
11. Mortal
作詞:櫻井敦司/作曲:Jake Cloudchair
12. サヨナラワルツ
作詞:櫻井敦司/作曲:Jake Cloudchair
■DVD ※初回限定生産盤のみ
ミュージックビデオ
1.Mortal
2.PAIN DROP
3.天使
4.ギニョル
5.夢

■『TOUR THE MORTAL 2015』

11月17日(火) 大阪:オリックス劇場(旧:大阪厚生年金会館)
11月25日(水) 東京:NHKホール
11月26日(木) 東京:NHKホール
<追加公演>
11月16日(月) 大阪:なんばHatch
11月19日(木) 東京:新木場STUDIO COAST

【関連リンク】
THE MORTAL オフィシャルHP
今井寿と藤井麻輝のユニット“SCHAFT"が94年以来の本格始動を発表
櫻井敦司(BUCK-TICK)のTHE MORTAL、ニューアルバムの最新ビジュアル公開!
櫻井敦司(BUCK-TICK)のソロプロジェクト THE MORTAL、ツアー追加公演決定

【関連アーティスト】
BUCK-TICK, 櫻井敦司, THE MORTAL
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル

Raglaia、ニューアルバムより清春書き下ろしの新曲「Remember」MVが公開
Fri, 09 Oct 2015 18:00:00 +0900
Raglaia (okmusic UP\'s)

Raglaiaが1stアルバム『Creation』より、清春(黒夢/SADS)が書き下ろした新曲「Remember」のMVを公開した。

【その他の画像】清春

珠玉の旋律と圧倒的な爆音の融合。11月11日にリリースされるRaglaiaの1stアルバム『Creation』は、躍動感みなぎる華やかな作品だ。その収録曲のなかから、黒夢とSADSのヴォーカルを務め、ソロアーティストとしても絶大な影響力を誇る清春が書き下ろした新曲「Remember」のPVが公開された。聴く者の心に寄り添うような芳醇なメロディは、清春ならではのクオリティ。RAMIが手掛けた歌詞と相まって、遠く離れた大切な人への想いを繊細に表現した楽曲に仕上がっている。

Raglaiaは、Aldiousの初代ボーカルを務めたRAMIとプロデューサー・ギタリストのK-A-Z (SADS/カイキゲッショク)を中心に2015年1月に結成されたプロジェクトバンド。ドラムに黒夢、THE冠、AIONをはじめとした多様なアーティストをサポートするYOUTH-K!!!(BAT CAVE)、ベースにジャンルを問わず様々なバンドをサポートしてきたERY(KiLLKiLLS)を迎えた4人編成で活動を開始する。4月には1stシングル「Forlorn?」、8月には2ndシングル「Promises」を発表し、緊張感に満ちた演奏とドラマティックな楽曲が好評を博した。

1stアルバムのリリース前から、東名阪のクラブクアトロツアーおよび東京キネマ倶楽部公演を成功させた彼女たちは、先頃の「大冠祭2015」でも、初のイベント出演とは思えない堂々たるパフォーマンスで観客の目を釘付けにしていた。へヴィメタルという枠組みに収まりきらないラウドで華麗なサウンドでオーディエンスを魅了するRaglaia。満を持してのデビューアルバムの完成である。

『Creation』では、既にライヴの定番曲となっている2枚のシングル収録曲が、アルバムバージョンとして新たな命を吹き込まれている。また、清春作曲の新曲「Remember」はもちろん、YUHKI(GALNERYUS)、安井義博(OUTRAGE)、満園庄太郎(ex. BOWWOW、ex. B’zのサポート、WILD FLAG)、黒瀬蛙一(ex. B’zのサポート、ex. ZARDのサポート)、人時(黒夢9、WU-CHY(BAT CAVE))ら豪華ゲスト陣の活躍にも注目したい。天から降り注ぐような美しいバラードから、疾走する轟音メタルチューンまで、創造力に満ちた楽曲の数々を味わうことができる。

今後のさらなる飛翔を予感させるRAMIの眼差しが印象的な『Creation』。このアルバムのリリース日を心待ちにしながら、新曲「Remember」の映像と楽曲の美しさに酔ってほしい。

文:志村つくね

■「Remenber」
https://youtu.be/s95Z4EFMz4M

■アルバム『Creation』

2015年11月11日発売
【HMV/Loppi限定RAMI盤】(CD+DVD+RAMIのミニ写真集)
RAMI-009/¥4,000+税
※解説:増田勇一/歌詞付
※RAMIのミニ写真集付き
<収録曲>
■CD
・全11曲収録
■DVD 
・Perfect Half (Music Video)
Breaking Dawn Tour 2015 〜Live at UMEDA CLUB QUATTRO〜
・Don’t Change Your Mind (浜田麻里カヴァー)
Behind the Scenes
・Aching Memories
Offshot Movie
※RAMI復帰後の初撮影を始め、ジャケット撮影やレコーディング、Muisc Videoなどの現場風景や撮影合間のメンバ−コメント、楽屋風景など約60分にわたって収録。

【DVD付限定盤】(CD+DVD)
RAMI-007/¥3,500+税
※解説:増田勇一/歌詞付
<収録曲>
■CD
・全11曲収録
■DVD 
Music Video
・Remember
・Promises
Breaking Dawn Tour 2015 〜Live at UMEDA CLUB QUATTRO〜
・Outer Dark
・Forlorn?

【通常盤】(CD)
RAMI-008/¥2,300+税
※解説:増田勇一/歌詞付
<収録曲>
・全11曲収録

■「Raglaia “Creation Tour 2016”」

2月20日(土) 東京・代官山UNIT
2月26日(金) 名古屋・ell.FITS ALL
2月27日(土) 大阪・ 安倍野ROCK TOWN 

<チケット>
■チケット料金:¥3,800(税込)(1drink別・整理番号付)
※未就学児はチケット1枚につき1名無料
■チケット先行発売日:2015年10月1日(木)10:00〜2015年10月12日(月・祝)
※ローソンチケットのみ
■チケット一般発売日:2015年10月17日(土)10:00〜
※チケットぴあ、ローソンチケット、e+(イープラス)
■主催/企画/制作:Across Music / Village Again Association
■お問い合わせ:HANDS ON ENTERTAINMENT 03-5468-8613(平日10:00〜18:00)

【関連リンク】
Raglaia オフィシャルHP
Raglaia オフィシャルFacebook ページ
RAMI オフィシャルブログ
黒夢ではなく、黒夢のコピーバンドでもない! The Black Eyes of Dreamless Deathmaskがベールを脱ぐ!

【関連アーティスト】
清春, sads, 黒夢, Raglaia
【ジャンル】
ジャパニーズロック, メタル

【連載コラム】稚菜、さだまさしの「秋桜」をカバー
Fri, 09 Oct 2015 18:00:00 +0900
稚菜 (okmusic UP\'s)

先週、無事に24歳の誕生日を迎えました。
今までの私なりの誕生日の過ごし方。
それはいつもと変わらない生活をする事。
学校に行ったりアルバイトをしたり、はたまた家でゴロゴロしたり…笑
特別な事をしないのは、誕生日ではあるけれど、
その日の自分の事を自分自身が特別だと思っていないから。

私は、誕生日という日は親に感謝するものだと思っている。
両親が産んでくれた日があるから今の私がいるし、今の私の周りの大切な人に出会えた。
おめでとう!という言葉をくれる人たちに出会えた。
本当にありがたい事です。
いつもと変わらぬ日常を過ごすと、改めてその想いを感じられると思うのです。

もちろん小さい頃は単純に祝ってもらう事が嬉しかった私ですが。
ある時、私が信頼し尊敬している方に、
「おめでとう。そしてあなたを産んでくれ私に出会わせてくれたあなたの親にありがとう。」
という言葉をもらい、その時にはっと気付かされたのでした。
そして何より、私の大好きな両親を褒められたようで、その言葉が本当に嬉しかったのです。
この言葉がきっかけで、そうか私の誕生日というのは
私の両親にとっても大切な日であるんだなと思う様になったのです。

言葉をもらったり、物をいただいたり。
そんな大切な心をもらうたびに私“ありがとう”を両親に送り続けようと、
今はそう思っています。

いつも、“稚菜が好きな事をやっている姿を見るのが一番好き。”
そう言ってくれるあなたに。
24年間育ててくれて本当にありがとう。
そしてどうぞこれからも
宜しくお願いします。

さて今日の一曲。
この方の存在を初めて知ったのは、小学生の時。
歌手としてではなく、父に初めてもらった本の著者として、でした。
小さい頃に読んだ本の中で、今でも唯一取っておいてある大好きな本です。
そして今年の誕生日の前日、やっと念願だったコンサートを初めて見に行かせて頂きました。
私が本当に尊敬している方。
改めてこんな素敵なシンガーソングライターになりたいと思った一日。
さだまさしさんの「秋桜」を。
私も母親に想いを込めて歌わせてもらいました。
是非聴いてみて下さい。
https://youtu.be/rWtO1AFgXBI

それでは。

【関連アーティスト】
さだまさし, 稚菜
【ジャンル】


パンクバンド改めミクスチャーロックのパイオニア、ザ・クラッシュが作ったディスコパンクアルバム『Combat Rock』
Fri, 09 Oct 2015 18:00:00 +0900
THE CLASH『Combat Rock』のジャケット写真 (okmusic UP\'s)

バンド史上最高のチャートアクションを記録しながら、ザ・クラッシュのディスコグラフィーの中ではどちらかと言うと印象が薄い『コンバット・ロック』。しかし、彼らをパンクバンドではなく、ミクスチャーロックバンドととらえると、このアルバムの別の魅力が浮かび上がる。

 ザ・クラッシュのアルバムに問題作はあっても駄作は一枚もない。そう、一枚もないのである。それにもかかわらず、『ロンドン・コーリング』(\'79)や『サンディニスタ』(\'80)ばかりが語られ、『動乱(獣を野に放て)(原題:Give \'Em Enough Rope)』(\'78)と、この『コンバット・ロック』(82年)が顧みられることが少ないのは、“ザ・クラッシュ=パンクバンド”という固定観念にとらわれているリスナーが未だに多いからだ。もちろん、ザ・クラッシュはパンクムーブメントから生まれたバンドだった(結成の動機はラモーンズとセックス・ピストルズに刺激されたことだった)。また、反米帝国主義を掲げ、人々を蹂躙するあらゆる権力にアンチを唱え、人々に立ち上がること、そして行動することを訴え続けたジョー・ストラマー(Vo& Gu)はパンクの闘士そのものだった。

 しかし、音楽的に言えば、ザ・クラッシュはデビューした時からパンクロックバンドではなかった。じゃあ何だ? あえてジャンルにこだわるならミクスチャーロックバンドだったということになる。デビューアルバムですでにレゲエにアプローチしていたそのミクスチャー感覚は、あえてギターロックバンド然としたストレートなサウンドをアピールした『白い暴動(原題:The Clash)』『動乱(獣を野に放て)』の成功を経て、3作目の『ロンドン・コーリング』で一気に開花。ザ・クラッシュを結成した時に切り捨てたと思しきR&B、ジャズ、ロカビリーなど、レゲエ/スカに止まらない多彩な音楽からの影響を反映させた全19曲をアナログ盤2枚に収録した『ロンドン・コーリング』は、それまでパンクブームの終焉とともに消えるだろうと思われていたザ・クラッシュの存在を改めて多くのロックファンに印象付けた。

 『サンディニスタ』もこの『コンバット・ロック』も、誰もが名盤中の名盤と認める『ロンドン・コーリング』の延長上にある作品だ。しかし、賛否が分かれるまさに問題作にもかかわらず、アナログ盤3枚組全36曲というボリュームとそういう作品を作る無謀…いや、果敢な挑戦が大きなインパクトを残した『サンディニスタ』に比べ、アルバム1枚全12曲にすっきりとまとめた『コンバット・ロック』の印象が薄いのは仕方ないとは言いながら、当時、ミック・ジョーンズ(Gu&Vo)が注目していたヒップホップの影響を取り入れることで、彼らのミクスチャー路線がさらに進化を遂げていることを聴き逃してしまったらもったいない。

 もっともミクスチャーという言葉も概念もない上、“ザ・クラッシュ=パンクバンド”というイメージが定着していた当時、勇ましいタイトルとは裏腹にバンドの成熟も印象付けたこのアルバムを受け入れることは、多くのロックファンにとって難しかったかもしれない。しかし、ミクスチャーという概念が、あえてその言葉を使う必要もないほど当たり前になり、ダンスミュージックとロックの融合が進んだ今なら、『コンバット・ロック』の魅力はストレートに伝わるにちがいない。

 例えば、ロカビリーをヒップホップ風に演奏した「権利主張」、ローリング・ストーンズを思わせるリフにダンサブルなベースラインを組み合わせた「ステイ・オア・ゴー」、今だったら絶対にディスコパンクと言われる「ロック・ザ・カスバ」、レゲエとファンクビートとヒップホップをごた混ぜにした「レッド・エンジェル・ドラグネット」、ダブっぽいトラックメイキングがアルバムに奥行きを加える「ストレイト・トゥ・ヘル」、ファンクサウンドをストレートに追求した「オーバーパワード・バイ・ファンク」を聴けば、ミクスチャー感覚のみならず、デビュー当時から彼らが持っていたリズムに対する敏感なセンスが時代を先取りしていたことがわかるはずだ。唯一残念なのは、アナログ盤3枚組というボリュームを強引に聴かせ切った力業や『ロンドン・コーリング』『サンディニスタ』にあった闇雲なテンションに欠けていることだ。

 全英2位および全米7位というザ・クラッシュ史上最高のチャートアクションを記録したこのアルバムを引っ提げ、彼らはスタジアムを回った全米ツアーを成功させる。しかし、このアルバムを作り始めた時、すでにバンドの二枚看板であるジョー・ストラマーとミック・ジョーンズの気持ちはすれ違い始めていたし、トッパー・ヒードン(Dr)はドラッグでボロボロだった。もしメンバーが一丸となっていたら…いや、バラバラになり始めていたバンドの状態を嘆く前に、それでもこれだけのアルバムを作り上げた奇跡を、僕らロックファンは喜ぶべきなのだろう。

【関連アーティスト】
The Clash
【ジャンル】














c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1