歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2015年10月09日)
バックナンバー
最新ニュース
2015/10/18
2015/10/17
2015/10/16
2015/10/15
2015/10/14
2015/10/13
2015/10/12
2015/10/11
2015/10/10
2015/10/09
2015/10/08
2015/10/07
2015/10/06
2015/10/05
2015/10/04
2015/10/03
2015/10/02
2015/10/01
2015/09/30
2015/09/29
2015/09/28
2015/09/27
2015/09/26
2015/09/25
2015/09/24
2015/09/23
2015/09/22
2015/09/21
2015/09/20
2015/09/19
2015/09/18
2015/09/17
2015/09/16
2015/09/15
2015/09/14
2015/09/13
2015/09/12
2015/09/11
2015/09/10
2015/09/09
2015/09/08
2015/09/07
2015/09/06
2015/09/05
2015/09/04
2015/09/03
2015/09/02
2015/09/01
2015/08/31
2015/08/30
2015/08/29
2015/08/28
2015/08/27
2015/08/26
2015/08/25
2015/08/24
2015/08/23
2015/08/22
2015/08/21
2015/08/20
2015/08/19
2015/08/18
2015/08/17
2015/08/16
2015/08/15
2015/08/14
2015/08/13
2015/08/12
2015/08/11
2015/08/10
2015/08/09
2015/08/08
2015/08/07
2015/08/06
2015/08/05
2015/08/04
2015/08/03
2015/08/02
2015/08/01
2015/07/31
2015/07/30
2015/07/29
2015/07/28
2015/07/27
2015/07/26
2015/07/25
2015/07/24
2015/07/23
2015/07/22
2015/07/21
2015/07/20
2015/07/19
2015/07/18
2015/07/17
2015/07/16
2015/07/15
2015/07/14
2015/07/13
2015/07/12
2015/07/11
2015/07/10
2015/07/09
2015/07/08
2015/07/07
2015/07/06
2015/07/05
2015/07/04
2015/07/03
2015/07/02
2015/07/01
2015/06/30
2015/06/29
2015/06/28
2015/06/27
2015/06/26
2015/06/25
2015/06/24
2015/06/23
2015/06/22
2015/06/21
2015/06/20
2015/06/19
2015/06/18
2015/06/17
2015/06/16
2015/06/15
2015/06/14
2015/06/13
2015/06/12
2015/06/11
2015/06/10
2015/06/09
2015/06/08
2015/06/07
2015/06/06
2015/06/05
2015/06/04
2015/06/03
2015/06/02
2015/06/01
2015/05/31
2015/05/30
2015/05/29
2015/05/28
2015/05/27
2015/05/26
2015/05/25
2015/05/24
2015/05/23
2015/05/22
2015/05/21
2015/05/20
2015/05/19
2015/05/18
2015/05/17
2015/05/16
2015/05/15
2015/05/14
2015/05/13
2015/05/12
2015/05/11
2015/05/10
2015/05/09
2015/05/08
2015/05/07
2015/05/06
2015/05/05
2015/05/04
2015/05/03
2015/05/02
2015/05/01
2015/04/30
2015/04/29
2015/04/28
2015/04/27
2015/04/26
2015/04/25
2015/04/24
2015/04/23
2015/04/22
2015/04/21
2015/04/20
2015/04/19
2015/04/18
2015/04/17
2015/04/16
2015/04/15
2015/04/14
2015/04/13
2015/04/12
2015/04/11
2015/04/10
2015/04/09
2015/04/08
2015/04/07
2015/04/06
2015/04/05
2015/04/04
2015/04/03
2015/04/02
2015/04/01
2015/03/31
2015/03/30
2015/03/29
2015/03/28
2015/03/27
2015/03/26
2015/03/25
2015/03/24
2015/03/23
2015/03/22
2015/03/21
2015/03/20
2015/03/19
2015/03/18
2015/03/17
2015/03/16
2015/03/15
2015/03/14
2015/03/13
2015/03/12
2015/03/11
2015/03/10
2015/03/09
2015/03/08
2015/03/07
2015/03/06
2015/03/05
2015/03/04
2015/03/03
2015/03/02
2015/03/01
2015/02/28
2015/02/27
2015/02/26
2015/02/25
2015/02/24
2015/02/23
2015/02/22
2015/02/21
2015/02/20
2015/02/19
2015/02/18
2015/02/17
2015/02/16
2015/02/15
2015/02/14
2015/02/13
2015/02/12
2015/02/11
2015/02/10
2015/02/09
2015/02/08
2015/02/07
2015/02/06
2015/02/05
2015/02/04
2015/02/03
2015/02/02
2015/02/01
2015/01/31
2015/01/30
2015/01/29
2015/01/28
2015/01/27
2015/01/26
2015/01/25
2015/01/24
2015/01/23
2015/01/22
2015/01/21
2015/01/20
2015/01/19
2015/01/18
2015/01/17
2015/01/16
2015/01/15
2015/01/14
2015/01/13
2015/01/12
2015/01/11
2015/01/10
2015/01/09
2015/01/08
2015/01/07
2015/01/06
2015/01/05
2015/01/04
2015/01/03
2015/01/02
2015/01/01
2014/12/31
2014/12/30
2014/12/29
2014/12/28
2014/12/27
2014/12/26
2014/12/25
2014/12/24
2014/12/23
2014/12/22
2014/12/21
2014/12/20
2014/12/19
2014/12/18
2014/12/17
2014/12/16
2014/12/15
2014/12/14
2014/12/13
2014/12/12
2014/12/11
2014/12/10
2014/12/09
2014/12/08
2014/12/07
2014/12/06
2014/12/05
2014/12/04
2014/12/03
2014/12/02
2014/12/01
2014/11/30
2014/11/29
2014/11/28
2014/11/27
2014/11/26
2014/11/25
2014/11/24
2014/11/23
2014/11/22
2014/11/21
2014/11/20
2014/11/19
2014/11/18
2014/11/17
2014/11/16
2014/11/15
2014/11/14
2014/11/13
2014/11/12
2014/11/11
2014/11/10
2014/11/09
2014/11/08
2014/11/07
2014/11/06
2014/11/05
2014/11/04
2014/11/03
2014/11/02
2014/11/01
2014/10/31
2014/10/30
2014/10/29
2014/10/28
2014/10/27
2014/10/26
2014/10/25
2014/10/24
2014/10/23
2014/10/22
2014/10/21
2014/10/20
2014/10/19
2014/10/18
2014/10/17
MY FIRST STORYのSho(Gu)が年内をもってライブ活動を休止
Fri, 09 Oct 2015 13:00:00 +0900
MY FIRST STORY (okmusic UP\'s)

MY FIRST STORYのSho(Gu)が年内の活動を持って、MY FIRST STORYとしてのライブ活動を当面の間、休止することを発表した。

【その他の画像】MY FIRST STORY

Sho自身の家庭の事情によりライブ活動を長期的に続けていくことが急遽困難な状況となり、メンバー・スタッフ一同で話し合った結果、今回の結論に至ったとのこと。

なお、年内の決定しているライブ・イベントに関しては、変わらずShoを含めた5人での活動を予定しているとのこと。12月2日(水)にTSUTAYA O-EASTにて開催される「WE ARE NOT ALONE Sho-TIME!!」がShoがMY FIRST STORYのメンバーとして出演する最後のワンマンライブとなる。詳しい公演内容は、オフィシャルHPをご覧になってほしい。

■Shoからのコメント

突然の報告でみんなを驚かせてしまったかとは思いますが、家庭の諸事情により今回、悩んだ末の決断をしました。いつの日かちゃんと皆に話せる時が来るまでは温かく応援して頂けたらと思います。
メンバー及びMY FIRST STORYのチーム全員と切磋琢磨し、応援してくれているみんなの為に進み続けたいという気持ちの中で、暫くの間、裏から仲間の事を支えて一緒に成長していこうと決めました。
この状況の中で自分が出来る最大限の力をMY FIRST STORYに注ぎたいと思います。
今後ともMY FIRST STORYを宜しくお願い致します。

MY FIRST STORY Sho

■『INTACT RECORDS / JMS presents WE ARE NOT ALONE Sho-TIME!!』

12/02(水) 東京・TSUTAYA O-EAST
開場 : 18:00/開演 : 19:00

【関連リンク】
MY FIRST STORY オフィシャルHP
MY FIRST STORY、全国ツアー『WE ARE NOT ALONE TOUR 2015』全公演がソールドアウト!
VAMPS主宰『HALLOWEEN PARTY 2015』開催決定!
MY FIRST STORY、ニューシングル「ALONE」のトレーラー映像公開

【関連アーティスト】
MY FIRST STORY
【ジャンル】
ジャパニーズロック

Salyu with 小林武史、プレミアム・シンフォニック・コンサートがスタート&初日の映像を公開
Fri, 09 Oct 2015 15:30:00 +0900
10月4日@兵庫県立芸術文化センター (okmusic UP\'s)

小林武史とSalyu、そしてフルオーケストラによるステージ「Salyu with 小林武史 プレミアム・シンフォニック・コンサート」が、10月4日に兵庫県立芸術文化センターでツアー初日を迎えた。

【その他の画像】Salyu

柳澤寿男の指揮でストリングスが静かに滑り出し、小林のピアノが重なっていく「VALON-1」で幕は開けた本公演。Salyuの声は管弦楽の響きとの親和性が高いことを証明する。続く「新しいYES」では、アップテンポなピアノとパーカッションの刻むリズムにトランペットやホルンが加わり、フルオーケストラならではの演奏で観客を魅了した。

他にも「アイニユイケル」やドビュッシー「月の光」の管弦楽版、「landmark」、「Lighthouse」などで構成され、客席には涙をながす観客もいるほど、圧巻のコンサートとなった。

「Salyu with 小林武史 プレミアム・シンフォニック・コンサート」はこの後東京と川崎で開催予定。残念ながら東京公演は完売しているが、このステージの動画が公開されているので、是非そちらも合わせてチェックしていただきたい。

■【小林武史 コメント】

「もともとSalyuの声や歌を称して、<素晴らしい楽器のようだ>と言われることが多かったのですが、オーケストラとの相性も含めて、生楽器の音の響きとSalyuの声、そして音楽を、その共振や共鳴を、存分に味わえるコンサートになると思っています」

■10月4日@兵庫県立芸術文化センター
https://youtu.be/bNx57SivwA4

■「Salyu with 小林武史 プレミアム・シンフォニック・コンサート」

10月12日(祝・月) 東京・Bunkamuraオーチャードホール
※チケットは完売。
10月24日(土) 神奈川・ミューザ川崎シンフォニーホール
出演:Salyu、小林武史
指揮:<東京>栗田博文 <川崎>山下一史 
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団
<チケット>
チケット料金:¥7,800(全席指定・税込)
※特製プログラム付
お問い合わせ:キョードー東京 0570-550-799

【関連リンク】
Billboard Classics 公式HP
InterFM897開局記念イベントに小林武史を中心にした豪華メンバーが集結
Salyu&小林武史、初のフルオーケストラコンサートでの演奏作品を発表
映画「起終点駅 ターミナル」主題歌にMy Little Lover、小林武史書き下し

【関連アーティスト】
Salyu, 小林武史
【ジャンル】
J-POP, クラシック, ライブ

新感覚の「Hi-Res Silent Party」でハイレゾ体験! 豪華ゲストらによるダンスバトルに200人が"ゾクゾク"
Fri, 09 Oct 2015 20:45:00 +0900
10月8日@渋谷 sound museum VISION (okmusic UP\'s)

10月8日に渋谷 sound museum VISIONにて、ソニーマーケティング株式会社のヘッドホン新シリーズh.earTMとウォークマン(R)新Aシリーズ発売に合わせた新感覚の体験イベント「Hi-Res Silent Party presented by h.ear×WALKMAN(R)」が開催された。

【その他の画像】

イベントは5色ある新製品の中から好きなカラーを選ぶところからスタート。ゲストにダンサー・コレオグラファーの仲宗根梨乃、フリースタイル・バスケットボーラーのZiNEZを迎えると、会場の盛り上がりは最高潮に。招待客200名が思い思いのベッドホンを装着すると、目にも鮮やかな光景が広がった。

今回の醍醐味はなんといっても”ゾクゾクタイム”。ウォークマン(R)に収録されたオリジナル楽曲を一斉に再生すると、サイレント空間で200名が同じハイレゾ音源を体験できる、まさに新感覚のイベント。楽曲スタート同時にパフォーマー達が登場すると、ヒップホップダンスやポールダンス、仲宗根梨乃・ZiNEZによるパフォーマンスなど多種多様なパフォーマンスを披露しフロアを盛り上げた。もちろんパフォーマーもベッドホンを装着しており、激しい動きにも対応していることがしっかりと証明された。

最後はゲストによるトークステージ。ハイレゾについて聞かれると、「もともと音楽が持っているパワーとかメッセージがより伝わってきた」(仲宗根梨乃)、「細かい音も聴こえるし、朝一で好きな曲を目を閉じて聴いてほしい」「今まで聴いていた曲を聴き直したくなる」(ZiNE)とハイレゾ体験の感動を語った。

また、これまでに経験した”ゾクゾク”した体験については、「人生初のショーでマイケルジョーダンのハーフタイムショーに出たこと」(ZiNE)、「中2の時に福岡ドームにマイケル・ジャクソンを観に行ったこと」と両者とも”MJ”に関する体験を話し、フロアの関心を惹きつけた。

ほかにも会場では新製品をイメージした5種類のオリジナルカクテルも提供され、招待客は聴覚・視覚・味覚すべてを使ってイベントを楽しんだ。

ヘッドホン新シリーズh.earTMとウォークマン(R)新Aシリーズは10月10日(土)より発売。ぜひ新製品を手に入れて衝撃のハイレゾ体験を堪能してほしい。
「Hi-Res Silent Party」特設サイト

■【ヘッドホン hear シリーズ 概要】

2015年10月10日発売
※オープン価格
【ステレオヘッドホン h.ear on『MDR-100A』】
カラー:ビリジアンブルー、シナバーレッド、チャコールブラック、ライムイエロー、ボルドーピンク
【密閉型インナーイヤーレシーバー h.ear in『MDR-EX750AP』】
※スマートフォン用リモコン
カラー:ビリジアンブルー、シナバーレッド、チャコールブラック、ライムイエロー、ボルドーピンク
【密閉型インナーイヤーレシーバー h.ear in『MDR-EX750』】
カラー:チャコールブラック
【ノイズキャンセリングヘッドホン h.ear in NC『MDR-EX750NA』】
※スマートフォン用リモコン
カラー:チャコールブラック

■【ウォークマン(R)新Aシリーズ 概要】

2015年10月10日発売
※オープン価格
【ウォークマン(R)『NW-A25』(16GB)】
※デジタルノイズキャンセリングインナーイヤーヘッドホン同梱
カラー:ビリジアンブルー、シナバーレッド、チャコールブラック、ライムイエロー、ボルドーピンク、シルバー
【ウォークマン(R)『NW-A25HN』(16GB)】
※ハイレゾ対応ジタルノイズキャンセリングインナーイヤーヘッドホン同梱
(『MDR-NW750N』同等)
カラー:ビリジアンブルー、シナバーレッド、チャコールブラック、ライムイエロー、ボルドーピンク、シルバー
【ウォークマン(R)『NW-A26HN』(32GB)】
※ハイレゾ対応ジタルノイズキャンセリングインナーイヤーヘッドホン同梱
(『MDR-NW750N』同等)
カラー:ビリジアンブルー、チャコールブラック、ボルドーピンク、シルバー
【ウォークマン(R)『NW-A27HN』(64GB)】
※ハイレゾ対応ジタルノイズキャンセリングインナーイヤーヘッドホン同梱
(『MDR-NW750N』同等)
カラー:チャコールブラック、シルバー

【関連リンク】
今年のMAVERICK DC GROUP年末恒例日本武道館企画は音楽バトルイベント!?
deronderonderon、Helsinki Lambda Clubら5バンド主催の共同企画ツアー開催
「SHIGA IDOL COLLECTION〜2015 X\'mas Special〜」、第3弾ラインナップが解禁!

【関連アーティスト】

【ジャンル】
イベント, ハイレゾ

吉田山田の「日々」、YouTube再生回数が800万回を突破
Fri, 09 Oct 2015 20:00:00 +0900
吉田山田 (okmusic UP\'s)

「NHKみんなのうた」で放送され大きな反響を呼び、2013年12月のリリース以来、ロングセールスを記録している吉田山田の楽曲「日々」の YouTubeの再生回数が800万回を突破した。

【その他の画像】吉田山田

メディア露出やイベント出演の度にiTunesやレコチョクを中心に配信が伸び、25万ダウンロードを超えて日本レコード協会からプラチナ作品の認定もされている。映画『ボクは坊さん。』の主題歌「Today,Tonight」の配信スタートと併せて再び「日々」のランキングが急浮上しており、まだまだ配信の伸びも期待される。

吉田山田は、10月9日から名古屋栄のセントラルパーク地下街にて『吉田山田展名古屋』を開催。本邦初公開の写真も含む膨大な量のライブ写真や衣装展示、秘蔵映像のオンエアや、山田義孝デザインの限定グッズ販売を行なっており、初日となる10月9日もオープンから沢山のファンで賑わっている。なかでもセントラルパークの壁面をジャックするほどの山田義孝が描いた巨大アートは必見。11日には吉田山田本人が登壇してのオープニングセレモニーを行ない、さらに同日深夜にはZIP-FMにてスペシャル生放送も行なう。是非足を運んでみよう。

また、飲食店・ライブハウス・クルージングパーティ等、様々なスペース開発・運営を手がける株式会社エスエルディーとのコラボレーション企画が決定。メンバーそれぞれの好みのメニュー・それぞれの要望を盛り込んだオリジナルレシピを共同開発し、東京・福岡の2エリアで10月19日〜11月1日まで期間限定で開催される。

11月1日からは今年二度目となる全国ツアー「吉田山田ツアー2015冬〜光と闇〜」も控えており、今年も吉田山田の動きからまだまだ目が離せない。

■「日々」MV
https://www.youtube.com/watch?v=4J9AcO6LrfM

【関連リンク】
吉田山田 オフィシャルHP
吉田山田、映画『ボクは坊さん。』主題歌「Today,Tonight」のMVは郷愁あふれる内容に
吉田山田、映画完成披露試写会で初披露した主題歌「Today,Tonight」が感動を誘う
吉田山田、第二の故郷・名古屋にて話題のアーティスト展を開催

【関連アーティスト】
吉田山田
【ジャンル】
J-POP

Poet-type.M、4部作第3弾の最新MV&ビジュアルイメージを公開
Fri, 09 Oct 2015 19:00:00 +0900
Poet-type.M (okmusic UP\'s)

今年より音楽で綴る御伽噺「夜しかない街」を四季に合わせ4部作で表現しているPoet-type.Mが、10月21日(水)にリリースするコンセプトミニアルバム第3弾にあたる秋盤『A Place, Dark & Dark -性器を無くしたアンドロイド-』からリード曲となる「あのキラキラした綺麗事を(AGAIN)」のMVとアーティスト写真を公開した。

【その他の画像】Good Dog Happy Men

リード曲となった「あのキラキラした綺麗事を(AGAIN)」は夏盤からガラッと雰囲気を変えキャッチーなメロディーが引き立つ80\'sロックに仕上がっており、映像作品は弔いを感じさせる切ないバラード感を演出している。

なお、門田は現在自身主催のライブイベント「festival M.O.N -美学の勝利-」の最中で、門田がこれまで結成してきたBURGER NUDS、Good Dog Happy Men、Poet-type.Mが集結する奇跡の対バンイベントのファイナル公演は24日東京・LIQUIDROOMにて実施される。

■【セルフライナーノーツ】

信仰、依存、孤独。そして混沌(サイケデリック)
両性具有のアンドロイド達が列をなす教会。薔薇の_葬園には霧の雨が降り、メンタルと物語を終焉へと向かわせる。
夜しか無い街、「Dark&Dark」の秋。
街の灯が切り裂いた6つの情念。
欠けた月を咥えて「さよなら」がやってきた。
赤錆びた雨の音。

なんて哀しくて寂しい音だろう。

<門田 匡陽>

■「あのキラキラした綺麗事を(AGAIN)」MV
https://youtu.be/D1a_WFSx704

■ミニアルバム『A Place, Dark & Dark-性器を無くしたアンドロイド-』

2015年10月21日発売
PtM-1032/¥1,500+税
<収録曲>
1 だが、ワインは赫(Deep Red Wine)
2 あのキラキラした綺麗事を(AGAIN)
3 ある日、街灯の下(Farewell, My Lovely)
4 双子座のミステリー、孤児のシンパシー(GPS)
5 プリンスとプリンセス(Nursery Rhymes ep4)
6 性器を無くしたアンドロイド(Dystopia)

■「festival M.O.N -美学の勝利-」

10月24日(土) 東京 LIQUIDROOM ebisu
開場17:00 / 開演18:00
<出演>
Poet-type.M / BURGER NUDS / Good Dog Happy Men
<チケット>
前売:¥3,800-

【関連リンク】
Poet-type.M オフィシャルHP
Poet-type.M、BURGER NUDS、Good Dog Happy Menが会場限定スプリット盤をリリース
Poet-type.Mが新作『夏盤』収録曲「その自慰が終わったなら(Modern Ghost) 」MVを解禁
Poet-type.M、夜しかない街の物語『夏盤』の詳細解禁

【関連アーティスト】
Good Dog Happy Men, Poet-type.M, 門田匡陽, BURGER NUDS
【ジャンル】
ジャパニーズロック

FACT主催サーキット・フェスの全出演バンド&当日のニコ生放送が決定
Fri, 09 Oct 2015 19:00:00 +0900
「ROCK-O-RAMA 2015」 (okmusic UP\'s)

先日第一弾出演ラインナップが発表され、大きな話題を呼んでいるFACT主催の都市型サーキット・フェス「ROCK-O-RAMA 2015」。この度、その全ラインナップが発表となった。

【その他の画像】FACT

今回発表されたのはThe BONEZ、Crossfaith、Crystal Lake、HER NAME IN BLOOD、waterweed。そして、アコースティック・セットでの出演でNothing To Declare、POP DISASTER、SWANKY DANKという計8組。3会場、全4ステージの内、club asia 2階の『PEACE STAGE』が、アコースティック・ステージとなる。

FACTは、この公演が自身最後のライヴとなる。現在開催中のラストツアーは、追加公演含め全19公演全てがソールドアウトとなっており、こちらのフェスも、第1次先行時点で、激しいチケット争奪戦が繰り広げられた。第2次先行は、10月10日(土)正午より開始される。

そして、FACTのライヴ部分がニコニコ生放送で完全独占ストリーミングされることも同時に発表された。当日はFACTのライヴ生中継に加え、ニコ生の教則動画でお馴染みの「a fact of life」が、16周年にかけて160回オンエアされるほか、特選映像集が約16時間に渡って放送される予定だ。

それに先駆け、10月30日(金)には前回オンエア時に大きな話題となった『FACTのニコニコ音楽教則動画』の『#2』の放送も決定。また、自身初のフィジカル・ベスト・アルバム『best+ 2009-2015』の発売を記念して「あなたの選ぶBEST OF FACT SONG」も企画されており、ベスト曲の投票は番組ホームページで既に始まっている。

■『FACTのニコニコ音楽教則動画 #2 〜ベストアルバム「Best+ 2009-2015」発売記念〜』
※「あなたの選ぶBEST OF FACT SONG」応募受付中
(10月19日(月) 23時59分まで)
http://live.nicovideo.jp/watch/lv237409865
■『FACT LAST LIVE完全生中継 〜ニコニコ音楽教則動画 #3 in ROCK-O-RAMA 2015〜』
※ 生中継はFACTのライヴのみとなりますので、ご注意下さい。
http://live.nicovideo.jp/watch/lv237599923

■「ROCK-O-RAMA 2015」

11月20日 (金) 東京 渋谷:TSUTAYA O-EAST、shibuya duo MUSIC EXCHANGE、club asia (全3会場 / 4ステージ)
<出演>
The BONEZ、COUNTRY YARD、Crossfaith、Crystal Lake、FACT、HER NAME IN BLOOD、HEY-SMITH、Ken Yokoyama、LITE、LOYAL TO THE GRAVE、MAN WITH A MISSION、NOTHING TO DECLARE (Acoustic Set)、POP DISASTER (Acoustic Set)、SIDE IMPACT、SNORT、STORM OF VOID、SWANKY DANK (Acoustic Set)、waterweed (A to Z)
<チケット>
■料金
¥5,900(税込)
※入場時に別途ドリンク代500円を頂きます。
■申し込み
※必ず下記のオフィシャルHPから注意事項をご確認の上、お申し込みください。
http://rock-o-rama2015.com

【関連リンク】
FACT オフィシャルHP
Crossfaith、現地ファンによってソールドアウトしたロンドン公演の一部を公開
Crossfaith、轟音で世界遺産の日光山 輪王寺を揺らす!
「9月よ、さようなら」というタイミングで聴きたい5曲

【関連アーティスト】
FACT, Crossfaith, SWANKY DANK, The BONEZ, CRYSTAL LAKE, HER NAME IN BLOOD, waterweed
【ジャンル】
ジャパニーズロック, イベント

『HALLOWEEN PARTY 2015』にkyo(D\'ERLANGER)、柩(ナイトメア)、HALLOWEEN DOLLSが出演決定
Fri, 09 Oct 2015 18:30:00 +0900
「HALLOWEEN PARTY 2015」ロゴ (okmusic UP\'s)

開催を間近に控えたVAMPS主宰の「HALLOWEEN PARTY」に、HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRAとして、10月18日(日)の神戸公演にkyo (D\'ERLANGER)、10月24日(土)の幕張公演に柩 (ナイトメア)が出演する事が決定した。

【その他の画像】ナイトメア

さらに、幕張公演の「HALLOWEEN COLLECTION」に、HALLOWEEN DOLLSの参加が決定した。

それにあわせて「HALLOWEEN PARTY」特設サイトにはHYDEのスペシャルインタビューを掲載。なぜ今「HALLOWEEN PARTY」のカヴァー曲をプロデュースしたのか? 今年のHALLOWEEN PARTYの見所などを語ったインタビューとなっているので、気になる方は是非こちらもチェックしてほしい。

■HYDE スペシャルインタビュー
http://www.vamprose.com/halloweendolls/

■『HALLOWEEN PARTY 2015』

10月17日(土)・18日(日) 兵庫 神戸ワールド記念ホール
10月23日(金)・24日(土)・25日(日)  千葉 幕張メッセ国際展示場9・10・11ホール

出演:
■神戸ワールド記念ホール
10月17日(土)VAMPS / BREAKERZ / ナイトメア / HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA / ペレ草田[スペシャルパフォーマー]

10月18日(日)VAMPS / BREAKERZ / MY FIRST STORY / HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA / 椎名ぴかりん[スペシャルパフォーマー]

■幕張メッセ国際展示場9・10・11ホール
10月23日(金)VAMPS / BREAKERZ / MY FIRST STORY / GACKT presents 神威♂楽園 / HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA / 女王蜂 × チームしゃちほこ[スペシャルパフォーマー] / DEEP GIRL[スペシャルパフォーマー]

10月24日(土)VAMPS / BREAKERZ / ももいろクローバーZ / 氣志團 / HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA

10月25日(日)VAMPS / BREAKERZ / ゴールデンボンバー / でんぱ組.inc / HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA / Silent Siren [スペシャルパフォーマー]

【HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA参加アーティスト】
10月17日(土) VAMPS / BREAKERZ / ナイトメア / ペレ草田 / 明希(シド) / anis(MONORAL) / 喜矢武豊(ゴールデンボンバー) / 逹瑯(MUCC) / Tommy heavenly6

10月18日(日)VAMPS / BREAKERZ / MY FIRST STORY / 椎名ぴかりん / 明希(シド) / anis(MONORAL) / kyo(D\'ERLANGER) / 逹瑯(MUCC) / Tommy heavenly6 / 柩(ナイトメア) / ROLLY

10月23日(金) VAMPS / BREAKERZ / MY FIRST STORY / 女王蜂 / DEEP GIRL / 明希(シド) / anis(MONORAL) / Shinya(DIR EN GREY) / Tommy heavenly6 / 柩(ナイトメア) / ROLLY / 分島花音

10月24日(土) VAMPS / BREAKERZ / ももいろクローバーZ / 氣志團 / 明希(シド) / anis(MONORAL) / Shinya (DIR EN GREY) / 逹瑯(MUCC) / Tommy heavenly6 / 柩(ナイトメア) / YUKI(DUSTAR-3, Rayflower) / 分島花音

10月25日(日) VAMPS / BREAKERZ / ゴールデンボンバー / でんぱ組.inc / Silent Siren / 青木隆治 / 明希(シド) / anis(MONORAL) / Shinya(DIR EN GREY) / 逹瑯(MUCC) / Tommy heavenly6 / YUKI(DUSTAR-3, Rayflower) / 分島花音

MC:やまだひさし(全公演共通)

■HALLOWEEN COLLENTION ゲスト出演
10月23日(金) / 24日(土) / 25日(日) 
HALLOWEEN DOLLS

【関連リンク】
『HALLOWEEN PARTY 2015』特設サイト
D\'ERLANGER、初ライヴ・ブルーレイ作品のアートワーク&収録内容を解禁
『HALLOWEEN PARTY 2015』新たに5組のアーティストが出演決定
VAMPS、籠城型ライヴハウス公演開催を発表

【関連アーティスト】
ナイトメア, VAMPS, D\'ERLANGER, kyo, HYDE, HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA, 柩 from NIGHTMARE
【ジャンル】
ジャパニーズロック, イベント

新木場・ageHa恒例のハロウィンイベント、今年の仮装テーマは「ミッドナイト・サーカス」!
Fri, 09 Oct 2015 18:30:00 +0900
「ageHa HALLOWEEN2015」 (okmusic UP\'s)

日本最大級のエンターテイメントスペース 新木場・ageHaで毎年恒例となっている「ageHaハロウィン」。毎年国内最大級のハロウィンパーティーが開催されるageHaでは、例年よりもさらにパワーアップした夜が繰り広げられそうだ。

【その他の画像】DJ KAORI

今年の見所は、なんと言ってもハロウィンイベントの目玉である毎年恒例の仮装コンテストがageHa史上初の2日連続で開催されるということだろう。そして、その賞金総額は100万円という豪華さだ。

今年のageHa HALLOWEENのテーマは「ミッドナイト・サーカス」。ageHaのステージは大変大きいため、ステージ映えする派手さと、誰にでも伝わるモチーフの選定が入賞の鍵となりそうだ。仮装のテーマは限定されていないので、ぜひ自由な発想、テーマで思い思いの仮装を表現してみよう。

そして、「ダンソン」のリズムネタでブレイク中のお笑いコンビ・バンビーノ、白目ネタでブレイク中のピスタチオ、高城剛、IMALU、ViViのモデルとして活躍するまいぷぅこと宮城舞など超豪華な両日のコンテスト審査員も注目を浴びている。

コンテストへの参加は当日エントリーに加え、事前応募枠が設定されている。プロのダンサー、パフォーマーの参加も歓迎。さらに、2日連続の応募も可能となっているので、奮って参加しよう。

また、3daysブチ抜きで、仮装した姿のセルフィーを投稿し、優秀者は10万円がもらえるというSelfieフォトコンテストも実施。参加方法はインスタグラムにてageHaアカウントをフォローし、「#ageHalloween2015」をつけて写真を投稿するだけというお手軽さなので、ぜひこちらもチャレンジしてみてはいかがだろうか。

10月30日(金)は、きゃりーぱみゅぱみゅのプロデューサーである中田ヤスタカが、10月31日(土)はNO.1フィメールDJ DJ KAORIがヘッドライナーを務めるageHaのハロウィン。ぜひ会場に足を運び、ハロウィン気分を味わおう。

■【イベント概要】

「ageHa×ASOBISYSTEM presents ASOBINITE!!! HALLOWEEN 2015 -MIDNIGHT CIRCUS-」
10月30日(金) ageHa
OPEN 21:00
<チケット料金>
DOOR : TBA
全身仮装ディスカウント:¥3,000

「ageHa HALLOWEEN 2015 -MIDNIGHT CIRCUS-」
10月31日(土) ageHa
OPEN: 21:00
<チケット料金>
DOOR : TBA
¥5,000 予定
全身仮装ディスカウント: ¥3,000

【関連リンク】
「ageHa HALLOWEEN 2015」特設サイト
ヤスタカ、tofubeatsら出演ライヴ&パーティ『YYY(ワイワイワイ)』開催決定
きゃりーの新曲が、日本初となる「コカ・コーラ」ハロウィンTVCMソングに!
DJ KAORIが贈る『THE BIG PARTY』、9月のゲストライヴにAK-69が初登場!

【関連アーティスト】
DJ KAORI, 中田ヤスタカ
【ジャンル】
イベント

BUCK-TICK・櫻井敦司率いるTHE MORTALがフルアルバムの全貌発表&MV初公開
Fri, 09 Oct 2015 18:00:00 +0900
THE MORTAL (okmusic UP\'s)

BUCK-TICK・櫻井敦司のソロプロジェクト“THE MORTAL"の1stフルアルバム『I AM MORTAL』。その収録内容の全貌が明らかとなった。

【その他の画像】BUCK-TICK

10月14日発売のミニアルバム『Spirit』収録の「PAIN DROP」「夢」という2曲の他にも、タイトルのラインナップを見るだけでも、デカダンスとゴシックの香りが漂うオリジナル曲12曲がラインナップされており、THE MORTALの美しくも“死”の香り漂う世界に期待が持たれる。

また、10月9日より「夢」のミュージックビデオのダイジェストが公開された。この映像は11月11日発売のフルアルバム『I AM MORTAL』の初回限定生産盤の特典DVDに収録される。この他にアルバム収録の「Mortal」「天使」「ギニョル」など合計5曲の映像が収録されるとのこと。

さらに、初のライブ「TOUR THE MOTRAL 2015」に先駆け、10月13日(火)よりタワーレコード(一部店舗)にてタワーレコード限定デザインTシャツとフェイスタオルの事前先行販売をおこなうことも発表された。11月16日よりスタートするツアー、そして1stフルアルバムの発売に今から期待が高まるところだが、まずは先だって発売されるミニアルバム『Spirit』を聴いて、THE MORTALのダークで美しく、そして狂気を孕んだ世界にひたってほしい。

■「夢」MUSIC VIDEO ダイジェスト
https://www.youtube.com/watch?v=QbpkY27jBWQ

■アルバム『I AM MORTAL』

2015年11月11日発売
【初回限定生産盤】(CD+DVD)
CTCR-14875/B/¥5,500+税
※スペシャルパッケージ仕様
※豪華40Pフォトブックレット付
※スペシャル特典応募券封入
【通常盤】(CDのみ)
CTCR-14876/¥3,000+税
<収録曲>
■CD
1. 天使
作詞:櫻井敦司/作曲:村田有希生         
2. DEAD CAN DANCE
作詞:櫻井敦司/作曲:三代堅
3 . Barbaric Man
作詞:櫻井敦司/作曲:村田有希生
4. 夢 -Deep Dream
作詞:櫻井敦司/作曲:Jake Cloudchair
5. Fantomas -展覧会の男
作詞:櫻井敦司/作曲:三代堅
6. MOTHER
作詞:櫻井敦司/作曲:村田有希生      
7. ギニョル
作詞:櫻井敦司/作曲:三代堅
8. 月
作詞:櫻井敦司/作曲:Jake Cloudchair
9. PAIN DROP -It rains cats & dogs
作詞:櫻井敦司/作曲:村田有希生
10. グロテスク
作詞:櫻井敦司/作曲:三代堅
11. Mortal
作詞:櫻井敦司/作曲:Jake Cloudchair
12. サヨナラワルツ
作詞:櫻井敦司/作曲:Jake Cloudchair
■DVD ※初回限定生産盤のみ
ミュージックビデオ
1.Mortal
2.PAIN DROP
3.天使
4.ギニョル
5.夢

■『TOUR THE MORTAL 2015』

11月17日(火) 大阪:オリックス劇場(旧:大阪厚生年金会館)
11月25日(水) 東京:NHKホール
11月26日(木) 東京:NHKホール
<追加公演>
11月16日(月) 大阪:なんばHatch
11月19日(木) 東京:新木場STUDIO COAST

【関連リンク】
THE MORTAL オフィシャルHP
今井寿と藤井麻輝のユニット“SCHAFT"が94年以来の本格始動を発表
櫻井敦司(BUCK-TICK)のTHE MORTAL、ニューアルバムの最新ビジュアル公開!
櫻井敦司(BUCK-TICK)のソロプロジェクト THE MORTAL、ツアー追加公演決定

【関連アーティスト】
BUCK-TICK, 櫻井敦司, THE MORTAL
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル

Raglaia、ニューアルバムより清春書き下ろしの新曲「Remember」MVが公開
Fri, 09 Oct 2015 18:00:00 +0900
Raglaia (okmusic UP\'s)

Raglaiaが1stアルバム『Creation』より、清春(黒夢/SADS)が書き下ろした新曲「Remember」のMVを公開した。

【その他の画像】清春

珠玉の旋律と圧倒的な爆音の融合。11月11日にリリースされるRaglaiaの1stアルバム『Creation』は、躍動感みなぎる華やかな作品だ。その収録曲のなかから、黒夢とSADSのヴォーカルを務め、ソロアーティストとしても絶大な影響力を誇る清春が書き下ろした新曲「Remember」のPVが公開された。聴く者の心に寄り添うような芳醇なメロディは、清春ならではのクオリティ。RAMIが手掛けた歌詞と相まって、遠く離れた大切な人への想いを繊細に表現した楽曲に仕上がっている。

Raglaiaは、Aldiousの初代ボーカルを務めたRAMIとプロデューサー・ギタリストのK-A-Z (SADS/カイキゲッショク)を中心に2015年1月に結成されたプロジェクトバンド。ドラムに黒夢、THE冠、AIONをはじめとした多様なアーティストをサポートするYOUTH-K!!!(BAT CAVE)、ベースにジャンルを問わず様々なバンドをサポートしてきたERY(KiLLKiLLS)を迎えた4人編成で活動を開始する。4月には1stシングル「Forlorn?」、8月には2ndシングル「Promises」を発表し、緊張感に満ちた演奏とドラマティックな楽曲が好評を博した。

1stアルバムのリリース前から、東名阪のクラブクアトロツアーおよび東京キネマ倶楽部公演を成功させた彼女たちは、先頃の「大冠祭2015」でも、初のイベント出演とは思えない堂々たるパフォーマンスで観客の目を釘付けにしていた。へヴィメタルという枠組みに収まりきらないラウドで華麗なサウンドでオーディエンスを魅了するRaglaia。満を持してのデビューアルバムの完成である。

『Creation』では、既にライヴの定番曲となっている2枚のシングル収録曲が、アルバムバージョンとして新たな命を吹き込まれている。また、清春作曲の新曲「Remember」はもちろん、YUHKI(GALNERYUS)、安井義博(OUTRAGE)、満園庄太郎(ex. BOWWOW、ex. B’zのサポート、WILD FLAG)、黒瀬蛙一(ex. B’zのサポート、ex. ZARDのサポート)、人時(黒夢9、WU-CHY(BAT CAVE))ら豪華ゲスト陣の活躍にも注目したい。天から降り注ぐような美しいバラードから、疾走する轟音メタルチューンまで、創造力に満ちた楽曲の数々を味わうことができる。

今後のさらなる飛翔を予感させるRAMIの眼差しが印象的な『Creation』。このアルバムのリリース日を心待ちにしながら、新曲「Remember」の映像と楽曲の美しさに酔ってほしい。

文:志村つくね

■「Remenber」
https://youtu.be/s95Z4EFMz4M

■アルバム『Creation』

2015年11月11日発売
【HMV/Loppi限定RAMI盤】(CD+DVD+RAMIのミニ写真集)
RAMI-009/¥4,000+税
※解説:増田勇一/歌詞付
※RAMIのミニ写真集付き
<収録曲>
■CD
・全11曲収録
■DVD 
・Perfect Half (Music Video)
Breaking Dawn Tour 2015 〜Live at UMEDA CLUB QUATTRO〜
・Don’t Change Your Mind (浜田麻里カヴァー)
Behind the Scenes
・Aching Memories
Offshot Movie
※RAMI復帰後の初撮影を始め、ジャケット撮影やレコーディング、Muisc Videoなどの現場風景や撮影合間のメンバ−コメント、楽屋風景など約60分にわたって収録。

【DVD付限定盤】(CD+DVD)
RAMI-007/¥3,500+税
※解説:増田勇一/歌詞付
<収録曲>
■CD
・全11曲収録
■DVD 
Music Video
・Remember
・Promises
Breaking Dawn Tour 2015 〜Live at UMEDA CLUB QUATTRO〜
・Outer Dark
・Forlorn?

【通常盤】(CD)
RAMI-008/¥2,300+税
※解説:増田勇一/歌詞付
<収録曲>
・全11曲収録

■「Raglaia “Creation Tour 2016”」

2月20日(土) 東京・代官山UNIT
2月26日(金) 名古屋・ell.FITS ALL
2月27日(土) 大阪・ 安倍野ROCK TOWN 

<チケット>
■チケット料金:¥3,800(税込)(1drink別・整理番号付)
※未就学児はチケット1枚につき1名無料
■チケット先行発売日:2015年10月1日(木)10:00〜2015年10月12日(月・祝)
※ローソンチケットのみ
■チケット一般発売日:2015年10月17日(土)10:00〜
※チケットぴあ、ローソンチケット、e+(イープラス)
■主催/企画/制作:Across Music / Village Again Association
■お問い合わせ:HANDS ON ENTERTAINMENT 03-5468-8613(平日10:00〜18:00)

【関連リンク】
Raglaia オフィシャルHP
Raglaia オフィシャルFacebook ページ
RAMI オフィシャルブログ
黒夢ではなく、黒夢のコピーバンドでもない! The Black Eyes of Dreamless Deathmaskがベールを脱ぐ!

【関連アーティスト】
清春, sads, 黒夢, Raglaia
【ジャンル】
ジャパニーズロック, メタル

【連載コラム】稚菜、さだまさしの「秋桜」をカバー
Fri, 09 Oct 2015 18:00:00 +0900
稚菜 (okmusic UP\'s)

先週、無事に24歳の誕生日を迎えました。
今までの私なりの誕生日の過ごし方。
それはいつもと変わらない生活をする事。
学校に行ったりアルバイトをしたり、はたまた家でゴロゴロしたり…笑
特別な事をしないのは、誕生日ではあるけれど、
その日の自分の事を自分自身が特別だと思っていないから。

私は、誕生日という日は親に感謝するものだと思っている。
両親が産んでくれた日があるから今の私がいるし、今の私の周りの大切な人に出会えた。
おめでとう!という言葉をくれる人たちに出会えた。
本当にありがたい事です。
いつもと変わらぬ日常を過ごすと、改めてその想いを感じられると思うのです。

もちろん小さい頃は単純に祝ってもらう事が嬉しかった私ですが。
ある時、私が信頼し尊敬している方に、
「おめでとう。そしてあなたを産んでくれ私に出会わせてくれたあなたの親にありがとう。」
という言葉をもらい、その時にはっと気付かされたのでした。
そして何より、私の大好きな両親を褒められたようで、その言葉が本当に嬉しかったのです。
この言葉がきっかけで、そうか私の誕生日というのは
私の両親にとっても大切な日であるんだなと思う様になったのです。

言葉をもらったり、物をいただいたり。
そんな大切な心をもらうたびに私“ありがとう”を両親に送り続けようと、
今はそう思っています。

いつも、“稚菜が好きな事をやっている姿を見るのが一番好き。”
そう言ってくれるあなたに。
24年間育ててくれて本当にありがとう。
そしてどうぞこれからも
宜しくお願いします。

さて今日の一曲。
この方の存在を初めて知ったのは、小学生の時。
歌手としてではなく、父に初めてもらった本の著者として、でした。
小さい頃に読んだ本の中で、今でも唯一取っておいてある大好きな本です。
そして今年の誕生日の前日、やっと念願だったコンサートを初めて見に行かせて頂きました。
私が本当に尊敬している方。
改めてこんな素敵なシンガーソングライターになりたいと思った一日。
さだまさしさんの「秋桜」を。
私も母親に想いを込めて歌わせてもらいました。
是非聴いてみて下さい。
https://youtu.be/rWtO1AFgXBI

それでは。

【関連アーティスト】
さだまさし, 稚菜
【ジャンル】


パンクバンド改めミクスチャーロックのパイオニア、ザ・クラッシュが作ったディスコパンクアルバム『Combat Rock』
Fri, 09 Oct 2015 18:00:00 +0900
THE CLASH『Combat Rock』のジャケット写真 (okmusic UP\'s)

バンド史上最高のチャートアクションを記録しながら、ザ・クラッシュのディスコグラフィーの中ではどちらかと言うと印象が薄い『コンバット・ロック』。しかし、彼らをパンクバンドではなく、ミクスチャーロックバンドととらえると、このアルバムの別の魅力が浮かび上がる。

 ザ・クラッシュのアルバムに問題作はあっても駄作は一枚もない。そう、一枚もないのである。それにもかかわらず、『ロンドン・コーリング』(\'79)や『サンディニスタ』(\'80)ばかりが語られ、『動乱(獣を野に放て)(原題:Give \'Em Enough Rope)』(\'78)と、この『コンバット・ロック』(82年)が顧みられることが少ないのは、“ザ・クラッシュ=パンクバンド”という固定観念にとらわれているリスナーが未だに多いからだ。もちろん、ザ・クラッシュはパンクムーブメントから生まれたバンドだった(結成の動機はラモーンズとセックス・ピストルズに刺激されたことだった)。また、反米帝国主義を掲げ、人々を蹂躙するあらゆる権力にアンチを唱え、人々に立ち上がること、そして行動することを訴え続けたジョー・ストラマー(Vo& Gu)はパンクの闘士そのものだった。

 しかし、音楽的に言えば、ザ・クラッシュはデビューした時からパンクロックバンドではなかった。じゃあ何だ? あえてジャンルにこだわるならミクスチャーロックバンドだったということになる。デビューアルバムですでにレゲエにアプローチしていたそのミクスチャー感覚は、あえてギターロックバンド然としたストレートなサウンドをアピールした『白い暴動(原題:The Clash)』『動乱(獣を野に放て)』の成功を経て、3作目の『ロンドン・コーリング』で一気に開花。ザ・クラッシュを結成した時に切り捨てたと思しきR&B、ジャズ、ロカビリーなど、レゲエ/スカに止まらない多彩な音楽からの影響を反映させた全19曲をアナログ盤2枚に収録した『ロンドン・コーリング』は、それまでパンクブームの終焉とともに消えるだろうと思われていたザ・クラッシュの存在を改めて多くのロックファンに印象付けた。

 『サンディニスタ』もこの『コンバット・ロック』も、誰もが名盤中の名盤と認める『ロンドン・コーリング』の延長上にある作品だ。しかし、賛否が分かれるまさに問題作にもかかわらず、アナログ盤3枚組全36曲というボリュームとそういう作品を作る無謀…いや、果敢な挑戦が大きなインパクトを残した『サンディニスタ』に比べ、アルバム1枚全12曲にすっきりとまとめた『コンバット・ロック』の印象が薄いのは仕方ないとは言いながら、当時、ミック・ジョーンズ(Gu&Vo)が注目していたヒップホップの影響を取り入れることで、彼らのミクスチャー路線がさらに進化を遂げていることを聴き逃してしまったらもったいない。

 もっともミクスチャーという言葉も概念もない上、“ザ・クラッシュ=パンクバンド”というイメージが定着していた当時、勇ましいタイトルとは裏腹にバンドの成熟も印象付けたこのアルバムを受け入れることは、多くのロックファンにとって難しかったかもしれない。しかし、ミクスチャーという概念が、あえてその言葉を使う必要もないほど当たり前になり、ダンスミュージックとロックの融合が進んだ今なら、『コンバット・ロック』の魅力はストレートに伝わるにちがいない。

 例えば、ロカビリーをヒップホップ風に演奏した「権利主張」、ローリング・ストーンズを思わせるリフにダンサブルなベースラインを組み合わせた「ステイ・オア・ゴー」、今だったら絶対にディスコパンクと言われる「ロック・ザ・カスバ」、レゲエとファンクビートとヒップホップをごた混ぜにした「レッド・エンジェル・ドラグネット」、ダブっぽいトラックメイキングがアルバムに奥行きを加える「ストレイト・トゥ・ヘル」、ファンクサウンドをストレートに追求した「オーバーパワード・バイ・ファンク」を聴けば、ミクスチャー感覚のみならず、デビュー当時から彼らが持っていたリズムに対する敏感なセンスが時代を先取りしていたことがわかるはずだ。唯一残念なのは、アナログ盤3枚組というボリュームを強引に聴かせ切った力業や『ロンドン・コーリング』『サンディニスタ』にあった闇雲なテンションに欠けていることだ。

 全英2位および全米7位というザ・クラッシュ史上最高のチャートアクションを記録したこのアルバムを引っ提げ、彼らはスタジアムを回った全米ツアーを成功させる。しかし、このアルバムを作り始めた時、すでにバンドの二枚看板であるジョー・ストラマーとミック・ジョーンズの気持ちはすれ違い始めていたし、トッパー・ヒードン(Dr)はドラッグでボロボロだった。もしメンバーが一丸となっていたら…いや、バラバラになり始めていたバンドの状態を嘆く前に、それでもこれだけのアルバムを作り上げた奇跡を、僕らロックファンは喜ぶべきなのだろう。

【関連アーティスト】
The Clash
【ジャンル】


HOTEI、インターナショナルアルバムの日本オリジナルダイジェスト映像を公開
Fri, 09 Oct 2015 17:00:00 +0900
HOTEI (okmusic UP\'s)

海外レーベル「Spinefarm Records」と契約後初リリースであり、UK・ヨーロッパ・日本で同時発売されるHOTEIのインターナショナルアルバム『Strangers』の日本オリジナルダイジェスト映像が公開となった。

【その他の画像】布袋寅泰

このダイジェスト映像用にHOTEIはオリジナルコメントを収録。アルバムコンセプト、このアルバムに対する想い、日本ファンへのメッセージなどを端的且つ力強く語っている。すべてが特別な『Strangers-Japan Edition-』の予習も兼ねて、是非一度ご覧になってほしい。

10月21日に開催されるロンドンIslington Assembly Hallワンマンライブからキックオフされるワールドワイド活動が本格化するHOTEIに、更に要注目だ。

■【各関係者よりコメント】

■HOTEI
ここにたどり着くまでの道のりは想像以上に険しかったが、世界に向けてのスタート地点に立てたことを素直に嬉しく、誇らしく思う。個性豊かなボーカリストたちの参加によって、原点である“ギタリストHOTEI"に戻ることができた。3 0余年前に観客20人のライブハウスからスタートしたように、作品やライブを通じて世界中にファンを一人ずつ増やしていきたい。日本のファンの皆さんの応援あってこそのスタートだと、心から感謝している。

■Iggy Pop
HOTEIの音楽への姿勢は、彼のプレイにしても作曲にしても、とにかくシンプルなアイデアに固執して、それが最高のものだと信じている。そこに迷いが無いんだ。でもそれはギタリストにとっては試練であり、最も難しい挑戦なんだよ。

■Noko of Apollo 440
HOTEIとは15年の付き合いだ。戦友のように一緒に戦い、チャレンジしてきたよ。僕たち二人は同じ日に、地球の端と端で生まれたんだ。ギタリスト、そして音楽マニアとしてね。お互い知り合う前から同じ音楽やカルチャーに影響されたから、一緒にヴァーチャル・トリップに出たような感覚があるんだよ。彼とは言葉にしなくても通じ合えることが山のようにあるから、どんなに大変な仕事だろうが、僕ら二人の知識と経験でやってのけれるんだ。

■アルバム『Strangers』日本オリジナルダイジェスト映像
https://youtu.be/4hThfX-UIMs

【関連リンク】
HOTEI オフィシャルHP
HOTEI、インターナショナルアルバム日本盤の詳細を発表
HOTEI、ニューアルバム『Strangers』をUK&ヨーロッパにてリリース決定
夏フェスマストコンピ『BEST EMI ROCKS 2015』、 超お買い得の900円!

【関連アーティスト】
布袋寅泰, HOTEI
【ジャンル】
ジャパニーズロック

タワレコ主催イベント「Bowline」、HEY-SMITHキュレーター公演のSPトレーラーを公開
Fri, 09 Oct 2015 16:30:00 +0900
HEY-SMITH (okmusic UP\'s)

タワーレコードが開催するライブイベント「Bowline」。10月12日(月・祝)に行なわれるHEY-SMITH キュレーター公演の開催に向け、本公演の全出演アーティストによる手書きイラストのスペシャルトレーラーが公開となった。

【その他の画像】POTSHOT

さらに、各アーティストによるキュレーターのHEY-SMITHや「Bowline」へのコメントムービーも同時公開。イベント参加前にぜひご覧になってみてほしい。

■「Bowline2015 curated by HEY-SMITH スペシャルトレーラー」
https://youtu.be/UBFFsgbilog

■「Bowline2015 / HEY SMITH コメントムービー」
https://youtu.be/I4fmkbKiNjc

■「TOWER RECORDS presents Bowline 2015 curated by HEY-SMITH & TOWER RECORDS」

10月12日(月・祝)  Zepp なんば大阪
OPEN 12時30分 / START 13時30分
出演:HEY-SMITH、グッドモーニングアメリカ、Crossfaith、DUB 4 REASON、PUFFY、POTSHOT、LIFE IS GROOVE

<チケット>
1F スタンディング:¥4,500(税込)
※ドリンク代別途 500円必要
※小学生以上有料/未就学児童入場不可

【関連リンク】
「Bowline」オフィシャルHP
グッドモーニングアメリカ、京王八王子ショッピングセンターとのコラボ再び!
Crossfaith、現地ファンによってソールドアウトしたロンドン公演の一部を公開
グッドモーニングアメリカ、3rdフルアルバムのジャケ写を公開

【関連アーティスト】
POTSHOT, PUFFY, Crossfaith, HEY-SMITH, グッドモーニングアメリカ
【ジャンル】
ジャパニーズロック, イベント

キュウソネコカミ、新曲「泣くな親父」MVで“親父”を好演!?
Fri, 09 Oct 2015 16:00:00 +0900
キュウソネコカミ (okmusic UP\'s)

キュウソネコカミが10月21日にリリースする3枚目のフルアルバム『人生はまだまだ続く』から、先行配信中の楽曲「泣くな親父」のミュージックビデオを公開した。

【その他の画像】キュウソネコカミ

思春期の娘とその父親の心情を歌ったキュウソならではのド直球な一曲。MVの監督は今作も加藤マニが務めている。

娘、父親それぞれに沁みるフレーズが全編に渡り綴られている「泣くな親父」だが、MVではなんとメンバー自身が親父に扮し、年頃の娘にあたふたする切ない親父を好演している。これまで十三変化(「ビビった」)やK-POPダンス(「MEGA SHAKE IT !」)、スパイ(「ハッピーポンコツ」)など、ミュージックビデオでは様々な設定や衣装にチャレンジしてきたが、今回は“親父"という新たなジャンルに挑んだ異色の作品となっている。

■「泣くな親父」MV
https://youtu.be/tzO04hUbDNc

【関連リンク】
キュウソネコカミ オフィシャルHP
キュウソネコカミ、会場キャパもパワーアップした約1年ぶりの全国ワンマンツアー決定
キュウソネコカミ、秋の対バンツアーにサンボ、忘れらんねえよら追加
ROTTENGRAFFTY主催第一弾出演アーティストはキュウソ、HEY-SMITHなど4組

【関連アーティスト】
キュウソネコカミ
【ジャンル】
ジャパニーズロック

チリヌルヲワカ、10周年の集大成見せる年末公演は東阪で開催
Fri, 09 Oct 2015 15:00:00 +0900
チリヌルヲワカ (okmusic UP\'s)

チリヌルヲワカが毎年恒例の年末ワンマンライヴツアー『鳴くよ鴬 咲くよ梅 〜師走のありが10祭〜』を、東京・大阪で開催することを発表した。

【その他の画像】チリヌルヲワカ

2015年はバンド結成10周年を迎えたチリヌルヲワカ。アニバーサリーイヤーの集大成でもある本ツアーは、東京公演が12月5日(土)に東京キネマ倶楽部、大阪公演が12月12日(土)に梅田Shangri-Laにて開催される。

年末、そして10周年というWの締めくくりだけに、両公演ともに“スペシャルな内容にしたい"と意気込みをみせており、新曲の披露が予定されているほか、東京公演に限り2階席からゆったりと優雅にライヴを堪能できる“殿さまシート"と称した指定席が設けられる。

チリヌルヲワカにとって3度目のステージとなる東京キネマ倶楽部だが、昭和の香りと独特の雰囲気が漂う空間と、どこか和のテイストを醸し出すチリヌルヲワカは実に絶妙なマッチングで、ライブハウスとはひと味違う特別感のあるステージが期待できそうだ。

今年1年と結成10周年の感謝を込めた本ツアー、次なるフェーズへ突入するチリヌルヲワカの軌跡と進化を今こそ目撃しておきたい。

■『チリヌルヲワカ 東阪ワンマン・ツアー<鳴くよ鴬 咲くよ梅 〜師走のありが10祭〜> 』

12月05日(土) 東京キネマ倶楽部
12月12日(土) 梅田Shangri-La

【関連リンク】
チリヌルヲワカ オフィシャルHP
チリヌルヲワカ、毎年恒例のツーマン企画が東阪札で開催決定
阿部耕作(ザ・コレクターズ)、個性派揃いのバースデー・ライヴの開催が迫る!
チリヌルヲワカ、10周年ツアー追加公演決定

【関連アーティスト】
チリヌルヲワカ
【ジャンル】
ジャパニーズロック

JaaBourBonz、TSUTAYA限定シングル発売決定&「勝利の歌」MVが公開へ
Fri, 09 Oct 2015 14:30:00 +0900
JaaBourBonz (okmusic UP\'s)

沖縄県出身で、現在はメジャーデビューのきっかけともなった高知県にメンバー全員で移住した5人組バンドJaaBourBonz(ジャアバーボンズ)。TSUTAYA限定シングル2タイトルのリリースが決定し、そのジャケットと同タイトル曲のMVが公開された。

【その他の画像】JaaBourBonz

高知のテレビ番組のレギュラーや県の選挙キャラクター等を通して、中国・四国地方で絶大なる人気を誇るJaaBourBonz。今回、JBBの愛称でも知られる彼らの活動をずっと応援し続けたTSUTAYAとのコラボレーションが実現し、TSUTAYA 限定シングルとして「勝利の歌(通常盤)」、「マンマミーア(ライブ会場限定盤)」の2タイトルをリリースする。

通常盤のリード曲には、2015年3月よりDyDo「miu」シリーズ新TV-CMソングとして起用された「勝利の歌」を収録。今回公開されたMVでは、学校を舞台に繰り広げられるメンバーの演奏シーンに加え、TAKANO(Vo)の実弟でJBBのギター&三線担当KO-Gが教師役を好演していることも見逃せないポイントとなっている。

また、ライヴ会場限定盤は文字通りライヴやイベント会場でしか手に入らないアイテムとなっており、ライヴでの盛り上がりを意識した4曲を収録。なお、通常盤の「勝利の歌」はTSUTAYAの取扱店とTSUTAYA オンラインショッピングでのみ販売となっている。

前作アルバムから1年4か月ぶりのCDリリースとなるJBB。この秋からのライヴやインストアイベントも一部日程が発表され、中国・四国地方を熱く燃やすJBBの活動から目が離せない。

■「勝利の歌」MV
https://youtu.be/RhzgJes0ql0

■シングル「勝利の歌」

2015年11月4日発売
【TSUTAYA 限定アイテム】(通常盤)
XWCW-30003/¥1,111+税
<収録曲>
1. 勝利の歌
2. きっと未来
3. ハンドパナー
4. 勝利の歌(カラオケ)
5. きっと未来(カラオケ)
6. ハンドパナー(カラオケ)
※予約するとTポイント5倍

取り扱い店舗:
■TSUTAYA 取扱店舗一覧
http://jaabourbonz.com/ttycp2015.html#store
■TSUTAYA オンラインショッピング
http://goo.gl/1pyFbK

■シングル「マンマミーア」

2015年10月31日
【TSUTAYA 限定アイテム】(ライブ会場限定盤)
XWCW-30004/¥1,389+ 税
<収録曲>
1. マンマミーア
2. DoでもWe!!
3. Sing&Dance
4. HAPPY

取り扱い店舗:
ライブツアー、各種イベント会場のみの限定アイテム

■「勝利の歌」発売記念インストアイベント

11月06日(金) TSUTAYA 高須店(高知)【写真撮影会】
11月20日(金) TSUTAYA 中央店(愛媛)【ミニライブ&サイン会】
11月25日(水) TSUTAYA 土佐道路店(高知)【写真撮影会】
11月29日(日) TSUTAYA 安芸店(高知)【写真撮影会】
12月06日(日) TSUTAYA 西宝店(香川)【ミニライブ&サイン会】
12月09日(水) TSUTAYA WILL三津店(愛媛)【ミニライブ&サイン会】
12月13日(日) TSUTAYA 亀郡家店(香川)【ミニライブ&サイン会】
12月13日(日) TSUTAYA 宇多津店(香川)【ミニライブ&サイン会】
12月20日(土) TSUTAYA 津島モール店(岡山)【ミニライブ&サイン会】
<2016年>
1月10日(日) TSUTAYA 新居浜店(愛媛)【ミニライブ&サイン会】
1月16日(土) TSUTAYA 田宮店(徳島)【ミニライブ&サイン会】
1月17日(日) TSUTAYA フジグラン北島店(徳島)【ミニライブ&サイン会】

※追加予定あり・各日程の詳細は後日ご案内いたします。
※インストアイベントにて、ライヴ会場限定盤の販売はありません。

【関連リンク】
JaaBourBonz オフィシャルHP
JaaBourBonzの「君にエール」がとちテレの高校野球テーマソングに決定!
JaaBourBonz、小芝風花出演のCMソングを担当&2年ぶりアルバムを発表!
L\'Arc〜en〜Ciel、ニューシングル「Wings Flap」特典・仕様が追加決定

【関連アーティスト】
JaaBourBonz
【ジャンル】
ジャパニーズロック

KANA-BOON / シナリオアート、スプリットシングルアニメ盤のジャケ写を公開
Fri, 09 Oct 2015 14:00:00 +0900
シングル「talking / ナナヒツジ」【初回盤B アニメ盤】 (okmusic UP\'s)

11月11日に発売されるKANA-BOON / シナリオアートによるスプリットシングル「talking / ナナヒツジ」初回盤Bアニメ盤のジャケット写真が公開された。

【その他の画像】KANA-BOON

KANA-BOONとシナリオアートがそれぞれオープニング・テーマとエンディング・テーマを務める、10月9日より放送開始となる“ノイタミナ"アニメ『すべてがFになる THE PERFECT INSIDER』のキャラクター原案を浅野いにお氏が担当していることから、今回のコラボレーションが実現した。アニメの世界観とリンクした、ファンにとっては見逃せない作品に仕上がっている。

なお、この初回盤BにはKANA-BOON、シナリオアートそれぞれ初回盤Aと異なるカップリング楽曲が収録されており、こちらも要チェックの内容となっている。そして、10月9日より「talking / ナナヒツジ」のアニメサイズ音源と着うたの配信が開始された。アニメファンはもちろん、KANA-BOON、シナリオアートそれぞれのファンも是非チェックして欲しい。

■KANA-BOON オフィシャルHP
http://www.kanaboon.com/
■シナリオアート オフィシャルHP
http://www.scenarioart.jp/

■「Ki/oon Music presents / SLASH / 」

11月15日(日) 新木場STUDIO COAST  
出演:KANA-BOON、BLUE ENCOUNT、シナリオアート、DJみそしるとMCごはん and more!!

【関連リンク】
シナリオアート、初のアコースティックワンマン開催を発表
KANA-BOON / シナリオアート、スプリットシングルのジャケ写を公開
「すべてがFになる THE PERFECT INSIDER」最新CM内でEDテーマ初披露
KANA-BOON、日本武道館ライヴDVD&Blu-rayのトレーラー公開

【関連アーティスト】
KANA-BOON, シナリオアート
【ジャンル】
ジャパニーズロック, アニメ

遊佐未森、「NHKみんなのうた」のために書き下ろした新曲「カリヨン・ダンス」を12月9日にリリース
Fri, 09 Oct 2015 13:30:00 +0900
遊佐未森 (okmusic UP\'s)

「NHK みんなのうた」にて今年の6月〜7月に「クロ」が再放送された事も記憶に新しい遊佐未森が、2015年12月〜 2016年1月OA予定の「NHKみんなのうた」のために書き下ろした新曲「カリヨン・ダンス」が収録されたシングルを12月9日にリリースすることが分かった。

【その他の画像】遊佐未森

「カリヨン・ダンス」はアップテンポなリズムの楽曲で、街のシンボルの鐘「カリヨン」をテーマにした爽快なアップチューンとなっている。今回発売されるシングルには新曲「カリヨン・ダンス」とカラオケバージョンに加え、2005年12月〜 2006年1月にOAされた「クロ」と、2009年6月〜7月にOAされた「I’m here with you」の全4曲を収録。過去から現在まで、遊佐未森の「NHKみんなのうた」をすべて網羅した作品であり、その歴史を感じ取ることができる内容となっている。

なお、ジャケットイラストは、絵本や装丁画などを手掛ける人気イラストレーターで、今回NHKみんなのうたに初登場の久松ひろこが担当。こちらも魅力の一つとなっている。

■シングル「カリヨン・ダンス」

2015年12月9日発売
YCCW-30047/¥1,000+税
<収録曲>
1. カリヨン・ダンス
※新曲(NHKみんなのうた 2015年12月〜2016年1月OA予定)
2. カリヨン・ダンス(オリジナル・カラオケ)
3. クロ(NHK みんなのうた 2005年12月〜2006年1月OA)
4. I’m here with you(NHKみんなのうた 2009年6月〜7月OA)

【関連リンク】
シングル「カリヨン・ダンス」Amazon ページ
遊佐未森 オフィシャルHP
遊佐未森、デビュー25周年記念アルバム『VIOLETTA THE BEST OF 25 YEARS』発売決定
遊佐未森、故郷・宮城への想いを込め2年半ぶりアルバムリリース

【関連アーティスト】
遊佐未森
【ジャンル】
J-POP, テレビ(番組/CM)

L\'Arc〜en〜Ciel、ニューシングル「Wings Flap」特典・仕様が追加決定
Fri, 09 Oct 2015 13:00:00 +0900
L’Arc〜en〜Ciel (okmusic UP\'s)

L\'Arc〜en〜Cielが12月23日に発売するニューシングル「Wings Flap」の特典・仕様が追加決定した。

【その他の画像】L\'Arc〜en〜Ciel

まず、LPサイズパッケージとなる【完全受注生産限定盤】に封入されるL\'ArCASINO LIVE PHOTOBOOK のページ数が20pから24pに増頁。また、3形態それぞれに先日大阪にて開催された「LIVE 2015 L\'ArCASINO」のライヴ演出でも使用されていた“ラル札"絵柄のステッカーシート(全6絵柄)が追加で封入される事が決定した。【完全受注生産限定盤】には、原寸大の“ラル札"ステッカーシート、【初回生産限定盤】【通常盤 -初回仕様-】には、ミニ“ラル札"ステッカーシートを封入。さらに、3形態のうちいずれかをご購入の方の中から抽選で、200名様に「LIVE 2015 L\'ArCASINO」の会場で掲出されていたL\'ArCASINOフラッグをプレゼント! こちらは、商品に応募券が封入されるので、詳しくはそちらをチェックしよう。【完全受注生産限定盤】は、10月13日(火)に予約受付締め切りとなるので、まだの人は忘れずに。

また、10月9日から展開されるL\'Arc〜en〜Cielの広告バナーに、謎の“ラル代官様"が登場。見つけた人はじっくりチェックしてみよう。

■シングル「Wings Flap」

2015年12月23日発売
【完全受注生産限定盤】(CD+BD+PHOTOBOOK)
KSCL 2662-2664/¥3,000+税
※豪華スペシャルパッケージ (LPサイズ)
※L\'ArCASINO LIVE PHOTOBOOK (24p)
※“ラル札"ステッカーシート封入
※“L\'ArCASINOフラッグ" プレゼント応募券封入
<収録曲>
■CD
1. Wings Flap
2. HONEY -L\'Acoustic version-
3. Wings Flap (hydeless version)
4. HONEY -L\'Acoustic version- (hydeless version)
■BD
・Wings Flap -LIVE 2015 L\'ArCASINO Edition-
・LIVE 2015 L\'ArCASINO -Opening Animation-
・Wings Flap -Music Clip-
※予約受付締切:10月13日(火)

【初回生産限定盤】(CD+BD)
KSCL 2665-2666/¥1,944+税
※ミニ“ラル札"ステッカーシート封入
※“L\'ArCASINOフラッグ" プレゼント応募券封入
<収録曲>
■CD
1. Wings Flap
2. HONEY -L\'Acoustic version-
3. Wings Flap (hydeless version)
4. HONEY -L\'Acoustic version- (hydeless version)
■BD
・Wings Flap -Music Clip-
・LIVE 2015 L\'ArCASINO -Opening Animation-

【通常盤】(CD)
KSCL 2667/¥1,204+税
※初回仕様
※ミニ“ラル札"ステッカーシート封入
※“L\'ArCASINOフラッグ" プレゼント応募券封入
<収録曲>
1. Wings Flap
2. HONEY -L\'Acoustic version-
3. Wings Flap (hydeless version)
4. HONEY -L\'Acoustic version- (hydeless version)

《CDショップ店頭先着購入者特典》
“きらきら Wings Flapショッピングバッグ"
※対象店舗は、近日ご案内致します。
※特典の有無は、各CDショップにお問い合わせください。オンラインショップでは特典の運用がございません。
※特典は数に限りがございます。無くなり次第終了となりますので、お早めにご予約、ご購入下さい。

【関連リンク】
L\'Arc〜en〜Ciel オフィシャルHP
『Mステ』30年目の今、聴き返してみたい5曲
TETSUYA、ジョイサウンドとのタッグでレーベル再始動
Mステ10時間SP、全61組“全部ヒット曲”の演奏曲発表

【関連アーティスト】
L\'Arc〜en〜Ciel
【ジャンル】
ジャパニーズロック

小松未可子、生誕イベント『ハピこし!ライブ2015』一般発売が明日に迫る!
Fri, 09 Oct 2015 12:30:00 +0900
小松未可子 (okmusic UP\'s)

11月11日に誕生日を迎える声優の小松未可子。もはや恒例化しているバースデーライブイベント『ハピこし!ライブ』が今年も開催されるわけだが、その一般発売がいよいよ明日に迫った!

【その他の画像】小松未可子

アニメ『遊☆戯☆王ZEXAL』のヒロイン・観月小鳥をはじめ、『ニセコイ』の鶫誠士郎などを演じていることで知られる人気声優の小松未可子。2012年より始まった生誕イベント『ハピこし!ライブ』は年々会場の規模も大きくなり、2015年は11月7日にTOKYO DOME CITY HALLにて開催される。

■『ハピこし!ライブ2015』

11月07日(土) TOKYO DOME CITY HALL
開場16:30 /  開演17:30
<チケット料金>
・アリーナスタンディング:¥5,900 
・アリーナスタンディング(女性エリア):¥5,900 
・バルコニー指定席:¥5,900
※税込/ドリンク代 ¥500別
<一般発売日>
2015年10月10日(土) 10:00〜
<プレイガイド>
■ローソンチケット(Lコード: 77052)
発売日特電:0570-084-099
発売日以降:0570-084-003
■チケットぴあ(Pコード: 277-223)
発売日特電:0570-02-9547
発売日以降:0570-02-9999
■イープラス
http://eplus.jp/
<お問合せ>
(株)キョードー横浜
045-671-9911(日・祝日を除く10:00〜18:00)
http://www.kyodoyokohama.com

【関連リンク】
小松未可子 オフィシャルページHP
小松未可子 レーベルページHP
大原櫻子、ニューシングル「キミを忘れないよ」ジャケ写でオトナの女性に
綾野ましろ“大きな奇跡を起こせる”初の配信限定曲リリース

【関連アーティスト】
小松未可子
【ジャンル】
J-POP, 声優

水曜日のカンパネラ、ニューアルバムから「西玉夫」MV公開
Fri, 09 Oct 2015 12:00:00 +0900
「西玉夫」MV (okmusic UP\'s)

水曜日のカンパネラが11月11日に発売するアルバム『ジパング』から「西玉夫」のMVが公開された。

【その他の画像】水曜日のカンパネラ

この楽曲は、インスト時代のケンモチヒデフミのサウンドに水曜日のカンパネラとしてのケンモチが同居した新境地の楽曲となっている。

MVは旅人を演じるコムアイ(Vo)が森の中で道に迷い、夢の中で不思議な楽器に出会うというストーリーで神秘的かつコミカルに展開されていく。監督はこれまでも「千利休」や「マリー・アントワネット」などの作品を撮った藤代雄一朗監督で、山梨県尾白川周辺で撮影された自然溢れた作品となっている。

MVの中でもコムアイがTRACKFORMERを使用するなど新たな試みが色々と詰め込まれた作品で、これからの新たな水曜日のカンパネラの作品を示唆する楽曲なのかもしれない。

また、来週にも新たなMVの発表を予定しているとのことで、11月11日のアルバム『ジパング』に向けて徐々に楽曲を解禁していくそうだ。

■「西玉夫」MV
https://youtu.be/1546Z08uTUk

【関連リンク】
水曜日のカンパネラ オフィシャルHP
水曜日のカンパネラ、アルバム『ジパング』ジャケ写&新アー写公開
水曜日のカンパネラ、アルバム『ジパング』発売&ツアー開催決定
水曜日のカンパネラ、音声のみの対談連載企画をスタート

【関連アーティスト】
水曜日のカンパネラ
【ジャンル】
J-POP, ジャパニーズヒップホップ

今年のMAVERICK DC GROUP年末恒例日本武道館企画は音楽バトルイベント!?
Fri, 09 Oct 2015 11:00:00 +0900
「BATTLE ARENA in BUDOKAN」 (okmusic UP\'s)

MAVERICK DC GROUP年末恒例の日本武道館企画、今年は所属6バンドによる下剋上上等の音楽バトルイベントに決定した。

【その他の画像】シド

ロックイベントの歴史上あるようでなかった音楽バトル、『BATTLE ARENA in BUDOKAN』の開催が決定! 群雄割拠のヴィジュアルシーンの中、同じ時代をしのぎを削って切磋琢磨してきたMUCC・シドを先頭に、ライヴによるガチンコの戦いが展開される。

2011年まで10年連続で開催されていた『JACK IN THE BOX(天嘉-danger-から改名)』以来、4年振りに開催される所属バンドによる共演。しかし、今回は“ロック忘年会"的な「JACK IN THE BOX」のお祭りムードを一掃するようなオフィシャルサイトが、公開された。
その内容も …
第一試合 ユナイト vs カメレオ 60分一本勝負
第二試合 ギルガメッシュ vs DIV 60分一本勝負
メインイベント MUCC vs シド 150分一本勝負
…である。

普通の対バン形式のイベントライヴとは違い、格闘技の試合スケジュールやポスターを彷彿させ、ヒリヒリとした対決ムードを前面に押し出したサイトになっている。

柔道、ボクシング、プロレス、総合格闘技などの試合で数々の名試合を残してきた日本武道館。 ロックにおける戦いとは何か?  いったいどんな戦いの模様が武道館のステージで展開されるのか?  全ての疑問符における答えが、12月27日に明らかになるのだ。

今年の年末の喧騒を激しく、そして華やかに彩るこのイベント。 全ロックファンよ!「華麗なるロックの戦い」の場所、日本武道館に集結だ!

■『MAVERICK DC presents BATTLE ARENA in BUDOKAN』

12月27日(日) 日本武道館
OEPN 14:00 / START15:00
【出演】MUCC vsシド、ギルガメッシュvs DIV、ユナイトvsカメレオ
【チケット料金】¥7,500(税込・全席指定)※4歳以上有料
【チケット一般発売日】 11月29日(日)
【公演に関するお問い合わせ】 SOGO TOKYO 03-3405-9999

【関連リンク】
『BATTLE ARENA in BUDOKAN』オフィシャルHP
MUCC、ヨーロッパツアードキュメンタリーDVDの詳細を発表
ギルガメッシュ、初のメキシコ公演で1,500人を動員
シド、幕張でニューシングル「漂流」をサプライズ初披露

【関連アーティスト】
シド, ギルガメッシュ, ユナイト, カメレオ, DIV, MUCC
【ジャンル】
ビジュアル, イベント

グッドモーニングアメリカ、京王八王子ショッピングセンターとのコラボ再び!
Fri, 09 Oct 2015 10:00:00 +0900
グッドモーニングアメリカ×K-8 (okmusic UP\'s)

10月28日に3rdフルアルバムにしてセルフタイトル作となるアルバム『グッドモーニングアメリカ』を発表するグッドモーニングアメリカ。バンド結成の地東京八王子にある、京王八王子ショッピングセンター(K-8)との強力コラボキャンペーンを実施することを発表した。

【その他の画像】グッドモーニングアメリカ

グッドモーニングアメリカが、K-8のコラボを展開するのは、今回が2度目。今年6月、バンドがシングル「コピペ」をリリースするタイミングでコラボポスターなどを展開したが、今回は前回以上の充実した内容が実現した。

キャンペーンは10月9日(金)から10月31日(土)まで展開される予定で、期間内はメンバーがK-8館内アナウンスを開店直後、正午、15時、18時を含む、1日合計10回のアナウンスを務める。5Fタワーレコード横では写真展が行われ、バンドが初めてホールワンマン公演に挑んだ、6月10日(土)の「挑戦?六夜」オリンパスホール八王子公演の模様の写真が展開される。

また、このライヴがアルバム『グッドモーニングアメリカ』の初回盤DVDの特典映像として収録され、そのうち3曲が特別に同会場で先行上映されることも発表となった。

K-8にて2,000円以上お買い上げのお客様には、11月27日の日本武道館単独公演招待や、先着1,000個のオリジナル缶バッジプレゼントなどキャンペーンが行わる。更にこちらのキャンペーンは、10月中旬より、京王線の中吊り広告として告知されることも発表となった。

さらに、リリースタイミングで行われるたなしん(Ba)による、タワーレコード1日店長の開催も発表となった。アルバムフラゲ日となる10月27日(火)の八王子店を皮切りに、都内近郊、名古屋、大阪、仙台、札幌、福岡と全9箇所で開催される。今回のイベントでは、たなしんが日頃の感謝を込めて、特典の名刺に感謝のメッセージをその場で書いてプレゼントされる。

あわせて各チェーンでの特典内容も決定! TOWER RECORDS、HMV、TSUTAYAにて、それぞれ絵柄違いのステッカーをプレゼントされる。こちらのステッカーは裏面が<日本武道館限定特典引換え券>となっており、こちらを持って11月27日(金)の日本武道館公演へ行くと、限定特典がプレゼントされる。タワーレコードではステッカーと合わせて、クリアファイルも全4種のうち1種ランダムでプレゼントされる。

グッドモーニングアメリカは、10月28日にバンド名を掲げたセルフタイトル3rdアルバム『グッドモーニングアメリカ』をリリースし、11月27日には、日本武道館単独公演『挑戦 ?七夜』を開催する。「みんなで作ろうグドモ武道館」という参加型企画も行っているので合わせてチェックしよう。

■【タワーレコードたなしん店長スケジュール】

10月27日(火) 八王子店 19時START
10月31日(土) 名古屋パッセ近鉄パッセ店 13時START
10月31日(土) 難波店 17時START
11月01日(日) 渋谷店 4階 19時START
11月03日(火・祝) 津田沼店 13時START
11月03日(火・祝) 新宿店 7階 17時START
11月04日(水) アミュプラザ博多店 19時30分START
11月07日(土) 仙台パルコ店 19時START
11月08日(日) 札幌ピヴォ店 17時START

<詳細>
http://columbia.jp/artist-info/goodmorningamerica/live.html

【関連リンク】
グッドモーニングアメリカ オフィシャルHP
グッドモーニングアメリカ、3rdフルアルバムのジャケ写を公開
グドモ・たなしんがスペシャアプリにて武道館公演企画番組をスタート
グドモ、3rdフルアルバム『グッドモーニングアメリカ』は新たな試みがいっぱい!

【関連アーティスト】
グッドモーニングアメリカ
【ジャンル】
ジャパニーズロック

スピッツ、豪華メンバーが集結する名盤『ハチミツ』トリビュートアルバム発売決定
Fri, 09 Oct 2015 00:00:00 +0900
赤い公園  (okmusic UP\'s)

1995年にリリースされたスピッツの6枚目のオリジナルアルバム『ハチミツ』の発売20年を記念して、アルバムをまるごとカヴァーするトリビュートアルバム『JUST LIKE HONEY 〜『ハチミツ』20th Anniversary Tribute〜』が発売されることになった。

【その他の画像】10-FEET

オリジナルアルバム『ハチミツ』は、「ロビンソン」や「涙がキラリ☆」といったヒットシングル曲も収録し、6枚目のオリジナルアルバムにして初のオリコンチャート首位を獲得した、リスナーはもちろんのこと、多くのアーティストたちにも影響を与えている、名盤と称される作品だ。

今作はそんな『ハチミツ』がその後の日本の音楽シーンに与えたささやかな影響を、20年後の今、証明しようという企画で、まさに“1995年のスピッツ"へのトリビュートアルバムといえる。さらに、オリジナルアルバム『ハチミツ』の収録曲11曲に加えて、シングル「ロビンソン」のカップリングで、ライヴでは最重要曲である「俺のすべて」も“ボーナス・トラック"として収録される。

そして、参加アーティストも合わせて発表された。アルバム『ハチミツ』をこよなく愛する12組のアーティストたちが参加しているが、「どの曲をどのアーティストが演奏しているか?」は後日発表される。楽しみに待っていてほしい。

今作は、CDとアナログLPの2形態で発売されることも決定しており、CDは2015年12月23日に発売、アナログLPは2016年1月27日に発売される。

また、今回の発表に合わせて『JUST LIKE HONEY 〜『ハチミツ』20th Anniversary Tribute〜』特設サイトがオープンした。特設サイトでは、今後発表していく追加情報とともに、激レア必至のオリジナル・グッズが当たるクイズ企画も実施する。

このクイズは、アルバムに収録される楽曲を、どのアーティストが演奏しているのか予想するというもの。ズバリ全曲正解した方の中から抽選で20名様にオリジナルTシャツプレがプレゼントされる。また、逆に全曲不正解だった方にも抽選で20名様にオリジナルステッカーがあたるというチャンスも。特設サイトでは、スピッツのアルバム『ハチミツ』音源の試聴もできるので、オリジナルVer.を聴きながら予想して応募してほしい。

■アルバム『JUST LIKE HONEY 〜『ハチミツ』20th Anniversary Tribute〜』

【CD】
2015年12月23日(水)発売
UPCH-2065/¥3,000+税
【アナログLP】
2016年1月27日(水)発売
UPJH-9016/¥3,900+税

■参加アーティスト
※50音順(CD、アナログLP共通) 
・赤い公園 
・ASIAN KUNG-FU GENERATION 
・indigo la End 
・9mm Parabellum Bullet 
・鬼龍院翔(ゴールデンボンバー)
・GOOD ON THE REEL
・クリープハイプ 
・Scott Murphy
・10-FEET
・NICO Touches the Walls
・初恋の嵐 feat. 曽我部恵一
・LAMP IN TERREN

【関連リンク】
『JUST LIKE HONEY 〜『ハチミツ』20th Anniversary Tribute〜』特設サイト
マキタスポーツの人気ライヴシリーズにクリープハイプの尾崎世界観が登場
GOOD ON THE REEL、2ndフルアルバムを12月にリリース&初のドラマ主題歌も決定!
「月刊フラカン武道館」第8回目のゲストはスピッツの田村明浩とウエノコウジに決定

【関連アーティスト】
10-FEET, スピッツ, NICO Touches the Walls, ASIAN KUNG-FU GENERATION, クリープハイプ, 赤い公園, Scott Murphy, 曽我部恵一, 初恋の嵐, GOOD ON THE REEL, indigo la End, 鬼龍院翔, LAMP IN TERREN
【ジャンル】
ジャパニーズロック













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1