歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2015年10月03日)
バックナンバー
最新ニュース
2015/10/12
2015/10/11
2015/10/10
2015/10/09
2015/10/08
2015/10/07
2015/10/06
2015/10/05
2015/10/04
2015/10/03
2015/10/02
2015/10/01
2015/09/30
2015/09/29
2015/09/28
2015/09/27
2015/09/26
2015/09/25
2015/09/24
2015/09/23
2015/09/22
2015/09/21
2015/09/20
2015/09/19
2015/09/18
2015/09/17
2015/09/16
2015/09/15
2015/09/14
2015/09/13
2015/09/12
2015/09/11
2015/09/10
2015/09/09
2015/09/08
2015/09/07
2015/09/06
2015/09/05
2015/09/04
2015/09/03
2015/09/02
2015/09/01
2015/08/31
2015/08/30
2015/08/29
2015/08/28
2015/08/27
2015/08/26
2015/08/25
2015/08/24
2015/08/23
2015/08/22
2015/08/21
2015/08/20
2015/08/19
2015/08/18
2015/08/17
2015/08/16
2015/08/15
2015/08/14
2015/08/13
2015/08/12
2015/08/11
2015/08/10
2015/08/09
2015/08/08
2015/08/07
2015/08/06
2015/08/05
2015/08/04
2015/08/03
2015/08/02
2015/08/01
2015/07/31
2015/07/30
2015/07/29
2015/07/28
2015/07/27
2015/07/26
2015/07/25
2015/07/24
2015/07/23
2015/07/22
2015/07/21
2015/07/20
2015/07/19
2015/07/18
2015/07/17
2015/07/16
2015/07/15
2015/07/14
2015/07/13
2015/07/12
2015/07/11
2015/07/10
2015/07/09
2015/07/08
2015/07/07
2015/07/06
2015/07/05
2015/07/04
2015/07/03
2015/07/02
2015/07/01
2015/06/30
2015/06/29
2015/06/28
2015/06/27
2015/06/26
2015/06/25
2015/06/24
2015/06/23
2015/06/22
2015/06/21
2015/06/20
2015/06/19
2015/06/18
2015/06/17
2015/06/16
2015/06/15
2015/06/14
2015/06/13
2015/06/12
2015/06/11
2015/06/10
2015/06/09
2015/06/08
2015/06/07
2015/06/06
2015/06/05
2015/06/04
2015/06/03
2015/06/02
2015/06/01
2015/05/31
2015/05/30
2015/05/29
2015/05/28
2015/05/27
2015/05/26
2015/05/25
2015/05/24
2015/05/23
2015/05/22
2015/05/21
2015/05/20
2015/05/19
2015/05/18
2015/05/17
2015/05/16
2015/05/15
2015/05/14
2015/05/13
2015/05/12
2015/05/11
2015/05/10
2015/05/09
2015/05/08
2015/05/07
2015/05/06
2015/05/05
2015/05/04
2015/05/03
2015/05/02
2015/05/01
2015/04/30
2015/04/29
2015/04/28
2015/04/27
2015/04/26
2015/04/25
2015/04/24
2015/04/23
2015/04/22
2015/04/21
2015/04/20
2015/04/19
2015/04/18
2015/04/17
2015/04/16
2015/04/15
2015/04/14
2015/04/13
2015/04/12
2015/04/11
2015/04/10
2015/04/09
2015/04/08
2015/04/07
2015/04/06
2015/04/05
2015/04/04
2015/04/03
2015/04/02
2015/04/01
2015/03/31
2015/03/30
2015/03/29
2015/03/28
2015/03/27
2015/03/26
2015/03/25
2015/03/24
2015/03/23
2015/03/22
2015/03/21
2015/03/20
2015/03/19
2015/03/18
2015/03/17
2015/03/16
2015/03/15
2015/03/14
2015/03/13
2015/03/12
2015/03/11
2015/03/10
2015/03/09
2015/03/08
2015/03/07
2015/03/06
2015/03/05
2015/03/04
2015/03/03
2015/03/02
2015/03/01
2015/02/28
2015/02/27
2015/02/26
2015/02/25
2015/02/24
2015/02/23
2015/02/22
2015/02/21
2015/02/20
2015/02/19
2015/02/18
2015/02/17
2015/02/16
2015/02/15
2015/02/14
2015/02/13
2015/02/12
2015/02/11
2015/02/10
2015/02/09
2015/02/08
2015/02/07
2015/02/06
2015/02/05
2015/02/04
2015/02/03
2015/02/02
2015/02/01
2015/01/31
2015/01/30
2015/01/29
2015/01/28
2015/01/27
2015/01/26
2015/01/25
2015/01/24
2015/01/23
2015/01/22
2015/01/21
2015/01/20
2015/01/19
2015/01/18
2015/01/17
2015/01/16
2015/01/15
2015/01/14
2015/01/13
2015/01/12
2015/01/11
2015/01/10
2015/01/09
2015/01/08
2015/01/07
2015/01/06
2015/01/05
2015/01/04
2015/01/03
2015/01/02
2015/01/01
2014/12/31
2014/12/30
2014/12/29
2014/12/28
2014/12/27
2014/12/26
2014/12/25
2014/12/24
2014/12/23
2014/12/22
2014/12/21
2014/12/20
2014/12/19
2014/12/18
2014/12/17
2014/12/16
2014/12/15
2014/12/14
2014/12/13
2014/12/12
2014/12/11
2014/12/10
2014/12/09
2014/12/08
2014/12/07
2014/12/06
2014/12/05
2014/12/04
2014/12/03
2014/12/02
2014/12/01
2014/11/30
2014/11/29
2014/11/28
2014/11/27
2014/11/26
2014/11/25
2014/11/24
2014/11/23
2014/11/22
2014/11/21
2014/11/20
2014/11/19
2014/11/18
2014/11/17
2014/11/16
2014/11/15
2014/11/14
2014/11/13
2014/11/12
2014/11/11
2014/11/10
2014/11/09
2014/11/08
2014/11/07
2014/11/06
2014/11/05
2014/11/04
2014/11/03
2014/11/02
2014/11/01
2014/10/31
2014/10/30
2014/10/29
2014/10/28
2014/10/27
2014/10/26
2014/10/25
2014/10/24
2014/10/23
2014/10/22
2014/10/21
2014/10/20
2014/10/19
2014/10/18
2014/10/17
2014/10/16
2014/10/15
2014/10/14
2014/10/13
2014/10/12
2014/10/11
D\'ERLANGER、初ライヴ・ブルーレイ作品のアートワーク&収録内容を解禁
Sat, 03 Oct 2015 00:00:00 +0900
Blu-ray&CD『Spectacular Nite -狂おしい夜について- TOUR 2015 FINAL at 赤坂BLITZ 20150614』(Blu-ray+2CD) (okmusic UP\'s)

10月2日(金)の神戸VARIT.よりアンコール・ツアー『D\'ERLANGER Spectacular Nite -狂おしい夜について- TOUR 2015 2nd』をスタートさせたD\'ERLANGER。11月4日(水)には第一弾ツアーのファイナル公演を全曲収録したバンド史上初のライヴ・ブルーレイ&CDがリリースとなるが、この度そのアートワークと収録内容が解禁となった。

【その他の画像】D\'ERLANGER

今作はメジャー・デビュー25周年記念作品となるD\'ERLANGER史上初のHD映像/ブルーレイ作品。更に、迫力のライヴ音源を収録したライヴCD2枚もカップリングされる。セットリストもニュー・アルバムにも違和感なく溶け込んだ25年前のメジャー・デビュー・シングル「DARLIN\'」&メジャー2ndシングル「LULLABY」、そして1989年リリースのインディ・デビュー・シングル「LA VIE EN ROSE」のバンド創生期の不滅の名曲群や再結成後の代表曲に加え、バンド史上初の海外LAレコーディングを敢行した最新7thアルバム『Spectacular Nite -狂おしい夜について-』からもほぼ全曲を披露。更には、代表曲のメドレーも2パターン用意され日替わりで披露されるなど、メジャー・デビュー25周年にふさわしい集大成的ツアーに。しかもツアー・ファイナルの赤坂BLITZ公演のみ、ツアー各地では日替わりで披露されていた名曲メドレー2パターンを両パターンとも披露する、超スペシャルな「狂おしい夜」となった。

特典映像には当日のオフ・ショット映像に加え、『Spectacular Nite -狂おしい夜について-』収録曲の「CRAZY4YOU」や6thアルバム『#Sixx』収録曲の「Beast in Me」(2種類:(1)オリジナル・ヴァージョン(2)メンバー・オンリー・ヴァージョン)のミュージック・ビデオがハイビジョン映像にて初収録される。

更に、各バンド・メンバー4人の演奏&歌唱シーンを追い続けた、D\'ERLANGERライヴ作品初のマルチ・アングル仕様を3曲収録。パッケージは豪華三方背BOX仕様&12Pライヴ・フォト・ブックレット付きと、あの日の「狂おしい夜」の再現が待ち遠しい。

また、10月2日(金)よりスタートした『Spectacular Nite -狂おしい夜について- TOUR 2015 2nd』ツアー会場、もしくはネット・ショップ「WARNER MUSIC DIRECT」での、予約(購入)者に『D\'ERLANGERチケット・ホルダー』がプレゼントされるとのこと。

11月4日(水)からは、D\'ERLANGER史上初のハイレゾ配信もスタート。ワーナー移籍後の2作品(6thアルバム『#Sixx』、7thアルバム『Spectacular Nite -狂おしい夜について-』)が待望のハイレゾ化となる。D\'ERLANGERが思い描いたマスターテープクオリティのサウンドを体感せよ!

■Blu-ray&CD『Spectacular Nite -狂おしい夜について- TOUR 2015 FINAL at 赤坂BLITZ 20150614』

2015年11月4日(水)発売
【Blu-ray+2CD】
WPZL-90083/5/¥9,000+税
※三方背BOX仕様:12Pライヴ・フォト・ブックレット付き
<収録曲>
(2015/06/14 赤坂BLITZ セットリスト)
SE: SEX ON THE CARPET
01. 狂おしい夜について
02. Cherry
03. Dance with me
04. SWEET EMOTION
05. INCARNATION OF EROTICISM〜1999-Shyboy Story-〜CRIME & PUNISHMENT〜SAD SONG [ Multi-angle ]
■ [Voice:kyo] [Guitar:CIPHER] [Bass:SEELA] [Drums:Tetsu]
06. Beast in Me
07. Singe et Insecte
08. DARLIN\' [ Multi-angle ]
■ [Voice:kyo] [Guitar:CIPHER] [Bass:SEELA] [Drums:Tetsu]
09. SADISTIC EMOTION〜Love me to DEATH〜the end of eden〜Loveanymore〜amaoto
10. dummy blue
11. 柘榴
12. LA VIE EN ROSE
13. LULLABY
14. Skelton Queen
En1. BABY
En2. Dance naked,
   Under the moonlight.
En3. CRAZY4YOU [ Multi-angle ]
■ [Voice:kyo] [Guitar:CIPHER] [Bass:SEELA] [Drums:Tetsu]
<EXTRA FEATURES> ※特典映像
・Spectacular Nite -狂おしい夜について- TOUR 2015 FINAL at 赤坂BLITZ 20150614(OFF SHOT)
・Beast in Me(MUSIC VIDEO-Original Version)
・Beast in Me(MUSIC VIDEO -Member Only Version-)
・CRAZY4YOU(MUSIC VIDEO)

《ツアー会場&WMD予約(購入)特典》
D\'ERLANGERチケット・ホルダー』

■WARNER MUSIC DIRECT(WMD)
・PC/スマートフォン
http://shop.wmg.jp/shop/g/gWPZL-90083/
・フィーチャーフォン(3G携帯)
http://shop.wmg.jp/m/goods/goods.aspx?goods=WPZL-90083

■【ハイレゾ配信情報】

ワーナー移籍後の2作品が、待望のハイレゾ化されることが決定! デジタル配信限定で、11月4日より各ハイレゾ配信サイトで配信開始。

(1)アルバム『#Sixx』
(48kHz/24bit)
ワーナー移籍第1弾6作目のアルバム。「Beast in Me」収録作

(2)アルバム『Spectacular Nite -狂おしい夜について-』(48kHz/24bit)
メジャー・デビュー25周年記念最新作。「CRAZY4YOU」、「DARLIN\'-2015-」、「LULLABY-2015-」収録作

※ダウンロードは11月4日以降、下記サイトで可能となります。
・mora
http://mora.jp/index_hires
・e-onkyo
http://www.e-onkyo.com/music/
・HD-Music.
http://hd-music.info/

■『D\'ERLANGER Spectacular Nite -狂おしい夜について- TOUR 2015 2nd』

10月02日(金)  神戸VARIT.
10月04日(日)  HEAVEN\'S ROCKさいたま新都心VJ-3
10月09日(金)  新潟GOLDEN PIGS RED STAGE 
10月11日(日・祝)  郡山#9 
10月16日(金)  浜松窓枠 
10月17日(土)  新横浜NEW SIDE BEACH!! 
10月23日(金)  広島CAVE-BE 
10月25日(日)  松山サロンキティ
11月03日(火・祝)  梅田CLUB QUATTRO 
11月07日(土)  名古屋ElectricLadyLand 
11月15日(日)  LIQUID ROOM

【関連リンク】
D\'ERLANGER オフィシャルHP
大狂乱のライヴイベント「COMMUNE Vol.1」が幕
ミヤ(MUCC)が指揮を取ったライヴイベント「COMMUNE Vol.1」大阪公演開催
DANGER CRUE新イベント『COMMUNE』出演バンドのコラボアー写公開

【関連アーティスト】
D\'ERLANGER
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル

MUCC、ヨーロッパツアードキュメンタリーDVDの詳細を発表
Fri, 02 Oct 2015 20:00:00 +0900
MUCC (okmusic UP\'s)

MUCCが冬に発売するヨーロッパドキュメンタリーDVDの詳細を発表した。

【その他の画像】MUCC

今回のドキュメンタリーDVD『F#CK THE PAST F#CK THE FUTURE ON WORLD-Paradise from T.R.E.N.D.Y.-』は先日発売が発表された時にも伝えられた通り、5月に敢行されたヨーロッパツアー「MUCC EUROPE TOUR 2015“F#CK THE PAST F#CK THE FUTURE"」の映像を中心に、そのオフショットをMUCCメンバーが各々セルフ撮影で記録したメンバー視点のドキュメンタリーな一面も覗かせるいつものMUCCのLIVE DVDとは一味違うテイストの映像作品。

発売日は11月25日。そして、価格は4680円(ヨーロッパ価格)とMUCCらしいユーモアあふれる価格設定となっている。そのほかの情報など詳しくはオフィシャルHPでチェックを!

■「睡蓮」MV(Short Ver.)
https://youtu.be/bD11dURcoWA

■DVD『F#CK THE PAST F#CK THE FUTURE ON WORLD-Paradise from T.R.E.N.D.Y.-』

2015年11月25日発売
AIBL-9327〜8/¥4,680(税込)
※2枚組

■MAVERICK DC presents DOUBLE HEADLINE TOUR 2016「M.A.D」

1月31日(日) 大阪オリックス劇場 
2月07日(日) 名古屋市公会堂 
2月11日(木・祝) さいたま市文化センター
2月13日(土) 仙台電力ホール 
2月26日(金) 金沢市文化ホール 
2月28日(日) 広島アステールプラザ大ホール 
3月11日(金) 福岡市民会館 
3月13日(日) びわ湖ホール 
3月18日(金) 中野サンプラザホール 
3月19日(土) 中野サンプラザホール 
3月26日(土) 道新ホール 
3月27日(日) 道新ホール 

【関連リンク】
MUCC オフィシャルHP
MUCC×lynch.、12月に対バンツアーの追加公演が決定
MERRY主催の「ラムフェス」、豪華ラインナップがついに発表
大狂乱のライヴイベント「COMMUNE Vol.1」が幕

【関連アーティスト】
MUCC
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル

FOLKS、3rdミニアルバムより「夜の砂漠と月の光」MV公開
Fri, 02 Oct 2015 19:00:00 +0900
FOLKS (okmusic UP\'s)

FOLKSが10月21日にリリースする3rdミニアルバム『BLUE & YELLOW』から、収録曲「夜の砂漠と月の光」のMVを公開した。

【その他の画像】FOLKS

「BLUE & YELLOW」は音源、CDジャケット、MV、アーティスト写真などのすべてを北海道出身、在住クリエイターと作り上げたこだわりの強いセルフディレクション作品だ。MVの撮影もすべて北海道で行なわれており、幻想的な風景がどこまでも広がる作品となっている。

監督は映像作家 / フォトグラファーの北川陽稔。今回はMVのほかミニアルバムの北海道限定版のアートディレクションも手掛けている。『BLUE & YELLOW』のリリースを待ちつつ、一足先に是非チェックしてほしい。

また、『BLUE & YELLOW』は北海道地域限定の店頭特典としてスリーヴケースが先着で用意されている。さらに10月24日にはFOLKSの活動拠点の恵庭市のカフェGRECOにてリリースワンマンライブが決定! アフターパーティーではメンバー手作りのオリジナルフード&ドリンクの提供や、メンバーによるDJプレイ、CDの販売も決定しているとのこと。

■「夜の砂漠と月の光」MV
https://youtu.be/nlL_BExjpwQ

■『3rd mini album[BLUE & YELLOW]Release Party』

10月24日(土)  北海道 恵庭GRECO
<時間>
■ワンマンライブ
Open 18:00/ Start 18:30
■アフターパーティー
Start 20:00 / Close 21:30
<チケット>
前売:¥2,000
当日:¥2,500+1drink¥500

※プレイガイドでのチケット販売はありません。

【関連リンク】
FOLKS オフィシャルHP
FOLKS、地元でのワンマンライヴに200人が集結! 5月より初のワンマンツアーがスタート!
FOLKSが2月22日(日)21:00よりUstreamでスタジオライブを生中継
FOLKS、5月より東名阪札にてワンマンライブツアー開催決定

【関連アーティスト】
FOLKS
【ジャンル】
ジャパニーズロック

アフィリア・サーガ レイミー、卒業公演で八島さららとして決意を語る
Fri, 02 Oct 2015 18:44:39 +0900
レイミー・へヴンリー (okmusic UP\'s)

9月29日、渋谷TSUTAYA O-EASTにてアフィリア・サーガ単独公演「レイミー・ヘヴンリー(以下レイミー)卒業ライブ」が開催された。

【その他の画像】アフィリア・サーガ

この日は、アフィリア・サーガのレイミーとして、約3年の活動における最終公演でありメンバーやファンにとっても特別な一夜として、笑いあり涙ありの感動と共に幕を閉じた。

レイミーは、かねてより「声優をやっていく決意による卒業」を語っており、
卒業後に改めてツイッターを通して
「アフィリア・サーガを卒業し、声優としての道を進むと決めてから、八島さららの名前で活動するつもりでいました。名前を変えること、失うことの恐怖はあるけれど、ゼロからスタートする覚悟を決めた結果です」
と、改名とその決意を語った。

レイミー・へヴンリー改め、八島さららの今後の活躍に期待したい。

【関連リンク】
公式プロフィール
公式ツイッター

【関連アーティスト】
アフィリア・サーガ
【ジャンル】
J-POP

ハルカトミユキ、野音フリーライブに向けてメッセージが到着
Fri, 02 Oct 2015 18:30:00 +0900
「ハルカトミユキ フリーライブ ‘ひとり×3000’」 (okmusic UP\'s)

10月3日(土)に日比谷野外大音楽堂で開催する完全フリーライブに向け、ハルカトミユキから最後のメッセージが到着した。

【その他の画像】ハルカトミユキ

今年、元旦に発表した毎月新曲を発表するなどのマニフェストに追加して、6月に急遽追加発表されたこのライブは、先日バンドメンバーと共に、セットリストを事前発表するなど、音楽業界関係者からも非常に注目を集めているライブイベント。歌詞に定評のある彼女たちらしい、美しい日本語で書かれた感動的なメッセージは、10月3日のライブが素晴らしいものになる予感がひしひしと伝わってくる内容だ。是非、ご一読頂き野音に足を向けて欲しい。

ライブの模様はツイッターのハッシュタグ「#ハルミユ野音」で検索すれば、来場者たちが様々な写真や動画などの情報を上げることになっているので、そちらも要チェックである。

また、HPではミニアルバム『LIFE』の超赤裸々なセルフライナーノーツを公開。どちらかといえば謎が多いイメージの彼女たちが、新たなるステージへと進む過渡期に開催されるのがこの野音フリーライブであるということを、つくづく痛感させられる内容になっている。こちらも一読をお勧めしたい。

■ミニアルバム『LIFE』特設サイト
http://harukatomiyuki.net/feature/life

■【ハルカトミユキより最後のお願いメッセージ】

■ハルカ
もしあの日歌うことを諦めていたら、
もし野音を決めていなかったら、
絶対に出会えなかったあなたへ。
明日、
あなたの人生の一時間をください。
そしたら、私は、私の全部を観せます。

きてくれた人が、
たったひとりでも、
3000人でも、
私は明日、あなたと出会えることが嬉しい。

私の精一杯の悪あがきが、
あなたに届きますように。
そしてあなたも、何かを感じてくれたら!!

待ってます。

■ミユキ
THE QUEEN/ORANGERANGE/NIRVANA
どん底から復活するための、私の鉄板。

元気にしてくれるのは、やっぱり音楽。
救われるのは、やっぱり音楽。
それだけはいくつになっても変わらない。

子供のころからコミュニケーションがとれなくて、
ひとりぼっちだった私は、音楽に何度も助けられ、
そしてハルカと出会って、音楽を届ける側として、いまここにいる。

悩んでるそこのあなた!
落ち込んでるあなた!
当日、日比谷公園を通りがかったあなた!
ぜひ私たちに逢いにきてみてください!フリーライブですから!!
かつての私がそうであったように、ちょっと復活できるかもですよ!

10月3日 18時 お待ちしています。

■『ハルカトミユキ フリーライブ ‘ひとり×3000\' 』

10月03日(土) 日比谷野外大音楽堂
17:15 open / 18:00 start
<料金>
¥ 0
※会場にお越しの方はどなたでもご入場頂けます。

【関連リンク】
ハルカトミユキ オフィシャルHP
ハルカトミユキ、野音フリーライヴのセットリストを異例発表
ハルカトミユキ、ただひたすら“約束”をしてくれる「肯定する」のMVを公開
ハルカトミユキ、9月30日(水)発売のミニアルバムアートワーク公開!

【関連アーティスト】
ハルカトミユキ
【ジャンル】
ジャパニーズロック

ジラフポット、2ndミニアルバム詳細&Brian the Sunとの合同レコ発を発表
Fri, 02 Oct 2015 18:30:00 +0900
ジラフポット (okmusic UP\'s)

ジラフポットが11月18日(水)にリリースする2ndミニアルバムの詳細を公開した。

【その他の画像】Brian the Sun

気になるタイトルは『Breathe and breathe again』。あわせてアルバムジャケット、収録曲名も発表された。今回のアルバムジャケットはBUCK-TICK、THE BACK HORNなどのデザインも手がけるWRENCH、te\'のベーシスト・松田知大によるもの。

そして、先日発表された全国ツアーの12月20日(日)の福岡公演が、盟友・Brian the Sunとの合同レコ発ライヴになることも決定。その福岡公演は現在チケット先行受付中なので、気になる方は是非チェックしてほしい。

■ミニアルバム『Breathe and breathe again』

2015年11月18日(水)発売
GPCD-1003/¥2,000+税
<収録曲>
01. Beautiful Nonsense
02. ブライターロックは風に乗って
03. I am A
04. 嘔吐
05. The Creator\'s Creator
06. 環水平アーク
07. Dear Heaven

■『ジラフポット Get Myself Back Tour 2015-16 × Brian the Sun マタタビ ツアー 2015→2016』

12月20日(日)  福岡Queblick
OPEN: 17:30 / START: 18:00
ACT: ジラフポット / Brian the Sun / … and More

<チケット先行受付>
(締切: 10月4日(日) 23:59まで)
※規定枚数に達し次第終了
http://eplus.jp/giraffepot-1220/

■『ジラフポット Get Myself Back Tour 2015-16』

11月28日(土)  名古屋CLUB UPSET
※ワンマンライヴ
12月04日(金)  心斎橋JANUS
※ワンマンライヴ
12月05日(土)  新代田FEVER
※ワンマンライヴ
12月16日(水)  高松DIME
※ゲストバンドあり
12月18日(金)  岡山CRAZY MAMA 2nd Room
※ゲストバンドあり
12月19日(土)  広島4.14
※ゲストバンドあり
… to be continued.

【関連リンク】
ジラフポット オフィシャルHP
タワレコ神戸店主催イベント『神戸心中』にSPARK!!SOUND!!SHOW!!、Brian the Sunが出演
ジラフポット、新作ミニアルバムのリリースと全国ツアー開催を発表
ジラフポット、ミニアルバム発売&東名阪にてワンマンライヴ開催を発表!

【関連アーティスト】
Brian the Sun, ジラフポット
【ジャンル】
ジャパニーズロック

グッドモーニングアメリカ、3rdフルアルバムのジャケ写を公開
Fri, 02 Oct 2015 18:00:00 +0900
アルバム『グッドモーニングアメリカ』【初回盤】(CD+DVD) (okmusic UP\'s)

10月28日にセルフタイトル作となる3rdフルアルバム『グッドモーニングアメリカ』をリリースするグッドモーニングアメリカが、そのジャケット写真を公開した。

【その他の画像】グッドモーニングアメリカ

ジャケットには、メンバーの写真を使用しており、メンバーそれぞれの顔が4分割、合成され1枚のアートワークとなっている。グッドモーニングアメリカは、今まで全ての作品のジャケットをイラストで手掛けており、本人の写真が使用されるのは初となる。撮影はカメラマン草刈 雅之氏によって撮り下ろされたもの。初回盤と通常盤の2パターンが用意されている。

またアルバム収録楽曲のうち「友よ」が10月6日(火)FM802「ROCK KIDS 802 -OCHIKEN Goes ON!!-」の番組内で初OAとなることが発表となった。「友よ」は作詞作曲を手掛ける金廣真悟が、幼少期に経験した度重なる転校を基にしたグッドモーニングアメリカの初期楽曲。ペギが加入したばかりに生まれた楽曲がこの度、アルバムに収録されたという経緯をもつ。

グッドモーニングアメリカは10月28日に3rdアルバムをリリースし、11月27日には日本武道館単独公演『挑戦 ?七夜』を開催する。「みんなで作ろうグドモ武道館」という参加型企画も行なっているので合わせてチェックしよう。

■みんなで作ろうグドモ武道館 特設サイト
http://columbia.jp/gmabudokan/
■『挑戦 ?七夜』特設サイト
https://goodmorningamerica.jp/pages/road_to_budokan

■『挑戦 ?七夜』

11月27日(金) 日本武道館
開場17:30 / 開演18:30
<チケット>
料金:前売 ¥4,500
一般発売日:9月27日(日)

【関連リンク】
グッドモーニングアメリカ オフィシャルHP
グドモ・たなしんがスペシャアプリにて武道館公演企画番組をスタート
グドモ、3rdフルアルバム『グッドモーニングアメリカ』は新たな試みがいっぱい!
グッドモーニングアメリカ、待望の3rdフルアルバムを10月28日にリリース

【関連アーティスト】
グッドモーニングアメリカ
【ジャンル】
ジャパニーズロック

真のパンクのパイオニア、リチャード・ヘルと彼のバンド、ザ・ヴォイドイズのデビューアルバム『ブランク・ジェネレーション』
Fri, 02 Oct 2015 18:00:00 +0900
Richard Hell & The Voidoids『Blank Generation』のジャケット写真 (okmusic UP\'s)

ラモーンズやジョニー・サンダースとともにニューヨーク・パンクを代表するバンド、リチャード・ヘル&ザ・ヴォイドイズ。この『ブランク・ジェネレーション』はパンクシーンの黎明期からカリスマ性を放ちながらデビューがやや遅れたリチャード・ヘルがついにリリースしたデビューアルバムだ。

SIONや斉藤和義の作品に参加経験もあるギタリスト、ロバート・クワイン(04年没)を擁するバンドという紹介も今ならできるかもしれない。リチャード・ヘル&ザ・ヴォイドイズ。この『ブランク・ジェネレーション』と『デスティニー・ストリート』という2枚のアルバムを残して、ヘルが音楽活動よりも俳優業および文筆業に力を入れるようになってしまったせいか(ヘルはもともと詩人志望だったそうだ)、 ラモーンズやジョニー・サンダースに比べたら知名度は負けるかもしれない。しかし、ニューヨーク・パンク、いや、ニューヨークと限定する必要はあるまい。パンクを語る上では絶対欠かせないバンドである。

高校時代の友人、トム・ヴァーラインと結成したネオン・ボーイズ〜テレヴィジョン、そしてニューヨーク・ドールズを脱退したジョニー・サンダースとジェリー・ノーランと新たに始めたザ・ハートブレイカーズというロック史に名を残すことになるバンドを経て、ヘルがついに自ら主導権を握るバンド、ザ・ヴォイドイズ結成したのは、76年の9月のことだった。ニューヨーク・ドールズのマネージャーだったマルコム・マクラーレンはロンドンで新たに売り出そうとしていたバンド=その後のセックス・ピストルズにヘルを誘ったというから、その頃からヘルは強烈な個性と魅力を持っていたのだろう。しかし、断られてしまったため、マクラーレンは当時のヘルのファッション――逆立てた髪、破れたシャツ、シャツに刺した安全ピンだけをロンドンに持っていき、自分のバンドに真似させた。それがパンク・ファッションとして、その後、広まったことは有名な話だ。その他、マクラーレンとピストルズがパンクのイメージを作り上げる際、ヘルによるオリジナルと言えることをかなりヒントにしていると言われているが、もちろん、それだけがパンクを語る上で、ヘルが絶対外せないアーティストと謳われる理由ではない。一番の理由はやはり強烈な虚無を打ち出した『ブランク・ジェネレーション』の唯一無二性だ。

C.C.R.、フランク・シナトラ、キンクス、ボブ・ディラン、トロッグス。これらはヘルがヴォイドイズとともに2枚のアルバムでカバーしたバンド/アーティストだが、デビューアルバムであるこの『ブランク・ジェネレーション』の時点で、すでに彼らからの影響を脱け出して、ヴォイドイズにしか奏でられないサウンドを奏でていることに驚かされる。ちなみにニューヨークパンクのテーマソングだった「ブランク・ジェネレーション」やアルバムのオープニングを飾る「ラヴ・カムズ・イン・スパーツ」はテレヴィジョン、およびハートブレイカーズ時代からのヘルのレパートリーだが、ヴォイドイズのヴァージョンは、テレヴィジョンともハートブレイカーズとも違うものになっている。

その「ラヴ・カムズ・イン・スパーツ」のテープの逆回転を思わせるフレーズをはじめ、クワインのエキセントリックなギタープレイにギクシャクと絡むアイヴァン・ジュリアンのギター。マーク・ベルが叩き出すつんのめっているようなリズム。そして、喉をしめつけるように歌うヘルのうわずった歌声。それらが今にもバラバラになりそうでならずに、かろうじて形になっているアンサンブルをとらえたこのアルバムは、ある意味、奇跡の一枚と言ってもいいかもしれない。

真のパンクロックを聴きとるセンスを持っているか持っていないか。それによって、このアルバムの聴こえ方は全然、違うものになると思うが、ひょっとしたらそんなところも彼らの知名度に影響を与えているのかもしれない。誤解を招く言い方かもしれないけれど、ヴォイドイズはロックンロールではあるけれど、同じロックンロールを演奏していたラモーンズ、ハートブレイカーズ、セックス・ピストルズほど分かりやすくはない。その意味では、90年代にソニック・ユースのメンバーたちがほとんど引退状態だったヘルを担ぎ出して、ディム・スターズ名義でアルバムを作ったことが証明しているんだから、オルタナティヴロックに早々と先鞭を付けた作品と受け止めたほうが『ブランク・ジェネレーション』は楽しめるのかもしれない。いや、そんな言い訳がましい後付けを加える必要は、これっぽっちもないのだ。なぜなら、このアルバムの持つ衝撃は今も全然消えていないのだから!

最後に、メンバーのその後についても記しておきたい。ヴォイドイズ解散後、ロバート・クワインはセッション・ギタリストとして活躍。80年代のルー・リードを支えたことはあまりにも有名だ。日本人にはマシュー・スウィート・バンドのギタリストとして知られるアイヴァン・ジュリアンは自らのバンドを結成するほか、プロデューサー/エンジニアとしてもさまざまな作品に関わっている。そして、マーク・ベルは『ブランク・ジェネレーション』一枚でバンドを離れ、ラモーンズに加入。マーキー・ラモーンになった。

【関連アーティスト】
Richard Hell, Richard Hell and the Voidoids
【ジャンル】


【連載コラム】稚菜、THE TIMERSの「デイドリームビリーバー」をカバー
Fri, 02 Oct 2015 18:00:00 +0900
稚菜 (okmusic UP\'s)

とある夜。
月を眺めながら、ただただぼーっと過ごしていた。

アパートのそれぞれの部屋から聴こえてくる
家庭的な音と鈴虫の鳴き声があまりにもミスマッチで。
そこにまた更に加わる私のぐるぐるしたまとまらない考え。
全部が全部似合わなさ過ぎて、それがまた何だか不思議と安心感を与えてくれる。
心に落ち着きをくれる。

今はただ、ずっとぐっと堪える。
そんな時期なんだろうなぁ。
それも大切。
答えがないものなんてなくて、
頭の中のぐるぐるした想いにもきっといつか答えが出るのだろう。
だからね、時間の流れに身を任せてただひたすら漂ってみる。
人生の中に何度かそんな時間があったっていいと思うんだ。
悪くない。
それもある種、一つの答えなんだろうなって。
何かと理由をつけて無理に捻り出そうとしなくたっていいんだ。
これも私だ。
良い自分も悪い自分も全部ひっくるめて。
"自分で自分を一番可愛がって愛してあげる"
そんな瞬間も作ってあげないと。
そんな事を思ったら、そんな事を思えたら、長い長い吐息が出た。

「ため息をつくと不幸になるよ」
そんな言葉を聞いてきたけれど、私の中では少し違う。
自分の中に溜まった悪い流れや考えや不幸を、外へ外へゆっくり長く吐き出しているんだと。
幸せが入れる容量を増やしているのです。

ぼーっとするのは、逃げるんじゃなくて一度立ち止まる時間。
何も考えなくなれば、時間が経てば、
今度は自ずと自分に問いかけるべき事や目を向けるべき事が明確に見えてくる。
人やものや考えに対する、忘れていたありがたみにふと気付ける事もある。
自分自身とゆっくり向き合う時間。
その為の、つかの間の休息。
考え過ぎちゃうと疲れちゃうよね。
そんな時はね、少しゆっくりすれば人ってまた頑張れるんだ。
そうやって出来てるんだよ。
世の中色んな人がいるけれど、そこは一緒なんだろうなと思う。
だからね、弱い自分も沢山沢山知ってあげよう。愛してあげよう。
いっぱいいっぱいになって自分を見失ってしまう前に。
不恰好で人間らしい、自分を愛せる様なそんな人間に私もなりたいな。
スーパームーンが出ていた月夜にそんな事を思ったのでした。

さて今日の一曲は。
月夜にぼーっとしながら一人聴いていた曲。
THE TIMERSの「デイドリームビリーバー」
The Monkeesの曲を清志郎さんが日本語詞でカバーをした曲です。
一見ラブソングに聴こえるこの歌の"彼女"という言葉が、
実は母親に宛てている、
と知った時には表現力の深さと真っすぐさに自然と涙が溢れていました。
本当にかっこいい人だなって思います。
忌野清志郎さんへ、敬愛を込めて。
https://youtu.be/XKiG4VkR9aE

それでは。

【関連アーティスト】
忌野清志郎, THE TIMERS, 稚菜
【ジャンル】


天才バンド、メジャーデビュー作のジャケ写&アー写を解禁
Fri, 02 Oct 2015 17:00:00 +0900
アルバム『アリスとテレス』 (okmusic UP\'s)

11月4日にワーナーミュージック・ジャパンunBORDEレーベルからメジャーデビューする事が決定した奇妙礼太郎、Sundayカミデ、テシマコージの3人からなるバンド・天才バンド。そんな彼らのメジャーデビュー作となる、2ndアルバム『アリスとテレス』のジャケット写真が公開となった。

【その他の画像】奇妙礼太郎

今回のジャケットも1stアルバム『アインとシュタイン』を手掛けたイラストレーター「BRIDGE SHIP HOUSE」が手がけている。今作のテーマは前作からの続きで、メンバーを天と才とじゃがいもになぞらえたイラストで表現。ジャケット裏面には、それがマンガとしてストーリーになっているのでぜひチェックしていただきたい。

また、アーティスト写真も公開され(写真:村井香)、収録楽曲も発表に。新録9曲に加えてスタジオジャムセッションが収録された天才バンドらしい作品に仕上がっている。

■アルバム『アリスとテレス』

2015年11月4日発売
WPCL-12256/¥2,700+税
<収録曲>
01.ロックジェネレーション
02.Joy to the world!
03.好きだよ
04.firefly
05.ビューティフルグッバイ
06.ダラダラ
07.琴平電鉄〜君だけのライフ〜
08.ロックライダー
09.THIS IS LOVE
■スタジオ ジャム・セッション
10.FUNK YOU FUNK
11.BLACK TAHITI GIRL
12.CAT FOOD BLUES
13.レッドホットチリ島
14.SHIBUYA STRUT
15. ONIGIRI

■『天才バンド アリスとテレス リリースツアー2015(仮)』

11月19日(木) 渋谷 CLUB QUATTRO
11月27日(金) 名古屋 CLUB QUATTRO
12月04日(金) 仙台 MACANA
12月12日(土) 大阪 梅田 CLUB QUATTRO

【関連リンク】
天才バンド オフィシャルHP
奇妙礼太郎を擁する“天才バンド”がメジャーデビュー
RONZI(OAU / BRAHMAN)が「ACO CHILL」発のご当地ソングを担当
梅田Shangri-La、10周年の感謝の気持ちがハンパない!

【関連アーティスト】
奇妙礼太郎, 天才バンド
【ジャンル】
ジャパニーズロック













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1