歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2015年09月27日)
バックナンバー
最新ニュース
2015/10/06
2015/10/05
2015/10/04
2015/10/03
2015/10/02
2015/10/01
2015/09/30
2015/09/29
2015/09/28
2015/09/27
2015/09/26
2015/09/25
2015/09/24
2015/09/23
2015/09/22
2015/09/21
2015/09/20
2015/09/19
2015/09/18
2015/09/17
2015/09/16
2015/09/15
2015/09/14
2015/09/13
2015/09/12
2015/09/11
2015/09/10
2015/09/09
2015/09/08
2015/09/07
2015/09/06
2015/09/05
2015/09/04
2015/09/03
2015/09/02
2015/09/01
2015/08/31
2015/08/30
2015/08/29
2015/08/28
2015/08/27
2015/08/26
2015/08/25
2015/08/24
2015/08/23
2015/08/22
2015/08/21
2015/08/20
2015/08/19
2015/08/18
2015/08/17
2015/08/16
2015/08/15
2015/08/14
2015/08/13
2015/08/12
2015/08/11
2015/08/10
2015/08/09
2015/08/08
2015/08/07
2015/08/06
2015/08/05
2015/08/04
2015/08/03
2015/08/02
2015/08/01
2015/07/31
2015/07/30
2015/07/29
2015/07/28
2015/07/27
2015/07/26
2015/07/25
2015/07/24
2015/07/23
2015/07/22
2015/07/21
2015/07/20
2015/07/19
2015/07/18
2015/07/17
2015/07/16
2015/07/15
2015/07/14
2015/07/13
2015/07/12
2015/07/11
2015/07/10
2015/07/09
2015/07/08
2015/07/07
2015/07/06
2015/07/05
2015/07/04
2015/07/03
2015/07/02
2015/07/01
2015/06/30
2015/06/29
2015/06/28
2015/06/27
2015/06/26
2015/06/25
2015/06/24
2015/06/23
2015/06/22
2015/06/21
2015/06/20
2015/06/19
2015/06/18
2015/06/17
2015/06/16
2015/06/15
2015/06/14
2015/06/13
2015/06/12
2015/06/11
2015/06/10
2015/06/09
2015/06/08
2015/06/07
2015/06/06
2015/06/05
2015/06/04
2015/06/03
2015/06/02
2015/06/01
2015/05/31
2015/05/30
2015/05/29
2015/05/28
2015/05/27
2015/05/26
2015/05/25
2015/05/24
2015/05/23
2015/05/22
2015/05/21
2015/05/20
2015/05/19
2015/05/18
2015/05/17
2015/05/16
2015/05/15
2015/05/14
2015/05/13
2015/05/12
2015/05/11
2015/05/10
2015/05/09
2015/05/08
2015/05/07
2015/05/06
2015/05/05
2015/05/04
2015/05/03
2015/05/02
2015/05/01
2015/04/30
2015/04/29
2015/04/28
2015/04/27
2015/04/26
2015/04/25
2015/04/24
2015/04/23
2015/04/22
2015/04/21
2015/04/20
2015/04/19
2015/04/18
2015/04/17
2015/04/16
2015/04/15
2015/04/14
2015/04/13
2015/04/12
2015/04/11
2015/04/10
2015/04/09
2015/04/08
2015/04/07
2015/04/06
2015/04/05
2015/04/04
2015/04/03
2015/04/02
2015/04/01
2015/03/31
2015/03/30
2015/03/29
2015/03/28
2015/03/27
2015/03/26
2015/03/25
2015/03/24
2015/03/23
2015/03/22
2015/03/21
2015/03/20
2015/03/19
2015/03/18
2015/03/17
2015/03/16
2015/03/15
2015/03/14
2015/03/13
2015/03/12
2015/03/11
2015/03/10
2015/03/09
2015/03/08
2015/03/07
2015/03/06
2015/03/05
2015/03/04
2015/03/03
2015/03/02
2015/03/01
2015/02/28
2015/02/27
2015/02/26
2015/02/25
2015/02/24
2015/02/23
2015/02/22
2015/02/21
2015/02/20
2015/02/19
2015/02/18
2015/02/17
2015/02/16
2015/02/15
2015/02/14
2015/02/13
2015/02/12
2015/02/11
2015/02/10
2015/02/09
2015/02/08
2015/02/07
2015/02/06
2015/02/05
2015/02/04
2015/02/03
2015/02/02
2015/02/01
2015/01/31
2015/01/30
2015/01/29
2015/01/28
2015/01/27
2015/01/26
2015/01/25
2015/01/24
2015/01/23
2015/01/22
2015/01/21
2015/01/20
2015/01/19
2015/01/18
2015/01/17
2015/01/16
2015/01/15
2015/01/14
2015/01/13
2015/01/12
2015/01/11
2015/01/10
2015/01/09
2015/01/08
2015/01/07
2015/01/06
2015/01/05
2015/01/04
2015/01/03
2015/01/02
2015/01/01
2014/12/31
2014/12/30
2014/12/29
2014/12/28
2014/12/27
2014/12/26
2014/12/25
2014/12/24
2014/12/23
2014/12/22
2014/12/21
2014/12/20
2014/12/19
2014/12/18
2014/12/17
2014/12/16
2014/12/15
2014/12/14
2014/12/13
2014/12/12
2014/12/11
2014/12/10
2014/12/09
2014/12/08
2014/12/07
2014/12/06
2014/12/05
2014/12/04
2014/12/03
2014/12/02
2014/12/01
2014/11/30
2014/11/29
2014/11/28
2014/11/27
2014/11/26
2014/11/25
2014/11/24
2014/11/23
2014/11/22
2014/11/21
2014/11/20
2014/11/19
2014/11/18
2014/11/17
2014/11/16
2014/11/15
2014/11/14
2014/11/13
2014/11/12
2014/11/11
2014/11/10
2014/11/09
2014/11/08
2014/11/07
2014/11/06
2014/11/05
2014/11/04
2014/11/03
2014/11/02
2014/11/01
2014/10/31
2014/10/30
2014/10/29
2014/10/28
2014/10/27
2014/10/26
2014/10/25
2014/10/24
2014/10/23
2014/10/22
2014/10/21
2014/10/20
2014/10/19
2014/10/18
2014/10/17
2014/10/16
2014/10/15
2014/10/14
2014/10/13
2014/10/12
2014/10/11
2014/10/10
2014/10/09
2014/10/08
2014/10/07
2014/10/06
2014/10/05
山崎まさよしのデビュー20周年を祝う『Augusta Camp 2015』が大盛況のうちに幕
Sun, 27 Sep 2015 19:00:00 +0900
9月26日(土)@横浜赤レンガパーク 野外特設ステージ (okmusic UP\'s)

9月26日に横浜赤レンガパーク野外特設ステージにて、『YAMAZAKI MASAYOSHI in Augusta Camp 2015〜20th Anniversary〜』が開催された。

【その他の画像】長澤知之

山崎まさよしのデビュー20周年を記念し、山崎まさよしを全面フィーチャーした今年のオーガスタキャンプ。杏子、COIL(岡本定義)、あらきゆうこ、元ちとせ、スキマスイッチ、長澤知之、秦 基博、さかいゆう、浜端ヨウヘイ、竹原ピストルといった個性際立つアーティストが出演。山崎が他の出演アーティストを順に呼び込み自らの名曲をセッションする第一部、各アーティストのステージに山崎まさよしがギターはもちろん、ドラムやハーモニカで参加する第二部、そしておなじみの山崎のスリーピースバンドによる第三部という三部構成で行われ、15,000人の観衆が山崎まさよしのデビュー20周年を祝福した。

前日の雨も上がり、熱気を帯びる横浜赤レンガパーク野外特設ステージ。定刻の14時、ステージ両側のビジョンに映し出されたのはギターケースを片手に横浜の街を歩く山崎まさよし。20年前、住んでいた桜木町界隈をまわり、今日の会場である赤レンガ倉庫にたどり着く。そして、まるでそのムービーから飛び出してきたかのような演出で、同じシャツを着てギターケースを持って山崎まさよしがステージに登場。ギターケースからおもむろにアコースティックギターを取り出し、爪弾いて始まったイントロで早くも客席から拍手が湧く。なんと一曲目は1999年、主演ドラマ『奇跡の人』の主題歌として大ヒットした「僕はここにいる」でスタート。秋めいた横浜の空へ、山崎の声とギターの音色が気持ちよくとけていく。

「どうも、山崎まさよしです。オーガスタキャンプへ、ようこそ」といつも通りに気負わないあいさつに続いてさっそく最初のアーティスト浜端ヨウヘイを呼び込み、ギターを彼に任せると山崎はジャンベを叩きハーモニカを吹きながら「六月の手紙」を披露。続いて浜端と入れ替わりに登場した長澤知之のエレキギターと山崎のアコースティックギターで「妖精といた夏」をセッション。竹原ピストルとの「ア・リ・ガ・ト」では山崎がピアノ、竹原がギターで弾き語る。アイコンタクトをとりながらの弾き語りからは、山崎と彼らがお互いにリスペクトしあっていることが伝わってくる。

続いて、ベースを持ったCOILの岡本定義が登場、敬愛する名ギタリスト・西慎嗣がドラムをたたき「花火」を歌いあげた。次々に披露される新旧の名曲に観客はステージに釘付けだ。二人と入れ違いに、秦 基博がやってくると、山崎はそのままピアノで「ツバメ」をセッション。このバラードの後に、秦に呼び込まれたスキマスイッチの常田はなんとギターを持って山崎まさよしのコスプレで登場。山崎も知らなかったようでこれには大爆笑。「衣装も本物を借りて、眉毛も描いたのに、どうしても似ないんです!!」と客席からも爆笑を誘ったのちに、ギターをメロディオンに持ち替えて三人で「セロリ」を披露。ラップの部分は山崎と大橋卓弥が息の合ったハーモニーを披露し、会場をひときわ湧かせた。

拍手のなかをスキマスイッチが去って、エレキギターに持ち替えた山崎が呼び込んだのは、さかいゆう。山崎まさよしのライヴでは定番のファンクナンバー「Fat Mama」をいつも以上にファンキーにアレンジしてセッション。オーディエンスは手拍子しながら体を左右に揺らす。この曲が終わると、山崎の「でてこいや!」を合図にオフィスオーガスタのアーティストが全員登場。今日はこれが初登場となる女性陣の杏子、あらきゆうこ、元ちとせの3人を山崎が紹介。山崎が「オーガスタって、みんなでこうやってオーガスタバンドができるでしょ?だからこの曲を第一部の最後に、やりたいと思って。」と曲紹介し、全員で「Let\'s form a R&R band」をセッション。曲名の通り、オーガスタ所属アーティストだけで結成されたロックンロールバンドが、音楽はこんなに楽しいというメッセージを体現するステージだ。早くもイベントは最初のクライマックスを迎えた。

休憩の後、杏子が登場し「二部が始まります!」と宣言。ステージにハウスバンドのメンバーを順番に呼び込む。そして、なんと「オン・ドラムス!山崎まさよし!!でてこいや!」と本日の主役を呼び込み。あらきゆうことのツインドラムに、エレキギターには長澤知之を迎え、長澤が杏子に書きおろした「ねぇ、もっと」を妖艶に歌いあげた。杏子は、長澤と入れ替わりにさかいゆうを呼ぶと来週9月30日に発売される新曲ダンスナンバー「Flamingo Rose」で一気に赤レンガパーク特設野外会場をダンスホールにしてしまう。ドラマー、山崎まさよし、これもオーガスタキャンプならではだ。

そのままステージに残ったのは、キーボードのさかいゆうと、山崎まさよし。山崎まさよしはエレキギターに持ち替え、スティービー・ワンダーの「Superstition」をカバー。ファンキーにうねるバンドのグルーヴで会場を巻き込む。続けて山崎がレコーディングにも参加したさかいゆうの「僕たちの不確かな前途」をセッション。エレキギター・ソロでは、山崎まさよしのマルチプレーヤーぶりが光る。さかいは「山崎まさよし!!」とシャウトで送り出すと、10月21日にリリースする新曲バラード「ジャスミン」を披露。オーディエンスはその甘い声にぐっと引き込まれているようだった。

セットチェンジをはさみ、COILの岡本定義と山崎が肩を組んで登場。山崎と岡本、二人がリスペクトしそのトリビュート盤にもユニット“さだまさよし"として参加している仲井戸“CHABO"麗市の「ホームタウン」をカバー。続けてCOILの名バラード「バス待ち」、そして盟友・ギターの西慎嗣を呼び込み、山崎は再びドラムセットに座り、ジャムセッションから西の「Sunset Blues」になだれ込む。山崎まさよしのルーツ・ミュージックの一つであるブルースを堪能できる一幕だった。

ここでもう一度短いセットチェンジを経て、ドラマーのあらきゆうこが登場。あらきのボーカル、山崎、COIL岡本定義で「Sonnet #9」と「Train run」を演奏。ディープな世界から明るい世界へとまるで旅をしているような感覚を味わえる。

バンドメンバーがステージに戻ると、青い衣装に身を包んだ元ちとせが登場。7月にリリースして話題になっているカバーアルバム『平和元年』から、1967年ベトナム戦争時にアメリカでピート・シーガーが発表した反戦歌を中川五郎が日本語に訳した「腰まで泥まみれ〜Waist Deep In The Big Muddy〜」の熱唱で客席を圧倒する。続いて山崎まさよしを呼び込むと、ビートルズのカバー「We Can Work It Out」、山崎まさよしの初期の名曲であり、元ちとせもデビュー前からカバーしてきた「名前のない鳥」をセッション。ノスタルジックなメロディーは秋が訪れた横浜の空気にマッチして奇跡のような瞬間を作り出す。

次に登場した長澤知之とはビートルズの「Lucy In The Sky With Diamonds」をセッション。二人のエレキギターで、暮れゆく野外会場の空気をがらりとサイケデリックに染めた。続いての浜端ヨウヘイとは、彼がデビュー前に山崎の全国ツアーにオープニングアクトとして帯同していた師弟関係。浜端の「大男のブルース」「MUSIC!!」と2曲続けて息の合ったセッションをみせる。

セットチェンジを挟み、すっかり日が暮れたステージに登場したのは山崎まさよしと、秦 基博。二人きり、アコースティックギターの弾き語りと美しいハーモニーできかせたのは秦の代表曲「アイ」。そして二人ともがエレキギターに持ち替え、バンドを再び呼び込んで秦のポップナンバー「FaFaFa」を披露した後は、山崎をいったん送り出す。「山崎まさよしというシンガー・ソングライターは、常に僕の遠い先にいて、同じようにはできないけれど、僕なりのやり方で目指したいと思わせてくれる存在です。その偉大な先輩がすぐそばにいて、そして同じステージに立つことができて、とても幸せです」と語った秦がソロで歌ったのは昨年夏の発売から一年以上ロングヒットを続ける「ひまわりの約束」。客席からは感動の溜息とさざ波のような拍手が湧きおこった。

続いての登場はスキマスイッチ。大ヒットナンバーの「ガラナ」に山崎まさよしがエレキギターで参加。大橋卓弥が客席をあおり一気に盛り上げた。スキマスイッチの二人が、オーガスタ所属前に大橋が山崎まさよしのライヴビデオを実際に擦り切れるくらい見ていたほどのファンだったエピソードと、そこから始まって今日山崎の20周年記念ライヴに立ち会えている幸せを語ると、照れた山崎が「曲にいこう!」と促す。ここではスティングの名曲「Englishman In New York」をセッション。稀代のボーカリスト二人の美しいハーモニーと、ブルージーに絡む常田のメロディオンが客席を魅了する。そして山崎を送り出したあとスキマスイッチが披露したバラード「マリンスノウ」は夜の横浜の海に切なく響いた。

第二部のラストに登場したのは、竹原ピストル。登場するなり、13年前の山崎とのエピソードや感謝の気持ちをつづった手紙を、力を込めて朗読。そして「まるで自分の曲のように愛着を持って歌っている曲です」と紹介すると山崎のピアノに乗せて「未完成」を熱唱した。

3時間以上に及んだ第二部、山崎まさよしは第一部も含め、ここまで代名詞のアコースティックギターはもちろん、ガッドギター、エレキギター、ハーモニカ、ピアノ、ドラム、ジャンベにパンディエロと、実に多彩な楽器を演奏してミュージシャンとしての実力を余すところなく発揮している。記念のライヴにおいて自身の代表曲を歌うだけではすませないところが、山崎まさよしというミュージシャンのすごいところだ。

海風が涼しい19時35分。いよいよ第三部が始まる。ここからは山崎まさよしがいつも全国ツアーをともにまわっているベース/中村キタローとドラム/江川ゲンタとのトリオ・バンドによるステージ。アッパーなロックチューン「アドレナリン」からスタートし、「アレルギーの特効薬」で恒例のコール&レスポンに続いては、「晴男」。ブレイクでの万感の「ありがとう!!」に客席も両手を挙げて応える。スピーディーなロックチューン「ガムシャラ バタフライ」、早口言葉で客席をあおる「パンを焼く」、疾走感あふれる「ド ミ ノ」、温かいメッセージソング「Flowers」と、ライヴ後半の定番曲をMCも挟まずにたたみかける贅沢なラインナップで、また客席をヒートアップさせていく。様々なジャンルを行ったり来たりするのも山崎らしい。ここで初めて「ありがとうございます。こんなに祝ってもらえるとは思っていませんでした。続けてこられたのはファンの皆さんのおかげです。オーガスタキャンプも17年目、こんなに続くとは思っていませんでした」と話し、バラード「振り向かない」。続くイントロは代表曲の「One more time, One more chance」。山崎の知名度を一気にひろめたこの曲は、山崎にとってだけでなく今日、ここにいるファンにとってもとても大切な曲だろう。舞台となっている横浜で、いつも以上にサビのリフレインに力がこもって、聴く者の胸に突き刺さってくるような特別なパフォーマンスだった。鳴りやまない拍手の中、最後はデビュー曲「月明かりに照らされて」。「天才よりも凄いヤツ」というキャッチコピーでデビューした山崎まさよしの真骨頂を見る。

アンコールの拍手が鳴りやまぬ中、山崎まさよしに続いて、本日の出演者全員が登場。オーガスタキャンプ恒例のオールスターセッションが始まる。まずは23日にリリースしたばかりのシングル「21世紀マン」を披露。オーガスタの仲間はコーラスで盛り上げる。そして今年、オーガスタファミリーが参加して新たにレコーディングもされた「根無し草ラプソディー 2015」は皆でリードボーカルを歌い継ぎ、ネタポイントではガヤを入れたり、ソロ回しで盛り上げる。

そして、杏子が第二部のハウスバンドのメンバーとオープニングアクトのアーティストも呼び込み最後の曲が始まったところで、花束贈呈のサプライズ!「ありがとう!!これからも歌っていきます!」という宣言を受けて、改めて1999年のオーガスタキャンプから歌い継がれてきた定番曲「星のかけらを探しに行こう Again」を演奏。この曲のコール&レスポンスでいよいよこの記念ライヴもフィナーレ。山崎まさよしをフィーチャーしたオーガスタキャンプは幕を閉じた。

■【セットリスト】

<Opening Act>
■シンバシ
M1. 港のキリン
M2. ワケアリ・ブッケン
M3. 北品川ひとりきり
■松室政哉
M1. モノローグ
M2. オレンジ
M3. Happy Prime Day
■NakamuraEmi
M1. YAMABIKO
M2. 台風18号
M3. 使命

<第一部>
■山崎まさよし
M1. 僕はここにいる
M2. 六月の手紙 with 浜端ヨウヘイ
M3. 妖精といた夏 with 長澤知之
M4. ア・リ・ガ・ト with 竹原ピストル
M5. 花火 with COIL
M6. ツバメ with 秦 基博
M7. セロリ with スキマスイッチ
M8. Fat Mama with さかいゆう
M9. Let\'s form a R&R band with ALL CAST

<第二部>
■杏子
M10. ねぇ、もっと with 山崎まさよし/COIL/あらきゆうこ/長澤知之
M11. Flamingo Rose ※新曲9/30リリース with 山崎まさよし/COIL/あらきゆうこ/さかいゆう
■さかいゆう
M12. Superstition (オリジナル:Stevie Wonder) with 山崎まさよし
M13. 僕たちの不確かな前途 with 山崎まさよし
M14. ジャスミン *新曲10/21リリース
■COIL
M15. ホームタウン(オリジナル:仲井戸“CHABO"麗市) with ■山崎まさよし
M16. バス待ち with 山崎まさよし
M17. Sunset Blues(オリジナル:西 慎嗣) with 山崎まさよし
■あらきゆうこ
M18. Sonnet♯9(オリジナル:杏子) with 山崎まさよし/COIL
M19. Train run with 山崎まさよし/COIL
■元ちとせ
M20. 腰まで泥まみれ〜Waist Deep In The Big Muddy〜
(オリジナル:Pete Seeger/日本語詞:中川五郎)
M21. We Can Work It Out (オリジナル:The Beatles) with 山崎まさよし
M22. 名前のない鳥 with 山崎まさよし
■長澤知之
M23. Lucy In The Sky With Diamonds (オリジナル:The Beatles) with 山崎まさよし
■浜端ヨウヘイ
M24. 大男のブルース with 山崎まさよし
M25. MUSIC!! with 山崎まさよし
■秦 基博
M26. アイwith 山崎まさよし
M27. FaFaFa with 山崎まさよし/あらきゆうこ
M28. ひまわりの約束 with あらきゆうこ
■スキマスイッチ
M29. ガラナwith 山崎まさよし
M30. Englishman In New York (オリジナル:Sting) with 山崎まさよし
M31. マリンスノウ
■竹原ピストル
M32. 未完成with 山崎まさよし

<第三部>
■山崎まさよし
M33. アドレナリン
M34. アレルギーの特効薬
M35. 晴男
M36. ガムシャラ バタフライ
M37. パンを焼く
M38. ド ミ ノ
M39. Flowers
M40. 振り向かない
M41. One more time, One more chance
M42. 月明かりに照らされて

<All Star Session>
M43. 21世紀マン
M44. 根無し草ラプソディー 2015
M45. 星のかけらを探しに行こう Again

【関連リンク】
『YAMAZAKI MASAYOSHI in Augusta Camp 2015〜20th Anniversary〜』 オフィシャルHP
「関ジャム」で山崎まさよしの奇行発覚?BREAKERS密着レポ、新企画に又吉
竹原ピストル、11月発売のニューアルバム『youth』詳細解禁
コンビニおでんが恋しくなる曲

【関連アーティスト】
長澤知之, スキマスイッチ, 秦 基博, さかいゆう, COIL, 山崎まさよし, 杏子, 竹原ピストル, あらきゆうこ, 浜端ヨウヘイ, NakamuraEmi, シンバシ , 松室政哉
【ジャンル】
J-POP, イベント

MAGiC BOYZ、『星男祭2015』にて初主演映画の特報初公開・出演者発表
Sun, 27 Sep 2015 18:00:00 +0900
MAGIC BOYS (左から: MCユウト、MCリュウト、MCフウト、MCトーマ、DJマヒロ) (okmusic UP\'s)

9月27日にかつしかシンフォニーヒルズで行われた『EBiDAN 39&KiDS 星男祭2015』にて、MAGiC BOYZの初主演映画 『イカれてイル?』の特報映像が初公開された。

【その他の画像】MAGiC BOYZ

この映画企画は昨年11月に行われた『星男祭2014』でメンバーにもサプライズで発表され、 クラウドファンディングで製作資金を募り、初主演映画を製作するというもの。資金募集最終日には、目標金額を大きく上回る資金調達に成功し、今年8月に関東近郊で撮影が行われた。

監督には神聖かまってちゃんのライブ映像や、映画『世界の終わりのいずこねこ』の監督を務めた事で知られている、新進気鋭の監督、竹内道宏を起用。リアル中学二年生によるリアル中二病をテーマをした作品で、魔法学校の中二病の少年たちと、女子大生への淡い恋心を描いた、フェイクドキュメンタリーとなっている。

出演者はMAGiC BOYZ 5 名の他、メンバーが一目惚れするヒロイン役に、雑誌『Seventeen』を卒業し、女優として活躍中の北山詩織、父親役に、ブラザートム、魔法学校の先生役に、NIPPS(BUDDHA BRAND)、D.O(練マザファッカー)、MARIA(SIMI LAB)、他にも、KENZO(DA PUMP)、やついいちろう(エレキコミック)、映画初出演となる、人気お笑い芸人 伊地知大樹(ピスタチオ)らを起用しており、アーティストから芸人までバラエティーに富んだ豪華キャストの演技も見逃せない。

思春期感満載、MAGiC BOYZ 史上最高の黒歴史をぜひ劇場で目撃してほしい。

■『イカれてイル?』特報映像
https://youtu.be/GNLHoShjFlI

■映画『イカれてイル?』

劇場公開:2016 年初旬予定
出演者: MAGiC BOYZ フウト トーマ リュウト ユウト マヒロ
北山詩織 KENZO(DA PUMP) 伊地知大樹(ピスタチオ) 佐野愛夏 NIPPS D.O MARIA(SIMI LAB) VIKN nabepro やついいちろう(エレキコミック) ブラザートム(特別出演)
監督・脚本:竹内道宏

■配信シングル「illson feat.NIPPS」

配信中

【関連リンク】
MAGiC BOYZ オフィシャルHP
MAGiC BOYZがライムベリーと初の2マンフリーライブを開催
超特急の日本青年館ライヴが「スターダストチャンネル」で独占配信!
超特急、DISH//、カスタマイZらEBiDANが勢ぞろい! 7月に「EBiDAN THE LIVE」開催決定!

【関連アーティスト】
MAGiC BOYZ
【ジャンル】
J-POP, 映画

モーターヘッドのデビューアルバム&最初期ライヴ盤が再発
Sun, 27 Sep 2015 17:00:00 +0900
アルバム『MOT?RHEAD / 鋼鐵の稲妻』 (okmusic UP\'s)

1975年の結成から40年を迎えてなお最前線で活躍を続けるモーターヘッドの初期の2作品が、11月25日に同時発売されることがわかった。

【その他の画像】Motorhead

ロックンロールというジャンルにおいて、圧倒的なカリスマ性を放ち、数多くのミュージシャンやロック・ファンからリスペクトされ愛される男、レミー・キルミスター率いるモーターヘッド。今年の『フジロック・フェスティバル』にも出演し、ニューアルバム『バッド・マジック』はドイツ他各国のナショナル・チャートで初登場1位を獲得した。

今回再発されるのは、1977年に英・Chiswick Recordsより世界発売された記念すべきデビューアルバム『MOT?RHEAD』。これまで何ども再発されてきた本作であるが、今回は世界で初めてオリジナルの日本盤LPを再現した紙ジャケット仕様での発売となる。日本では1978年に初発売された、このデビュー作。当時は『鋼鐵の稲妻』という邦題がつけられて世に出たが、わずか1、2年で廃盤となり、後に世界中のモーターヘッド・マニアたちが血眼になって探すことになる超激レアな逸品なのである。中古盤市場でも滅多にお目にかかる機会はなく、帯付きの美品ともなれば数万円はするほど。アメリカを拠点とするレコード/CDの世界最大級データベースにして売買サイト「Discogs」にも、その存在すら記載されていない、まさに「幻」のレコードだ。

もうひとつは、オリジナルの英国盤LPを再現した紙ジャケット仕様で登場する、1978年の最初期のライヴを収めたアルバム『WHAT\'S WORDSWORTH?』。1978年2月18日、元ドクター・フィールグッドのウィルコ・ジョンソンが、ロンドンの有名ライヴ会場「ラウンドハウス」にて企画した、英国のロマン派詩人ウィリアム・ワーズワースの原稿を保管する資金集めのイベントに参加したモーターヘッド。権利関係からモーターヘッドというバンド名は使えず、アイアン・フィスト・アンド・ザ・ホーズ・フロム・ヘル(IRON FIST AND THE HORDES FROM HELL)というバンド名で出演。当時モーターヘッドが所属していたChiswick Recordsの代表テッド・キャロルが、ザ・ローリング・ストーンズ所有の「The Rolling Stones Mobile Studio」(トレーラーに様々な録音機材を積み込んだ移動式スタジオ)をレンタルし、このライヴを録音。イベント開催から5年の月日を経て、Big Beat Recordsから83年にリリースされた作品である。過去、日本盤として発売されたことはなく、今回の日本初リリースにあたり、『切り裂きライヴ』という邦題がつけられた。

どちらの作品も、K2HDマスタリングを施し、HQCDに収録した完全限定生産盤となる。

■アルバム『MOT?RHEAD / 鋼鐵の稲妻』

2015年11月25日発売
VICP-75155/¥2,700+税
※K2HDマスタリング+HQCD、紙ジャケット仕様、完全限定生産盤
<収録曲>
1. Motorhead / モーターヘッド
2. Vibrator / バイブレイター
3. Lost Johnny / ロスト・ジョニー
4. Iron Horse/Born To Lose / アイアン・ホース〜ボーン・トゥ・ルーズ
5. White Line Fever / ホワイト・ライン・フィーヴァー
6. Keep Us On The Road / キープ・アス・オン・ザ・ロード
7. The Watcher / ザ・ウォッチャー
8. The Train Kept A Rollin\' / ザ・トレイン・ケプト・ア・ローリン
9. City Kids / シティ・キッズ
10. Beer Drinkers And Hell Raisers / ビア・ドリンカーズ・アンド・ヘル・レイザーズ
11. On Parole / オン・パロール
12. Instro / インストロ
13. I\'m Your Witchdoctor / アイム・ユア・ウィッチドクター

■アルバム『WHAT\'S WORDSWORTH? / 切り裂きライヴ 』

2015年11月25日発売
VICP-75156/¥2,700+税
※K2HDマスタリング+HQCD、紙ジャケット仕様、完全限定生産盤
<収録曲>
1. The Watcher (Live) / ザ・ウォッチャー〔ライヴ〕
2. Iron Horse/Born To Lose (Live) / アイアン・ホース〜ボーン・トゥ・ルーズ〔ライヴ〕
3. On Parole (Live) / オン・パロール〔ライヴ〕
4. White Line Fever (Live) / ホワイト・ライン・フィーヴァー〔ライヴ〕
5. Keep Us On The Road (Live) / キープ・アス・オン・ザ・ロード〔ライヴ〕
6. Leaving Here (Live) / リーヴィング・ヒア〔ライヴ〕
7. I\'m Your Witchdoctor (Live) / アイム・ユア・ウィッチドクター〔ライヴ〕
8. The Train Kept A Rollin\' (Live) / ザ・トレイン・ケプト・ア・ローリン〔ライヴ〕
9. City Kids (Live) / シティ・キッズ〔ライヴ〕

【関連リンク】
モーターヘッド オフィシャルHP
暴走ロックンロールバンド、モーターヘッドの全てが凝縮されたライヴアルバム
肌寒い日に胸を焦がしてくれる灼熱の5曲
ヘヴィ・メタル・シーンのゴッドファーザー、ロニー・ジェイムズ・ディオのトリビュート・アルバム完成

【関連アーティスト】
Motorhead, モーターヘッド
【ジャンル】
メタル

大森靖子、聖地・中野サンプラザ公演のダイジェスト映像公開
Sun, 27 Sep 2015 16:00:00 +0900
DVD『?爆裂!ナナちゃんとイく ラブラブ洗脳ツアー?〜ノスタルジック中野サンプラザ〜』 (okmusic UP\'s)

今年4月に中野サンプラザで行われた、大森靖子のメジャー初全国ツアーの東京公演『▼爆裂!ナナちゃんとイくラブラブ洗脳ツアー▼〜ノスタルジック 中野サンプラザ〜』のダイジェスト映像が公開された。

【その他の画像】大森靖子

森をイメージしたステージでキュートなのにどこか妖艶に舞い、激情的に歌唱する大森靖子。そしてバックを固める、直枝政広(G / カーネーション)、ピエール中野(Dr / 凛として時雨)、畠山健嗣(G / H MOUNTAINS)、tatsu(B / LA-PPISCH)、奥野真哉(Key / ソウル・フラワー・ユニオン)。大森靖子のバンド編成には欠かせない面々が紡ぎだすパワフルでダイナミックな演奏は一見の価値がある。

10月7日に発売される『▼爆裂!ナナちゃんとイくラブラブ洗脳ツアー▼〜ノスタルジック 中野サンプラザ〜』は、メジャー1stアルバム『洗脳』からはもちろん、過去の人気曲も含めた、全28曲を収録。DVD商品に加え、高画質・高音質で楽しめるBlu-rayの形態も用意されてる。

またジャケットには本秀康の書き下ろしイラストを使用。両形態とも「本秀康イラスト/ライブ写真両A面特大ポスター」が封入され、Blu-ray限定特典として「さっちゃんのセクシーカレー」と「マジックミラー」の弾き語り映像が収録されている。

※▼はハートマークが正式表記

■『▼爆裂!ナナちゃんとイくラブラブ洗脳ツアー▼〜ノスタルジック 中野サンプラザ〜』ダイジェスト
https://youtu.be/q0fnpnV39B8

■DVD&Blu-ray『▼爆裂!ナナちゃんとイくラブラブ洗脳ツアー▼〜ノスタルジック 中野サンプラザ〜』

2015年10月7日発売
【DVD】
AVBD-92250/¥5,940+税
【Blu-ray】
AVXD-92252/¥6,696+税
<収録内容>
01. PINK
02. 秘めごと
03. 夏果て
04. デートはやめよう
05. 魔法が使えないなら
06. 絶対絶望絶好調
07. きゅるきゅる
08. イミテーションガール
09. ノスタルジックJ-pop
10. あまい
11. エンドレスダンス
12. 子供じゃないもん17
13. 君と映画
14. おまけ▼〜スーパーフリーポップ〜
15. KITTY\'S BLUES
16. キラキラ
17. 歌謡曲
18. さようなら
19. 呪いは水色
20. 絶対彼女
21. 少女3号
22. あたし天使の堪忍袋
23. 春の公園
24. 焼肉デート
25. 新宿
26. 音楽を捨てよ、そして音楽へ
〜アンコール〜
27. マジックミラー
28. ミッドナイト清純異性交遊
■Blu-ray 限定特典映像
01.さっちゃんのセクシーカレー(弾き語り)
02.マジックミラー(弾き語り)

【関連リンク】
大森靖子 オフィシャルHP
大森靖子がメジャーデビュー1周年&生誕祭イベントを開催
大森靖子、ニューシングルがアニメ『食戟のソーマ』のエンディング曲に決定
大森靖子、新宿ホコ天でゲリラ撮影したニュービジュアル公開

【関連アーティスト】
大森靖子
【ジャンル】
J-POP

家入レオ、『東北ドリームコレクション2015』で熱唱
Sun, 27 Sep 2015 15:30:00 +0900
9月26日(土)@「東北ドリームコレクション 2015」 (okmusic UP\'s)

家入レオが9月26日に仙台で行われた『東北ドリームコレクション 2015』に出演し、東北の地で初めて「君がくれた夏」を披露! 10代女子で埋め尽くされた会場からは、熱い声援が飛び交った。

【その他の画像】家入レオ

『東北ドリームコレクション』は、“主役は東北のすべての女子たち”をコンセプトにスタートした“FOR THE GIRLS”プロジェクトのメインコンテンツとして開催される東北最大級のファッション&エンターテイメントの一大イベント。イベントは、11時30分からの“Balloon Stage”と17時からの"Dream Stage”の2回に分けて開催され、家入は両方のステージでのライブ出演となった。

この日は、両ステージでそれぞれ2曲を披露。ライブを告げるオープニング映像で最新シングル「君がくれた夏」のMVが流れると早くも会場から歓声があがるなか、ロングシャツの上にレザージャケット、ハットを被ったスタイルの家入がステージに登場。1曲目は、初めてのドラマ主題歌となったセカンドシングル「Shine」を披露。ステージ中央に設置されたランウェイを歩きながら、会場の2階席、3階席にも手を振りながら響かせる力強い歌声に会場は一気にヒートアップ。歌い終え、ステージ中央に戻った家入が「東北のみなさん、こんばんは家入レオです。今日は女の子のイベントということで、たくさんのモデルさんたちやいろんなファッションに囲まれて、とても新鮮な気持ちで歌わせてもらいましたが、楽しいことって心が一つになれるので、今日は短い時間ですけど、楽しんでください!」とMC。

そして、「次の曲は、ドラマ『恋仲』の」とMCをはじめると、会場からは歓声と拍手があがり驚く家入だったが、拍手が鳴りやまないなか「この曲は、いつの日か"また明日ね”が"また今度ね”に代わっていく切なさをギュッと込めた曲です。季節は秋になってきましたが、みなさん1人1人の夏の思い出に重ねて聴いてもらえると嬉しいです」と、大ヒット中の主題歌「君がくれた夏」を披露。ステージ中央で感情をふり絞った歌声に会場はシンと静まり、曲が終わると満場の拍手と歓声が湧きあがった。

「君がくれた夏」は発売後、iTunes、レコチョクほか、10を超える配信サイトでウィークリー1位を記録し、iTunesでは現在もTOP5に入り続けるなど、いぜんヒット中。今月14日のドラマ最終回を受けて急遽配信となった、ドラマ劇中でも使用された別バージョン「君がくれた夏 (Piano Version)」も発売週末にはiTunesの総合シングルチャートでTOP5に入り込み、オリジナルと共にTOP5に2曲ランクインを果たした。また、人気カラオケDAMのカラオケ週間ランキング(9/13〜9/19)でも総合部門で1位を獲得し、YouTubeで公開中の「君がくれた夏」のMVも現在900万回を超える再生数を記録するなど、まだまだこの勢いは続きそうだ。

今夏はシングルのリリースや全国各地の夏フェスやイベントへの出演など精力的に活動した家入だが、10月からは学園祭ツアーもスタート。10月11日の獨協医科大学を皮切りに多数の学園祭ライブを開催する。また、9月30日に最新シングル「君がくれた夏」を含む、全20曲を掲載したオフィシャルのフォト&ギターソングブック(全曲タブ譜つき)が発売。詳細はオフィシャルHPまで。

■配信シングル「君がくれた夏 (Piano Version)」

iTunes Store、レコチョクほか、主要配信サイトにて配信中!
■iTunes Store
https://itunes.apple.com/jp/album/id1036196558?app=itunes&ls=1
■レコチョク
http://recochoku.jp/song/S1002116528/
■mora ※ハイレゾ音源も配信中
http://mora.jp/package/43000005/VE5HD-19589_F/

【関連リンク】
家入レオ オフィシャルHP
家入レオの「君がくれた夏」がJVC初ハイレゾヘッドホンキャンペーンソングに決定
家入レオ、ドラマ『恋仲』主題歌「君がくれた夏」ピアノバージョン配信決定
家入レオ、名阪リリース記念イベントに約5,000人が集結

【関連アーティスト】
家入レオ
【ジャンル】
J-POP, イベント

UPLIFT SPICE、THE MUSMUSに改名して再始動
Sun, 27 Sep 2015 15:00:00 +0900
THE MUSMUS (okmusic UP\'s)

The Used、Saosin、Finchら海外アーティストとの共演、2度のヨーロッパツアーも成功させるなど、勢力的に活動をしていたUPLIFT SPICE。2014年9月27日より活動休止していた彼らが、THE MUSMUS(ザ・ムスムス) に改名して活動再開することがわかった。

【その他の画像】UPLIFT SPICE

新メンバーの加入により多彩なサウンドに磨きをかけ、12月2日には早くも1stミニアルバムをリリースし、その2週間後の12月17日には初ワンマンライヴを行う。

■ミニアルバム『PROLOGUE』

2015年12月02日発売
GUDY-2018/¥1,800+税
<収録曲>
01. BAPTISMA
02. バイナリ
03. SILENT FINALE
04. アネモネの庭
05. MASS HYSTERIA
06. X-DAY
07. ユリシス

■「バイナリ」Trailer (UPLIFT SPICE → THE MUSMUS)
https://youtu.be/2L_W2WPFG3U

■【ライブ情報】

12月17日(木) 東京 渋谷TSUTAYA O-Crest

【関連リンク】
THE MUSMUS オフィシャルHP
HaKU、秋の全国ツアーを彩る強力対バンゲスト発表 
「関ジャム」で山崎まさよしの奇行発覚?BREAKERS密着レポ、新企画に又吉
星野源、新曲「Week End」が『めざましどようび』 新テーマソングに

【関連アーティスト】
UPLIFT SPICE, THE MUSMUS
【ジャンル】
ジャパニーズロック

ミソッカス、2016年も自身主催「ミソフェス」を開催
Sun, 27 Sep 2015 14:00:00 +0900
ミソッカス (okmusic UP\'s)

10月21日に1stミニアルバム『反逆の♭m7(フラットマイナーセブンス)』をリリースするミソッカスが、9月25日に行なわれた東名阪ワンマンツアーのファイナル公演にて、2016年1月10日に主催イベント「ミソフェス2016」を開催することを発表した。

【その他の画像】ミソッカス

“フェスに呼ばれないのなら自分たちでフェスをやろう”ということでスタートした「ミソフェス」は今回3回目の開催となる。第1回は2014年1月に名古屋Electric LadyLandにてTHE ORAL CIGARETTESや04 Limited Sazabysらを迎え開催され、今年5月に開催された2回目となる"ミソフェス2015"は、Electric LadyLand、ell.FITSALL、ell.SIZEと3会場に増え、ゴールデンウィークで各地で大型フェスが開催される中、28組のアーテイストが出演し、大盛況となった。

3回目となる「ミソフェス2016」はDIAMOND HALL、SPADE BOX、APOLLO BASE、CLUB ROCK\'N\'ROLLの4会場に増え、さらにスケールアップしての開催となる。出演者などの詳細は追ってアナウンスされるので、続報を楽しみに待とう。

■『ミソフェス 2016』

【開催日】
2016年1月10日(日)
【会場】
DIAMOND HALL/SPADE BOX/APOLLO BASE/CLUB ROCK\'N\'ROLL
※行き来自由
【出演】
ミソッカス/...and more
【チケット】
■前売り
¥3,900(別途ドリンク代)
■一般発売
12月5日

【関連リンク】
ミソッカス オフィシャルHP
「9月よ、さようなら」というタイミングで聴きたい5曲
ミソッカス、『反逆の♭m7』ジャケ&“非ハンサムの心の叫びが詰まった”MV公開
ミソッカス、「ライジングレインボウ」MVは本格的な戦隊モノ!?

【関連アーティスト】
ミソッカス
【ジャンル】
ジャパニーズロック

Wienners、11月に復活第1弾シングル発売&全国ツアー開催を発表
Sun, 27 Sep 2015 13:00:00 +0900
Wienners (okmusic UP\'s)

新メンバーを迎え、数多くの大型野外フェスへの出演を果たすなど勢力的にライブ活動をスタートさせているWiennersが復活第1弾シングル「みずいろときいろ」を11月25日にリリースする事が明らかになった。

【その他の画像】Wienners

今作のリリースに加え「みずいろときいろ TOUR」と題した全国ツアーの開催も発表となった。ツアーファイナルは恵比寿LIQUIDROOMでワンマン公演が行なわれる。復活第1弾シングルには表題曲「みずいろときいろ」に加え、新メンバーのアサミサエ(Vo/Key/Sampler)がリードボーカルを担う「姫君バンケット」と玉屋2060%によるリミックスVerの全4曲が収録される。初回限定盤のDVDには9月25日に新代田FEVERにて開催された「NEW COMING TOUR 2015」のライブ映像が収録される模様。全国ツアーのライブ、チケットに関する詳細は後日オフィシャルホームページで発表となるのでバンドの復活、そして全国ツアーを心待ちにしていたファンは是非チェックして欲しい。尚、今作は04 Limited Sazabys、ミソッカス、など勢いのあるロックバンドが多数所属しているNo Big Deal Recordsからのリリースとなる。

更にアサミサエは10月7日にソロとして初の全国流通盤タワーレコード限定シングル「サヨナラグッバイ」を発売する。NAMBA69のミュージックビデオなどでも注目される松丸翔(Pmats9 studio)による切なく、ファンタジー感溢れるアニメーションも話題沸騰中。シングルには玉屋2060%による「サヨナラグッバイ」リミックスも収録されるので気になる方はこちらも是非チェックして欲しい。

■シングル「みずいろときいろ」

2015年11月25日(水)発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
NBDL-32/33/¥1,600+税
<収録曲>
■CD
1.みずいろときいろ 
2.姫君バンケット 
3.みずいろときいろ Remix 
4.姫君バンケット Remix
■DVD
NEW COMING TOUR 2015 ライブ映像

【通常盤】(CD)
NBDL-34/¥1,100+税
<収録曲>
1.みずいろときいろ 
2.姫君バンケット 
3.みずいろときいろ Remix 
4.姫君バンケット Remix

■【ライブ情報】

『Wienners presents NEW COMING TOUR 2015』
9月29日(火)  大阪府 梅田Shangri-La 
出演:Wienners / 忘れらんねえよ / never young beach
9月30日(水)  愛知県 池下CLUB UPSET 
出演:Wienners / ヒトリエ / SPARK!!SOUND!!SHOW!!

『Wienners presents みずいろときいろ TOUR』
12月17日(木)  北海道 札幌COLONY
12月19日(土)  宮城県 仙台PARK SQUARE
12月20日(日)  山形県 酒田hope
12月21日(月)  新潟県 GOLDEN PIGS BLACK STAGE
<2016年>
1月08日(金)  広島県 SECOND CLUTCH(※ナミキジャンクション)
1月09日(土)  鳥取県 米子AZTiC laughs
1月11日(月・祝)  福岡県 Quebrick
1月15日(金)  愛知県 池下CLUB UPSET
1月17日(日)  大阪府 梅田Shangri-La
1月24日(日)  東京都 恵比寿LIQUIDROOM(ツアーファイナル)

【関連リンク】
Wienners オフィシャルHP
Wiennersが新メンバーを迎えた初の東名阪ツアー、東京公演にSpecialThanks出演決定
Wiennersの東名阪ツアーに、cinema staff、忘れらんねえよ等が出演決定
Wienners、新メンバーを迎えて初となる東名阪ツアーが決定

【関連アーティスト】
Wienners
【ジャンル】
ジャパニーズロック

palet、普及活動で1万枚のチラシ配りに挑戦!?
Sun, 27 Sep 2015 12:00:00 +0900
9月25日@池袋サンシャインシティ噴水広場 (okmusic UP\'s)

paletが新体制初のシングル「All for One」のリリースを記念して、9月25日に池袋サンシャインシティ噴水広場でイベントを開催! 新曲「All for One」など8曲を披露した。

【その他の画像】palet

さらに今作のリリースに合わせて、メンバーそれぞれがpaletの名前を広めるべく宣伝活動を行うという「6つの挑戦」と題した企画を実施しており、ステージではその結果発表も行われた。

井草里桜菜は“芸能界の先輩100人にご挨拶”に挑戦し、51人の先輩との挨拶を達成。渡邊真由は名刺6666枚の配布にチャレンジし、約900枚の名刺を配布。 武田紗季は全国47都道府県のCDショップに自作のPOPとチラシを設置することのに挑んで見事成功。中野佑美はニコ生のチャンネルお気に入り登録数6666人という課題で、890人がお気に入り登録した。

また、藤本結衣は“ラジオ・TVのレギュラー獲得”に対し、ラジオ日本、FM滋賀で1ヶ月限定のレギュラーを獲得。そして平口みゆきは自転車でチラシ66666枚配布という目標のところ、約15000枚のチラシを配布した。

結果、目標を達成できたのは藤本、武田の2名のみだったが、挑戦の過程でメンバーそれぞれが得たものは今後の大きな糧になりそうだ。

なお、今後さらに上を目指していくために、10月4日にはメンバー全員で1万枚のチラシ配りを行うことも発表された。都内各所でメンバーがチラシを配布するという。

年末に開催が発表されている赤坂BLITZでのワンマンライヴに向けて飛躍を目指す6人から目が離せない。

【関連リンク】
palet オフィシャルHP
palet、ツアーファイナルにて年末に赤坂BLITZでのワンマンライブ開催を発表
palet、3周年ライブDVDのジャケット&収録内容を公開
pallet、6thシングル「All for One」のジャケットを公開

【関連アーティスト】
palet
【ジャンル】
女性アイドル, イベント

サカナクション、「新宝島」MV&全国ツアーティザー映像公開
Sun, 27 Sep 2015 11:00:00 +0900
サカナクション (okmusic UP\'s)

サカナクションが9月30日にリリースするニューシングル「新宝島」のMVがYouTubeで公開された。

【その他の画像】サカナクション

今作は、昭和の歌番組やバラエティ番組をオマージュしたレトロ感あふれるセットや仕掛けが象徴的な、超ド派手MV。すでにGYAO!でも配信され、大きな話題を呼んでいる。

また、「新宝島」の公開に合わせて、過去に発表されたMVが改めてNF Records YouTube Channelに一挙公開! これまでYouTube未公開だった「ドキュメント」や「montage」などのMVも初公開となった。

さらに、10月3日からスタートする全国ツアーのティザー映像も解禁された。リハーサル風景やツアーで披露されるであろう大規模な演出のテスト風景の一部が垣間見え、ツアーへの期待感も高まる内容となっている。

■「新宝島」 MV
https://youtu.be/LIlZCmETvsY

■『SAKANAQUARIUM2015-2016』ティザー映像
https://youtu.be/mjWTCFIhKEg

■シングル「新宝島」

2015年9月30日発売
【豪華初回限定盤(映画「バクマン。」BOX) 】(2CD+DVD)
VIZL-885/¥3,000+税
【初回限定盤】(CD+DVD)
VIZL-886/¥1,800+税
【通常盤】(CD)
VICL-37102/¥1,200+税
<収録曲>
■CD1
1.新宝島   
2.「聴きたかったダンスミュージック、リキッドルームに」
3.インナーワールド(AOKI takamasa Remix)
4.新宝島(instrumental)
■CD2
MOTION MUSIC OF BAKUMAN。
■DVD
映画「バクマン。」タイアップ企画映像作品
1.新宝島 カラオケ映像
2.新宝島 カラオケメイキング映像
3 .カラオケボックストークセッション
「バクマン。」映画音楽制作を振り返る江島啓一、 岩寺基晴、岡崎英美によるカラオケ&トーク
※特典:新宝島 カラオケ映像 (歌入りバージョン)

※CD1収録曲は豪華初回限定盤、初回限定盤、通常盤共通
※DVD収録内容は豪華初回限定盤、初回限定盤共通
※豪華初回限定盤のみ特殊パッケージ仕様
全国ツアー追加公演WEB先行予約抽選予約シリアルナンバー封入
・受付期間:2015年9月30日(水)12:00〜2015年10月12日(月)23:59

《チェーン先着購入特典対象店舗》
■オリジナルA4クリアファイル
・タワーレコード全国各店/タワーオンライン
・TSUTAYA RECORDS セルCD取り扱い店/TSUTAYAオンラインショッピング
※一部取扱いの無い店舗もございます。
※TSUTAYAオンラインショッピングでの特典提供はご予約分のみ対象です。
・HMV全国各店/HMV ONLINE/Loppi
・音楽処
・玉光堂全店
コケEC、一部店舗除く
・コーチャンフォーグループ(リラィアブル)
※対象は北海道店舗のみ

■『SAKANAQUARIUM2015-2016』

10月03日 (土) 北海道 北海道立総合体育センター 北海きたえーる
10月07日 (水) 愛知 日本ガイシホール
10月08日 (木) 愛知 日本ガイシホール
10月17日 (土) 大阪 大阪城ホール
10月18日 (日) 大阪 大阪城ホール
10月26日 (月) 東京 日本武道館
10月27日 (火) 東京 日本武道館
11月13日 (金) 福岡 福岡サンパレス
11月14日 (土) 福岡 福岡サンパレス
11月21日 (土) 北海道 小樽市民会館
11月23日 (月・祝) 北海道 函館市民会館 大ホール
11月28日 (土) 岡山 倉敷市民会館
11月29日 (日) 広島 広島文化学園HBGホール(広島市文化交流会館)
12月04日 (金) 愛媛 松山市民会館 大ホール
12月06日 (日) 香川 サンポートホール高松 大ホール
12月13日 (日) 滋賀 びわ湖ホール 大ホール
12月19日 (土) 石川 本多の森のホール
12月20日 (日) 新潟 新潟県民会館
<2016年>
1月10日 (日) 宮城 仙台サンプラザホール
1月11日 (月・祝) 宮城 仙台サンプラザホール
1月16日 (土) 福島 郡山市民文化センター 大ホール
1月17日 (日) 岩手 盛岡市民文化ホール  大ホール
1月29日 (金) 長崎 ブリックホール 大ホール
1月31日 (日) 鹿児島 鹿児島市民文化ホール第一
■追加公演
2月02日 (火)  愛知 名古屋国際会議場センチュリーホール
2月11日 (木)  沖縄 コンベンション劇場
2月24日 (水)  東京 東京国際フォーラム ホールA
2月27日 (土)  大阪オリックス劇場
2月28日 (日)  大阪オリックス劇場
3月01日 (火)  神奈川神奈川県民ホール
3月04日 (金)  北海道札幌ニトリ文化ホール
3月05日 (土)  北海道札幌ニトリ文化ホール

【関連リンク】
サカナクション オフィシャルHP
サカナクション、新曲MVはレトロでド派手な仕上がりに!
サカナクション、映画『バクマン。』監督とタッグを組んだ“悪ノリ”カラオケ映像を公開!?
サカナクション、「新宝島」初回限定盤DVD&『バクマン。』BOXの全容解禁

【関連アーティスト】
サカナクション
【ジャンル】
ジャパニーズロック













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1