歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2015年09月23日)
バックナンバー
最新ニュース
2015/10/02
2015/10/01
2015/09/30
2015/09/29
2015/09/28
2015/09/27
2015/09/26
2015/09/25
2015/09/24
2015/09/23
2015/09/22
2015/09/21
2015/09/20
2015/09/19
2015/09/18
2015/09/17
2015/09/16
2015/09/15
2015/09/14
2015/09/13
2015/09/12
2015/09/11
2015/09/10
2015/09/09
2015/09/08
2015/09/07
2015/09/06
2015/09/05
2015/09/04
2015/09/03
2015/09/02
2015/09/01
2015/08/31
2015/08/30
2015/08/29
2015/08/28
2015/08/27
2015/08/26
2015/08/25
2015/08/24
2015/08/23
2015/08/22
2015/08/21
2015/08/20
2015/08/19
2015/08/18
2015/08/17
2015/08/16
2015/08/15
2015/08/14
2015/08/13
2015/08/12
2015/08/11
2015/08/10
2015/08/09
2015/08/08
2015/08/07
2015/08/06
2015/08/05
2015/08/04
2015/08/03
2015/08/02
2015/08/01
2015/07/31
2015/07/30
2015/07/29
2015/07/28
2015/07/27
2015/07/26
2015/07/25
2015/07/24
2015/07/23
2015/07/22
2015/07/21
2015/07/20
2015/07/19
2015/07/18
2015/07/17
2015/07/16
2015/07/15
2015/07/14
2015/07/13
2015/07/12
2015/07/11
2015/07/10
2015/07/09
2015/07/08
2015/07/07
2015/07/06
2015/07/05
2015/07/04
2015/07/03
2015/07/02
2015/07/01
2015/06/30
2015/06/29
2015/06/28
2015/06/27
2015/06/26
2015/06/25
2015/06/24
2015/06/23
2015/06/22
2015/06/21
2015/06/20
2015/06/19
2015/06/18
2015/06/17
2015/06/16
2015/06/15
2015/06/14
2015/06/13
2015/06/12
2015/06/11
2015/06/10
2015/06/09
2015/06/08
2015/06/07
2015/06/06
2015/06/05
2015/06/04
2015/06/03
2015/06/02
2015/06/01
2015/05/31
2015/05/30
2015/05/29
2015/05/28
2015/05/27
2015/05/26
2015/05/25
2015/05/24
2015/05/23
2015/05/22
2015/05/21
2015/05/20
2015/05/19
2015/05/18
2015/05/17
2015/05/16
2015/05/15
2015/05/14
2015/05/13
2015/05/12
2015/05/11
2015/05/10
2015/05/09
2015/05/08
2015/05/07
2015/05/06
2015/05/05
2015/05/04
2015/05/03
2015/05/02
2015/05/01
2015/04/30
2015/04/29
2015/04/28
2015/04/27
2015/04/26
2015/04/25
2015/04/24
2015/04/23
2015/04/22
2015/04/21
2015/04/20
2015/04/19
2015/04/18
2015/04/17
2015/04/16
2015/04/15
2015/04/14
2015/04/13
2015/04/12
2015/04/11
2015/04/10
2015/04/09
2015/04/08
2015/04/07
2015/04/06
2015/04/05
2015/04/04
2015/04/03
2015/04/02
2015/04/01
2015/03/31
2015/03/30
2015/03/29
2015/03/28
2015/03/27
2015/03/26
2015/03/25
2015/03/24
2015/03/23
2015/03/22
2015/03/21
2015/03/20
2015/03/19
2015/03/18
2015/03/17
2015/03/16
2015/03/15
2015/03/14
2015/03/13
2015/03/12
2015/03/11
2015/03/10
2015/03/09
2015/03/08
2015/03/07
2015/03/06
2015/03/05
2015/03/04
2015/03/03
2015/03/02
2015/03/01
2015/02/28
2015/02/27
2015/02/26
2015/02/25
2015/02/24
2015/02/23
2015/02/22
2015/02/21
2015/02/20
2015/02/19
2015/02/18
2015/02/17
2015/02/16
2015/02/15
2015/02/14
2015/02/13
2015/02/12
2015/02/11
2015/02/10
2015/02/09
2015/02/08
2015/02/07
2015/02/06
2015/02/05
2015/02/04
2015/02/03
2015/02/02
2015/02/01
2015/01/31
2015/01/30
2015/01/29
2015/01/28
2015/01/27
2015/01/26
2015/01/25
2015/01/24
2015/01/23
2015/01/22
2015/01/21
2015/01/20
2015/01/19
2015/01/18
2015/01/17
2015/01/16
2015/01/15
2015/01/14
2015/01/13
2015/01/12
2015/01/11
2015/01/10
2015/01/09
2015/01/08
2015/01/07
2015/01/06
2015/01/05
2015/01/04
2015/01/03
2015/01/02
2015/01/01
2014/12/31
2014/12/30
2014/12/29
2014/12/28
2014/12/27
2014/12/26
2014/12/25
2014/12/24
2014/12/23
2014/12/22
2014/12/21
2014/12/20
2014/12/19
2014/12/18
2014/12/17
2014/12/16
2014/12/15
2014/12/14
2014/12/13
2014/12/12
2014/12/11
2014/12/10
2014/12/09
2014/12/08
2014/12/07
2014/12/06
2014/12/05
2014/12/04
2014/12/03
2014/12/02
2014/12/01
2014/11/30
2014/11/29
2014/11/28
2014/11/27
2014/11/26
2014/11/25
2014/11/24
2014/11/23
2014/11/22
2014/11/21
2014/11/20
2014/11/19
2014/11/18
2014/11/17
2014/11/16
2014/11/15
2014/11/14
2014/11/13
2014/11/12
2014/11/11
2014/11/10
2014/11/09
2014/11/08
2014/11/07
2014/11/06
2014/11/05
2014/11/04
2014/11/03
2014/11/02
2014/11/01
2014/10/31
2014/10/30
2014/10/29
2014/10/28
2014/10/27
2014/10/26
2014/10/25
2014/10/24
2014/10/23
2014/10/22
2014/10/21
2014/10/20
2014/10/19
2014/10/18
2014/10/17
2014/10/16
2014/10/15
2014/10/14
2014/10/13
2014/10/12
2014/10/11
2014/10/10
2014/10/09
2014/10/08
2014/10/07
2014/10/06
2014/10/05
2014/10/04
2014/10/03
2014/10/02
2014/10/01
「SHIGA IDOLCOLLECTION」がクリスマスイベントを開催!
Wed, 23 Sep 2015 19:00:00 +0900
「SHIGA IDOLCOLLECTION」 (okmusic UP\'s)

e-radio(FM滋賀)の番組『charge!(月〜木 15:00-19:00)』内の人気コーナー「アイドル玉手箱」から生まれた、今回で4回目を迎える「SHIGA IDOLCOLLECTION」が、e-radio 開局20周年キックオフイベントとして、12月23日(水)に大阪なんばハッチで開催されることがわかった。

【その他の画像】風男塾

第1〜3回では、東京女子流、Dorothy Little Happy、Cheeky Parade、Juice=Juice、ミライスカートといった豪華なメンバーを集めたこのイベント。今回のラインナップ第1弾発表では、風男塾、カントリー・ガールズの出演が決定した。この後もどんどん解禁されていく予定だ。

また、番組パーソナリティーのDJキナコとアイドルの絡みも見ものとなっている。クリスマスイブ前夜の12月23日(水)は、大阪なんばハッチでアイドルの共演を楽しもう!

■「e-radio 20th Anniversary SHIGA IDOL COLLECTION〜2015 X\'mas Special〜」

12月23日(水) 大阪 なんばHatch
開場14:00 / 開演15:00(予定)
【出演】風男塾、カントリー・ガールズ 他
【MC】KINAKO(『charge!』水曜日パーソナリティー)
【チケット発売】10月17日(土)各プレイガイド一般発売開始。先行発売はオフィシャルサイトをチェック!
【チケット料金】前売り5,000円 (税込) 当日5,500円(税込)
全自由 ドリンク代¥500円必要
※3歳以上有料、出演アーティストは変更になる場合あり。
http://www.e-radio.co.jp/

【関連リンク】
魔界少女拳が次々と倒れたライヴショー、次はどうなる!?
風男塾、THE ポッシボー、Chu-Z など人気アイドルユニット全8組が参戦! 冬のアイドルフェス「Japan Idol Festival 2015」第2弾出演者発表! 
風男塾が女性限定イベント「風執事の会」で演劇を初披露!
日本サッカー応援コンピレーションアルバム『ULTRAS2014』に豪華アーティストが参加

【関連アーティスト】
風男塾
【ジャンル】
J-POP, 女性アイドル, イベント

SPYAIR、今夜の『SCHOOL OF LOCK!』で新曲初オンエア
Wed, 23 Sep 2015 18:00:00 +0900
シングル「アイム・ア・ビリーバー」 (okmusic UP\'s)

10月より放送開始となるTVアニメ『ハイキュー!! セカンドシーズン』(MBS、TOKYO MX、CBC、BS11ほかで放送)のオープニングテーマに決定した、SPYAIRのニューシングル「アイム・ア・ビリーバー」(10月21日リリース)。そのタイトル曲が、9月23日(水)22:00から放送のTOKYO FM/JFN『SCHOOL OF LOCK!』で初オンエアされることが決定した。

【その他の画像】SPYAIR

SPYAIRが『ハイキュー!!』のオープニングテーマを担当するのは、ファーストシーズンの「イマジネーション」(2014年4月30日発売)に続いて2作目。疾走感あふれるリフ、突き抜けるようなさわやかなメロディーに乗せ、《自分自身を信じて、次の自分の進むべき道は、自分で切り開いていく》と歌う、SPYAIRらしさ全開のポジティブなメッセージと、『ハイキュー!!』の世界観とがオーバーラップする会心作となっている。

そして、「アイム・ア・ビリーバー」の通常盤ジャケットも公開となった。ブルーを基調とした躍動感あふれるデザインは、この楽曲を見事に表現している。なお、期間限定盤は『ハイキュー!!』描き下ろしアニメ絵柄コミック風ジャケットに決定。近日公開が予定されている。

12月には、SPYAIR初の2大アリーナツアーも決定。12月13日(日)に愛知・日本ガイシホール、12月22日(火)にさいたまスーパーアリーナで開催される。

■TOKYO FM/JFN『SCHOOL OF LOCK!』
9月23日(水)22:00〜23:55
http://www.tfm.co.jp/lock/index.html

■シングル「アイム・ア・ビリーバー」

2015年10月21日発売
【期間限定通常盤】
AICL-2996/¥1,111+税
※『ハイキュー!!』描き下ろしアニメ絵柄 コミック風ジャケット
【通常盤】
AICL-2997/¥926+税
<収録曲>
01.アイム・ア・ビリーバー
02.イマジネーション(Live at FUJI-Q HIGHLAND 2015.8.8)
03.アイム・ア・ビリーバー(inst.)

■ライヴ情報

12月13日(日) 愛知 名古屋 日本ガイシホール
12月22日(火) 埼玉 さいたまスーパーアリーナ

【関連リンク】
SPYAIR オフィシャルHP
<肉ロックフェス2015>ライブはいいから肉を食わせろ!出演アーティストから腹ペココメント到着
SPYAIR、TVアニメ「ハイキュー!! セカンドシーズン」オープニングテーマを担当
SPYAIR、1万人野外ライブ『JUST LIKE THIS 2015』が大盛況

【関連アーティスト】
SPYAIR
【ジャンル】
ジャパニーズロック, アニメ, テレビ(番組/CM)

シーナ&ロケッツの名を一躍、有名にした名盤『真空パック』
Wed, 23 Sep 2015 18:00:00 +0900
SHEENA & THE ROKKETS『真空パック』のジャケット写真 (okmusic UP\'s)

2015年の2月14日に永眠したシーナ。結果、最後の作品となってしまった2014年にリリースされたシーナ&ロケッツ通算18枚目のアルバム『ROKKET RIDE』には最高にポップで尖ったロックンロールが詰まっていた。そんなシーナ&ロケッツの名盤を選ぶに当たって『真空パック』にするか、1981年にリリースされた『Pin-up baby blues』にするか迷ったが、人気がブレイクするきっかけになったヒットシングル「YOU MAY DREAM」は今、聴いてもキュンとせずにはいられない永遠のポップチューンということで、2ndアルバム『真空パック』を紹介しよう。YMOの細野晴臣がプロデュースを手がけ、坂本龍一、高橋幸宏も参加している本作はパンク、ブルースをルーツとするシーナ&ロケッツとニューウェイヴ、テクノのミラクルな融合。時代の空気を強烈に感じさせるアルバムでもあり、“真空パック”というタイトルからして新鮮で、当時、めちゃめちゃロックンロールだと感じた。しかも、サンハウスのギタリストとして有名だった鮎川誠とシーナは華やかでクールな存在、パフォーマンス、発言からしてロックそのもの。このふたりが並んでステージに立てば向かうところ敵なしぐらいのオーラを放っていた。

■シーナと鮎川誠のコンビネーションは無敵

 時代はシナロケ以前にさかのぼるが、初めて鮎川誠というギタリストを観たのはラジオでもなくTVでもなく、ライヴだった。日比谷野外大音楽堂で開催されたロックフェスにサンハウスが出演し、雑誌でしか見たことがなかったバンドを初めて目の当たりにしたのだ。“菊”こと柴山俊之のグラマラスな衣装とメイク、ステージングも強烈だったが、鮎川誠はひとことで言うと“この人、日本のミュージシャン?”と思ったぐらいオシャレであった。当時の日本のロックシーンは飾り気のない格好をした人たちのほうが圧倒的に多かったが、その時の鮎川誠のファッションはタイトな黒のレザーの上下のスーツに白いシャツ、細いネクタイ(と記憶している)。まるでエルヴィス・コステロみたいだなと思った(実際、シーナ&ロケッツ結成後にコステロ来日公演のオープニングアクトを務めた)。長身でレスポールをかき鳴らす姿が外タレみたいだったのである。

 そんな鮎川誠がキュートでセクシーでバービー人形みたいなシーナと出会って結婚し、シーナ&ロケッツを結成したのはなんだか、出来すぎた物語のようである。ふたりはロックンロール、パンクのツボが何であるか最初から知り尽くしていた。小手先のテクニックより、大事なのは“ジャーン”とギターをかき鳴らしたその瞬間、シャウトしたその瞬間に心を震わせられるかどうか。

 結成当初のオリジナルメンバーはシーナ、鮎川誠、奈良敏博(Ba)、川嶋一秀(Dr)。のちに九州出身のロックバンドは“めんたいロック”と呼ばれ、注目を集めることになるが、ルースターズやロッカーズにも影響を与えたであろうカミソリのようにキレのいいビート、生活感のないモダンなロックンロールは日本のシーンの中では明らかに“新種”だったと思う。そんなシーナ&ロケッツの音楽とYMOが交わったという意味で、『真空パック』はあの時代の事件だったのではないだろうか。

■アルバム『真空パック』

 YMOが所属していた先鋭的なレコード会社、アルファレコードから細野晴臣をプロデューサーに迎えて制作した2ndアルバム。柴山俊之が作詞を手がけ、曲を鮎川誠と細野晴臣が共作、細野晴臣がアレンジを担当したシングル「YOU MAY DREAM」はJALのCMソングに起用され、約20万枚のヒットを記録。シーナ&ロケッツの名前を一躍、有名にした。イギー・ポップへのオマージュ的な「OMAEGA HOSII」やジェームズ・ブラウンのカヴァー、「I Got You ,I Feel Good」、鮎川誠がヴォーカルをとるパンクチューン「STIFF LIPS」、シーナのやさぐれたヴォーカルとギターの音が最高にカッコ良いキンクスのカバー「You Really Got Me」などライヴ感たっぷりのナンバーも収録され、スリリングでキレッキレのシーナ&ロケッツの演奏が真空パックされている。と同時に甘酸っぱいメロディーと歌詞にキュンとさせられる「YOU MAY DREAM」やニューウェイヴなアレンジが施された(ザ・カーズにも通じるものがある)「LAZY CRAZY BLUES」、やはり80年代ポップの匂いがする「MOONLIGHT DANCE」が聴けるのが本作の魅力。シーナのワイルドサイドと乙女サイドが両方、引き出されている。ちなみに鮎川誠がヴォーカルをとる「Radio Junk」はクリス・モズデル(YMOや山下達郎などに詞を提供したイギリスの詩人)と高橋幸宏によるナンバーで、坂本龍一、高橋幸宏もレコーディングに参加。ジャンルは違えど、シナロケもYMOもモダンなセンスは共通している。結果、ロックでキッチュでチャーミングなアルバムに仕上がった『真空パック』は日本のロック史に残る一枚だと思う。

【関連アーティスト】
鮎川誠, SHEENA & THE ROKKETS
【ジャンル】


RYO from ORANGE RANGE、リリパで「夏だぜジョニー」をセルフカバー
Wed, 23 Sep 2015 17:00:00 +0900
9月19日@代官山UNIT (okmusic UP\'s)

1stソロアルバム『DELIGHT』をリリースしたばかりのRYO from ORANGE RANGEが9月19日、代官山UNITにてリリースパーティ『RYO from ORANGE RANGE "DELIGHT” RELEASE PARTY』を開催した。


【その他の画像】果山サキ

この日のライヴでは、ISEKI、N.O.B.U!!!、果山サキ、Kina & Kalaniの全フィーチャリングアーティストが駆けつけ、それぞれのコラボ楽曲を初披露。人気アイドル私立恵比寿中学に楽曲提供した「夏だぜジョニー」セルフカバー(初披露)や、RYOのラップが冴えるパーティーチューン「GLAMOROUS RIDDIM」など、アルバム収録曲を中心にパフォーマンス。途中、DJタイムでは大蔵 from ケツメイシ、盟友DJ KEINも登場し、フロアを沸かせた。

また、10月に誕生日を迎えるRYOに、1stソロアルバムの誕生とあわせて一足早く出演者からケーキでお祝いされるサプライズも。 RYOは「たくさんの仲間とファンのみんなに支えられてこの日が迎えられました。本当に感謝という気持ち。今日がスタートと思って頑張って行きたい。これからもよろしくお願いします」と、感謝と今後の意気込みをコメントした。

撮影:ray ichikawa

【関連リンク】
RYO from ORANGE RANGE オフィシャルHP
RYO from ORANGE RANGE、アルバム『DELIGHT』リリースパーティーの詳細を解禁
RYO from ORANGE RANGE、ニコ生特番でアルバム全曲試聴会決定&新曲「SHAKE IT」MV解禁
RYO from ORANGE RANGE、新曲「GLAMOROUS RIDDIM」MV解禁

【関連アーティスト】
果山サキ, ORANGE RANGE, KINA & KALANI, N.O.B.U!!!, RYO from ORANGE RANGE
【ジャンル】
ジャパニーズヒップホップ, ライブ

MACO、双子ダンスで話題の女子高生2人組“まこみな”とコラボ
Wed, 23 Sep 2015 16:00:00 +0900
MACO×まこみな (okmusic UP\'s)

シンガーソングライターMACOと、月間5億回再生、アプリDL数約400万を誇る人気の動画アプリ「ミックスチャンネル」などの双子ダンスで話題の女子高生2人組“まこみな”のコラボレーションが実現した。

【その他の画像】MACO

MACOの大ファンを公言しているまこみなが、ロングヒット中の配信シングル「ふたりずっと」の双子ダンスをミックスチャンネルにアップしたのを、以前から注目していたMACOがコラボレーションをオファーしたところ快諾。まこみな自ら企画・撮影・編集を担当した、かわいい口パク・ダンス動画“MACO「ふたりずっと」まこMACOみなバージョン”が完成した。まこみなのまるで双子のように息の合ったかわいい世界観の中にMACOが加わり、思わず、振り付けを真似したくなるような仕上がりとなった。

実際に撮影を終えたまこみなの2人は「ほんとに幸せで夢のような時間でした!私達、新曲でたらすぐ聴いて、CD出たらすぐ買うくらいMACOさんのファンでほんとMACOさんの曲を聴かない日はないくらい大好きなので、今日MACOさんと過ごした時間は一生忘れません!」とコメント。そしてMACOも「振付けを考えるのがすごいなって思いました!『ふたりずっと』に新たなキュートな見え方を作ってもらい、できあがったのを観て嬉しかったです。とってもかわいい2人ですが、映像に対するこだわりはすごくて、真剣に時間をかけて編集する姿をみて、感動しました」と語った。

「ふたりずっと」は、11月18日に発売されるMACO待望の1stフルアルバム『FIRST KISS』に収録される。

■MACO「ふたりずっと」配信中
・iTunesで購入
https://itunes.apple.com/jp/album/id1021998173?app=itunes
・レコチョクで購入
http://po.st/rekochokumaco

■MACO - ふたりずっと(まこMACOみなバージョン)
https://youtu.be/Ve3twaAP62k

■アルバム『FIRST KISS』

2015年11月04日発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
UICV-9143/¥3,333+税
【通常盤】(CD)
UICV-1058/¥2,593+税

■『MACO -FIRST KISS- PREMIUM LIVE』

12月12日(土) 東京 日本橋三井ホール
開場/開演: 17:00/18:00

【関連リンク】
MACO オフィシャルHP
MACO、1stフルアルバム『FIRST KISS』11月発売決定
MACO、「ふたりずっと」がレコチョクデイリー1位を記録!
MACO、自身のポップアップストアに来店&MV新Ver.解禁

【関連アーティスト】
MACO
【ジャンル】
J-POP

くるり主催「京都音楽博覧会2015」、大盛況のうちに終了!
Wed, 23 Sep 2015 15:00:00 +0900
9月20日(日)@「京都音楽博覧会2015 IN 梅小路公園」(くるり) (okmusic UP\'s)

2016年にバンド結成20周年を迎えるくるりが、9月20日(日)に「京都音楽博覧会2015 IN 梅小路公園」を開催した。

【その他の画像】木村カエラ

12:00。くるりの岸田繁(Vo&Gu)と佐藤征史(Ba)による開会宣言で始まった「京都音楽博覧会2015 IN 梅小路公園」。初回開催の2007年より大きな発展を遂げた梅小路公園は快晴に恵まれ、青空がどこまでも澄みわたる。岸田は現在産休中のファンファン(Trumpet、Key)から届いたメールのメッセージを読み上げ、開始に向けての決意を語った。

12:05。岸田が中学生の頃に所属していた空手部での練習中に常に口ずさんでいたという憧れのアーティスト、高野寛を呼び込んだ。その高野はヒットナンバー「虹の都」でスタート。弾き語りスタイルで演奏していく。さらに、ボブ・ディランの名曲に日本語で訳詞を付けた「時代は変わる」を演奏。さらに、くるりの「ワンダーフォーゲル」をカバーし、“音博でこの曲が演奏できて最高です”と語った。その後、「ベステンダンク」を弾き語り、最後は「確かな光」で締めくくった。

12:55。次はCosmo Sheldrake(コスモ・シェルドレイク)。ロンドンを拠点に活動する25歳のヴォーカリスト/マルチインストゥルメンタリスト/プロデューサーは、DJスタイルで登場。日常のあらゆる音をサンプリングして曲にしてしまうという天才音楽家だ。岸田が“最近の英米アーティストの中で最先端の越境的サウンド。にもかかわらず18世紀的なメロディーはまるで美味しい紅茶のよう。凄すぎて説明できませんが、きっと英米シーンは彼を中心に変わっていくことでしょう”と語っているとおり、その音楽、プレイごとにオーディエンスを完全に魅了していった。日本でも虜になった人が多い「Prefusify」や「Rich」などを披露した。

13:40。先日、最終発表となったばかりの木村カエラ。同イベントには3年ぶりの出演で、岸田とともにステージへ登場した。岸田がアコースティックギターを奏で、2人で木村の最新シングル「EGG」を弾き語りで演奏。そして、くるりの佐藤をはじめ、バンドメンバーである松本大樹(Gu)、野崎泰弘(P)、mabanua(Dr)を呼び込み、「Sun shower」をその日限りのスペシャルメンバーで聴かせると、そのまま「Butterfly」に流れ込む。演奏中に、BOBO(元くるりサポートDr)がタンバリンで突如乱入するハプニングもあり、会場は沸き上がり、大合唱も起こった。最後は映画の主題歌にもなったくるりの「奇跡」を、木村と岸田の2人で弾き語り披露。3年前のこのステージでも披露したナンバーを、木村も“くるりの曲の中でも大好きなナンバー”と語り、実に伸びやかなヴォーカルで歌い上げ、ステージを下りた。

14:25。2012年2月に川谷絵音を中心に結成された、indigo la Endが登場。メジャー1stアルバム収録の「心ふたつ」でライヴはスタート。川谷のヴォーカルとギターがメロディアスな世界を作り上げ、それをリズム隊がしっかりと支える中、演奏力の高さも窺える。そして、同アルバム収録の「幸せが溢れたら」を続けてプレイ。さらに、シングル「悲しくなる前に」のカップリング曲「夏夜のマジック」を披露し、最後は「素晴らしい世界」。川谷の切なくも力強いアカペラのみで歌われるというパフォーマンスで締めくくられた。

15:15。まだ日差しが強く照りつける中、ステージにはましまろが登場。真城めぐみ(Vo/ヒックスヴィル)、真島昌利(Gu&Vo/ザ・クロマニヨンズ)、中森泰弘(Gu&Vo/ヒックスヴィル)の3人で結成され、話題となっているバンドで、真城が歌う「体温」からスタート。続く「僕と山ちゃん」「公園」では、真島がリードヴォーカルを取る。デビューしたばかりのバンドとはいえ、その熟練の歌とプレイ、存在感に会場は圧倒される。最後は1stシングル曲「ガランとしてる」で魅了した。

15:55。続いて、八代亜紀の登場。ステージに上がるだけで、大歓声が起きる。ジャズアルバム『夜のアルバム』で世界デビューを果たし、世界の音楽チャートの上位を軒並みマークして話題になったが、そのジャズのスタンダードナンバーを続けざまに披露、観客を魅了していく。“日焼け止め塗るのを忘れた”と八代が語るくらい、西日はまだまだ強い。“でも、これって八代亜紀晴れ(やしろあきばれ)って言うのよね”と会場の笑いを誘うと、“そうだ、あれやってもいい?”と例のジェスチャーをして、1980年発表の代表曲「雨の慕情」のイントロが流れ出す。オーディエンス全員が、あの振り付けで大盛り上がり! 最後は10月28日にリリースするニューアルバムについて、アメリカ・メンフィスでの旅の話の中で素晴らしい音楽の街に出会ったと賞賛したことから、“日本にもそんな街を作りたいよね。そういう意味で言うと、くるりもいいじゃない。音博、ずっと続けてね”とエールを送り、最後は「舟唄」を見事なジャズアレンジで披露。圧巻のパフォーマンスだった。

16:55。続いて、現代ブラジル最注目のシンガーソングライターでいて、マルチ奏者、コンポーザーでもあるAntonio Loureiro(アントニオ・ロウレイロ)。この日のステージでは、グランドピアノ一台の弾き語りでライヴを展開していく。落ちる夕日にしっとりとピアノの旋律を融け合わせるとともに、グルーヴ感のあるピアノプレイでも魅せた。

17:55。夕日も落ち始めた頃、ワインレッドのお揃いのシャツで登場したくるりとライヴメンバー。岸田の“ただいま”という一声で始まったのは「Time」。岸田、佐藤、松本、野崎、mabanuaに加え、昨年の音博に初出場したトミ・レブレロ(バンドネオン)も参加した、最強の布陣だ。続いて「ブレーメン」を披露し、その後“いきなりですが、カバーをやります”と演奏したのは、岸田が在籍するサンフジンズの「パン屋さん」。さらに、“誰も知らん曲やろか”と、くるりの未発表曲2曲を初披露。岸田もMCで“八代さんも言っていたように、自分で自分の事を褒めるのは大事なこと。自分で褒めるの、何か嫌ですけど、この音博は褒めてあげたい。今日、来てくれたお客さん最高や”とこのイベントが継続できてきたことをオーディエンスとともに称え、9月16日にリリースしたばかりの「ふたつの世界」をスペシャルバージョンで披露した。ここで、一旦ドラムのmabanuaがステージを降り、Twitterで公募した選曲リクエストの中で希望が多かったという「真昼の人魚」を続ける。ドラムレスのチェンバーロックのようなスタイルで、また異質のグルーヴを生み出していく。そして、バンドネオン奏者であるトミ・レブレロのヴォーカルから「キャメル」に流れ込み、じっくりと聴き入るオーディエンス。続く「京都の大学生」では、ジャジーで異国情緒あふれる空気感を醸し出した。“このイベントも来年10回目、くるりも結成20周年を迎えますが、まだまだお祝いには早いぜ”と次の「Baby I Love You」「ペンギンさん」へ。岸田の“音博やってて良かった、くるりやってて良かった”という言葉から、「京都音楽博覧会」では恒例となっている「宿はなし」で、すべてのパフォーマンスを締めくくった。

さらに、今年は会場の梅小路公園と隣接する京都水族館とのコラボイベントとして、『「京都音楽博覧会 presents Quruli aQuarium 」〜京都音楽博覧会 公開打ち上げ〜』がイベント終了後に行なわれた。これは音博の興奮をそのままに、夜の水族館という幻想的な空間で、くるりの音楽を聞きながら過ごすという一夜限りのイベント。同館内「イルカスタジアム」でくるりの「ワンダーフォーゲル」や「ふたつの世界」に合わせて、スペシャルイルカパフォーマンスが次々に展開され、限定1,000人のお客さんも大絶叫! 同時に、くるりのレギュラーラジオ番組α-STATION『FLAG RADIO』の公開収録(9月28日(月)オンエア予定)も実施された。なんとウエットスーツ姿のくるりの2人による「ばらの花」の生ライヴや、「音博」に出演した高野寛をゲストに呼び込んで「ワンダーフォーゲル」も生セッション。予期せぬセッションなどロック史上稀に見るイベントで幕を閉じた。

【セットリスト】
■高野寛
01.虹の都へ
02.Dog year good year
03.時代は変わる
04.ワンダーフォーゲル(くるりカバー)
05.ベステンダンク
06.確かな光
■Cosmo Sheldrake
01.Prefusify
02.The moss
03.Tardigrade song
04.Rich
05.Solar
■木村カエラ
01.EGG
02.Sun shower
03.Butterfly
04.奇跡
■indigo la End
01.心ふたつ
02.幸せが溢れたら
03.夏夜のマジック
04.素晴らしい世界
■ましまろ
01.体温
02.ぼくと山ちゃん
03.公園
04.ガランとしてる
■八代亜紀
01.フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン
02.クライ・ミー・ア・リヴァー
03.雨の慕情
04.ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ
05.ワン・レイニー・ナイト・イン・トーキョー
06.舟唄
■Antonio Loureiro
01.Despedidas
02.Jequitiba
03.Cabe na Minbha Ciranda
04.Livre
05.Milagreiro
06.Boi
07.Oriente
■くるり
01.Time
02.ブレーメン
03.パン屋さん
04.新曲A
05.新曲B
06.ふたつの世界
07.真夏の人魚
08.キャメル
09.京都の大学生
10.Baby I Love You
11.ペンギンさん
12.宿はなし

photo by 久保憲司/KENJI KUBO

【関連リンク】
くるり オフィシャルHP
indigo la End、「忘れて花束」MVで川谷絵音と小島藤子が再び熱演
くるり、新曲「ふたつの世界」オリジナルVer.のMVを公開
八代亜紀、寺岡呼人プロデュースの新作『哀歌-aiuta-』よりTHE BAWDIESの提供楽曲MVを公開

【関連アーティスト】
木村カエラ, ザ・クロマニヨンズ, くるり, ヒックスヴィル, 高野寛, 八代亜紀, 真島昌利, mabanua, 岸田繁, indigo la End, ましまろ
【ジャンル】
J-POP, ジャパニーズロック, フェス

La PomPon、『名探偵コナン』のOP「謎」が大ヒット中
Wed, 23 Sep 2015 15:00:00 +0900


La PomPonの両A面3rdシングル「謎 /ヤダ!嫌だ!ヤダ!〜Sweet Teens ver.〜」リリース記念イベント42会場(トーク会場も含む)、62ステージの全日程が9月20日をもって終了した。

【その他の画像】La PomPon

La PomPon初のダブルAサイドシングル「謎 /ヤダ!嫌だ!ヤダ!〜Sweet Teens ver.〜」。1曲目は大ヒット曲揃いの大人気アニメ「名探偵コナン」オープニングテーマの中でも特に根強い人気を誇る「謎」(オリジナル:小松未歩)のカバーを収録し、9月からの「名探偵コナン」のオープニングテーマとしてもオンエアされている。そしてもう1曲はビーイング作品への歌詞&曲ダブル提供が初という大黒摩季の完全書き下ろしによるもの。

アイドル戦国時代の真っ只中、2015年1月28日に「BUMP!!」でデビューしたLa PomPon。かわいいだけじゃない、本格派ダンス&ボーカルグループを売りに、地道にリリースイベントを積み重ね、リリースごとに動員を着実に増やしてきた。最強作家陣とタイアップをバックアップに勝負作となった今作は、誰もが予想だにしなかったオリコン週間チャート8位を記録し大躍進! 

これを受け、讀賣テレビ放送株式会社『名探偵コナン』チーフプロデューサーの諏訪道彦は、「1997年の小松未歩さん「謎」の誕生を知るボクにとって、彼女らが、今の時代に見事に蘇らせてくれたのは、ガッツポーズをしちゃうくらい嬉しいニュースです! しかも小松さんの時は確か初登場9位。本当にすごい! これからもLa PomPonのさらなるダッシュを期待してます」と喜びを祝福のコメントを寄せている。

「どんなことでも強く願えば必ず叶う!!」彼女達の思いは、勝利の女神さえも味方にし、La PomPonのグループ名の通り、Power Of Music(パワーオブミュージック)<音楽の力>で、Pride Of New generation(プライドオブニュージェネレーション)<新しい時代の誇り>となる。 そんな「ガールズグループ」を目指し着実にその一歩を踏み出そうとしている。

また、10月からは恒例の定期公演の開催や、学園祭、各地のイベント等にも続々出演予定!これからの彼女らの活躍にもぜひ、注目してほしい。

■年内定期公演情報

「La PomPon定期公演 Vol.4」※タイトル未定
10月05日(月) 東京 EX THEATER ROPPONGI 2F GARDEN CAFE 特設スペース

「La PomPon定期公演 Vol.5」※タイトル未定
11月04日(水) 東京 EX THEATER ROPPONGI 2F GARDEN CAFE 特設スペース

「La PomPon定期公演 Vol.6」※タイトル未定
12月03日(木) 東京 EX THEATER ROPPONGI 2F GARDEN CAFE 特設スペース

【関連リンク】
La PomPon オフィシャルHP
La PomPon、アニメ『名探偵コナン』オープニングテーマ「謎」の MVで女怪盗に!
La PomPon、3rdシングルは小松未歩「謎」のカバー&大黒摩季の書き下ろし新曲
La PomPonが2015年にメジャーデビュー

【関連アーティスト】
La PomPon
【ジャンル】
女性アイドル, アニメ, テレビ(番組/CM), 映画

フラカンのインストアイベントに怒髪天、田中要次、ダイノジ大地らがゲスト参加
Wed, 23 Sep 2015 14:00:00 +0900
9月18日(金)@ラゾーナ川崎 (okmusic UP\'s)

最新ミニアルバム『夢のおかわり』を発売したフラワーカンパニーズが、同作のリリース記念インストアツアー『夢のおかわり〜もうすぐ武道館!』をスタートさせた。

【その他の画像】フラワーカンパニーズ

初日となった9月18日のラゾーナ川崎では、フラワーカンパニーズ初の武道館公演『フラカンの日本武道館 〜生きててよかった、そんな夜はココだ!〜』開催に向けて発足された“武道館バトンわたし隊”による壮行会も行われた。

19時、司会の呼び込みでフラカンメンバーが登場してまもなく、既に発表されていたスペシャルゲスト・“武道館バトンわたし隊”の発起人の怒髪天メンバーが全員で登場し“武道館バトンわたし会"がスタート。司会が怒髪天・ボーカル増子直純にバトンタッチされると、さらに“通りすがりのスペシャルゲスト"として俳優・田中要次とダイノジ・大地洋輔がサプライズで登場した。

この日のために作成された武道館応援団幕を後ろに掲げ、ダイノジとフラカンのなれそめや、名古屋シネマスコーレで12月公開予定の田中要次が監督を務める、フラカンのドラム・ミスター小西主演の映画「ドラムマンz」の話などで盛り上がったあと、お手製の”武道館バトン”が増子からグレートマエカワに手渡され、“バトンわたしの儀式“は終了。最後に増子からの「田中さん、フラカン武道館の成功はありますか?」の問いに田中要次が「あるよ!」とおなじみのセリフで答えて、「フラカンの日本武道館」壮行会は締めくくられた。

そのままフラカンメンバーによるミニアルバム『夢のおかわり』発売記念イベントへ。ミニアルバム作成秘話や本『消えぞこない』、そして12月19日開催の武道館公演への想いなどを語った後、メンバーがミニアルバム収録の新曲「消えぞこない」とRCサクセションのカヴァー「すべてはALRIGHT(YA BABY)」、そして「深夜高速」をアコースティック編成で演奏。演奏後は『夢のおかわり』購入者を対象にサイン会が行われ、イベントが終了した。

このインストアツアーは翌19日のタワーレコード新宿、20日の越谷イオンレイクタウンでも大勢の観客が集まり、大盛況のうちに終了。今後も11月7日の岩手イオンモール盛岡南まで続いていく。

また、9月25日には、大阪千日前・味園ユニバースにて、FM802×武道館バトンわたし隊による 「フラワーカンパニーズ 12・19日本武道館壮行会“武道館バトンわたし隊"プレゼンツ『フラカンの日本武道館に行きたくなる夜はココだ!!』」が開催。こちらも怒髪天に加え、FM802のDJ中島ヒロト、土井コマキ、さらにYO-KINGの出演が決定。FM802リスナー300組600名を招待してトークショーやフラカン壮行演奏会などスペシャル企画が予定されている。

photo by 吉田圭子

■フラワーカンパニーズ・インストアツアー「夢のおかわり〜もうすぐ武道館!」

9月23日(水・祝) 千葉 イオンモール幕張新都心 グランドモール1Fグランドスクエア
9月24日(木) 大阪 タワーレコード梅田NU茶屋町店
10月11日(日) 東京 たまプラーザテラス ゲートプラザ1F フェスティバルコート
10月31日(土) 愛知 名古屋パルコ西館1階イベントスペース
11月07日(土) 岩手 イオンモール盛岡南 1F センターコート

■『フラカンの日本武道館〜生きててよかった、そんな夜はココだ!〜』

12月19日(土) 日本武道館
開場16:00 開演17:00
全席指定:¥5,800(税込)

【関連リンク】
フラワーカンパニーズ オフィシャルHP
フラワーカンパニーズ、初のバンド・ヒストリー本のティーザーを公開
フラカンの武道館公演に向けて"武道館バトンわたし隊"による壮行企画が開催
「月刊フラカン武道館」第7回目はゲストにSCOOBIE DOを迎え9月9日に生配信

【関連アーティスト】
フラワーカンパニーズ, 怒髪天
【ジャンル】
ジャパニーズロック, イベント

HIV/AIDS支援イベント「HOPE AND LIVE」10月公演に一夜限りのスペシャルバンドが出演
Wed, 23 Sep 2015 13:00:00 +0900
HOPE AND LIVE SPECIAL BAND [猟牙(BORN)鈴木新(ex-黒夢,VINYL)古木太三(ex-FEEL)En’ya (More,12012)魔太朗(ex-THE WILLARD)] (okmusic UP\'s)

10〜11月の二ヶ月連続で開催されるHIV/AIDSキャリアの為のチャリティライヴ「NPO法人JoinLIFE機構PRESENTS Hope And Live 〜 HIV/AIDS治療支援ベネフィット・コンサート」。そのDAY-1の公演に、一夜限りのスペシャルバンドの出演がアナウンスされた。

【その他の画像】Vinyl

2013年の開催よりこのイベントのもうひとつの目玉として企画されているスペシャルセッションだが、これまでも栄喜(SIAM SHADE)、真矢(LUNA SEA)、黒柳能生(SOPHIA)他多数のアーティストが参加している。今年は、このイベントには毎年参加しているギタリスト鈴木新(ex-黒夢,VINYL)を筆頭に、ギターに古木太三(ex-FEEL)、ベースにEn\'ya (More,12012)、ドラムに魔太朗(ex-THE WILLARD)そしてボーカルには猟牙(BORN)と言う布陣での出演となる。これまでのスペシャルバンドのステージでは、LUNA SEA、SIAM SHADE、hide with Spread Beaverなどのナンバーが披露されてきた。豪華なラインナップと共に、今回演奏される楽曲にも注目したい。

HIV/AIDSのキャリア支援として実施されている「HOPE AND LIVE」だが、今回はその中でも「HIV/AIDSキャリアに対する差別・偏見をなくそう」と言う非常に身近なテーマにフォーカスした啓蒙イベントとなり、例年と同じく、来場者全員にイベントオフィシャルの啓蒙パンフレットが配布される他、キャリア支援啓蒙のためのパネルディスカッションも実施すると言う。イベントタイムテーブルとあわせ近日公開とのことで、続報を待ちたい。

■『NPO法人JoinLIFE機構PRESENTS HOPE AND LIVE〜HIV/AIDS治療支援ベネフィットコンサート2015』

【開催日程】
10月04日 (日)/ 11月08日(日)
※2ヶ月連続開催

■DAY-1
10月04日 (日) 新宿ReNY 
開場13:00/開演 14:00
<出演>
河村 隆一
S.Q.F
SiXX
HIGHFASHIONPARALYZE [kazuma/aie/kazu/sakura]

HOPE AND LIVE SPECIAL BAND [猟牙(BORN)鈴木新(ex-黒夢,VINYL)古木太三(ex-FEEL)En\'ya (More,12012)魔太朗(ex-THE WILLARD)]
SPEED-iD

<チケット>
¥5,000 / ¥5,500 (D代別途要)
※8月8日(土)より下記プレイガイドにて発売
ローソンチケット(Lコード:71008)
http://l-tike.com/
チケットぴあ(Pコード:272-877)
http://t.pia.jp/
e+イープラス
http://eplus.jp/

【関連リンク】
「HOPE AND LIVE」オフィシャルHP
Kra、ViViD、ダウトなどが一同に集結! PS COMPANY主催イベントが大熱狂のうちに閉幕!
イエモンやミッシェルを輩出したレーベル・TRIADがオムニバスアルバムや配信限定ミニアルバムを発売
アンカフェ、ν[NEU]、BORNが出演! 『stylish wave GENERATION \'14 -次代を紡げ!』開催決定!

【関連アーティスト】
Vinyl, FEEL, BORN, The Willard
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル, イベント

植村花菜がベストアルバムのティザームービーを公開
Wed, 23 Sep 2015 12:00:00 +0900
植村花菜 (okmusic UP\'s)

シンガーソングライター植村花菜のベスト盤『The Best Songs』のティザー映像が公開された。

【その他の画像】植村花菜

ティザー映像では、少し初々しい表情を浮かべる植村から、植村自身がママとなって初めて書いた今作唯一の新曲「なんてことない日々」のレコーディング風景まで見ることができる。貴重な映像となっているため、ぜひチェックしてほしい。

今作は現在までの全リード曲はもちろん、植村花菜自身が選んだ楽曲を“Kana\'s Sellection”としてまとめたフルボリュームの作品。初回限定盤にはさらに10年間の全MVやライヴ映像などを収録している。

■『The Best Songs』ティザー映像
https://www.youtube.com/watch?v=xdsSYwYxsQo&feature=youtu.be

■アルバム『The Best Songs』

2015年9月30日発売
【初回限定盤】(2CD+DVD) 
KICS-93290〜1/¥4,907+税
※ブックケース&デジパック仕様 
※32Pオリジナルフォトブック封入
【通常盤】(2CD) 
KICS-3290〜1/¥3,241+税
<収録内容>
■CD DISC 1:[Single Collection] 
1 メッセージ
2 ミルクティー
3 世界一ごはん
4 輝く時間の中で
5 光と影
6 紙ヒコーキ
7 My Favorite Songs
8 あなたのその笑顔はいいヒントになる
9 シャララ
10 恋の魔法
11 やさしさに包まれたなら
12 大切な人
13 キセキ
14 トイレの神様
■CD DISC 2:[Kana\'s Selection] 
1 でこぼこ
2 手と手
3 伝えたいこと
4 新しい世界
5 きみとぼく
6 ラストランゲージ
7 わたしはじめ
8 迷悩焦ワルツ
9 猪名川
10 光
11 タイムマシン
12 リグレット
13 すばらしい日々
14 LOVE
15 花
16 腹ペコブギウギ
17 なんてことない日々 ※新曲
■DVD ※初回限定盤のみ
MV
・大切な人
・ミルクティー
・キセキ
・やさしさに包まれたなら
・紙ヒコーキ
・光と影
・あなたのその笑顔はいいヒントになる
・シャララ
・BLESS
・ありがと。
・トイレの神様
・My Favorite Songs
・世界一ごはん
・メッセージ
・でこぼこ
・輝く時間の中で
特典映像
「インタビュー映像 & 10th Anniversary Live @shibuya duo MUSIC EXCHANGE」

【関連リンク】
植村花菜 オフィシャルHP
おじいちゃん、おばあちゃんに会いたくなる曲
家入レオ、チョコレート手渡し会&公開生放送決定
寺岡呼人主宰「Golden Circle」は今年も豪華メンバーが集結!

【関連アーティスト】
植村花菜
【ジャンル】
J-POP

KEMURI、ツアー東京公演が初のニコ生中継決定
Wed, 23 Sep 2015 11:00:00 +0900
KEMURI (okmusic UP\'s)

9月27日(日)、新木場スタジオ・コーストにて行なわれるKEMURIのツアー「SKA BRAVO」東京公演がニコニコ生放送で中継される事が決定した。

【その他の画像】KEMURI

2015年に結成20年目の節目をむかえたKEMURI。アニバーサリー・ツアーの一環でもあるこの日の公演は、初期の楽曲をメインに演奏することがバンドから発表されているので、かつてのファンや、復活してからのKEMURIしか経験したことのないファンのどちらにとっても新鮮なライヴになること間違いなしだ。普段なかなかライヴに行けない方は、この機会をお見逃しなく!

■ 『KEMURI 20th Anniversary Japan Tour “SKA BRAVO" (東京) ライブ生中継』
http://live.nicovideo.jp/watch/lv234344051
※出演4バンドの内、KEMURIのステージのみの中継になります

【関連リンク】
KEMURI オフィシャルHP
KEMURI、レーベルの垣根を超えて20年分のMVを一挙公開
KEMURIが3つのフェスへの参戦を発表
NAMBA69、サンボマスターとKEMURIと対バンイベントを新潟で開催

【関連アーティスト】
KEMURI
【ジャンル】
ジャパニーズロック

夜の本気ダンス、大盛況のワンマンでメジャー進出を発表
Wed, 23 Sep 2015 10:00:00 +0900
9月22日(火)@大阪・梅田Shangri-La (okmusic UP\'s)

夜の本気ダンスが9月22日、自身初となるワンマンライヴを梅田Shangri-Laにて開催! ソールドアウトで超満員となった会場オーディエンスの踊らせ倒し、大盛況のうちに幕を閉じた、

【その他の画像】夜の本気ダンス

「梅シャン(梅田Shangri-La)にお集まりの皆さん、踊れる準備は出来てますか?」という米田貴紀(Vo/G)の一言から始まった、夜の本気ダンス初となるワンマンライヴ。1曲目の「WHERE?」から始まり間髪入れずにアッパーな楽曲を披露していく。「初ワンマンは一度しかないからね。みんなシルバーウィークにありがとう!」と鈴鹿秋斗(D)が言うと、「本当に感謝しかない」と米田がワンマンライヴに集まってくれた観客への感謝の意を述べた。前半9曲を勢いよく終えると、「これにて第一部はおしまいです」と米田。

バンド初となる本日のワンマンは、本編が2部構成になっており、前半のライブが終了すると、突如「KEN KEN WALKER 特別増刊号 ぼくと夏フェス編」というタイトルの映像が流れだした。その内容は、今夏夜ダンが出演した夏フェス会場での思い出写真と、ケンケンこと町田建人(G)が夏フェス会場で楽しんだ模様の写真が順番に映し出されるという非常にシュールな映像。わずか1分間の映像だったが、普段見れない町田の表情を映した映像に大喜びする観客。

「お待たせしました皆さん、後半戦始める準備は出来てますか?」と鈴鹿の声で後半戦がスタート。「少し懐かしい曲をやります。」と楽曲「夜に本気ダンス」から後半戦がスタート。前半戦を凌駕する勢いで7曲目「Only Nineteen」まで披露すると、「皆さんどうもありがとう。夢のようですが、紛れも無く現実ですね。バンドやってきて最高に楽しいです」と鈴鹿の一言に湧き上がる客席。

そして後半のライヴを終え、アンコールを求める客席からの声援の中、突如映像がスタート。またもや「KEN KEN WALKER」か?と客席が油断していると、ここで流れた映像では冒頭から“重大発表”の文字が。会場中がどよめく中、“ヒップホップユニット結成!?”と某カラオケ店でメンバー4人がラップのパフォーマンスをしている映像が流れだし、その直後「嘘です。」というテロップが表示され、ひと笑い。その後「2016年新春、夜の本気ダンス ワンマンツアー“G-A-SHOW!”」の文字の後に名古屋、東京、大阪の各会場と日程が発表され客席が沸き、重大発表とはこのことだったのかと誰もが肩を撫で下ろした後、約10秒間に亘る沈黙を置いて、ステージ上の画面に表示されたのは“2016年 春、ビクターエンタテインメントよりメジャーデビュー決定!”という文字。不意を突いたタイミングで表示されたこの“メジャーデビュー”発表の文字に、満員に埋め尽くされた梅田Shangri-Laがいっせいに歓喜の声で湧き上がった。

「おめでとう!」という観客からの声援を受けながら再びステージ上へ上がるメンバー。「“メジャーデビュー”の文字が出た瞬間に喜んでくれてありがとう。バンドって楽しいですね。音楽って楽しいですね。」と鈴鹿。溢れんばかりの祝福ムードの中、アンコール2曲を披露し、最後は鹿の一本締めで初のワンマンライヴは無事に終了した。

夜の本気ダンスがメジャー契約を結んだのは、ビクターのロックレーベル“Getting Better”。Getting Betterレーベルといえば、THE BAWDIES、サンボマスター、キュウソネコカミ、KEYTALKなど本格派ロックバンドが所属する気鋭のロックレーベル。今後はメジャーのフィールドで戦いを挑んでいくわけだが、引き続き今までと同じスタンスで昼夜を問わず、本気で客席を踊らせ続ける、ということをバンドの使命として掲げていく。

昨今の激動の音楽シーンの中でどれだけ多くのリスナーからの共感を得て、ロックで本気のダンスを踊らせることが出来るのか!?人力ダンスミュージックで日本の音楽シーンを席巻する!!

photo by 森下綾音

■セットリスト

《一部》
1. WHERE?
2. Afro
3. Show down
4. LOVE CONNECTION
5. This is pop
6. Too young
7. Stand by you
8. for young
9. Japanese Style
《二部》
1. 夜に本気ダンス
2. B!tch
3. You gotta a move
4. By My Side
5. You & i
6. Gavriro
7. Only Nineteen
8. fuckin\' so tired
9. 戦争
10. Only Seventeen
Encore1. candy tune
Encore2. Fun Fun Fun

■夜の本気ダンスのワンマン 「G-A-SHOW !」

1月08日(金) 愛知 名古屋 CLUB UPSET
1月11日(月・祝) 東京 渋谷 CLUB QUATTRO
1月15日(金) 大阪 梅田 CLUB QUATTRO

【関連リンク】
夜の本気ダンス オフィシャルHP
夜ダンのツアーに忘れらんねえよ、ONIGAWARA、cinema staffが参加
『MUSIC TAGS vol.3』2日目は夜の本気ダンス、KEYTALK、ORANGE RANGEが激突!
完全にノンフィクション、待望の新作を9月16日にリリース

【関連アーティスト】
夜の本気ダンス
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1