歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2015年09月13日)
バックナンバー
最新ニュース
2015/09/22
2015/09/21
2015/09/20
2015/09/19
2015/09/18
2015/09/17
2015/09/16
2015/09/15
2015/09/14
2015/09/13
2015/09/12
2015/09/11
2015/09/10
2015/09/09
2015/09/08
2015/09/07
2015/09/06
2015/09/05
2015/09/04
2015/09/03
2015/09/02
2015/09/01
2015/08/31
2015/08/30
2015/08/29
2015/08/28
2015/08/27
2015/08/26
2015/08/25
2015/08/24
2015/08/23
2015/08/22
2015/08/21
2015/08/20
2015/08/19
2015/08/18
2015/08/17
2015/08/16
2015/08/15
2015/08/14
2015/08/13
2015/08/12
2015/08/11
2015/08/10
2015/08/09
2015/08/08
2015/08/07
2015/08/06
2015/08/05
2015/08/04
2015/08/03
2015/08/02
2015/08/01
2015/07/31
2015/07/30
2015/07/29
2015/07/28
2015/07/27
2015/07/26
2015/07/25
2015/07/24
2015/07/23
2015/07/22
2015/07/21
2015/07/20
2015/07/19
2015/07/18
2015/07/17
2015/07/16
2015/07/15
2015/07/14
2015/07/13
2015/07/12
2015/07/11
2015/07/10
2015/07/09
2015/07/08
2015/07/07
2015/07/06
2015/07/05
2015/07/04
2015/07/03
2015/07/02
2015/07/01
2015/06/30
2015/06/29
2015/06/28
2015/06/27
2015/06/26
2015/06/25
2015/06/24
2015/06/23
2015/06/22
2015/06/21
2015/06/20
2015/06/19
2015/06/18
2015/06/17
2015/06/16
2015/06/15
2015/06/14
2015/06/13
2015/06/12
2015/06/11
2015/06/10
2015/06/09
2015/06/08
2015/06/07
2015/06/06
2015/06/05
2015/06/04
2015/06/03
2015/06/02
2015/06/01
2015/05/31
2015/05/30
2015/05/29
2015/05/28
2015/05/27
2015/05/26
2015/05/25
2015/05/24
2015/05/23
2015/05/22
2015/05/21
2015/05/20
2015/05/19
2015/05/18
2015/05/17
2015/05/16
2015/05/15
2015/05/14
2015/05/13
2015/05/12
2015/05/11
2015/05/10
2015/05/09
2015/05/08
2015/05/07
2015/05/06
2015/05/05
2015/05/04
2015/05/03
2015/05/02
2015/05/01
2015/04/30
2015/04/29
2015/04/28
2015/04/27
2015/04/26
2015/04/25
2015/04/24
2015/04/23
2015/04/22
2015/04/21
2015/04/20
2015/04/19
2015/04/18
2015/04/17
2015/04/16
2015/04/15
2015/04/14
2015/04/13
2015/04/12
2015/04/11
2015/04/10
2015/04/09
2015/04/08
2015/04/07
2015/04/06
2015/04/05
2015/04/04
2015/04/03
2015/04/02
2015/04/01
2015/03/31
2015/03/30
2015/03/29
2015/03/28
2015/03/27
2015/03/26
2015/03/25
2015/03/24
2015/03/23
2015/03/22
2015/03/21
2015/03/20
2015/03/19
2015/03/18
2015/03/17
2015/03/16
2015/03/15
2015/03/14
2015/03/13
2015/03/12
2015/03/11
2015/03/10
2015/03/09
2015/03/08
2015/03/07
2015/03/06
2015/03/05
2015/03/04
2015/03/03
2015/03/02
2015/03/01
2015/02/28
2015/02/27
2015/02/26
2015/02/25
2015/02/24
2015/02/23
2015/02/22
2015/02/21
2015/02/20
2015/02/19
2015/02/18
2015/02/17
2015/02/16
2015/02/15
2015/02/14
2015/02/13
2015/02/12
2015/02/11
2015/02/10
2015/02/09
2015/02/08
2015/02/07
2015/02/06
2015/02/05
2015/02/04
2015/02/03
2015/02/02
2015/02/01
2015/01/31
2015/01/30
2015/01/29
2015/01/28
2015/01/27
2015/01/26
2015/01/25
2015/01/24
2015/01/23
2015/01/22
2015/01/21
2015/01/20
2015/01/19
2015/01/18
2015/01/17
2015/01/16
2015/01/15
2015/01/14
2015/01/13
2015/01/12
2015/01/11
2015/01/10
2015/01/09
2015/01/08
2015/01/07
2015/01/06
2015/01/05
2015/01/04
2015/01/03
2015/01/02
2015/01/01
2014/12/31
2014/12/30
2014/12/29
2014/12/28
2014/12/27
2014/12/26
2014/12/25
2014/12/24
2014/12/23
2014/12/22
2014/12/21
2014/12/20
2014/12/19
2014/12/18
2014/12/17
2014/12/16
2014/12/15
2014/12/14
2014/12/13
2014/12/12
2014/12/11
2014/12/10
2014/12/09
2014/12/08
2014/12/07
2014/12/06
2014/12/05
2014/12/04
2014/12/03
2014/12/02
2014/12/01
2014/11/30
2014/11/29
2014/11/28
2014/11/27
2014/11/26
2014/11/25
2014/11/24
2014/11/23
2014/11/22
2014/11/21
2014/11/20
2014/11/19
2014/11/18
2014/11/17
2014/11/16
2014/11/15
2014/11/14
2014/11/13
2014/11/12
2014/11/11
2014/11/10
2014/11/09
2014/11/08
2014/11/07
2014/11/06
2014/11/05
2014/11/04
2014/11/03
2014/11/02
2014/11/01
2014/10/31
2014/10/30
2014/10/29
2014/10/28
2014/10/27
2014/10/26
2014/10/25
2014/10/24
2014/10/23
2014/10/22
2014/10/21
2014/10/20
2014/10/19
2014/10/18
2014/10/17
2014/10/16
2014/10/15
2014/10/14
2014/10/13
2014/10/12
2014/10/11
2014/10/10
2014/10/09
2014/10/08
2014/10/07
2014/10/06
2014/10/05
2014/10/04
2014/10/03
2014/10/02
2014/10/01
2014/09/30
2014/09/29
2014/09/28
2014/09/27
2014/09/26
2014/09/25
2014/09/24
2014/09/23
2014/09/22
2014/09/21
デュラン・デュラン、「プレッシャー・オフ(feat.ジャネール・モネイ)」360°リリック・ビデオ公開
Sun, 13 Sep 2015 18:00:00 +0900
デュラン・デュラン (okmusic UP\'s)

デュラン・デュランが9月11日に全世界リリース.した、約5年ぶり通算14作目となるスタジオ・アルバム『ペイパー・ゴッズ』。同作のリード・シングル「プレッシャー・オフ(feat.ジャネール・モネイ)」の360°リリック・ビデオが公開となった。

【その他の画像】Duran Duran

デュラン・デュランはこれまでのレコード・セールスは8000万枚超え。1980年代ニューロマンティック・ムーブメントの火付け役となり、一大センセーションを巻き起こした。1981年のデビューから34年を経てワーナーブラザーズと新たに契約を結び、リリースされた通算14作目となるスタジオ・アルバム『ペイパー・ゴッズ』は、彼らの代表曲を手掛けた盟友ナイル・ロジャースや現音楽シーンの最重要人物であるマーク・ロンソンらをプロデューサーに迎えロンドンでレコーディング。そして、リード・シングル「プレッシャー・オフ(feat.ジャネール・モネイ)」でフィーチャーされているソウル・ディーヴァ、ジャネール・モネイをはじめ、レッド・ホット・チリ・ペッパーズの元ギタリストであるジョン・フルシアンテ、カナダ出身女性シンガー・ソングライターのカイザ、ヴァイオリニストのダヴィデ・ロッシ、女優のリンジー・ローハンといったスペシャルなゲスト陣が参加! また、マドンナやU2、ビョーク、コールドプレイ等を手がけたマーク・“スパイク"・ステントがミックスを務めており、日本盤CDはボーナス・トラックを含め全16曲という世界で最も多い収録数となっている。

リード・シングル「プレッシャー・オフ(feat.ジャネール・モネイ)」の360°リリック・ビデオはパソコンのGoogle Chrome/Mozilla FirefoxブラウザもしくはYouTubeモバイルアプリからアクセスし、画面上のカーソルやマウスを前後左右に動かすことで、あらゆる視点からリリック・ビデオを楽しむことができるというもの。チェックしてみよう。

■「プレッシャー・オフ(feat.ジャネール・モネイ)」360°リリック・ビデオ
https://youtu.be/H2tGHafSSpI

【関連リンク】
ワーナーミュージック・ジャパン 内 デュラン・デュランオフィシャルHP
デュラン・デュラン、アルバムリリースに先駆けてシングル「Pressure Off」解禁
踊れるロックの先駆者、デュラン・デュランを今こそ再評価せよ!
デュラン・デュラン、ボン・ジョヴィ…歴史に残る秀逸のミュージックビデオがDVD化

【関連アーティスト】
Duran Duran
【ジャンル】
ロック/ブルース(洋楽)

さかいゆう、Billboard LIVEにてスペシャル・カバーライブを開催
Sun, 13 Sep 2015 17:00:00 +0900
9月4日(金)@Billboard Live TOKYO (okmusic UP\'s)

10月21日(水)にニューシングル「ジャスミン」を発売するさかいゆうが、Billboard LIVE TOKYO・OSAKAにてスペシャル・ライブを行った。

【その他の画像】さかいゆう

このライブは「さかいゆう SPECIAL LIVE "RESPECT Vol.1"」(REPECTダニー・ハサウェイ、山下達郎)」というタイトル通り、さかいがリスペクトするダニー・ハサウェイと山下達郎のスペシャル・カバーライブ。さかいにとっては初のBillboard LIVEとなる。

定刻ぴったりに、Billboard特有のムーディーな雰囲気漂うステージにさかいとバンドメンバーが登場。パーカッションとのセッションから、ダニー・ハサウェイのカバー「What\'s Going On」(原曲:マーヴィン・ゲイ)へと繋がる形でライブはスタート。ダニーのシンボルとも言えるエレクトリック・ピアノ“Wurlitzer"から奏でられる一音一音から、さかいのダニーへのリスペクトがあらわれ、曲の後半には、Gt田中義人、Ba岡沢章、Per中島オバヲ、Dr岡野“tiger"諭という豪華盤石なバンドメンバーとのアドリブセッションも繰り広げられた。

次に、グランドピアノに席を移し、山下達郎の「LOVE SPACE」へ。山下達郎のライブは欠かさず行っているというさかいだけに、原曲を忠実に再現した仕上がりとなった。さかいは「初のBillboard LIVEワンマンという事で、僕の大好きなダニーと達郎さんをどんどんカバーしていくライブです。1曲目「What\'s Going On」は生まれて初めてカバーした曲で、2曲目「LOVE SPACE」は夜、車に乗る時によく聴いている曲です」と曲の思い出を語った後、ダニーの「Little Ghetto Boy」へ。名盤『LIVE』にも収録されている名曲を、幅広い歌声で歌いあげ、ピアノソロの後に右手を掲げるさかいの姿は、このライブへの確かな手ごたえを感じさせた。続けて間髪空けずに、「WINDY LADY」(山下達郎)へ。さかいも度々カバーしている人気曲だが、田中義人の色気のあるギターソロには、会場から自然と拍手が巻き起こった。

つづいて「僕は2001年夏頃からピアノを始めました。「What\'s Going On」のイントロを弾けるようになるまでに、丸4日かかりました。アメリカのダウンタウンでストリートライブをしていた時は、ずっとダニーの曲達に支えられていました。次の曲もそんな1曲です」とダニーへの愛を語った後、「The Closer I Get To You」へ。原曲ではダニーとロバータ・フラックとのコラボレーション曲を、しっとりと歌いあげた。その後「For All We Know」を“Wurlitzer"弾き語りで披露した後、再びバンドメンバーを迎えてMCへ。「ギターの義人さんは、13人しか観客がいなかった僕の初めてのライブに来てくれていた人です!」とギター田中義人との驚きのエピソードを披露。また、ベースの岡沢章について、「章さんは、ずっと憧れていたベーシスト。「IT\'S A POPPIN\' TIME」という達郎さんのライブの教科書のようなアルバムでベースを弾いていた方なんです!」とスペシャルなバンドメンバーにもリスペクトを表した後、山下達郎の「PAPER DOLL」へ。岡崎の圧倒的なベース・ソロに、会場の誰よりも嬉しそうな笑みを浮かべるさかいが印象的だった。

「どんな音楽であれ、そのルーツといえる“父親"のような音楽があります。その音楽に敬意を払うため今回のカバー・ライブを開催しました。本当にありがとうございました!」と自身のルーツ音楽へ感謝をのべ、本編最後となる「Someday We\'ll All Be Free」を披露。“Wurlitzer"の音色が会場に優しく溶け込み、会場から万雷の拍手が沸き起こり、本編は終了した。

アンコールに応え再登場したさかいは、山下達郎の1982年のアルバム『FOR YOU』より「FUTARI」を弾き語りした後、いよいよ10月21日(水)発売のニューシングル「ジャスミン」の話題へ。「ジャスミンという言葉には“天からの贈り物"という意味があるそうです。そういう大切な人に出会えた主人公について歌った曲です」とMCし、再びバンドメンバーを迎え、「ジャスミン」を披露。J-POP屈指のプロデューサー蔦谷好位置を迎えたこの曲は、さかいゆう史上最もポップで壮大なミディアムバラード。印象的なピアノの旋律が頭に残り、早くもファンの間では名曲誕生と評判の楽曲だ。まだ世に出ていない新曲に観客からは大歓声が巻き起り、最高潮の盛り上がりをみせ、さかいゆう初のカバーライブ、初のBillboard LIVEは幕を閉じた。

なお、10月21日(水)リリースのニューシングル「ジャスミン」のジャケット写真とアーティスト写真が解禁となった。アート集団kami-no-hanaの川島風光氏が実際の「ジャスミン」の譜面を用いて制作したペーパーフラワーを全面にフューチャーした美しい仕上がりとなっているので、こちらもあわせてチェックしよう。

【セットリスト】
1.What\'s Going On
2.LOVE SPACE
3.Little Ghetto Boy
4.WINDY LADY
5. The Closer I Get To You
6.For All We Know
7.PAPERDOLL
8. Someday We\'ll All Be Free
〜Encore〜
1. FUTARI
2.ジャスミン ※10月21日(水)発売New Single

■シングル「ジャスミン 」

2015年10月21日(水)発売
【初回生産限定盤】 (CD+DVD)
AUCL 187〜8/¥1,900(税込) 
【通常盤】(CD)
AUCL 189/¥1,300(税込)
<収録内容>
■CD
M1. ジャスミン
M2. WALK ON AIR
M3. 接吻 (ORIGINAL LOVEカバー)
M4. ジャスミン(backing track)
■DVD  ※初回生産限定盤のみ
「さかいの湯 Vol.3 "さかいゆうといっしょ" スペシャル」より、日野皓正、RHYMESTER、土岐麻子、 KOHEI JAPAN、Little Glee Monsterとのコラボレーションライブ映像5曲を特典DVDとして収録。
M1. 薔薇とローズ with Little Glee Monster
M2. How Beautiful with土岐麻子
M3. シロクジwith KOHEI JAPAN
M4. Magic Hour with RHYMESTER
M5. 闇夜のホタルwith日野皓正

■ワンマンツアー「さかいゆう TOUR 2015」

11月30日(月) 福岡 DRUM Be-1
12月02日(水) 大阪 サンケイホールブリーゼ
12月07日(月) 愛知 名古屋CLUB QUATTRO
12月10日(木) 北海道 cube garden
12月19日(土) 東京 中野サンプラザホール ※ファイナル

【関連リンク】
さかいゆう オフィシャルHP
さかいゆう、9月に自身初のビルボード公演を開催
さかいゆうが日野皓正やRHYMESTERなど迎え、コラボアルバム発売記念スペシャルライブを開催
さかいゆう、バレンタインの日にイベントを開催!ジャケ写イラストチョコケーキが登場!

【関連アーティスト】
さかいゆう
【ジャンル】
J-POP, ライブ

NAMBA69、千葉LOOKから全国ツアーをスタート
Sun, 13 Sep 2015 16:00:00 +0900


NAMBA69が9月11日に千葉LOOKにおいて、全国ツアー「LET IT ROCK TOUR 2015」の初日公演を行った。

【その他の画像】NAMBA69

同ツアーは9月2日にリリースされたMINI ALBUM『LET IT ROCK』を携えて行われる。初日は盟友RADIOTSをゲストに迎えての公演となった。

先行で登場したRADIOTSは気迫の籠ったアクトでNAMBA69のリリースを祝福した。

NAMBA69のライヴは新曲"DARLING"からスタートし、新曲全てを織り交ぜたセットリストが展開。力強いパフォーマンスを繰り出すメンバーに呼応し、オーディエンスはシンガロング、モッシュ、ダイヴ、クラウドサーフを繰り広げ最高の盛り上がりをみせ、人気曲"PUNK ROCK THROUGH THE NIGHT"で本編は終了した。

熱気冷めやらぬオーディエンスのアンコールに応え、再びステージに登場し新曲"WALK"を熱唱。そして、定番曲"MY WAY"でツアー初日を締めくくった。

同ツアーは10月12日(月・祝)の渋谷 CLUB QUATTROのファイナルまで全9公演を予定。

■『LET IT ROCK』特設サイト
http://namba69special.com/

■『NAMBA69 presents "LET IT ROCK TOUR 2015"』

9月16日(水) 盛岡 CLUB CHANGE
9月17日(木) 仙台 BIRDLAND
9月25日(金) 名古屋 CLUB Zion
10月02日(金) 水戸 SONIC
10月05日(月) 心斎橋 LIVE HOUSE Pangea
10月06日(火) 岡山CRAZYMAMA 2nd Room
10月08日(木) 福岡Queblick
10月12日(月・祝) SHIBUYA CLUB QUATTRO
※終了分は割愛

【関連リンク】
NAMBA69 オフィシャルHP
NAMBA69×JESSEのコラボ曲「LET IT ROCK feat. JESSE」フリーダウンロード決定
NAMBA69、JESSEとのコラボ曲を初披露
NAMBA69が新潟にてBRAHMAN、FACTと激突!

【関連アーティスト】
NAMBA69
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

塩ノ谷 早耶香、カナダ出身の大物SSW"オーガスト・リゴ" とのコラボ曲のShort Ver. Movieを公開
Sun, 13 Sep 2015 15:00:00 +0900
塩ノ谷 早耶香 (okmusic UP\'s)

塩ノ谷 早耶香が10月28日(水)リリースの1stミニアルバム『S with』に収録される楽曲「Miracle feat. August Rigo」のShort Ver. MovieをYouTubeで公開した。

【その他の画像】塩ノ谷早耶香

今回公開された楽曲にゲストヴォーカルとして参加し、作詞作曲も手掛けたAugust Rigo(読み:オーガスト・リゴ)は、カナダ・トロント出身のシンガー・ソングライター。自身名義でシンガーとして活躍する傍ら、作家としてもその才能を遺憾なく発揮し、ワン・ダイレクション、ジャスティン・ビーバー、アイヤズ、レオナ・ルイス等の世界的アーティスト達への提供楽曲はいずれも大ヒットを記録。欧米アーティスト以外にも少女時代、東方神起といったアジアのビッグネーム達に楽曲を提供する等、ワールドワイドな活躍を展開している正に "大物" だ。

そして、「Miracle feat. August Rigo」はオーガストの真骨頂といえる爽快感に満ちた美メロR&Bナンバーで、日本語で歌う塩ノ谷と英語で歌うオーガストによるデュエットソング。国境を越えたコラボレーションならではの斬新な"洋楽感"が、聴き手に新しい驚きと感動を与えそうだ。

■「Miracle feat. August Rigo」Short Ver. Movie
https://www.youtube.com/watch?v=jAhe_etz6I8

【関連リンク】
塩ノ谷 早耶香 オフィシャルHP
塩ノ谷 早耶香、スウェーデン歌手MLCとのコラボ曲「Destiny feat. MLC」を公開
塩ノ谷 早耶香、新曲「流れ星」が映画『流れ星が消えないうちに』の主題歌に決定
塩ノ谷 早耶香、T-SKコラボ曲のショートバージョンムービーを公開

【関連アーティスト】
塩ノ谷早耶香
【ジャンル】
J-POP

HR、11月4日(水)にメジャー2ndシングル「トイ・ソルジャー」発売決定
Sun, 13 Sep 2015 14:00:00 +0900
HR (okmusic UP\'s)

博多の女性アイドルグループ「HR」が11月4日(水)に待望の2ndシングル「トイ・ソルジャー」をリリースすることが決定した。

【その他の画像】HR

HRは「博多を再起動(reboot)する」= Hakata Rebootの頭文字が由来。現在はオーディションで選ばれた正規生10名、研究生10名の20名で活動中。地元福岡での人気を獲得もさることながら、 『TOKYO IDOL FESTIVAL』に3 年連続出場。

現在では、全国規模の知名度となりつつある。HRは2010年8月から劇場公演を開始し、あまたきらめく福岡のアイドル界の中でも“元祖"的グループ。2015年にはメジャー・デビューを果たし、地元そのままの博多弁でのトークも彼女たちの魅力のひとつとなっている。

今年6月「夏色キャンディ」で日本コロムビアよりメジャー・デビューし、オリコンウィークリーランキング7位、デイリー3位を獲得。メジャーリリース2作目となる本作は、HRの出世作となった「希望の蕾」、作詞作曲の山田智和氏を2作ぶりに起用。

少女時代をリアルに過ごしている彼女たちが、誰かに敷かれたレールを歩くのではなく、目指す目標や夢に向かって自分の意志で歩きはじめる姿を、夢描き戦う『勇者』と表現。アイドルとして可愛いだけではない、力強いメッセージが込められた意欲作となっている。

さらに、ジャケット、MVのクリエイティブディレクションに「ミュージック・ジャケット大賞」2014、2015に2年連続ノミネートされた真田礼氏(Studio-Novel)を迎え、その世界観を表現。既存の枠にとらわれない自由な発想は、地方発のアイドルの枠も飛び越え、新たなジャンルを確立する作品だ。

■シングル「トイ・ソルジャー」

2015年11月4日(水)発売
【TYPE-A】 (CD+DVD)
COZA-1093/1094/¥1,667+税
<収録内容>
■CD
1.トイ・ソルジャー
2.ここにいる
3. Smiley Days
4.そばでぎゅっと
5.トイ・ソルジャー(Instrumental)
6.ここにいる (Instrumental)
7. Smiley Days (Instrumental)
8.そばでぎゅっと (Instrumental)
■DVD
1.トイ・ソルジャー Music Video
2.トイ・ソルジャー Music Video Making

【TYPE-B】 (CD)
COCA-17078/¥1,111+税
<収録内容>
1.トイ・ソルジャー
2.ここにいる
3.トイ・ソルジャー (Instrumental)
4.ここにいる (Instrumental)

【TYPE-C】 (CD)
COCA-17079/¥1,111+税
<収録内容>
1.トイ・ソルジャー
2. Smiley Days
3.トイ・ソルジャー(Instrumental)
4. Smiley Days(Instrumental)

【TYPE-D】 (CD)
COCA-17080/¥1,111+税
<収録内容>
1.トイ・ソルジャー
2.そばでぎゅっと
3.トイ・ソルジャー (Instrumental)
4.そばでぎゅっと(Instrumental)

◎初回生産限定 封入特典:トレーディングカード【全30種より1種ランダム封入】

【関連リンク】
HR オフィシャルHP
RYO from ORANGE RANGE、ニコ生特番でアルバム全曲試聴会決定&新曲「SHAKE IT」MV解禁
「東野・岡村の旅猿」新シーズンのゲストは持田香織「気使わなくてもいいんですかね?Every Little Thingですけど。」
ゲームソング歌姫“早乃香織”デビューALジャケ&収録曲公開

【関連アーティスト】
HR
【ジャンル】
女性アイドル

倉木麻衣、シンフォニックライブ第3弾も大成功
Sun, 13 Sep 2015 13:00:00 +0900
9月12日(土)@にすみだトリフォニーホール大ホール (okmusic UP\'s)

倉木麻衣が2015年初の単独LIVE『Mai Kuraki Symphonic Live -Opus 3-』を9月12日(土)にすみだトリフォニーホール大ホールで開催! 来年1月に同公演のLIVE DVD & Blu-rayの発売も決定した。

【その他の画像】倉木麻衣

このライブは倉木麻衣の真骨頂ともいえる大好評シリーズ第三弾。指揮者に藤原いくろう 、演奏に東京フィルハーモニー交響楽団を迎える構成はそのままに、今回は初のすみだトリフォニーホール 大ホールでの全曲フルオーケストラでのステージとなった。

ブルーの装飾が施されたゴージャスな黒のドレスに身を包んだ倉木が登場し、第一部が始まる。美しく桜が舞う演出が印象的な「Time after time 〜花舞う街で〜」、ドラマチックなピアノソロとシンフォニックアレンジが美しい「冷たい海」に続き、「Like a star in the night」では倉木のドレスがLED電飾で光り出すシンフォニック初の演出が飛び出し、輝く夜空の演出の中「星に願いを」のエンディングが響いた。続く「fantasy」も輝くドレスと共にバックのパイプオルガンには美しい夕焼けが映し出され、会場をうっとりと魅了していく。そして、「Cinema Music Special Medley」では「Smile」から「Alfie」へのメドレーをしっとり聴かせ、その後MCで「今年は楽曲制作中心の年で様々な曲を制作しているのですが、次に歌う曲はその中からの一曲で、初披露の曲になります。歌手としてデビューしてから15年歌わせていただいているのですが、この道を振り返り、またここから自分らしく、どんなことがあっても自分を信じて自分にしか歩むことのできないこの道を歩んでいきたい」そう新曲への想いを語り、新曲「My way」をかみしめるように歌い上げた。

白のロングドレスに衣装チェンジした第2部スタート「SAFEST PLACE」では、ハンドベルとの共演で会場を幸せな音色が包み込む。そして柔らかな雪の演出が切なく響く「白い雪」、指揮者藤原いくろう作曲の名バラード「儚さ」では新進気鋭のヴァイオリニスト松本蘭をゲストミュージシャンとして迎えドラマチックな世界観に彩りを添え、情感たっぷりのステージになっていく。また倉木の代名詞とも言えるヒット曲「Love, Day After Tomorrow」はこちらも初となるパイプオルガンの迫力あるサウンドとの初共演。バッハの名曲「トッカータとフーガ ニ短調」から始まるダイナミックなシンフォニックアレンジが観客を驚かせ、このライブの大きな見所のひとつとなった。

アンコールではこちらも初披露となった「Wake me up」を澄み渡る大空のように開放感たっぷりに披露、最後は大フィナーレ「always」を割れんばかりの大きな手拍子と一体となって熱唱した。

スタンディングオベーションと鳴り止まない大歓声の中、何度も丁寧に挨拶をし大きく手を振る倉木の姿と会場との一体感。倉木麻衣というアーティストの魅力が胸に迫り、この空間でしか感じ得ない大きな感動を生んでいった。

クラシカルな雰囲気の大歓声に包まれながら演奏された全16曲の内、新曲「My way」を含むシンフォニックアレンジでの初披露はなんと6曲。そしてオーケストラのバックにそびえる荘厳な巨大パイプオルガンとそこに映し出される美しい映像の数々は前回以上の迫力を演出。倉木ステージではもうおなじみとなったドラマチックな照明演出は幻想的な雰囲気を一層華やかに演出していった。

会場に響き渡る倉木麻衣ならではの伸びやかなボーカルと幻想的で荘厳なステージ演出。ため息が出るほどすべてが美し過ぎる彼女のシンフォニックライブは、回を追うごとに進化し続けている。いつもとはまた違った魅力が引き出された彼女のステージの次の展開を期待せずにはいられない。

そして、このプレミアチケットとなったLIVEの映像化が早くも発表された。発売日は2016年1月27日(水)。今回はシリーズ初となるBlu-rayでの発売も決定し、会場での感動を何度も味わうことができるばかりではなく、映像作品ならではのダイナミックなカメラワーク、臨場感溢れるサウンドもたっぷりと楽しめるはずだ。デビュー15周年を経た倉木麻衣のますますの進化から、目が離せなさそうだ。

■DVD & Blu-ray『Mai Kuraki Symphonic Live -Opus 3-』

2016年1月27日(水)発売
【DVD】(2枚組)
VNBM-7028〜7029/¥7,020(税込)
【Blu-ray】 (1枚組)
VNXM-7028/¥8,100(税込)

【関連リンク】
倉木麻衣 オフィシャルHP
倉木麻衣のシンフォニックライブ第3弾が開催決定
倉木麻衣、2015年第1弾新曲配信リリース&本人出演CMオンエア決定
倉木麻衣、15周年記念&単独300回のアニバーサリーライブを日本武道館で開催

【関連アーティスト】
倉木麻衣
【ジャンル】
J-POP, ライブ

BRADIO初2マンツアーにHOME MADE家族、ザ・チャレンジ、Negiccoの出演が決定
Sun, 13 Sep 2015 12:30:00 +0900
BRADIO (okmusic UP\'s)

BRADIOが来年1月より開催する全国ツアーのゲストアーティストを発表した。

【その他の画像】HOME MADE 家族

"未知との遭遇"をテーマに行われる東名阪の2マンライブ・ツアー「エイリアンサーカス」。今回発表されたゲストアーティストことゲストエイリアンは初日の1月8日(金)大阪公演がNegicco 、1月10(日)名古屋公演はHOME MADE家族、1月23日(土)東京公演はザ・チャレンジが出演する。

■「BRADIO “エイリアンサーカス"」

1月8日(金)大阪府・梅田 CLUB QUATTRO
出演者:Negicco
1月10日(日)愛知県・名古屋 CLUB QUATTRO
出演者:HOME MADE家族
1月23日(土)東京都・新宿 BLAZE
出演者:ザ・チャレンジ

■オフィシャルHP先行期間:9月21日(月・祝)23:59まで
受付URL : http://eplus.jp/bradio-ac/ (PC&モバイル)

【関連リンク】
BRADIOオフィシャルHP
BRADIO、アニメ『Peeping Life TVシーズン1??』OPテーマを担当
BRADIO、「京都きもの友禅」のイメージソングMV公開! 衣装コラボも!!
BRADIO、初のツーマンツアー開催&新作トレンディドラマMV完成

【関連アーティスト】
HOME MADE 家族, Negicco, BRADIO, ザ・チャレンジ
【ジャンル】
ジャパニーズロック

阿部真央、ニューシングルリリース決定&レンタル限定ベストアルバム2枚同時レンタル開始
Sun, 13 Sep 2015 12:00:00 +0900
レンタル限定ベストアルバム『阿部真央 レンタルベスト 〜恋の唄 編〜』 (okmusic UP\'s)

阿部真央が11月18日(水)にニューシングル「You changed my life」をリリースする事が決定! また、9月16日(水)にTSUTAYAで2枚のレンタル限定ベストアルバムのレンタルがスタートする。

【その他の画像】阿部真央

5月31日に全国23公演を回るホールツアー「阿部真央らいぶNo.6」を終え、大成功に収めた阿部真央。そんな彼女のニューシングル「You changed my life」はシングル曲としては自身初となる全編英語詞の楽曲。自分を変えてくれたかけがえのない人への想いが込められた楽曲でミディアムなポップナンバーで阿部真央の新境地を垣間見れる作品となってい る。

今回シングルリリースの発表と同時に、ミュージックビデオ制作に当たって特設サイトもオープン。「あなたを変えたかけがえのないもの」をテーマにユーザーから画像や動画を募集。また、「自分の人生を変えてくれた大切な人に送る手紙」を テーマに手紙も募集。集まった画像、動画、手紙を紡いだミュージックビデオを制作予定だ。募集期間は9月27日(日)23:59まで。

特設サイトでは、新曲「You changed my life」の試聴ができる他、楽曲の歌詞と和訳を掲載。あなたのかけがえのない思い出で、阿部真央の新曲のミュージックビデオ制作に参加してみてはいかがだろうか。

ニューシングルは予約・購入特典として阿部真央のオリジナルインタビューや手書きメッセージが掲載された豪華8Pの 「You changed my life」パンフレットが付く。こちらは先着特典で、数に限りがあるため、確実に入手されたい場合は店頭での早めに予約・購入をしよう。

そして、初のレンタル限定のベストアルバムは 『阿部真央レンタルベスト〜恋の唄 編〜』『阿部真央レンタルベスト〜応援歌 編〜』の2種類。『〜恋の唄 編〜』ではYoutubeで900万回再生を誇る「貴方の恋人になりたいのです」からSNSで話題を集めている「私は貴方がいいのです」「15の言葉」な ど全11曲の阿部真央の恋愛ソングを収録。『〜応援歌 編〜』ではデビューアルバムに収録される「ふりぃ」やNHK Eテレ アニメ「ベイビーステップ」のオープニングテーマとしてお馴染みの「Believe in yourself」など阿部真央の応援ソングを11曲収録。 阿部真央の代表曲がつまったベスト、ニューシングルとあわせてチェックしよう。

■シングル「You changed my life」特設サイト
http://youchangedmylife.info/

■シングル「You changed my life」

2015年11月18日発売?
【初回限定盤】(CD+DVD)
PCCA-04294/¥1,500(+税)
<収録内容>
■CD
01. You changed my life
02. 楽になれるまで
03. You changed my life(Inst.)
■DVD
「You changed my life」 music clip(予定)

【通常盤】(CD only)
PCCA-70462/¥1,000(+税)
<収録内容>
01. You changed my life
02. 楽になれるまで
03. You changed my life(Inst.)

◎店頭予約・購入特典
先着購入者特典:豪華8Pの「You changed my life」パンフレット
※特典につきましては、一部取り扱いの無いCDショップもございますので、詳しくは店舗までお問い合わせ下さい。
※ネット販売につきましても、一部取り扱いの無い場合もございますので、各WEBショップの告知をご確認下さい。
※特典終了の際はご了承ください。

■レンタル限定ベストアルバム情報

『阿部真央 レンタルベスト 〜恋の唄 編〜』
2015年9月16日(水)レンタルスタート
01. じゃあ、何故(3rdアルバム『素。』収録)
02. 貴方の恋人になりたいのです(2ndシングル)
03. ロンリー(4thシングル)
04. 私は貴方がいいのです(3rdシングル収録)
05. 貴方が好きな私(10thシングル)
06. boyfriend(10thシングル)
07. 嘘つき(12thシングル収録)
08. 15の言葉(2ndアルバム『ポっぷ』収録)
09. for ロンリー(3rdアルバム『素。』収録)
10. 天使はいたんだ(5thアルバム『貴方を好きな私』収録)
11. いつの日も(3rdシングル)

『阿部真央 レンタルベスト 〜応援歌 編〜』
2015年9月16日(水)レンタルスタート
01. ふりぃ(1stアルバム『ふりぃ』収録)
02. Believe in yourself(11thシングル)
03. 這い上がれMY WAY(6thアルバム『おっぱじめ!』収録)
04. 世界はまだ君を知らない(8thシングル)
05. キレイな唄(1stアルバム『ふりぃ』収録)
06. 伝えたいこと(1stシングル)
07. モットー。(6thシングル)
08. 戦いは終わらない(4thアルバム『戦いは終わらない』収録)
09. 走れ(3rdアルバム『素。』収録)
10. ポーカーフェイス(2ndアルバム『ポっぷ』収録)
11. それぞれ歩き出そう(12thシングル)

【関連リンク】
阿部真央 オフィシャルHP
阿部真央、全国ツアーファイナルで第1子妊娠をあらためて報告
阿部真央、映像作品発売に先駆けCS局3局・GYAO!にて先行公開
阿部真央、引き続き「Believe in yourself」が「ベイビーステップ」第2シリーズオープニングテーマに!

【関連アーティスト】
阿部真央
【ジャンル】
J-POP

TRUSTRICK、10月28日(水)リリース初の映像作品のトレーラー映像を公開
Sun, 13 Sep 2015 11:00:00 +0900
??TRUSTRICK (okmusic UP\'s)

神田沙也加(Vo)とBilly(Gt)によるユニット、TRUSTRICKが10月28日(水)に発売する自身初のDVD『TRUSTRICK First Film“Iolite"』のトレーラー映像がオフィシャルサイトで公開された。

【その他の画像】神田沙也加

DVDに収録されるのは、7月4日に品川ステラボールで行われた“Iolite"。6月に渋谷TSUTAYA O-EASTで行われたスタンディングLIVE“Garnet"と対をなす、TRUSTRICK初の全着席型LIVEだ。

本DVDでは、舞台装飾、映像、弦カルテットとの共演など様々な趣向を凝らした内容のLIVE本編だけではなく、初期の企画会議からリハーサルの模様、当日の舞台裏の様子などが織り交ぜられた、ドキュメンタリーフィルムとなっており、TRUSTRICK初の映像作品となる。

公開された映像は、ステージでのLIVE映像だけではなく、リハーサルでの笑顔や緊張した面持ちなど、本作がただのLIVE DVDではないことを予感させるに十分な内容。

この“Iolite"の??特別先行上映会が、9月24日(木)東京・品川プリンスシネマ、翌日9月25日(金)に、大阪・なんばパークスシネマの2か所で開催されるが両日ともにチケットは完売している。

また、??12月18日(金)にZepp DiverCity(TOKYO)にて行われるワンマンLIVE「TRUSTRICK LIVE PROUD 2015“Good Bye Stray Sheep"」のチケットの2次先行受付がいよいよ9月13日(日)23:59までとなる。こちらはオフィシャルサイトからのリンクで申込を。

神田が映像出演し、12月3日から公演が始まる「スーパーダンガンロンパ2 THE STAGE 〜さよなら絶望学園〜」のテーマソングをTRUSTRICKが担当することも既に発表済み。デビュー2年目に突入したTRUSTRICKの挙動に目が離せなさそうだ。

■DVD『TRUSTRICK First Film“Iolite"』トレーラー映像
https://www.youtube.com/watch?v=gKbMVaxNQ-s?

■DVD『TRUSTRICK First Film“Iolite"』

2015年10月28日(水)発売
COBA-6864/¥4,500+税

【関連リンク】
TRUSTRICK ?オフィシャルHP
アニサマ2015が大盛況のうちに閉幕、アニサマ2016開催も決定
TRUSTRICK、初映像作品『TRUSTRICK First Film“Iolite"』のビジュアル解禁
?TRUSTRICK、初の映像作品『TRUSTRICK First Film“Iolite”』を10月にリリース

【関連アーティスト】
神田沙也加, TRUSTRICK
【ジャンル】
J-POP

八代亜紀?、プロデューサーに寺岡呼人を迎えた?ニューアルバム『?哀歌-aiuta-』の発売が決定
Sun, 13 Sep 2015 10:00:00 +0900
??八代亜紀? (okmusic UP\'s)

八代亜紀が10月28日(水)にブルースアルバム『?哀歌-aiuta-』をリリースすることが決定した。

【その他の画像】OKAMOTO\'S

同作のコンセプトは、八代がこれまで歌ってきた日本の「歌謡ブルース」と、本場・アメリカの心を歌い継いできた「BLUES」。 一見、「ブルース」という言葉しか共通しない両者であるが、実は根底にある魂は繋がっているのではないのか。そしてその両者をクロスオーバーさせ、八代亜紀にしか歌えない2015年のブルースを生み出した作品?となる?。

?プロデューサーには寺岡呼人を起用?。?きっかけは?2015年2月4日に発売されたTHE BLUE HEARTSのトリビュート盤の監修をしていた寺岡が、「悲しいうわさ」の歌唱を八代に依頼したのが最初の接点?。その後、?本?アルバム企画のプロデューサーを探している?際に?スタッフから寺岡の名前が上がり?、?オファーしたところ快諾し実現した?。

?さらに注目すべきはその豪華な作家陣?による???「世代を超えたコラボレーション」だ。?2015年に新しい形のブルースを鳴らすべく、プロデューサー・寺岡より依頼した3アーティスト。THE BAWDIESは彼らならではのブギー調のブルース「Give You What You Want」を、横山剣は大人の「歌謡ブルース」を見事に表現した「ネオンテトラ」を、中村 中は「哀しい歌が歌いたい」という八代のリクエストに応える形で「命のブルース」を、それぞれ提供?した?。「Give You What You Want」にはOKAMOTO\'Sよりハマ・オカモト、オカモトコウキが演奏にて参加している点にも注目だ。

そして?今回のアルバムを制作するにあたり、八代はレコーディングの合間を縫ってブルースの聖地・メンフィスをBSフジの特番企画で訪れている。現地では約1週間(7/24-7/30)にわたり、ブルースの名所を訪ね、様々な人と文化に触れてきた。エルビスプレスリーの邸宅「グレイスランド」、ロックンロールを誕生させた伝説のスタジオ「サンスタジオ」、様々なブルースマンが日夜腕を磨いてきたメンフィスの「ビールストリート」、等々。そして、「BBキングブルースクラブ」では現地ミュージシャンと共演。アルバム収録曲の「The House of the Rising Sun」と?、?八代亜紀のオリジナル曲「もう一度逢いたい」をコラボレーションした。番組は?今?秋にBSフジ?にて?2時間特番で放送予定?。

なお、?今作はほとんどの?アルバム?収録??曲?が??メンフィスから帰国後に歌入れされて?おり、八代がブルースの聖地で感じた生の「BLUES」を体感できることだろう?。

?今回のアルバムの発売を記念して、11?月?17?日?(火)ブルーノート東京で?一夜限りのスペシャルライブが決定。?八代亜紀としては?約?3?年ぶりの同所での公演??となるが、?前回?も?発売と同時に完売。?本公演も?プレミアムチケットになること間違いなし?だ?。昼夜2回公演で、約500名を動員予定。詳細は公演公式ページでご確認を。

■八代亜紀 BLUE NOTE TOKYO 公演公式ページ
http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/aki-yashiro/?

■【コメント】

■プロデューサー? ?寺岡呼人コメント?
自分でも予想だにしないオファーに最初はビックリしました。
しかし、こんなチャンスは滅多にないと思い、二つ返事で引き受けました。
レコーディングさせて頂いて、兎にも角にも驚いたのは、その歌唱力と説得力です。
リズム録りの際、ご本人はあまり歌いたがらず「そこを何とか!」と仮歌をお願いすると、ビックリするような歌をサラッと歌い、その歌にミュージシャン達も鼓舞され、演奏がガラッと変わるのです。

歌入れも大体1テイクから2テイクで終わり。
1日で最大5曲の歌を入れた事もあります。
??しかもどれも完璧なのです。
今若手のアーティストは歌入れは1日1曲〜2曲が精一杯で、しかも何テイクも録り、コンピューターで細かく直していきます。
そんな中での八代さんの歌唱力は僕にとって驚愕に値するものでした。

「ボーカリストはかくあるべし」
今後の僕自身のキャリアにとっても、とても貴重な体験をさせて頂きました。

アルバムのプロデューサーとしては、「洋邦のブルース」というテーマだったのですが、日本のブルースというと、僕ら世代にとっては「歌謡ブルース」「演歌」というイメージが強かったのですが、村田陽一さんのモダンなアレンジ解釈により、むしろ現代の人にこそ聴いて欲しい楽曲に生まれ変わりました。
そして、そこに八代さんの唯一無二の声が吹き込まれ、現在進行形の「ジャパニーズブルース」が出来上がったと思っています。
更に、クレイジーケンバンドの横山剣さん、THE BAWDIES、中村 中の書き下ろし曲を加える事で、オリジナリティ溢れる「八代亜紀のブルース」が完成したと思います。

八代さんのファンの方はもちろん、このアルバムは若い人達にこそ聴いてもらいたいアルバムになりました。
是非聴いてみてください。

■「Give You What You Want」提供? ????THE BAWDIESコメント?
今回、八代亜紀さんのブルースアルバムへの楽曲提供として参加させていただけたことを本当に光栄に感じています。
THE BAWDIESのルーツであるブルースがテーマであるからこそ、僕達にしか書けない楽曲を、日本を代表する偉大なシンガー八代亜紀さんに歌っていただきたいと思いました。
完成した楽曲を初めて聴いた瞬間、八代さんの魂の宿った歌声の力強さ、包容力に圧倒させられました!
そしてこの作品が世代を越えた様々な方に届き、ブルースやロックンロールという音楽が"感情の爆発"であるということを伝えてくれると信じています!

■「ネオンテトラ」提供? ?横山剣コメント?
八代亜紀さんに曲を書く。
子供の頃から作曲家志望だった僕にとってこれは音楽屋冥利に尽きる栄誉で御座います。
事前打ち合わせでの八代亜紀さんからのリクエストはずばり「悲しい歌」でした。
その時、内心「そう来なくっちゃ!」って思いました。
「なぜ応援歌ばかりなんだよ?」「なぜ前向きじゃなきゃいけないんだよ?」「ネガティヴな歌から力を貰った俺の気持ちはどうなっちゃうんだよ!」と・・・。
そんな恨みが全身に駆け巡ってる状況にありましたから余計にね。
悲しみを毒とするならば、毒をもって毒を制すのが哀歌の世界。
言ってみればブルース。
悲しみと真っ正面から向き合う清らかさ、力強さにグッと来るんでしょう。
そんな想いに押し出されるように生まれたのが「ネオンテトラ」という楽曲です。

寺岡呼人さん、村田陽一さんによる素晴らしいオケに八代亜紀さんの歌声が流し込まれた完成盤を聴いて、無条件に身体が、心が震えました。
有り難う御座います!!!
イイネ!!! イイネ!!! イイネ!!!

■?「命のブルース」提供? ?中村? ?中コメント?
八代亜紀さんとはじめてお会いしたのは、2014年の宮崎でのライブフェスにて。
名曲「舟唄」は世代を越えて愛されていて、フェスでの歌唱もド迫力でした。
途中のダンチョネ節に聞き入って、息をするのを忘れてしまうほどに。
そんな八代亜紀さんが新たなブルースを歌うとのこと。
日本人の解釈で演奏した「日本のブルース」には、どこか仄暗さを感じます。
それは、戦後の痛みの中、昭和という時代の流れの中で、せめて歌の中では夢を見ようとする、人々の「生き様」を感じるからかも知れません。
ブルースは、必死に働きながら生きる人々に、喜びや活力を与えてくれます。
貧しくとも、さみしくとも、なにくそ!と自分を奮い立たせるために、そして、悲しみは胸に秘め、いたずらに露にしない奥ゆかしい人にこそ、せめて歌の中では、そっと「怨み」を吐きだして欲しくて、「命のブルース」は、うまれました。

?■八代亜紀コメント?
ご近所さんが座布団を持って我が家に聴きに集まる程の名手であった父の吟う浪曲を子守唄がわりに聴いて育ちました。
「声音の変化」「フレーズの抑揚」「ブレスの緩急」そして「言霊」。
こういったものが渾然一体となってまだ物心もつかない私の幼心の琴線にも確実に届いていました。
切ない母子ものを聴きながら意味も分からずに「おとうさん、悲しいね」と感想を言っていたそうです。
そんな幼時体験を持つ私にとって「浪曲は日本のブルースである」という持論を持つに至ったのは極自然な流れでした。
初めてブルースを聴いた時にもあの時と全く同じ衝撃を経験しました。
そしてそれは今聴いても変わることはありません。
即ち普遍的な「悼み」「哀しみ」は時代、言葉、場所といったギャップを問わないということなのでしょう。
今回の「哀歌」でも求めたものは「普遍」。
洋邦各年代のカバー、そして21世紀の今を切り取る新作ブルース。
12通りの「哀」が詰まった『哀-aiuta-』の完成です。

■アルバム『哀歌-aiuta-』

2015年10月28日(水)発売
COCP-39274/¥3,000+税
<収録曲>
01.St.Louis Blues
02.The Thrill Is Gone
03.別れのブルース
04.フランチェスカの鐘
05.Give You What You Want (THE BAWDIES 提供楽曲)
06.ネオンテトラ(横山剣提供楽曲)
07.命のブルース(中村 中提供楽曲)
08.The House of the Rising Sun
09.夢は夜ひらく
10. Bensonhurst Blues
11.あなたのブルース
12.Sweet Home Kumamoto

【関連リンク】
八代亜紀 レーベルオフィシャルHP
くるり主催の野外イベント「京都音博」出演者ラインナップがついに発表
八代亜紀ら多彩なゲストも出演した『大怒髪展2015』に1300人が熱狂
怒髪天のイベント『大怒髪展 2015』に八代亜紀、SA、SCOOBIE DOの出演が決定

【関連アーティスト】
OKAMOTO\'S, THE BAWDIES, 寺岡呼人, 八代亜紀, 横山 剣
【ジャンル】
演歌/歌謡曲













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1