歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2015年09月10日)
バックナンバー
最新ニュース
2015/09/19
2015/09/18
2015/09/17
2015/09/16
2015/09/15
2015/09/14
2015/09/13
2015/09/12
2015/09/11
2015/09/10
2015/09/09
2015/09/08
2015/09/07
2015/09/06
2015/09/05
2015/09/04
2015/09/03
2015/09/02
2015/09/01
2015/08/31
2015/08/30
2015/08/29
2015/08/28
2015/08/27
2015/08/26
2015/08/25
2015/08/24
2015/08/23
2015/08/22
2015/08/21
2015/08/20
2015/08/19
2015/08/18
2015/08/17
2015/08/16
2015/08/15
2015/08/14
2015/08/13
2015/08/12
2015/08/11
2015/08/10
2015/08/09
2015/08/08
2015/08/07
2015/08/06
2015/08/05
2015/08/04
2015/08/03
2015/08/02
2015/08/01
2015/07/31
2015/07/30
2015/07/29
2015/07/28
2015/07/27
2015/07/26
2015/07/25
2015/07/24
2015/07/23
2015/07/22
2015/07/21
2015/07/20
2015/07/19
2015/07/18
2015/07/17
2015/07/16
2015/07/15
2015/07/14
2015/07/13
2015/07/12
2015/07/11
2015/07/10
2015/07/09
2015/07/08
2015/07/07
2015/07/06
2015/07/05
2015/07/04
2015/07/03
2015/07/02
2015/07/01
2015/06/30
2015/06/29
2015/06/28
2015/06/27
2015/06/26
2015/06/25
2015/06/24
2015/06/23
2015/06/22
2015/06/21
2015/06/20
2015/06/19
2015/06/18
2015/06/17
2015/06/16
2015/06/15
2015/06/14
2015/06/13
2015/06/12
2015/06/11
2015/06/10
2015/06/09
2015/06/08
2015/06/07
2015/06/06
2015/06/05
2015/06/04
2015/06/03
2015/06/02
2015/06/01
2015/05/31
2015/05/30
2015/05/29
2015/05/28
2015/05/27
2015/05/26
2015/05/25
2015/05/24
2015/05/23
2015/05/22
2015/05/21
2015/05/20
2015/05/19
2015/05/18
2015/05/17
2015/05/16
2015/05/15
2015/05/14
2015/05/13
2015/05/12
2015/05/11
2015/05/10
2015/05/09
2015/05/08
2015/05/07
2015/05/06
2015/05/05
2015/05/04
2015/05/03
2015/05/02
2015/05/01
2015/04/30
2015/04/29
2015/04/28
2015/04/27
2015/04/26
2015/04/25
2015/04/24
2015/04/23
2015/04/22
2015/04/21
2015/04/20
2015/04/19
2015/04/18
2015/04/17
2015/04/16
2015/04/15
2015/04/14
2015/04/13
2015/04/12
2015/04/11
2015/04/10
2015/04/09
2015/04/08
2015/04/07
2015/04/06
2015/04/05
2015/04/04
2015/04/03
2015/04/02
2015/04/01
2015/03/31
2015/03/30
2015/03/29
2015/03/28
2015/03/27
2015/03/26
2015/03/25
2015/03/24
2015/03/23
2015/03/22
2015/03/21
2015/03/20
2015/03/19
2015/03/18
2015/03/17
2015/03/16
2015/03/15
2015/03/14
2015/03/13
2015/03/12
2015/03/11
2015/03/10
2015/03/09
2015/03/08
2015/03/07
2015/03/06
2015/03/05
2015/03/04
2015/03/03
2015/03/02
2015/03/01
2015/02/28
2015/02/27
2015/02/26
2015/02/25
2015/02/24
2015/02/23
2015/02/22
2015/02/21
2015/02/20
2015/02/19
2015/02/18
2015/02/17
2015/02/16
2015/02/15
2015/02/14
2015/02/13
2015/02/12
2015/02/11
2015/02/10
2015/02/09
2015/02/08
2015/02/07
2015/02/06
2015/02/05
2015/02/04
2015/02/03
2015/02/02
2015/02/01
2015/01/31
2015/01/30
2015/01/29
2015/01/28
2015/01/27
2015/01/26
2015/01/25
2015/01/24
2015/01/23
2015/01/22
2015/01/21
2015/01/20
2015/01/19
2015/01/18
2015/01/17
2015/01/16
2015/01/15
2015/01/14
2015/01/13
2015/01/12
2015/01/11
2015/01/10
2015/01/09
2015/01/08
2015/01/07
2015/01/06
2015/01/05
2015/01/04
2015/01/03
2015/01/02
2015/01/01
2014/12/31
2014/12/30
2014/12/29
2014/12/28
2014/12/27
2014/12/26
2014/12/25
2014/12/24
2014/12/23
2014/12/22
2014/12/21
2014/12/20
2014/12/19
2014/12/18
2014/12/17
2014/12/16
2014/12/15
2014/12/14
2014/12/13
2014/12/12
2014/12/11
2014/12/10
2014/12/09
2014/12/08
2014/12/07
2014/12/06
2014/12/05
2014/12/04
2014/12/03
2014/12/02
2014/12/01
2014/11/30
2014/11/29
2014/11/28
2014/11/27
2014/11/26
2014/11/25
2014/11/24
2014/11/23
2014/11/22
2014/11/21
2014/11/20
2014/11/19
2014/11/18
2014/11/17
2014/11/16
2014/11/15
2014/11/14
2014/11/13
2014/11/12
2014/11/11
2014/11/10
2014/11/09
2014/11/08
2014/11/07
2014/11/06
2014/11/05
2014/11/04
2014/11/03
2014/11/02
2014/11/01
2014/10/31
2014/10/30
2014/10/29
2014/10/28
2014/10/27
2014/10/26
2014/10/25
2014/10/24
2014/10/23
2014/10/22
2014/10/21
2014/10/20
2014/10/19
2014/10/18
2014/10/17
2014/10/16
2014/10/15
2014/10/14
2014/10/13
2014/10/12
2014/10/11
2014/10/10
2014/10/09
2014/10/08
2014/10/07
2014/10/06
2014/10/05
2014/10/04
2014/10/03
2014/10/02
2014/10/01
2014/09/30
2014/09/29
2014/09/28
2014/09/27
2014/09/26
2014/09/25
2014/09/24
2014/09/23
2014/09/22
2014/09/21
2014/09/20
2014/09/19
2014/09/18
SCANDAL、女性・男性限定ライヴ開催&初ツイキャス配信も好評
Thu, 10 Sep 2015 20:00:00 +0900
9月9日@CUTUP STUDIO (okmusic UP\'s)

SCANDALが9月9日に22枚目となるニューシングル「Sisters」のリリースを記念して、TOWER RECORDS渋谷店地下1F「CUTUP STUDIO」で、300人の女性限定ライヴ『SCANDAL 「Sisters」 RELEASE PARTY! SISTERS SPECIAL LIVE!』、男性300人限定ライヴ『SCANDAL 「Sisters」 RELEASE PARTY! BROTHERS SPECIAL LIVE!』を開催した。

【その他の画像】SCANDAL

TOWER RECORDSとSCANDALがコラボし“NO MUSIC, NO Sisters?"という新曲「Sisters」をもじった企画で、幸運にも選ばれた男女300人が渋谷タワーレコード地下のライヴスペースに集結!

まず『SISTERS SPECIAL LIVE!』と銘打った女性限定ライヴからスタート。会場は映画『ひなぎく』の主人公にちなんだドレスコードの花かんむりをかぶった女性300名で超満員となり、華やかなムードにつつまれた。今回はJ-WAVE「SMILE ON SUNDAY」でライヴの模様のオンエアもあり、MCを務めるレイチェル・チャンの呼び込みとともに遂にSCANDALが登場。豪雨のなか、300人の女性ファンがTOWER RECORDS渋谷店に集まってくれたファンに向かって、HARUNA(Vo.&Gt.)が「リリースパーティーへようこそ!」とSistersに声をかけ、女性ファンが歓声をあげる。

「凄い雨降ってたでしょう? 大雨で来れなかった人もかなりいるって聞いたんだけど…」とHARUNA(Vo.&Gt.)が問いかけると、「石川から来たよ〜!」「大阪!」「名古屋!」など遠方からの参加者もかなりいたようで、メンバーは驚きながらも「残念ながら今日来れなかった人の分まで、楽しみましょう!」と観客をあおる。

ライヴはワールドツアー後初のリリース作「Stamp!」を皮切りに、この日リリースとなった最新作「Sisters」は勿論、その表題曲とは打って変わって生の音を活かしたロックなナンバーであるカップリング曲「LIFE IS A JOURNEY」や、女性限定ライヴのみで披露した「少女S」、今やライヴの定番曲として定着した「Image」と、計5曲を披露。会場には先日のMV撮影に参加したファンもちらほら見られ、彼女達を中心に新曲「Sisters」MVさながらの一体感に包まれた。

その後、行われた男性限定ライヴではJ-WAVE『BEAT PLANET』でナビゲーターを務めるサッシャが登壇。今度は男性のみの会場ということでさらなる熱気に包まれ、女性限定ライヴとは違い「お願いナビゲーション」を披露。セットリストも異なったことも相まって、また違ったパワフルな盛り上がりを見せた。

本日のイベントの一部模様は、9月10日(木) に、サッシャがナビゲーターを務めるJ-WAVE(81.3FM)『BEAT PLANET』(11:30〜14:00)、9月13日(日) に、レイチェル・チャンがナビゲーターを務めるJ-WAVE(81.3FM)『SMILE ON SUNDAY』(9:00〜13:00)内でオンエアされる予定となっているので、是非チェックしてほしい。

ライヴの興奮冷めやらぬ中、その後はSCANDAL初のツイキャスにも挑戦。メンバーも新曲「Sisters」や来月公開されるドキュメンタリー映画の魅力を余すことなく語り、累計約8万ビュー、2万5000コメントを越える大盛り上がりに。番組内で使用したハッシュタグ「#scandal_sisters」はTwitterのトレンドワードにもランクイン。新曲についてファンからの「楽しみ!」「もう聴いたよ!」といったコメントも殺到し、その盛り上がりの甲斐あり、新曲「Sisters」のMV撮影時に同時に制作した、エキストラ出演したファンの女の子で構成したアザーverミュージックビデオもこの放送内で公開。多くの女性ファンのSCANDAL愛に溢れるMVに、「いい企画!」とのコメントも数多く見受けられた。

こちらのアザーバージョンのMVは有料携帯サイト「CLUB SCANDAL」にてフル尺バージョンが公開されている。また、Gyao!では期間限定でSCANDAL出演の本編MVのフル尺バージョンが公開されているので是非チェックしてみてほしい。

年末には東名阪アリーナツアーも決定しているSCANDALが300人規模のライヴで新曲「Sisters」を聴けたイベントや、リアルタイムで直接楽曲の感想を伝えることができたツイキャスなど、ファンにとっては一緒にリリースを祝えた思い出深い一日となったに違いない。

来月にはドキュメンタリー映画『SCANDAL “Documentary film「HELLO WORLD」"』の公開も決定しており、公開初日の10月17日(土)にはユナイテッド・シネマ豊洲と、ユナイテッド・シネマ浦和でメンバーが登壇する舞台挨拶も決定しており、チケットも本日から発売開始となる。詳しくは映画オフィシャルホームページをチェックしてほしい。

年末には、4万人動員の初の東名阪アリーナツアー『SCANDAL ARENA TOUR 2015-2016『PERFECT WORLD』』、更には来年2016年結成10周年となる8月21日(日)に結成の地・大阪で凱旋野外イベントの開催も決定している。今後も勢いを加速していく彼女達から目が離せない。

■【セットリスト】

M1 Stamp!
M2 LIFE IS A JOURNEY
M3 少女S(SISTERS SPECIAL LIVE)/お願いナビゲーション(BROTHERS SPECIAL LIVE)
M4 Sisters
M5 Image

【関連リンク】
SCANDAL オフィシャルHP
SCANDAL、9月9日シングル発売記念ツイキャス緊急決定
SCANDAL、タワーレコード22店舗限定“NO MUSIC, NO Sisters?"コラボポスターが完成
SCANDAL、新曲「Sisters」MV解禁&シングル購入者特典発表

【関連アーティスト】
SCANDAL
【ジャンル】
J-POP, ライブ

TWEEDEES、新曲を完全生産限定7インチアナログ盤でリリース
Thu, 10 Sep 2015 19:30:00 +0900
シングル「Winetr’s Day e.p.」 (okmusic UP\'s)

女優として、またソロシンガーとして活躍する清浦夏実と、作曲家/音楽プロデューサー/アレンジャー/ベーシストとして幅広く活躍中の沖井礼二(ex-Cymbals)の2人からなるポップグループ「TWEEDEES」(トゥイーディーズ)が、待望の新曲リリースを発表した。

【その他の画像】Cymbals

グループ初となるシングルは、TWEEDEESらしく7インチのアナログ盤でのリリースとなる。今年の冬を美しく彩る新曲「Winter\'s Day」と、カップリングには今年3月にリリースしたアルバム「The Sound Sounds.」に収録の「Boop Boop Bee Doop!」を、今回のリリースのために新たにミックスし直した新ヴァージョンが収録されている。

7インチアナログ盤は、2015年11月3日に発売となり、1stアルバムの『The Sound Sounds.』のLP盤も同日に発売される。7インチ、LPともに完全数量限定生産となっているためレアアイテム化は必至。発売日を楽しみにしておいて欲しい。また、翌日11月4日には「Winter\'s Day」、「Boop Boop Bee Doop!〜New Mix〜」共に、各配信サイトにて配信を予定している。

9月15日には第3回目となるニコニコ生放送「TWEEDEES TV "Tutti Frutti" vol.3」の放送を控えており、こちらもぜひチェックして欲しい。

■【TWEEDEESコメント】

■TWEEDEES 清浦夏実
親愛なる皆様。秋めいて参りましたがいかがお過ごしでしょうか。
TWEEDEESの新作は7インチ&配信という形態になりました。
お恥ずかしながら私はレコードを持つのはこれが初めてで、
まさかそれが自分の作品になるとは…。とても嬉しく思います。
父のプレーヤーを借りて聴こうと思っています。もちろん配信でも。
冬の物語をあなたに。

■TWEEDEES オキイレイジ
アナログのレコード。僕が大学生くらいの頃には街に出るとレコード屋に行かない日は無く、レコード屋から手ぶらで出る事もありませんでした。大きなジャケットを手にする喜び、針を落とすときのわくわく。A/B面という構造からくるドラマ感。そして立体感のある音質。先にCDで気に入った作品は必ずアナログでも買い求めました。本当に大好きでした。にもかかわらず、これまで自分の作品をアナログ盤でリリースしようと思わなかったのは、きっと何か(今にして思うと)下らない拘りがあったからなのでしょう。今回のリリースを世界で一番楽しみにしているのはきっと僕だと思います。久しぶりに針の交換でもしながら、冬の訪れをみなさんと一緒に待ちたく思います。

■ニコニコ生放送

ニコニコ生放送 「TWEEDEES TV "Tutti Frutti" vol.3」 配信
9月15日(火)21:00〜22:00予定
http://live.nicovideo.jp/watch/lv234460486

■シングル「Winetr\'s Day e.p.」

シングル「Winetr\'s Day e.p.」
2015年11月3日発売
TRDS-1002 ¥1,200+税
<収録曲>
SIDE A:「Whinter\'s Day」
SIDE B:「Boop Boop Bee Doop!〜New Mix〜」

■アルバム『The Sound Sounds.』

2015年11月3日発売
TRRD-1001 ¥2,800+税
※お取り扱い店舗詳細は 追ってタワーレコードHPにて告知致します。

■配信情報

「Whinter\'s Day」
「Boop Boop Bee Doop!〜New Mix〜」
2015年11月4日配信
各配信サイトにて配信開始。

■ライヴ情報

『TWEEDEES×カラスは真っ白 2マンライヴ 「ながつきシュガーコーティング手榴弾スープ」』TWEEDEES×カラスは真っ白 2マンライヴ 「ながつきシュガーコーティング手榴弾スープ」
9月27日(日) WWW
OPEN 17:00、START 17:30
チケット: 前売り3000円 当日3500円 (ドリンク代別)
☆ライブにお越しのお客様に、本イベント限りのスペシャルコラボ缶バッジバッジをプレゼント!(数量限定・先着順での配布となりますので、配布終了の際はご容赦下さい。
☆当日だけの会場販売グッズとしてスペシャルコラボマフラータオルを販売致します。(数量限定となりますので品切れの際はご容赦下さい。)

『TWEEDEES×北川勝利(ROUND TABLE) 2マンライヴ 「Victoria\'s Circus vol.1」』
10月21日(水) TSUTAYA O-WEST
OPEN 18:30、START  19:30
チケット:前売り4000円、当日4500円(ドリンク代別)

『AGEOまちフェス2015』
10月10日(土) カフェ・ド・グランベル
OPEN/START現在調整中
チケット:2,432円(手数料込み) ※ドリンク代別
出演アーティスト:TWEEDEES / Chris Van Cornell / TTRE / and more

【関連リンク】
TWEEDEES オフィシャルHP
TWEEDEES×北川勝利(ROUND TABLE)秋の自主企画2マン詳細決定
TWEEDEESが9月と10月に対バンライブを開催
TWEEDEESの1stアルバム発売を祝して各関係者よりコメントが到着

【関連アーティスト】
Cymbals, TWEEDEES
【ジャンル】
ジャパニーズロック

おじいちゃん、おばあちゃんに会いたくなる曲
Thu, 10 Sep 2015 18:33:00 +0900


ミュージックソムリエ協会では、「こんな時に聴きたい音楽!」ということで、日常のヒトコマで、ふっと聴きたい音楽を選曲しました。選曲はすべて、ミュージックソムリエ(http://musicsommelier.jp)によるもの。
シルバーウィークが近づくと、百貨店や花屋さんなどに登場する、敬老の日お祝いグッズ。お店に並ぶアイテムを見ていると、おじいちゃん、おばあちゃんと過ごした楽しい思い出が、自然と蘇ってくるものです。そこで今回は、「おじいちゃん、おばあちゃんに会いたくなる曲」を選んでみました。おじいちゃん、おばあちゃんがご健在の方も、そうでない方にも、9月21日 敬老の日がおじいちゃん、おばあちゃんのことを思う幸せな1日になりますように。


【その他の画像】植村花菜

■1.「Grandma’s Hands」/Bill Withers
https://www.youtube.com/watch?v=TdrChyGb574

今年ロックの殿堂入りを果たしたビル・ウィザースの1971年のシングル曲です。「日曜日の教会で手拍子をたたいていたおばあちゃんの手、キャンディを握らせてくれたおばあちゃんの手・・・」ビル自身にとって特別な存在だった亡き祖母の思い出を歌った歌で、ラストでは「もしも天国に行った時には、まずおばあちゃんの手を探すよ」と歌っています。
シンプルで短い歌ですが、ビル・ウィザースの声がぐっと心に響きます。
おばあちゃんの優しくあったかい手に会いたくなりますね。
(選曲・文/阪口マサコ)

■2.「サーチライト」/玉置浩二
https://youtu.be/ii9Fn2i7-C8

ご本人が、我南人(がなと)役で出演されていたドラマ「東京バンドワゴン〜下町大家族物語」のエンディングテーマです。家族揃って屋根の上に腰掛け、夜空の星を眺めているエンドロールの映像にのせてこの曲が流れてくるのですが、毎週のことながらつい涙腺が緩んでしまっていました。キラキラと儚げで懐かしい光景が思い起こされる、切なくも温かな名曲です。
暗闇の中でも、唯一の希望を持たせてくれるサーチライトの光に、遠くからいつでも自分達を優しく見守ってくれる心の拠り所、おじいちゃん・おばあちゃんの存在が重なるような気がして、ふと「あ、会いたいな。会えたら良いな…。」と、そんな風に思えるのです。
(選曲・文/高原千紘)

■3.「針切じいさんのロケン・ロール」/植木等

理想のおじいちゃん・おばあちゃんは、人それぞれ色々いるかと思いますが、さくらももこが描く『ちびまる子ちゃん』の友蔵じいさんは、彼女が思う理想のおじいさんを具現化したものだと言われています。現実は、真逆の性格だったという話もあるそうですが。
というわけで、このアニメのエンディングテーマとして使われた楽曲を今回選曲してみました。「針切じいさんのロケン・ロール」。歌っているのは植木等。この人も1990年代は理想のお爺さんというイメージがあります。こういう明るくてモダンなお爺さん、絵になりますね。楽曲は外国曲のカバーだそうで、編曲したのはなんと大滝詠一。コーラスにはイルカや野村義男なども加わって、かなり豪華です。
そういえば「スーダラ節」を始めとする彼の楽曲をメドレーにした「スーダラ伝説」と、ちびまる子ちゃんがアニメ化されてテーマ曲の「おどるポンポコリン」が大ヒットしたのは同じ1990年のこと。幼心にこの2作は強く心に残っています。その年の紅白では「おどるポンポコリン」を歌ったB.B.クイーンズと植木さんが対決するという曲順でしたが、そこから5年経って起用されたのはきっと偶然ではなく必然だったように思うのは私だけでないように感じます。
(選曲・文/Kersee)

■4.「トイレの神様」/植村花菜
https://youtu.be/Z2VoEN1iooE

おじいちゃんやおばあちゃんの存在は、どうしてこんなに温かいのでしょうか。
どんなに離れていても、子供時代の事を昨日のように覚えてくれていて、親よりもさらに大きく包み込んでくれる。当たり前のようにいてくれるけれど、いつか見送らなければいけない時が来る、かけがいのない存在ですね。
この歌の世界も同様に当たり前のように自分の成長を見守ってくれたおばあちゃんとのストーリーを、ギター1つで唄い綴っています。
トイレの神様の話で繋がった、今と昔の自分とおばあちゃん。おばあちゃんは最後に天国に旅立ちます。
でも、おばあちゃんから言われたトイレの神様の話しは、植村花菜さん本人の中でずっと生きてやがて多くの人の胸に感動と共感を呼びました。
何度聴いても、この歌を聴くと会いたくなる人がいます。
(選曲・文/宮川桃子)

■5.「When I’m Sixty Four」/THE BEATLES

ビートルズの「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」に収録された1曲で、ポール・マッカートニーの作品です。64歳になって、髪のないお爺ちゃんになっても、僕のことを愛してくれる?と恋人に向かって遠い将来のことを歌っている曲ですが、のんびりとした曲調が、マイペースなお爺ちゃんの姿を彷彿とさせてくれます。
子供の頃に、祖父と手をつないでゆっくりと公園を散歩して、家に帰れば祖母がオヤツを用意してくれていた、そんな何気ない思い出がふわりと浮かんで来ます。
平和な雰囲気に溢れる曲を聴くと、おじいちゃん、おばあちゃんに、もう一度会って一緒にオヤツを食べて、私の話をたくさん聴いて欲しいな・・・なんて思ってしまいます。
(選曲・文/石井由紀子)

【関連アーティスト】
植村花菜, The Beatles, Bill Withers, 玉置浩二, 植木等
【ジャンル】


木村カエラ、キャリア初のフリーライヴを渋公で開催
Thu, 10 Sep 2015 18:30:00 +0900
9月9日@渋谷公会堂 (okmusic UP\'s)

木村カエラが9月9日(水)に渋谷公会堂にて、初のフリーライヴ『GO!SHOW TIME』を行った。

【その他の画像】木村カエラ

このライヴは一週間前(9月2日)に発売されたニューシングル「EGG」の購入者特典として開催されたもので、カエラが渋谷公会堂で単独ライブを行うのはこの日が初めて。台風18号の接近に伴う大雨という悪天候だったが、金髪に真っ赤なミニワンピを身にまとったカエラがステージに現れると、幸運にも多数応募の抽選を勝ち取った2000名の当選者(ペアやグループではなく、あくまでもお一人さま本人のみ入場できる)は、ホールにもかかわらずにオープニングから総立ちで迎え、大きな歓声をあげた。

「みんな雨にも負けず、風にも負けず、台風にも負けず、ここにやってきてくれたんでしょう。最高だね。今日はね、スペシャルライヴだから。ひとりで来てくれてる人たちだと思うけど、みんなひとりだって大丈夫だよ。だって、私がいるから」と語り、「TODAY IS A NEW DAY」「STARs」「BEAT」とアップテンポのナンバーを立て続けに披露。この時点で、ファンは音色やアレンジがこれまでと違うことに新鮮な驚きを感じたはず。DJが打ち鳴らすビートからはじまった「Ring a Ding Dong」や「リルハリルハ」などのヒット曲もこれまでとは異なる響きやテンションが添えられていた。

この日のライヴでもっとも特筆すべきことは、やはり、この日限りのバンドメンバーだろう。彼女のバックを務めたのは、シングル「EGG」のカップリング曲「SHOW TIME」のアレンジを担当したH ZETT Mの“友人"、ヒイズミマサユ機(PE\'Z)が結成したスペシャルバンド。今年の3 月から6月、デビュー前から10年以上もステージを共にしてきたおなじみのバンドメンバーと共に回った全国ライヴハウスツアーでは、まるでバンドの一員のようなコンビネーションを見せていたが、彼女はひとりのアーティストとして、今回はスペシャルなチャレンジをすることを選んだのだろう。着実な評価とファンから人気を得ているメンバーとこの日は離れ、スペシャルバンドが構築する音へと飛び込んだ彼女は、常に未来を信じて前へ前へと進む姿勢を示していた。「Butterfly」ではグランドピアノを弾くヒイズミとふたりだけでスケールを広げていき、これまた自身初となるストリングス隊を加えた新曲のバラード「EGG」では、大切な人と一緒に成長したいという思いを切々と歌い上げた。彼女のヴォーカリゼーションは間違いなく表現力が増しているし、立ち止まる隙がないほど躍動していたパフォーマンスからも現状維持では満足しないエネルギーの発露を感じた。

「私たちのスペシャルなライヴ。みなさん、一気にやるから楽しんでください」という呼びかけから怒涛の後半戦へ。ストリングス隊も激しい弾きっぷりをみせた「You bet!!」では観客による<今日みたいな日を忘れない>の大合唱が起き、KOHの強烈なドラミングからスタートした「YELLOW」ではホール全体が揺れるほどの盛り上がりとなった。さらに、「TREE CLIMBERS」ではカエラがハイキックを披露し、ひとりひとりのプレイが大きな渦となる、音の重なりが心地よいハーモニーを生み出した「KEKKO」で本編は締めくくられた。

全13曲を歌い終えたカエラがステージをあとにすると、観客は即座にアンコールを求める。白いノースリーヴのロングワンピに着替えて再登場した彼女は、自身のツアーはもちろん、フェスでも定番曲となっている「Magic Music」を飛び跳ねながらパフォーマンス。聞きなれた楽曲ではあるが、フレーズごとにこれまでにはないニュアンスや表情がつけられていることがわかる。最後に彼女は、「この曲も『EGG』と同じように、大事なものを温めながら、転んでも立ち上がらなきゃって思いを描いた歌です。この曲を聴いて、気持ちが少しでも晴れて、明日からいいことがたくさん起こるように、気持ちを込めて歌います」と語り、柔らかな笑顔で“天気雨“を意味するミドルバラード「Sun Sower」を歌唱。「まだ雨が降ってると思うけど、みんな気をつけて帰ってね。明日からまたがんばってね。バイバイ。また会いましょう」と挨拶し、さらなる成長と変化を確信した表情とともに、12年目にして<ここからが私のSHOW TIMEだ!>という新たな出発点を刻んだイベントの幕は閉じた。

また、彼女はアンコールでクリスマス(12月25日)に東京・昭和女子大学 人見記念講堂でのライブの開催を発表した。クリスマスまで待てないファンには9月20日くるり主催の京都音楽博覧会 2015 in 梅小路公園への出演、10月23 日にSHIBUYA CLUB QUATTROで開催される「シブカル音楽祭。2015 〜女子が唄えば世界が踊る!?〜」のヘッドライナーとして出演することも決定しているのでそちらをチェックして欲しい。

Text by 永堀アツオ
Photo by 川田洋司&小境勝巳

■【セットリスト】

M1.TODAY IS A NEW DAY
M2.STARs
M3 .BEAT
M4.SHOW TIME(ニューシングル「EGG」収録曲)
M5.Ring a Ding Dong
M6.リルラ リルハ
M7.オバケなんてないさ(ニューシングル「EGG」収録曲)
M8.Butterfly
M9.EGG(ニューシングル「EGG」表題曲)
M10.You bet!!
M11.Yellow
M12.TREE CLIMBERS
M13 .KEKKO
<ENCORE>
EN-1.Magic Music
EN-2.Sun shower

【関連リンク】
木村カエラ オフィシャルHP
大原ゆい子『リトルウィッチアカデミア』主題歌シングルのジャケ&コメント公開
globe『15YEARS -BEST HIT SELECTION-』が配信ランキング上位に
中島みゆき、オリジナルアルバムと映像作品を11月に同時リリース決定

【関連アーティスト】
木村カエラ
【ジャンル】
J-POP, ライブ

それでも世界が続くなら、異例だらけのインディーズ復帰第一弾アルバムを11月にリリース
Thu, 10 Sep 2015 18:30:00 +0900
アルバム『最低の昨日はきっと死なない』 (okmusic UP\'s)

メジャーシーンからの自主リタイアを発表したことが記憶にあたらしい、それでも世界が続くなら。そんな彼らがニューアルバム『最低の昨日はきっと死なない』を11月11日にリリースすることを発表した。

【その他の画像】それでも世界が続くなら

情報が解禁された公式サイトには、前作からたった5ヶ月強でフルアルバムのリリース…しかも、1000円という価格、さらに発売元には「レーベルなし」という異例の記載が目を引く。レコードメーカーだけでなく自主レーベルすら設けないという異例づくしのリリースは、まるで現代の音楽シーンに対する問題定義の様だ。

また、今作の楽曲も異例といっていいだろう。メジャー最後のアルバムとなった前作『僕は透明になりたかった』で見せた、右手骨折で左手のみでドラムを叩く気迫や、圧倒的な轟音ノイズギターが生々しく録音された、常識外のオルタナティヴサウンドから一転、今作はカラオケボックスの一室を改造したスタジオで一発録音されたとは思えない程、荘厳で深遠、繊細に奥底で激情を湛え、多重録音を使わず、リアルタイムで録音されたにも関わらず幻想的な重層音、そして深層心理に直接響く様な言葉が無数に散らばる。全く新しいバンドサウンドとスタイルの提示と言うべき、新境地だ。

流行り廃りに乗らず、失望や孤独と共に誰もいない道なき道を裸足で切り開きながら、傷だらけで活動を続ける彼らは今、インディーズとも呼べない程の深い水底に潜り込んだ。それでも世界が続くならというバンドは今、その水底から現代の邦楽シーンごと、世界を変えてしまうつもりなのかもしれない。

■アルバム『最低の昨日はきっと死なない』

2015年11月11日発売
SSTN-001/¥1000+税
<収録曲>
昨日が終わるまで/浴槽/少女と放火/落下/冷蔵保存/最後の日/失踪未遂/他2曲
※収録順未定、全9曲収録予定

【関連リンク】
それでも世界が続くなら オフィシャルHP
それでも世界が続くなら、続編MV「晴れた日の教室」を公開
それでも世界が続くならがニューアルバム全曲トレーラー映像を公開
下北沢サーキットイベント「HEADPHONE CONNECTION 2015」第4弾出演アーティスト解禁

【関連アーティスト】
それでも世界が続くなら
【ジャンル】
ジャパニーズロック

櫻井敦司(BUCK-TICK)ソロプロジェクト“THE MORTAL" がアルバム音源を解禁
Thu, 10 Sep 2015 18:00:00 +0900
THE MORTAL (okmusic UP\'s)

櫻井敦司(BUCK-TICK)のソロプロジェクト“THE MORTAL"が、10月14日に発売するミニアルバム『Spirit』からカバー曲でありタイトルチューンでもある「Spirit」の音源を初解禁した。

【その他の画像】BUCK-TICK

「Spirit」は、ゴシックの元祖とも言われるバンドBauhausのアルバム『The Sky\'s Gone Out』収録の名曲。櫻井敦司のダークで妖艶な歌声とそれを支えるバンドメンバーの演奏により、Bauhausのオリジナルを超え、THE MORTALのオリジナルかのような仕上がりとなっている。

その他、オリジナル2曲と櫻井が影響を受けたカバーソング(The Damnedの「SHADOW OF LOVE」、Siouxsie & the Bansheesの「CITIES IN DUST」、こちらは櫻井による日本語詞カバー)の公開も待たれるところではあるが、こちらは「Spirit」の試聴リンクがFacebookで500シェアされたら順次公開していくとのこと。

■THE MORTAL オフィシャルFacebook
http://www.facebook.com/TheMortal2015

■「Spirit (Bauhaus cover)」先行試聴
https://www.youtube.com/watch?v=Nx2LvQ_jRdE

■ミニアルバム『Spirit』

2015年10月14日発売
CTCR-14874/¥1800+税
※初回生産分のみ スリーヴ仕様
<収録曲>
1. PAIN DROP
作詞:櫻井敦司 作曲:村田有希生
2. Spirit (Bauhausカヴァー)
作詞/作曲:Daniel Gaston Ash / Kevin Haskins / David Jay / Peter John Murphy
3. SHADOW OF LOVE(The Damnedカヴァー)
作詞/作曲 : ROMAN PAUL JUG/BRYN MERRICK/CHRISTOPHER JOHN MILLAR/DAVID VANIAN
訳詞:櫻井敦司
4. CITIES IN DUST(Siouxsie & the Bansheesカヴァー)
作詞/作曲:SUSAN JANET BALLION, PETER EDWARD CLARKE, STEVEN JOHN BAILEY
訳詞:櫻井敦司
5. 夢
作詞:櫻井敦司 作曲:JAKE CLOUDCHAIR

■アルバム『タイトル未定』

2015年11月11日発売
【CD+DVD】
CTCR-14875/B/¥5,500+税
※初回限定生産盤/豪華仕様
【CD ONLY】
CTCR-14876/¥3,000+税
<収録内容>
■CD
「PAIN DROP」「夢」を含む全12曲収録予定。
■DVD
初回限定盤のDVDにはスペシャル映像を収録予定。

■『TOUR THE MORTAL 2015』

11月17日(火)大阪:オリックス劇場(旧:大阪厚生年金会館)
11月25日(水)東京:NHKホール
11月26日(木)東京:NHKホール

【関連リンク】
THE MORTAL オフィシャルHP
BUCK-TICK・櫻井敦司のソロプロジェクト“THE MORTAL"がミニアルバムの詳細を解禁
櫻井敦司(BUCK-TICK)、コレクターズボックス『愛の惑星』トレーラー映像を公開
BUCK-TICK・櫻井敦司のソロプロジェクト「THE MORTAL」がミニアルバム発売を発表

【関連アーティスト】
BUCK-TICK, 櫻井敦司, THE MORTAL
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル

アニメ「ナルどマ」企画CDにまっくす&安達勇人が参加
Thu, 10 Sep 2015 15:00:00 +0900
「comico」からのアニメ化第1弾作品「ナルどマ」 (okmusic UP\'s)

無料スマートコミック&ノベルアプリ「comico」からのアニメ化第1弾作品「ナルどマ」より、企画CD『俺も好きだぜ、俺のうた。』が9月30日にリリースされることが明らかになった。


【その他の画像】主題歌「抱きしめてtoマインド☆」試聴動画

今作には、「ナルどマ」の“ハギト”役で初めて主演を務めたゲーム実況者“まっくす”による主題歌「抱きしめてtoマインド☆」と、メインキャラクターの1人である“モノ”(CV:安達勇人)のキャラソン「Mono☆logue」を収録。「Mono☆logue」は、5人組ダンスボーカルグループ“NEVA GIVE UP”のメインボーカルを務める安達勇人初のキャラソン歌唱曲とのことで、TOKYO MXでのアニメ本編終了後には、キャラソンが視聴できるスペシャル映像もオンエアされている。

アニメ「ナルどマ」の詳細については、コチラ(http://www.comico.jp/special/index.nhn?docno=1)を参照されたい。またYouTubeでは、主題歌「抱きしめてtoマインド☆」の試聴動画が公開中。気になる人は今すぐにアクセスしよう。
「牙狼 -紅蓮ノ月-」テーマ曲はJAM Projectメンバーと佐咲紗花参加ユニットが担当、本人コメントも到着
ダンスアニメ「ブレイブビーツ」OPをlol、EDを宮脇詩音が担当
JAM Project感謝のニコ生特番が急遽決定、フリーライブ中止を受けて生配信
JAM Project15周年記念フリーライブが中止に、急遽ニコ生での緊急特番決定

■■主題歌 試聴URL
https://youtu.be/nvEUDjJaQJw

【関連アーティスト】
安達勇人, まっくす
【ジャンル】
アニメ, ネットカルチャー

SATOKO(FUZZY CONTROL)が自身初の個展を開催中
Thu, 10 Sep 2015 17:00:00 +0900


FUZZY CONTROLをはじめ、稲葉浩志(B\'z)のソロツアーのサポートなど、さまざな音楽シーンで活躍してきたSATOKOが東京・名古屋・大阪で個展を開催! 

【その他の画像】FUZZY CONTROL

SATOKOが音楽活動を並行しながら、ついに念願の自身初となる個展を開催した。もちろんオリジナルグッズも販売! ドラゴンやクジラのイラストが描かれたTシャツやコースター、ポーチなどが用意されている。これらは個展に行かないと手に入らないので、是非ゲットしてもらいたい。

また、会場はギャラリーとカフェが一緒になっているので、食事やお茶を飲みながらSATOKOの絵を楽しめ、さらに東京と名古屋の会場ではSATOKO×カフェのコラボメニューも実現! 数量限定なのだが、こちらも併せて楽しんでもらいたい。

男性顔負けのど迫力なドラミングに定評があるSATOKO。そんな彼女が丹精込めて描いた作品たちを是非見てほしい。

■【個展全開催情報】

■東京
期間:9月07日(月)〜9月16日(水)
場所:ぽたかふぇ。
東京都杉並区高円寺北3-21-5 ハイツ,ロイヤル2F
木曜定休 11:00-21:00 (20:30L.O.)
http://info.pottercafe.main.jp/?cid=3

■名古屋
期間:9月29日(火)〜10月10日(土)
場所:Cafe DODO
名古屋市中区栄5-18-17 コーワビル3階
http://cafe-dodo.com

■大阪
期間:10月12日(月)〜10月26日(月)
場所:Bodaiju Cafe(ボダイジュカフェ)
大阪府大阪市北区神山町1-5 扇町公園ビル1階
http://www.bodaiju-cafe.com

【関連リンク】
SATOKO オフィシャルHP
話題の新プロジェクト・ROLL-B DINOSAURが先行配信曲「教訓」フルMVを公開
織田哲郎、ダイアモンド?ユカイらによる新バンドが始動!
FUZZY CONTROL、熱狂のラストライヴでサプライズ発表

【関連アーティスト】
FUZZY CONTROL
【ジャンル】
ジャパニーズロック

the telephones、超豪華アーティストによるトリビュート盤発売決定
Thu, 10 Sep 2015 16:00:00 +0900
the telephones (okmusic UP\'s)

今年活動10周年を迎え、来る11月3日(火・祝)のさいたまスーパーアリーナにて開催する「the telephones Presents “Last Party 〜We are DISCO!!!〜” 」を最後に無期限の活動休止に入るthe telephones。彼らの2作品が11月4日(水)に同時リリースされることが発表された。

【その他の画像】the telephones

ひとつは、the telephonesトリビュートアルバム『We are DISCO!!!〜tribute to the telephones〜』だ。参加アーティストは、VOLA & THE ORIENTAL MACHINE、9mm Parabellum Bullet、Koji Nakamura、J、James Iha、ストレイテナー、dustbox、Fragment、THE BAWDIES、POLYSICS、Yogee New Waves(五十音順)という素晴らしい超豪華強力ラインナップとなっている。

もうひとつは、2015年5月21日、活動休止前最後のワンマンライヴとなった日本武道館でのDVD作品『武道館 DE DISCO!!!〜SUPER DISCO Hits 10!!! the telephones 10th Anniversary〜』だ。約10,000人以上を動員し、約3時間にもおよぶライヴを完全ノーカット収録した2枚組ディスクに、初回生産限定盤にのみ、TBS「オトナの!」で8月に、10周年イヤーに無期限活動休止を発表したthe telephonesを大特集、彼等の10年間の歴史を辿るべく、結成の地、埼玉・北浦和でのロケを敢行し収録、放送され、大好評を得た「オトナの!特別編the telephones〜北浦和の中心でDISCOを叫ぶ!〜」の本邦初公開・未公開映像&エピソードを含む完全版(約45分予定)がボーナスディスクとして付属し、3枚組として発売される。

the telephonesの強力な2タイトルのリリースを心待ちにして欲しい。

■アルバム『the telephones Presents "Last Party 〜We are DISCO!!!〜”』

2015年11月4日(水)発売
TYCT-69088/¥3,024(税込)
※紙ジャケット仕様
※初回限定盤出荷終了後、通常盤プラスチックケースに切り替わります。
※11曲収録

■DVD『武道館 DE DISCO!!!〜SUPER DISCO Hits 10!!! the telephones 10th Anniversary〜』

2015年11月4日(水)発売
TYBT-19014/6/¥5,400(税込)
※3枚組
※初回生産限定盤出荷終了後、通常盤:2枚組(disc1,2のみ)に切り替わります。
<収録内容>
■disc 1 & 2
01. D.A.N.C.E. to the telephones
02. Keep Your DISCO!!!
03. sick rocks
04. Yeah Yeah Yeah
05. Hyper Jump
06. Say DISCO
07. HABANERO
08. WoNdeR WomaN
09. Heigh-Ho
10. kiss me, love me, kiss me
11. A.B.C.DISCO
12. sleep,sleep,sleep(sadness of happy poor child)
13. Homunculus
14. Pa Pa Pa La Pa
15. DaDaDa
16. A A U U O O O
17. SAITAMA DANCE MIRROR BALLERS!!!
18. electric girl
19. Ex-Boyfriend
20. I Hate DISCOOOOOOO!!!
21. Baby, Baby, Baby
22. D.E.N.W.A
23. Don\'t Stop The Move, Keep On Dancing
24. Monkey Discooooooo
25. Odoru〜朝が来ても〜
?アンコール?
26. Amber Romance(新曲)
27. Love&DISCO
?ダブルアンコール?
28. Urban Disco
■disc3 ※初回生産限定盤のみ
「オトナの!特別編the telephones〜北浦和の中心でDISCOを叫ぶ!〜」完全拡大版
約45分収録予定

■『the telephones presents "Last Party〜We are DISCO!!!〜" 』

11月03日(火・祝) さいたまスーパーアリーナ
開場9:30  開演11:30
前売り 6500円
出演:the telephones/サカナクション/9mm Parabellum Bullet/THE BAWDIES/dustbox ...and more
お問い合わせ ライブマスターズ 03-6379-4744

■「Something Good」MV
https://www.youtube.com/watch?v=K4KNS0xuLb0

【関連リンク】
the telephones オフィシャルサイト
夏フェスマストコンピ『BEST EMI ROCKS 2015』、 超お買い得の900円!
「UKFC on the Road 2015」開催記念事前番組がスペシャアプリにて生配信
the telephones、『Last Party』出演者4組を発表

【関連アーティスト】
the telephones
【ジャンル】
ジャパニーズロック

Large House Satisfaction、ニューアルバム収録の「やがて空に星と月」MV公開
Thu, 10 Sep 2015 15:00:00 +0900
「やがて空に星と月」MV (okmusic UP\'s)

9月9日にリリースされたLarge House Satisfactionのミニアルバム『SHINE OR BUST』から「やがて空に星と月」のMVが公開された。

【その他の画像】Large House Satisfaction

初めてストリングスを取り入れた壮大なスケールのバラード「やがて空に星と月」。MVは先行して解禁されている「Crazy Crazy」と同じく加藤マニ氏が担当しているが、ストーリー性とバイオレスンス、そして僅かにシュールな笑いを含んだ「Crazy Crazy」とは対照的に、詩的且つモダンアートの様な仕上がりになり、映像からも彼らの新たな表現を後押ししている。

また、リリースに合わせてTwitter、Instagramを使用した参加型企画も告知された。ミニアルバム『SHINE OR BUST』に収録されている「セイギノシシャ」は、SNSでの写真のアップや著名人に向けたリプライなどに対する感情をシニカルに表現している楽曲で、冒頭の「パパラッチの一般人」という歌詞に合わせ、ファンの方々にパパラッチになってもらう企画だ。

Large House Satisfactionやミニアルバム『SHINE OR BUST』に関連する写真をTwitter・Instagramにてハッシュタグ「#パパラッチの一般人」を付けてアップして貰い、後日メンバー自身が選出する“要司賞"“賢司賞"“秀作賞"が発表され、受賞者にはそれぞれのメンバーが用意したプレゼントが贈呈されるので、趣向を凝らした写真で参加しよう。実施期間は10月8日(木)23:59迄となっている。

■「やがて空に星と月」MV
http://youtu.be/LluZEwvovaM

■企画内容

■Large House Satisfactionやミニアルバム『SHINE OR BUST』に関連する写真をTwitter・Instagramにてハッシュタグ「#パパラッチの一般人」を付けてアップして貰う。
■各店舗の展開の様子や、ライヴハウスのポスター、グッズを着用しライヴ会場に来ている自撮り写真など、Large House Satisfactionに関わる事なら可。
■インストアライヴ、CDショップへの来店時のメンバー写真も撮影OK。(ライブハウスでのライブ中の撮影は不可)
■実施期間:2015年9月9日(水)12:00〜2015年10月8日(木) 23:59
■ハッシュタグ:#パパラッチの一般人
■注意:公序良俗に反したり人の迷惑となる行為・写真は禁止させていただきます。

【関連リンク】
Large House Satisfaction オフィシャルサイト
Large House Satisfaction、ミニアルバムジャケ&「Crazy Crazy」MV公開
Large House Satisfaction、 9月にミニアルバム発売&リリースツアー開催を発表
Large House Satisfaction、ミニアルバム収録「Stand by you」MV公開!

【関連アーティスト】
Large House Satisfaction
【ジャンル】
ジャパニーズロック

LOVE PSYCHEDELICO、高橋幸宏とラジオで生演奏を披露
Thu, 10 Sep 2015 14:30:00 +0900


9月10日に放送されるLOVE PSYCHEDELICOのラジオレギュラー番組「Third Stone From The Sun」(Inter FM)にYMOの高橋幸宏がゲスト出演し、番組内でデリコの二人とセッションを披露することが分かった。高橋がラジオで生演奏を披露するのは極めて異例な事である。

【その他の画像】LOVE PSYCHEDELICO

今回のラジオでの共演では、お互いの共通のルーツとも言えるボブ・ディランの名曲「Don\'t Think Twice, It\'s All Right. (くよくよするなよ)」を高橋がボーカル、KUMIがマンドリン、NAOKIがギターで演奏。LOVE PSYCHEDELICOのツアーに高橋がドラマーとして参加、全国ツアーにとどまらず国内外のロックフェスにも出演し話題となったあのタッグが、再びラジオで実現する!

また、そんなLOVE PSYCHEDELICOと高橋は、10月17日に新宿文化センターにて一流のミュージシャンが一堂に会する一夜限りのスペシャルセッションも控えている。2ヶ月間以上におよびバンド・メンバーとしてツアーに参加した高橋は、もちろん今回もドラマーとして参加し、LOVE PSYCHEDELICOのKUMI、NAOKIも高橋幸宏バンドのヴォーカリスト、ギタリストとして参加するという前代未聞のミクスチャー企画だ。おそらく、最初で最後になるであろう奇蹟の”Special Session”は要必見!

■LOVE PSYCHEDELICO ラジオレギュラー番組「Third Stone From The Sun」
放送局:Inter FM/76.1kHz
放送日:9月10日 木曜日 22:00〜23:00

■『高橋幸宏 & LOVE PSYCHEDELICO “Special Session”』

10月17日(土) 新宿文化センター 大ホール
<出演>
高橋幸宏
LOVE PSYCHEDELICO
高桑圭(高橋幸宏バンド、LOVE PSYCHEDELICO)
堀江博久(高橋幸宏バンド、LOVE PSYCHEDELICO)
ゴンドウトモヒコ(高橋幸宏バンド、LOVE PSYCHEDELICO)
白根賢一(高橋幸宏バンド)
高野寛(高橋幸宏バンド)

【関連リンク】
LOVE PSYCHEDELICO オフィシャルHP
『永遠のザ・フォーク・クルセダーズ〜若い加藤和彦のように〜』が待望の書籍化
LOVE PSYCHEDELICO、ジャックスCMソング 「Love Is All Around」配信スタート
『WORLD HAPPINESS 2015』が大盛況のうちに幕!

【関連アーティスト】
LOVE PSYCHEDELICO, 高橋幸宏, YMO
【ジャンル】
ジャパニーズロック

DOES主催イベントにHAPPYとドラマチックアラスカの出演が決定
Thu, 10 Sep 2015 14:00:00 +0900
DOES presents 対バン企画「PARTY NIGHT」 (okmusic UP\'s)

10月16日(金)に東京・TSUTAYA O-WESTにて開催される、DOES主催の対バンイベント『PARTY NIGHT』の出演バンドが発表された。

【その他の画像】DOES

ワタルが偶然耳にし、衝撃を受けたというHAPPYと、ストレートなサウンドとひねりの効いた歌詞にやられたというドラマチックアラスカの2組の出演が決定した。

HAPPYとドラマチックアラスカのオフィシャルサイトにてチケットの先行予約受付を実施しているので、早めの予約をお勧めする。一般発売は9月19日(土)より各プレイガイドにてスタートする。

■『DOES presents 対バン企画「PARTY NIGHT」』

10月16日(金) 東京都 TSUTAYA O-WEST
<出演者>
DOES/HAPPY/ドラマチックアラスカ
TICKET ¥3,500(ドリンク代別)
9月19日(土)各プレイガイドにて一般発売開始!
Info VINTAGE ROCK std. → 03-3770-6900 [平日 12:00-17:00] / 
WEB http://www.vintage-rock.com

【関連リンク】
DOES オフィシャルサイト
DOES、GT300チームとのコラボ曲MVはスピード感あふれる仕上がりに!
DOES、GTレース会場でゲリラライヴ敢行
「NARUTO」倍率40倍の音楽イベントにDOES、乃木坂46、FLOWら総勢10組のアーティストが出演

【関連アーティスト】
DOES
【ジャンル】
ジャパニーズロック

GLIM SPANKY、書き下ろしの「ちふれ化粧品」新CM曲公開
Thu, 10 Sep 2015 13:30:00 +0900
GLIM SPANKY (okmusic UP\'s)

以前より、松尾レミ(Vo.G)が歌を担当しているちふれ化粧品のCMだが、今回新たにGLIM SPANKYが書き下した楽曲が起用された「ちふれ うるおい ジェル」のCMがWEBにて先行公開された。

【その他の画像】GLIM SPANKY

本CMソングに関してはメンバーは「誘惑と衝撃をテーマに“この蓋を開ければ美しくなれる魔法が詰まっている"というイメージで書下ろしました。TVから流れたとたん画面を見てしまうような、引き込めるCM曲になったと思うので素敵な映像と共にお楽しみください!」とコメントしている。このCMは、10月中旬から順次TVでもオンエア予定となっている。

また、先日8月18日にTSM渋谷にて行われた、学生プロデュースによるフリーライヴプロジェクトのメイキング映像もこのほど公開された。このプロジェクトは、衣装制作をバンタンデザイン研究所衣装部の学生たちが、ライヴ運営を東京スクールオブミュージック専門学校渋谷の学生たちが担当し、大盛況のうちに終了した。そのフリーライヴ実現までの1か月以上にわたるメイキング映像が、ユニバーサルミュージックのYouTube Official Channelにアップされた。GLIM SPANKYのライヴにかける熱い想いを学生たちが受け取って、真剣にプロジェクトに取り組む様子をご覧いただきたい。

■GLIM SPANKY×TSM渋谷×Vantan フリーライブプロジェクトメイキング
https://www.youtube.com/watch?v=JdgYJCZUU80
GLIM SPANKY FREE LIVE PROJECT 連載

■『SUNRISE JOURNEY TOUR 2015』

9月18日 仙台LIVE HOUSE enn 2nd
9月21日 札幌COLONY
9月23日 京都磔磔
9月24日 高松TOONICE
9月26日 広島CAVE-BE
9月27日 福岡graf
10月04日 梅田シャングリラ(ワンマン)
10月11日 名古屋CLUB UPSET(ワンマン)
10月17日 赤坂BLITZ(ワンマン)

【関連リンク】
GLIM SPANKYオフィシャルHP
GLIM SPANKYのフリーライヴプロジェクト、大盛況のうちに幕!
GLIM SPANKYのフリーライヴプロジェクト完遂! 学生がプロデュースしたライヴは大成功!!

【関連アーティスト】
GLIM SPANKY
【ジャンル】
ジャパニーズロック, テレビ(番組/CM)

中島みゆき、オリジナルアルバムと映像作品を11月に同時リリース決定
Thu, 10 Sep 2015 13:00:00 +0900
中島みゆき (okmusic UP\'s)

中島みゆきが11月11日に通算41作目となるオリジナルアルバム『組曲(Suite)』と、6年ぶりの新作として書き下ろされた『夜会VOL.18「橋の下のアルカディア」』の映像作品(Blu-ray&DVD)を同時発売することが明らかになった。

【その他の画像】中島みゆき

昨年は数々のアーティストが中島みゆきの名曲「糸」などをカバー。楽曲提供では「泣いてもいいんだよ」を歌ったももいろクローバーZがオリコン週間CDシングルランキング1位を獲得。そして、中島みゆき自身の作品「麦の唄」もNHK連続テレビ小説「マッサン」の主題歌として大ヒット。さらに年末の日本郵便「年賀はがき」TV-CMでは「時代」が使用されるなど、1年を通して中島みゆきソングブームが続いていた。

そして、今年も期待を裏切ることなく年末のコンサートに合わせて新作が届くこととなった。通算41作目となるオリジナルアルバムは『組曲(Suite)』と書いて「スウィート」。ジャケット写真には国際空港のデッキで黄色い衣裳をまとった中島みゆき本人が登場している。

今回も制作陣は25年来中島みゆきの音楽面を支え続けるプロデューサー瀬尾一三によるアレンジ。レコーディング & MIXエンジニアにはデイビット・ソナー。そして今回新たにマスタリング・エンジニアとして名匠スティーブン・マーカッセンを起用しており、その音づくりにも注目だ。

『夜会VOL.18「橋の下のアルカディア」』は、「夜会」作品としては2008年から2009年にかけて行われた『夜会VOL.15〜夜物語〜元祖・今晩屋』以来、6年ぶりの書き下ろし作品。劇のセリフとなり挿入歌となる「歌」は台本と共に書き下ろされ、過去最多の46曲(うち5曲は2014年11月12日発売のオリジナル・アルバム『問題集』に収録)となった。

同公演は、昨年11月15日〜12月16日に東京赤坂ACTシアターでのみ開催され述べ3万人を動員。同公演の模様が余すことなく収録されたBlu-ray&DVD作品では、劇場の座席からでは観ることのできない様々な角度から撮影された貴重な映像が多数収録されるなど、劇場での鑑賞とはまた違った魅力が詰まっている。

ストーリー展開も非常にスリリングでテーマ性に富み、観る者、聴く者を魅了して止まない約2時間。1989年に「言葉の実験劇場」としてスタートした、脚本・作詞・作曲・歌、そして主演全てを中島みゆき一人が務める、世界に例をみない舞台表現「夜会」。そんな中島みゆきが全精力を注ぐ「夜会」を是非Blu-ray&DVDでも体験してもらいたい。

9月1日からはサントリー『BOSSシリーズ』TV-CMとして「時代」が使用されるなど、今年も中島みゆきソングブームが続いている。上記作品の発売日の翌日11月12日(木)からは、『中島みゆきConcert「一会(いちえ)」2015〜2016』がスタート予定とのことなので、こちらにも是非注目していただきたい。

■アルバム『組曲(Suite)』、Blu-ray & DVD『夜会VOL.18「橋の下のアルカディア」』特設サイト
http://www.yamahamusic.co.jp/miyuki/

■アルバム『組曲(Suite)』

2015年11月11日発売
YCCW-10265/¥3,000+税
■Amazon
http://www.amazon.co.jp/dp/B0152Y315O
<収録曲>
※全10曲収録予定
01.36時間
02. 愛と云わないラヴレター
03. ライカM4
04. 氷中花(ヒョウチュウカ)
05. 霙の音(ミゾレノオト)
06. 空がある限り
07. もういちど雨が
08. Why & No
09. 休石(ヤスミイシ)
10. LADY JANE

■Blu-ray&DVD『夜会VOL.18「橋の下のアルカディア」』

2015年11月11日発売
【Blu-ray】
YCXW-10007/¥9,000+税
■Amazon
http://www.amazon.co.jp/dp/B0152Z8838
【DVD】
YCBW-10060/¥8,000+税
■Amazon
http://www.amazon.co.jp/dp/B0152Z87UW
<収録曲>(Blu-ray & DVD共通)
※全46曲収録予定
01. なぜか橋の下
02. 水晶球(スイショウキュウ)
03. 謎な女(ナゾナオンナ)
04. 問題集
05. いらない町
06. 失せ物探し(ウセモノサガシ)
07. 恋なんていつでもできる
08. いちど会ったらどうかしら
09. 大きな忘れ物
10. 猫なで声プリーズ
11. 川の音が聞こえる
12. 一族
13. 昔々あるところに
14. 捨て子選び
15. すあまの約束
16. 男の仕事
17. 身体の中を流れる涙
18. 男の仕事
19. みのむし(鬼の捨て子)
20. 私と一緒に
21. 猫籠(ネコカゴ)
22. 人柱(ヒトバシラ)
23. 人間になりたい
24. 問題集
25. 身体の中を流れる涙
26. どうしてそんなに愛がほしいの
27. 雨天順延
28. ペルシャ
29. 袋のネズミ
30. シャッター街
31. 恋なんていつでもできる
32. 雨天順延
33. 二雙の舟(ニソウノフネ)
34. 水晶球(スイショウキュウ)
35. 一族
36. 呑んだくれのラヴレター
37. 一夜草(イチヤソウ)
38. 毎時200ミリ(マイジニヒャクミリ)
39. いらない町
40. 呑んだくれのラヴレター
41. 猫にだけ見えるもの
42. 国捨て(クニステ)
43. India Goose
44. 私と一緒に
45. India Goose
46. なぜか橋の下

■『中島みゆきConcert「一会(いちえ)」2015〜2016』

11月12日(木) 東京都・府中の森芸術劇場
11月16日(月) 東京都・東京国際フォーラム ホールA
11月17日(火) 東京都・東京国際フォーラム ホールA
11月19日(木) 東京都・東京国際フォーラム ホールA
12月14日(月) 大阪府・オリックス劇場
12月15日(火) 大阪府・オリックス劇場
12月17日(木) 大阪府・オリックス劇場
<2016年>
01月07日(木)
01月08日(金) 大阪府・フェスティバルホール
01月26日(火) 東京都・東京国際フォーラム ホールA
01月27日(水) 東京都・東京国際フォーラム ホールA
01月29日(金) 東京都・東京国際フォーラム ホールA
02月08日(月) 東京都・東京国際フォーラム ホールA
02月09日(火) 東京都・東京国際フォーラム ホールA
02月11日(木・祝) 東京都・東京国際フォーラム ホールA

【関連リンク】
中島みゆき オフィシャルHP
稚菜、中島みゆきの「糸」をカバー
中島みゆき、NHK『マッサン』主題歌MVを公開&「糸」がCMソングに起用
NHK紅白歌合戦出場歌手・曲目から見る 2014年の音楽シーン

【関連アーティスト】
中島みゆき
【ジャンル】
J-POP

TOTALFAT、二ューシングル「宴の合図」のジャケット公開
Thu, 10 Sep 2015 13:00:00 +0900
シングル「宴の合図」 (okmusic UP\'s)

TOTALFATが10月7日に発売する二ューシングル「宴の合図」のジャケット写真を公開した。

【その他の画像】TOTALFAT

スタジアム級の会場で聴きたい、痛快に咲き乱れる壮大なロックアンセムとなった「宴の合図」。日が暮れたとある場所にみんなで集まり、夜が訪れるのを待ち、一斉に宴を始め、同じ時間を共有しながら朝を迎える。そんな情景の見える曲とShunが述べたとおり、TOTALFATが掲げるメッセージやライヴでの醍醐味でもあるUNITY(一体感)が十分に伝わってくる。

■シングル「宴の合図」

2015年10月7日発売
RX-112/¥1,000+税
※「COME TOGETHER, SING WITH US -ONE MAN- Tour 2016」チケット先行封入
<収録曲>
1. 宴の合図
2. ひまわりの約束

【関連リンク】
TOTALFAT オフィシャルHP
HEY-SMITHがキュレーターを務める「Bowline」、最終出演アーティストにCrossfaithが決定
TOTALFAT、10月7日よりスタートする全国ツアーのゲストバンドを発表
TOTALFAT、宴の情景が見える新曲を10月にリリース

【関連アーティスト】
TOTALFAT
【ジャンル】
ジャパニーズロック, パンク/ハードコア

ねごと、舞台裏などオフショット満載の『“VISION" TOUR 2015』トレーラー公開
Thu, 10 Sep 2015 12:30:00 +0900
ねごと (okmusic UP\'s)

9月30日にリリースされるねごとのライヴ映像作品『“VISION" TOUR 2015』のトレーラー映像が公開された。

【その他の画像】ねごと

『“VISION" TOUR 2015』は、2015年3月にリリースした3rdアルバム『VISION』を引っ提げて全16本開催した、『ねごとpresents 「お口ポカーン?!初の全国ワンマンツアー2015 〜VISIONは続くよどこまでも♪〜」』のツアーファイナルとなったZepp DiverCity(TOKYO)のライヴを全曲収録したもの。

トレーラー映像では、ライヴ本編映像に加え、完全生産限定盤に収録される特典映像、ライヴ当日の舞台裏密着映像やマルチアングルスクリーンでのライヴ映像、MV集、MVの未公開メイキング、オフショットの一部が見られるので是非チェックしよう。

また、【豪華な完全生産限定盤】の収録内容も発表された。Disc 1(Blu-ray)には、ライヴ本編に加え、BONUS MOVIE -behind the scenes- としてツアーファイナル当日の舞台裏密着映像+マルチアングルスクリーンでのライヴ映像(2曲)+終演後のメンバーコメントを収録。そしてDisc 2(Blu-ray)には、「nameless」から「endless」までの8本のMusic Videoと、未公開のメイキングやオフショットを特別収録した2nd Video Collection「ZZZ 2」を収録。さらに、44pの別冊フォトブックと、デビュー5周年を記念したプレミアムグッズ 「ねごと ミニバクまくら」付きの超豪華仕様となる。まくらには、表面にはねごとの新ロゴ、裏面にはバンドのシンボルでもあるバクの絵柄が施されている。

なお、ねごとは、11月23日には、東京・LIQUIDROOMにて自主企画イベント『ねごと presents『お口ポカーンフェス?! NEGOTO 5th Anniversary 〜バク TO THE FUTURE〜』』を開催。本フェスでは出演アーティストが、ねごと / ねごと / ねごと / ねごと / ねごと / 蒼山幸子 / 沙田瑞紀 / 藤咲佑 / 澤村小夜子という、前代未聞のラインナップが公表されている。チケットオフィシャルHP先行は、9月13日(日)23:59までの受付となる。こちらの続報も楽しみにしておこう。

■『“VISION" TOUR 2015』Trailer-
https://youtu.be/KIreFEXfDrg

【関連リンク】
ねごと オフィシャルサイト
ねごと、デビュー5周年記念フェスはまさに“ねごと祭り”なメンツに!
ねごと、ライブ映像作品『“VISION" TOUR 2015』限定盤は“まくら”付き!?
ねごと、ライヴ映像を初のBlu-rayで発売決定

【関連アーティスト】
ねごと
【ジャンル】
J-POP

Hilcrhyme、“四季"がテーマのコンセプトアルバムを11月に発売
Thu, 10 Sep 2015 12:00:00 +0900
Hilcrhyme (okmusic UP\'s)

Hilcrhymeがこれまでにリリースしてきた楽曲を「春」「夏」「秋」「冬」と4つの季節ごとに分け、MCのTOCが選曲し収録したコンセプトアルバム『春夏秋冬〜Hilcrhyme 4Seasons Collection〜』が、11月18日(水)にリリースされることが決定した。

【その他の画像】Hilcrhyme

このアルバムのために書き下ろされた新曲をはじめ、「春夏秋冬」を含むHilcrhymeの代表曲が多数収録される予定で、さらにボーナストラックとして最新シングル「言えない 言えない」も収録される。

初回限定盤のDVDには、2015年8月23日(日)に大阪城野外音楽堂で開催され、ソールドアウトした初の夏の野外ワンマンライヴ『白昼夜』のライヴ映像が収録される。

さらに過去にリリースされたライヴDVD4作品(『RISING TOUR 2012』『TOUR 2013 “LIVE A NOVEL"』『Hilcrhyme in 日本武道館 〜Junction〜』『Hilcrhyme Tour 2015 REVIVAL at NHK HALL』が、初Blu-ray化して同時リリースされることも決定している。

■アルバム『春夏秋冬〜Hilcrhyme 4Seasons Collection〜』

2015年11月18日(水)発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
UPCH-7073/¥4,212(税込)
【通常盤】(CD)
UPCH-2058/¥3,250(税込)

■LIVE Blu-ray発売情報

『RISING TOUR 2012』
2015年11月18日(水)発売
UPXH-9007/¥5,292(税込)
(Blu-ray+Music Card)

『TOUR 2013 “LIVE A NOVEL“』
2015年11月18日(水)発売
UPXH-9008/¥5,292(税込)
(Blu-ray+Music Card)

『Hilcrhyme in 日本武道館〜Junction〜』
2015年11月18日(水)発売
UPXH-9009/¥6,372(税込)
(Blu-ray+Music Card)

『Hilcrhyme Tour 2015 REVIVAL at NHK HALL』
2015年11月18日(水)発売
UPXH-9010/¥4,212(税込)
(Blu-ray+Music Card)

※それぞれのLIVE音源がDL出来るMusic Card付(ダウンロード期間:2015年11月18日(水)0:00〜2016年2月17日(水)23:59まで)

【関連リンク】
Hilcrhyme オフィシャルサイト
Hilcrhyme、3年連続となるクリスマスライブの開催が決定
Hilcrhyme、太陽の下のクラブパーティー『白昼夜』にて新曲初披露
Hilcrhyme、新曲MVは初のドラマ仕立て! TOCの凛々しい剣道着姿にも注目!

【関連アーティスト】
Hilcrhyme
【ジャンル】
J-POP, ジャパニーズヒップホップ

森友嵐士、宇徳敬子と鬼龍院翔も参加したベストライヴを初の映像作品としてリリース!
Thu, 10 Sep 2015 11:00:00 +0900
森友嵐士 (okmusic UP\'s)

森友嵐士が9月7日(月)に都内で開催したイベントの場で、初の映像作品となるライヴDVD『MORITOMO ARASHI CONCERT TOUR 2015 PEACE ROCK』を12月2日にリリースすることを発表した。

【その他の画像】宇徳敬子

このライヴDVDは、8月に行なわれた全国ツアー「MORITOMO ARASHI CONCERT TOUR 2015 PEACE ROCK」東京公演のZepp Tokyoでのライヴを収録したもので、ニューアルバム『PEACE ROCK』に収録された楽曲を主軸に、「マリア」「Lovin\' You」「離したくはない」といったT-BOLAN時代の名曲を交えた、“森友嵐士ベスト”と呼べるセットリストとなっている。

また、同ツアーでは東京公演のみのスペシャル企画として、ビーイング時代からの盟友である宇徳敬子をゲストに招き、アルバム収録曲「いつまでも変わらない愛をずっと」、T-BOLAN時代の代表曲「刹那さを消せやしない」をデュエットして話題を呼んだが、本作には初のライヴ共演となったその貴重な映像も収録されている。

さらに、この春、謎のユニットとして世間を賑わせたmorioniのパートナーであるゴールデンボンバーの鬼龍院翔が東京のみのシークレットゲストとしてアンコールで登場し、デビュー曲「サヨナラは歩き出す」とT-BOLANの「SHAKE IT」を熱唱している模様まで。本編17曲+アンコール3曲を完全収録した、まさに熱気を閉じ込めた作品となっている。

ソロとしては初となったバンド編成での今ツアーで、ロックヴォーカリストとして完全復活を果たした森友嵐士。その躍動感あふれる姿をぜひこの映像作品で感じてみてほしい。

■DVD『MORITOMO ARASHI CONCERT TOUR 2015 PEACE ROCK』

2015年12月2日発売
品番未定/¥5,500+税
<収録曲>
01.どうなってんだい JESUS
02.真夜中の太陽
03.LOVE SONG
04.Happiness
05.Baby Baby
06.TRUE LOVE
07.愛にKISSした
08.あこがれていた大人になりたくて
09.マリア
10.Lovin\' You
11.離したくはない
12.刹那さを消せやしない(W/宇徳敬子)
13.いつまでも変わらない愛をずっと(W/宇徳敬子)
14.ファイティングマン
15.Let Me Rule
16.ROCK & SHOUT!
17.My life is My way
18.サヨナラは歩き出す(W/鬼龍院翔)
19.SHAKE IT(W/鬼龍院翔)
20.RUN BABY RUN
※曲順未定

【関連リンク】
森友嵐士 オフィシャルHP
SUPER JUNIORやVAMPS、ゴールデンボンバーら出演!「a-nation stadium fes.」東京公演開幕!
VAMPS主宰『HALLOWEEN PARTY 2015』開催決定!
HIPHOP界の雄・BIGZAM、小樽の音楽フェステーマソングを会場で無料配信

【関連アーティスト】
宇徳敬子, T-BOLAN, 鬼龍院翔, 森友嵐士, morioni
【ジャンル】
ジャパニーズロック













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1