歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2015年09月04日)
バックナンバー
最新ニュース
2015/09/13
2015/09/12
2015/09/11
2015/09/10
2015/09/09
2015/09/08
2015/09/07
2015/09/06
2015/09/05
2015/09/04
2015/09/03
2015/09/02
2015/09/01
2015/08/31
2015/08/30
2015/08/29
2015/08/28
2015/08/27
2015/08/26
2015/08/25
2015/08/24
2015/08/23
2015/08/22
2015/08/21
2015/08/20
2015/08/19
2015/08/18
2015/08/17
2015/08/16
2015/08/15
2015/08/14
2015/08/13
2015/08/12
2015/08/11
2015/08/10
2015/08/09
2015/08/08
2015/08/07
2015/08/06
2015/08/05
2015/08/04
2015/08/03
2015/08/02
2015/08/01
2015/07/31
2015/07/30
2015/07/29
2015/07/28
2015/07/27
2015/07/26
2015/07/25
2015/07/24
2015/07/23
2015/07/22
2015/07/21
2015/07/20
2015/07/19
2015/07/18
2015/07/17
2015/07/16
2015/07/15
2015/07/14
2015/07/13
2015/07/12
2015/07/11
2015/07/10
2015/07/09
2015/07/08
2015/07/07
2015/07/06
2015/07/05
2015/07/04
2015/07/03
2015/07/02
2015/07/01
2015/06/30
2015/06/29
2015/06/28
2015/06/27
2015/06/26
2015/06/25
2015/06/24
2015/06/23
2015/06/22
2015/06/21
2015/06/20
2015/06/19
2015/06/18
2015/06/17
2015/06/16
2015/06/15
2015/06/14
2015/06/13
2015/06/12
2015/06/11
2015/06/10
2015/06/09
2015/06/08
2015/06/07
2015/06/06
2015/06/05
2015/06/04
2015/06/03
2015/06/02
2015/06/01
2015/05/31
2015/05/30
2015/05/29
2015/05/28
2015/05/27
2015/05/26
2015/05/25
2015/05/24
2015/05/23
2015/05/22
2015/05/21
2015/05/20
2015/05/19
2015/05/18
2015/05/17
2015/05/16
2015/05/15
2015/05/14
2015/05/13
2015/05/12
2015/05/11
2015/05/10
2015/05/09
2015/05/08
2015/05/07
2015/05/06
2015/05/05
2015/05/04
2015/05/03
2015/05/02
2015/05/01
2015/04/30
2015/04/29
2015/04/28
2015/04/27
2015/04/26
2015/04/25
2015/04/24
2015/04/23
2015/04/22
2015/04/21
2015/04/20
2015/04/19
2015/04/18
2015/04/17
2015/04/16
2015/04/15
2015/04/14
2015/04/13
2015/04/12
2015/04/11
2015/04/10
2015/04/09
2015/04/08
2015/04/07
2015/04/06
2015/04/05
2015/04/04
2015/04/03
2015/04/02
2015/04/01
2015/03/31
2015/03/30
2015/03/29
2015/03/28
2015/03/27
2015/03/26
2015/03/25
2015/03/24
2015/03/23
2015/03/22
2015/03/21
2015/03/20
2015/03/19
2015/03/18
2015/03/17
2015/03/16
2015/03/15
2015/03/14
2015/03/13
2015/03/12
2015/03/11
2015/03/10
2015/03/09
2015/03/08
2015/03/07
2015/03/06
2015/03/05
2015/03/04
2015/03/03
2015/03/02
2015/03/01
2015/02/28
2015/02/27
2015/02/26
2015/02/25
2015/02/24
2015/02/23
2015/02/22
2015/02/21
2015/02/20
2015/02/19
2015/02/18
2015/02/17
2015/02/16
2015/02/15
2015/02/14
2015/02/13
2015/02/12
2015/02/11
2015/02/10
2015/02/09
2015/02/08
2015/02/07
2015/02/06
2015/02/05
2015/02/04
2015/02/03
2015/02/02
2015/02/01
2015/01/31
2015/01/30
2015/01/29
2015/01/28
2015/01/27
2015/01/26
2015/01/25
2015/01/24
2015/01/23
2015/01/22
2015/01/21
2015/01/20
2015/01/19
2015/01/18
2015/01/17
2015/01/16
2015/01/15
2015/01/14
2015/01/13
2015/01/12
2015/01/11
2015/01/10
2015/01/09
2015/01/08
2015/01/07
2015/01/06
2015/01/05
2015/01/04
2015/01/03
2015/01/02
2015/01/01
2014/12/31
2014/12/30
2014/12/29
2014/12/28
2014/12/27
2014/12/26
2014/12/25
2014/12/24
2014/12/23
2014/12/22
2014/12/21
2014/12/20
2014/12/19
2014/12/18
2014/12/17
2014/12/16
2014/12/15
2014/12/14
2014/12/13
2014/12/12
2014/12/11
2014/12/10
2014/12/09
2014/12/08
2014/12/07
2014/12/06
2014/12/05
2014/12/04
2014/12/03
2014/12/02
2014/12/01
2014/11/30
2014/11/29
2014/11/28
2014/11/27
2014/11/26
2014/11/25
2014/11/24
2014/11/23
2014/11/22
2014/11/21
2014/11/20
2014/11/19
2014/11/18
2014/11/17
2014/11/16
2014/11/15
2014/11/14
2014/11/13
2014/11/12
2014/11/11
2014/11/10
2014/11/09
2014/11/08
2014/11/07
2014/11/06
2014/11/05
2014/11/04
2014/11/03
2014/11/02
2014/11/01
2014/10/31
2014/10/30
2014/10/29
2014/10/28
2014/10/27
2014/10/26
2014/10/25
2014/10/24
2014/10/23
2014/10/22
2014/10/21
2014/10/20
2014/10/19
2014/10/18
2014/10/17
2014/10/16
2014/10/15
2014/10/14
2014/10/13
2014/10/12
2014/10/11
2014/10/10
2014/10/09
2014/10/08
2014/10/07
2014/10/06
2014/10/05
2014/10/04
2014/10/03
2014/10/02
2014/10/01
2014/09/30
2014/09/29
2014/09/28
2014/09/27
2014/09/26
2014/09/25
2014/09/24
2014/09/23
2014/09/22
2014/09/21
2014/09/20
2014/09/19
2014/09/18
2014/09/17
2014/09/16
2014/09/15
2014/09/14
2014/09/13
2014/09/12
東方神起・チャンミン出演のドラマイベントが横浜アリーナで開催決定
Fri, 04 Sep 2015 19:00:00 +0900
ドラマ「夜を歩く士(ソンビ)」 (okmusic UP\'s)

東方神起のチャンミンが出演している事でも話題の韓国ドラマ『夜を歩く士(ソンビ)』のドラマイベントが11月5日(木)に横浜アリーナで開催される事が決定した。

【その他の画像】東方神起

『夜を歩く士(ソンビ)』はチャンミンをはじめ、人気実力派俳優のイ・ジュンギ、 イ・ユビ、 イ・スヒョクが出演し、 韓国で話題沸騰中のファンタジーロマンス時代劇。今回のイベントは12月よりスタートする日本放送に先がけて行なわれるもので、今年中の入隊を発表したチャンミンと、イ・ユビが出演する事が決定している。

また、DATVでは同ドラマの魅力をたっぷりナビゲートするスペシャル番組も放送されるとのことなので、こちらにも期待したい。

■『夜を歩く士(ソンビ)』ドラマイベント オフィシャルHP
http://www.yorusunbi.jp/

■【『夜を歩く士(ソンビ)』ドラマイベント概要】

11月5日(木)  横浜アリーナ
【昼公演】14:00開場 15:00開演 
【夜公演】18:00開場 19:00開演

■料金
¥10,000(全席指定・税別) 
※6歳以上有料、 6歳未満のお子様は入場不可とさせていただきます。
■出演者
チャンミン(東方神起)、 イ・ユビ

《チケット販売》
■ファンクラブ先行
9月25日(金)15:00〜10月1日(木)23:59まで
■スカパー!KNTV またはDATVご契約者先行
10月5日(月)15:00〜10月12日(月・祝)23:59まで
■ローソンチケット会員先行
10月13日(火)15:00〜10月19日(月)23:59まで
■一般発売
10月23日(金)10:00〜

【関連リンク】
東方神起 オフィシャルHP
東方神起、日本デビュー10周年のタイミングで新たなる偉業を達成!
「SMTOWN THE STAGE」、チャンミン(東方神起)・EXOほか出演者コメント映像上映決定
東方神起、全国5大ドームツアー映像作品のプレミアム上映会が決定

【関連アーティスト】
東方神起, CHANGMIN from 東方神起
【ジャンル】
K-POP, イベント

BUCK-TICK・櫻井敦司のソロプロジェクト“THE MORTAL"がミニアルバムの詳細を解禁
Fri, 04 Sep 2015 18:00:00 +0900
THE MORTAL (okmusic UP\'s)

BUCK-TICKのフロントマン・櫻井敦司のソロプロジェクト“THE MORTAL”が、10月14日にリリースするミニアルバム『Spirit』のジャケット写真及び収録内容が発表された。

【その他の画像】BUCK-TICK

オリジナル楽曲「PAIN DROP」「夢」の2曲に加え、櫻井敦司が影響を受けたという洋楽カヴァーを3曲収録。オリジナル曲はメンバーの村田有希生(my way my love)が「PAIN DROP」、Jake Cloudchairが「夢」を作曲し、歌詞は櫻井敦司が担当している。

また、カヴァー曲は、ゴシックの元祖とも言われるバンド・Bauhausのアルバム『The Sky\'s Gone Out』収録の名曲「Spirit」や、Sex Pistols、The Clashと並んでロンドン3大パンクバンドのひとつに数えられるThe Damnedの「SHADOW OF LOVE」、そしてゴシック、ポストパンクの元祖であるSiouxsie & the Bansheesの「CITIES IN DUST」と、80\'sのゴシックロックに通じるNew Waveの名曲をカヴァー。「SHADOW OF LOVE」と「CITIES IN DUST」に関しては、何と櫻井の書き下ろしによる日本語詞カヴァーであることが判明しており、オリジナル楽曲2曲と共に、このミニアルバム5曲を聞く事で、THE MORTALの音楽スタイルを体感できる作品に仕上がるとのこと。

さらに9月4日より『Spirit』のトレーラー映像も公開となり、その中でTHE MORTALのサウンドの片鱗に触れる事が出来る。今からミニアルバムの完成に期待が高まるばかりだ。

そして、9月5日からはライブ「TOUR THE MORTAL 2015」の一般チケット発売もスタート。ダークで美しく、狂気を孕んだ世界を堪能したい。

■ミニアルバム『Spirit』トレーラー映像
https://www.youtube.com/watch?v=SHQBP4_ZYnc

■ミニアルバム『Spirit』

2015年10月14日発売
CTCR-14874/¥1,800+税
※初回生産分のみスリーブ仕様
<収録内容>
1. 『PAIN DROP』
作詞:櫻井敦司 作曲:村田有希生
2. 『Spirit 』(Bauhausカヴァー)
作詞/作曲:Daniel Gaston Ash / Kevin Haskins / David Jay / Peter John Murphy
3. 『SHADOW OF LOVE』 (The Damnedカヴァー)
作詞/作曲 : ROMAN PAUL JUG/BRYN MERRICK/CHRISTOPHER JOHN MILLAR/DAVID VANIAN
訳詞:櫻井敦司
4. 『CITIES IN DUST』 (Siouxsie & the Bansheesカヴァー)
作詞/作曲:SUSAN JANET BALLION, PETER EDWARD CLARKE,STEVEN JOHN BAILEY
訳詞:櫻井敦司
5. 『夢』
作詞:櫻井敦司 作曲:JAKE CLOUDCHAIR

■『TOUR THE MORTAL 2015』

11月17日(火) 大阪:オリックス劇場(旧:大阪厚生年金会館)
11月25日(水) 東京:NHKホール
11月26日(木) 東京:NHKホール

<チケット>
■料金
全席指定:¥6,500(税込) 
■一般発売
9月5日(土)am10:00〜

【関連リンク】
THE MORTAL オフィシャルHP
櫻井敦司(BUCK-TICK)、コレクターズボックス『愛の惑星』トレーラー映像を公開
BUCK-TICK・櫻井敦司のソロプロジェクト「THE MORTAL」がミニアルバム発売を発表

【関連アーティスト】
BUCK-TICK, 櫻井敦司, THE MORTAL
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル

稚菜、中山美穂&WANDSの「世界中の誰よりきっと」をカバー
Fri, 04 Sep 2015 18:00:00 +0900
稚菜 (okmusic UP\'s)

誰しも夢や目標って必ずあると思う。
それが一つの人もいれば、沢山ある人もいる。
遠い遠い夢もあれば、身近な目標もある。
きっと人それぞれでしょう。

私にもある。
一生をかけてでもやりたい目標、
それは言わずもがな「カンボジアに音楽学校を建てる」こと。
建てるのも目標、
そして建てた後も私が生きている間はずっとずっと子供たちと音楽を一緒にしていたい。
私が亡くなってからも、その学校は無くなる事なく続いていって欲しい。
だからこその、一生の目標。

他にも、一生歌い手でありたいとか、
もっと沢山の人に知ってもらう為にもっと大きな素敵な歌い手になりたいとか。
ライブで全国47都道府県回りたいっていう目標もある。
日本に生まれた日本人だからこそ、
自分の国の事、全部知ってみたいなっていうのがあるから。
だから、出来れば全部観光もしたいです。笑

夢や目標が一つ叶うと。
それが自身の活力になる。
そして次は…!と更に前向きにさせてくれ、自分を成長させてくれる。
だから夢や目標ってあればあるだけいいんだろうなって私は思う。
それがたとえ大きかろうが小さかろうが、自分の為に必ずなるのだから。
凄いなぁって思う事を成し遂げている人は
きっと沢山そんな想いを持っていたのかなって思います。

最初から夢と目標の話をしてきたけれど。
私は、将来の夢、とは言わず将来の目標と言う様にしている。
私は夢というものは何だか遠いところにあってなかなか現実味がないもの、
だから困難に沢山打ち当たった時、
どうせ叶わない…と思ってしまうところもある気がしている。
でも目標にすると近いものの様に思え、じゃあ具体的に何をすればいいのか?と行動に移せる、
そんな気がしているんです。
やりたい!とか叶えたい!よりも、やる!や、叶える!の方が可能性が出てくる、って事ですね。
個人的な考え方です。笑
距離をとらえて意識する、夢を夢で終わらせない為の私のやり方。
思い描いている事を全て成し遂げられる様に。
頑張っていきます。


今日の一曲は。
いつも歌わせてもらっているものとはちょっとテンポ感の違う曲に挑戦してみました。
中山美穂&WANDSの「世界中の誰よりきっと」
この曲の作曲家、織田哲郎さんとは秋田のフェスでご一緒させていただきました。
織田さんがそのステージで歌った曲は聴いた事がある!と思うものが多くて、
今回の曲も私がまだ1歳の時にリリースされたものなのに知っていた、耳に残る曲。
何年も何十年も残る、こんな素敵な曲を私もつくれるようになりたいと思いました。
是非聴いて下さい。
https://youtu.be/JuNVnh9fkC4

それでは、また。

【関連アーティスト】
中山美穂, WANDS, 稚菜
【ジャンル】


カリスマ性は今も健在。ロック姉御、クリッシー・ハインド率いるプリテンダーズ の不朽の名盤『愛しのキッズ』
Fri, 04 Sep 2015 18:00:00 +0900
the PRETENDERS『PRETENDERS』のジャケット写真 (okmusic UP\'s)

? ニック・ロウのプロデュースのもと、1979年にザ・キンクスのカバー「ストップ・ユア・ソビン」でデビューを飾ったプリテンダーズ。今なお現役の彼らの名盤と言えば、まず外せないのが英国を代表するプロデューサー、クリス・トーマスのもとレコーディングされ、1980年にリリースされた1stアルバム『PRETENDERS(邦題・愛しのキッズ)』だろう。後にも触れるがギターをかき鳴らしながら歌うクリッシー・ハインド(Vo&Gu)を初めてTVで見た時は「なんてパンクでR&Rでカッコ良い姉ちゃんなんだ!」とザワザワした。荒削りなギターサウンドとクリッシーのクールでフックのあるヴォーカル、アッパーなナンバーから甘酸っぱいメロディが光るミディアムチューンまで幅広い楽曲が収録された本作はUKチャートの1位を獲得し、ビルボードチャートでも9位というヒットを記録する結果となった。その後のプリテンダーズの躍進を予感させるエナジーにあふれたアルバムである。

■クリッシー・ハインドの魅力

 まずはプリテンダーズは聴いたことはないけれど、ちょっと気になるという人がいたら、クリッシー・ハインドと検索してぜひ、最近の写真を見てほしい。彼女は2014年に62歳にして初のソロアルバム『Stockholm』をリリースしたのだが、そのアーティスト写真を見た時はぶっ飛んだ。80年代のクリッシー・ハインドのイメージからまったくと言っていいほどブレていない。いや、むしろ、真っ赤なライダースを着ている1stアルバムの頃の彼女より、今のほうがカッコ良いと思えるぐらいである。なぜ、写真を見てほしいと書いたかというとクリッシー・ハインドは生粋のバンドウーマンであり、その佇まいと鳴らしている音楽が完全と言っていいぐらい一致しているアーティストだからだ。写真を見てピンとこなかったら、プリテンダーズの音楽にもハマらないかもしれない。と言い切ってしまいたくなるほどカリスマ性のあるヴォーカリストであり、ギタリストなのである。

 クリッシー・ハインドは昔から“ロック界の姉御”とか“女版キース・リチャーズ”と評され、男前なR&Rで釘付けにする一方で、女性ならではのキュートさや包容力が垣間見えるメロディアスなナンバーを歌い、世界中のロックファンを虜にしてきた。ザ・キンクスのレイ・デイヴィスとのロマンスはあまりにも有名。恋多き女性でもあり、これだけ凛々しいのに色気があるという意味でも稀有な存在である。

 実際、初めて日本武道館で80年代にプリテンダーズを見た時は「これが生クリッシー・ハインドか」と感極まりそうになった。ギターを弾きながら歌う彼女は想像以上に華奢で自然体だった。ムリしてロックスターを演じているわけでもなく、ロックキッズがまんま成長したような攻撃性と繊細さを合わせ持つ佇まいが今でも胸に焼き付いている。

 ちなみに1stアルバム『愛しのキッズ』のメンバーであるジェイムス・ハニーマン・スコット(Gu)とビート・ファーンドン(Ba)はドラッグにより他界。その悲しみを乗り越えてクリッシー・ハインドはマーティン・チェンバース(Dr)とともに新たなメンバーを迎え、傑作アルバム『Learning to Crawl』(1984年)をリリース。このアルバムに収録されている「ミドル・オブ・ザ・ロード」は個人的にプリテンダーズの一番好きな曲でもある。

■アルバム『PRETENDERS(邦題・愛しのキッズ)』

 ザ・キンクスのカバー「ストップ・ユア・ソビン」とジェイムスとピートの共作によるインスト「スペース・インヴェーダー」(当時、メンバーはインヴェーダーゲームにハマっていたらしい)を除いて、曲は大半がクリッシー・ハインドの手によるもの。前半はギターのカッティングと時にマシンガンのようにまくしたてるヴォーカルがイキのいいロックナンバーが続くが、その後のプリテンダーズの世界的な成功につながるヒントは実は後半に収録されているメロディックなナンバーにあるのではないかと思う。色褪せることのない「ストップ・ユア・ソビン」に続いて収録されているヒットシングル「愛しのキッズ」はニューウェイヴとオールデイズが融合したようなミドルチューンだが、ギターのフレーズといい、甘酸っぱいメロディーといい、不変の名曲。男気と色気を兼ね備えたクリッシーのヴォーカルの真骨頂と言える「恋のプラス・イン・ポケット」(UKナンバー1ヒットを記録)もポップセンスが光る曲で、バラード「涙のラヴァーズ」もメンバーチェンジ後のプリテンダーズのスケール感を予感させるものがある。このあたりが、プリテンダーズが紅一点の粋なロック姐ちゃんがいるロックバンドで終わらなかった理由のひとつだと改めて聴いて思う。この後にリリースされたアルバムも名盤が多いので、ぜひ!

【関連アーティスト】
Pretenders
【ジャンル】


VANIRU、11月4日に待望の新曲「DEAD OR DANCE」 をリリース
Fri, 04 Sep 2015 17:30:00 +0900
VANIRU (okmusic UP\'s)

VANIRUが今秋、いよいよ待望の新曲「DEAD OR DANCE」 をリリースする事を発表した。

【その他の画像】VANIRU

天性の妖艶さと近年稀なるカリスマ性を持つLEONEIL(Vo.)と、透明感とPOPなセンスを持つYUTO(Gt.)からなるVANIRU。彼らが世界に問いかける精神宇宙は、そのミステリアスなビジュアルの美しさとは対照的に、生々しく魂に肉薄する。洗練されたエレクトロに混ざり合う、気怠くセクシーなヴォーカル、ショッキングでカッティングエッジなギターは、触れるものの夢を呼び覚ます! VANIRUの妖しく幻想的な、夢と現実が交錯する世界にひとたび引き込まれてしまえば、暗黒の中から一筋のロマンスを目撃することになる。そのステージは誰もが息をのみ、瞬きすることを許されない、聖なる領域だ。

新曲「DEAD OR DANCE」は、彼ら特異のPOPさの中に重たい陰影が物語を見せる、神秘的ダンスチューンが更に進化を遂げている。タイトルの言葉通り「踊るか、死か?」と追いつめられるのだが、やはりどこか救いがあり、ロマンティックなテクノサウンドなのだ。そして、カップリングの「BLUE MONDAY」はNew Orderの代表曲をカバー。彼らが影響を受けた曲をVANIRUテイストにアレンジにし、見事に昇華している。

時空を超えて、独自の感性を持って突き進むVANIRU。2015年、海外フェス、主催イベント、ワンマンライブ、そして新曲リリースと、そのセンセーショナルな攻撃は止まらない!

■シングル「DEAD OR DANCE」

2015年11月4日発売
【初回限定】(CD+DVD)
THDN001/¥1,500+税
<収録曲>
M1.DEAD OR DANCE
M2.BLUE MONDAY

■【ライブ情報】

「TOKYO COSMIC NIGHT Vol.2」
9月05日(土) GARRET udagawa
OPEN 17:30/START 18:00
出演:Bryan Associates Club/universe/VANIRU (AtoZ順表記)

「おかやま国際音楽祭2015 未来ホールSpecial Night」
9月27日(日) 未来ホール
OPEN 16:30/START 17:00
出演:Aimei/MICHAEL/ VANIRU(AtoZ順表記)

「NEW ROMANCER -one man show-」
10月10日(土) 六本木 morph-tokyo
OPEN 16:30/START 17:00

【関連リンク】
VANIRU オフィシャルHP
VANIRUがオーガナイザーを務める「TOKYO COSMIC NIGHT」第2弾が開催決定
美しすぎる新世代ユニット・VANIRUが1stアルバムをリリース
“白昼夢オルタナティヴロック”を発信するVANIRUが来年1月にアルバムをリリース

【関連アーティスト】
VANIRU
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル

HEY-SMITHがキュレーターを務める「Bowline」、最終出演アーティストにCrossfaithが決定
Fri, 04 Sep 2015 17:00:00 +0900
Crossfaith (okmusic UP\'s)

タワーレコードがキュレーターを迎え開催するライブイベント「Bowline」。10月12日(月・祝)のHEY-SMITHがキュレーターを務めるZepp なんば大阪公演の最終出演アーティストとして“Crossfaith"が決定した。

【その他の画像】SPECIAL OTHERS

また、イベント開催に向け公開中のYouTube動画「Dragon Ash\'s Bowline Party」の vol.6、vol.7(ゲスト:SPECIAL OHTERS、 MAN WITH A MISSION、TOTALFAT)と、「クリープハイプのボウライン『ドッキドキラヴビデオ』」の私立恵比寿中学編、フジファブリック編がそれぞれ公開となったほか、9月7日(月)からはタワーレコード全店にて「Bowline 2015 キャンペーン」がスタートとなる。また、当日会場で販売するオフィシャルグッズも公開となったので、こちらも合わせてチェックしてほしい。

■タワーレコード オフィシャルYouTube
http://www.youtube.com/user/TowerRecordsJapan

■【Bowline 2015 キャンペーン詳細】

開催期間:9月7日(月)〜10月14日(水)
開催店舗:タワーレコード全店(TOWERmini 含む)、タワーレコード オンライン
■内容
期間中、タワーレコードおよびタワーレコード オンラインにて「Bowline 2015」出演アーティスト の対象商品をご購入いただいた方に先着で“Bowline 2015 出演アーティストロゴステッカー"をプレゼント!

■「TOWER RECORDS presents Bowline 2015 curated by Dragon Ash & TOWER RECORDS」

9月26日(土) 幕張メッセ 国際展示場 9-11 ホール
OPEN 9時30分 / START 11時
出演:Dragon Ash、AIR SWELL、Xmas Eileen、group_inou、the telephones、四星球、SUPER SONICS、SPECIAL OTHERS、 10-FEET、TOTALFAT、MAN WITH A MISSION、山嵐、ROTTENGRAFFTY、wrong city(Opening Act)
※Opening Actは開場中の出演となります

<チケット>
オールスタンディング:¥6,900(税込)
※入場整理番号・場内ブロック指定無し
※小学生以上有料/未就学児童は無料(保護者同伴の場合に限る)

■「TOWER RECORDS presents Bowline 2015 curated by クリープハイプ & TOWER RECORDS」

9月27日(日) 幕張メッセ 国際展示場 9-11 ホール
OPEN 10時30分 / START 12時
出演:クリープハイプ、indigo la End、きのこ帝国、銀杏 BOYZ、私立恵比寿中学、ストレイテナー、 東京スカパラダイスオーケストラ、04 Limited Sazabys、フジファブリック、BLUE ENCOUNT、miwa、 go!go!vanillas(Warning Act)
※Warning Actは開場中の出演となります

<チケット>
オールスタンディング:¥6,900(税込)
※入場整理番号・場内ブロック指定無し
※小学生以上有料/未就学児童は無料(保護者同伴の場合に限る)

■「TOWER RECORDS presents Bowline 2015 curated by HEY-SMITH & TOWER RECORDS」

10月12日(月・祝)  Zepp なんば大阪
OPEN 12時30分 / START 13時30分
出演:HEY-SMITH、グッドモーニングアメリカ、Crossfaith、DUB 4 REASON、PUFFY、POTSHOT、LIFE IS GROOVE

<チケット>
1F スタンディング:¥4,500(税込)
※ドリンク代別途 500円必要
※小学生以上有料/未就学児童入場不可

【関連リンク】
「Bowline 2015」オフィシャルHP
Crossfaith、9月1日(火)に日本テレビ系「スッキリ!!」で新曲を披露
ユニコーン・EBIの記念すべき50歳の祝祭がライブ・ビューイング決定
「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」テーマ曲はマンウィズ/MISIAが担当

【関連アーティスト】
SPECIAL OTHERS, フジファブリック, TOTALFAT, MAN WITH A MISSION, Crossfaith, HEY-SMITH, 私立恵比寿中学
【ジャンル】
ジャパニーズロック, イベント

DRAGONFORCEも絶賛のガールズメタルバンド・Mary\'s Bloodが最新アルバム詳細を発表
Fri, 04 Sep 2015 16:00:00 +0900
Mary’s Blood × DRAGONFORCE (okmusic UP\'s)

現在アジアツアーを敢行中で、9月5日には来日公演を控えるUKの人気メタルバンド・DRAGONFORCEの香港公演のオープニングを大盛況のうちに終えたMary\'s Bloodが、10月7日発売のニューアルバム『Bloody Palace』のジャケット写真と詳細を発表した。

【その他の画像】Dragonforce

Mary\'s Bloodは、8月31日に行なわれたDRAGONFORCEの香港公演に日本のバンドながら異例の大抜擢を受け、会場に集まった満員のオーディエンスの前にオープニング・アクトとして堂々としたステージを展開した。オープニングを飾った代表曲「Marionette」からオーディエンスの心をつかんだMary\'s Bloodは、広東語のMCで場を和ませた後は、畳み掛ける様に楽曲を演奏し、海外での大役を見事に務めあげた。DRAGONFORCEの本編終了後には、ヴォーカルのマーク・ハドソンより「Mary\'s Blood」と再度の紹介を受け、またその後のパーティーでも各メンバーより大絶賛をうけるなど、日本のガールズ・メタル・バンドとして大きな存在感を示すライブとなった。

そんなMary\'s Bloodのセカンド・アルバム『Bloody Palace』は、前作『Countdown to Evolution』を踏襲しつつも、よりヘヴィに、より激しく、彼女たちが考えるメタルを具現化した作品。黒を基調にした新しいアーティスト写真も含め、より硬派な路線を打ち出したアルバムとなっている。オープニング曲「The Gate of Palace」からアルバム『Bloody Palace』への扉を開き、足を踏み込んだ後は、一気にたたみこまれるようは怒涛の楽曲群が襲い来る内容となっている。

さらに、新曲「Moebius Loop」のミュージック・ビデオも9月14日に公開予定されることを発表。過去にはマーティー・フリードマンの来日公演で共演し賛辞を送られるなど、海外から高い支持を受けているMary\'s Blood。今後明らかになるセカンド・アルバムの全貌と、彼女たちの動向に是非注目してほしい。

■「Bite The Bullet」MV
https://www.youtube.com/watch?v=VO_i1DUcCsQ

■アルバム『Bloody Palace』

2015年10月7日発売
【DVD付き初回限定盤】(CD+DVD) 
VIZL?880/¥3,500+税
【通常盤】(CD)
VICL- 64416/¥3,000+税
<収録曲>
■CD
1. The Gate of Palace
2. Bite The Bullet
3. Crime and Punishment
4. Song for You
5. Ready to Go
6. Grayish World
7. Bloody Birth Day
8. I\'m Dead
9. Sweet Trap
10. Infinite Love
11. Moebius Loop
■Special DVD収録内容 ※初回限定盤のみ付属
・「Moebius Loop」 Music Video
・Mary\'s Bloodに迫る、Special Interview

■「レコ発ワンマン Mary\'s Blood Tour 2015 “Invasion of Queen"」

10月17日(土)  名古屋RAD HALL
10月18日(日)  大阪アメリカ村 DROP
10月25日(日)  東京原宿アストロホール

【関連リンク】
Mary\'s Blood オフィシャルHP
Mary\'s Bloodが最新MV「Bite The Bullet」を公開
魔界少女拳のライヴにMary\'s BloodのギタリストSAKI&Queen.Mが登場
BABYMETAL、「METAL HAMMER」主催アワードにてドラゴンフォースとコラボ

【関連アーティスト】
Dragonforce, Mary\'s Blood
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ポップス(洋楽), ライブ

TOTALFAT、10月7日よりスタートする全国ツアーのゲストバンドを発表
Fri, 04 Sep 2015 15:00:00 +0900
TOTALFAT (okmusic UP\'s)

TOTALFATが10月7日(水)の千葉LOOK公演を皮切りに開催するアルバムリリース全国ツアー「COME TOGETHER, SING WITH US Tour 2015」のゲストバンドを発表した。

【その他の画像】BIGMAMA

BLUE ENCOUNT、アルカラ、04 Limited Sazabysなど今話題のバンドをゲストに迎えた今ツアーだが、チケットは9月6日(日)10:00より各種プレイガイドにて一般発売がスタートとなる。気になった方は是非チェックしてほしい。

また、ツアー初日の10月7日(水)にはニューシングル「宴の合図」の発売も決定している。カップリングには秦基博「ひまわりの約束」のカヴァーが収録されるとのことなので、こちらも楽しみに待とう。

■「COME TOGETHER, SING WITH US Tour 2015」

10月07日(水) 千葉LOOK 
ゲスト:BLUE ENCOUNT
10月08日(木) 水戸LIGHT HOUSE 
ゲスト:BLUE ENCOUNT
10月11日(日) 福井CHOP 
ゲスト:アルカラ
10月12日(月・祝) 富山SOUL POWER 
ゲスト:アルカラ
10月15日(木) 横浜F.A.D 
ゲスト:SPiCYSOL
10月17日(土) 松阪M\'AXA 
ゲスト:BACK LIFT
10月18日(日) 岐阜YANAGASE ANTS 
ゲスト:AIRFLIP
10月22日(木) 京都MUSE 
ゲスト:04 Limited Sazabys
10月24日(土) 山口LIVE rise SHUNAN 
ゲスト:ALL OFF
10月25日(日) 岡山YEBISU YA PRO 
ゲスト:ALL OFF
10月31日(土) 金沢vanvanV4 
ゲスト:dustbox
11月01日(日) 松本ALECX 
ゲスト:the band apart
11月03日(火・祝) 豊橋club KNOT
ゲスト:SPiCYSOL
11月05日(木) 奈良NEVER LAND
ゲスト:SUNSET BUS
11月07日(土) 鹿児島SR HALL
ゲスト:Rhythmic Toy World
11月08日(日) 熊本B.9 V2
ゲスト:Rhythmic Toy World
11月12日(木) 宇都宮HEAVEN\'S ROCK VJ-2
ゲスト:KEYTALK
11月14日(土) 石巻BLUE RESISTANCE
ゲスト:G-FREAK FACTORY
11月15日(日) 宮古KLUB COUNTER ACTION
ゲスト:G-FREAK FACTORY
11月21日(土) 高知X-pt.
ゲスト:SWANKY DANK
11月22日(日) 松山サロンキティ
ゲスト:SWANKY DANK
11月23日(月・祝) 高松DIME
ゲスト:KNOCK OUT MONKEY
11月28日(土) 長崎DRUM Be-7
ゲスト:BIGMAMA
11月29日(日) 大分DRUM Be-0
ゲスト:BIGMAMA
12月03日(木) 静岡UMBER
ゲスト:BUZZ THE BEARS
12月05日(土) 出雲APOLLO
ゲスト:But by Fall
12月06日(日) 神戸KINGS CROSS
ゲスト:FIVE NEW OLD
12月12日(土) 盛岡CLUB CHANGE WAVE
ゲスト:HOTSQUALL
12月13日(日) 秋田Club SWINDLE
ゲスト:HOTSQUALL
12月16日(水) さいたま新都心HEAVEN\'S ROCK VJ-3
ゲスト:後日発表

【関連リンク】
TOTALFAT オフィシャルHP
BIGMAMA、スマホを使ってあなたの視点で楽しめる「MUTOPIA」完成
TOTALFAT、宴の情景が見える新曲を10月にリリース
ライヴイベント「/ SLASH /」の出演権をかけたオーディションの詳細を発表

【関連アーティスト】
BIGMAMA, TOTALFAT, KEYTALK, BUZZ THE BEARS, ALL OFF, アルカラ, BACK LIFT, G-FREAK FACTORY, the band apart, dustbox, SUNSET BUS, KNOCK OUT MONKEY, But by Fall, HOTSQUALL, SWANKY DANK, BLUE ENCOUNT, Rhythmic Toy World, 04 Limited Sazabys, SPiCYSOL
【ジャンル】
ジャパニーズロック

DIV、10月28日にニューシングル「イケナイKISS」をリリース
Fri, 04 Sep 2015 14:30:00 +0900
DIV (okmusic UP\'s)

DIVが10月28日にニューシングル「イケナイKISS」をリリースする事が決定し、同時に新しいアーティスト写真も公開された。

【その他の画像】DIV

精力的なライヴ活動と2ndアルバム『SECRET』のリリースを経て、バンドとしてのアイデンティティーがより強固になったDIVが放つ新作は、果たしてどんな世界を魅せてくれるのか。音源の解禁が今から待ち遠しい。なお今回のシングルは、11月7日に東京・TSUTAYA O-EASTで行なわれる「DIV oneman live 2015 AUTUMN KISS or KILL」との連動企画も発表されている。詳しく是非オフィシャルHPをチェックして欲しい。

■シングル「イケナイKISS」

2015年10月28日発売
【初回生産限定盤】(CD+DVD)
DCCSG-001/¥1,800+税
※トレーディングフォト1枚(全5種類)がランダム封入
※DIVイケナイくじ封入
<収録曲>
■CD
1.イケナイKISS 
2.捕食する夢に羊は踊らない
■DVD
1.イケナイKISS MV

【通常盤】(CD ONLY)
DCCSG-002/¥1,200+税
※DIVイケナイくじ封入(初回生産分のみ)
<収録曲>
1.イケナイKISS 
2.捕食する夢に羊は踊らない 
3.Metronome

《11月7日 O-EAST公演連動企画》
「イケナイKISS」初回盤および通常盤(初回生産分)に封入されている“DIVイケナイくじ"で、後日DIVオフィシャルHPで発表される当選番号に該当するお客様に豪華商品をプレゼント!!

■豪華商品
特賞:11月7日 ライヴ招待券+DIVグッズ詰合せプレゼント+ミート&グリート 5名
A賞:11月7日 ライヴご招待 10組20名
B賞:11月7日 スペシャルチェキ引換券 50名

【注意事項】
※当選番号はDIVオフィシャルHPをご確認ください。
※11月7日 TSUTAYA O-EAST特典引き換えスペースに、当選したくじをお持ちください。
※商品の引き換えは、11月7日 当日会場内のみ有効となります。
※発送等による商品引き換えは行ないませんので、予めご了承ください。

■「DIV oneman live 2015 AUTUMN KISS or KILL」

11月07日(土) TSUTAYA O-EAST
OPEN 17:00 / START 18:00

<チケット>
料金:¥4,200(税込・立見・入場時ドリンク代別途必要)
一般発売日:10月3日(土) 10:00〜

【関連リンク】
DIV オフィシャルHP
DIV、鹿鳴館で“ドレスコード付き”3日間連続ワンマンを発表
ギルガメッシュ、ユナイト、カメレオ、DIVが『LINE MUSIC』に緊急参戦
DIV、ツアーファイナルに向けて特設サイトオープン&ニコ生に降臨

【関連アーティスト】
DIV
【ジャンル】
ビジュアル

チャラン・ポ・ランタン、今度は“はらぺこシングル”をリリース
Fri, 04 Sep 2015 14:00:00 +0900
チャラン・ポ・ランタン (okmusic UP\'s)

ワンマンツアー「チャラン穂 秋の大収穫祭」をスタートさせたチャラン・ポ・ランタンが、ツアー初日となる9月3日(木)の名古屋クラブクアトロ公演で、ニューシングルのリリースとあの漫才師とのコラボと、2つのニュースを発表した。

【その他の画像】チャラン・ポ・ランタン

昨年7月のメジャーデビュー以来、3作目となるシングル「メビウスの行き止まり」は11月11日にリリースが決定。前2作は"たらふくシングル"と銘打ち、シングル規程ギリギリの4曲を収録した作品であったが、今作は2016年冬の発表に向けて制作中のアルバム『タイトル未定』が待ちきれなくなるような作品ということで、"はらぺこシングル"という打ち出しに相成った。

この日のライヴで初披露された当シングルの表題曲「メビウスの行き止まり」は、シングル用に作られた20曲近いデモから選ばれた曲。“パッと見ってやっぱアテにならないよね”をテーマにした歌詞と、随所にこれでもかとちりばめられたキャッチーさ。チャラン・ポ・ランタンの魅力が一発で伝わる、入門編にもピッタリの曲となっている。

チャラン・ポ・ランタンの2人も、“こんなブチアガる曲が夏フェスの季節に出来ていたら更に盛り上がったのになー。フェスが終わってから出来ちゃったよオイオイオイ…! まあ、生まれたばっかのこの曲を一緒に育てにツアーに来てよね…! オイ!オイ!オイ!”(チャランポ小春)、“初めて聴いた人でもイキモリ(いきなり盛りあがること)が出来る曲になりました! コッテリラーメンだけどスルメのような曲! 分かるかな〜? とにかく、この曲があれば私たちは無敵だぞーー!!!”(チャランポもも) と自信満々にコメントしている。

そして、かねてより自身のトークライヴでチャランポの曲を使用するなど、チャランポがお気に入りと公言していたチュートリアルの徳井義実。そんな国民的変態である徳井と新人変態のホープであるチャランポももが意気投合した。徳井からチャラン・ポ・ランタンへ直々の依頼により、9月からスタートするチュートリアルライブツアー2015「TUTORIALIST」の舞台音楽をチャランポが担当することが決定。6月に私立恵比寿中学のツアー音楽も担当して大好評だったチャランポだけに、仕上がりが楽しみだ。

■シングル「メビウスの行き止まり」

2015年11月11日発売
【CD+DVD】
AVCD-83386/B/¥1,600+税
<収録曲>
■CD
01.メビウスの行き止まり
02.未定
■DVD
MVやSHOW MOVIEなど

【CD only】
AVCD-83387/¥962+税
<収録曲>
01.メビウスの行き止まり
02.未定
03.スットコドッコイラヂオ劇場(仮)
※チャランポがわかるボーナストラック

■チュートリアルライブツアー2015「TUTORIALIST」

9月12日(土) 宮城 仙台電力ホール
10月04日(日) 福岡 ももちパレス
10月30日(金) 東京 赤坂ACTシアター
11月21日(土) 大阪 大阪国際交流センター
11月29日(日) 愛知 名古屋 特殊陶業市民会館

【関連リンク】
ユニコーン・EBIの記念すべき50歳の祝祭がライブ・ビューイング決定
山の中にある美容院だけど オシャレ・シティにいる感覚になる音楽
エビ中、 BSフジで4月からレギュラー番組がスタート
「春の紅桃歌合戦」にてSMA所属女性アーティストによる一夜限りのコラボバンドが登場

【関連アーティスト】
チャラン・ポ・ランタン
【ジャンル】
ジャパニーズロック

KEYTALKの新曲「スターリングスター」が アニメ『ドラゴンボール超』のEDテーマに!
Fri, 04 Sep 2015 13:00:00 +0900
KEYTALK (okmusic UP\'s)

KEYTALKが10月14日にリリースする6枚目のシングル「スターリングスター」。その表題曲「スターリングスター」が、フジテレビ系アニメ『ドラゴンボール超(スーパー)』の新エンディングテーマとして10月4日(日)からオンエアされることが決定した。

【その他の画像】KEYTALK

「スターリングスター」は、目標や夢に向かって一歩踏み出す勇気を歌ったメッセージソング。彼らがレギュラーパーソナリティーを務めるJ-WAVE『THE KINGS PLACE』で8月27日(木)にオンエア解禁したところ、すでにファンからの反響が大きく、一刻も早いライヴでの披露も熱望されている。人気アニメ番組のエンディングテーマ決定により、新たなるファンの獲得も予想されるところ。

また、10月28日(水)に行なわれる初の日本武道館公演のタイトルが「KEYTALKの武道館で舞踏会〜shall we dance?〜」に決定。チケットの一般発売日は、9月20日(日)10:00〜と発表された。

さらに、9月30日リリースのミュージックビデオ集『MUSIC VIDEO COLLECTION 2010-2015』の封入追加特典、各チェーン店特典のほか、シングル「スターリングスター」の収録曲、ジャケット写真、アーティスト写真、封入追加特典、各チェーン店の購入者特典も一挙に発表された。詳しくはオフィシャルHPへ!

■「KEYTALKの武道館で舞踏会〜shall we dance?〜」

10月28日(水) 日本武道館
OPEN 17:30 START 18:30
チケット料金:前売 ?4,800
一般発売:9月20日(日)10:00〜

【関連リンク】
KEYTALK オフィシャルHP
上妻宏光、TAKUYA、武藤彩未ら参加「境界のRINNE」サントラリリース
『MUSIC TAGS vol.3』2日目は夜の本気ダンス、KEYTALK、ORANGE RANGEが激突!
『第8回 CDショップ大賞 2016』 一次ノミネート10作品を発表

【関連アーティスト】
KEYTALK
【ジャンル】
ジャパニーズロック, アニメ, テレビ(番組/CM)

ねごと、デビュー5周年記念フェスはまさに“ねごと祭り”なメンツに!
Fri, 04 Sep 2015 12:00:00 +0900
ねごと (okmusic UP\'s)

ねごとが11月23日(月)に東京・恵比寿LIQUIDROOMで開催する自主企画フェス、ねごと presents「お口ポカーンフェス?! NEGOTO 5th Anniversary〜バク TO THE FUTURE〜」。その出演アーティストが明らかになった。

【その他の画像】ねごと

これは9月3日(木)にスぺシャアプリ「ねごと お口ポカーンフェス?! 作戦会議SPECIAL」生配信番組で解禁されたもの。ねごと presents「お口ポカーンフェス?! NEGOTO 5th Anniversary〜バク TO THE FUTURE〜」の出演アーティストは、ねごと、ねごと、ねごと、ねごと、ねごと、蒼山幸子、沙田瑞紀、藤咲佑、澤村小夜子に決定! なんと、ねごとの5ステージと各メンバーによるソロステージという、“ねごと祭り”な内容に。特設サイトも開設され、各アーティスト写真も公開されている。

また、チケットのオフィシャルHP先行もスタートしており、受付は9月13日(日)23:59まで! さらに、タイムテーブルやソロステージの内容、会場での催しなどは、今後随時発表していくとのことだ。

■「お口ポカーンフェス?!」チケットオフィシャルHP先行
http://eplus.jp/negoto-hp/
■「お口ポカーンフェス?!」特設サイト
http://www.negoto.com/bakufes/

■ねごと presents「お口ポカーンフェス?! NEGOTO 5th Anniversary〜バク TO THE FUTURE〜」

11月23日(月・祝) 恵比寿 LIQUIDROOM
開場:13:00 /開演:14:00
料金:前売 4,000円(税込/1drink別) 当日 4,500円(税込/1drink別)
座席形態:オールスタンディング
整理番号:有
ドリンク:1ドリンク別

<出演アーティスト>
ねごと / ねごと / ねごと / ねごと / ねごと
蒼山幸子 / 沙田瑞紀 / 藤咲佑 / 澤村小夜子

【関連リンク】
ねごと オフィシャルHP
ねごと、ライブ映像作品『“VISION" TOUR 2015』限定盤は“まくら”付き!?
ねごと、ライヴ映像を初のBlu-rayで発売決定
SCANDAL、恒例の対バンライブ「バンドやろうよ!!Vol.6」が大盛況のうちに幕

【関連アーティスト】
ねごと
【ジャンル】
ジャパニーズロック

“カラオケ女王”こと城 南海、3枚目のオリジナルアルバムが完成!
Fri, 04 Sep 2015 11:00:00 +0900
城 南海 (okmusic UP\'s)

テレビ東京『THEカラオケ★バトル』初出演時より高得点を連発し、9月2日(水)放送の同番組で8冠を達成した城 南海(キズキミナミ)。今年発売した『サクラナガシ』『ミナミカゼ』と2枚のカバーアルバムも好評な彼女が、キャリア3枚目となるオリジナルアルバムを11月4日にリリースすることがわかった。

【その他の画像】城 南海

待望となるオリジナルアルバムのタイトルは『尊々加那志〜トウトガナシ〜』。NHKワールドの音楽番組『J-MELO』2014年12月〜2015年3月のエンディングテーマとなった初の自作詞曲となる「祈りうた〜トウトガナシ〜」の歌詞中にも登場する言葉、尊々加那志(トウトガナシ)は奄美の言葉で、先祖や神、自然や人々への最大限の感謝の言葉だという。2枚のカバーアルバムを経て、満を持してのオリジナルアルバム発売に際し、城 南海の想いが詰まったタイトルとなっている。

なお、オリジナルアルバムの収録曲詳細は後日発表。また、リリース前後には、東京・大阪でのワンマンライヴも決定している。

■アルバム『尊々加那志〜トウトガナシ〜』

2015年11月4日発売
PCCA-04286/¥2,778+税
※曲目未定

■ワンマンライヴ「ウタアシビ2015秋」

11月03日(火) 大阪 京橋ベロニカ
11月07日(土) 神奈川 モーションブルーヨコハマ

【関連リンク】
城 南海 オフィシャルHP
城 南海、『ザ・ノンフィクション』EDテーマ曲の緊急配信がスタート
城 南海、カバーアルバム第2弾より3曲を先行配信スタート
城 南海、カバーアルバム第二弾の詳細を解禁

【関連アーティスト】
城 南海
【ジャンル】
J-POP

サカナクション、「新宝島」豪華初回限定盤は『バクマン。』原作者・小畑健とコラボ
Fri, 04 Sep 2015 10:00:00 +0900
シングル「新宝島」【豪華初回限定盤(映画「バクマン。」BOX)】 (okmusic UP\'s)

サカナクションが9月30日にリリースする11枚目のシングル「新宝島」。その豪華初回限定盤(映画「バクマン。」BOX)のジャケットイラストを、漫画『バクマン。』の原作者である小畑健が描き下ろしたことがわかった。

【その他の画像】サカナクション

映画『バクマン。』の主題歌となる「新宝島」は、ジャンプの頂点を目指す二人の高校生漫画家を描いた同作からインスパイアされ、“線を描く”がテーマ。漫画家の“漫画を描き出す苦しみ”とミュージシャンとして“音楽を作り出す苦しみ”を重ね合わせることによって生まれた楽曲となっている。

9月30日にリリースされるシングル「新宝島」の豪華初回限定盤(映画「バクマン。」BOX)のジャケットでは、漫画『バクマン。』の原作者である小畑健にイラストの描き下ろしをオファー。イラストのみならず、小畑自身の作業現場や彼自身が描く手元までを含めた写真がデザインに組み込まれ、文字どおり楽曲のテーマである“線を描く”瞬間が切り取られた表現となった。

描かれたイラストは『バクマン。』のヒロインである亜豆美保。“線を描く”というコンセプトに沿って描き出される途中のイラストで、さらに映画「バクマン。」BOXということで、劇中で小松菜奈演じる亜豆が着用する制服バージョンのイラストとなっている。また、映画「バクマン。」BOXに封入されるCD「新宝島」のジャケットには、イラストの原画、下書きもデザインに組み込まれているとのこと。

初回限定盤、通常盤のジャケットも合わせて公開。この楽曲で文字どおり新たな地平を探し続けるというバンドの姿勢を、大胆な“新宝島”というタイポグラフィーで表現。楽曲の細部に宿る懐かしさも感じられるデザインだ。

そして、山口一郎がパーソナリティーを務めるTOKYO FM/JFN系38局ネット『SCHOOL OF LOCK!』内のFM番組「サカナLOCKS!」で本日9月3日(木)22:00〜、新曲「新宝島」が独占先行オンエアされる。映画『バクマン。』の予告編などで楽曲の一部は確認できたが、フルオンエアは今回が初。オンエアは23:05頃とのこと。

また、シングル収録曲の詳細も発表。カップリング曲は「「聴きたかったダンスミュージック、リキッドルームに」」という名のファンクチューンと、盟友とも言えるAOKI takamasaの手によるリミックス曲「インナーワールド(AOKI takamasa Remix)」、さらに「新宝島」のインストゥルメンタルが収録される。「「聴きたかった〜」」は既存の音楽イベントの枠に囚われず、さまざまなジャンルのクリエイターが集う音楽の複合イベントとして、サカナクションが始動させた「NF」との連動を想起させる曲名だけに、今後のサカナクションの活動を確認する意味でも「新宝島」と共に重要な楽曲となりそうだ。

【関連リンク】
サカナクション オフィシャルHP
サカナクション・山口一郎による濃密な90分の音楽番組をNHK-FMにてOA
サカナクションがオーガナイザーを務める複合クラブイベントが名称を改め再び開催決定
サカナクション、映画「バクマン。」主題歌 「新宝島」シングルリリース決定

【関連アーティスト】
サカナクション
【ジャンル】
ジャパニーズロック, アニメ, 映画

FACT、最後の全国ツアーがスタート&新曲入りベストアルバムを11月に発売
Fri, 04 Sep 2015 00:00:00 +0900
9月2日@恵比寿LIQUIDROOM (okmusic UP\'s)

年内での解散を発表しているFACTが、9月2日(水)の恵比寿LIQUIDROOMでの東京・追加公演を皮切りに、最後の全国ワンマンツアー「FACT"KTHEAT"JAPAN TOUR 2015」をスタートさせた。

【その他の画像】FACT

最後のツアーということで平日にもかかわらずチケットはソールドアウトしており、多くのファンが来場した。残る15公演も1会場を残し、そのほかはすべてソールドアウトとなっている。追加公演として発表された水戸、いわき、千葉の先行チケット予約は、会場によってはキャパ10倍以上の申し込みとなっており、入手は困難となりそうだ。

また、この日会場で配布されたフライヤーで、フィジカル商品としては自身初となるベストアルバムを11月にリリースすることがアナウンスされた。メンバー自らが収録曲をセレクト、さらにこのラストアルバムのために書き下ろされる新曲の収録も決定している。付属のDVDには、今ツアーでのライヴ本編(会場未公開)が収録されるとのこと。

11月20日(金)にはラストライヴとして、渋谷でFACT主催のサーキットイベント「ROCK-O-RAMA 2015」が開催される。

Photo by SHINGO TAMAI

■アルバム『タイトル未定』

2015年11月発売
【CD+DVD】
MXMM-10047/¥3,800+税
【CD ONLY】
MXMM-10048/¥2,800+税
<収録曲>
■CD
未定
■DVD
ラストツアーのライヴ映像

【関連リンク】
FACT オフィシャルHP
FACT、サマソニのステージでラストライヴ発表
NAMBA69が新潟にてBRAHMAN、FACTと激突!
FACTが解散! ラストツアー開催へ!

【関連アーティスト】
FACT
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1