歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2015年09月01日)
バックナンバー
最新ニュース
2015/09/10
2015/09/09
2015/09/08
2015/09/07
2015/09/06
2015/09/05
2015/09/04
2015/09/03
2015/09/02
2015/09/01
2015/08/31
2015/08/30
2015/08/29
2015/08/28
2015/08/27
2015/08/26
2015/08/25
2015/08/24
2015/08/23
2015/08/22
2015/08/21
2015/08/20
2015/08/19
2015/08/18
2015/08/17
2015/08/16
2015/08/15
2015/08/14
2015/08/13
2015/08/12
2015/08/11
2015/08/10
2015/08/09
2015/08/08
2015/08/07
2015/08/06
2015/08/05
2015/08/04
2015/08/03
2015/08/02
2015/08/01
2015/07/31
2015/07/30
2015/07/29
2015/07/28
2015/07/27
2015/07/26
2015/07/25
2015/07/24
2015/07/23
2015/07/22
2015/07/21
2015/07/20
2015/07/19
2015/07/18
2015/07/17
2015/07/16
2015/07/15
2015/07/14
2015/07/13
2015/07/12
2015/07/11
2015/07/10
2015/07/09
2015/07/08
2015/07/07
2015/07/06
2015/07/05
2015/07/04
2015/07/03
2015/07/02
2015/07/01
2015/06/30
2015/06/29
2015/06/28
2015/06/27
2015/06/26
2015/06/25
2015/06/24
2015/06/23
2015/06/22
2015/06/21
2015/06/20
2015/06/19
2015/06/18
2015/06/17
2015/06/16
2015/06/15
2015/06/14
2015/06/13
2015/06/12
2015/06/11
2015/06/10
2015/06/09
2015/06/08
2015/06/07
2015/06/06
2015/06/05
2015/06/04
2015/06/03
2015/06/02
2015/06/01
2015/05/31
2015/05/30
2015/05/29
2015/05/28
2015/05/27
2015/05/26
2015/05/25
2015/05/24
2015/05/23
2015/05/22
2015/05/21
2015/05/20
2015/05/19
2015/05/18
2015/05/17
2015/05/16
2015/05/15
2015/05/14
2015/05/13
2015/05/12
2015/05/11
2015/05/10
2015/05/09
2015/05/08
2015/05/07
2015/05/06
2015/05/05
2015/05/04
2015/05/03
2015/05/02
2015/05/01
2015/04/30
2015/04/29
2015/04/28
2015/04/27
2015/04/26
2015/04/25
2015/04/24
2015/04/23
2015/04/22
2015/04/21
2015/04/20
2015/04/19
2015/04/18
2015/04/17
2015/04/16
2015/04/15
2015/04/14
2015/04/13
2015/04/12
2015/04/11
2015/04/10
2015/04/09
2015/04/08
2015/04/07
2015/04/06
2015/04/05
2015/04/04
2015/04/03
2015/04/02
2015/04/01
2015/03/31
2015/03/30
2015/03/29
2015/03/28
2015/03/27
2015/03/26
2015/03/25
2015/03/24
2015/03/23
2015/03/22
2015/03/21
2015/03/20
2015/03/19
2015/03/18
2015/03/17
2015/03/16
2015/03/15
2015/03/14
2015/03/13
2015/03/12
2015/03/11
2015/03/10
2015/03/09
2015/03/08
2015/03/07
2015/03/06
2015/03/05
2015/03/04
2015/03/03
2015/03/02
2015/03/01
2015/02/28
2015/02/27
2015/02/26
2015/02/25
2015/02/24
2015/02/23
2015/02/22
2015/02/21
2015/02/20
2015/02/19
2015/02/18
2015/02/17
2015/02/16
2015/02/15
2015/02/14
2015/02/13
2015/02/12
2015/02/11
2015/02/10
2015/02/09
2015/02/08
2015/02/07
2015/02/06
2015/02/05
2015/02/04
2015/02/03
2015/02/02
2015/02/01
2015/01/31
2015/01/30
2015/01/29
2015/01/28
2015/01/27
2015/01/26
2015/01/25
2015/01/24
2015/01/23
2015/01/22
2015/01/21
2015/01/20
2015/01/19
2015/01/18
2015/01/17
2015/01/16
2015/01/15
2015/01/14
2015/01/13
2015/01/12
2015/01/11
2015/01/10
2015/01/09
2015/01/08
2015/01/07
2015/01/06
2015/01/05
2015/01/04
2015/01/03
2015/01/02
2015/01/01
2014/12/31
2014/12/30
2014/12/29
2014/12/28
2014/12/27
2014/12/26
2014/12/25
2014/12/24
2014/12/23
2014/12/22
2014/12/21
2014/12/20
2014/12/19
2014/12/18
2014/12/17
2014/12/16
2014/12/15
2014/12/14
2014/12/13
2014/12/12
2014/12/11
2014/12/10
2014/12/09
2014/12/08
2014/12/07
2014/12/06
2014/12/05
2014/12/04
2014/12/03
2014/12/02
2014/12/01
2014/11/30
2014/11/29
2014/11/28
2014/11/27
2014/11/26
2014/11/25
2014/11/24
2014/11/23
2014/11/22
2014/11/21
2014/11/20
2014/11/19
2014/11/18
2014/11/17
2014/11/16
2014/11/15
2014/11/14
2014/11/13
2014/11/12
2014/11/11
2014/11/10
2014/11/09
2014/11/08
2014/11/07
2014/11/06
2014/11/05
2014/11/04
2014/11/03
2014/11/02
2014/11/01
2014/10/31
2014/10/30
2014/10/29
2014/10/28
2014/10/27
2014/10/26
2014/10/25
2014/10/24
2014/10/23
2014/10/22
2014/10/21
2014/10/20
2014/10/19
2014/10/18
2014/10/17
2014/10/16
2014/10/15
2014/10/14
2014/10/13
2014/10/12
2014/10/11
2014/10/10
2014/10/09
2014/10/08
2014/10/07
2014/10/06
2014/10/05
2014/10/04
2014/10/03
2014/10/02
2014/10/01
2014/09/30
2014/09/29
2014/09/28
2014/09/27
2014/09/26
2014/09/25
2014/09/24
2014/09/23
2014/09/22
2014/09/21
2014/09/20
2014/09/19
2014/09/18
2014/09/17
2014/09/16
2014/09/15
2014/09/14
2014/09/13
2014/09/12
2014/09/11
2014/09/10
2014/09/09
lynch.×MUCCガチンコ対バンツアー開幕
Tue, 01 Sep 2015 15:30:00 +0900
8月31日@大阪BIGCAT (okmusic UP\'s)

8月31日、大阪BIGCATにてlynch.とMUCCによる2マンライヴ『MARCH ON THE DARKNESS』の初日公演が開催! 同イベントはlynch.主催の2マンツアーで、大阪公演はチケットがソールドアウトとなっていた。

【その他の画像】lynch.

青く光る照明をバックにまずはMUCCが登場。「夏の終わりを楽しもうぜ!」と「謡声」を披露した。「lynch.に負けないようにイケイケで攻めていこうと思います!」と逹瑯(Vo.)が言うと、そこに「随分と盛り上がってるなぁ、おい!」とlynch.葉月(Vo.)もステージに参入し、lynch.の楽曲「MIRRORS」を歌唱するという予期せぬコラボにフロアはさらなる歓声に包まれた。

続くlynch.のステージでは一発目の「GALLOWS」から4曲目の「VANISH」まで休むことなく勢いを加速させる。「MUCCと初めて対バンをしたのは15年前。あの時、比べる対象にならなかった俺が今日MUCCと肩を並べられて…ありがとうございます!」と葉月が語り、今月リリースしたシングル「EVOKE」を披露した。そして今度は逹瑯をゲストに迎えてMUCCの楽曲「大嫌い」をコラボレーション。サークルモッシュにダイブにデスボイスに…終始爆音が鳴り響く会場で、ステージもフロアも大暴れの2マンツアー初日は成功に終わった。

今後、この『MARCH ON THE DARKNESS』は、9月1日に名古屋 DIAMOND HALL、9月21日に福岡 DRUM LOGOSにておこなわれる。

また、lynch.は9月2日にシングル「ETERNITY」、10月7日にフルアルバム『D.A.R.K. -In the name of evil-』をリリースする。

■lynch.オフィシャルサイ
http://lynch.jp
■MUCCオフィシャルサイト
http://www.55-69.com/

■lynch.×MUCC 2MANベント『MARCH ON THE DARKNESS』

?9月01日(火) 愛知 名古屋 DIAMOND HALL
?9月21日(月・祝) 福岡 福岡 DRUM LOGOS

【関連リンク】
ミヤ(MUCC)が指揮を取ったライヴイベント「COMMUNE Vol.1」大阪公演開催
lynch.が3ヶ月連続リリース第2弾シングル「ETERNITY」のMVを公開
cali≠gari、MUCCとの2マン含むライヴイベント発表
DANGER CRUE新イベント『COMMUNE』出演バンドのコラボアー写公開

【関連アーティスト】
lynch., MUCC
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル, ライブ

Gacharic Spin、「MUSIC BATTLER」MVでアメコミヒーローに変身!?
Tue, 01 Sep 2015 23:00:00 +0900
Gacharic Spin (okmusic UP\'s)

Gacharic Spinのメジャー1stフルアルバム『MUSIC BATTLER』から、リード曲「MUSIC BATTLER」のMVが公開された。

【その他の画像】Gacharic Spin

先日公開されたジャケット写真とアーティスト写真でもアメコミヒーロー姿で話題となっていたが、ミュージックビデオでは変身し、荒野で演奏を披露。まさにタイトルに相応しい迫力のある映像となっている。

9月6日からは下北沢ガーデンを皮切りにツアーをスタートするGacharic Spin。今後の情報にこうご期待。

■「MUSIC BATTLER」MV
http://youtu.be/zE-px0tgbQc

■アルバム『MUSIC BATTLER』

2015年9月30日発売
【初回生産限定盤 Type-A】(CD+DVD)
VIZL-882/¥3,700(税込)
【初回生産限定盤 Type-B】(CD+DVD)
VIZL-883/¥3,700(税込)
【通常盤】(CD)
VICL-64418/¥2,900(税込)
<CD収録曲>
1.ノスタルジックブルー
2.デジタルフィクション
3.MUSIC BATTLER
4.常識デストロイヤー
5.夢言実行
6.ガンバンバダンサー
7.ファイナルなファンタジー
8.夢喰いザメ-Album Ver-
9.Identity
10.またね
11.赤裸ライアー
12.Don\'t Let Me Down
<DVD収録内容>
■Type-A
・J-POP SUMMIT 2015 ドキュメンタリー
・MUSIC BATTLER(Music Video)
■Type-B
・TOMO-ZO ワンマンショー ドキュメンタリー
・MUSIC BATTLER(Music Video メイキング)

【関連リンク】
Gacharic Spin オフィシャルHP
Gacharic Spin、「NAONのYAON」で激アツライブを披露!
Gacharic Spin、サンフランシスコの『J-POP SUMMIT 2015』に初出演
Gacharic Spin、新体制で迎えた「めざましライブ」でアルバムリリースを発表

【関連アーティスト】
Gacharic Spin
【ジャンル】
ジャパニーズロック

LUNKHEAD、アコースティックベストアルバムのジャケ写&収録曲発表
Tue, 01 Sep 2015 22:30:00 +0900
アコースティックBESTアルバム『Very Best of Acoustics』 (okmusic UP\'s)

LUNKHEADが9月22日に行うワンマンライブ「LUNKHEAD ワンマンTOUR 2015 FINAL 野音でYeah!!!! 〜日比谷野外大音楽堂 〜」よりライブ会場限定で発売する、アコースティックBESTアルバム「Very Best of Acoustics」のジャケット写真と収録曲を公開した。

【その他の画像】LUNKHEAD

この作品は8月8日にLIVE&BAR SHIBUYA 7th FLOORにて観客を入れての公開レコーディングを行った際に披露された楽曲が、ライブVer.という形で収録されたもの。ジャケットには、その日の公開レコーディングで演奏するメンバー4人の写真が使用されている。

アルバムには初期のナンバー「前進/僕/戦場へ」やファンからの人気が高い「月光少年」「インディゴ」、シングル曲「桜日和」、4月にリリースした最新オリジナルアルバム『家』に収録されている「玄関」などベスト盤らしい幅広い楽曲10曲を収録している。

また、野音公演に向けたUSTREAM番組「ユーストでYEAH!!!! LUNKHEAD悲願の野音直前緊急ス〜ペ〜シャ〜ルーーーー!!」を2回にわたり実施することが決定。9月10日21時からは「〜いよいよ再来週!!編〜」、9月16日21時からは「〜えっ、もう来週?!!編〜」と題して配信されるので、野音まで待ちきれないファンは楽しみにしておこう。

なお、野音公演では未就学児の方に対してチケット代を当日キャッシュバックする「未就学児チケット代キャッシュバックキャンペーン」の実施も決定。詳細は後日発表されるとのことなので、オフィシャルHPをチェックしてほしい。

■【LUNKHEAD 小高芳太朗 コメント】

LUNKHEAD初のアコースティックベスト!!

いよいよ9月22日日比谷野外大音楽堂ワンマンよりドロップされます!!

いつものゴリゴリな曲達をまるで違う曲みたいにしっかり聴かせるアコースティックアレンジもLUNKHEADの魅力のひとつだと思うので、ほんと早くみんなに聴いてもらいたい!!

初めての公開レコーディングということで、なにがなんだかわからないくらい緊張してた俺ですが、音源を聴いてみると、あれ? なぜか、ちゃんと、歌えて、いるよ?

レコーディングに参加してくれた人も、音源で初めて聴く人もゼヒお楽しみに!!!

■アコースティックベストアルバム『Very Best of Acoustics』

※ライヴ会場限定販売
CHKY-0024 / ¥2,000(税込)
<収録曲>
1.前進/僕/戦場へ
2.月光少年
3.インディゴ
4.光の街
5.桜日和
6.スモールワールド
7.シューゲイザー
8.十六夜の月の道
9.はるなつあきふゆはる
10.玄関

■USTREAM番組「ユーストでYEAH!!!! LUNKHEAD悲願の野音直前緊急ス〜ペ〜シャ〜ルーーーー!!」

〜いよいよ再来週!!編〜  
9月10日(木)21:00〜

〜えっ、もう来週?!!編〜
9月16日(水) 21:00〜

■LUNKHEAD ワンマンTOUR 2015 FINAL 野音でYeah!!!! 〜日比谷野外大音楽堂 〜

9月22日(火・祝) 東京 日比谷野外大音楽堂
OPEN 16:30/START 17:30

【関連リンク】
LUNKHEAD オフィシャルHP
LUNKHEAD、初の野音公演でアコースティックベストを発売
LUNKHEAD、全国ツアー初日の代官山UNITにてファンと大合唱
LUNKHEAD、ファンクラブイベントでシチューを振る舞う!

【関連アーティスト】
LUNKHEAD
【ジャンル】
ジャパニーズロック

SUGIZO、C4らがHIV/AIDS 支援イヘ?ント『Hope And Live』に登場
Tue, 01 Sep 2015 19:00:00 +0900
『HOPE AND LIVE〜HIV/AIDS治療支援ベネフィットコンサート2015』 (okmusic UP\'s)

10月04日 (日)と 11月08日(日)に2ヶ月連続で開催される、 “アーティストによる、HIV/AIDSの撲滅・治療支援アクション”を目的した『HOPE AND LIVE』。その11月公演の出演アーティストが発表された。

【その他の画像】SUGIZO

2013年に自らがHIVキャリアであることを告白したミュージシャンHALの呼びかけに端を発し、彼の告白を受け止め支援すべく集結したミュージシャン仲間たちの力により実現した、HIV/AIDSキャリアのためのチャリティライヴ『NPO法人JoinLIFE機構PRESENTS Hope And Live 〜 HIV/AIDS治療支援ベネフィット・コンサート』。今年は10〜11月の2ヶ月連続で開催されることになった。

今回発表となった11月の出演アーティストは、2013年開催の初年度より例年メインアクトでこの運動に参加してきたSUGIZO(LUNA SEA,X JAPAN,JUNO REACTOR)の他、同じく毎年このイベントに参加しているTOKI(ex KILL SLAYD)と大村孝佳、ex-Laputa のリズム隊Junji、Tomoiによるバンド「C4」、ryo(HOLLOWGRAM,TAG,KEEL)、K?zi (ZIZ)、Yugami (ZIZ)、武井誠、atsushi hatta (DEADLIES)の5人という編成での参加になる「DALLE」、そして、DIE(hide with Spread Beaver)、NAOKI(ex-Kagrra)、本年度初の参加となる魔太朗(performed with heath(X-JAPAN)、THE WILLARD)という凄腕アーティストを迎えたスペシャルな布陣で参加の『RIS』などといったこれまでの開催に増しての濃厚なラインナップが発表となった。開催当日までに、さらなる出演アーティスト勢も発表になるとのこと。

東京都、厚生労働省の正式な後援という、ライヴイベントとしては稀な行政の後押しを受け、出演する各アーティストの想いと真剣な姿勢によってこれまでも実施されて来たチャリティイベント『HOPE AND LIVE』。今回は「HIV/AIDSキャリアに対する差別・偏見をなくそう」という非常に身近なテーマにフォーカスした啓蒙イベントとなるという。国内のロックミュージシャンによるひとつの社会的アティテュードとしても今年も注目したい。

■NPO法人JoinLIFE機構PRESENTS HOPE AND LIVE〜HIV/AIDS治療支援ベネフィットコンサート2015

11月08日(日) 東京 新宿ReNY
開場13:00  開演 14:00
出演:SUGIZO (LUNA SEA,X JAPAN,JUNO REACTOR)/C4/DALLE/[ryo(HOLLOWGRAM,TAG,KEEL)/K?zi(ZIZ)/Yugami(ZIZ)/武井誠/atsushi hatta (DEADLIES)] /RIS [DIE(hide with Spread Beaver)/NAOKI(ex-Kagrra).魔太朗(performed with heath(X-JAPAN),THE WILLARD)] /SPEED-iD/カフカ/and more

【関連リンク】
「HOPE AND LIVE2015 EVENT」オフィシャルHP
UROBOROS、新曲フルMV解禁&シークレットライブ開催決定
MADBEAVERS、極上のロックンロールが詰まったミニアルバム『プラズマバーン』完成!
UROBOROS、『六花の勇者』OPテーマ「Black Swallowtail」描き下ろしジャケ公開

【関連アーティスト】
SUGIZO, ZIZ, hide with Spread Beaver, C4, DALLE, DEADLIES
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル, イベント

GYAO、女性限定の招待制無料ライブイベント開催決定
Tue, 01 Sep 2015 18:15:00 +0900
『GYAO!  MUSIC  LIVE  Girls  Party』 (okmusic UP\'s)

GYAOが9月24日に女性限定の招待制無料ライブイベント『GYAO! MUSIC LIVE Girls Party』を開催すると発表! 本イベントへの参加募集も開始された。


【その他の画像】May J.

無料映像配信サービス「GYAO!」が多くのユーザーに音楽ライブの魅力を届けるため、2014年9月に開設した、音楽ライブ映像に特化した特設サイト「GYAO! MUSIC LIVE」。本イベントは同サイトの開設1周年を記念し、ユーザーに無料で良質な音楽ライブ体験を提供するべく開催される。

そんな本イベントの出演アーティストは、「GYAO!」で人気のBENI、Crystal Kay、May J.。参加を希望するユーザーは「GYAO!」アプリもしくは、「GYAO! MUSIC」アプリから応募することができ、抽選で 400組800名を無料で招待される。

また、今回のイベントのテーマカラーには「GYAO!」のイメージカラーであるピンクを採用しており、来場者のドレスコードとしてピンクを設定するなど、女性限定ならではの空間を演出するとのことだ。

■「GYAO! MUSIC LIVE」
http://gyao.yahoo.co.jp/music-live/

■『GYAO! MUSIC LIVE Girls Party』

9月24日(木) 赤坂 BLITZ
18時開場/19時開演
出演アーティスト:BENI/Crystal Kay/May J.
※ドレスコード :当日は、イベントのテーマカラーである「ピンク」の服もしくはアイテムを着用してご来場ください。

<参加応募方法>
■手順:
特設ページ URL:http://gyao.yahoo.co.jp/music-live/girlsparty/
「GYAO!」アプリ、または「GYAO! MUSIC」アプリのトップより特設ページへアクセスし、特設ページ内の「応募する」ボタンから応募することができます。申し込み多数の場合は抽選となります。
※応募には Yahoo! JAPAN ID が必須となります。

■「GYAO!」アプリ
・iOS 版
https://itunes.apple.com/jp/app/wu-liao-dong-hua-gyao!/id288091002?mt=8
・Android 版
ttps://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.yahoo.gyao.android.app&hl=ja

■「GYAO! MUSIC」アプリ
・iOS 版
https://itunes.apple.com/jp/app/gyao!music/id652635073?mt=8
※iOS 版のみ提供

■応募可能期間:
2015年9月1日(火)〜 2015年9月14日(月)23:55

■抽選結果発表:
2015年9月16日(水)
※結果確認画面よりご確認いただけます。

■募集人数
400組800名様

■応募条件:
女性限定のイベントとなります。男性のお客様はご入場いただけません。
※未就学児のお子様のご入場はお断りさせていただきます。

【関連リンク】
「GYAO! MUSIC LIVE」サイト
『情熱大陸フェス』でフミヤと木梨憲武&ヒロミ、葉加瀬とMay J.ら夢の競演
「a-nation island」開幕を飾ったのはPKCZ(R) が届ける豪華絢爛な“音祭り"
「LOVE in Action Meeting(LIVE)」にてSilent Siren、May J.らが献血を呼びかけ

【関連アーティスト】
May J., Crystal Kay, BENI
【ジャンル】
J-POP, イベント

メガマソとジェッジジョンソンによる異色2マンイベントが実現
Tue, 01 Sep 2015 18:00:00 +0900
メガマソ (okmusic UP\'s)

メガマソとジェッジジョンソンの2マンイベントが『CLUB251 AUTUMN THANKS FEST 「FUYU/MACHI感謝祭」』の一環として、11月15日に下北沢CLUB251で開催される。

【その他の画像】ザ・ジェッジジョンソン

今年8月、約2年ぶりにリリースしたフルアルバム『ニシュタリ』では、さらに深化した世界観を魅せたメガマソ。9月9日にはツアーファイナルの渋谷WWWワンマン公演を控えている。

そして、約5年ぶりとなるニューアルバム『テクニカルブレイクス・ダウナー』を5月に発表したジェッジジョンソン。9月26日には下北沢CLUB Queでのワンマンを控えているように、復帰後は精力的なライヴを重ねてきた。

数あるヴィジュアル系ロックバンドの中でも異彩を放つメガマソと、エレクトロ・ロックの先駆者であるジェッジジョンソンという初顔合わせがいったいどのような化学反応を生むのか? ジャンルやシーンを超えた2アーティストの対バンを、ぜひ多くの人に目撃してほしい。

なお、本イベントは音楽フリーマガジン『JUNGLE☆LIFE』と下北沢CLUB251との共催イベントとして開催される。チケットはe+とLAWSONにて、9月27日より発売予定。
 
■メガマソ オフィシャルHP
http://megamasso.jp/
■ジェッジジョンソン オフィシャルHP
http://jetze.net/

■CLUB251 AUTUMN THANKS FEST 「FUYU/MACHI感謝祭」 JUNGLE☆LIFE × CLUB251 presents “Whiteboard Jungle"

11月15日(日) 東京 下北沢CLUB251
OPEN 18:00 / START 18:30
出演:ジェッジジョンソン/メガマソ

【関連リンク】
メガマソ、ニューアルバムリード曲「スノウィブルー」のMV公開
メガマソ、最新アーティスト写真を公開
メガマソ、2年振り待望のフルアルバム発売&ワンマンツアー開催
ジェッジジョンソン、最新アルバムから「アルターエゴ」と「ふたりをつなぐもの」MV公開

【関連アーティスト】
ザ・ジェッジジョンソン, メガマソ
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル, イベント

Bruno Marsのオープニングアクトを務めた island Reggae バンド The Green
Tue, 01 Sep 2015 18:00:00 +0900
The Green (okmusic UP\'s)

Aloha! Natasha(ナターシャ)です。毎週火曜日にマウイ島からホットなisland Reggae(アイランドレゲエ)のHOTなニュースをお届けしています。

先週からカリフォルニア州サン・ディエゴに遊びに来ています。ここでもisland Reggaeが大ブームでとても感激しました。そこで今回はオアフ出身で、アメリカ本土で大活躍のisland Reggae バンド"The Green"のご紹介をしま〜す。

【その他の画像】The Green

The Greenは最も早い時期からisland Reggaeバンドとして活躍しているアーティストのうちの1つです。楽曲はHawaiiのUse Chant(ハワイの神への恩恵)を音楽に取り入れているのが特徴。2009年にはまだ珍しかったThe Greenのisland Reggaeの1st アルバムは、Billboard Reggae Chartに69週連続でランクイン! また、翌年には2010年のBillboard Year end Reggae ChartでMatisyahu, Bob Marlyに続いて9位に! ハワイ出身のBruno Marsのオープニングアクトをしたのがきっかけで、SojaやDamian Marleyともコラボレーションを果たしました。
https://www.youtube.com/watch?v=woDf3ov7UCQ&feature=youtu.be

Island Reggaeってなんだぁ〜?っていうきっかけになったバンドですね。Alohaスピリットの強いThe Greenのコンサートはアメリカ本土に住むポリネシアンのひとからとっても人気なんですよ。

【関連アーティスト】
The Green
【ジャンル】


DOG inThePWO、BugLug、Blu-BiLLioNが大集結した『治外法権』が大盛況
Tue, 01 Sep 2015 17:00:00 +0900
8月29日@「治外法権」 (okmusic UP\'s)

DOG inTheパラレルワールドオーケストラ、BugLug、Blu-BiLLioNと、Resistar Records所属の3バンドが一堂に会する人気イベント『治外法権』。2011年のスタート以来、夏は全国をまわるツアー形式で行われるのが恒例となっているが、今年は8月に大阪・仙台・名古屋・福岡をサーキット。8月29日には東京・Zepp DiverCityでファイナル公演を行い、集まった“レジレコ”ファンを熱狂させた。

【その他の画像】BugLug

繊細なサウンドに楽器隊のパワーコーラスが轟く「GARDEN」で、迫力満点にイベントの火蓋を切ったのはBlu-BiLLioN。荒々しいエモーションをバンド感たっぷりに贈りながらも、彼ら特有のスタイリッシュかつ耳に心地よいナンバーの数々で場内を魅了する。中でもミケ(Vo.)のハイトーンボーカルとteru(Key.)のピアノがリリカルに溶け合う「東京シンデレラ」、煌めくミラーボールの下で妖しく跳ねるダンスロック「Miss Mrmaid」等、7月にリリースしたアルバム『GENESIS』からのナンバーは彼らの新天地を拓くもの。ラストは客席中でタオルが振られる「Ready?」で華やかに締めくくり、10月に始まる全国ワンマンツアーへの期待を高める。

続いて、一聖(Vo.)の咆哮で幕開けたBugLugのステージは、アグレッシヴなナンバーをたたみかけて場内を灼熱の嵐に。1曲目「猿」からフロアは大きくうねり、オーディエンスが前へと殺到する「KAIBUTSU」、ヘッドバンギングで荒ぶる「ENMA」等、観る者にひとときも休むことを許さない。そんな中にも「ライヴはホントに一瞬で終わってしまうんだよ。でも、その一瞬をキミたちの中の永遠にしたい」など、しっかりとメッセージを挟み込むのがBugLug流。暴れきった最後、透明感たっぷりの「Live to Love」で感動の内に締めくくる展開もニクい。10月からは47都道府県ツアーもスタート。この極まったバンド力が果たしてどこまで進化してゆくのか見物だ。

9月9日にシングル「メテオライト」のリリースを控えるDOG inTheパラレルワールドオーケストラは、その新衣装をステージで初お披露目。大歓声の沸く中、オーディエンスが手を繋いでスキップする「ドッグ・トゥ・ザ・フューチャー」を皮切りに、フロアがモッシュの渦になる「PARADOX」、一斉に扇子が上がる「祭izm」と、持ち前の“ワクワクさせる”ナンバーで場内に笑顔の花を咲かせる。仙台の交差点で準々(Gt)がさらし者になったという愉快なツアー思い出MCも挟みつつ、ラストの「Doggys Party!!」では曲中で「メテオライト」のイントロだけを披露する嬉しいサプライズも。11月23日に舞浜アンフィシアターで行われるワンマンも、きっと今日以上に心躍るものとなるに違いない。

また、今回のツアーでは3バンド16人の中で結成された3つのセッションバンドが、各公演1バンドずつオリジナル曲を引っさげて参加していたのも大きな見どころ。大阪と福岡では、DOG inTheパラレルワールドオーケストラの春(vo)率いる医療系バンド“ダッチワイフ”が、仙台と名古屋ではアイドル系の“ミケwith HMK2”が出演したが、ファイナルでは一聖を中心に据えた“Ajito”が満を持しての初登場! 全員スーツでキメたマフィア風のビジュアルに、シャウトとヘドバンまみれの激しすぎるサウンドと、正反対に明るいトーンのMCでオーディエンスを困惑(笑)させながら、強烈なインパクト叩きつけた。

そこから「やっぱり最後はみんなで一夏の思い出を作って帰りたい」(一聖)と全員を呼び込んでの大セッションでは、『治外法権』には欠かせない「Resistar Recordsのテーマ」をプレイ。おのおのがステージ上で記念撮影したりと和気藹々のムードの中、春が次回の『治外法権』を年明け1月3日にTOKYO DOME CITY HALLで開催することを発表する。

夏のツアーと同じく、新春の『治外法権』も今や毎年恒例のものとなっているが、渋谷O-EASTから赤坂BLITZ、渋谷公会堂と着実にスケールアップを果たしており、同時に伴って3バンドのパフォーマンスも年々充実度を増したものに。それぞれの個性を三者三様に研ぎ澄ませて、Resistar Recordsの進撃は続く。

TEXT:清水素子
PHOTO:河井彩美

■Resistar Records PRESENTS「治外法権-新春だょ全員集合!!2016-」

1月03日(日) 東京 TOKYO DOME CITY HALL
出演:BugLug/DOG inTheパラレルワールドオーケストラ/Blu-BiLLioN/新春特別セッション/弾丸 NO LIMIT/LEZARD/LOUD GRAPE

【関連リンク】
Resistar Records PRESENTS「治外法権VOL.5」
A9、BugLug、SuG、vistlipなど、「V-NATION」出演ラインナップが決定!
Blu-BiLLioN、主催イベントにてニューアルバムのリリースを発表
己龍、BugLug、R指定、vistlipがイベントツアー開催を発表

【関連アーティスト】
BugLug, DOG inTheパラレルワールドオーケストラ, Blu-BiLLioN
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル, イベント

『SEKAI NO OWARI at TIMM』が10月開催
Tue, 01 Sep 2015 16:30:00 +0900
SEKAI NO OWARI  (okmusic UP\'s)

第12回東京国際ミュージック・マーケット (12th TIMM) の連携イベントとして、『SEKAI NO OWARI at TIMM』が行われる。

【その他の画像】SEKAI NO OWARI

イベントは10月20日に東京 Zepp DiverCityにて開催。オフィシャルモバイルファンクラブ「S.N.O.W.S」およびオフィシャルペーパーファンクラブ「R.A.I.N.S」では、9月1日より来週9月7日まで先行受付(抽選)を実施するので、お見逃しなく!

■「TIMM」オフィシャルHP
http://www.timm.go.jp/jp/

■「SEKAI NO OWARI at TIMM」

10月20日(火) 東京 Zepp DiverCity
※別途ドリンク代 500 円必要
※3歳以上チケット必要

【関連リンク】
SEKAI NO OWARI オフィシャルHP
「関ジャム」でセカオワと一青窈の“知られざる情報”が明らかに
SEKAI NO OWARI、「SOS / プレゼント」 ジャケ写&新アーティスト写真公開
本日7月31日のMステ、4年ぶりTUBE夏ソング・グループ魂「彦摩呂」ほか

【関連アーティスト】
SEKAI NO OWARI
【ジャンル】
ジャパニーズロック, イベント

SKE48松井玲奈、最後の劇場公演で涙
Tue, 01 Sep 2015 16:00:00 +0900
8月31日@SKE48劇場 (okmusic UP\'s)

松井玲奈が8月31日、名古屋栄のSKE48劇場で最後の公演をおこなった。

【その他の画像】SKE48

朝から劇場のまわりには公演に当選できなかったファン含め1000人以上のファンが劇場に押し寄せた当日。公演は松井玲奈が所属するチームE「手をつなぎながら」公演の楽曲と新曲「前のめり」「バナナ革命」などを披露し、卒業セレモニーでは今回の卒業の為に作ったソロ曲「2588日」を涙するファンに包まれながら歌唱した。そして、後輩須田亜香里からの手紙では「不安も多いけど安心てもらえるようにみんなで頑張るから守っていてください。」と感謝のメッセージが贈られる。

最後のファンへのメッセージでは 「最初SKEは公演の回数も少なくて、その公演のためだけにに毎日毎日レッスンをして週に1回ある公演にでることが人生の何よりの幸せでした。私は公演でみんなの陰に隠れていたんですが、たくさんの方たちが私のことを見つけてくださってここまでひっぱりあげてもらえた。それは私だけじゃなくてほかのメンバーも同じだと思います。応援してくださるみなさんが私たちを輝やかせてくれるパワーだと思います。私の青春はSKE48だと言えることが私の誇りです。2588日の歌詞にもあるように次の花を咲かせるために準備をはじめます。これからもSKE48のことをずっと見守って欲しいですし私もみなさんのなかで少しでも見守ってくれればと思います。この7年間はすべてが私にとっての宝物です。これから先もがんばっていきます。」とトヨタスタジアムのライブでは我慢していた涙をこの日は、こらえきれず感極まりながら話した。

最後は「SKE48 として最後にこの曲を歌えること を本当に嬉しく思います。今日(公演に)来れなかったみなさんとメンバーみんなに想いが届けばいいな と思います」と語り、「遠くにいても」をメンバー全員で歌って公演を終了し、松井玲奈にとってのSKE48での活動2588日を終えた。

【関連リンク】
SKE48 オフィシャルHP
松井玲奈 卒業ライブ、SKE48として最多の45000人を動員
SKE48 松井玲奈、卒業コンサート開催
本日8月21日のMステに初登場キンプリ、モンパチ「あなたに」SPメドレー熱演

【関連アーティスト】
SKE48
【ジャンル】
女性アイドル, ライブ

にゃあにゃあず、追加メンバー発表&オーディション開催中
Tue, 01 Sep 2015 15:00:00 +0900
にゃあにゃあず (okmusic UP\'s)

話題の猫グループ“にゃあにゃあず”の追加メンバーが発表された。

【その他の画像】にゃあにゃあず

今回発表となったのは下北沢の人気猫カフェの「Cateriam」人気の猫ちゃん、 ぽんちくん、白(しろ)くん、そして“にゃあにゃあず”のSTAFF家族のふく太くん、ラウルくん、ゲンキくん、マイケルくん、乙女(とめ)ちゃんの計7匹だ。

すでに発表されている吉祥寺「Cat Cafeてまりのおうち」のてまりちゃん、シフォンちゃん、「猫カフェMoCHA 渋谷店」の北斗くん、マロンくんと合わせて11匹のメンバーが発表となった。

にゃあにゃあずSTAFF家族の猫ちゃん達も、今後にゃあにゃあずの宣伝活動を盛り上げていき、まさに「猫の手も借りたい」と思っているであろう家族を喜ばすことは間違いないと言える。

そして、現時点のにゃあにゃあずメンバー紹介ティザーも公開された。

なお、この企画は猫の鳴き声を集め、猫がボーカルとして歌う楽曲を制作するプロジェクトで、現在も全国の飼い主から猫の鳴き声を含む動画及び写真を募集行っている。そこからリリースされる音源に参加する猫の声を選考するオーディションとなっている。期限は9月20日23時59分までなので、ふるって応募しよう。

楽曲はこの秋配信予定で、有名な楽曲のカバー曲やにゃあにゃあずオリジナル楽曲「ニャンダフル・ワールド」もリリースされる。猫の無邪気な大活躍が日本のエンターテイメントにサプライズを起こすことは間違いと言えそうだ。

■にゃあにゃあずメンバー紹介ティザー
https://youtu.be/ptJvnHYYucw

■配信シングル「ニャンダフル・ワールド」

2015年秋より配信予定
<収録内容>
オリジナルソング「ニャンダフル・ワールド」
カバー楽曲

【関連リンク】
にゃあにゃあず オフィシャルHP
人気猫たちがボーカルを務める!? 新プロジェクト“にゃあにゃあず”結成!
「新妹魔王の契約者 BURST」OPを石田燿子、EDを山田悠希&山田奈都美が歌唱
Hilcrhyme、3年連続となるクリスマスライブの開催が決定

【関連アーティスト】
にゃあにゃあず
【ジャンル】
J-POP

NICO Touches the Walls、新曲「渦と渦」フルMVを期間限定オンエア
Tue, 01 Sep 2015 15:00:00 +0900
NICO Touches the Walls (okmusic UP\'s)

NICO Touches the Wallsが9月2日にリリースするシングル「渦と渦」のミュージックビデオのフルバージョンが9月1日(火)0:00〜9月7日までの期間限定でGYAO!にて公開された。

【その他の画像】NICO Touches the Walls

今回のミュージックビデオはタイトル通り、どこまでも「渦と渦」が描かれた鮮やかなCGがふんだんに取り入れられた仕上がりになっており、何よりも渦にこだわったとのこと。なお、GYAO!で公開されるフルバージョンはCSで流れているものとは実は少し違うバージョンになっているらしいので、どこが違うかは是非その目で見て確認してみてほしい。

■ 「渦と渦」ミュージックビデオ(フルバージョン)
※9月1日(火)0:00〜9月7日までの期間限定
http://gyao.yahoo.co.jp/player/00100/v08463/v0993900000000547833/

【関連リンク】
NICO Touches the Walls オフィシャルHP
NICO Touches the Walls、「渦と渦」発売記念ライヴ開催決定
NICO Touches the Walls、次回ニコじゃん対決は“UZU神様”デザイン対決
NICO Touches the Walls、新曲「渦と渦」MV&特典DVDティーザー映像公開

【関連アーティスト】
NICO Touches the Walls
【ジャンル】
ジャパニーズロック

[Alexandros]、『TOUR 2015 ご馳走にありつかせて頂きます』香港、台湾公演の詳細決定
Tue, 01 Sep 2015 14:00:00 +0900
[Alexandros] (okmusic UP\'s)

[Alexandros]が12月に開催する『TOUR 2015 ご馳走にありつかせて頂きます』の香港、台湾公演の詳細が決定した。

【その他の画像】[Alexandros]

香港公演は12月11日に、台湾公演は翌12日に実施する。なお、両日ともワンマンライヴとなり、日本国内でのチケット販売は行われない。

■『TOUR 2015 ご馳走にありつかせて頂きます』香港、台湾公演

■香港公演
12月11日(金) Music Zone @ E-Max
開場/開演:19:30/20:00
チケット:Aブロック:680HKD、Bブロック:480HKD
https://www.tixeasy.com
一般発売:2015年9月8日(火)(日本時間11:00~)
問合せ: info@puffinent.net (日本語可)
会場HP: https://www.e-maxmusiczone.com.hk/tc/

■台湾公演
12月12日(土) THE WALL TAIPEI
開場/開演:18:30/19:00
チケット:1900NTD
http://www.indievox.com/
一般発売:2015年9月20日(土)(日本時間11:00~)

【関連リンク】
[Alexandros] オフィシャルHP
[Alexandros]の日本武道館ワンマンに1万1千人が大興奮
『第8回 CDショップ大賞 2016』 一次ノミネート10作品を発表
2015年も残り半分! 上半期にめちゃくちゃ聴いた5曲

【関連アーティスト】
[Alexandros]
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

吉田山田、ワンマンライブ『吉田山田祭り2015〜ホロリもあるよ〜』で夏を締め括る
Tue, 01 Sep 2015 13:00:00 +0900
8月29日@上野恩賜公園水上音楽堂 (okmusic UP\'s)

吉田山田が8月29日(土)、上野恩賜公園水上音楽堂にてワンマンライブ『吉田山田祭り2015〜ホロリもあるよ〜』を開催した。

【その他の画像】吉田山田

この日の会場はお祭りにちなんで提灯に見立てた赤と白の風船がステージから客席へとアーチを描き、SEも祭囃子が流れる。ライブグッズも赤を 基調としたタオルやうちわが販売され、会場中が赤く染まっており、いつもとは違った雰囲気に会場の期待も高まる。

ステージに登場したのは浴衣姿の吉田山田の二人。大歓声の中、吉田結威(Gu&Vo)のアコースティックギターにのせて山田義孝 (Vo)がしっとりと歌い始める。この日の1曲目は「夏のペダル」。前回の全国ツアー『吉田山田ツアー2015』では、会場のボルテージを一 気に盛り上げた楽曲だが、今回はバラードバージョンで会場を一気に引き込んだ。山田の「『吉田山田祭り2015〜ホロリもあるよ〜』へようこそ!」の挨拶から二人のハーモニーを惜しみなく披露。「全部そのままのキミでいい」「ラブレター」「一番星」と続け、会場中が二人の歌声に酔いしれる。夏の終わりのこの時期は宿題に追われていたというエピソードを話すと会場の子供達からのリアクションも。幅広い層に支持される吉田 山田ならではである。続く「泣いてもいいよ」は、デビュー5周年を記念した『555ツアー』で行なった全曲ライブでは「泣いてもいいよ」の1フレーズしか歌われず、久しぶりの懐かしい曲の披露に会場からも喜びの歓声も送られた。

「ソウルフード」では、タンバリンとすずの奏者を山田が客席へ行きお客さんの中から選び、ステージに登壇して一緒に演奏。このスペシャルセッションの後には、一緒に演奏した証としてスタッフパスを首からかけてあげ、使用したタンバリンとすずをプレゼントするなど和やかなムードに包まれた。また、この日は来場者にアンケート用紙が配られ、お客さんからリクエストを募集。それに応える形で「約束のマーチ」を披露。「そろそろ皆の歌声も聴きたいなと思っているんですが歌ってく れるかな!?」と「ツボミ」を歌唱。「Oh Yeah〜」のやり取りを会場近くの上野動物園のパンダの名前で「リーリー〜」「シンシン〜」と変えたり、「ハチ公〜」「隆盛〜」「アメ横〜」「秋葉原〜」とご当地ネタも織り交ぜる。「魔法のような」でも「LALALA〜」の大合唱が会場中に響き渡り第一部の幕を閉じた。この日は三部構成となっており、インターバルでは彼らのレギュラーラジオ『吉田山田のオールナイトニッポン0』とコラボをしたラジオパートをはさむ。山田うどんのキッチンカーによるフード販売も行なわれており、インターバルでは行列が出来るほどで、転換の合間にも会場を楽しませる。ラジオパートの終わり際には、6月にリリースされたシングル「キミに会いたいな」を曲紹介。その間にアロハシャツに着替えた吉田山田がバンドを従えて登場。すると2番から生演奏に切り替わるという粋な第二部の始まりに会場からは拍手と歓声があがる。「希望とキャンディ」 「HOME」と披露し、バンドが加わったことによる重厚なサウンドで、第一部とはガラリと雰囲気を変える。

MCでは、先ほどのラジオパートに触れ、楽屋裏での『オールナイトニッポン0』スタッフとのやり取りなどラジオを聴いている人なら思わず頷いてしまうようなエピソードも披露。 前回のツアーでもハートフルな楽曲で話題となった「好きだよ」、ジャジーなピアノイントロが印象的な「風と雲と虹」、海を彷彿とさせる青い照明に包まれた「航海」、「生まれなきゃよかった」という歌い出しからドラマティックな展開を見せる「メリーゴーランド」と吉田山田の振り幅の 広さを見せつけてから「バラードが続いたので、盛り上がっていきたいなと思います!」の一言に会場は総立ち。「カシオペア」「イッパツ」と続け、待ってましたと言わんばかりにタオルを振り回すなど会場のボルテージが最高潮のまま第二部は終了。再び訪れたラジオパートでは、ライブで恒例のグッズ紹介をラジオショッピング風に紹介。山田扮する『やまた社長』による紹介では、くしゃみをしてしまうハプニングもあり会場中は大爆笑。さらに、この日限りのコラボアイテムとして『オールナイトニッポン0』のコラボTシャツを終演後に販売することも発表し会場を大いに楽しませた。

第三部は「ルーとナンシー」からスタート。ヴァイオリンによる演奏が加わり、メッセージ性の強い楽曲にもさらに彩りが添えられる。「花鳥風月」「明日がくるよ」そして「日々」。畳み掛けるように披露される曲たちに涙をぬぐいながら聴き入る会場からは大きな拍手が送られる。その後バンドチームの紹介から「涙流星群」「ORION」と再び会場を総立ちにさせ、盛り上げていく。日も暮れていよいよライブはクライマックスへ。吉田はここまでやってきた感想を述べながら「来年もやった方がいいと思いません? 第一回目は大成功といっていいんじゃないでしょうか!?」と誇らしげに語った。山田も「歌っている時間を二時間、三時間で終わらせたくなくて、今日のこの時間がずっと続いていったらいいな」と感動的になったかと思いきや、またしても噛んでしまうという和やかな場面も。会場中をひとつにしたいと山田が大きく指揮をしながら「ハローグッバイ」を披露。会場もそれに応えるように手を振り、歌い、ひとつになる。改めて感謝を述べながら、最後はお祭りらしく終えたいと、ワッショイの音頭で会場を煽りながら盛り上げる。最後の曲は、この日のスタートでもあった「夏のペダル」。ワッショイの掛け声も織り交ぜながらのアレンジに会場はお祭り騒ぎ。惜しみなく声を出し、手をあげ、締めくくりに相応しい盛り上がりで祭りを終えた。

終演の影アナも山田によるもので最後の最後まで会場を楽しませた。影アナ後に流れ始めた「夏のペダル」のインストでは、名残を惜しむ会場から は歌声が聞こえ始め、ファンの大合唱によるこの日三回目の「夏のペダル」で幕を閉じた。

11月からは全国ツアー「吉田山田ツアー2015冬」が控えている。今年二度目の全国ツアーとなるが、更なるステージを見せてくれることは間違いないであろう。彼らの活躍を大いに期待させる夏の一夜であった。

■【セットリスト】

■第一部
1.夏のペダル
2.全部そのままのキミでいい
3.ラブレター
4.一番星
5.泣いてもいいよ
6.ソウルフード
7.約束のマーチ(リクエスト曲)
8.ツボミ
9.魔法のような
〜休憩・オールナイトニッポン0風ラジオトーク(1)〜
■第二部
1.キミに会いたいな
2.希望とキャンディ
3.HOME
4.好きだよ
5.風と雲と虹
6.航海
7.メリーゴーランド
8.カシオペア
9.イッパツ
〜休憩・オールナイトニッポン0風ラジオトーク(2)〜
■第三部
1.ルーとナンシー
2.花鳥風月
3.明日がくるよ
4.日々
5.涙流星群
6.ORION
7.ハローグッバイ
8.夏のペダル

【関連リンク】
吉田山田 オフィシャルHP
吉田山田、今週末開催『吉田山田祭り2015〜ホロリもあるよ〜』をニコ生で中継
吉田山田、ライヴDVD『吉田山田TOUR 2015 at 渋谷公会堂』が好セールスを記録
吉田山田の楽曲「日々」が6月度有料音楽配信プラチナ作品に認定

【関連アーティスト】
吉田山田
【ジャンル】
J-POP, ライブ

aiko、フリーライヴ『Love Like Aloha vol.5』が夏最後の最高の思い出を刻む
Tue, 01 Sep 2015 12:30:00 +0900
8月30日@神奈川・サザンビーチちがさき (okmusic UP\'s)

aikoが8月30日、神奈川・サザンビーチちがさきにて3年ぶりとなるフリーライブ『Love Like Aloha vol.5』が開催! 過去最大の3万6千人ものファンが茅ヶ崎に集結した。

【その他の画像】aiko

この日は朝から雨が降ったり止んだりと不安定な空模様で、開催が危ぶまれる中、会場に集まったファンの思いが通じたのか、開演前には雨が降り止んだ。心地よい潮風にさらされながら、バンドメンバーが登場し演奏がはじまる。

聴き入っていたのも束の間、最新曲「夢見る隙間」のイントロ が流れ始めると会場が一気に沸いた。8月11日に終えたばかりの全国ツアー『Love Like Rock vol.7』中にリリースされた新曲だったのだが、4ヶ月のツアーを終えて一気に、ライヴで盛り上がること必須な人気曲へと押し上げられたといっても過言ではないだろう。この曲のイントロが流れれば、自然と手があがり、飛び跳ね、歓声があがる。そこにaikoがステージ中央にポップアップで登場し、会場のボルテージは一気に最高潮へ。

一曲目を終え「みなさんこんばんは!aikoです!」と挨拶もさながらに激しいロックナンバー 「Loveletter」へ。続く「ボーイフレンド」では客席に伸びる50メートルもある花道を進みファンとの距離はさらに近いものに。「こ の会場にいる皆さんに感謝を込めて“お中元”をお届けしたいと思っています」と話し、「オレンジな満月」「キラキラ」「夢のダンス」と続く。 長い花道を行き来するaikoに手を伸ばす観客が応える。後ろのみんなまで届きますようにと披露された「KissHug」では、ピアノの弾きはじめと波の音がマッチし、一時会場が静寂に包まれ、幻想的に歌うaikoの姿が、ステージ横に設置された巨大スクリーンに映し出される。

その美しくも妖艶な姿に見惚れるのも束の間、そこから怒涛のメドレーへと突入。リズミカルに「beat」からスタートすると「彼の落書き」「あなたの唄」と盛り上げる。ボサノヴァ調にアレンジされた「恋のスーパーボール」のサビでは花道の先にあるセンターステージで回転しながら歌ってみせ、会場からは思わず歓声があがる。さっきまで歌い踊っていた会場が、思わず息を呑み聴きいらずには入られない「カブトムシ」。さらに 『Love Like Aloha』恒例のサザンオールスターズのカバー曲は「エロティカ・セブン」を披露し、会場はさらに盛り上がりが加速。そのまま「運命」へとなだれ込み、 メドレーのラスト「花火」へ。サビに合わせて会場中が大きく手を振り、真夏の定番曲にオーディエンスはひとつになる。

aikoのライヴの醍醐味、ファンとのコールアンドレスポンスでは、恒例の「男子〜!女子〜!そうでない人〜!」に加え「マンション!」「海の家!」と茅ヶ崎中を aikoのライヴへと誘い一気に後半戦へ。「どろぼう」に続き「be master of life」では大サビで火花がステージ上に打ち上がる。再びMCで会場を煽りながら「鏡」では「OK キミをガン見さ」と、3万6千人の会場が大合唱。畳み掛けるように「あたしの向こう」で何度も会場を駆け抜ける。途中から雨がパラパラと降り始めるが照明 が雨粒をキラキラ照らし、それもまた美しい演出の一部になったようにさえ思える。「17年、デビューして経ちましたが、これから先もみんなと一緒に年をとっていけるようにみんなでおじさん、おばさんになって、アホな時間を過ごしましょう」と感謝を述べ、最後に「シアワセ」を熱唱 し幕を閉じた。

全13曲を歌い終えてaikoがステージを後にすると、ステージ後方からはこの夏の最後を彩る1500発もの花火が打ち上げられた。会場に訪れた3万6千人の心にはこの夏最後の最高の思い出として深く刻み込まれたであろう。

Photo by 岡田 貴之(Takayuki Okada)

【セットリスト】
M1 夢見る隙間
M2 Loveletter
M3 ボーイフレンド
M4 オレンジな満月
M5 キラキラ
M6 夢のダンス
M7  KissHug
M8 メドレー
beat〜彼の落書き〜
あなたの唄〜恋のスーパーボール〜
カブトムシ〜エロティカ・セブン〜
運命〜花火
M9 どろぼう
M10 be master of life
M11 鏡
M12 あたしの向こう
M13 シアワセ

【関連リンク】
aiko オフィシャルHP
aiko、3年ぶりの野外ライブで3万6千人が大熱狂
aiko、8月30日開催の野外フリーライヴ『Love Like Aloha vol.5』の予告映像を公開
aiko、「すごい時間にするからな!」と予定外のトリプルアンコール!

【関連アーティスト】
aiko
【ジャンル】
J-POP, ライブ

チャットモンチー、デビュー10周年企画でリマスター+ライヴ盤を発売
Tue, 01 Sep 2015 12:00:00 +0900
チャットモンチー (okmusic UP\'s)

チャットモンチーがデビュー10周年にあたり、フルアルバム5枚、ミニアルバム2枚の計7枚のリマスター盤をリリースすることを発表した。

【その他の画像】チャットモンチー

今回はBlu-spec CD2仕様で“Forever Edition”と題し、第一弾を2015年11月11日、第二弾を2016年2月と2回に分けてリリース。アルバムはすべて2枚組で、Disc1は各タイトルのリマスター盤。Disc2はリリース当時のライヴ音源等が収められる。

リマスタリング作業は、FOSTER THE PEOPLEやPassion Pitを手掛けるGreg Calbi (STERLING SOUND) が手掛けており、新旧のファンに対してアピールする最新のマスタリングとなっている。

初回仕様限定盤は、ブック型特殊パッケージと凝ったパッケージになっており、全4タイトル購入者にはスペシャルボックスがもれなくプレゼントされる。

■リリース情報

ミニアルバム『chatmonchy has come (Forever Edition)』
2015年11月11日発売
KSCL-30011〜30012/¥2,400+税
Blu-spec CD2 2枚組
【初回仕様限定盤】
(1)ブック型特殊パッケージ
(2)Forever Edition 第一弾 (全4タイトル) 購入者特典応募券封入
<Disc1 - Remaster CD>
01. ハナノユメ
02. DEMO、恋はサーカス
03. ツマサキ
04. 惚たる蛍
05. 夕日哀愁風車
06. サラバ青春
<Disc2 - Live CD>
後日発表

アルバム『耳鳴り (Forever Edition)』
2015年11月11日発売
KSCL-30013〜30014/¥3,400+税
Blu-spec CD2 2枚組
【初回仕様限定盤】
(1)ブック型特殊パッケージ
(2)Forever Edition 第一弾 (全4タイトル) 購入者特典応募券封入
<Disc1 - Remaster CD>
01. 東京ハチミツオーケストラ
02. さよならGood bye
03. ウィークエンドのまぼろし
04. ハナノユメ (ALBUM Mix)
05. どなる、でんわ、どしゃぶり
06. 一等星になれなかった君へ
07. おとぎの国の君
08. 恋の煙 (ALBUM Mix)
09. 恋愛スピリッツ
10. 終わりなきBGM
11. プラズマ
12. メッセージ
13. ひとりだけ
<Disc2 - Live CD>
後日発表

アルバム『生命力 (Forever Edition)』
2015年11月11日発売
KSCL-30015〜30016+¥3,400+税
Blu-spec CD2 2枚組
【初回仕様限定盤】
(1)ブック型特殊パッケージ
(2)Forever Edition 第一弾 (全4タイトル) 購入者特典応募券封入
<Disc1 - Remaster CD>
01. 親知らず
02. Make Up! Make Up!
03. シャングリラ
04. 世界が終わる夜に
05. 手のなるほうへ
06. とび魚のバタフライ
07. 橙
08. 素直
09. 真夜中遊園地
10. 女子たちに明日はない
11. バスロマンス
12. モバイルワールド
13. ミカヅキ
<Disc2- Live CD>
後日発表

アルバム『告白 (Forever Edition)』
2015年11月11日発売
KSCL-30017〜30018/¥3,400+税
Blu-spec CD2 2枚組
【初回仕様限定盤】
(1)ブック型特殊パッケージ
(2)Forever Edition 第一弾 (全4タイトル) 購入者特典応募ハガキ封入
<Disc1 - Remaster CD>
01. 8cmのピンヒール
02. ヒラヒラヒラク秘密ノ扉 (Album Mix)
03. 海から出た魚
04. 染まるよ
05. CAT WALK
06. 余談
07. ハイビスカスは冬に咲く
08. あいまいな感情
09. 長い目で見て
10. LOVE is SOUP
11. 風吹けば恋
12. Last Love Letter (Album Ver.)
13. やさしさ
<Disc2- Live CD>
後日発表

【関連リンク】
チャットモンチー オフィシャルHP
s?buhiroko、ミニアルバム『WONDERLAND』の豪華ゲストミュージシャンなど詳細が明らかに
フラカンのUSTREAM番組、第6回目のゲストはPOLYSICSのフミとチャットモンチーの福岡晃子
チャットモンチーが最新ライヴ映像を一気に3曲公開!

【関連アーティスト】
チャットモンチー
【ジャンル】
ジャパニーズロック

DAIDA LAIDA、3rdフルアルバム『FIVE SENSES』をリリース
Tue, 01 Sep 2015 12:00:00 +0900
DAIDA LAIDA (okmusic UP\'s)

DAIDA LAIDAの3rdフルアルバム『FIVE SENSES』が発売されることがわかった。

【その他の画像】DAIDA LAIDA

MAKE UP、GLAND SLAM、アニメタル、SEX MACHINEGUNS といったジャパニーズメタルシーンに金字塔を打ち建てたバンドメンバーが奇跡の集結した、究極のロックバンドDAIDA LAIDA。

本作特別盤には、時を越えたMAKE UPの名曲「ペガサス幻想」を収録! NoB(Vo)本人によるセルフカバーは、アレンジとして初の試みも多く、一聴の価値有りの仕上がりとなっている。是非作品を手にとって聴いていただきたい。

■アルバム『FIVE SENSES』

2015年9月01日発売
【特別盤】(CD only)
DAIDA-0006/¥3,000+税
【通常盤】(CD only)
DAIDA-0007/¥3,000+税
<収録曲>
創生の Presage
薄氷の Logic
相殺の Paradox
蒼天の Refraction
疾風の Departure
玲瓏の Five senses
黎明の Contradiction
永劫の Chaos
悠遠の Symmetry
仮初の God damn it!
ペガサス幻想(特別盤のみに収録)

■「3rd Album 発売記念ツアー 〜of the Five senses〜」

09月19日(土) 福岡 LIVEHOUSE CB
09月21日(祝・月) 広島 CAVE-BE
09月22日(祝・火) 倉敷 REDBOX
09月23日(祝・水) 神戸 Varit
09月26日(土) 渋谷 GUILTY
09月27日(日) 渋谷 GUILTY [ゲスト:e-ZUKA(GRANRODEO / Gt.)]
10月10日(土) 札幌 DUCE [対バンイベント]
10月11日(日) 札幌 DUCE
10月17日(土) 仙台 HooK
10月18日(日) 西川口 Hearts
10月31日(土) 長野 LIVE HOUSE J
11月01日(日) 金沢 LIVE HOUSE vanvanV4
11月03日(祝・火) 名古屋 HOLIDAY NEXT NAGOYA
11月07日(土) 高田馬場 CLUB PHASE
11月21日(土) 大阪 RUIDO

【関連リンク】
DAIDA LAIDA オフィシャルHP
有限会社エー・エム・ジー
ジャパメタシーンに金字塔を打ち建てたメンバーが集結した、DAIDA LAIDAの2ndアルバムが完成!
ネクストブレイクアーティストとして人気急上昇中のガールズロックバンドが今冬デビュー!

【関連アーティスト】
DAIDA LAIDA
【ジャンル】
ジャパニーズロック

THE STARBEMS、新曲2曲無料配信&会場限定シングル発売決定
Tue, 01 Sep 2015 11:00:00 +0900
THE STARBEMS (okmusic UP\'s)

THE STARBEMSが、9月1日より新曲2曲の無料同時配信を開始した。また、10月から始まる全国ツアー「CLICK OR TREAT 2015」では更にもう1曲新曲を加えた全3曲入り会場限定シングルをリリースする事も明らかになった。

【その他の画像】THE STARBEMS

今年6月から正式メンバーとしてBa.山下潤一郎(ex-ASPARAGUS)を加えた、新生スターベムズとしての初音源は、ポジティブな疾走感とハードコア魂が合体した「FIGHTING FATE」と、バンド初のクリスマス・ソング「JINGLE JANGLE SONG」の2曲を同時無料配信。

レコーディング・エンジニアには氣志團やandropから、新垣結衣、Gacharic Spinまで幅広く手掛け、アーティストの感性を最大限に引き出す手腕の高い秋葉知伸氏を起用。POPなフィーリングと攻撃的なエッジを兼ね備えたサウンドに。更にライブ会場限定で発表されるCDシングルには、激烈ヘヴィソング「ANTI-ROCK\'N\'ROLL」が加えられ、スペシャル・パッケージとしてフィジカルも入手可能。この曲はギタリスト・越川が自らエンジニアリングを務め、よりソリッドでノイジーな音像に。3 曲ともLIVEで盛り上がること必至なナンバーが勢ぞろい! メンバー各自それぞれのキャリアを積みながらも、常識に囚われない新たなチャレンジを発信し続けるPUNKバンド・THE STARBEMS。2010年代後半の猛攻が遂にスタートする!

■新曲無料配信ページ
http://www.thestarbems.com/freedownload/

■「CLICK OR TREAT 2015」

10月10日(土)  札幌Bessie Hall
GUEST:ALL IN A NUTSHELL
10月12日(月・祝) 仙台PARK SQUARE
GUEST:PULLING TEETH / ANCHOR
10月24日(土)  大阪Pangea
GUEST:waterweed / THE→CHINA WIFE MOTORS
10月25日(日)  名古屋UPSET
GUEST:挫・人間 / and more
11月07日(土)  岡山CRAZYMAMA 2nd Room
GUEST:挫・人間 / THE→CHINA WIFE MOTORS
11月08日(日)  福岡QUEBLICK
GUEST:挫・人間 / STEP LIGHTLY
11月14日(土)  下北沢SHELTER
GUEST:TBA
11月15日(日)  下北沢SHELTER
GUEST:TBA
※全公演GUEST有り

【関連リンク】
THE STARBEMS オフィシャルHP
THE STARBEMS、10月より全国ツアー開催
Gacharic Spin、アニメ『ドラゴンボール改』EDテーマの新曲はヒダカトオル書き下ろし!
THE STARBEMSから後藤裕亮(Gu)が脱退を発表

【関連アーティスト】
THE STARBEMS
【ジャンル】
ジャパニーズロック

アンティック-珈琲店-、メジャーデビューシングル発売記念イベントでファンに求婚!?
Tue, 01 Sep 2015 10:00:00 +0900
8月30日@お台場ヴィーナスフォート 教会広場前 (okmusic UP\'s)

作詞を大黒摩季が、作曲をdoaの徳永暁人が手がけたことでも話題のメジャーデビューシングル「千年DIVE!!!!!」を8月26日(水)に発売したアンティック-珈琲店-が、8月30日(日)に"お台場ヴィーナスフォート 教会広場前"でイベントライブを開催した。

【その他の画像】アンティック-珈琲店-

この日は「メジャーデビュー記念 特典会! ミニLIVE&「2ショットチェキ撮影会」と題し、14時/16時30分の二部構成で実施。一部/二部とも前説では、アンティック-珈琲店-のメンバーの座を狙う妖精・ニャッピーが登場。コミカルな仕種と素っ頓狂な声で、先にカフェっ仔(ファン)たちのハートを射抜いていた。現在、ニャッピーは「ゆるキャラブランプリ」にもエントリー中。みなさんの支持で、ニャッピーの存在をアンティック-珈琲店-同様に全国へ広げよう!!

【第一部】
結婚式の入場セレモニー?!のように教会の扉が開いた途端、姿を現したメンバー。第一部は、アンティック-珈琲店-のライブに欠かせない『スマイル一番イイ♀〜2015ver.〜』からスタート。♪きらめけビーナス♪と、この会場にピッタリな歌詞も飛びだす歌に合わせ、いい♀たちがメンバーたちへ満面の笑顔でエールを送っていた。メジャーデビューシングル「千年DIVE!!!!!」では、キーボードのゆうきがステージ前へ飛び出し、タオルを振りまわしカフェっ仔たちを煽れば、ニャッピーも舞台上へ姿を現しはしゃぐどころか、勢い余って舞台下へダイブ。場内に、熱気あふれる風景を描き出していった。
「夏をしめくくる素敵な一日になりました。この5人でしかできない音楽で、もっともっとみんなにいい景色を見せていきたいです」(みく)
最後は、アンティック-珈琲店-流ウェディングソング「世界にたった一つの温もり」を演奏。教会前という最高のシチュエーションのもと、美しいラブソングを会場中に響かせてくれた。まさに、涙誘う最高の舞台が、そこには描き出されていた。

ライブ後は、ステージ横へ仕切りを立てる形で設置した部屋を舞台に「2ショットチェキ撮影会」を実施。第一部のメンバーは、夏らしい浴衣姿で登場。同じく浴衣姿の女の子との撮影風景は、夏祭りを楽しむカップルのようにも見えていた。ファンには忘れられない濃密な夏の思い出になったのは間違いない。

【第二部】
第二部の前説では、第一部のライブ中に舞台下へダイブし負傷したニャッピーが耳と手に包帯を巻いて登場。怪我をものともせずに使命を果たそうとする姿にビジュアル魂を実感。

浴衣姿で登場した第二部のライブは、『We Can Do it!』からスタート。お洒落なヴィーナスフォートの地に、ヘドバンや折り畳みの風景が描き加えられてゆく。その様に、何事か?!と立ち止まる数多くの人たち。
「俺たちの夢と希望が詰まった楽曲です」(みく)。「千年DIVE!!!!!」でカフェっ仔たちと熱いコール&レスポンスを繰り広げれば、「世界にたった一つの温もり」では、みくが想いを告白するよう愛情たっぷりに熱唱。誰もが、プロポーズを受ける想いのもと?!その想いを胸にしっかり受け止めていた。
「ヴィーナスフォーストでやる夢を叶えてくれたのも、メジャデビューの夢を叶えてくれたのもみんなのおかげです」(みく)
止まぬカフェっ仔たちの熱狂。その想いに応えるように、ニャッピーも交えながら、ふたたび「千年DIVE!!!!!」を演奏。心と心繋がりあった、熱気と熱狂混じりあう一体感を互いに感じながら、ライブステージは幕を閉じていった。

第二部の撮影回では、メンバーの私服姿で2ショットチェキ撮影会が行われた。まるでイケメンのお兄さんや年上の彼氏とのデートを記念して撮っておこうとばかりのシチュエーション。撮影後の女性たちのにやけたスマイルは、まさに好きな人に抱かれたときの表情。きっと、胸のドキドキと血圧が急上昇していたに違いない!

9月6日(日)には日比谷野外大音楽堂を舞台に、この夏を締めくくるに相応しいワンマンライブ「ANCAFESTA\'15 SUMMER DIVE」も開催。「灼熱の太陽が照り輝く青空の下で歌って踊って一緒に夏の思い出を作ろう!!o(≧∀≦)o」とメンバーも語るように、彼らと一緒に思いきりはしゃぎながら、最高の夏の思い出を描こうじゃないか!!
                          
PHOTO:青木早霞
TEXT:長澤智典

【関連リンク】
アンティック-珈琲店- オフィシャルHP
アンティック-珈琲店-、野外フリーライヴのステージでバンジーを公約!?
アンカフェ、メジャーデビューシングル「千年DIVE!!!!!」ジャケ写公開
アンティック-珈琲店-がシングル「千年DIVE!!!!!」でビーイングからメジャーデビュー

【関連アーティスト】
アンティック-珈琲店-
【ジャンル】
ビジュアル, イベント

Hilcrhyme、3年連続となるクリスマスライブの開催が決定
Tue, 01 Sep 2015 00:00:00 +0900
Hilcrhyme (okmusic UP\'s)

9月2日にニューシングル「言えない 言えない」をリリースするHilcrhymeが、12月23日(水・祝)に東京 豊洲PITにてクリスマスライブを行なう事を発表した。

【その他の画像】Hilcrhyme

Hilcrhymeにとっては3年連続となるクリスマスライブ、そして年内最後のワンマンライブだ。なお、9月2日発売のニューシングル「言えない 言えない」のCD購入者対象でチケットの特別先行予約が行なわれるとのこと。期間限定なので、この機会を是非お見逃しなく。

■『Hilcrhyme Christmas LIVE 2015』

12月23日(水・祝)  東京・豊洲PIT 
OPEN 17:00 / START 18:00
<チケット>
オールスタンデング:¥6,000(税込・ドリンク代別)

【関連リンク】
Hilcrhyme オフィシャルHP
Hilcrhyme、太陽の下のクラブパーティー『白昼夜』にて新曲初披露
Hilcrhyme、新曲MVは初のドラマ仕立て! TOCの凛々しい剣道着姿にも注目!
HIPHOP界の雄・BIGZAM、小樽の音楽フェステーマソングを会場で無料配信

【関連アーティスト】
Hilcrhyme
【ジャンル】
J-POP, ジャパニーズヒップホップ













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1