歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2015年08月23日)
バックナンバー
最新ニュース
2015/09/01
2015/08/31
2015/08/30
2015/08/29
2015/08/28
2015/08/27
2015/08/26
2015/08/25
2015/08/24
2015/08/23
2015/08/22
2015/08/21
2015/08/20
2015/08/19
2015/08/18
2015/08/17
2015/08/16
2015/08/15
2015/08/14
2015/08/13
2015/08/12
2015/08/11
2015/08/10
2015/08/09
2015/08/08
2015/08/07
2015/08/06
2015/08/05
2015/08/04
2015/08/03
2015/08/02
2015/08/01
2015/07/31
2015/07/30
2015/07/29
2015/07/28
2015/07/27
2015/07/26
2015/07/25
2015/07/24
2015/07/23
2015/07/22
2015/07/21
2015/07/20
2015/07/19
2015/07/18
2015/07/17
2015/07/16
2015/07/15
2015/07/14
2015/07/13
2015/07/12
2015/07/11
2015/07/10
2015/07/09
2015/07/08
2015/07/07
2015/07/06
2015/07/05
2015/07/04
2015/07/03
2015/07/02
2015/07/01
2015/06/30
2015/06/29
2015/06/28
2015/06/27
2015/06/26
2015/06/25
2015/06/24
2015/06/23
2015/06/22
2015/06/21
2015/06/20
2015/06/19
2015/06/18
2015/06/17
2015/06/16
2015/06/15
2015/06/14
2015/06/13
2015/06/12
2015/06/11
2015/06/10
2015/06/09
2015/06/08
2015/06/07
2015/06/06
2015/06/05
2015/06/04
2015/06/03
2015/06/02
2015/06/01
2015/05/31
2015/05/30
2015/05/29
2015/05/28
2015/05/27
2015/05/26
2015/05/25
2015/05/24
2015/05/23
2015/05/22
2015/05/21
2015/05/20
2015/05/19
2015/05/18
2015/05/17
2015/05/16
2015/05/15
2015/05/14
2015/05/13
2015/05/12
2015/05/11
2015/05/10
2015/05/09
2015/05/08
2015/05/07
2015/05/06
2015/05/05
2015/05/04
2015/05/03
2015/05/02
2015/05/01
2015/04/30
2015/04/29
2015/04/28
2015/04/27
2015/04/26
2015/04/25
2015/04/24
2015/04/23
2015/04/22
2015/04/21
2015/04/20
2015/04/19
2015/04/18
2015/04/17
2015/04/16
2015/04/15
2015/04/14
2015/04/13
2015/04/12
2015/04/11
2015/04/10
2015/04/09
2015/04/08
2015/04/07
2015/04/06
2015/04/05
2015/04/04
2015/04/03
2015/04/02
2015/04/01
2015/03/31
2015/03/30
2015/03/29
2015/03/28
2015/03/27
2015/03/26
2015/03/25
2015/03/24
2015/03/23
2015/03/22
2015/03/21
2015/03/20
2015/03/19
2015/03/18
2015/03/17
2015/03/16
2015/03/15
2015/03/14
2015/03/13
2015/03/12
2015/03/11
2015/03/10
2015/03/09
2015/03/08
2015/03/07
2015/03/06
2015/03/05
2015/03/04
2015/03/03
2015/03/02
2015/03/01
2015/02/28
2015/02/27
2015/02/26
2015/02/25
2015/02/24
2015/02/23
2015/02/22
2015/02/21
2015/02/20
2015/02/19
2015/02/18
2015/02/17
2015/02/16
2015/02/15
2015/02/14
2015/02/13
2015/02/12
2015/02/11
2015/02/10
2015/02/09
2015/02/08
2015/02/07
2015/02/06
2015/02/05
2015/02/04
2015/02/03
2015/02/02
2015/02/01
2015/01/31
2015/01/30
2015/01/29
2015/01/28
2015/01/27
2015/01/26
2015/01/25
2015/01/24
2015/01/23
2015/01/22
2015/01/21
2015/01/20
2015/01/19
2015/01/18
2015/01/17
2015/01/16
2015/01/15
2015/01/14
2015/01/13
2015/01/12
2015/01/11
2015/01/10
2015/01/09
2015/01/08
2015/01/07
2015/01/06
2015/01/05
2015/01/04
2015/01/03
2015/01/02
2015/01/01
2014/12/31
2014/12/30
2014/12/29
2014/12/28
2014/12/27
2014/12/26
2014/12/25
2014/12/24
2014/12/23
2014/12/22
2014/12/21
2014/12/20
2014/12/19
2014/12/18
2014/12/17
2014/12/16
2014/12/15
2014/12/14
2014/12/13
2014/12/12
2014/12/11
2014/12/10
2014/12/09
2014/12/08
2014/12/07
2014/12/06
2014/12/05
2014/12/04
2014/12/03
2014/12/02
2014/12/01
2014/11/30
2014/11/29
2014/11/28
2014/11/27
2014/11/26
2014/11/25
2014/11/24
2014/11/23
2014/11/22
2014/11/21
2014/11/20
2014/11/19
2014/11/18
2014/11/17
2014/11/16
2014/11/15
2014/11/14
2014/11/13
2014/11/12
2014/11/11
2014/11/10
2014/11/09
2014/11/08
2014/11/07
2014/11/06
2014/11/05
2014/11/04
2014/11/03
2014/11/02
2014/11/01
2014/10/31
2014/10/30
2014/10/29
2014/10/28
2014/10/27
2014/10/26
2014/10/25
2014/10/24
2014/10/23
2014/10/22
2014/10/21
2014/10/20
2014/10/19
2014/10/18
2014/10/17
2014/10/16
2014/10/15
2014/10/14
2014/10/13
2014/10/12
2014/10/11
2014/10/10
2014/10/09
2014/10/08
2014/10/07
2014/10/06
2014/10/05
2014/10/04
2014/10/03
2014/10/02
2014/10/01
2014/09/30
2014/09/29
2014/09/28
2014/09/27
2014/09/26
2014/09/25
2014/09/24
2014/09/23
2014/09/22
2014/09/21
2014/09/20
2014/09/19
2014/09/18
2014/09/17
2014/09/16
2014/09/15
2014/09/14
2014/09/13
2014/09/12
2014/09/11
2014/09/10
2014/09/09
2014/09/08
2014/09/07
2014/09/06
2014/09/05
2014/09/04
2014/09/03
2014/09/02
2014/09/01
2014/08/31
VAMPS、2万人が集結した『BEAST PARTY』初日に清春が登場
Sun, 23 Aug 2015 02:00:00 +0900
8月22日(土)@『BEAST PARTY』 (okmusic UP\'s)

VAMPSが8月22日(土)、毎年恒例となる夏の野外イベント『BEAST PARTY』を開催した。

【その他の画像】清春

2013年の開催地が山中湖、2014年は新潟と、避暑地よりの会場だったが、今年の会場は2012年の蒲郡以来3年ぶりの開放感あふれるビーチ、しかも千葉・幕張という都市型のロケーションということ、新たな形のフェスとして大きな注目と集客を誇る「Food Nations〜肉フェス〜」の出店、そして初のフリーエリアの登場により、『BEAST PARTY』過去最高となる20000人の動員を記録、まさに夏の熱さを満喫する開放感あふれる“ビッグ・ビーチ・パーティ”となった。

“BEAST PARTYフラッグ”がたなびき、潮風で錆び付いた“海賊の根城”を想起させるステージにまだ陽が燦々と照る中、マッドマックスをイメージさせるかのような車型神輿に乗ったHYDEとK.A.Zが登場し、“VAMPS夏の祭り”がスタート!

「I GOTTA KICK START NOW」、「AHEAD」とスピード感溢れるオープニングでたたみかけた後、HYDEが「ようこそ!これがないと終わらないから夏は!」と更に煽り、会場のボルテージを一気に頂点に到達させた。その後も「HUNTING」、「ANGEL TRIP」、「LOVE ADDICT」など日が暮れ始めたサンセットをバックに熱いパフォーマンスが続く。ステージ・サイドからの“ウォーター・キャノン”やオーディエンス全体を覆う“シャボン玉”、オーディエンスのなかにセットされた中央ステージへの移動では、HYDE自身がオーディエンスの波にゴムボードで繰り出し漂着するなど、どこまでもエンタテインメントを追求するVAMPSならではの演出を繰り広げた。

そして、その中央ステージでは『BEAST PARTY』でのお楽しみのひとつアコースティック・セットを披露。今年は、キーボードのJINが制作陣として関わったというJitterin\' Jinnの代表曲「夏祭り」や「THE JOLLY ROGER」などのアコースティック・ヴァージョンが飛び出し、日が暮れたステージにしっとりとしみ込んだ。

「ZERO」からはVAMPSのパワフルなステージが再燃するも、「GET AWAY」後での「今日明日、思い切り楽しんでください。みんな(肉フェスの)肉食べたから元気なのかな?ぼくらも全部食べました」と攻撃的なギターパワーマンスとのギャップが楽しいK.A.Zらしいコメントで会場を和ませる場面も。

終盤にはHYDEの「昔からの戦友みたい」という紹介で予告されていたゲスト、清春が登場。2月に武道館で行われた『VAMPARK FEST』でも本家ニッキー・シックスとも競演したモトリー・クルーの「LIVE WIRE」をパフォーマンス、「呼ばれればいつでも」というコメントとともに会場を沸かせ華を添えた。

そして、ラストはVAMPSアンセムのひとつ「SEX BLOOD ROCK N\' ROLL」で大団円を迎え、大輪の花火が夜空を覆い、アメリカ、ヨーロッパを中心に精力的に海外でのライヴを繰り広げているVAMPSの、5月以降ひさびさの日本でのパフォーマンスとなった『BEAST PARTY』1日目の幕が下りた。

なお、『BEAST PARTY』は8月23日(日)も同会場で行われ、ゲストでken(L’Arc〜en〜Ciel)が登場する。

photo by 岡田貴之 / 田中和子

【セットリスト】
1. I GOTTA KICK START NOW
2. AHEAD
3. HUNTING
4. ANGEL TRIP
5. TROUBLE
6. COSMOS
7. LOVE ADDICT
8. HELLO
9. 夏祭り
10.EVERGREEN
11.THE JOLLY ROGER
12. MY FIRST LAST
13. ZERO
14. DEVIL SIDE
15. EVIL
16. THE PAST
17. GET AWAY
18. MEMORIES
19. LIVE WIRE
20. SANDY
22. SEX BLOOD ROCK N\' ROLL

【関連リンク】
『BEAST PARTY』スペシャルサイト
VAMPS×ニコ生、7夜連続の特別番組オンエア
VAMPSの野外ライヴに話題の“肉フェス”が出店決定

【関連アーティスト】
清春, VAMPS, L’Arc~en~Ciel, OBLIVION DUST, HYDE
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

「stylish wave MAX \'15\'\'一撃乱舞”」Lycaon、GOTCHAROCKAら8組の競演にファン熱狂!
Sat, 22 Aug 2015 19:30:28 +0900
8月16日@「stylish wave MAX \'15\'\'一撃乱舞”」 (okmusic UP\'s)

いまやヴィジュアル系シーンの登竜門となったイベント「stylish wave」。8月16日 新宿 ReNYでは、この夏各地で開催された「stylish wave CIRCUIT\'15」のグランドファイナルを飾る「stylish wave MAX \'15\'\'一撃乱舞”」が開催され、躍進中のバンド8組が熱い夜を繰り広げた。

【その他の画像】Black Gene For the Next Scene

■Jin-Machine

先陣を切ったのはJin-Machine。暗転が明けると、突如視界に飛び込んできたのは筋肉スーツに赤いパンツ姿のfeaturing16(Vo)こと閣下。筋肉を強調したポーズを決めるたびに、バックに並んだメンバーが絶叫に近いコーラスを響かせる。なんともシュールな「ありがとう筋肉」からミサ(彼らのライブの呼称)がスタートした。

ゴリゴリのV系ソング「救声」で一気にその実力を叩きつけたかと思えば、謎のUSAコールがあとをひく「宇宙忍者アメリカ」へと繋ぐ。待ってましたと言わんばかりの盛り上がりをみせた「マグロに賭けた男たち」では、マグロのレプリカがフロアを飛び交う異様な光景が広がった。

ミサを締めくくる「環境デストロイ」では、主催者である星子さんを登場させたフリップ芸(?)でファンの歓声を煽った。いつだって自由という名のスタンスを崩さない彼らに、もはや怖いものなどなさそうだ。

■ギガマウス

続いて登場したギガマウスのステージは、ラップ調の「チックタックヘッジホッグ」で幕開け。一新した衣装は黄色×黒で統一され、パンキッシュでアクティブな印象を受ける。続く「プラトニック」で、うちわの光がフロアで踊り出し、一瞬にしてお祭りムードに。楽器隊の技術が光る「夕顔」では、それぞれのソロパートで会場を沸かせた。

ライ(Dr)によるMCでは、会場である新宿ReNYに掛けたあいうえお作文を披露。連日の忙しさをまとめた見事な作文に大きな拍手が贈られた。新曲「ジャパニーズサンダー」披露前には、式(Vo)による振り付け講座も。歌詞に合わせた一見難しそうな振り付けも、観客はものの数分で完全にマスター。本番を迎えると即興のコール&レスポンスも繰り広げられ、大きな雷鳴を轟かせた。

最後に”Cutしたい Fxxk off 期待 Bad 未来監獄ロックメン”のフレーズが印象的な「監獄ロックメン」を放ち、式がフロアへと飛び出し煽り立て、異常ともいえる一体感に会場が揺れた。

■グリーヴァ

シャウト混じりの歌声がこだました「終焉」で、グリーヴァによるアンダーグラウンドへの扉が開かれた。「密室104号室~暗イ部屋ニ僕ト君~」で見せた手提げ式のランプを持つ狂鬼-kyouki-(Vo)の奇怪な動きは、緊張感張り詰める会場を熱狂へと導いていく。

「僕達の世界へようこそ」「いま君たちの抱えている不満や悲しみや憤りを、僕にぶつけてくれないか?」と、悩める観客へ差し伸べるその手は、悪魔のいで立ちをした天使といったところか。身を委ねる思いで「自己精神殺害推進會」に飛び乗り、フロアは激しいヘドバンで荒れ狂う。

曲の冒頭、「おもしろいことしようよ」と小さな子供がするように”おもしろい動き”を煽った「黒蟻ノ群レ」。それに応えよう観客は激しく頭を振り乱し、異様な光景はさらにカオスなものに。古き良きヴィジュアル系の匂いを漂わす「妄想主義者ノ背徳」では、狂鬼-kyouki-がうつ伏せで暴れ回る姿がトラウマ級の迫力だった。

■Black Gene For the Next Scene

フラッシュリングの光が暗闇を照らし、Black Gene For the Next Sceneが登場。会場がダンスフロアへと変貌を遂げた1曲目「涙-kHz-」でIce(Vo)が一瞬だけ虫取り少年風に変身するなど、真顔とコミカルな演出の違和感が一周回って爽快だ。

しゃがんでジャンプ、その場で回転……会場全体を巻き込む力に長けた彼らのエモーショナルなロックナンバー「SHOOTING STAR」では、ドラムセットを囲んだメンバーの姿に胸が熱くなる。

体育会系なMCに導かれ、「逆卍より、愛を込めて」「黒煙のうねり、泥に孵り、全てを灰に」とハードな楽曲を続けて投下。一見バラバラのようにも見えるが、ステージを見ているうちにやがて、メンバーの個性がひとつの集合体(BFN)を作り上げているのだと実感する。ラストにダークな曲調とデジタルサウンドのメリハリが痛快な「癲狂のRobEr」を叩きつけ、興奮の高みへと導いていった。

■ベル

ダウンテンポの「飴と無知」でじっくり聴かせた幕開け。悲しく吠えるギターと哀情を噛みしめるような歌声が心に染み入る。揃いの紋付衣装が揺れた「ノンフィクション」のレトロなメロディは観客の心を掴むのにそう時間はかからず、次を聴きたいという気持ちを煽り立てた。

MCではバンド結成10ヶ月にしてフリーペーパー「Gab.」の表紙を飾ったエピソードなどを披露し、その清々しさに拍手が贈られた。うちわがひらめいた「涙傘」では、うちわを持っていない人へハロ(Vo)から直々にうちわが配られるパフォーマンスも。さらに「バイバイ」と、彼らの得意とする昭和歌謡を彷彿させるナンバーが続く。

「咲いてちょうだい」の煽りに応えるようフロアに咲いた満開の花。ラストの「やってない」で完全に自分たちの世界へと引き込んだベルの表情は、自身に満ち溢れた笑顔だった。

■FEST VAINQUEUR

盛大な手拍子に迎えられたFEST VAINQUEURの登場で、会場の温度が目に見えるように上昇する。「ヴァレンシアとヴァージニア」で感じたKAZI(Dr)のダイナミックなドラムやGAKU(G)、I’LL(G)による爽快なユニゾンは、せめぎ合うヴィジュアル系シーンのなかで最大の武器になるだろう。

モッシュにタオル回しと、2段階の渦を巻き起こした「ソレイユ」。そして一際歓声が高かったは、「合掌」では、そのタイトル通り合掌をしながらヘドバンという、見たことも聞いたこともない光景がクセになる。

「現代的疑惑都市"DOUBT!”」で繰り広げられた観客の高速の折り畳みに圧倒され、お立ち台の上に並んだ4人の笑顔が眩しく頭に焼きつく。相乗効果という言葉がこれほどにも似合うバンドはいるだろうか。

■GOTCHAROCKA

音の波が会場を飲み込む「SorM」からGOTCHAROCKAのステージがスタート。どこか懐かしいギターリフとフロアのヘドバンが組曲のように合わさり、それを歌声ひとつで統制する樹威(Vo)に嫉妬さえ覚える。

ヘビーに轟く「Director\'s cut」では妖艶で高らかなJUN(G)のギターソロが炸裂。高圧的な煽りから突入した「恐想ロワイヤル」でその実力を叩きつけ、熱狂の絶頂へと導いていった。

時間の関係で急遽4曲の披露となってしまったが、彼らの計り知れない実力に圧倒されるには十分な曲数だ。ラスト「Starry eyes」では持てる体力をフル消費すべく、観客は跳ねて歌って、彼らの圧倒的な存在感に負けじと爆発的な盛り上がりをみせた。

■Lycaon

不気味なSEが流れるなか、暗闇を徘徊するように登場したLycaon。「最高のstylishの声を僕にください」−−−悠希(Vo)。先日解散を発表した彼らは一瞬一瞬を噛みしめるように刻み、会場にいる誰もが特別な夜にしようと気迫がこもる。

「shadow」が一気に会場を染め上げたのち、「さぁ、乱れようか!」の言葉が合図となって、妖艶さをはらんだ「赤い林檎」「BALLAD」と続けざまに興奮を導いていく。「霊猫香とマゾヒスト」「君を壊すガラスの衝動」で一度縛り付けた緊張感を「LIAR」で破壊。「ずっと変わらず愛し続けてください」と披露された「Gossip」では悲しみを打ち砕くような激しいヘドバンが巻き起こった。

解散について言及したMCでは、堪えきれず涙するファンも。最後はサトシ(G)の挨拶によってコミカルな終幕となったが、イベントのラストにふさわしい、心に突き刺さるようなステージであったことは間違いない。

こうして「stylish wave MAX \'15\'\'一撃乱舞”」は熱狂のうちに大団円を迎えた。なお、12月19日(土)HEAVEN\'S ROCKさいたま新都心 VJ-3を皮切りに、「stylish wave CIRCUIT \'15 冬将軍」の開催も決定。今回の「stylish wave MAX \'15\'\'一撃乱舞”」からはベル、ギガマウスが出演する。勢いあるバンドが切磋琢磨し合う姿を、その目に焼き付けてほしい。

■【セットリスト】

■Jin-Machine
1.ありか?とう筋肉
2.救声
3.宇宙忍者アメリカ
4.マク?ロに賭けた男たち
5.環境テ?ストロイ

■キ?カ?マウス
1.チックタックヘッシ?ホック?
2.フ?ラトニック
3.夕顔
4.シ?ャハ?ニース?サンタ?ー
5.監獄ロックメン

■ク?リーウ?ァ
1.終焉
2.密室104号室~暗イ部屋ニ僕ト君~
3.自己精神殺害推進會
4.黒蟻ノ群レ
5.妄想主義者ノ背徳

■Black Gene For the Next Scene
1.涙-kHz-
2.SHOOTING STAR
3.逆卍
4.黒煙のうねり、泥に孵り、全てを灰に
5.癲狂の RobEr

■ヘ?ル
1.飴と無知
2.ノンフィクション
3.涙傘
4.ハ?イハ?イ
5.やってない

■FEST VAINQUEUR
1.ウ?ァレンシアとウ?ァーシ?ニア
2.ソレイユ
3.合掌
4.現代的疑惑都市"DOUBT!"
5.COLORS

■GOTCHAROCKA
1.SorM
2.Director\'s cut
3.恐想ロワイヤル
4.Starry eyes

■Lycaon
1.shadow
2.赤い林檎
3.BALLAD
4.霊猫香とマソ?ヒスト
5.君を壊すカ?ラスの衝動
6.LIAR
7.Gossip

■「stylish wave CIRCUIT \'15 冬将軍」

12月19日(土) HEAVEN\'S ROCKさいたま新都心VJ-3
出演:the Raid. / AvelCain / ギガマウス / Sick? / ALIVE / Synk;yet
12月20日(日) 柏PALOOZA
出演:the Raid. / AvelCain / ベル / ギガマウス / 少年記 / Synk;yet
12月23日(水・祝) 新横浜NEW SIDE BEACH !
出演:the Raid. / AvelCain / ベル / えんそく / ジン / アンフィル
12月25日(金) 名古屋E.L.L
出演:the Raid. / AvelCain / ベル / えんそく / ギガマウス / ジン
12月26日(土) 大阪MUSE
出演:the Raid. / AvelCain / ベル / ギガマウス / パノラマ虚構ゼノン / Smileberry
12月30日(水) 渋谷REX <カウントダウン前夜祭>
出演:the Raid. / Sick? / Synk;yet / アンフィル / ALIVE / パノラマ虚構ゼノン / Purple Stone / the LOTUS / ソニックデスモンキー / Neverland / ViV / 乙女国家(O.A)

【関連リンク】
ヴィジュアル系動画サイト【club Zy.】
GOTCHAROCKA、ツアーファイナルで赤坂BLITZ公演開催やニューシングルの発売などを発表
Jin-Machine、ニューシングル「ゴリラ」収録曲とジャケ写を公開
Jin-Machineが9月30日にニューシングル「ゴリラ」を発売

【関連アーティスト】
Black Gene For the Next Scene, Jin-Machine, Lycaon, FEST VAINQUEUR, グリーヴァ, GOTCHAROCKA, GIGAMOUS, ベル
【ジャンル】
ビジュアル, イベント

SiM、Zeppツアーの対バン発表&ニューシングルDVDコンテンツのトレーラーも公開
Sat, 22 Aug 2015 19:00:00 +0900
「- LiVE DIGEST ? SiM LiVE at

10月7日に6thシングル「CROWS」をリリースすることを発表しているSiMが、リリースツアー『“THE TOUR 2015”〜Road To BUDOKAN 2MAN SHOWS〜』の各公演の対バン相手をアナウンスした。

【その他の画像】WANIMA

10月18日のZepp SapporoはWANIMA、10月23日のZepp FukuokaはHEY-SMITH、10月26日のZepp NambaはROTTENGRAFFTY、10月28日のZepp NagoyaはSHANKという豪華なラインナップで、各地でガチンコの対バンライヴが繰り広げられることになりそうだ。

また、シングル「CROWS」に付属するDVDコンテンツのひとつ“- LiVE DIGEST ? SiM LiVE at DEAD POP FESTiVAL 2015”のトレーラーも公開された。さらに、もうひとつのDVDコンテンツ、“SiM AGAINST YOU"に寄せられた応募投票はまさに採点と集計中! こちらも近いうちに高得点者と景品の全貌が発表されるようだ。

11月4日には“最初で最後"の日本武道館ワンマン公演も控えており、ファンにとっては、シングル「CROWS」とともに絶対に外せないものなるだろう。

■「- LiVE DIGEST ? SiM LiVE at "DEAD POP FESTIVAL 2015 “」from 6th Single CD+DVD "CROWS" trailer
https://www.youtube.com/watch?v=XgLHM_BP4bI

■シングル「CROWS」

2015年10月7日発売
UPCH-27006/¥1,550+税
<収録曲>
■CD
1.CROWS
2.PSYCHO
■DVD
- LiVE DIGEST ? SiM LiVE at DEAD POP FESTiVAL 2015
- EXTRA - SiM AGAINST YOU -答え合わせ編-

■ライヴ情報

「“THE TOUR 2015"〜Road To BUDOKAN 2MAN SHOWS〜」
10月18日(日) 北海道 Zepp Sapporo
w:WANIMA
10月23日(金) 福岡 Zepp Fukuoka
w:HEY-SMITH
10月26日(月) 大阪 Zepp Namba
w:ROTTENGRAFFTY
10月28日(水) 愛知 Zepp Nagoya
w:SHANK

「“THE TOUR 2015"FiNAL ONE MAN SHOW at BUDOKAN」
11月04日(水) 東京 日本武道館

【関連リンク】
SiM オフィシャルHP
夏にピッタリのレゲエ要素が入ったロックバンド必聴5曲!
SiM、自身主催の野外フェス『DEAD POP FESTiVAL 2015』が大盛況
SiM、バンド史上最初で最後となる日本武道館公演の詳細を発表

【関連アーティスト】
WANIMA, HEY-SMITH, SHANK, SiM, ROTTENGRAFFTY
【ジャンル】
ジャパニーズロック, レゲエ/スカ

サカナクション・山口一郎による濃密な90分の音楽番組をNHK-FMにてOA
Sat, 22 Aug 2015 18:00:00 +0900
山口一郎(サカナクション) (okmusic UP\'s)

サカナクション・山口一郎が「30年後―音楽の未来へ」をテーマに音楽との出会いや楽しみ方をゲストとともに語り合うスペシャル番組「Night Fishing Radio」が、8月23日(日)23:30〜25:00にNHK-FM(全国放送)にてオンエアされることががわかった。番組タイトルからもわかるように、サカナクションが立ち上げた新機軸のイベント「NF」のコンセプトとも連動した内容となる。

【その他の画像】サカナクション

ゲストは、世界で活躍するインテリアデザイナー・片山正通氏、そして世界トップクラスのコレクションをほこるクラブミュージック専門レコードショップ「テクニーク」の代表・佐藤吉春氏。

音楽からインスピレーションを受けて「空間」をクリエイトしていく片山氏とは、片山氏が人生の転機にどんな音楽を聴いてきたかという氏の反省ともに見つめ、音楽が一流クリエイターの感性・人生にどう影響を及ぼしてきたかを探る。

また、世界最先端のクラブミュージックに常にコンタクトし続ける佐藤氏とは、クラブミュージックの歴史、世界的なクラブミュージックシーンの潮流、さらにはハウスとテクノの違いなどクラブミュージック入門ガイドともなるようなトピックを通じて、この番組でしか聞けないクラブミュージックの最深部に迫る。

まったくフィールドの違う両氏との対話を通じて、音楽の楽しみ方をディープに語りつくす90分。未来につながっていく人生と音楽の刺激的な関係を楽しむトークセッションとなっている。

サカナクションの今後の活動の指針ともなる重要なプログラムとなるだけでなく、音楽の奥深さを確認できる濃密な90分となっており、音楽ファン必聴の番組であることは言うまでもないだろう。

■NHK-FM「サカナクション・山口一郎 Night Fishing Radio」

8月23日(日)23:30〜25:00
http://www4.nhk.or.jp/P3638/

【関連リンク】
サカナクション オフィシャルHP
サカナクション、映画「バクマン。」主題歌 「新宝島」シングルリリース決定
サカナクション、コンセプトアルバム初回盤よりドキュメントムービーのダイジェスト公開
サカナクション、山口一郎(Vo&Gu)が監督を務めた「ホーリーダンス」MV公開

【関連アーティスト】
サカナクション
【ジャンル】
ジャパニーズロック

lynch.が3ヶ月連続リリース第2弾シングル「ETERNITY」のMVを公開
Sat, 22 Aug 2015 17:00:00 +0900
lynch.  (okmusic UP\'s)

lynch.が9月2日にリリースするニューシングル「ETERNITY」のMVが公開された。

【その他の画像】lynch.

今回のMVはB\'zや[Alexandros]、清 竜人25などの映像制作も手掛ける瀬里義治が監督を務めており、映像ではボーカル・葉月のみが出演し、lynch.特有のダークなイメージとは異なった白い世界観を演出している。

また、10月7日発売のニューアルバム早期予約特典や発売記念Special LIVE、サイン会の実施も決定。3ヶ月連続リリースを記念してInterFMにて放送中の3ヶ月限定マンスリー特番『lynch. Special!!』第2回目の『第2夜〜ETERNITY〜』は「ETERNITY」発売日である9月2日にオンエアされる。番組ではリスナーからの質問やメッセージを募集中なので、ふるって応募しよう。

10月11日からは全国ツアー『TOUR\'15「DARK DARKER DARKNESS」』を開催するlynch.。これからますます目が離せなくなりそうだ。

■「ETERNITY」MV
http://youtu.be/Tr7NgUQrW6s

■InterFM「lynch. Special!!」第2夜〜ETERNITY〜

InterFM TOKYO 89.7MHz 9月2日(水)20:00〜21:00
InterFM NAGOYA 79.5MHz 9月2日(水)26:00〜27:00
※第3夜の放送情報は後日発表。
※番組では、リスナーの皆様からの質問やメッセージを募集中!
番組メールアドレス:lynch@interfm.jp
InterFM HP https://www.interfm.co.jp/

【関連リンク】
lynch. オフィシャルHP
Angeloが主催イベントでD\'ERLANGER、cali≠gari、lynch.、DIAURAと競演
lynch. 、3ヶ月連続リリース第2弾シングル「ETERNITY」ジャケ写公開
lynch.、3ヶ月連続リリース第1弾シングル「EVOKE」MVフル公開

【関連アーティスト】
lynch.
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル

THE PINBALLS、ミニアルバム『さよなら20世紀』を10月21日にリリース
Sat, 22 Aug 2015 16:00:00 +0900
THE PINBALLS (okmusic UP\'s)

THE PINBALLSが4thミニアルバム『さよなら20世紀』を10月21日にリリースすることがわかった。

【その他の画像】THE PINBALLS

今作にはニコニコ動画などで配信されているアニメ「ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン」第3話のエンディングテーマ「劇場支配人のテーマを含む、全7曲が収録される。

他収録曲などの詳細は追って告知されるので、ファンは楽しみにしておこう。

■ミニアルバム『さよなら20世紀』

2015年10月21日発売
NBDL-31/¥1,800+税
<収録曲>
全7曲

【関連リンク】
THE PINBALLS オフィシャルHP
THE PINBALLSがセルフタイトル作をアナログ盤でリリース&自主企画ライヴを発表
THE PINBALLS、1stフルアルバムから「冬のハンター」のMVを公開
THE PINBALLS、12月に東名阪ワンマンツアー開催!

【関連アーティスト】
THE PINBALLS
【ジャンル】
ジャパニーズロック

ザ・コレクターズ、新曲「Tシャツレボリューション」のMVを公開
Sat, 22 Aug 2015 15:00:00 +0900
ザ・コレクターズ (okmusic UP\'s)

ザ・コレクターズが9月16日にリリースする通算21枚目のオリジナルフルアルバム『言いたいこと 言えないこと 言いそびれたこと』から、「Tシャツレボリューション」のミュージックビデオを公開した。

【その他の画像】ザ・コレクターズ

同MVはサイケデリックな色合い、そして画面全体に今まさに主張していくべきワードを散りばめるなど、コレクターズらしくシンプルながらもクールな映像に仕上がっている。また、歌われている歌詞もメッセージ性の強い内容になっており、曲タイトルから想像するもの以上に、非常にポジティブかつ攻撃的な楽曲だ。

さらに、アルバム発売記念のアウトストアライヴ、インストアイベント情報も発表された。今作では東京と大阪にて、アルバム購入者を対象とした応募抽選でのアウトストアライヴを開催。アルバム購入者の中から抽選で各会場250名のみの当選者しか参加できない貴重なライヴが開催される。それに加えて加藤ひさし、古市コータローによる各地でのトークイベントも開催される。詳細はオフィシャルHPにて確認してほしい。

今作から『TRIAD』レーベルからのリリースと何かと話題に事欠かないザ・コレクターズ。アルバムを引っさげてのツアーも全国20本! すでに1本目の横浜FADでのライブのチケットはソールドアウトとなっている。来年はついに30周年イヤーに突入する彼らが、一体どこまで進んでいくのか? 今後の動向にも期待したい。

■「Tシャツレボリューション」MV
https://www.youtube.com/watch?v=b4EUTBcUV1Q

【関連リンク】
ザ・コレクターズ オフィシャルHP
コレクターズのニューアルバムは、復活したTRIADレーベルからのリリース!
阿部耕作(ザ・コレクターズ)、個性派揃いのバースデー・ライヴの開催が迫る!
ザ・コレクターズ『加藤ひさしのコロムビア大行進』、4ヵ月ぶりのオンエアが決定

【関連アーティスト】
ザ・コレクターズ
【ジャンル】
ジャパニーズロック

cali≠gari、MUCCとの2マン含むライヴイベント発表
Sat, 22 Aug 2015 14:30:00 +0900
cali≠gari  (okmusic UP\'s)

cali≠gariが8月21日に新宿BLAZEで行って『シリーズ街?最後の宿題?』公演にて、次回『シリーズ“街" 本八幡発狂』の開催決定を発表した。

【その他の画像】MUCC

11月に本八幡Route Fourteenにて5本のイベントを開催! 11月7日には金髪限定企画『〜金髪発狂〜』、翌週14日には制服限定企画『〜制服発狂〜』を行うほか、20日と翌21日には『〜発狂 vs 発狂〜 第1ラウンド』『〜発狂 vs 発狂〜 最終ラウンド』と題したMUCCとの2マンライヴを実施する。

そして27日は、ファンの中でも伝説となっていたLa\' royque de zavyが復活する『〜La\' royque de zavy CD発売記念GIG〜』となる。

FC客室ノイローゼに入会してのチケット先行もまだ間に合うので、お見逃しなく。

■「cali≠gari シリーズ“街" 本八幡発狂」

〜金髪発狂〜
11月07日(土) 東京 本八幡 Route Fourteen
※金髪限定(金髪ウィッグ可)

〜制服発狂〜
11月14日(土) 東京 本八幡 Route Fourteen
※学生服限定(学ラン、セーラー服、ブレザー等学生服であれば問いません。改造学生服可、軍服可)

〜発狂vs発狂〜 第1ラウンド
11月20日(金) 東京 本八幡 Route Fourteen
※MUCC、cali≠gari 2マンライヴ

〜発狂vs発狂〜 最終ラウンド
11月21日(土) 東京 本八幡 Route Fourteen
※MUCC、cali≠gari 2マンライヴ

〜La\' royque de zavy CD発売記念GIG〜
11月28日(土) 東京 本八幡 Route Fourteen
※コス限定(何コスでも可、バンド以外でも可)
※出演:La\' royque de zavy 他

【関連リンク】
cali≠gari オフィシャルHP
DANGER CRUE新イベント『COMMUNE』出演バンドのコラボアー写公開
イベント『COMMUNE』、DEZERT、摩天楼オペラ、NOCTURNAL BLOODLUSTのコメント動画到着
『COMMUNE』オフィシャルHPにてMUCC、D\'ERLANGER、ギルガメッシュからのコメントが公開

【関連アーティスト】
MUCC, cali≠gari
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル

サンドクロックが2ndミニアルバムのリリースを発表
Sat, 22 Aug 2015 14:00:00 +0900
サンドクロック (okmusic UP\'s)

サンドクロックが8月19日に行なわれたJ-WAVEの番組「TOKYO REAL-EYES」のライブイベント「LIVE SUPERNOVA vol.105」のステージにて、2ndミニ・アルバム『LIFE IS FANTASY』を発売することを発表した。

【その他の画像】サンドクロック

番組のリスナー約200名でパンパンに膨れ上がり、熱気に包まれた会場はメンバーからの嬉しい発表に喜びの歓声と大きな拍手で応えた。気になる収録内容などは、徐々に公開するとのことで彼らの最新情報を先取りしたいファンは楽しみに待とう。

なお、サンドクロックは9月22日に渋谷PLESURE PLESUREにてワンマンライブを開催する。この日はバンド編成で特別な一夜にするとの事なので、こちらも今から楽しみにしておこう。

photo by 上飯坂一

■ミニアルバム『LIFE IS FANTASY』

2015年11月4日発売
※詳細は後日発表予定

■サンドクロック Release One-Man Live『EPOCH』

9月13日(日) 福岡ROOMS
9月22日(火・祝) 東京 Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE

【関連リンク】
サンドクロック オフィシャルHP
サンドクロックが新曲「EPOCH 〜始まりの詩〜」MVを解禁
霜月はるか10周年ワンマンのチケットが一般発売
【連載コラム】蟹江一平の今夜も歌っていいですか?(第2夜)

【関連アーティスト】
サンドクロック
【ジャンル】
J-POP, イベント

androp、最新アルバムを台湾にて発売&「Yeah! Yeah! Yeah!」中国語字幕MV解禁
Sat, 22 Aug 2015 13:00:00 +0900
「Yeah! Yeah! Yeah!」MV(中国語字幕) (okmusic UP\'s)

andropが8月5日にリリースしたアルバム『androp』が、台湾にてリリースされる事が明らかになった。

【その他の画像】androp

台湾でのリリースに伴い、andropの中国語表記も「安哲洛普樂團」と発表された。なお、台湾盤には中国語の対訳が掲載された歌詞カードも付属している。また、台湾盤のリリースに合わせ同作品の1曲目に収録されている「Yeah! Yeah! Yeah!」の中国語字幕入りミュージックビデオも公開。こちらも是非チェックしてほしい。

さらに、ドラマー・伊藤彬彦による自身初となるドラムクリニックの開催が決定! ゲストとしてベーシストの前田恭介を迎え、東京・大阪の2会場で行なわれる。定評のあるテクニカルな実演はもちろんのこと ドラマーの視点からのレクチャーや、ニューアルバム『androp』の収録曲の徹底解剖など盛りだくさんの内容を予定。当日はシグネチャースティック 伊藤彬彦モデルも限定販売されるとのことなので、この貴重な機会を是非お見逃しなく!

■「Yeah! Yeah! Yeah!」MV(中国語字幕入り)
https://youtu.be/u3HyyiZK8tw

■【伊藤彬彦(Dr)ドラムクリニック詳細】

9月21日(月・祝) 東京 Custom Shop CANOPUS併設スタジオ
※2部開催(各回入替)
第一部 13:00スタート・ 第二部 16:00スタート
11月03日(火・祝) 大阪 MIKIミュージックサロン西梅田
http://shopcanopus.jp/ito_akihiko/

【関連リンク】
『one-man live tour "androp"』
9月19日(土) Zepp Tokyo
9月20日(日) Zepp Tokyo
9月23日(水・祝) 仙台Rensa
9月26日(土)  Zepp Sapporo
10月04日(日) 広島CLUB QUATTRO
10月11日(日) Zepp Fukuoka
10月17日(土) Zepp Namba
10月18日(日) Zepp Namba
10月24日(土) Zepp Nagoya
10月25日(日) Zepp Nagoya

androp オフィシャルHP
androp、ニューアルバムのティザー映像を公開&恒例のニコ生ラジオ放送が決定

【関連アーティスト】
androp
【ジャンル】
ジャパニーズロック

RYO from ORANGE RANGE、新曲「GLAMOROUS RIDDIM」MV解禁
Sat, 22 Aug 2015 12:00:00 +0900
RYO from ORANGE RANGE (okmusic UP\'s)

ORANGE RANGEのRYO(Vo)が、9月16日にリリースする1stソロアルバム『DELIGHT』から新曲「GLAMOROUS RIDDIM」のMVを解禁。さらに8月21日よりドワンゴジェイピーにて独占先行配信がスタートした。

【その他の画像】ORANGE RANGE

アルバム『DELIGHT』はRYOのラップが冴えるパーティーチューン「GLAMOROUS RIDDIM」、仲間との友情をテーマにした応援ソング「DRIVE feat. N.O.B.U!!!」、人気アイドル私立恵比寿中学に楽曲提供した「夏だぜジョニー」セルフカヴァーを含む、全13曲収録の充実の一作。

またアルバムのリリースを記念して、9月1日(火)には地元沖縄イオンモール沖縄ライカムにて、初の予約イベント開催が決定。9月19日(土)には東京・代官山UNITにてリリースパーティー「RYO from ORANGE RANGE "DELIGHT" RELEASE PARTY」の開催も決定している。MVとあわせて、ぜひチェックしてほしい。

■「GLAMOROUS RIDDIM」 配信ページ
http://r.dwango.jp/r50XNjV5

■「GLAMOROUS RIDDIM」MV
https://youtu.be/LdS74oaVNB4

■【RYO from ORANGE RANGE フリーLIVE&「DELIGHT」予約イベント】

9月01日(火)  イオンモール沖縄ライカム 5F Rycom stage"SKY"
CD予約開始時間18:30 / イベント開始時間19:30
※観覧はフリーとなります。 http://www.crownrecord.co.jp/artist/ryo/whats.html

■「RYO from ORANGE RANGE "DELIGHT" RELEASE PARTY」

9月19日(土) 代官山UNIT&SALOON
23:00 START
出演:RYO from ORANGE RANGE and more…

【関連リンク】
RYO from ORANGE RANGE オフィシャルHP
RYO from ORANGE RANGE、アルバムリリースパーティーにnaotohiroyamaやLichardら出演決定
ORANGE RANGE、名作『ИATURAL』の再現ライヴ映像を公開
ORANGE RANGEの『musiQ』には、00年代中盤の日本が映っているか?

【関連アーティスト】
ORANGE RANGE, RYO from ORANGE RANGE
【ジャンル】
J-POP

サカナクションがオーガナイザーを務める複合クラブイベントが名称を改め再び開催決定
Sat, 22 Aug 2015 11:00:00 +0900
「NF #01-launch party-」ポスター (okmusic UP\'s)

7月03日(金)に恵比寿リキッドルームにて複合クラブイベント「NIGHT FISHING」を開催したサカナクション。その際に継続して行なう事を明言していたが、9月に名称を“NF"と改め開催される事が決定した。

【その他の画像】サカナクション

LIQUIDROOM2FにあるTimeOutCafeにてPart1が行なわれ、イベント発起人である山口一郎をはじめ、妊娠・出産の為ライブ活動を休止していた草刈愛美もDJを行なう。

その後のPart2は1Fのメインフロアに移し、トラックメイクで度々作業を共にしているAOKItakamasaの不定形ビーツ・プロジェクト「Neutral」や8月にサカナクションがリリースした Coupling&Remix Collectionアルバム『懐かしい月は新しい月 〜Coupling & Remix works〜』にリミックス作品を提供していたagraphやマスタリングを担当した砂原良徳など豪華メンツが並んだ。なお、VJはRhizomatiksが担当する。

チケットの先行抽選予約はサカナクションの携帯・スマートフォン向けサイト「SAKANAQUARIUM(A)」にて8月21日の20時よりスタート。Part1・Part2共通のプレミアムチケットとPart2単券の2種類の受付となっている。また一般発売は9月1日(火)から、Part2単券のみの販売となる。

Part1の模様はライブストリーミングが実施される予定。この他にもワークショップやトークイベントなども企画しており、新しく制作されたNFのサイトにてのちに発表されていくとのこと。

■「NF #01-launch party-」 オフィシャルサイト
http://nf.sakanaction.jp

■「NF #01-launch party-」

9月11日(金)  恵比寿LIQUIDROOM
■Part1
LIQUIDROOM 2F TIME OUT CAF?
OPEN / START:20:00
(終了予定:22:30頃)
■Part2
LIQUIDROOM 1F MAIN FLOOR
OPEN / START:24:00

<Part1・2共通チケット>
¥5,000(税込・ドリンク代別)
<Part2単券チケット>
¥3,800-(税込・ドリンク代別)
※ Part1・Part2ともにスタンディング
※ Part1・Part2ともに20歳未満の方のご入場はお断り致します。
※ 入場の際、IDチェックをさせて頂きます。顔写真付きの身分証明書
(生年月日記載/コピー不可)をお持ち下さい。ご本人様と確認出来ない場合は、ご入場をお断りする場合がございます。

《一般発売》
9月1日(火)より発売
(Part2単券のみの取り扱い)
※イープラス/お一人様2枚まで

《SAKANAQUARIUM(A) 会員限定チケット先行》
受付期間:
8月21日(金)20:00〜8月26日(水)14:00
チケット枚数:会員1名様につき2枚まで
当選発表:8月28日(金)14:00
■チケット先行受付ページ
※ 携帯・スマートフォンでご覧下さい
※「SAKANAQUARIUM(A)」会員の方のみ、お申込みいただけます。同行者の方が「SAKANAQUARIUM(A)」会員かどうかは問いません。
http://a.sakanaction.jp/r/nf_150911/

【関連リンク】
サカナクション オフィシャルHP
サカナクション、映画「バクマン。」主題歌 「新宝島」シングルリリース決定
サカナクション、コンセプトアルバム初回盤よりドキュメントムービーのダイジェスト公開
サカナクション、山口一郎(Vo&Gu)が監督を務めた「ホーリーダンス」MV公開

【関連アーティスト】
サカナクション, NEUTRAL, agraph
【ジャンル】
ジャパニーズロック, イベント

奇妙礼太郎を擁する“天才バンド”がメジャーデビュー
Sat, 22 Aug 2015 10:00:00 +0900
天才バンド (okmusic UP\'s)

サントリー「オールフリー」CMで話題の奇妙礼太郎が参加する“天才バンド”が、ワーナーミュージック・ジャパンunBORDE(アンボルデ)よりメジャーデビューすることがわかった。

【その他の画像】奇妙礼太郎

天才バンドは、奇妙礼太郎、Sundayカミデ、テシマコージによる3ピースバンド。勢いあるライブパフォーマンスとテンポ良いMCは口コミで広がっていき、現在多くのファンをつかんでいる。

昨年リリースされた1stアルバム『アインとシュタイン』に収録されている「君が誰かの彼女になりくさっても」は、SSTVパワープッシュや大阪・FM802ヘビーローテーションに選出され、話題を呼んだ。

そして、そこからさらにパワーアップした2ndアルバム『アリスとテレス』を11月にリリース! 同作を引っ提げたレコ発ツアー決定も決定している。現在チケットの先行受付がスタートしているので、お見逃しなく。

■アルバム『アリスとテレス』

2015年11月4日発売
WPCL-12256/¥2,700+税

■『天才バンド アリスとテレス リリースツアー2015(仮)』

11月19日(木) 渋谷 CLUB QUATTRO
開場18:30 開演 19:30
11月27日(金) 名古屋 CLUB QUATTRO
開場18:30 開演 19:30
12月04日(金) 仙台 MACANA
開場18:30 開演 19:00
12月12日(土) 梅田 CLUB QUATTRO
開場18:00 開演 19:00

※全公演 前売 ¥3,780 (税込・ドリンク代別途要)
前売券一般発売日
※8月30日(日)23:59までオフィシャルHPにて先行予約受付中
受付URL http://tensaiband.com

【関連リンク】
天才バンド オフィシャルHP
RONZI(OAU / BRAHMAN)が「ACO CHILL」発のご当地ソングを担当
梅田Shangri-La、10周年の感謝の気持ちがハンパない!
奇妙礼太郎によるThe Beatles、松田聖子のカバー曲がiTunes配信決定

【関連アーティスト】
奇妙礼太郎, 天才バンド
【ジャンル】
ジャパニーズロック

マオ(シド)×tatsuo×カリスマカンタローによるオーディション、8月23日に第一次選考通過者発表
Sat, 22 Aug 2015 09:00:00 +0900
マオ(シド) (okmusic UP\'s)

マオ(シド)、tatsuo、カリスマカンタローの3名がプロデュースするオーディション「イケVプロジェクト」が、8月23日のニコニコ生放送にて第一次選考通過者を発表する。

【その他の画像】シド

「シド」のヴォーカルのマオ、ゴールデンボンバー他多数のプロデュースを手掛けるtatsuo、多方面で活躍しているダンサーでありプロデューサーのカリスマカンタローの3名がプロデューサーとなり、「V系ダンスバンド」を作り上げるオーディション「イケVプロジェクト」。毎月一回、池袋ニコニコ本社サテライトスタジオよりニコニコ生放送でプロジェクトの行方を追うドキュメンタリー番組が放送されているが、次回8月23日の放送にて、ついに第一次選考通過者が発表されることがわかった。

オーディションでは、バンド部門、プレイヤー部門(ヴォーカル・ギター・ベース・ドラム各パート)、ダンス部門、ダンスヴォーカル部門で募集され、まさに未知の「V系ダンスバンド」を作り上げることが目的とされている。

過去2回(第1回は#0)の放送を受けて、8月23日 20:30より放送される「イケVプロジェクト#2」では、多数の応募者の中から、プロデューサー達がどのような視点で応募者を見て選考したのかが明らかになるだろう。

果たして第一次選考通過者はどのような個性的な応募者が残るのか? なお、オーディションの応募は、8月31日いっぱいまで受け付けている。興味がある方はオフィシャルHPを確認して欲しい。

■ニコニコ生放送「イケVプロジェクト」

8月23日(日)
20:30〜「イケVプロジェクト#1」再放送
21:35〜「イケVプロジェクト#2」生放送
番組URL:http://live.nicovideo.jp/watch/lv229852064

【関連リンク】
「イケVプロジェクト」オフィシャルHP
「イケVプロジェクト」オフィシャルTwitter
シド、男女限定ツアー開催&11月にニューシングルリリース決定
MUCC×AKi、2016年にダブル・ヘッドライン・ツアー開催決定

【関連アーティスト】
シド
【ジャンル】
その他













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1