歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2015年08月22日)
バックナンバー
最新ニュース
2015/08/31
2015/08/30
2015/08/29
2015/08/28
2015/08/27
2015/08/26
2015/08/25
2015/08/24
2015/08/23
2015/08/22
2015/08/21
2015/08/20
2015/08/19
2015/08/18
2015/08/17
2015/08/16
2015/08/15
2015/08/14
2015/08/13
2015/08/12
2015/08/11
2015/08/10
2015/08/09
2015/08/08
2015/08/07
2015/08/06
2015/08/05
2015/08/04
2015/08/03
2015/08/02
2015/08/01
2015/07/31
2015/07/30
2015/07/29
2015/07/28
2015/07/27
2015/07/26
2015/07/25
2015/07/24
2015/07/23
2015/07/22
2015/07/21
2015/07/20
2015/07/19
2015/07/18
2015/07/17
2015/07/16
2015/07/15
2015/07/14
2015/07/13
2015/07/12
2015/07/11
2015/07/10
2015/07/09
2015/07/08
2015/07/07
2015/07/06
2015/07/05
2015/07/04
2015/07/03
2015/07/02
2015/07/01
2015/06/30
2015/06/29
2015/06/28
2015/06/27
2015/06/26
2015/06/25
2015/06/24
2015/06/23
2015/06/22
2015/06/21
2015/06/20
2015/06/19
2015/06/18
2015/06/17
2015/06/16
2015/06/15
2015/06/14
2015/06/13
2015/06/12
2015/06/11
2015/06/10
2015/06/09
2015/06/08
2015/06/07
2015/06/06
2015/06/05
2015/06/04
2015/06/03
2015/06/02
2015/06/01
2015/05/31
2015/05/30
2015/05/29
2015/05/28
2015/05/27
2015/05/26
2015/05/25
2015/05/24
2015/05/23
2015/05/22
2015/05/21
2015/05/20
2015/05/19
2015/05/18
2015/05/17
2015/05/16
2015/05/15
2015/05/14
2015/05/13
2015/05/12
2015/05/11
2015/05/10
2015/05/09
2015/05/08
2015/05/07
2015/05/06
2015/05/05
2015/05/04
2015/05/03
2015/05/02
2015/05/01
2015/04/30
2015/04/29
2015/04/28
2015/04/27
2015/04/26
2015/04/25
2015/04/24
2015/04/23
2015/04/22
2015/04/21
2015/04/20
2015/04/19
2015/04/18
2015/04/17
2015/04/16
2015/04/15
2015/04/14
2015/04/13
2015/04/12
2015/04/11
2015/04/10
2015/04/09
2015/04/08
2015/04/07
2015/04/06
2015/04/05
2015/04/04
2015/04/03
2015/04/02
2015/04/01
2015/03/31
2015/03/30
2015/03/29
2015/03/28
2015/03/27
2015/03/26
2015/03/25
2015/03/24
2015/03/23
2015/03/22
2015/03/21
2015/03/20
2015/03/19
2015/03/18
2015/03/17
2015/03/16
2015/03/15
2015/03/14
2015/03/13
2015/03/12
2015/03/11
2015/03/10
2015/03/09
2015/03/08
2015/03/07
2015/03/06
2015/03/05
2015/03/04
2015/03/03
2015/03/02
2015/03/01
2015/02/28
2015/02/27
2015/02/26
2015/02/25
2015/02/24
2015/02/23
2015/02/22
2015/02/21
2015/02/20
2015/02/19
2015/02/18
2015/02/17
2015/02/16
2015/02/15
2015/02/14
2015/02/13
2015/02/12
2015/02/11
2015/02/10
2015/02/09
2015/02/08
2015/02/07
2015/02/06
2015/02/05
2015/02/04
2015/02/03
2015/02/02
2015/02/01
2015/01/31
2015/01/30
2015/01/29
2015/01/28
2015/01/27
2015/01/26
2015/01/25
2015/01/24
2015/01/23
2015/01/22
2015/01/21
2015/01/20
2015/01/19
2015/01/18
2015/01/17
2015/01/16
2015/01/15
2015/01/14
2015/01/13
2015/01/12
2015/01/11
2015/01/10
2015/01/09
2015/01/08
2015/01/07
2015/01/06
2015/01/05
2015/01/04
2015/01/03
2015/01/02
2015/01/01
2014/12/31
2014/12/30
2014/12/29
2014/12/28
2014/12/27
2014/12/26
2014/12/25
2014/12/24
2014/12/23
2014/12/22
2014/12/21
2014/12/20
2014/12/19
2014/12/18
2014/12/17
2014/12/16
2014/12/15
2014/12/14
2014/12/13
2014/12/12
2014/12/11
2014/12/10
2014/12/09
2014/12/08
2014/12/07
2014/12/06
2014/12/05
2014/12/04
2014/12/03
2014/12/02
2014/12/01
2014/11/30
2014/11/29
2014/11/28
2014/11/27
2014/11/26
2014/11/25
2014/11/24
2014/11/23
2014/11/22
2014/11/21
2014/11/20
2014/11/19
2014/11/18
2014/11/17
2014/11/16
2014/11/15
2014/11/14
2014/11/13
2014/11/12
2014/11/11
2014/11/10
2014/11/09
2014/11/08
2014/11/07
2014/11/06
2014/11/05
2014/11/04
2014/11/03
2014/11/02
2014/11/01
2014/10/31
2014/10/30
2014/10/29
2014/10/28
2014/10/27
2014/10/26
2014/10/25
2014/10/24
2014/10/23
2014/10/22
2014/10/21
2014/10/20
2014/10/19
2014/10/18
2014/10/17
2014/10/16
2014/10/15
2014/10/14
2014/10/13
2014/10/12
2014/10/11
2014/10/10
2014/10/09
2014/10/08
2014/10/07
2014/10/06
2014/10/05
2014/10/04
2014/10/03
2014/10/02
2014/10/01
2014/09/30
2014/09/29
2014/09/28
2014/09/27
2014/09/26
2014/09/25
2014/09/24
2014/09/23
2014/09/22
2014/09/21
2014/09/20
2014/09/19
2014/09/18
2014/09/17
2014/09/16
2014/09/15
2014/09/14
2014/09/13
2014/09/12
2014/09/11
2014/09/10
2014/09/09
2014/09/08
2014/09/07
2014/09/06
2014/09/05
2014/09/04
2014/09/03
2014/09/02
2014/09/01
2014/08/31
2014/08/30
MADBEAVERS、極上のロックンロールが詰まったミニアルバム『プラズマバーン』完成!
Fri, 21 Aug 2015 20:00:00 +0900
MADBEAVERS  (okmusic UP\'s)

Kiyoshi(Vo&Gu/media youth、hide with Spread Beaver、machine他)、EBI(Ba&Vo/ユニコーン、電大)、JOE(Dr/44MAGNUM、ZIGGY、hide with Spread Beaver)という百戦錬磨の強者による3ピースバンド、MADBEAVERSのニューミニアルバム『プラズマバーン』が完成した!

【その他の画像】ZIGGY

8月21日未明、Kiyoshiが「今回のアルバム、誰にも負けない。極上のロックンロール、聞かせてあげる☆☆☆☆☆☆」とツイート。マスタリングが終わった直後の呟きということで、本作に対する手応えであり、自信がうかがえる。

もちろん、その言葉通りの作品に仕上がっていることは言うまでもない。速い曲や激しい曲だけが高揚感を誘うロックでないことは、耳の肥えたリスナーなら体験済みだろう。トリオ編成で繰り出されるストイックでソリッドなバンドサウンドは、まさにソレだ。ここには“極上のロックンロール”が詰まっている。ダイナミックにうねるグルーブが、一音一音ずっしりと響くアンサンブルが、テンションの高いヴォーカルが焚き付けてくる、このヒリヒリ感はロックファンなら大好物なはず! 

そんな新作『プラズマバーン』は10月7日(水)発売され、その翌週からリリースツアーがスタートする。乞うご期待!

■ミニアルバム 『プラズマバーン』

2015年10月7日(水)発売
¥3,500(tax in)
※CD + DVD

■MADBEAVERS TOUR 2015『激突!プラズマバーン』

10月13日(火) 豊橋 club KNOT
10月14日(水) 京都 VOXhall
10月16日(金) 金沢 vanvanV4
10月17日(土) 松本 ALECX
10月23日(金) 仙台 HooK
10月24日(土) いわき club SONIC
11月13日(金) 福岡 LIVEHOUSE CB
11月14日(土) 大分 club SPOT
11月16日(月) 広島 CAVE-BE
11月17日(火) 岡山 PEPPERLAND
11月19日(木) 神戸 太陽と虎
12月05日(土) 宇都宮 HEAVEN\'S ROCK VJ-2
12月10日(木) 高崎 club FLEEZ
12月11日(金) 長野 LIVE HOUSE J

-Thank you 2015-
12月18日(金) 名古屋 ell.SIZE
12月19日(土) 南堀江 knave
12月22日(火) 渋谷 GLAD

【関連リンク】
MADBEAVERS オフィシャルHP
大人の夏を演出する、夏の寂しさを歌った5曲
ユニコーン、「奥田民生50祭」特典音源2曲のMVをYouTubeにて公開
ABEDON、ニューアルバムリリース&全国ツアー開催決定

【関連アーティスト】
ZIGGY, ユニコーン, Madbeavers, 44MAGNUM, hide with Spread Beaver
【ジャンル】
ジャパニーズロック

coldrainがBullet For My ValentineのUKツアーに出演決定
Fri, 21 Aug 2015 19:00:00 +0900
coldrain (okmusic UP\'s)

coldrainがウェールズ出身の新世代メタルバンドして世界的人気を誇る“Bullet For My Valentine”のUKツアー「VENOM UK TOUR 2015」にメインサポートアクトとして出演することが決定した。

【その他の画像】Bullet For My Valentine

昨年開催されたBullet For My Valentineのヨーロッパツアーに引き続き、9月より全19カ所に帯同する。

coldrainは、ALL TIME LOW、TAKING BACK SUNDAY、THE USED、YELLOWCARDなどの世界ランカーが多く所属するアメリカのインディー・レコード・レーベル"Hopeless Records"、UKの大手マネージメント"RAW POWER MANAGEMENT"と契約。昨今は海外での大型フェスに多数出演し、国外でも着実に人気を獲得している。ますます活躍の場を広げるcoldrainの動向に要注目だ。

■coldrain オフィシャルHP
http://www.coldrain.jp
■Bullet For My Valentine オフィシャルHP
http://www.bulletformyvalentine.com/

■「Evolve」MV
http://youtu.be/abUhgvQMp-Y

■『Bullet For My Valentine "VENOM UK TOUR 2015"』

9月28日(月) UK BELFAST / ULSTER HALL
9月29日(火) Ireland DUBLIN / OLYMPIA
10月01日(木) UK Bournemouth / O2 Academy
10月02日(金) UK Reading / Hexagon Theatre
10月03日(土) UK Guildford / Guildford G-Live
10月05日(月) UK Aylesbury / Aylesbury Waterside Theatre,
10月06日(火) UK Stoke-on-Trent / Victoria Hall
10月07日(水) UK Lincoln / Engine Shed
10月09日(金) UK York / York Barbican
10月10日(土) UK Aberdeen / Aberdeen Music Hall
10月11日(日) UK Dunfermline / Alhambra Theatre
10月13日(火) UK Middlesbrough / Middlesborough Empire
10月14日(水) UK Carlisle / Carlisle Sands Centre
10月16日(金) UK Leicester / O2 Academy Leicester
10月17日(土) UK Bexhill-on-Sea / De La Warr Pavilion
10月18日(日) UK Folkestone / Leas Cliff Hall
10月20日(火) UK Swansea / Brangwyn Hall
10月21日(水) UK Southampton / O2 Guildhall Southampton
10月22日(木) UK Ipswich / Ipswich Corn Exchange

【関連リンク】
coldrain、『モンスターウルトラ』発売記念ライヴで1,000人以上が熱狂
史上最狂のロックフェス『LUNATIC FEST.』、初日から大熱狂!
LUNA SEA主宰『LUNATIC FEST.』タイムテーブル発表
LUNA SEA主催「LUNATIC FEST.」のオープニングアクトはLUNACY!

【関連アーティスト】
Bullet For My Valentine, coldrain
【ジャンル】
ジャパニーズロック, メタル

Yun*chi、2ndアルバムのティザー映像&プロデューサー陣からのコメントを公開
Fri, 21 Aug 2015 18:30:00 +0900
Yun*chi (okmusic UP\'s)

Yun*chiが9月9日に発売する2ndアルバム『Pixie Dust*』のティザー映像をオフィシャルYouTubeに公開した。

【その他の画像】Chara

今作のプロデューサー陣は、Yun*chi憧れのCharaを始め、アニソン、クラブミュージック、ネットレーベル、ポップミュージックと彼女にしか集められない豪華布陣で大きな話題となっているが、ティザー映像公開によっていよいよその片鱗が明らかとなっている。

なお、Yun*chiのオフィシャルサイトでは各プロデューサー陣からのコメントも公開となっているので併せてチェックしよう。

■アルバム『Pixie Dust*』ティザー映像
https://youtu.be/qB7acUaboWA

■【各プロデューサーよりコメント】

■☆Taku Takahashi(m-flo)
Yun*chi とのコラボが実現してとても嬉しく思います。
彼?はポップでハッピー、そしてなおかつ毒ももっていて、ハッとさせられます。そしてみんなが大好きなうーさーの主題歌。あの素敵な世界観にぴったりとあうように、頑張ったのでぜひみなさん聴いてくださいね。

■桃井はるこ
Yun*chiちゃんに初めて会った時、はにかみながら挨拶してくれた第一印象は「妖精みたい」でした。ライブ歌う姿を見たら「やっぱり妖精だ!」と思いました。軽やかで楽しくて飛んでいるみたい。「Fairy*」をプロデュースさせていただいた時には「魅惑的なシンガーだ」と思いました。歌入れの時にも、聴いていると幸せな気持ちになりました。祝・2ndアルバムリリース! わたしもとっても楽しみにしてます。

■北川勝利(ROUND TABLE)
Yun*chiの1stアルバムを何回も聴いて、Doki Dokiするカワイイ曲を作りました!! ライブでどんな振り付けになるのか楽しみ!! みんなで、Doki Dokiしたいな!!

■U-SKE
すごく素敵なアルバムの完成おめでとう!
Yun*chiらしい他の誰にも作れないカラフルな音楽の世界。
その色の幾つかに関われて楽しかった。ありがとう!

■Jazzin\'park
以前、僕らJazzin\'parkの「ユメノトビラ」という楽曲で、Yun*chiと初めて御一緒させていただきました。今回は「Starlight*」「MIRAI*」という楽曲を通して、僕らが大好きなYun*chiの特徴的な声と独特の世界観、
ジャンルを超えたYun*chiの良さを、最大限生かせるような曲作りを心がけたので是非沢山の方に聴いていただけたらと思います。

■Chara
罪の発音が可愛いです
てゅみ
スーツケースでTUMI というブランドがあるんだけど
外国人がそれを発音する感じにしたかったのですが
to me みたいになっているところね 個人的にぐっときます
とても素直な女の子でした
Yun*chi          またね☆ Love Charaxxx

■Tomggg
お砂糖、スパイス、素敵なものを混ぜると可愛い女の子ができる…そんな話がどこかにありましたが、キラキラが詰め込まれたYun*chiさんへのワクワクが止まりません! リリースおめでとうございます!

■PARKGOLF
Yun*chiは楽曲もライブもキラキラしたイメージがあったので、Kamo*はキラキラを残しつつも、ちょっと不機嫌、だけどゴキゲンな曲にできたと思います!! アルバムリリースおめでとうございます。また色んなイベントで会いましょう!

■飛内将大
アルバムの締め括りの2曲を担当させていただきました。どちらもYun*chiの歌声を思い浮かべていたら、すんなりと降ってきたメロディ。
良い意味で色付けされていない、ありのままのYun*chiの世界を表現できたと思います。これらの曲が誰かの胸の孤独を溶かすような存在になれたら、とても光栄です。

【関連リンク】
Yun*chi オフィシャルHP
黒木渚&Yun*chi、『CREA WEB』J-POP連載のトークイベントに出演決定
Yun*chiの2ndアルバムにCharaを始めとする豪華プロデューサー陣が参加

【関連アーティスト】
Chara, Yun*chi, m-flo, 桃井はるこ, U-ske, ☆Taku Takahashi, 飛内将大, ROUND TABLE
【ジャンル】
J-POP

完全にノンフィクション、最新ミニアルバム収録曲「PROFESSIONAL IDOL」MV公開
Fri, 21 Aug 2015 18:00:00 +0900
完全にノンフィクション (okmusic UP\'s)

9月16日に2年3か月振りとなる新作をリリースする完全にノンフィクションが、新作収録曲「PROFESSIONAL IDOL」のMVを公開した。

【その他の画像】完全にノンフィクション

完全にノンフィクションはこれまで別所英和(Gu&Vo)のバンドプロジェクトであったが、2014年の活動休止期間を経て、本作より上野友也(B)、小野恭介(Dr)を正式メンバーに迎え、バンドとしてリスタートし、MVも3人での演奏シーンが中心となっている。さらに、別所英和はこれまでメディアではお面を被り顔を出していなかったが、このMVでは素顔を初めて公開したとのことで、こちらも見どころだ。

今作の発売にあわせ、大阪では9月16日(水)にタワーレコードNU茶屋町店でインストアイベント、東京は下北沢シェルターで9月20日(日)にアウトストアイベントが決定した。こちらはCD購入者対象のイベントとなるので、CDをゲットしてイベントに参加しよう。

活動休止を経て、バンドとしてパワーアップした完全にノンフィクションに是非注目していただきたい。

■「PROFESSIONAL IDOL」MV
https://www.youtube.com/watch?v=UzcTJ5cYr-k

■【アーティストコメント】

「そこらへんのバンドより一足先にニュータウンからずっと送り続けていた音楽。
街で捉えたなんとなくの寂寥感をスタジオで叩きつけよう。
スピード感がさらに上がった2015年感覚に、振り落とされない様にしっかりとつかまえて。」(ofubeats a.k.a. dj newtown)

「大阪の先輩であります完ノン。
「※この音源は完全にノンフィクションです。3」発売おめでとうございます。
もうずっと心がジリジリしてきます。これが焦燥感ってやつですね。
僕も何をやってもうまくいかなかった月収5万で家賃6万の生活をしていた大阪十三での暮らしを思い出しました。
何かが足りないあなたへ是非。」(QOOLAND 平井拓郎)

「オレたちの完全にノンフィクションが帰ってきた!
過去作よりも強固になった音像やアレンジに2015年な感覚を感じつつもしっかりと完ノンらしくある楽曲達に心躍りました!」(夜の本気ダンス 米田貴紀)

■【インストアイベント情報】

「※この音源は完全にノンフィクションです。3」発売記念 ミニライブ&サイン会
日時:9月16日(水) 19:00スタート(集合時間18:30)
会場:タワーレコード梅田NU茶屋町店 6Fイベントスペース
対象商品:2015年9月16日発売(9月15日入荷)「※この音源は完全にノンフィクションです。3」
※観覧自由
特典引換会参加券配布対象店舗:タワーレコード梅田NU茶屋町店、梅田大阪マルビル店、難波店、神戸店、京都店、
あべのHOOP店

■【アウトストアイベント情報】

完全にノンフィクション「※この音源は完全にノンフィクションです。3」発売記念アウトストアライブ&サイン会
日時:2015年9月20日 13:00スタート(12:30オープン)
会場:下北沢シェルター
対象商品:2015年9月16日発売(9月15日入荷)「※この音源は完全にノンフィクションです。3」
招待チケット配布対象店舗:300枚発券予定
タワーレコード)渋谷、池袋、川崎、新宿、吉祥寺、秋葉原、浦和、横浜ビブレ
※配券店舗は今後も随時更新してきます!
入場方法:招待チケットお持ちの方か、当日下北沢シェルター入口で商品購入の方で先着順のご入場になります。
※入場時1drink代500円が必要となります。

【関連リンク】
完全にノンフィクション オフィシャルHP
完全にノンフィクション、待望の新作を9月16日にリリース
鬼才・別所英和のバンドプロジェクト“完全にノンフィクション”が完全復活!
HOTEI、ニューアルバム『Strangers』をUK&ヨーロッパにてリリース決定

【関連アーティスト】
完全にノンフィクション
【ジャンル】
ジャパニーズロック

稚菜、井上陽水の「少年時代」をカバー
Fri, 21 Aug 2015 18:00:00 +0900
稚菜 (okmusic UP\'s)

みんな必ず、一度は通る道。
それが少年や少女であった時代。
歳を取るにつれて、昔の記憶はどんどん忘れていってしまうものだけれど。
幼い頃の、少年少女の頃の記憶は曖昧ではあっても
必ず心のどこかにあって忘れはしないものだなぁ、なんて事を思う。
なんでそんなに小さい頃の記憶を覚えていられるのだろう。
そう考えた時に、私の中では、
やっぱり人と関わった思い出が一番強く心に残るんだろうなって。

私の中の思い出。
お父さんと山登りをしたり、家族でスキーに行ったりした思い出。
友達と誕生日パーティーをしたりして遊んでいる思い出。
林間学校や移動教室の思い出。
いじめられた事や、友達と喧嘩してしまって今でも仲直り出来ていない思い出。
大切な人が天国にいった思い出。

沢山沢山ある。
沢山沢山思い出す。
どれも、一人じゃなかった。
良い思い出も悪い思い出も全部ひっくるめて、
誰かしら人と関わっていてつくられている。
一人でつくった思い出じゃない。
一人でつくれる思い出じゃない。
そう思うと、今までの自分をつくっているのは自分自身だけじゃないんだなぁって思った。
自分の中の物語の主人公はもちろん自分だけれど。
自分一人で生きているわけじゃないんですね。
小さい頃からこうやって今でも関われている人がいる事、
私の記憶の中にいる人って改めて凄いなぁ。なんて思ったのでした。
少女の頃につくった記憶を。
これからも大切にしていこう、そう思います。

ちなみに少女とは何歳までの事をさすのか調べてみたら。
7歳から18歳頃の女の子の事をさすとある辞書に書いてありました。
私の中では小学生くらいまでの子の事かなぁ、なんて思っていたのでちょっとだけ意外。
高校生になって少女、なんて言われた事もないし、
ちょっと恥ずかしい気もしてしまう。笑
でも、そう定義されて思うのは。
高校生の青春時代の記憶は絶対忘れないだろうな、と。
何より、友達に沢山囲まれて人と過ごしていた時間が長いのだから。
そして今この瞬間も、
この時間を大事な人と一緒に過ごした記憶は忘れないだろうなって思う。
…もう完全に少女ではない歳にはなってますが。笑
でもきっと、あと20〜30年後の自分から見たら、今の私は少女でしょう。
いつまでも、少女の心を忘れないでいたいと思ったのでした。

さて今日の一曲。
少女の話をしたので。
井上陽水さんの「少年時代」
…少女じゃないですね。笑
学校の音楽の教科書に必ず載っていた歌。
だから私にとってこの曲も大切な記憶の中にある一曲。
懐かしい気持ちになれる大好きな歌です。
是非聴いて下さい。
http://youtu.be/EqnX1dZ-vsU

それでは、また。

【関連アーティスト】
井上陽水, 稚菜
【ジャンル】


バンドのイメージを偏ったかたちで伝えるMC5の超問題作『Kick Out The Jams』
Fri, 21 Aug 2015 18:00:00 +0900
『Kick Out The Jams』のジャケット写真 (okmusic UP\'s)

レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン、プライマル・スクリーム、そして日本のギターウルフら、多くのバンドがカバーした衝撃のロックナンバー「キック・アウト・ザ・ジャムス」を含むMC5のデビューアルバム。パンクおよびヘヴィメタルの源流と謳われ、未だに絶賛されているこのアルバムの魅力と、その後の時代に与えた誤解について考える。

 アイルランドの若き4人組、ザ・ストライプスの来日公演で「キック・アウト・ザ・ジャムス」のカバーを聴き、そのオリジナルバージョンが収録されているMC 5の『キック・アウト・ザ・ジャムス』をクローゼットから引っ張り出してみた。
 高校の同級生たちが60年代半ばに結成したデイトロイト(=モーターシティー)の5人組、MC5が69年にリリースしたデビュー・ライヴアルバムである。デビューアルバムがいきなりライヴ盤だなんて、それだけでも期待はぐーんと上がるというものだが、パンク/ヘヴィメタルの先駆者と謳われるこの名盤中の名盤を、長年、聴きたい聴きたいと思い続けて、その念願がようやく叶い、初めて聴いた時のことは、今でもしっかりと覚えている。
 なぜなら、思いっきりずっこけたからだ。
 それはたぶんパンクやメタルの先駆者と謳われながらMC 5のアルバムが、物の本では同様に語られているヴェルヴェット・アンダーグラウンドやニューヨーク・ドールズ、あるいはストゥージズとは違って、長い間、入手困難だったことにも理由があると思うのだが、彼らのディスコグラフィー中、もっとも知られているにもかかわらず、リイシューが一番遅かった(はず)この『キック・アウト・ザ・ジャムス』をついに手に入れた頃には、パンク/メタルの先駆者であることに加え、FBIに監視されていたとか、アルバムに収録した「Motherfucker!!!!」という雄叫びが大騒動になっとか、そういう喧伝に刺激され、きっととんでもなく過激なロックが聴けるにちがいない――と、ぱんぱんに膨れ上がっていた期待に応える冒頭のアジテーションに続いて聴こえてきたのが、なんだか妙にノリのいいギターとファルセットのヴォーカルだったんだから、その落胆たるや。しかもヴォーカリストの髪形は巨大アフロという…。

 もっとも、「Motherfucker!!!!」と叫んだ後、ガガガガーン・ガガガガーン!と爆音を轟かせる2曲目のアルバムタイトル・ナンバー「キック・アウト・ザ・ジャムス」は文句なしにカッコ良かった。そこからなだれ込む3曲目の「カム・トゥゲザー」も緊迫感あふれる演奏がイカしていた。4曲目の「ロケット・リデューサーNo.62」も5曲目の「ボーダーライン」もギャンギャンと鳴るギターがなかなかだ。しかし、その後、2曲続くブルースロック・ナンバーやラストを飾る8分越えのサイケデリック・ナンバー「スターシップ」は期待していたものとは全然違ったし、パンク/メタルの先駆者を求めているリスナーには……いや、少なくとも当時の筆者には正直、退屈以外の何物でもなかった――と言ってしまうことは、MC 5が受けていたブラックミュージックの影響や彼らが当時、果敢にフリージャズに挑戦していたことを理解できなかったことを白状することに等しい。しかし、それも含め、このアルバムの魅力を本当に理解したリスナーは一体、どれだけいたんだろうか? 当時、ライヴバンドとして名を馳せていたMC5の姿をとらえた作品であることを思えば、間違っているとは言えないものの、このアルバムに寄せられる絶賛は、未だに「キック・アウト・ザ・ジャムス」1曲のみに対するもののように思える。

 現在では、MC 5の最高傑作は『キック・アウト・ザ・ジャムス』ではなく、3作目にしてラストアルバムになってしまった『ハイ・タイム』(71年)という意見が定説になりつつあるが、本当であれば、MC5と同じデトロイトから現れたホワイト・ストライプスらの活躍によって、ガレージロックのリバイバルブームが盛り上がった時、その源流であるMC5はパンク/メタルの先駆けに止まらない音楽志向を持っていたバンドとして再評価される必要があったんじゃないかと今さらながら思わずにいられない。
 このアルバムが「キック・アウト・ザ・ジャムス」1曲のみで語られるのは、その衝撃があまりにもデカすぎたからに他ならないが、前述したザ・ストライプス他、多くのバンドがカバーしてきたロック史に残る必殺ナンバーを生んだことが、バンドのイメージを偏った形で決定付けてしまったことは、ある意味、皮肉とも不幸とも言えるが、その1曲がなければ、発表当時、セールス面において成功したわけではないこの『キック・アウト・ザ・ジャムス』がその後、名盤として語り継がれることもなかったかもしれない。

【関連アーティスト】
MC5
【ジャンル】


amazarashi、新曲「名前」のMVは炎で彩られた暖かい作品に
Fri, 21 Aug 2015 17:30:00 +0900
「名前」MV (okmusic UP\'s)

8月19日に2ndシングル「スピードと摩擦」をリリースしたamazarashiが、収録曲「名前」のミュージックビデオを解禁した。

【その他の画像】amazarashi

「名前」は閉塞的な社会で呼び名や肩書きなどの矛盾と共に生きている全ての人の背中を押すメッセージソングであり、ミュージックビデオは照明機材を一切使わずマッチやアルコールランプ・ろうそくの炎で、手作りの人形や小物などを映し出す暖かい作品となっている。

8月19日にリリースされた「スピードと摩擦」には、今回公開された「名前」の他、「風邪」「スピードと摩擦 acoustic version」が収録されており、初回盤にはニコ生で中継されたライブ映像が収録されたDVDが付属する。また、2016年1月「amazarashi 5th anniversary Live Tour 2016」を開催する事を発表。全国5箇所のZeppに加え、広島 クラブクアトロと東京 中野サンプラザを加えた計7箇所で行なわれる。チケット先行予約は、amazarashiのオフィシャルモバイルサイト「APOLOGIES」にて行なわれるほか、2ndシングル「スピードと摩擦」のCDにもチケット予約先行予約コードが封入されている。

■「名前」MV(Short Version.)
https://youtu.be/xFJfDigOo0g

【関連リンク】
amazarashi オフィシャルHP
amazarashi、全国ツアーの開催を発表
amazarashi、初の全編3Dライブで新曲を初披露
amazarashi、学校のトイレを舞台にした新曲「スピードと摩擦」のMVを公開

【関連アーティスト】
amazarashi
【ジャンル】
ジャパニーズロック

GLIM SPANKY、Apple Musicの“NEW ARTIST スポットライト”に選出
Fri, 21 Aug 2015 17:00:00 +0900
GLIM SPANKY (okmusic UP\'s)

7月22日に発売となった1stアルバム『SUNRISE JOURNEY』がiTunesロック・アルバムランキング3位を記録したGLIM SPANKYが、Apple Musicが今最も注目すべきニューアーティストを紹介するNEW ARTIST スポットライトに選出された。

【その他の画像】GLIM SPANKY

"NEW ARTIST スポットライト"とは、世界中の才能溢れるニューカマーの中から厳選されたアーティストのみに与えられるチャンス。あらゆるジャンルの音楽に目を光らせるApple Musicのスタッフが、それぞれ音楽スタイルは異なるものの、今最も注目すべきアーティストを選出している。そんな心強い応援をもらったメンバーは「GLIM SPANKYを選んで頂き本当に有り難うございます。心から嬉しいです。母国語の日本語で、世界に挑戦していきたい野望だらけの私達を、どうぞ応援宜しくお願いします!」と喜びのコメントを発表した。

なお、Apple Music およびiTunesではアルバム『SUNRISE JOURNEY』の通常盤に加え、カヴァートラックも追加したDeluxe Editionも期間限定で配信中。最近のライブで演奏される事の多い「MOVE OVER」(ジャニス・ジョップリンのカヴァー)「Rolling In the Deep」(Adeleのカヴァー)「ひこうき雲」(荒井由実のカヴァー)と、彼らが今までカヴァーしてきた名曲がボーナストラックとしてバンドル購入することができる。

大御所ミュージシャンや、著名文化人からも沢山のレコメンドをもらっているGLIM SPANKY。その期待に応えるべく、まずはツアーファイナルワンマンの10月17日の赤坂BLITZ公演の成功に向け、彼女達は突き進んでいく。

【関連リンク】
GLIM SPANKY オフィシャルHP 
Vantan×TSM渋谷×GLIM SPANKYによるフリーライヴプロジェクト大成功!
GLIM SPANKYのフリーライヴプロジェクト、いよいよステージ衣装が完成
GLIM SPANKY、Apple Store,Omotesandoでのパフォーマンスが大盛況

【関連アーティスト】
GLIM SPANKY
【ジャンル】
ジャパニーズロック

go!go!vanillas、“バニラの日”を祝して開催された「バニラ祭り」が大盛況!
Fri, 21 Aug 2015 16:00:00 +0900
8月20日@「バニラ祭り」 (okmusic UP\'s)

8月20日、TOWER RECORDS渋谷店でgo!go!vanillasにとって特別な“バニラの日”を祝して「バニラ祭り」が開催された。

【その他の画像】go!go!vanillas

「バニラ祭り」ではメンバーが1日店員となって「特製バニラかき氷」を販売。かき氷は9月16日に発売される2ndシングル「カウンターアクション」のCDジャケットをモチーフにメンバー自らが味付けやトッピングを考案したバニラ風味のもので、カラフルな見た目と豪華なトッピングが大好評。バニラズのメンバー自らが店頭で呼び込みや商品の手渡しを行ない、あっという間に予定数を完売した。また、メンバーが店頭で配布した「号外うちわ」には、11〜12月に開催されるワンマンライブ「COUNTER ACTION TOUR 2015」の詳細がどこよりも早く記載され、イベントでニュースを知ったファン同士がTwitterで情報をやりとりするなど、盛り上がりをみせた。

ワンマンライブ「COUNTER ACTION TOUR 2015」は、福岡・名古屋・大阪・東京で開催。ライブチケットがますます入手困難になってきているバニラズだが、ニューシングル「カウンターアクション」には、このツアーの最速・抽選予約シリアルナンバーが封入されるので、ファンはいち早くゲットして、応募して欲しい。

勢いを止めることなく進むバニラズ。今まで以上に、最高の音楽と話題を届けてくれるであろう彼らに、引き続き注目して欲しい。

■『ワンマンツアー“COUNTER ACTION TOUR 2015" 』

11月26日(木)  福岡 BEAT STATION
11月28日(土)  名古屋 BOTTOM LINE
11月29日(日)  大阪 BIG CAT
12月03日(木)  赤坂 BLITZ

【関連リンク】
go!go!vanillas オフィシャルHP
go!go!vanillas、8月20日は“バニラの日”につき話題づくし
go!go!vanillas、TOKYO FM「“Good Luck" LIVE」公開生放送にて生ライブ決定
go!go!vanillas、今年のバニラの日(8月20日)はタワレコ渋谷店にて“バニラ祭り"を開催

【関連アーティスト】
go!go!vanillas
【ジャンル】
ジャパニーズロック, イベント

HOTEI、ニューアルバム『Strangers』をUK&ヨーロッパにてリリース決定
Fri, 21 Aug 2015 15:00:00 +0900
HOTEI (okmusic UP\'s)

海外レーベル・Spinefarm Recordsと契約し、「How the Cookie Crumbles (Feat. Iggy Pop)」をすでに先行配信しているHOTEIが、10月16日にインターナショナルアルバム『Strangers』をUK&ヨーロッパでリリースすることが決定! さらに日本盤も同時発売されることも発表された。

【その他の画像】布袋寅泰

昨年10月に日本でリリースされたアルバム『New Beginnings』をベースとしながらも、新たに海外アーティストとコラボレーションした楽曲や新曲も数多く収録。ドイツのインダストリアル・メタルバンド、ラムシュタイン/エミグレイツのリチャード(Gtr.)をフィーチャーした「Move It」やテキサス出身のシンガーソングライター、シェイ・シーガーをヴォーカルに迎えた「Texas Groove」。欧米で大ブレーク中、日本でも人気のあるブレット・フォー・マイ・ヴァレンタインのマット・タックとの異色コラボによるエモーショナルな新曲「Kill To Love You」、映画「キル・ビル」のテーマソングとして世界的に有名な「Battle Without Honor or Humanity (original version)」も収録する等、ロック、パンク、ダンス、エレクトロの要素が見事に融合した快心の作品。

このアルバムに対して、HOTEIは「ここにたどり着くまでの道のりは想像以上に険しかったが、世界に向けてのスタート地点に立てたことを素直に嬉しく、誇らしく思う。個性豊かなボーカリストたちの参加によって、原点である“ギタリストHOTEI"に戻ることができた。3 0余年前に観客20人のライブハウスからスタートしたように、作品やライブを通じて世界中にファンを一人ずつ増やしていきたい。日本のファンの皆さんの応援あってこそのスタートだと、心から感謝している。」と強い意気込みをコメントした。

同時発売される日本盤にはボーナストラックとして、昨年8月のBlue Note Tokyo公演で初披露された「Black Ships」を初音源化して収録。さらに、海外PR用として作成された貴重なリリックビデオ2曲「How the Cookie Crumbles (Feat.Iggy Pop)」、「Texas Groove (Feat. Shea Seger)」を収録したDVDも付属と豪華仕様となっている。

さらに10月21日にはロンドンのIslington Assembly Hallでの単独ライブも決定。『Strangers』を引っ提げてワールドワイドに向けて進撃を開始したHOTEIの更なる活動に要注目!

■【各アーティストよりコメント】

■Iggy Pop
HOTEIの音楽への姿勢は、彼のプレイにしても作曲にしても、とにかくシンプルなアイデアに固執して、それが最高のものだと信じている。そこに迷いが無いんだ。でもそれはギタリストにとっては試練であり、最も難しい挑戦なんだよ。

■Noko of Apollo 440
HOTEIとは15年の付き合いだ。戦友のように一緒に戦い、チャレンジしてきたよ。僕たち二人は同じ日に、地球の端と端で生まれたんだ。ギタリスト、そして音楽マニアとしてね。お互い知り合う前から同じ音楽やカルチャーに影響されたから、一緒にヴァーチャル・トリップに出たような感覚があるんだよ。彼とは言葉にしなくても通じ合えることが山のようにあるから、どんなに大変な仕事だろうが、僕ら二人の知識と経験でやってのけれるんだ。

■アルバム『Strangers』ダイジェスト映像
https://youtu.be/lvjMtHne9NU

■アルバム『Strangers -Japan Edition-』

2015年10月16日(金)発売
【CD+DVD】
¥2,800+税
※完全生産限定盤
<収録内容>
■CD ※曲順未定
How the Cookie Crumbles (Feat. Iggy Pop)
Walking Through the Night (Feat. Iggy Pop)
Move It (Feat. Richard Z. Kruspe of Rammstein / Emigrates)
Kill to Love You (Feat. Matt Tuck of Bullet for My Valentine)
Battle Without Honor or Humanity (original version)
Texas Groove (Feat. Shea Seger)
Kill or Kiss (Feat. Shea Seger)
Barrel of My Own Gun (Feat. Noko of Apollo 440)
Medusa
Strangers
Into the Light
Departure
Black Ships (日本盤限定トラック)
■DVD
「How the Cookie Crumbles (Feat. Iggy Pop)」リリックビデオ
「Texas Groove (Feat. Shea Seger)」リリックビデオ

【関連リンク】
HOTEI オフィシャルHP
夏フェスマストコンピ『BEST EMI ROCKS 2015』、 超お買い得の900円!
布袋寅泰、2014年のライヴ映像2作品が映像化&ティーザー映像が公開
Char、12組の豪華アーティストが参加する還暦記念アルバムの収録楽曲が明らかに

【関連アーティスト】
布袋寅泰, Iggy Pop, Apollo 440, HOTEI
【ジャンル】
ジャパニーズロック

がんばれ!Victory、ワンマンライブの前哨戦として9月4日にフリーライブを開催
Fri, 21 Aug 2015 14:30:00 +0900
がんばれ!Victory (okmusic UP\'s)

9月2日(水)に2枚目となるシングル「ラリラリラ」をリリースするがんばれ!Victoryが、8月20日 (木)に放送されたツイキャス番組「がんビクキャス」にて発表された重大発表の内容が明らかにした。

【その他の画像】がんばれ!Victory

その内容は、なんと9月4日(金)に原宿アストロホールにて入場フリーのライブを開催するとの嬉しい発表! タイトルは9月12日(土)に行なわれるTSUTAYA O-WESTでのワンマンライブに向けた『がんばれ!Victory LIVE 四回の表 「晩夏の首位攻防最終戦!前夜祭」』。まさにワンマンライブの前哨戦となる前夜祭ではニューシングル「ラリラリラ」はもちろんのこと、がんばれ!Victoryの代表曲を中心のセットリストを披露予定。当日は18時より先着で整理券を配布。定員数に達し次第、整理券の配布は終了となる。

そして、9月3日と4日には「がんばれ!Victory VS ニコニコ生放送 晩夏の2連戦!」と題し、2日間連続でニコニコ生放送に登場する。9月3日(木)は「ラリラリラ」発売記念特番として「熱闘!がんばれ!Victory Vol.1」と題し、メジャー2枚目のシングル「ラリラリラ」のリリースを記念したスペシャルプログラムの放送を予定。ニューシングル「ラリラリラ」に ついての話や、がんばれ!Victoryのパーソナルな魅力に迫る内容に。その他、ミュージックビデオのスペシャル映像や「ラリラリラ」のリリースを記念し、著名人からのコメントもあるとか。番組内ではがんばれ!Victoryの最大の魅力である生演奏も披露予定。さらに、当日は各メンバーの書き下しデモ楽曲が収録されるメンバーソロ盤を番組放送内にてご購入して頂いた方に数量限定、ニコ生限定特典も予定している。

続く4日は原宿アストロホールにて行なわれる完全入場フリーのバンドセットライブを完全生中継! フリーライブへ足を運べない方はニコニコ生放送での中継をチェックしよう。2日間にわたるトーク番組とライブ番組で披露されるであろうがんばれ!Victoryのギャップを楽しみにしていてほしい。

■がんばれ!Victory LIVE 四回の表 「晩夏の首位攻防最終戦 前夜祭」

9月04日(金) 原宿アストロホール
19時30分開場/20時00分開演予定
※入場フリー(別途ドリンク代がかかります)
<入場方法>
当日会場にて18時より配布される整理券を配布致します。開場後、整理券をお持ちの上、整理番号順にご入場頂けます。当日CD販売にてご購入頂いた方に特典会も実施。入場に関する詳細&特典会詳細はオフィシャルHPをご覧下さい。

■【「がんばれ!Victory VS ニコニコ生放送」晩夏の2連戦情報】

■第1戦 「熱闘!がんばれ!Victory Vol.1」
放送日時:9月03日(木)21:00〜22:30を予定
内容:がんばれ!Victoryの魅力に迫るトーク番組。
http://live.nicovideo.jp/watch/lv232300643

■ 第2戦「がんばれ!Victory「ラリラリラ」発売記念フリーライブ!がんばれ!Victory LIVE 四回の表 「晩夏の首位攻防最終戦!前夜祭」完全生中継
放送日時:9月04日(金)
19:30〜 ミュージックビデオ&ライブ映像特集
20:00〜21:00 ライブ完全生中継
内容:「ラリラリラ」リリースを記念したがんばれ!Victoryの原宿アストロホールのフリーライブを完全生中継!
http://live.nicovideo.jp/watch/lv232303177

■「ラリラリラ」MV
https://www.youtube.com/watch?v=aIQRhzW5pjE&feature=youtu.be

【関連リンク】
がんばれ!Victory オフィシャルHP
がんばれ!Victory、ツイキャス番組『がんビクキャス』の生配信決定
がんばれ!Victory、「ラリラリラ」リリース記念フリーイベント&デモ曲先行試聴会の開催が決定
がんばれ!Victoryの最新MVで野球界OBが大乱闘!?

【関連アーティスト】
がんばれ!Victory
【ジャンル】
J-POP













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1