歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2015年08月17日)
バックナンバー
最新ニュース
2015/08/26
2015/08/25
2015/08/24
2015/08/23
2015/08/22
2015/08/21
2015/08/20
2015/08/19
2015/08/18
2015/08/17
2015/08/16
2015/08/15
2015/08/14
2015/08/13
2015/08/12
2015/08/11
2015/08/10
2015/08/09
2015/08/08
2015/08/07
2015/08/06
2015/08/05
2015/08/04
2015/08/03
2015/08/02
2015/08/01
2015/07/31
2015/07/30
2015/07/29
2015/07/28
2015/07/27
2015/07/26
2015/07/25
2015/07/24
2015/07/23
2015/07/22
2015/07/21
2015/07/20
2015/07/19
2015/07/18
2015/07/17
2015/07/16
2015/07/15
2015/07/14
2015/07/13
2015/07/12
2015/07/11
2015/07/10
2015/07/09
2015/07/08
2015/07/07
2015/07/06
2015/07/05
2015/07/04
2015/07/03
2015/07/02
2015/07/01
2015/06/30
2015/06/29
2015/06/28
2015/06/27
2015/06/26
2015/06/25
2015/06/24
2015/06/23
2015/06/22
2015/06/21
2015/06/20
2015/06/19
2015/06/18
2015/06/17
2015/06/16
2015/06/15
2015/06/14
2015/06/13
2015/06/12
2015/06/11
2015/06/10
2015/06/09
2015/06/08
2015/06/07
2015/06/06
2015/06/05
2015/06/04
2015/06/03
2015/06/02
2015/06/01
2015/05/31
2015/05/30
2015/05/29
2015/05/28
2015/05/27
2015/05/26
2015/05/25
2015/05/24
2015/05/23
2015/05/22
2015/05/21
2015/05/20
2015/05/19
2015/05/18
2015/05/17
2015/05/16
2015/05/15
2015/05/14
2015/05/13
2015/05/12
2015/05/11
2015/05/10
2015/05/09
2015/05/08
2015/05/07
2015/05/06
2015/05/05
2015/05/04
2015/05/03
2015/05/02
2015/05/01
2015/04/30
2015/04/29
2015/04/28
2015/04/27
2015/04/26
2015/04/25
2015/04/24
2015/04/23
2015/04/22
2015/04/21
2015/04/20
2015/04/19
2015/04/18
2015/04/17
2015/04/16
2015/04/15
2015/04/14
2015/04/13
2015/04/12
2015/04/11
2015/04/10
2015/04/09
2015/04/08
2015/04/07
2015/04/06
2015/04/05
2015/04/04
2015/04/03
2015/04/02
2015/04/01
2015/03/31
2015/03/30
2015/03/29
2015/03/28
2015/03/27
2015/03/26
2015/03/25
2015/03/24
2015/03/23
2015/03/22
2015/03/21
2015/03/20
2015/03/19
2015/03/18
2015/03/17
2015/03/16
2015/03/15
2015/03/14
2015/03/13
2015/03/12
2015/03/11
2015/03/10
2015/03/09
2015/03/08
2015/03/07
2015/03/06
2015/03/05
2015/03/04
2015/03/03
2015/03/02
2015/03/01
2015/02/28
2015/02/27
2015/02/26
2015/02/25
2015/02/24
2015/02/23
2015/02/22
2015/02/21
2015/02/20
2015/02/19
2015/02/18
2015/02/17
2015/02/16
2015/02/15
2015/02/14
2015/02/13
2015/02/12
2015/02/11
2015/02/10
2015/02/09
2015/02/08
2015/02/07
2015/02/06
2015/02/05
2015/02/04
2015/02/03
2015/02/02
2015/02/01
2015/01/31
2015/01/30
2015/01/29
2015/01/28
2015/01/27
2015/01/26
2015/01/25
2015/01/24
2015/01/23
2015/01/22
2015/01/21
2015/01/20
2015/01/19
2015/01/18
2015/01/17
2015/01/16
2015/01/15
2015/01/14
2015/01/13
2015/01/12
2015/01/11
2015/01/10
2015/01/09
2015/01/08
2015/01/07
2015/01/06
2015/01/05
2015/01/04
2015/01/03
2015/01/02
2015/01/01
2014/12/31
2014/12/30
2014/12/29
2014/12/28
2014/12/27
2014/12/26
2014/12/25
2014/12/24
2014/12/23
2014/12/22
2014/12/21
2014/12/20
2014/12/19
2014/12/18
2014/12/17
2014/12/16
2014/12/15
2014/12/14
2014/12/13
2014/12/12
2014/12/11
2014/12/10
2014/12/09
2014/12/08
2014/12/07
2014/12/06
2014/12/05
2014/12/04
2014/12/03
2014/12/02
2014/12/01
2014/11/30
2014/11/29
2014/11/28
2014/11/27
2014/11/26
2014/11/25
2014/11/24
2014/11/23
2014/11/22
2014/11/21
2014/11/20
2014/11/19
2014/11/18
2014/11/17
2014/11/16
2014/11/15
2014/11/14
2014/11/13
2014/11/12
2014/11/11
2014/11/10
2014/11/09
2014/11/08
2014/11/07
2014/11/06
2014/11/05
2014/11/04
2014/11/03
2014/11/02
2014/11/01
2014/10/31
2014/10/30
2014/10/29
2014/10/28
2014/10/27
2014/10/26
2014/10/25
2014/10/24
2014/10/23
2014/10/22
2014/10/21
2014/10/20
2014/10/19
2014/10/18
2014/10/17
2014/10/16
2014/10/15
2014/10/14
2014/10/13
2014/10/12
2014/10/11
2014/10/10
2014/10/09
2014/10/08
2014/10/07
2014/10/06
2014/10/05
2014/10/04
2014/10/03
2014/10/02
2014/10/01
2014/09/30
2014/09/29
2014/09/28
2014/09/27
2014/09/26
2014/09/25
2014/09/24
2014/09/23
2014/09/22
2014/09/21
2014/09/20
2014/09/19
2014/09/18
2014/09/17
2014/09/16
2014/09/15
2014/09/14
2014/09/13
2014/09/12
2014/09/11
2014/09/10
2014/09/09
2014/09/08
2014/09/07
2014/09/06
2014/09/05
2014/09/04
2014/09/03
2014/09/02
2014/09/01
2014/08/31
2014/08/30
2014/08/29
2014/08/28
2014/08/27
2014/08/26
2014/08/25
WHITE ASHが人気ゲーム「METAL GEAR」シリーズ最新作CMに登場
Mon, 17 Aug 2015 20:00:00 +0900
「メタ男Days」 (okmusic UP\'s)

9月2日に発売される株式会社コナミデジタルエンタテインメントのゲーム『METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN』のキャンペーンサイト「メタ男 on Web」にて、タイアップソングに起用されているWHITE ASHのメンバーそれぞれが出演するCMが公開された。

【その他の画像】WHITE ASH

「メタ男」とは、「METAL GEAR」シリーズを嗜み、作品に登場するスネークのような生き様に惚れた男、寡黙で不器用そうだが内に強い正義感を持ち、自分なりに社会を、世界をより良くしようと考え行動する男のことである。公開された最新のCMでは、メンバーそれぞれが『MGSV: TPP』に陶酔している様子が伺える。なお、先だって公開されたショートフィルム「メタ男Days」に引き続き、このCMにおいても、ニューシングル「Insight / Ledger」に収録される新曲「The Phantom Pain」がタイアップソングとして起用されているのでチェックしよう。

同シングルにはアニメ『GATCHAMAN CROWDS insight』のOPテーマ「Insight」も収録されており、こちらの商品はアニメ柄オリジナルジャケット仕様のガッチャ盤、『MGSV: TPP』のビジュアルが使用された巻き帯仕様の通常盤となる。今夏も各地のフェスに多数出演し、ますます話題が絶えないWHITE ASH。今後の動向にも注目したい。

■「メタ男 on Web」
http://www.metao.konami.jp

【関連リンク】
WHITE ASH オフィシャルHP
WHITE ASH、メンバー出演ショートフィルム「メタ男Days」公開
WHITE ASH、ニューシングルMVを公開&東京・福島のチャリティライブ開催決定
「ガッチャマン クラウズ インサイト」×タワレコ“NO ANIME, NO LIFE.”でコラボ

【関連アーティスト】
WHITE ASH
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ゲーム, テレビ(番組/CM)

go!go!vanillas、TOKYO FM「“Good Luck" LIVE」公開生放送にて生ライブ決定
Mon, 17 Aug 2015 19:00:00 +0900
go!go!vanillas  (okmusic UP\'s)

go!go!vanillasが9月5日(土)、TOKYO FMをキーステーションにJFN系全国38局ネットで放送している「"Good Luck" LIVE」の公開生放送に生出演・生ライブを披露することが決定した。

【その他の画像】go!go!vanillas

「"Good Luck" LIVE」初出演となるバニラズ。2014年11月にメジャー進出したばかりのバンドとしては異例の大抜擢だ。約1時間の生放送の中で、16日発売のシングル「カウンターアクション」の生放送初披露のほか、バンドフルセットによる生演奏を時間の限り披露する予定とのこと。ラジオをつければ、あなたの部屋がライブハウスへと早変わり!

また、「"Good Luck" LIVE」は公開生放送となっており、抽選でバニラズの生ライブを見ることが出来る。応募方法など詳細は番組HPに記載されているので、ファンは要チェックだ。

勢いを止めることなく進むバニラズ。今まで以上に、最高の音楽と話題を届けてくれるであろう彼らに、引き続き注目して欲しい。

■【「KIRIN BEER "Good Luck" LIVE」公開生放送】

日時:9月5日(土) 集合時間 15:30
会場:TOKYO FM
(会場までの交通費は自己負担となります)
※抽選で10組20名様をご招待
※応募の締切は8月30日 (日)です。
※ご応募はお一人様1回に限らせていただきます。
http://www.tfm.co.jp/live/lineup/

【関連リンク】
go!go!vanillas オフィシャルHP
go!go!vanillas、今年のバニラの日(8月20日)はタワレコ渋谷店にて“バニラ祭り"を開催
フラカン主催『DRAGON DELUXE 2015』に真心ブラザーズ、go!go!vanillasの出演が決定
go!go!vanillas、2ndシングル「カウンターアクション」発売決定&新アー写公開

【関連アーティスト】
go!go!vanillas
【ジャンル】
ジャパニーズロック

BEGIN、雨を吹き飛ばすマルシャのリズムで3,000人が大熱狂
Mon, 17 Aug 2015 18:00:00 +0900
8月16日(日)@大阪・中之島GATE (okmusic UP\'s)

BEGINが8月16日(日)、大阪・中之島GATEにて行なわれた『水都大阪2015「大阪大発見!祭りだ!祭りだ!水都村ビッグ盆」』内の「FM802 SPECIAL BON NIGHT!!」にてライブを開催。会場に集まった3000人がそのマルシャのリズムに酔いしれた。

【その他の画像】BEGIN

実は8月8日(土)にFM802が主催する野外イベント『MEET THE WORLD BEAT2015』に24年ぶりに参加するも、出番直前に突然の大雨洪水警報が発令され、イベント自体が中止に。残念ながら出演は果たせなかったばかりのBEGINだが、そのリベンジともいうべき8月16日(日)の「FM802 SPECIAL BON NIGHT!!」に出演すべく、再び大阪の地に。今度こそと意気込む中、この日もBEGINのライブの時間帯に天候悪化の予報が。出番前は小雨がぱらつきはしたものの、ライブが始まる段階では一旦雨も上がった。「MEET THE WORLD BEAT2015」の無念さを晴らすべく、ステージへ上がった。

冒頭MCで比嘉栄昇(Vo)は「先週のリベンジに来ました! 今日は盆踊りということで、やぐらの上でライブをさせていただくのも初めてなので、めちゃくちゃ嬉しいです! お盆ですし、亡くなった方々の事も思いながら、みんなで楽しみましょう!」とコメント。

2拍子のマルシャ(ブラジルのマーチの意)のリズムに乗って、「島人ぬ宝」からスタート。さぁ行くぞと思いきや、なんといきなり雨が降り始めてしまった。しかし雨に怯むことなく、「三線の花」や「オジー自慢のオリオンビール」などのBEGINの代表曲のオンパレードの前半戦は約20分間、ノンストップのパフォーマンス。すべてマルシャアレンジで徐々にボルテージを上げていく。会場全体が歌い踊ると大粒だった雨も、マルシャの熱気に負けたのか完全に止み、雨上がりのきれいな夕焼けがやぐらの周りに広がり、ちょうちんの灯りとの相性が見事にマッチした抜群のシチュエーションが完成した。

後半も同じく20分。沖縄民謡に始まり、昭和の名曲「また逢う日まで」「月がとっても青いから」などを続々と披露。そしてBEGINのマルシャのステージには欠かせない、本場ブラジルのサンバカーニバルにも出演するサンバユニット“宮城姉妹"が客席に降り、観客をあおる。更にはFM802のDJ陣も後に続き、宮城姉妹の踊りに合わせ、会場が一体となった。

終盤に歌った「涙そうそう」は亡き大切な人を思って書かれた詞で、お盆という事もあって涙を流しながら聴いている人も。夕焼け空がより一層、曲を際立たせた。

このシチュエーションに比嘉栄昇は「盆踊りとやぐらのこの一体感は見たことないな。僕らはみんなとこうやって、ひと時を過ごせる音楽があればそれでいいんです。これからも楽しくやっていきましょう!」と感想を語った。またBEGINのメンバーはかねてからの高校野球の大ファンという事で、この日のライブ前に沖縄出身高校の試合があった事もあって「僕らは全国各地にツアーで行くので、どのチームも応援したくなります。甲子園もここから近いという事で皆さん、よろしければ頑張っている高校球児に大きな拍手を!」との投げかけに、客席から大きな拍手が起こった。

最後はマルシャの定番曲“バルーン"のリズムに合わせ、会場に集まった約3000人のお客さんの大きな掛け声と手拍子でこのライブは締めくくった。水都・大阪を感じる今回の会場に関して、「水に囲まれていると、なんか守られている気がしました。」と、海に囲まれている沖縄出身ならではコメントでステージを後にした。

今年の夏はまだまだ各地にBEGINは出没する。8月23日(日)には、お台場夢大陸「めざましライブ」出演、翌週8月30日(日)には「SWEET LOVE SHOWER 2015」にも出演する予定なので、是非ファンの方は各地に足を運んでほしい。

■【セットリスト】

1.島人ぬ宝
2.三線の花
3.帰郷
4.愛が走る
5.バックミラーの潮騒
6.オジー自慢のオリオンビール
7.国道508号線
8.安里屋ゆんた
9.鳩間の港
10. 旅人よ
11. また逢う日まで
12. 月がとっても青いから
13. いつでも夢を
14. 笑顔のまんま
15. 涙そうそう
16. バルーン

【関連リンク】
BEGIN オフィシャルHP
au三太郎の新CMで浦ちゃんがぷるぷる状態に、うすた京介書き下ろしLINEスタンプ配布も
au三太郎の浦ちゃん、BEGIN書き下ろし曲で乙ちゃんへの想いを弾き語る
「表参道高校合唱部!」第1回の合唱曲はジュディマリの「Over Drive」など

【関連アーティスト】
BEGIN
【ジャンル】
J-POP, ライブ

大人の夏を演出する、夏の寂しさを歌った5曲
Mon, 17 Aug 2015 18:00:00 +0900
ZONE「secret base 〜君がくれたもの〜」のジャケット写真 (okmusic UP\'s)

連日の猛暑で気づいていないかもしれませんが、もうすぐ夏が終わってしまいます。残念ですが、過ぎ去る季節の悲しみをきちんと音楽で演出するのが大人。ということで、今回は大人の夏を演出する、夏の寂しさを感じさせる楽曲を5曲選んでみました。寂しがってばかりじゃ大人じゃない! 雰囲気を出してこそ大人!ですよ。

■1.「若者のすべて」(’07)/フジファブリック

フジファブリックが07年にリリースした楽曲。後にBank Bandでミスチルの桜井さんがカバーするほどの普及の名作でもあります。“花火”という単語や、惜別を感じさせる歌詞はもちろん、美しいメロディーと、無駄を削ぎ落としたアレンジが、夏の寂寥感を演出してくれます。夏の旅行の帰り道なんかに、車の中で聴くと、マッチしすぎて涙が止まらないかもしれません。残念ながらこの曲が出た当時のVo&Guであった志村正彦さんは急逝してしまいましたが、この曲の持つ力はそういった事実とは関係なしに、夏の終わりになれば誰もが思い出す名曲です。

■2.「secret base 〜君がくれたもの〜」(’01)/ZONE

2001年にリリース。井上真央が主演し、子供たちにも人気のあったドラマ『キッズ・ウォー3』の主題歌でもあるこの曲は、ZONEの存在を世間に知らしめた楽曲であると同時に、聴けばティーンの頃の夏休みを思い出させる曲です。秘密基地、転校…今はもう戻れないあの頃。聴けば夏の終わりとは関係なく、寂しさが込み上げてくる楽曲ですが、そうしたどうしようもない事実と向き合ってこそ、“大人”と言えるでしょう。ちなみに、この歌詞のように、この曲をリリースしたちょうど10年後の8月、ZONEは再結成。この楽曲を演奏するという、できすぎたエピソードがあります。

■3.「自転車泥棒」(’90)/ユニコーン

1990年にリリースされたアルバム『ケダモノの嵐』に収録された楽曲で、シングルではないですが、のちにリリースされたベストに収録されたほど、ファンからの人気が高い楽曲です。これまで“大人”になるためには!と、このコラムでは過去に向き合うことを重ねて宣言してきましたが、この曲では男の子が女の子の成長に向き合う楽曲です。ひと夏でグッと大人っぽくなったあの娘。大人になってからでは味わえない体験ですが、夏の夕暮れ、お酒を傾けながら、もうすでに遠くなってしまった夏の思い出を、この曲を聴きながら思い出してみるというのも、夏の終わりの演出に最適ではないでしょうか?

■4.「イッサイガッサイ」(’05)/KREVA

2005年にリリースされた曲。これまでの3曲が少しティーンの頃の思い出を呼び起こさせるような楽曲であったのと逆に、この曲は大人の夏休みの終わりを演出させる楽曲です。恋人同士、やっと合わせられた1週間程度の休み。特に海外とかに行くわけではないけど、近場でいろいろ出かけて思い出を作る。KREVAのリリックとラップで、数分間の間にこの曲の登場人物がリアルに想像できる名曲です。もしかすると、今は恋人がいない人は、去年の夏は恋人とこう過ごしていたのになぁ…と、少し寂しくなってしまうかもしれませんが。夏の終わりと同じく、そうした事実と向き合うのも“大人”ということで。

■5.「夏の思い出」(’03)/ケツメイシ

03年リリースの曲。カップルが夏の終わりに想いを馳せる曲がさっきの曲だとすれば、この曲はそうした側面も含めつつ、仲間たちと楽しく過ごした、それこそ“夏の思い出”全てを集約した楽曲と言えます。軽快なトラックに乗せて、誰もが感じ、経験したことがありそうな夏の思い出が歌われる…いや、実はしたことないのに、したことがありそうなこの感覚がケツメイシ節と言えるでしょう。ラスト近くのヴァース、《1人だけで過ごす夏の日に 振り返る時》という振り返るフレーズが入っているのも、夏の終わりの切なさを分かっている彼らだからこそできる大人な描写と言えるでしょう。

【関連アーティスト】
フジファブリック, ユニコーン, KREVA, ケツメイシ, ZONE
【ジャンル】


Aqua Timez、感謝と愛に満ちた全国ツアーファイナルを武道館にて開催
Mon, 17 Aug 2015 17:00:00 +0900
8月16日(日)@日本武道館 (okmusic UP\'s)

8月16日(日)、ニューシングル「最後までII」をリリースしたばかりのAqua Timezが6月から行なっている全国ツアーのファイナルとして『sing along SINGLES tour 2015〜シングル18曲一本勝負プラスα〜』を日本武道館で開催した。

【その他の画像】Aqua Timez

満員の観客の中、1stミニアルバムに収録されている大ヒット曲「等身大のラブソング」からスタートし、続いて1stシングル「決意の朝に」や「千の夜をこえて」「虹」など、シングル曲を発売順にすべて披露していき、本編最後は18枚目となる最新シングル「最後までII」で締めくくった。アンコールではメンバー5人でアカペラにチャレンジしたり、配信限定シングル曲も披露。またライブの随所に過去の秘蔵映像やMusic Video、この日のライブのためだけに撮影された映像なども盛りだくさんで、初めてライブに来る人も古くからのファンも10年を順を追って楽しめる充実の内容で、全23曲3時間にも及ぶライブとなった。

また、この日はボーカルの太志を筆頭に、メンバーのMCには終始この10年間を支えてくれたファンへの感謝の言葉が込められていて、「愛」を感じることのできるものであった。そのため多くのファンが涙する場面も多々見受けられた。アンコール終了直後には秋から始まる、自身初となる47都道府県ツアーがビジョンで発表となり、ファンからは悲鳴にも近い歓声があがった。

彼らは8月24日のデビュー日には10年目として初となるオフィシャルアーティストブック「流るる風の跡を Aqua Timez 10th Anniversary Book」を発売。8月25日(火)にはCDデビュー10周年を記念したベストアルバム“10th Anniversary Best『RED』『BLUE』"を2枚同時にリリース予定だ。そして前出の、47都道府県ツアー、"Back to You"tour 2015-2016を11月8日からスタート。デビュー10周年を間近に控え、さらにAqua Timezは進んでゆく。

■「最後までII」MV
https://youtu.be/ATjOsFJoW1Y

【関連リンク】
Aqua Timez オフィシャルHP
Aqua Timez、デビュー10周年記念ベストアルバムを2枚同時リリース
「LOVE in Action Meeting(LIVE)」にてSilent Siren、May J.らが献血を呼びかけ
Aqua Timez、デビュー10周年イヤーを彩る全国ツアースタート

【関連アーティスト】
Aqua Timez
【ジャンル】
J-POP, ライブ

水曜日のカンパネラ、音声のみの対談連載企画をスタート
Mon, 17 Aug 2015 16:00:00 +0900
コムアイ 対談連載企画「さぐりさぐり」(第1回目 成海璃子) (okmusic UP\'s)

水曜日のカンパネラが雑誌「NYLON」のWEBサイトにて新連載企画「さぐりさぐり」をスタートさせた。

【その他の画像】水曜日のカンパネラ

本企画は毎回水曜日のカンパネラのヴォーカルであるコムアイとゲストの私服を交換し、お互いの履歴書を妄想で書いた上で対談するという内容のもの。タイトル通り相手の事をさぐりながら対談していく形式で、音声ファイルのみでの公開となっている。記念すべき第1回目は、同世代の友人でもある女優の成海璃子が登場している。今後は男性女性、世代も越えたゲストが登場するとのこと。

自身の楽曲「桃太郎」のパラデータを無料で配信したり、ヤフオク!のCM楽曲「ツイッギー」をヤフオク!で100円CDで販売したりと音楽プロモーションでの仕掛けも色々チャレンジしてきた水曜日のカンパネラの初の連載が音声ファイルのみでの公開。どのような内容になるのか…? 文字にできないような内容が音声だと聞けるかもしれないので、是非チェックしてみよう。

■NYLON WEB・水曜日のカンパネラ新連載「さぐりさぐり」
http://www.nylon.jp/campanella/rico.html

■【コムアイ(水曜日のカンパネラ)よりコメント】

服そのものが好きというより、誰がどう着るかによって印象が変わるってことが超好きで、だから友達を呼んで服交換して撮影してみたら面白いんじゃないかと思って始めました。交換がテーマで、相手の履歴書を妄想して書きながらトークをします。トークも文字起こしとかしない方がグレーな話ができると思って、音声だけ載せます。忙しいゲストの皆さんの癒しの空間になればいいと思っています。

■「ユタ」MV
https://youtu.be/kVrxGqXBo0g

【関連リンク】
水曜日のカンパネラ オフィシャルHP
水曜日のカンパネラ、EP『トライアスロン』より「ユタ」のMVを公開
水曜日のカンパネラ、話題のCM楽曲「ツイッギー」をヤフオク!にて先行発売
夏フェスの予習に聴いておきたい5曲

【関連アーティスト】
水曜日のカンパネラ
【ジャンル】
J-POP

山下達郎、レギュラーラジオにて竹内まりやを迎え『納涼夫婦放談』放送
Mon, 17 Aug 2015 15:00:00 +0900
山下達郎 (okmusic UP\'s)

山下達郎のレギュラーラジオ番組『山下達郎のJXグループ サンデー・ソングブック』にて、毎年恒例の『山下達郎・竹内まりや「納涼夫婦放談」』を8月23日(日)と30日(日)の2週に渡って放送する事が明らかになった。

【その他の画像】山下達郎

『山下達郎のJXグループ サンデー・ソングブック』は“エバーグリーンなオールディーズ・ソングから、超絶カルトなレア音源まで"最高の選曲と最高の音質でお届けしている55分プログラム。「音の職人」とも称される山下達郎が、放送時の音質にこだわり、自宅で所有のレコードをラジオに適した音質に調整し直したものを放送している人気長寿番組だ。

前述の通り、8月23日(日)30日(日)はゲストに竹内まりやを迎え、『山下達郎のJXグループ サンデー・ソングブック』でしか聞くことができないレアトークを繰り広げる予定との事。気になる方は是非お聴き逃しのないよう!

【関連リンク】
山下達郎 オフィシャルHP
山下達郎、特設サイトでロングインタビュー公開
山下達郎、特設サイトでシュガー・ベイブ特別企画実施!
山下達郎、音楽活動40周年アニバーサリーイヤーに全国35都市64公演の全国ツアー開催決定

【関連アーティスト】
山下達郎, 竹内まりや
【ジャンル】
J-POP

FLOW、初のワールドツアー最終公演にGRANRODEO、ダイアナガーネットがサプライズ出演
Mon, 17 Aug 2015 14:00:00 +0900
8月15日@日比谷野外大音楽堂 (okmusic UP\'s)

8月15日、FLOWが東京・日比谷野外大音楽堂で初のワールドツアー「FLOW WORLD TOUR 2015 極 -kiwami-」の最終公演を行なった。

【その他の画像】FLOW

5月15日の大阪・BIGCAT公演からはじまったツアーは国内公演を挟みつつ台湾、アメリカ、ペルー、ブラジル、アルゼンチン、チリ、カナダと世界各地をまわってきたFLOW。その記念すべきファイナル公演は日本だ。彼らの帰国を待ち望み野音に詰めかけたファンを前に「AWAKE」で勢いよく登場。序盤から「Re:member」「SUNSHINE60」「NUTS BANG!!!」とこの日の気温以上にボルテージがぐんぐん上がる客席に「常夏エンドレス」でVo. KOHSHIがホースを用いて放水でクールダウン。

そして、MCを挟んでは『FLOW ANIME BEST 極』に収録されたカヴァー曲「ブルーバード」を共に歌ったダイアナガーネットが招き入れられ、力強くも涼やかで伸びやかな声を披露した。

その後、「Sign」「BLACK & WHITE」「ANTHEM」と続いた後には、本ツアーで披露されている楽器隊メンバーによる、インストナンバー「connection」へ。すると会場からはどよめきが湧き、ステージ上にはシークレットゲストとして、2組目、GRANRODEOからギターのe-ZUKAがステージ中央に登場。続く「New World」ではヴォーカルであるKISHOWも加わり、会場内は揺れんばかりの歓声でいっぱいになった。ツアーファイナルということで駆けつけたGRANRODEOからは「おかえり」「ブラジルに呼んでくれたらよかったのに!」と、昨年の楽曲コラボレーションをきっかけに親交を深めた2組の微笑ましいMCも披露され、KISHOWから「まさか今年も(FLOW×GRANRODEO)を引っ張ることになるとは思いませんでした!」という言葉にはすかさずKEIGOが「どうやら好評を博しているとかで…」と続き息もぴったり。そんな中、コラボシングルとして昨年リリースした「7 -seven-」を披露され、観客揃っての大合唱となり、歌声がいたるところで鳴り響いた。

さらに「ライブ・スペクタクルNARUTO」公演イメージソングとなった「光追いかけて」。続く「WORLD END」では入場時に配布され、観客全員が演出の一部となったジェット風船が飛ばされ、夜が落ちた野音の空を、まるで虹がかかったようにカラフルに彩った。

その後もメンバー紹介コーナーを経て「HERO〜希望の歌〜」「Just do it!!!」「COLORS」クライマックスはダンサーPCFの3名を加えた「愛愛愛に撃たれてバイバイバイ」から、間奏で場内端から端までをウエーブで彩った「GO!!!」。息をつく間もない怒涛のセットリストが続いたあと、MCでKOHSHI(Vo)から「初日のライブで、言いました。バンドの長年の夢だった海外でのワンマンに挑んでくるから(ファンに)行かせてほしいと。」と告げられると、その瞬間、彼らの凱旋を迎えてくれた最終公演の客席からは大きな拍手がどこからともなく湧き和やかな雰囲気に。続いて、KEIGO(Vo)が「これがFLOWの変わらぬステージです!」と締め括り、本編最終曲として、海外公演から演奏し続け、日本ではライブ演奏初披露となった12日にリリースされたばかりの「虹の空」を披露した。

アンコールには「World Symphony」「Garden」。なかでも、NHKの国際放送・NHKワールド「J-MELO」の新エンディングテーマとなった「World Symphony」はこの日深夜に予定していた国内放送に先駆けて観客に初披露され、楽曲中盤にはワールドツアーで訪れた各国の国旗を手にした8人の旗持ちが客席に登場。大きくはためかせた各国の旗には現地ファンたちからの寄せ書きが隙間なく書き込まれており、このツアーを経て、改めて音楽が国境を越えていけることを証明してみせた。彼らはこのツアー終了後に制作期間に入り、キャリア10枚目のアルバムを制作予定とのこと。

アンコール楽曲を終えた後も客席の拍手は一向に鳴り止まず、FLOWがふたたび登場。ゲスト出演をしたGRANRODEO、ダイアナガーネットと共にステージに揃いカーテンコールを行ない、8カ国19公演に及んだワールドツアーの幕を閉じた。

photo by コボリマサノリ

■【セットリスト】

1. AWAKE
2. サムライムアフロ2014
3. Re:member
4. SUNSHINE60
5. NUTS BANG!!!
6. 常夏エンドレス
7. ブルーバード
8. Sign
9. BLACK & WHITE
10. ANTHEM
11. connection
12. New World
13. 7 -seven-
14. 光追いかけて
15. WORLD END
16. メンバー紹介
17. HERO〜希望の歌〜
18. Just do it!!!
19. COLORS
20. 愛愛愛に撃たれてバイバイバイ
21. GO!!!
22. 虹の空
EN.1 World Symphony
EN.2 Garden

【関連リンク】
FLOW オフィシャルHP
FLOW、世界150ヵ国とコラボした新曲が『J-MELO』エンディングテーマに決定
FLOW、3度目のブラジル公演で現地ファンからサプライズ
FLOW、ペルーで新曲「虹の空」をライブ初披露

【関連アーティスト】
FLOW, GRANRODEO
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

BACK-ON、ライブの定番曲をコンパイルした配信限定アルバム発売決定
Mon, 17 Aug 2015 13:00:00 +0900
配信アルバム『BACK-ON ライブセレクション2015』 (okmusic UP\'s)

BACK-ONが8月19日(水)より3ヶ月限定の期間限定で、代表曲をコンパイルした配信限定アルバム『BACK-ON ライブセレクション2015』をリリースすることが決定した。

【その他の画像】BACK-ON

BACK-ONは国内はもちろん、アメリカ、ドイツ、カナダ、ヨーロッパ、台湾をはじめ世界中でライブを展開。各国フェスティバルで数千人単位の集客を記録し、今年の「Japan Expo」(パリ,フランス)では会場に入場規制が敷かれるという異常事態まで巻き起こした、世界中のロックファン、アニソンファンから人気上昇中ロックバンド。

アルバム『BACK-ON ライブセレクション2015』はそんな彼らのライブのセットリストから、代表曲をコンパイル。ライブ定番楽曲の「ROCKSTAR ANTHEM」や「Butterfly」から、広く名前を知られるきっかけとなった「ガンダムビルドファイターズ」、「FAIRY TAIL」、「テイルズオブザワールドレディアントマイソロジー」等複数のアニメ/ゲームのテーマ曲まで、世界中のオーディエンスを熱狂させているBACK-ONの「今」を感じられる作品だ。

配信限定アルバム発売についてメンバーのTEEDAは、「今回の配信アルバムは、世界各国でパフォーマンスしてきたLIVEのセットリストをそのまま詰め込んだので、聴いてもらえればLIVEの熱を体感出来るはず!いつもLIVEに来ている皆にも聴いて欲しいし、初めてBACK-ONを聴く人にも今のBACK-ONの『LIVE BEST』として楽しんでもらえるだろうからオススメです! 聴き込んで一緒にLIVEでぶち上がろう!そして大好評だったTOURをまたやります!『BACK-ON TOUR 2015 -Round2-』と称して全国をまわります!BACK-ONは今LIVEを大切にしています。ずっとやってきたことだけど、今こそ『LIVE』の力で何かを届けたり、変えたり、貫いたりしたい」 とコメント。

11月3日を皮切りにBACK-ONのツアーもスタート。気になる方は作品と併せてチェックしよう。

■『BACK-ON ライブセレクション2015』

2015年8月19日(水)より3ヶ月限定で配信
¥1,200(税込)
<収録内容>
01.STRIKE BACK 
※テレビ東京系アニメ『FAIRY TAIL』オープニングテーマ曲
02.ROCKSTAR ANTHEM 
03.INIFINITY
※PS3/PS VITA用ゲームソフト『ガンダムブレイカー』テーマソング 
04.READY SET GO! 
05.セルリアン
※テレビ東京系アニメ『ガンダムビルドファイターズトライ』OP
06.with you feat.Me
※PSPゲーム『テイルズオブザワールドレディアントマイソロジー3』OP 
07.リザクション
※『新劇場版「頭文字D」Legend2-闘走-』主題歌 
08.Chain
※テレビ東京系アニメ『エア・ギア』OP 
09.RELOAD 
10.Butterfly
※テレビ朝日土曜ミッドナイトドラマ『新宿スワン』主題歌 
11.ニブンノイチ
※テレビ東京系アニメ『ガンダムビルドファイターズ』OP 
12.Departure
※2014日本工学院CMソング
全12曲収録

■『BACK-ON TOUR 2015-Round2-』

11月03日(火・祝) 柏DOMe
11月10日(火) 福岡Queblick
11月13日(金) 京都MUSE
11月17日(火) 仙台MACANA
11月28日(土) 横浜Lizard
12月06日(日) the five morioka
12月08日(火) 札幌COLONY
12月11日(金) 名古屋ell.SIZE
12月13日(日) 梅田Zeela
12月19日(土) 吉祥寺SHUFFLE ※ワンマン

【関連リンク】
BACK-ON オフィシャルHP
藍井エイル“イナズマロックフェス”メインステージに初参戦
BACK-ON、パリ開催『JAPAN EXPO』で4,000人の観客を魅了
アニサマ2015に野水いおり、BACK-ON、藍井エイル、蒼井翔太、Kalafina、てさプルん♪が出演

【関連アーティスト】
BACK-ON
【ジャンル】
ジャパニーズロック

amazarashi、初の全編3Dライブで新曲を初披露
Mon, 17 Aug 2015 12:00:00 +0900
8月16日@豊洲PIT (okmusic UP\'s)

amazarashiが8月16日、豊洲PITにて初の3Dライブ「amazarashi 5th anniversary live 3D edition」を開催した。

【その他の画像】amazarashi

ステージの前面を覆う紗幕にタイポグラフィーやアニメーションを駆使した映像を投影し、音楽、映像、光を融合させたステージを繰り広げていくamazarashi独自のライブ演出に3D映像を取り入れた本公演では、来場時に配布された3Dメガネを着用した3100人のファンがサウンドにリンクした立体映像を体感した。

全編ほぼ3D映像とライブで構成されたこの公演では、8月19日にリリースされる「スピードと摩擦」「名前」などの楽曲も3Dで初披露された。会場中を駆け巡るタイポグラフィー、アニメーション映像に手を伸ばしながらも演奏に陶酔する観客のある種異常な光景の会場に、秋田ひろむの力強い歌声が1時間半響き渡り、終演後の鳴り止まない拍手の中ステージは終了した。

「スピードと摩擦」は江戸川乱歩 没後50年となる今年度にフジテレビ “ノイタミナ"で7月より放送されている『乱歩奇譚 Game of Laplace』のオープニングテーマとなっており、 8月19日にリリースされるシングルは初回盤、通常盤、アニメ盤の三形態でリリースされる。初回盤にはCDの他、5月12日(火)にニコニコ生放送で中継された、『あまざらし 千分の一夜物語 スターライト』発売記念 SPライブ」の映像を収録したDVDが付属する。また、期間生産限定盤にはTVアニメ「乱歩奇譚 Game of Laplace」のOPムービーのノンテロップバージョンのダウンロードコードが封入される。

■シングル「スピードと摩擦」特設ページ
http://www.amazarashi.com/speedtomasatsu/

【関連リンク】
amazarashi オフィシャルHP
amazarashi、学校のトイレを舞台にした新曲「スピードと摩擦」のMVを公開
amazarashi、2ndシングル「スピードと摩擦」の48時間限定フル試聴がスタート
amazarashi、話題の2ndシングル「スピードと摩擦」ジャケ写&詳細解禁

【関連アーティスト】
amazarashi
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

聖飢魔II、「RISING SUN ROCK FESTIVAL」で1万人を前に復活!
Mon, 17 Aug 2015 12:00:00 +0900
8月15日@「RISING SUN ROCK FESTIVAL」 (okmusic UP\'s)

聖飢魔IIが8月15日北海道で行われたフェス「RISING SUN ROCK FESTIVAL」で、地球デビュー30周年期間限定再集結を発表後、初めて姿を現した!

【その他の画像】聖飢魔II

会場のEARTHTENTに4,000人が押し寄せ、早々と入場規制が敷かれる中、入りきれなかった観衆なんと1万人が会場の外から聖飢魔II復活に熱狂した。

聖飢魔IIのミサを映像の中でしか見たことがないというファンで会場は埋め尽くされ、聖飢魔IIの登場が待ちきれない信者から手拍子が湧きあがる。ライデン湯澤殿下(Dr.)とゼノン石川和尚(B.)の奏でる最強のリズムに、ルーク篁参謀(Gu.)とジェイル大橋代官(Gu.)2大ギターヒーローのサウンドが乗り、そして遂に、黒装束により運び込まれた棺桶からデーモン閣下が登場。心待ちにしていた1万人のオーディエンスからは地鳴りのような歓声が沸き起り会場の中も外も一体化した感動的な復活の瞬間であった。

全8曲を披露し、その恐るべき演奏力と圧倒的歌唱力でオーディエンスを恐怖のどん底に叩き落として行った聖飢魔IIはこの後8月26日(水)に極悪集大成盤『XXX ?THE ULTIMATE WORST-』(ベスト盤の様なもの)発布(発売)し、更に9月17日(木)から悪魔の大黒ミサツアー「全席死刑ツアー」がスタートする。

photo by 釘野孝宏

【関連リンク】
聖飢魔II オフィシャルHP
聖飢魔IIが地球デビュー30周年を記念して期間限定再集結!
聖飢魔IIが魔界から再降臨、復興支援ミサでNOKKO、氣志團、cali≠gariと共演
イベント『COMMUNE』、DEZERT、摩天楼オペラ、NOCTURNAL BLOODLUSTのコメント動画到着

【関連アーティスト】
聖飢魔II
【ジャンル】
ジャパニーズロック, フェス

BABYMETAL、サマソニでオーディエンスを魅了
Mon, 17 Aug 2015 11:00:00 +0900
「SUMMER SONIC 2015」 (okmusic UP\'s)

BABYMETALが8月15日に千葉・幕張メッセ、16日には大阪・舞洲サマーソニック大阪特設会場で行われた「SUMMER SONIC 2015」に出演した。

【その他の画像】BABYMETAL

今年で4回目の出演となる東京公演では、マリリン・マンソンやオール・タイム・ロウ、マーモゼッツらがラインナップされているマウンテンステージに登場したBABYMETAL。スタート前から続々と会場に観客が集まり、「BABYMETAL DEATH」「メギツネ」「ド・キ・ドキ☆モーニング」、「あわだまフィーバー」と立て続けに披露すると、会場は入場規制がかかるほどの超満員に。英語と日本語を交えて積極的に観客を煽るメンバーに観客が大歓声で応える、その会場の一体感は世界各地で着実に力を付けてきたBABYMETALの力強さを実感させるものであった。

2日目となる大阪公演も昨年に続きマウンテン・ステージに登場。約1年ぶりとなる大阪でのライブということもあり、砂埃も舞う中、熱狂的な盛り上がりを見せるオーディエンスに応えて、伸びやかな歌声とキレのあるダンスで会場を魅了した。 

BABYMETALは現在、2度目のワールドツアー中。今月26日ドイツ・フランクフルト、27日ドイツ・ベルリンでのワンマンライブの後、29日・30日にはイギリス「レディング・アンド・リーズ フェスティバル」のメインステージへの出演を控えている。その後9月から「BABYMETAL WORLD TOUR 2015 in JAPAN」が決定しており、大阪・札幌・福岡・名古屋・東京の5都市8公演を行い、12月12日(土)・13日(日)には横浜アリーナでワールドツアーのファイナル公演を迎える。

また、ゼップツアー初日となる9月16日(水)から、初めての全国5大都市ツアーの開催を記念して全国のTSUTAYA限定でBABYMETALの代表曲8曲を3会場4作品のライブ映像から厳選して収録したライブDVDとシングル曲をコンプリートしたCDの2枚組み作品集のレンタルが開始となる。

■アルバム『INTRODUCING BABYMETAL』

2015年9月16日(水)レンタル開始
PPTF-8088
※CD+DVD(2枚組)
<収録内容>
■CD 
1.メギツネ
2.ギミチョコ!!
3.いいね!
4.ド・キ・ド・キ☆モーニング
5.ヘドバンギャー!!
6.イジメ、ダメ、ゼッタイ
■DVD 
・2014/3/1 日本武道館
【赤い夜 LEGEND“巨大コルセット祭り" 〜天下一メタル武道会ファイナル〜】
1.メギツネ
2.紅月-アカツキ-
・2014/3/2 日本武道館
【黒い夜 LEGEND“DOOMSDAY" 〜召喚の儀〜】
3.4の歌
4.ヘドバンギャー!!
・2014/7/7 The Forum (LONDON)
【BABYMETAL WORLD TOUR 2014】
5.BABYMETAL DEATH
6.ド・キ・ド・キ☆モーニング
・2014/11/8 O2 Academy Brixton (LONDON)
【BABYMETAL BACK TO THE USA/UK TOUR 2014】
7.ギミチョコ!!
8.イジメ、ダメ、ゼッタイ

■【ライブ情報】

「BABYMETAL WORLD TOUR 2015 in JAPAN」
9月16日(水) 大阪府 Zepp Namba(OSAKA)
9月17日(木) 大阪府 Zepp Namba(OSAKA)
9月21日(月祝) 北海道 Zepp Sapporo
10月02日(金) 福岡県 Zepp Fukuoka
10月07日(水) 愛知県 Zepp Nagoya
10月08日(木) 愛知県 Zepp Nagoya
10月15日(木) 東京都 Zepp DiverCity(TOKYO)
10月16日(金) 東京都 Zepp DiverCity(TOKYO)
12月12日(土) 神奈川県 横浜アリーナ
12月13日(日) 神奈川県 横浜アリーナ

「BABYMETAL WORLD TOUR 2015」
8月26日(水) ドイツ・フランクフルト(Batschkapp)
8月27日(木) ドイツ・ベルリン(Huxleys)
8月29日(土) イギリス[READING AND LEEDS FESTIVALS 2015]*フェス出演
8月30日(日) イギリス[READING AND LEEDS FESTIVALS 2015]*フェス出演

【関連リンク】
BABYMETAL オフィシャルHP
BABYMETAL、英・METAL HAMMERの日本人初の表紙に!
BABYMETAL、ワールドツアー日本公演大熱狂!初の全国ツアー&横アリ2デイズ決定!
BABYMETAL、「METAL HAMMER」主催アワードにてドラゴンフォースとコラボ

【関連アーティスト】
BABYMETAL
【ジャンル】
女性アイドル, メタル, フェス

家入レオが月9ドラマ「恋仲」撮影現場をサプライズ表敬訪問
Mon, 17 Aug 2015 10:00:00 +0900
ドラマ「恋仲」撮影現場へサプライズで表敬訪問 (okmusic UP\'s)

家入レオが8月19日に発売するニューシングル「君がくれた夏」が主題歌となっている、現在絶賛放送中のフジテレビ系月9ドラマ「恋仲」の撮影現場へサプライズで表敬訪問を行った。

【その他の画像】家入レオ

ドラマ「恋仲」は福士蒼汰が主演を演じる王道の純愛ラブストーリーで、7月20日の初回放送以来、10代を中心に人気沸騰中、放送回を重ねるごとにSNSを中心に「恋仲」現象ともいえる話題を独占している今夏人気のドラマ。

この日、主人公・葵の自宅での撮影シーンにのぞむ福士蒼汰、太賀、大原櫻子、市川由衣および撮影スタッフには、完全シークレットで行われた今回の表敬訪問。キャスト、撮影スタッフは何も知らされない中、撮影の合間となったタイミングで主人公・葵の部屋に組まれた撮影セットのバスルームから、ギターを持った家入がサプライズで突然登場。先日の「FNSうたの夏まつり」でドラマ主題歌「君がくれた夏」を歌唱初共演した大原櫻子が、「なんで〜!どうして!!」との声にはじまり、収録現場が驚きに包まれるなか、家入が「撮影お疲れ様です!今日も撮影がうまくいきますように、主題歌の「君がくれた夏」を歌わせてもらいに来ました!」と挨拶をして、早速「君がくれた夏」のサビを弾き語りで生歌唱、歌い終えた家入に撮影現場からは拍手と歓声が沸きあがった。

サプライズ歌唱となった今回の表敬訪問に家入は「すごい緊張しました。ドラマの現場に行かせていただいたことは今までもあったんですけど歌うってことがなかなかないことだったんで。それも今日のようなセットの中でドラマの一視聴者として参加させていただいて緊張とともにとても感激しました。生放送で歌うより緊張したかも!!』とコメント。また、撮影現場となった葵の部屋のセットには「思ったより普通の家のサイズ(のセット)で撮影されていて、ここでいろんなドラマが繰り広げられていると思うと、とても感激しました」と、自身も熱心な「恋仲」視聴者の一人として感想を語った。無事サプライズ歌唱を終え、自身のCDやレオうちわを主演の福士蒼汰はじめ、太賀、大原櫻子、市川由衣のキャスト陣に手渡しした家入。同世代ならではの和やかなムードでの記念撮影をもってこの日の表敬訪問は終了した。

今回のドラマ主題歌について、福士蒼汰は「ドラマにすごくぴったりの曲だと思いました。一回聴くとすぐに口ずさんでしまう、そんな耳に残る、記憶に残る曲だと思います」とコメント。ドラマの初回放送に先駆けて公開された「君がくれた夏」のミュージックビデオはすでに300万回以上の再生回数を記録し、ドラマとともに大きな盛り上がりを見せている。

また、家入はCD発売日となる8月19日(水)に、「お台場夢大陸 めざましライブ」への出演、ライブ後には特典お渡し会を開催する。続く8月22日(土)は「情熱大陸SPECIAL LIVE SUMMER TIME BONANZA\'15」の東京公演、翌23(日)にはエアポートウォーク名古屋(愛知)、あべのキューズモール(大阪)にて、ミニライブ&特典お渡し会となるリリース記念イベントを開催。また、8月21(金)にはテレビ朝日系「ミュージックステーション」、翌22日(土)にはフジテレビ系「MUSIC FAIR」と、ほか続々とTV出演も予定している。詳細はオフィシャルサイトでチェックしよう。

■夏イベント・フェス 情報

「お台場夢大陸 めざましライブ」
8月19日(水) お台場夢大陸オマツリランド内 SUMMER GATE スタジアム
開場:15:00 開演:15:30

「情熱大陸SPECIAL LIVE SUMMER TIME BONANZA\'15」 東京公演
8月22日(土) 東京・夢の島公園陸上競技場 
開場:11:00 開演:12:30

「FREEDOM aozora 2015 九州」
9月05日(土) みやざき臨海公園 サンマリーナ宮崎 多目的広場 
開場:10:00 開演:12:00

「World Heritage Munakata 2015」
9月12日(土) 福岡・神湊海水浴場(釣川河口左岸) 特設野外ステージ
開場:11:00 開演:12:30

「ビクターロック祭り 番外編 IchigoIchie Join 2 家入レオ × 大原櫻子」 
10月13日(火) 東京・Zepp Tokyo
開場:18:00 開演:19:00
出演:家入レオ / 大原櫻子

【学園祭】
「獨協医科大学学園祭」
10月11日(日) 栃木・獨協医科大学体育館 
開場:16:30 開演:17:00

【関連リンク】
家入レオ オフィシャルHP
家入レオ×大原櫻子の『恋仲』コンビが初のカップリングライブを発表
家入レオ、4年連続での『ROCK IN JAPAN FES』ステージ出演
家入レオ、初の「情熱大陸SPECIAL LIVE」で熱いパフォーマンスを披露

【関連アーティスト】
家入レオ
【ジャンル】
J-POP, テレビ(番組/CM)

DearLoving 東名阪3Daysイベントを発表
Mon, 17 Aug 2015 01:47:40 +0900
DearLoving (okmusic UP\'s)

9月16日に再デビューを果たすDearLovingがイベント概要を発表した。
イベントタイトルは「Loving Dearのしべらない3マン」。共演アーティストは、†яi¢к/UCHUSENTAI:NOIZ/櫻井有紀/そよかぜ/THE Benjamin/KING/Brand New Vibeを第一段アーティストとして発表した。

【その他の画像】Dear Loving

「Positive Toy Box」を引っ提げての3マンツアーは必見。
10月には、東京FNMホールで、盲導犬育成チャリティーライブ(入場無料)、12月5日には、結成23年を記念した公演も行われる。

■東名阪3マン3Daysイベント「Loving Dearのすべらない3マン」

10月2日(金)恵比寿CLUB aim
出演:Dear Loving/櫻井有紀/近日発表
10月3日(土)恵比寿CLUB aim
出演:Dear Loving/†яi¢k/UCHUSENTAI:NOIZ
10月4日(日)恵比寿CLUB aim
出演:Dear Loving/THE Benjamin/KING
10月9日(金)名古屋ハートランド
出演:Dear Loving/そよかぜ/近日発表
10月10日(土)名古屋ハートランド
出演:Dear Loving/THE Benjamin/近日発表
10月11日(日)名古屋ハートランド
出演:Dear Loving/†яi¢k/近日発表
10月20日(火)大阪RUIDO
出演:Dear Loving/Brand New Vibe/KING
10月21日(水)大阪RUIDO
出演:Dear Loving/THE Benjamin/櫻井有紀
10月22日(木)大阪RUIDO
出演:Dear Loving/†яi¢k/UCHUSENTAI:NOIZ

■『Positive Toy Box』全曲トレーラー
https://www.youtube.com/watch?v=-ndb0f_iisQ

■ミニアルバム『Positive Toy Box』

2015年9月16日発売
¥3,000+税
※CD+DVD
<収録曲>
■CD
1.Positive Toy Box
2.七音スマイル
3.サムライソウル
4.伝えたいことがまだあるのに
5.メチャバリ
6.エール
7.僕が思うエンターテイメント
■DVD
1.エールPV
2.エール裏Ver
3.PVメイキング映像
4.エールMASAアングル
5.エールYUKIアングル
6.エールKUROアングル

【関連アーティスト】
Dear Loving
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル

ゆず、15年ぶり横浜スタジアム“弾き語り"公演開催で6万人熱狂
Mon, 17 Aug 2015 00:00:00 +0900
『ゆず  弾き語りライブ  2015  二人参客  in  横浜スタジアム』 (okmusic UP\'s)

ゆずが8月15日(土)と16日(日)の2日間、神奈川・横浜スタジアムにて『ゆず 弾き語りライブ 2015 二人参客 in 横浜スタジアム』を開催した。

【その他の画像】ゆず

同所での単独有料公演は、2000年の『夏の野球場ツアー 2000 満員音(楽)礼〜熱闘! Bomb 踊り〜』以来、およそ15年ぶり。今回のライブは“弾き語りライブ"と銘打ち、一部を除く演奏楽曲をすべて2人のみの弾き語りスタイルで敢行。また1日目を「緑の日」、2日目を「黄色の日」と命名し、2日間で約6万人を動員。それぞれのカラーT シャツを着たファンが集まり、会場一体が緑・黄色に染まった。

360度囲まれるように設置されたセンターステージと2人が登場する花道前に立たれた巨大アーチは、フラワーアーティスト・東信氏による、200種類以上の植物を用いた巨大な植物彫刻<グリーンステージ>。作り物ではない鮮やかな葉っぱや水辺のシダやコケ、生命の鼓動を感じる“緑の世界"がスタジアムの中央に出現した。

ライブ本編では代表曲「夏色」「栄光の架橋」「雨のち晴レルヤ」を始め、路上時代に演奏されていた未発表曲「公園」「流れ者」、最新シングル「終わらない歌」を総勢114名の関東学院マーチングバンドとともにライブ初披露。また、クリエイター集団<渋家(シブハウス)>とのコラボレーションで、ゆずのライブ定番曲をオリジナルアレンジし会場を沸かせた<柚渋メドレー>など、新旧のヒット曲を披露した。

なお、この2日間のライブ音源を収めた LIVE ALBUM『二人参客 2015.8.15〜緑の日〜』『二人参客 2015.8.16〜黄色の日〜』が9月9日(水)に発売。 ライブに行けなかった方はチェックしよう。
?
【セットリスト】
■8月15日(土)
M-0 マーチングバンド ファンファーレ〜夏色
M-1 栄光の架橋
M-2 贈る詩
M-3 なにもない
M-4 〜風まかせ〜
M-5 公園(未発表曲)
M-6 月曜日の週末
M-7 サヨナラバス
M-8 嗚呼、青春の日々
M-9 雨のち晴レルヤ
M-10 柚渋メドレー
岡村ムラムラブギウギ / する〜 / イロトリドリ / LOVE & PEACH / いちご / 向日葵ガ咲ク
時 / ワンダフルワールド
M-11 シシカバブー
M-12 虹
M-13 夏色
M-14 二人三脚
??本編終了
En-0 マーチングバンド ファンファーレ〜夏色
En-1 終わらない歌
En-2 少年
En-3 Hey 和

■8月16日(日)
M-0 マーチングバンド ファンファーレ〜夏色
M-1 センチメンタル
M-2 ところで
M-3 心の音
M-4 ねこじゃらし
M-5 流れ者(未発表曲)
M-6 もうすぐ 30 才
M-7 連呼
M-8 ジャニス
M-9 友達の唄
M-10 柚渋メドレー
岡村ムラムラブギウギ / する〜 / イロトリドリ / LOVE & PEACH / いちご / 向日葵ガ咲ク
時 / ワンダフルワールド
M-11 シシカバブー
M-12 虹
M-13 夏色
M-14 二人三脚
??本編終了
En-0 マーチングバンド ファンファーレ〜夏色
En-1 終わらない歌
En-2 少年
En-3 栄光の架橋

■アルバム『二人参客 2015.8.15〜緑の日〜』

2015年9月9日(水)発売
SNCC-86927/¥2,315+税
※完全生産限定盤

■アルバム 『二人参客 2015.8.16〜黄色の日〜』

2015年9月9日(水)発売
SNCC-86928/¥2,315+税
※完全生産限定盤

【関連リンク】
ゆず オフィシャルHP
ゆず、14年ぶりとなる弾き語りライヴCD発売決定
本日8月7日のMステ、注目は加山雄三率いるTHE King ALL STARS、EXILEメドレー
ゆず、新曲「終わらない歌」のMVでからくり人形に!?

【関連アーティスト】
ゆず
【ジャンル】
J-POP, ライブ













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1