歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2015年08月12日)
バックナンバー
最新ニュース
2015/08/21
2015/08/20
2015/08/19
2015/08/18
2015/08/17
2015/08/16
2015/08/15
2015/08/14
2015/08/13
2015/08/12
2015/08/11
2015/08/10
2015/08/09
2015/08/08
2015/08/07
2015/08/06
2015/08/05
2015/08/04
2015/08/03
2015/08/02
2015/08/01
2015/07/31
2015/07/30
2015/07/29
2015/07/28
2015/07/27
2015/07/26
2015/07/25
2015/07/24
2015/07/23
2015/07/22
2015/07/21
2015/07/20
2015/07/19
2015/07/18
2015/07/17
2015/07/16
2015/07/15
2015/07/14
2015/07/13
2015/07/12
2015/07/11
2015/07/10
2015/07/09
2015/07/08
2015/07/07
2015/07/06
2015/07/05
2015/07/04
2015/07/03
2015/07/02
2015/07/01
2015/06/30
2015/06/29
2015/06/28
2015/06/27
2015/06/26
2015/06/25
2015/06/24
2015/06/23
2015/06/22
2015/06/21
2015/06/20
2015/06/19
2015/06/18
2015/06/17
2015/06/16
2015/06/15
2015/06/14
2015/06/13
2015/06/12
2015/06/11
2015/06/10
2015/06/09
2015/06/08
2015/06/07
2015/06/06
2015/06/05
2015/06/04
2015/06/03
2015/06/02
2015/06/01
2015/05/31
2015/05/30
2015/05/29
2015/05/28
2015/05/27
2015/05/26
2015/05/25
2015/05/24
2015/05/23
2015/05/22
2015/05/21
2015/05/20
2015/05/19
2015/05/18
2015/05/17
2015/05/16
2015/05/15
2015/05/14
2015/05/13
2015/05/12
2015/05/11
2015/05/10
2015/05/09
2015/05/08
2015/05/07
2015/05/06
2015/05/05
2015/05/04
2015/05/03
2015/05/02
2015/05/01
2015/04/30
2015/04/29
2015/04/28
2015/04/27
2015/04/26
2015/04/25
2015/04/24
2015/04/23
2015/04/22
2015/04/21
2015/04/20
2015/04/19
2015/04/18
2015/04/17
2015/04/16
2015/04/15
2015/04/14
2015/04/13
2015/04/12
2015/04/11
2015/04/10
2015/04/09
2015/04/08
2015/04/07
2015/04/06
2015/04/05
2015/04/04
2015/04/03
2015/04/02
2015/04/01
2015/03/31
2015/03/30
2015/03/29
2015/03/28
2015/03/27
2015/03/26
2015/03/25
2015/03/24
2015/03/23
2015/03/22
2015/03/21
2015/03/20
2015/03/19
2015/03/18
2015/03/17
2015/03/16
2015/03/15
2015/03/14
2015/03/13
2015/03/12
2015/03/11
2015/03/10
2015/03/09
2015/03/08
2015/03/07
2015/03/06
2015/03/05
2015/03/04
2015/03/03
2015/03/02
2015/03/01
2015/02/28
2015/02/27
2015/02/26
2015/02/25
2015/02/24
2015/02/23
2015/02/22
2015/02/21
2015/02/20
2015/02/19
2015/02/18
2015/02/17
2015/02/16
2015/02/15
2015/02/14
2015/02/13
2015/02/12
2015/02/11
2015/02/10
2015/02/09
2015/02/08
2015/02/07
2015/02/06
2015/02/05
2015/02/04
2015/02/03
2015/02/02
2015/02/01
2015/01/31
2015/01/30
2015/01/29
2015/01/28
2015/01/27
2015/01/26
2015/01/25
2015/01/24
2015/01/23
2015/01/22
2015/01/21
2015/01/20
2015/01/19
2015/01/18
2015/01/17
2015/01/16
2015/01/15
2015/01/14
2015/01/13
2015/01/12
2015/01/11
2015/01/10
2015/01/09
2015/01/08
2015/01/07
2015/01/06
2015/01/05
2015/01/04
2015/01/03
2015/01/02
2015/01/01
2014/12/31
2014/12/30
2014/12/29
2014/12/28
2014/12/27
2014/12/26
2014/12/25
2014/12/24
2014/12/23
2014/12/22
2014/12/21
2014/12/20
2014/12/19
2014/12/18
2014/12/17
2014/12/16
2014/12/15
2014/12/14
2014/12/13
2014/12/12
2014/12/11
2014/12/10
2014/12/09
2014/12/08
2014/12/07
2014/12/06
2014/12/05
2014/12/04
2014/12/03
2014/12/02
2014/12/01
2014/11/30
2014/11/29
2014/11/28
2014/11/27
2014/11/26
2014/11/25
2014/11/24
2014/11/23
2014/11/22
2014/11/21
2014/11/20
2014/11/19
2014/11/18
2014/11/17
2014/11/16
2014/11/15
2014/11/14
2014/11/13
2014/11/12
2014/11/11
2014/11/10
2014/11/09
2014/11/08
2014/11/07
2014/11/06
2014/11/05
2014/11/04
2014/11/03
2014/11/02
2014/11/01
2014/10/31
2014/10/30
2014/10/29
2014/10/28
2014/10/27
2014/10/26
2014/10/25
2014/10/24
2014/10/23
2014/10/22
2014/10/21
2014/10/20
2014/10/19
2014/10/18
2014/10/17
2014/10/16
2014/10/15
2014/10/14
2014/10/13
2014/10/12
2014/10/11
2014/10/10
2014/10/09
2014/10/08
2014/10/07
2014/10/06
2014/10/05
2014/10/04
2014/10/03
2014/10/02
2014/10/01
2014/09/30
2014/09/29
2014/09/28
2014/09/27
2014/09/26
2014/09/25
2014/09/24
2014/09/23
2014/09/22
2014/09/21
2014/09/20
2014/09/19
2014/09/18
2014/09/17
2014/09/16
2014/09/15
2014/09/14
2014/09/13
2014/09/12
2014/09/11
2014/09/10
2014/09/09
2014/09/08
2014/09/07
2014/09/06
2014/09/05
2014/09/04
2014/09/03
2014/09/02
2014/09/01
2014/08/31
2014/08/30
2014/08/29
2014/08/28
2014/08/27
2014/08/26
2014/08/25
2014/08/24
2014/08/23
2014/08/22
2014/08/21
2014/08/20
“あに☆ぱら 名古屋”にイヤホンズの出演が決定
Wed, 12 Aug 2015 21:32:50 +0900
“あに☆ぱら 名古屋”に出演が決定した“イヤホンズ” (okmusic UP\'s)

2015年9月20日(日)愛知 日本特殊陶業市民会館 ビレッジホールにて開催される“あに☆ぱら 〜anime paradise〜 2015 in 名古屋”に、第二弾出演アーティストとして“イヤホンズ”の出演が決定した。


【その他の画像】“あに☆ぱら 名古屋”に出演するi☆Ris、 飯田里穂、DANCING YUKARIの写真

“1st paradise”と“2nd paradise”の昼夜2回公演が行われる同イベントは、2014年の“a-nation”にて開催された“あに☆ぱら 〜anime paradise〜”の名古屋版。既に発表されていたi☆Ris、 飯田里穂、 EMERGENCY feat. TEAM DANCING【DANCING YUKARI / DANCING まーしー / DANCING たくや】を合わせ、4組の出演が現在発表されている。更なる追加出演アーティストについては、続報を待とう。

なお、チケットのオフィシャルHP2次先行受付が、2015年8月17日(月)23:59まで実施される。イベントの詳細についてはコチラ(http://animeparadise.jp/)を参照されたい。

【関連リンク】
“あに☆ぱら 名古屋”にi☆Ris、飯田里穂、EMERGENCY feat. TEAM DANCINGが出演
釘宮理恵が歌う「それが声優!」劇中劇主題歌「この世はスパイラル!」の試聴公開
堀江由衣が歌う「それが声優!」劇中劇主題歌の試聴公開、佐々木政勝によるAice5キャラデザなども発表に
堀江由衣ら5人組ユニットAice5、復活ライブはイヤホンズとの2マンライブに

【関連アーティスト】
i☆Ris, EMERGENCY, 飯田里穂, イヤホンズ
【ジャンル】
女性アイドル, アニメ, ライブ, 声優

LM.C、通算10回目の渋谷公会堂ワンマンが大盛況で終了
Wed, 12 Aug 2015 21:00:00 +0900
8月8日@渋谷公会堂 (okmusic UP\'s)

LM.Cが彼らの代表曲「88」に因んで、8月8日に「★☆★☆Good-bye渋公!! 88ナイト☆★☆★『Over The Fantasy, Under The Rainbow.』」と題したスペシャル単独公演を渋谷公会堂で行った。

【その他の画像】LM.C

建て替えに伴って10月に一時、閉館することが決まっている渋谷公会堂は、LM.Cにとって2006年のデビュー以来、通算10回(C.C.Lemomホール名義を含む)もワンマンライヴを行っている思い出深い会場だ。

幾つものストーリーを紡いできた渋公とのしばしの別れを惜しむように演奏されたのは全24曲。連作としてリリースされた2枚のミニアルバム『PERFECT FANTASY』と『PERFECT RAINBOW』の楽曲を中心に9年のLM.Cヒストリーを彩ってきたヒット曲や、名曲が惜しみなく披露された。

幕開けの曲はLM.Cファンタジーロックのど真ん中の「星の在処-ホシノアリカ-」。のっけから渋谷公会堂にシンガロングが響き渡った。アグレッシブなナンバー「METALLY」ではLM.Cの数々のライヴを盛り上げてきた愉快なパフォーマー、DENKI-MANが登場し、星空のように青いサイリウムが揺れる中、「次の曲は今日、この日のために生まれてきたと思う」とmayaが話して歌ったのは大ヒット曲「88」。切なくも希望に満ちた星を繋ぐ物語が奏でられると場内の空気は完全にひとつになった。

中盤では「2ヶ月ぐらい前から寝られないぐらい今日を楽しみにしていました」とmayaが過去の渋谷公会堂での思い出を振り返り、「(ステージで)踊りたい人いますか?」と呼びかけると想像を超えるオーディエンスの手が挙がり、ステージ上にのぼる人数の多さにmayaとAijiが途中でストップをかけるほど。ギャラクシーなダンスナンバー「SUPER DUPER GARAXY」では小学生から大人まで総勢50人以上とLM.Cが共演する恒例の光景が繰り広げられた。しかも、この参加型パーティに混ざって一緒に踊っていたのがMUCCのYUKKE(!)というサプライズが、さらにみんなのテンションを上げたのだった。

永遠はないということに触れて、「最近、ライヴってそういう儚さのぶつけあいで、でも、それでも笑ってようぜっていう確認の場所なのかなって。次の曲、行きたくないんですけど」とmayaが本音を漏らすと客席からは大歓声が――。Aijiの太く痛快なギターカッティングとmayaの情緒とエッジを兼ね備えたヴォーカルが溶け合う『PERFECT RAINBOW』収録曲「JUST LIKE THIS!!」からライヴは後半戦へ。おなじみのウサギの耳のバルーンも登場し、8の字の紙吹雪が降り注いだLM.C始まりの曲「★Rock the LM.C★」で大団円と思いきや、ラストナンバーは走り出したばかりのLM.Cが未来に描いた夢を歌った「PUNKY?HEART」。バックドロップには“ありがとう渋公 2015年8月8日"の文字とファンが書きこんだたくさんのメッセージとイラストが描かれた垂れ幕が飾られた。

現在の渋谷公会堂でLM.Cがライヴを行うのはこの日が最後だが、集まった多くの人たちの心に虹をかけ、星を照らしてきた数々のライヴは永遠に残る。

また、昨年リリースされたアルバム『PERFECT FANTASY』、『PERFECT RAINBOW』の2作品の集大成として、9月5日から全国19公演のツアー『Over The Fantasy, Under The Rainbow.』を開催。ツアー開催を記念して、この2作品を1枚にまとめて曲順も新たに構築し直したアルバム『Over The Fantasy, Under The Rainbow.』を9月5日からツアー会場とオンラインショップ限定で発売することが決定した。アートワークも新たに構築し直した集大成的アルバムとなっているので、ぜひツアーに足を運んでこのアルバムもチェックしてみよう。

■【セットリスト】

SE No.9
1. 星の在処。-ホシノアリカ-
2. OH MY JULIET.
3. DOUBLE DRAGON
4. Amnizia
5. 禁じられた宇宙。
6. My Favorite Monster
7. We are LM.C!!〜The Anthem of Strong Pop〜
8. Z-MAN
9. Z-MAN
10. METALLY
11. MOGURA
12. 88
13. DREAMscape
14. 僕らの未来。
15. SUPER DUPER GARAXY
16. BABY TALK
17. DIVE TO FANTASY
18. Brand New Rainbow
19. JUST LIKE THIS!!
20. The LOVE SONG
21. CRAZY A GO GO
22. LET ME\' CRAZY!!
23We are LM.C!!〜The Anthem of Strong Pop〜
24. Chameleon Dance
25.★Rock the LM.C★
26. PUNKY?HEATRT

■アルバム『Over The Fantasy, Under The Rainbow. 』

2015年9月15日発売
CJVZC-2/¥3,704+税
※CD+スペシャルブックレット
<収録曲>
1. Neo Fantasia
2. DOUBLE DRAGON
3. MOGURA
4. Chameleon Dance
5. Amnizia
6. My Favorite Monster
7. 禁じられた宇宙。
8. LADY TALK
9. VantaBLACK
10. DREAMscape
11. Minor Leaguer\'s Song
12. mono-logue
13. キミヨサラバ
14. Brand New Rainbow
15. DIVE TO FANTASY
16. JUST LIKE THIS!!

【関連リンク】
LM.C オフィシャルHP
LM.C、8月8日に渋谷公会堂にて単独公演&全国19公演のツアー決定
sukekiyo、自身初となる対バンツアー開催決定
LM.C、イメージ一新!? ダークでストイックなアルバムトレーラー映像公開

【関連アーティスト】
LM.C
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル, ライブ

MAY\'S、約1年半ぶりのニューアルバム『Traveling』を9月2日にリリース
Wed, 12 Aug 2015 20:30:00 +0900
MAY\'S (okmusic UP\'s)

ボーカルの片桐舞子とトラックメーカーの河井純一によるユニットMAY\'Sが、ニューアルバム『Traveling』を9月2日にリリースすることを発表した。

【その他の画像】MAY\'S

MAY\'Sは過去にウエディングソングの名曲「I WISH」や「I LOVE YOUが言えなくて」「ONE LOVE 〜100万回のKISSでアイシテル〜」など、配信やシングルで数々のスマッシュヒットを産み出してきた。そんな彼らがCROWN VenuSへと移籍し、約1年半振りとなるオリジナルアルバムをリリースする。

インディーズデビュー時よりアルバムタイトルに「〜ing」を貫いてきたMAY\'Sだが、6枚目のアルバムタイトルは『Traveling』。1曲目の「Traveling」から始まる今作は、まるでMAY\'Sの二人と旅をしているかのようなアルバム構成となっており、今まで以上に J-POP 色を強く打ち出した作品となっている。自由に表現の幅を広げた遊び心も満載のいかにもMAY\'Sらしい楽曲が存分に詰め込まれている。

胸が詰まるような深みを増したラブソングの数々、心踊るポップナンバーに加え、角松敏生との夢のコラボレーション、3マンツアーで制作、初披露したSOFFet・KEN THE 390との共作「JOURNEY」、サンリオピューロランド人気キャラクターダニエル率いるダンスユニットone\'s wishes-Dとのコラボ楽曲など、MAY\'Sワールド満載なコラボレーションも様々楽しめる作品となっている。

さらに、TYPE-A(CD+DVD)にはMAY\'Sの初監督作品となるMusic Clip3曲を含む、計5曲ものMusic Clipが収録されるという。

すでにレコチョクにてアルバムのリードソング「君のすべてを忘れない」の配信がスタートするとのことで、いち早くこの「Traveling」を体感してみてはいかがだろうか。

また今回、クリス・ハートやMs.OOJAなどのMVも手がける友高監督が楽曲にインスパイアされて制作した「君にすべてを忘れない」の衝撃的なMVも一部公開されたので、『Traveling』アルバムダイジェスト映像と合わせて、チェックしてみてほしい。

■アルバム『Traveling』

2015年9月2日発売
【TYPE-A】(CD+DVD)
CRCP-40425/¥3,241+税
【TYPE-B】(CDのみ)
CRCP-40426/¥2,778+税
<収録曲>
■CD
1. Traveling
2. 君のすべてを忘れない
3. Best Friend Wedding
4. ハートビートがとまらない feat. KEN THE 390
5. 恋のABC
6. 失恋シーサイド feat. 優己 (逗子三兄弟)
7. 街
8. 初恋
9. TOKYO TOWER 〜秘密のラブソング〜
10. DADDY 〜you\'re my shadow〜 duet with 角松敏生
[Bonus Track]
11. JOURNEY / SOFFet × MAY\'S × KEN THE 390
12. Everybody OK!? / one\'s wishes-D feat. MAY\'S
13. FIRE / クリフエッジ & LGYankees & MAY\'S & Noa
■DVD ※TYPE-Aのみ
1. Traveling (Music Clip) 
2. 君のすべてを忘れない (Music Clip)
3. ハートビートがとまらない feat. KEN THE 390 (Music Clip)
4. 街 (Music Clip)
5. DADDY 〜you\'re my shadow〜 duet with 角松敏生 (Music Clip)

■「君のすべてを忘れない」MV
https://youtu.be/hATKB-d9914

■アルバム『Traveling』ダイジェスト映像
https://youtu.be/-mVNxNndKD4

【関連リンク】
MAY\'S オフィシャルHP
クリフエッジ & LGYankees & MAY\'S & Noaが初の共演ライブを開催
クリフエッジ&LGYankees&MAY\'S&Noa、新曲2曲が先行配信スタート
クリフエッジ&LGYankees&MAY\'S&Noaの新曲MVにスピリチュアルタレント・CHIEが出演

【関連アーティスト】
MAY\'S
【ジャンル】
J-POP

GReeeeN、「愛唄」の新MVはコミックアプリ発の胸キュンムービー
Wed, 12 Aug 2015 20:00:00 +0900
GReeeeN (okmusic UP\'s)

人気のコミック&ノベルアプリ「comico」にて、GReeeeNの代表曲「愛唄」をイメージしたマンガ作品を募集し、その大賞作品をもとに新たな「愛唄」公式MVが制作された。

【その他の画像】GReeeeN

『comico』は1,000万ダウンロードを突破した人気無料コミック&ノベルサービス(iOS/Android版)。『comico』が音楽分野でアーチストとコラボレーションする取り組みは初の展開であり、またGReeeeNにとってもスマートフォンアプリ発のマンガ作品をMVに採用するのは初の試みとなる。

232件の応募の中から選ばれた大賞作品は「君とは幼馴染みでしたね」(作: ひじ!)。この作品が「愛唄」のMVとして、新たな魅力を感じさせてくれる。

■【受賞者コメント(ひじ!さん)】

この度は大賞に選んでいただき誠にありがとうございます!
とても嬉しく光栄な事で未だにドッキリじゃないかと震えております。ここまで諦めずに描き続けてきて本当に良かったです。
これからも精進致しますのでよろしくお願い致します。
ありがとうございました!!伝わってよかった。

■【GReeeeN コメント】

多くの方に愛唄をテーマに漫画を書いて頂き感動しました。
どれも素敵な作品で、それぞれの愛唄の形があり、選ばせて頂くのが非常に難しかったです。
今回は1つの作品を大賞として選ばせて頂きましたが、たくさんの素敵な感性や想い、表現力に触れさせて頂き、
僕達もより良い歌を作っていくための素晴らしい刺激をもらう事が出来ました。大賞の方、おめでとうございます!
描いて頂いた方、読んで頂いた方、この様な機会をありがとうございます!

■「愛唄」comicoマンガオーディションVer.
https://www.youtube.com/watch?v=HyIs2Jfg5zk

【関連リンク】
GReeeeN オフィシャルHP
GReeeeN、新曲「SAKAMOTO」MVはサカモトだらけ!?
GReeeeNのニューシングル「SAKAMOTO」って誰のこと?
GReeeeN×よみうりランド、“よみUReeeeNランド" テーマソング「KARAKARA」MV公開

【関連アーティスト】
GReeeeN
【ジャンル】
J-POP

黒木渚、2ndアルバム『自由律』のリリースを発表
Wed, 12 Aug 2015 19:30:00 +0900
アルバム『自由律』【限定盤A】【通常盤】 (okmusic UP\'s)

黒木渚が10月7日に2ndアルバム『自由律』をリリースすることを発表! 併せて、黒木自身がLEDロープに縛られた挑発的なジャケットCOVERも同時公開された。

【その他の画像】黒木渚

独特の歌詞世界でこれまで一環して女性が持つ強さや性、情念などを歌い上げてきた黒木。今作でもその鋭い言葉使いは健在だ。情事における男女の心理をリアルに綴った「枕詞」、予言という切り口で新しい生き方を提示する「大予言」、信じられるものが一つでもあれば強くたくましく生きて行けると高らかに歌う「命がけで欲しいものひとつ」、sasakure.UKをサウンドプロデューサー迎え黒木ならではの言葉遊びでロックする「テンプレート」などバラエティに富んだ珠玉の9曲が収録されている。

柏倉隆史(toe、the HIATUS)、BOBO(フジファブリック、MIYAVI)といった強力なリズム隊を始め、様々な凄腕ミュージシャンの快演も聴き所のひとつ。アルバム名の通り、自由奔放に沸き上がる黒木渚の新たなクリエイティブが体感できる作品となっている。

今作は黒木自身が書き下ろした連作小説「壁の鹿」(全6話)の単行本付きの限定盤A、7月に行われたワンマンツアーファイナルのLIVE DVD(8曲収録)付きの限定盤Bと通常盤の3形態での発売となる。限定盤Aは完全限定製造のため確実に手に入れたい方はCDショップなどで8月20日までに予約を!

11月からは6大都市を巡るワンマンツアー『自由律』も決定しており、8月23日まで2次先着先行を受付中だ。さらに、9月に全国8カ所でのミニライヴ&予約会を開催。各詳細はオフィシャルHPにて確認を!

また、限定盤Bから「テーマ」のライヴ映像が特別公開されたので、こちらもぜひチェックしてほしい。

■「テーマ」from 2015.10.7 RELEASE 2nd album「自由律」限定盤B(CD+LIVE DVD)
http://youtu.be/5pFImHe-318

■アルバム『自由律』

2015年10月7日発売
【限定盤A】(CD+本)
LACD-0263/¥4,200+税
※本(連作小説「壁の鹿」全6話)
【限定盤B】(CD+LIVE DVD)
LACD-0264/¥3,000+税
【通常盤】(CDのみ)
LACD-0265/¥2,000+税
<収録曲>
■CD
1. 虎視眈々と淡々と
2. 枕詞
3. 大予言
4. アーモンド
5. 107
6. 命がけで欲しいものひとつ
7. テンプレート
8. 君が私をダメにする
9. 白夜
■DVD ※限定盤Bのみ
2015.7.22 恵比寿LIQUIDROOM ライブ映像 全8曲収録

■『黒木渚 2nd Album「自由律」ミニライブ&予約会』

9月05日(土) 【東京】タワーレコード吉祥寺店
9月12日(土) 【愛知】タワーレコード名古屋パルコ店
9月19日(土) 【広島】タワーレコード広島店
9月20日(日) 【熊本】蔦屋書店 熊本三年坂
9月21日(月祝) 【福岡】タワーレコード福岡パルコ店
9月22日(火祝) 【京都】新風館
9月23日(水祝) 【大阪】タワーレコード梅田NU茶屋町 
9月27日(日) 【宮城】タワーレコード仙台パルコ店

■『黒木渚 ONEMAN TOUR 2015「自由律」』

11月22日(日) 【福岡】DRUM LOGOS
12月06日(日) 【大阪】BIG CAT
12月13日(日) 【愛知】名古屋ボトムライン
12月19日(土) 【宮城】仙台MACANA
12月20日(日) 【北海道】札幌DUCE
1月11日(月祝) 【東京】EX THEATER ROPPONGI

■2次先着先行受付URL(8月23日23:59まで)
http://eplus.jp/kurokinagisa/

【関連リンク】
黒木渚 オフィシャルHP
黒木渚&Yun*chi、『CREA WEB』J-POP連載のトークイベントに出演決定
黒木渚が「レスポール」のリリックビデオを公開
黒木渚、新曲MV解禁&フリーライブ追加公演を発表

【関連アーティスト】
黒木渚
【ジャンル】
ジャパニーズロック

シングル「True Love」で日本デビューを果たした顔麗が本格的に歌手として始動
Wed, 12 Aug 2015 18:00:00 +0900
顔麗 (okmusic UP\'s)

儒教の始祖「孔子」の高名な弟子が先祖であり、父親と母方の祖父がそれぞれ様々な事業を展開する経営者という、中国人スーパーセレブの顔麗。一時期は映画監督になるための道を模索しつつも、歌手デビューという幼少時からの夢を果たした。

【その他の画像】顔麗

日本の文化が大好きな顔麗は、日本でスターになるために、本国では名門の音楽系学校を卒業し、大手のプロダクションで歌とダンスを徹底的に磨いてきた。中国で大手レコード会社からの誘いもあったが、日本での活動を主軸に置いていたため全て断り、日本でのデビューに備えてきたという。そして、今年から活動拠点を日本に移し、自身のマネジメント会社「桜メロン」を日本に設立し、本格的に歌手として活動を始める!

8月12日にリリースされたデビュー曲「True Love」は、別れた相手への想いを引きずりつつも、前向きに進んでいこうと努力する気持ちを不慣れな日本語で歌い上げ、アグネス・チャン風のあどけない訛りが耳に心地良い。

このデビューシングルを皮切りに、来年夏までの1年間でシングルを5枚発売することも決定している。ちょっとわがままだけど実はとても繊細な心の持ち主、そんな彼女の今後の活動から目が離せない。

■シングル「True Love」

2015年8月12日発売
RMF-R013/¥1,000(税込)
<収録曲>
1.True Love
2.What\'s Your Love

【関連リンク】
顔麗 オフィシャルHP
白波多カミン、福岡PARCOのPOP UP ショップとコラボ
ゆず、14年ぶりとなる弾き語りライヴCD発売決定
愛と平和を歌うアイドル“トゥラブ”が8月19日にデビュー

【関連アーティスト】
顔麗
【ジャンル】
J-POP

ORANGE RANGEの『musiQ』には、00年代中盤の日本が映っているか?
Wed, 12 Aug 2015 18:00:00 +0900
ORANGE RANGE『musiQ』のジャケット写真 (okmusic UP\'s)

2015年8月26日、ORANGE RANGEが前作より2年振りとなる、通算10枚目のオリジナルアルバム『TEN』を発表する。2000年代中盤に大ブレイクし、各地の夏フェスのヘッドライナーを務めた他、リリースする音源は常にチャート上位を席巻するなど、誰も彼もORANGE RANGEを聴いているといっても過言ではない一大現象を起こした彼ら。その音楽性をダブルミリオンを優に超えた代表作『musiQ』から紐解く。

今週末(8月14、15、16日)にいよいよ『SUMMER SONIC』『RISING SUN ROCK FESTIVAL』の開催を控え、夏の風物詩、音楽フェスも今年の佳境を迎えようとしている。ザッとラインナップを見渡した限り、流石に多くの出演者が重なっているものの、各フェスの個性が際立ってきているのか、群雄割拠の時代なのか、今年はヘッドライナーが大被りしているような印象はない。強いて挙げれば10-FEETと星野源が今年のフェス番長という気もするが、まぁ例年かようなことは起こり得るし、強力なブレイクアーティストが出現すると、フェス自体がそのアーティスト色に染まるようなことはこれまでもよくあった。最近では昨年のSEKAI NO OWARIがそうであったし、RADWIMPSやELLEGARDENが目立つ年もあった。個人的に忘れ得ない存在が2005年頃のORANGE RANGEである。このバンドひとつでフェスそのものの4〜5割を動員しているのではないかと思うようなことがあった…と言うと、「何を大袈裟な!?」と失笑される方もいるかもしれないが、当時を知る人ならあのテンションを十分に共感してくれるのではないだろうか。動員とCDセールスを単純に並列しできないが、(以下、wikipediaより抜粋、引用)2004年2月25日に発売した5thシングル「ミチシルベ〜a road home〜」は同年3月8日付けのオリコン週間シングルチャートで自身初の首位を記録し、ここから2006年5月10日に発売した13thシングル「チャンピオーネ」まで9作連続首位獲得。特に2004年10月20日に発売した8thシングル「花」はオリコンシングルチャートに52週登場するロングヒットとなったことからも、当時の彼らの人気が如何に圧倒的だったか分かってもらえると思う。本稿では、その渦中に発表された2ndアルバム『musiQ』を取り上げる。

『musiQ』は累計250万枚以上を売上げたORANGE RANGEの代表作である。シングル4曲を含む全19曲収録。これを聴けば「ORANGE RANGEとはどんなバンドなのか?」という“そもそも論”を展開する必要がないであろう、絶好の作品と言える。オープニングのインスト曲M1「KA・RI・SU・MA」はテクノポップ風ハウス(80年代ディスコと言うとそれはまた違う気がするので、こんな呼び方をしてみた)。M5「ZUNG ZUNG FUNKY MUSIC」は言わば“ズンドコ節・ミーツ・スカ”。M6「パディ ボン マヘ」はメンバーの人力によるアフリカ民族音楽(「民族音楽は全て人力じゃないか!?」というツッコミは我慢してください)。M7「シティボーイ」はダフト・パンクが作った80年代香港映画のテーマ曲(分かっていると思うが、そんな曲はない)をどこぞのヒップホップグループがサンプリングしたような楽曲。M8「謝謝」でAORへ、M9「男子ing session」でJBへ、M13「FULLTHROTTLE」でHRへのオマージュを捧げつつ、M14「祭男爵」で祭囃子をオフビートと融合させる妙技を見せ、M15「papa」やM18「SP Thanx」ではサイケデリックな要素を展開。ラストの、これまたインスト曲M19「ジパング2ジパング」では、クエンティン・タランティーノ作品のサントラばりの和風テイストを聴かせている。“そもそも論”は必要がないと言いながら長々と書き連ねてしまったが、ここに説明した通り、自由奔放なサウンドを持ったバンドである。

それは歌詞も同様。彼ら最大のヒット曲であるM12「花」の《花びらのように散りゆく中で/夢みたいに 君に出逢えたキセキ/愛し合って ケンカして/色んな壁 二人で乗り越えて/生まれ変わっても あなたのそばで 花になろう》や、シングルカットされていないものの、CMタイアップも手伝って知名度は高いM4「以心電信」の《僕らはいつも 以心伝心 二人の距離つなぐ テレパシー/恋なんて 七転び八起き やさしい風ほら 笑顔に変えて/離れてたって 以心伝心 黙ってたって わかる気持ち/想いよ届け 君の元に 未来につないでいく 信号は愛のメッセージ》、あるいはM18「SP Thanx」での《「目指すあの場所イコール ゴール」 それゆえ見落とすモノも多く/立ち止まって周り見渡してよ すると大事なモノに気づいたよ/もらった愛の数底無し 心からアリガトウ 親友達》といった普遍的かつ極めて真っ当なメッセージソングがある一方、その多くは享楽的な香りに満ちている。《とびきりのビート 君とコンタクト/水はじく程の この音楽と/TOMORROW 雲の上の国へ行こうよ/どんどんよじ登るよ 音楽と》(M2「チェスト」)。《ギンギンキラキラパラダイス/君は僕らのマドンナさ。どんな男も魅了して君の目ですぐイチコロ/君の谷間に埋もれたいよ ベイベー/ねぇねぇ お願いだからパフパフさせてよ レィデー》(M7「シティボーイ」)。《ふたつがひとつになる瞬間 リズム グルグル廻り循環/きっと気持ちのいい空間 ビート+ジャストミートは/わかったでしょ? このリズムがそう ただ気分はもう 上がる一方でしょ/ほら皆COME HEREそう簡単のっかんな 踊れさぁさぁ思うがまま》(M10「Beat Ball」。M9「男子ing session」もM13「FULLTHROTTLE」もM16「HUB☆STAR」もそうだ。極めつけはM3「ロコローション」だろう。《Ah ah マジでナイスバディ クモンベイベ オツキアイ交渉/刺激たっぷりの穴へエスコートしてぇ〜!!》。ドSEXソングである。「ロコローション」はパ○リ疑惑だのなんだの言われ騒がれたと記憶しているが、そんなことより問題にすべきはこっちのほうじゃなかったかと今になって思う…嘘だけど。

この自由奔放で、享楽的香りの濃いミクスチャーロックは、2000年代中盤の邦楽シーンで圧倒的な支持を得た。世は小泉純一郎政権下。“自己責任”だの“想定内”だのが流行語になった頃である。目に見えない閉塞感に覆われた当時の社会において、それを払拭したい潜在的な欲求が…とか言いたい気分にもなるが、自分は社会学者でもないのでそこに足を突っ込むのは止めておくけれども、そこには時代の空気を切り取った何かがあったからこそ、ORANGE RANGEは大ブレイクを果たしたのだろう。それは間違いない。すなわち、『musiQ』には2000年代中盤の日本の空気がある。そういう作品を作ったことこそ、ORANGE RANGEをロックバンドとしての十分条件を満たしていると言えるのではなかろうか。だとするなら、彼らは日本のロックバンドとして2000年代を代表するアーティストであるばかりか、2000年代の日本の文化、風俗を代表する存在とも言える。全19曲、収録時間60分超というのは今となっては完全に冗長に感じるが、それすらも何か意味があることなのかもしれない。演奏はおろか、ヴォーカリゼーションすらも粗い箇所がいくつかあることを今回試聴して気付いたが、才能あふれるも当時まだ20歳前後だった若者たちの姿をしっかりとパッケージしているのもロックバンドならでは行為だったと思う。ブレイクから10年経って落ち着いた今だからこそ味わい深く、あれこれ考えさせるアルバムである。

【関連アーティスト】
ORANGE RANGE
【ジャンル】


『SUMMER SONIC』『SWEET LOVE SHOWER』で貴重なレアカクテルを!
Wed, 12 Aug 2015 18:00:00 +0900
MANHATTAN MARGARITA(マンハッタン マルガリータ) (okmusic UP\'s)

QVCマリンフィールド&幕張メッセで開催される『SUMMER SONIC 2015』、今年20周年を迎える『SWEET LOVE SHOWER 2015』にて、日本では一般流通されておらず、極々限られた人だけが楽しめる貴重なレアカクテルとして話題となっている、MANHATTAN MARGARITA(マンハッタン マルガリータ)が期間限定販売される事が発表された。

【その他の画像】

カリフォルニア屈指、ハイクラスなビーチリゾートとして知られるマンハッタンビーチ。この街で育ち、この街をこよなく愛する地元の人々が、最高の一杯で1日を終えるために長年磨き続けてきた秘伝のレシピが、MANHATTAN MARGARITAなのである。極上のテキーラと何種類ものフレッシュジュースのみで実現した見事なオレンジ色で、女性でもつい2杯3杯と進んでしまう爽やかでライトな口当たりは、この夏本番で音楽に包まれたHappyな空間で、よりムードを演出すること間違いなし!

今年のゴールデンウィークには、毎年仙台にて行われている『ARABAKI ROCK Festival』や、さいたまスーパーアリーナで行われている『VIVA la ROCK Festival』など、大型音楽イベントで提供されたMANHATTAN MARGARITA。その鮮やかなオレンジ色のカクテルが目を惹き、短いゴールデンウィークの期間だけでも、多くのファンを獲得・魅了していたが、それ以来の大型音楽イベントへの出店となる。

■【MANHATTAN MARGARITA 出店イベント概要】

『SUMMER SONIC 2015』
日程:8月15日(土)・16日(日)?
場所:SUMMER SONIC 東京会場 BEACH STAGE/エントランス横(一般開放エリア)
販売時間:10:00 / 21:00予定

『SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2015 -20th ANNIVERSARY-』
日程:8月28日(金)・29日(土)・30日(日)
場所:山梨県 山中湖交流プラザ きらら
販売時間:9:00 / 21:00予定

【関連リンク】
MANHATTAN MARGARITAオフィシャルFacebook
LOVESHOTのプロモーションビデオが新宿・六本木・渋谷・原宿の大型ビジョンで放映スタート
新アイドルプロジェクト「Dream ability Project」第一期メンバーオーディション開催決定
日本工学院専門学校とロックイベント「GG」がタッグ! ジョージ・ウイリアムズが特別授業を実施!

【関連アーティスト】

【ジャンル】
その他

フラワーカンパニーズ、最新MV「消えぞこない」解禁
Wed, 12 Aug 2015 17:00:00 +0900
「消えぞこない」MV (okmusic UP\'s)

フラワーカンパニーズが9月16日(水)に発売するミニアルバム『夢のおかわり』収録の新曲「消えぞこない」の先行配信がスタートし、それに伴い同曲のMV short ver.がオフィシャルのYouTubeチャンネルにて解禁された。

【その他の画像】フラワーカンパニーズ

今夏、フェスなどで披露され既に盛り上がりを見せている「消えぞこない」。今回のMVも前作「ロスタイム」「short hopes」に続き番場秀一氏が監督を担当。楽曲の世界観のとおり、試練の中でも前向きに踏ん張り続ける姿がユーモラスに表現されている。

また、これに併せて『夢のおかわり』のジャケット写真も公開された。フラカンメンバーの子供の頃を彷彿とさせる男児の写真に、鈴木圭介による手書きのタイトルがデザインされた味わい深いジャケットになっている。さらに、同時発売予定のフラカン初のバンドヒストリー本『消えぞこない』の表紙ヴィジュアルも公開され、こちらの内容にも期待が高まるところだ。

フラワーカンパニーズは12月19日(土)日本武道館での単独公演が控えている中、夏フェスやイベントに加え、ワンマンツアー『STILL ALIVE』もスタートし変わらずライヴ三昧のフラカンスタイルが続いていく他、9月16日にミニアルバム『夢のおかわり』の発売、そして書籍『消えぞこない』が発売となる。

とどまることなく攻め続けるフラワーカンパニーズ。更なる最新情報、詳細などは、オフィシャルHPを要チェックだ。

■「消えぞこない」MV short ver.
https://youtu.be/1JM3p1MLPfw

■「消えぞこない」先行配信情報

配信中
■iTunes
https://itunes.apple.com/jp/album/xiaoezokonai-single/id1023989109?app=itunes&at=10lpgB&ct=4547403040890_wn
■レコチョク
http://recochoku.jp/artist/30045959/
■Mora
http://mora.jp/artist/13449/all

■『消えぞこない 〜メンバーチェンジなし!活動休止なし!ヒット曲なし!のバンドが結成26年で日本武道館ワンマンライブにたどりつく話〜』

2015年9月16日(水)発売
著:フラワーカンパニーズ
発売元:リットーミュージック
※タイトル、発売日など予告なく変更する場合がございますので、ご了承ください。

【関連リンク】
フラワーカンパニーズ オフィシャルHP
フラカンのUSTREAM番組、第6回目のゲストはPOLYSICSのフミとチャットモンチーの福岡晃子
フラカン主催『DRAGON DELUXE 2015』に真心ブラザーズ、go!go!vanillasの出演が決定
フラワーカンパニーズ、新作『夢のおかわり』詳細を解禁

【関連アーティスト】
フラワーカンパニーズ
【ジャンル】
ジャパニーズロック

黒木渚&Yun*chi、『CREA WEB』J-POP連載のトークイベントに出演決定
Wed, 12 Aug 2015 16:00:00 +0900
「来月、流行るJポップ チャート不毛時代のヒット曲羅針盤」 (okmusic UP\'s)

文藝春秋社『CREA WEB』の人気連載「来月、流行るJポップ チャート不毛時代のヒット曲羅針盤」が2周年を迎えた事を記念して、初のトークイベントが開催されることになった。このイベントに、ゲストとして黒木渚、Yun*chiが出演する。

【その他の画像】Yun*chi

9月13日(日)16時より、文藝春秋西館地下ホールにて開催される同イベント。黒木渚とYun*chiという個性豊かな2組のゲストを迎え、連載を行っている音楽プロデューサーの山口哲一と伊藤涼が、2組への公開インタビュー対談を行う。

黒木渚は次期リリース作を現在制作中であり、Yun*chiは9月9日に2ndアルバム『Pixie Dust*』を発売する。これらの作品を中心に、創作について掘り下げたトークが聞けるという。

また、連載での好評企画「妄想分析」もイベント内で行われる。数々のヒット曲を手掛けた音楽プロデューサー伊藤涼氏が歌詞をもとに妄想分析を行う企画をリアルイベントで実演。黒木渚とYun*chiの楽曲をもとに、妄想ストーリーを執筆、ゲスト美女が朗読するとのことだ。

両アーティストの秘蔵のネタも準備中で、ライヴやネットとは一味違った、アーティストの本質に迫るイベントになりそうだ。チケットはPeatixで発売中だ。

■「来月、流行るJポップ チャート不毛時代のヒット曲羅針盤」ページ
http://crea.bunshun.jp/category/culture-006
■黒木渚 オフィシャルHP
http://www.kurokinagisa.jp/
■Yun*chi オフィシャルHP
http://yunchi.asobisystem.com/

■「CREA WEB連載 『来月、流行るJポップ チャート不毛時代のヒット曲羅針盤』2周年記念イベント 〜「紀尾井町で逢いましょう」〜」

CREA WEBの人気連載『来月、流行るJポップ チャート不毛時代のヒット曲羅針盤』の2周年を記念して、連載ゆかりのアーティストをまとめて、トークイベント開催。新しい切り口で、ヒット音楽を語る大好評の連載がイベントに!

9月13日(日) 文藝春秋西館地下ホール
OPEN 15:30 スタート 16:00
入場料 1,500円  URL:creajpop.peatix.com
※西館入口は、本館入口と場所が異なります。下記リンクの地図をご参照ください。
http://www.bunshun.co.jp/company/map.html

ゲスト:黒木渚、Yun*chi
ホスト:山口哲一 伊藤涼
朗読:NAOMI OBATA

【関連リンク】
CREA WEB連載『来月、流行るJポップ チャート不毛時代のヒット曲羅針盤』オフィシャルHP
ゆず、14年ぶりとなる弾き語りライヴCD発売決定
愛と平和を歌うアイドル“トゥラブ”が8月19日にデビュー
がんばれ!Victory、「ラリラリラ」リリース記念フリーイベント&デモ曲先行試聴会の開催が決定

【関連アーティスト】
Yun*chi, 黒木渚
【ジャンル】
J-POP, イベント

indigo la End、4thシングル「雫に恋して/忘れて花束」ジャケ写真は小島藤子
Wed, 12 Aug 2015 15:30:00 +0900
シングル「雫に恋して/忘れて花束」 (okmusic UP\'s)

川谷絵音がフロントマンを務めるindigo la Endが9月16日(水)にリリースする、4thシングル「雫に恋して/忘れて花束」のジャケット写真と最新アーティスト写真が公開となった。

【その他の画像】indigo la End

本作はキャリア史上初の両A面作品となっており、それぞれに表情の異なる楽曲が収録されている。切なさと温かさが絶妙に入り混じる感情と、エモーショナルな演奏の中に感じられる繊細な描写が散りばめられた全3曲となっている。

そんな同作のジャケット写真は、1曲目に収録されている「雫に恋して」のイメージから制作されたという。2014年9月にリリースした1stシングル「瞳に映らない」で女優の波瑠を起用して以降、楽曲の世界観にフィットする若手女優、モデルをジャケット写真やMVで積極的に登場させ話題を呼んでいるが、本作では女優の小島藤子が登場。透明感溢れる世界観の中で、悲しみ/切なさを象徴的かつ美しく表現している。

indigo la Endは先日10,000人動員の全国5都市/6公演のワンマンツアー『ナツヨのマジック』を見事成功させ、6月にリリースした「悲しくなる前に」でも着実にセールスを伸ばしている。そして、このジャケット写真の公開に合わせ、最新のアーティスト写真も公開された。進化する音楽性、クリエイティビティーで勢いに乗るindigo la Endの最新シングル「雫に恋して/忘れて花束」をぜひチェックしてほしい。

【関連リンク】
indigo la End オフィシャルHP
くるり主催の野外イベント「京都音博」出演者ラインナップがついに発表
indigo la End、新体制となって初のシングル「悲しくなる前に」MV解禁
indigo la Endとゲスの極み乙女。が6月にシングルを同時リリース

【関連アーティスト】
indigo la End
【ジャンル】
J-POP

いであやか、クラレ企業CMタイアップソング「さがしもの」配信スタート
Wed, 12 Aug 2015 15:00:00 +0900
いであやか (okmusic UP\'s)

いであやかの2015年第1弾となる新曲「さがしもの」が、?梨沙羅選手出演のクラレ企業CM「?梨沙羅 前進」篇のタイアップソングに決定! 8月12日より配信がスタートした。

【その他の画像】井手綾香

CMコンセプトは、作中に登場する「私の前進は、私だけのものじゃない」というフレーズが表すとおり、周囲の人々の協力を得ながら、目の前の課題に着実に取り組む?梨沙羅選手の姿を表現。今回、タイアップソングに決定した、いであやかの「さがしもの」は悩み戸惑いながらも未来に進み希望を掴んでいく想いを歌詞に込め、楽曲でも孤独とその先にある希望を音と歌声でドラマチックに表現。CM映像とリンクした至極のポップソングとなっている。

昨年4月にリリースした初のセルフプロデュース作品で今もロングセールスを記録している2ndアルバム「ワタシプラス」以来、約1年半ぶりの新曲「さがしもの」。配信限定のジャケット写真はいであやか直筆のイラストが起用され、「自らの目で未来を見つめていきたい」という願いも表現されている。

■「?梨沙羅 前進」篇 30秒 CM映像
http://www.kuraray.co.jp/sara/gallery/

■配信シングル「さがしもの」

配信中
■iTunes
https://itunes.apple.com/jp/album/id1024434045?app=itunes&ls=1
■レコチョク
http://recochoku.jp/song/S1001993707/

【関連リンク】
いであやか オフィシャルHP
井手綾香、セルフプロデュースによる2ndアルバム『ワタシプラス』全曲試聴スタート
井手綾香、アルバムトラックがNHKドラマの主題歌に決定
井手綾香、宮崎凱旋ライブでサプライズ発表連発

【関連アーティスト】
井手綾香, いであやか
【ジャンル】
J-POP, テレビ(番組/CM)

PUFFYがT.M. Revolutionに説教!? ワケアリなライヴ大成功!
Wed, 12 Aug 2015 14:30:00 +0900
8月11日@豊洲PIT (okmusic UP\'s)

8月11日、豊洲PITにてPUFFY(大貫亜美・吉村由美)主催の対バンイベント『パフィーと対バン「愛の説教小屋」〜オオヌキ的にもオールNG〜』が開催された。

【その他の画像】T.M.Revolution

来年、PUFFYがデビュー20周年を迎えることを記念して企画されたこのイベント、記念すべき第1回目の対バン相手はなんとT.M. Revolution。20周年ともなると過去のいろんなことがアリになるんだなぁと多くの人が感じたであろうこの組み合わせ、チケットは当然ソールドアウト。開場前から多数のファンが詰めかけ、会場周辺は早くも熱気に溢れた。

オープニングムービーでは、怪しげな古城の窓を模したスクリーンに大貫亜美と吉村由美のシルエットが映し出され、TMRの紹介をする。「T.M. Revolutionって知ってる? 実を言うと、私、彼の大ファンなの。腹筋が割れてるし、差し入れの趣味がいいのよねぇ。あと、女の趣味? 私はいつか彼と結婚したい!」と大貫がTMRこと西川貴教をいじり倒す。この2組にまつわる事情をよく知っている観客は大ウケ。

ひと笑いの後に登場したTMRは、のっけから前のめりなパフォーマンスを見せる。「HIGH PRESSURE」、「WHITE BREATH」といった自身最大のヒット曲を、メタリックでハードなロックサウンドで立て続けに披露。3,100人の観客で埋め尽くされたフロアの前方から後方まですき間なく拳が突き上げられた。

その後も、最新シングル「DOUBLE-DEAL」など、時間を惜しむように矢継ぎ早にパフォーマンスした後、西川は観客に来場の感謝を表した。しかし、拍手に混ざって投げかけられた「おめでとう!」というフロアからの声に、「みんな、軽はずみに“おめでとう!"って言わないで! 明日の朝、(ネットが)荒れるでしょう!」と慌てるひと幕も。

後半はまるでワンマンライヴの様な盛り上がり。あまりの熱狂に、西川も上半身裸になり見事な肉体美を披露。最後は吉村からリクエストされたという、96年のヒット曲「HEART OF SWORD 〜夜明け前〜」を熱唱してステージを後にした。

後攻のPUFFYは、TMRが見せた豪快なパフォーマンスの真逆をいくマイペースなステージを展開。「赤いブランコ」、「海へと」、「サーキットの娘」といったヒット曲や人気曲を、芯がありボトムの引き締まった演奏と共に聴かせた。

MCでは「愛の説教部屋」というイベントタイトルらしく、西川に対する説教を展開。「なんで(西川はライヴ中に)脱ぐんですか?」と大貫が言えば、「脱いだ時の歓声が一番でかかった。“にしかわきんに君"に改名すればいいのに」と吉村が当意即妙に返す。こんなところにデビュー19年のチームワークを感じる。

こんな具合に、演奏時間よりも喋ってる時間の方が長いんじゃないかと思うぐらいの爆笑トークが続くが、パフォーマンス自体がダレることはない。デビュー以来ずっと貫いてきたこのスタイルはもはや職人芸の域に達している。「ブギウギNo.5」や「渚にまつわるエトセトラ」といった人気曲で大いに盛り上げたあと、最後は「アジアの純真」で60分のステージを終えた。

アンコールでは、最初にステージに現れた大貫が吉村を呼び込む。すると、大貫とお揃いのTシャツとジーパン姿の西川が現れ、会場は爆笑の渦に。そして、「これが私の生きる道」を2人で歌いきり、最後は吉村を含めた3人でTMR「HOT LIMIT」を熱唱した。こんな3人の姿が拝めるなんて、10年前に誰が想像しただろうか。

この対バンイベントはデビュー20周年の来年後半まで不定期に続くという。今日の成功を受けて、今後の企画内容にもかなりの期待が集まるだろう。

TEXT:阿刀“DA"大志
PHOTO:板橋淳一

【関連リンク】
PUFFY オフィシャルHP
新世代ポップアイコン“リサメロディー”のアニメタイアップシングルが神奈川限定先行発売
白波多カミン、福岡PARCOのPOP UP ショップとコラボ
EXILE ATSUSHI+AIコラボ曲のMV公開

【関連アーティスト】
T.M.Revolution, PUFFY
【ジャンル】
J-POP, ライブ

マーク・パンサー(globe)、ソロ活動第一弾は“エヴァ主題歌”!?
Wed, 12 Aug 2015 14:00:00 +0900


8月9日に20周年を迎え、新たな活動を発表したglobeのマーク・パンサーが、このほどソロプロジェクト作品をビクターからリリースすることを発表した。

【その他の画像】globe

マークのソロ第一弾となるのは、クールジャパンを代表する人気アニメで、今年globeと同じく20周年を迎える『新世紀エヴァンゲリオン』主題歌「残酷な天使のテーゼ」のEnglish ver.(英詩カバー)。この楽曲を世界的に爆発的な流行となっているEDMにアレンジし、iTunesをはじめ各配信サイトより世界110カ国以上に同時リリースした。EDMの本場ヨーロッパから集められたスタッフにより、フランスのスタジオでレコーディング、トラック制作されており、日本を代表するアニメソングの逆輸入作品としても注目だ。

「残酷な天使のテーゼ」の生みの親の一人、原曲作家の及川眠子は自身のTwitterで「楽しみに待っていた「残酷な天使のテーゼ」の英語バージョンがヨーロッパから届いた。すんごーく素敵なアレンジ。20年経っても、この曲が愛され続けていることに感謝です。遂にこの曲が世界に羽ばたく時がきたのかぁ?」と喜びのコメントを寄せている。

■【マーク・パンサー コメント】

音楽活動20周年の節目に、今まで以上に音楽をやりたいという気持ちが強くなったので、今年はglobeの活動はもちろん、ソロ活動にもチャレンジしようと思った。この「残酷な天使のテーゼ(English EDM ver.)」は、ヨーロッパでの生活やDJ経験を活かして、オリンピックで世界の注目を集める日本カルチャーを世界に発信したいと考えてリリースを決めた。これが今の僕なのでぜひglobeとともに応援して欲しい。

■「残酷な天使のテーゼ」(English EDM ver.)MVショートバージョン
http://youtu.be/EvyAZSUiLVA

■配信限定シングル「残酷な天使のテーゼ」

2015年8月12日配信
■iTunes Store?
https://itunes.apple.com/jp/album/id1023995034?app=itunes&ls=1
■レコチョク
http://recochoku.jp/song/S1001993716/
■mora ハイレゾ
http://mora.jp/package/43000005/VE5HD-18613_F/
■mora
http:// mora.jp/package/43000005/VE3WA-17489/
■Amazon デジタルミュージック
http://www.amazon.co.jp/dp/B0131I67BI
■music.jp
http://music-book.jp/music/Artist/270237
…その他、主要サイトで配信中

【関連リンク】
globe オフィシャルHP
「小室哲哉ぴあ globe編」にKEIKOの初公開インタビューなど掲載、発売記念サイン会も
小室哲哉が語るglobeの20年「本当に僕の心境をつづれるのはglobeだけ」
マーク・パンサー(globe)が手がけるLOVE SHOTオリジナル楽曲が配信スタート

【関連アーティスト】
globe, Marc Panther
【ジャンル】
J-POP, アニメ

赤色のグリッター、配信限定シングル「海より」配信スタート&MVフルバージョン公開
Wed, 12 Aug 2015 13:00:00 +0900
赤色のグリッター (okmusic UP\'s)

赤色のグリッターの配信限定シングル「海より」が配信スタート! それに併せ同曲のMVも公開された。

【その他の画像】赤色のグリッター

来週からスタートする赤色のグリッターとMrs. GREEN APPLEの対バンツアーやイベント、さらにフェスにて「海より」や未発表の新曲を披露する予定とのこと。赤色のグリッターが夏に贈る”恋のうた”を是非チェックしよう。

■「海より」MV(フルver.)
https://youtu.be/c-KE2qhs2x8

■限定配信シングル「海より」

2015年8月12日配信
※iTunes Store、他各音楽配信サイトにて販売
■iTunes
https://itunes.apple.com/jp/album/haiyori-single/id1021142926

【関連リンク】
赤色のグリッター オフィシャルHP
赤色のグリッター、母校で卒業生500人にサプライズライブ
LAMP IN TERRENの自主企画ライブに同期である“赤色のグリッター”が参戦決定!
「HighApps Vol.19」&「HighApps TOURS」振り返り番組にてライヴ映像放送!

【関連アーティスト】
赤色のグリッター
【ジャンル】
ジャパニーズロック

新世代ポップアイコン“リサメロディー”のアニメタイアップシングルが神奈川限定先行発売
Wed, 12 Aug 2015 12:30:00 +0900
新世代ポップアイコン“リサメロディー”のシングルが神奈川限定先行発売 (okmusic UP\'s)

ジャパニーズポップシンガー“リサメロディー”のシングル「かれしはハンマーヘッドシャーク」が、8月19日に神奈川県内4店舗のHMVとHMV ONLINEで限定先行リリースされる。


【その他の画像】リサメロディー「かれしはハンマーヘッドシャーク」ジャケット

“HARAJUKU KAWAii! WEEK 2015”や“MOSHI MOSHI NIPPON FESTIVAL 2015 in TAIPEI”に出演するなど、新世代ポップアイコンとして国内外で人気急上昇中のリサメロディー。同曲は、毎週土曜朝8時よりテレビ神奈川で放送されている子供向け番組「キッズ劇場エース」内のショートアニメ「かれしはハンマーヘッドシャーク」のキャラクターソングとなっており、老若男女誰でも踊れるポップな楽曲に仕上がっているとのこと。

また、歌詞カード内に掲示されているQRコードを読み込むと、リサメロディーによる振付講座付きのスペシャル映像コンテンツが堪能できるそうなので、気になる人はチェックをお忘れなく。各情報の詳細ならびに試聴については、公式ホームページ(http://lisamelody.jimdo.com/)を参照されたい。

【関連リンク】
白波多カミン、福岡PARCOのPOP UP ショップとコラボ
EXILE ATSUSHI+AIコラボ曲のMV公開
ゆず、14年ぶりとなる弾き語りライヴCD発売決定
愛と平和を歌うアイドル“トゥラブ”が8月19日にデビュー

【関連アーティスト】
リサメロディー
【ジャンル】
J-POP, アニメ

Gacharic Spin、サンフランシスコの『J-POP SUMMIT 2015』に初出演
Wed, 12 Aug 2015 12:00:00 +0900
8月8日@「J-POP SUMMIT 2015」 (okmusic UP\'s)

Gacharic Spinが8月8日、サンフランシスコにて行われている日本ポップカルチャーの見本市『J-POP SUMMIT 2015』に初出演! 約3,000人のオーディエンスを前に圧巻のステージを見せた。

【その他の画像】Gacharic Spin

大きな拍手に包まれてメンバーがステージに登場。1曲目は「Never say never」。ライヴでも人気の高い楽曲に、会場からは大きな歓声があがる。その盛り上がりをさらに加速させるように「More Power」を演奏すると、オレオレオナはほぼ全編英語でのMCで「サンフランシスコに来るのは初めてで、とてもうれしい!今アルバムをレコーディング中!アルバムを引っ提げてまた戻ってきたい!」とMCをとる。

会場の盛り上がりはそのままに、北米でも人気の高い「ドラゴンボール改」のエンディングテーマ「Don\'t Let Me Down」、そして「さよならチェリー」を矢継ぎ早にプレイし、オレオレオナ十八番の「アイム・セクシー」を披露! 往年の名曲を彼女達らしくアレンジしているところが興味深い。

ラスト2曲は「赤裸ライアー」「ダンガンビート」。一緒に歌って盛り上がっている海外ファンの姿が各所でみられ、Gacharic Spinらしいラストとなった。

終演後、あまりの反響にフェスティバルでは異例のアンコールも実施。「WINNER」を演奏し、会場全員が5分間ノンストップでモモアゲをする異例の盛り上がりを見せて大団円。ライブ後、現地のTwitterでは「今まで観たライブでいちばんだった。皆チェックしたほうがいいよ!」「ガチャがプレイし始めたら観客がグッと増えたね!」「好きなJ-ROCKバンドが増えたわ!」など、ライヴを絶賛する声が多く届けられた。

9月30日には、メジャー1stフルアルバム『MUSIC BATTLER』をリリースするGacharic Spin。今後の活躍に要注目だ。

■【セットリスト】

1.Never say never
2.More Power
3.Don\'t Let Me Down
4.さよならチェリー
5.アイム・セクシー(カバー)
6.赤裸ライアー
7.ダンガンビート
EN:WINNER

【関連リンク】
Gacharic Spin オフィシャルHP
Gacharic Spin、新体制で迎えた「めざましライブ」でアルバムリリースを発表
Gacharic Spin、パフォーマー2号ありさのラストステージが大盛況のうちに終了
Gacharic Spin、卒業を控えたありさ最後の北海道ライヴ

【関連アーティスト】
Gacharic Spin
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

EXILE ATSUSHI+AIコラボ曲のMV公開
Wed, 12 Aug 2015 11:00:00 +0900
EXILE ATSUSHI + AI (okmusic UP\'s)

EXILE ATSUSHIとAIの7年ぶりのコラボ曲「Be Brave」のMVが公開された。

【その他の画像】AI

この曲はAKIRAが主演を務める関西テレビ・フジテレビ系連続ドラマ『HEAT』主題歌として絶賛オンエア中で、命をテーマに人と人とが思い合う絆の深さや大切な人を守る勇気を歌い上げた壮大でエモーショナルなナンバーとなっている。ATSUSHIとAI自身が作詞を手がけた歌詞と曲の世界観が、ドラマのメインテーマである消防団という人の命を守る男達の物語に見事ハマっていると、早くも話題だ。

そんな同局のMVは、ATSUSHIとAI二人の持つ力強い歌唱力と美しいハーモニーをそのまま表現するため、あえてお互いが向い合せで歌っている実際のレコーディングの様子を切り取ったイメージシーンをメインに構成。また、4月1日に自身の妊娠を発表して後、初めて姿を現すAIが、お腹をなでながら時折見せる温かくて優しい自然な表情が、えも言われぬ空気を生み出しており、まさに“命"の持つ、力強さ、繊細さ、美しさ、優しさがいっぱいに表現された作品となっている。

聴く人を優しさに包みこみ、幸せな気持ちにしてくれるこの一曲、是非、あなたの大切な人と一緒に聞いてほしい。「Be Brave」はmu-mo及びレコチョク他、音楽配信サイトにて絶賛配信中。商品の発売を待てない人は、そちらもチェックだ。

その他にも、ニューシングル「Be Brave」にはカップリングに、今回このシングルのために特別に制作されたEXILE ATSUSHIとAIが初めてコラボをしたヒット曲「So Special」のアコースティックアレンジヴァージョンを収録。DVD付は「Be Brave」MVフルヴァージョンはもちろんのこと、初共演から7年の歴史が集約されたライヴ映像4本すべてを収録した豪華5本収録の作品となっている。

■「Be Brave」MV
https://www.youtube.com/watch?v=XkuL4CxqDIk

■【EXILE ATSUSHI+AI コメント】

■EXILE ATSUSHI
今回のMVでは、AIちゃんのお母さんになる素敵な表情を収録させていただけて、本当に嬉しかったです。特に途中でお腹を優しく触っているシーンは、何度観ても、感動してしまいます。暖かい雰囲気の中で歌う二人の表情を、感じていただけたら嬉しいです。

■AI
本当に良い曲なので、久々にATSUSHI君とMVを撮れて嬉しかったし、しかもまさかの妊婦姿を残せて光栄です!このMVは自分にとってもスペシャルなものになりました!赤ちゃんが無事に産まれたらいつか見せてあげたいと思います!この曲に感謝です!!

【関連リンク】
EXILE オフィシャルHP
EXILE、卒業メンバーのありのままの表情を映し出した「UPSIDE DOWN」MV解禁
EXILE ATSUSHI+AIによる『HEAT』主題歌配信スタート
EXILE ATSUSHI × AI、AKIRA主演連続ドラマ「HEAT」主題歌で再びコラボ

【関連アーティスト】
AI, EXILE ATSUSHI, EXILE ATSUSHI+AI
【ジャンル】
J-POP

ORANGE RANGEが新曲MVを一挙2本同時公開
Wed, 12 Aug 2015 10:00:00 +0900
ORANGE RANGE (okmusic UP\'s)

ORANGE RANGEがニューアルバム『TEN』収録の新曲「セプテンバー」と「We got the Power」のMVを2本同寺にGYAOにて一挙公開した。

【その他の画像】ORANGE RANGE

7月より有線オンエアで話題の楽曲「SUSHI食べたい feat. ソイソース」を発表した彼らが次に繰り出したのは、「昭和」と「ポップアート」。ともの直がディレクションを担当し、GS調のサウンドに乗せた現代社会を風刺する歌詞が印象的な新曲「セプテンバー」では、懐かしさ漂う80年代の歌謡番組仕立ての映像に。そして、日本全体を鼓舞させるかのごとく聴く人を奮い立たせる、アルバム『TEN』のリードチューン「We got the Power」では、かつての革命プロパガンダを彷彿とさせるポップアートで力強さを印象付けた映像に仕上がった。

有線で話題の寿司ソング「SUSHI食べたい feat. ソイソース」に続くこの新曲2本の映像。ORANGE RANGE通算10枚目のアルバムは暴走したベクトルが入り乱れるクレイジーな作品となりそうだ。

■「セプテンバー」MV
http://gyao.yahoo.co.jp/player/00091/v10002/v0994000000000543017/
■「We got the Power」MV
http://gyao.yahoo.co.jp/player/00091/v10002/v0994000000000543018/

【関連リンク】
ORANGE RANGE オフィシャルHP
RYO from ORANGE RANGE、ソロアルバム詳細発表&「夏だぜジョニー」セルフカヴァーMV解禁
真夏に聴きたい、沖縄発激アツミュージシャン5選
RYO(ORANGE RANGE)、ソロデビュー作のアートワーク&新曲MVを解禁

【関連アーティスト】
ORANGE RANGE
【ジャンル】
ジャパニーズロック

白波多カミン、福岡PARCOのPOP UP ショップとコラボ
Wed, 12 Aug 2015 09:00:00 +0900
白波多カミン (okmusic UP\'s)

京都出身のシンガーソングライター“白波多カミン"が、8月20日(木)から9月19日(土)まで福岡PARCO本館 1F「once A month」にて行われる「ぱりゅこ」プロデュースによるPOP UP ショップ「spoken words project collection The telecaster & Twin Reverbs feat.白波多カミンproduced by ぱりゅこ」と5月の渋谷PARCOに続いて再度コラボレーションが実現した。

【その他の画像】白波多カミン

このコラボレーションによる白波多カミンのオープニングライブが8月23日(日)19:00から福岡PARCO 新館6F「カワラカフェ&ダイニングフォワード」にて開催される。

また、白波多カミンはこの企画の前後で8月22日(土)にタワーレコード福岡店でのインストアライブ、8月24日(月)にCAFE SONESでのフリーライブと3夜連続でLIVEを行うことも決定している。久しぶりの福岡でのLIVEとなるので、是非足を運んでほしい。

■福岡PARCOのPOP UP ショップHP
http://www.parco.jp/onceamonth/

■POP UP ショップ「spoken words project collection The telecaster & Twin Reverbs feat.白波多カミンproduced by ぱりゅこ@福岡PARCO」

8月20日(木)〜9月19日(土)福岡PARCO
営業時間:10:00〜20:30
場所:福岡県 福岡市 中央区天神2丁目11-1

■オープニングライヴ
出演:白波多カミン
会場:福岡PARCO 新館6F「カワラカフェ&ダイニング フォワード」
※カフェ通常営業中のライブとなりますのでお一人ワンドリンク注文をお願いたします。
※店内客席レイアウト調整中です。
開場18:30/開演19:00

【関連リンク】
白波多カミン オフィシャルHP
白波多カミン with Placebo Foxesが初のアーティスト写真を公開
白波多カミンが5月23日(土)に渋谷PARCOでPOP UP ショップのオープニングライブ開催
白波多カミンがバンド「白波多カミン with Placebo Foxes」を結成

【関連アーティスト】
白波多カミン, 白波多カミン with Placebo Foxes
【ジャンル】
J-POP

ゆず、14年ぶりとなる弾き語りライヴCD発売決定
Wed, 12 Aug 2015 00:00:00 +0900
ゆず (okmusic UP\'s)

ゆずが9月9日にライヴアルバム『二人参客 2015.8.15〜緑の日〜』『二人参客 2015.8.16〜黄色の日〜』を2枚同時リリースすることがわかった。

【その他の画像】ゆず

本作は8月15日と16日に神奈川・横浜スタジアムで開催され約6万人を動員する『ゆず 弾き語りライブ 2015 二人参客 in 横浜スタジアム』のライブ音源を、日にち毎に分けて収録するライヴCDで。収録曲の半分以上がそれぞれ異なる内容となっており、2人だけの弾き語りステージで巻き起こる熱量や空気感がそのまま凝縮され、パッケージされる。

なお、ゆずがライブCD を発売するのは、『歌時記〜サクラサク篇〜』(1999年)、『歌時記〜ふたりのビッグ(エッグ)ショー篇〜』(2001年)に続き、およそ14年ぶりとなる。

また、8月15日〜17日の横浜スタジアム公演の会場にて、『二人参客2015.8.15〜緑の日〜』『二人参客 2015.8.16〜黄色の日〜』限定特典付き予約会の実施が決定。同作の予約者を対象に、どちらか1タイトルを予約した人にはゆずオリジナルミネラルウォーター、2タイトル両作品を予約した人には、ミネラルウォーターに加えオリジナルゆず太郎ノートがプレゼントされる。

さらに、同作を引っさげた全国ツアー『YUZU ARENA TOUR 2015-2016』の追加日程も発表。これにより、実施内容は全国13ヵ所27公演となった。

■『YUZU ARENA TOUR 2015-2016』スケジュール
http://www.senha-yuzu.jp/arena_tour/2015_16/

■リリース情報

アルバム『二人参客 2015.8.15〜緑の日〜』
2015年9月09日発売
SNCC-86927/¥2,315+税
※完全生産限定盤

アルバム『二人参客 2015.8.16〜黄色の日〜』
2015年9月09日発売
SNCC-86928/¥2,315+税
※完全生産限定盤

【関連リンク】
ゆず オフィシャルHP
本日8月7日のMステ、注目は加山雄三率いるTHE King ALL STARS、EXILEメドレー
ゆず、新曲「終わらない歌」のMVでからくり人形に!?
ゆず、ニューシングル「終わらない歌」のc/wにセルフカバーを収録

【関連アーティスト】
ゆず
【ジャンル】
J-POP













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1