歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2015年08月05日)
バックナンバー
最新ニュース
2015/08/14
2015/08/13
2015/08/12
2015/08/11
2015/08/10
2015/08/09
2015/08/08
2015/08/07
2015/08/06
2015/08/05
2015/08/04
2015/08/03
2015/08/02
2015/08/01
2015/07/31
2015/07/30
2015/07/29
2015/07/28
2015/07/27
2015/07/26
2015/07/25
2015/07/24
2015/07/23
2015/07/22
2015/07/21
2015/07/20
2015/07/19
2015/07/18
2015/07/17
2015/07/16
2015/07/15
2015/07/14
2015/07/13
2015/07/12
2015/07/11
2015/07/10
2015/07/09
2015/07/08
2015/07/07
2015/07/06
2015/07/05
2015/07/04
2015/07/03
2015/07/02
2015/07/01
2015/06/30
2015/06/29
2015/06/28
2015/06/27
2015/06/26
2015/06/25
2015/06/24
2015/06/23
2015/06/22
2015/06/21
2015/06/20
2015/06/19
2015/06/18
2015/06/17
2015/06/16
2015/06/15
2015/06/14
2015/06/13
2015/06/12
2015/06/11
2015/06/10
2015/06/09
2015/06/08
2015/06/07
2015/06/06
2015/06/05
2015/06/04
2015/06/03
2015/06/02
2015/06/01
2015/05/31
2015/05/30
2015/05/29
2015/05/28
2015/05/27
2015/05/26
2015/05/25
2015/05/24
2015/05/23
2015/05/22
2015/05/21
2015/05/20
2015/05/19
2015/05/18
2015/05/17
2015/05/16
2015/05/15
2015/05/14
2015/05/13
2015/05/12
2015/05/11
2015/05/10
2015/05/09
2015/05/08
2015/05/07
2015/05/06
2015/05/05
2015/05/04
2015/05/03
2015/05/02
2015/05/01
2015/04/30
2015/04/29
2015/04/28
2015/04/27
2015/04/26
2015/04/25
2015/04/24
2015/04/23
2015/04/22
2015/04/21
2015/04/20
2015/04/19
2015/04/18
2015/04/17
2015/04/16
2015/04/15
2015/04/14
2015/04/13
2015/04/12
2015/04/11
2015/04/10
2015/04/09
2015/04/08
2015/04/07
2015/04/06
2015/04/05
2015/04/04
2015/04/03
2015/04/02
2015/04/01
2015/03/31
2015/03/30
2015/03/29
2015/03/28
2015/03/27
2015/03/26
2015/03/25
2015/03/24
2015/03/23
2015/03/22
2015/03/21
2015/03/20
2015/03/19
2015/03/18
2015/03/17
2015/03/16
2015/03/15
2015/03/14
2015/03/13
2015/03/12
2015/03/11
2015/03/10
2015/03/09
2015/03/08
2015/03/07
2015/03/06
2015/03/05
2015/03/04
2015/03/03
2015/03/02
2015/03/01
2015/02/28
2015/02/27
2015/02/26
2015/02/25
2015/02/24
2015/02/23
2015/02/22
2015/02/21
2015/02/20
2015/02/19
2015/02/18
2015/02/17
2015/02/16
2015/02/15
2015/02/14
2015/02/13
2015/02/12
2015/02/11
2015/02/10
2015/02/09
2015/02/08
2015/02/07
2015/02/06
2015/02/05
2015/02/04
2015/02/03
2015/02/02
2015/02/01
2015/01/31
2015/01/30
2015/01/29
2015/01/28
2015/01/27
2015/01/26
2015/01/25
2015/01/24
2015/01/23
2015/01/22
2015/01/21
2015/01/20
2015/01/19
2015/01/18
2015/01/17
2015/01/16
2015/01/15
2015/01/14
2015/01/13
2015/01/12
2015/01/11
2015/01/10
2015/01/09
2015/01/08
2015/01/07
2015/01/06
2015/01/05
2015/01/04
2015/01/03
2015/01/02
2015/01/01
2014/12/31
2014/12/30
2014/12/29
2014/12/28
2014/12/27
2014/12/26
2014/12/25
2014/12/24
2014/12/23
2014/12/22
2014/12/21
2014/12/20
2014/12/19
2014/12/18
2014/12/17
2014/12/16
2014/12/15
2014/12/14
2014/12/13
2014/12/12
2014/12/11
2014/12/10
2014/12/09
2014/12/08
2014/12/07
2014/12/06
2014/12/05
2014/12/04
2014/12/03
2014/12/02
2014/12/01
2014/11/30
2014/11/29
2014/11/28
2014/11/27
2014/11/26
2014/11/25
2014/11/24
2014/11/23
2014/11/22
2014/11/21
2014/11/20
2014/11/19
2014/11/18
2014/11/17
2014/11/16
2014/11/15
2014/11/14
2014/11/13
2014/11/12
2014/11/11
2014/11/10
2014/11/09
2014/11/08
2014/11/07
2014/11/06
2014/11/05
2014/11/04
2014/11/03
2014/11/02
2014/11/01
2014/10/31
2014/10/30
2014/10/29
2014/10/28
2014/10/27
2014/10/26
2014/10/25
2014/10/24
2014/10/23
2014/10/22
2014/10/21
2014/10/20
2014/10/19
2014/10/18
2014/10/17
2014/10/16
2014/10/15
2014/10/14
2014/10/13
2014/10/12
2014/10/11
2014/10/10
2014/10/09
2014/10/08
2014/10/07
2014/10/06
2014/10/05
2014/10/04
2014/10/03
2014/10/02
2014/10/01
2014/09/30
2014/09/29
2014/09/28
2014/09/27
2014/09/26
2014/09/25
2014/09/24
2014/09/23
2014/09/22
2014/09/21
2014/09/20
2014/09/19
2014/09/18
2014/09/17
2014/09/16
2014/09/15
2014/09/14
2014/09/13
2014/09/12
2014/09/11
2014/09/10
2014/09/09
2014/09/08
2014/09/07
2014/09/06
2014/09/05
2014/09/04
2014/09/03
2014/09/02
2014/09/01
2014/08/31
2014/08/30
2014/08/29
2014/08/28
2014/08/27
2014/08/26
2014/08/25
2014/08/24
2014/08/23
2014/08/22
2014/08/21
2014/08/20
2014/08/19
2014/08/18
2014/08/17
2014/08/16
2014/08/15
2014/08/14
2014/08/13
東日本大震災復興チャリティーライヴ「希望の日」、今年も開催!
Wed, 05 Aug 2015 20:00:00 +0900
L.S.D Presents「希望の日〜a day of hope 2015〜」 (okmusic UP\'s)

横道坊主の所属事務所、L.S.D主催による東日本大震災復興支援チャリティーライヴ「希望の日」が、今年も8月29日(土)に渋谷TSUTAYA O-WESTで開催される。

【その他の画像】横道坊主

5回目となる今年も横道坊主、スリルラウンジのほか、山田晃士、スキマノザラシ、MMS R&R ENGINEERING、ジルバの通年出演組に加え、初登場となる染谷俊 with THE SPEARHEAD、Bisco、橋渡しwith Friendsの全9アーティストが出演する。

“3.11”から4年半、徐々に風化しつつある震災の傷跡を忘れないためにと行なわれるこのライヴ。震災復興イベントそのものが減りつつある今、意義のあるものになりそうだ。なお、ライヴの収益はすべて現地で子供たちの支援活動を続ける団体に寄付される。

■横道坊主 オフィシャルHP
http://odd-bowz.com/
■スリルラウンジ オフィシャルHP
http://hhrthrilllounge.com/
■山田晃士 オフィシャルHP
http://www.koshiyamada.com/
■スキマノザラシ オフィシャルHP
http://sukimanozarashi.com/
■MMS R&R ENGINEERING オフィシャルHP
http://www.mms-750.com/
■染谷俊 オフィシャルHP
http://www.someyashun.net/
■Bisco オフィシャルHP
http://bisco.org/
■ジルバ オフィシャルHP
http://jitter-bug.jp/
■橋渡し オフィシャルFacebook
https://www.facebook.com/hashiwatashi

■東日本大震災復興支援チャリティライブ L.S.D Presents「希望の日〜a day of hope 2015〜」

8月29日(土) 渋谷 TSUTAYA O-WEST
OPEN15:00 / START15:30
出演:横道坊主、スリルラウンジ、山田晃士、スキマノザラシ、MMS R&R ENGINEERING、染谷俊 with THE SPEARHEAD、Bisco、ジルバ、橋渡し with Friends(渡辺隆雄:Tp、寺岡信芳:Ba、今井秀明:Gu、Itoigawa:Gu、Dr.J:Dr)
<チケット>
前売り1Fスタンディング ¥3,300 2F自由席 ¥3,800
チケット発売中

【関連リンク】
L.S.D Presents「希望の日〜a day of hope 2015〜」公式サイト
スリルラウンジ、リリースを前にニューアルバムのタイトル曲「ルーシーの太陽」リリックビデオを公開
スリルラウンジがオフィシャルYouTubeチャンネルを開設
東日本大震災復興支援チャリティライブ『希望の日』が今年も開催決定!

【関連アーティスト】
横道坊主, 山田晃士, ジルバ, 染谷俊, HHR THRILL LOUNGE
【ジャンル】
イベント, ジャパニーズロック

LINE wanna be Anchors、最新ミニアルバムより「mirror」のセルフプロデュースMVを公開
Wed, 05 Aug 2015 20:00:00 +0900
LINE wanna be Anchors (okmusic UP\'s)

LINE wanna be Anchorsのセルフプロデュースによる新MVが公開された。


【その他の画像】LINE wanna be Anchors

LINE wanna be Anchorsが、8月5日に初の全国流通ミニアルバム『Anchors Is Mine』をリリースした。それに従い、この度ミニアルバムから公開された第二弾MV「mirror」は、脚本、監督、撮影、出演と全てにおいてメンバーのセルフプロデュースにより制作された作品となっている。

さらに、11月3日(火・祝)阿倍野ROCK TOWNではツアーファイナル「Anchors Is ××」の開催も決定した。こちらも併せてチェックしよう。

■「mirror」MV>
https://youtu.be/o08EXy8a9Yw

■ミニアルバム『Anchors Is Mine』

2015年8月05日発売
4on6-0002/¥1,836(税込)
<収録曲>
1. There is (no)one
2. アンチヒーロー
3. WATASHI
4. us
5. ash
6. Mirror
7. 愛の堤防

■【ライヴスケジュール】

08月12日(水) 大阪・梅田シャングリラ
08月15日(土) 大阪・『ボイソニック』
08月21日(金) 兵庫・神戸ART HOUSE
08月22日(土) 京都・GROWLY
08月26日(水) 東京・新宿MARZ
09月20日(日) 東京・新代田FEVER
09月23日(水) 広島・Cave-be
09月24日(木) 大阪・『音エモンpresents LIVE BURGER next vol.6』
10月24日(土) 東京・『吉祥寺ミミノコロック』
11月03日(火・祝) 大阪・阿倍野ROCK TOWN ※ファイナル

【関連リンク】
LINE wanna be Anchors オフィシャルHP
LINE wanna be Anchors、8月に初の全国流通盤をリリース
LINE wanna be Anchors、100円シングルのジャケ写&レコ発イベント詳細を発表
LINE wanna be Anchors、100円シングル「アンチヒーロー」でデビュー

【関連アーティスト】
LINE wanna be Anchors
【ジャンル】
ジャパニーズロック

アンティック-珈琲店-、野外フリーライヴのステージでバンジーを公約!?
Wed, 05 Aug 2015 19:00:00 +0900
8月5日@代々木公園B地区野外ステージ (okmusic UP\'s)

アンティック-珈琲店-が、8月5日(水)に代々木公園でフリーライヴを実施した。

【その他の画像】アンティック-珈琲店-

8月26日(水)にメジャーデビューシングル「千年DIVE!!!!!」を発売するアンティック-珈琲店-(アンティックカフェ)。同楽曲の作詞を大黒摩季が、作曲をdoaの徳永暁人が担当。さらにサウンドプロデュースを、UVERworldを筆頭に様々なアーティストを手掛ける平出悟が手がけ、「千年DIVE!!!!!」は上質なポップチューンとして完成した。

バンドにとっても新機軸を打ち出した楽曲を手に、8月5日(水)の13時より代々木公園B地区野外ステージを舞台に、アンティック-珈琲店-は『メジャーデビュー記念フリーライブ LIVE CAFE 2015 夏「野外でニャッピー2」』と題した無料ライブを開催! これは2006年8月2日に熱狂を生み出した伝説のフリーライブ「野外でニャッピー」の第二弾となる。

この日も都内では猛暑日を記録。灼熱の陽差し降り注ぐ炎天下の中、集まり出したカフェッ仔(観客)たち。開演時間を迎える頃には2000人を越す人たちが来場、アンティック-珈琲店-の登場を心待ちにしていた。

ライブの前に、アンティック-珈琲店-6人目のメンバーの座を狙い生まれた、ヴィジュアル系初のゆるキャラ「ニャッピー」がステージに登場。「ラジオ体操」を題材にし、ヴィジュアル系ファンには浸透している「咲く」や「折り畳み」など、ヴィジュアル系特有の動きを交えたニャッピー体操を行った。

白とストライプの爽やかな衣装で姿を現したメンバーたち。この日がライブ初披露となる『千年DIVE!!!!!』から、ライブはスタート。会場中のカフェッ仔たちが、大きく手の花咲かせ、タオル振りまわし大騒ぎ。続けざま『千年DIVE!!!!!』のC/Wとして収録、アンティック-珈琲店-のライブではつねに熱狂を描き出す『スマイル一番イイ♀〜2015ver.〜』を演奏。キラキラ輝き放つ楽曲に魅了され、キラめく笑顔に包まれてゆくカフェッ仔たち。早くも場内には、照りつける夏の陽差し以上の熱狂が生まれていた。

「俺たちの夢や野望がたくさん詰まった曲です」。みくの言葉に続いて演奏、『千年DIVE!!!!!』のC/Wに収録した『We Can Do It!』を通し、拳振り上げ騒げば、胸をキュンと疼かせる歌メロも魅力的な『Cherry咲く勇気!!』では、広場中にたくさんの手の花が美しく揺れていた。現在の5人になって初めて作った『覚醒ヒロイズム〜THE HERO WITHOUT A "NAME"〜』で観客たちを跳ねさせれば、『メープルガンマン』と『モウソウモモウソロソロ』では、ゆるキャラのニャッピーが舞台上へ乱入。カフェッ仔たちと振りを共にしながら騒げば、演奏するメンバーらと絡んでいた。

「俺たちはメジャーデビューします。みんなのおかげで手に出来ました。手にした以上爆発したいです。これからもよろしくお願いします」(みく)

こちらも『千年DIVE!!!!!』のC/Wに収録。ファンたちへの感謝の気持ちを歌にしたバラードであり、アンティック-珈琲店-流ウェディングソングの『世界にたった一つの温もり』を届け、これからも一緒に未来へ歩み続けることを誓いあっていた。

「これからも、みんなと大きな景色を見ていきたいと思います」。みくの言葉に続き、最後にふたたび『千年DIVE!!!!!』を演奏。この曲に限って写メ撮り放題と撮影を許可。大勢の人たちがケータイ片手にファインダーを舞台上へ向けながらも、演奏に合わせ飛び跳ね大騒ぎ。ふたたびニャッピーも乱入し、大勢のオーディエンスたちと一緒に、この日一番の盛り上がりを描き出していった。

ライブ後、舞台上でメンバーが「『千年DIVE!!!!!』のオリコンシングルチャートのトップ10入りを狙う」ことを宣言。さらに、トップ10入りを目指した公約を発表。もしベスト10に入ったら、「1000m上空からスカイダイビングすること」を公約。惜しくも入らなかった場合は、「100m上からのバンジージャンプをする」と公約。その結果も楽しみにしていようではないか。

最後の最後に、ゆるキャラのニャッピーを交え、訪れた人たちと記念撮影を実施。他にもこの日は、冬にライブハウスを舞台にした全国ツアー「LIVE CAFE TOUR\'15」を行うことも告知。果たして、『千年DIVE!!!!!』はオリコンのシングルチャートのトップ10に入るのか?? メンバーの公約は果たされるのか?? そして、6人目のメンバーの座を狙うゆるキャラのニャッピーが、今後どんな風にアンティック-珈琲店-に絡むのか?? それとも、本当にメンバーになってしまうのか?? その興味は尽きない。

アンティック-珈琲店-は、先にも触れたように8月26日(水)にメジャーデビューシングル『千年DIVE!!!!!』を発売。9月6日(日)には、今年の夏の活動の集大成となるワンマンライブ日比谷野外大音楽堂を舞台に「ANCAFESTA\'15 SUMMER DIVE」を開催する。この日も、真夏の太陽以上に灼熱な熱狂と満面の笑顔の花咲く風景を届けてゆくに違いない。ぜひ、アンティック-珈琲店-と一緒に今年の夏の想い出を素敵な笑顔と共に締めくくろうじゃないか!!

PHOTO:達川範一
TEXT:長澤智典

【セットリスト】
01.千年DIVE!!!!!
02.スマイル一番イイ♀〜2015ver.〜
〜MC〜
03.We Can Do It!
04.Cherry咲く勇気!!
05.覚醒ヒロイズム〜THE HERO WITHOUT A "NAME"〜
06.メープルガンマン
07.モウソウモモウソロソロ
〜MC〜
08.世界にたった一つの温もり
〜挨拶〜
09.千年DIVE!!!!!

【関連リンク】
アンティック-珈琲店- オフィシャルHP
アンカフェ、メジャーデビューシングル「千年DIVE!!!!!」ジャケ写公開
アンティック-珈琲店-がシングル「千年DIVE!!!!!」でビーイングからメジャーデビュー
ビーイングの新ブランド第一弾アーティストがアンティック-珈琲店-に決定

【関連アーティスト】
アンティック-珈琲店-
【ジャンル】
ビジュアル, ジャパニーズロック, イベント

Ki/oon Music主催のイベント「/ SLASH /」にKANA-BOON、BLUE ENCOUNTら4組が出演
Wed, 05 Aug 2015 18:30:00 +0900
「/ SLASH /」ロゴ (okmusic UP\'s)

株式会社ソニー・ミュージックレーベルズ(SML)の音楽レーベル、Ki/oon Musicが主催するライヴイベント「/ SLASH /」の開催が決定した。

【その他の画像】KANA-BOON

Ki/oon Musicは、ASIAN KUNG-FU GENERATION、ギターウルフ、グループ魂、チャットモンチー、電気グルーヴ、NICO Touches the Walls、ねごと、POLYSICS、ユニコーンなど、ロックフェスのメインステージを飾るアーティストが多数名を連ねるSMLきってのロック・レーベル。近年では、KANA-BOON、BLUE ENCOUNTらを筆頭に、活きの良い新世代バンドも登場している。

レーベル名のスペルにもちなんだイベントタイトル「/ SLASH /」は、「才能あふれる新たなアーティストたちが、音楽シーン、そして時代に切り込んでいくこと」を願ってネーミングされている。その趣旨の通り、デビューから3年以内のニューカマーを中心としたライヴイベントとして、今後も不定期開催される予定だ。

記念すべき「/ SLASH / Vol.1」は、11月15日(日)に新木場STUDIO COASTにて開催。2ステージ制を予定しており、出演アーティストとしてまずアナウンスされたのは、KANA-BOON、BLUE ENCOUNT、シナリオアート、DJみそしるとMCごはんの4組。今後更に出演アーティストが追加アナウンスされる予定となっている。オフィシャルサイトでは、8月10日(月)23:59まで最速先行予約の受付を実施中だ。

さらに、本イベントに合わせて、オーディションの開催も決定。音源・ライヴ審査を通過した優秀者は、本ライヴイベントへの出演が約束される。応募資格、受付期間等の詳細は後日発表となるので、続報を待とう。

■「Ki/oon Music presents / SLASH /」

11月15日(日) 新木場STUDIO COAST
14:00開場 / 15:00 開演(21:00終演予定)
出演:KANA-BOON、BLUE ENCOUNT、シナリオアート、DJみそしるとMCごはん and more!!
<チケット>
前売:¥4,000(税込)
1ドリンク代別途必要
※高校生以下キャッシュバックあり(500円)

【最速先行抽選受付】
受付期間:8/5(水)18:00〜8/10(月)23:59
受付URL:http://eplus.jp/slash/
申込枚数制限:お1人様4枚まで
※ご利用には「e+(イープラス)」への会員登録が必要となります(入会金・年会費は必要ありません)

【公式二次先行抽選受付】
受付期間:8/11(火)昼12:00〜8/17(月)23:59
受付URL:http://eplus.jp/slash/
申込枚数制限:お1人様4枚まで
※ご利用には「e+(イープラス)」への会員登録が必要となります(入会金・年会費は必要ありません)

■高校生以下キャッシュバックについて
小学生/中学生/高校生の方は会場にて¥500キャッシュバックいたします。
小学生は、年齢を証明できるものをご持参ください。中学生/高校生の方は学生証をご持参下さい。
※受付方法等の詳細はオフィシャルサイトをご確認ください。

【関連リンク】
「Ki/oon Music presents / SLASH /」オフィシャルHP
KANA-BOON、ついに「ダイバー」MVをラストまで公開!
KANA-BOON、9月に初の日本武道館公演の模様を収めた映像作品をリリース
KANA-BOON、シングル付属特典「ドデ缶バッジ」特設サイトにてコーディネート・スナップを公開

【関連アーティスト】
KANA-BOON, BLUE ENCOUNT, シナリオアート, DJみそしるとMCごはん
【ジャンル】
イベント, ジャパニーズロック

?TRUSTRICK、初の映像作品『TRUSTRICK First Film“Iolite”』を10月にリリース
Wed, 05 Aug 2015 18:00:00 +0900
7月4日(土)@品川ステラボール (okmusic UP\'s)

神田沙也加(Vo)とBilly(Gu)によるユニット、TRUSTRICKが、7月4日(土)に品川ステラボールで行なった「TRUSTRICK PREMIUM LIVE SUMMER“Iolite”」の模様を収めたDVD『TRUSTRICK First Film“Iolite”』のリリースを発表した。

【その他の画像】TRUSTRICK

“Iolite”は6月に渋谷TSUTAYA O-EASTで行なわれたスタンディングライヴ“Garnet”と対をなす、TRUSTRICK初の全着席型ライヴ。本作は舞台装飾、映像、弦カルテットとの共演などさまざまな趣向を凝らした内容の本編だけではなく、初期の企画会議から、リハーサルの模様、当日の舞台裏の様子までが織り交ぜられたドキュメンタリーフィルムとなっており、TRUSTRICK初の映像作品となる。

さらに、この“Iolite”の特別先行上映会が決定! 9月24日(木)に東京・品川プリンスシネマ、翌日の9月25日(金)には大阪・なんばパークスシネマの2ヵ所で開催され、両日ともにTRUSTRICKメンバーが舞台挨拶を行なう。こちらは8月8日(土)10:00よりチケット発売となる。先着になるので要チェックだ。詳細はオフィシャルサイトへ。

また、すでに開催が予告されていた年末12月18日(金)にZepp DiverCity(TOKYO)で行なわれるワンマンライヴ「TRUSTRICK LIVE PROUD 2015“Good Bye Stray Sheep”」のチケット先行受付が、8月5日(水)18:00よりスタート! こちらは、“Iolite”に続く着席型のライヴとなる。こちらもオフィシャルサイトからのリンクを参照してほしい。

■DVD『TRUSTRICK First Film“Iolite”』

2015年10月28日発売
COBA-6864/¥4,500+税

■「?TRUSTRICK First Film“Iolite”特別先行上映会」

9月24日(木) 東京 品川プリンスシネマ
9月25日(金) 大阪 なんばパークスシネマ

■「TRUSTRICK LIVE PROUD 2015“Good Bye Stray Sheep”」

12月18日(金) 東京 Zepp DiverCity(TOKYO)
開場 18:00 開演 19:00

【関連リンク】
TRUSTRICK オフィシャルHP
人気声優の梶裕貴と『アナ雪』の神田沙也加が『GAMBA ガンバと仲間たち』で共演
TRUSTRICK、初の全席着席“プレミアム”ライヴ敢行
TRUSTRICK、攻めの姿勢で挑んだプレミアムなワンマンライブを開催

【関連アーティスト】
TRUSTRICK, 神田沙也加, billy
【ジャンル】
J-POP

浜田麻里、最大のヒット作『Return to Myself』に80年代の邦楽シーンの総括を見た!
Wed, 05 Aug 2015 18:00:00 +0900
浜田麻里『Return to Myself』のジャケット写真 (okmusic UP\'s)

2013年にデビュー30周年を迎えた、伝説の女性ロックヴォーカリスト、浜田麻里。昨年にかけて行なった30周年記念のライヴツアー、また昨年の『サマーソニック』への出演で、全盛期と変わらない美声を、これまた以前と変わらない妖艶なルックスのまま、我々に届けてくれたことも記憶に新しい。今秋はラウドパークへの出演が決まっているほか、通算25枚目となるオリジナルアルバムの制作にも突入と、まだまだ話題豊富な麻里さん。今回は彼女の最大のヒットアルバム『Return to Myself』にスポットを当てる。

「次の“邦楽名盤列伝!”、浜田麻里さんってどうですかね? 麻里さんと言えば、やっぱり『Return to Myself』でしょうねぇ」と編集部にご連絡をいただいて、「いいですねぇ、やっぱ『Return to Myself』になるでしょうねぇ。分かりました!」なんて快諾して本稿を書いているわけですが、白状します。浜田麻里、ちゃんと聴くのは今回が初めてです。ええ。初めてです。そりゃあ、流石に彼女最大のヒット曲「Return to Myself 〜しない、しない、ナツ。」くらいは聴いてます。あと、「Nostalgia」を聴いて、当時「いい曲だなぁ」と思ったことも記憶しています。はい。でも、今まで浜田麻里さんのアルバムを1枚丸々聴いたことはありません。ええ。そうです。言い訳をします。麻里さんのメジャーデビューは1983年。筆者がこの業界に足を踏み入れたときはすでに「Return to Myself 〜しない、しない、ナツ。」が大ヒットしており、未だ音楽ライターとも言えぬ駆け出しのペーペーが取材させてもらえる相手ではなかったのです。いや、それは語弊があります。正確に言うと、私が所属した出版社ではすでに浜田麻里担当がおり、取材する機会が巡ってこなかったのです。これは筆者だけの習性でしょうが、取材しないアーティストの音源はなかなか聴くことがないのです。それで終ぞここまでご縁に恵まれなかったのです。

筆者が浜田麻里さんの音源をちゃんと聴いてこなかったのにはもうひとつ理由があります。学生の頃、筆者はパンク〜ニューウェイブ好きでした。80年代に高校生〜大学生だった人で音楽好きなら少しばかり共感してくださるかもしれませんが、パンク〜ニューウェイブ…特にパンクとハードロック〜へヴィメタルとは相性があまりよくありませんでした。少なくとも自分が育った地方ではそうでした。パンクにとってはハードロック〜へヴィメタルが、ハードロック〜へヴィメタルにとってはパンクが嘲笑の対象という不毛な諍いがありました。麻里さんのメジャーデビュー時、“麻里ちゃんは、ヘビーメタル。”というキャッチコピーが付けられていました。コピーライターは糸井重里氏です。セックス・ピストルズだのザ・スターリンだのを好きで聴いていただけで、出で立ちまでがモロにパンクスというわけではなかった筆者ではありましたが…そうした半端なパンク好きだったからこそかもしれませんが…ハードロック〜へヴィメタルというだけで毛嫌いして手に取ることがありませんでした。完全にかわいそうな子でした。その点は今もあまり変わっていません。

楽屋オチはここまでとして、面倒なので文体を変えます…というわけで、完全初見で浜田麻里のアルバム『Return to Myself』を聴いてみたのだが、生粋のファンにとっては「今さら言うな!」という話だろうが、流石に優れたアルバムである。これまた改めて言うことではないだろうが、やはりヴォーカリゼーションが素晴らしい。浜田麻里の特徴と言えばハイトーンボイスだが、妙なフェイクを使ったり、過度にオクターブの広さを強調するわけではないところが実にいい。アーティストの個性だけが突出しているのではなく、メロディーにちゃんと寄り添っていると言えばいいか。上手いは上手いのだが、変な自己主張がなく、それでいてしっかり浜田麻里であることがわかる。これはまさに天性のものだろう。英語詞も少なくないので全部が全部そうだとは言えないが、歌詞が聴き取りやすいのも歌唱法によるところだと思う。当世のR&Bを否定するわけではないが、リズムに沿うあまりにか、歌は上手いかもしれないが、言葉に力が感じられないアーティストがいないこともない。そんな気がする。だが、浜田麻里は違う。ヴォーカリゼーションにパンチがあるうえに、言葉もしっかりと伝わってくる。

いくらハードロック〜へヴィメタルの毛嫌いから浜田麻里を聴いてこなかったとはいえ、徐々に彼女からハードロック色が薄まっていったことくらいは耳にしていたし、それこそ「Return to Myself 〜しない、しない、ナツ。」辺りを聴けばそれも実感できた。しかし、今回『Return to Myself』を聴いてみて、ここまで時代性を取り入れていたことには正直言って驚いた。具体的に言うと、M3「Emotion in Motion」と、M9「With All My Love」のブラックミュージック的要素である(『Return to Myself』以前の彼女の音源も聴けていないので、もしこれ以前からブラックミュージック全開だったら謝罪します)。『Return to Myself』の発表が1989年。同じ年、日本での“ブラック・ミュージックのパイオニア”久保田利伸のベスト盤が『the BADDEST』がミリオンセールスを記録しており、この年までの2〜3年間でR&Bやダンスミュージックが邦楽シーンにも定着していた頃である。ここに因果関係を見出すのは穿った見方だろうか。かと言って、当代の女性R&Bシンガーとは異なり、彼女ならではの腰の据わった歌唱法で独特の楽曲に仕上げてある。個人的に最も注目したのはM5「Second Wind」。このメロディーは一体何だ!? 歌謡曲か? ニューミュージックか? いずれにせよ、最近聴かないタイプだ。サウンドはどこかスペイシーで、後半の鳴きのギターと相俟って何となく神々しくもある(大袈裟!?)。こんな楽曲はそうそうない。

無論、ザクザクしたギターサウンドのM4「Walking on the Borderline」、リフ系の王道ハードロックM6「Only in My Dreams」、エイトビートでオールドスクールなR&RのM8「We Should Be So Lucky」と、デビュー時の彼女のイメージに近いタイプの楽曲もしっかりと収録されていて…これも半可通の戯言なのかもしれないが…なるほど、“Return to Myself”というタイトルも伊達じゃないという印象もある。随所で聴こえる電子音と、AORっぽい演出には若干苦笑いではあったが、それも含めて80年代の香りとして肯定したい。このアルバムは1989年に発表されたもので、制作サイドが意識したかどうかはともかく、80年代の邦楽シーンの総括という意味合いがあったのかもしれない。メロディー、サウンドを含めて80年代を通ってきた者にはしっくりくると思う。ここまで何となく浜田麻里を聴かないで来た奴が上からこんなことを言うのも何だが、40〜50代の音楽好きで、今まで浜田麻里を聴いてなかった読者には是非おすすめしたい名盤である。“あの頃”が蘇ると思う。筆者は『Return to Myself』を聴いて盛り上がってしまい、「Nostalgia」をYouTubeで探して聴いてみた。《連れていって 遠くせつない/恋だけが憧れだけだった頃へ Nostalgia》。…これがまた、相当な涙腺決壊なメロデイー&歌詞で、「戻れねぇ。戻れねぇッスよ、麻里さん」と思いながら、泣いた。「Nostalgia」が収録されているアルバム『COLORS』も聴いてみよう。

【関連アーティスト】
浜田麻里
【ジャンル】


Plastic Tree、有村のソロシーンなど見どころ満載な新曲MVを公開
Wed, 05 Aug 2015 17:30:00 +0900
Plastic Tree (okmusic UP\'s)

Plastic Treeが9月2日にリリースするニューシングルのタイトル曲である「落花」のMVを公開した。

【その他の画像】Plastic Tree

前々作「マイム」、前作「スロウ」と同様、映像監督の今井俊彦がMVを担当。先日公開された新アーティスト写真と同様に、白衣装に身を包んだヴォーカル・有村竜太朗の存在感が際立つ中、疾走感あふれるバンドの演奏シーン、和文学的な歌詞の世界観を表現した有村のソロシーン、独特な質感の花がカットインするなど、オリジナリティあふれる仕上がりとなった。

ジャケットのアートワークを手がけたのは前々作「マイム」、前作「スロウ」に引き続き、今回も人気アニメーション作家ユニット、劇団イヌカレーの泥犬で、こちらもPlastic Treeの世界感と劇団イヌカレーの世界観が見事にハマっている。なお、全4種のジャケットは繋がっていて、すべてを並べると1枚の絵になる。

■「落花」MV
https://youtu.be/gE1cXpRJZCQ

【関連リンク】
Plastic Tree オフィシャルHP
UROBOROSがTVアニメ「六花の勇者」OP主題歌を担当
Plastic Tree、ニューシングル「落花」アートワークと最新ヴィジュアルを公開
UROBOROS、1stミニアルバムの片鱗を示すトレイラー解禁

【関連アーティスト】
Plastic Tree
【ジャンル】
ビジュアル, ジャパニーズロック

椎名林檎、今年の夏を彩る「長く短い祭」「神様、仏様」のMV全篇公開
Wed, 05 Aug 2015 17:00:00 +0900
「長く短い祭」MV (okmusic UP\'s)

椎名林檎が8月5日にリリースする両A面ニューシングル「長く短い祭/神様、仏様」、その両曲のMVが全篇視聴開始となった。

【その他の画像】椎名林檎

すでに先行トラックとして配信中の「長く短い祭」がiTunes週間ソングチャート1位(7月27日〜8月2日)を獲得し、今夏一番のヒットを予感させる中、ついにシングルパッケージの発売となった。

「長く短い祭」は、現在「コカ・コーラ」2015年サマーキャンペーンCMソングとして好評オンエア中のナンバー。ブラジリアンなスパイスと江戸好みな引き算の効いたダンスチューンで、東京事変などでおなじみの伊達男、浮雲とのデュエット曲でもあり、聴く者の熱情、そして衝動を掻き立てる極上のサマーアンセムとなっている。

「神様、仏様」は、椎名出演で話題のCM、auスマートフォン「isai vivid」CMソングとして書き下ろされ、盟友・向井秀徳(ZAZEN BOYS)が参加。椎名作品では初の共演となる。ヒステリックかつ倦怠感あふれる椎名の歌唱と、向井による斬り口鮮やかな裂帛のフロウ。その絶妙な絡み合いは必聴だ。さらに、村田陽一が手がけるスリリングなホーンセクションは楽曲を絶頂へと誘う。

初回完全限定生産となる本作。CD特典には、今秋開催予定のツアー先行予約案内を封入している。

■「長く短い祭」MV
https://www.youtube.com/watch?v=3LVAmMxICoA

■「神様、仏様」MV
https://www.youtube.com/watch?v=42W8bxW14sU

【関連リンク】
椎名林檎 オフィシャルHP
本日7月31日のMステ、4年ぶりTUBE夏ソング・グループ魂「彦摩呂」ほか
夏フェスマストコンピ『BEST EMI ROCKS 2015』、 超お買い得の900円!
真夏がやって来た! お祭りを彩ってくれる小粋な5曲

【関連アーティスト】
椎名林檎, 東京事変, ZAZEN BOYS, 村田陽一
【ジャンル】
ジャパニーズロック, テレビ(番組/CM)

ポルノグラフィティ、今年の夏を彩る「Ohhh!!! HANABI」を先行配信
Wed, 05 Aug 2015 16:30:00 +0900
ポルノグラフィティ (okmusic UP\'s)

ポルノグラフィティが8月19日にリリースする10枚目のアルバム『RHINOCEROS』より、リード曲の「Ohhh!!! HANABI」が各音楽配信サイトで先行配信スタートとなった。

【その他の画像】ポルノグラフィティ

同曲は先日の「Amuse Fes 2015 BBQ in つま恋〜僕らのビートを喰らえコラ!」でアンコール1曲目に初披露され、会場全体がタオルを振り回すほど、初めて聴く曲とは思えないほどの盛り上がりを見せたナンバー。新たなポルノの夏ソングになることは間違いないだろう。

SNS上で花火の写真と「Ohhh!!! HANABI」というタイトルをいっしょに投稿する人も多く、これからの花火のシーズンにもピッタリの楽曲となっている。

■「Ohhh!!! HANABI」先行配信
・iTunes
https://itunes.apple.com/jp/album/rhinoceros/id1022321182?app=itunes&ls=1
・レコチョク
http://recochoku.com/s0/ohhanabi/

【関連リンク】
ポルノグラフィティ オフィシャルHP
ポルノグラフィティ、新曲「Ohhh!!! HANABI」ビデオクリップ公開
ポルノグラフィティ、記念すべき10thアルバムを8月19日にリリース
ポルノグラフィティ、アルバム『RHINOCEROS』リリース&ホールツアー開催決定

【関連アーティスト】
ポルノグラフィティ
【ジャンル】
J-POP

活動15年目を迎えるMERRY、11月に初の主催フェスを開催
Wed, 05 Aug 2015 16:00:00 +0900
MERRY (okmusic UP\'s)

8月5日にニューシングル「Happy life」をリリースしたMERRYが、初の主催フェス「NOnsenSe MARkeT 3F ?ラムフェス?」の開催を発表した。

【その他の画像】MERRY

2001年11月7日に高田馬場AREAで初ライヴを行ない、今年11月7日で活動15年目を迎えるMERRY。そんな彼らが満を持して初の主催フェス「NOnsenSe MARkeT 3F -ラムフェス-」を開催する。日程は11月5日(木)の東京・品川ステラボール、11月7日(土)の京都KBSホールの2公演。出演バンドはまだ明らかにされていないが、詳細は随時発表されていくので要チェックだ。

そして、ニューシングル「Happy life」表題曲のMVのフルver.と、新アーティスト写真も公開された。ショートver.が公開されるやいなや、女性アイドルグループの仮面女子との異色コラボや、インパクトのあるトマト合戦、小型無人機・ドローンでの撮影などで話題を集めたが、フルver.ではその全貌が楽しめる。

また、ガラ(Vo)の満面の笑顔がファンの間で話題騒然となった先行アーティスト写真から新アーティスト写真が更新された。HAPPY感漂う黄色と、つぶれたトマトの赤、その鮮烈な色の前で挑発的なポーズをとるガラ。《世界がどうなったって別にそれでいい》と高らかに歌いながらMERRY流の幸福論を打ち立てた「Happy life」を、端的に表現した仕上がりになっている。

なお、「Happy life」はiTunes Music Storeで世界111ヵ国への配信が開始された。

■「Happy life」 iTunes URL
https://itunes.apple.com/jp/album/happy-life-single/id1025709057

■「Happy life」MV
https://youtu.be/uvCd9wHNiNA

■MERRY主催フェス「NOnsenSe MARkeT 3F -ラムフェス-」

11月05日(木) 東京 品川ステラボール
11月07日(土) 京都 KBSホール

【関連リンク】
MERRY オフィシャルHP
MERRYの対バンツアー第2弾出演者にガガガSP、a flood of circle、LIPHLICH等が登場
MERRY、対バンツアー第2弾開催&ニューシングル「Happy life」詳細を発表
MERRY、ニューシングル「Happy life」リリース発表&対バンツアーにて初披露

【関連アーティスト】
MERRY, 仮面女子
【ジャンル】
ビジュアル, ジャパニーズロック

KANA-BOON、ついに「ダイバー」MVをラストまで公開!
Wed, 05 Aug 2015 15:00:00 +0900
KANA-BOON (okmusic UP\'s)

KANA-BOONがニューシングル「ダイバー」より、表題曲のMVフルバージョンを公開した。

【その他の画像】KANA-BOON

フルバージョンでは、公開済みの映像で伏せられていたラストシーンをついに見ることができる。今回は“宇宙”をテーマに作成されているMVだが、地球を救うために立ち上がったKANA-BOONに訪れる結末やいかに……。

■「ダイバー」MV
https://youtu.be/F6BCWSAp92E

【関連リンク】
KANA-BOON オフィシャルHP
KANA-BOON、9月に初の日本武道館公演の模様を収めた映像作品をリリース
KANA-BOON、シングル付属特典「ドデ缶バッジ」特設サイトにてコーディネート・スナップを公開
KANA-BOONの主題歌披露に『NARUTO』原作・岸本斉史が感動!

【関連アーティスト】
KANA-BOON
【ジャンル】
ジャパニーズロック

不思議ちゃんバンド、ミケトロイズが下北沢でゲリラキャンペーン
Wed, 05 Aug 2015 14:30:00 +0900
ミケトロイズ (okmusic UP\'s)

ガールズ3ピースバンドのミケトロイズが、7月22日に初の音源となるワンコインシングル「東京ミケネコレクション」をヴィレッジヴァンガード下北沢店限定でリリースした。

【その他の画像】ミケトロイズ

当初100枚限定と謳われたこのシングルだが、その不思議ちゃんぶりが炸裂し、予約を含め瞬く間に無くなり、急きょ追加製造がされる程の売れ行きで現在大きな話題となっている。

このシングルはメンバー自身が手作りでCDを組み立てて、さらに数枚に1枚、直筆メッセージカードが封入されているというメンバーの愛情と“アタリ”付きCDが店舗で大展開され話題となった。

そんなミケトロイズが更にシングル大好評記念として、下北沢ツイートキャンペーン「ミケネコドタバタニャン道中!in下北沢」を行う! これはメンバーが下北沢の街に現れ、ライブハウスや古着屋、雑貨屋などにメンバーがゲリラ的に突撃し、様々な人と写真を撮りそれをどんどんツイートしていくというもの。

また、ファンがメンバーを見つけた場合、「東京ミケネコレクション」を持参すればその場でサインをし、写真撮影後ツイートするというファンまでも巻き込む、不思議ちゃんらしいキャンペーンとなっている。

そして、ミケトロイズは4月より怒涛の7ヶ月連続自主イベント『ミケネコ七変化』を敢行中! こちらのチェックもお忘れなく。

■「ミケネコドタバタニャン道中!in下北沢」日程

8月05日(水)18:30〜21:00
8月09日(日)15:00〜18:00

【関連リンク】
ミケトロイズ オフィシャルHP
ミケトロイズ、初音源となるワンコインシングルを7月22日(水)にリリース
注目のイベント「ガールズトーク」、2015年第2弾のラインナップが決定!
かりゆし58やガガガSPが出演! LD&Kがレーベルイベント開催を発表!

【関連アーティスト】
ミケトロイズ
【ジャンル】
J-POP

amazarashi、学校のトイレを舞台にした新曲「スピードと摩擦」のMVを公開
Wed, 05 Aug 2015 14:00:00 +0900
「スピードと摩擦」MV (okmusic UP\'s)

amazarashiが8月19日にリリースする2ndシングル「スピードと摩擦」のMVが公開された。

【その他の画像】amazarashi

これまで一切素顔を明かさずミステリアスな世界観を創り上げながら、1万人規模のライヴのチケットは5分で完売を果たすamazarashi。江戸川乱歩没後50年記念アニメ『乱歩奇譚』の主題歌にも起用された2ndシングル「スピードと摩擦」の発売に先駆け、この度YouTubeにて新作映像を解禁した。

日常生活で悩みやストレスを感じる人が多い現代社会。今回のMVでは、若者が抱える焦燥感をテーマに、ストレスの象徴であり、かつ江戸川乱歩的な閉塞空間の象徴でもある『学校のトイレ』で一人の女子高生が踊り狂う様子が描かれている。

映像では、この閉塞空間が孤独や未来への絶望感を暗示し、また、壁から照射される光の歌詞が彼女自身の苦悩とリンクして彼女を苦しめる。そして、切り替わる演者の激しいダンスにより、彼女の内面的狂気が徐々に露わに。どちらが彼女の本当の姿なのか? 力強さとともにエロスさえも感じる激しいダンスから、閉塞的な人生の中であがく若者の魂を表現した作品となった。

このMVは、世界的に注目される音楽のイベント『サウス・バイ・サウスウエスト』にてアジア初の受賞を果たした気鋭のクリエイティブブティック『SIX』の本山敬一氏がクリエイティブ・ディレクションを担当。amazarashiのMVとしては、SPACE SHOWERのBest Videosに選出された「穴を掘っている」、700万回以上再生された「季節は次々死んでいく」に続く3作目となる。

壁に広がる文字がインパクト絶大なMVだが、壁を繰り抜き照射された文字は全4,506文字、撮影時間は47時間に及ぶ。 出演者のオーディションは、全員が実際にトイレでダンスをするという異例の形で進められ、選考は約10時間に渡った。中には壁をよじ登る人、トイレットペーパーを食べる人、便器に顔を突っ込む人も。当日、振付・出演を行なった川村美紀子氏がダンスを披露した際には、踊りに熱中するあまりトイレそのものを破壊してしまうという一幕も。

また、MVの舞台となっている『トイレ』は、文化賞メディア芸術祭でも受賞経験のあるメディアアーティスト齋藤達也氏がテクニカルディレクターとして参加し、制作された。 単にプロジェクションマッピングで投影するのではなく、あえて物理的に文字の形にくりぬいた壁を通じて光の文字を作り、中にいる人間に投写している。

このアナログ・デジタルな空間は、 10代の苦悩と焦燥感を生々しく浮かび上がらせ、お経のように繰り抜かれた壁一面の文字列が、トイレという閉鎖空間の圧迫感を否応なしに感じさせる。10代にとっての『トイレ』という場所の持つ意味合いをえぐりだすアート作品となった。

まずは公開されたMVを視聴して、シングルへの期待を高めてほしい。

■「スピードと摩擦」MV
https://youtu.be/kOGcd19soPw

■シングル「スピードと摩擦」

2015年8月19日発売
【初回生産限定盤】(CD+DVD)
AICL-2930/¥1,800+税
<収録曲>
1. スピードと摩擦
2. 風邪
3. 名前
4. スピードと摩擦 (acoustic Version)
5. スピードと摩擦 (instrumental)
6. 風邪 (instrumental)
7. 名前(instrumental)
<DVD>
LIVE @niconico 2015.05.12
1. 光、再考
2. ムカデ
3. 季節は次々死んでいく
4. 無題
5. スターライト

【通常盤】(CD)
AICL-2932/¥1,200+税
<収録曲>
1. スピードと摩擦
2. 風邪
3. 名前
4. スピードと摩擦 (acoustic Version)

【期間生産限定盤】(CD)
AICL-2975〜2976/¥1,300+税
<収録曲>
1. スピードと摩擦
2. 風邪
3. 名前
4. スピードと摩擦 (acoustic Version)
5. スピードと摩擦 (TV Edit)
※スピードと摩擦 「乱歩奇譚 Game of Laplace」 OPノンテロップムービー ダウンロードコード封入

【関連リンク】
amazarashi オフィシャルHP
amazarashi、2ndシングル「スピードと摩擦」の48時間限定フル試聴がスタート
amazarashi、話題の2ndシングル「スピードと摩擦」ジャケ写&詳細解禁
「乱歩奇譚」のテーマは「人間認識」、OP先行カット&岸監督のコメント到着

【関連アーティスト】
amazarashi
【ジャンル】
ジャパニーズロック

flumpool、新作ジャケ写にちなんだスペシャル企画がスタート!
Wed, 05 Aug 2015 14:00:00 +0900
flumpool (okmusic UP\'s)

8月5日にニューシングル「夏よ止めないで〜You\'re Romantic〜」をリリースしたflumpoolが、同作のアートワークにちなんだスペシャルサイト「ロマンティックレンズ」を開設した。

【その他の画像】flumpool

今作のジャケットおよびアーティスト写真は、メンバー4人がレンズを手に持ち、それぞれの顔の一部を拡大させた遊び心がある仕上がりとなっており、それをファンにも楽しんでもらおうと企画された。自身がセレクトした写真にレンズを当てて自在に拡大でき、どんな写真も「夏よ止めないで〜You\'re Romantic〜」のジャケットにできる。完成した画像は、InstagramやTwitterなど各種SNSでシェアができるので、この機会に思い思いのジャケットを作ってトライしてみよう。

また、先週からスタートしている「みんなに聞かせたい!あなたがオススメするflumpoolプレイリスト!」と題したYouTubeの再生リスト機能を活用した企画も8月7日(金)まで受付中だ。

■ロマンティックレンズ スペシャルサイト
http://flumpool.jp/romanticlens/

■シングル「夏よ止めないで〜You’re Romantic〜」

発売中
【初回限定盤】(CD+DVD)
AZZS-37/¥1,700+税
<収録曲>
01.夏よ止めないで〜You\'re Romantic〜
02.キミがいたから
03.Let Tomorrow Be(Special Track)
<DVD>
01.「SAKAI PerfecTV!」

【通常盤】(CDのみ)
AZCS-2047/¥1,200+税
<収録曲>
01.夏よ止めないで〜You\'re Romantic〜
02.キミがいたから
03.Let Tomorrow Be(Special Track)
04.夏よ止めないで〜You\'re Romantic〜(Instrumental)
05.キミがいたから(Instrumental)
06.Let Tomorrow Be(Instrumental)

【関連リンク】
flumpool オフィシャルHP
flumpool、YouTubeプレイリスト企画がスタート
flumpoolが「夏よ止めないで 〜You\'re Romantic〜」のMVを公開
flumpool、台湾にて3度目のスペシャルライブを開催

【関連アーティスト】
flumpool
【ジャンル】
ジャパニーズロック, J-POP

BUMP OF CHICKEN、歴史に新たな一歩を刻むスペシャルライヴで観客を魅了
Wed, 05 Aug 2015 13:30:00 +0900
8月4日(火)@横浜アリーナ (okmusic UP\'s)

BUMP OF CHICKENが、7月30日(木)にインテックス大阪、8月4日(火)に横浜アリーナで、シングル「Hello,world! / コロニー」(4月リリース)CD購入者限定のリリース記念スペシャルライヴ「BUMP OF CHICKEN Special Live 2015」を実施した。

【その他の画像】BUMP OF CHICKEN

当ライヴは会場キャパに対して応募が殺到したため、急遽8月4日(火)の横浜アリーナの模様を、全国の劇場でBUMP OF CHICKEN初のライヴビューイングと合わせて実施したメモリアルな公演となった。

オープニングSEが鳴り止み、本編は「パレード」からスタート。楽曲から連想される映像がメンバーのバックに映し出され、曲の展開と呼応するようにオーディエンスのテンションも上がっていく。そして、2曲目ではTVアニメ『血界戦線』のオープニングテーマとして書き下ろされた楽曲 「Hello,world!」が早速披露された。疾走感と力強さを備えたロックチューンに、会場のボルテージはすでに最高潮へ。その後、ひさしぶりに演奏された楽曲やライヴ初披露のナンバーを経て「ファイター」に続くと、ミドルテンポの楽曲を藤原基央(Vo&Gu)が丁寧に歌い上げる姿にオーディエンスは酔いしれた。

そして、ライヴは終盤戦に入り、藤原がオーディエンスにコール&レスポンスを要求する。藤原の“OH-”のコールに対し、13,000人のオーディエンスの“OH-”が重なる形で始まった楽曲は、このところのライヴのキラーチューン「虹を待つ人」。そして、「ray」でメンバーと会場が一体になり、最高の盛り上がりを見せて本編は終了した。

アンコールでは、両A面シングルのもう1曲「コロニー」が披露され、ドラマティックな展開を見せる壮大なバラードに会場は再び酔いしれた。「WILLPOLIS 2014」FINAL 東京ドーム公演から1年ぶりのライヴはBUMP OF CHICKENの歴史に新たなる一歩を刻み、2日間でライヴ会場:23,000人、ライヴビューイング会場:47,000人の計:70,000人を魅了した。

【セットリスト】
01.パレード
02.Hello,world!
03.ハンマーソングと痛みの塔
04.才悩人応援歌
05.morning glow
06.ファイター
07.太陽
08.ギルド
09.ハルジオン
10.embrace
11.虹を待つ人
12.乗車権
13.supernova
14.ガラスのブルース
15.ray
EN1.コロニー
EN2.メーデー

Photo by 古溪一道

【関連リンク】
BUMP OF CHICKEN、横アリ公演ライブビューイングの入場者特典が決定
闘魂注入!聴くと気合が入る曲 〜スポーツ選手編〜
BUMP OF CHICKEN、初のライフ?ヒ?ューインク?開催か?決定
「血界戦線」岩崎太整による劇中BGMやBUMP OF CHICKEN「Hello,world!」TVサイズも収録したサントラリリース

【関連アーティスト】
BUMP OF CHICKEN
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

BIGMAMA×FM802リスナーで作った 「神様も言う通りに」MV公開
Wed, 05 Aug 2015 13:00:00 +0900
BIGMAMA (okmusic UP\'s)

BIGMAMAと「ROCK KIDS 802」(月〜木 21時より放送)がリスナー(ラジ友)と一緒に作った「神様も言う通りに」のMVが完成した。

【その他の画像】BIGMAMA

「神様も言う通りに」はBIGMAMAの金井政人が昨年の大阪マラソンに出走した際、応援してくれた FM802リスナーへのお返しとしてFM802で期間限定先行O.AしたFM802リスナーにも人気の1曲。そんな同曲のMVは歌詞にある「たった3秒あれば僕達は未来を変えていける」にちなんで、3秒動画をリスナーから募集してつくられた。

今週末に迫ったFM802のフリーライブイベント『MEET THE WORLD BEAT』で大合唱すべく、ぜひチェックしてほしい。

■「神様も言う通りに」MV
http://www.greens-corp.co.jp/mtwb_bigmama/

【関連リンク】
BIGMAMA オフィシャルHP
「UKFC on the Road 2015」開催記念事前番組がスペシャアプリにて生配信
BIGMAMA、地域ごとに歌詞が違うご当地限定シングルをリリース
BIGMAMA、新木場STUDIO COASTでの追加公演決定

【関連アーティスト】
BIGMAMA
【ジャンル】
ジャパニーズロック

中森明菜、50枚目のシングルは“苦悩の日々を歌った渾身作”!
Wed, 05 Aug 2015 12:30:00 +0900
中森明菜 (okmusic UP\'s)

中森明菜の2015年第2弾シングルのリリースが決定した。

【その他の画像】中森明菜

タイトルは「unfixable」。日本語に直訳すると“再生不能”で、初の全編英語詞のシングルとなっている。先日7月13日に50歳の誕生日を迎えた明菜だが、今作はちょうど50枚目のシングル(デジタルシングル含む)。“中森明菜の苦悩の日々を歌った渾身の作品”になっていて、ファンには大きな衝撃を与えることになりそうだ。

本人は2014年に続き、2015年も海外レコーディングを継続して行なっている。表題曲はこのレコーディングで制作された作品で、レコーディングした数曲の中から、50歳最初の新曲として選んだのが「unfixable」。海外の4人の作家によって、共同制作された。

カップリング曲の「雨月」は日本語詞で制作されており、その詞の内容が彼女の活動休止中の気持ちを綴った作品となっている。“自分ではどうにもならない苛立ち、焦り…でも、それを乗り越えようと本当に少しづつ、少しづつ頑張っていると、小さいかもしれない、少しかもしれないけれども必ず一筋の光が見えてくる…。”とのことで、本人はこの曲を改めて聴いていると涙が出てくると語っている。

まさに約4年という苦悩と病気との闘いの日々、そして『NHK紅白歌合戦』への出演を決めた心情を歌ったものともとれるこの曲は、自身にとっても、応援をしてくれた一人一人のファンに対しても、意味のある作品として制作されたものと言える。

■中森明菜 オフィシャルHP http://nakamoriakina.com/

■シングル「unfixable」

2015年9月30日発売
【初回完全限定生産盤】(CD+DVD)
UPCH-7048/¥1,700+税
【通常盤】(CDのみ)
UPCH-5853/¥1,200+税
<収録曲>
01.unfixable
02.雨月
03.unfixable(Instrumental)
04.雨月(Instrumental)
<DVD>
01.unfixable(イメージ映像)

【関連リンク】
中森明菜、ついにリリースとなったカバーアルバム『歌姫4』特典映像を公開
中森明菜、5年半ぶりのシングル「Rojo -Tierra-」初回限定盤付属特典映像を公開
中森明菜のカヴァー企画「歌姫」の最新作、先行配信&iTunes予約がスタート
中森明菜、5年半ぶりの新曲が配信スタート!

【関連アーティスト】
中森明菜
【ジャンル】
J-POP

怒髪天、ユーモア炸裂のイベント「響都ノ宴」「長野闘気オレンピック」が今年も開催決定!
Wed, 05 Aug 2015 12:00:00 +0900
怒髪天 (okmusic UP\'s)

怒髪天が、毎年恒例で行なっているイベント「響都ノ宴」を11月1日(日)、2日(月)、3日(火)の3日間、京都・磔磔で開催することを発表した。

【その他の画像】怒髪天

今年8回目を迎えるこのイベント。これまでも“いいものはいい”をテーマに、ユニークな対バンをブッキングと、怒髪天ならではの独自のコンセプトによって開催されてきたイベントなだけに、各日程に付いているサブタイトルからしても、どのような内容となるのか楽しみなところだ。出演者などの詳細は追って発表される。

また、12月13日(日)には年末恒例のNAGANO CLUB JUNK BOXでのワンマンライヴも決定した。「NAGANO CLUB JUNK BOX 16th Anniversary 長野闘気オレンピック2015 "STAR BOSE 帝蓄の逆襲"」と題され、怒髪天ならではのユーモアたっぷりのタイトルが期待できる。

8月11日(火)には、東京・明治神宮外苑で催される神宮外苑花火大会で行なわれるプログラム『「LIGHT UP NIPPONどっかん祭り」in 神宮軟式球場』にも出演し、日本の夏を彩る。

■怒髪天 オフィシャルHP http://dohatsuten.jp/

■「怒髪天 presents “響都ノ宴”」

「なんも、札幌でやればいいっしょ。」
11月01日(日) 京都 磔磔

「歌謡パブ磔ちゃん」
11月02日(月) 京都 磔磔

「ドキッ!丸ごとオジサン オヤジだらけのワンマン公演〜新曲ポロリもあるよ〜」
11月03日(火) 京都 磔磔

■「NAGANO CLUB JUNK BOX 16th Anniversary 長野闘気オレンピック2015 “STAR BOSE 帝蓄の逆襲”」

12月13日(日) 長野 CLUB JUNK BOX

■2015 神宮外苑花火大会

8月11日(火) 東京 神宮軟式球場
15:00開場/16:30開演
ゲスト:でんぱ組.inc / はやぶさ / 民謡ガールズ / ビリケン / 岩佐美咲 他

『「LIGHT UP NIPPONどっかん祭り」in 神宮軟式球場』
八代亜紀 / 怒髪天 / 福原美穂 / JAY\'ED / 千鳥 / NON STYLE / 森三中・黒沢&鬼奴 / 佐久間一行
MC:宮川大輔 他
オープニングアクト:チャッキーズ∞インフィニティ / CANDY GO!GO! / Honey Squash / チャメっ娘☆WITCHES 他

■アルバム『音楽的厨房』

発売中
TECI-1463 /¥1,389+税
<収録曲>※クッキングver.
01.オトナノススメ
02.濁声交響曲
03.己 DANCE
04.喰うために働いて 生きるために唄え!
05.酒燃料爆進曲

【関連リンク】
怒髪天が8月にセルフトリビュート的アルバムを発売
怒髪天、今度は福岡県をプチジャック!? ポスターキャンペーンの番外編がスタート!
八代亜紀ら多彩なゲストも出演した『大怒髪展2015』に1300人が熱狂
怒髪天、アルバムリリースに伴い西荻窪を“プチ"ジャック

【関連アーティスト】
怒髪天
【ジャンル】
ジャパニーズロック, J-POP

水曜日のカンパネラ、EP『トライアスロン』より「ユタ」のMVを公開
Wed, 05 Aug 2015 12:00:00 +0900
「ユタ」MV (okmusic UP\'s)

水曜日のカンパネラが4月に発売したEP『トライアスロン』に収録されている「ユタ」のMVが解禁! これで同EPに収録されている3曲すべてのMVが公開されたことになる。

【その他の画像】水曜日のカンパネラ

「ユタ」はサウンドプロデュースにオオルタイチを迎え、これまでの楽曲とは違ったアプローチで作られており、コムアイ(Vo)の新たな側面を表現した楽曲となっている。

それに合わせたかのように、今作のMVはモノクロなトーンから一気にサイケデリックな展開に加速する中毒性の高い映像となっている。監督は『トライアスロン』の1曲目に収録されている「ディアブロ」と同じく渡邉直が担当しており、「ディアブロ」とは全く別のアプローチで水曜日のカンパネラのみならず、監督の表現の幅の広さがうかがえる作品となっている。

今週には、初の台湾でのライブ(超犀利世界好大?)も控えている水曜日のカンパネラ。今年どんな展開を見せてくれるのか、期待をせざるおえない。

■「ユタ」MV
https://youtu.be/kVrxGqXBo0g

【関連リンク】
水曜日のカンパネラ オフィシャルHP
水曜日のカンパネラ、話題のCM楽曲「ツイッギー」をヤフオク!にて先行発売
夏フェスの予習に聴いておきたい5曲
水曜日のカンパネラ、7月1日放送「めざましテレビ」に出演決定

【関連アーティスト】
水曜日のカンパネラ
【ジャンル】
J-POP, ジャパニーズヒップホップ

世武裕子、銀杏BOYZの弾き語りカバー曲を配信リリース
Wed, 05 Aug 2015 11:00:00 +0900
s?buhiroko  (okmusic UP\'s)

名義も新たにオリジナルミニアルバム「WONDERLAND」を9月16日に発売することを発表したシンガーソングライター“s?buhiroko”こと世武裕子。フジテレビ系ドラマ(月9)『恋仲』ドラマ内でオンエアされ、話題となっていた銀杏BOYZ「BABY BABY」のピアノ弾き語りカバーを緊急配信した。

【その他の画像】世武裕子

また、映画・ドラマやCMなどの音楽を手掛ける際は“世武裕子”名義で、JR東海「そうだ京都、行こう。」2015夏キャンペーンCMソングや、映画「ストロボ・エッジ」劇伴なども手掛けている彼女によるフジテレビ系ドラマ「恋仲」オリジナルサウンドトラックも同日配信開始となる。

なお、ドラマのテーマソングをはじめ、話題となっているカバー曲「BABY BABY」も収録されるアルバム『フジテレビ系ドラマ「恋仲」オリジナルサウンドトラック』のCD盤は8月26日に発売される。こちらの発売まで待ちきれない方は、ぜひ配信をチェックしてみよう。

photo by Tetsuya yamakawa

■「BABY BABY」 配信URL
https://itunes.apple.com/jp/album/fujiterebi-xidorama-lian-zhong/id1024937011?app=itunes&ls=1

■アルバム『フジテレビ系ドラマ「恋仲」オリジナルサウンドトラック』

2015年8月26日発売
PCCR-00622/¥2,500+税
<収録曲>
1 「恋仲」メインテーマ
2 恋はいつだって少しほろ苦い
3 ふたりのアオイ
4 こんな気持ちは空に溶けちゃいそうだ
5 優しさと寂しさ
6 24歳
7 サプライズ!
8 仲間
9 この街の花火
10 君のそういうとこが好きだな
11 ぼくらの話をしよう
12 変わったこと、変わらないこと
13 あの日の約束
14 いつか会えるよ
15 本当のことが知りたい
16 あなたの秘密
17 海の見える街
18 忘れないきもち
19 グッドバイ
20 51
21 7年間
22 それぞれの夏〜「恋仲」もうひとつのテーマ〜
23 これからのぼくら
24 BABY BABY/s?buhiroko

■ミニアルバム『WONDERLAND』

2015年9月16日発売
PCCA.4281/¥2,130+税

【関連リンク】
s?buhiroko オフィシャルHP
チャットモンチー、新体制での進化を示す初アルバム『共鳴』を5月13日リリース
チャットモンチー、ニューシングルは女性サポートを加えた新編成“乙女団”でレコーディング
DJ KAORIのレジデントパーティー「THE BIG PARTY」にクマムシがゲスト出演!?

【関連アーティスト】
世武裕子, s?buhiroko
【ジャンル】
J-POP, テレビ(番組/CM)

超特急、Zepp Nagoya公演で代々木2daysのタイトルを発表
Wed, 05 Aug 2015 10:00:00 +0900
8月4日(火)@Zepp Nagoya (okmusic UP\'s)

夏のライブハウスツアーを開催中の超特急が8月4日、夏の全国ライブハウスツアーでのZepp Nagoya公演にて、12月に国立代々木競技場 第一体育館で行う単独ライブの公演タイトルを発表した。

【その他の画像】超特急

そのタイトルは『超特急 CHRISTMAS ONEMAN LIVE 2015 Fantasy Love Train〜君の元までつながるRail〜』。これはメンバーが考案したもので、“どんなライブでも君の近くへ行きたい”という想いが込められている。

また、彼らが2015年の目標にしてきた、この代々木競技場 第一体育館2daysは、全国の8号車がライブに乗車できるようにと、バスツアーが組まれることが発表されている。大阪・名古屋・仙台・新潟の4都市から出発し、バスツアーならではの企画や特典など、全国から足を運ぶ8号車に道中から楽しんでもらえるように、メンバーの工夫や想いが詰まっている。詳細は8月11日にオフィシャルサイトで発表されるとのことだ。

さらに、7月30日にニコニコ生放送で独占放送され、そのショッキングな内容と衝撃的な展開ゆえ自主規制によりWEB上にもアップされなかった話題作「Beautiful Chaser」Music Story Filmフルver.が、8月8日より3週間の期間限定で、無料動画サイトGYAO! にて独占配信されることも分かった。こちらのチェックもお忘れなく!

■『超特急 CHRISTMAS ONEMAN LIVE 2015 Fantasy Love Train〜君の元までつながるRail〜』

12月23日(水・祝) 国立代々木競技場 第一体育館
12月24日(木)国立代々木競技場 第一体育館
<チケット>
指定席:¥6,980(税込)
ファミリー号車席:¥6,980(税込)

【関連リンク】
超特急 オフィシャルHP
超特急、「Beautiful Chaser」のジャケットテーマは“追跡者”
超特急、話題の新曲「Beautiful Chaser」MVが完成
超特急、15分の“問題作”「Beautiful Chaser」Music Story Filmが完成

【関連アーティスト】
超特急
【ジャンル】
J-POP, ライブ













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1