歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2015年08月01日)
バックナンバー
最新ニュース
2015/08/10
2015/08/09
2015/08/08
2015/08/07
2015/08/06
2015/08/05
2015/08/04
2015/08/03
2015/08/02
2015/08/01
2015/07/31
2015/07/30
2015/07/29
2015/07/28
2015/07/27
2015/07/26
2015/07/25
2015/07/24
2015/07/23
2015/07/22
2015/07/21
2015/07/20
2015/07/19
2015/07/18
2015/07/17
2015/07/16
2015/07/15
2015/07/14
2015/07/13
2015/07/12
2015/07/11
2015/07/10
2015/07/09
2015/07/08
2015/07/07
2015/07/06
2015/07/05
2015/07/04
2015/07/03
2015/07/02
2015/07/01
2015/06/30
2015/06/29
2015/06/28
2015/06/27
2015/06/26
2015/06/25
2015/06/24
2015/06/23
2015/06/22
2015/06/21
2015/06/20
2015/06/19
2015/06/18
2015/06/17
2015/06/16
2015/06/15
2015/06/14
2015/06/13
2015/06/12
2015/06/11
2015/06/10
2015/06/09
2015/06/08
2015/06/07
2015/06/06
2015/06/05
2015/06/04
2015/06/03
2015/06/02
2015/06/01
2015/05/31
2015/05/30
2015/05/29
2015/05/28
2015/05/27
2015/05/26
2015/05/25
2015/05/24
2015/05/23
2015/05/22
2015/05/21
2015/05/20
2015/05/19
2015/05/18
2015/05/17
2015/05/16
2015/05/15
2015/05/14
2015/05/13
2015/05/12
2015/05/11
2015/05/10
2015/05/09
2015/05/08
2015/05/07
2015/05/06
2015/05/05
2015/05/04
2015/05/03
2015/05/02
2015/05/01
2015/04/30
2015/04/29
2015/04/28
2015/04/27
2015/04/26
2015/04/25
2015/04/24
2015/04/23
2015/04/22
2015/04/21
2015/04/20
2015/04/19
2015/04/18
2015/04/17
2015/04/16
2015/04/15
2015/04/14
2015/04/13
2015/04/12
2015/04/11
2015/04/10
2015/04/09
2015/04/08
2015/04/07
2015/04/06
2015/04/05
2015/04/04
2015/04/03
2015/04/02
2015/04/01
2015/03/31
2015/03/30
2015/03/29
2015/03/28
2015/03/27
2015/03/26
2015/03/25
2015/03/24
2015/03/23
2015/03/22
2015/03/21
2015/03/20
2015/03/19
2015/03/18
2015/03/17
2015/03/16
2015/03/15
2015/03/14
2015/03/13
2015/03/12
2015/03/11
2015/03/10
2015/03/09
2015/03/08
2015/03/07
2015/03/06
2015/03/05
2015/03/04
2015/03/03
2015/03/02
2015/03/01
2015/02/28
2015/02/27
2015/02/26
2015/02/25
2015/02/24
2015/02/23
2015/02/22
2015/02/21
2015/02/20
2015/02/19
2015/02/18
2015/02/17
2015/02/16
2015/02/15
2015/02/14
2015/02/13
2015/02/12
2015/02/11
2015/02/10
2015/02/09
2015/02/08
2015/02/07
2015/02/06
2015/02/05
2015/02/04
2015/02/03
2015/02/02
2015/02/01
2015/01/31
2015/01/30
2015/01/29
2015/01/28
2015/01/27
2015/01/26
2015/01/25
2015/01/24
2015/01/23
2015/01/22
2015/01/21
2015/01/20
2015/01/19
2015/01/18
2015/01/17
2015/01/16
2015/01/15
2015/01/14
2015/01/13
2015/01/12
2015/01/11
2015/01/10
2015/01/09
2015/01/08
2015/01/07
2015/01/06
2015/01/05
2015/01/04
2015/01/03
2015/01/02
2015/01/01
2014/12/31
2014/12/30
2014/12/29
2014/12/28
2014/12/27
2014/12/26
2014/12/25
2014/12/24
2014/12/23
2014/12/22
2014/12/21
2014/12/20
2014/12/19
2014/12/18
2014/12/17
2014/12/16
2014/12/15
2014/12/14
2014/12/13
2014/12/12
2014/12/11
2014/12/10
2014/12/09
2014/12/08
2014/12/07
2014/12/06
2014/12/05
2014/12/04
2014/12/03
2014/12/02
2014/12/01
2014/11/30
2014/11/29
2014/11/28
2014/11/27
2014/11/26
2014/11/25
2014/11/24
2014/11/23
2014/11/22
2014/11/21
2014/11/20
2014/11/19
2014/11/18
2014/11/17
2014/11/16
2014/11/15
2014/11/14
2014/11/13
2014/11/12
2014/11/11
2014/11/10
2014/11/09
2014/11/08
2014/11/07
2014/11/06
2014/11/05
2014/11/04
2014/11/03
2014/11/02
2014/11/01
2014/10/31
2014/10/30
2014/10/29
2014/10/28
2014/10/27
2014/10/26
2014/10/25
2014/10/24
2014/10/23
2014/10/22
2014/10/21
2014/10/20
2014/10/19
2014/10/18
2014/10/17
2014/10/16
2014/10/15
2014/10/14
2014/10/13
2014/10/12
2014/10/11
2014/10/10
2014/10/09
2014/10/08
2014/10/07
2014/10/06
2014/10/05
2014/10/04
2014/10/03
2014/10/02
2014/10/01
2014/09/30
2014/09/29
2014/09/28
2014/09/27
2014/09/26
2014/09/25
2014/09/24
2014/09/23
2014/09/22
2014/09/21
2014/09/20
2014/09/19
2014/09/18
2014/09/17
2014/09/16
2014/09/15
2014/09/14
2014/09/13
2014/09/12
2014/09/11
2014/09/10
2014/09/09
2014/09/08
2014/09/07
2014/09/06
2014/09/05
2014/09/04
2014/09/03
2014/09/02
2014/09/01
2014/08/31
2014/08/30
2014/08/29
2014/08/28
2014/08/27
2014/08/26
2014/08/25
2014/08/24
2014/08/23
2014/08/22
2014/08/21
2014/08/20
2014/08/19
2014/08/18
2014/08/17
2014/08/16
2014/08/15
2014/08/14
2014/08/13
2014/08/12
2014/08/11
2014/08/10
2014/08/09
ホルモン、“MONSTER ENERGY ULTRA”発売記念イベントで新音源を初お披露目
Fri, 31 Jul 2015 23:00:00 +0900
7月31日@新宿ステーションスクエア (okmusic UP\'s)

MONSTER ENERGYの新商品“MONSTER ENERGY ULTRA”発売記念イベントとして、新宿駅ステーションスクエアにて7月31日(金)から3日間にわたり開催されている『Monster Energy Ultra Unleashed』。そのイベントの初日をマキシマム ザ ホルモンが飾った!


【その他の画像】マキシマム ザ ホルモン

普段はダイスケはん、ナヲの2人がVJをつとめるスペースシャワーTV「モンスターロック」の公開収録が、今回は特別にメンバー全員で行われたのである。

およそ1時間半の公開収録の中では、「ホルモンからの挑戦」として、炎天下の中でホルモンの楽曲「爪爪爪」に合わせてお客さんにヘドバン競争をさせるなど、様々なホルモン流の挑戦企画が行われ、それに勝利した腹ペコにはレアなホルモングッズが詰まったホルモン福袋やメンバーサイン入りのモンスター冷蔵庫など超豪華な賞品がプレゼントされた。

最後の挑戦となった「大声エナジー」は、全員で大声を出して“100エナジー”を目指すというものだったが、「オマーン国」「ウルトラマンコーヒー」などという小学生レベルのワードを新宿のど真ん中で叫ばせ、見事成功! その賞品として初お披露目されたのが、新録版『耳噛じる』に収録される「アバラ・ボブ-アバラ・カプセル・マーケッボブ-」であった。

2002年発売のデビューアルバム『耳噛じる』(現在廃盤)の新録版として、2015年夏頃発売予定の映像作品
「Deka Vs Deka」に同梱されるアルバム新『耳噛じる』。
そして、その中の1曲である「アバラ・ボブ-アバラ・カプセル・マーケッボブ-」。今日のイベントで音源を聴いた腹ペコ達は、そのリニューアルされたタイトルの意味がわかったに違いない。それもそのはず、今回この曲にプログラミングでリアレンジに関わったのは、ミクスチャーロック、デジタルロックの礎を築きワールドワイドに活躍している上田剛士(AA=/THE MAD CAPSULE MARKETS)! マッドカプセル的な劇的リノベーションを遂げた新生「アバラ・ボブ」が爆音でかかるとアルタ前はライブハウスかのようなカオスな空間に。新生『耳噛じる』、そしてそれが収録される夏頃発売予定の映像作品「Deka Vs Deka」への期待が否が応でも高まったのは間違いない!

なお、この模様はスペースシャワーTV“モンスターロック”で2週にわたり放送予定だ。

■【スペースシャワーTV“モンスターロック”とは?】

“モンスターロック”は、日本最大の音楽専門チャンネル
“スペースシャワーTV”で放送されているナヲ・ダイスケはんのMCによる超強力ロックプログラム! 唯一無二の存在感を誇るアーティストから勢い溢れるネクストブレイクアーティストまで、さまざまなジャパニーズ・ロックアーティストたちの"今"を番組ならではの切り口でお届けします。貴重なライブ映像などをはじめ、ここでしか見ることが出来ないアーティストたちの素顔に迫ります!

■放送日:
・本放送 9/1(火)22:00〜23:00   
・リピート放送 9/2(水)23:00〜9/6(日)25:30〜
・本放送 9/8(火)22:00〜23:00   
・リピート放送 9/9(水)23:00〜9/13(日)25:30〜
■視聴方法:
スペースシャワーTV視聴方法ホームページ
http://www.spaceshowertv.com/about/howto/
■公式サイト:http://www.spaceshowertv.com/monsterrock/

【関連リンク】
マキシマム ザ ホルモン オフィシャルHP
感情入り交じる季節、アンビバレンツな気持ちにさせられる5曲
マキシマム ザ ホルモン、ナヲ妊活にあたりライヴ活動一時停止&ツアー開催を発表
AA=が世田谷3DAYSツアーの開催を発表

【関連アーティスト】
マキシマム ザ ホルモン, 上田剛士, AA=, THE MAD CAPSULE MARKETS
【ジャンル】
ジャパニーズロック, イベント

DearLoving、6年ぶりの再メジャーデビュー作『Positive Toy Box』を9月にリリース
Fri, 31 Jul 2015 22:00:00 +0900
DearLoving  (okmusic UP\'s)

結成22年目を迎えたDearLovingが、POJIPOCK RECORD(販売:コロムビア・マーケティング)よりミニアルバム『Positive Toy Box』を9月16日に発売する事を発表した。

【その他の画像】DearLoving

1993年に中学の同級生で結成し、2009年にメジャーデビューを果たしたDearLoving。その後、立て続けに音源をリリースするも、TAKUYA(Dr)の脱退などもあり、所属事務所を離れ自主レーベルを立ち上げて活動を続けてきた。そんな彼等が、約6年ぶりに再メジャーデビューする!

また、今年すでに全国ツアーを4本敢行してきている彼等。3月にはベストアルバムも発売するなど、精力的に活動を行う一方で、2012年から「盲導犬育成啓蒙活動」をはじめ、様々なイベントに出演しており、10月17日(土)には東京FMホールで「チャリティワンワン〜盲導犬に愛の手を〜2015」と題した公演を行う。

本作品に収録されている「エール」は、音楽番組「HOT WAVE」(テレ玉)の8月度OP曲にも決定。8月には全国単独ツアーも控えており、12月5日(土)には結成23周年記念LIVE「23」を新宿ReNYで行う予定だ。

様々な試練を乗り越え、バンドとして走り続けている彼らの活動にこれからも注目していきたい。

■【MASA(Vo) コメント】

「メジャーやインディーズに特別こだわり等はないんですけど、いろんな人に支えてもらいながら地に足つけてやってきた結果なんで、こうして自分達の音楽を一緒に広げてくれるチームの仲間が増えていくのは嬉しいですね。 これからも、ファンを大切にしながら地道にやっていきます。」

■ミニアルバム『Positive Toy Box』

2015年9月16日発売
¥3,000+税
※CD+DVD
<収録曲>
■CD
1.Positive Toy Box
2.七音スマイル
3.サムライソウル
4.伝えたいことがまだあるのに
5.メチャバリ
6.エール
7.僕が思うエンターテイメント
■DVD
1.エールPV
2.エール裏Ver
3.PVメイキング映像
4.エールMASAアングル
5.エールYUKIアングル
6.エールKUROアングル

【関連リンク】
DearLoving オフィシャルHP
J、ニューアルバムの全貌が明らかに!
メガマソ、ニューアルバムリード曲「スノウィブルー」のMV公開
vistlipからの派生ユニットLillが、豪華メンツを迎えた2ndミニアルバムをリリース

【関連アーティスト】
DearLoving
【ジャンル】
ビジュアル, ジャパニーズロック

ミソッカス、メジャー第1弾シングルジャケ写&戦隊ヒーローに扮したアー写を公開
Fri, 31 Jul 2015 20:00:00 +0900
ミソッカス (okmusic UP\'s)

ミソッカスが9月16日にリリースされるメジャー第1弾シングル「ライジングレインボウ」のジャケット写真と、最新アーティスト写真を公開した。

【その他の画像】ミソッカス

TVアニメ『食戟のソーマ』新オープニングテーマでもあるメジャーデビューシングル「ライジングレインボウ」。ジャケット写真にはライジングレインボウという名の通りのでっかい虹がかかった海浜に、体育座りでこちらを覗き込むようなカニの被り物の男がひとり。よく見ると、この男はミソッカスのマイケルTHE ドリームで(Key)ではないか? ちなみにカップリング曲のタイトルは「沢蟹」。それにちなんでカニの被り物なのかどうかは定かではないが、なんともシュールなジャケット写真だ。

もうひとつは、メンバーだと思わしき5人が並んで歩く姿のアーティスト写真なのだが、戦隊ヒーローを、いや戦隊ヒーローになり損ねたコスプレ仕様の時代錯誤感満載なヴィジュアルに仕上がっている。

さらにシングルリリース後間髪入れずに10月7日に発売されるミニアルバムのタイトルも発表された。記念すべきメジャー初ミニアルバムのタイトルは『反逆の♭m7(フラットマイナーセブンス)』。なぜに“反逆"なのか? なぜに“♭m7(フラットマイナーセブンス)"なのか? また、エイベックスというメジャーの土俵で、何を企んでいるというのか? …ヒントは、近くリリースに先駆け解禁される「ライジングレインボウ」のMVにあるのかもしれない。続報を期待して待とう。

あわせて、タワーレコードでの購入者特典も発表。メジャー第1弾シングル「ライジングレインボウ」には「特製"ミソッカスマン"ステッカー」、ミニアルバム『反逆の♭m7』には「代表曲のアコースティックver.収録CD(2曲予定)」、そして、メジャー第1弾シングルとミニアルバムを両方ご購入の方には「シングルアナザージャケット,ミニアルバムアナザージャケットのセット」も特典としてもらえるとのこと。どの特典もなくなり次第終了とのことなので、ご予約はお早めに!

■シングル「ライジングレインボウ」

2015年9月16日発売
【CD+DVD】
AVCD-83300/B/¥1,500+税
※「食戟のソーマ」描き下ろしジャケット仕様
<収録曲>
■CD
1.ライジングレインボウ
(TVアニメ「食戟のソーマ」オープニングテーマ曲)
2.沢蟹
■DVD
1.ライジングレインボウ TVアニメ「食戟のソーマ」オープニング映像
(ノンテロップ版)
2.ライジングレインボウ Music Video

【CD ONLY】
AVCD-83301/¥1,000+税
<収録曲>
1.ライジングレインボウ
2.沢蟹

【関連リンク】
ミソッカス オフィシャルHP
ミソッカス、メジャーデビュー作は『食戟のソーマ』のオープニングテーマ
忘れらんねえよ、インストアイベントに爆弾ジョニー、愛はズボーン、ミソッカスのメンバーが参加
スペース歌謡ロックバンド・ミソッカスがメジャーデビューを発表!

【関連アーティスト】
ミソッカス
【ジャンル】
ジャパニーズロック

Yun*chi、2ndアルバム『Pixie Dust*』アートワークを公開
Fri, 31 Jul 2015 19:00:00 +0900
アルバム『Pixie Dust*』 (okmusic UP\'s)

Yun*chiが9月9日に発売するセカンドアルバム『Pixie Dust*』のアートワークを公開した。

【その他の画像】Yun*chi

ジャケットアートディレクションは7月15日に発売したリードシングル「Lucky Girl*」に引き続き、2013年のジャケット大賞をYun*chiと一緒に受賞した吉田ユニによる作品。たくさんの星屑の集合体によって輝く星になっているという、Yun*chiのアルバムに対する想いを具現化し、美しさと可愛さと毒が共存する女性ならではの印象的なジャケット写真に仕上がった。

また、アルバム収録楽曲タイトルも公開になり、TVアニメのテーマソングに起用されたシングル「Wonderful Wonder World*」「Lucky Girl*」の他、新曲が6曲収録される事が明らかとなった。

なお、8月11日に実施するニコ生放送レギュラー番組「Yun*chiのオールナイトニッポン動画」にて新曲が初公開されるとの事なので、ファンは必ずチェックしよう。

■ニコ生放送「Yun*chiのオールナイトニッポン動画」
http://live.nicovideo.jp/watch/lv229549381

■「Lucky Girl*」MV
https://youtu.be/yil6TLT4JeE

■アルバム『Pixie Dust*』

2015年9月9日発売 
CRCP-40427/¥2,778+税
<収録曲>
1.Lucky Girl*  
※TVアニメ「うーさーのその日暮らし 夢幻編」主題歌
2.Fairy*
3.Doki Doki*
4.FUTURE FUTURE*
5.MIRAI*
6.Jelly*
7.QLL*
8.Kamo*
9.Starlight*
10.nan-nano*
11.gomenne*
12.Wondeerful Wonder World* 
※アニメ「ログ・ホライズン」第2シリーズエンディングテーマ

【関連リンク】
Yun*chi オフィシャルHP
Yun*chi、9月9日に2ndアルバム『Pixie Dust*』をリリース
Yun*chi、シングル発売前夜にニコ生“スナックYun*chi"緊急OPEN決定
「電波諜報局」にYun*chi、大原さやか&伊藤静がゲスト出演、小野大輔のMV公開も

【関連アーティスト】
Yun*chi
【ジャンル】
J-POP

ガガガSP、新作ミニアルバムの “汚"シャレなジャケ写を公開
Fri, 31 Jul 2015 18:30:00 +0900
ミニアルバム『ミッドナイト in ジャパン』 (okmusic UP\'s)

ガガガSPが9月30日(水)にリリースする通算2枚目のオリジナルミニアルバム『ミッドナイト in ジャパン』のジャケット写真が公開となった。

【その他の画像】ガガガSP

今作は“ウディ・アレンになれなかったガガガSP!?”がテーマのもと、彼の映画で名作『ミッドナイト・イン・パリ』に引っ掛けたタイトル『ミッドナイト in ジャパン』として、"汚"シャレという言葉がキーワードになっているのだが、ジャケット写真自体はバーカウンターの真ん中に美しい女性が佇むモノクロ写真が使用され、アルファベット表記のタイトルに洋風な雰囲気を醸し出しており、ガガガらしからぬ「オシャレ」な作品となっている。

これまでのガガガSPといえばフロントマンであるコザック前田がジャケット写真の中で作務衣を着てちゃぶ台を返したり(9thAL『くだまき男の飽き足らん生活』)と、男はつらいよの寅さん的なパワフルな印象が強い物が多かったのだが、今作のこの振り切り方こそがコザック前田の言う"汚"シャレとなっているのだろう。

また、ミニアルバム発売を記念して、横浜・大阪・名古屋でのインストアライブも開催されるとの事で、ライブハウスとはまた違った彼らを観れる機会があるのでこちらも要チェックを。

ウディ・アレン作『ミッドナイト・イン・パリ』という映画はオシャレですが、ガガガSP作『ミッドナイト in ジャパン』は"汚"シャレである!!と豪語するコザック前田率いる、日本屈指の青春パンクバンド・ガガガSPが魅せる大胆な「変化」を覗かせる一枚に期待したい。

■ミニアルバム『ミッドナイト in ジャパン』ダイジェスト映像
https://www.youtube.com/watch?v=NxiKLYFvgbc

■ミニアルバム『ミッドナイト in ジャパン』

2015年9月30日(水)発売
LDCD-50122/B/¥2,300+税
<収録曲>
■CD
1.秋までに
2.かなわない夢
3.君のカケラ
4.祭りのあと
5.男はつらいのさ
6.じゃじゃ馬ならし
7.ミッドナイト in ジャパン
■DVD
ガガガSP 全国行脚ツアー2015「ガガガを聴いたらサヨウナラ」
2015.6.27 梅田シャングリラ ツアーファイナルワンマンライブ映像
1.ガガガを聴いたらサヨウナラ
2.こんちきしょうめ
3.野球少年の唄
4.忘れられない日々
5.京子ちゃん
6.高架線
7.サバラ

◎購入者特典
「ミッドナイト in ジャパン」特製ステッカー

【関連リンク】
ガガガSP オフィシャルHP
ガガガSP、14年ぶりのミニアルバム詳細&ツアー先行予約スタートを発表
MERRYの対バンツアー第2弾出演者にガガガSP、a flood of circle、LIPHLICH等が登場
ガガガSP、12月に東阪ワンマンライブ開催&9月にミニアルバム発売決定

【関連アーティスト】
ガガガSP
【ジャンル】
ジャパニーズロック

稚菜、JUDY AND MARYの「そばかす」をカバー
Fri, 31 Jul 2015 18:00:00 +0900
稚菜 (okmusic UP\'s)

「私はあと何年生きられるのだろう?」
朝起きて、ぼーっとしている時にふと何気なく頭に浮かんだ疑問。
変わらず過ぎる日々の中、
何でもない今日という日にそんな事を思った。
この日常が続けば。
あと30年はきっと生きるだろう。
50年後もきっと生きているだろう。

【その他の画像】稚菜

この23年間の中で私はどれだけの人と出会ったのだろうか。
どれだけ泣いて、どれだけ笑って、どれだけ悲しんだだろう。
そしてこの先の人生で私はどれだけの人と出会い、
どんな人を好きになり、どれだけの別れを経験するのだろう。
そんな経験から、私はどんな感情をもらえるのだろう。
果てしない数の経験をして、その分沢山の感情をもらうだろう。

楽しみだけれど、怖くもある。
それはきっと今まで生きて来てそんな経験をいっぱいしてきたから。
でもね、先を知りたいとは思わないし、
どんなものでもいらない感情なんていうものはないなって思うんです。
「人生何があるか分からない。だから面白いんだ。」
って、確かにその通りだなって思う。
もちろん経験しなくて良い事だってあるし、経験したくない事だってある。
恋愛して別れるとかね?笑
それでも、それもまた今の私をつくっている一つの大切な想いだから。

私を好きだと言ってくれる人がいる。
私に本気で怒ってくれる人がいる。
私に真っすぐ向き合ってくれる人がいる。
そんな人たちが、周りにそんな良い人たちがいてくれるからそう思える。

ある人に言われた。
「周りの人が良い人だからっていうのもあるんだろうけれど。
あなたの性格が、あなた自身が、そういう人を周りに集めているんだよ。」
私がいつも前向きに生きていける言葉。
周りにいてくれる人を見て、
私の生き方は少なくともここまでは間違ってなかったんだな、そう思える。
自分を否定しない生き方が出来る。

23年間生きていた中で出会った人に、私は救われてきました。
だから、今度はこの先何年何十年の中で出逢う人たちに
そう思ってもらえる様な生き方をしていきたいなって思います。
波乱万丈な人生、楽しんでいきます。

さて今回の一曲は。
JUDY AND MARYの「そばかす」
私がなりたくてもなれない様な。笑
可愛い女の子の歌。
私には書けない様な歌詞の表現力と歌い方。
凄いな、と思ったのです。
是非聴いてみて下さい。
http://youtu.be/9fKBzNimq3o

それでは、また来週。

【関連アーティスト】
稚菜, JUDY AND MARY
【ジャンル】


GLAYが「GLAYの日」(7/31)にホールツアー詳細を発表
Fri, 31 Jul 2015 18:00:00 +0900
GLAY (okmusic UP\'s)

1999年7月31日に伝説の20万人ライブを行なったことから、ファンやメディアの間で「GLAYの日」と呼ばれている7月31日。そんな記念日にGLAYが2016年に行なう全国ホールツアーの詳細を発表した。

【その他の画像】GLAY

ホールツアーの開催については、7月25日、26日の2日間に渡り行なわれた故郷・函館初のアリーナ「函館アリーナ」のこけら落とし公演内で、悪天候からライブに間に合わなかったファンの為に急遽開催の発表がTERUの口から発表された。今回「GLAYの日」に4年ぶりとなる全国ホールツアーの日程と開催地などの詳細が発表され、20周年を応援してくれたファンへの感謝の気持ちを込めて、1月28日の大阪・オリックス劇場を皮切りに、4月2日の沖縄コンベンションセンター劇場まで全国18箇所26公演を回る。

iTunesではGLAYのベストアルバム全作品のMastered for iTunesの配信がスタートし、moraではGLAY全アルバムのハイレゾ配信もスタート! そして、JIROが音楽雑誌「WHAT\'s IN?」にて連載していた「キャラメルボックス」がGLAY MOBILE内にてJIROの新コーナー「CARAMEL RETURNS」として連載が始まる事が決定した。GLAY MOBILE内にて8月よりスタート予定となっている。

また、5月25日GLAYデビュー日に発売された「HEROES/微熱(A)girlサマー/つづれ織り〜so far and yet so close〜」に収録され、「コンタクトのアイシティ 夏のキャンペーンCMソング」として絶賛オンエア中の「微熱(A)girlサマー」のミュージックビデオも解禁となった。20周年の活動を統括したダイジェスト映像で、東京ドーム公演の裏側や貴重なレコーディング映像を収録した内容となっている。

さらにニコニコ生放送でGLAY Special Live 2015 at HAKODATE GLORIOUS MILLION DOLLAR NIGHT Vol.2のニコ生後夜祭を8月5日20:00から開催する事も決定した。こちらも是非チェックしてほしい。

■GLAY Special Live 2015 at HAKODATE GLORIOUS MILLION DOLLAR NIGHT Vol.2【ニコ生後夜祭】
http://live.nicovideo.jp/watch/lv229875715

■「微熱(A)girlサマー」MV
https://www.youtube.com/watch?v=L0bUAMZWVoM

■【ホールツアー日程】

<2016年>
1月28日(木)  大阪・オリックス劇場
1月29日(金)  大阪・オリックス劇場
2月01日(月)  山口・周南市文化会館
2月03日(水)  広島・ふくやま芸術文化ホール リーデンローズ
2月08日(月)  コラニー文化ホール(山梨県立県民文化ホール)
2月10日(水)  ベイシア文化ホール(群馬県民会館)
2月12日(金)  神奈川・よこすか芸術劇場
2月13日(土)  神奈川・よこすか芸術劇場
2月17日(水)  仙台サンプラザホール
2月18日(木)  仙台サンプラザホール
2月25日(木)  富山オーバードホール
2月27日(土)  名古屋国際会議場・センチュリーホール
2月28日(日)  名古屋国際会議場・センチュリーホール
3月03日(木)  ロームシアター京都
3月04日(金)  ロームシアター京都
3月07日(月)  ニトリ文化ホール(さっぽろ芸術文化の館)
3月08日(火)  ニトリ文化ホール(さっぽろ芸術文化の館)
3月13日(日)  福島・會津風雅堂
3月15日(火)  新潟県民会館
3月16日(水)  新潟県民会館
3月20日(日)  香川・アルファあなぶきホール
3月21日(月・祝)  高知県立県民文化ホール オレンジホール
3月26日(土)  福岡サンパレス
3月27日(日)  福岡サンパレス
3月29日(火)  市民会館崇城大学ホール(熊本市民会館)
4月02日(土)  沖縄コンベンションセンター劇場

【関連リンク】
GLAY オフィシャルHP
縁台、打ち水、夕涼み・・・日本の夏に似合う曲
GLAY、函館アリーナこけら落とし公演を2日間に渡り開催
稚菜、GLAYの「HOWEVER」をカバー

【関連アーティスト】
GLAY
【ジャンル】
ジャパニーズロック

ザ・ジャムの1stアルバム『イン・ザ・シティ』はモッズ&パンク魂を感じさせる熱い名盤
Fri, 31 Jul 2015 18:00:00 +0900
The Jam『In the City』のジャケット写真 (okmusic UP\'s)

2015年5月に約3年振りのオリジナルアルバム『サターンズ・パターン』をリリースし、10月に来日公演が決定しているポール・ウェラー。一世を風靡したザ・ジャム、スタイル・カウンシルの再結成にまったく興味を示さないポール・ウェラーは、50代後半にして今なお尖っている粋でオシャレなロックミュージシャンとして君臨しているのではないかと思われる。そんな彼の原点として押えておきたい一枚が1977年に発売されたザ・ジャムのデビューアルバム『イン・ザ・シティ』だ。初期衝動のカタマリのような荒削りでスピーディな3ピースサウンドに血が騒ぐこと間違いなし。ロンドンパンクを語るなら、外せない名盤である。

■初期のザ・ジャムは単純明解かつ痛快

ザ・ジャムのメンバーはポール・ウェラー(Vo&Gu)、リック・バックラー(Dr)、ブルース・フォクストン(Ba)の3人。同じ学校に通っていたポールとリックが昼休みに音楽室を使ってジャムセッションをしていたのが、バンド名の由来。何とも単純明解な“バンドやろうぜ”的成り立ちである。ちなみに彼らがデビューした1977年は、パンクムーブメントによってイギリスのロックが息を吹き返した時代。その前年にはセックス・ピストルズが「アナーキー・イン・ザ・UK」で華々しくデビューを飾り、同年にはザ・クラッシュが1stアルバム『白い暴動』をザ・ダムドが『地獄に堕ちた野郎ども』をリリースしている。細身のモッズスーツをスタイリッシュに着こなし、ザ・フーやキンクスの影響を色濃く感じさせていた初期のザ・ジャムは竹を割ったようなロックンロールが痛快で瞬く間にキッズの注目を集める存在になる。

「ぼくらは未来を忘れ、過去を忘れ去るべきだ。今この時、ぼくらが考えなければならないのは現在だけだ。(中略)今は一緒に何かをするんだ。何しろ、ぼくらは今この時、何にも持っていないから。何にも!」(ライナーノーツより引用)

当時、ポール・ウェラーはインタビューで、このように語っているが、パンクロックとは、まさにそういう音楽だったように思う。余談になるが、ザ・ジャムのコンサートのチケットを買って新宿厚生年金会館に行った時、彼らはホーンセクションを迎えた大所帯の編成になっていた。ザ・ジャム史上、最高位の全英1位を獲得した1982年リリースの『ザ・ギフト』がリリースされた後だったからだと思うが、ブラックミュージック色が強くなり、洗練されたライヴを観て、「あれれ? ザ・ジャムってこういう感じだったっけ?」とちょっと戸惑ったのを覚えている。アルバムをリリースしてバンドは解散、のちにポール・ウェラーがファンク、ジャズ、ボサノヴァなどを取り入れ、オシャレでエッジもあるスタイル・カウンシルを結成したことを思うと、「なるほど〜」の流れなのだが、個人的にはやっぱり若気の至りのザ・ジャムが好きである。

■アルバム『イン・ザ・シティ』

デビューシングル「イン・ザ・シティ」を含む1stアルバム。全12曲、約32分! “1、2、3、4!”のカウントで始まる「アートスクール(邦題:芸術学校)」に持って行かれたら、あっと言う間に1枚、聴き終わってしまうだろう。優れたポップミュージックを生み出すポール・ウェラーの才能はこの時にはまだ開花していないため、ザ・フー直系のロックミュージックを激しくギターをかき鳴らし、性急なビートで演奏するという印象だ。ビートルズがカバーしていたことで有名なラリー・ウィリアムズ(アメリカのR&Bシンガーソングライター)の「スロー・ダウン」のカミソリのようなギターカッティング、唾が飛んできそうなポール・ウェラーのヴォーカルはまさにパンクジェネレーション。映画『さらば青春の光』にザ・フーの音楽を爆音で聴いている主人公が親に怒鳴られるシーンが出てきたが、このアルバムも「こんなうるさいモノ聴いていたら、成績が落ちる」と心配された代物かもしれない。が、こういう、はちゃめちゃなエナジーに満ちあふれた音楽こそが(ジャンルのスタイルは変われど)キッズにマイクや楽器を持たせるという図式は今も昔も変わることはない。

【関連アーティスト】
The Jam, Paul Weller, Style Council
【ジャンル】


UVERworld、渋谷duoにて氣志團とタイマン! ニューシングルの詳細発表も!
Fri, 31 Jul 2015 17:30:00 +0900
7月30日@「THE TAIMAN〜滋賀vs千葉〜」 (okmusic UP\'s)

UVERworldが7月30日(木)、氣志團との対バンイベント「THE TAIMAN〜滋賀vs千葉〜」を渋谷duo music exchangeにて開催した。

【その他の画像】UVERworld

700人規模のキャパシティーの会場で実現したこの奇跡のコラボレーションに、チケットは即日ソールドアウト。なお、ライブのタイトルからも想起されるように、この日の対バンは千葉県出身の氣志團と滋賀県出身のUVERworldが音楽でぶつかりあうというコンセプトのもと行なわれ、観客を含め、いつものライブ以上に熱気を帯びていた。

まず登場した氣志團は、なんと、1曲目からUVERworldの楽曲「SHAMROCK」のカバーを披露し、一気に観客の心を掴んだ。途中のMCでは、綾小路翔が共通の知人を通してUVERworldのTAKUYA∞と知り合い、意気投合。今年行なわれたUVERworldの彰の生誕祭ライブを見て以来、CREW(UVERworldファン)になったと対バンの経緯とUVERworld愛を告白した。ラスト曲の「One Night Carnival」では、場内は氣志團ファン、UVERworldファン関係なく大合唱が鳴り響いた。

続いて登場したUVERworldもいつもにまして熱いステージを展開。TAKUYA∞は「氣志團も最高のライブをしてたけど、俺たちも本気でぶつかるから、簡単に負けを認めるわけにはいかない。俺たちが持ってるもん全てduoに置いてくから夜露死苦! CREWだろうがキッシーズ(氣志團ファン)だろうが関係ねえ。最高の今夜を分かち合おうぜ!」と観客を終始煽り、白熱のパフォーマンスでduoを熱狂の渦に巻き込んだ。

さらにUVERworldは、8月26日(水)にリリースを予定しているシングルの収録曲を発表。同作には、UVERworldの“今"を作るきっかけになった、デビューを決めた1曲「CHANCE!04」がMemorial trackとして、当時の録音のまま収録されることが決定した。また、シングル購入特典として9月13日(日)に神戸ワールド記念ホールで行なわれる「男祭り」への女性100名特別招待プレゼント、そして、年末にかけたツアーのシングル購入特別先行予約も行なわれる。8月からは全国ツアーも本格的にスタートを切るUVERworld。今後も彼らの動向から目が離せない。

Photo by Yusuke Satou

■シングル「I LOVE THE WORLD」

2015年8月26日発売
【初回生産限定盤】(CD+DVD)
SRCL-8895~96/¥1,574+税
【通常盤】(CDのみ)
SRCL-8897/¥1,204+税
<収録曲>
■CD
1:I LOVE THE WORLD
2:PRAYING RUN
-Memorial track-
3 :CHANCE!04
■DVD ※初回生産限定盤のみ
from KING\'S PARADE at Yokohama Arena Live Special Multi Angle
7th Trigger
Wizard CLUB
UVERworld KING\'S PARADE at Yokohama Arena Trailer

【関連リンク】
UVERworld オフィシャルHP
UVERworld、シングルリリースをフライング告知!?
AAA、華原朋美、氣志團らが世界献血者デーコンサートに登場
UVERworld、ファンと紡ぐ「言葉」で繋いだ新曲MV公開

【関連アーティスト】
UVERworld, 氣志團
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1