歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2015年07月30日)
バックナンバー
最新ニュース
2015/08/08
2015/08/07
2015/08/06
2015/08/05
2015/08/04
2015/08/03
2015/08/02
2015/08/01
2015/07/31
2015/07/30
2015/07/29
2015/07/28
2015/07/27
2015/07/26
2015/07/25
2015/07/24
2015/07/23
2015/07/22
2015/07/21
2015/07/20
2015/07/19
2015/07/18
2015/07/17
2015/07/16
2015/07/15
2015/07/14
2015/07/13
2015/07/12
2015/07/11
2015/07/10
2015/07/09
2015/07/08
2015/07/07
2015/07/06
2015/07/05
2015/07/04
2015/07/03
2015/07/02
2015/07/01
2015/06/30
2015/06/29
2015/06/28
2015/06/27
2015/06/26
2015/06/25
2015/06/24
2015/06/23
2015/06/22
2015/06/21
2015/06/20
2015/06/19
2015/06/18
2015/06/17
2015/06/16
2015/06/15
2015/06/14
2015/06/13
2015/06/12
2015/06/11
2015/06/10
2015/06/09
2015/06/08
2015/06/07
2015/06/06
2015/06/05
2015/06/04
2015/06/03
2015/06/02
2015/06/01
2015/05/31
2015/05/30
2015/05/29
2015/05/28
2015/05/27
2015/05/26
2015/05/25
2015/05/24
2015/05/23
2015/05/22
2015/05/21
2015/05/20
2015/05/19
2015/05/18
2015/05/17
2015/05/16
2015/05/15
2015/05/14
2015/05/13
2015/05/12
2015/05/11
2015/05/10
2015/05/09
2015/05/08
2015/05/07
2015/05/06
2015/05/05
2015/05/04
2015/05/03
2015/05/02
2015/05/01
2015/04/30
2015/04/29
2015/04/28
2015/04/27
2015/04/26
2015/04/25
2015/04/24
2015/04/23
2015/04/22
2015/04/21
2015/04/20
2015/04/19
2015/04/18
2015/04/17
2015/04/16
2015/04/15
2015/04/14
2015/04/13
2015/04/12
2015/04/11
2015/04/10
2015/04/09
2015/04/08
2015/04/07
2015/04/06
2015/04/05
2015/04/04
2015/04/03
2015/04/02
2015/04/01
2015/03/31
2015/03/30
2015/03/29
2015/03/28
2015/03/27
2015/03/26
2015/03/25
2015/03/24
2015/03/23
2015/03/22
2015/03/21
2015/03/20
2015/03/19
2015/03/18
2015/03/17
2015/03/16
2015/03/15
2015/03/14
2015/03/13
2015/03/12
2015/03/11
2015/03/10
2015/03/09
2015/03/08
2015/03/07
2015/03/06
2015/03/05
2015/03/04
2015/03/03
2015/03/02
2015/03/01
2015/02/28
2015/02/27
2015/02/26
2015/02/25
2015/02/24
2015/02/23
2015/02/22
2015/02/21
2015/02/20
2015/02/19
2015/02/18
2015/02/17
2015/02/16
2015/02/15
2015/02/14
2015/02/13
2015/02/12
2015/02/11
2015/02/10
2015/02/09
2015/02/08
2015/02/07
2015/02/06
2015/02/05
2015/02/04
2015/02/03
2015/02/02
2015/02/01
2015/01/31
2015/01/30
2015/01/29
2015/01/28
2015/01/27
2015/01/26
2015/01/25
2015/01/24
2015/01/23
2015/01/22
2015/01/21
2015/01/20
2015/01/19
2015/01/18
2015/01/17
2015/01/16
2015/01/15
2015/01/14
2015/01/13
2015/01/12
2015/01/11
2015/01/10
2015/01/09
2015/01/08
2015/01/07
2015/01/06
2015/01/05
2015/01/04
2015/01/03
2015/01/02
2015/01/01
2014/12/31
2014/12/30
2014/12/29
2014/12/28
2014/12/27
2014/12/26
2014/12/25
2014/12/24
2014/12/23
2014/12/22
2014/12/21
2014/12/20
2014/12/19
2014/12/18
2014/12/17
2014/12/16
2014/12/15
2014/12/14
2014/12/13
2014/12/12
2014/12/11
2014/12/10
2014/12/09
2014/12/08
2014/12/07
2014/12/06
2014/12/05
2014/12/04
2014/12/03
2014/12/02
2014/12/01
2014/11/30
2014/11/29
2014/11/28
2014/11/27
2014/11/26
2014/11/25
2014/11/24
2014/11/23
2014/11/22
2014/11/21
2014/11/20
2014/11/19
2014/11/18
2014/11/17
2014/11/16
2014/11/15
2014/11/14
2014/11/13
2014/11/12
2014/11/11
2014/11/10
2014/11/09
2014/11/08
2014/11/07
2014/11/06
2014/11/05
2014/11/04
2014/11/03
2014/11/02
2014/11/01
2014/10/31
2014/10/30
2014/10/29
2014/10/28
2014/10/27
2014/10/26
2014/10/25
2014/10/24
2014/10/23
2014/10/22
2014/10/21
2014/10/20
2014/10/19
2014/10/18
2014/10/17
2014/10/16
2014/10/15
2014/10/14
2014/10/13
2014/10/12
2014/10/11
2014/10/10
2014/10/09
2014/10/08
2014/10/07
2014/10/06
2014/10/05
2014/10/04
2014/10/03
2014/10/02
2014/10/01
2014/09/30
2014/09/29
2014/09/28
2014/09/27
2014/09/26
2014/09/25
2014/09/24
2014/09/23
2014/09/22
2014/09/21
2014/09/20
2014/09/19
2014/09/18
2014/09/17
2014/09/16
2014/09/15
2014/09/14
2014/09/13
2014/09/12
2014/09/11
2014/09/10
2014/09/09
2014/09/08
2014/09/07
2014/09/06
2014/09/05
2014/09/04
2014/09/03
2014/09/02
2014/09/01
2014/08/31
2014/08/30
2014/08/29
2014/08/28
2014/08/27
2014/08/26
2014/08/25
2014/08/24
2014/08/23
2014/08/22
2014/08/21
2014/08/20
2014/08/19
2014/08/18
2014/08/17
2014/08/16
2014/08/15
2014/08/14
2014/08/13
2014/08/12
2014/08/11
2014/08/10
2014/08/09
2014/08/08
2014/08/07
縁台、打ち水、夕涼み・・・日本の夏に似合う曲
Thu, 30 Jul 2015 21:27:56 +0900
「サマージャム’95」/スチャダラパー (okmusic UP\'s)

ミュージックソムリエ協会では、「こんな時に聴きたい音楽!」ということで、日常のヒトコマで、ふっと聴きたい音楽を選曲しました。選曲はすべて、ミュージックソムリエ(http://musicsommelier.jp)によるもの。
縁台に座って団扇をパタパタ・・・。蚊取り線香の匂いと共に、目の前には茹でトウモロコシ。日本の夏に似合う曲を集めました。みんなの頭に浮かぶ定番の曲だけではない、日本の夏にピッタリな曲をどうぞ。


【その他の画像】スチャダラパー

■?「サマージャム’95」/スチャダラパー
https://www.youtube.com/watch?v=15TvLqK29PU

ちょっとベタなんですが……やっぱり夏といえばヴィヴラフォン奏者Bobby Hutchersonの透明感ある名曲”Montara”をサンプリングしたスチャダラパーのこの曲。
なんとも言われぬ絶妙な庶民感覚に、誰しも共感せずにはいられない彼らの代表曲。暑苦しい夕方、一人で家にいてもこれを聴いたらちょっと暇してる友達にでも連絡して夏を楽しみたくなっちゃいます。
(選曲・文/田中 孝典)

■?「歩いても 歩いても(エピローグ)」/ゴンチチ
https://www.youtube.com/watch?v=T8VpUDjMU6Q

夏の夕暮れ時、風呂上がり、縁台に座ってよく冷えた缶ビールと茹でたてとうもろこし。
ラジオのプロ野球ナイター実況中継があればBGMはいらないと思うのですが、あえてこんな時に音楽のひとつでも、というのならばラジオの音声をあまり邪魔しないほうがいいですね。
ということで、ナイター中継の後ろで流れていても心地よいゴンチチの音楽で。
是枝裕和監督の2008年の映画「歩いても 歩いても」のゴンチチによるサウンドトラックからエンディング・テーマです。ゴンザレス三上とチチ松村の二人によるギターユニット、ゴンチチの音楽は映画のサウンドトラックやCM、テレビ・ラジオ番組のオープニングまたはエンディング曲などに幅広く使われていて、「あっ、これ聴いたことある!」な曲がたくさんありますね。この「歩いても 歩いても」は家族をテーマにした映画ですので、サウンドトラックは家族の情景が浮かぶような少し郷愁を誘うやさしい音楽にあふれています。蚊取り線香の匂いが似合うギター・サウンドなんてゴンチチならではと思わせる、ほっこりする1曲です。
(選曲・文/阪口マサコ)

■?「百万光年彼方から」/浅草ジンタ
https://www.youtube.com/watch?v=mAgPV3l8lho

浅草に根を下ろし、世界に音楽を発信する、浅草ジンタ。実は落語芸術協会の協会員で笑点にも出演したことがあるのです。
ジンタの奏でる粋でグルーヴィーな音楽は、夏の風景にもよく似合います。縁台で一番星を眺めながらこの曲を聴けば、なんだか今日も良い1日だったなと思えて、とても幸せな気持ちになります。とうもろこしを頬張りながら、親戚と一緒に笑いあう。楽しい夏休みに彩りを添えてくれます。
(選曲・文/石井由紀子)

■?「唯丸節」/桜川唯丸 With スピリチュアルユニティ
https://www.youtube.com/watch?v=r1W7EGULc6s

河内音頭と江州音頭の節回しは、大阪の人間にはとても親しみのあるもので、子供の頃盆踊りに行くとよく分からないおっさんが、切れ目なくメドレー形式で音楽が流れ続け独特の節回しで歌い続けていたぼんやりとした記憶があります。
ローカルな音楽ですが、日本でワールドミュージックが流行った90年代に、従来の江州音頭の枠にとらわれず前述の音楽とのミクスチャーを行った桜川唯丸氏の名曲をご紹介します。
江州音頭独特のラップのような節が随所にはさまれますが、合間に演奏されるのは 證城寺の狸囃子、ブンガワン・ソロ、聖者の行進と、とんでもないものになっています。そして仏教のバックグラウンドから般若心経も読まれます。
それをしっかりした演奏力のバンドが支える、知らない人にとってはなんのこっちゃ、ルーツにある人にとっては驚きの音楽です。
とはいえ、純粋に音楽としてとても面白く素晴らしいと思いますので是非ご一聴を。日本のトラディショナルミュージックに興味を持つ入り口になるかもです。
(選曲・文/田中 孝典)

■?「夏音」/GLAY
https://www.youtube.com/watch?v=RAdzMJbqnQY

2006年に発表されたGLAYのシングル曲。数字上は一応オリコン週間1位、ヒットした楽曲になりますが他に数多のヒット曲が存在する彼ら。意外とこの曲の存在を知らない人、忘れている人も多いかもしれません。
GLAYのサウンドはロックというジャンルにありながら、どこか日本調のメロディーに季節を感じさせる歌詞が耳に残ります。その点で言うとこの曲はとてもGLAYらしいナンバーではないかと思います。風鈴の音で始まるオープニング、ストリングスが目立つやや重い雰囲気のバラードは夏の暑さによくマッチしていますね。歌詞は儚いラブソングですが、夏の空を思わせる内容はエアコンの涼しさを全く感じさせません。団扇をあおぎながら、恋しい人を思って暮れゆく空を眺めるのもまた一つの過ごし方なのではないでしょうか。
(選曲・文/Kersee)

【関連アーティスト】
スチャダラパー, 浅草ジンタ, GLAY
【ジャンル】


横浜銀蝿がオールタイム・ベストのトレイラーを公開!
Thu, 30 Jul 2015 20:00:00 +0900
横浜銀蝿 (okmusic UP\'s)

今年9月21日でレコードデビュー35周年を迎える横浜銀蝿。その記念日である9月21日(月)にリリースされるオールタイムベストアルバム『ぶっちぎり35〜オール・タイム・ベスト』のトレイラー映像が公開された。このトレイラーでは、音源が初公開された13年振りの新曲3曲を試聴することができる!

【その他の画像】横浜銀蝿

デビュー曲「横須賀BABY」から最新曲まで、長いトンネルを乗り越えてきた彼らの“完全復活"とも言えるオールタイム・ベストアルバム。そのアルバムに収録される新曲1曲目は、翔入魂の「愛の唄」。いまだからこそ伝えられる“2015年型横浜銀蠅"の愛のメッセージだ。

新曲2曲目の「俺の生きる道」はリーダー嵐の還暦を記念した壮大な男のバラード。AKB48「恋するフォーチュン・クッキー」の伊藤心太郎が作曲を手がけたこの楽曲は、還暦記念ライブにて初披露され、ファンから喝采を浴びた。

新曲3曲目「そのままで大丈夫〜Be yourself」は、TAKUらしいウィットに富んだオマージュあふれるごきげんなロックンロールに仕上がっている。

また、本作を携えたツアー『横浜銀蝿35周年記念 It\'s Only Rock\'n Roll 集会』が、9月27日(日)の川崎 CLUBCITTA\'を皮切りに、全国5都市にて開催することが決定している。

■『ぶっちぎり35〜オール・タイム・ベスト』トレイラー
https://youtu.be/ryHLdDMZI5E

■アルバム『ぶっちぎり35〜オール・タイム・ベスト』

2015年9月21日(月)発売
CDSOL-1674/¥2,778+税
<収録曲>
1. 愛の唄(Vo.翔)新曲
2. 俺の生きる道(Vo.嵐)新曲
3. そのままで大丈夫〜Be yourself(Vo.TAKU)新曲
4. 横須賀Baby
5. ぶっちぎりRock\'n Roll
6. つっぱりHigh School Rock\'n Roll(登校編)
7. 羯徒毘路薫\'狼琉
8. だからいつものRock\'n Roll
9. お前サラサラサーファー・ガール おいらテカテカロックンローラー
10. 哀愁のワインディング ロード
11. 銀ばるRock\'n Roll
12. ALWAYS
13. RUNNING DOG(シングル・ヴァージョン)
14. YOKOHAMA RAIN
15. 男の勲章2002
16. 成りあがり
17. Forever II
18. 平成自動車Show歌
19.渚のC.C.C.(湘南銀蝿)
20. 黒のRock\'n Roll

【関連リンク】
横浜銀蝿 オフィシャルHP
「表参道高校合唱部!」第3話、“涙の数だけ強くなれる”「TOMORROW」を合唱
吉川晃司、50歳の誕生日にライヴ映像作品の先行上映会&トークイベントを開催
藍井エイルが上海と香港にてライブ出演、10月には再び香港へ「また戻ってくるからね!」

【関連アーティスト】
横浜銀蝿
【ジャンル】
ジャパニーズロック

LUI FRONTiC 赤羽JAPAN、最新MVでプールイ思い出の地へ
Thu, 30 Jul 2015 19:00:00 +0900
LUI FRONTiC 赤羽JAPAN (okmusic UP\'s)

8月12日に2ndシングル「ワンダーループ」をリリースするLUI FRONTiC 赤羽JAPANが、同曲のMVを公開した。

【その他の画像】LUI FRONTiC 赤羽JAPAN

「ワンダーループ」はボーカルのプールイが、夏から秋の季節の変わり目と誰にでもある人生の節目の終わり〜始まり、始まり〜終わり、そして自分自身の過去から現在〜未来を描いた歌詞が印象的な楽曲に仕上がっている。

そんな同曲のMVはスタジオと浜辺での演奏シーンで構成されているが、メンバーが突如ワープする浜辺は偶然にもBiSと因縁浅からぬ場所で撮影されたとのこと。研究員であればすぐ気付く砂浜のロケ地ということなので、気になった方は公開されたMVを確認してみよう。

■【プールイ(Vo) コメント】

ワンダーループのMVができたどー\(^o^)/
なんと!あそこへ、、、
ワンダーループ!!!
ループしてますよ!!ループ!!
ループ&ループ!!
1年前、FiNAL DANCEしたあの夏へループ!!
何かが終わって始まったあの夏、、、
つまりエンド&スタート!!
つまらないイメージを壊せ!
そうさ、ここからまた始まるんだ!

■「ワンダーループ」MV(Short Ver.)
https://www.youtube.com/watch?v=l034_MfibZI

【関連リンク】
LUI FRONTiC 赤羽JAPAN オフィシャルHP
LUI FRONTiC 赤羽JAPANが2ndシングルのジャケットを公開
Cyntia×LUI FRONTiC 赤羽JAPAN×がんばれ!Victory、3マンライブに向けて対談を実施
LUI FRONTiC 赤羽JAPANが「赤羽馬鹿祭り」に仮装で参戦!?

【関連アーティスト】
LUI FRONTiC 赤羽JAPAN
【ジャンル】
ジャパニーズロック

GLIM SPANKYのフリーライヴプロジェクト、仮衣装フィッティングでメンバー大興奮!
Thu, 30 Jul 2015 18:00:00 +0900
GLIM SPANKY (okmusic UP\'s)

GLIM SPANKYと総合デザインスクール バンタンデザイン研究所、そして音楽専門学校TOKYO SCHOOL OF MUSIC渋谷校により発足した、学生がプロデュースする学生のためのフリーライヴプロジェクト。そのステージで着用する衣装のデザイン案が決定し、その仮衣装合わせが行なわれた。

【その他の画像】GLIM SPANKY

バンタンデザイン研究所に訪れたメンバーは、「もうどのデザイン案も良くて、全然選べなかったです。期限ギリギリまで悩んでいましたよ」と学校スタッフに話しかける。そんなところからも、彼らの今回のプロジェクトへのモチベーションの高まりがうかがえた。

そして、控え室に通されると、そこには仮縫いの衣装が。寸法合わせ用ということで、デザイン案とは違って白い生地が使用されているのだが、それを見るだけで松尾レミ(Vo&Gu)も亀本寛貴(Gu)も「あのデザインがかたちになってる。すごい〜」「白もいいな〜」とすでに興奮気味。まずは亀本がそれに着替え、松尾は学生たちの待つ部屋へ。

「いつぐらいから洋服の世界に行きたいと思っていたのですか?」(松尾)
「小学生の頃からです」(生徒)
…そんな雑談をしているところに、「どうだい?」と仮衣装を着た亀本がご満悦の様子で登場。松尾は「うわぁ、貴族みたい(笑)。いいね〜。サスペンダーが新鮮」と返答し、今度は自身が着替えるために控え室へ。

その間、亀本は鏡を見ながら生徒たちと衣装の微調整。「袖が短いかな? でも、ギターを弾くことを考えるとこれくらいがいいのかな?」と思案する亀本だったが、実際にギターを手にして再確認。
「ちょうどいいけど、やっぱり見た目として短いかな」(亀本)
「2.5センチぐらい短くしましょうか?」(生徒)
…などのやりとりを繰り返していると、着替え終わった松尾が「白、かわいい〜」と満面の笑顔で登場。亀本も「かわいいじゃん」と笑顔で返していた。

そして、二人それぞれ鏡と向かい合いながら、
「パンツはちょうどいいですね。ギリ、たるまないぐらいがいいんで。あ、シャツの丈が短いです」(亀本)
「ベルトの位置はもう少し上がいいかも。足が短く見えちゃう(笑)」(松尾)
…など、細かい部分をチェックし、より自分の理想へと近づけていく。

寸法合わせの次は生地チェック。まずは松尾の衣装の生地について生徒が「このピンクを染め直して、もう少し濃くしたいと思ってます」と説明し、松尾は実際に体に生地を当てて鏡を見ながらチェック。その横から「これでしょ、絶対!」と意見するのは、もとの服に着替え終わって戻って来た亀本。松尾も「みなさんのセンスにお任せします。でも、白もいいな〜(笑)」と、もう完全に生徒たちに信頼を寄せている様子。もちろん、それは亀本も同じ。「パンツの色は黒よりも紺という感じで〜」などの説明を受けながら、「いいね〜」「最高です!」と繰り返していた。

続いては小物関係。松尾が着替えている間に、亀本がデザイン画と照らし合わせながらサスペンダーの幅や靴の色を確認する。靴は自前になるため「黒の革靴しか持ってないんですけど、大丈夫ですか?」などと綿密に話を詰めていた。そして、松尾も同じく、デザイン画を見ながら靴や靴下について話を詰めていくのだった。

これで一通りの仮衣装に関するチェックが完了! いよいよ次回、最終のフィッティングをし、そのまま衣装の納品となるとのこと。今からその仕上がりが楽しみだ。

■【GLIM SPANKY 松尾レミ(Vo&Gu) コメント】

「本当に素晴らしいです! 同じクリエイターとして私たちは音楽を、バンタンの生徒さんは衣装を作って、それをぶつけ合うというか。早く、これを着てライヴをしたいです!」

■【GLIM SPANKY 亀本寛貴(Gu) コメント】

「デザインを見てもワクワク、仮縫いの衣装を見てもワクワク、常にワクワクで、衣装が出来上がるのが楽しみです!」

■【バンタンデザイン研究所ファッション学部「衣装部」 青木さん コメント】

「私たちが作ったものを喜んでもらえるのが一番嬉しいです。このような機会がいただけて本当に感謝しています。今日の意見を反映させて衣装を完成させるので、早くライヴで着ていただきたいです」
GLIM SPANKY オフィシャルHP
バンタンデザイン研究所 HP
TOKYO SCHOOL OF MUSIC渋谷校 HP

■【GLIM SPANKY TSM渋谷校 フリーライヴ】

東京スクールオブミュージック専門学校渋谷(TSM渋谷)が夏休みに特別に実施するオープンキャンパス(職業体験)企画の一環として、学校のステージを使ってアーティストGLIM SPANKYとライヴを創り上げる体験授業を実施! その後の本番フリーライヴにもご招待!

8月18日(火) TOKYO SCHOOL OF MUSIC渋谷校
集合時間 12:20/終了予定 19:00
お問い合わせ:TSM渋谷
TEL:0120-532-308
MAIL: info@shibuya.ac.jp
HP: http://www.shibuya.ac.jp/event/trial/concert.html

【関連アーティスト】
GLIM SPANKY
【ジャンル】


吉川晃司、50歳の誕生日にライヴ映像作品の先行上映会&トークイベントを開催
Thu, 30 Jul 2015 18:00:00 +0900
吉川晃司 (okmusic UP\'s)

8月18日(火)に50歳の誕生日を迎える吉川晃司が同日、ライヴDVD&Blu-ray『KIKKAWA KOJI 30th Anniversary Live “SINGLES+ RETRUNS"』の特別先行上映会を開催することが決定した。

【その他の画像】吉川晃司

このライヴDVD&Blu-ray『KIKKAWA KOJI 30th Anniversary Live “SINGLES+ RETRUNS"』は、吉川晃司のデビュー30周年集大成ツアーの追加公演として行われたライヴハウスツアーから、Zepp Namba公演を全曲収録したもので、8月19日に発売される。

左足首骨折というハプニングに見舞われたながらも片足立ちでシンバルも蹴る! 歌う! 踊る! 吉川晃司の超人的パフォーマンスを余すところなく収録。さらに、本人のインタビューを織り交ぜながら振り返る、10年振りに行われたライヴハウスツアー全公演に密着したドキュメンタリー映像も必見な内容となっている。

そのリリース前日となる8月18日の先行上映会はTOHOシネマズ新宿で開催され、大きなスクリーンと大音響でライヴ映像を堪能できる。さらに、50歳を迎える吉川晃司のスペシャルトークもお楽しみに。

■先行上映会&吉川晃司トークショー

8月18日(火) TOHOシネマズ新宿
開場:18:30  開演:19:00 終了予定時刻:21:45

<チケット>
通常指定席: 3,000円(税込)
プレミアボックスシート: 4,000円(税込)
※8月9日(日)10:00〜 イープラスにて販売開始
※OFFICIAL FAN CLUB “K2"会員の方は、先行抽選販売がございますので、K2 MEMBER\'S SITEをご確認ください。

◎会場にて、DVD&Blu-ray特別先行販売を行います。(購入者特典付)

■DVD&Blu-ray『KIKKAWA KOJI 30th Anniversary Live "SINGLES+ RETURNS"』

2015年8月19日発売
【DVD】
WPBL-90350/¥5,500+税
【Blu-ray】
WPXL-90110/¥6,500+税
<収録曲>
01. Miss You
02. CLOCKWORK RUNNERS (時計じかけの走者達)
03. 雨のTraveller
04. スリルなモナリザ
05. やせっぽちの天国
06. Dance with Memories
07. GIVE ME A BREAK
08. ギラギラ
09. Baby Baby
10. Weekend Shuffle
11. KEY 胸のドアを暴け
12. Atomic Butterfly
13. もしも僕が君ならば
14. I\'m Yes Man
15. スティングレイ
16. The Sliders
17. プレデター
18. RAMBLING MAN
19. A-LA-BA・LA-M-BA
EN1. MARILYNE
EN2. ジェラシーを微笑みにかえて
■特典映像
Tour Documentary

◎初回プレス特典
・カラー・フォトブックレット32P付
・デジパック&スペシャルBOX仕様

【関連リンク】
吉川晃司 オフィシャルHP
吉川晃司、骨折ライブハウスツアーの模様を収めたDVD&Blu-rayの詳細発表
吉川晃司、3月6日のZepp Tokyo公演MCにて左足首の負傷を報告
吉川晃司、10年振りのライブハウスツアーがスタート

【関連アーティスト】
吉川晃司
【ジャンル】
J-POP

Split BoB主催「夜遊びプレゼンス- AFTER VISION Vol.2-」が大盛況
Thu, 30 Jul 2015 17:00:00 +0900
Split BoB (okmusic UP\'s)

6月よりshibuya eggmanを舞台に4ヶ月連続で主催イベント「夜遊びプレゼンス-AFTER VISION」を開催中のSplit BoBが、7月19日に「夜遊びプレゼンス- AFTER VISION Vol.2-」を開催。Split BoB、Chelsy、たんこぶちん、HEAD SPEAKER、ANARCHY STONE、凸凹凸凹-ルリロリ-の6バンドが出演した。

【その他の画像】Split BoB

トップバッターを飾ったのは凸凹凸凹-ルリロリ-。登場するなり躍動的なジャングルビートの上で妖しいロックなギター音が重なりだし、妖艶な香りを携えた歌謡ロカビリーナンバーの「ボディロカビリー」を披露。いきなり場内を夜の宴の雰囲気に変えたあとは、「Everybody go!」のコール&レスポンスが炸裂。ドライブしたロックビートが嬉しく身体を躍動させた「Everybody go!」は、凸凹凸凹-ルリロリ-の夢つかむ姿勢を示した楽曲だ。強い意志を持った言葉の数々が、触れた人の気持ちも一緒に昂らせてくれた。ヒートアップした観客たちの絶叫飛び交う中へ流れたのは、GS風歌謡ロックナンバー「恋のスパイダー」。挑発するように歌い奏でる様に、飛び跳ね騒ぎ続ける観客たち。そして最後は、会場中の人たちがタオルをまわしながら「WOW WOW WOW」と歌い叫んだ「クロブチメガネとベビードール」。明るく開放的な曲調なのに、挑発的で勢いを感じるのも、凸凹凸凹-ルリロリ-が徹底して攻めの姿勢を示しているからだろうか。可愛い笑顔の裏に隠された凛々しいロック魂がしっかり胸に響いたライヴだった。あの熱狂を生み出していた理由も、今の彼女たちなら納得だ。
     
続いてANARCHY STONEが登場し、ハウリングしたギター音からの幕開け。ド頭から場内には拳振り上げ絶叫してゆく声が飛び交いだした。勢いよく駆けだしたパンキッシュナンバーの「Against」だが、歌はとても気持ちを高揚させてゆくアッパー感を満載。シンガロング系のガールズパンクバンドの枠にとどめておくにはもったいないメロディックな歌と、JUDY AND MARY時のYUKIのようなボーカルの歌声の魅力に気持ちが惹かれていた。「楽しさを分け合っていこうよ!」と疾走炸裂した「Arrenge Song 4D」の演奏に導かれ、場内に生まれたサークルモッシュの渦。 誰もがはしゃがずにはいれない衝動に導かれるまま大騒ぎしだした。重厚な音なのにメロディックでパンキッシュな「Jumping Popcorn」が作りあげた熱いパーティ空間、ラウドでスピーディなシンガロングナンバー「MONSTER BRAIN」を通した、感情を嬉しく揺さぶる高揚感。最後に叩きつけた「Our World」まで、音楽を楽しむのに枠もスタイルも関係ないという姿勢を、熱狂し続けた観客たちと一緒に知らしめてくれたANARCHY STONEよ、ガールズロックシーンに新しい刺激を巻き起こしてくれ!

この日、唯一の紅一点バンドとして登場したHEAD SPEAKER。「みんなの世界の色を変えるために歌います」の言葉に続いて歌ったのが、とてもメロディックな、ポップスの要素も色濃い「COLOR」。胸くすぐる歌に、誰もが身体を揺らし、耳を傾けていた。「SHAKE SHAKE SHAKE YOUR HANDS」のコール&レスポンスも飛び交った「KIRA KIRA」は、ガーリー&ポップロックなナンバー。大勢の観客たちが頭上高く掲げた右手を大きく振りだした。開放的な想いで胸を満たしてくれた「トロイメライ」。そして、ドキドキ昂る青春の気持ちを抱いたまま駆け上がる演奏にのって甘酸っぱく弾け飛んだ「ダストシャイニー」。なんて胸をキュッと熱く震わせてくれるんだろう。「何かを大切にすることは本当に幸せな気持ちになれる。それが音楽であれば本望です。ずっと変わらない歌を」。最後に奏でた「マグノリア」が伝えた、音楽を通して笑顔や幸せ、喜びを分かち合える楽しさ。胸を熱くくすぐる歌の芽は、大きく花開こうとたくさんの熱狂という水を舞台上で求めていた。

たんこぶちんのライヴは、お馴染み「We are the Girl\'s Band !!!!!」からスタート。ワイルドなギターサウンドが響き渡るガーリーロックチューンが流れ出すと同時に、場内の観客たちは「YEAH YEAH」と叫び声を上げ、メンバーとコール&レスポンス。嬉しいくらいに昂ってゆくドキドキした気持ち、甘酸っぱい青春の忘れ物を取り戻すように、「走れメロディー」が失くしていた情熱を身体中に注ぎ込んでゆく。なんだろう、この武者震いする心の高ぶりは。彼女たちの歌に触れるたび、そんな胸のワクワクが大きくなってゆく。8月5日に発売になる最新アルバムに収録の「花火」は、切なくも甘酸っぱい恋心を映した楽曲。触れているだけで、心のスクリーンに真夏の哀切な情景を映し出してくれるのが嬉しい。弾けたガーリーロックが炸裂、観客たちとの歌の掛け合いもあってこそ完成する「We Gonna ROCK」が登場すると、激しく疾走する演奏へ大勢の人たちが飛び乗り、大声張り上げ熱狂に溺れていた。最後は、ポップ&フリーキーな「シアワセタランチュラ」に身を預け、誰もが笑顔で大はしゃぎ。ドキドキワクワクなロックワールドに、胸いっぱいの幸せで溢れていた。

軽快なギターサウンドが心地好く風を靡かせ走ってゆく、「SistAr」が連れ出した、心を晴れな表情へ導く爽やかな歌と演奏。Chelsyのライヴが始まったとたん目の前に広がったのは、眩い日射し感じる新緑の風景。楽曲に詰め込んだ強い意志が、爽やかな未来を映し出していた。続く「Restart」には、どこか哀切な心模様を抱きながらも、光を抱こうとする確かな力を感じていた。 一転、切々とした情景が目の前に広がりだし、今にも壊れそうな感情を、胸張り裂けんばかりの想いを抱きながら歌い奏でてゆくメンバーたち。「I will」が届けてくれた、胸の琴線を潤してゆく哀切な想い。そして、9月2日に発売するシングル「I miss you」をいち早く披露。切ない恋の想いを、どこかベールをかぶった、でも確かな躍動性描く演奏に乗せChelsyは届けてくれた。最後はたくさんの手拍子を受けながら、胸くすぐる青春の息吹を含んだ「My Way」を躍動的に演奏。様々に想い巡らせる歌詞を背負いながらも、光を抱きながら心地好く上がってゆく感覚が、嬉しいくらいに心地好かった。

Split BoBのステージは、哀切なエレピの旋律響き渡る演奏から幕開け。そこへ演奏が重なりだすや、楽曲は一気に激しい情熱を持って駆けだした。情熱を抱いた「マボロシウサギ」の演奏に感情を昂らせながらも、その切々とした旋律と心壊れそうな歌声に胸をギュッとしめつけられてゆく。壊れそうな感情のウネリは、「Skillful trump」を通しますます膨らんでいった。 四つ打ちリズムの上で、フリーキーでダンサブルな旋律の数々が踊りだす。ダンスロックナンバー「マヤカシ少女」が連れ出した、騒がずにいられない嬉しい高揚。キラキラとした鍵盤の旋律と野太いギターサウンドが、重厚なロックビート上で炸裂する。こはるの魂張った凛々しい歌声が、重厚な音の上でフリーキーに荒れ狂ってゆく。激烈なダンスロックナンバー「スターになれない」を通した高揚が心地いい。最後は、Split BoBとして初めて作ったオリジナル曲であり、ヒリヒリとしたソリッドさを持った「ストライン」を演奏。熱狂やまない声を受け、アンコールでは「Future Runnist」を演奏。大勢の観客たちとの確かな絆な感じながら、彼女たちは次のイベントへ熱狂の続きを繋げていった。

「夜遊びプレゼンス-AFTER VISION-Vol.3-」は、8月23日(日)にshibuya eggmanで開催。出演は、Split BoB/ガールズロックバンド革命(from大阪)、mimic.、THE LEAPS、BAND-MAID(R)、Caramelの6組。こちらにも気になるメンツが集合。ぜひ、足を運んでいただきたい。

photo by 大久保恵海、星川歩未、ヨアン・クロション
text by 長澤智典

■Split BoB
http://wish-japan.co.jp/splitbob/
■凸凹凸凹-ルリロリ-
http://rurirori.com/
■Chelsy
http://honeybeestudio.jp/chelsy/
■たんこぶちん
http://tancobuchin.jp/
■HEAD SPEAKER
http://www.headspeaker.jp/
■ANARCHY STONE
http://anarchystone.syncl.jp/

■【セットリスト】

■凸凹凸凹-ルリロリ-
ボディロカビリー
Everybody go!
恋のスパイダー
クロブチメガネとベビードール

■ANARCHY STONE
Against
Arrenge Song 4D
Jumping Popcorn
MONSTER BRAIN
Our World

■HEAD SPEAKER
COLOR
KIRA KIRA
トロイメライ
ダストシャイニー
マグノリア

■たんこぶちん
We are the Girl\'s Band !!!!!
走れメロディー
花火
We Gonna ROCK
シアワセタランチュラ

■Chelsy
SistAr
Restart
I will
I miss you
My Way

■Split BoB
マボロシウサギ
Skillful trump
マヤカシ少女
スターになれない
ストライン
Future Runnist

■Split BoB × eggman 企画「夜遊びプレゼンス - AFTER VISION - Vol.3」

8月23日(日) shibuya eggman
開場 17:15 開演 17:45
出演:Split BoB/ガールズロックバンド革命(from大阪)/mimic./
THE LEAPS/BAND-MAID(R)/Caramel
<チケット>
前売り ¥2,500 当日 ¥3,000
e+、ローソンチケット、eggman店頭にて
8/1(土)〜発売 ※取り置き可

【関連リンク】
Split BoB、8月に主催イベント『夜遊びプレゼンス-AFTER VISION-Vol.3-』を開催
現役女子大生バンドChelsy、シークレットライブ&トークでファンを魅了
たんこぶちん、ニューアルバムリリースを記念して“夏祭り”フリーライヴ開催決定
たんこぶちん、3rdアルバムからリード曲「花火」のMVを公開

【関連アーティスト】
Split BoB, Chelsy, たんこぶちん, HEAD SPEAKER, ANARCHY STONE, 凸凹凸凹-ルリロリ-
【ジャンル】
ジャパニーズロック, イベント

TOTALFAT、ホームタウン八王子で単独公演『共走前夜』開催決定
Thu, 30 Jul 2015 16:00:00 +0900
TOTALFAT (okmusic UP\'s)

7月29日に下北沢SHELTERにて男性限定ライヴを成功させたTOTALFATが、秋から始まるアルバムリリースツアー『COME TOGETHER, SING WITH US Tour 2015』のプレイベントとして、ワンマンライヴ『共走前夜』の開催を発表した。

【その他の画像】TOTALFAT

日程は9月24日(木)、場所はホームタウン八王子のライヴハウスMatch Vox! 

TOTALFATが結成後、初ライヴを行なったのが2000年4月6日で、毎年周年イベントを開催してきた。今回はShunとBuntaがTHE OFFSPRINGの来日公演を観に行き、バンドを結成した1999年9月25日の1日前「結成前夜」に初めて開催する事が決定した。

7月30日(木)昼12:00〜8月3日(月)23:59の間、チケットのオフィシャルサイト先行発売が行なわれる。

■【Shun コメント】

2015年9月24日、ワンマンライブ「共走前夜」を開催します!
このワンマンライブは10月から始まるアルバムリリースツアーへ向けた"ファンのみんなと共にツアーへ走り出す"意味での「共走前夜」、 さらに、僕とBuntaが一緒に観に行ってその日の夜にTOTALFATを組んで共に走り出す事になった1999年9月25日 THE OFFSPRINGのAMERICANA JAPAN TOUR公演の前の日付という意味での「共走前夜」という事でもの凄く思い入れの強い日になりそうです。
人生が変わる日なんていつ訪れるか分からない、それがもしかしたら明日かもしれない。。。オフスプのライブ前日の夜にそんな風にワクワクしていたあの頃の自分の気持ちを今度はTOTALFATの音楽でみんなに届けたいと思っています。そして翌月からスタートする「COME TOGETHER, SING WITH US Tour 2015」へ大いに気持ちを昂らせる夜にしたいです。
TOTALFATと共に走ろう!「共走前夜」9月24日、僕らのホームタウン八王子Match Voxで待つ!!

■「共走前夜」

9月24日(木) 八王子 Match Vox

■チケット公式HP先行抽選受付
7月30日(木)昼12:00〜8月3日(月)23:59
受付URL http://eplus.jp/totalfat-hp/

【関連リンク】
TOTALFAT オフィシャルHP
「UKFC on the Road 2015」開催記念事前番組がスペシャアプリにて生配信
TOTALFAT、9月に“倍返し”名古屋2デイズ決定!
ベイビーレイズJAPANの10thシングルにFoZZtoneなどロックな面々が楽曲提供

【関連アーティスト】
TOTALFAT
【ジャンル】
ジャパニーズロック

BRAHMANのドキュメンタリー映画『ブラフマン』、渋谷タワーレコードにて上映決定
Thu, 30 Jul 2015 15:30:00 +0900
BRAHMAN (okmusic UP\'s)

今年、結成20周年を迎えるBRAHMANのノンフィクション映画『ブラフマン』が、8月8日(土)から8月23日(日)までの16日間限定で、タワーレコード渋谷店にて上映されることが決定した。

【その他の画像】BRAHMAN

パンク/ハードコアに留まらず、国内外のロックシーンの先頭を走り続けてきた孤高のバンド、BRAHMAN。かつてはアンダーグラウンドだった彼らも、いつしか、日本の音楽シーンに欠かせない存在となった。オーディエンスが熱狂する輪の中心にはいつも彼らがいた。「静と動」を基盤に、人間の限りなく深い思いと、怒り、そして悲しみに満ちた思いを音に昇華させる。その圧倒的なパフォーマンスに魅了されたファンの中には、ミュージシャンや文化人も多く見られる。

しかし、彼らの内面はこれまで語られることは少なかった。そんな彼らの内面に切り込み、音楽ドキュメンタリーではなく、人間としての彼らの魅力にまで掘り下げ、バンドを知らない人にとっても見ごたえのある作品に仕上げた監督・箭内道彦の見事な手腕にリピーターが続出し、BRAHMANをあまり聞いたことがない、という客層にまで口コミで広がりつつある。

この盛り上がりを受け来月8月8日(土)から8月23日(日)までの16日間限定で、タワーレコード渋谷店にて連日20時から映画『ブラフマン』の上映をすることが決定。タワーレコードとしても史上初の試みだという。

期間中は“BRAHMAN「NO BAND,NO LIFE!」〜生きなよ 少し無理をして なりたい自分になるために〜"と銘打って、彼らの過去作品ジャケットやTシャツ、期間限定で貴重な楽器などを展示する。また、未公開映像の上映も予定されている。さらに、タワーレコード渋谷店8F会場で映画を見ると、先着でオリジナル缶バッヂがプレゼントされる。BRAHMANの展示物に囲まれ、彼ららしい場所で映画を見るのもまた感慨深そうだ

■映画『ブラフマン』

タワーレコード「NO MUSIC, NO LIFE.」、リクルート「ゼクシィ」、東京メトロ「TOKYO HEART」など、彼の作品を見たことがない人はいない、と言っても過言ではないだろう。あらゆるモノの核を切り取り、そのモノの魅力を最大限に表現する。稀代のクリエイティブディレクター箭内道彦。これまで、映画監督としてのオファーを固辞し続けて来た箭内が、「僕が知っている、ブラフマンの、愛すべきあの4人を、ただスクリーンに映すことであればできる。」と、イレギュラーなものとして受託した、最初で最後の監督作。4人との交友の深い箭内が見るBRAHMANの「人間」としての素顔。バンドの今、過去、未来。初代メンバーへの思い、家族や、古い友人の言葉も織り交ぜ、「人と人が、生きていくこと」を問いかける。箭内がたった1台のカメラに収めたブラフマンとは?−ノン・フィクションの「ブラフマン」が解禁される。

監督・撮影:箭内道彦 
主題歌:BRAHMAN「其限 〜sorekiri〜」(トイズファクトリー) 
語り:Ken Yokoyama、りょう、井浦新 ほか
出演:BRAHMAN(TOSHI-LOW、KOHKI、MAKOTO、RONZI)  
配給・宣伝:プレシディオ
(C) 2015 映画「ブラフマン」製作委員会

■公式HP: http://brahman-movie.jp/
■公式ツイッター:https://twitter.com/brahman_movie
■公式Facebook:https://www.facebook.com/brahman.movie

【関連リンク】
BRAHMAN オフィシャルHP
BRAHMAN、20周年ライヴ「尽未来際〜畏友〜」のゲストバンドが決定!
映画『ブラフマン』が大反響! 追加劇場や箭内監督ティーチインも続々決定!
BRAHMAN、20周年記念ライブ「尽未来際 〜開闢〜」ゲストバンド解禁

【関連アーティスト】
BRAHMAN
【ジャンル】
映画, ジャパニーズロック

BUCK-TICK、レーベルの枠を超えた4社共同キャンペーン実施
Thu, 30 Jul 2015 15:00:00 +0900
BUCK-TICK (okmusic UP\'s)

BUCK-TICKのアルバム全20作のうち12作品のハイレゾ配信第一弾が6月26日にスタートしたが、7月29日より第二弾配信がスタートした。

【その他の画像】BUCK-TICK

第一弾配信はビクターエンタテインメント、徳間ジャパンコミュニケーションズ期の作品で、今回スタートした第二弾配信は、アリオラジャパンより7作品、ユニバーサルミュージックより1作品と、合計8作品の配信となり、これでアルバム全20作品のハイレゾ配信が完結する。

アリオラジャパン、ユニバーサルミュージック期の作品は1997年『SEXY STREAM LINER』〜2010年『RAZZLE DAZZLE』までの8作品。この時期は、マスターがアナログからデジタルに移行する時期でもあり、レコーディングツールの進化が一気に加速する時期。BUCK-TICKというバンドの変貌はもちろんのこと、“音"を楽しむうえでも重要な時期である。アリオラジャパン7作品のうち5作品はアナログハーフテープよりハイレゾ化。80本以上240テイクにもおよぶ音源の中より、CDと同一テイクかどうか全テイクの聴き比べを行い、テイクを確定させたうえで1曲ずつハイレゾマスタリングを行うという工程にはのべ4か月を費やした。そうしたスタジオでの膨大な作業の一端がうかがえるマスターテープ類の写真も公開された。

また配信サイトmoraでは今回のハイレゾ化を推進した各社レーベルディレクター陣の舞台裏エピソードが掲載されているほか、配信サイトHD-Music.と、音元出版が運営するAVオーディオ系サイトPhile-webでは、コラボ企画として各アルバムのハイレゾ化を担当したスタジオエンジニア陣のインタビューが掲載される。どのような工程で、どのような苦労があったかなど、他では見ることのできない内容満載のインタビューは必見だ。

是非ともみなさんお持ちのCDとの聴き比べを楽しんでいただきたい。この全20作品配信はmora、HD-Music.ほか主要ハイレゾ配信サイトで配信される。

BUCK-TICK は1987年のメジャーデビュー以来、これまでに在籍したレーベルは4社に及ぶが、今回、ハイレゾ配信される作品はそれらのレコード4社にまたがっており、ビクターエンタテインメント、ユニバーサルミュージック、アリオラジャパン、徳間ジャパンコミュニケーションズによって「ハイレゾがバクチクする。」をキーワードにレーベルの枠を超えたキャンペーンを展開。今回、配信される楽曲数はのべ246曲となり、同時期にハイレゾ配信されるのべ曲数としては国内アーティスト最多となる。また、国内ロックバンドのアルバム20タイトルが同時期にハイレゾ配信されるのは初で、さらにレコード会社4社合同による同一アーティストの“ハイレゾ・キャンペーン"も初となる。BUCK-TICKのハイレゾ配信カタログはこれまで計22アルバム、楽曲数ではのべ266曲となる。これはロックバンドとして国内最大級の展開で、音楽ファンの間で急速に拡大しているハイレゾ・マーケットに一早く先手を打ったことになる。

結成30年を迎えオリジナルメンバーでシーンの最前線を走り続ける彼らの動向に今後も注目し続けたい。

■エンジニアインタビュー掲載サイト
・Phile-web
http://www.phileweb.com/interview/article/201507/29/299.html
・HD-Music.
http://hd-music.info/artist.cgi/1360

■全タイトル配信サイト

・mora:http://mora.jp/
・HD-Music.:http://hd-music.info/


■BUCK-TICK ハイレゾ配信カタログ

【2015年7月29日配信】
・『RAZZLE DAZZLE』(2010年10月13日/16th ALBUM /アリオラジャパン)
・『memento mori』(2009年2月18日/15th ALBUM/アリオラジャパン)
・『天使のリボルバー』(2007年9月19日/14th ALBUM/アリオラジャパン)
・『十三階は月光』(2005年4月6日/13th ALBUM/アリオラジャパン)
・『Mona Lisa OVERDRIVE』(2003年2月13日/12th ALBUM/アリオラジャパン)
・『極東 I LOVE YOU』(2002年3月6日/11th ALBUM/アリオラジャパン)
・『ONE LIFE,ONE DEATH』(2000年9月20日/10th ALBUM/アリオラジャパン)
・『SEXY STREAM LINER』(1997年12月10日/9th ALBUM/ユニバーサルミュージック)

【既配信中(2015年6月26日配信開始)】
・『或いはアナーキー』(2014年6月4日/18th ALBUM/Lingua Sounda・『徳間ジャパンコミュニケーションズ) ※最新作
・『夢見る宇宙』(2012年9月19日/17th ALBUM/Lingua Sounda・『徳間ジャパンコミュニケーションズ)
・『COSMOS』(1996年6月21日/8th ALBUM/ビクターエンタテインメント)
・『CATALOGUE 1987-1995』(1995年12月1日/シングルベスト/ビクターエンタテインメント)
・『Six/Nine』(1995年5月15日/7th ALBUM/ビクターエンタテインメント)
・『darker than darkness -style 93-(1993年6月23日/6th ALBUM/ビクターエンタテインメント)
・『殺シノ調べ This is NOT Greatest Hits(1992年3月21日/セルフカヴァーベスト/ビクターエンタテインメント)
・『狂った太陽』(1991年2月21日/5th ALBUM/ビクターエンタテインメント)
・『HURRY UP MODE』(1990MIX)(1990年2月8日/インディーズ復刻版/ビクターエンタテインメント)
・『TABOO』(1989年1月18日/3rd ALBUM/ビクターエンタテインメント)
・『SEVENTH HEAVEN』(1988年6月21日/2nd ALBUM/ビクターエンタテインメント)
・『SEXUAL×××××!』(1987年11月21日/1st ALBUM/ビクターエンタテインメント)

【既配信中(2015年2月1日配信開始)】
・『惡の華(1990年オリジナル版)(1990年2月1日/4th ALBUM/ビクターエンタテインメント)
・『惡の華(2015年ミックス版) (2015年2月1日/4th ALBUM新ミックス/ビクターエンタテインメント)

【関連リンク】
BUCK-TICK オフィシャルHP
BUCK-TICK、年末に武道館公演を含むライヴを開催
櫻井敦司(BUCK-TICK)が10年ぶりにソロ始動!
史上最狂のロックフェス『LUNATIC FEST.』が終幕

【関連アーティスト】
BUCK-TICK
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル

Plastic Tree、ニューシングル「落花」アートワークと最新ヴィジュアルを公開
Thu, 30 Jul 2015 14:30:00 +0900
Plastic Tree (okmusic UP\'s)

9月2日にリリースされるPlastic Treeの半年ぶり、通算37枚目となるシングル「落花」のアートワークと、最新のアーティスト写真が公開された。

【その他の画像】Plastic Tree

新しいアーティスト写真は、独特な存在感を放つ花の世界に、白衣装に身を包んだメンバーが佇む印象的な写真。黒の印象の強いアーティストなだけに、メンバー全員白衣装が新鮮。フラワークリエイターの篠崎恵美(edenworks)によるフラワーアートの世界を、カメラマン中野敬久が撮影した、「落花」にふさわしい1枚となっている。

また、「落花」のアートワークは、前々作「マイム」、前作「スロウ」に引き続き今作も人気アニメーション作家ユニット「劇団イヌカレー」の泥犬。プラの世界感と劇団イヌカレーの世界観が見事に融合したアートワークとなっている。全4種のジャケットは繋がっており、すべて並べると1枚の絵になるデザイン。「落花」の世界観を見事に投影させたアートワークとなっているので、実際に手に取って細部までしっかり堪能してほしい。

そして、ベールに包まれていた「落花」の音源がついに解禁される。7月31日(金)のFM NACK5「BEAT SHUFFLE」(19:10〜20:30)で「落花」が初オンエアされるのでお楽しみに。

8月9日には「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」への出演が今年も決定しており、今年はPARK STAGEのラストを飾る。そして今作シングル「落花」リリース直後の9月5日から全国8公演のツアーを行う。ツアーファイナルは10月11日の豊洲PIT。さらにツアーファイナル翌日の10月12日には同じく豊洲PITで、Plastic Treeのキャリア初の主催ライヴの開催が決定している。Plastic Treeの呼びかけのもと、MUCC、女王蜂、ドレスコーズ、という個性あふれる3バンドが集結!「虚を捨てよ、町へ出よう」と題されたこのライヴがどのようなステージになるのか、一夜限りのこのステージを楽しみにしてほしい。

■シングル「落花」

2015年9月2日発売
【初回限定盤A】(CD+DVD)
VUZJ-29/¥2,000+税
<収録曲>
■CD
1.落花
2.感傷ダイアリー
3.落花(Instrumental)
■DVD
男子限定公演「Boys Don\'t Cry」・其の一
1. Thirteenth Friday
2. 涙腺回路

【初回限定盤B】(CD+DVD)
VUZJ-30/¥2,000+税
<収録曲>
■CD
1.落花
2.感傷ダイアリー
3.落花(Instrumental)
■DVD
男子限定公演「Boys Don\'t Cry」・其の二
1. テトリス
2. あバンギャルど

【初回限定盤C】(CD+DVD)
VUZJ-31/¥1,800+税
<収録曲>
■CD
1.落花
2.感傷ダイアリー
3.落花(Instrumental)
■DVD
「落花」Music Video

【通常盤】(CDのみ)
VUCJ-30009/¥1,200+税
<収録曲>
1.落花
2.感傷ダイアリー
3.GEKKO OVERHEAD(2015年5月23日・男子限定公演版)
4.梟(2015年5月23日・男子限定公演版)
5.落花(Instrumental)

【関連リンク】
Plastic Tree オフィシャルHP
UROBOROS、1stミニアルバムの片鱗を示すトレイラー解禁
Plastic TreeがMUCC、女王蜂、ドレスコーズを迎え初の主催ライブを開催
話題の新プロジェクト・UROBOROSの新作に豪華クリエイター陣が参加

【関連アーティスト】
Plastic Tree
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル

HAKUEI(PENICILLIN)が写真集「月刊HAKUEI×nirvana.black」で究極のボディを披露
Thu, 30 Jul 2015 14:00:00 +0900
「月刊HAKUEI×nirvana.black」表紙 (okmusic UP\'s)

写真集「月刊」シリーズの最新作としてPENICILLINのHAKUEIの写真集が、7月31日にAmazon、ヴィレッジ・ヴァンガード等全国で発売される。

【その他の画像】HAKUEI

本誌ではVivienne WestwoodやPaul Smithのメゾンコレクションのチームディレクターを手がけた本田真一氏をヘアメイクに迎え、美しすぎる44歳の究極のボディを惜しみなく披露する。

また、漫画家の古屋兎丸氏、3DCGディレクターの朝倉涼氏も参加し、写真集の域にとどまらない表現に挑戦。なお、ヴィレッジヴァンガードでは特典として両面ポストカード2枚セットが付属する。

是非写真集を手に入れて、磨き上げられたHAKUEIの肉体美を堪能していただきたい。

■月刊HAKUEI×nirvana.black official web site
http://hakuei.lewo.jp/
■ヴィレッジヴァンガードオンラインストア
buff.ly/1KwXA4X

■「月刊HAKUEI×nirvana.black」

2015年7月31日発売
写真集:A4サイズ/80ページ
価格:¥2,800+税
ISBN:978-4-86205-897-3
JAN:4571369484863

【関連リンク】
PENICILLIN オフィシャルHP
PENICILLINの千聖率いるCrack6が最新ミニアルバムをリリース
PENICILLIN、結成23年目にして初の全曲カヴァーのアルバム発売
Crack6、12th anniversaryの情報を発表

【関連アーティスト】
HAKUEI, PENICILLIN
【ジャンル】
ビジュアル, ジャパニーズロック

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」イヤーを記念したコンサートが11月に東京国際フォーラムで開催
Thu, 30 Jul 2015 14:00:00 +0900
「バック・トゥ・ザ・フューチャー」 (okmusic UP\'s)

今年2015年は「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズ1作目が公開されてから30年目の年、そしてシリーズ2作目でマーティとドクが訪れた未来の年でもある。そんな「バック・トゥ・ザ・フューチャー」イヤーを祝うコンサート『シリーズ1作目を"全編生演奏で観る"』が、いよいよ11月に日本でも開催される。

【その他の画像】新日本フィルハーモニー交響楽団/福田一雄

今年5月30日の世界初演後、米・ハリウッドボウル、ロンドン・アルバートホールをはじめ、世界中で上演されている『シリーズ1作目を"全編生演奏で観る"』は、痛快なアクション・アドベンチャー音楽を80名のフルオーケストラで、映画とシンクロして演奏される。巨大なスクリーンで上映される映画からは、マーティ、ドクのダイアログやデロリアンの効果音、そして「パワー・オブ・ラブ」も!

さらに、このコンサートのために、ロバート・ゼメキス監督の盟友である映画音楽界の巨匠アラン・シルヴェストリが、元々のオーケストラスコアに加えて新たに約15分のスコアを作曲しているという。

主催のキョードー東京は、このコンサートの日本公演をマーティとドクが未来に出発した日の10月26日(1985年)、もしくは未来に到着した日の10月21日(2015年)に開催を試みていたが、残念ながらそちらは調整がつかなかったようだ。日本公演は11月23日(月・祝)に東京国際フォーラム・ホールAにて開催が決定。オーケストラは新日本フィルハーモニー交響楽団が担当する。

是非シリーズ1作目に出てくる1950年代か1980年代のファッションでコンサートに参加して「バック・トゥ・ザ・フューチャー」30周年を皆でお祝いしよう。

また、チケットの最速先行販売は8月1日(土)午前10時より開始。最速先行特典には「日本公演限定ピクチャーチケット」が付く。お申し込み、公演内容詳細は公式HPまで。

■「バック・トゥ・ザ・フューチャー inコンサート2015」

11月23日(月・祝) 東京国際フォーラム ホールA(有楽町)
17:30開演 
指揮:ニコラス・バック
管弦楽:新日本フィルハーモニー交響楽団
お問い合わせ:キョードー東京 0570-550-799

【関連リンク】
「バック・トゥ・ザ・フューチャー inコンサート2015」オフィシャルHP
GLIM SPANKYの1stアルバムが iTunesロック・アルバムランキングで3位に!
SEKAI NO OWARI、ダブルA面シングル「SOS/プレゼント」発売決定
シネ・ロックコラボ企画で“HOOTERS GIRL”があなたをお迎え

【関連アーティスト】
新日本フィルハーモニー交響楽団/福田一雄
【ジャンル】
映画, サウンドトラック

NICO Touches the Walls、ニューシングルのカップリングで矢野顕子の「ラーメンたべたい」をカヴァー
Thu, 30 Jul 2015 13:30:00 +0900
NICO Touches the Walls (okmusic UP\'s)

9月2日(水)にリリースされるNICO Touches the Wallsのニューシングル「渦と渦」のカップリング曲は恒例となりつつあるカヴァー曲で、なんと今回は矢野顕子の「ラーメンたべたい」!

【その他の画像】NICO Touches the Walls

Vo&Gの光村は「僕たち四人が普段異様に熱くなる話題って言ったら、音楽のことかラーメンのことか、たぶんそれくらいで。困った時はそれで大抵なんとかなってんじゃないかなって思うほど、僕らにとって欠かせない要素なのです。そんな僕らの異様なグルーヴが渦巻いた快作(怪作?)に仕上がりました。どうぞお楽しみに」とコメントしている。

なお、「渦と渦」はMBS/TBS系アニメ『アルスラーン戦記』のオープニングテーマにとして現在オンエアされいる。

■NICO Touches the Walls オフィシャルHP
http://www.nicotouchesthewalls.com/
http://www.nicotouchesthewalls.net/

■シングル「渦と渦」

2015年9月2日発売
【初回生産限定盤】(CD+DVD)
¥1,800(税込)
【通常盤】(CDのみ)
¥1,300(税込)
<収録曲>
■CD
1.渦と渦
2.僕は30になるけれど
3.ラーメンたべたい
■DVD
アコタッチと呼んでみて☆vol.5
「まっすぐなうた」
「夏の大三角形」
<仕様・封入特典>
・『アルスラーン戦記』ワイドキャップステッカー(A)仕様
・NICO×『アルスラーン戦記』ダブルネームピック封入
・2016年1月8日<NICO Touches the Walls LIVE SPECIAL 2016“渦と渦〜東の渦〜">日本武道館公演、12月23日<NICO Touches the Walls LIVE SPECIAL 2015“渦と渦〜西の渦〜">大阪城ホール公演、特別先行抽選受付封入

【期間生産限定盤】(CD+DVD)
¥1,500(税込)
<収録曲>
■CD
1.渦と渦
2.僕は30になるけれど
3. ラーメンたべたい
4.渦と渦(inst)
5.渦と渦 (89sec ver.)
■DVD
『アルスラーン戦記』ノンクレジットOP映像
<仕様・封入特典>
・『アルスラーン戦記』描き下ろしデジパック
・『アルスラーン戦記』OP絵コンテブック
・2016年1月8日<NICO Touches the Walls LIVE SPECIAL 2016“渦と渦〜東の渦〜">日本武道館公演、12月23日<NICO Touches the Walls LIVE SPECIAL 2015“渦と渦〜西の渦〜">大阪城ホール公演、特別先行抽選受付封入

【関連リンク】
NICO Touches the Walls、シングル「渦と渦」の『アルスラーン戦記』描き下ろしジャケ公開
NICO Touches the Walls、シングル発売に伴い新アー写&ジャケ写公開
NICO Touches the Walls、大阪城ホール公演と対になる武道館公演を発表
NICO Touches the Walls、ピックバンプロジェクト2015第4弾を発表

【関連アーティスト】
NICO Touches the Walls, 矢野顕子
【ジャンル】
ジャパニーズロック, アニメ

EXO、初の日本レギュラー番組「EXO CHANNEL」が8月7日よりスタート
Thu, 30 Jul 2015 13:00:00 +0900
「EXO CHANNEL」 (okmusic UP\'s)

EXO初の日本レギュラー番組「EXO CHANNEL」が、8月7日(金)25:53からテレビ東京にてスタートすることが発表された。

【その他の画像】EXO

アジアを中心に世界を席巻する彼らは、2013年に発売した初のフルアルバム『XOXO』が韓国で12年ぶりのミリオンセールスを達成。さらに、今年2015年に発売した2ndフルアルバム『EXODUS』もミリオンセールスを達成し、歴史的な記録を打ち立てた。またビルボードが選定した “2014年注目すべきアーティスト14” にアジアのアーティストとしては唯一選出されるなど、今アジアでもっとも注目されるグループである。

今年11月にはワールドツアーの日本公演が東京ドーム、京セラドーム(いずれも3days)で開催が決定しており、先日福岡マリンメッセの追加公演も発表されるなど、日本での勢いも感じられるEXO。

そんな彼らのレギュラー番組「EXO CHANNEL」は、EXOのパフォーマンスや素顔に迫った世界初のドキュメンタリーショートムービーとなっており、彼らの内に秘めた思いなどもうかがえる内容となっている。毎週番組のテーマが変わり、初回放送のテーマは「WHAT’S EXO?」。EXOについてカメラに語ってくれた姿とは? 気になる内容は放送をチェックしよう!

未だベールにつつまれた次世代スーパースターEXOの魅力を知ることができるこの番組を是非お見逃しなく。また、オフィシャルハッシュタグ「#EXOCHANNEL」も同時に立ち上がっており、番組と合わせてお楽しみいただきたい。

■【EXO スホ コメント】

「なかなか日本にこられない中、レギュラー番組というこのような機会をいただき、大変嬉しいです。是非僕たちEXOを身近に感じていただければと思います。そして秋には画面だけではなく、コンサート会場でもお会いしましょう。」

■「EXO CHANNEL」トレーラー
https://www.youtube.com/watch?v=CQcoYuGy5dY

■【番組情報】

番組名:『EXO CHANNEL』
放送チャンネル:テレビ東京(関東ローカル)
放送日時:8月7日(金)25:53〜26:00より毎週金曜日放送
※番組編成や内容は予告なく変更される場合があります。予めご了承願います。

【関連リンク】
EXO オフィシャルHP
東方神起やSUPER JUNIORのライヴが楽しめる!? ハウステンボスのホログラムシアターが4月より始動!
東方神起、少女時代などが出演する「SMTOWN LIVE」ライブ・ビューイング決定!
韓国発大型イベント「SMTOWN WEEK」、ライブビューイング決定

【関連アーティスト】
EXO
【ジャンル】
K-POP, テレビ(番組/CM)

J、ニューアルバムの全貌が明らかに!
Thu, 30 Jul 2015 13:00:00 +0900
J (okmusic UP\'s)

9月2日にリリースとなるJのアルバム『eternal flames』。その全曲タイトルと最新アーティスト写真が公開された。

【その他の画像】J

そして、10作目のオリジナルフルアルバム発売を記念したメモリアル豪華BOX仕様の詳細も明らかになった。BOXにセットされるDVDには、レコーディングドキュメンタリーとMVメイキング映像、さらに最新撮り下ろし写真集も収められるが、特筆すべきはこのアルバム全曲のバンドスコアも同時にパッケージされることだ。

これまで数多くのベーシストフォロアーを生んできたJだが、今作がドラム、ベース、ギター、そして歌のみの、シンプルなバンドサウンドで構成されていることからも、バンドキッズはもちろんのこと、これから楽器を始める人や、少しでも楽器に触れたことのある人が、実際に楽器を手に取り、自らこの音を奏で体感してくれたら。そんな想いが込められているのかもしれない。

そんな通算10作目となるこのアルバムは、ソロデビューから約18年の歳月を重ね、制作に1年以上の月日を要し、自問自答を繰り返しながら作り上げられた渾身作。Jらしい爽快なグルーヴと熱を帯びた衝動に忠実なロックであることに変わりはないのだが、彼自身が今日に至るまで、黙々と音楽と向き合い、積み重ねてきたからこそ奏でることができる、まさに大人の男としての生きざまが滲み出る作品となっている。

まもなく公開される最新MVも、男が男に共鳴する大人のロック感が漂う作品に仕上がっているとのこと。乞うご期待!

■アルバム『eternal flames』

2015年9月2日発売
【スペシャルBOXセット(初回生産限定盤)】(CD+DVD)
CTCD-20035/B/¥3,800+税
※豪華BOX仕様
※『eternal flames』全曲バンドスコア
※最新撮り下ろし写真集
【CD】
CTCD-20036/¥3,000+税
<収録曲>
■CD
01.Verity
02.my answer
03.I know
04.Immortal galaxy
05.never gonna die
06.with you
07.wall
08.Rollin\'
09.dream on
10.Jayne
11.Believer
■DVD ※スペシャルBOXセットのみ
MV、レコーディングドキュメント&MVメイキング映像

【関連リンク】
J オフィシャルHP
J、記念すべきソロ10枚目のアルバム『eternal flames』ジャケットを公開
J率いるアコースティックプロジェクト“D.F.F.”がついに再始動
5人で作り上げるLUNA SEAの音世界、 その臨界点を示したアルバム『MOTHER』

【関連アーティスト】
J
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル

flumpool、YouTubeプレイリスト企画がスタート
Thu, 30 Jul 2015 12:30:00 +0900
flumpool (okmusic UP\'s)

8月5日にニューシングル「夏よ止めないで 〜You\'re Romantic〜」をリリースするflumpoolが、そのシングルリリースに向けて、YouTubeに公開された同曲のMVを活用したプレイリスト企画をスタートさせた。

【その他の画像】flumpool

この企画は「みんなに聞かせたい!あなたがオススメするflumpoolプレイリスト!」と題して、YouTubeの再生リスト機能を活用し、flumpool、およびA-Sketchチャンネルに公開されている映像を基にプレイリストを作成、完成したプレイリストを指定のハッシュタグを付けて、Twitterにつぶやく事で、思い思いのプレイリストをみんなに聞いてもらおう!というもの。

プレイリスト制作をより楽しむために、いくつかのルールが設けられており、今回の企画期間中に作成されたプレイリストを5つ、A-Sketch公式Twitterアカウントで紹介。紹介された方には『flumpoolオリジナル モバイルウォータープルーフポーチ』がプレゼントされる。自分なりのflumpoolのプレイリストを作る楽しみと、みんなに聞いてもらう楽しみを見つけてみよう。

そして、シングル「夏よ止めないで 〜You\'re Romantic〜」リリースに合わせて、初回限定盤DVDに収録される「SAKAI PerfecTV!」のトレーラー映像がYouTubeに公開された。

この「SAKAI PerfecTV!」は、前作「FOUR ROOMS」の初回盤ボーナストラックとして収録され、好評を博していた「FM SAKAI〜リターンズ〜」をさらに進化させ、映像化したもので、Gt.阪井一生が自分をPerfectに見せる「テレビ番組」の制作をメンバーに依頼して生まれた“禁断のバラエティ"となっており、ファンならずとも満足できる映像となっている。またCDジャケット撮影のドキュメンタリー映像も併せて収録されるなど、非常に豪華な内容となっている。

flumpoolはCDをリリースした週末の8月8日と9日には、メンバーの地元、大阪・大泉緑地にて初の大規模な単独野外ライヴ『flumpool 真夏の野外★LIVE 2015「FOR ROOTS」〜オオサカ・フィールズ・フォーエバー〜』を行なう。

■“SAKAI PerfecTV!"トレーラー映像
https://youtu.be/EBjgoflNMOk

■「みんなに聞かせたい!あなたがオススメするflumpoolプレイリスト!」企画概要

あなたがオススメするプレイリストを作成して、TwitterでA-Sketch公式アカウント、@ASketch_JPをフォローのうえ、そのプレイリストのURLとハッシュタグ『#flumpoolplaylist』を付けてつぶやいてください。皆さんの作ったプレイリストの中から5つピックアップしてご紹介致します。ご紹介された皆様には、『flumpoolオリジナル モバイルウォータープルーフポーチ』をプレゼント!

■プレイリスト作成ルール:
1. 「夏よ止めないで 〜You\'re Romantic〜」Music Videoを必ずどこかに入れる事。
2. プレイリストに収録する曲は5曲以上の映像を使う事。
3. プレイリストに使用する映像は以下URL内にあるもの中から作成する事。
『flumpool プレイリスト』
https://www.youtube.com/playlist?list=PL316C5E4BE945532E
■プレイリスト応募期間:8月7日(金)23:59まで
■当選発表:8月中旬予定

■『東京も止めないで!』 〜More Romantic Live〜 & 〜Summer Gift Party〜

8月04日(火) 新木場Studio Coast
8月05日(水) Zepp Tokyo
※詳細はこちらhttp://www.flumpool.jp/event-a/

■『flumpool 真夏の野外★LIVE 2015「FOR ROOTS」〜オオサカ・フィールズ・フォーエバー〜 』

「Day of Green」
8月08日(土) 大泉緑地 大芝生広場
「Day of Sky」
8月09日(日) 大泉緑地 大芝生広場

GOODS&FOODエリア開場 8:00(予定) LIVEエリア開場 12:30(予定)
開演 14:00 終演 17:00(予定)
※雨天決行/荒天中止

【関連リンク】
flumpoolオフィシャルHP
flumpoolが「夏よ止めないで 〜You\'re Romantic〜」のMVを公開
flumpool、台湾にて3度目のスペシャルライブを開催
flumpool、ニューシングルタイトルを発表! ジャケ写&最新アー写も公開!

【関連アーティスト】
flumpool
【ジャンル】
ジャパニーズロック

MAN WITH A MISSION×ZebraheadのスプリットEP、海外ver.もリリース決定
Thu, 30 Jul 2015 12:00:00 +0900
スプリットEP「Out of Control」 (okmusic UP\'s)

MAN WITH A MISSIONが、5月20日にリリースしたZebraheadとのスプリットEP「Out of Control」を8月21日に海外でもリリースすることが明らかになった。

【その他の画像】MAN WITH A MISSION

日本盤のジャケットは赤と青でデザインされていた「Out of Control」だが、海外盤はビビッドなグリーンが印象的。さらに、海外盤ではCDの収録内容も異なる。共作曲「Out of Control」、「database feat.Ali(Zebrahead)」(MAN WITH A MISSION)、「Lockjaw」(Zebrahead)に加えて新たに収録されるのは、『ワールドサッカーウイニングイレブン 2015』(PlayStationR3 ディスク版)に収録されていた「higher」(ENG ver.)。今楽曲はCD音源としては初の発売となる。また、Zebraheadの新曲「Consider My Resignation」も聴くことができるとのことだ。

■MAN WITH A MISSION オフィシャルHP
http://www.mwamjapan.info/
■Zebrahead オフィシャルHP
http://www.zebrahead.com/

■スプリットEP「Out of Control」

2015年8月21日発売
RDR-106/¥1,700+税
<収録曲>
01.Out of Control / MAN WITH A MISSION x Zeberahead
02.Lockjaw / Zebrahead
03.Consider My Resignation / Zebrahead
04.higher(ENG ver.) / MAN WITH A MISSION
05.database feat.Ali(Zebrahead) / MAN WITH A MISSION

■「Out of Control」ミュージックビデオ
http://youtu.be/AM6v-N2ZRrk

【関連リンク】
Foo FightersのステージにマンウィズJean-ken Johnnyがサプライズ出演
定員10名!極狭だけど人気の焼き鳥屋で聴きたい音楽
MAN WITH A MISSION、初のロシア公演で現地ファン熱狂
マンウィズ×ゼブラ、「マッドマックス 怒りのデス・ロード」ver.MV公開

【関連アーティスト】
MAN WITH A MISSION, Zebrahead
【ジャンル】
ジャパニーズロック, パンク/ハードコア, ロック/ブルース(洋楽)

Wienners、新メンバーを迎えて初となる東名阪ツアーが決定
Thu, 30 Jul 2015 11:00:00 +0900
Wienners (okmusic UP\'s)

新メンバーにアサミサエ(Vo、Key、Sampler)、KOZO(Dr)を加えて272日ぶりに復活したWiennersが、「NEW COMING TOUR」と題し、新メンバーを迎えて初となる東名阪ツアーを開催することがわかった。

【その他の画像】Wienners

各公演の出演アーティストは随時発表されるとのこと。そして、8月1日(土)12:00から8月9日(日)23:59まで、Wiennersのオフィシャル先行受付が行なわれるので、ぜひチェックしてみてほしい。

■「Wienners presents NEW COMING TOUR」オフィシャル先行
http://w.pia.jp/t/wienners/

■「Wienners presents NEW COMING TOUR」

9月25日(金) 東京 新代田FEVER
9月29日(火) 大阪 梅田Shangri-La
9月30日(水) 愛知 池下CLUB UPSET

【関連リンク】
Wienners オフィシャルHP
Wienners、272日ぶりの復活ライブからダイノジとコラボした『蒼天ディライト』映像公開
Wiennersから9月7日のライブを最後に、MAXとマナブシティが脱退!
Wienners、ニコ動に吉祥寺Pを名乗りひっそり楽曲投稿も気付かれず…

【関連アーティスト】
Wienners
【ジャンル】
ジャパニーズロック

椎名慶治、思い出のライヴハウスで追加公演が決定
Thu, 30 Jul 2015 00:00:00 +0900
椎名慶治 (okmusic UP\'s)

8月29日(土)の福島・郡山Hip Shot Japanよりスタートする、椎名慶治のライヴツアー「I & key EN II -the FINAL-」に追加公演が決定した。

【その他の画像】椎名慶治

会場は、1998年7月12日にSURFACEとしてデビューした直後、実はシークレットで出演していた渋谷La.mama。11月にソロ活動5周年を迎える椎名が思い出のライヴハウス、渋谷La.mamaのステージに帰ってくる!

■Yoshiharu Shiina LIVE 2015「I & key EN II -the FINAL-」追加公演

9月09日(水) 東京 渋谷La.mama
OPEN 19:00 / START 19:30

Vocal:椎名慶治
Guitar:新井弘毅
Bass:櫻井陸来
Drums:坂本暁良
Keyboards:村原康介

チケット一般発売日:8月29日(土)
席種:オールスタンディング(入場整理番号付き)
チケット代:¥4,800(tax in)※D代別
※未就学児童入場不可

■Yoshiharu Shiina LIVE 2015「I & key EN II -the FINAL-」

Vocal:椎名慶治
Guitar:新井弘毅
Bass:櫻井陸来
Drums:坂本暁良
Keyboards:村原康介

8月29日(土) 福島 郡山Hip Shot Japan
9月05日(土) 愛知 名古屋APOLLO BASE
9月06日(日) 大阪 心斎橋JANUS
9月11日(金) 東京 渋谷CHELSEA HOTEL
9月12日(土) 東京 渋谷CHELSEA HOTEL

【関連リンク】
椎名慶治 オフィシャルHP
椎名慶治、自身の誕生日に開催されたライブの模様を映像化
椎名慶治が1月に初の男性限定ライヴ「I & key EN -MEN-」を開催
椎名慶治、1年10カ月ぶり新作『I & key EN II』に旧友・野口圭も参加

【関連アーティスト】
椎名慶治, SURFACE
【ジャンル】
J-POP













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1