歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2015年07月29日)
バックナンバー
最新ニュース
2015/08/07
2015/08/06
2015/08/05
2015/08/04
2015/08/03
2015/08/02
2015/08/01
2015/07/31
2015/07/30
2015/07/29
2015/07/28
2015/07/27
2015/07/26
2015/07/25
2015/07/24
2015/07/23
2015/07/22
2015/07/21
2015/07/20
2015/07/19
2015/07/18
2015/07/17
2015/07/16
2015/07/15
2015/07/14
2015/07/13
2015/07/12
2015/07/11
2015/07/10
2015/07/09
2015/07/08
2015/07/07
2015/07/06
2015/07/05
2015/07/04
2015/07/03
2015/07/02
2015/07/01
2015/06/30
2015/06/29
2015/06/28
2015/06/27
2015/06/26
2015/06/25
2015/06/24
2015/06/23
2015/06/22
2015/06/21
2015/06/20
2015/06/19
2015/06/18
2015/06/17
2015/06/16
2015/06/15
2015/06/14
2015/06/13
2015/06/12
2015/06/11
2015/06/10
2015/06/09
2015/06/08
2015/06/07
2015/06/06
2015/06/05
2015/06/04
2015/06/03
2015/06/02
2015/06/01
2015/05/31
2015/05/30
2015/05/29
2015/05/28
2015/05/27
2015/05/26
2015/05/25
2015/05/24
2015/05/23
2015/05/22
2015/05/21
2015/05/20
2015/05/19
2015/05/18
2015/05/17
2015/05/16
2015/05/15
2015/05/14
2015/05/13
2015/05/12
2015/05/11
2015/05/10
2015/05/09
2015/05/08
2015/05/07
2015/05/06
2015/05/05
2015/05/04
2015/05/03
2015/05/02
2015/05/01
2015/04/30
2015/04/29
2015/04/28
2015/04/27
2015/04/26
2015/04/25
2015/04/24
2015/04/23
2015/04/22
2015/04/21
2015/04/20
2015/04/19
2015/04/18
2015/04/17
2015/04/16
2015/04/15
2015/04/14
2015/04/13
2015/04/12
2015/04/11
2015/04/10
2015/04/09
2015/04/08
2015/04/07
2015/04/06
2015/04/05
2015/04/04
2015/04/03
2015/04/02
2015/04/01
2015/03/31
2015/03/30
2015/03/29
2015/03/28
2015/03/27
2015/03/26
2015/03/25
2015/03/24
2015/03/23
2015/03/22
2015/03/21
2015/03/20
2015/03/19
2015/03/18
2015/03/17
2015/03/16
2015/03/15
2015/03/14
2015/03/13
2015/03/12
2015/03/11
2015/03/10
2015/03/09
2015/03/08
2015/03/07
2015/03/06
2015/03/05
2015/03/04
2015/03/03
2015/03/02
2015/03/01
2015/02/28
2015/02/27
2015/02/26
2015/02/25
2015/02/24
2015/02/23
2015/02/22
2015/02/21
2015/02/20
2015/02/19
2015/02/18
2015/02/17
2015/02/16
2015/02/15
2015/02/14
2015/02/13
2015/02/12
2015/02/11
2015/02/10
2015/02/09
2015/02/08
2015/02/07
2015/02/06
2015/02/05
2015/02/04
2015/02/03
2015/02/02
2015/02/01
2015/01/31
2015/01/30
2015/01/29
2015/01/28
2015/01/27
2015/01/26
2015/01/25
2015/01/24
2015/01/23
2015/01/22
2015/01/21
2015/01/20
2015/01/19
2015/01/18
2015/01/17
2015/01/16
2015/01/15
2015/01/14
2015/01/13
2015/01/12
2015/01/11
2015/01/10
2015/01/09
2015/01/08
2015/01/07
2015/01/06
2015/01/05
2015/01/04
2015/01/03
2015/01/02
2015/01/01
2014/12/31
2014/12/30
2014/12/29
2014/12/28
2014/12/27
2014/12/26
2014/12/25
2014/12/24
2014/12/23
2014/12/22
2014/12/21
2014/12/20
2014/12/19
2014/12/18
2014/12/17
2014/12/16
2014/12/15
2014/12/14
2014/12/13
2014/12/12
2014/12/11
2014/12/10
2014/12/09
2014/12/08
2014/12/07
2014/12/06
2014/12/05
2014/12/04
2014/12/03
2014/12/02
2014/12/01
2014/11/30
2014/11/29
2014/11/28
2014/11/27
2014/11/26
2014/11/25
2014/11/24
2014/11/23
2014/11/22
2014/11/21
2014/11/20
2014/11/19
2014/11/18
2014/11/17
2014/11/16
2014/11/15
2014/11/14
2014/11/13
2014/11/12
2014/11/11
2014/11/10
2014/11/09
2014/11/08
2014/11/07
2014/11/06
2014/11/05
2014/11/04
2014/11/03
2014/11/02
2014/11/01
2014/10/31
2014/10/30
2014/10/29
2014/10/28
2014/10/27
2014/10/26
2014/10/25
2014/10/24
2014/10/23
2014/10/22
2014/10/21
2014/10/20
2014/10/19
2014/10/18
2014/10/17
2014/10/16
2014/10/15
2014/10/14
2014/10/13
2014/10/12
2014/10/11
2014/10/10
2014/10/09
2014/10/08
2014/10/07
2014/10/06
2014/10/05
2014/10/04
2014/10/03
2014/10/02
2014/10/01
2014/09/30
2014/09/29
2014/09/28
2014/09/27
2014/09/26
2014/09/25
2014/09/24
2014/09/23
2014/09/22
2014/09/21
2014/09/20
2014/09/19
2014/09/18
2014/09/17
2014/09/16
2014/09/15
2014/09/14
2014/09/13
2014/09/12
2014/09/11
2014/09/10
2014/09/09
2014/09/08
2014/09/07
2014/09/06
2014/09/05
2014/09/04
2014/09/03
2014/09/02
2014/09/01
2014/08/31
2014/08/30
2014/08/29
2014/08/28
2014/08/27
2014/08/26
2014/08/25
2014/08/24
2014/08/23
2014/08/22
2014/08/21
2014/08/20
2014/08/19
2014/08/18
2014/08/17
2014/08/16
2014/08/15
2014/08/14
2014/08/13
2014/08/12
2014/08/11
2014/08/10
2014/08/09
2014/08/08
2014/08/07
2014/08/06
夏フェスマストコンピ『BEST EMI ROCKS 2015』、 超お買い得の900円!
Wed, 29 Jul 2015 19:00:00 +0900
アルバム『BEST EMI ROCKS 2015』 (okmusic UP\'s)

レーベル主催イベント「EMI ROCKS」の5周年を記念すべく、これまでにこのイベントに出演してきたアーティストたちの楽曲を集めた配信限定のコンピレーションアルバム『BEST EMI ROCKS 2015』が7月29日にリリースされた。

【その他の画像】赤い公園

ラインナップは、赤い公園、ACIDMAN、9mm Parabellum Bullet、GLIM SPANKY、ストレイテナー、テスラは泣かない。、the telephones、東京事変、Base Ball Bear、布袋寅泰、ボールズ、The Mirraz、MIYAVI、吉井和哉という豪華14曲。

さらに、第1回の「EMI ROCKS 2010」で来場者向けに公開され、その後に配信のみでリリースされた寺子屋の「EMI」(作詞:野田洋次郎・吉井和哉、作曲:野田洋次郎)がボーナストラックとして収録となる。寺子屋は、ACIDMAN、the telephones、フジファブリック、ホリエアツシ(ストレイテナー)、RADWIMPS、吉井和哉らが参加したユニットで、2010年に稼働を終了したEMIミュージック・ジャパンのレコーディングスタジオ、studio TERRAとスタッフへの感謝を込めて制作されたのが「EMI」である。

CD化されていないこの「EMI」を加えた豪華15曲が、900円(税込)という非常にリーズナブルな価格で配信リリースとなる。夏フェスの予習・復習はもちろん、永遠に語り継がれる真のロックを体感できる、盛り上がり必至のマストバイコンピレーションだ。

■ダウンロードサイト
・iTunes Store http://po.st/itemirocks
・レコチョク http://po.st/reemirocks

■アルバム『BEST EMI ROCKS 2015』

発売中 ※配信限定
¥900(税込)
<収録曲>
01.赤い公園「NOW ON AIR」
02.ACIDMAN「Stay in my hand 」
03.9mm Parabellum Bullet「新しい光」
04.GLIM SPANKY「褒めろよ」
05.ストレイテナー「From Noon Till Dawn」
06.テスラは泣かない。「Lie to myself」
07.the telephones「Monkey Discooooooo」
08.東京事変「天国へようこそ」
09.Base Ball Bear「光蘚(ひかりごけ)」
10.布袋寅泰「バンビーナ」
11.ボールズ「STEP」
12.The Mirraz「真夏の屯田兵〜yeah! yeah! yeah!〜」
13.MIYAVI「The Others」
14.吉井和哉「点描のしくみ」
15.寺子屋「EMI」(Bonus Track)

【関連リンク】
GLIM SPANKYの1stアルバムが iTunesロック・アルバムランキングで3位に!
「UKFC on the Road 2015」開催記念事前番組がスペシャアプリにて生配信
テスラは泣かない。が「サラバ」のMVを公開
吉井和哉のカヴァーの歴史を凝縮した豪華4枚組カヴァー集の内容発表

【関連アーティスト】
赤い公園, ACIDMAN, 9mm Parabellum Bullet, GLIM SPANKY, ストレイテナー, テスラは泣かない。, the telephones, 東京事変, Base Ball Bear, 布袋寅泰, ボールズ, The Mirraz, MIYAVI, 吉井和哉, 寺子屋, フジファブリック, RADWIMPS
【ジャンル】
ジャパニーズロック

I Don\'t Like Mondays.が1stフルアルバム収録曲「SING」のMVを公開
Wed, 29 Jul 2015 14:30:00 +0900


I Don\'t Like Mondays.の1stフルアルバム『TOKYO』がリリースとなり、収録曲である「SING」のMVが公開となった。

【その他の画像】I Don\'t Like Mondays.

日本でも話題になりつつあるEDMをバンドサウンドの中にいち早く取り入れ、ジャンルやバンドという枠組みにとらわれない姿勢が彼らの魅力。“音だけでなく、ファッションを含めたビジュアル面にも興味があり、トータルで自分たちをプロデュースしたい”という彼らは、世界的写真家のレスリー・キーと共にアルバムのジャケットを作り上げ、MVは自らディレクションを手がけてもいる。

Photographed by Leslie Kee

■「SING」MV
https://youtu.be/_7chAIlST5s

【関連リンク】
I Don\'t Like Mondays. オフィシャルHP
I DON\'T LIKE MONDAYS.、写真家のレスリー・キーの推薦コメント入りメイキング映像公開
I DON\'T LIKE MONDAYS.、初のワンマンライヴ開催決定
I Don‘t Like Mondays.、レスリー・キー撮影による1stアルバム『TOKYO』ジャケ写&アー写公開

【関連アーティスト】
I Don\'t Like Mondays.
【ジャンル】
ジャパニーズロック

メガマソ、ニューアルバムリード曲「スノウィブルー」のMV公開
Wed, 29 Jul 2015 18:00:00 +0900
メガマソ (okmusic UP\'s)

メガマソが8月5日発売リリースするアルバム『ニシュタリ』から、リード曲「スノウィブルー」のMV(フルver.)を公開した。

【その他の画像】メガマソ

今回のMVはメンバーの衣装が2種類存在し、それぞれの衣装に沿ったテーマで撮影が行なわれた。また曲中で流れる文字列にもアルバムの世界を紐解く鍵があるという。

『動かなくなるまで好きでいて』以来、約2年ぶりとなるフルアルバム『ニシュタリ』は初回生産限定盤【ニシュタリ】サイドと【シングルズ】サイドという2枚組CDに加えて、その世界観を絵本で表現した豪華ブックレット付き。通常盤は全11曲入りのCD1枚となっている。

■「スノウィブルー」MV
https://youtu.be/4B3vRBraAGU

■アルバム『ニシュタリ』

2015年8月5日発売
【初回生産限定盤】(2CD)
DDCB-94008〜9/¥3,700+税
<収録曲>
■DISC 1 〈【ニシュタリ】サイド〉
01.ザファーストニムバス
02.スノウィブルー
03.タイダルピンク
04.とても小さくて、きっともう見えない。
05.サイレントガール
06.エインシャントソング(ボーナストラック)
■DISC 2 〈【シングルズ】サイド〉
01.MISS WAVES
02.shooting St.arz
03.リフレイン
04.VIPER
05.St.Lily
※豪華ブックレット仕様

【通常盤】(1CD)
DDCB-14038/¥2,500+税
<収録曲>
01.ザファーストニムバス
02.スノウィブルー
03.タイダルピンク
04.とても小さくて、きっともう見えない。
05.サイレントガール
06.MISS WAVES
07.shooting St.arz
08.リフレイン
09.VIPER
10.St.Lily
11.St.Sad(Bonus Track)

【関連リンク】
メガマソ オフィシャルHP
メガマソ、最新アーティスト写真を公開
メガマソ、2年振り待望のフルアルバム発売&ワンマンツアー開催
メガマソ、全国ツアー&演奏曲限定ライブの開催を発表

【関連アーティスト】
メガマソ
【ジャンル】
ビジュアル, ジャパニーズロック

大黒摩季の“ロック姐御”っぷりを示すブレイク作『永遠の夢に向かって』
Wed, 29 Jul 2015 18:00:00 +0900
大黒摩季『永遠の夢に向かって』のジャケット写真 (okmusic UP\'s)

90年代にミリオンセールスを連発し、シーンを席巻した所謂ビーイング系アーティスト。大黒摩季は、B\'z、ZARD、T-BOLAN、WANDSらと並び、その一躍を担ったシンガーソングライターである。一時期はテレビ出演はおろか、ライヴコンサートも行なわなかったため、「歌手担当、モデル担当、作詞・作曲担当の3人の大黒摩季いる」といった都市伝説があったことも知る人ぞ知るところだろうが、そういった話題が先行して、これまで彼女の音楽性は余り触れられてこなかったようにも思う。そんな大黒摩季のアーティストとしての本質を紐解いてみたい。

来る8月26日、5人組ビジュアル系ロックバンド、アンティック-珈琲店-がシングル「千年DIVE!!!!!」で、まさに“満を持して”と呼ぶに相応しいメジャーデビューを果たす。このメジャーデビュー作「千年DIVE!!!!!」は、他のクリエイターとのコラボレートという彼らにとって初の試みをとっているのだが、作詞を担当しているのが大黒摩季である。90年代ビーイングブームの中心アーティストのひとりであった彼女がビーイングからのリリース作品を手掛けるのは実に16年振りとあって、アンティック-珈琲店-のメジャー進出と同等に“大黒摩季作詞”が報じられているのは、彼女がレジェンド級アーティストの証左であろう。そんな大黒摩季のオリジナルアルバムで最大のセールスを記録したのが4thアルバム『永遠の夢に向かって』。今回はこの作品をテキストに彼女のアーティスト性を探ってみたいと思う。

このアルバムに限ったことではないが、サウンドの基本は言うまでもなく、ロックである。オープニングM1「永遠の夢に向かって」は発売当初から「サビのメロディーがディープ・パープルを彷彿させる」と言われたことがあるが、この楽曲はイントロで逆回転を取り入れている。サイケデリックロックの手法であるが、これをディープ・パープルの「ノー・ワン・ケイム」(アルバム『ファイアボール』収録)のオマージュと見るのは深読みすぎるだろうか。また、M2「ROCKs」はレッド・ツェッペリンやジミ・ヘンドリックスばりのギターリフが聴けるナンバー。タイトルからして文字通りロックである。さらに、シングルチューンM4「あなただけ見つめてる」やM9「白いGradation」で聴かせる細かいギターのカッティングは小気味よく、躍動感あるバンドサウンドのポイントだ。

かように、主にギターが作るロックサウンドがベースでありながら、多用な要素を取り込んでいるのも見逃せない。これまたシングルナンバーであるM11「夏が来る」が分かりやすいが、パーカッシブなビートでラテンな雰囲気を作り出しているし、M5「Return To My Love」では同期ものを強調することでバブル期のディスコのようなダンスチューンに仕上げている。ゴスペル調のM6「Stay with me baby」は本格的なコーラスワークでかなりブラックミュージック寄りだし、ハーブ・アルパートばりのトランペットが聴けるM8「GYPSY」はジャジーで都会っぽいサウンドメイキングが印象的だ。クレジットを見るとドラマーの名前が明記されていないようなので、リズムは打ち込みだろうが、ミキシングの巧みさからか、それほど無機質感に支配されていないのもいい。若干打ち込みっぽさを感じる場面がなくもないが、そこでは件のギターサウンドがそれを糊塗するように入ってくる。この辺りはプロフェッショナルなサウンドメイキングをいかんなく感じることができる。ヒット曲の量産体制を当時は揶揄されることもあったビーイングであるが、やはり流石と言わざるを得ない。

さて、歌詞である。これもまたロックだ。《みんなと違う 先取(イイ)服を/なけなしのお金をはたいて買う/そういうために 働いたり/貯蓄したり/何かが違う…》《うわべの安全な幸せ/かなぐり捨ててしまえ/死んでもいいと思えるような/何かに向かってツッ走りたい》(M1「永遠の夢に向かって」)や、《大事な何かが消えて行く気がした/もし明日死んでも 安らかに眠れるだろうか…?/大事な何かを探しに行きたい/後悔も嘘も 笑えるようになる前に 行こう》(M7「孤独ケ丘に見える夕陽」)でのポジティブシンキング、あるいは《あんたってまぁよくしゃべる男ね/ためになんない雑学や/閉塞的な僕の軽チャー/親のすねを骨までかじって/金をまいて女抱いて/夢を語っても何だねぇ…》(M2「ROCKs」)、《愛なんてどこにもない/再会? とんでもない/迷惑だわ》《別れて気が付いた 最高の女だって/気をつかわないで/もう遅いのよ その手は通用しないわ》(M5「Return To My Love」)と男に冷や水を浴びせるような物言いは、正調な意味でのロックであるが、個人的にはヒットチューンに隠されたカウンターカルチャー的モードに最もロックを感じるところである。

バブルも弾け、日本経済は衰退期に入っていた1990年代。《あなたがそう 望むから/真っ直ぐ帰るようになった/ザツだった言葉使い丁寧になった》《あなたがそう うつむくから/長電話も止めたわ/便利だった男の子達 整理した(かたづけた)》《地味に生きて行くの》《行けっっ!! 夢見る 夢無し女!! Oh〜》(M4「あなただけ見つめてる」)と、バブル景気の崩壊を揶揄するかのようなリリックは痛快であると同時に、流行歌の持つ歴史的役割を果たしているように思う。このシングルがミリオンセールスを達成したということは、リスナーの潜在意識にも何らかしらの影響を及ぼしたとのではなかろうか。M11「夏が来る」もいい。歌詞カードも見ずにサラッと聴くと、所謂夏ソングに思われるだろうが、その実、結構な“崖っぷちソング” (そんな言葉はない)である。《夏が来る きっと夏は来る 真っ白な馬に乗った王子様が/磨きをかけて 今年こそ/妥協しない アセらない 淋しさに負けない》《夏が来る きっと夏は来る 頑張ってるんだから絶対来る/恐がられても 煙たがられても/諦めない 悔しいじゃない もう後には引けない》。“負け犬ソング”(そんな言葉もない)にならないギリギリの線である。この辺は──男女の違いがあるので厳密に同列というわけでないが──Theピーズや初期エレファントカシマシ、Syrup16gらに通じるメンタリティーではなかろうかと筆者は思う。

2004年に武部聡志、土屋公平、真矢、恩田快人らと “大黒摩季とフレンズ”を結成し、『COPY BAND GENERATION VOL.1』でレベッカの「フレンズ」やTHE MODSの「激しい雨が」等をコピー(カバーではなく、コピー)したことからもロックスピリッツを感じるところではある。筆者は一度だけ彼女に取材をさせてもらったことがあり、大変失礼ながら面と向かって「音源を聴くと、大黒さんってまごうことなき“ロック姐さん”ですよねぇ」なんて軽口を叩いたのだが、結構ウケてくれて、嬉々としてルーツミュージックについて語ってもらった記憶もある。デビューから20年を超え、新しい音源の制作も期待したいところではあるが、病気治療もあって以前のペースでの活動はまだまだ厳しいようだ。ここはひとつ、トリビュートアルバムの制作はどうだろう? 業界内での交友範囲も広い彼女のことだし、現在活躍している女性シンガーソングライターで大黒摩季の影響を受けている人も少なくないはず。バラエティに富んだいい作品になりそうな予感はする。

【関連アーティスト】
大黒摩季
【ジャンル】


一青窈、名曲満載のカバーアルバム『ヒトトウタ』が遂にリリース!
Wed, 29 Jul 2015 17:30:00 +0900
一青窈 (okmusic UP\'s)

一青窈が自身2枚目となるカバーアルバム『ヒトトウタ』をリリースした。

【その他の画像】一青窈

昨年10月のオリジナルアルバムのリリースから、全国20カ所のツアー開催やこの春に結婚を経たことを考えると、かなりのペースで精力的に活動してきた一青窈。

今作は、大ヒットドラマ「ラブジェネレーション」の主題歌で幅広い世代に支持された大滝詠一の「幸せな結末」、結婚式の定番ソングである小田和正「たしかなこと」、中島みゆき「糸」、本人が敬愛するプリンセス プリンセスの「ジュリアン」、2000年代を代表するMISIAのラブソング「Everything」、秦基博のファンに人気の隠れ名曲「アイ」、アルバムの最後は誓いの曲であるチューリップの「青春の影」など、まさに名曲が満載のカバーアルバムとなっている。

先日一青窈がTBS「中居正広の金曜日のスマたちへ」に出演した際、亡き両親のエピソードが紹介されたが、今作の収録曲は往年の名曲達のメッセージを通じて、存命であれば祝ってくれたであろう亡き両親に伝えたかった気持ちなのかもしれない。

「ヒトトウタ」特設サイトでは、全曲試聴が出来る映像も公開中。ぜひチェックしてみよう。

■一青窈 最新カバーアルバム「ヒトトウタ」特設サイト
http://po.st/hitotouta

■「ヒトトウタ」ダイジェスト試聴
https://youtu.be/aJSAUqYg-6c

■アルバム『ヒトトウタ』

発売中
【通常盤】(CD)
UPCH-20398/¥3,000+税
【初回限定盤】(CD+DVD)
UPCH-29192/¥4,200+税
<収録曲>
■CD
01.ハナミズキ 
作詞 : 一青窈 作曲 : マシコタツロウ 編曲 : 武部聡志
02. .幸せな結末 
作詞 : 多幸福 作曲 : 大瀧詠一 編曲 : 遠山哲朗
03. たしかなこと 
作詞:小田和正 作曲:小田和正  編曲:本間昭光
04. Everything 
作詞 : Misia 作曲 : 松本俊明 編曲: 武部聡志
05. アイ 
作詞 : 秦 基博 作曲 : 秦 基博 編曲 : 川江美奈子
06. ジュリアン 
作詞:中山 加奈子 作曲:奥居 香 編曲 : 根岸孝旨
07. 瑠璃色の地球 
作詞 : 松本隆 作曲 : 平井夏美 編曲 : 武部聡志
08.糸 
作詞 : 中島みゆき 作曲 : 中島みゆき 編曲 : 武部聡志
09. ロマン 
作詞:須藤晃 作曲:玉置浩二 編曲:田中義人
10. 青春の影 
作詞 : 財津和夫 作曲:財津和夫  編曲 : 遠山哲朗
Bonus Track
四照花(ハナミズキ Chinese Ver.)
■DVD ※初回限定盤のみ
「一青窈TOUR 2014-2015 〜私重奏〜」TOUR FINAL @EX THEATER ROPPONGIライブ映像 10曲収録

◎iTunes Store:http://po.st/ithitotouta
◎レコチョク:http://po.st/recohitotouta

【関連リンク】
一青窈 オフィシャルHP
「表参道高校合唱部!」×一青窈、金スマで「ハナミズキ」コラボ合唱
一青窈、金スマ出演で壮絶な人生と「ハナミズキ」誕生秘話を語る
一青窈、中学校の卒業イベントにサプライズ出演した映像を公開

【関連アーティスト】
一青窈
【ジャンル】
J-POP

ハルカトミユキ、野音に向けた新曲はどん底からの復活4つ打ちナンバー
Wed, 29 Jul 2015 17:00:00 +0900
配信楽曲「宇宙を泳ぐ舟」 (okmusic UP\'s)

ハルカトミユキ、2015年の毎月新曲発表もついに後半戦突入! 第7弾となる新曲「宇宙を泳ぐ舟」が7月29日より配信開始された。

【その他の画像】ハルカトミユキ

《壊れた君を、治せるのは、どんなに孤独でも、君自身だけ》と、歌われるこの曲。壊れてしまったこの街に生きる、壊れてしまったぼっちからぼっちへ贈る、ギリギリのメッセージであり、『銀河鉄道の夜』『銀河鉄道999』『宇宙戦艦ヤマト』を彷彿とさせる世界観は、野音で見上げる夜空がモチーフとなっている。ハルカトミユキ流“銀河鉄道のテーマ”は、ロマンチックなトラックに乗せた、壊れたぼっち復活の狼煙、慟哭アッパーソングだ。

10月3日(土)に日比谷野外大音楽堂でフリーライヴ「ひとり×3000」を開催する彼女たち。“ひとりぼっち同志が星空の下に3,000人集まったら、それはもう一人じゃないなにか”(ハルカ)というコンセプトを決めてから、“野音でみんなで歌いたい”と思って作られたのが今作である。

同時公開されたリリックビデオは、街から星の降る丘へのワンナイトドライブ、そして現実世界へ戻るまでを追った、ドキュメントビデオになっている。夜から明け方にかけて切り取られた、高速道路や広大な空の模様が、ハイスピードで果てしなく流れる。

満点の星空に、君を救いに来る銀河鉄道=宇宙を泳ぐ舟を待ちわびながら、《残酷な現実世界に立ち向かえ!YEAH!!》という希望のメッセージが込められた。

■「宇宙(そら)を泳ぐ舟」MV
https://youtu.be/dwnppvrPYVs

■配信楽曲「宇宙を泳ぐ舟」

発売中 ¥250(税込)
http://apple.co/1gijNaM

■ハルカトミユキ フリーライブ「ひとり×3000」

10月03日(土) 東京 日比谷野外大音楽堂
17:15 open / 18:00 start

【関連リンク】
ハルカトミユキ オフィシャルHP
ハルカトミユキ、2人でまわる弾き語りツアーを緊急開催
ハルカトミユキ、吉田拓郎の名曲「流星」カバーを映像として公開
フラカン×斉藤和義の対バンライブ、ゲストにハルカトミユキを加えて9月に川崎で開催

【関連アーティスト】
ハルカトミユキ
【ジャンル】
ジャパニーズロック

Caratが熱狂のお台場ステージで1stアルバムリリースを発表
Wed, 29 Jul 2015 16:30:00 +0900
7月28日@「東京・お台場夢大陸マイナビステージお祭りLIVE!」 (okmusic UP\'s)

今年4月にシングル「Heart Break」でメジャーデビューし、“アジアの女豹”と称されたDJ&ダンスヴォーカルユニット、Carat(カラット)が「東京・お台場夢大陸マイナビステージお祭りLIVE!」に出演した。

【その他の画像】Carat

悪天候が心配された7月28日(火)だが、彼女たちの想いが通じたのか予報を覆す好天に。夏休み突入後の平日にもかかわらず、開演前の灼熱ステージ周りには約300人の観客が汗だくでCaratを待ち受けていた。

ジリジリした日射しにも煽られてボルテージが上がる中、ステージに登場したCaratのメンバー5人は、DJ MonaのDJ&Voエフェクターから放たれる代表曲「C.A.R.A.T」で観客を魅了する。続く2曲目は、自慢のハイパフォーマンスナンバー「Love Potion」。Risa、Rina、Yume、RenaにDJ Mona が加わり、5人全員でのNDM(New Dance Music)パフォーマンスを披露した。

ここで、メンバーを心身ともにリードする姉御肌のRisaが観客に向けて“10月7日にメジャー1stアルバム『IMAGINES』をリリースさせていただきます!”とニューアルバムのリリースをサプライズ告知し、灼熱の会場に歓喜の渦が起こった。その冷めやらぬ熱気と共に、メジャーデビューシングル曲「Heart Break」、Caratのポップ&キュート系代表曲「シェキナ!」で一気にスパート!

わずか20分のステージだったが、夏休みで訪れたファンならずとも、立ち寄ってくれた観客が彼女たちの魅力を目の当たりにした瞬間だった。この秋のアルバムリリースに向けて順調にレコーディングも進んでおり、Caratの第2章旋風から今後も目が離せない。

【セットリスト】
01.C.A.R.A.T
02.Love Potion
03.Heart Break
04.シェキナ!

photo by 松村研

■「Heart Break」 MV
https://www.youtube.com/watch?v=P7meRxGwrc0

【関連リンク】
Carat オフィシャルHP
Carat、歌とダンスで魅せたメジャーデビュー記念ライブが大盛況
Carat、デビューシングル「Heart Break」リリース記念ライヴにてファン魅了
“アジアの女豹”ことがCaratがメジャー進出

【関連アーティスト】
Carat
【ジャンル】
J-POP, イベント

井上陽水、人気のカバーアルバム第2弾『UNITED COVER 2』が遂に発売!
Wed, 29 Jul 2015 16:00:00 +0900
アルバム『UNITED COVER 2』 (okmusic UP\'s)

2001年に発売されて出荷枚数80万枚を超えた井上陽水のカヴァーアルバム『UNITED COVER』。その第2弾となる『UNITED COVER 2』が発売された。

【その他の画像】井上陽水

第2弾となる今作も、自身の代表曲「氷の世界」のセルフカバーや、井上陽水がデビュー当時から人気を二分していた吉田拓郎の「リンゴ」を初カヴァーするなど話題性十分! どちらも世界的サルサバンド、オルケスタ・デ・ラ・ルスのとの競演となっている。

「シルエット・ロマンス」(大橋純子/1981年)、「リフレインが叫んでる」(松任谷由実/1988年)、 「有楽町で逢いましょう」(フランク永井/1957年)、「夜霧よ今夜も有難う」(石原裕次郎/1967年)など時代を越えて愛される名曲のほか、 ボーナストラックとしてオリジナルの最新曲でTV番組『ブラタモリ』(NHK)テーマソング「女神」「瞬き」も収録されている。

また、『UNITED COVER 2』はアナログ盤&ハイレゾ配信でも9月16日に発売。アナログ盤のみスペシャルトラック「瞬き Solo ver.(Extra track)」が追加収録される。

■「シルエット・ロマンス」セルフライナーMV
https://youtu.be/fdIsBEvrWw0

■アルバム『UNITED COVER 2』

発売中
UPCH-2049/¥3,000+税
<収録曲>
01.シルエット・ロマンス(大橋純子/1981年)
02.黄昏のビギン(水原弘/1959年)
03.リフレインが叫んでる(松任谷由実/1988年)
04.リンゴ(吉田拓郎/1972年)
05.有楽町で逢いましょう(フランク永井/1957年)
06.夜霧よ今夜も有難う(石原裕次郎/1967年)
07.女神(bonus track)
08.瞬き(bonus track)
09.あの素晴しい愛をもう一度(加藤和彦と北山修/1971年)
10.I WILL(The Beatles/1968年)
11.夢で逢いましょう(坂本スミ子/1961年)
12.SAKURAドロップス(宇多田ヒカル/2002年)
13.氷の世界(セルフカバー/1973年)
※オルケスタ・デ・ラ・ルス参加楽曲
「リンゴ」「女神」「瞬き」「I WILL」「SAKURAドロップス」「氷の世界」

【関連リンク】
井上陽水、カヴァーアルバム『UNITED COVER 2』より4曲のセルフライナーMVを公開
井上陽水が「オールナイトニッポンGOLD」にて1年ぶりにパーソナリティを担当
ハルカトミユキ、吉田拓郎の名曲「流星」カバーを映像として公開
井上陽水、ポリドール(現・ユニバーサルミュージック)に40年ぶりに復帰

【関連アーティスト】
井上陽水, 吉田拓郎, オルケスタ・デ・ラ・ルス, 大橋純子, 松任谷由実, フランク永井, 石原裕次郎
【ジャンル】
J-POP

GReeeeNのニューシングル「SAKAMOTO」って誰のこと?
Wed, 29 Jul 2015 15:00:00 +0900
GReeeeN (okmusic UP\'s)

「ガリガリ君リッチ ほとばしる青春の味」のCMソングとしてオンエアされている、GReeeeNのニューシングル「SAKAMOTO」(配信中/CDは8月19日発売)。そのジャケット写真が公開となった。

【その他の画像】GReeeeN

この「SAKAMOTO」というタイトルが何を意味するのかは、ファンの中でさまざまな憶測を呼んでおり、GReeeeNの楽曲「pride」ではプロ野球、読売ジャイアンツの坂本勇人選手とのコラボムービーが制作されたり、坂本選手も打席に立つときの登場曲に「キセキ」を使っていたことから、坂本選手への応援歌という説も有力だった。

先日、このMV撮影のため、一般募集で“サカモトさん”をエキストラとして募集をしたところ、約250名のエキストラ(サカモトさんと、一部その同伴者)が撮影に参加。その撮影現場に坂本龍馬(?)が登場したことにより、この“SAKAMOTO”とは坂本龍馬だということがまた話題に。

そのMVは近日公開される予定とのこと。さて、この坂本龍馬を演じるのは、日本人として初めてMADONNAに見初められ、彼女のMV、ワールドツアーに同行して一躍脚光を浴びているダンサー、だーよし。日本のみならず世界的な活動を視野に入れ活動するだーよしはビジュアルも含めて、坂本龍馬にピッタリとなった。また、MVはダンスシーンもポイントになる模様。

そして、「SAKAMOTO」のジャケット写真も公開に。さらに、カップリングとして収録される「よみUReeeeNランド」キャンペーンソングの「KARAKARA」も配信リリースがスタートした。「SAKAMOTO」のCDリリースは8月19日。初回限定盤に付属のDVDには、この2曲のMVが収録される。

■GReeeeN9周年だよ!10周年目前イヤー特設サイト
http://greeeen-9th.net/
■9周年だよ!10周年目前ツアー!〜9SJ〜
http://greeeen.co.jp/9sj/
■GReeeeN「KARAKARA」ダウンロード
・レコチョク http://po.st/karakarareco
・iTunes http://po.st/karakaraitms

■シングル「SAKAMOTO」

2015年8月19日発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
UPCH-7050/¥1,600+税
【通常盤】(CDのみ)
UPCH-5856/¥1,000+税
<収録曲>
■CD
01.SAKAMOTO
02.KARAKARA
■DVD ※初回限定盤のみ
01.SAKAMOTO(MV)
02.KARAKARA(MV)

【関連リンク】
GReeeeN×よみうりランド、“よみUReeeeNランド" テーマソング「KARAKARA」MV公開
GReeeeN、ニューシングルのタイトルは「SAKAMOTO」!?
GReeeeN、今年も「ガリガリ君」CMソングを書き下ろし
闘魂注入!聴くと気合が入る曲 〜スポーツ選手編〜

【関連アーティスト】
GReeeeN
【ジャンル】
J-POP, テレビ(番組/CM)

吉田山田、自身過去最大規模となる冬の全国ツアーが決定
Wed, 29 Jul 2015 14:00:00 +0900
吉田山田 (okmusic UP\'s)

吉田山田が今年二度目となる全国ツアー『吉田山田ツアー2015冬』の開催を発表した。

【その他の画像】吉田山田

吉田山田は今年4月25日の宮城・仙台darwin公演を皮切りに全国ツアー『吉田山田ツアー2015』をスタートさせ、5月10日の愛知・日本特殊陶業市民会館フォレストホールまで全国7公演を実施。

冬の全国ツアー『吉田山田ツアー2015冬』は、11月1日の大阪・大阪シアターBRAVA!公演よりスタート。12月19日の東京・TOKYO DOME CITY HALLまで全国8公演を実施予定。吉田山田としては過去最大規模になる。

また、7月29日には自身初のライブDVD『吉田山田TOUR 2015 at 渋谷公会堂』の発売を記念し、ニコニコ生放送を実施。20時からはMV、ライヴ映像がオンエアされ、21時からは吉田山田の2人が生出演! DVDの見どころの紹介や、ライブでの裏話、生歌披露などスペシャルな放送が届けられる。さらに番組内では彼らのレギュラーラジオであるニッポン放送「吉田山田のオールナイトニッポン0」との連動企画も予定されているそうなのでお見逃しなく。

■「吉田山田ツアー2015冬」

11月01日(日) 大阪 大阪シアターBRAVA !
11月08日(日) 愛知 愛知県芸術劇場 大ホール
11月22日(日) 広島 BLUE LIVE HIROSHIMA
11月23日(月・祝)  福岡 ももちパレス
11月28日(土) 北海道 札幌PENNY LANE24
12月12日(土) 宮城 仙台Rensa
12月13日(日) 新潟 新潟LOTS
12月19日(土) 東京 TOKYO DOME CITY HALL

■吉田山田『吉田山田TOUR 2015 at 渋谷公会堂』発売記念ニコ生

7月29日(水)20:00〜
http://live.nicovideo.jp/watch/lv228926142

【関連リンク】
吉田山田 オフィシャルHP
吉田山田、白熱のパフォーマンスを凝縮したライヴDVDトレーラー映像を公開
吉田山田、「キミに会いたいな」のライヴ映像を公開
吉田山田、『コカ・コーラ SUMMER STATION 音楽ライブ』で限定グッズ販売

【関連アーティスト】
吉田山田
【ジャンル】
J-POP

BRAHMAN、20周年ライヴ「尽未来際〜畏友〜」のゲストバンドが決定!
Wed, 29 Jul 2015 13:30:00 +0900
BRAHMAN (okmusic UP\'s)

8月から11月まで「尽未来際」を冠に、それぞれ3つの副題の付いた20th Anniversary Liveを控えるBRAHMAN。その第2弾となる「尽未来際〜畏友〜」のゲストバンドを含む詳細が解禁された。

【その他の画像】BRAHMAN

今回発表されたゲストバンドはclammbon、envy、EGO-WRAPPIN\' AND THE GOSSIP OF JAXX、toe、HAWAIIAN6。20年に及ぶ活動の中で共に感性を刺激し合ってきた盟友たちの名前が、会場ごとに並んでいる。今回ゲストバンドが告知されていない会場も後日発表されるとのことなので、引き続き楽しみに待っていてほしい。

8月5日(水)からは20周年特設サイトで先行予約が開始される。

■BRAHMAN 20th Anniversary Site
http://brahman20th.com

■「尽未来際〜畏友〜」

9月29日(火) 愛知 DIAMOND HALL
w/clammbon
10月01日(木) 大阪 Namba HATCH
w/envy
10月04日(日) 福岡 DRUM LOGOS
w/EGO-WRAPPIN\' AND THE GOSSIP OF JAXX
10月06日(火) 大阪 BIG CAT
w/ To be announced…
10月08日(木) 愛知 Nagoya CLUB QUATTRO
w/toe
10月21日(水) 宮城 Sendai Rensa
w/HAWAIIAN6
10月23日(金) 新潟 LOTS
w/ To be announced…
10月30日(金) 北海道 SAPPORO FACTORY HALL
w/ To be announced…

【関連リンク】
『New Acoustic Camp 2015』各アーティストの出演日がついに発表
映画『ブラフマン』が大反響! 追加劇場や箭内監督ティーチインも続々決定!
BRAHMAN、20周年記念ライブ「尽未来際 〜開闢〜」ゲストバンド解禁
BRAHMAN、8月リリースのベスト盤『尽未来際』ジャケ写公開

【関連アーティスト】
BRAHMAN, clammbon, envy, EGO-WRAPPIN\', toe, HAWAIIAN6
【ジャンル】
ジャパニーズロック

Charisma.com、Apple Store,Omotesandoでのライヴイベントに出演
Wed, 29 Jul 2015 13:00:00 +0900
Charisma.com (okmusic UP\'s)

Charisma.comが8月5日、表参道にあるApple Storeライヴイベントに出演することがわかった。

【その他の画像】Charisma.com

2015年夏、Apple Store,Omotesandoでは1週間、毎晩1組のアーティストを招いてLIVE SESSIONを開催! 8月4日に10周年を迎える iTunes Store、そして Apple Music が提案する Summer of Music お薦めの7組が勢揃いする。

今回はCTS、片平里菜、GLIM SPANKY、HAPPY、TANAKA ALICE、THE OTOGIBANASHI\'Sらも登場。Charisma.comは8月5日の20時より出演する。なお、入場は無料だ。

イベント参加の登録は、Apple Store app またはApple Store , Omotesandoのウェブサイトで可能となっている。

■Apple Store , Omotesando ウェブサイト
https://www.apple.com/jp/retail/omotesando/
■Apple Store app
https://itunes.apple.com/jp/app/apple-store/id375380948?mt=8

【関連リンク】
Charisma.com オフィシャルHP
Charisma.comが名門レーベルAtlantic Japanとの契約を発表
Charisma.com、7月リリースのデビューミニアルバムより「お局ロック」のMVが解禁
Charisma.com、ミニアルバム『OLest』リリースを発表&新ビジュアル公開

【関連アーティスト】
Charisma.com
【ジャンル】
ジャパニーズヒップホップ

vistlipからの派生ユニットLillが、豪華メンツを迎えた2ndミニアルバムをリリース
Wed, 29 Jul 2015 12:30:00 +0900
Lill (okmusic UP\'s)

独自の世界観でヴィジュアルシーンをリードするvistlip。ヴォーカルの智とベースの瑠伊が新たな境地を目指して結成、デビューしたユニット、Lillが9月23日に2ndミニアルバムをリリースすることがわかった。ジャケット写真と新たなアーティスト写真も発表されている。

【その他の画像】Lill

鮮烈なデビューを飾った1stミニアルバム『TwoChics』からさらに進化し、また新たな一面を見せる本作には、ギターに和己(SCREW)、ベースに玲夏(ダウト)、ドラムに風弥〜Kazami〜(DaizyStripper)と豪華アーティストが参加している。

ユニットのコンセプトでもあるテーマパークという言葉が表すとおり、次々と新たな顔を見せるLillから目が離せない!

■ミニアルバム『UNKNOWN WORLD』

2015年9月23日発売
RRDF-1002/¥2,000+税
※初回封入特典:動画再生カート?(「ツキニウサキ?」MV)
<収録曲>
01.SPEC
02.ツキニウサキ?
03.ALIEN
04.タイムマシン

【関連リンク】
Lill オフィシャルHP
vistlip、謎の男と意味深な棺桶が登場する「MONOGRAM」のMVが完成
SCREW、新作リード曲「OVER THE HORIZON」MV解禁
vistlip、結成8周年記念ライブでニューシングルを初披露

【関連アーティスト】
Lill, SCREW, ダウト, DaizyStripper, vistlip
【ジャンル】
ビジュアル, ジャパニーズロック

味噌汁\'s、7月30日にスペシャアプリにて生配信決定
Wed, 29 Jul 2015 12:00:00 +0900
味噌汁’s (okmusic UP\'s)

味噌汁\'sが。7月30日を“夏の味噌の日”と銘打ち、『なつやす味噌汁\'sスペシャル〜「味噌っ子たちに告ぐ!」!夜習の時間です!〜』と題した番組を「スペシャアプリ」にて生配信することを発表した。

【その他の画像】味噌汁\'s

番組では、7月1日にリリースとなったCD&DVD『MISO TV & Songs』を引っさげて、味噌汁\'sのメンバーであるポールによる夏休み特別講座として“ミソ抜きしりとり”を実施するとのこと。“ミソ抜きしりとり”とは、「MISO & TV Songs」収録の新曲「メソメソ」の曲中に出てくる遊びで、ミとソが含まれたら負けのしりとりのこと。

ポールがしりとりで対決するのは、味噌田小学校講師でおなじみのワタナベ先生。夏休みスペシャルとなる今回の「ミソ抜きしりとり」は視聴者参加型とのことで、嬉しいプレゼントもあるかもとのこと。ルールなど詳細は味噌汁\'sオフィシャルHPにて公開中だ。

■なつやす味噌汁\'s スペシャル 〜「味噌っ子たちに告ぐ!」!夜習の時間です!〜

7月30日(木)21:00〜
出演:ポールとワタナベ先生
ハッシュタグ:#スペシャアプリ
※都合により配信時間が変更となることがあります。予めご了承ください

■ミソ抜きしりとり、ルールはこちらから。
http://emirecords.jp/misoshiru-s/shiritori/

■スペシャアプリとは
スペースシャワーTV公式スマートフォンアプリ「スペシャアプリ」は“スペースシャワーTVのコンテンツをスマートフォンでも楽しもう!!"というコンセプトの元に生まれた、iPhone/Android対応のスマートフォンアプリです。おススメミュージックビデオやライブ生配信やアーティストの生配信番組などをお送りしています。

■視聴方法
App StoreもしくはGoogle PlayからスペースシャワーTV公式スマートフォンアプリ「スペシャアプリ」をダウンロードして下さい。
http://sstv.jp/app

■CD&DVD『MISO TV & Songs』

発売中
UPBH-20140/¥4,500 (税込)
<DVD収録内容>
■「MISO TV」
・ニュースMISO JIRU
・主婦の食べ歩き!イケイケにっぽんぽん!
・アニメ新世紀 TENDON
・友達の友達のショッピングチャンネル
・ドラマ「ふうてん」
・密着ドキュメント!ポールと神様の鼻笑い
・映画「ジェニファー山田さんVS宇宙怪獣メメメ」
・カウントダウンMISO *「続・お年玉〜TOUDAIMOTOKURASHI〜」PV独占公開!
■「SPECIAL MISO」
・「味噌汁\'s in 青とメメメ」
・ 密着ドキュメント!ポールと神様の鼻笑い(完全版)
・ MISO CM&MISO PV
<CD収録曲>
「Songs」
・メソメソ(新曲)
・シマホッケ(新曲)

【関連リンク】
味噌汁\'s オフィシャルHP
味噌汁\'sがマルコメとコラボした世界初“ロックを聴かせた味噌汁"いよいよ発売!
味噌汁\'s 、ついにマルコメと本格コラボへ!
俺の味噌、飲みに来ないか? 味噌汁\'sとマルコメがスペシャルコラボ!?

【関連アーティスト】
味噌汁\'s
【ジャンル】
ジャパニーズロック

KANA-BOONの主題歌披露に『NARUTO』原作・岸本斉史が感動!
Wed, 29 Jul 2015 11:30:00 +0900
完成披露試写会舞台挨拶 (okmusic UP\'s)

映画『BORUTO ?NARUTO THE MOVIE-』の完成披露試写会舞台挨拶が7月28日(火)に東京都内で行なわれ、『NARUTO-ナルト-』原作者にして同作の製作総指揮を務めた岸本斉史、そして三瓶由布子、菊池こころ、小野賢章、浪川大輔ら豪華声優陣、さらに主題歌の「ダイバー」を書き下ろしたKANA-BOONが登場した。

【その他の画像】KANA-BOON

昨年、連載スタートから15周年を迎えた大ヒットコミック『NARUTO-ナルト-』は、『週刊少年ジャンプ』50号で惜しまれつつも完結。しかし、連載完結と同時に「NARUTO新時代開幕プロジェクト」が開始され、今回の劇場版最新作『BORUTO -NARUTO THE MOVIE-』はプロジェクトの集大成とも言うべき作品になっている。

シリーズ11作目にして初めて製作総指揮を務めた原作者の岸本は“連載が終わって、連載以上に映画の製作に情熱を注ぎ込みました。初号を観ましたが、完璧です。大満足でした”と現在の心境を語った。また、KANA-BOONを主題歌に起用したことについて、“テレビアニメ「NARUTO-ナルト-疾風伝」のオープニングテーマだった『シルエット』を聴いたとき、僕のこと歌っている、と思わず涙がでました。次に映画をつくるなら主題歌はKANA-BOONに、と決めていました”と明かした。

KANA-BOONの谷口鮪(Vo&Gu)は“主題歌に決まったときはめちゃくちゃ嬉しかったです。小学生の頃からナルトと一緒に育ってきました”と喜んだ。また、“主題歌の『ダイバー』は、この作品のために一生懸命つくりました。映画にぴったりな曲になったので、是非お楽しみください”と、メンバー全員が『NARUTO−ナルト−』の大ファンであるKANA-BOONが描き下ろした主題歌「ダイバー」を生披露。映画の世界観とリンクした楽曲に、会場のファンも盛り上がり、客席で聴いた岸本は“また泣きそうになりました。また僕のために歌ってくれた”と感想を語った。映画は8月7日(金)ロードショー。

イベント写真提供:東宝

■KANA-BOON オフィシャルHP
http://www.kanaboon.com
http://www.kanaboon.jp

■BORUTOプロモーション映像「受け継がれる道」
https://youtu.be/FFPbqldBAwQ

■「ダイバー」MV&メイキング映像
https://youtu.be/XCuA5qyAyPA

■シングル「ダイバー」

2015年8月5日発売
【初回生産限定盤】
KSCL-2613〜4/¥1,500+税
【通常盤】
KSCL-2615/¥1,165+税
<収録曲>
01.ダイバー
02.スパイラル
03.街色
※CDサイズ「ドデ缶バッジ」付き(初回生産限定盤のみ)
※BORUTO特製ステッカー・どうでもいいオマケ007封入(初回生産限定盤のみ)
※BORUTO描き下ろしワイドキャップステッカー・どうでもいいオマケ007封入(通常盤・初回のみ)

【関連リンク】
KANA-BOON、新曲「ダイバー」MV&メイキング映像公開
鈴村健一プロデュース、90分間全てアドリブの舞台劇とは?
KANA-BOON、「NARUTO ‐ナルト‐」原作者の岸本斉史と対談が実現
『第8回 CDショップ大賞 2016』 一次ノミネート10作品を発表

【関連アーティスト】
KANA-BOON, 小野賢章, 浪川大輔
【ジャンル】
ジャパニーズロック, イベント, アニメ, テレビ(番組/CM)

ゆず、新曲「終わらない歌」のMVでからくり人形に!?
Wed, 29 Jul 2015 11:00:00 +0900
ゆず (okmusic UP\'s)

8月12日に発売となるゆずのニューシングル「終わらない歌」。そのMVがフルサイズ公開された。

【その他の画像】ゆず

鎌谷聡次郎が監督を務めたMVの舞台は、とある街の時計台。何百年も時を刻み続けてきたその時計台の中には、かつて表舞台に立っていた人形たちが、ガラクタとして乱雑に保管されていた。ゆずもその中でガラクタ人形に扮して登場。今は捨てられた人形たちのリーダー的存在で、共に舞台に立っていた壊れた人形たちを日々ツギハギしては治している。MVでは、ゆずと動けるようになった人形たちが手を取り合い、終わることのない歌を演奏していく姿が描かれる。

撮影で使用された人形たちは、アーティストユニット・magmaが実際に必要でなくなった廃品や廃材をツギハギし、新たに組み合わせて制作。楽曲には“音楽は国境を越えていく”というテーマが込められており、この人形制作も“さまざまな異素材でのツギハギが、人種の垣根を超えて一体化している”という意味が込められている。

同曲はフジテレビ系『めざましテレビ』テーマソングとして、現在オンエア中。また、シングルのカップリング曲には、初の弾き語り共作曲「二人三脚」、地元・横浜を想って制作されたバラードを弾き語りアレンジした「みらい〜弾き語り Ver.〜」を収録。カップリング2曲は配信リリースを行なわず、CDパッケ ージのみの収録となる。

■「終わらない歌」MV
https://www.youtube.com/watch?v=KZsDGPg8YKE

■シングル「終わらない歌」

2015年8月12日発売
SNCC-89935/¥1,111+税
<収録曲>
01.終わらない歌
02.二人三脚
03.みらい〜弾き語り Ver.〜

【関連リンク】
ゆず オフィシャルHP
ゆず、ニューシングル「終わらない歌」のc/wにセルフカバーを収録
ゆずの新曲「かける」が日本生命の新CMソングに決定
ゆず、ニューシングル&アルバムのリリースが決定

【関連アーティスト】
ゆず
【ジャンル】
J-POP, テレビ(番組/CM)

MONOEYES、1stアルバムより「Run Run」のMVを公開
Wed, 29 Jul 2015 10:00:00 +0900
MONOEYES (okmusic UP\'s)

MONOEYESが7月29日(水)にリリースする、1stアルバム『A Mirage In The Sun』収録楽曲「Run Run」のMVを公開した。

【その他の画像】MONOEYES

リリースに合わせてMONOEYESのオフィシャルYouTubeチャンネルで公開されているので、ぜひチェックしてほしい。

そしていよいよ、7月30日の千葉LOOKから全国ツアーがスタートする。夏フェスへの出演も続々と決定しており、今年はMONOEYESの動向から目が離せない!

■「Run Run」MV
http://youtu.be/h4zZh2TXHyo

【関連リンク】
MONOEYES オフィシャルHP
MONOEYES、1stアルバムの詳細がいよいよ明らかに!
MONOEYESが新曲「My Instant Song」MVを公開
細美武士の新バンド「MONOEYES」が始動! 7月にアルバム発売&全国ツアー決定!

【関連アーティスト】
MONOEYES, 細美武士, スコット・マーフィー
【ジャンル】
ジャパニーズロック













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1