歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2015年07月11日)
バックナンバー
最新ニュース
2015/07/20
2015/07/19
2015/07/18
2015/07/17
2015/07/16
2015/07/15
2015/07/14
2015/07/13
2015/07/12
2015/07/11
2015/07/10
2015/07/09
2015/07/08
2015/07/07
2015/07/06
2015/07/05
2015/07/04
2015/07/03
2015/07/02
2015/07/01
2015/06/30
2015/06/29
2015/06/28
2015/06/27
2015/06/26
2015/06/25
2015/06/24
2015/06/23
2015/06/22
2015/06/21
2015/06/20
2015/06/19
2015/06/18
2015/06/17
2015/06/16
2015/06/15
2015/06/14
2015/06/13
2015/06/12
2015/06/11
2015/06/10
2015/06/09
2015/06/08
2015/06/07
2015/06/06
2015/06/05
2015/06/04
2015/06/03
2015/06/02
2015/06/01
2015/05/31
2015/05/30
2015/05/29
2015/05/28
2015/05/27
2015/05/26
2015/05/25
2015/05/24
2015/05/23
2015/05/22
2015/05/21
2015/05/20
2015/05/19
2015/05/18
2015/05/17
2015/05/16
2015/05/15
2015/05/14
2015/05/13
2015/05/12
2015/05/11
2015/05/10
2015/05/09
2015/05/08
2015/05/07
2015/05/06
2015/05/05
2015/05/04
2015/05/03
2015/05/02
2015/05/01
2015/04/30
2015/04/29
2015/04/28
2015/04/27
2015/04/26
2015/04/25
2015/04/24
2015/04/23
2015/04/22
2015/04/21
2015/04/20
2015/04/19
2015/04/18
2015/04/17
2015/04/16
2015/04/15
2015/04/14
2015/04/13
2015/04/12
2015/04/11
2015/04/10
2015/04/09
2015/04/08
2015/04/07
2015/04/06
2015/04/05
2015/04/04
2015/04/03
2015/04/02
2015/04/01
2015/03/31
2015/03/30
2015/03/29
2015/03/28
2015/03/27
2015/03/26
2015/03/25
2015/03/24
2015/03/23
2015/03/22
2015/03/21
2015/03/20
2015/03/19
2015/03/18
2015/03/17
2015/03/16
2015/03/15
2015/03/14
2015/03/13
2015/03/12
2015/03/11
2015/03/10
2015/03/09
2015/03/08
2015/03/07
2015/03/06
2015/03/05
2015/03/04
2015/03/03
2015/03/02
2015/03/01
2015/02/28
2015/02/27
2015/02/26
2015/02/25
2015/02/24
2015/02/23
2015/02/22
2015/02/21
2015/02/20
2015/02/19
2015/02/18
2015/02/17
2015/02/16
2015/02/15
2015/02/14
2015/02/13
2015/02/12
2015/02/11
2015/02/10
2015/02/09
2015/02/08
2015/02/07
2015/02/06
2015/02/05
2015/02/04
2015/02/03
2015/02/02
2015/02/01
2015/01/31
2015/01/30
2015/01/29
2015/01/28
2015/01/27
2015/01/26
2015/01/25
2015/01/24
2015/01/23
2015/01/22
2015/01/21
2015/01/20
2015/01/19
2015/01/18
2015/01/17
2015/01/16
2015/01/15
2015/01/14
2015/01/13
2015/01/12
2015/01/11
2015/01/10
2015/01/09
2015/01/08
2015/01/07
2015/01/06
2015/01/05
2015/01/04
2015/01/03
2015/01/02
2015/01/01
2014/12/31
2014/12/30
2014/12/29
2014/12/28
2014/12/27
2014/12/26
2014/12/25
2014/12/24
2014/12/23
2014/12/22
2014/12/21
2014/12/20
2014/12/19
2014/12/18
2014/12/17
2014/12/16
2014/12/15
2014/12/14
2014/12/13
2014/12/12
2014/12/11
2014/12/10
2014/12/09
2014/12/08
2014/12/07
2014/12/06
2014/12/05
2014/12/04
2014/12/03
2014/12/02
2014/12/01
2014/11/30
2014/11/29
2014/11/28
2014/11/27
2014/11/26
2014/11/25
2014/11/24
2014/11/23
2014/11/22
2014/11/21
2014/11/20
2014/11/19
2014/11/18
2014/11/17
2014/11/16
2014/11/15
2014/11/14
2014/11/13
2014/11/12
2014/11/11
2014/11/10
2014/11/09
2014/11/08
2014/11/07
2014/11/06
2014/11/05
2014/11/04
2014/11/03
2014/11/02
2014/11/01
2014/10/31
2014/10/30
2014/10/29
2014/10/28
2014/10/27
2014/10/26
2014/10/25
2014/10/24
2014/10/23
2014/10/22
2014/10/21
2014/10/20
2014/10/19
2014/10/18
2014/10/17
2014/10/16
2014/10/15
2014/10/14
2014/10/13
2014/10/12
2014/10/11
2014/10/10
2014/10/09
2014/10/08
2014/10/07
2014/10/06
2014/10/05
2014/10/04
2014/10/03
2014/10/02
2014/10/01
2014/09/30
2014/09/29
2014/09/28
2014/09/27
2014/09/26
2014/09/25
2014/09/24
2014/09/23
2014/09/22
2014/09/21
2014/09/20
2014/09/19
2014/09/18
2014/09/17
2014/09/16
2014/09/15
2014/09/14
2014/09/13
2014/09/12
2014/09/11
2014/09/10
2014/09/09
2014/09/08
2014/09/07
2014/09/06
2014/09/05
2014/09/04
2014/09/03
2014/09/02
2014/09/01
2014/08/31
2014/08/30
2014/08/29
2014/08/28
2014/08/27
2014/08/26
2014/08/25
2014/08/24
2014/08/23
2014/08/22
2014/08/21
2014/08/20
2014/08/19
2014/08/18
2014/08/17
2014/08/16
2014/08/15
2014/08/14
2014/08/13
2014/08/12
2014/08/11
2014/08/10
2014/08/09
2014/08/08
2014/08/07
2014/08/06
2014/08/05
2014/08/04
2014/08/03
2014/08/02
2014/08/01
2014/07/31
2014/07/30
2014/07/29
2014/07/28
2014/07/27
2014/07/26
2014/07/25
2014/07/24
2014/07/23
2014/07/22
2014/07/21
2014/07/20
2014/07/19
LUI FRONTiC 赤羽JAPANが2ndシングルのジャケットを公開
Fri, 10 Jul 2015 20:00:00 +0900
LUI FRONTiC 赤羽JAPAN (okmusic UP\'s)

LUI FRONTiC 赤羽JAPANが8月12日にリリースする2ndシングル「ワンダーループ」のジャケットビジュアルを公開した。

【その他の画像】LUI FRONTiC 赤羽JAPAN

「ワンダーループ」はプールイ(Vo)が手掛けた歌詞は夏から秋、終わりから始まり、過去から現在〜未来を描いた自分自身に向けた感情剥き出しのソリッドなロックチューンとなっている。この新曲「ワンダーループ」が7月12日(日)に放送されるプールイのレギュラー番組NACK5「プールイのアルシェでLuiLui」にてラジオ初オンエア。こちらのチェックもお忘れなく。

■NACK5「プールイのアルシェでLuiLui」
http://www.nack5.co.jp/program_1316.shtml?date=2015-07-12

■【プールイよりコメント】

始まりがあるから終わりがあって、
終わりがあるから始まりがあって。

楽しかったことも辛かったことも
悔しい気持ちも寂しい気持ちも
全部引き連れて進んでんだ!

今に没頭してそのうちケロっと忘れたりもして
でもそれが終わるとまた今度はそれが寂しくなって

多分ずっとクルクル回ってるんだな。

楽しいじゃないか。

生きてりゃ楽しいこと起こるべさ! なんとかなるなる!

永遠に続く繰り返し ワンダーループ!

聴いてけれな!

■シングル「ワンダーループ」

2015年8月12日発売
【初回生産限定盤】(CD+DVD)
UPCH-7042/¥2,000(税込)
※トールサイズジャケット仕様
<収録曲>
■CD
M1.ワンダーループ
M2.騙されたいんだよ
■DVD
「ワンダーループ」MV

【通常盤】(CD)
UPCH-5850/¥1,200(税込) 
<収録曲>
M1.ワンダーループ
M2.騙されたいんだよ

【体験盤】(CD)
UPCH-5854/¥600(税込)
<収録曲>
M1.ワンダーループ

【関連リンク】
LUI FRONTiC 赤羽JAPAN オフィシャルHP
Cyntia×LUI FRONTiC 赤羽JAPAN×がんばれ!Victory、3マンライブに向けて対談を実施
LUI FRONTiC 赤羽JAPANが「赤羽馬鹿祭り」に仮装で参戦!?
LUI FRONTiC 赤羽JAPANが恵比寿リキッドルームでのワンマン公演を発表

【関連アーティスト】
LUI FRONTiC 赤羽JAPAN
【ジャンル】
ジャパニーズロック

「上海ハニー」を"空耳"カバーする謎の覆面バンドの正体は!?
Fri, 10 Jul 2015 19:00:00 +0900
「上海ハニー」カバーMV キャプチャ (okmusic UP\'s)

YouTubeに謎の覆面バンドによるORANGE RANGEの「上海ハニー」のカバーMVがアップされていることが明らかになった。

【その他の画像】ORANGE RANGE

全身黒ずくめの男たちがスタジオに入るところから、映像は始まる。男たちはそれぞれバンダナやフードで顔を覆っており、その正体はわからない。アップロード元のアカウント名は「Joe Sixpack」。「平均的アメリカ人男性」を指す英語のスラングで、まさに意図的に正体を隠し、「匿名性」を全面に押し出していることがわかる。

この動画は「上海ハニー (空耳cover)」と題されており、替え歌などではなく「正しく」歌われているにもかかわらず、"空耳"で書かれた歌詞が次々と画面中に現れるため、まるでその"空耳"が正しい歌詞であるかのように聴こえるという、挑発的なカバー動画だ。またその"空耳"は支離滅裂な当て字のようで、どこか意味の通った内容となっている。

動画の終わりには、「20150715」という文字列が現れ、突如動画は終わる。おそらく日付を示していると思われるこの8ケタの数字が、何を伝えようとしているのか。続報を待ってほしい。

■『上海ハニー (空耳cover)』
https://youtu.be/cjqT6u43My4

【関連リンク】
ORANGE RANGEのRYOが初のソロアルバムを9月16日にリリース
キュウソネコカミ&KEYTALKが先輩くるり&ORANGE RANGEへメッセージ
ORANGE RANGE主催『テレビズナイト015』、出演者第4弾を発表!
ORANGE RANGE、ニューアルバム詳細発表! レンタル&配信限定EPリリースも決定!!

【関連アーティスト】
ORANGE RANGE
【ジャンル】
J-POP

BUMP OF CHICKEN、横アリ公演ライブビューイングの入場者特典が決定
Fri, 10 Jul 2015 18:00:00 +0900
BUMP OF CHICKEN (okmusic UP\'s)

先日発表されたBUMP OF CHICKEN初のライブビューイング『BUMP OF CHICKEN Special Live 2015.8.4』の劇場入場者特典として、A4クリアファイルのプレゼントが決定した。

【その他の画像】BUMP OF CHICKEN

気になるクリアファイルの絵柄は今回のSpecial Live 2015の特設サイトにも使用されている 「Hello,world!/コロニー」通常盤のジャケットをフィーチャーしたものとなっている。 クリアファイルは劇場入場の際に観覧チケットと交換で、各劇場で入場者全員にプレゼントされる予定。ライブビューイング当日のスペシャルプレゼントとなるので、気になる人は是非下記の情報をチェックしてみて欲しい。

■『BUMP OF CHICKEN Special Live 2015.8.4』

【日時】 8月4日(火)
【時間】 18:30開場/19:00開演
【劇場入場者特典】A4クリアファイル
【チケット料金】 ¥3,900(税込)
※映画館により、特別シートなどは追加料金がかかる場合がございます。
※各種割引券・招待券使用不可
【上映劇場】下記サイトにてご確認ください。 http://www.bumpofchicken.com/speciallive2015/

【チケット販売】
「チケットぴあ」にて販売。
※チケットは、すべて「チケットぴあ」にて、お一人様4枚までとさせていただきます。
■一般発売
7月26日(日)10:00AM〜
■先行プレリザーブ(先行抽選販売受付)
7月4日(土)11:00AM -7月11日(土)23:59PM
■インターネット購入 ※PC・MB共通。
7月10日(金)
http://w.pia.jp/t/bump-lv/

【関連リンク】
BUMP OF CHICKEN オフィシャルHP
闘魂注入!聴くと気合が入る曲 〜スポーツ選手編〜
BUMP OF CHICKEN、初のライブビューイング開催が決定
「血界戦線」岩崎太整による劇中BGMやBUMP OF CHICKEN「Hello,world!」TVサイズも収録したサントラリリース

【関連アーティスト】
BUMP OF CHICKEN
【ジャンル】
ジャパニーズロック

フラワーカンパニーズ、初のバンド・ヒストリー本を9月に刊行
Fri, 10 Jul 2015 18:00:00 +0900
フラワーカンパニーズ (okmusic UP\'s)

12月19日(土)に自身初となる日本武道館公演「フラカンの日本武道館 〜生きててよかった、そんな夜はココだ!〜」を開催するフラワーカンパニーズが、初のバンド・ヒストリー本を発売する事を発表した。

【その他の画像】フラワーカンパニーズ

ヒストリー本のタイトルは『消えぞこない』。ボーカル・鈴木圭介がライブ中高らかに叫ぶ“メンバーチェンジなし!活動休止なし!ヒット曲なし!"で、今年結成26年目に突入、メンバー全員46歳を迎え“ベテラン・バンド"と呼ばれる域にたとうとしている彼らが、激動の音楽シーンの荒波の中、消えることなく活動を続けてきた背景、46歳にして初の大舞台にチャレンジするなど今尚現役で走り続ける理由、そしてフラカン流バンドDIY術などを紐解いていく。

“バンドで生きていく"こととは何か? フラカン・ファンのみならず、すべての音楽ファンに読んでもらいたい一冊となること必至! なお発売は9月16日(水)を予定、その他詳細は後日発表されるとのことだ。

■『消えぞこない 〜メンバーチェンジなし!活動休止なし!ヒット曲なし!のバンドが結成26年で日本武道館ワンマンライブにたどりつく話〜』

2015年9月16日(水)発売予定
著:フラワーカンパニーズ
発売元:リットーミュージック
※タイトル、発売日など予告なく変更する場合がございますので、ご了承ください。

【関連リンク】
フラワーカンパニーズ オフィシャルHP
「月刊フラカン武道館」第5回目のゲストは真心ブラザーズ!
フラカン×斉藤和義の対バンライブ、ゲストにハルカトミユキを加えて9月に川崎で開催
フラワーカンパニーズ、武道館ワンマンに向け9月16日に急遽ミニアルバム発売

【関連アーティスト】
フラワーカンパニーズ
【ジャンル】
ジャパニーズロック

徹底して心地良く洗練された、ドナルド・フェイゲンの『ナイトフライ』は超アーバンな名盤
Fri, 10 Jul 2015 18:00:00 +0900
Donald Fagen『THE NIGHTFLY』のジャケット写真 (okmusic UP\'s)

1980年代、お店やクルマの中など至るところで流れていたのがドナルド・フェイゲンが1982年に発表した1stソロアルバム『ナイトフライ』。35年近い歳月が流れた今でも彼の曲はドトールなどで流されているから、きっと何げなく耳にしたことがある人は多いはずだ。

 一分の隙もない極上の心地良さに貫かれた本作ほど、高層ビルが立ち並ぶ都市の夜景に溶ける音楽はないと個人的に思っている。実際、当時、ドナルド・フェイゲンの音楽をクルマでかけてロマンティックなムードを演出した人はたぶん、数え切れないだろう。空港なんかに向かった日には女子のテンションがアガること間違いなしである。そんな懐かしい話はさて置き、今、聴いても本作のクォリティーの高さにはひっくり返る。聴き飛ばす曲ナシ。粋なサウンド、グルーブに身をまかせているうちにアッと言う間に聴き終わってしまう音楽のマジックが散りばめられているのである。世界で初めてデジタル録音でレコーディングされたこのアルバムは後に多くのミュージシャンやサウンドエンジニアに衝撃を与え、最近では富田ラボこと富田恵一がこのアルバムについての長年の研究の成果を1冊にまとめた『ナイトフライ 録音芸術の作法と鑑賞法』という本を出版したが、それほどまでに玄人の耳を奪う作品であり、それでいて、例えば蕎麦屋で流れていたとしても「ん? このお店、オシャレだな」と思わせるポピュラリティーがある。こういうアルバムは滅多に出てこない。時代を超越する名盤である。

■自らを最上級のオタクだと分析するドナルド・フェイゲン

 さて、ドナルド・フェイゲンと言えば1970年代後半に一世を風靡し、AORの走りと言われたスティーリー・ダンのことに触れないわけにはいかないだろう。N.Yの郊外の大学で知り合ったドナルド・フェイゲン(Vo&Key)とウォルター・ベッカー(Ba)はプロのソングライターを目指して活動を始めるが、思うようにことが運ばずに“だったら、バンドを結成してレコード会社に自分たちの曲を売り込むほうが手っ取り早い”と考え、スティーリー・ダンを結成。1972年にデビュー。そのセンスとスキルが求められ、ビッグサクセスを手にすることになる。初期はライヴ活動も行なっていたが、ふたりとも裏方指向で楽曲、音、演奏のクォリティーをとことん追求したいゆえ、他のメンバーとの軋轢が生まれ、ラリー・カールトン、スティーヴ・ガッド、トム・スコットなど凄腕のミュージシャンを起用してレコーディングのみの活動へと移行するようになっていく。

 そんな中、1977年に発表されたアルバム『彩(エイジャ)〜Aja〜』はグラミー賞最優秀録音賞を獲得するほどの大ヒットを記録。ふたりのコンビが終焉を迎え、長い活動休止期間に入る前の最後のアルバム『ガウチョ』も売れに売れ、ジャズやソウルのテイストを洗練された手法で昇華したスティーリー・ダンの音楽はクリエイターにも多大な影響を与えることになった。そして、“ひとりスティーリー・ダン”という評価もされたフェイゲン初のソロアルバムは、まさに“匠の技”と言える作品に仕上がったのである。

改めて、この作品を聴いて思うことは、自然の風景がまったく浮かばないということである。これは彼自身が焦がれた景色、憧れていたカルチャーとも関係しているのかもしれないが、自身のエッセイでも語られているようにフェイゲンは学生時代、家に引きこもって本を読んだり、楽器をいじったりして過ごす生活をしていた(自分のことを最上級のオタクで悲しいほど孤独だったと語っている)。そう思うと、このアルバムにアウトドアの要素がまったくないことにも納得できる気がする。彼の音楽はあくまで密室型なのである。車やレストランの窓を通して見える切り取られた都市が似合う音楽。『ナイトフライ』をリピートしながら、そんなことを考えている。

■アルバム『ナイトフライ』

 コーラス、ホーンセクションもオシャレなスパイス。レゲエのリズムを取り入れたグルービーな「I.G.Y.」からの幕開けは、まるで車が音も立てずに滑らかに走り出すかのような心地良さである。この曲に限らず、驚くのはとにかく楽器のひとつひとつの音が立っていること。ヴォーカルも味わい深いが、コーラスワークの美しさもシルクのような質感である。AORに薄められたコーヒーみたいな軽いイメージを持っている人も多いかもしれないが、ジャズやソウル、ポップスなど音楽に並々ならぬ愛情を持っていないと、こんなにクールなサウンドはクリエイトできないとつくづく思わされる。

 プロデュースを手がけたのはスティーリー・ダン時代からの盟友、ゲイリー・カッツで、参加ミュージシャンはラリー・カールトン、ヒュー・マクラッケン、リック・デリンジャー、マーカス・ミラー、ウィル・リー、ジェフ・ポーカロ、スティーヴ・ジョーダン、マイケル・ブレッカー、ランディ・ブレッカーなどなど書き切れないゴージャスな顔ぶれ。アルバムのテーマは1950年代から1960年代初頭のアメリカ東海岸の都会から遠く離れた郊外の街で暮らす若者が抱いていたファンタジーで、シニカルな視点はフェイゲン自身と重なる部分もーー。ジャズと粋なしゃべりで楽しませるDJが登場するタイトル曲が渋いジャケットのイメージにつながっている。全8曲中、7曲がオリジナル。3曲目に1950年代を代表するR&Bグループのひとつ、ドリフターズのカバーが収録されている。

【関連アーティスト】
Donald Fagen
【ジャンル】


稚菜、Mr.Childrenの「Tomorrow never knows」をカバー
Fri, 10 Jul 2015 18:00:00 +0900
稚菜 (okmusic UP\'s)

今日も雨
明日も雨
明後日も雨
この梅雨の時期によく聞く天気予報の言葉

雨って憂鬱な気分になる人も多いだろう。
街自身もどこか物悲しげな表情を漂わせている気がする。

そんな雨がもたらす空気が、私は意外と好きだったりする。
雨が降ると、周りの音がいつもより遠くに聴こえる。
その為なのか神経が研ぎすまされて、私の周りだけ世界が浮き出て見える。
浮き出て聴こえる。
そんな不思議な感覚。
いつもは視覚でものを見て生きているけれど、
雨の日は聴覚でものを見る感覚に私はなるんです。
そんな風にいつもと少し違う世界を見せてくれるから、
だから何だかわくわくしてしまうのだろう。

そしてもう一つ。
傘をさして、傘にあたる雨粒の音を聴きながら物思いに耽る。
昔の、何だかちょっとだけ寂しくなってしまう様なそんな想い出を思い出しながら。
徹底的にネガティブになってみる。笑
なぜかって?
晴れている日には、そんな悲しい気分にはなりたくないから。
やまない雨なんて絶対にない。
雨がやんだ次の日は、必ず綺麗な青空が待っている。
その空模様が私は大好きなんだ。
それと同じ様に、自分に悲しい事があってもそれがずっと続く訳ではない。
私自身は、雨自身が作り出す物悲しい雰囲気に便乗して悲しい気分を、感情を、
全て吐き出せば、心が晴れる事が分かっているんです。
悲しい事や辛い事があるから、楽しい事や嬉しい事にも気付く事が出来る。
一見マイナスに見える感情も、自分をつくる一つの感情になるから、
なくしてはいけない気がする。
だからあえて、そんな気分に浸るのだ。
雨は私のストレス発散法の一つなのかもしれないなぁ、
なんて事を今書いていて思いました。笑
私にとって、過去の想い出とともに生きるのが雨なのかもしれません。
これが私なりの雨との付き合い方。
梅雨明けまではもう少し、この時間を楽しもうと思います。

今日の一曲。
Mr.Childrenで「Tomorrow never knows」
これだけ雨の事語っていて雨の歌じゃないのかよ!って思われたかもしれませんね。
すみません。笑
でも私にとってこの曲は雨が降っている日に聴きたくなる曲。
前を向こう!負けるな、頑張れ自分!
そんな風に励ましてもらえる様な曲で。
尊敬するミスチルの曲の中で私が一番好きな曲なんです。
これを歌いたかった。
是非聴いてみて下さい。
https://youtu.be/AI8CYmzGehU

それでは。

【関連アーティスト】
稚菜, Mr.Children
【ジャンル】


MIYAVIの手がける「Mission: Impossible Theme」のPV映像が解禁
Fri, 10 Jul 2015 17:00:00 +0900


全世界で累計約22億ドル(約2,640億円)を超えるパラマウントピクチャーズの超人気シリーズ最新作『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』が8月7日(金)より公開する。そのテーマ曲となっているサムライ・ギタリスト、MIYAVIの楽曲「Mission: Impossible Theme」のPV映像が完成した。

【その他の画像】MIYAVI

超敏腕スパイ、イーサン・ハント率いるIMFは無国籍スパイ「シンジケート」の暗躍により、またしても解体の窮地に追い込まれてしまう。イーサンはこの最強の敵にどう立ち向かうのか? 誰が敵か味方かわからない中、究極の諜報バトルが繰り広げられる。史上最難関のミッションをコンプリートできるのか!? イーサンの究極の「作戦」とは? 映画の内容も非常に気になるところだが、MIYAVIの手がける「Mission: Impossible Theme」がどのような仕上がりになっているのかにも是非注目してほしい。なおこの楽曲は、日本だけに特別に許可された日本版レギュラー予告編に使用されており、現在全世界配信中だ。

■「Mission: Impossible Theme」配信ページ
http://po.st/itmiyavimission

■【MIYAVIよりコメント】

主演のトム・クルーズの作品に対する創造性や熱意には本当に尊敬します。僕自身も音楽家として、聴衆にいつもどれだけ刺激的なこと、興奮させられることができるかということに挑戦していますが、フィールドは違っていてもその点で共感しますね。『ミッション:インポッシブル』シリーズはファンなのですが、本作の予告編を観ただけでも僕たちの期待を良い意味で裏切ってくれているので本当に楽しみです。特に、イーサンの飛行機の扉にしがみついているシーンで開けるべき扉でなくもう一方の扉を開けてしまうユニークさとトムの自身による迫力のアクションの緩急のセンスがいいですよね。
今回は、トム・クルーズの人生ライフワークにもなっている大作に関われて本当に光栄思っています。この楽曲は過去にもいろいろな方がアレンジしてますが、僕もロック、ダンス、ブルース、そしてファンクをミックスしながらもMIYAVIの音楽として創り上げる上で大きなテーマを掲げました。それは“踊れる楽曲”です。世界中で“ビート”は世界共有言語なのでそういう意味で大切にしながら、「MI」シリーズの歴史をベースに僕も含めた世代が踊れる“ビート”を表現したかった。僕自身、オーケストラと共演するなど、インポッシブルなミッションに挑戦しました。音楽と映画、合わせてぜひ楽しんでほしいです。

■『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』×MIYAVI スペシャル映像
https://youtu.be/wI8jh2p06kw

■「Mission: Impossible Theme」MV
https://youtu.be/-ZROSHP5qbc

【関連リンク】
MIYAVI オフィシャルHP
MIYAVIが『ミッション:インポッシブル』最新作の日本テーマ曲を世界配信
MIYAVI、トム・クルーズ主演『ミッション:インポッシブル』最新作の日本テーマ曲に決定
MIYAVI、ニューアルバム詳細解禁&特典DVD収録の最新ライヴ映像視聴がスタート

【関連アーティスト】
MIYAVI
【ジャンル】
ジャパニーズロック, 映画

池田 彩、アニソンチャート番組の新キャラクターC.V.を担当
Fri, 10 Jul 2015 15:30:00 +0900
スペースむっちー (okmusic UP\'s)

ミュージック・ジャパンTVで放送されている『アニメ大好き!アニソン カウントダウンONE』が7月26日(日) 放送分からリニューアル!  この日の放送より、新キャラクター・スペースむっちーが番組をナビゲートすることになっているが、このスペースむっちーのC.V.を、「ハートキャッチプリキュア!」「スマイルプリキュア!」の主題歌などで知られる池田 彩が担当することが決定した。

【その他の画像】池田彩

池田 彩はTVアニメ「ハートキャッチプリキュア!」で、わずかに声優出演したことはあるものの、本格的に C.V.を担当するのは今回が初めて。5月に発売された最新アルバム『featuring X』で様々なアニソンシンガーとのコラボレーションを見せた彼女が、この番組で新たな一面を披露する。

■「アニメ大好き!アニソン カウントダウンONE」 オフィシャルページ
http://www.mjtv.jp/lineup/anison_one/index.html

【関連リンク】
池田 彩 オフィシャルHP
池田 彩、新作コラボミニアルバムで人気ファッションブランドともコラボ!?
池田 彩、ワンマンライヴにて、きただにひろし、五條真由美、工藤真由との共演が実現
池田 彩、5月8日発売アルバムにプリキュアシンガー・工藤真由が参加

【関連アーティスト】
池田彩
【ジャンル】
J-POP, テレビ(番組/CM)

miwa、自身のシングルでハジ→と初のコラボが実現
Fri, 10 Jul 2015 15:00:00 +0900
miwa × ハジ→ (okmusic UP\'s)

miwaが18枚目のシングルとして、自身の作品としては初となるコラボソング「夜空。feat.ハジ→」をリリースすることを発表した。

【その他の画像】miwa

「夜空。feat.ハジ→」は、恋人同士が愛しあっていたのにすれ違い、別れを選んでしまった姿を描いた切ないラブバラード。若年層に絶大な人気を誇る仙台出身のシンガーソング・エンターテイナー“ハジ→"と、全国ツアーが終わったばかりのmiwaが、レコーディングスタジオにこもり、ふたりで書き下ろした。

今回miwaがコラボした相手のハジ→は、女子中高生を中心に歌詞の切なさや声の良さが口コミで話題になり、公式Youtubeチャンネルでは4500万回以上も再生。今年4月にリリースしたシングル「君と。」はレコチョク、iTunes、Uta-Netなどダウンロード系ランキングでは12冠を達成。また、レコチョクウィークリーランキング1位、iTunesウィークリーチャート2位を獲得する等、話題沸騰中のアーティストだ。miwaも自分のツアー中に「おまえに。」をはじめ、ハジ→の楽曲を愛聴していたところ、バンドのメンバーが共通な事が発覚。お互いのライブを行き来して親交を深めたところから自然にコラボレーションに話が及んだ。

しかし、お互いツアー中で多忙を極め、かつハジ→はツアー終了後にポリープの手術で入院する事が決まっており、限られた中での2人での制作期間はわずか2日間。6月15日に横浜アリーナでのツアーを終えて間もないmiwaは完成の確約も無くハジ→の待つスタジオへ訪れ、心よく迎えてくれたハジ→と作業を進めたところ、初コラボとは思えないスムースな進行でアイデアを出しあい、夜も明けた朝方5時に珠玉のコラボソングが完成した。

完成した「夜空。feat.ハジ→。」は、miwaにとっても久々の王道ラブバラード。お互いの持ち味である飾らない等身大の歌詞は、誰もが日常で経験したことのありそうな、切なくリアリティ溢れる胸キュンソングとなった。どちらも十代を中心に大ヒットしたラブソングを持つふたりのコラボであることから、歌詞への注目度も高く、男女デュエットながら、キーの相性が抜群でユニゾンで歌える為、カラオケ需要も見込まれる。この夏注目の1曲となりそうだ。
 
尚、今作は両A面シングルとなっており、7月クールテレビ朝日金曜ナイトドラマ『民王』の主題歌に決定している「ストレスフリー」も、最新アルバム『ONENESS』からリカット収録され、充実の1枚となる。

■miwa オフィシャルHP
http://www.miwa-web.com/
■ハジ→ オフィシャルHP
http://www.hazzie.info/

■【アーティストよりコメント】

■miwa
いつかハジ→さんとコラボしてみたいと思っていたので、その夢が実現してとても嬉しいです。私ひとりじゃ書けない曲がハジ→さんに出会って生まれました。好きなのに別れてしまった、そんな経験のある人にこの曲がどうか届きますように。

■ハジ→
嘘でしょ?ってくらい一瞬で意気投合してしまい、互いの恋愛観などを語り合ううちに自然と曲が出来上がっていきました。
出逢いの歌が別れの歌になってしまいましたが。笑
miwaさんにとってもハジ→にとっても大きな大きな一曲になることを予感しています。この楽曲がたくさんの方の人生に寄り添わせていただけますように。

■シングル「夜空。Feat.ハジ→/ストレスフリー」

2015年8月19日(水)発売
【初回生産限定盤】(CD+DVD)
SRCL-8898〜8899/¥1,500+税
※スリーブケース付/カラートレイ仕様
【通常盤】(CD)
SRCL-8900/¥1,200+税

【関連リンク】
miwaの楽曲「ストレスフリー」がドラマ『民王』の主題歌に決定
miwa、自身の誕生日に全国ツアーファイナル公演を実施
「OTODAMA 2015」第2弾出演アーティスト発表
miwa、DVD『情熱大陸×miwa』ジャケ写&トレーラー映像公開

【関連アーティスト】
miwa, ハジ→
【ジャンル】
J-POP

Jin-Machineが9月30日にニューシングル「ゴリラ」を発売
Fri, 10 Jul 2015 15:00:00 +0900
Jin-Machine (okmusic UP\'s)

Jin-Machineが9月30日にニューシングル「ゴリラ」をリリースすることがわかった。

【その他の画像】Jin-Machine

今回のテーマは「ゴリラ」。絶滅危惧種に指定されているあの「ゴリラ」である。言葉の響きだけでテーマを「ゴリラ」にしたリーダーのfeaturing16(フィーチャリングイチロー/担当:MC)が、楽曲制作にあたりゴリラの生態や取り巻く環境について知っていくうちに、「もっと身近な存在としてゴリラについて歌いたい」という想いが募り、今作の制作に踏み切った。

おバカな歌詞で歌う女好きなゴリラや、アットホームなゴリラ一家など、収録曲の全てがゴリラについて歌われた前代未聞のシングルとして結実。「ゴリラ」「ゴリラの家」「森のゴリさん」「Critically Endangered IA」など、タイトルだけでも楽しめそうな、バラエティに富んだ収録内容になる予定だ。

さらに、CDジャケットはメンバーのアイデアから導かれ、ゴリラの写真をあしらった図鑑テイストのデザインに仕上がっている。また、今作の楽曲でもファンがミサ(ライヴ)で楽しめるよう、振り付け動画をWEBで公開予定だ。

そして、Jin-Machineは7月26日(日)渋谷TSUTAYA O-EASTにて開催されるART POP ENTERTAINMENT 主催「CRUSH OF MODE - HYPER HOT SUMMER\'15」に出演し、続く8月からの同名義のツアーでは、全国各地でも出演が決定。また、9月12日(土)に青森県東津軽郡平内町夜越山スキー場にて開催される青森最大のロックフェス「AOMORI ROCK FESTIVAL’15〜夏の魔物〜」にも出演が決定。さらに、「12ヶ月連続ワンマンツアー」も折り返しを迎え、ファイナル公演は12月6日(日)新宿ReNYで開催されるニュースも発表された。

新たな展開を迎えるJin-Machine。今後の活動にも注目だ。

■シングル「ゴリラ」

2015年9月30日発売
【ニシローランドゴリラ盤】
YCCW-30044/¥1,800+税
<収録曲>
7トラック収録予定(カラオケ・トーク含む)

【ヒガシローランドゴリラ盤】
YCCW-30045/¥1,800+税
<収録曲>
7トラック収録予定(カラオケ・トーク含む)

【マウンテンゴリラ盤】
YCCW-30046/¥1,000+税
<収録曲>
3トラック収録予定(トーク含む)

■【ライヴ出演情報】

12ヶ月連続ワンマン48都道府県ツアー「おげれつ戦国ハナクソ相撲」
2015年
07月18日(土) OSKA MUSE
08月23日(日) 青森Quarter
09月19日(土) 岡山IMAGE
10月10日(土) 高松DIME
11月21日(土) 金沢AZ
12月06日(日) 新宿ReNY(Final 公演)

「stylish wave CIRCUIT’15夏の陣“今宵狂乱”」
07月23日(木) 仙台darwin

「CRUSH OF MODE-HYPER HOT SUMMER\'15-」
07月26日(日) 渋谷 TSUTAYA O-EAST

「CRUSH OF MODE-HYPER HOT SUMMER\'15-TOUR」
2015年
08月01日(土) 心斎橋BIG CAT
08月02日(日) 名古屋Electric Lady Land
08月04日(火) 金沢AZ(EXTRA EDITION)
08月05日(水) 富山SOUL POWER(EXTRA EDITION)
08月07日(金) 長野J(EXTRA EDITION)
08月08日(土) 新潟GOLDEN PIGS RED STAGE
08月16日(日) 渋谷 TSUTAYA O-WEST
08月27日(木) 仙台MACANA(EXTRA EDITION)
08月29日(土) 札幌ペニーレーン24
08月30日(日) 札幌ペニーレーン24

「stylish wave MAX’15“一撃乱舞“-stylish wave CIRCUIT’15夏の陣 グランドファイナル」
08月16日(日) 新宿ReNY

「AOMORI ROCK FESTIVAL’15〜夏の魔物〜」
09月12日(土) 青森県東津軽郡平内町夜越山スキー場

【関連リンク】
Jin-Machine オフィシャルHP
Jin-Machine、2014年第1弾シングルは涙を誘う切なソング!
ヴィジュアル系シーンの “狂い花”ことJin-Machineが新作を発表!
「華麗なる激情」ニコ生中継決定! 大阪激情の出演者募集も開始!!

【関連アーティスト】
Jin-Machine
【ジャンル】
ビジュアル













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1