歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2015年05月27日)
バックナンバー
最新ニュース
2015/06/05
2015/06/04
2015/06/03
2015/06/02
2015/06/01
2015/05/31
2015/05/30
2015/05/29
2015/05/28
2015/05/27
2015/05/26
2015/05/25
2015/05/24
2015/05/23
2015/05/22
2015/05/21
2015/05/20
2015/05/19
2015/05/18
2015/05/17
2015/05/16
2015/05/15
2015/05/14
2015/05/13
2015/05/12
2015/05/11
2015/05/10
2015/05/09
2015/05/08
2015/05/07
2015/05/06
2015/05/05
2015/05/04
2015/05/03
2015/05/02
2015/05/01
2015/04/30
2015/04/29
2015/04/28
2015/04/27
2015/04/26
2015/04/25
2015/04/24
2015/04/23
2015/04/22
2015/04/21
2015/04/20
2015/04/19
2015/04/18
2015/04/17
2015/04/16
2015/04/15
2015/04/14
2015/04/13
2015/04/12
2015/04/11
2015/04/10
2015/04/09
2015/04/08
2015/04/07
2015/04/06
2015/04/05
2015/04/04
2015/04/03
2015/04/02
2015/04/01
2015/03/31
2015/03/30
2015/03/29
2015/03/28
2015/03/27
2015/03/26
2015/03/25
2015/03/24
2015/03/23
2015/03/22
2015/03/21
2015/03/20
2015/03/19
2015/03/18
2015/03/17
2015/03/16
2015/03/15
2015/03/14
2015/03/13
2015/03/12
2015/03/11
2015/03/10
2015/03/09
2015/03/08
2015/03/07
2015/03/06
2015/03/05
2015/03/04
2015/03/03
2015/03/02
2015/03/01
2015/02/28
2015/02/27
2015/02/26
2015/02/25
2015/02/24
2015/02/23
2015/02/22
2015/02/21
2015/02/20
2015/02/19
2015/02/18
2015/02/17
2015/02/16
2015/02/15
2015/02/14
2015/02/13
2015/02/12
2015/02/11
2015/02/10
2015/02/09
2015/02/08
2015/02/07
2015/02/06
2015/02/05
2015/02/04
2015/02/03
2015/02/02
2015/02/01
2015/01/31
2015/01/30
2015/01/29
2015/01/28
2015/01/27
2015/01/26
2015/01/25
2015/01/24
2015/01/23
2015/01/22
2015/01/21
2015/01/20
2015/01/19
2015/01/18
2015/01/17
2015/01/16
2015/01/15
2015/01/14
2015/01/13
2015/01/12
2015/01/11
2015/01/10
2015/01/09
2015/01/08
2015/01/07
2015/01/06
2015/01/05
2015/01/04
2015/01/03
2015/01/02
2015/01/01
2014/12/31
2014/12/30
2014/12/29
2014/12/28
2014/12/27
2014/12/26
2014/12/25
2014/12/24
2014/12/23
2014/12/22
2014/12/21
2014/12/20
2014/12/19
2014/12/18
2014/12/17
2014/12/16
2014/12/15
2014/12/14
2014/12/13
2014/12/12
2014/12/11
2014/12/10
2014/12/09
2014/12/08
2014/12/07
2014/12/06
2014/12/05
2014/12/04
2014/12/03
2014/12/02
2014/12/01
2014/11/30
2014/11/29
2014/11/28
2014/11/27
2014/11/26
2014/11/25
2014/11/24
2014/11/23
2014/11/22
2014/11/21
2014/11/20
2014/11/19
2014/11/18
2014/11/17
2014/11/16
2014/11/15
2014/11/14
2014/11/13
2014/11/12
2014/11/11
2014/11/10
2014/11/09
2014/11/08
2014/11/07
2014/11/06
2014/11/05
2014/11/04
2014/11/03
2014/11/02
2014/11/01
2014/10/31
2014/10/30
2014/10/29
2014/10/28
2014/10/27
2014/10/26
2014/10/25
2014/10/24
2014/10/23
2014/10/22
2014/10/21
2014/10/20
2014/10/19
2014/10/18
2014/10/17
2014/10/16
2014/10/15
2014/10/14
2014/10/13
2014/10/12
2014/10/11
2014/10/10
2014/10/09
2014/10/08
2014/10/07
2014/10/06
2014/10/05
2014/10/04
2014/10/03
2014/10/02
2014/10/01
2014/09/30
2014/09/29
2014/09/28
2014/09/27
2014/09/26
2014/09/25
2014/09/24
2014/09/23
2014/09/22
2014/09/21
2014/09/20
2014/09/19
2014/09/18
2014/09/17
2014/09/16
2014/09/15
2014/09/14
2014/09/13
2014/09/12
2014/09/11
2014/09/10
2014/09/09
2014/09/08
2014/09/07
2014/09/06
2014/09/05
2014/09/04
2014/09/03
2014/09/02
2014/09/01
2014/08/31
2014/08/30
2014/08/29
2014/08/28
2014/08/27
2014/08/26
2014/08/25
2014/08/24
2014/08/23
2014/08/22
2014/08/21
2014/08/20
2014/08/19
2014/08/18
2014/08/17
2014/08/16
2014/08/15
2014/08/14
2014/08/13
2014/08/12
2014/08/11
2014/08/10
2014/08/09
2014/08/08
2014/08/07
2014/08/06
2014/08/05
2014/08/04
2014/08/03
2014/08/02
2014/08/01
2014/07/31
2014/07/30
2014/07/29
2014/07/28
2014/07/27
2014/07/26
2014/07/25
2014/07/24
2014/07/23
2014/07/22
2014/07/21
2014/07/20
2014/07/19
2014/07/18
2014/07/17
2014/07/16
2014/07/15
2014/07/14
2014/07/13
2014/07/12
2014/07/11
2014/07/10
2014/07/09
2014/07/08
2014/07/07
2014/07/06
2014/07/05
2014/07/04
2014/07/03
2014/07/02
2014/07/01
2014/06/30
2014/06/29
2014/06/28
2014/06/27
2014/06/26
2014/06/25
2014/06/24
2014/06/23
2014/06/22
2014/06/21
2014/06/20
2014/06/19
2014/06/18
2014/06/17
2014/06/16
2014/06/15
2014/06/14
2014/06/13
2014/06/12
2014/06/11
2014/06/10
2014/06/09
2014/06/08
2014/06/07
2014/06/06
2014/06/05
2014/06/04
SMAによる女子中高生アーティスト応援プロジェクト「リアルJK☆スプラッシュ」始動
Wed, 27 May 2015 20:00:00 +0900
「リアルJK☆スプラッシュ」ロゴ (okmusic UP\'s)

YUKI、木村カエラ、チャットモンチー、ねごと、片平里菜などが所属する株式会社ソニー・ミュージックアーティスツ(SMA)が、女子中高生(JC・JK)のバンド、ユニット、シンガーソングライターなどを応援するプロジェクト、「リアルJK☆スプラッシュ」を立ち上げた。5月27日(水)から7月5日(日)までエントリーを受け付ける!

【その他の画像】

「メジャーデビューとか良くわかんないけど、今年の夏は何かやってみたい! ウチら世代が鳴らせる音がきっとある!」といった全国の女子中高生のリアル(=現実)に寄り添って、自分たちの音楽を人前で披露する事の面白さを体感してもらい、背中を後押ししたい。そして、本人達が"まだ自覚していない"才能と出逢って応援することがテーマとなっている。

エントリーしてくれた女子中高生にはとにかくライブを思いきり楽しんでもらいたい、そして同世代アーティスト同士が繋がって刺激を受け合って欲しいという想いから、「応援プロジェクト」と名付けられた。

エントリー対象は、女子高生もしくは女子中学生がメンバーに1人以上在籍するバンド、ユニット、シンガーソングライターなど。 オリジナル曲でもカバー曲でもエントリーを受け付ける(既存カラオケ曲歌唱のエントリーは不可)。

7月5日(日)にエントリーを締め切り、音源審査を通過し、選ばれたアーティストはスタジオ審査(7月19日(日)@名古屋、7月20日(月・祝)@東京、7月21日(火)@大阪)でパフォーマンスを披露。そこからさらに選ばれたアーティストは、8月5日(水)@東京・渋谷、8月7日(金)@大阪・梅田で開催するイベント「リアルJK☆スプラッシュ」に出演できる(出演者交通費無料)。

「リアルJK☆スプラッシュ」のライブ当日にキラリ☆輝いたアーティストは、東京・大阪のライブから一組づつ、今回の企画に賛同したギタープレイマガジン「ゴー!ゴー!ギター」の表紙を飾るチャンスが与えられる。また、企画を通して出逢った優秀アーティストは、SMAに所属して個々の資質に合わせて活動をスタートするチャンスを獲得する。今年の夏を「一生モノの夏」にしたい、女子中高生のアマチュアアーティストは要注目だ。

【「リアルJK☆スプラッシュ」担当者コメント】
「昨今、様々なコンテストやオーディションが開催されてますが、ある程度ライブ経験を積んで、既に地元である程度手ごたえを感じている"猛者“からのエントリーも多く、ライブ慣れしていない「無垢な」アーティストは比較されて埋もれてしまうケースもあるように思います。今回はその点を考慮して、無垢で埋もれがちな方ともぜひ出逢って繋がりたいと考えてますので、自分の才能に"無自覚な"方からのエントリー大歓迎です。東京・大阪で開催するスペシャルライブも優劣を争うより「楽しんでもらう」ことを大事にしたいと思ってます」

■SMA公式サイト http://www.sma.co.jp

■エントリー要項

エントリー期間:5月27日(水)〜7月5日(日)
※当日消印有効

■エントリー対象
・女子高生もしくは女子中学生がメンバーに1人以上在籍するバンド、ユニット、シンガーソングライターなど
・オリジナル曲もカバー曲もエントリー可(既存のカラオケ曲歌唱のエントリー不可)
・7月19日(日)@名古屋、7月20日(月・祝)@東京、7月21日(火)@大阪にて、スタジオ審査を実施
※どうしてもスタジオ審査に参加できない場合はエントリー用紙にその旨を記入して下さい
・8月5日(水)@東京・渋谷 CHELSEA HOTEL, 8月7日(金)@大阪・梅田 Shangri-Laにて開催するJK世代スペシャルライブ ※2会場とも数組出演予定
※ イベント名:『リアルJK☆スプラッシュ〜ЯeaL presents「君と僕と最後の課外授業」〜』

■エントリー方法
スマホ/パソコン/郵送にてエントリー
1. WEBエントリー 
『リアルJK☆スプラッシュ』特設サイト http://.sma.co.jp/audition/realjk/ にアクセス!
エントリー規約に同意した後、プロフィールを入力し、メンバー全員の顔がわかる写真2枚(上半身/全身)と、mp3音源または動画をWEBエントリーページにアップロードするか、視聴/試聴できるURLを添付して、送信してください。スマホからの場合、デモ音源・動画を添付できない場合があります。その場合は動画サイト等に限定公開した視聴/試聴URLを添付するか、パソコンからエントリーしてください。
※動画/音源をDL期限つきの他社アップローダーに上げてのエントリーはお控え下さい
2. 郵送エントリー
(1)プロフィール、(2)メンバー全員の顔が見える写真2枚(上半身/全身)、(3)音源または映像を下記の住所までお送り下さい。特設サイトで印刷できるプロフィール用紙を印刷(推奨)、またはフライヤーをプロフィール用紙としてお使い下さい。
<宛先>
〒150-8518東京都渋谷区神宮前3-1-30コンセプト青山2F 
SMA開発部 「リアJ」 係

■『リアルJK☆スプラッシュ』特設サイト
http://.sma.co.jp/audition/realjk/

【関連リンク】
ももいろクローバーZとKISSがショートフィルム特別賞を受賞
5回目の開催となるライヴイベント「Ruby Tuesday」が大盛況のうちに終了!
「OTODAMA 2015」第2弾出演アーティスト発表
美声女コンテスト発ユニット“elfin’”のデビューを野沢雅子と河北麻友子が激励

【関連アーティスト】

【ジャンル】
イベント, その他

ねごと、「銀魂゜」神楽ちゃん登場CMをYouTubeにて公開
Wed, 27 May 2015 21:00:00 +0900
ねごと  (okmusic UP\'s)

ねごとのニューシングル「DESTINY」のCM 「〜第1弾 神楽ちゃんからお知らせ編〜」と「〜第2弾 一度聴いたら忘れられない編〜」が期間限定でYouTubeにて公開された。

【その他の画像】ねごと

このCMでは「DESTINY」がアニメ「銀魂゜」のエンディング・テーマとして使用されていることから、アニメで“神楽”の声を務める声優の釘宮理恵がナレーションを担当している。

CMは「〜第1弾 神楽ちゃんからお知らせ編〜」「〜第2弾 一度聴いたら忘れられない編〜」を含め計4パターン制作されており、YouTubeでも順次公開されるとのこと。

■「DESTINY」-TV SPOT- 〜第1弾 神楽ちゃんからお知らせ編〜
https://youtu.be/0vYJIYpMYSE

■「DESTINY」-TV SPOT- 〜第2弾 一度聴いたら忘れられない編〜
https://youtu.be/MrfRMyrqgVE

【関連リンク】
ねごと オフィシャルHP
ねごと、話題の新曲「DESTINY」ストーリー仕立てのMVを公開
GOOD ON THE REEL、東名阪ツアーのゲストが解禁!
ねごと、「銀魂゜」EDシングルCMナレーションは神楽!?

【関連アーティスト】
ねごと
【ジャンル】
ジャパニーズロック, アニメ

筋肉少女帯、アニメ「うしおととら」OPを担当
Wed, 27 May 2015 19:00:00 +0900
TVアニメ「うしおととら」 (okmusic UP\'s)

7月から放送開始がスタートするTVアニメ「うしおととら」のオープニングテーマ曲を筋肉少女帯が担当することがわかった。曲名は「混ぜるな危険」。主人公の蒼月潮と大妖怪とらの関係性を彷彿させるタイトルだ。

【その他の画像】筋肉少女帯

原作の藤田和日郎がかつて「うしおととら」の連載執筆中にも聴いていたお気に入りのアーティストが筋肉少女帯だったそうで、今回のCDジャケット【通常盤】に原作画を書き下ろすことも明らかになった。

大槻ケンヂは、「以前から藤田先生が筋肉少女帯を聴いてくださっていると伺っていたので、ついにきたか、と! 光栄です。『うしおととら』と『混ぜるな危険』のコラボを皆さんご期待ください」とコメントを寄せている。

■TVアニメ「うしおととら」公式HP
http://ushitora.tv/

■シングル「混ぜるな危険」

2015年8月05日発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
TKCA-74245/¥2,750+税
※スリーブケース仕様
【通常盤】(CD)
TKCA-74249/¥1,200+税
※「うしおととら」原作者・藤田和日郎氏描き下ろしイラスト・ジャケット
<収録曲>
■CD ※限定盤・通常盤 同一内容
01. 混ぜるな危険
02. イワンのばか (Live Version)
03. ムツオさん (Live Version)
04. 釈迦 (Live Version)
05. 混ぜるな危険 〜TV Mix Version〜
06. 混ぜるな危険 (Instrumental)
※M-2、3、4のLive Version:2014年12月23日 LIQUIDROOM 公演より収録
■DVD ※初回限定盤のみ
2014年12月23日 LIQUIDROOM 公演よりLIVE映像12曲収録
01. 心の折れたエンジェル
02. ニルヴァナ
03. ゾロ目
04. ロシアンルーレット・マイライフ
05. 愛のリビドー(性的衝動)
06. 北極星の二人 〜内田のラブソング〜
07. ワインライダー・フォーエバー(筋少 Ver.)
08. 労働讃歌
09. 戦え!何を!?人生を!
10 .トゥルー・ロマンス
11. デコイとクレーター
12. 恋の蜜蜂飛行

【関連リンク】
筋肉少女帯 オフィシャルHP
筋肉少女帯の春ツアーが東京・六本木にて大盛況のうちに閉幕
Perpetual Dreamerのメジャーデビューに向けて筋少・橘高文彦から推薦コメントが到着
筋肉少女帯と人間椅子がコラボシングルをリリース

【関連アーティスト】
筋肉少女帯
【ジャンル】
ジャパニーズロック, アニメ

ザ・クロマニヨンズ、7月にライブDVDをリリース
Wed, 27 May 2015 18:00:00 +0900
ザ・クロマニヨンズ (okmusic UP\'s)

2014年10月10日よりスタートしたザ・クロマニヨンズの全国ツアー『ザ・クロマニヨンズTOUR ガンボ インフェルノ 2014-2015』のライブDVDがリリースされることがわかった。

【その他の画像】ザ・クロマニヨンズ

ミズノ「野球やろうぜ」TVCMタイアップソング”としてOA中の「旅立ちはネアンデルタール」や、 先行シングル「キスまでいける」など、“これぞロックンロール!”と言わしめる楽曲が詰まった、2014年9月発表の8thアルバム『GUMBO INFERNO』。同作を引っ提げて、同年10月から始まった全国ツアーは、年をまたいで2015年3月まで全60公演を敢行し、全国を走りぬけた。

今作は、2015年3月15日に行われた東京・STUDIO COAST公演を収録。『GUMBO INFERNO』を中心に演奏されたこの日は、最新シングル「キスまでいける」や 甲本のハープが冴えわたる「ウォルターに一撃!」「ダイナマイト・ブルース」などを収録した、最新のザ・クロマニヨンズが凝縮された映像作品となる。

なお、初回生産限定盤として、この作品のために制作された特製リストバンドと特製缶バッジ2個をセットした豪華限定盤も発売される。

■DVD『ザ・クロマニヨンズTOUR ガンボ インフェルノ 2014-2015』

2015年7月22日発売
【初回生産限定盤】
BVBL-117〜118/¥4.630+税
【通常盤】
BVBL-119/¥4,000+税

【関連リンク】
ザ・クロマニヨンズ オフィシャルHP
真島昌利とヒックスヴィルの真城めぐみ、中森泰弘によるバンド「ましまろ」が5月にデビュー
憂歌団の多彩な魅力が詰まったアルバム『四面楚歌』
ザ・クロマニヨンズ ニューアルバム初回特典DVDはあのプレミアライブを収録!

【関連アーティスト】
ザ・クロマニヨンズ
【ジャンル】
ジャパニーズロック

安室奈美恵、最新アルバム『_genic』より2本のMVを公開
Wed, 27 May 2015 18:00:00 +0900
「Fashionista」MV (okmusic UP\'s)

安室奈美恵が6月10日に発売するニューアルバム『_genic』より、2本のMVを同時公開した。

【その他の画像】安室奈美恵

本日同時公開されたのは、「Fashionista」と「Golden Touch」のMV。「Fashionista」は、“ファッション"=“闘い"をコンセプトに、レーザーを使った攻撃的なダンスパフォーマンスやフェンシングのインサートなど“闘い"を表現したシーンを中心としたMVに仕上がっている。

また、クラシカルでモードな衣装と未来的なレーザーを組み合わせることで、今作独自の“ファッショナブル"な世界観を創り出しているほか、レーザーでできたランウェイを颯爽とウォーキングするシーンなど、「Fashionista」という楽曲タイトルに相応しい作品となっている。強力なレーザーを間近で投射しながら暗闇の中で踊るのは非常に難しいと心配されていたが、スタッフの心配をよそに安室本人は完璧なパフォーマンスを魅せたとのこと。

「Golden Touch」は、カンヌ国際広告祭をはじめ数々の受賞歴を持つ、クリエイティブディレクター川村真司氏率いるクリエイティブ・ラボPARTY NYと、NYとLAを拠点とする映像プロダクションLOGANによる作品。楽曲タイトル「Golden Touch」の“Touch(タッチ)"をコンセプトに、実際にビデオをタッチしながら観ることで色々なタッチを疑似体験することができる疑似インタラクティヴなMVだ。

クリエイティヴ・ディレクター川村氏は、「実際には触っていないのに、触っているような気がするような体験を作るために様々な試行錯誤をしました。どのくらいズームすれば押しているような気がするか、どのくらいのスピードで画面がスライドしたら物体を倒しているように感じるか。科学実験をしているような気持ちでいろいろ試すのがとても楽しかったです」とコメントしている。

また、アルバム発売を記念して、画面に触れている間だけ「Golden Touch」の映像が流れるスマホおよびタブレット用スペシャル・アプリも発売予定。すでに一発撮りが話題となった自身初のバースデイ・ソング「Birthday」、「遺伝子=genic」をコンセプトに安室の遺伝子ともいえる“ダンス"を中心とした「Stranger」、“You can do anything"=“あなたは何だってできる"という楽曲に込められた想いを表現した「Anything」のMVを公開しており、今回の2本同時公開でニューアルバム「_genic」に収録される全5曲のMVが全て公開された。

約2年ぶりとなるニューアルバム『_genic』は、オリコン週間アルバムランキングで6作連続1位を獲得した『FEEL』以来のオリジナルアルバム。収録曲は、クラシカルなダンスビートやR&Bグルーヴなど、80\'s−90\'sリバイバルを国内外の気鋭クリエイターと共にカラフルなダンスポップにまとめ上げた最新作だ。

DVD・Blu-ray盤には、本日公開された「Fashionista」「Golden Touch」を含む全5曲のMVが収録。“全曲新曲"という、ある意味、挑戦的なオリジナルアルバムは、全5本のMV公開により全貌が明らかになりつつあるが、その全ては是非作品を手に取って感じてみて欲しい。

■「Fashionista」MV
https://www.youtube.com/watch?v=lTOJUc-XfFo

■「Golden Touch」MV
https://www.youtube.com/watch?v=h_UhKcAy6xc

■アルバム『_genic』

2015年6月10日発売
【CD+DVD】
AVCN-99024/B/¥3,800+税
※初回限定:型抜きデジパック仕様
【CD+Blu-ray】
AVCN-99025/B/¥4,200+税
※初回限定:型抜きデジパック仕様
【CD】
AVCN-99026/¥3,000+税
※初回限定:型抜きデジパック仕様
<収録曲>
■CD
01 Photogenic
02 Time Has Come
03 Golden Touch
04 Birthday
05 It
06 Scream
07 Fashionista
08 Fly
09 B Who I Want 2 B feat. U hum sneak it
10 Stranger
11 Every Woman
12 Space Invader
13 Anything
-Special Track-
14 What I Did For Love (David Guetta feat. Namie Amuro)
■DVD・Blu-ray
01 Golden Touch (Music Video)
02 Birthday (Music Video)
03 Fashionista (Music Video)
04 Stranger (Music Video)
05 Anything (Music Video)

【関連リンク】
安室奈美恵 オフィシャルHP
安室奈美恵、ニューアルバムより「Stranger」MV公開
安室奈美恵の名曲を使用した正体不明のエンドロールが話題
安室奈美恵が15種類のライブバラードCMを一斉公開

【関連アーティスト】
安室奈美恵
【ジャンル】
J-POP

JUDY AND MARYが『THE POWER SOURCE』で見せたポップとアバンギャルドの絶妙なバランス
Wed, 27 May 2015 18:00:00 +0900
JUDY AND MARY『THE POWER SOURCE』のジャケット画像 (okmusic UP\'s)

「復活してほしいバンド」なるアンケートでは必ず上位にその名前が挙がる、90年代邦楽シーン最強のポップアイコン、JUDY AND MARY。今もなお根強い人気を誇るバンドである。10年間に満たない活動期間でミリオンセールスを連発し、ドーム、スタジアム公演を成功させるに至った彼女たちの勝因はどこにあったのか? 最大のヒットを記録したアルバム『THE POWER SOURCE』のサウンド面からJUDY AND MARYの本質を分析してみた。

 JUDY AND MARY(以下JAM)は、「バンドをやりたい」というYUKI(Vo)の想いに応える格好で、恩田快人(Ba)をリーダーに92年結成。そこに五十嵐公太(Dr)と、前任のギタリストに代わってTAKUYA(Gu)が加わり、93年にメジャーデビューを果たした。当初のコンセプトは「女のコが歌うポップで切ないサウンドをバンドでやってみたい」という恩田の構想を具現化したとのことで、3rdアルバム『MIRACLE DIVING』辺りまでは、確かにロックンロールを基調としたバンドサウンドにYUKIのヴォーカルを乗せたガールポップバンドという印象が強い。…と書くと、最初は凡百なバンドだったと思われるかもしれないが、無論そんなことはない。初期からキャッチーなメロディーが前面に出ているばかりか、1stアルバム『J・A・M』にも収録されている3rdシングル「DAYDREAM」でのマイナーだけどポップな感じからは単に甘いだけではないバンドであることも分かり、今聴いてもポテンシャルの高さをうかがわせる。そして、このバンドの最大の特徴であるYUKIの歌声は初期から完成されていた。パッと聴いて彼女のものと認識できる声質はJAMにとって大きなアドバンテージだったとも思われる。2ndアルバム『ORANGE SUNSHINE』にしてチャート上位にランクインし、ブレイクを果たしたことも十分にうなずける。

 96年、初の日本武道館、大阪城ホール公演を成功させ、『NHK紅白歌合戦』に初出場するなど、バンドを取り巻く状況は俄然盛り上がり見せていくなか、彼らはさらなる音楽的高みを目指した。その結実が4thアルバム『THE POWER SOURCE』であろう。オープニングを飾るM1「BIRTHDAY SONG」からしてそれまでとは雰囲気が異なり、ノイジーなギターがリードするダイナミックなロックサウンドが聴ける。うねるリズム隊、強めなディレイでスペイシーさを醸し出したヴォーカル――サイケデリック、いやアシッドなロックだ。サビはメロディアスで大らかな印象だが、そこがまた幻想さを増す要因にもなっている。5thシングル「Cheese "PIZZA"」でレゲエを取り入れているなど、決してベーシックなR&R一辺倒のバンドではないことも確認できたが、「BIRTHDAY SONG」はそういったバラエティー感とは明らかに趣を異にする深化であり、バンドの進化だったと言える。《トキメキは とめどなく溢れ出す〜宝石を閉じこめてる/臆病な 星のかけらを飛び越えたい》というリリックと、“BIRTHDAY SONG”というタイトルそのものに当時のメンバーの決意が感じられる。これ以外にも、目まぐるしくテンポが変化していくM4「KISSの温度」、ジャジーなグルーブを響かせるM6「Pinky loves him」など、明らかにアルバムならではのチャレンジを見せている楽曲もあるほか、シングルナンバーも結構挑戦的だ。バンド初のシングルチャート1位楽曲であり、唯一のミリオンセラーシングルであるM3「そばかす」にしても――今となってはこれが当たり前なものとして聴いてしまうが、サビはキャッチーで親しみやすいのは間違いないものの、イントロはノイジーなカオスで雰囲気だし、全体を引っ張るファンキーなギターはヴォーカルと不協…とは言わないまでも、その拮抗感はかなりスリリングである。

 この進化は過渡期ならではのものであり、過渡期特有の緊張感が生み出すマジックこそが『THE POWER SOURCE』を傑作足らしめたのではないかと筆者は見る。M3「そばかす」で《そばかすの数を かぞえてみる/汚れたぬいぐるみを抱いて/胸をさす トゲは 消えないけど/カエルちゃんも ウサギちゃんも/笑ってくれるの》と少女性を残しつつも、《思い出は いつも キレイだけど/それだけじゃ おなかが すくわ》と冗談めかして現実を見ている歌詞は過渡期の証左であろう。所謂バンドマジックはM7「くじら12号」で見ることができる。この楽曲、ギターとベースの絡みがとにかく素晴らしい。密集感のあるイントロから、歌が始まるとギターとベースは一旦左右に分かれて、これまた不協気味に進行しつつも、サビで見事なアンサンブルを奏でるという構造がお見事だ。生真面目にリズムをキープするドラミングもよく、バンドらしい躍動感あるサウンドが聴ける。ポップさとアバンギャルドさの中間──厳密に言うと、7対3くらいでポップさが勝るバランス感覚がここにはある。このバランスこそがJAMを日本を代表するロックバンドへと押し上げた主たる勝因ではなかろうか。ポップ過ぎては単なるポップスになってしまい、ロックとはかけ離れたものになる。また、前衛感が出過ぎると決して聴きやすいものにならず、ポピュラリティーは得られない。古今東西、多くのロックバンドがせめぎ合ってきた課題に対する模範解答のひとつが『THE POWER SOURCE』のようにも思う。楽曲内でのバランス感覚だけでなく、M1「BIRTHDAY SONG」やM4「KISSの温度」と、M8「クラシック」やM9「風に吹かれて」といったメロディーの良さを強調したアレンジが施されている楽曲がアルバム内に同居しているバランスも作品の価値を高めているところだとも思う。

 このアルバム『THE POWER SOURCE』はチャート初登場1位、トータルセールス約300万枚という売上を記録し、バンド最大のヒット作となったが、本作で見せた絶妙なバランス感覚はその後もいい塩梅で継続していくわけではなかった。YUKIの喉の不調により一時活動停止をした後に制作された『POP LIFE』はポップさとアバンギャルドさの乖離が際立った印象がある。14枚目のシングル「散歩道」で見せた、ある種、牧歌的とも思える素直なポップ感と、15thシングル「ミュージック ファイター」でのアンビエントなサウンドメイキングとが同居している様は、よく受け取ればバラエティー感だろうが、逆に言えば個の突出とも言えるし、いずれにせよ、バランス感覚は前作とは異なるものだった。『POP LIFE』もセールスは悪くなかったものの、前作に迫るところまで行かなかったということは、大衆からの支持は低下したと見るべきであろう(それがイコール作品のクオリティーではないが)。以後、各メンバーのソロや別ユニットでの活動が始まり、充電期間を経たものの、JAMは01年に解散を発表。アルバム『WARP』のリリース、ラストライブツアーを持って、その活動に終止符を打った。解散から5年後の06年にリニューアルベスト盤『COMPLETE BEST ALBUM「FRESH」』がヒットし、09年にはデビュー15周年を記念したトリビュートアルバム『JUDY AND MARY 15th Anniversary Tribute Album』もリリース。「復活してほしいバンド」なるアンケート調査では必ず上位にその名前が挙がるJAMであるが、再結成はその噂すら聞いたことがない。トリビュート盤に参加した中川翔子、木村カエラのほか、きゃりーぱみゅぱみゅ、ELTの持田香織らに影響を与え、現在のガールポップシーンの礎を担った存在のJAMだけに、復活が実現すれば超ビッグトピックとなるだろう。実現性はかなり低いと言わざるを得ないが、何かアクションがあるとすれば、結成25周年目の2017年、あるいはメジャーデビュー25周年となる2018年といったところだろうか。

【関連アーティスト】
JUDY AND MARY, YUKI, TAKUYA
【ジャンル】


[Alexandros]、映画「明烏 あけがらす」舞台挨拶に登壇&「Famous Day」MVフル解禁
Wed, 27 May 2015 17:30:00 +0900
[Alexandros] (okmusic UP\'s)

5月26日、映画 「明烏 あけがらす」の舞台挨拶に福田雄一監督と[Alexandros]のメンバーが登壇した。

【その他の画像】[Alexandros]

ホストクラブを舞台に、借金返済に追い込まれる最下位ホストと全く頼りにならない仲間たちの12時間を描いたコメディ映画 「明烏 あけがらす」。その舞台挨拶に[Alexandros]の5人が登壇するや監督の軽いジョークで始まるとドラムの?村聡泰が「舞台挨拶ってこんなにぐたぐたで始まるものなんですか」と会場の爆笑を誘った。

また、自他共に映画好きのボーカル川上洋平は、昨年158本鑑賞したといい、締めの挨拶でも「この映画は僕の中でかなりの高得点。みなさん楽しんで観ていってください」と、太鼓判を押した。

主題歌「ワタリドリ」も収録されている [Alexandros]のニューアルバム『ALXD』は6月17日に発売。なお、アルバム特設サイトでは収録曲「Famous Day」のMVがフル解禁されている。

■アルバム『ALXD』特設サイト
http://sp.universal-music.co.jp/alexandros/

■「Famous Day」MV
https://www.youtube.com/watch?v=6WDyzkFSri8

■アルバム『ALXD』

2015年6月17日発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
UPCH-7021/¥3,800+税
【通常盤】(CD)
UPCH-2036/¥3,000+税
【アナログ盤】
UPJH-9012/3/¥4,000+税
※2015年7月15日発売  
※完全受注生産商品となりますので、確実にご入手をご希望の場合、早めのご予約をおすすめいたします。
<収録曲>
01. ワタリドリ 
02. Boo! 
03. ワンテンポ遅れたMonster ain\'t dead 
04. Famous Day  
05. Adventure 
06. can\'t explain 
07. Buzz Off(Interlude) 
08. Oblivion 
09. Leaving Grapefruits 
10. Dracula La 
11. Droshky! 
12. Dog 3 
13. Run Away
14. Coming Summer
<DVD> ※初回限定盤のみ
This Summer Festival 2014から12/20Zepp Tokyo LIVE映像7曲+副音声+ALXDセルフライナーノーツ座談会の計71分を収録

【関連リンク】
[Alexandros] オフィシャルHP
[Alexandros]、待望のニューアルバムより「Famous Day」先行配信スタート
「イナズマロック フェス 2015」雷神ステージに[Alexandros]が登場!
[Alexandros] 、メンバーのワガママで新曲タイトルを変更!?

【関連アーティスト】
[Alexandros]
【ジャンル】
ジャパニーズロック, イベント, 映画

きゃりーぱみゅぱみゅ、初のアリーナ公演を収録した映像作品のトレイラーを解禁
Wed, 27 May 2015 17:00:00 +0900
『きゃりーぱみゅぱみゅのからふるぱにっくTOY BOX』より (okmusic UP\'s)

6月10日(水)に9万人を動員をした初のアリーナツアー『きゃりーぱみゅぱみゅのからふるぱにっくTOY BOX』の映像作品を発売する、きゃりーぱみゅぱみゅ。同作品の発売に先駆け、トレイラーが解禁となった。

【その他の画像】きゃりーぱみゅぱみゅ

今作は「これからもずっとファンタジーを届け続ける」と、ファンと約束し話題を呼んだ、涙のアンコールMCまでの全編23曲約120分を初収録。さらに、ボーナスディスクとしてワールドツアーのロンドン公演のライブ&ドキュメンタリー映像の16曲約90分を収録するだけでなく、Disc1には美術演出を手掛ける増田セバスチャン、Disc2は2013年からワールドツアーのドキュメンタリーを監督する山岸聖太ときゃりーによるスペシャルトーク(副音声)付きとなる。

映像商品のコメンタリー収録は初の試みとなるので、きゃりーぱみゅぱみゅの本音まで思う存分楽しめる全39曲200分を超えた超豪華作品となっている。アリーナ本編を完全収録するだけでなく、特典映像の豪華さも必至な内容となっているので、ぜひチェックしてほしい。

■『きゃりーぱみゅぱみゅのからふるぱにっくTOY BOX』トレイラー映像
https://www.youtube.com/watch?v=EQIglRTn4OI

■DVD & Blu-ray『KPP 2014 JAPAN ARENA TOUR きゃりーぱみゅぱみゅのからふるぱにっくTOY BOX』

2015年6月10日発売
【DVD】※2枚組
WPBL-90342〜3/¥5,000+税
【Blu-ray】※2枚組
WPXL-90103〜4/¥6,000+税
<収録曲>
■Disc 1
「きゃりーぱみゅぱみゅのからふるぱにっくTOY BOX at 国立代々木競技場第一体育館」
※スペシャルトーク(副音声):きゃりーぱみゅぱみゅと増田セバスチャン
01.もったいないとらんど
02.きゃりーANAN
03.チェリーボンボン
04.スキすぎてキレそう
05.jelly
06.Super Scooter Happy
07.キミに100 パーセント
08.PONPONPON
09.Ring a Bell
10.つけまつける
11.おやすみ
12.シリアスひとみ
13.ファッションモンスター
14.にんじゃりばんばん
15.インベーダーインベーダ―
16.み
17.きらきらキラー
18.みんなのうた
19.トーキョーハイウェイ
20.ファミリーパーティー -album mix-
21.エクスプローラー
22.CANDY CANDY
23.ちゃんちゃかちゃんちゃん
■Disc 2
「きゃりーぱみゅぱみゅライブ&ドキュメンタリー in London」
※スペシャルトーク:きゃりーぱみゅぱみゅと山岸聖太
01.なんだこれくしょん
02.インベーダーインベーダ―
03.み
04.ファミリーパーティー
05.Documentary I - KPP in Paris 2014.04.24
06.ぱみゅぱみゅレボリューション
07.もったいないとらんど
08.Super Scooter Happy
09.ゆめのはじまりんりん
10.さいごのアイスクリーム
11.つけまつける
12.Documentary II - KPP in Cologne 2014.04.26
13.きゃりーのマーチ
14.チェリーボンボン
15.PONPONPON
16.ファッションモンスター
17.Documentary III - KPP in London 2014.04.29-30
18.CANDY CANDY
19.ちゃんちゃかちゃんちゃん

◎初回プレス分のみ:デジパック仕様/豪華フォトブックレット付き

【関連リンク】
きゃりーぱみゅぱみゅ オフィシャルHP
きゃりー初のアリーナ公演を収録した映像作品の全貌が解禁に
きゃりーぱみゅぱみゅ、初のアリーナツアーが映像作品化へ
きゃりーぱみゅぱみゅ、8Kスーパーハイビジョンで撮影されたスペシャルライヴの放送が決定

【関連アーティスト】
きゃりーぱみゅぱみゅ
【ジャンル】
J-POP

Superfly、2016年1月より過去最大規模アリーナツアーを発表
Wed, 27 May 2015 17:00:00 +0900
アルバム『WHITE』 (okmusic UP\'s)

Superflyの約3年ぶりとなるオリジナルアルバム『WHITE』が5月27日(水)にリリースされた。そのアルバム『WHITE』発売と共に、2016年1月よりアリーナツアーを開催することがアナウンスされた。

【その他の画像】Superfly

今回のアリーナツアーはSuperflyにとってキャリア最大規模であり、2016年1月30日の千葉・幕張メッセイベントホール公演を皮切りに、3月19日と20日の愛知・日本ガイシホール公演まで7会場10公演が行われる。なおチケット発売情報やツアータイトルは後日案内される。

なおSuperflyは今週末、5月30日に恒例のアルバムリリースを記念したフリーライブを大阪・大阪城西の丸庭園にて行う。いち早くライブを見たいリスナーには是非こちらもチェックしていただきたい。

■アルバム『WHITE』

2015年5月27日発売
【初回生産限定盤】(2CD)
WPCL-12089/90/¥3,600+税
※BOX仕様スペシャルパッケージ
【通常盤】(1CD)
WPCL-12091/¥3,000+税
<収録曲>
■CD1
01. White Light
※「テイルズ オブ」シリーズ20周年記念タイトル「テイルズ オブ ゼスティリア」テーマソング
02. Beautiful
※TBS火曜ドラマ『マザー・ゲーム〜彼女たちの階級〜』主題歌
03. 色を剥がして
04. On Your Side
05. A・HA・HA
06. Woman
07. 脱獄の季節
08. リビドーに告ぐ
09. 愛をからだに吹き込んで
※テレビ朝日系ドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子』主題歌
10. Live
※映画『闇金ウシジマくんPart2』主題歌
11. Space
12. 極彩色ハートビート
13. You You
※「JFL presents FOR THE NEXT」テーマソング
14. いつか私は歌をうたう
■CD2 ※初回生産限定盤のみ
01. Blue 〜こんな夜には踊れない(桑田佳祐)
02. Sweetest Music(竹内まりや)
03. 帰れない二人(井上陽水)
04. スローバラード【Live】(RCサクセション)※RISING SUN ROCK FESTIVAL 2012のLIVE音源
05. 楽しい時-Fun Time(佐野元春)

■『Superfly Arena Tour 2016』

1月30日(土) 千葉県 幕張メッセイベントホール
2月06日(土) 埼玉県 さいたまスーパーアリーナ
2月07日(日) 埼玉県 さいたまスーパーアリーナ
2月13日(土) 福岡県 マリンメッセ福岡
2月27日(土) 宮城県 ゼビオアリーナ仙台
3月05日(土) 大阪府 大阪城ホール
3月06日(日) 大阪府 大阪城ホール
3月12日(土) 北海道 北海道立総合体育センター 北海きたえーる
3月19日(土) 愛知県 日本ガイシホール
3月20日(日) 愛知県 日本ガイシホール

■『Superfly WHITE Tour 2015』

7月04日(土) 埼玉県 川口総合文化センターリリア
7月08日(水) 福島県 郡山市民文化センター 大ホール
7月11日(土) 青森県 青森市文化会館 リンクステーションホール青森
7月12日(日) 岩手県 盛岡市民文化ホール
7月14日(火) 宮城県 仙台サンプラザホール
7月16日(木) 山形県 酒田市民会館
7月24日(金) 三重県 三重県文化会館
7月26日(日) 岐阜県 長良川国際会議場
7月28日(火) 愛知県 名古屋国際会議場センチュリーホール
7月29日(水) 愛知県 名古屋国際会議場センチュリーホール
8月03日(月) 広島県 広島文化学園HBGホール
8月05日(水) 鳥取県 とりぎん文化会館
8月07日(金) 岡山県 岡山市民会館
8月08日(土) 山口県 周南市文化会館
8月12日(水) 新潟県 新潟県民会館 大ホール
8月13日(木) 新潟県 新潟県民会館 大ホール
8月18日(火) 福岡県 福岡サンパレス
8月20日(木) 佐賀県 佐賀市文化会館
8月22日(土) 鹿児島県 鹿児島市民文化ホール 第1ホール
8月24日(月) 宮崎県 宮崎市民文化ホール
9月03日(木) 静岡県 アクトシティ浜松
9月05日(土) 大阪府 フェスティバルホール
9月06日(日) 大阪府 フェスティバルホール
9月09日(水) 兵庫県 神戸国際会館
9月11日(金) 和歌山県 和歌山市民会館
9月19日(土) 群馬県 ベイシア文化ホール
9月23日(水・祝) 山梨県 コラニー文化ホール(山梨県立県民文化ホール)
9月26日(土) 東京都 東京国際フォーラム ホールA
9月27日(日) 東京都 東京国際フォーラム ホールA
10月03日(土) 石川県 本多の森ホール
10月04日(日) 長野県 ホクト文化ホール
10月08日(木) 北海道 ニトリ文化ホール
10月10日(土) 北海道 函館市民会館
10月12日(月・祝) 北海道 旭川市民文化会館
10月24日(土) 沖縄県 沖縄コンベンションセンター
10月30日(金) 高知県 県民文化ホール
10月31日(土) 香川県 アルファあなぶきホール
11月02日(月) 徳島県 鳴門市文化会館
11月04日(水) 愛媛県 ひめぎんホール

【関連リンク】
Superfly オフィシャルHP
Superfly、アルバムリリース記念フリーライブの模様をJ-WAVEとFM802で同時生中継!
Superfly、ニューアルバム収録曲「On Your Side」が「熱闘甲子園」のテーマソングに決定
Superfly、大自然の中で撮影した新曲「Beautiful」のMVが完成!

【関連アーティスト】
Superfly
【ジャンル】
ジャパニーズロック

京(sukekiyo / DIR EN GREY)デザインキャラ“ペニュ"がタワレコとのコラボグッズを発表
Wed, 27 May 2015 16:00:00 +0900
ペニュ × TOWER RECORDS ハンドタオル (okmusic UP\'s)

sukekiyoやDIR EN GREYで活躍している京がデザインしたキャラクター“ペニュ"とタワレコのコラボグッズを販売する事が決定した。

【その他の画像】DIR EN GREY

タワーレコードでは、sukekiyo 1st Blu-ray & DVD『PERSUASIO // 2015.2.28 sukekiyo 2015 live「The Unified Field」-VITIUM-』(6月10日発売)の発売を記念して、sukekiyo/DIR EN GREYのボーカル 京によって生み出されたちょっぴり不思議なキャラクター『ゼメキス家(The Zemeckises)』の“ペニュ"とコラボレーションした「ペニュ × TOWER RECORDS コラボグッズ」を、5月27日(水)正午より、タワーレコード渋谷店、新宿店、京都店、梅田NU茶屋町店、タワーレコード オンラインにて予約受付開始、6月10日(水)より発売。京が産み出した独特な世界観をもつキャラクター、ペニュの魅力を是非グッズでも味わって頂きたい。

■【ペニュ × TOWER RECORDS コラボグッズ販売情報】

予約受付:5月27日(水)正午 
発売日:6月10日(水) 
<取扱い店舗>
タワーレコード渋谷店、新宿店、京都店、梅田NU茶屋町店、タワーレコード オンライン

<グッズ一覧>
ペニュ × TOWER RECORDS ハンドタオル
¥600+税
ペニュ × TOWER RECORDS 缶バッジ 2 個セット
¥500+税
ペニュ × TOWER RECORDS A4 クリアファイル
¥300+税
ペニュ × TOWER RECORDS ポーチ(ミニポーチ付き)
¥2,200+税
ペニュ × TOWER RECORDS T-Shirt
[カラー]ホワイト、ブラック
[サイズ]S、M、L
各 ¥3,000+税
ペニュ × TOWER RECORDS チケットホルダー
¥1,800+税
ペニュ × TOWER RECORDS マグカップ
¥1,200+税
ペニュ × TOWER RECORDS ボトルカラビナ
¥1,000+税
ペニュ × TOWER RECORDS 蒔絵シール(ペニュ蒔絵シール、NO SUKE, NO LIFE.蒔絵シール)
各 ¥500+税

■ペニュ × TOWER RECORDS コラボグッズ特設サイト:http://tower.jp/penyu

【関連リンク】
sukekiyo、映像作品集特典にThe ZemeckisesとのコラボアニメDVDを発表
LUNA SEA主宰『LUNATIC FEST.』第一弾出演者の日程発表
DIR EN GREY、秋期ツアー『NEVER FREE FROM THE AWAKENING』開催決定

【関連アーティスト】
DIR EN GREY, sukekiyo, 京
【ジャンル】
ジャパニーズロック

cinema staff、千葉LOOK公演の模様を収めた「地下室の花」MVを公開
Wed, 27 May 2015 15:00:00 +0900
cinema staff (okmusic UP\'s)

約1年ぶりに4枚目のフルアルバム『blueprint』を4月22日に発売したcinema staff。その収録曲「地下室の花」のMV(Special Edit)が公開された。

【その他の画像】cinema staff

MVには「cinema staff 4th FULL ALBUM [blueprint] release tour “land=ocean"」の初日である千葉LOOK公演の様子を収めており、彼らの熱いパフォーマンスとオーディエンスの興奮が堪能できる。

「地下室の花」は日本テレビ「MIDNITEテレビシリーズ」のエンディングテーマ(放送作品『ARROW/アロー シーズン1』)に決定していて、5月26日(火)25時59分からオンエアスタートとなる。このタイアップを記念して、iTunes Storeでは「地下室の花」の期間限定プライスオフセールが行なわれるとのことなので、この機会にあらためて楽曲をチェックしてほしい。プライスオフセール期間は、5月26日(火)24:00〜8月4日(火)。

■「地下室の花」iTunes Store プライスオフセール
https://itunes.apple.com/jp/album/blueprint/id976500316

■「地下室の花」MV(Special Edit)
https://youtu.be/Iygi5NUqaGk

■アルバム『blueprint』

発売中
PCCA-04194/¥2,700+税
<収録曲>
01.陸にある海
02.drama
03.シャドウ
04.竹下通りクラウドサーフ
05.地下室の花
06.compass
07.exp
08.特別な朝
09.ハトガヤ・ゲットー
10.the ghost
11.孤独のルール
12.青写真

【関連リンク】
cinema staff オフィシャルHP
cinema staff、ニューアルバム特設サイトにLiSAやSAKANAMON等からのコメントを掲載
cinema staff、新曲「シャドウ」MVが“MTV EXCLUSIVE VIDEO"に決定
cinema staff、新曲「シャドウ」を今夜のツイキャス特番で先行解禁

【関連アーティスト】
cinema staff
【ジャンル】
ジャパニーズロック, テレビ(番組/CM)

台湾美少女・MINを擁する謎のエキゾチックバンド、杏窪彌(アンアミン)がデビュー
Wed, 27 May 2015 14:00:00 +0900
杏窪彌 (okmusic UP\'s)

台湾からやってきた謎の美少女ヴォーカル・MINを擁する、台北生まれ、東京育ち東洋一のネオ歌謡バンド、杏窪彌(アンアミン)が、初の全国流通盤となる1stミニアルバム『来来!!不夜城アンアミン』を7月15日にリリースすることがわかった。

【その他の画像】杏窪彌

『来来!!不夜城アンアミン』にはリード曲「不夜城アンアミン」を含め、全5曲が収録される。台湾人のMINをはじめ、メンバーの詳細が一切不明であり、突如温泉やお寺に出没し、みんなの心を奪い去るという都市伝説的な楽団がついに本格的に活動を開始した。

■ミニアルバム『来来!!不夜城アンアミン』

2015年7月15日発売
OHC-1001/¥1,500+税
<収録曲>
01.不夜城アンアミン
02.senpai
03.ひみつのみつ
04.歴史de DANCE
05.セプテンバー台湾

【関連リンク】
Superfly、アルバムリリース記念フリーライブの模様をJ-WAVEとFM802で同時生中継!
VERBAL(m-flo)とJ-WAVEがタッグを組んで次世代イノベーターを発掘
「OTODAMA 2015」第2弾出演アーティスト発表
doa、大田紳一郎(Vo&Gu)のソロツアーが決定

【関連アーティスト】
杏窪彌, MIN
【ジャンル】
ジャパニーズロック

5回目の開催となるライヴイベント「Ruby Tuesday」が大盛況のうちに終了!
Wed, 27 May 2015 13:00:00 +0900
「HOT STUFF presents Ruby Tuesday 5 supported by TUMBLING DICE」(Mrs. GREEN APPLE) (okmusic UP\'s)

ニューカマーをフィーチャーしたライブ企画「HOT STUFF presents Ruby Tuesday 5 supported by TUMBLING DICE」が5月19日、渋谷WWWで開催された。

【その他の画像】Mrs. GREEN APPLE

このイベントは、ホットスタッフがレコメンドする新人バンドと、彼らがリスペクトする先輩バンドが同じステージに立つというイベント「TUMBLING DICE〜ダイスをころがせ〜」と連動したもので、2企画ともに「ホットスタッフはロックバンドを全力で応援します」という宣言のもと昨年スタート。5回目となるこの日はMrs.GREEN APPLE、ウソツキ、vivid undress、Rei、杉恵ゆりかの5組がメインステージとラウンジエリアに交互に登場しフロアを沸かせた。

メインステージのトップバッターは男女5人組vivid undress。コーネリアスのSEから1曲目のダンスナンバー「パラレルワ」になだれ込むと、まず最初にボーカル・kiilaの伸びやかなハイトーン・ボイスが観客を引き込む。そのうえで、どっしりしたグルーヴや流麗なアンサンブルで壮大なスケールを描くなど楽曲ごとに多彩な引き出しをみせ、高い演奏力でも新人とは思えない破格さをアピール。キーボード・rioの個性派キャラが場を和ませながら、ラストは<J-POP突然変異型ROCKクインテット>と自称する彼らの代表曲になるであろう「簡単な言葉」で、バンドとしての希有な佇まいを浮き彫りにした。

ラウンジエリアではシンガー・ソングライター杉恵ゆりかが間髪入れずにキーボードでの弾き語りをスタート。「女の子はスカートの中にいろいろな思いを隠している」と語る彼女が、会場をスカートの中にたとえて、その隠された思いを透明感あふれる声で真っ直ぐに赤裸々に歌い上げる。ピリリとエッセンスを効かせた歌詞とポップに転調するメロディ、自身の芯の強さが見え隠れするバランスが実にいい。その名も「skirt」や、髪を切る心情を綴った「ジョキッ」など4曲を披露し、フロアを女の子の気持ちでいっぱいにした。

続くメインステージには、「決して嘘をつかないバンド、ウソツキです」という第一声とともに4人組ギターロック・バンド、ウソツキが登場。「新木場発、銀河鉄道」「金星人に恋をした」などタイトルにも表れているように、不思議な距離感とファンタジーやフィクションの世界漂うナンバーを次々にプレイ。さまざまな効果も奏でたギターの音色も印象的で、竹田昌和(vo&g)の文学的な歌詞に寄り添うメロディアスな曲調は、まさに王道“うたもの"バンドの真骨頂。「ピースする」の前に語られた「自分のなかにある音楽を信じてる」というMCとも相俟って、バンド名とは裏腹な誠実さを光らせていた。

ラウンジエリア2組目はRei。1曲目に披露したジョニー・ウィンターのカバー「Illustrated Woman」から自身のナンバー「BLACK BANANA」まで、そこに居合わせた全員の度肝を抜いた彼女は弱冠22歳のシンガー・ソングライター。ギターをつまびくテクニックも圧倒的な歌声もハープも、どれをとっても本物のブルースマンそのもので、1曲終える度に大歓声が飛び交う。なかでもバスドラムでキックを踏みながらの演奏は、まるでブルースバンドのステージを聴いているかのようだった。古き良きを踏襲するだけでなく、現在の彼女をとおして生み出される音楽のリアリティに、フロアも熱く沸き立った。

この日のトリを務めたのは、フックあるメロディと耳に残る歌詞で注目を集める5人組、Mrs.GREEN APPLE。勢い良くステージに現れたメンバーの姿から、ステージに立つのが楽しくて仕方がないという様子が伝わってくる。「我逢人」にはじまり、バンドとしての爆発力を発揮した「ナニヲナニヲ」、大森元貴(vo&g)がハンドマイクで聴かせた「アンゼンパイ」など続々と繰り出されるなか、新曲も披露。大きな手応えがプレイにも楽曲にもダイナミズムをもたらしているようだ。お揃いの動きをみせるなど、パフォーマンスに遊び心も加えながら本編が終了。アンコールでは、この日誕生日を迎えた藤澤涼架(key)がお祝いのタスキをかけて登場する一幕も。その後、大歓声のなかデビュー曲「StaRt」を演奏した5人。結成から約2年、凄まじい急成長ぶりをみせつけた。

全組ニューカマーでブッキングされたこのイベント。前売りチケットは1000円(ドリンク代別)という価格もあって、平日にも関わらず満員御礼の大盛況、ロック・バンドとライブハウス・シーンの熱を証明する一夜となった。

なお、次回「TUMBLING DICE3〜ダイスをころがせ〜」はアルカラ/ヒトリエ/QOOLAND/アンテナ(オープニングアクト)を迎え5月28日(木)・恵比寿リキッドルームにて。「Ruby Tuesday 6」はアンテナ/カラスは真っ白/SHE\'S/ヒグチアイを迎え7月7日(火)・新宿LOFTにて行われる。

TEXT:秋元美乃
PHOTO:板橋淳一

【関連リンク】
7年目となる『OVERHEAT』にトライセラ、清 竜人25、Mrs.GREEN APPLEが出演
Mrs. GREEN APPLE、メジャーデビューミニアルバムの詳細を解禁
Mrs. GREEN APPLE、EMI Recordsよりメジャーデビュー決定
「春の紅桃歌合戦」にてSMA所属女性アーティストによる一夜限りのコラボバンドが登場

【関連アーティスト】
Mrs. GREEN APPLE, ウソツキ, Rei, 杉恵ゆりか
【ジャンル】
イベント, ジャパニーズロック

SEKAI NO OWARI、ニューシングル「ANTI-HERO」が映画『進撃の巨人』主題歌に決定
Wed, 27 May 2015 12:30:00 +0900
SEKAI NO OWARI (okmusic UP\'s)

2015年8月1日から前篇、9月19日から後篇が全国連続公開される映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』の主題歌にSEKAI NO OWARIが決定した。

【その他の画像】SEKAI NO OWARI

2011年のメジャーデビュー以降、着実にセールスを伸ばし世代を問わず愛される人気バンドの筆頭格に成長した SEKAI NO OWARI。昨年末には紅白歌合戦に初出場、2015 年 1 月にリリースしたアルバム『Tree』は、総出荷枚数が 58 万枚を突破し、2015年 2月には日本レコード協会よりダブルプラチナを受賞。また、日本最大規模の初のスタジアムで7月18日、19日に行われる日産スタジアムでの(2 日間で約 14 万人を動員する)ワンマンライブが即日 SOLD OUT し、止まらない進化を続ける彼らの次なるアクションは、全世界累計発行部数 5000 万部という大人気漫画を原作とする、世界中から注目を集める実写映画化プロジェクトとの超大型タイアップが決定。

いまやクールジャパンの代表格として世界中に熱狂的なファンがいる「進撃の巨人」。すでに世界中から公開のオファーが殺到しているというこの映画によせて、全編英語詞で書き下ろすという新たなチャレンジで制作された新曲は、前篇「ANTI-HERO」(7月29日にリリース)、後篇「SOS」(リリース未定)の2曲。

前篇の主題歌「ANTI-HERO」は、アメリカにて gorillaz や KASABIAN のプロデューサーである Dan the Automator と、また後篇の主題歌「SOS」はロンドンにて、Sigur Ros のプロデューサーである Ken Thomas とレコーディング。アルバム『Tree』以来のリリースで、新たなステージへ踏み出す SEKAI NO OWARI の楽曲は、映画『進撃の巨人』を鮮やかに彩る。

■【SEKAI NO OWARI コメント】

■Fukase
ANTI-HERO(読み:アンタイヒーロー) 作詞:Fukase/作曲:Nakajin

今回、映画 進撃の巨人のタイアップ用に書き下ろさせて頂いたANTI-HEROという楽曲のテーマは"悪役のラブソング"です。
大切な人を守るときに、躊躇いたくない、世間の目なんか気にしたくない。という気持ちから書き始めました。

■Saori
SOS(読み:エスオーエス) 作詞:Saori/作曲:Fukase

戦いがテーマであるこの映画を見て、「誰かを守ることは自分を守ることと同じなんだ」という歌詞を書きました。映画の最後にこの曲を楽しんで頂けたら、嬉しいです。

■【三浦春馬 コメント】

SEKAI NO OWARIさんのこれまでとはまた違った世界観を持った楽曲で、「進撃の巨人」の内なるテーマが歌詞と、リズム・メロディーで絶妙に表現されています。聴けば聴くほど、不思議な魅力に取り憑かれるような中毒性のある素敵な楽曲だと感じました。

■【山内プロデューサー コメント】

「生きる」ということの絶望と希望を歌い続けるSEKAI NO OWARIしか、本作の主題歌は無いと考え、オファーさせて頂きました。彼らが皆、原作の大ファンであったことも手伝って、快諾頂きました。

早い段階でメンバー全員に映像を観てもらい、前編、後編共に進撃らしい「企み」のある、素晴らしい楽曲を作っていただきました。

既存の映像という「壁」を破壊する映画「進撃の巨人」と、既存の音楽という「壁」を破壊するセカオワの楽曲のコラボレーション、是非ご期待ください。

■シングル「ANTI-HERO」

2015年7月29日(水)発売
【初回限定盤A】(CD+DVD)
TFCC-89562/¥1,800+税
<収録曲>
1.ANTI-HERO
(作詞:Fukase 作曲:Nakajin 編曲:SEKAI NO OWARI、Dan the Automator)
2.Home
(作詞:Fukase 作曲:Nakajin 編曲:SEKAI NO OWARI)
3.ムーンライトステーション remixed by Dux Content
<DVD収録内容>
ANTI-HERO Music Vide+メイキング映像

【初回限定盤B】(CD+DVD)
TFCC-89563/¥1,800+税
<収録曲>
1.ANTI-HERO
(作詞:Fukase 作曲:Nakajin 編曲:SEKAI NO OWARI、Dan the Automator)
2.Home
(作詞:Fukase 作曲:Nakajin 編曲:SEKAI NO OWARI)
3.ムーンライトステーション remixed by Dux Content
<DVD収録内容>
TOKYO FANTASY@富士急ハイランド?2014.10.4 Selected Live DVD(4曲収録予定)

【通常盤】(CD)
TFCC-89564/¥1,200+税
<収録曲>
1.ANTI-HERO
(作詞:Fukase 作曲:Nakajin 編曲:SEKAI NO OWARI、Dan the Automator)
2.Home
(作詞:Fukase 作曲:Nakajin 編曲:SEKAI NO OWARI)
3.ムーンライトステーション remixed by Dux Content
※初回生産分には、「謎のDVD」が当たるスクラッチカード封入

【関連リンク】
SEKAI NO OWARI オフィシャルHP
SEKAI NO OWARI、日産スタジアムライブ2015 公演タイトル決定&公演特設サイトもオープン
セカオワが「レコチョクアワード 月間最優秀楽曲賞 1月度」2部門で首位!
SEKAI NO OWARIが東京と大阪でフリーライブを開催

【関連アーティスト】
SEKAI NO OWARI
【ジャンル】
ジャパニーズロック, 映画

ももいろクローバーZとKISSがショートフィルム特別賞を受賞
Wed, 27 May 2015 12:00:00 +0900
ももいろクローバーZ vs KISS (okmusic UP\'s)

俳優の別所哲也が代表を務める米国アカデミー賞公認、アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア 2015(SSFF & ASIA)」が、「ショートフィルムの日」(日本記念日協会認定)の6月4日(木)から開催! 今回、ショートフィルムを通じて、メディアや映像業界に特別な貢献をした作品、人物に贈られる「特別賞」を、異色のコラボレーションで話題となったももいろクローバーZ vs KISS「夢の浮世に咲いてみな」が受賞した。

【その他の画像】ももいろクローバーZ

親日家としても知られるKISSのメンバーが浮世絵に興味を持ち、それぞれの自画像を浮世絵で展開するなどしている中、偶然にもももクロの楽曲が浮世絵をテーマにしていたことから実現したコラボレーション。MVが発表されるやいなや、海外のKISSファンからも大反響を呼んだ。日本の伝統文化を接点に、アメリカのロックバンドと日本のアイドルが奇跡的に出会い、共鳴し、世界を繋いだこの作品は、映像が持つ可能性を示してくれる画期的な作品と言える。

この受賞を受けて、ももいろクローバーZとKISSから喜びのコメントが到着。メッセージ動画は「SSFF & ASIA 2015」オフィシャルHPで公開されている。

【ももいろクローバーZ コメント】
この作品は、あの伝説的ロックバンドKISSさんとコラボレーションさせていただいた曲で、私たちとKISSさんとのバトルがアニメの世界から浮世絵の世界で繰り広げられる、とても気合いの入った作品になっています。海外でもこうして日本文化を発信することができてとてもうれしいです。KISSさんも多分(この受賞を)喜んでると思います(笑)。KISSさんとのコラボレーションで私たちの世界感もより広くなったと思います。今後も色々と挑戦していければうれしいです。

【KISS コメント】
ようみんな! ショートショートフィルムフェスティバル&アジアでの受賞、まじでありがとよ! そしてももクロとのコラボも誇りに思っている。我々の知らなかった日本の文化、例えば「浮世絵」についても知ったし、それをロックと融合して特別なものを作った。それがナンバーワンソングにもなり、すごいミュージックビデオも作った。参加してくれたみんなに感謝だよ。浮世絵は最高だ。参加するすべてのフィルムメイカーに幸運を祈る。東京で映画祭をエンジョイしてくれ!

■ももいろクローバーZ、KISS コメント URL
http://www.shortshorts.org/2015/ja/competition_award/award.php

■【ももいろクローバーZ コメント】
http://youtu.be/i_DcEVmEQ00

■【KISS コメント】
http://youtu.be/j_nNRT_V1mY

■「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア 2015」

開催期間:6月04日(木)〜6月15日(月)
上映会場:
<東京>表参道ヒルズ スペース オー、ラフォーレミュージアム原宿、シダックス カルチャーホール、iTSCOM STUDIO & HALL 二子玉川ライズ
<横浜>ブリリア ショートショート シアター
主催:ショートショート実行委員会、ショートショート アジア実行委員会
料金:東京会場、横浜会場ともに無料上映。
※一部、有料イベントあり

■「SSFF & ASIA 2015」オフィシャルHP
http://www.shortshorts.org/

【関連リンク】
TVアニメ「じょしらく」BD BOXに新録漫画やキャラソンCDなど付属
「イナズマロック フェス 2015」雷神ステージに[Alexandros]が登場!
アニサマ2015の第1弾出演アーティストが発表に
電車でイチャラブなカップルを見てイラつく心に効く曲

【関連アーティスト】
ももいろクローバーZ, KISS
【ジャンル】
イベント, 女性アイドル, ロック/ブルース(洋楽)

BRADIO、ちょっぴりエッチな夏ソングMV完成!
Wed, 27 May 2015 11:00:00 +0900
MV「スパイシーマドンナ」 (okmusic UP\'s)

6月3日にリリースされるBRADIOの1stフルアルバム『POWER OF LIFE』より、リードトラック「スパイシーマドンナ」のMVが完成した。

【その他の画像】BRADIO

海辺のトレーラーハウスで昨夜の騒ぎを何一つ覚えておらずに倒れているBRADIOメンバーと、なぜかタヒチダンサーたち。音楽が流れ、真っ赤なアメ車、ミラーボール、お酒、プール、そして水着の女の子たちと過ごした昨夜の出来事が、MVではフラッシュバックしていく。

サビは思わず口ずさみたくなるフレーズで、今年の夏ソング間違いなし! 水曜日のカンパネラなどを手がける“お客様を得点圏まで送ることをミッションに掲げるクリエイティブカンパニー”おくりバントの小沼朋治が監督・制作を手がけ、随所に心踊る映像が満載となっている。

アルバムリリース後には、全国ツアーを実施。また、9月からスタートする全5都市のワンマンライヴのオフィシャルHP先行が6月3日(水)〜10日(水)となっている。

■「スパイシーマドンナ」MV
https://youtu.be/GSxImIh-Qro

■アルバム『POWER OF LIFE』

2015年6月3日発売
【初回盤・店舗販売限定】(CD+DVD)
HRME-1004/¥2,800+税
【通常盤】(CDのみ)
HRME-1005/¥2,500+税
<収録曲>
01.FUNKASISTA
02.Flyers
03.真っ赤なカーチェイス
04.Sunday feat.MICRO(from HOME MADE 家族)
05.Chocolate Flavor
06.Flash Light Baby
07.オトナHIT PARADE
08.シークレットコード
09.スパイシーマドンナ
10.腰振る夜は君のせい
11.You Make Me Feel Brand New
12.Ride On Time feat.谷川正憲(from UNCHAIN)
<DVD>※初回盤のみ
■PV
01.Golden Liar(Director\'s Cut)
02.Overnight Superstar
03.オトナHIT PARADE
04.Step In Time(full ver.)
05.Flyers
■LIVE
01.ハートビートを打ち鳴らせ(大人達よ、遊べ〜HIT PARADE TOUR〜)
02.Overnight Superstar(大人達よ、遊べ〜HIT PARADE TOUR〜)
03.Abracadabra(FUNKY PARTY ONE MAN TOUR〜ようこそどうぞはじめまして〜)

◎アルバム購入者特典(初回・通常盤共通)
・タワーレコード:2015年2月13日に放送したニコニコ生放送「ニコもヒッパレ!vol.2」OA映像DVD
・TSUTAYA:東京・名古屋・大阪の名所で撮影した記念ポストカード1枚(ランダム)
・ヴィレッジヴァンガード:「感情リテラシー」ライヴ映像(from 2015年4月8日開催「FUNKY PARTY ONE MAN TOUR〜ようこそどうぞはじめまして〜」)
・HMV、新星堂:『POWER OF LIFE』のポスター

■「POWER OF LIFE〜ファンカジスタ"増殖"ツアー 2015〜」

6月06日(土) 新潟 CLUB RIVERST
6月07日(日) 群馬 高崎club FLEEZ
6月12日(金) 島根 松江AZTiC canova
6月13日(土) 島根 島根県立大学出雲キャンパスつぶわき祭
6月17日(水) 長野 JUNK BOX
6月18日(木) 石川 金沢vanvanV4
6月20日(土) 富山 ソウルパワー
6月24日(水) 東京 下北沢LIVE HOLIC
7月01日(水) 香川 高松DIME
7月03日(土) 兵庫 神戸 太陽と虎
7月04日(土) 大阪 見放題
7月05日(日) 愛媛 Double-u studio
7月07日(火) 福岡 Queblick
7月08日(水) 長崎 STUDIO DO!
7月09日(木) 大分 club SPOT
7月18日(土) 千葉 LOOK
7月20日(月) 新潟 RIVERST
7月29日(水) 栃木 宇都宮 HEAVEN\'S ROCK
8月22日(土) 岡山 IMAGE
8月23日(日) 大阪 梅田QUATTRO

■「POWER OF LIFE〜ファンカジスタツアー2015〜」(ワンマン)

9月11日(金) 大阪 梅田Shangri-La
9月13日(日) 福岡 Queblick
9月19日(土) 新潟 CLUB RIVERST
10月03日(土) 愛知 名古屋APOLLO BASE
10月16日(金) 東京 恵比寿LIQUIDROOM

【関連リンク】
BRADIO オフィシャルHP
BRADIO、タワレコにてニューアルバム先行試聴&旧譜キャンペーンがスタート
BRADIO、待望のアメリカ公演&全英詞楽曲の世界配信リリースが決定
BRADIO、1stフルアルバム初回盤に全MV&ライブ映像を収録

【関連アーティスト】
BRADIO
【ジャンル】
ジャパニーズロック

GLAY、メジャーデビュー日にZepp Tokyoでプレミアムライヴを実施
Wed, 27 May 2015 00:00:00 +0900
5月25日@Zepp Tokyo (okmusic UP\'s)

5月25日のメジャーデビュー日にニューシングル「HEROES/微熱(A)girlサマー/つづれ織り〜so far and yet so close〜」をリリースしたGLAYが、リリース当日にZepp Tokyoでニューシングル購入者を対象とした『NEW SINGLE「HEROES/微熱(A)girlサマー/つづれ織り〜so far and yet so close〜」presents東京ドーム前夜祭〜微熱?girl Tokyo〜』を開催し、2,700名を動員した。

【その他の画像】GLAY

ひさびさのライヴハウスでのプレミアム公演。開場中からファンの熱気に包まれる中、ライヴがスタートした。オープニングMCでTERUが“本日デビュー21年を迎えました。GLAYを結成してもう27、8年になります”と本日のデビュー日について触れると、“俺が一番のGLAYファンだから”とTAKUROが話し、会場を沸かせた。立て続けに定番曲や最新アルバムに収録される楽曲など新旧織り交ぜたアッパーなロックナンバーを披露し、集まった観客を圧倒していく。“最高です! このノリでドーム行きたいね! ドームでも盛り上がろうぜ!”と週末に控えた10年ぶりの東京ドーム公演の成功を誓い、本編が終了。

アンコールでは、翌日誕生日を迎えるTAKUROを祝して、ファンからサプライズの「HAPPY BIRTHDAY」の合唱が起こると、TAKUROが登場。“盛大なアンコールと素敵な歌声をありがとうございます。冒頭にも話しましたが俺が一番のGLAYファンなので、バースデイを迎えたGLAYにも歌ってもらって良いですか?”と話すと、GLAYの21年目のバースデイを祝ってファンが再度合唱し、メンバー全員が登場。そして、アンコールの3曲を披露し、GLAYのデビュー日とニューシングルの発売を記念したプレミアムライヴは終了した。

GLAYは来る5月30日(土)、31日(日)に10年ぶりの東京ドーム公演「20th Anniversary Final GLAY in TOKYO DOME 2015 Miracle Music Hunt Forever」を開催する。

■「20th Anniversary Final GLAY in TOKYO DOME 2015 Miracle Music Hunt Forever」

5月30日(土) 東京 東京ドーム
5月31日(日) 東京 東京ドーム

【関連リンク】
GLAY、10年振り“約束の”東京ドーム公演をラジオ生中継
GLAY、新曲「HEROES」MV解禁&Yahoo!との連動企画スタート
LUNA SEA主宰『LUNATIC FEST.』第一弾出演者の日程発表
GLAY、東京ドーム公演2日間チケット即完売! 5月25日(月)には限定ライヴを開催!

【関連アーティスト】
GLAY
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

美少女×戦車RPG『しんぐんデストロ〜イ』、イメージソング発売記念イベント開催
Wed, 27 May 2015 00:00:00 +0900
『しんぐんデストロ〜イ!』 ?BANDAI NAMCO Entertainment Inc.(okmusic UP\'s)

2015年5月27日、6月6日に美少女育成・戦車強化RPGスマホアプリ『しんぐんデストロ〜イ!』のイメージソング発売記念イベントが行われることが決定した。

バンダイナムコエンターテインメントが提供する、美少女育成・戦車強化RPGスマートフォン・アプリ『しんぐんデストロ〜イ!』。
ストーリーの中で主人公“大山 咲”役を演じる人気声優“郁原ゆう”が歌う『しんぐんデストロ〜イ!』イメージソング『指先からはじまる物語』が、いよいよ本日リリースとなる。

そしてこの度、『しんぐんデストロ〜イ!』イメージソング発売を記念したイベントの開催が決定した。
5月27日にゲーマーズAKIHABARA本店1Fで郁原ゆうによる握手会実施、そして6月6日にアニメイトpresents、とらのあな presentsのイベントで郁原ゆうのミニライブ&握手会が実施される。
CD『しんぐんデストロ〜イ!』イメージソング「指先からはじまる物語」を参加券配布対象の店舗にて、予約(全額内金)もしくは購入の方に先着でイベント参加券が渡されるとのことなので、お見逃しなく。
(※イベント参加券は無くなり次第終了。)

また、4作連続リリースが決定しているキャラクターソングのVol.1、Vol.2の発売が6月24日に決定。
Vol.1は大山咲(CV.郁原ゆう)、西園寺馨(CV.長谷川歩美)、Vol.2には乃木坂美璃(CV.平山笑美)、山本里紗(CV.津久井彩文)が参加しており、ソロのキャラクターソングに加えて、それぞれの楽曲のインストゥルメンタル+ミニドラマを収録予定。
CD購入特典としてアプリ内で利用できるURカード用シリアルコード封入する予定とのこと。
こちらもお楽しみに!

■≪発売記念イベント概要≫

■『しんぐんデストロ〜イ!』イメージソング発売記念イベント
【開催日時】5月27日(水)開場18:45/開演19:00
【開催場所】ゲーマーズAKIHABARA本店1F
【内容】握手会
(www.anibro.jp/event/18609/)

■アニメイト presents 【しんぐんデストロ〜イ!】イメージソング『郁原ゆう/指先からはじまる物語』発売記念イベント
【開催日時】6月6日(土)開場12:45/開演13:00
【開催場所】東京オペラシティ52Fイベントスペース
【内容】ミニライブ&握手会
(www.animate.co.jp/event/event_e20150606shingun/)

■とらのあな presents 【しんぐんデストロ〜イ!】イメージソング『郁原ゆう/指先からはじまる物語』発売記念イベント
【開催日時】6月6日(土)開場14:45/開演15:00
【開催場所】東京オペラシティ52Fイベントスペース
【内容】ミニライブ&握手会
(www.toranoana.jp/info/media/150606_shingun/index.html)

■≪『しんぐんデストロ〜イ!』イメージソング作品情報≫

【アーティスト】郁原ゆう
【タイトル】「しんぐんデストロ〜イ!」イメージソング「指先からはじまる物語」
【発売日】2015年5月27日(水)
【収録内容】
M-01. 指先からはじまる物語
M-02. 恋のパンツァーカイル
M-03. 指先からはじまる物語(Instrumental)
M-04. 恋のパンツァーカイル(Instrumental)

■≪『しんぐんデストロ〜イ!』キャラクターソング作品情報≫

※Vol.1、Vol.2共に収録曲が変更となる可能性がございます。
【アーティスト】大山咲(CV.郁原ゆう)、西園寺馨(CV.長谷川歩美)
【タイトル】『しんぐんデストロ〜イ!』キャラクターソングVol.1
【発売日】2015年6月24日(水)
【収録内容】
M-01.いくよ☆デストロ〜イ!/大山咲(CV.郁原ゆう)
M-02. Take it destiny/西園寺馨(CV.長谷川歩美)
+各楽曲のインストゥルメンタル+ミニドラマ収録予定
【価格】\1,500(税抜)/\1,620(税込)


【アーティスト】乃木坂美璃(CV.平山笑美)、山本里紗(CV.津久井彩文)
【タイトル】『しんぐんデストロ〜イ!』キャラクターソングVol.2
【発売日】2015年6月24日(水)
【収録内容】
M-01. 乃木坂ッツ☆魂/乃木坂美璃(CV.平山笑美)
M-02. 革命のメロディー♪/山本里紗(CV.津久井彩文)
+各楽曲のインストゥルメンタル+ミニドラマ収録予定
【価格】\1,500(税抜)/\1,620(税込)

【関連アーティスト】

【ジャンル】
声優













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1