歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2015年05月07日)
バックナンバー
最新ニュース
2015/05/16
2015/05/15
2015/05/14
2015/05/13
2015/05/12
2015/05/11
2015/05/10
2015/05/09
2015/05/08
2015/05/07
2015/05/06
2015/05/05
2015/05/04
2015/05/03
2015/05/02
2015/05/01
2015/04/30
2015/04/29
2015/04/28
2015/04/27
2015/04/26
2015/04/25
2015/04/24
2015/04/23
2015/04/22
2015/04/21
2015/04/20
2015/04/19
2015/04/18
2015/04/17
2015/04/16
2015/04/15
2015/04/14
2015/04/13
2015/04/12
2015/04/11
2015/04/10
2015/04/09
2015/04/08
2015/04/07
2015/04/06
2015/04/05
2015/04/04
2015/04/03
2015/04/02
2015/04/01
2015/03/31
2015/03/30
2015/03/29
2015/03/28
2015/03/27
2015/03/26
2015/03/25
2015/03/24
2015/03/23
2015/03/22
2015/03/21
2015/03/20
2015/03/19
2015/03/18
2015/03/17
2015/03/16
2015/03/15
2015/03/14
2015/03/13
2015/03/12
2015/03/11
2015/03/10
2015/03/09
2015/03/08
2015/03/07
2015/03/06
2015/03/05
2015/03/04
2015/03/03
2015/03/02
2015/03/01
2015/02/28
2015/02/27
2015/02/26
2015/02/25
2015/02/24
2015/02/23
2015/02/22
2015/02/21
2015/02/20
2015/02/19
2015/02/18
2015/02/17
2015/02/16
2015/02/15
2015/02/14
2015/02/13
2015/02/12
2015/02/11
2015/02/10
2015/02/09
2015/02/08
2015/02/07
2015/02/06
2015/02/05
2015/02/04
2015/02/03
2015/02/02
2015/02/01
2015/01/31
2015/01/30
2015/01/29
2015/01/28
2015/01/27
2015/01/26
2015/01/25
2015/01/24
2015/01/23
2015/01/22
2015/01/21
2015/01/20
2015/01/19
2015/01/18
2015/01/17
2015/01/16
2015/01/15
2015/01/14
2015/01/13
2015/01/12
2015/01/11
2015/01/10
2015/01/09
2015/01/08
2015/01/07
2015/01/06
2015/01/05
2015/01/04
2015/01/03
2015/01/02
2015/01/01
2014/12/31
2014/12/30
2014/12/29
2014/12/28
2014/12/27
2014/12/26
2014/12/25
2014/12/24
2014/12/23
2014/12/22
2014/12/21
2014/12/20
2014/12/19
2014/12/18
2014/12/17
2014/12/16
2014/12/15
2014/12/14
2014/12/13
2014/12/12
2014/12/11
2014/12/10
2014/12/09
2014/12/08
2014/12/07
2014/12/06
2014/12/05
2014/12/04
2014/12/03
2014/12/02
2014/12/01
2014/11/30
2014/11/29
2014/11/28
2014/11/27
2014/11/26
2014/11/25
2014/11/24
2014/11/23
2014/11/22
2014/11/21
2014/11/20
2014/11/19
2014/11/18
2014/11/17
2014/11/16
2014/11/15
2014/11/14
2014/11/13
2014/11/12
2014/11/11
2014/11/10
2014/11/09
2014/11/08
2014/11/07
2014/11/06
2014/11/05
2014/11/04
2014/11/03
2014/11/02
2014/11/01
2014/10/31
2014/10/30
2014/10/29
2014/10/28
2014/10/27
2014/10/26
2014/10/25
2014/10/24
2014/10/23
2014/10/22
2014/10/21
2014/10/20
2014/10/19
2014/10/18
2014/10/17
2014/10/16
2014/10/15
2014/10/14
2014/10/13
2014/10/12
2014/10/11
2014/10/10
2014/10/09
2014/10/08
2014/10/07
2014/10/06
2014/10/05
2014/10/04
2014/10/03
2014/10/02
2014/10/01
2014/09/30
2014/09/29
2014/09/28
2014/09/27
2014/09/26
2014/09/25
2014/09/24
2014/09/23
2014/09/22
2014/09/21
2014/09/20
2014/09/19
2014/09/18
2014/09/17
2014/09/16
2014/09/15
2014/09/14
2014/09/13
2014/09/12
2014/09/11
2014/09/10
2014/09/09
2014/09/08
2014/09/07
2014/09/06
2014/09/05
2014/09/04
2014/09/03
2014/09/02
2014/09/01
2014/08/31
2014/08/30
2014/08/29
2014/08/28
2014/08/27
2014/08/26
2014/08/25
2014/08/24
2014/08/23
2014/08/22
2014/08/21
2014/08/20
2014/08/19
2014/08/18
2014/08/17
2014/08/16
2014/08/15
2014/08/14
2014/08/13
2014/08/12
2014/08/11
2014/08/10
2014/08/09
2014/08/08
2014/08/07
2014/08/06
2014/08/05
2014/08/04
2014/08/03
2014/08/02
2014/08/01
2014/07/31
2014/07/30
2014/07/29
2014/07/28
2014/07/27
2014/07/26
2014/07/25
2014/07/24
2014/07/23
2014/07/22
2014/07/21
2014/07/20
2014/07/19
2014/07/18
2014/07/17
2014/07/16
2014/07/15
2014/07/14
2014/07/13
2014/07/12
2014/07/11
2014/07/10
2014/07/09
2014/07/08
2014/07/07
2014/07/06
2014/07/05
2014/07/04
2014/07/03
2014/07/02
2014/07/01
2014/06/30
2014/06/29
2014/06/28
2014/06/27
2014/06/26
2014/06/25
2014/06/24
2014/06/23
2014/06/22
2014/06/21
2014/06/20
2014/06/19
2014/06/18
2014/06/17
2014/06/16
2014/06/15
2014/06/14
2014/06/13
2014/06/12
2014/06/11
2014/06/10
2014/06/09
2014/06/08
2014/06/07
2014/06/06
2014/06/05
2014/06/04
2014/06/03
2014/06/02
2014/06/01
2014/05/31
2014/05/30
2014/05/29
2014/05/28
2014/05/27
2014/05/26
2014/05/25
2014/05/24
2014/05/23
2014/05/22
2014/05/21
2014/05/20
2014/05/19
2014/05/18
2014/05/17
2014/05/16
2014/05/15
J、春季ツアー最終日に10作目のアルバム発表と9月の再会を公約
Thu, 07 May 2015 18:00:00 +0900
5月6日@東京・六本木EX THEATER (okmusic UP\'s)

大型連休の最終日にあたる5月6日、Jが自己初となる東京・六本木EX THEATERでの公演を大盛況のうちに終了させた。

【その他の画像】J

これは『J 2015 SPRING TOUR−ZERO−』と銘打ちながら大阪、名古屋、仙台の各地を巡演してきた春季ショートツアーの最終公演で、Jソロライヴとしては、実に昨年末以来となるもの。熱いライヴには定評のある彼だが、飢餓感を募らせてきたオーディエンスもまた、ステージから放たれる熱に負けない熱気で応えていた。

この夜も相変わらず熱くてエネルギーに満ちたJがそこにいた。が、ステージ上の風景には明らかな違いがあった。1997年当時から彼を支えてきたギタリストの藤田タカシが、昨年末を持って勇退。その後任として、ステージ下手側に仁王立ちしていたのは、2005年から2009年にかけて藤田とギタータッグを組んでいたmasasucks(the HIATUS、FULLSCRATCH)だった。かつてフランツ・ストールの後任として迎えられた当時も、まるで何年も前からメンバーだったかのような自然さでその場に溶け込んでいた彼だが、そうしたナチュラルさについては今回も同様。上手側でギターを掻き鳴らす“ごっちん"こと溝口和紀とのコンビネーションは絶妙だし、スコット・ギャレットのドラミングの強靭さについても当然ながら言うまでもない。顔ぶれは変わろうとも、相変わらずこのバンドには他とは比べようのない強力さがある。

ステージは、過去18年の間に生まれてきたさまざまなキラーチューンを盛り込みながら進んでいったが、中盤に披露されたふたつの新曲の切れ味が素晴らしかったことが、新たな“皆殺しチューン"の誕生を予感させた。

というのも、Jは現在ニューアルバムの制作中で、すでに自身のパート以外については録音が完了しているのだという。「3人は終了。あとは俺待ち」と語って笑いを誘っていたが、ソロ名義の作品としては通算10作目のオリジナルアルバムにあたるこの新作に対し、レコーディングを「慎重に、大胆に」進めているという言葉がとても印象的だった。

そして、9月には約2年振りとなる全国ツアーが組まれていることも明かし、それまでにかならずアルバムを届けると公約して、フロアを歓喜させた。

この6月に開催を控えている『LUNATIC FEST.』も、本年度最大級の話題を集めている昨今だが、その先に描かれている未来図のあり方にも大いに注目したいところだ。

文:増田勇一

■『J LIVE TOUR 2015 - Live On Instinct -』

9月05日(土)仙台Rensa
9月06日(日)新潟LOTS
9月12日(土)高松DIME
9月13日(日)広島CAVE-BE
9月19日(土)福岡DRUM Be-1
9月20日(日)福岡DRUM Be-1
9月23日(水・祝)札幌cube garden
9月26日(土)金沢AZ
9月27日(日)長野CLUB JUNK BOX
10月03日(土)名古屋BOTTOMLINE
10月04日(日)梅田CLUB QUATTRO
10月10日(土)赤坂BLITZ

【関連リンク】
J オフィシャルHP
Jが2015シーズンの浦和レッズ関連番組タイアップ・アーティストに決定!
Jのアコースティックプロジェクト「Dessert Flame Frequency」が6月に再始動
J、灼熱の赤坂BLITZ 5daysが自身によるワンマンライブで閉幕

【関連アーティスト】
J
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

Charの原点!世代問わずギターキッズ必聴の1stアルバム『Char』 
Thu, 07 May 2015 18:00:00 +0900
『Char』のジャケット画像 (okmusic UP\'s)

日本が誇るスーパーギタリスト、Charは今年の6月16日に60歳の誕生日を迎え、その前日の6月15日に日本武道館でライヴを行なう。先駆けて5月22日にリリースされる10年振りのオリジナルアルバム『ROCK+』は泉谷しげる、佐橋佳幸、布袋寅泰、ムッシュかまやつ、石田長生、奥田民生、松任谷由実、JESSE、佐藤タイジ、福山雅治、宮藤官九郎、山崎まさよしの12人をソングライター、プロデューサーに迎えたアニヴァーサリーに相応しい豪華な内容となっているが、そんなCharの原点であり、クォリティーの高さ、洗練されたセンスに驚かされるのが1976年に発表されたデビューアルバム『Char』である。中学時代からスタジオミュージシャンの仕事に関わり、天才少年と言われていたCharだが、その答えはこのアルバムの中にある。世代問わずギターキッズ必聴の名盤だ。

■怖れ知らずのチャレンジ精神とクールな頭脳で自ら道を切り開いてきたChar

 小学生の時からバンドを組んで活動していたCharは数々のバンドを経て、17歳の時に鳴瀬喜博、佐藤準、藤井章司、金子マリと伝説のスモーキー・メディスンを結成。シーンの話題を集めるが、バンドは長くは続かず、Charはソロのためのメンバーを探すために単身、渡米。1976年の6月にシングル「NAVY BLUE」でデビューを果たし、同年の9月にアルバム『Char』をリリースする。
 個人的な思い出になるが、学校の中で「大田区からすごいギタリストが出てきたらしい」と男子の間で噂になっていたことだけはハッキリ覚えている。携帯もなければ、PCもなければ、音楽雑誌だって数えるほどしか出版されていなかった時代だ。今なら天才ギタリストの出現はSNSで、あっと言う間に拡散するだろうが、東京都の中とはいえ、1970年代にそういう噂がかけ巡るのが、どれほどすごいことかーー。それからしばらくして、レコードショップでアルバム『Char』を手にとって「この人が!?」と驚いた。そのジャケットは超絶ギタリストにも関わらず、ギターと映っていないではないか。しかも、素肌に真っ白なスーツ。毎日、シャンパンとか飲んでいそうだ。日本のロックと言えばどこか垢抜けなかったり、サイケデリックだったりするジャケットが多かった中、オシャレというか、スタイリッシュなジャケットは思春期女子には衝撃的だった。
 アルバムの中身には後ほど触れるが、卓越したギターのスキルで男子の心を鷲掴みにし、スターのキラキラしたオーラで女子もときめかせたCharは翌年、1977年に阿久悠が作詞を手がけた「気絶するほど悩ましい」で歌謡シーンに飛びこみ、「逆光線」、「闘牛士」など数々のヒット曲を放ち、世良公則&ツイスト、原田真二と共に“ロック御三家”と呼ばれ、瞬く間に“時の人”となる。当時は今より歌謡界とロック界の境目がハッキリしていたため、アイドル的人気への批判もあったかもしれないが、バラエティー番組に出ても、音楽番組に出ても、Charはやんちゃで尖っていてブラウン管からはみ出す規格外の存在だったと記憶している。そして、何よりロックに触れる機会がなかった小学生や中学生がTVを通してCharのギターに出逢うことになったのは大きい。その後、ルイズルイス加部(Ba)やジョニー吉長(Dr)とJONNIE,LOUIS&CHAR〜PINK CLOUDを結成し、スーパー3ピースバンドとして活躍、自身のレーベル『江戸屋Record』を設立するなど、そのヒストリーはとても書き切れないが、怖れ知らずのチャレンジ精神とクールな頭脳を合わせ持ち、自らの道を切り開いてきたその生き方は、サムライ・ギタリストの名に相応しい。余談だが、最新のアーティスト写真もギターこそ持っているものの、まったくブレずにスタイリッシュである。

■アルバム『Char』

 ファンク、ソウルのブラック・ミュージックを洗練されたスタイルで昇華させた1曲目「SHININ\' YOU, SHININ\' DAY」からしてほとばしる才能を感じさせるアルバム。この曲の流れるようなメロディアスなギターソロを聴いただけでもCharが尋常じゃない才能の持ち主だということが一発で伝わるはずだ。しかもヴォーカルに色気があり、アレンジメントが完璧である。
 「SHININ\' YOU, SHININ\' DAY」とCharを象徴すると言っても過言ではない「SMOKY」は名曲中の名曲で、ムスタングを弾き倒しているソロも神がかっているし、ロックの熱さと洗練されたクールネスが融合したサウンド、グルーブは20歳過ぎにして、誰もマネできない境地に到達している。Charの音楽に触れるたびに思うことは歌メロだけでなく、ギターのフレーズも口ずさみたくなるぐらいに歌っていることだが、この曲もまさにそう。キメの部分や、ギターの刻みまで口マネしたくなるほどである。これらの曲は先ほど触れたJONNY LOUISE& CHAR、PINK KLOUDと間違いなく地続きにあり、そういう意味でもCharの原点。日本語の歌詞のデビューシングル「NABY BLUE」や「空模様のかげんが悪くなる前に」などの甘い声質をフィーチャーしたウエットなナンバーも歌えるアーティストだからこそ、その後の大ブレイクにつながったのだろうし、いろいろな意味でCharはここから開花したと言えるだろう。ロック、ファンク、ジャズ、フュージョン、歌謡曲のエッセンスをブレンドさせたその手腕、センスに脱帽の一枚でもある。

【関連アーティスト】
Char, PINK CLOUD
【ジャンル】


昭和の雰囲気漂う喫茶店に似合う曲
Thu, 07 May 2015 18:00:00 +0900
佐藤直紀「『ALWAYS 3丁目の夕日』サウンドトラック」のジャケット画像 (okmusic UP\'s)

ミュージックソムリエ協会では、「こんな時に聴きたい音楽!」ということで、日常のヒトコマで、ふっと聴きたい音楽を選曲しました。選曲はすべて、ミュージックソムリエ(http://musicsommelier.jp)によるもの。
元号が平成に代わって早27年。それでもまだある「うわー昭和だわ」と思うような喫茶店。そうです。カフェではなく、喫茶店。そんな昭和を守り抜くお店に似合う曲を選びました。


■1.「蘇州夜曲」/アン・サリー
https://www.youtube.com/watch?v=bggdf-xi4Tk

「昭和の雰囲気」で真っ先に浮かんだのは「蘇州夜曲」。
西條八十作詞、服部良一作曲の歌謡曲で、李香蘭主演の映画「支那の夜」(1940年(昭和15年))の劇中歌として発表された名曲です。
オリジナルの李香蘭ヴァージョンも素敵なのですが、今回はアン・サリーヴァージョンをご紹介します。本業は医師という異色の経歴を持った歌手で、美しい発音、柔らかく包み込まれるような歌声が、美しいメロディと抒情的な歌詞に合い、聴いていて何とも心地好いです。
ゆったりとした時間が流れる「昭和の雰囲気の漂う喫茶店」には、まさにお似合いの曲ではないでしょうか。
(選曲・文/コーリス)

■2.「アルハンブラの思い出」/ナルシソ・イエペス
https://youtu.be/BIvhokk6BpM

午後の疲れを癒しに入る、古い喫茶店には灼熱の夕暮れ時の、気だるい時間を感じさせるような曲が似合うのではないでしょうか。
ギターの旋律に身を委ね、一日の残された時間を思いながら寛ぎたいですね。ギターの演奏は、映画【太陽がいっぱい】のサントラでお馴染みの、ナルシソ・イエペス氏です。

私がかつてアルハンブラ宮殿を訪れた時、この宮殿の日陰で、素晴らしい庭とメスキータを眺めながらお茶を飲んで寛げたら、どんなに素敵な時間だろうかと思いました。
この曲には、立ち止まって思いを馳せる時間がよく似合います。
私たちにアルハンブラ宮殿のような素晴らしい宮殿はなくとも、それぞれの家や生活に思いを馳せたり、本の中の主人公の気分になったり。
レトロな喫茶店で過ごす時間に、こんなギターの音色はいかがでしょうか。

(選曲・文/宮川桃子)

■3.「サンシャイン日本海」/Negicco
https://www.youtube.com/watch?v=4gHbnS1QcIA

今回選曲したのは、2014年に発表された新潟のアイドルグループ・Negiccoが7月に発表したシングル。彼女たちのデビューは2003年、ここ最近注目度がグンと上がっていますがそこまで到達するのにかなりの苦労を重ねています。
先日12年ぶりのMJ出演で、同じ3人組のPerfumeとの再会も話題になりましたね。5月5日には、ついに新潟のホールで単独公演が実現、更なる飛躍が期待される、彼女たちのこの曲は昨年7月に発表された、シングル曲になります。
作曲はORIGINAL LOVEの田島貴男。田島さんと言えば、1990年代前半の渋谷系で名前が挙がる機会が多い方ですが、この曲はそれよりも前のイメージがあります。ゆったりとした曲調、上手すぎない3人の歌唱とハーモニー、そして何よりフィルム撮影のPVと映し出されるメンバーの表情。そこには、昔懐かしい昭和の雰囲気がその時代以上に漂っているような気にもなります。昭和の雰囲気が漂う喫茶店に流れるのは、当然昭和の曲がメインになると思われますが、2014年に発表されたこの曲が混じっていても違和感はないように感じますね。
(選曲・文/Kersee)

■4.「『ALWAYS 3丁目の夕日』サウンドトラック」/佐藤直紀
https://www.youtube.com/watch?v=F9W32hnpU00

映画「海猿」や、ドラマ「ハゲタカ」(NHK)等の音楽を手がけた作曲家の佐藤直紀が、映画「ALWAY 3丁目の夕日」にて、昭和のノスタルジックあふれる楽曲で構成したサウンドトラックです。
東京タワー建設が始まり、日本が高度成長期へと邁進する昭和を、下町の人情と感動あふれるタッチで描いたこの映画、公開当時の在日中国大使館の大使が、当時の中国の首相である温家宝に、「今の中国を捉えているかのような作品だ。この映画はぜひとも見るべきです。」と、中国の中央政府に伝えたと言われています。事実、その後の日中首脳会談の折、安倍総理に温家宝首相(当時)自ら、私も「ALWAY 3丁目の夕日」を見て感動したと伝えた逸話が残っています。

目をつむって聞いていると、まだパソコンも携帯電話もない昭和時代、恋人と交わしたラブレターや、友達と一緒にノートに書き込んだ交換日記、恋人の親が出ませんように(?)と願いながら掛けた黒電話・・・今よりも、ゆったりと、やわらかな時間が流れていた昭和の一時を、このサウンドトラックとともに思い出してみませんか。
(選曲・文/堀川将史)

■5.「マイ・ロンリー・グッバイクラブ」/ 和久井映見
https://www.youtube.com/watch?v=-Kl3ytXWPEE 

今はお母さんや時代劇で貫禄のある役所を演じる機会の多い、ベテラン女優の和久井映見。デビュー曲ならでは、そして今でも台本がないとカメラ前で緊張してしまう彼女らしく、恥ずかしそうに頑張って表情を作る姿は、見ているこっちまで恥ずかしくなってしまう程の初々しさ。
「映見ちゃん渋いの歌うねぇ」と言われた懐かしさを感じるこの楽曲は、ドアを開けるとベルが鳴り、姿勢はそのままに目線だけ客に送るマスターのいそうな昭和の喫茶店にしっくりと、また女優、歌手、アイドルの垣根なく色々なことをするのが当たり前であった昭和の芸能界も感じさせます。作詞作曲は「タッチ」でも有名な康珍化とアイドルやアーティストの作曲も多く手がけている亀井登志夫の2人。この2人の作品を味わうだけのために、喫茶店でマスターが丁寧にいれた1杯のコーヒーを楽しむ時間を作っても良いかもしれないと思わせる、耳に残る歌詞とメロディーです。
(選曲・文/和久井直生子)

■6.「 真夜中のドア STAY WITH ME」/ 松原みき
https://www.youtube.com/watch?v=xnRqxnA5T14

オシャレなカフェとは違うけれど、タバコの香りさえインテリアの一部になっている雰囲気ある喫茶店。壁には昔から置いてありそうな飲料メーカーのロゴが入った掛け時計。いつだったか打ち合わせがてら一息いれようと、上司が連れて来てくれた時に流れていたこの曲。「この曲いいだろう?」とまるで自分の歌のように、穏やかに熱をもって教えてくれたっけ。
時が過ぎ、今度は僕が部下を連れてこの喫茶店に入る。何一つ変わらない店内。変わったのはマスターの髪くらいだろうか。偶然、時を戻すかのように流れ出したこの曲に「いい曲だろ?現代にはない音楽的ゴージャスさ...」と上司と同じように部下に話し始めた自分がいた。
窓の外には汗を拭いながら急ぎ足で進む人々。昔ながらの、ちょっと甘めのコーヒーを飲みながら昔の僕と同じように目の前の彼も「初めて聞いたけど、良い曲だなぁ」と思ってくれたりするのだろうか。

そんなストーリーが沢山詰まっていそうな昭和の喫茶店には、他にも沢山のストーリーを紡いできたであろうスーパーヒットメーカーの三浦徳子と林哲司の2人が作詞作曲を手がけたこの楽曲が良く似合うのではないでしょうか。

(選曲・文/五十嵐壮之介).

■7.「浅間」/宮沢昭
https://www.youtube.com/watch?v=XYYgxTZJ-kE

日本人によるジャズ、所謂和ジャズの中でも、サクソフォニスト宮沢昭氏が1970年に発表したこの「木曽」という作品は、彼の生まれた長野の峰々をテーマにした4つの楽曲で構成された、驚くべき上質なスピリチュアルなジャズが聴ける傑作です。
日本人にもこれだけのフィーリングを持ち、演奏できる人がいたのか!と改めて驚かされる作品。この楽曲ではそれぞれのメンバーが順に暴れ回ってエネルギーを発散させるフリージャズ寄りの演奏が聴けます。
ジャズ喫茶でなくとも、印象的なジャケットを眺めながら長野の山々を想うと音楽に心を連れ去られてしまう事でしょう。
日本人ジャズを見直すきっかけになる1枚になるかと思います。
(選曲・文/田中孝典)

【関連アーティスト】
ナルシソ・イエペス, Negicco, 佐藤直紀, 和久井映見, 松原みき
【ジャンル】


コアラモード.がmusic.jp SPライブに出演&新曲「Dan Dan Dan」リリースも発表
Thu, 07 May 2015 17:11:27 +0900
music.jpスペシャルライブに出演したコアラモード. (okmusic UP\'s)

4月24日(金)、フジテレビ“ノイタミナ”アニメ『四月は君の嘘』の第2クール オープニング・テーマ「七色シンフォニー」でメジャーデビューした横浜出身の音楽ユニット“コアラモード.”がmusic.jpのスペシャルライブに出演し、会場には抽選で選ばれた幸運なファンが集まった。

【その他の画像】ライブでも披露されたデビューシングル「七色シンフォニー」

優しくも力強いボーカル・ギターのあんにゅと、安定感のある美しいピアノを響かせる小幡康裕が、tvk「saku saku」2014年12月度エンディング・テーマそして、tvk「ハマナビ」のエンディング・テーマとして起用中の「メモリーズ」や、夢をあきらめない気持ちを歌ったバラード「未来」、アップテンポな「七色シンフォニー」では会場の手拍子と一体となる温かい雰囲気に包まれたライブを繰り広げた。

 終盤のトークコーナーでは、コアラモード.のグループ名の由来は、ボーカルのあんにゅが昔コアラに似ていたから、プリンアラモードが横浜発祥のため、「アラモード」を取り入れたこと、さらには英語で書くとコアラモード.の「Co」が「会社」、「アラモード」が「洗練された」という意味から「洗練された音楽を届ける会社」と言う隠された意味があるという秘話などを語った。

そして、7月8日(水)に早くも2ndシングルとなる「Dan Dan Dan」のリリースを発表。この楽曲はスキマスイッチの常田真太郎をクリエーティブ・ナビゲーターに迎えた注目作で、村石雅行(Drums)、種子田健(Bass)、石成正人(Electric guitar)、松本智也(Percussion)、門脇大輔ストリングスといった大物ミュージシャンがレコーディングに参加、10代の恋を歌った瑞々しい歌詞に走り出したくなるような疾走感溢れるサウンドが交差した、今夏一押しのサマーソングとなっているとのこと。

リリースに向けて全国各地でのライブを予定しており、毎週木曜日にはニコニコ生放送でのライブ配信も実施中なので、気になる人はこちらも注目しておこう。

【関連リンク】
春奈るなツアー初日でラッキィ池田振付曲披露「願いが叶いました!」
アニサマ2015に黒崎真音、ChouCho、七森中☆ごらく部、Wake Up, Girls!、Rhodanthe* が出演
がんばれ!Victory、佐賀県知事を表敬訪問&県民ホールでの演奏も予定
三代目 J Soul Brothers、自身のブランド衣装を纏った最新MV「J.S.B. DREAM」公開

【関連アーティスト】
コアラモード.
【ジャンル】
J-POP, イベント

RADWIMPS、サマソニ出演&海外ツアーも決定
Thu, 07 May 2015 17:00:00 +0900
シングル「ピクニック」 (okmusic UP\'s)

6月10日発売にニューシングル「ピクニック」のリリースを控えるRADWIMPSが、QVCマリンフィールド&幕張メッセで開催される『SUMMER SONIC 2015』に出演することが決定した。

【その他の画像】RADWIMPS

彼らが出演するのは8月15日(土)のMOUNTAIN STAGEで、東京公演のみの出演となる。その他公演詳細、チケット購入方法等は『SUMMER SONIC』オフィシャルサイトにて確認を。

さらに、10月には『RADWIMPS 2015 Asia-Europe Live Tour』と題した海外ツアーの開催も決定した。本ツアーは、アジア2公演、ヨーロッパ4公演となる。

■『SUMMER SONIC』オフィシャルサイト
http://www.summersonic.com/2015/

■『RADWIMPS 2015 Asia-Europe Live Tour』

10月09日(金) AX-KOREA,Seoul,Korea
10月13日(火) Le Trabendo,Paris,France
10月15日(木) Stollwerck,Cologne,Germany
10月17日(土) C-Club,Berlin,Germany
10月19日(月) Islington Academy,London,UK
10月23日(金) ATT SHOW BOX,Taipei,Taiwan

■シングル「ピクニック」

2015年6月10日発売
UPCH-89223/¥1,300+税
※CDには1曲のみ収録
※完全限定生産商品
※CD+Hard Cover Art Book(32P)

【関連リンク】
RADWIMPS オフィシャルHP
RADWIMPSの野田洋次郎が初のエッセイ本『ラリルレ論』を刊行
RADWIMPS、野田洋次郎(Vo&Gu)主演映画の主題歌「ピクニック」をシングルとしてリリース
RADWIMPS 野田洋次郎が初主演を務める映画『トイレのピエタ』予告編公開

【関連アーティスト】
RADWIMPS
【ジャンル】
ジャパニーズロック

がんばれ!Victory、佐賀県知事を表敬訪問&県民ホールでの演奏も予定
Thu, 07 May 2015 16:00:00 +0900
がんばれ!Victory (okmusic UP\'s)

佐賀県唐津市出身のがんばれ!Victoryが、地元佐賀県へ凱旋し、現佐賀県知事を表敬訪問することが発表された。

【その他の画像】がんばれ!Victory

佐賀県庁表敬訪問は5月13日に行われ、県庁新行政棟1階 県民ホールにてアコースティク形式で1曲生演奏を予定している。こちらは入場フリーのため、お近くの方は是非足を運んでほしい。

そしてTBS系テレビ『CDTV』の5月度エンディングテーマ他、多数タイアップが付いたメジャーデビューシングル「全力!スタート」が、レコチョクBest、dヒッツ、KKBOX、うたパスで先行配信スタート。リリースまで待ち切れない方は是非こちらをチェックしよう。

さらに、4月11日にShibuya eggmanにて行われたイベントライヴの映像を初公開。ライヴ人気曲「KGSD」「ふらいはい!!!」の映像で、"絶対生音主義"を掲げる彼女達ならで はの同期一切無しのゴリゴリのライヴパフォーマンスと、アイドル、バンド両シーンを股に掛けて活動する彼女達ならではのオーディエンスの盛り 上がりで、普段のキャラクターとは打って変わった熱量の高いライヴパフィーマンスは要チェックだ。

そして、6月13日に同会場であるShibuya eggmanにて行われるメジャーデビューシングルリリース記念の単独ライヴ『がんばれ!Victoryメジャーデビューリリース記念 全力!ライブ?がんばれ!Victory 全力!LIVE 三回の裏2アウト2?3塁 「1塁空いてますがここは勝負です!」』の2次予約がスタート。メジャーデビュー後、初の単独公演となるので、お見逃しなく。

さらに、『SAKAE SP-RING 2015』の第4弾出演者として6月6日(土)に出演することも発表された。メジャーデビューに向け勢いを増すがんばれ!Victoryに注目だ。

■「ふらいはい!!!」LIVE ver.2015.04.11
https://youtu.be/8QjVnL6XR2c

■「KGSD」LIVE ver.2015.04.11
https://youtu.be/ISEOG6dYydw

■佐賀県庁表敬訪問詳細

5月13日(水) 県庁新行政棟1階 県民ホール
12時30分〜13時00分

■「全力!スタート」先行配信

■レコチョクBest
http://recochoku.jp/best/
■dヒッツ
https://selection.music.dmkt-sp.jp/?redirect=1
■KKBOX
http://www.kkbox.com/jp/ja/info/index.html
■うたパス
http://au.utapass.jp/

【「夢のつづき(ベイビーステップVer.)」配信情報】
■iTunes
https://itunes.apple.com/jp/album/mengnotsudzuki-beibisuteppuver./id982173036
■レコチョク
http://recochoku.com/p0/yume_no_tsuzuki_tv_size/

■シングル「全力!スタート/夢のつづき」

2015年5月20日発売
【初回盤】(CD+DVD)
PCCA-04200/¥1,389+税
【通常盤】(CD Only)
PCCA-70436/¥926+税
【あやき盤】(CD Only)
PCCA-4201/¥741+税
【れな盤】(CD Only)
PCCA-4202/¥741+税
【まゆこ盤】(CD Only)
PCCA-4203/¥741+税
【しのぶ盤】(CD Only)
PCCA-4204/¥741+税
【みなみ盤】(CD Only)
PCCA-4205/¥741+税

<初回盤・通常盤 収録曲>
M1.全力!スタート
M2.夢のつづき
※NHK Eテレ アニメ「ベイビーステップ」
第2シリーズエンディングテーマ
M3.全力!スタート(カラオケ)
M4.夢のつづき(カラオケ)
<初回盤DVD>
「全力!スタート」MV

<メンバーそれぞれ盤M3収録内容>
※M1、M2は初回盤・通常盤と共通
・あやき盤
M3.scarred(仮) 作詞、作曲:れな
・れな盤
M3.Don´t worry(仮) 作詞、作曲:れな
・まゆこ盤
M3.ずっと(仮) 作詞:あやき・作曲:まゆこ
・しのぶ盤
M3.Dreamer(仮) 作詞、作曲:しのぶ
・みなみ盤
M3.Simpie thing(仮) 作詞、作曲:れな

■『がんばれ!Victory メジャーデビュー記念リリースイベント』

5月19日(火) HMVエソラ池袋 球場
19:00プレイボール
5月21日(木) タワーレコード新宿 球場
19:00プレイボール
5月22日(金)アキバ☆ソフマップ1号館球場
19:00プレイボール
5月23日(土) モザイクモール港北 球場
(1)12:00プレイボール(2)14:00プレイボール
5月24日(日) タワーレコード佐賀 球場
13:00プレイボール
5月24日(日) TSUTAYA天神駅前ビル 球場
19:00プレイボール

内容:全力!アコースティックライブ+特典会
特典会の詳細はオフィシャルHPをご覧下さい。

■『がんばれ!Victoryメジャーデビューリリース記念 全力!ライブ?がんばれ!Victory 全力!LIVE 三回の裏2アウト2?3塁 「1塁空いてますがここは勝負です!」』

6月13日(土) 渋谷eggman
開場/開演:11:30/12:00
チケット情報?チケット付CDセットご購入者対象?こちらよりご応募ください→http://ps.ponycanyon.co.jp /victory/??
※CDセットには6/13チケットの他にオリジナルグッヅ「全力!タオル」と当日特典?会に参加できる「全員チェキ券」も1枚ついてきます。

■『がんばれ!Victory LIVE 四回の表「晩夏の首位攻防戦!代打の神様見参!?」』

9月12日(土) TSUTAYA O-WEST
開場/開演:17:30/18:00
チケット:全席立見 ¥3,000 (税込・入場時別途ドリンク代)
<オフィシャル先行情報>
プレイガイド先行
受付期間:3/2(月)12:00〜3/22(日)18:00
受付URL:http://eplus.jp/

【関連リンク】
がんばれ!Victory オフィシャルHP
がんばれ!Victory、新曲タイアップやパワープレイが続々決定&シングル詳細解禁
がんばれ!Victory、NHK『MUSIC JAPAN』出演決定
がんばれ!Victory、メジャーデビューまでの800日間に密着したドキュメンタリー特番を放送

【関連アーティスト】
がんばれ!Victory
【ジャンル】
J-POP, 女性アイドル

flumpool、「SCHOOL OF LOCK!」内コーナーが課外授業を実施!?
Thu, 07 May 2015 15:00:00 +0900
「flumpool LOCKS!」 (okmusic UP\'s)

JFN全国38局で放送中の人気番組「SCHOOL OF LOCK!」内の「flumpool LOCKS!」が、初の“課外授業”を行うことを発表した。

【その他の画像】flumpool

「flumpool LOCKS!」とは「SCHOOL OF LOCK!」内で、毎週水曜日23:10 ごろから約20分間放送されているコーナー。通常はflumpoolメンバーの山村隆太、阪井一生が“ハナの警備員”と称し、“生徒"(リスナー)からの質問に答えたりなど、“授業"を行っている。

今回はいつものスタジオから飛び出し、“5月13日にコンセプトディスクFOUR ROOMS」をリリースしたばかりのflumpoolやけど、何か質問ある?”と題した授業を実施。flumpool警備員に、日頃思っている質問や疑問を直接ぶつけることのできる、またとない機会となっているようだ。

課外授業への参加は無料となっているが、「もっと近くでflumpool警備員を感じたい!」という生徒のために【特別受講エリア】も用意。 入場には、当日12:00より事前に発券する整理券が必要とのこと。

さらに、当日は“スペシャルなこと”を用意されている。詳細はまだ明らかにされていないが、 「FOUR ROOMS」リリースとなる5月13日の23:30頃にflumpoolオフィシャルサイトで発表される。

■「5月13日にコンセプトディスクFOUR ROOMS」をリリースしたばかりのflumpoolやけど、何か質問ある?」

5月16日(土) ダイバーシティ東京プラザ 2F フェスティバル広場
17時15分スタート(予定)
出演:flumpool警備員(山村隆太・阪井一生・尼川元気・小倉誠司)

【関連リンク】
flumpool オフィシャルHP
アミューズ主催「BBQ in つま恋」集合アー写&シャッフルコラボメンバーを発表!
flumpool、リリース直前のコンセプトディスクよりリード楽曲のMVを解禁
flumpool、新作ジャケ写&豪華特典内容の詳細を公開

【関連アーティスト】
flumpool
【ジャンル】
ジャパニーズロック

BABYMETAL、「Road of Resistance」ライヴMV公開
Thu, 07 May 2015 14:30:00 +0900
BABYMETAL (okmusic UP\'s)

BABYMETALがオフィシャルYouTube チャンネルにて「Road of Resistance」のライヴMVを公開した。

【その他の画像】BABYMETAL

この映像は、今年1月10日にさいたまスーパーアリーナで行った『BABYMETAL LEGEND “2015" 〜 新春キツネ祭り〜』で、過去最大規模となった約2万人の観客の大歓声が沸き起こり、会場が大合唱で一体になった衝撃的なライヴの模様が収められている。

「Road of Resistance」は、イギリスのメタルバンド・Dragon Forceのギタリスト、サム・トットマンとハーマン・リが参加していることでも話題となり、昨年末に行ったイギリス・O2 Academy Brixtonで初披露され、会場から大合唱が沸き起こった伝説的な一夜を飾った楽曲。道なき道に立ち向かい突き進む力強さを歌ったこの曲は、これからスタートする『BABYMETAL WORLD TOUR 2015』でも、重要な一曲になるであろう。

BABYMETALは5月9日からメキシコを皮切りに『BABYMETAL WORLD TOUR 2015』をスタートさせる。ロックフェスなどの出演も挟みながら北米・ヨーロッパ、そして6月21日には日本・幕張メッセ公演と10カ国にも渡るスケジュールが発表になっており、8月29日、30日のイギリス・『Reading and Leeds Festivals 2015』のメインステージへの出演が決定したことも大きな話題となっている。

5月20日には昨年のワールドツアーのイギリス公演の模様を収めたBlu-ray / DVD『LIVE IN LONDON -BABYMETAL WORLD TOUR 2014-』、6月17日には1st アルバム『BABYMETAL』のアナログ盤の発売が決定している。さらには5月下旬から6月上旬にかけては初の海外盤としてヨーロッパではear MUSIC より、北米ではRAL からそれぞれ1st アルバム『BABYMETAL』のリリースも決定している。

■「Road of Resistance -Live in Japan-」 (Official Video)
https://youtu.be/zTEYUFgLveY

■『BABYMETAL WORLD TOUR 2015』

5月09日 Circo Volador|Mexico City, Mexico
5月12日 Danforth Music Hall|Toronto, Canada
5月14日 House of Blues|Chicago, USA
5月16日 Rock of the Range|Columbus, USA
5月29日 ROCKAVARIA|Munich, Germany
5月30日 ROCK IM REVIER|Gelsenkirchen, Germany
6月01日 La Laiterie|Strasbourg, France
6月03日 X-TRA|Zurich, Switzerland
6月05日 Estragon Club|Bologna, Italy
6月06日 ROCK IN VIENNA|Vienna, Austria
6月21日 幕張メッセ・国際展示ホール1〜3|Chiba, Japan
8月29日 Reading and Leeds Festivals 2015|Reading, UK
8月30日 Reading and Leeds Festivals 2015|Leeds, UK

【関連リンク】
BABYMETAL オフィシャルHP
BABYMETAL、英野外フェス「Reading and Leeds Festivals 2015」のメインステージに出演決定
BABYMETAL、ロンドン公演を収めた映像作品の先行上映会を開催!
BABYMETAL、ワールドツアーに向け1stアルバム『BABYMETAL』のEU盤とUS盤を発売

【関連アーティスト】
BABYMETAL
【ジャンル】
ジャパニーズロック, 女性アイドル, メタル

三代目 J Soul Brothers、自身のブランド衣装を纏った最新MV「J.S.B. DREAM」公開
Thu, 07 May 2015 14:00:00 +0900
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE (okmusic UP\'s)

三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBEが自身の新アパレルブランド「J.S.B.」を発表し、世間を賑わせたことは記憶に新しいが、そのアパレル衣装を身に纏った最新MVが公開された。

今回公開されたのは、先日発売されたばかりの三代目 J Soul Brothers二週連続シングルリリース第二弾「STORM RIDERS feat.SLASH」(4月22日発売)収録の話題曲「J.S.B. DREAM」のMV。

ボーカルの登坂は「今回の“J.S.B. DREAM"は僕らのルーツでもあるHIPHOP色を強く表した楽曲です! TRAPミュージックで踊れる曲で、三代目の“J SOUL"を表した歌詞です! これからの三代目の新たな歴史を作る第一歩の曲でもあります! 自分達自身がかなりアガる楽曲です!」と語り、三代目のルーツを踏まえつつも新しさを感じさせる、今後の彼らを象徴する一曲となる。

MVでは、先人達(EXILE、先代J Soul Brothers)が築き上げた決して色褪せることのない歴史、そして、その血を受け継ぎ、自信と揺るぎない信念を持って活動する三代目 J Soul Brothersを、「愛」、「願い」、「情熱」、「自信」、「成功」などのありとあらゆるパワーやエネルギーを内に秘める石、ブラックダイヤモンドに例え、“究極の黒"の世界観を、クールかつ神秘的なSexyさとストリートの世界観とで表現。思わず見入ってしまうほど、カッコイイ仕上がりとなっている。

三代目 J Soul Brothersは、今回の楽曲「J.S.B. DREAM」が収録されている「STORM RIDERS feat.SLASH」の前週には「starting over」というシングルをリリース。そして、この曲をテーマに、今年の5月27日から全国ドームツアー『三代目 J Soul Brothers LIVE TOUR 2015 “BLUE PLANET"』に突入していく。

■【NAOTO コメント】

“JSB"という自分達のグループ名がタイトルにも入っている楽曲で初代、二代目から続いている“JSB"の魂をしっかり楽曲とMVで表現したいと思っていました。この楽曲と共に“J.S.B."というアパレルブランドを立ち上げ音楽とアパレルが融合したエンターテインメントを目指して行きたいと思っています! 作品の中でメンバーが着用しているので是非そちらも観て頂きたいです!

■【ELLY コメント】

今回振り付けさせていただいたのですが、“JSB"らしい、シンプルでかっこ良い中にある“遊び"を意識して作りました。テーブルでの合わせや、7人でのボーカルも一緒に出来るものを考え作ったので、見て楽しんでもらえたら嬉しいです!

■「J.S.B.DREAM」MV
https://www.youtube.com/watch?v=53wnNn8K8sc

■シングル「STORM RIDERS feat.SLASH」

2015年4月22日発売
【CD+DVD】
RZCD-59901/B/¥1,944(税込)
【CD】
RZCD-59902/¥1,080(税込)
<収録曲>
■CD
01.STORM RIDERS feat.SLASH
02.J.S.B.DREAM
03.STORM RIDERS feat.SLASH(Instrumental)
04.J.S.B.DREAM(Instrumental)
■DVD
01.STORM RIDERS feat.SLASH

■『三代目 J Soul Brothers LIVE TOUR 2015 “BLUE PLANET"』

5月27日(水) 福岡・福岡ヤフオク!ドーム
5月28日(木) 福岡・福岡ヤフオク!ドーム
6月20日(土) 名古屋・ナゴヤドーム
6月21日(日) 名古屋・ナゴヤドーム
6月26日(金) 大阪・京セラドーム大阪
6月27日(土) 大阪・京セラドーム大阪
6月28日(日) 大阪・京セラドーム大阪
7月05日(日) 北海道・札幌ドーム
7月15日(水) 埼玉・さいたまスーパーアリーナ(スタジアムモード)
7月16日(木) 埼玉・さいたまスーパーアリーナ(スタジアムモード)
8月05日(水) 大阪・京セラドーム大阪
8月06日(木) 大阪・京セラドーム大阪
8月28日(金) 埼玉・西武プリンスドーム
8月29日(土) 埼玉・西武プリンスドーム
8月30日(日) 埼玉・西武プリンスドーム

【関連リンク】
「STORM RIDERS feat.SLASH」PVでは荒廃した終末の世界でカーチェイス
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE オフィシャルHP
三代目 J Soul Brothers、アルバムの大ヒットを記念してみんなの“Blue"を募集
セカオワが「レコチョクアワード 月間最優秀楽曲賞 1月度」2部門で首位!
三代目 J Soul Brothersが初のレコード大賞を受賞!

【関連アーティスト】
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
【ジャンル】
J-POP

BLUE ENCOUNT、声優・杉田智和が登場する「DAY×DAY」CM第2弾を公開
Thu, 07 May 2015 12:00:00 +0900
BLUE ENCOUNT (okmusic UP\'s)

テレビ東京系アニメ『銀魂゜』のオープニングテーマとしてオンエア中のBLUE ENCOUNTのニューシングル「DAY×DAY」のCM第2弾がYouTubeで公開された。

【その他の画像】BLUE ENCOUNT

「DAY×DAY」のテレビコマーシャルは、銀時役としておなじみの声優・杉田智和がナレーションを担当しており、全部で5パターン制作されている。すでに話題になっている銀時とブルエンのコラボレーションだけに期待が高まるところだ。

このコマーシャルは、今回公開された<日々これ全身全霊編>以外に3パターンが制作され、以降もストーリーが進むにつれて『銀魂゜』放映枠内で異なるタイプが放送される。

他のパターンも同じく期間限定でYouTubeでも公開されるそうなので、全パターンを完全網羅しよう!

■BLUE ENCOUNT オフィシャルHP
http://blueencount.jp

■「DAY?DAY」(「銀魂゜」SPOT 日々これ全身全霊編)
https://youtu.be/CmMvp7STZXQ

【関連リンク】
BLUE ENCOUNT、「DAY×DAY」トレーラー映像を公開
「長門有希ちゃんの消失」BD&DVD発売決定イベントに茅原実里、杉田智和、桑谷夏子が出演
BLUE ENCOUNT、ニューシングルのジャケットはアニメ『銀魂゜』描き下ろし
BLUE ENCOUNT、『銀魂』銀時とのコラボCMが話題

【関連アーティスト】
BLUE ENCOUNT, 杉田智和
【ジャンル】
ジャパニーズロック, アニメ

[Alexandros] 、メンバーのワガママで新曲タイトルを変更!?
Thu, 07 May 2015 11:30:00 +0900
[Alexandros] (okmusic UP\'s)

TOKYO FMをはじめとする全国38局で放送中の10代向け人気番組『SCHOOL OF LOCK!』にて、6月17日にリリースになる[Alexandros]のニューアルバム『ALXD』より新曲が解禁された。

【その他の画像】[Alexandros]

さらに番組では急遽、[Alexandros]の川上洋平が生出演し、楽曲のタイトルが当初発表されていた「Greatest Night」から「Famous Day」に変更になったことも自身の口から語られた。

この「Famous Day」は先日[Alexandros]が出演したイベント『VIVA LA ROCK』や『JAPAN JAM』でも川上洋平(VO&G)より「新曲です!」という形で既に演奏されていたが、タイトルは伏せられたままだった。

そうした矢先、TFM『SCHOOL OF LOCK!』では番組冒頭からスタジオ内にいる川上に驚く、とーやま校長とあしざわ教頭。「『ALXD』から新曲を解禁してくれるという話は聞いてたけど、なんで居るんですか?」と驚く二人に「マスタリング作業を抜けて新曲持ってきました!」と言う川上。そして、新曲の「Famous Day」がオンエアされた。

タイトルが変わった事に関しては「僕のワガママで今日タイトル変えちゃいました!」と説明し、校長教頭からは、「そんな事あるんですか?」と驚きの声が上がった。

そして、「Famous Day」の興奮冷めやらぬ中、「もう1曲あります!」という事で、急遽同アルバムに収録される「Dog 3」もオンエアされた。

Twitter上では放送開始前から話題になっており、オンエア後はファンからの絶賛の声が飛び交っていた。

シングル曲が多く収録されるアルバムだが、まだ発表されていないアルバム楽曲が7曲あり、注目が今後も集まりそうだ。

■アルバム『ALXD』

2015年6月17日発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
UPCH-7021/3,800+税
【通常盤】(CDのみ)
UPCH-2036/3,000+税
<収録曲>
01. ワタリドリ
02. Boo!
03. ワンテンポ遅れたMonster ain\'t dead 
04. Famous Day
05. Adventure
06. can\'t explain
07. Buzz Off
08. Oblivion 
09. Leaving Grapefruits
10. Dracula La
11. Droshky!
12. Dog 3
13. Run Away
14. Coming Summer
<DVD収録内容>
This Summer Festival 2014からLIVE映像を5~6曲収録予定。
LIVE映像の他に特典映像収録予定。

【アナログ盤】
2015年7月15日発売
UPJH-9012/3/¥4,000+税
※完全受注生産商品となりますので、確実にご入手をご希望の場合、早めのご予約をおすすめいたします。

■『Premium V.I.P. Party』

7月17日(金) 日本武道館
時間:開場18:00/開演19:00
チケット:5,500円(税込・全席指定)

【関連リンク】
[Aexandors] オフィシャルHP
LUNA SEA主宰『LUNATIC FEST.』第一弾出演者の日程発表
[Alexandros]、6月発売のアルバム『ALXD』収録曲を発表
[Alexandros]が楽曲全てを担当するフジテレビ連続ドラマ・土ドラ「She」第1話使用曲のセットリスト解禁

【関連アーティスト】
[Alexandros]
【ジャンル】
ジャパニーズロック

ねごと、「DESTINY」期間生産限定盤ジャケに「銀魂゜」キャラ登場
Thu, 07 May 2015 11:00:00 +0900
シングル「DESTINY」【期間限定生産盤】(CD)  (okmusic UP\'s)

ねごとが6月3日に発売するニューシングル「DESTINY」の【期間生産限定盤】のジャケット絵柄が公開された。

【その他の画像】ねごと

テレビ東京系にて放送中のアニメ「銀魂゜」エンディングテーマである表題曲を含むシングル「DESTINY」。【期間生産限定盤】には、「銀魂゜」描き下ろし絵柄となる坂田銀時と神楽、裏面には猿飛あやめ、たま、月詠、そしてねごとのイメージキャラクターであるバクの看板を持った“エリザベス”も登場する。

さらに、描き下ろし絵柄のステッカーも封入されるほか、さらに対象店舗で予約・購入すると「銀魂゜」×「ねごと」特製B3ポスターをプレゼント。ポスターは数に限りがあるので、早めに予約しておこう。

また、【通常盤-初回仕様-】には、「銀魂゜」絵柄のワイドキャップステッカーも封入されるので、お見逃しなく。

シングルには、表題曲「DESTINY」のほか、新曲「夜風とポラリス」、「シンクロマニカ -Mizuki Masuda Remix-」を収録。【期間生産限定盤】には「DESTINY -Anime Ending Ver.-」と「DESTINY ?Instrumental-」も収録される。

表題曲「DESTINY」は、現在iTunes、レコチョク、mora等にて、テレビサイズを先行配信中!

【関連リンク】
ねごと オフィシャルHP
ねごと、ニューシングル「DESTINY」のアートワーク&収録内容公開
ねごと、LINE CAST生配信番組にて新曲フル音源を解禁!
ねごと、新曲「DESTINY」の先行配信がスタート

【関連アーティスト】
ねごと
【ジャンル】
ジャパニーズロック, テレビ(番組/CM), アニメ

“はんなりアイドルユニット”ことミライスカートが7月21日にメジャーデビュー
Thu, 07 May 2015 10:00:00 +0900
5月6日(水・祝)@京都ミューズ (okmusic UP\'s)

「メジャーデビューか?!、解散か?!」を賭け発表された、5月6日(水・祝)京都ミューズでのワンマンライブ「ミライスカート 初 ワンマン LIVE 〜ここから始める未来ノート〜」。チケットは、当日を待たずにソールドアウト!! メジャーデビューの報告という嬉しいニュースを兼ねた形で、ワンマンライブは行われた。

【その他の画像】ミライスカート

“ハンナリ&ポップ”をテーマに活動中のミライスカートは、京都で誕生。毎月、京都メトロを舞台に定期ライブを開催し続けてきた。1stシングル「ナモナイオト」を発売した2月の時点での、定期イベントの動員が数十人程度。その後の積極的なリリース・イベントの努力を持って、彼女たちは最高の形で花を咲かせることが出来た。

京都ミューズの奥まで埋め尽くす総勢380人の観客たちを前に、ミライスカートの初ワンマンライブが幕を開けた。メンバーのオーディション風景から現在に至るまでの歩みや、本人らのコメントも交えた映像を通し、ここまでのミライスカートの歩みを振り返ったところで、メンバーが登場。冒頭を飾ったのは、無限に広がる未来へ想いを馳せてゆく1stシングル表題曲の「ナモナイオト」。

これまでは、たった4曲のみでライブ活動を続けてきたミライスカートだが、この日は数多くの新曲を披露。ミライスカートとして勝負してゆく強い意志を示した「鉄則Aライン」や「Beautiful Days」。中には、エスニック調の「ミーゴ!ゴミーゴ!」やポップでスペイシーなダンスナンバー「COSMOs SPLASH」、キラキラとした輝き放つスタイリッシュ&ポップな「Beautiful Days」のよう新しい表情も登場。ファンへの想いを綴った「おねがい」など、どの曲もミライスカートらしい「ハンナリ(上品で明るい)&ポップ」な楽曲たちなのも嬉しい。

途中に流れた、メンバーそれぞれに京都の思い出の地を舞台に「ミライスカート」への想いを語ったインタヴュー。「どんなことがあっても、この4人ならピンチをチャンスに変えられる」(橋本珠菜)の発言のように、ステージ上で見せる可愛さとは異なる様々な表情や心模様を実感。

「なんてたって」「No.1」のやりとりも登場。最後に歌った『未来ノート』に記されたように、彼女たちは、この日のライブを通し「新しい未来への扉を開けた」のは間違いない。

この日、「メジャーデビューシングルを7月21日(火)に発売」と発表。他にも、6月26日(金)に京都メトロを舞台に、通算10回目となる定期公演の開催も告げられた。

「4人とも誰かに指示されてじゃなく、本当にミライスカートをやりたくてやってます。4人とも自分の人生を賭けて真剣にミライスカートに取り組んでますし、やる以上、死ぬ気でやって一番を目指してやっていきます。これからこの4人でメジャーデビューをして、何時か大阪城ホールでワンマンライブをしたいです。これからも私たちを信じてミライスカートについてきてください」(児島真理奈)

その言葉が現実になる日まで、ぜひ、彼女たちの姿を追いかけ続けていただきたい。ミライスカートのこれからの躍進が楽しみになってきた。

TEXT:長澤智典

【セットリスト】
01.ナモナイオト
02.メグリメグル(新曲)
03.鉄則Aライン(新曲)
04.ハンナリ☆スター
イメージビデオ
05.Rocket Love
06.ミーゴ!ゴミーゴ!(新曲)
07.COSMOs SPLASH(新曲)
08.Beautiful Days(新曲)
09.おねがい(新曲)
10.未来ノート
〜アンコール〜
01.鉄則Aライン(新曲)
〜Wアンコール〜
01.おねがい(新曲)

■「ミライスカート定期公演エピソード10」

6月26日(金) 京都メトロ
OPEN 18:00 START 18:30
料金 1,500円(ドリンク別)

【関連リンク】
ミライスカート オフィシャルHP
ミライスカート、ワンマンSold Outでメジャーデビュー! 出来なければ解散!!
MAN WITH A MISSION、福岡公演初日に『NUMBER SHOT 2015』出演を発表
超特急、 小室哲哉&ヒャダインプロデュース曲を初披露

【関連アーティスト】
ミライスカート
【ジャンル】
女性アイドル, ライブ













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1