歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2015年05月06日)
バックナンバー
最新ニュース
2015/05/15
2015/05/14
2015/05/13
2015/05/12
2015/05/11
2015/05/10
2015/05/09
2015/05/08
2015/05/07
2015/05/06
2015/05/05
2015/05/04
2015/05/03
2015/05/02
2015/05/01
2015/04/30
2015/04/29
2015/04/28
2015/04/27
2015/04/26
2015/04/25
2015/04/24
2015/04/23
2015/04/22
2015/04/21
2015/04/20
2015/04/19
2015/04/18
2015/04/17
2015/04/16
2015/04/15
2015/04/14
2015/04/13
2015/04/12
2015/04/11
2015/04/10
2015/04/09
2015/04/08
2015/04/07
2015/04/06
2015/04/05
2015/04/04
2015/04/03
2015/04/02
2015/04/01
2015/03/31
2015/03/30
2015/03/29
2015/03/28
2015/03/27
2015/03/26
2015/03/25
2015/03/24
2015/03/23
2015/03/22
2015/03/21
2015/03/20
2015/03/19
2015/03/18
2015/03/17
2015/03/16
2015/03/15
2015/03/14
2015/03/13
2015/03/12
2015/03/11
2015/03/10
2015/03/09
2015/03/08
2015/03/07
2015/03/06
2015/03/05
2015/03/04
2015/03/03
2015/03/02
2015/03/01
2015/02/28
2015/02/27
2015/02/26
2015/02/25
2015/02/24
2015/02/23
2015/02/22
2015/02/21
2015/02/20
2015/02/19
2015/02/18
2015/02/17
2015/02/16
2015/02/15
2015/02/14
2015/02/13
2015/02/12
2015/02/11
2015/02/10
2015/02/09
2015/02/08
2015/02/07
2015/02/06
2015/02/05
2015/02/04
2015/02/03
2015/02/02
2015/02/01
2015/01/31
2015/01/30
2015/01/29
2015/01/28
2015/01/27
2015/01/26
2015/01/25
2015/01/24
2015/01/23
2015/01/22
2015/01/21
2015/01/20
2015/01/19
2015/01/18
2015/01/17
2015/01/16
2015/01/15
2015/01/14
2015/01/13
2015/01/12
2015/01/11
2015/01/10
2015/01/09
2015/01/08
2015/01/07
2015/01/06
2015/01/05
2015/01/04
2015/01/03
2015/01/02
2015/01/01
2014/12/31
2014/12/30
2014/12/29
2014/12/28
2014/12/27
2014/12/26
2014/12/25
2014/12/24
2014/12/23
2014/12/22
2014/12/21
2014/12/20
2014/12/19
2014/12/18
2014/12/17
2014/12/16
2014/12/15
2014/12/14
2014/12/13
2014/12/12
2014/12/11
2014/12/10
2014/12/09
2014/12/08
2014/12/07
2014/12/06
2014/12/05
2014/12/04
2014/12/03
2014/12/02
2014/12/01
2014/11/30
2014/11/29
2014/11/28
2014/11/27
2014/11/26
2014/11/25
2014/11/24
2014/11/23
2014/11/22
2014/11/21
2014/11/20
2014/11/19
2014/11/18
2014/11/17
2014/11/16
2014/11/15
2014/11/14
2014/11/13
2014/11/12
2014/11/11
2014/11/10
2014/11/09
2014/11/08
2014/11/07
2014/11/06
2014/11/05
2014/11/04
2014/11/03
2014/11/02
2014/11/01
2014/10/31
2014/10/30
2014/10/29
2014/10/28
2014/10/27
2014/10/26
2014/10/25
2014/10/24
2014/10/23
2014/10/22
2014/10/21
2014/10/20
2014/10/19
2014/10/18
2014/10/17
2014/10/16
2014/10/15
2014/10/14
2014/10/13
2014/10/12
2014/10/11
2014/10/10
2014/10/09
2014/10/08
2014/10/07
2014/10/06
2014/10/05
2014/10/04
2014/10/03
2014/10/02
2014/10/01
2014/09/30
2014/09/29
2014/09/28
2014/09/27
2014/09/26
2014/09/25
2014/09/24
2014/09/23
2014/09/22
2014/09/21
2014/09/20
2014/09/19
2014/09/18
2014/09/17
2014/09/16
2014/09/15
2014/09/14
2014/09/13
2014/09/12
2014/09/11
2014/09/10
2014/09/09
2014/09/08
2014/09/07
2014/09/06
2014/09/05
2014/09/04
2014/09/03
2014/09/02
2014/09/01
2014/08/31
2014/08/30
2014/08/29
2014/08/28
2014/08/27
2014/08/26
2014/08/25
2014/08/24
2014/08/23
2014/08/22
2014/08/21
2014/08/20
2014/08/19
2014/08/18
2014/08/17
2014/08/16
2014/08/15
2014/08/14
2014/08/13
2014/08/12
2014/08/11
2014/08/10
2014/08/09
2014/08/08
2014/08/07
2014/08/06
2014/08/05
2014/08/04
2014/08/03
2014/08/02
2014/08/01
2014/07/31
2014/07/30
2014/07/29
2014/07/28
2014/07/27
2014/07/26
2014/07/25
2014/07/24
2014/07/23
2014/07/22
2014/07/21
2014/07/20
2014/07/19
2014/07/18
2014/07/17
2014/07/16
2014/07/15
2014/07/14
2014/07/13
2014/07/12
2014/07/11
2014/07/10
2014/07/09
2014/07/08
2014/07/07
2014/07/06
2014/07/05
2014/07/04
2014/07/03
2014/07/02
2014/07/01
2014/06/30
2014/06/29
2014/06/28
2014/06/27
2014/06/26
2014/06/25
2014/06/24
2014/06/23
2014/06/22
2014/06/21
2014/06/20
2014/06/19
2014/06/18
2014/06/17
2014/06/16
2014/06/15
2014/06/14
2014/06/13
2014/06/12
2014/06/11
2014/06/10
2014/06/09
2014/06/08
2014/06/07
2014/06/06
2014/06/05
2014/06/04
2014/06/03
2014/06/02
2014/06/01
2014/05/31
2014/05/30
2014/05/29
2014/05/28
2014/05/27
2014/05/26
2014/05/25
2014/05/24
2014/05/23
2014/05/22
2014/05/21
2014/05/20
2014/05/19
2014/05/18
2014/05/17
2014/05/16
2014/05/15
2014/05/14
ヒステリックパニック、1stアルバムのリリースを発表! 前代未聞の100円ワンマンも!!
Wed, 06 May 2015 17:00:00 +0900
5月5日@「JAPAN JAM BEACH 2015」 (okmusic UP\'s)

ラウドシーンで注目を集める“エクストリームJ-POPバンド”ヒステリックパニックが、5月5日(火)に出演した「JAPAN JAM BEACH 2015」のステージ上で初のフルアルバムをリリースすることを発表した。

【その他の画像】ヒステリックパニック

結成わずか3年ながらオリコンインディーズチャート1位を記録し、メジャーデビューを前に「COUNT DOWN JAPAN」に出演したヒステリックパニック。4月1日にリリースしたメジャー1stシングル「うそつき。」でも会場を大いに沸かせ、その実力と注目度の高さを証明してみせた。そして、「JAPAN JAM BEACH 2015」でのライヴ中にフルアルバムを7月15日にリリースすることを発表。インディーズ時代を含めてバンド初となるこのアルバムについて、リーダーのTack朗は“1曲ごとに違う色味が押し寄せてくる、まるでカオスな内容。エクストリームJ-POPと言うか、ヒステリックパニックっていうジャンルを確立しちゃったようなアルバムだ!”と語った。

また、ステージ終演直後に公開された「ヒステリックパニックの×videos(苦労するビデオス)」 と題された動画コメントの中で、エイプリルフールにバンドのTwitter上でアナウンスされ、ネタと思われていた「入場料100円のワンマン、ひとりでできるもん」が、7月27日(月)に地元・名古屋CLUB 3STAR 車道店で「ヒステリックパニック 初ワンマン・ライブ〜ひとりでできるもん」と銘打たれて実現することも発表。このワンマンはバンドへの熱い想いを書いたハガキで応募し、抽選で77名が参加できるという非常にレアなライヴとなる。

さらに 、「ヒステリックパニックの×videos(苦労するビデオス)」 の中では、アルバム発売日までさまざまな企画を動画で公開予定。これまでにもメジャー1stシングルの発売日をフリースタイルのラップで表現した動画や、“MV”と称してメンバーの食事シーンを納めた“MeshiくってるVideo”などを公開してきた彼らだけに、今後どんな動画を公開していくのか期待が高まるところだ。

■「ヒステリックパニックのx videos(苦労するビデオス)Vol.1」
https://youtu.be/B3dZf1Z-_Rw

■アルバム『タイトル未定』

2015年7月15日発売
VICL-64366/¥2,200+税

【関連リンク】
ヒステリックパニック オフィシャルHP
ヒステリックパニックのモザイク連発の最新ミュージックビデオを公開!
ヒステリックパニック、ビクター新レーベルから発売デビューシングルのジャケ写を公開
ヒステリックパニック、メジャーデビューシングルを4月1日(水)にリリース

【関連アーティスト】
ヒステリックパニック
【ジャンル】
パンク/ハードコア, フェス

シシド・カフカ、セッションミニアルバムの全貌が判明
Wed, 06 May 2015 16:00:00 +0900
シシド・カフカ×甲本ヒロト(ザ・クロマニヨンズ) (okmusic UP\'s)

6月17日にリリースされるシシド・カフカのセッションミニアルバム『K5(Kの累乗)』。そのセッションアーティストの全貌が発表された。

【その他の画像】シシド・カフカ

すでに参加が発表されていた斉藤和義とKenKenのほか、甲本ヒロト(ザ・クロマニヨンズ)、YO-KING(真心ブラザーズ)、そして東北ライブハウス大作戦でも活躍する渡辺俊美(TOKYO No.1 SOUL SET)らとのスペシャルなセッションが実現。シシド・カフカが日頃から敬愛する計5組のミュージシャンたちとセッションが展開される。ドラムとヴォーカルを武器に、個性あふれるアーティストたちと真摯に対峙した楽曲となった。

そして、CD ONLY盤のボーナストラックには大橋トリオがアレンジとコーラスを担当した「Don\'t be love feat.斉藤和義」のピアノバージョンを収録。大橋トリオらしいピアノの旋律と心地いい低音のコーラスが原曲とはまた異なる“染みる”楽曲になっている。

この豪華なラインナップの楽曲は今後随時試聴がスタートするとのこと。また、6月17日(水)のリリース当日にはTSUTAYA O-WESTでのレコ発ワンマンライヴも決定。それに先駆け、4月23日(木)〜5月10日(日)の期間、タワーレコード渋谷・新宿店でセッションミニアルバム『K5(Kの累乗)』の予約者を対象に、抽選でライヴ招待を実施するという豪華な特典も発表されている。

【参加ミュージシャンのコメント】
■甲本ヒロト(ザ・クロマニヨンズ)
「歌ってくれてありがとう!聞いてくれてありがとう!こころフカフカです」

■YO-KING(真心ブラザーズ)
「楽しく打ち合わせして、楽しく録音できました。アルバム楽しみです」

■常磐道ズ・渡辺俊美(TOKYO No.1 SOUL SET/猪苗代湖ズ)
「カフカchanと一緒に奏でる音楽は、体と頭、そしてなによりも心が動きました。「愛と誠」を受けとってください!!」

■ミニアルバム『K5』

2015年6月17日発売
【CD+DVD】※初回限定・紙ジャケット仕様
AVCD-93151/B/¥2,800+税
<収録曲>
01.theme - performed by シシド・カフカ
02.バネのうた- feat.甲本ヒロト(ザ・クロマニヨンズ)
03.Don\'t be love - feat.斉藤和義
04.Trans fatty acid - feat.KenKen(LIFE IS GROOVE)
05.くだらない世の中で - feat.常磐道ズ 渡辺俊美 他 Special Guest(仮)
06.あの夏、君か?見てたモノ- feat.YO-KING(真心ブラザーズ)
<DVD>
01.Don\'t be love - feat.斉藤和義(MV)
02.バネのうた - feat.甲本ヒロト(ザ・クロマニヨンズ)(MV)

【CD】
AVCD-93152/¥1,800+税
※初回限定・紙ジャケット仕様
<収録曲>
01.theme - performed by シシド・カフカ
02.バネのうた- feat.甲本ヒロト(ザ・クロマニヨンズ)
03.Don\'t be love - feat.斉藤和義
04.Trans fatty acid - feat.KenKen(LIFE IS GROOVE)
05.くだらない世の中で - feat.常磐道ズ 渡辺俊美 他 Special Guest(仮)
06.あの夏、君か?見てたモノ- feat.YO-KING(真心ブラザーズ)
07.Don\'t be love(Piano Ver.)- arranged by 大橋トリオ(BONUS TRACK)

【関連リンク】
シシド・カフカ オフィシャルHP
松本隆、作詞活動45周年を記念して豪華アーティスト参加のトリビュートアルバム発売決定
シシド・カフカ、セッション盤に斉藤和義やKenKenらが参加
「中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2015」に斉藤和義、ROTTENGRAFFTY、The SunPauloが出演決定

【関連アーティスト】
シシド・カフカ, 斉藤和義, KenKen, 甲本ヒロト, YO-KING, 渡辺俊美, 大橋トリオ
【ジャンル】
J-POP

RONZI(OAU / BRAHMAN)が「ACO CHILL」発のご当地ソングを担当
Wed, 06 May 2015 15:00:00 +0900
「ごてんば おてんば」PV (okmusic UP\'s)

5月16日(土)・17日(日)、御殿場市の樹空の森にて初開催を迎えるアクティビティー型アウトドアイベント「ACO CHILL(アコチル)」。このフェス発のご当地ソング「ごてんば おてんば」の作詞、作曲をRONZI(OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND / BRAHMAN)が担当している。

【その他の画像】OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND

今回公開された動画では、つい口ずさんでしまいそうなキャッチーな歌とコミカルで真似たくなる様なダンスが収められている。演奏にはRONZI所縁のアーティストが参加しており豪華な顔ぶれで制作されている。

また本日更新されたタイムテーブルには、このご当地ソングをみんなで踊る御殿場体操「ごてんば おてんば」が組み込まれているので、開催までに覚えて来場しよう。

フェス発ご当地ソングで地元を盛り上げる試みの外遊びフェス「ACO CHILL」。オフィシャルサイトには、御殿場の温泉施設の割引や地元出店なども紹介されているので、チェックしよう。

「ごてんば おてんば」
歌:ごてんばおてんばーズ
作詞/作曲:ろんぢ
コレオグラファー:ホリコウ(うご区)
パフォーマー:呼吸バニー

■「ごてんば おてんば」
http://youtu.be/gCatmVHGC-s

■「ACO CHILL\'15 powered by 富士山麓」

<日程>
5月16日(土)〜17日(日)
<時間>
16日(土)開場/開演 9:00 終演 21:00 (予定)
17日(日)開場/開演 9:00 終演 15:00 (予定)
<会場>
静岡県御殿場市「樹空の森」
<料金>
■2日券 
一般:¥7,000(税込)/小・中学生:¥1,500(税込)
■1日券
・5月16日(土)券 一般:¥5,000(税込)/小・中学生:¥1,000(税込)
・5月17日(日)券 一般:¥3,000(税込)/小・中学生:¥800(税込)
※小学生未満無料
<駐車券>
5月16日(土)駐車券:¥1,500(税込)
5月17日(日)駐車券:¥1,500(税込)
チケット: 発売中
問合せ:Zeppライブ 03-5575-5170(平日 13:00〜17:00)
オフィシャルサイト: http://acochill.com
Facebook: https://www.facebook.com/ACOCHILL
<出演>
■5月16日(土)
OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND
片平里菜
奇妙礼太郎
くるくるシルク(笑いと感動のサーカス・パフォーマンス)
jan & naomi
JOHNSONS MOTORCAR with Irish Dancers
谷本賢一郎(フックブックロー けっさくくん役)¬¬¬
つじあやの
My Little Lover
■5月17日(日)
伊勢大貴(「なんじゃモンじゃ!ニンジャ祭り!」を歌って踊ろう!)
エリック・ジェイコブセン(子どもTV番組でおなじみ!英語で歌って踊るエリック!)
橋本江莉果
福原美穂with藤井一彦(THE GROOVERS)
吉田山田
LOW IQ 01

【関連リンク】
「ACO CHILL\'15 powered by 富士山麓」オフィシャルHP
吉田山田、全国ツアー初日に未発表の新曲を披露
吉田山田、「日々」以来1年ぶりニューシングルリリース決定
片平里菜、Goose HouseのUstream Liveに約2年振りのゲスト出演決定

【関連アーティスト】
OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND, 片平里菜, 奇妙礼太郎, つじあやの, My Little Lover, 吉田山田, LOW IQ 01
【ジャンル】
フェス

MAN WITH A MISSION、福岡公演初日に『NUMBER SHOT 2015』出演を発表
Wed, 06 May 2015 14:00:00 +0900
5月5日(火・祝)@福岡・Zepp Fukuoka (okmusic UP\'s)

MAN WITH A MISSIONがZepp Fukuoka公演初日に、7月26日(日)の『NUMBER SHOT 2015』に出演することを発表した。

【その他の画像】MAN WITH A MISSION

この日は、今年2月にリリースされた「Seven Deadly Sins」、5月30日(土)に全国公開予定の映画『新宿スワン』主題歌「Dive」など、 人気楽曲を多数。久々の福岡公演とあって、熱気に包まれた会場は最高の盛り上がりをみせた。

ライヴ本編が終了し、アンコールへの期待が高まるなか、 スクリーンに『NUMBER SHOT 2015』への出演が発表されると、会場は再び大きな歓声に包まれる。また、ツアー初日の東京公演で発表された、今年6月のヨーロッパツアー開催、 10月16日(金)のさいたまスーパーアリーナ公演へのZebraheadの出演も同時に告知され、 大きな拍手と声援が巻き起こった。

MAN WITH A MISSIONは5月20日(水)にZebraheadとのスプリットEP「Out of Control」をリリース。発売記念として対象店舗での購入者対象のアナザージャケット(ステッカー仕様)特典が発表されているので、こちらもチェックしよう。

■「NUMBER SHOT 2015」

7月25日(土)、26日(日) 海の中道海浜公園 野外劇場
<出演アーティスト>
■25日(土)
片平里菜/スキマスイッチ/DOBERMAN INFINITY/AAA/DREAMS COME TRUE/ナオト・インティライミ/秦 基博/back number/レキシ/他
■26日(日)
MAN WITH A MISSION/androp/エレファントカシマシ/KANA-BOON/THEイナズマ戦隊/SPYAIR/でんぱ組.inc/東京スカパラダイスオーケストラ/ユニコーン/他

■MAN WITH A MISSION「Seven Deadly Sins Tour 2015 〜七つの対バン〜」

5月06日(水・祝) Zepp Fukuoka
w/サンボマスター
5月12日(火) Zepp Nagoya
w/Dragon Ash
5月13日(水) Zepp Nagoya
w/NAMBA69
5月16日(土) Zepp Namba
w/Dragon Ash
5月17日(日) Zepp Namba
w/NAMBA69
5月20日(水) BLUE LIVE HIROSHIMA
w/グッドモーニングアメリカ
5月21日(木) BLUE LIVE HIROSHIMA
w/The HIATUS
5月26日(火) 新潟LOTS
w/ACIDMAN
5月27日(水) 新潟LOTS
w/BOOM BOOM SATELLITES
5月30日(土) Zepp Sapporo
w/サンボマスター
5月31日(日) Zepp Sapporo
w/ACIDMAN

【関連リンク】
MAN WITH A MISSION オフィシャルHP
MAN WITH A MISSION、対バンツアー開幕! ブンブンサテライツとサプライズコラボを披露!!
マンウィズ×Zebrahead、豪華スプリットEPの全貌が明らかに
マンウィズ、映画『新宿スワン』主題歌MVにて綾野剛と注目のコラボ

【関連アーティスト】
MAN WITH A MISSION
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

秦基博の大ヒット曲「ひまわりの約束」を、総勢700人で歌い継ぐ新MVが完成!
Wed, 06 May 2015 13:00:00 +0900
「ひまわりの約束」MV (okmusic UP\'s)

シンガーソングライター、秦基博の大ヒット曲「ひまわりの約束」の新しいMVが完成し、5月5日(火)こどもの日に公開された。一般のファンからの投稿映像を繋いで作られた、感動的な作品となっている。

【その他の画像】秦 基博

昨年、映画『STAND BY ME ドラえもん』の主題歌として大ヒットし、2014年を代表する曲として各種年間チャートを席巻した「ひまわりの約束」。発売から10ヵ月を経てもなお配信やカラオケチャートなどで上位をキープし、幅広い層への広がりを見せているこの曲は、2番のサビの歌詞に《旅立ちの日 手を振る時 笑顔でいられるように》というフレーズがあるためか、2月頃から“卒業式や謝恩会で歌います!”という声がYouTubeほか、SNSのコメント欄に多く寄せられるようになった。

それをきっかけに、公式サイトでは“大切な人との思い出にこの曲を合唱してください”と呼びかけ、映像を募集。秦基博LINE公式アカウントおよび公式サイト特設ページで3週間にわたって投稿を受け付けたところ、保育園や幼稚園のクラス合唱から高校生、大人のコーラスグループや家族、友人同士でのアカペラ歌唱まで、老若男女さまざまなグループの合唱映像が集まった。

総勢700人以上が歌い継ぐこのMV。投稿一つ一つに込められたストーリーや絆に触れているうちに、自然と涙が出てくるようななんとも感動的な作品になっており、「ひまわりの約束」という楽曲の魅力が再確認できる。

■みんなで歌う「ひまわりの約束」MV
https://www.youtube.com/watch?v=L7sPKGUy40c

【関連リンク】
秦基博 オフィシャルHP
秦 基博、世界的映画監督・河?直美による「水彩の月」MVが完成
秦 基博、待望の新曲「水彩の月」初オンエア情報を解禁
秦 基博、ニューシングル「水彩の月」リリース決定

【関連アーティスト】
秦 基博
【ジャンル】
J-POP, アニメ, 映画

超特急、 小室哲哉&ヒャダインプロデュース曲を初披露
Wed, 06 May 2015 12:30:00 +0900
5月5日(火)@『Asia Progress2015〜JAPAN LIMITED』 (okmusic UP\'s)

超特急が5月5日(火)幕張メッセで開催された『bay fm フリマパラダイス』、そして同日に豊洲PITで開催された『Asia Progress2015〜JAPAN LIMITED』に出演した。

【その他の画像】超特急

『bay fm フリマパラダイス』では、前山田健一が手掛けた楽曲「バッタマン」を1曲目から初披露。 “超特急史上最速楽曲”である本楽曲にてセンター起用となった、6号車・元気担当ユースケは、8号車(=ファンの名称)への感謝への想いを全身で表現しながら「8号車!」と叫ぶ衝撃パフォーマンスをみせ、会場を大いに湧かせた。

また、『Asia Progress2015〜JAPAN LIMITED』では、3000人の観客を前に、小室哲哉が手掛けた楽曲「スターダスト LOVE TRAIN」を初披露。本楽曲でセンター起用となったのは、超特急のTK(Takuya Kusakawa)こと4号車・筋肉担当のタクヤ。 ドラムンベースに往年のTKサウンドが感じられる楽曲に乗せ、クール&スタイリッシュなダンスで観客を魅了した。

超特急は、6月にインドネシア・ジャカルタにて行われる“カウントダウンアジアフェスティバル”に出演、同月にはZepp TokyoでHMV25周年と超特急の3周年を記念したスペシャルライブが開催される、7月からは全国5都市を回るツアーが始まる。

初主演映画の制作決定など、猛加速でレールを走る超特急に大注目してほしい。

【セットリスト】
■『bay fm フリマパラダイス』
01.バッタマン(新曲)
02.panipani
03.Burn!
04.SURVIVOR
05.One Life

■『Asia Progress2015〜JAPAN LIMITED』
01.バッタマン(新曲)
02.panipani
03.Burn!
04.Kiss Me Baby
05.スターダスト LOVE TRAIN(新曲)
06.Billion Beats

■「超特急2015年 夏ツアー BULLET TRAIN ONEMAN SHOW SUMMER LIVE HOUSE TOUR 2015」

7月20日(祝・月) TOKYO DOME CITY HALL
7月21日(火) TOKYO DOME CITY HALL
7月26日(日) TOKYO DOME CITY HALL
8月04日(火) Zepp Nagoya
8月05日(水) Zepp Nagoya
8月11日(火) Zepp Namba
8月12日(水) Zepp Namba
8月16日(日) Zepp Sapporo
8月22日(土) Zepp Fukuoka

【関連リンク】
超特急 オフィシャルHP
超特急、デビュー3周年記念シングル「スターダスト LOVE TRAIN / バッタマン」全容発表
超特急、DISH//、カスタマイZらEBiDANが勢ぞろい! 7月に「EBiDAN THE LIVE」開催決定!
超特急がツアーファイナルで3周年記念シングル発売や初海外公演を発表

【関連アーティスト】
超特急
【ジャンル】
J-POP, ライブ

加瀬邦彦率いるザ・ワイルドワンズの80年代名盤3作が復刻
Wed, 06 May 2015 12:00:00 +0900
加瀬邦彦とザ・ワイルドワンズ (okmusic UP\'s)

加瀬邦彦率いるザ・ワイルドワンズのアルバムが35年振りに復刻! 5月6日(水)に3タイトル同時発売される。

【その他の画像】加瀬邦彦とザ・ワイルドワンズ

“アルバム"という形での復刻は、今作が初。ファンにとって待望のリリースとなる。 ライナーノートには、メンバー・植田芳暁氏のインタビューが掲載されている。

66年のデビュー曲「想い出の渚」の大ヒットからグループ・サウンズ・ブームの中核を担い、71年秋に一旦活動を休止したザ・ワイルドワンズ。 79年11月一時的に再集結してシングルとアルバムをリリース、さらに81年“加瀬邦彦とザ・ワイルドワンズ"として本格的な再結成を果たした。加瀬邦彦による珠玉のメロディーと12弦ギターの響き、ビーチ・ボーイズさながらのコーラスワークは、活動休止のブランクを感じさせず、3年連続でアルバムをリリース。華麗なる復活を遂げたワイルドワンズの“80年代型リゾート・ミュージック"が完成した。

バンドにとっても思い入れが深いという80年代の作品は、リラックスした雰囲気の中で制作された、これからの季節にピッタリなリゾート・アルバム。この機会にチェックしよう。

■アルバム『オン・ザ・ビーチ+2』

「想い出の渚」をはじめ、グループサウンズ人気を牽引したザ・ワイルドワンズ。活動休止後、ファン待望の本格的再結成を果たした81年アルバムが遂に復刻! 洗練さを増したメロディーとコーラス、ハワイでのレコーディングの雰囲気が伝わるリゾー・アルバム!! 伊藤銀次プロデュース&ギター参加作!!

2015年5月6日(水)発売
CDSOL-1649/¥2,400+税
※最新マスタリング
※ライナーノートに植田芳暁氏インタビュー収録
※インタビュー&解説:鈴木啓之
※オリジナル発売日:1981年7月21日
<収録曲>
1. 白い水平線
2. ムーンライト・カクテル
3. ロング・ボード Jive
4. Dreamin\'
5. 海と空と二人
6. 想い出の渚
7. 白いサンゴ礁
8. 夕陽と共に
9. 海は恋してる
10. 青空のある限り
11. 空に星があるように
<BONUS TRACK>
12. 雨のテレフォン
13. モノクローム

■アルバム『オン・ザ・ビーチ\'82』

81年の再結成アルバムに続く82年作品を初復刻! 再結成アルバム、ツアーで新たなファンも獲得。抜群のチームワークで制作された、夏気分満載のワイルド・ワンズ・サウンド!! 「愛するアニタ」や加山雄三カヴァーも収録!

2015年5月6日(水)発売
CDSOL-1650/¥2,400+税
※最新マスタリング
※ライナーノートに植田芳暁氏インタビュー収録
※インタビュー&解説:鈴木啓之
※オリジナル発売日:1982年6月21日
<収録曲>
1. ハート・ブレイク・ビーチ
2. Love you, Surfer girl
3. サマー・エンジェル
4. Welcome to my boat
5. 煌めくまなざし
6. 二人だけの海
7. あなただけを
8. 夕陽は赤く
9. 想い出の渚
10. 愛するアニタ

■アルバム『ロマン・ホリディ+1』

81年の再結成から3 作目、ディスコメイトからフォーライフに移籍しての80年代ラストアルバム! トレードマークのアイビールックのブーム再燃など、時代に迎えられ、華麗な復活を果たしたワイルド・ワンズの80年代リゾート・ミュージックが完結! 沢田研二提供曲「バカンス事情」「LOVE ISLAND」収録。

2015年5月6日(水)発売
CDSOL-1651/¥2,400+税
※最新マスタリング
※ライナーノートに植田芳暁氏インタビュー収録
※インタビュー&解説:鈴木啓之
※オリジナル発売日:1983年7月
<収録曲>
1. ロマン・ホリディ
2. Hello Summer Girl
3. 6月のジェラシー
4. きらきらお嬢 Summer
5. 最後の楽園
6. 避暑地の出来過ぎ
7. バカンス事情
8. Joe
9. Love Island
10. 想い出の渚
<BONUS TRACK>
11. 想い出の渚 カラオケ

【関連リンク】
ザ・ワイルドワンズ オフィシャルHP
倉木麻衣、2015年第1弾新曲配信リリース&本人出演CMオンエア決定
SMAの顧問に北原雅彦(東京スカパラ)、名誉顧問にYO-KING(真心ブラザーズ)が就任
春奈るなワンマンライブに「ようかい体操第一」のラッキィ池田が参加「コンサートまでにみんな覚えてきて」

【関連アーティスト】
加瀬邦彦とザ・ワイルドワンズ
【ジャンル】
J-POP

橋本薫(Helsinki Lambda Club)×下岡晃(Analogfish)、初の対談で今の音楽シーンを語る
Wed, 06 May 2015 11:00:00 +0900
橋本薫(Helsinki Lambda Club)×下岡晃(Analogfish) (okmusic UP\'s)

Helsinki Lambda Clubの橋本薫と、Analogfishの下岡晃による初の対談が実現した。

【その他の画像】Helsinki Lambda Club

5月28日(木)に新代田FEVERにて1stミニアルバム『olutta』発売記念ライヴ『oluttanative』を開催するHelsinki Lambda Club。その2マンライヴのお相手として、彼らが敬愛してやまないAnalogfishを迎えることが決定している。

そして、同2マンライヴに先駆けて両者の対談が公開された。橋本薫がいま一番話をしてみたい相手として切望したのは、Analogfishの下岡晃。面識もまだまだ浅いふたりにとって、初の対談になる。橋本が予てから聞いてみたかった質問を中心に、それぞれの音楽に対する姿勢や、今の音楽シーンについてなど、橋本と下岡のそれぞれのキャラクターが出た興味深い対談記事となった。

ちなみに、橋本は緊張のあまり最初から最後まで手が震えていたそうだ。対談記事はUK.PROJECTオフィシャルHPにて公開されている。

なお、レコ発ライヴは現在チケット発売中だ。

■橋本薫×下岡晃 対談記事
http://ukproject.com/column/2015/05/7971/
■Helsinki Lambda Club オフィシャルHP
http://www.helsinkilambdaclub.com/
■Analogfish オフィシャルHP
http://analogfish.com/wp/

■ファーストミニアルバム『olutta』発売記念ライヴ『oluttanative』

5月28日(木) 新代田FEVER
時間:open 19:00 / start 19:30
料金:前売り ¥2,800 / 当日 ¥3,300(共に+1drink)
出演:Helsinki Lambda Club、Analogfish
プレイガイド 3月14日(土)10:00〜
Lコード:742013
e+:http://eplus.jp

■ミニアルバム『olutta』/Helsinki Lambda Club

2015年3月18日(水)発売
UKCD-1151/¥1,800+税
<収録曲>
01.All My Loving
02.ユアンと踊れ
03.Lost in the Supermarket
04.NIGHT MARKET
05.シンセミア
06.チョコレィト
07.テラー・トワイライト

【関連リンク】
UK.PROJECT オフィシャルHP
Helsinki Lambda Club、3月にミニアルバム『olutta』発売決定
千葉PARCOグランバザール最終日、最新鋭システム導入のライヴイベントを開催
Helsinki Lambda Club、新曲「バンドワゴネスク」ビデオクリップを公開

【関連アーティスト】
Helsinki Lambda Club, アナログフィッシュ
【ジャンル】
ジャパニーズロック

超特急、デビュー3周年記念シングル「スターダスト LOVE TRAIN / バッタマン」全容発表
Tue, 05 May 2015 19:45:00 +0900
超特急 (okmusic UP\'s)

超特急が6月10日にリリースするデビュー3周年記念シングル「スターダスト LOVE TRAIN / バッタマン」のビジュアル&詳細を発表した。

【その他の画像】超特急

今作は、超特急初となるプロデューサーを迎えた作品で、小室哲哉と前山田健一が手掛けるとあって既に各方面から注目を浴びている。

小室哲哉氏が手掛けた楽曲のタイトルは「スターダスト LOVE TRAIN」。なんと、TMNが1991年に発売して大ヒットを記録した「Love Train」にあやかった曲名に。小室は超特急メンバーと直接会い、これまでの超特急の楽曲を聴いたり、ライヴ映像を見たりしながら、一緒にミーティングを行ったという。そしてメンバーからの「3周年のアニバーサリー感とクールな方向性」というリクエストを踏まえて、ドラムンベースに往年のサウンドも感じる「スターダスト LOVE TRAIN」を書き上げた。

この、懐かしいような、でも確実に新しい「超特急×TK曲」のセンターを務めるのは、4号車・タクヤ。超特急としては、2ndシングル「Shake body」以来のセンター起用となる。

ジャケット写真では、クール&スタイリッシュな超特急を表現。カラフルな衣装に身を包んで、次なる地・未来に向かっていくアニバーサリーにふさわしいビジュアルとなっている。

もう一方の前山田健一氏が手掛けた楽曲は「バッタマン」。"本物"かどうかなんて決める定義は人それぞれ、というところから、"バッタモン"をコンセプトに制作された。8号車(=超特急ファンの名称)という大きな存在があったからこそ走ることのできた感謝、そしてまだまだ止まない超特急の野望…歌詞にはメンバーそれぞれの超特急への想いが描かれている。

そんな「超特急×MK(前山田健一)曲」のセンターは、6号車・ユースケ。"弾丸列車"で駆け抜けていく、インドネシア発祥のテンポの速いダンスミュージック"Funkot"をベースにした超特急史上最速楽曲となる。

東南アジアを意識したビジュアルでは、タイの乗り物・トゥクトゥクの前でイキがる(!?)"ちょっとやんちゃ"な雰囲気やアジアンフードを囲んだ笑顔のメンバーを見ることができる。

■4号車・タクヤ コメント

3周年記念にあの偉大なプロデューサー小室哲哉さんと、前山田健一さんのお2人に手掛けて頂けたということで、改めて僕たち超特急は「超特急」なんだなーと思いました。笑
そして、「スターダスト LOVE TRAIN」のセンターを務めることになりました。
センターは苦手な僕ですが超特急のTKは僕(Takuya Kusakawa)なので小室さんの気持ちも背負ってステージにたちたいと思います。
曲調はクールでカッコいいが歌詞は可愛いツンデレな曲なので、普段まわりからツンデレと言われる僕にはピッタリです。笑
これからもどんなアーティストにも似ない超特急を魅せていきたいです。

■6号車・ユースケ コメント

バッタマンという曲には、僕たちメンバー7人が8号車さんに向けてのメッセージだったり、超特急でやっていきたい魂の叫びなどが入ったりしています。
超特急がどんなグループなのかを紹介するにはピッタリな曲です!
今回、小室哲哉さんの「スターダスト LOVE TRAN」前山田健一さんの「バッタマン」が両A面シングルになるということで、3周年に凄く素敵な作品が出来たなって思いました。
どちらの曲も3周年にふさわしくて超特急という記念物が出来たかのようです。
小室哲哉さんの想いや前山田健一さんの想いを超特急のダンスと歌にのせて披露していきたいと思います。
これからも一生懸命超特急やっていきます。
僕たちにしかできないことをいろんな人にみせていきたいです。
夢へのレールにまた一駅近づけますように。

■シングル「スターダスト LOVE TRAIN / バッタマン」

2015年6月10日発売
【通常版】(CDのみ)
ZXRC-1016/¥1,200+税
<収録曲>
1.スターダスト LOVE TRAIN
2.バッタマン
3.Summer love

【初回完全限定盤】(CD+Blue-ray)
ZXRC-1015/¥4,000+税
<収録曲>
■CD
1.スターダスト LOVE TRAIN
2.バッタマン
3.Summer love
■Blu-ray
BULLET TRAIN BOYS GIG Vol.01 〜そのLINKをRINGせよ!! 間違っちゃったホワイトデー男祭り!!〜 2015.3.14@DESEO(約54分収録)

■HMV25周年×超特急3周年記念企画

6月10日(水) Zepp Tokyo
出演者:超特急(単独ライブ)

6月17日(水) Zepp Tokyo
出演者:超特急×TRF

■超特急2015年 夏ツアー『BULLET TRAIN ONEMAN SHOW SUMMER LIVE HOUSE TOUR 2015』

7月20日(祝・月) 東京 TOKYO DOME CITY HALL
開場17:00 / 開演18:00
7月21日(火)  東京 TOKYO DOME CITY HALL 
開場18:00 / 開演19:00
7月26日(日)  東京 TOKYO DOME CITY HALL 
開場17:00 / 開演18:00
8月04日(火)  愛知 Zepp Nagoya 
開場18:00 / 開演19:00
8月05日(水)  愛知 Zepp Nagoya 
開場18:00 / 開演19:00
8月11日(火)  大阪 Zepp Namba 
開場18:00 / 開演19:00
8月12日(水)  大阪 Zepp Namba 
開場18:00 / 開演19:00
8月16日(日)  北海道 Zepp Sapporo 
開場16:00 / 開演17:00
8月22日(土)  福岡 Zepp Fukuoka 
開場17:00 / 開演18:00

[チケット情報]
指定席 ¥6,000(税込)
スタンディング ¥6,000(税込)
ファミリー号車席 ¥6,000(税込)
※入場時別途ドリンク代必要

【関連リンク】
超特急 オフィシャルHP
超特急、DISH//、カスタマイZらEBiDANが勢ぞろい! 7月に「EBiDAN THE LIVE」開催決定!
超特急がツアーファイナルで3周年記念シングル発売や初海外公演を発表
超特急、4月22日より全音源の配信&ハイレゾ配信が決定

【関連アーティスト】
超特急
【ジャンル】
J-POP

amazarashi、ストリングスを加えたバンドでの生ライブをニコ生配信決定
Tue, 05 May 2015 19:00:00 +0900
アルバム『あまざらし 千分の一夜物語 スターライト』【初回限定生産盤】(CD+DVD)  (okmusic UP\'s)

amazarashiが、5月13日(水)に発売する初のアコースティックアルバム『あまざらし 千分の一夜物語 スターライト』のリリースを記念して、5月12日(火)にニコ生でストリングスを編成に加えたバンド編成での生ライブを行う事を発表した。

【その他の画像】amazarashi

同作には、ストリングスを編成に加え新たなアレンジで生まれ変わったamazarashiの代表曲群に加え、TVアニメ「東京喰種トーキョーグール√A」のエンディングに採用されて話題を呼んだ楽曲「季節は次々死んでいく」など全てアンプラグトアレンジにて再レコーディングされた全12曲を収録。

なお初回限定盤には、2014年9月9日に東京ドームシティホールにて行われたプレミアムライブ「あまざらし 千分の一夜物語 スターライト」を 完全収録したDVDに加え、CDパッケージ封入が世界初となる360°VRスコープが付属。また、すべてのプロダクトに秋田ひろむが書き下ろした、小説「千分の一夜物語 スターライト」が未発表の一節もくわわり封入される。

同作の楽曲を一足先に楽しみたい方はニコ生をチェックしよう。

■amazarashi「あまざらし 千分の一夜物語 スターライト」発売記念 先行試聴会&SPライブ

放送日時:5月12日(火)20:00-21:00
タイムシフト視聴期間:30日
番組URL:http://live.nicovideo.jp/watch/lv219577308

■『あまざらし 千分の一夜物語 スターライト』

2015年5月13日(水)発売
【初回限定生産盤】(CD+DVD)
¥4,500+税
※特殊ジャケット 
※VRスコープ封入
【通常盤】(CDのみ)
¥2,800+税
<収録曲>
■CD
01.光、再考
02.ムカデ
03.空っぽの空に潰される
04.隅田川
05.無題
06.さくら
07.つじつま合わせに生まれた僕等
08.古いSF映画
09.夏を待っていました
10.季節は次々死んでいく
11.美しき思い出
12.スターライト
(全楽曲ストリングスを構成にいれたアンプラグドアレンジで再レコーディング)
■DVD ※初回限定生産盤のみ
あまざらし 千分の一夜物語 スターライト
2014.09.09 TOKYO DOME CITY HALL
モノローグ1『情熱、希望なんでもいいけど、僕らはここに居ちゃだめだ』
光、再考
ムカデ
空っぽの空に潰される
モノローグ2『僕らは一人では駄目だ』
隅田川
さくら
ドブネズミ
モノローグ3『夜の向こうに答えはあるのか』
つじつま合わせに生まれた僕等
古いSF映画
カルマ
モノローグ4『故郷のヒメリンゴ啄んだ鳥になるか』
ひろ
夏を待っていました
美しき思い出
モノローグ5『いつか全てが上手く行くなら、涙は通り過ぎる駅だ』
スターライト

【DVD盤】
¥3,800+税
※DVD単体の商品のみ収録
※Music Video4曲収録
<収録内容>
■Music Video
スターライト
もう一度
穴を掘っている
季節は次々死んでいく

【関連リンク】
amazarashi オフィシャルHP
amazarashi、アコースティックアルバムより「スターライト unplugged ver.」を24時間限定公開
amazarashi、アコースティックアルバムのトレーラー映像を公開
amazarashi、アコースティックアルバムより「美しき思い出 unplugged ver.」を24時間限定公開

【関連アーティスト】
amazarashi
【ジャンル】
ジャパニーズロック

浜田省吾、オリジナルアルバムが18年半ぶりの首位でマドンナの記録を更新
Tue, 05 May 2015 18:00:00 +0900
アルバム『Journey of a Songwriter 〜 旅するソングライター』【完全生産限定盤】(CD+特典CD+特典映像 ※Blu-ray DiscまたはDVD) (okmusic UP\'s)

浜田省吾が4月29日に10年ぶりとなる待望のオリジナルアルバム『Journey of a Songwriter〜旅するソングライター』をリリースし、初週で8.0万枚を売り上げ、5月11日付オリコン週間アルバムランキングで初登場首位を獲得した。

【その他の画像】浜田省吾

シングル、アルバムを通じて首位は、2000年11月20日付のベストアルバム『The History of Shogo Hamada “Since 1975”』(2000年11月発売)以来で14年半ぶり。アルバムでの首位獲得は通算で9作目となった。

また、オリジナルアルバムの首位は、1996年11月25日付の『青空の扉〜THE DOOR FOR THE BLUE SKY〜』(1996年11月発売)以来18年半ぶり。これまでマドンナが保持していた“オリジナルアルバムの首位インターバル記録”である17年11ヵ月(1990年6月25日付『アイム・ブレスレス』〜2008年5月12日付『ハード・キャンディー』)を7ヵ月更新し、同記録で初の歴代1位となった。

浜田にとって今作『Journey of a Songwriter〜旅するソングライター』は、2005年7月発売の『My First Love』以来約10年ぶりのオリジナルアルバム。全17トラック、収録時間75分を超える大作で、完全生産限定盤、期間生産限定盤、通常盤、完全生産限定アナログ盤でリリースとなる。完全生産限定盤は、アルバム収録曲のアコースティックバージョンやリミックスバージョンなどのボーナストラックを収録した特典CDと、MVなどが楽しめる特典映像(Blu-ray DiscまたはDVD)付きの豪華3枚組仕様となっている。

また、今週付のアルバムランキングでは、浜田が1975年のデビュー当時ドラマーとして在籍していたバンド、AIDOのコンプリートコレクション『AIDO Complete Collection』が0.5万枚で初登場11位を獲得。シングル、アルバムを通じ、初のランクイン(=TOP300入り)にしてTOP20入りを果たしている。

■アルバム『Journey of a Songwriter〜旅するソングライター』

発売中
【完全生産限定盤】(CD+特典CD+特典映像 ※Blu-ray DiscまたはDVD)
■特典映像Blu-ray版 SECL-2016〜8/¥7,000+税
■特典映像DVD版 SECL-2019〜21/¥7,000+税
※三方背スペシャルBOX仕様
【期間生産限定盤】(CD+特典CD)
SECL-2022〜3/¥4,500+税
【通常盤】(CDのみ)
SECL-2024/¥3,000+税
【完全生産限定アナログ盤】(重量盤LP2枚組)
SEJL-25〜6/¥4,000+税
<収録曲>
01.光の糸
02.旅するソングライター
03.きっと明日
04.マグノリアの小径
05.美しい一夜
06.サンシャイン・クリスマスソング
07.五月の絵画
08.瓶につめたラブレター
09.ハッピー・バースデイソング
10.夢のつづき
11.夜はこれから
12.恋する気分
13.永遠のワルツ
14.アジアの風 青空 祈り part-1 風 part-2 青空 part-3 祈り
15.誓い
<特典CD 収録曲>※完全生産限定盤、期間生産限定盤のみ
01.ハッピー・バースデイソング(Acoustic Version)
02.アジアの風 青空 祈り part-3 祈り(Instrumental Version)
03.光の糸(Remix Version)
04.旅するソングライター(Remix Version)
05.マグノリアの小径(Remix Version)
06.瓶につめたラブレター(Remix Version)
07.きっと明日(Remix Version)
08.恋する気分(Remix Version)
09.夜はこれから(Club Mix 2015 Version)
10.永遠のワルツ(Instrumental Version)
<Blu-ray & DVD 収録曲>※完全生産限定盤のみ
01.光の糸(MV)
02.夢のつづき(MV)
03.Lonely―愛という約束事(LIVE at JCB Hall / Fan Club Concert 2009)
04.恋する気分(LIVE at JCB Hall / Fan Club Concert 2009)
05.こんな気持のまま(LIVE at NHK Hall / Charity Concert in Fan Club Tour 2013)
06.旅するソングライター(MV)

■アルバム『AIDO Complete Collection』

発売中
SECL-1689〜90(2枚組)/¥4,000+税
※完全生産限定盤
※メジャーデビュー40周年記念7インチW紙ジャケット仕様
※デジタルリマスター
※増渕英紀によるライナーノーツ付き
<DISC 1 収録曲>
01.AIDOのテーマ
02.初夏の頃
03.春の日に
04.二人の夏
05.君がいれば
06.愛するお前に
07.雨模様
08.あの娘は僕の大事なべぇぃびぃ
09.夢にいざなえ
10.恋の西武新宿線
11.もうすぐ五月 外は雨
12.去りし友よ
13.恋の西武新宿線(シングルバージョン)
<DISC 2 収録曲>
01.午前10時のSAMBA
02.朝からごきげん
03.夏の二人
04.OLLE
05.明日
06.川ぞいの道に
07.LOVE TIME
08.約束
09.コバルト蜃気楼
10.一人都会で
11.人想い
12.旅立ちの朝

【関連リンク】
浜田省吾 オフィシャルHP
浜田省吾が35年ぶりのラジオパーソナリティに挑戦した「オールナイトニッポンGOLD」オンエア終了
浜田省吾、10年ぶりのオリジナル・アルバムがついに発売
浜田省吾、待望のオリジナルアルバム収録曲をダイノジ・大谷ノブ彦のラジオにて初解禁

【関連アーティスト】
浜田省吾
【ジャンル】
ジャパニーズロック

渡辺美里、デビュー30周年当日に大阪城野外音楽堂で記念コンサートを開催
Tue, 05 May 2015 17:00:00 +0900
5月2日(土)@大阪城野外音楽堂 (okmusic UP\'s)

渡辺美里が、デビュー日からちょうど30年の記念日にあたる2015年5月2日(土)に、大阪城野外音楽堂で記念コンサート『30th Anniversary「春の美里祭り 30th Revolution」』を開催した。

【その他の画像】渡辺美里

渡辺美里はレコードデビュー前から大阪の人気ラジオ番組「ヤングタウン」のレギュラー・パーソナリティを担当。30年前のデビュー日も大阪に滞在していて市内のレコードショップに行って自分のレコードが本当に発売されているか確認するなど、デビュー時から大阪に非常に縁があった。

そこで、記念すべきデビュー30周年当日に大阪城野外音楽堂でアニヴァーサリー・コンサートを開催。この特別な記念日を祝福するために集まった満員のファンを前に選んだオープニングナンバーは30年前の5月2日にリリースしたデビューシングルの「I\'m Free」。まさかの選曲にお客さんは驚くと共に大興奮。「デビュー記念の日を大阪で迎えられることを感謝します」のMCの後も、2015年4月1日(水)にリリースしたデビュー30周年記念アルバム『オーディナリー・ライフ』収録曲を中心に、「My Revolution」などの代表曲も多数披露。

更に、スペシャルゲストとしてギタリストの押尾コータローも出演し、押尾の美しいギターの音色をバックに「悲しいボーイフレンド」「Believe」「さくらの花の咲くころに」といった名曲を共演した。

また同公演最後のMCで、この日のステージからスタートする30周年記念の全国ツアーのファイナル公演を大阪フェスティバルホールで12月23日(水)に開催することをサプライズで発表した。

コンサートツアー『30th Anniversary「渡辺美里 日本全国ツアー 30th Revolution」』は5月2日(土)よりスタート! そちらもチェックしていただきたい。

■30th Anniversary「渡辺美里 日本全国ツアー 30th Revolution」 特設サイト 
http://30th-revolution.syncl.jp/
■渡辺美里 オフィシャルHP
http://www.misatowatanabe.com/

【関連リンク】
渡辺美里が渋谷公会堂にて元旦コンサートを開催
エピックレコード創立35周年を記念した連続配信リリース第一弾は80年代コンピ!
伝説の一夜が再び!ライブドキュメンタリー「ベイビー大丈夫かっ BEATCHILD 1987」 公開決定!
渡辺美里、18年ぶり武道館公演にファン7000人集結

【関連アーティスト】
渡辺美里, 押尾コータロー
【ジャンル】
J-POP, ライブ

ミソッカス、新曲「愛しさと切なさと純情な感情」MVを公開
Tue, 05 May 2015 16:00:00 +0900
ミソッカス (okmusic UP\'s)

ミソッカスの新曲「愛しさと切なさと純情な感情」のMVが、レーベルのYouTube公式チャンネルにて公開された。

【その他の画像】ミソッカス

「愛しさと切なさと純情な感情」は、6月3日にリリースされる1st EP「ゴールデンミソアワードEP」の収録曲で、MVはゲスの極み乙女。やALL OFFなどを手がける杉本視が監督を務めている。メンバーのクールな演奏シーンと、歌詞に出てくる「ちょっと待ってくれないか」にフォーカスを当て、メンバーが『ねるとん紅鯨団』風に告白をするシーンが展開される映像に仕上がっている。

告白をされる女性役で、モデルで女優の中田クルミが出演しているところも注目だ。

■「愛しさと切なさと純情な感情」MV
http://youtu.be/PcK3BUd98jY

■EP「ゴールデンミソアワードEP」

2015年6月3日(水)発売
NBDL-0027/¥1,200+税
<収録曲>
1. 愛しさと切なさと純情な感情
2. ハートビートオーバードライブ
3. Mr.D
4. Cut the LIVESCAPE

■ライヴ情報

5月09日(土) 【北海道】札幌Souun Lab mole
5月18日(月) 【大阪】Music Club JANUS
5月29日(金) 【東京】新宿LOFT
6月06日(土) 【愛知】タワーレコード 名古屋近鉄パッセ店(観覧無料)
6月17日(水) 【東京】新宿LOFT

『SAKAE SP-RING 2015』
6月07日(日) 【愛知】

【関連リンク】
ミソッカス オフィシャルHP
ミソッカス、地元名古屋で『ミソフェス2015』の開催を発表
ミソッカス、新曲「マッドシュリンプス」のPVを公開
ミソッカス、7月2日リリースのミニアルバム詳細&ジャケ写を解禁

【関連アーティスト】
ミソッカス
【ジャンル】
ジャパニーズロック

ORANGE RANGE、3rdアルバム『ИATURAL』再現ツアーファイナルをスペシャアプリにて生配信決定!
Tue, 05 May 2015 15:00:00 +0900
ORANGE RANGE (okmusic UP\'s)

ORANGE RANGEが5月9日(土)にZepp Nambaで開催するコンセプトツアー「RWD← SCREAM 015」ファイナル公演の模様を生配信することが決定した。

【その他の画像】ORANGE RANGE

生配信はスペースシャワーTV公式スマートフォンアプリ「スペシャアプリ」にて行われる。

同ツアーは、オフィシャルファンクラブ「RANGE AID+」が主催する過去作を主軸にしたコンセプトツアーで、これまでに2011年に1stアルバム『1st CONTACT』、2013年に2ndアルバム『musiQ』を軸に開催。今年は2005年10月12日にリリースした3rdアルバム『ИATURAL』に焦点を当て、当時の楽曲を今の自分達なりの表現で再現する事にチャレンジ。過去を振り返ることによって、今の自分達を見つめ直し、明日に向かっていくメッセージが込められている。4月4日の仙台Rensaを皮切りに、全国10都市12公演を開催、今回生配信が決定したZepp Nambaでファイナルを迎える。

気になる方は同アプリでチェックしよう。

■配信情報

配信日時: 5月9日(土)18:00配信スタート
視聴方法: App StoreもしくはGoogle PlayからスペースシャワーTV公式スマートフォンアプリ「スペシャアプリ」を ダウンロードして下さい。詳しくはこちら→ http://sstv.jp/app

<スペシャアプリとは>
スペースシャワーTV公式スマートフォンアプリ「スペシャアプリ」は、iPhone / Android 対応の無料スマートフォンアプリです。おススメミュージックビデオやライブ生配信やアーティストの生配信番組などをお送りしています。

■「RANGE AID+ presents "RWD← SCREAM 015"」

5月08日(金) 大阪・Zepp Namba 
5月09日(土) 大阪・Zepp Namba 

【関連リンク】
ORANGE RANGE オフィシャルHP
ORANGE RANGE主催「テレビズナイト015」に夏川りみの出演が決定
かりゆし58、盛大なクロージングライヴで「沖縄国際映画祭」を締めくくる
ORANGE RANGE、3rdアルバム『ИATURAL』コンセプトツアー開催決定

【関連アーティスト】
ORANGE RANGE
【ジャンル】
ジャパニーズロック

家入レオ、初の野外ワンマンとなった日比谷野音から全国ツアーがスタート
Tue, 05 May 2015 14:00:00 +0900
5月4日@日比谷野外大音楽堂 (okmusic UP\'s)

家入レオが今年2月にリリースした3rdアルバム『20』を引っさげた全国14都市15公演2ヵ月にわたるライヴツアー「家入レオ 4thワンマン Tour〜20 twenty〜」を、自身初の野外ワンマン公演となった5月4日(月)の日比谷野外大音楽堂公演からスタートさせた。

【その他の画像】家入レオ

野音を埋め尽くした2,800人が待ち望むステージに家入が登場し、大ヒット曲「Shine」ほか3曲を立て続けに披露すると、会場は一気にヒートアップした。“みなさん、こんばんは家入レオです。今日はようこそお越しいただきました”“今日は日比谷、ツアーの初日ということで、屋外ですし天気をずっと心配していましたが、今日はすごくいい天気になってくれて、歌っていてほんと気持ちいいです!” と初MC。続いて、“私は13歳の時、尾崎豊さんの「15の夜」を聞いて、音楽の道を志しました。だから、ずっとこの場所で歌いたいと思って初日のこの日を楽しみにしてました”と初の野外ワンマンライヴ、そして敬愛する尾崎豊への思いを話す。“ライブは一人でつくれない。みなさんの一生の思い出になるようなライブにしていきたいので、みなさんも自分のスタイルで楽しんでください!”と、家入の今回のツアーにかける思いを込めた言葉に、会場は声援で応えた。

ライヴ中盤では、“16歳で上京するまでは、ギターの弾き語りスタイルで歌っていて、このキャロル・キングの「I feel the Earth move」はその当時からよく歌っていた曲です”とMCし、自身初となる洋楽カバー曲を弾き語りで熱唱した。そして、昨年大ヒットしたドラマ主題歌「Silly」で会場を大きな静寂に包むと、終盤はライヴならではのナンバーを立て続けに披露。アンコールでは、“素直に“ありがとう"って伝えられない思いをこの曲に込めました”という「Last Song」でこの日の全22曲、約120分に及ぶライヴを締めくくった。

photo by 田中聖太郎

■「家入レオ4thワンマンTour〜20 twenty〜」

5月09日(土) 北海道 札幌ファクトリーホール
5月16日(土) 宮城 仙台Rensa
5月23日(土) 広島 BLUE LIVE広島
5月24日(日) 香川 高松オリーブホール
5月30日(土) 福岡 福岡市民会館
5月31日(日) 鹿児島 鹿児島CAPARVO HALL
6月04日(木) 石川 金沢EIGHT HALL
6月12日(金) 栃木 エニスホール(野木町文化会館)
6月14日(日) 愛知 日本特殊陶業市民会館フォレストホール(名古屋市民会館)
6月21日(日) 静岡 三島市民文化会館
6月24日(水) 茨城 鹿嶋勤労文化会館
6月27日(土) 兵庫 三田市総合文化センター 郷の音ホール
6月28日(日) 大阪 大阪国際会議場メインホール(グランキューブ大阪)
7月04日(土) 東京 渋谷公会堂

■アルバム『20』

発売中
【初回限定盤】(CD+DVD)
VIZL-780/¥3,400+税
<収録曲>
01.miss you
02.little blue
03.Silly
04.lost in the dream
05.心のカ・タ・チ〜Another Story〜
06.TWO HEARTS
07.For you
08.純情
09.Still
10.love & hate
11.勇気のしるし
12.Last Song
<DVD>
〈MV〉
01.miss you(Another Version)
〈Selections from LEO IEIRI LIVE 12/13〜thanks 2014〜at 新木場 STUDIO COAST〉
01.純情
02.Silly
03.勇気のしるし
04.miss you
05.Message
Photo Session & Music Video Making Movies

【通常盤】(CDのみ)
VICL-64300/¥2,900+税
<収録曲>
01.miss you
02.little blue
03.Silly
04.lost in the dream
05.心のカ・タ・チ〜Another Story〜
06.TWO HEARTS
07.For you
08.純情
09.Still
10.love & hate
11.勇気のしるし
12.Last Song
13.Silly ?Another Version-(bonus track)

【ツアー会場限定盤】(CDのみ)
NCS-896/¥2,963+税
※7inchアナログサイズ紙ジャケット仕様
※ポスター型歌詞カード入り
<収録曲>
01.miss you
02.little blue
03.Silly
04.lost in the dream
05.心のカ・タ・チ〜Another Story〜
06.TWO HEARTS
07.For you
08.純情
09.Still
10.love & hate
11.勇気のしるし
12.Last Song
13.Silly ?Another Version-(bonus track)

◎ツアー会場購入者限定特典
「4th ワンマンTour〜20 twenty〜」ツアー各会場のCD販売コーナーでアルバム『20』(会場限定盤、初回限定盤、通常盤のいずれか)を購入すると、先着で「家入レオ 3rdアルバム『20』 直筆サインプリント入りスペシャルポスター」をプレゼント

【関連リンク】
家入レオ オフィシャルHP
『FREEDOM aozora 2015』第2弾出演者はAK-69、家入レオ、氣志團、10-FEET、安全地帯ら13組
家入レオ、全国ワンマンツアー各会場で最新アルバムのツアー会場限定盤を発売
家入レオ、"第87回選抜高校野球" MBS野球中継テーマソングを担当

【関連アーティスト】
家入レオ
【ジャンル】
J-POP, ライブ

吉田山田、渋谷公会堂でバンド編成でのライヴを披露&サプライズ発表
Tue, 05 May 2015 13:00:00 +0900
5月4日@渋谷公会堂 (okmusic UP\'s)

吉田山田の全国ツアー「吉田山田ツアー2015」の東京公演が、5月4日(月)に渋谷公会堂で行なわれた。

【その他の画像】吉田山田

この日のチケットは早々にソールドアウト。開演前からすでにツアーグッズを身に纏ったファンが会場前にあふれ、この日の公演を待ちわびていた。仙台、札幌、新潟と、ここまではアコースティック編成であったが、後半戦の東京公演からはバンド編成での演奏となる。

バンド編成となるホールならではの演出に観客も歓声をあげ、このツアーで初披露となる新曲の数々にひときわ耳を傾けていた。“皆さん、吉田山田ツアー2015、渋谷公会堂へようこそ!”と観客を煽りつつも、“全国各地でやらせていただいてますが、渋谷はバイトもしていたし、ライブも観に来ていた”と感慨深げに話す場面も。

さらに、2人からサプライズ発表があり、すでにアナウンスされている6月17日発売となる10枚目のニューシングルのタイトルが「キミに会いたいな」になることが決定! このシングルは、ライヴDVD付き初回限定盤と通常盤の2種類のリリースとなり、初回限定盤のDVDには、3月1日(日)にEX THEATER ROPPONGIで行なったストリングスカルテットを迎えてのアコースティックライヴから、テレビ未放映のものも含む数曲を収録される予定だ。また、「キミに会いたいな」が5月6日(水)に彼らのレギュラーラジオであるニッポン放送『吉田山田のオールナイトニッポン 0(ZERO)』内で初オンエアされることも決定した。

また、吉田山田の次回のワンマンライヴは、上野水上音楽堂で8月29日(土)に開催される。

■シングル「キミに会いたいな」

2015年6月17日発売
【LIVE DVD付き初回限定盤】(CD+DVD)
PCCA.4185/¥2,000(税込み)
<収録内容>
■CD
1.キミに会いたいな
2.タイトル未定
■DVD
3月1日(日)EX THEATER ROPPONGIで行った、ストリングスカルテットを迎えてのアコースティックライブから、テレビ未放映含む数曲収録予定。

【通常盤】(CDのみ)
PCCA.4186/¥1,300(税込み)
<収録内容>
1.キミに会いたいな
2.タイトル未定
3.タイトル未定

【関連リンク】
吉田山田、全国ツアー初日に未発表の新曲を披露
吉田山田、「日々」以来1年ぶりニューシングルリリース決定
吉田山田、4年半に渡ったレギュラーラジオ番組がついに最終回
吉田山田、一夜限りのスペシャルライブをTV初放送決定

【関連アーティスト】
吉田山田
【ジャンル】
J-POP, ライブ

Gacharic Spin、渋谷公会堂で3時間に及ぶ熱いツアーファイナル!
Tue, 05 May 2015 12:00:00 +0900
5月3日@渋谷公会堂 (okmusic UP\'s)

Gacharic Spinが今年2月にリリースしたシングル「赤裸ライアー/溶けないCANDY」を引っさげたライヴツアーのファイナルを5月3日(日)に渋谷公会堂で行ない、2,000人のファンを熱狂させた。

【その他の画像】Gacharic Spin

“GS Gacha2015〜”のメロディーと会場のGSコール、リーダーのFチョッパーKOGA(Ba)の“ツアーファイナル、ぶっ飛ばしていくぞー!!”という掛け声と共にライヴがスタート。1曲目から激しいロックナンバー「Lock On!!」を演奏し、会場は熱気の坩堝に! 続けて「More Power」「爆弾娘(ボンバーガール)」で会場を盛り上げ、今回はTOMO-ZO(Gt)がピンクの巨大けん玉でパフォーマンス。“ファイナルへようこそ! 渋谷公会堂、ありがとうございます!! いつも来てくれる人も、初めての人も楽しい空間を創っていきましょう!”と挨拶すると、オレオレオナ(Vo&Key)がセンターに立ち、「GS★PLANET」を披露。その曲中ではひさびさの人間キーボードが登場、「Ben-Jan-Dan」では往年の宴会芸(!?)の“ゴムパッチン"が登場するなどロックナンバーでありながらも、会場を笑いであふれさせた。

続くアコースティックコーナーではなぜか、はな(Vo&Dr)とオレオレオナが関西弁でコントをすると、「ヌーディリズム」で普段はなかなか観ることのできない編成でファンをやさしく力強く包み込んだ。新曲の「夢喰いザメ」も披露。「JUICY BEATS」では、会場の2,000人の光る手袋が光り、一体感のあるパフォーマンスを見せた。14曲目の「オトナ少女」では、パフォーマー2人による「ガチャガチャダンサーズ」がピエロの衣装になって登場! 愛らしい姿と裏腹に、激しいダンス。そして、はなのドラムソロへと続く。

両A面スプリットシングルとしてリリースした「赤裸ライアー/溶けないCANDY」では、ガチャガチャダンサーズがメインのジャケット(初回限定盤B)の売り上げが初回限定盤Aより多ければ、ガチャガチャダンサーズ単体でのCDリリースが約束されていたが、KOGAから“残念ながら楽器チームの勝ちです!”と結果が発表された。“もう一回チャンスを下さい!”と言うガチャガチャダンサーズに、“言っとくけど、今のままじゃ勝てないよ!”と先輩からの厳しい喝も。

TOMO-ZO(Gt)のメイン曲「週末ファンタジー」も披露され、“沢山の愛をありがとう!”とコメントしたあと、こちらも恒例(!?)のTOMO-ZOのおしゃべりコーナーでメンバー紹介。すると、ステージにザ・グレート・カブキが突然登場! 「赤裸ライアー」のMVで共演した伝説のプロレスラーの登場に、会場からはどよめきが上がった。そして、“皆さんの力で、Gacharic Spinを世界へ飛ばしていきましょう”とのコメントを残し、ロックナンバー「赤裸ライアー」で熱気は最高潮に。さらに、スピーディーな「ダンガンビート」でラストを飾った。
 
メンバーが会場に向かって手を振り去ったあとも拍手がやまず、会場は“ガチャピン”コールに包まれる。そんな中、メンバーがステージに再登場! FチョッパーKOGAの“アンコールありがとう! 今日は来てくれてありがとう! ステージに立てるのはみんなのおかげです! ありがとうございます! でも今日の渋谷公会堂はソールドアウトできませんでした! 次は足りないものを見つけてソールドアウトしたいと思います。これからも突き進んでいきたいと思いますので、応援宜しくお願いします!”と涙を浮かべてMC。はなの歌声、オレオの奏でるメロディー、オーディエンスの合唱で気持ちを一つに「宝物」が歌い上げられた。

アンコール2曲目はTVアニメ『ドラゴンボール改』の主題歌となっている新曲「Don\'t Let Me Down」。雰囲気は一転し、爽快感のあるポップなメロディーが響きわたった。さらに、Wアンコールでは、KOGAから嬉しい発表が。“皆さんに報告があります。秋にメジャーファーストアルバムのリリースが決定しました! さらに、このアルバムを引っ提げて、ワンマンツアーも決定しました! ファイナルは、11月29日Zepp Tokyoです!”。

その後も全力で駆け抜けた彼女たち。全24曲、約3時間に及ぶ熱狂のライヴとなった。

【セットリスト】
GS Gacha2015〜
01.Lock On!!
02.More Power
03.爆弾娘(ボンバーガール)
MC
04.GS★PLANET
05.ハンティングサマー
06.Ben-Jan-Dan
MC
07.ヌーディリズム
08.好きな人、だけど…
MC
09.今を生きてる〜2013年春〜
10.さよならチェリー
11.ルーレット
12.夢喰いザメ
13.JUICY BEATS
まいのパントマイムムービー
14.オトナ少女
15.僕だけのシンデレラ
MC
16.溶けないCANDY
17.週末ファンタジー
MC
18.赤裸ライアー
19.運命さえも変える言葉
20.ダンガンビート
〈アンコール1〉
MC(KOGA)
En1.宝物
En2.Don\'t Let Me Down
En3.BROKEN LOVER
〈アンコール2〉
En4.WINNER
〜GS Gacha2012

【関連リンク】
Gacharic Spin オフィシャルHP
Gacharic Spinの新作MVにプロレスラー天龍源一郎が出演
Gacharic Spin、8月にサンフランシスコで開催される「J-POP SUMMIT 2015」への参加が決定
[Gacharic Spin]インタビュー - メジャー第一弾だからって普通にはやんねぇよ!

【関連アーティスト】
Gacharic Spin
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1