歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2015年04月29日)
バックナンバー
最新ニュース
2015/05/08
2015/05/07
2015/05/06
2015/05/05
2015/05/04
2015/05/03
2015/05/02
2015/05/01
2015/04/30
2015/04/29
2015/04/28
2015/04/27
2015/04/26
2015/04/25
2015/04/24
2015/04/23
2015/04/22
2015/04/21
2015/04/20
2015/04/19
2015/04/18
2015/04/17
2015/04/16
2015/04/15
2015/04/14
2015/04/13
2015/04/12
2015/04/11
2015/04/10
2015/04/09
2015/04/08
2015/04/07
2015/04/06
2015/04/05
2015/04/04
2015/04/03
2015/04/02
2015/04/01
2015/03/31
2015/03/30
2015/03/29
2015/03/28
2015/03/27
2015/03/26
2015/03/25
2015/03/24
2015/03/23
2015/03/22
2015/03/21
2015/03/20
2015/03/19
2015/03/18
2015/03/17
2015/03/16
2015/03/15
2015/03/14
2015/03/13
2015/03/12
2015/03/11
2015/03/10
2015/03/09
2015/03/08
2015/03/07
2015/03/06
2015/03/05
2015/03/04
2015/03/03
2015/03/02
2015/03/01
2015/02/28
2015/02/27
2015/02/26
2015/02/25
2015/02/24
2015/02/23
2015/02/22
2015/02/21
2015/02/20
2015/02/19
2015/02/18
2015/02/17
2015/02/16
2015/02/15
2015/02/14
2015/02/13
2015/02/12
2015/02/11
2015/02/10
2015/02/09
2015/02/08
2015/02/07
2015/02/06
2015/02/05
2015/02/04
2015/02/03
2015/02/02
2015/02/01
2015/01/31
2015/01/30
2015/01/29
2015/01/28
2015/01/27
2015/01/26
2015/01/25
2015/01/24
2015/01/23
2015/01/22
2015/01/21
2015/01/20
2015/01/19
2015/01/18
2015/01/17
2015/01/16
2015/01/15
2015/01/14
2015/01/13
2015/01/12
2015/01/11
2015/01/10
2015/01/09
2015/01/08
2015/01/07
2015/01/06
2015/01/05
2015/01/04
2015/01/03
2015/01/02
2015/01/01
2014/12/31
2014/12/30
2014/12/29
2014/12/28
2014/12/27
2014/12/26
2014/12/25
2014/12/24
2014/12/23
2014/12/22
2014/12/21
2014/12/20
2014/12/19
2014/12/18
2014/12/17
2014/12/16
2014/12/15
2014/12/14
2014/12/13
2014/12/12
2014/12/11
2014/12/10
2014/12/09
2014/12/08
2014/12/07
2014/12/06
2014/12/05
2014/12/04
2014/12/03
2014/12/02
2014/12/01
2014/11/30
2014/11/29
2014/11/28
2014/11/27
2014/11/26
2014/11/25
2014/11/24
2014/11/23
2014/11/22
2014/11/21
2014/11/20
2014/11/19
2014/11/18
2014/11/17
2014/11/16
2014/11/15
2014/11/14
2014/11/13
2014/11/12
2014/11/11
2014/11/10
2014/11/09
2014/11/08
2014/11/07
2014/11/06
2014/11/05
2014/11/04
2014/11/03
2014/11/02
2014/11/01
2014/10/31
2014/10/30
2014/10/29
2014/10/28
2014/10/27
2014/10/26
2014/10/25
2014/10/24
2014/10/23
2014/10/22
2014/10/21
2014/10/20
2014/10/19
2014/10/18
2014/10/17
2014/10/16
2014/10/15
2014/10/14
2014/10/13
2014/10/12
2014/10/11
2014/10/10
2014/10/09
2014/10/08
2014/10/07
2014/10/06
2014/10/05
2014/10/04
2014/10/03
2014/10/02
2014/10/01
2014/09/30
2014/09/29
2014/09/28
2014/09/27
2014/09/26
2014/09/25
2014/09/24
2014/09/23
2014/09/22
2014/09/21
2014/09/20
2014/09/19
2014/09/18
2014/09/17
2014/09/16
2014/09/15
2014/09/14
2014/09/13
2014/09/12
2014/09/11
2014/09/10
2014/09/09
2014/09/08
2014/09/07
2014/09/06
2014/09/05
2014/09/04
2014/09/03
2014/09/02
2014/09/01
2014/08/31
2014/08/30
2014/08/29
2014/08/28
2014/08/27
2014/08/26
2014/08/25
2014/08/24
2014/08/23
2014/08/22
2014/08/21
2014/08/20
2014/08/19
2014/08/18
2014/08/17
2014/08/16
2014/08/15
2014/08/14
2014/08/13
2014/08/12
2014/08/11
2014/08/10
2014/08/09
2014/08/08
2014/08/07
2014/08/06
2014/08/05
2014/08/04
2014/08/03
2014/08/02
2014/08/01
2014/07/31
2014/07/30
2014/07/29
2014/07/28
2014/07/27
2014/07/26
2014/07/25
2014/07/24
2014/07/23
2014/07/22
2014/07/21
2014/07/20
2014/07/19
2014/07/18
2014/07/17
2014/07/16
2014/07/15
2014/07/14
2014/07/13
2014/07/12
2014/07/11
2014/07/10
2014/07/09
2014/07/08
2014/07/07
2014/07/06
2014/07/05
2014/07/04
2014/07/03
2014/07/02
2014/07/01
2014/06/30
2014/06/29
2014/06/28
2014/06/27
2014/06/26
2014/06/25
2014/06/24
2014/06/23
2014/06/22
2014/06/21
2014/06/20
2014/06/19
2014/06/18
2014/06/17
2014/06/16
2014/06/15
2014/06/14
2014/06/13
2014/06/12
2014/06/11
2014/06/10
2014/06/09
2014/06/08
2014/06/07
2014/06/06
2014/06/05
2014/06/04
2014/06/03
2014/06/02
2014/06/01
2014/05/31
2014/05/30
2014/05/29
2014/05/28
2014/05/27
2014/05/26
2014/05/25
2014/05/24
2014/05/23
2014/05/22
2014/05/21
2014/05/20
2014/05/19
2014/05/18
2014/05/17
2014/05/16
2014/05/15
2014/05/14
2014/05/13
2014/05/12
2014/05/11
2014/05/10
2014/05/09
2014/05/08
2014/05/07
クリフエッジ&LGYankees&MAY\'S&Noa、新曲2曲が先行配信スタート
Wed, 29 Apr 2015 20:00:00 +0900
クリフエッジ&LGYankees&MAY’S&Noa (okmusic UP\'s)

5月14日(水)に発売する、アルバム『Quads』の先行配信が絶好調の奇跡の4組ユニット・クリフエッジ & LGYankees & MAY\'S & Noaだが、4月29日(水)より新曲2曲をさらに先行配信した。

【その他の画像】クリフエッジ

4組が勢揃いし、各アーティストの掛け合いが絶妙なEDMパーティーチューン「FIRE」はレコチョクより。アルバムならではのメンバーでコラボレーションしたNoa ,LGYankees , SHIN (クリフエッジ)による失恋バラード曲「会いたいEvernight 会えないEverytime」はドワンゴジェイピーより先行配信。

バラードやラブソングに定評のある4組のアーティストだが、テンポ感のあるパーティーチューン「FIRE」も、これからの夏の季節やライブを連想させる非常に爽快な曲に仕上がっている。こちらの新曲2曲ともにダウンロード特典があるとの事で、いち早く楽曲をチェック、そして応募特典の方にも積極的に応募して欲しい。

また、4月/29日より、MAY\'Sとクリフエッジ、LGYankeesによる「悲しみはDIFFERENCE」のリリックビデオの公開もスタートした。

■クリフエッジ オフィシャルHP
https://cliff-edge.com/
■LGYankees オフィシャルHP
http://nodoubttracks.com/
■MAY\'S オフィシャルHP
http://www.clubmays.com/
■Noa オフィシャルHP
http://nodoubttracks.com/

■アルバム『Quads』

2015年5月13日発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
CRCP-40405 /¥2,593+税
【通常盤】(CD)
CRCP-40406 /¥2,315+税
<収録曲>
■DISC1(CD)
1. P.S. 未来のふたりへ / クリフエッジ & LGYankees & MAY\'S & Noa 
2. 悲しみは DIFFERENCE / MAY\'S feat.クリフエッジ & LGYankees
3. Suddenly Love Story / LGYankees feat. Noa
4. 未来への贈りもの / MAY\'S feat. Noa
5. 泥だらけの LOVE SONG / クリフエッジ feat. LGYankees
6. FIRE / クリフエッジ & LGYankees & MAY\'S & Noa
7. Like A Star / Noa feat. MAY\'S & LGYankees & JUN (クリフエッジ)
8. 会いたいEverynight 会えないEverytime / LGYankees feat. Noa & SHIN (クリフエッジ)
9. 面影 / クリフエッジ feat. Noa
10. そばに… / クリフエッジ & LGYankees & MAY\'S & Noa
■DISC2(DVD)  ※初回限定盤のみ
P.S. 未来のふたりへ / クリフエッジ & LGYankees & MAY\'S & Noa (Music Clip)

■<配信情報>

■ドワンゴジェイピーにて、「会いたいEvernight 会えないEverytime」着うた(R), 着うたフル(R) シングル 先行配信スタート!!
http://r.dwango.jp/y8016n54

<「会いたいEvernight 会えないEverytime」購入者応募抽選特典>
シングル、もしくは着うたフル(R)を購入頂いた方から抽選で『直筆サイン入りポスター』をプレゼント(全アーティストの直筆サイン入り)
応募期間:4月29日(水)〜5月12日(火)まで

■ レコチョクにて、「FIRE /クリフエッジ & LGYankees & MAY\'S & Noa」着うた(R), 着うたフル(R) シングル 先行配信スタート!!
http://recochoku.com/c0/quads/

<レコチョク 購入者応募抽選特典>
アルバム「Quads」発売記念プレミアムライブ 開催決定!! 最初で最後の奇跡の4組が共演!! 抽選で40組80名をご招待!!

クリフエッジ & LGYankees & MAY\'S & Noaの新曲(対象は下記4曲)の着うたフル(R)/シングル購入者を対象に、2015年5月30日(土)都内某所にて行われる「クリフエッジ & LGYankees & MAY\'S & Noa プレミアムライブ」〔スペシャル・ゲストでスピリチャルタレントCHIEも登場!!〕に40組80名をご招待!

最初で最後の夢の4組プレミアムライブを見逃すな!
特典期間:4月15日00:00〜5月12日23:59まで

◎対象曲
「P.S. 未来のふたりへ / クリフエッジ & LGYankees & MAY\'S & Noa」 
「悲しみは DIFFERENCE / MAY\'S feat.クリフエッジ & LGYankees」
「FIRE / クリフエッジ & LGYankees & MAY\'S & Noa」
「そばに… / クリフエッジ & LGYankees & MAY\'S & Noa」※5/6(水)配信予定

【関連リンク】
クリフエッジ&LGYankees&MAY\'S&Noaの新曲MVにスピリチュアルタレント・CHIEが出演
奇跡のコラボユニット、クリフエッジ&LGYankees&MAY\'S&Noaが新曲先行配信をスタート

【関連アーティスト】
クリフエッジ, LGYankees, MAY\'S, Noa
【ジャンル】
J-POP

amazarashi、アコースティックアルバムより「スターライト unplugged ver.」を24時間限定公開
Wed, 29 Apr 2015 19:00:00 +0900
「スターライト unplugged ver.」 (okmusic UP\'s)

5月13日にアコースティック・アルバム『あまざらし 千分の一夜物語 スターライト』をリリースするamazarashi。同作のタイトル曲「スターライト」のunplugged ver.をオフィシャルHP上の特設サイトにて24時間限定公開した。

【その他の画像】amazarashi

スターライトは、amazarashiがメジャーデビューする以前から存在した秋田ひろむの思い入れの深い楽曲で、「あまざらし 千分の一夜物語 スターライト」のタイトル曲として、アルバム、ライブ、小説のテーマとなった楽曲。

また、iTunesにてアルバム曲のプレオーダーで「スターライト」「無題」の配信がスタートした。「あまざらし 千分の一夜物語 スターライト」の初回限定盤には、2014年9月9日に東京ドームシティホールにて行われたプレミアムライブ「千分の一夜物語 スターライト」を完全収録したDVDに加え、CDパッケージ封入が世界初となる360°VRスコープが付属する。また、すべてのプロダクトに秋田ひろむが書き下ろした、小説「千分の一夜物語 スターライト」が未発表の一節も加わり、封入される。

アルバム『あまざらし 千分の一夜物語 スターライト』は、ストリングスを編成に加え新たなアレンジで生まれ変わったamazarashiの代表曲群に加え、TVアニメ「東京喰種トーキョーグール√A」のEDに採用されて話題を呼んだ楽曲「季節は次々死んでいく」など、全てアンプラグト・アレンジにて再レコーディングされた全12曲が収録される。

■『あまざらし 千分の一夜物語 スターライト』特設サイト
http://www.amazarashi.com/starlightacoustic/

■アルバム『あまざらし 千分の一夜物語 スターライト』

2015年5月13日発売
【初回限定生産盤】(CD+DVD)
¥4,500+税
※特殊ジャケット 
※VRスコープ封入
【通常盤】(CDのみ)
¥2,800+税
<収録曲>
■CD
01.光、再考
02.ムカデ
03.空っぽの空に潰される
04.隅田川
05.無題
06.さくら
07.つじつま合わせに生まれた僕等
08.古いSF映画
09.夏を待っていました
10.季節は次々死んでいく
11.美しき思い出
12.スターライト
(全楽曲ストリングスを構成にいれたアンプラグドアレンジで再レコーディング)
■DVD ※初回限定生産盤のみ
あまざらし 千分の一夜物語 スターライト
2014.09.09 TOKYO DOME CITY HALL
モノローグ1『情熱、希望なんでもいいけど、僕らはここに居ちゃだめだ』
光、再考
ムカデ
空っぽの空に潰される
モノローグ2『僕らは一人では駄目だ』
隅田川
さくら
ドブネズミ
モノローグ3『夜の向こうに答えはあるのか』
つじつま合わせに生まれた僕等
古いSF映画
カルマ
モノローグ4『故郷のヒメリンゴ啄んだ鳥になるか』
ひろ
夏を待っていました
美しき思い出
モノローグ5『いつか全てが上手く行くなら、涙は通り過ぎる駅だ』
スターライト

【DVD盤】
¥3,800+税
※DVD単体の商品のみ収録
※Music Video4曲収録
<収録内容>
■Music Video
スターライト
もう一度
穴を掘っている
季節は次々死んでいく

【関連リンク】
amazarashi オフィシャルHP
amazarashi、アコースティックアルバムのトレーラー映像を公開
amazarashi、アコースティックアルバムより「美しき思い出 unplugged ver.」を24時間限定公開
amazarashi、アコースティックアルバムより 「無題 unplugged ver.」を24時間限定公開

【関連アーティスト】
amazarashi
【ジャンル】
ジャパニーズロック

秦 基博、世界的映画監督・河?直美による「水彩の月」MVが完成
Wed, 29 Apr 2015 18:30:00 +0900
秦 基博×河?直美 (c)カメラマン:堀切修嗣(okmusic UP\'s)

映画監督・河?直美が手掛けた、秦 基博のニューシングル「水彩の月」のMVがOFFICE AUGUSTAのYouTubeチャンネルで公開された。

【その他の画像】秦 基博

「水彩の月」は、今年5月13日から開催される第68回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門オープニングフィルムに選出され、正式出品されることも決定した、5月30日公開の河?監督の最新映画『あん』の主題歌として、監督からの熱いオファーを受け書き下ろした楽曲。今回、秦サイドからMVの制作を河?監督に依頼しm監督が快諾。撮影は河?監督が居を構える奈良県の原生林を中心に、河?監督自身が16mmフィルムなどをまわしながらおこなわれた。

原生林での撮影は明け方、気温は5℃前後という寒さで歌う秦の口元からは白い息が吐き出されるような環境で敢行。撮影中に野生の鹿が現れるような大自然の中、光の切り取り方でも定評のある河?監督らしく、明け方の原生林にやわらかな光が射す中16mmフィルムの優しい質感で撮影された秦 基博の凛とした姿が印象的な作品となった。

「水彩の月」は5月11日より、着うた(R)の先行配信がスタート。なお、MVだけでなく「水彩の月」の初回生産限定盤についてくる特典DVDでは、河?監督が秦 基博の密着映像を撮影しており、こちらは「秦 基博 × 河?直美 〜もう一度君に会えるとしたら〜プライベート映像」 として収録される。

【河?監督 コメント】
「撮影はとても楽しかったです。被写体としての秦くんは、やっぱり歌い始めると絵になるな、と思いました。普段だと本当に気を抜いている感じというか、それが魅力なんですけど、奈良の街を歩いていてもオーラを消しているのかほとんど誰にも気付かれないのが、歌い始めるとパァーっと惹き付けられる感じがしました。天候にも恵まれて、それまで晴れ続きで乾いた森の感じだったのが、前日に朝までかけて雨が降ったことで、木々がそれを吸収して、呼吸しているような映像が撮れたのでよかったです」

【秦 基博 コメント】
「大自然に抱かれて気持ちの良い撮影でした。1度に3 分までしかまわすことの出来ない16mmフィルムでの撮影は、間違えていけない、という独特の緊張感もありました。そういうドキドキの一発勝負な感じが、どういう仕上がりになるのか、とても楽しみです」

■YouTube「AUGUSTA CHANNEL」
http://jp.youtube.com/user/officeaugusta

■「水彩の月」MV
https://youtu.be/-AgOd8iiiH0

■シングル「水彩の月」

2015年5月27日(水)発売
【DVD付初回生産限定盤】
AUCL 178〜179/¥2,000(税込)
【通常盤】
AUCL 180/¥1,300(税込)
<収録曲>※初回生産限定盤/通常盤 共通
M1.水彩の月
M2.サインアップベイベー
M3.アイ〜Acoustic Session with KAN〜
M4.水彩の月(Cinema ver.)
M5.水彩の月(backing track)
<初回生産限定盤特典 DVD>
河瀬直美監督が16mmフィルムで秦 基博を撮り下ろしたスペシャル映像他収録

◎封入特典
・LIVE Blu-ray & DVD『GREEN MIND 2014』とのW購入者プレゼント応募ハガキ封入
2015年4月29日にリリースされた『GREEN MIND 2014』Blu-ray初回生産限定盤(AUCL 28)、通常盤(AUCL 29)、及びDVD初回生産限定盤(AUCL 50)に封入されている応募券を貼ると応募出来る、W購入者プレゼント応募ハガキ封入。(2015年6月8日(月)消印有効)

【関連リンク】
秦 基博 オフィシャルHP
秦 基博、待望の新曲「水彩の月」初オンエア情報を解禁
秦 基博、ニューシングル「水彩の月」リリース決定
秦 基博、映画『STAND BY ME ドラえもん』台湾公開を記念して現地で「ひまわりの約束」を弾き語り

【関連アーティスト】
秦 基博
【ジャンル】
J-POP

BLUE ENCOUNT、「DAY×DAY」トレーラー映像を公開
Wed, 29 Apr 2015 18:00:00 +0900
BLUE ENCOUNT (okmusic UP\'s)

4月より約2年半ぶりの再開をするや、相変わらずの爆走ぶりで多くのファンを歓喜させている、テレビ東京系アニメ『銀魂゜』。そのOPテーマとなっている、BLUE ENCOUNTによる「DAY×DAY」のトレーラービデオをが公開された。

【その他の画像】BLUE ENCOUNT

レコーディング風景やライブ映像などをMVに挟みつつ、フルサイズでの「DAY×DAY」が聴けるビデオとしても見逃せない。

さらにシングルの発売を一週間後に控えた5月13日には、ニコニコ生放送でのBLUE ENCOUNTの番組、がOA決定。アニメ『銀魂゜』の放送終了後にスタートするこの番組、<銀魂゜>でブルエンを知ったブルエンビギナーから、ライブに足繁く通っているブルエンマスターまで楽しめる内容になるとのことで興味深い。番組では「DAY×DAY」のMVもフルサイズがOAされるそう。

さらにすでに全公演がSOLD OUTになった全国ツアー<TOUR 2015 GRAB THE LIGHT>の5月30日の福岡公演、6月12日の東京公演のチケットの追加販売が決定。まだチケットを入手できていない人は、すぐに公式サイトにアクセスしてチケットをゲットしよう。そして本日から、iTunesでの「DAY×DAY」先行予約もスタート。発売日にスムースに音源をダウンロードしたいならこちらがオススメ。

そんなニュース盛りだくさんのBLUE ENCOUNTが近況を語るべく、29日の20時からツイキャス、通称<ブルキャス>を行うことも決定。メンバーからの最新情報にも期待しよう。

■「DAY×DAY」Trailer Video
https://youtu.be/OHKcEZqsKOY

■シングル「DAY×DAY」

2015年5月20日発売
【期間生産限定盤】(CD)
KSCL-2571/¥1,000+税
※銀魂゜アニメ絵柄描き下ろしデジパック仕様
<収録曲>
1. DAY?DAY
2. HALO
3. THANKS
4. DAY?DAY(TV Size)
5. DAY?DAY(Instrumental)
6. DAY?DAY(Instrumental / TV Size)

【初回生産限定盤】(CD+DVD)
KSCL-2568〜9/¥1,430+税
【通常盤】(CD)
KSCL-2570/¥971+税
<収録曲>
1. DAY?DAY
2. AI
<特典DVD内容>※初回生産限定盤のみ
全国ワンマンツアー<TOUR2014 ROOKIE\'S HIGH>追加公演となった2015年1月28日の東京・恵比寿LIQUIDROOM公演からの6曲に加え、LIVE当日のドキュメンタリー映像、さらには「DAY?DAY」のレコーディングの模様を収録。
■収録曲
1.opening
2.アンバランス
3.SLUGGER
4.ワナビィ
5.HALO
6.もっと光を
7.Making of 150128
8.Recording of DAY?DAY

■出演情報

■BLUE ENCOUNTによるニコニコ生放送
「アニメ「銀魂゜」×BLUE ENCOUNT 「DAY×DAY」発売直前SP!! <日々これ全身全霊!>」
5月13日(水)18:30〜19:30 OA
タイムシフト視聴期間:30日
http://live.nicovideo.jp/watch/lv218414245

■ブルキャス(ブルエンによるツイキャス)
4月29日(水)20時00分〜
http://twitcasting.tv/bluen_official

【関連リンク】
BLUE ENCOUNT オフィシャルHP
BLUE ENCOUNT、ニューシングルのジャケットはアニメ『銀魂゜』描き下ろし
BLUE ENCOUNT、『銀魂』銀時とのコラボCMが話題
BLUE ENCOUNTが新アーティスト写真とジャケット写真を公開

【関連アーティスト】
BLUE ENCOUNT
【ジャンル】
ジャパニーズロック, アニメ

『歩いていこう』は青春の清々しさ、甘酸っぱさをパンクに反映させた、J(S)Wのマスターピース
Wed, 29 Apr 2015 18:00:00 +0900
 『歩いていこう』のジャケット画像 (okmusic UP\'s)

JUN SKY WALKER(S)は90年代前半のバンドブームでその一躍を担ったパンクバンドであり、00年代以降のパンクムーブメントにも絶大なる影響を与えた存在である。1997年に解散を余儀なくされたものの、2007年に再結成。今年5月23日にはメジャーデビュー27周年記念ライヴを日比谷野外音楽堂で行なうことが決定しており、リスタート後も着実に歩を進めている。




 “青春パンク”というジャンルがある。元来パンクは退廃の意味合いが強い上、超コマーシャリズム的なワードでもあるので、筆者のようなロートルは青春との食い合わせが悪い気がしつつも、これは極めて日本的な加工ではあると思うし、素敵な融合だとも思う。70年代半ばにあった“四畳半フォーク”もそうで、西洋の民謡から派生した音楽ジャンルが、ウサギ小屋と揶揄された日本の住宅事情の中でも、さらに狭さの象徴とも言える四畳半と合体することで叙情性を増している印象があり、その日本らしい加工技術が何とも味わい深い。その辺りをキチンと分析して歴史的な意義等を掘り下げたい気もしてきたが、話を戻す──。調べてみると、“青春パンク”とは字義通り、青春時代ならではの感情を歌うパンクロックのことで、GOING STEADY、ガガガSP、175R、ロードオブメジャー辺りが、その代表的なバンドとのこと。彼らが活躍したのは00年代前半ということで、このジャンルそのものは、良い言い方をすれば“シーンに定着した”と言える。

 そもそもそのルーツがどこにあるかと言えば、LAUGHIN\' NOSE やTHE BLUE HEARTSに辿り着くらしいが、感情をパンクロックに乗せたという点で上記2バンドは邦楽パンクの元祖とも言えるし、それはそれで間違いではなかろうが──これは個人的な見解ではあるけれども──前者はパンク本来の退廃感を残していた気がするし、後者は抽象化されている歌詞も少なくなく、どちらかと言うと人生訓的な色合いが濃い気がするので、“青春パンク”への直接的な影響は薄いような印象がある。では、このジャンルの始祖は…というと、JUN SKY WALKER(S)(以下J(S)W)ではないかと思う。本稿制作にあたって超久しぶりにアルバム『歩いていこう』を引っ張り出したのだが、20数年ぶりに本作を聴いて思ったことは「この清々しさ、甘酸っぱさが後の“青春パンク”につながったのでは…!?」であった。

 90年代前半の第二次バンドブーム時には、THE BLUE HEARTS、ユニコーン、THE BOOMと並んで“バンド四天王”と呼ばれていた(らしいが、自分はそんなふうに呼んだ記憶はない)J(S)Wなのでヒット作も多く、ライヴでのキラーチューンが多く収録された『全部このままで』『ひとつ抱きしめて』は当然として、『Let\'s Go Hibari-hills』だって『START』だって代表作と呼ぶに相応しいが、個人的によく聴いたということで本コーナーでは『歩いていこう』を取り上げさせてもらう。タイトルチューンM1「歩いていこう」やM11「僕の気持ち」、M13「悲しすぎる夜」といったJ(S)Wらしいキレキレなサウンドにキャッチーなメロディーを乗せたナンバーの他、M2「エルマーの夢」、M3「風見鶏」、M9「変身」、M12「砂時計」など一般的な知名度こそ低いものの、秀曲と呼ぶに相応しいナンバーも多数収録。全14曲で収録時間50分というのはややボリューム過多な気がしなくもないが、これもまたJ(S)Wのマスターピースであることは疑いようのないアルバムである。80年代らしい音の固さはあるものの、J(S)Wの場合、森純太(Gu)のレスポールカスタムの音といい、小林雅之(Dr)のスネアやシンバルの鳴りといい、あの固さこそJ(S)W…といった雰囲気すらあるので、これは肯定的に受け止めたい。特に純太のピックスクラッチ! あれがあってのJ(S)Wサウンドだと思うが、それは本作でも如何なく発揮されている。

 ミディアム〜スローのナンバーやピアノをフィーチャーしたナンバーもあるものの、ベーシックは疾走感のある3ピースで、国産パンクを代表するアルバムの『歩いていこう』であるが、注目はやはり前述した“青春”部分にある。これは概ね歌詞によるところが大きい。《時間止めて夢を見てる 少年のままでいい》(M2「エルマーの夢」)でズバリ言っている通り、そもそもその世界観が“forever boyhood”(=永遠の少年時代)なのである。M4「Street One Boy」もまたタイトルからしてズバリで、《このあいだ起こった 出来事は 二人を別々の世界へ 星を見上げて 君はつぶやいた いったい私は誰の物なの》《死ぬまでいっしょに その言葉を もう一度だけ聞かせておくれ》と内容もいい意味でかなり青いし、M8「翼を広げて」では《毎晩 夢にうなされて 紙切れ一枚に ゆすられて 似合わねえ服を 着せられて》《やってみろ やってみろ 権力主義者よ やってみろ やってみろ 保守的ロボット》と反抗心を示しつつ、《その小さな翼広げ 飛び立つんだ はるかかなたまで Ah−必ず飛べる日が来る》と前向きに締め括る。M10「ランドセル」もそうで、《行きたくねえ 学校がつまらねえ》《毎日 会社に行きたくねえ》《スターになんか 俺はなりたくねえ》とのたまわった挙句、《ランドセルに夢だけ入れて 行きたい場所へ走れ早く》とポジティブなメッセージを発信している。その他、《勇気と君を 僕は信じる 君は平気さ 僕がいるから》(M3「風見鶏」)の胸をキュンキュンさせる甘酸っぱさや、《分った僕は今 おお金つまれたって ただの紙切れに 火をつけて燃やしてやる》(M1「歩いていこう」)の「おい、言い切ってしまっていいのか!?」と当時ですら突っ込みを入れずにいられなかった愛すべき無謀さなど、『歩いていこう』の“青春”的歌詞は随所で見られるが、それを艶めかしくリスナーに伝えているのは宮田和弥(Vo)のヴォイスパフォーマンスと、森純太のコーラスとのアンサンブルだろう。失礼を承知で言うが、共に天使のような歌声というわけではない。宮田の声は圧しが強く、独特のビブラートが効いており、森の声は所謂ダミ声と言われるもので、もしかすると理想的な歌唱法からは程遠いのかもしれないが、それだからこそいいと断言したい。このレコードはそれも見事にパッケージしてあると思う。

【関連アーティスト】
JUN SKY WALKER(S), 宮田和弥, 寺岡呼人
【ジャンル】


MUCC、国内ツアーを大盛況にて終了! 6月にミニアルバムのリリースが決定!!
Wed, 29 Apr 2015 17:30:00 +0900
4月28日@EX THEATER ROPPONGI (okmusic UP\'s)

MUCCが2015年初ツアーとなる国内ツアー『MUCC TOUR 2015 “F#CK THE PAST F#CK THE FUTURE"』の最終日となる東京公演を4月28日、EX THEATER ROPPNGIにて開催した。

【その他の画像】MUCC

4月2日、高崎club FLEEZ公演を皮切りに開催された今回のツアー。会場に流れるBGMから1曲目の音に徐々に切り替わっていく中で、EX THEATER ROPPONGIは静寂、そして歓喜の声援に包まれた。

1曲目を飾る楽曲は今回のツアーで初披露される新曲「睡蓮」。昨年のツアーを経て、ヨーロッパツアーへの布石ともなる“新たなMUCC"を感じさせる楽曲で幕を開けた。

独特の空気感に包まれながらも、新曲とは思えない盛り上がりでライブはスタート。息つく間もなく「ENDER ENDER」のイントロが鳴り始めた瞬間に会場からは自然と手拍子が起こり、ライブの勢いは更に加速。逹瑯から「六本木に騒ぎに来たんだろう!騒ごうぜ!」と会場を煽るようなMCも飛び出した。

その後もライブでの定番曲となっている楽曲を次々と披露。「G.G.」では会場が揺れる程のオーディエンスのジャンプ、「Ms.Fear」では会場全体のヘッドバンギング、「999-21st Century World-」では会場全体とのコール&レスポンス、そして会場に出来た大きなサークルが印象的だった。

MUCCのパフォーマンスに答えるように、いつも以上にオーディエンスからも熱量を感じる事が出来たライブとなった。驚かせられたのは、ライブ定番の楽曲の中に1曲目の曲も合わせるとなんと6曲も新曲を入れ込む、攻めのライブを披露。新しいMUCC、そしてヨーロッパツアーへ挑む気概を感じる事の出来たライブとなった。

アンコールでは6月24日にミニアルバム『T.R.E.N.D.Y. -Paradise from 1997-』をリリースする事も発表。「7曲入りだけど、録音尺は普通のアルバムくらいたっぷり! いろんな仕掛けも考えてあるから」とコメント。今回のツアーで演奏された6曲が全て入る形になるとの事。

5月には4年ぶりとなるヨーロッパツアー「MUCC EUROPE TOUR 2015 “F#CK THE PAST F#CK THE FUTURE"」を行う事も決定。オフィシャルサイトで詳細をチェックしよう。

photo by 木村泰之

【セットリスト】
01. 睡蓮※新曲
02. ENDER ENDER
03. Conquest
04. D・f・D 〜Dreamer from Darkness※新曲
05. G.G.
06. WateR - 楽園
07. Ms.Fear
08. HATEЯ※新曲
09. 999-21st Century World-
10. レインボー※新曲
11. ニルヴァーナ
12. Rendez-Vous※新曲
13. 夕紅
14. Mr.Liar
15. MAD YACK
16. TONIGHT※新曲
EN01. YOU&I
EN02. 蘭鋳
EN03. 大嫌い

■ミニアルバム『T.R.E.N.D.Y. -Paradise from 1997-』

2015年6月24日発売
【初回盤】(CD+DVD)
AICL-2894〜5/¥3,000+税
【通常盤】(CD)
AICL-2896/¥2,300+税
※収録内容は追って発表

【関連リンク】
MUCC オフィシャルHP
「ムックの日とロットンの日」にcali≠gariと[Alexandros]の参戦が決定
真空ホロウ、待望の1stアルバムに及川光博など著名人からのコメントが到着
MUCC、リリース間近となったLIVE DVD上映会が大盛況にて終了

【関連アーティスト】
MUCC
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル, ライブ

ねごと、ニューシングル「DESTINY」のアートワーク&収録内容公開
Wed, 29 Apr 2015 17:00:00 +0900
ねごと  (okmusic UP\'s)

ねごとの新ビジュアル、そして、6月3日に発売するニューシングル「DESTINY」のジャケットアートワークが公開された。

【その他の画像】ねごと

表題曲「DESTINY」は現在、テレビ東京系にて放送中のアニメ「銀魂゜」EDテーマとして起用。カップリングには、新曲「夜風とポラリス」と、沙田瑞紀(Gt.)が自らリミックスした「シンクロマニカ ?Mizuki Masuda Remix-」を収録。

【初回生産限定盤】は、透明なクリアフィルムブックレット仕様になっており、付属の特典DVDには、現在開催中の『ねごと presents 「お口ポカーン?!初の全国ワンマンツアー2015 〜VISIONは続くよどこまでも♪〜」』の初日一日のメンバーに密着したドキュメンタリーが収録。【通常盤 -初回仕様-】には、「銀魂゜」のアニメ絵柄ワイドキャップステッカー封入、そして『銀魂゜』アニメ絵柄描き下ろしデジパック仕様の【期間限定生産盤】には、「DESTINY -Anime Ending Ver.-」と「DESTINY ?Instrumental-」も収録され、アニメ絵柄描き下ろしステッカーも封入される。

表題曲「DESTINY」は、現在iTunes、レコチョク、mora等にて、テレビサイズ先行配信中。

■シングル「DESTINY」

2015年6月3日発売
【初回生産限定盤】(CD+DVD)
KSCL 2579-2580/¥1,600+税
※クリアフィルムブックレット仕様
<収録曲>
■CD
1. DESTINY
2. 夜風とポラリス
3. シンクロマニカ ?Mizuki Masuda Remix-
■DVD
ねごと presents 「お口ポカーン?!初の全国ワンマンツアー2015 〜VISIONは続くよどこまでも♪〜」』
〜初日密着ドキュメンタリー編〜

【通常盤】(CD)
KSCL 2581/¥1,200+税
※初回仕様:アニメ絵柄ワイドキャップステッカー封入
<収録曲>
1. DESTINY
2. 夜風とポラリス
3. シンクロマニカ ?Mizuki Masuda Remix-

【期間限定生産盤】(CD)
KSCL 2582/¥1,300+税
※アニメ絵柄描き下ろしデジパック仕様
※アニメ絵柄描き下ろしステッカー封入
<収録曲>
1. DESTINY
2. 夜風とポラリス
3. シンクロマニカ ?Mizuki Masuda Remix-
4. DESTINY ?Anime Ending Ver.- 5. DESTINY -Instrumental-

【関連リンク】
ねごと オフィシャルHP
ねごと、LINE CAST生配信番組にて新曲フル音源を解禁!
ねごと、新曲「DESTINY」の先行配信がスタート
GLAY、デビュー日に20周年アニバーサリーシングル第3弾をリリース

【関連アーティスト】
ねごと
【ジャンル】
ジャパニーズロック, アニメ

フラワーカンパニーズ、USTREAM「月刊フラカン武道館 vol.3」配信決定&日本武道館 特設サイトオープン
Wed, 29 Apr 2015 16:30:00 +0900
フラカンの日本武道館 ロゴ (okmusic UP\'s)

2015年12月19日(土)に自身初となる日本武道館でのワンマン公演を行うことが決定した、フラワーカンパニーズ。日本武道館開催に向けて3月末よりスタートした、インターネット配信番組「月刊フラカン武道館」の3回目の放送が決定。また、「フラカンの日本武道館」の特設サイトが本日よりオープンした。

【その他の画像】フラワーカンパニーズ

これまで武道館ライブを行った先輩後輩ミュージシャンたちをゲストに招き、武道館成功に向けての秘策を伝授してもらおうという基本コンセプトをもとに放送されてきた、「月刊フラカン武道館」。ゲストに増子直純(怒髪天)氏を招き配信された初回に続き、第二回目となった4月28日(火)にはクハラカズユキ氏、サンコンJr.(ウルフルズ)氏が登場。第二のフラカンメンバーともいえる二人の、同世代ならではの目線でのアドバイス、さらには通常のバンドトークまで話が拡がり盛り上がった。 3回目の放送は、2015年5月27日(水)21:00より。ゲストは後日発表される。

また番組内でも告知されたが、「フラカンの日本武道館」の特設サイトが本日よりオープン。サイトでは武道館公演に関する最新ニュースや先行チケット情報などがチェックできるほか、フラカンと縁のある人々からのお祝いコメントを公開。トップバッターとしてアップされた怒髪天のコメントでは、“フラカンの武道館を観に行くか?"という問いに対して怒髪天・増子直純氏は「行くに決まってんだろうが!!」と回答。さらに「武道館のバトンはフラカンに渡したぞ!しっかり握って全速力でゴールしてみせてくれ!日本全国民の皆さま。フラカンを男にしてやって下さい!」とメッセージを送っている。

今後随時豪華面々からのコメントが公開される予定とのこと、ぜひまめにチェックしてほしい。

■フラカンの日本武道館 特設サイト
http://flowercompanyz.tumblr.com/

■「月刊フラカン武道館vol.3」

5月27日(水)21:00〜22:30(予定) 
※アーカイブなし生配信1回のみ
出演:フラワーカンパニーズ、他(ゲストは後日発表)
http://www.ustream.tv/channel/flowercompanyz
Twitterハッシュタグ:#フラカン武道館

■「フラカンの日本武道館〜生きててよかった、そんな夜はココだ!〜」

12月19日(土) 日本武道館
開場16:00 開演17:00
全席指定:5,800円(税込)
一般チケット発売日:2015年6月6日(土)

【武道館ライブハウス先行】
また、日本武道館公演の一般チケット発売日6月6日(土)に先駆け、オフィシャル&各プレイガイドでの先行受付がスタートしたほか、100店舗を超える全国ライブハウスでの先行企画も実施中。

■フラワーカンパニーズワンマンツアー「Stayin\' Alive」

3月01日(日) 北海道 札幌PENNY LANE24
3月07日(土) 愛知 名古屋Electric Lady Land 
3月08日(日) 愛知 名古屋Electric Lady Land 
3月13日(金) 福岡 BEAT STATION 
3月14日(土) 広島 CLUB QUATTRO 
3月28日(土) 宮城 仙台darwin
3月29日(日) 宮城 仙台darwin
4月10日(金) 石川 金沢AZ 
4月12日(日) 長野 長野CLUB JUNK BOX 
4月18日(土) 東京 日比谷野外大音楽堂
5月30日(土) 大阪 大阪城音楽堂 
6月08日(月) 岡山 ペパーランド 
6月10日(水) 鹿児島 SR HALL  
6月12日(金) 長崎 STUDIO DO 
6月14日(日) 高知 X-pt. 
6月21日(日) 福島 郡山HIP SHOT JAPAN 
6月23日(火) 新潟 CLUB RIVERST 
6月28日(日) 沖縄 桜坂セントラル

【関連リンク】
フラワーカンパニーズオフィシャルHP
フラカンのUSTREAM生配信『月刊フラカン武道館 vol.1』、ゲストは怒髪天・増子直純!
フラワーカンパニーズ、自身初の日本武道館ワンマンが12月に開催決定!
番外編〜大阪へいらっしゃ〜い!!

【関連アーティスト】
フラワーカンパニーズ
【ジャンル】
ジャパニーズロック

浜田省吾、10年ぶりのオリジナル・アルバムがついに発売
Wed, 29 Apr 2015 16:00:00 +0900
アルバム『Journey of a Songwriter 〜 旅するソングライター』 (okmusic UP\'s)

浜田省吾が4月29日、10年ぶりとなる待望のオリジナル・アルバム「Journey of a Songwriter 〜 旅するソングライター」を発売した。

【その他の画像】浜田省吾

今作は全17トラック、収録時間75分を超える大作で、完全生産限定盤、期間生産限定盤、通常盤、完全生産限定アナログ盤のラインナップ。

【完全生産限定盤】はアルバム収録曲のアコースティック・バージョンやリミックス・バージョンなどのボーナストラックを収録した特典CD、MVなどを収録した特典映像(Blu-ray DiscまたはDVD)との3枚組の豪華仕様となっている。

そして、5月1日には35年ぶりにラジオ番組のパーソナリティーを務めることが先日発表された。ニッポン放送でオンエアされるこの番組のタイトルは「浜田省吾と山口智充のオールナイトニッポンGOLD」。ほとんどメディア出演のないことで知られる浜田からどんな生声が届くのか、放送前から各所で話題を呼んでおり、大の浜田省吾ファンという山口智充との絡みも楽しみだ。

あわせて5月3日にはNHK-FMでの特番オンエアも決定。NHK-FM「浜田省吾スペシャル 〜旅するソングライター〜」で、こちらはDJ・渋谷陽一との本格的な音楽談義が期待されている。無料動画サイトGYAO!では、アルバムタイトル曲「旅するソングライター」MVのフルサイズを1週間限定で独占配信中。さらに「Journey of a Songwriter」特設サイトでは、ミュージックビデオやアルバム収録曲の試聴の他、オフィシャルインタビューなども公開中。

9月から始まる久々のホールツアーの詳細情報も先日発表され、こちらも見逃せない。

■GYAO!音楽:「旅するソングライター」期間限定独占配信
http://gyao.yahoo.co.jp/player/00100/v10008/v0993900000000547682/
■「Journey of a Songwriter」特設サイト
http://www.shogo2015.com/

■アルバム『Journey of a Songwriter 〜 旅するソングライター』

発売中
【完全生産限定盤】(CD+特典CD+特典映像 ※Blu-ray DiscまたはDVD)
■特典映像Blu-ray版
SECL2016-2018/¥7,000+税
■特典映像DVD版
SECL2019-2021/¥7,000+税
※三方背スペシャルBOX仕様
【期間生産限定盤】(CD+特典CD)
SECL2022-2023/¥4,500円+税
【通常盤】(CDのみ)
SECL2024/¥3,000+税

アナログ盤『Journey of a Songwriter 〜 旅するソングライター』
発売中
【完全生産限定アナログ盤】(重量盤LP2枚組)
SEJL25-26/¥4,000+税
<収録内容詳細>
ターンテーブルの回転が通常のLP盤よりもさらに安定するとされている重量盤2枚組。完全生産限定盤でのリリースとなります。
※収録内容はCD通常盤と共通です。

■番組出演情報

ニッポン放送「浜田省吾と山口智充のオールナイトニッポンGOLD」
■パーソナリティー:浜田省吾、山口智充
5月1日 22:00-24:00 OA
http://www.allnightnippon.com/gold/45/

NHK-FM「浜田省吾スペシャル 〜旅するソングライター〜」
DJ:渋谷陽一 ゲスト:浜田省吾
5月3日 24:00-25:00 OA

【関連リンク】
浜田省吾 オフィシャルHP
浜田省吾、待望のオリジナルアルバム収録曲をダイノジ・大谷ノブ彦のラジオにて初解禁
浜田省吾、10年ぶりとなるオリジナルアルバム発売決定
浜田省吾の魅力が凝縮された初期の代表作『愛の世代の前に』。このアルバムの成功がその後のキャリアを導いた!

【関連アーティスト】
浜田省吾
【ジャンル】
ジャパニーズロック

aiko、新曲「夢見る隙間」のMVショートver.をオフィシャルYouTubeにて公開
Wed, 29 Apr 2015 15:30:00 +0900
aiko (okmusic UP\'s)

aiko、33枚目となるニューシングル「夢見る隙間」のMVが完成。そのショートバージョンがaikoオフィシャル YouTubeチャンネル「aikoOfficial」にて公開された。

【その他の画像】aiko

今回は全編に渡り、鏡を駆使したMVに仕上がっている。実際にaiko本人が歩く姿を捉えながら、鏡に映し出される姿を絶妙に織り交ぜるカメラワークは必見。

切ない表情で歌う姿は「夢見る隙間」も残っていないほどに相手を想うという、歌詞の心情をより訴えかけてくる。また、今夜のMUSIC ON! TV「サキドリ!」にてフル尺OAも決定している。

初回限定仕様盤は恒例のカラートレイ仕様&ブックレット付き。また現在、ライブハウスツアー「Love Like Rock vol.7」も絶賛公演中。全国7都市25公演を行い、ファイナルの8月11日まで約4ヶ月のロングツアーとなる。

■「夢見る隙間」MV short ver.
https://youtu.be/46tUS09QZGA

■シングル「夢見る隙間」

発売中
PCCA.15018/¥1,200+税
※初回限定仕様盤:カラートレイ&初回限定ブックレット
<収録楽曲>
1.「夢見る隙間」
2.「未来を拾いに」
3 .「さよなランド」
4.「夢見る隙間(instrumental)」

【LIVE会場限定盤】(CD+DVD)
「噛めないけどね!CD」
¥1,482(本体)+税
<収録楽曲>
■CD
1.「夢見る隙間」
■DVD
1.恋のスーパーボール(Bossa ver.)
2.ポニーテール
3.大切な人
※さらに、ここでしか見られない「Love Like Pop vol.17.5」バックステージ映像を収録!

■MUSIC ON! TV「サキドリ!」

4月29日(水)24:00〜24:30 OA
※「夢見る隙間」MVのオンエア

■aiko Live Tour 『Love Like Rock vol.7』

4月18日(土) 東京 Zepp Tokyo
4月19日(日) 東京 Zepp Tokyo
4月25日(土) 大阪 Zepp Namba
4月26日(日) 大阪 Zepp Namba
5月02日(土) 北海道 Zepp Sapporo
5月03日(日・祝) 北海道 Zepp Sapporo
5月21日(木) 愛知 Zepp Nagoya
5月22日(金) 愛知 Zepp Nagoya
5月30日(土) 大阪 Zepp Namba
5月31日(日) 大阪 Zepp Namba
6月06日(土) 福岡 Zepp Fukuoka
6月07日(日) 福岡 Zepp Fukuoka
6月20日(土) 東京 Zepp Tokyo
6月21日(日) 東京 Zepp Tokyo
7月02日(木) 東京 Zepp Tokyo
7月03日(金) 東京 Zepp Tokyo
7月11日(土) 大阪 Zepp Namba
7月12日(日) 大阪 Zepp Namba
7月17日(金) 広島 CLUB QUATTRO
7月18日(土) 広島 CLUB QUATTRO
7月21日(火) 愛知 Zepp Nagoya
7月27日(月) 東京 Zepp Tokyo
8月01日(土) 仙台 Rensa
8月02日(日) 仙台 Rensa
8月11日(火) 東京 Zepp Tokyo
チケット料金:5,800円(税込)ドリンク代別

■総合問い合わせ
Baby Peenats
TEL:03-5452-0232(営業時間:平日12:00〜15:00/17:00〜19:00)

【関連リンク】
aiko オフィシャルHP
aiko オフィシャルYouTube
aiko、33rdシングル「夢見る隙間」のCMスポットを公開
aiko、全国ライブハウスツアーが開幕

【関連アーティスト】
aiko
【ジャンル】
J-POP

WEAVER、ニューシングル「くちづけDiamond」のMVはダイアモンドだらけ!?
Wed, 29 Apr 2015 14:00:00 +0900
WEAVER (okmusic UP\'s)

WEAVERが5月20日にリリースするニューシングル「くちづけDiamond」から、表題曲「くちづけDiamond」のMVを公開した。

【その他の画像】WEAVER

「くちづけDiamond」は現在放送中のTVアニメ『山田くんと7人の魔女』のオープニングテーマで、WEAVERにとって初めてのアニメタイアップ楽曲となる。すでにiTunes Store、レコチョクほか各配信サイトで先行配信中。iTunesではロックチャートで1位を記録するなど好評だ。

今回公開されたMVは、楽曲タイトルでもある“ダイアモンド”型に形取られたさまざまなシーンが小気味よく展開されていく内容で、楽曲の持つキャッチーなメロディーと相まって印象的な仕上がりになっている。過去に「僕らの永遠〜何度生まれ変わっても、手を繋ぎたいだけの愛だから〜」や「Hard to say I love you 〜言い出せなくて〜」などのMVを担当した志賀匠とひさびさにタッグを組んで制作された。また、これを機に、YouTubeにオフィシャルチャンネル「WEAVER Official Channel」が開設。今後もWEAVERの映像コンテンツがアップロードされていくので、ぜひ登録してみよう。

そして、5月1日(金)には、WEAVERが音楽聴き放題サービスKKBOXのチャット企画「Listen with」に再び登場! KKBOXのアプリ内で楽しめる「Listen with(一緒に聴く)」とは、友達やアーティストとリアルタイムで同じ音楽を聴きながらチャットができるソーシャル機能。今回、WEAVERが4月から行なっている全国ライヴハウスツアー「WEAVER Live House TOUR 2015『Bring A Diamond Sing Like Dancing In Your Home!!』」に併行する形で、初回3月26日(木)を皮切りに、5月1日(金)、6月2日(火)と継続的に「Listen with」を実施している。

5月1日(金)21時から第2回が実施される予定で、今回の企画開催に伴い、KKBOXでは無料クーポンコードが発行されている。画像に表示されているクーポンコードを入力すると、一定期間内は無料でサービスが誰でも受けられるので、この機会にKKBOXを使ってみよう!

■WEAVER「Listen with」特別企画ページ
http://j.mp/WEAVERKK
■KKBOX WEAVERアーティストページ
http://kkbox.fm/3r0kWV
■クーポンコード登録ページ
http://tt.kkbox.com
■KKBOXダウンロードページ
http://bit.ly/kkboxdl

■「くちづけDiamond」MV
https://youtu.be/lugIPQPGwgI

■シングル「くちづけDiamond」

2015年5月20日発売
【初回盤】(CD+DVD)
AZZS-34/¥1,700+税
※「山田くんと7人の魔女」描き下ろしイラストワイト?キャッフ?ステッカー付き
※タ?イアモント?カットスリーフ?&メンハ?ーシ?ャケットカート?
<収録曲>
01.くちつ?けDiamond
02.Beloved
03.Inception
04.Time Piece
<DVD>
〈2015年3月31日(火)WEAVER Special Live 2015「Guess What!? We Have A Guest!! WEAVER × ゲスの極み乙女。」LIVE映像〉
01.夢じゃないこの世界
02.Shall we dance
03.君と僕のテーマソング
04.2次元銀河
05.Beloved
〈MV〉
01.くちづけDiamond

【通常盤】(CDのみ)
AZCS-2042/¥1,200+税
※「山田くんと7人の魔女」描き下ろしイラストワイト?キャッフ?ステッカー付き(初回フ?レス分のみ)
※「山田くんと7人の魔女」ステッカー付き(初回フ?レス分のみ)
<収録曲>
01.くちつ?けDiamond
02.Beloved
03.Inception

《予約/購入特典》
・「くちづけDiamond」オリジナルクリアファイル(A5サイズ)
対象CDショップ&オンラインショップ:タワーレコード、ASMART
・「山田くんと7人の魔女」描き下ろしイラストミニポスター
対象ショップ:アニメイト、ゲーマーズ

《WEAVER Live House TOUR 2015会場予約/購入特典》
・会場限定アザージャケットカード(直筆メッセージ入り)

【関連リンク】
WEAVER オフィシャルHP
WEAVER、ニューシングル表題曲を初の全世界配信
アミューズ主催フェスが今年も静岡・つま恋にて開催決定
WEAVER、ニューシングルはTVアニメ『山田くんと7人の魔女』のオープニング曲

【関連アーティスト】
WEAVER
【ジャンル】
ジャパニーズロック

水曜日のカンパネラ、コムアイの銭湯愛と必殺顔芸が炸裂した「ディアブロ」MV解禁
Wed, 29 Apr 2015 13:00:00 +0900
「ディアブロ」MV (okmusic UP\'s)

4月15日にEP『トライアスロン』をリリースしたばかりの水曜日のカンパネラ。同EPの1曲目に収録されている「ディアブロ」のMVが公開となった。

【その他の画像】水曜日のカンパネラ

今作のMVは、ヴォーカルのコムアイが1人で町娘や猿、ゲームのキャラクターなどを何役もこなす、コミカルでストーリー性の高いものとなっている。

“ディアブロとは一体?”という方は、ぜひこのMVを観てほしい。悪魔なのか、お風呂なのか、それとも両方なのか……。歌詞で展開されるストーリーが実写、アニメ、漫画、ゲーム、3Dなどさまざまな要素によってひとつにまとまり、なぜか不思議な感動を与える作品に!? 前作ミニアルバム『私を鬼ヶ島に連れてって』に収録の「ジャンヌダルク」で、音に合わせた複数のコムアイを出現させたMVを制作した渡邉直が今作の監督を手がけている。

■「ディアブロ」MV
http://youtu.be/r9oBVKqID7g

■EP『トライアスロン』

発売中
TRNW-0090/¥1,111+税
<収録曲>
01.ディアブロ
02.ナポレオン
03.ユタ

【関連リンク】
水曜日のカンパネラ オフィシャルHP
つばさプラスが新セクション設立に伴い、全員面接オーディションを開催
水曜日のカンパネラ、初のワンマンツアー「トライアツロン」開催を発表
水曜日のカンパネラ、ファッション誌『NYLON』とコラボした透明感溢れるアー写を公開

【関連アーティスト】
水曜日のカンパネラ
【ジャンル】
J-POP, ジャパニーズヒップホップ

LUNA SEA公認、シンフォニックカバーアルバム発売記念コンサートの当日演奏曲を事前発表
Wed, 29 Apr 2015 12:00:00 +0900
『SYMPHONIC LUNA SEA-REBOOT-』フライヤー (okmusic UP\'s)

初のLUNA SEAメンバー監修の下、昨年11月?に発売された『SYMPHONIC LUNA SEA-REBOOT-』。その発売を記念して、CDと同じ藤原いくろう指揮/東京フィルハーモニー交響楽団で「SYMPHONIC LUNA SEA-REBOOT- リリース記念SPECIAL CONCERT」が??5月3日(日)にサントリーホール 大ホールで開催される。今月に入り、??ゲストヴォーカルにRYUICHI(LUNA SEA)、そしてトークゲストにSUGIZO??(LUNA SEA、X JAPAN、JUNO REACTOR)が追加発表され、ファンの中で注目の公演となっていたが、このたびコンサート当日に演奏されるセットリストが事前発表となった。

【その他の画像】LUNA SEA

セットリストには、CD??に収録されていない楽曲が並んでおり、LUNA SEAのオープニングSEではおなじみの「月光」ソナタが1曲目に配されたほか、CD未収録の「MARIA」や「THE ONE」などもアレンジに注目したい。

??LUNA SEAの音世界を壮大なシンフォニックサウンドで聴く、一日限りのスペシャルコンサート。クラシックの殿堂、サントリーホールにぜひ足を運んでみては?

【セットリスト】
01.月光 1st mov.
02.THE ONE 2nd mov.
03.MARIA
04.亡き王女のためのパヴァーヌ
05.乱
06.RA-SE-N
07.absorb
08.IN SILENCE
09.I for You
10.Grace
※当日変更の可能性あり

■「SYMPHONIC LUNA SEA-REBOOT- リリース記念SPECIAL CONCERT」

5月03日(日)14:00開場 14:30開演
サントリーホール 大ホール(東京)
藤原いくろう指揮/東京フィルハーモニー交響楽団
ゲストヴォーカル:RYUICHI
トークゲスト:SUGIZO

■アルバム『SYMPHONIC LUNA SEA -REBOOT-』

発売中
COCQ-85239/¥3,500+税
指揮/編曲:藤原いくろう
演奏:東京フィルハーモニー交響楽団
<収録曲>
01.乱
02.gravity
03.RA-SE-N
04.absorb
05.IN SILENCE
06.I for You
07.Grace
08.LOVE SONG

【関連リンク】
LUNA SEA、25万人を動員したツアーの映像作品化決定
LUNA SEA主催ロックフェス「LUNATIC FEST.」出演アーティスト数とステージ名称が解禁へ
LUNA SEA、史上最狂のロックフェス「LUNATIC FEST.」会場図面を公開
LUNA SEA、25周年ツアー最終公演で主宰ロックフェスの開催を発表

【関連アーティスト】
LUNA SEA, 東京フィルハーモニー交響楽団, SUGIZO
【ジャンル】
ビジュアル, クラシック, ジャパニーズロック

BUMP OF CHICKEN、ニューシングルより「Hello,world!」をフル配信スタート
Wed, 29 Apr 2015 11:00:00 +0900
BUMP OF CHICKEN (okmusic UP\'s)

4月22日にリリースしたニューシングル「Hello,world!/コロニー」が、5月4日付オリコン週間シングルランキングで初登場2位を記録したBUMP OF CHICKEN。そんな中、「Hello,world!」が各サイトで配信スタートした。

【その他の画像】BUMP OF CHICKEN

「Hello,world!」はMBSほかで放送中のTVアニメ『血界戦線』のオープニングテーマとして書き下ろされたナンバーで、疾走感と力強さを備えたロックチューン。先行してTV size versionが各配信サイトで取り扱い開始となっていたが、今回そのFull size versionも配信されることが決定した。配信ジャケットには、4月22日にリリースされたシングルCDジャケットの中から、『血界戦線』の主人公であるレオナルド・ウォッチをフィーチャーしたビジュアルの期間限定盤を採用。

取り扱い配信サイトは、レコチョク、iTunes、music.jp、mu-mo、ドワンゴジェイピー、animelo mix、オリコンミュージックストアとなっている。

■シングル「コロニー / Hello,world!」

発売中
【初回限定盤】(CD+DVD)
TFCC-89538/¥1,389+税
<収録曲>
01.コロニー
02.Hello,world!
<DVD>
「コロニー」スタジオライヴ映像

【期間限定盤】(CD+DVD)
TFCC-89539/¥1,389+税
※2015年6月までの限定生産
<収録曲>
01.Hello,world!
02.コロニー
<DVD>
「Hello,world!」スタジオライヴ映像

【通常盤】(CDのみ)
TFCC-86540/¥1,000+税
<収録曲>
01.Hello,world!
02.コロニー

※封入特典(3形態すべての初回プレス分に封入)
BUMP OF CHICKEN「Hello,world! / コロニー」CD購入者限定リリース記念スペシャルライヴチケット購入応募券

【関連リンク】
BUMP OF CHICKEN オフィシャルHP
BUMP OF CHICKEN、新曲「Hello,world!」MVショートver.が公開へ
BUMP OF CHICKEN、新曲「コロニー」MVショート版をオフィシャルHPにて公開
BUMP OF CHICKEN、新曲「コロニー」MVの場面写真を公開

【関連アーティスト】
BUMP OF CHICKEN
【ジャンル】
ジャパニーズロック, アニメ

FACTが解散! ラストツアー開催へ!
Wed, 29 Apr 2015 00:00:00 +0900
FACT (okmusic UP\'s)

2000年代におけるラウドシーンのパイオニア、FACTが解散を発表した。

【その他の画像】FACT

1999年に結成。約10年もの間、アンダーグラウンドで活動し、2009年にセルフタイトルのアルバム『FACT』を米名門レーベル、Vagrant Recordsから欧米先行リリース。能面をかぶった逆輸入バンドとして、日本国内でもスマッシュヒットとなった。スクリーモやメタルコアといった今では当たり前のジャンルをいち早く取り込み、その上で世界のトレンドと並行してダブステップやエレクトロなどの打ち込みを多用するスタイルで、いわゆる2000年代ラウドシーンの在り方を築いたパイオニア的存在と言える。今でこそ、海外ツアーを行なうラウドバンドが増えてきているが、その点でも先駆者として多くの欧米ツアーを敢行。「SONISPHERE FESTIVAL」や「WARPED TOUR UK」など大型フェスへの出演を果たしてきた。

2014年には結成15周年を迎え、自身初となる大規模フェス「Rock-O-Rama」を開催。Strung Out、Ken Yokoyama、NAMBA69ら国内外のパンクレジェンドから、アンダーグラウンドハードコアの雄まで、ほかでは絶対に観ることのできないFACTならではのブッキングが話題を呼んだ。その後、今年3月に発売された最新アルバム『KTHEAT』は全編英詞のロックバンドとしては、異例のフルアルバム4作連続チャートTOP10入りを果たしたばかり。そんな彼らの解散コメントは、オフィシャルHPに掲載されている。

同時に、実質のラストツアーも発表。これまでファンに世代も国境も越えた多くのバンドを知ってもらいたいというメンバーの意向で、海外からのゲストバンドや国内の若手バンドと共に回る対バン形式のツアーのみを行なってきたが、今回は自身初となる単体での全国ツアーになる。最初で最後のFACTのワンマンツアー。第1次チケット先行発売は、オフィシャルHPで5月11日(月)から開始される。彼らが演奏する姿を心に刻む最後のチャンスだ。

■「FACT“KTHEAT”JAPAN TOUR 2015」

9月05日(土) 愛媛 松山W studio RED
9月06日(日) 大阪 なんばHatch
9月10日(木) 北海道 札幌 PENNY LANE24
10月03日(土) 福岡 DRUM LOGOS
10月04日(日) 香川 高松MONSTER
10月10日(土) 東京 TOKYO DOME CITY HALL
10月12日(月) 福島 郡山Hip Shot Japan
10月13日(火) 宮城 仙台darwin
10月17日(土) 岡山 YEBISU YA PRO
10月18日(日) 広島 クラブクアトロ
10月20日(火) 兵庫 神戸 太陽と虎
10月22日(木) 長野 CLUB JUNK BOX
10月24日(土) 新潟 LOTS
10月25日(日) 石川 金沢AZ
10月30日(金) 愛知 名古屋Diamond Hall

【関連リンク】
FACT オフィシャルHP
SPARK!!SOUND!!SHOW!!の全国流通盤発売を記念し、FACT、RAZORS EDGE等からコメントが到着
FACT、リリース前のニューアルバムから先行EPをゲリラ配布!?
FACT、15周年イベントタイムテーブル発表!オープニングアクトはなんとFACT!?

【関連アーティスト】
FACT
【ジャンル】
ジャパニーズロック, パンク/ハードコア













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1