歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2015年03月22日)
バックナンバー
最新ニュース
2015/03/31
2015/03/30
2015/03/29
2015/03/28
2015/03/27
2015/03/26
2015/03/25
2015/03/24
2015/03/23
2015/03/22
2015/03/21
2015/03/20
2015/03/19
2015/03/18
2015/03/17
2015/03/16
2015/03/15
2015/03/14
2015/03/13
2015/03/12
2015/03/11
2015/03/10
2015/03/09
2015/03/08
2015/03/07
2015/03/06
2015/03/05
2015/03/04
2015/03/03
2015/03/02
2015/03/01
2015/02/28
2015/02/27
2015/02/26
2015/02/25
2015/02/24
2015/02/23
2015/02/22
2015/02/21
2015/02/20
2015/02/19
2015/02/18
2015/02/17
2015/02/16
2015/02/15
2015/02/14
2015/02/13
2015/02/12
2015/02/11
2015/02/10
2015/02/09
2015/02/08
2015/02/07
2015/02/06
2015/02/05
2015/02/04
2015/02/03
2015/02/02
2015/02/01
2015/01/31
2015/01/30
2015/01/29
2015/01/28
2015/01/27
2015/01/26
2015/01/25
2015/01/24
2015/01/23
2015/01/22
2015/01/21
2015/01/20
2015/01/19
2015/01/18
2015/01/17
2015/01/16
2015/01/15
2015/01/14
2015/01/13
2015/01/12
2015/01/11
2015/01/10
2015/01/09
2015/01/08
2015/01/07
2015/01/06
2015/01/05
2015/01/04
2015/01/03
2015/01/02
2015/01/01
2014/12/31
2014/12/30
2014/12/29
2014/12/28
2014/12/27
2014/12/26
2014/12/25
2014/12/24
2014/12/23
2014/12/22
2014/12/21
2014/12/20
2014/12/19
2014/12/18
2014/12/17
2014/12/16
2014/12/15
2014/12/14
2014/12/13
2014/12/12
2014/12/11
2014/12/10
2014/12/09
2014/12/08
2014/12/07
2014/12/06
2014/12/05
2014/12/04
2014/12/03
2014/12/02
2014/12/01
2014/11/30
2014/11/29
2014/11/28
2014/11/27
2014/11/26
2014/11/25
2014/11/24
2014/11/23
2014/11/22
2014/11/21
2014/11/20
2014/11/19
2014/11/18
2014/11/17
2014/11/16
2014/11/15
2014/11/14
2014/11/13
2014/11/12
2014/11/11
2014/11/10
2014/11/09
2014/11/08
2014/11/07
2014/11/06
2014/11/05
2014/11/04
2014/11/03
2014/11/02
2014/11/01
2014/10/31
2014/10/30
2014/10/29
2014/10/28
2014/10/27
2014/10/26
2014/10/25
2014/10/24
2014/10/23
2014/10/22
2014/10/21
2014/10/20
2014/10/19
2014/10/18
2014/10/17
2014/10/16
2014/10/15
2014/10/14
2014/10/13
2014/10/12
2014/10/11
2014/10/10
2014/10/09
2014/10/08
2014/10/07
2014/10/06
2014/10/05
2014/10/04
2014/10/03
2014/10/02
2014/10/01
2014/09/30
2014/09/29
2014/09/28
2014/09/27
2014/09/26
2014/09/25
2014/09/24
2014/09/23
2014/09/22
2014/09/21
2014/09/20
2014/09/19
2014/09/18
2014/09/17
2014/09/16
2014/09/15
2014/09/14
2014/09/13
2014/09/12
2014/09/11
2014/09/10
2014/09/09
2014/09/08
2014/09/07
2014/09/06
2014/09/05
2014/09/04
2014/09/03
2014/09/02
2014/09/01
2014/08/31
2014/08/30
2014/08/29
2014/08/28
2014/08/27
2014/08/26
2014/08/25
2014/08/24
2014/08/23
2014/08/22
2014/08/21
2014/08/20
2014/08/19
2014/08/18
2014/08/17
2014/08/16
2014/08/15
2014/08/14
2014/08/13
2014/08/12
2014/08/11
2014/08/10
2014/08/09
2014/08/08
2014/08/07
2014/08/06
2014/08/05
2014/08/04
2014/08/03
2014/08/02
2014/08/01
2014/07/31
2014/07/30
2014/07/29
2014/07/28
2014/07/27
2014/07/26
2014/07/25
2014/07/24
2014/07/23
2014/07/22
2014/07/21
2014/07/20
2014/07/19
2014/07/18
2014/07/17
2014/07/16
2014/07/15
2014/07/14
2014/07/13
2014/07/12
2014/07/11
2014/07/10
2014/07/09
2014/07/08
2014/07/07
2014/07/06
2014/07/05
2014/07/04
2014/07/03
2014/07/02
2014/07/01
2014/06/30
2014/06/29
2014/06/28
2014/06/27
2014/06/26
2014/06/25
2014/06/24
2014/06/23
2014/06/22
2014/06/21
2014/06/20
2014/06/19
2014/06/18
2014/06/17
2014/06/16
2014/06/15
2014/06/14
2014/06/13
2014/06/12
2014/06/11
2014/06/10
2014/06/09
2014/06/08
2014/06/07
2014/06/06
2014/06/05
2014/06/04
2014/06/03
2014/06/02
2014/06/01
2014/05/31
2014/05/30
2014/05/29
2014/05/28
2014/05/27
2014/05/26
2014/05/25
2014/05/24
2014/05/23
2014/05/22
2014/05/21
2014/05/20
2014/05/19
2014/05/18
2014/05/17
2014/05/16
2014/05/15
2014/05/14
2014/05/13
2014/05/12
2014/05/11
2014/05/10
2014/05/09
2014/05/08
2014/05/07
2014/05/06
2014/05/05
2014/05/04
2014/05/03
2014/05/02
2014/05/01
2014/04/30
2014/04/29
2014/04/28
2014/04/27
2014/04/26
2014/04/25
2014/04/24
2014/04/23
2014/04/22
2014/04/21
2014/04/20
2014/04/19
2014/04/18
2014/04/17
2014/04/16
2014/04/15
2014/04/14
2014/04/13
2014/04/12
2014/04/11
2014/04/10
2014/04/09
2014/04/08
2014/04/07
2014/04/06
2014/04/05
2014/04/04
2014/04/03
2014/04/02
2014/04/01
2014/03/31
2014/03/30
ハルカトミユキ、1st ミニアルバムのアートワーク&タイトル曲MV公開
Sun, 22 Mar 2015 18:00:00 +0900
ハルカトミユキ (okmusic UP\'s)

ハルカトミユキが4月22日(水)に発売する1st ミニアルバム『世界』のアートワークと、タイトル曲のMVを公開した。

【その他の画像】ハルカトミユキ

今回公開されたCDジャケットは、ハルカのネイキッドポートレート。ベリーベリーショートに金髪に深紅の口紅のハルカ。 山口小夜子やフェイウォンなど激スレンダーなアジアンビューティーを想起させる、どこかジェンダーフリーなポートレートに、 漢字混じりの深紅のタイポグラフィーがデザインされ、香港のハイファッション誌のようだ。まさに、進化するハルカトミユキを象徴するビジュアルに仕上がっている。

また、アルバムのタイトル曲「世界」のミュージックビデオも同時に公開された。2015 Song#1として配信中のこの曲は、発表時に公開した、様々な“バイバイ"を収めたリリックビデオが話題を呼んだが、ミニアルバムのリリースに合わせて、メンバー出演のミュージックビデオが制作。 同ミュージックビデオは、ジャケット同様、深紅がテーマカラーとなっている。監督にはハルカの発案により、映画監督の藤井道人が起用された。若干28歳と、ハルカとミユキと同世代とも言える年齢ながら、脚本監督を兼務した「オー!ファーザー」などメジャー作品も手がける、新進気鋭の注目監督だ。

ウォン・カーウァイ、レオス・カラックスなどに通ずるような、藤井監督の描く「世界」の中で、ハルカは、髪を自らの手でザクザクと切り落とし、アン・レノックスを彷彿とさせる金髪のベリーショートに変身する。「嘘ツキ」のリリックビデオで強烈な印象を残す、ハルカお気に入りの女優、打越梨子が、今回も助演として出演している。

ハルカトミユキは、4月25日(土)にPeople In The Boxを招きリリースパーティを開催。チケットは現在発売中。

■「世界」ミュージックビデオ
https://youtu.be/1lQ8Tc9VNNE

■1st ミニアルバム 『世界』

2015年4月22日(水)発売
【初回生産限定盤】(CD+DVD)
AICL-2859,2860/¥2500+税
【通常盤】(CD)
AICL-2861/¥2000+税
<CD収録曲>
1.世界
2.tonight
3.マゼンタ
4.君はまだ知らない
5.バッドエンドの続きを
6.ヨーグルト・ホリック
7.嘘ツキ
<初回盤DVD収録曲>
ハーモニー / Harmony #1
2015.2.6 東京キネマ倶楽部
1.終バス(未発表曲)
2.嘘ツキ
3.ニュートンの林檎
4.青い夜更け

■「ハルカトミユキ meets People In The Box」

4月25日(土) 恵比寿LIQUIDROOM
Act:People In The Box/ハルカトミユキ
open 17:15/start 18:00

【関連リンク】
ハルカトミユキ オフィシャルHP
ハルカトミユキ、2015年3曲目は王道のダークなバラード
ハルカトミユキの新曲「嘘ツキ」配信スタート&リリックビデオ公開
一過性のブームよりも長く聴ける音楽を! 2015年要注目アーティスト5選

【関連アーティスト】
ハルカトミユキ
【ジャンル】
ジャパニーズロック

新生EXILEがニコ生を3月23日(月)から1週間ジャック
Sun, 22 Mar 2015 17:00:00 +0900
EXILE (okmusic UP\'s)

EXILEが3月25日(水)に発売される新生EXILEとして初のアルバムのリリースを記念し、急遽、3月23日(月)から29日(日)の発売週1週間、毎日EXILEが生出演するニコニコ生放送番組『EXILEが毎日生出演「19 -Road to AMAZING WORLD-」アルバム発売特番 〜直己の部屋〜』の放送が決定した。

【その他の画像】EXILE

初日の3月23日は17時半より本放送前のミュージックビデオ特別番組がスタートし、18時からメンバー生出演の本放送が始まる。 EXILEとしてのニコ生出演は2012年の6月以来、3年近くぶりだが、それだけでなく同グループが一週間連続で生出演するのはニコ生史上初めて。常に進化を繰り返し、新しいことに挑戦し続ける、実にEXILEらしい豪快な企画だ。

今回のアルバム『19 -Road to AMAZING WORLD-』は、3年以上もの制作期間を経て完成したアルバムで、リーダーであるHIROが勇退するまでのEXILE第三章から、新メンバー5名が加入し、新たに19名の新生EXILEとして始動した第四章までの歴史と想いが詰まった“架け橋"的な作品。逆に言えばその間、レコーディング期間やパフォーマンストレーニングに集中していた為、ツアー以外の外へ向けての活動が少なかったと言える。 そんな状況を受け、EXILEメンバーが「今何を考え、日々をどう過ごしているのか」、「第三章と第四章をどう捉え、どこに向かっていくのか」、そして、それぞれのパーソナルに迫った深い話まで、ニコ生特有のファンとの触れ合いを大事にしながら伝えていきたいという、彼らの想いで今回の番組放送が決定した。

番組では、第三章からEXILEに加入、三代目 J Soul Brothersリーダーも兼任する小林直己がMCとして立ち、毎回、直己だからこそ聞ける深い話を、ゲストで訪れる他メンバー達に質問し、切り込んでいく。コメントや即時アンケートを通してファンとやりとりするコーナーも予定している。是非とも参加してみよう。

3月25日(水)に発売されるアルバム『19 -Road to AMAZING WORLD-』は収録楽曲14曲全てにミュージックビデオがあり、さらに豪華盤には、EXILE HIROのパフォーマー勇退への過程から、第四章に至るまでの裏側に密着した76分もの長編ドキュメント「EXILE Document 2012-2014」、世界最先端DJによるEXILEサウンドのリミックスCD「EXILE REMIX DISC」なども収録。EXILE第三章の歴史とこれからの第四章への期待感を、思う存分に感じられるような超豪華アルバムとなっている。 また、サブタイトル「Road to AMAZING WORLD」の通り、秋のEXILEライブツアータイトル「AMAZING WORLD」への繋がる入口ともなっているので、ツアーを最大限楽しみたいファンはチェックしよう。

■『EXILEが毎日生出演「19 -Road to AMAZING WORLD-」アルバム発売特番 〜直己の部屋〜』

<放送日程>
【第1夜】:3月23日(月)18時〜(予定)
【第2夜】:3月24日(火)23時〜(予定)
【第3夜】:3月25日(水)21時〜(予定)
【第4夜】:3月26日(木)18時〜(予定)
【第5夜】:3月27日(金)21時〜(予定)
【第6夜】:3月28日(土)未定
【第7夜】:3月29日(日)未定
※放送時間は変更になる可能性がございます。必ず事前に『EXILE毎日生放送 -直己の部屋-』特設サイトをご確認の上、ご視聴ください。

■『EXILE毎日生放送 -直己の部屋-』特設サイト
http://ch.nicovideo.jp/EXILE19

■アルバム『19 -Road to AMAZING WORLD-』

2015年3月25日発売
【豪華盤】(2CD+2DVD)
RZCD-59799〜800/B〜C/¥5,980+税
【豪華盤】(2CD+2Blu-ray)
RZCD-59801〜2/B〜C/¥6,980+税
【CD+DVD】
RZCD-59803/B/¥3,980+税
【CD+Blu-ray】
RZCD-59804/B/¥4,980+税
【CD】
RZCD-59805/¥2,980+税
<収録曲>
■DISC 1
01.ALL NIGHT LONG
02.BOW & ARROWS
03.あの空の星のように…
04.Bloom
05.EXILE PRIDE〜こんな世界を愛するため〜
06.Flower Song
07.No Limit
08.PERFORMER\'S PRIDE
09.NEW HORIZON
10.Craving In My Soul
11.情熱の花
12.DANCE INTO FANTASY
13.Believe in Yourself
14.悲しみの果てに…
■DISC-2: DVD  
Music Video
01. ALL NIGHT LONG
02. BOW & ARROWS
03. あの空の星のように…
04. Bloom
05. EXILE PRIDE 〜こんな世界を愛するため〜
06. Flower Song
07. No Limit
08. PERFORMER\'S PRIDE
09. NEW HORIZON
10. Craving In My Soul
11. 情熱の花
12. DANCE INTO FANTASY
13. Believe in Yourself
14. 悲しみの果てに…
■DVD
19 -Road to AMAZING WORLD- Document
■BONUS ALBUM: CD
『EXILE REMIX』
01. ALL NIGHT LONG -Yves V Remix-
02. ALL NIGHT LONG -Lush & Simon Remix-
03. BOW & ARROWS -Sunnery James & Ryan Marciano Remix-
04. EXILE PRIDE 〜こんな世界を愛するため〜 -Nicky Romero Remix-
05. No Limit -Sick Individuals Remix-
06. Craving In My Soul -Stadiumx Remix-

◎三方背仕様(初回のみ)
◎応募シリアルナンバー封入(初回のみ)

【関連リンク】
EXILE オフィシャルHP
EXILE、ニューアルバムより新曲「悲しみの果てに…」MVがついに解禁
EXILEが初の“自撮り映像”MVを公開
EXILE、ニューアルバム豪華盤特典『EXILE REMIX』にニッキー・ロメロら世界のトップDJが参加

【関連アーティスト】
EXILE
【ジャンル】
J-POP

サザン、ニューアルバム完全生産限定盤は発売前にして早くも入手困難!?
Sun, 22 Mar 2015 16:00:00 +0900
アルバム『葡萄』【完全生産限定盤A】 (okmusic UP\'s)

サザンオールスターズが3月31日(火)にリリースする約10年ぶりのニューアルバム『葡萄』の生産限定盤が発売前にして早くも入手困難となっている。

【その他の画像】サザンオールスターズ

ニューアルバム『葡萄』は先週の15日に全国の47都道府県47館の映画館で、試聴会が行われた。全16曲が収録される大作だが、ディスコ・ビート、歌謡曲、ラテンジャズ、ハードロック、ポップス、とその内容は変幻自在。さらに、桑田佳祐自身が語るように、「音楽性は元より、ある種の“読物"としての在り方に拘った」この作品は、ひとつひとつの歌詞も、とても味わい深い。幸運にも試聴会に参加することができたファンからは、『葡萄』を絶賛する声が多数寄せられており、ファンの間ではすでに“名盤"の呼び声が高まっている。

作品とともに注目を浴びているのが、まさに『葡萄』を読み解く本物の“読物"として、生産限定盤に付属する「葡萄白書」。この「葡萄白書」は、桑田佳祐自身による全曲解説や2013年の復活以降の貴重な写真などで構成される、特別編集の70ページを超える豪華ブックレット。とても深く、濃い内容になっており、アルバムを味わい尽くすためには、必携のアイテム。メディアでその一部が公開され、大きな話題となっている。作品の前評判と相俟って、この「葡萄白書」が付属する生産限定盤は全国的に多数の予約が入っている。特に13日のミュージックステーション出演、そして前述のプレミア試聴会開催以降は、さらに予約が急伸。すでに大手eコマースサイトでは、特に完全生産限定盤Aが予約段階で完売し、入手困難な状況になりつつある。

この状況を受け、レコードメーカーの販売促進担当者は、「完全生産限定盤Aは、準備していた数に対して予想をはるかに上回る早さで、予約をしていただいており、すでに発売日前にして完売の店舗が続出してしまっています。残念ながら、増産の予定はございませんので、手に入れたい方はまだ予約可能な店舗をお探しいただき、早めのご予約をおすすめいたします。限定盤Aの完売店続出に伴い、限定盤Bの予約も急激に伸びております。「葡萄白書」は限定盤Bにも付属しますが、今後こちらも早い段階で品薄になってくることが予想されます。」と語っている。気になる方は早めに予約しよう。

■アルバム『葡萄』

2015年3月31日(火)発売
【完全生産限定盤A】 (「通常盤CD+オフィシャルブック「葡萄白書+“おいしい葡萄の旅"Tシャツ+ボーナスDVD」特製BOX入り)
VIZL-1000/¥6,500+税
【完全生産限定盤B】 (「通常盤CD + オフィシャルブック「葡萄白書」+ ボーナスDVD」特製BOX入り)
VIZL-1010/¥4,500+税
【通常盤】
VICL-64400/¥3,300+税
【アナログ盤】※2015年4月8日発売
VIJL-61500〜1/¥4,000+税
<収録曲>
1 アロエ (WOWOW 2015 CMソング)
2 青春番外地
3 はっぴいえんど
4 Missing Persons
5 ピースとハイライト
(フォルクスワーゲン「New Golf」 CMソング)
6 イヤな事だらけの世の中で
(TBS系 日曜劇場「流星ワゴン」主題歌)
7 天井棧敷の怪人
8 彼氏になりたくて
9 東京VICTORY
(三井住友銀行 CMソング / TBS系列「2014 アジア大会&世界バレー」テーマ曲)
10 ワイングラスに消えた恋
11 栄光の男
(三井住友銀行 CMソング)
12 平和の鐘が鳴る
(NHK 放送90年イメージソング)
13 天国オン・ザ・ビーチ
14 道
15 バラ色の人生
16 蛍
(映画「永遠の0」主題歌)

■『WOWOW presents サザンオールスターズ LIVE TOUR 2015 「おいしい葡萄の旅」』

4月11日(土) 愛媛県武道館
4月12日(日) 愛媛県武道館
4月18日(土) 宮城 セキスイハイムスーパーアリーナ
4月19日(日) 宮城 セキスイハイムスーパーアリーナ
4月25日(土) 広島グリーンアリーナ
4月26日(日) 広島グリーンアリーナ
5月02日(土)  朱鷺メッセ・新潟コンベンションセンター
5月03日(日)  朱鷺メッセ・新潟コンベンションセンター
5月16日(土) 京セラドーム大阪
5月17日(日) 京セラドーム大阪
5月23日(土) 東京ドーム
5月24日(日) 東京ドーム
5月26日(火) 東京ドーム
6月06日(土) 札幌ドーム
6月07日(日) 札幌ドーム
6月13日(土) ナゴヤドーム
6月14日(日) ナゴヤドーム
7月04日(土) 福岡 ヤフオク!ドーム
7月05日(日) 福岡 ヤフオク!ドーム
7月19日(日) 沖縄コンベンションセンター
7月20日(月・祝) 沖縄コンベンションセンター

【関連リンク】
サザンオールスターズ オフィシャルHP
サザンオールスターズ、Yahoo!検索にて異例の特別企画がスタート!
サザンオールスターズ、ニューアルバム収録の新曲2曲をiTunes Storeにて配信スタート
サザンオールスターズ、ニューアルバムの特典に年越しライブDVDが付属&新曲のMV公開

【関連アーティスト】
サザンオールスターズ
【ジャンル】
ジャパニーズロック

福山雅治、デビュー25周年当日に伝説のインターネット配信番組が復活
Sun, 22 Mar 2015 15:00:00 +0900
特別番組「福山雅治デビュー25周年記念『BROS.TV☆春の大復活祭』3.21ナマで全世界配信しちゃわnight(ナイト)!!号」 (okmusic UP\'s)

福山雅治がデビュー記念日の3月21日(土・祝)にテレビ、インターネット、ラジオの各メディアで特別番組が次々と放送された。

【その他の画像】福山雅治

今年デビュー25周年を迎える福山雅治。デビュー記念日だった昨日3月21日はまずWOWOWでスペシャルプログラム「福山☆WOWOW的大感謝祭!だってデビュー日ですから、野郎夜も聖女夜もドームもアジアも、去年と今年のLiveをまるごと魅せちゃわnight!」がオンエア。昨年、初のドームツアーと海外公演を行い、さらに毎年恒例の「冬の大感謝祭」を初めて全国ツアーとして展開した福山。番組は2014年末に行われたパシフィコ横浜の男性・女性限定ライブ、今年2月に開催された「冬の大感謝祭」ツアーのファイナル・宮城公演の模様を交え、‘14年から\'15年の福山の音楽活動を網羅する内容となった。さらに関連番組として、福山が主演した映画「容疑者Xの献身」「真夏の方程式」も放映された。

夜10時からはデビュー25周年を記念して、一時休止中だったインターネット番組「BROS.TV」が復活。特別番組「福山雅治デビュー25周年記念『BROS.TV☆春の大復活祭』3 .21ナマで全世界配信しちゃわnight(ナイト)!!号」として、USTREAM、YouTube、ニコニコ生放送、GYAO!の4媒体で同時生中継された。

「BROS.TV」は‘12年から\'14年にかけて配信された、オフィシャルファンクラブ「BROS.」限定のインターネット番組。今回はデビュー25周年のタイミングで「25年間を応援してくださったファンの皆さんとリアルタイムで繋がりたい! お祭り騒ぎしたい! 感動を分かち合いたい!」「この日、この時間、この瞬間にしか起こり得ない、自分達も予想だにしない展開の数々を、一夜限りの奇跡のドキュメンタリーを全世界配信したい!」というテーマのもと、約1年ぶりの復活となった。これまではファンクラブ会員のみ視聴可能だったのだが、今回は無料ということもあり、大きな注目を集めた。

番組は先日、広島カープ・黒田博樹投手が8年ぶりに古巣復帰を決めた後押しをした曲として黒田投手がラジオで紹介し話題となった「少年」のライブ演奏からスタート。福山、荘口彰久(契約アナウンサー)、今浪祐介(契約作家)、大山英雄(芸人)、ARATA(ディレクター)のメンバーで賑やかに進行した。配信が行われたのは福山が所属事務所アミューズの最終オーディションを受けた思い出深いスタジオということもあり、当時の貴重なオーディション映像を紹介。ザ・ストリートスライダーズの楽曲を歌い、事務所の先輩・松下由樹さんを相手にセリフを読む19歳の自分を見て、「いきなりダメージ食らいましたね。ひどいですね」と苦笑する福山。番組復活のお祝いとして福山が毛筆で「BROS.TV」の題字を書くなど、記念日にふさわしい演出もふんだんに取り入れられた。

その後は、車で移動しながらの「芸能人しりとり」、台湾の映画祭に出席した際、福山の宿泊先のホテルの部屋に侵入した「局長の寝室in台湾」、大の苦手だというイソメを餌に海釣りにトライする企画など、福山が「“神"回だけを抽出しました」という選りすぐりのシーンを公開しながら、リラックスしたトークを展開。さらに"アーティスト・福山雅治"の魅力が体感できるスペシャルな企画も。番組後半には、3月25日にデジタルシングルとして配信される資生堂TSUBAKI CMソングの「何度でも花が咲くように私を生きよう」を披露し、大きな感動を生み出した。

更に番組の最後には、4月8日(水)発売の弾き語りカヴァー・アルバム『魂リク』初回限定盤のDVDに収録された映像を少しだけ先行公開。また4月から「BROS.TV」がレギュラー放送されることも発表された。ライブやテレビとは一味違う福山雅治が堪能できる「BROS.TV」の注目度は、ここからさらに上がっていくことになりそうだ。なお、 次回の放送からはファンクラブ会員限定となる。

25周年のデビュー記念日のフィナーレを飾ったのは、来週3月28日(土)の放送で最終回を迎える「福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル 『魂のラジオ』」。「私、福山雅治25周年です。ありがとうございます、おまえら!」という挨拶からスタート。「デビューのきっかけとなった“アミューズ・10ムービーズ・オーディション"を知ったきっかけは?」「オーディション用紙に書いた特技は?」といったクイズ、「デビュー当時と現在で変わったところは?」「上京した頃からずっと持ち続けているモノは?」「デビューして何年目に“スターになったな"と思った?」などリスナーの質問をもとにして、これまでのキャリアを振り返った。

また、弾き語りカヴァー・アルバム『魂リク』に収録された「銭形平次」を初オンエア。「アルバム入れるにあたって原曲を何度も聞いたけど、舟木一夫さん本当にカッコいいんですよね」というコメントからも、この曲に対する福山の思いが伝わってきた。この日の魂リクは、\'98年のヒット曲「Heart」。最後に「BROS.TV」で放送されたオーディション時の映像のことに触れ、「ひどかったね。応援してくれたファンの人がすごいんです」とファンに向けた感謝を表した福山。「通常営業でいいんじゃないですか。メールを読みながら」と番組を進めた。来週3月28日(土)の“最終回にも注目が集まりそうだ。

25周年のイベントは、この後もさらに続く。3月25日(水)に初のデジタルシングル「何度でも花が咲くように私を生きよう」、4月8日(水)に弾き語りカヴァー・アルバム「魂リク」をリリース。8月には大阪・ヤンマースタジアム長居、横浜・日産スタジアム、長崎・稲佐山公園野外ステージでのライブも開催される。25周年のアニバーサリーイヤーを迎えた福山雅治をチェックしよう。

■アルバム『魂リク』

2015年4月8日(水) 発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
POCS-20901/¥3,900+税
※スリーヴケース
【通常盤】(CD)
POCS-20008/¥3,000+税 
2015年3月2日(月)以降、全国のレコードショップおよび、各オンラインショップにて随時予約受付開始!!

■特設サイト
http://www.fukuyamamasaharu.com/sp/tamashii/

■デジタルシングル 「何度でも花が咲くように私を生きよう」

2015年3月25日(水)配信開始
資生堂TSUBAKI CMソング
福山雅治オフィシャルホームページ及び、レコチョク、iTunes他各配信サイトにて一斉配信開始!!

【関連リンク】
福山雅治 オフィシャルHP
福山雅治、初の弾き語りカヴァーアルバム発売決定
福山雅治、25周年の夏にスタジアム&地元・長崎凱旋ライヴ決定
福山雅治、 「魂のラジオ」のアルバム化を発表

【関連アーティスト】
福山雅治
【ジャンル】
J-POP

大滝詠一のラジオ番組「ゴーゴーナイアガラ」をモチーフにした映像企画公開
Sun, 22 Mar 2015 14:00:00 +0900
『NIAGARA CD BOOK II』 (okmusic UP\'s)

大滝詠一、本人最後の企画となった12枚組のCD BOXセット『NIAGARA CD BOOKII』の発売を記念し、あの伝説のラジオ番組「ゴーゴーナイアガラ」をモチーフにした映像企画が公開された。

【その他の画像】大滝詠一

自身初のベストアルバム『Best Always』がオリコン週間ランキングで2位を記録した大滝詠一。3月21日にリリースされたCD BOXセット『NIAGARA CD BOOKII』は本人最後の企画だ。

同作の発売を記念し、今回公開された伝説のラジオ番組「ゴーゴーナイアガラ」をモチーフにした映像企画には、笑福亭鶴瓶、萩原健太、藤井フミヤ、爆笑問題、マキタスポーツといった本人とゆかりのある方々から届いた動画コメントが収録。Sony Music Youtubeチャンネルにて公開されているので、気になる方はチェックしよう。

■「NIAGARA CD BOOKII発売記念 ゴーゴーナイアガラTV」
http://youtu.be/MP5TXoi0E2Q

■『NIAGARA CD BOOK II』

2015年3月21日(土) 発売
SRCL-8700〜8711/¥25,000+税
12枚組豪華ボックス仕様
完全生産限定盤
※店頭での予約は締め切っております。
※『Best Always』と『NIAGARA CD BOOK II』のW購入者応募施策実施上記2タイトルをご購入いただいた方の中から抽選で豪華賞品をプレゼントいたします。
A賞:『Best Always』&『NIAGARA CD BOOK II』発売記念パーティーご招待!×200名様
【日程:2015年5月30日(土) 場所:東京都内某所】
B賞:『夢で逢えたら』非売品アナログシングル×300名様
詳細は商品封入の応募ハガキ、チラシをご確認ください。また、随時オフィシャルHPでも発表いたします。
※「NIAGARA CD BOOK II」予約特典、ジャケット絵柄LPサイズカレンダー

【関連リンク】
大滝詠一 オフィシャルHP
大滝詠一、ベスト盤発売記念スペシャルムービーが期間限定公開中
大滝詠一、タワーレコード新宿店にて『Best Always』ミュージアム開催決定 
大瀧詠一を取り上げたコラムページが話題に!

【関連アーティスト】
大滝詠一
【ジャンル】
J-POP

ビョークの『Greatest Hits』を通じ、彼女の唯一無比な世界を俯瞰する
Fri, 13 Mar 2015 18:00:00 +0900
『Greatest Hits』のジャケット画像 (okmusic UP\'s)

 シュガーキューブス(The Sugarcubes)の『Life\'s Too Good』(\'88)で出会ったのが最初だから、もう彼女を知ってかれこれ27年ということになる。改めて思い返すに、アルバムはCDでリリースされたのだが、その頃出てきたオルタナ系新人バンドの中では飛び抜けて面白かった。収録曲の「Birthday」がヒットしていた。同曲はアイスランド語と英語の2通りのバージョンが存在しているが、どちらも言語の違いをほとんど感じさせないような気が、当時もしていたが今もそう思う。どうでもいいと言ってしまうと乱暴かもしれないが、言語なんてどうでもいいくらいビョークのヴォーカルが突出した個性を放っている。
 私自身は普段主に聴いているものからビョークの音楽は逸脱しているのだが、それでもなぜか惹かれるものがあり、棚を探れば結構なアルバムが並んでいる。ザ・シュガーキューブス時代のアルバムもあるし、そのシュガーキューブス在籍中に、彼女が母国のジャズ・トリオとともにスウィング・ジャズに挑んだ『Gling-Glo』(\'90)も持っている(名盤です)。買い逃しているアルバムも何枚かあったのだが、機会があれば、とまで思ってしまう。できれば、全部持っていたい…と思い始めるとモヤモヤしてきてしまい、ライヴ作以外のスタジオ作を全部ポチッとしてしまった。

 最新情報からお伝えすると、現在は3月末になるだろうという新譜『Vulnicura』のリリースを待っているタイミングなのだが(国内盤は4月1日を予定)、CD版に先駆けてダウンロード配信はすでに始まっている。2011年の『Biophilia』以来、約4年5カ月振りのアルバムとなる。プレスリリースでは「本作は自らが“ハートブレイク・アルバム”と称しているように、愛する人との決別を生々しく描いた作品。ビョーク本人が長年連れ添ったパートナーとの別れを時系列順に辿っているという、これまでのビョークの作品には見られなかったリアルな題材が、非常に大きな話題に。サウンド面では、若き鬼才プロデューサーとして注目を集めているアルカ(カニエ・ウエスト、FKAツイッグス)やハクサン・クローク(UK出身の実験的アーティスト)と共同プロデュース&作詞作曲が行なわれ、ストリングスのアレンジメントも全編にわたってビョーク自らが担当」とある。新コスチュームなのか、いくつか刺激的なビジュアルも伝わってきており、相変わらずこの人の生み出すものには耳ばかりでなく目が離せない。

「Stonemilker」「Lionsong」「History of Touches 」「Black Lake」「Family」「Notget」「Atom Dance」「Mouth Mantra」「Quicksand」の全9曲からなるアルバムのうち、「Black Lake」という曲に関してはCD版にのみ収録ということになっている。そういう曲が珠玉の1品だったりすることが多いのだ、これが。

 そこで、彼女のディスコグラフィーの中から今回何を選ぼうかと。これは本当に難しい選択作業だ。過去のアルバムを買うよりは最新の、なんて思うのは当然なのだが、不思議と過去のアルバムもまるで新譜を買うような気にさせてくれるのは、世界中を探しても、もしかするとこの人ぐらいかもしれない。内容が古びないというか、耐用年数が長いというか、飛行時間が長いというべきか。
 考えてみれば、シュガーキューブス、そしてソロになってからの作品を、なぜか順々に買って聴いてきていたのだが、その天才ぶりをまざまざと見せつけられたのは『Vespertine』(\'01)を聴いた時のことかもしれない。このアルバムは本当に繰り返し、繰り返し聴いた。アルバムにある透徹とした美しい音に浸っていると、心が洗われるようだった。彼女が主演した映画『ダンサー・イン・ザ・ダーク』のサントラ盤『Selmasongs』(\'00)の音楽も信じられないくらい美しい音楽だったが(同作に収録の「I \'ve Seen It All」)はレイディオ・ヘッドのトム・ヨークとのデュエット)、『Vespertine』は抜きんでた作品で、確かその年の年間アルバムのベストに挙げるジャーナリストも多かったように思う。制作されてから15年も経過していることになるが、未だに時折聴いたりする。耳に馴染んだようには思えず、その新鮮さが初めて聴いた時のまま持続しているのだ。不思議なことだ。ならば、今回の1枚は『Vespertine』をと考えたものの、ほとんど声だけで制作されたという超意欲作『Medulla』(\'04)も頭にチラついて決めきれず、とりあえず『Greatest Hits』(\'02)を選ばせていただくことにした。これは、オフィシャルサイトでファンに人気曲を募り、それを元にビュークが選曲をしたということになっている。ということなので、これから彼女の音楽に触れてみようという方にもいいかもしれない。このベスト盤は1993年にソロ活動をはじめ、2001年の『Vespertine』までの約8年間の活動の間にリリースされた4作品から選ばれている。先に触れたように、どの曲にも旧作感がまるでない。最新作だと言われても納得できてしまうくらい、新旧の差がないのだ。

■前例のない個性と歌声が衝撃的だったデビュー

 変な子が出てきたものだと思った。音楽雑誌に書かれたプロフィールを読まなければ、彼女は未成年だと思っていたし(シュガーキューブスでデビュー時23歳)、そのルックスから推察するに、もしかすると日本人? あるいは、モンゴロイド系とアイスランド人のハーフではないのか?…と。実際はことごとく違っていたのだが、幼女の頃にはアイスランドにおいても周囲から日本人に似ていると言われ、本人も日本というもの、とりわけ文学(特に三島由紀夫)などに対して意識もしていたというから、私の最初の彼女に対する印象もまったく的外れではなかったというか、何というか。現在は50歳ということなので立派なオバちゃんということになるが、あまり風貌は変わっていない気がする。アメリカ人のアーティストによくあるように、中年になって体型、風貌が激変するということもなく、今も妖精的な雰囲気を漂わせている。

 いい意味で“元祖”不思議ちゃんかもしれない。名前からして本名をビョーク・グズムンズドッティル (Bjork Gudmundsdottir)といい、ビョークは“白樺”、舌を噛みそうなグズムンズドッティルというのは“グズムンズヅールの娘”を意味するんだそうな。アイスランド語で歌われているものは対訳でも読まなければ、どういったことが歌われているのか見当もつかなかったし、実際に歌の内容を知ればなおのこと不思議ちゃんだったというか。また、今も昔もポピュラー音楽界、とりわけロック分野においては米英中心というか英語圏優先であり、それ以外の国から出てくるアーティストは極めて稀だった。特に女性アーティストはなおさらだった。あるとしてもせいぜいフランスぐらいで、ドイツにはニナ・ハーゲンとかユニークな個性派はいたけれど、せいぜいそれぐらい。
 探してみればいないことはない。世界的なメガヒットを連発したアバ(ABBA)なんてスウェーデンだし、「ヴィーナス」のヒットで知られるショッキング・ブルーはオランダではないかと。それにしてもアイスランドとは驚きというか、普段の生活の中から完全に抜け落ちている国だったものだ。そんな国にもパンクロックの波は押し寄せ、それまでは普通のロックを聴いていた彼女は大きな意識改革まで起こし、冒頭のシュガーキューブスのようなオルタナティブロックに舵を切ったということらしい。

 彼女の経歴とか、生い立ちとかはあまり知らない。伝記本のような類のものも出版されているようなので、より詳しくビョークのことを知りたい方はそちらのほうを探ってみることをお勧めする。と言いつつ、少しだけ経歴に触れておくと、彼女は正式には冒頭に挙げたシュガーキューブスでデビューしたというよりは、12歳の時にアイスランドの童謡を歌ったアルバムでデビューしている。これが素晴らしかったらしく、彼女は国民的な人気を得たという。現在、このアルバムを入手することができるのかどうか、いろいろ調べてみたが分からなかった。4歳で作曲を始めたというから、自己表現の何たるやをそのころから身に付けていたと思われる。そういうこともあったからか、前述のアイスランド童謡を歌ったアルバムが大ヒットしようが、自分の曲がひとつも収録されていないために彼女は不満だったという。また、7歳の頃からアカデミックな音楽教育を受けていたようなのだが、反面教師というか、パンクロックの波をかぶって以降、彼女の中ではその世界に対しては否定的なものになっているらしい。

 アカデミックな音楽教育(主にフルート、ビアノ、クラシック音楽を学んだとか)。その経験は少しも無駄になっていないと思われるし、実際に彼女の音楽の随所に生かされている。分かりやすいものでは、とにかくその作曲能力のすごさだろうか。よくあるロックやフォークのシンガーが楽器を弾きながら曲を作るというふうな生やさしい、いい意味での鷹揚な作りが、ビョークの作品には感じられない。散歩でもしながら頭に浮かんだ曲がコンピュータ並の緻密さでしっかり脳味噌に記憶されており、家に戻ってその時はさすがにピアノでも鳴らしてキーやピッチを確かめながら、一心不乱にスコアに書き留めているのではないだろうか。それも複数の楽器のパートも、アレンジも。いや、もちろん、散歩しながらなのかどうかは分からない。CDとなって我々の耳に届けられた音は凄まじいばかりだから。彼女がどのような精神状態で、そしてどのような環境下で、曲を想念したのか、それは凡人には想像もつかないよう世界に思える。

 それから、彼女の表現力以上にあまり言われることがないが、彼女の正確なヴォイシングは半端ないもので、どの歌も恐るべき正確さで歌われる。間違いなく絶対音感の持ち主であり、とてつもない歌唱力の持ち主だと思うのだ。実に個性的な歌い方だし、都はるみばりに唸ったりもする。それに気を取られて、パンキッシュなヴォーカリストと思われているところもあるが、よくよく聴くと、ロック界でもたぶん10指に入る歌唱力の持ち主ではないかと。冒頭で触れたソロデビュー前に出た、彼女が地元アイスランドのジャズトリオとともに録音した『Gling-Glo』(\'90)ではスウィングジャズを歌っている。もちろん唯一無比な彼女であるから、ジャズといってもその独自解釈にかかれば、あくまで“ビュークのジャズ”に仕立て上げられているのだが、これが見事な歌いっぷりなのだ。ソロデビュー後の通算3作目となった『Post』(\'95)はそれこそジャズからテクノ、シュールなエレクトロニック・ポップ、インダストリアルロック風なものまで多彩な曲を歌っているが、他のアルバムに比べて耳に馴染みやすいメロディーのものが多いことも手伝って、彼女のヴォーカリストとしての力量が伝わりやすいアルバムかもしれない。

 それから、やはり彼女のアーティストとしてのすごさ、魅力はビジュアルアートを抜きには語れないだろう。アルバムカバーを見ただけでも、彼女はこうした方面にも手綱を緩めないでいることが分かるが、自身のメイクアップ、ヘアスタイル、衣装、さらにそれを纏ったライヴパフォーマンスにおける映像とのミックスなど、過剰とも言えるくらいの徹底ぶりだ。自分のセルフイメージはどうであるのか、それを魅せるにはどうするべきなのか、よく分かっている人なのだろう。ヒット作などを出してスター路線を走り出すと、プロダクション、スタッフが増え、会社主導のイメージ戦略が始まり、最初のうちは良かったものの、次第にズレが生じ、気が付いたらすっかりセンスの悪いものばかり連発…というパターンは少なくない。アーティスト自身がアート、ビジュアルを理解し、切磋琢磨しているからこそ、素晴らしいものができるのであって、分業、お任せコースではクリエイティブなものはじきに枯れる。

 こうした試みはロック界を探せば、古くはピンク・フロイド、ヴェルヴェット・アンダーグラウンド、デヴィッド・ボウイ、ジェネシスおよびピーター・ゲイブリエル、ケイト・ブッシュ、ローリー・アンダーソン、ダニエル・ダックスといったあたりが先駆者だったが、ほとんど自身のキャラクターそれ自体がアート作品化しているビョークのそれは、とにかく音楽姓の高さが抜きんでていてすごすぎる…。私はまだライヴ映像作品とかは持っておらず、オフィシャルに公開されている動画などを観る程度なのだが、そのどれもが現代アートの領域にあると、言えなくもない。そう、実際に今年3月8日からは米国ニューヨークのMomaこと、近代美術館では過去20数年にわたるビョークの音楽、美術活動を振り返る大規模な回顧展が開催されている。現代アートの殿堂とも言えるこの美術館で展覧会が企画されるアーティストなど、音楽界で過去にいただろうか。

 決して分かりやすいポップスと言えるアルバムを一枚たりとも彼女は作っていない。そもそも、ポップスの範疇に入れられているが、全然ポップスじゃないのではないかと思う。聴く人によっては難解と感じるに違いない。歌詞も思いっ切りシュールだったり、ラディカルだ。聴きながら一緒に歌ったり、つい口ずさんだりというのもきっと無理だ。それに例えば、こうした方面に疎い彼、彼女とビョークのアルバムを部屋で聴いたりすると、きっと相手は無口になって気まずい空気が流れてしまいかねない。あえて言えば、ビョークが好きな人は女性のほうが多いような気もするのだが、そう想定してみれば、ビョークが理解できない人(彼)とは付き合わないほうが身のためではないかと。まかり間違っても恋人とか夫婦にはならないほうがいいように思う。きつい言い方をするなら、ビョークの素晴らしさを理解できる人間とそうでない人間との間の差異がとてつもなく大きいような気がするのだ。

 それでも音楽性、ルックス、ファッション、表現スタイルまで、彼女の登場以降、多くのフォロワーを生んだように思う。影響力の強さは半端じゃないと言える。過去に映画の主演女優に抜擢されたことも、きっと映画制作者は、音楽だけでなく、ビョークの異端とまでは言わないが、特異なキャラクター、その存在感から放たれてくるオーラに魅せられのことだろう。ちなみに賛否両論あるが、ビョークがカトリーヌ・ドヌーブと共演していることでも話題を集めたその映画『ダンサー・イン・ザ・ダーク』(\'00)は、第53回カンヌ国際映画祭では最高賞であるパルム・ドールを受賞し、ビョークは映画主演2作目で主演女優賞を獲得した。ちなみに1作目の映画は『 ビョークの“ネズの木”〜グリム童話より』(\'86)だ。

 日本へも3度にわたる『Fuji Rock Festival』への参加も含め、たびたび来日している。近年の『Biophilia 』(2011)のライヴなどを観ると、ステージも大がかりなものになり、オーケストラの共演やバックアップミュージシャンの数なども非常に多く、簡単にコンサートツアーを行なうこと自体が大変そうだが、新譜のリリースに合わせて、ぜひまたその姿を日本のファンに見せてほしいものだと思う。

【関連アーティスト】
Bjork, The Sugarcubes
【ジャンル】


クリープハイプ、ホールツアー初日で野音追加公演発表!
Sun, 22 Mar 2015 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

クリープハイプが3月21日、市川市文化会館にて全国ホールツアー「一つじゃつまらないから、せめて二つくらいやろう 後編」の初日を迎えた。

【その他の画像】クリープハイプ

全国のライブハウスを巡った前編とは異なり、アルバム曲を中心に組まれつつも、ライブハウスツアーのセットリストを大幅に変更した今回のツアー。 初日は過去の楽曲に加えて、リリースが決定している5月9日公開映画「脳内ポイズンベリー」の主題歌に起用された5月5日(火)発売の新曲「愛の点滅」をいち早くファンの前で披露。「歌詞をとにかく大切にしたい」というメンバーの思いから、今回Instagram公式アカウントにて歌詞を日替わりで明かしていた同楽曲を、会場を埋め尽くしたファンは噛みしめるように耳を傾けた。

また、ライブの終盤には日比谷野外音楽堂での追加公演を発表。クリープハイプにとっては、初の野音単独公演となる。 クリープハイプオフィシャルモバイルでは、一般発売に先駆けて、チケットの先行発売を24日(火)23時まで行う。チケットの一般発売日は、4月18日(土)。詳しくはオフィシャルサイトでチェックしよう。

■「一つじゃつまらないから、せめて二つくらいやろう後編」

3月21日(土)  千葉 市川市文化会館
3月28日(土)  岡山 倉敷市民会館
3月29日(日)  滋賀 びわこホール
4月03日(金)  福岡 福岡サンパレスホテル&ホール
4月05日(日)  静岡 清水マリナート
4月10日(金)  北海道 札幌市民ホール
4月12日(日)  宮城 仙台サンプラザホール
4月16日(木)  大阪 オリックス劇場
4月17日(金)  大阪 オリックス劇場
4月19日(日)  愛知 名古屋センチュリーホール
4月24日(金)  愛媛 松山ひめぎんホール・サブ
4月28日(火)  栃木 栃木県総合文化センター
5月07日(木)  東京 NHKホール
5月08日(金)  東京 NHKホール
5月10日(日)  長野 ホクト文化ホール・中ホール

【追加公演】
「一つじゃつまらないから、せめて二つくらいやろう」総集編
〜東京の中心で○○○を叫ぶ〜
5月16日(土) 日比谷野外大音楽堂

【関連リンク】
クリープハイプ オフィシャルHP
クリープハイプ、話題の新曲「愛の点滅」が5月6日にリリース決定
クリープハイプ、映画「脳内ポイズンベリー」の主題歌に書き下ろし楽曲を提供
クリープハイプ、全ヶ所ソールドアウトのライブハウスツアーがスタート!

【関連アーティスト】
クリープハイプ
【ジャンル】
ジャパニーズロック

「How nice!!〜春爛漫〜」にがんばれ! Victoryや寺嶋由芙らの出演が決定
Sun, 22 Mar 2015 12:00:00 +0900
がんばれ! Victory (okmusic UP\'s)

4月4日(日)、下北沢SHELTERにて「How nice!!〜春爛漫〜」が開催される。

【その他の画像】寺嶋由芙

「How nice!!」は、思わず「いいね!」「なんて素敵なの!」と声に出してしまうアーティストを音楽性に捉われずにブッキングしていくイベント。第2回目となる今回も前回同様、女性ボーカルにフォーカスし音楽のジャンルの垣根を超え、今注目されているアーティストが出演する。

気になる出演者は、5月20日(水)にEMI Recordsからメジャーデビューする寺嶋由芙と、同日にポニーキャニオンからメジャーデビューするがんばれ! Victory、休養前最後のライヴとなる絵恋、「有吉反省会」への出演が話題を呼んだ「ぱいぱいでか美」、そして結成3週間で今回のお披露目となるmirikaを中心としたバンドSilver Chocolateの出演が決定している。

このイベントで魅力的なアーティストや素敵な音楽との新たな出会いに期待してほしい。また、チケットの一般発売は明日3月21日(土)から各プレイガイドにて。気になる方はお早めに。

■「How nice!! 〜春爛漫〜」

4月04日(土) 下北沢SHELTER
OPEN 18:00 / START 18:30
出演者:寺嶋由芙 / がんばれ! Victory / 絵恋 / ぱいぱいでか美 / Silver Chocolate
Ticket:前売り¥2,800 / 当日¥3,300(tax in/D別) 
オールスタンディング
※小学生以上はチケット必要

【関連リンク】
がんばれ!Victory、フリーアコースティックライブの模様をニコ生にてナイター中継
がんばれ!Victory、メジャーデビュー曲は「全力!スタート」に決定
がんばれ!Victory、5月20日にメジャーデビュー決定
がんばれ!Victory、2014年の100本目となるライブにてサプライズ発表

【関連アーティスト】
寺嶋由芙, がんばれ!Victory, 絵恋, ぱいぱいでか美, Silver Chocolate
【ジャンル】
イベント

Aqua Timez、4月より3カ月連続で配信限定シングルをリリース
Sun, 22 Mar 2015 11:00:00 +0900
Aqua Timez (okmusic UP\'s)

2015年8月24日(月)でデビュー10周年を迎えるAqua Timez。。新曲を各主要配信サイトにて配信限定シングルとして、4月・5月・6月と3か月連続でリリースすることが決定した。

【その他の画像】Aqua Timez

3か月連続シングルの第1弾は4月8日(水)配信の「さくら道」。別れ、そして新たな出会いの多い季節、春。そんな春にぴったりの、新定番「さくらソング」の誕生だ。

6月からは全国ツアーが始まり、8月には日本武道館公演も決定しているAqua Timez。今後の活躍にも期待しよう。

【関連リンク】
Aqua Timez オフィシャルHP
“NARUTO THE LIVE vol.0”にFLOW、Aqua Timez 、DOES、ダイスケ、7!!、乃木坂46、DISH//、トミタ栞 ほか出演
Aqua Timezが2015年の新たな全国ツアーをサプライズ発表
Aqua Timezの12月リリースの新曲がTBS系ドラマ『SAKURA〜事件を聞く女〜』主題歌に決定!

【関連アーティスト】
Aqua Timez
【ジャンル】
J-POP

グッドモーニングアメリカ、明日3月22日(日)公演で発表される重大発表を緊急ツイキャスにて中継決定!
Sat, 21 Mar 2015 21:15:00 +0900
グッドモーニングアメリカ (okmusic UP\'s)

グッドモーニングアメリカが明日、3月22日(日)にZepp Tokyo公演で行うツアーファイナルで実施する重大発表をツイキャスにて生配信することが決定した。

【その他の画像】グッドモーニングアメリカ

重大発表はバンドが昨年11月から不定期にて始めている「グドモキャス」にて、会場から臨場感たっぷりの生配信が行われる。なお、ライブ本編の生配信は行われない。また会場に行けない方もグッドモーニングアメリカオフィシャルツイッターから簡単に見れるのであわせてチェックしておこう。 本日行われた「inトーキョーシティツアー2014-2015」初日東京公演の模様は、4月26日(日)に「MUSIC ON! TV(エムオン!)」にて放送されることが決定している。

グッドモーニングアメリカは、このツアーの大阪公演、名古屋公演でも重大発表を行い、6月10日(水)に単独音源としては約8か月ぶりとなるニューシングル発売すること、そのレコ発イベントとして、6月13日(土)にバンド結成の地八王子凱旋初ホールワンマン「挑戦 ?六夜」と6月20日(土)に大阪城野外音楽堂にてTOTALFATとの2マンライブ「凌ぎ合う vol.6」を開催すること、そしてレコ発ツアー「凌ぎ合うツアー2015」が8月4日(火)名古屋CLUB QUATTROから、9月24日(木)渋谷TSUTAYA O-Crestまで15公演を行うことをアナウンスしたばかり。 生配信で彼らの重大発表をチェックしよう。

■グドモキャス  
http://twitcasting.tv/gma_info/movie/147691107
■グッドモーニングアメリカ オフィシャルツイッター  
https://twitter.com/gma_info

■ライブ情報

「凌ぎ合うツアー2015」
8月04日(火) 名古屋CLUB QUATTRO
8月13日(木) 横浜BAYSIS
8月14日(金) 甲府KAZOO HALL
8月18日(火) 大阪ROCKTOWN
8月19日(水) 神戸太陽と虎
8月25日(火) 福岡DRUM Be-1
8月26日(水) 広島CAVE-BE
9月10日(木) 前橋DYVER
9月12日(土) 酒田MUSIC FACTORY
9月13日(日) 新潟CLUB RIVERST
9月15日(火) 金沢VANVAN V4
9月19日(土) 旭川CASINO DRIVE
9月20日(日) 札幌COLONY
9月21日(月) 苫小牧ELLCUBE
9月24日(木) 渋谷TSUTAYA O-Crest

※チケット先行情報、OPEN/START情報は追ってアナウンスいたします。

「挑戦 第六夜」
6月13日(土) 八王子オリンパスホール
開場17:30 / 開演18:00
※ワンマン公演
料金:前売 ¥3,500

「凌ぎ合う vol.6」
6月20日(土) 大阪城野外音楽堂
開場・開演 16:00
ゲストバンド/TOTALFAT
料金:前売 ¥3,500
??モバイルFC「グドモクルー」最速先行(2次)
3月17日(火)12:00〜3月23日(月)23:59まで
??公式HP先行
3月23日(月)12:00〜3月30日(月)23:59まで

「inトーキョーシティツアー 2014-2015」 ワンマンシリーズ
(終了公演分は割愛)
3月22日(日) 東京 Zepp Tokyo
4月18日(土) 沖縄 Output【裏ファイナル】

■シングル 「タイトル未定」

2015年6月10日(水)発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
COZA-1047〜8/¥1,700+税
【通常盤】(CD)
COCA-17030/¥1,200+税
<収録内容>
オリジナル楽曲3曲収録予定
初回盤DVD内容未定

【関連リンク】
グッドモーニングアメリカ オフィシャルHP
グッドモーニングアメリカがニューシングルのレコ発ツアー開催を発表
グッドモ、6月10日(水)にニューシングル発売決定! 東京・大阪でリリースイベントも開催!
MAN WITH A MISSION、ツアーの対バンにDragon Ash、the HIATUS、ブンブンなど決定

【関連アーティスト】
グッドモーニングアメリカ
【ジャンル】
ジャパニーズロック

indigo la End、ツアーファイナルでサポートドラムの佐藤栄太郎の正式加入を発表
Sat, 21 Mar 2015 17:00:00 +0900
3月17日(火)@中野サンプラザ (okmusic UP\'s)

indigo la Endが3月17日に中野サンプラザでワンマンツアー「幸せが溢れたら」のツアーファイナルを開催した。

【その他の画像】indigo la End

indigo la Endは2月にメジャーファーストアルバム『幸せが溢れたら』を発表するも、年明けにドラマーのオオタユウスケの脱退が発表され、今回のツアーでは急遽サポートとして佐藤栄太郎を招聘。ホールでのワンマンは今回のツアーが初ということも重なって、バンドにとっては試行錯誤の時間が続いたと言っていいと思うが、この日は新体制に対する確かな手ごたえを感じさせるライブとなった。

ステージ前方の幕が上がり、「ワンダーテンダー」からスタート。続く「夜汽車は走る」では後方にスクリーンが登場し、映像を写しながら演奏するなど、ホールならではの演出も加わる。序盤で印象的だったのは、曲間をドラムでつないで次々と曲を演奏していったことで、あえてサポートの佐藤にペースを握らせることにより、プレイに落ち着きを与えようとしているように思えた。佐藤がハイハットを小刻みに刻んでから、Baの後鳥亮介のスラップベースに突入したファンキーな“花をひとつかみ"に続いては、Vo/Gの川谷絵音がバラードの 「抱きしめて」をしっとりと歌い上げる。

最初のMCでは佐藤に加え、インディゴのライブではレギュラーメンバーである2人のコーラスを紹介。まだホールの環境に戸惑っていると話すも、かつてこの会場でライブを観たと思い出を語り、その場に立てて嬉しいと感想を伝える。川谷は以前からしっかり音楽と向き合えるホールでのライブを望む発言をしていて、その念願が叶った喜びもあったに違いない。

「billion billion」ではGの長田カーティスがギターソロでライトハンドを披露するなど、徐々にステージがヒートアップしていき、インタールード的な「まなざしの予感」を挟んで、インディゴの楽曲の中でも最もハードな「実験前」へ。カラフルな照明も加わって、ノイジーかつサイケデリックな空間が立ち現れ、アウトロではフロントの3人がかわるがわる前方に出て行ったりと、大きな盛り上がりを見せた。

続くMCではオオタの脱退が前向きな決断だったことが伝えられ、急なサポート依頼を引き受けてくれた佐藤への感謝を述べると、「改めて、インディゴを一生続けたいと思った」と語り、「これからもよろしくお願いします」と客席に語りかける。そして、再び後方にスクリーンが登場し、「心ふたつ」と「幸せが溢れたら」が演奏された。『幸せが溢れたら』というアルバムは、「ラブソング」「失恋」をモチーフとした作品で、それが偶然にもドラマーとの別れというバンドの状況ともリンクしてしまった。しかし、言うまでもなく別れは始まりであり、映像や美しいコーラスと共に、哀感たっぷりに届けられた“幸せが溢れたら"は、さまざまな想いの詰まった、この日随一の名演だったと言っていいと思う。薄暗い照明の中で繊細に歌われた「つぎの夜へ」以降は、「さよならベル」、「夜明けの街でサヨナラを」とラストに向けてステージが再び熱を帯び、本編の最後に演奏されたのは名曲「幸せな街路樹」。アウトロでは延々と轟音がかき鳴らされたが、この日は普段のライブハウスだと楽器の音に埋もれてしまいがちなコーラスもよく聴こえ、その楽器とコーラスが重なり合った重厚な音を浴びながら、この曲の真の姿を初めて体験したような気持ちになった。

アンコールでは佐藤の正式加入を発表。祝福ムードに包まれると、「この4人になっての最初の曲」と言って「名もなきハッピーエンド」がこの日一のテンションで演奏され、最後は「素晴らしい世界」のラストを川谷が涙声になりながらアカペラで歌いきった。この曲は彼らのデビュー作『さようなら、素晴らしい世界』のタイトル曲であり、インディゴがこれまでも常に別れや喪失感を歌い続けてきたのだということを再認識させる楽曲である。3月という季節に限ったことではなく、人生はいつだって別れの連続だ。しかし、僕らはその別れを笑顔で見送り、その後にやってくる出会いを求めて生きていく。インディゴのライブが素晴らしいのは、そんな事実を改めて認識させてくれるからであり、最後に整列した6人の姿が晴れやかだったのは、きっとそこに新たな世界を見出したからに違いない。

Text by.金子厚武
Photo by.オノツトム

【SETLIST】
01.ワンダーテンダー
02.夜汽車は走る
03.ダビングシーン
04.花をひとつかみ
05.染まるまで
06.抱きしめて
07.ハートの大きさ
08.billion billion
09.まなざしの予感
10.実験前
11.心ふたつ
12.幸せが溢れたら
13.瞳に映らない
14.つぎの夜へ
15.さよならベル
16.夜明けの街でサヨナラを
17.幸せな街路樹
〜ENCORE〜
01.名もなきハッピーエンド
02.素晴らしい世界

■アルバム『幸せが溢れたら』

発売中
【初回限定盤】
WPCL-12033/¥2,130+税
※初回限定特典:
・幸せが溢れるプライス¥2,130+税
・W購入特典プレゼントキャンペーン応募専用シリアルコード(2)封入
【通常盤】
WPCL-12034/¥2,800+税
<収録曲>
01.ワンダーテンダー
02.瞳に映らない
03.夜汽車は走る
04.心ふたつ
05.まなざしの予感
06.実験前
07.ハートの大きさ
08.花をひとつかみ
09.つぎの夜へ
10.さよならベル
11.幸せが溢れたら

【関連リンク】
indigo la End オフィシャルHP
indigo la End、ツアーファイナルで新メンバーが加入
indigo la End、待望のメジャー1stフルアルバムより「夜汽車は走る」MV公開
unBORDEのクリスマスパーティーでRIP、ゲス、きゃりー等が夢の共演

【関連アーティスト】
indigo la End
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

GALNERYUS、ツアーファイナル収録のDVD/Blu-ray&配信限定LIVE EPリリース決定
Sat, 21 Mar 2015 16:00:00 +0900
GALNERYUS (okmusic UP\'s)

GALNERYUSが開催したツアー「THE VOYAGE TO THE BOUNDLESS UNIVERSE」ファイナルの渋谷公会堂公演を完全収録したライヴ映像作品『ATTITUDE TO LIVE』が5月20日に発売される。

【その他の画像】GALNERYUS

「THE VOYAGE TO THE BOUNDLESS UNIVERSE」は、メジャーデビュー10周年を経てリリースされた9th アルバム『VETELGYUS』を携えて行われ、自身過去最多本数となったツアー。

同公演のLIVE CDが2枚組で同梱されるDVD版と、2014年7月に行われ大成功を収めた初のヨーロッパツアーのライヴダイジェストを収録したディスク付きのBlu-ray版の2タイプでのリリースとなる。2015年更なる飛躍を遂げるGALNERYUSを語る上で欠かせない、ファン垂涎のマストアイテムになりそうだ。

またそれに先行する形で、iTunesとレコチョクにて3月25日から配信限定LIVE EP (3 Tracks)『ATTITUDE TO LIVE (ADVANCE TRACKS)』の発売が決定! iTunesでは3月20日(金)よりプレオーダーが開始されているので、ぜひチェックしてほしい。

GALNERYUSは同作品の発売記念ツアー、「"THE HIGHER DIMENSION"TOUR 2015」の開催も発表。6月14日(日)の福岡 DRUM Be-1を皮切りに、7月5日(日)の東京 Zepp DiverCityまで5会場で開催される。新たなる、そして更なる高みを目指す彼らの、進化のプロセスを目撃してほしい。

■DVD/Blu-ray『ATTITUDE TO LIVE』

2015年5月20日発売
【DVD】(DVD+2CD)
VPBQ-19092/¥5,555+税
<収録内容>
■DVD
Live At Shibuya Kokaido, Tokyo 2014.11.23
(From "THE VOYAGE TO THE BOUNDLESS UNIVERSE" TOUR 2014)
01. REDSTAR RISING (SE)
02. ENDLESS STORY
03. THERE\'S NO ESCAPE
04. ULTIMATUM
05. THE GUIDE
06. ENEMY TO INJUSTICE
07. VETELGYUS
08. THE JUDGEMENT DAY
09. ATTITUDE TO LIFE
10. SECRET LOVE
11. Drum Solo
12. BASH OUT !
13. I WISH
14. MY FAITH
15. THE PROMISED FLAG
16. Guitar & Keyboard Solo
17. RISE UP (THE LEGENDARY PANTHEON)
18. DESTINY
19. THE VOYAGE (SE)
■CD (2枚組)
同ライブ音源をCD2枚に収録

【Blu-ray】(2枚組)
VPXQ-79005/¥6,666+税
<収録内容>
■Disc1
Live At Shibuya Kokaido, Tokyo 2014.11.23
(From "THE VOYAGE TO THE BOUNDLESS UNIVERSE" TOUR 2014)
※DVDと同内容
■Disc2
EUROPE TOUR 2014 DOCUMENT
(From "RUNNING THROUGH THE WORLD WITH THE IRONHEARTED FLAG Vol. 1" TOUR 2014)
※ヨーロッパ・ツアーダイジェスト

■配信限定LIVE EP『ATTITUDE TO LIVE(ADVANCE TRACKS)』

2015年3月25日iTunesとレコチョクにて配信スタート
<配信楽曲>
・THE JUDGEMENT DAY
・THE PROMISED FLAG
・RISE UP (THE LEGENDARY PANTHEON)

■iTunes Pre Order
https://itunes.apple.com/jp/album/id977896574

■「"THE HIGHER DIMENSION"TOUR 2015」

6月14日(日) 福岡 DRUM Be-1
6月20日(土) 札幌 PENNY LANE24
6月28日(日) 名古屋 Electric Lady Land
7月03日(金) 大阪 BIGCAT
7月05日(日) 東京 Zepp DiverCity

■「THERE\'S NO ESCAPE」MV
https://www.youtube.com/watch?v=8KN3ju3xPmo

【関連リンク】
GALNERYUS オフィシャルHP
青木隆治「曇天に笑う」OPシングルの収録曲&ジャケット公開
GALNERYUS、アルバム収録曲「ATTITUDE TO LIFE」のシングルカットが決定
J-METALシーンの頂点に君臨する、GALNERYUSが"FaRao 劇的メタル"に登場!

【関連アーティスト】
GALNERYUS
【ジャンル】
メタル, ジャパニーズロック













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1