歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2015年03月13日)
バックナンバー
最新ニュース
2015/03/22
2015/03/21
2015/03/20
2015/03/19
2015/03/18
2015/03/17
2015/03/16
2015/03/15
2015/03/14
2015/03/13
2015/03/12
2015/03/11
2015/03/10
2015/03/09
2015/03/08
2015/03/07
2015/03/06
2015/03/05
2015/03/04
2015/03/03
2015/03/02
2015/03/01
2015/02/28
2015/02/27
2015/02/26
2015/02/25
2015/02/24
2015/02/23
2015/02/22
2015/02/21
2015/02/20
2015/02/19
2015/02/18
2015/02/17
2015/02/16
2015/02/15
2015/02/14
2015/02/13
2015/02/12
2015/02/11
2015/02/10
2015/02/09
2015/02/08
2015/02/07
2015/02/06
2015/02/05
2015/02/04
2015/02/03
2015/02/02
2015/02/01
2015/01/31
2015/01/30
2015/01/29
2015/01/28
2015/01/27
2015/01/26
2015/01/25
2015/01/24
2015/01/23
2015/01/22
2015/01/21
2015/01/20
2015/01/19
2015/01/18
2015/01/17
2015/01/16
2015/01/15
2015/01/14
2015/01/13
2015/01/12
2015/01/11
2015/01/10
2015/01/09
2015/01/08
2015/01/07
2015/01/06
2015/01/05
2015/01/04
2015/01/03
2015/01/02
2015/01/01
2014/12/31
2014/12/30
2014/12/29
2014/12/28
2014/12/27
2014/12/26
2014/12/25
2014/12/24
2014/12/23
2014/12/22
2014/12/21
2014/12/20
2014/12/19
2014/12/18
2014/12/17
2014/12/16
2014/12/15
2014/12/14
2014/12/13
2014/12/12
2014/12/11
2014/12/10
2014/12/09
2014/12/08
2014/12/07
2014/12/06
2014/12/05
2014/12/04
2014/12/03
2014/12/02
2014/12/01
2014/11/30
2014/11/29
2014/11/28
2014/11/27
2014/11/26
2014/11/25
2014/11/24
2014/11/23
2014/11/22
2014/11/21
2014/11/20
2014/11/19
2014/11/18
2014/11/17
2014/11/16
2014/11/15
2014/11/14
2014/11/13
2014/11/12
2014/11/11
2014/11/10
2014/11/09
2014/11/08
2014/11/07
2014/11/06
2014/11/05
2014/11/04
2014/11/03
2014/11/02
2014/11/01
2014/10/31
2014/10/30
2014/10/29
2014/10/28
2014/10/27
2014/10/26
2014/10/25
2014/10/24
2014/10/23
2014/10/22
2014/10/21
2014/10/20
2014/10/19
2014/10/18
2014/10/17
2014/10/16
2014/10/15
2014/10/14
2014/10/13
2014/10/12
2014/10/11
2014/10/10
2014/10/09
2014/10/08
2014/10/07
2014/10/06
2014/10/05
2014/10/04
2014/10/03
2014/10/02
2014/10/01
2014/09/30
2014/09/29
2014/09/28
2014/09/27
2014/09/26
2014/09/25
2014/09/24
2014/09/23
2014/09/22
2014/09/21
2014/09/20
2014/09/19
2014/09/18
2014/09/17
2014/09/16
2014/09/15
2014/09/14
2014/09/13
2014/09/12
2014/09/11
2014/09/10
2014/09/09
2014/09/08
2014/09/07
2014/09/06
2014/09/05
2014/09/04
2014/09/03
2014/09/02
2014/09/01
2014/08/31
2014/08/30
2014/08/29
2014/08/28
2014/08/27
2014/08/26
2014/08/25
2014/08/24
2014/08/23
2014/08/22
2014/08/21
2014/08/20
2014/08/19
2014/08/18
2014/08/17
2014/08/16
2014/08/15
2014/08/14
2014/08/13
2014/08/12
2014/08/11
2014/08/10
2014/08/09
2014/08/08
2014/08/07
2014/08/06
2014/08/05
2014/08/04
2014/08/03
2014/08/02
2014/08/01
2014/07/31
2014/07/30
2014/07/29
2014/07/28
2014/07/27
2014/07/26
2014/07/25
2014/07/24
2014/07/23
2014/07/22
2014/07/21
2014/07/20
2014/07/19
2014/07/18
2014/07/17
2014/07/16
2014/07/15
2014/07/14
2014/07/13
2014/07/12
2014/07/11
2014/07/10
2014/07/09
2014/07/08
2014/07/07
2014/07/06
2014/07/05
2014/07/04
2014/07/03
2014/07/02
2014/07/01
2014/06/30
2014/06/29
2014/06/28
2014/06/27
2014/06/26
2014/06/25
2014/06/24
2014/06/23
2014/06/22
2014/06/21
2014/06/20
2014/06/19
2014/06/18
2014/06/17
2014/06/16
2014/06/15
2014/06/14
2014/06/13
2014/06/12
2014/06/11
2014/06/10
2014/06/09
2014/06/08
2014/06/07
2014/06/06
2014/06/05
2014/06/04
2014/06/03
2014/06/02
2014/06/01
2014/05/31
2014/05/30
2014/05/29
2014/05/28
2014/05/27
2014/05/26
2014/05/25
2014/05/24
2014/05/23
2014/05/22
2014/05/21
2014/05/20
2014/05/19
2014/05/18
2014/05/17
2014/05/16
2014/05/15
2014/05/14
2014/05/13
2014/05/12
2014/05/11
2014/05/10
2014/05/09
2014/05/08
2014/05/07
2014/05/06
2014/05/05
2014/05/04
2014/05/03
2014/05/02
2014/05/01
2014/04/30
2014/04/29
2014/04/28
2014/04/27
2014/04/26
2014/04/25
2014/04/24
2014/04/23
2014/04/22
2014/04/21
2014/04/20
2014/04/19
2014/04/18
2014/04/17
2014/04/16
2014/04/15
2014/04/14
2014/04/13
2014/04/12
2014/04/11
2014/04/10
2014/04/09
2014/04/08
2014/04/07
2014/04/06
2014/04/05
2014/04/04
2014/04/03
2014/04/02
2014/04/01
2014/03/31
2014/03/30
2014/03/29
2014/03/28
2014/03/27
2014/03/26
2014/03/25
2014/03/24
2014/03/23
2014/03/22
2014/03/21
SKE48が地元名古屋で撮影した新曲「コケティッシュ渋滞中」のMVを公開
Fri, 13 Mar 2015 15:00:00 +0900
シングル「コケティッシュ渋滞中」【初回限定盤 / Type-A】 (okmusic UP\'s)

3月31日に発売するSKE48のニューシングル「コケティッシュ渋滞中」のMVが公開された。

【その他の画像】SKE48

今回のMVは地元名古屋の大須商店街、名古屋港水族館、オアシス21など名古屋の方なら一度は訪れたことがある場所で撮影。名古屋の街をメンバーが散策しながら歌って踊っていると周りの人達も楽しくなってメンバーと一緒に踊り出すという内容で、SKE48が街に元気を与えるMVになっている。

今作の見どころのひとつが激しいダンスシーン。「体全体を動かして表現するのがSKE48なんだと再認識した」と松井玲奈が話すように、オアシス21にてメンバー全員で一糸乱れずダンスするシーンや教会での息の合ったラインダンスは見応え十分だ。

MVについてセンターの松井珠理奈は「今回の楽曲は踊っていて本当に楽しい! 名古屋の魅力、そしてSKE48の魅力がたっぷり詰まった作品となっているのでぜひ見てほしい」と話した。

さらに、MVと併せてジャケット写真も公開された。"日本一新幹線を乗るグループ"ということで新幹線のホームや改札口、新幹線の車内でジャケットを撮影。実際にこのようなシーンがあるのではと想像できる、名古屋と東京間を何度も往復するSKE48を象徴した内容になっている。名古屋から熱い思いを込めて前に突き進むSKE48に、ますます注目が集まることは間違いない。

■「コケティッシュ渋滞中」MV
http://www.youtube.com/watch?v=vaZOhiJjJww

■シングル「コケティッシュ渋滞中」

2015年3月31日発売
【初回限定盤 / Type-A】(CD+DVD)
AVCD-83169B/¥1,646+税
【初回限定盤 / Type-B】(CD+DVD)
AVCD-83170B/¥1,646+税
【初回限定盤 / Type-C】(CD+DVD)
AVCD-83171B/¥1,646+税
【初回限定盤 / Type-D】(CD+DVD)
AVCD-83172B/¥1,646+税
【通常盤 / Type-A】(CD+DVD)
AVCD-83173B/¥1,646+税
【通常盤 / Type-B】(CD+DVD)
AVCD-83174B/¥1,646+税
【通常盤 / Type-C】(CD+DVD)
AVCD-83175B/¥1,646+税
【通常盤 / Type-D】(CD+DVD)
AVCD-83176B
【劇場盤】 (CD)
AVC1-83177/¥1,646+税

■初回盤、通常盤TYPE-A
<収録曲>
01.コケティッシュ渋滞中
02.DIRTY (Team S)
03.僕は知っている (DOCUMENTARY of SKE48)
04.コケティッシュ渋滞中 off vocal
05.DIRTY off vocal
06.僕は知っている off vocal
<DVD> ※初回盤のみ
01.コケティッシュ渋滞中 Music Video
02.DIRTY Music Video
03.特典映像「SKE48ファン握手会シミュレーション」

■初回盤、通常盤TYPE-B
<収録曲>
01.コケティッシュ渋滞中
02.今夜はJoin us! (Team KII)
03.僕は知っている (DOCUMENTARY of SKE48)
04.コケティッシュ渋滞中 off vocal
05.今夜はJoin us! off vocal
06.僕は知っている off vocal
<DVD> ※初回盤のみ
01.コケティッシュ渋滞中 Music Video
02.今夜はJoin us! Music Video
03.特典映像「SKE48の神対測定 presented by BSフジ」

■初回盤、通常盤TYPE-C
<収録曲>
01.コケティッシュ渋滞中
02.音を消したテレビ (Team E)
03.僕は知っている (DOCUMENTARY of SKE48)
04.コケティッシュ渋滞中 off vocal
05.音を消したテレビ off vocal
06.僕は知っている off vocal
<DVD> ※初回盤のみ
01.コケティッシュ渋滞中 Music Video
02.音を消したテレビ Music Video
03.特典映像「SKE48研究生の武者修行〜アイススケート編〜」

■初回盤、通常盤TYPE-D
<収録曲>
01.コケティッシュ渋滞中
02.桜、覚えていてくれ (佐藤実絵子・中西優香・古川愛李)
03.僕は知っている (DOCUMENTARY of SKE48)
04.桜、覚えていてくれ off vocal
05.音を消したテレビ off vocal
06.僕は知っている off vocal
<DVD> ※初回盤のみ
01.コケティッシュ渋滞中 Music Video
02.桜、覚えていてくれ Music Video
03.特典映像「卒業 documentary 仲間の詩〜さよならの横顔〜」

■劇場盤
<収録曲>
01.コケティッシュ渋滞中
02.夜の教科書 (セレクション17 “AKB49〜恋愛禁止条例〜")
03.僕は知っている (DOCUMENTARY of SKE48)
04.SKE48 17th Single Medley
05.コケティッシュ渋滞中 off vocal
06.夜の教科書 off vocal
07.僕は知っている off vocal

■SKE48 コケティッシュ渋滞中 3大リリースイベント

「SKE48 "コケティッシュ渋滞中"発売記念 17時間ニコニコ生放送」
日時:3月21日(土)21:00〜 
総合MC:斉藤真木子(チームE)
番組URL http://live.nicovideo.jp/watch/lv213273314

「SKE48 "コケティッシュ渋滞中"発売記念 リリースイベント@オアシス21」
日時:3月22日(日)14:30〜
場所:オアシス21

「SKE48 "コケティッシュ渋滞中"通常盤発売記念 リリースイベント@パシフィコ横浜」
日時:3月31日(火)時間未定

【関連リンク】
SKE48 オフィシャルHP
SKE48、ニューシングル「コケティッシュ渋滞中」リリース記念3大イベント決定
バレンタインデー、チョコが0だったモテない男子に贈る5曲
SKE48、3月発売ニューシングルのセンターはW松井

【関連アーティスト】
SKE48
【ジャンル】
女性アイドル

初のアリーナ開催となる『小田原イズム2015』に藍坊主の出演が決定
Fri, 13 Mar 2015 22:00:00 +0900
『小田原イズム2015』 (okmusic UP\'s)

ammoflightの津久井 恒仁(Vo)とソライアオの木部数也が地元小田原を代表して立ち上げた、小田原唯一の音楽フェス『小田原イズム2015』が小田原アリーナで開催されることが決定! その第一弾アーティストとして藍坊主とソライアオの出演が発表された。

【その他の画像】藍坊主

“小田原を盛り上げたい!”、そんな想いを込めて2004年から定期開催され、2008年からは2デイズ開催、2010年からは3デイズ開催され、その中で毎年ソールドアウトと着実にステップアップを重ねてきた『小田原イズム』。昨年で10周年の節目を迎え、定期開催していた小田原のライブハウス姿麗人を飛び出し、満を持して今年2015年は9月26日(土)に小田原最大の公演施設『小田原アリーナ』(キャパシティー3000人)にて新たな一歩を踏み出すことが決定した。

そして、第一弾アーティストとして小田原を代表する藍坊主とソライアオの出演が発表された。会場を移し、5ステージ30バンド以上出演予定というかつてない規模感で行なわれるこのイベント。第二弾アーティストと第三弾アーティストは今後発表されていくので要チェックだ。

■『小田原イズム2015』公式サイト http://www.odawaraizm.com
■公式Twitter https://twitter.com/odawaraizm
■公式Facebook https://www.facebook.com/odwrizm

■『小田原イズム2015』 [特報] 第1弾アーティスト発表!!
https://youtu.be/YJ66j1JOwc8

■『小田原イズム2015』

9月26日(土) 神奈川・小田原アリーナ
開場10:00 / 開演10:30 / 終演19:00 (共に予定)

前売りチケット:3,900円 (税込)
“サンキュー 俺たちの 小田原”価格
3月28日(土)10:00よりe+にて先行チケット販売開始!!

主催:小田原市/小田原イズム制作実行委員会
制作:LIVE HOUSE 小田原姿麗人
協力:小田原城ミュージックストリート実行委員会
お問い合わせ:小田原イズム2015事務局
TEL >> 0465-48-3967(LIVE HOUSE 小田原姿麗人 内)

【関連リンク】
ammoflight、活動休止ワンマン直前にラストシングルをリリース
ammoflight(アンモフライト)が活動休止を発表
藍坊主、ニューアルバムリリース&年末恒例ワンマン詳細発表
藍坊主がニューシングルのミュージックビデオを公開

【関連アーティスト】
藍坊主, ソライアオ, アンモフライト
【ジャンル】
イベント, ジャパニーズロック

ケツメイシ、“アドベンチャー”をコンセプトにした全国アリーナツアーのチケット一般販売開始
Fri, 13 Mar 2015 21:00:00 +0900
ケツメイシ  (okmusic UP\'s)

ケツメイシの全国アリーナツアー(北海道、新潟、福井、神奈川、広島、愛媛)のチケットの一般発売が、いよいよ3月14日 AM10:00よりスタートする。

【その他の画像】ケツメイシ

3月21日から全国アリーナツアー「【アドベンチアーズ】KTM TOUR 2015 シモネティーナと4人の賢者〜失われた聖水を取り戻せ〜」をスタートさせるケツメイシ。今回のツアーは、昨年リリースされたアルバム「KETSUNOPOLIS 9」を引っ提げたもので、ケツメイシとしては初めてコンセプトを掲げたツアーとして話題となっている。その注目のコンセプトは「アドベンチャー」。ツアーを前に4人のメンバーが海賊衣装に扮したアーティスト写真も公開されており、今からどのようなツアーになるのか期待が高まるばかり。既に残りわずかな会場もあるようなので、チェックをお忘れなく!

また、ツアー特設サイトではツアーに先駆けグッズも公開中となり、一部商品は通販可能とのことなので、こちらもお見逃しのないように!

現在、「GYAO! MUSIC LIVE」ではライヴ映像作品『ケツの穴』シリーズから、過去の選りすぐりのライヴパフォーマンスを人気曲ばかり一挙に10曲も無料配信中だ。ツアー前の予習・復習にこちらも要チェックである、

■全国アリーナツアー「【アドベンチアーズ】KTM TOUR 2015 シモネティーナと4人の賢者〜失われた聖水を取り戻せ〜」

3月21日(土・祝)〜3月22日(日) 静岡エコパアリーナ
3月28日(土)〜3月29日(日) マリンメッセ福岡
4月04日(土)〜4月05日(日) 名古屋 日本ガイシホール
4月11日(土)〜4月12日(日) 宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ日(グランディ・21)
4月18日(土)〜4月19日(日) さいたまスーパーアリーナ
4月25日(土)〜4月26日(日) 神戸ワールド記念ホール
5月9日(土) 真駒内セキスイハイムアイスアリーナ
5月16日(土)〜5月17日(日) 愛媛県武道館
5月23日(土)〜5月24日(日) 大阪城ホール
5月30日(土)〜5月31日(日) 横浜アリーナ
6月06日(土) サンドーム福井
6月13日(土)〜6月14日(日) 広島グリーンアリーナ
6月20日(土) 朱鷺メッセ・新潟コンベンションセンター

指定席 ¥7,800(税込)
「【アドベンチアーズ】KTM TOUR 2015 シモネティーナと4人の賢者〜失われた聖水を取り戻せ〜」特設サイト

■「GYAO! MUSIC LIVE」情報

配信期間:3月9日(月)〜3月22日(日)
内容:ケツメイシ「ケツの穴」シリーズLIVEセレクション
http://gyao.yahoo.co.jp/music-live/player/weekly02/ketsume
(※PC/スマートフォンでご覧ください)

【関連リンク】
ケツメイシ オフィシャルHP
ケツメイシの全国アリーナツアーのチケット一般発売がいよいよスタート
ケツメイシの新プロジェクト、KTMusicのミニアルバム収録内容が明らかに!

【関連アーティスト】
ケツメイシ
【ジャンル】
J-POP

シーナ&ロケッツ、シーナの追悼ライヴを下北沢にて開催
Fri, 13 Mar 2015 20:00:00 +0900
シーナ (okmusic UP\'s)

今年2015年2月14日にこの世を去ったQueen of Rock\'n Roll HEART、シーナ&ロケッツのシーナを偲び、シーナの4と7にちなんだ4月7日(火)に鮎川誠の呼びかけで“『シーナの日』#1 〜シーナに捧げるロックンロールの夜〜"と銘打った追悼ライヴを開催することが決定した。

【その他の画像】シーナ&ロケッツ

会場はシーナが暮らし、愛した下北沢の下北沢ガーデン。出演メンバーはシーナ&ロケッツを中心に、80年代のロックの時代の到来をともに切り開いたRCサクセションの仲井戸\'CHABO\'麗市、 「ユーメイドリーム」、「スイートインスピレーション」をはじめ多くの詩を提供しているサンハウスの盟友でもある、柴山\'菊\'俊之、ウエストロード・ブルースバンドから今日まで日本のブルースシーンを牽引している永井\'ホトケ\'隆、ニューウェーブ、めんたいロック時代をともに築いたルースターズの花田裕之、ブランキージェットシティ時代からシーナの歌を歌っているベンジーこと浅井健一、シーナと小学校のPTA仲間でもあった"下北のジャニス"スモーキーメディスンの金子マリをはじめ、シーナにゆかりのメンバーが顔をそろえている。

チケットは3月14日(土)0:00より、シーナ&ロケッツオフィシャルチケットセンターにて販売開始されるので、是非情報をチェックしてほしい。

以下、発案者である鮎川誠からのコメントが届いている。

■【鮎川誠 コメント】

「あらためましてシーナの葬儀には皆様方にはたいへんお世話になり本当に本当にありがとうございました。1971年に出会って、サンハウス時代を共に暮らし、1978年にシーナ&ロケッツとしてデビューして以来、YMO、内田裕也、ラモーンズ、ウィルコジョンソンをはじめ、たくさんのミュージシャンに愛され、ロックの魂の交流を深めてきたシーナに捧げ、ファンの皆さんと共にシーナを偲ぶロックンロールパーティができたら、どんなに素晴らしいだろうと思っていました。

開催を決意したのが3週間前という短い期間の中で、スケジュールを調整して快く出演を引き受けてくれた歴史的なロックの仲間たちとシーナ&ロケッツのレパートリーやシーナが愛したパンク・ロック・ブルースを共にプレイする最高の「ロックンロールの夜」にしたいと願っています。時間の都合でお声がけができなかったメンバーもたくさんいますがどうぞお許しください。これを読んで当日時間の都合がつけば、マイクとアンプとギターはたっぷり用意していますので、ぜひとも一緒にプレイして会場を盛り上げていただければと願っています。ファンの皆様も是非、4月7日は下北沢ガーデンにお集まりください。一緒にシーナの歌を歌って楽しいロックンロールの夜になったら最高です」

■「鮎川誠 Presents 『シーナの日』#1 〜シーナに捧げるロックンロールの夜〜」

4月07日(火) 下北沢GARDEN
OPEN:19:00 START:19:30
Adv 4,700円(入場時、別途ドリンク代500円)
<出演>
シーナ&ロケッツ(川嶋一秀、奈良敏博、鮎川誠)
浅井健一(BLANKEY JET CITY)
岩口タカ(赤と黒)
金子マリ(スモーキーメディスン)
柴山俊之(SONHOUSE)
永井"ホトケ"隆(West Road Blues Band)
仲井戸"CHABO"麗市(RCサクセション)
花田裕之(THE ROOSTERS)
中山努(ピチカートファイブ)
....And more!
※バンド名はシーナが出会った時代の表記です。

<チケット>
3月14日(土)0:00よりシーナ&ロケッツオフィシャルチケットセンターにて販売開始
■シーナ&ロケッツ official ticket center
http://sheens.cc/ticket
他、ローソン、イープラスでも取り扱いあり。

■「鮎川誠 メジャーデビュー40周年記念! 〜KOOL SOLO&BIRTHDAY 67 LIVE 2015〜」

5月02日(土) 東京都 下北沢CLUB Que

■アルバム『ROKKET RIDE』

発売中
【初回限定盤】(CD+DVD)
VIZL-697/¥3,500+税
■初回限定盤特典DVDには、35年のキャリア初となるレコーディングドキュメント、2014年5月2日鮎川誠生誕66年祭ライブ「GOLDEN66」から厳選された最新ライヴ映像を収録。
【通常盤】(CD)
VICL-64191/¥2,800+税
<収録曲>
01.ROKKET RIDE
02.Ride the Lightning
03.太陽のバカンス
04.Baby Love誠
05.ROCK FOX誠
06.電撃BOP
07.Madness City
08.I\'m So Glad
09.夢にしか出てこない街誠
10.素敵な仲間
11.風を味方に
12.ロックンロールの夜
<DVD>
-RECORDING DOCUMENT-
ROKKET RIDEレコーディングドキュメント
-LIVE-
鮎川誠生誕66周年ライブ「GOLDEN66」
01. ホラ吹きイナズマ “I\'M FLASH (Consolation Prize)"
02. JAPANIC
03. なまずの唄 “CATFISH"
04. レイジー・クレイジー・ブルース
05. レモン・ティー
06. ユー・メイ・ドリーム

【関連リンク】
シーナ&ロケッツ オフィシャルHP
シナロケ、スカパラ、WHITE ASHがタワレコ「NO MUSIC, NO LIFE.」ポスターに登場
シーナ&ロケッツ、シーナ追悼特集2番組が放送決定
シーナ&ロケッツのシーナが子宮頸がんで死去 

【関連アーティスト】
シーナ&ロケッツ, 鮎川誠, 仲井戸“CHABO”麗市, 花田裕之, 浅井健一, 金子マリ
【ジャンル】
ジャパニーズロック

女王蜂のアヴちゃんがドラマ24「怪奇恋愛作戦」に村人として出演!?
Fri, 13 Mar 2015 19:00:00 +0900
「村人」役のアヴちゃん (c)「怪奇恋愛作戦」製作委員会(okmusic UP\'s)

女王蜂のアヴちゃん(Vo)が現在放送中のテレビ東京系ドラマ24「怪奇恋愛作戦」の11話(3月20日放送)・12話(3月27日放送)に村人役として出演することが分かった。

【その他の画像】女王蜂

同ドラマのOPテーマ「ヴィーナス」を書き下ろした女王蜂。楽曲を書き下ろした直後、テレビ東京プロデューサーの五箇公貴氏と監督・脚本を担当したケラリーノ・サンドロヴィッチ氏からドラマに出演してほしいとオファーがあり、アヴちゃんも快諾。役柄は村人とのこと。

「台詞はなく、衣装は割烹着」という情報だけしか聞かされず「つまりコスプレね!」という解釈で撮影現場へと出向いたアヴちゃんだが、結果的に物語にとって非常に重要な役柄になってしまったという。

俳優・アヴちゃんがどのような気迫の演技を披露しているかは、ドラマ放送を楽しみにして頂きたい。以下、テレビ東京プロデューサー五箇氏と女王蜂アヴちゃんからコメントが届いている。

(C)「怪奇恋愛作戦」製作委員会

■【コメント】

■テレビ東京 プロデューサー:五箇公貴(テレビ東京)
「今回、最高のOPテーマを書いてくれたアヴちゃんは、俳優としてもその類まれな存在感でしっかりと爪痕を残して帰って行きました。色んな意味で、伝説になってしまうかも……。業界関係者の皆さん、新人俳優アヴちゃん、買いです!」

■アヴちゃん(女王蜂)
「具体的にどんな役かは知らされず、撮影現場の樹海で衣装を着てメイクをして頂き、その場で説明して頂いて初の演技をさせて頂きました。とても重要な役柄でしたので胸のなかでは慌てていましたが、監督からは一発OKを頂き、現場周りの方からは『あまりに殺気がすごかった』と褒めて頂けたので、きっと素敵な初陣となっていると思います。あんなに素敵な見せ場を頂いて、幸先いいですね。XOXO」

■【ドラマ詳細】

タイトル:ドラマ24「怪奇恋愛作戦」
音楽:オープニングテーマ 女王蜂「ヴィーナス」/エンディングテーマ 電気グルーヴ「Fallin\'Down」
放送日時:2015年1月9日より毎週金曜深夜0:12〜0:52放送中
放送局:テレビ東京系列(TX、TVO、TVA、TSC、TVh、TVQ)※TVOは月曜夜11:58〜
監督・脚本:ケラリーノ・サンドロヴィッチ『1980』『罪とか罰とか』『時効警察』ほか
チーフプロデューサー:中川順平(テレビ東京)
プロデューサー:濱谷晃一(テレビ東京)/小松俊喜(楽映舎)
コンテンツプロデューサー:五箇公貴(テレビ東京)
出演:麻生久美子、坂井真紀、緒川たまき、仲村トオル ほか
制作:テレビ東京/楽映舎
製作著作:「怪奇恋愛作戦」製作委員会
その他番組詳細:http://www.tv-tokyo.co.jp/kaiki/

■アルバム『奇麗』

2015年3月25日発売
【初回盤】(CD+DVD)
AICL2851-2852/¥3,889+税
【通常盤】(CD ONLY)
AICL2823/¥2,778+税
<収録曲>
01. 一騎討ち
02. 泡姫様
03. もう一度欲しがって
04. ワンダーキス
05. ヴィーナス
06. 髪の毛
07. 折り鶴
08. 売春
09. 始発
10. 緊急事態

◎初回生産限定盤特典
・完全オリジナル映像作品「残酷」(DVD/収録時間:45分)
・アヴちゃんオリジナル小説「残酷」
・特殊パッケージ:紙ジャケット

【関連リンク】
女王蜂 オフィシャルHP
「春の紅桃歌合戦」にてSMA所属女性アーティストによる一夜限りのコラボバンドが登場
女王蜂、約3年ぶりのニューアルバム3月リリース&全国ツアー詳細を発表
「セーラームーンCrystal」キャラソン集作家陣にティカ・α(やくしまるえつこ)、小坂明子、井上ヨシマサら

【関連アーティスト】
女王蜂
【ジャンル】
ジャパニーズロック, テレビ(番組/CM)

aiko、3月20日発売のBlu-ray/DVDよりライヴ映像を先行公開
Fri, 13 Mar 2015 18:00:00 +0900
aiko (okmusic UP\'s)

3月20日に2タイトル同時にリリースされるaikoのメジャーデビュー15周年記念ツアーを収録したライブBlu-ray/DVDに先駆け、作品収録のライヴ映像がaikoオフィシャルYouTubeチャンネル「aikoOfficial」にフルサイズで公開された。

【その他の画像】aiko

今回発売されるのは『POPS』と『ROCKS』の2作品。そのうち、『POPS』の中からアリーナで行われた「Love Like Pop vol.16.5 『15周年、本当にありがとうございまし』」に収録されている「Loveletter」のライヴシーンが公開となった。

「Love Like Pop vol.16.5」はアリーナ中央に円形のステージを設置したaiko史上初となるセンターステージでのライヴで、疾走感あふれるロックチューンの「Loveletter」を、aikoが360度観客に囲まれながらステージ上を動き回り激しく歌う姿が印象的な映像となっている。ス テージ上部に設置された360度円形ビジョンや美しい光の演出など、アリーナならではの豪華なステージにも注目だ。

また、3月14日(土)深夜24:58よりTBSテレビにて放送される「COUNT DOWN TV」でも『POPS』と『ROCKS』について紹介される予定なので、こちらもぜひお見逃しなく。

■「Loveletter」(from Live Blu-ray/DVD『POPS』)
https://youtu.be/nKIHX1gVrrY

■Blu-ray&DVD『aiko 15th Anniversary Tour 「POPS」』

2015年3月20日発売
【Blu-ray】(2枚組)
PCXP-51516/¥5,800+税
【DVD】(2枚組)
PCBP-51516/¥4,800+税
<収録内容>
■Disc1:Love Like Pop vol.16 〜15th Anniversary〜
-OPENING-
01. あした
02. 花火
03. 恋堕ちる時
04. お薬
05. 星電話
06. milk
07. 鏡
08. 三国駅
09. KissHug
10. そんな話
11. 何処へでも行く
12. メドレー
13. クローゼット
14. ボーイフレンド
15. Loveletter
16. beat
17. 4月の雨
18. 恋のスーパーボール
19. 君の隣
20. オレンジな満月
-ENDING-
■Disc2:Love Like Pop vol.16.5 「15周年、本当にありがとうございまし」
-OPENING-
01. You & Me both
02. 彼の落書き
03. Loveletter
04. 愛の病
05. アンドロメダ
06. アスパラ
07. 恋のスーパーボール
08. そんな話
09. くちびる
10. 恋人
11. 青い光
12. えりあし
13. 小鳥公園
14. 鏡
15. その目に映して
16. ボーイフレンド
17. 夏が帰る
18. Mix Juice
19. 君の隣
20. オレンジな満月
-ENDING-

■Blu-ray&DVD『aiko 15th Anniversary Tour 「ROCKS」』

2015年3月20日発売
【Blu-ray】(2枚組)
PCXP-51506/¥5,800+税
【DVD】(2枚組)
PCBP-51506/¥4,800+税
<収録内容>
■Disc1:Love Like Rock vol.0 〜パンツの替えは持って来いよ〜
-OPENING-
01. オレンジな満月
02. あした
03. 愛の病
04. beat
05. ハチミツ
06. 親指の使い方
07. 夏にマフラー
08. 犬になる
09. 恋人
10. Loveletter
11. エナジー
12. 鏡
13. 赤い靴
14. ボーイフレンド
15. 恋愛ジャンキー
16. be master of life
■Disc2:Love Like Rock vol.6 〜15周年だなんて…やだ、涙が出る〜
-OPENING-
01. ビードロの夜
02. 帽子と水着と水平線
03. 彼の落書き
04. be master of life
05. アスパラ
06. 雲は白リンゴは赤
07. ナキ・ムシ
08. 私生活
09. ひまわりになったら
10. 瞬き
11. いつもあたしは
12. Loveletter
13. ボーイフレンド
14. 運命
15. Mix Juice
16. 二人
17. 4月の雨
18. Power of Love
-ENDING-

■aiko Live Tour「Love Like Rock vol.7」

4月18日(土) 東京 Zepp Tokyo
4月19日(日) 東京 Zepp Tokyo
4月25日(土) 大阪 Zepp Namba
4月26日(日) 大阪 Zepp Namba
5月02日(土) 北海道 Zepp Sapporo
5月03日(日・祝) 北海道 Zepp Sapporo
5月21日(木) 愛知 Zepp Nagoya
5月22日(金) 愛知 Zepp Nagoya
5月30日(土) 大阪 Zepp Namba
5月31日(日) 大阪 Zepp Namba
6月06日(土) 福岡 Zepp Fukuoka
6月07日(日) 福岡 Zepp Fukuoka
6月20日(土) 東京 Zepp Tokyo
6月21日(日) 東京 Zepp Tokyo
7月02日(木) 東京 Zepp Tokyo
7月03日(金) 東京 Zepp Tokyo
7月11日(土) 大阪 Zepp Namba
7月12日(日) 大阪 Zepp Namba
7月17日(金) 広島 CLUB QUATTRO
7月18日(土) 広島 CLUB QUATTRO
7月21日(火) 愛知 Zepp Nagoya
7月27日(月) 東京 Zepp Tokyo
8月01日(土) 仙台 Rensa
8月02日(日) 仙台 Rensa
8月11日(火) 東京 Zepp Tokyo

【関連リンク】
aiko オフィシャルHP
aiko、2作同時リリースするライブ映像作品よりオフショット満載のトレーラーを公開
aiko、2作同時リリースとなるライブ映像作品のCMスポットを公開
aiko、新曲が起用された「ビューティラボ ホイップヘアカラー」新CM放送開始

【関連アーティスト】
aiko
【ジャンル】
J-POP

ビョークの『Greatest Hits』を通じ、彼女の唯一無比な世界を俯瞰する
Fri, 13 Mar 2015 18:00:00 +0900
『Greatest Hits』のジャケット画像 (okmusic UP\'s)

 シュガーキューブス(The Sugarcubes)の『Life\'s Too Good』(\'88)で出会ったのが最初だから、もう彼女を知ってかれこれ27年ということになる。改めて思い返すに、アルバムはCDでリリースされたのだが、その頃出てきたオルタナ系新人バンドの中では飛び抜けて面白かった。収録曲の「Birthday」がヒットしていた。同曲はアイスランド語と英語の2通りのバージョンが存在しているが、どちらも言語の違いをほとんど感じさせないような気が、当時もしていたが今もそう思う。どうでもいいと言ってしまうと乱暴かもしれないが、言語なんてどうでもいいくらいビュークのヴォーカルが突出した個性を放っている。
 私自身は普段主に聴いているものからビョークの音楽は逸脱しているのだが、それでもなぜか惹かれるものがあり、棚を探れば結構なアルバムが並んでいる。ザ・シュガーキューブス時代のアルバムもあるし、そのシュガーキューブス在籍中に、彼女が母国のジャズ・トリオとともにスウィング・ジャズに挑んだ『Gling-Glo』(\'90)も持っている(名盤です)。買い逃しているアルバムも何枚かあったのだが、機会があれば、とまで思ってしまう。できれば、全部持っていたい…と思い始めるとモヤモヤしてきてしまい、ライヴ作以外のスタジオ作を全部ポチッとしてしまった。

 最新情報からお伝えすると、現在は3月末になるだろうという新譜『Vulnicura』のリリースを待っているタイミングなのだが(国内盤は4月1日を予定)、CD版に先駆けてダウンロード配信はすでに始まっている。2011年の『Biophilia』以来、約4年5カ月振りのアルバムとなる。プレスリリースでは「本作は自らが“ハートブレイク・アルバム”と称しているように、愛する人との決別を生々しく描いた作品。ビョーク本人が長年連れ添ったパートナーとの別れを時系列順に辿っているという、これまでのビョークの作品には見られなかったリアルな題材が、非常に大きな話題に。サウンド面では、若き鬼才プロデューサーとして注目を集めているアルカ(カニエ・ウエスト、FKAツイッグス)やハクサン・クローク(UK出身の実験的アーティスト)と共同プロデュース&作詞作曲が行なわれ、ストリングスのアレンジメントも全編にわたってビョーク自らが担当」とある。新コスチュームなのか、いくつか刺激的なビジュアルも伝わってきており、相変わらずこの人の生み出すものには耳ばかりでなく目が離せない。

「Stonemilker」「Lionsong」「History of Touches 」「Black Lake」「Family」「Notget」「Atom Dance」「Mouth Mantra」「Quicksand」の全9曲からなるアルバムのうち、「Black Lake」という曲に関してはCD版にのみ収録ということになっている。そういう曲が珠玉の1品だったりすることが多いのだ、これが。

 そこで、彼女のディスコグラフィーの中から今回何を選ぼうかと。これは本当に難しい選択作業だ。過去のアルバムを買うよりは最新の、なんて思うのは当然なのだが、不思議と過去のアルバムもまるで新譜を買うような気にさせてくれるのは、世界中を探しても、もしかするとこの人ぐらいかもしれない。内容が古びないというか、耐用年数が長いというか、飛行時間が長いというべきか。
 考えてみれば、シュガーキューブス、そしてソロになってからの作品を、なぜか順々に買って聴いてきていたのだが、その天才ぶりをまざまざと見せつけられたのは『Vespertine』(\'01)を聴いた時のことかもしれない。このアルバムは本当に繰り返し、繰り返し聴いた。アルバムにある透徹とした美しい音に浸っていると、心が洗われるようだった。彼女が主演した映画『ダンサー・イン・ザ・ダーク』のサントラ盤『Selmasongs』(\'00)の音楽も信じられないくらい美しい音楽だったが(同作に収録の「I \'ve Seen It All」)はレイディオ・ヘッドのトム・ヨークとのデュエット)、『Vespertine』は抜きんでた作品で、確かその年の年間アルバムのベストに挙げるジャーナリストも多かったように思う。制作されてから15年も経過していることになるが、未だに時折聴いたりする。耳に馴染んだようには思えず、その新鮮さが初めて聴いた時のまま持続しているのだ。不思議なことだ。ならば、今回の1枚は『Vespertine』をと考えたものの、ほとんど声だけで制作されたという超意欲作『Medulla』(\'04)も頭にチラついて決めきれず、とりあえず『Greatest Hits』(\'02)を選ばせていただくことにした。これは、オフィシャルサイトでファンに人気曲を募り、それを元にビュークが選曲をしたということになっている。ということなので、これから彼女の音楽に触れてみようという方にもいいかもしれない。このベスト盤は1993年にソロ活動をはじめ、2001年の『Vespertine』までの約8年間の活動の間にリリースされた4作品から選ばれている。先に触れたように、どの曲にも旧作感がまるでない。最新作だと言われても納得できてしまうくらい、新旧の差がないのだ。

■前例のない個性と歌声が衝撃的だったデビュー

 変な子が出てきたものだと思った。音楽雑誌に書かれたプロフィールを読まなければ、彼女は未成年だと思っていたし(シュガーキューブスでデビュー時23歳)、そのルックスから推察するに、もしかすると日本人? あるいは、モンゴロイド系とアイスランド人のハーフではないのか?…と。実際はことごとく違っていたのだが、幼女の頃にはアイスランドにおいても周囲から日本人に似ていると言われ、本人も日本というもの、とりわけ文学(特に三島由紀夫)などに対して意識もしていたというから、私の最初の彼女に対する印象もまったく的外れではなかったというか、何というか。現在は50歳ということなので立派なオバちゃんということになるが、あまり風貌は変わっていない気がする。アメリカ人のアーティストによくあるように、中年になって体型、風貌が激変するということもなく、今も妖精的な雰囲気を漂わせている。

 いい意味で“元祖”不思議ちゃんかもしれない。名前からして本名をビョーク・グズムンズドッティル (Bjork Gudmundsdottir)といい、ビョークは“白樺”、舌を噛みそうなグズムンズドッティルというのは“グズムンズヅールの娘”を意味するんだそうな。アイスランド語で歌われているものは対訳でも読まなければ、どういったことが歌われているのか見当もつかなかったし、実際に歌の内容を知ればなおのこと不思議ちゃんだったというか。また、今も昔もポピュラー音楽界、とりわけロック分野においては米英中心というか英語圏優先であり、それ以外の国から出てくるアーティストは極めて稀だった。特に女性アーティストはなおさらだった。あるとしてもせいぜいフランスぐらいで、ドイツにはニナ・ハーゲンとかユニークな個性派はいたけれど、せいぜいそれぐらい。
 探してみればいないことはない。世界的なメガヒットを連発したアバ(ABBA)なんてスウェーデンだし、「ヴィーナス」のヒットで知られるショッキング・ブルーはオランダではないかと。それにしてもアイスランドとは驚きというか、普段の生活の中から完全に抜け落ちている国だったものだ。そんな国にもパンクロックの波は押し寄せ、それまでは普通のロックを聴いていた彼女は大きな意識改革まで起こし、冒頭のシュガーキューブスのようなオルタナティブロックに舵を切ったということらしい。

 彼女の経歴とか、生い立ちとかはあまり知らない。伝記本のような類のものも出版されているようなので、より詳しくビョークのことを知りたい方はそちらのほうを探ってみることをお勧めする。と言いつつ、少しだけ経歴に触れておくと、彼女は正式には冒頭に挙げたシュガーキューブスでデビューしたというよりは、12歳の時にアイスランドの童謡を歌ったアルバムでデビューしている。これが素晴らしかったらしく、彼女は国民的な人気を得たという。現在、このアルバムを入手することができるのかどうか、いろいろ調べてみたが分からなかった。4歳で作曲を始めたというから、自己表現の何たるやをそのころから身に付けていたと思われる。そういうこともあったからか、前述のアイスランド童謡を歌ったアルバムが大ヒットしようが、自分の曲がひとつも収録されていないために彼女は不満だったという。また、7歳の頃からアカデミックな音楽教育を受けていたようなのだが、反面教師というか、パンクロックの波をかぶって以降、彼女の中ではその世界に対しては否定的なものになっているらしい。

 アカデミックな音楽教育(主にフルート、ビアノ、クラシック音楽を学んだとか)。その経験は少しも無駄になっていないと思われるし、実際に彼女の音楽の随所に生かされている。分かりやすいものでは、とにかくその作曲能力のすごさだろうか。よくあるロックやフォークのシンガーが楽器を弾きながら曲を作るというふうな生やさしい、いい意味での鷹揚な作りが、ビュークの作品には感じられない。散歩でもしながら頭に浮かんだ曲がコンピュータ並の緻密さでしっかり脳味噌に記憶されており、家に戻ってその時はさすがにピアノでも鳴らしてキーやピッチを確かめながら、一心不乱にスコアに書き留めているのではないだろうか。それも複数の楽器のパートも、アレンジも。いや、もちろん、散歩しながらなのかどうかは分からない。CDとなって我々の耳に届けられた音は凄まじいばかりだから。彼女がどのような精神状態で、そしてどのような環境下で、曲を想念したのか、それは凡人には想像もつかないよう世界に思える。

 それから、彼女の表現力以上にあまり言われることがないが、彼女の正確なヴォイシングは半端ないもので、どの歌も恐るべき正確さで歌われる。間違いなく絶対音感の持ち主であり、とてつもない歌唱力の持ち主だと思うのだ。実に個性的な歌い方だし、都はるみばりに唸ったりもする。それに気を取られて、パンキッシュなヴォーカリストと思われているところもあるが、よくよく聴くと、ロック界でもたぶん10指に入る歌唱力の持ち主ではないかと。冒頭で触れたソロデビュー前に出た、彼女が地元アイスランドのジャズトリオとともに録音した『Gling-Glo』(\'90)ではスウィングジャズを歌っている。もちろん唯一無比な彼女であるから、ジャズといってもその独自解釈にかかれば、あくまで“ビュークのジャズ”に仕立て上げられているのだが、これが見事な歌いっぷりなのだ。ソロデビュー後の通算3作目となった『Post』(\'95)はそれこそジャズからテクノ、シュールなエレクトロニック・ポップ、インダストリアルロック風なものまで多彩な曲を歌っているが、他のアルバムに比べて耳に馴染みやすいメロディーのものが多いことも手伝って、彼女のヴォーカリストとしての力量が伝わりやすいアルバムかもしれない。

 それから、やはり彼女のアーティストとしてのすごさ、魅力はビジュアルアートを抜きには語れないだろう。アルバムカバーを見ただけでも、彼女はこうした方面にも手綱を緩めないでいることが分かるが、自身のメイクアップ、ヘアスタイル、衣装、さらにそれを纏ったライヴパフォーマンスにおける映像とのミックスなど、過剰とも言えるくらいの徹底ぶりだ。自分のセルフイメージはどうであるのか、それを魅せるにはどうするべきなのか、よく分かっている人なのだろう。ヒット作などを出してスター路線を走り出すと、プロダクション、スタッフが増え、会社主導のイメージ戦略が始まり、最初のうちは良かったものの、次第にズレが生じ、気が付いたらすっかりセンスの悪いものばかり連発…というパターンは少なくない。アーティスト自身がアート、ビジュアルを理解し、切磋琢磨しているからこそ、素晴らしいものができるのであって、分業、お任せコースではクリエイティブなものはじきに枯れる。

 こうした試みはロック界を探せば、古くはピンク・フロイド、ヴェルヴェット・アンダーグラウンド、デヴィッド・ボウイ、ジェネシスおよびピーター・ゲイブリエル、ケイト・ブッシュ、ローリー・アンダーソン、ダニエル・ダックスといったあたりが先駆者だったが、ほとんど自身のキャラクターそれ自体がアート作品化しているビョークのそれは、とにかく音楽姓の高さが抜きんでていてすごすぎる…。私はまだライヴ映像作品とかは持っておらず、オフィシャルに公開されている動画などを観る程度なのだが、そのどれもが現代アートの領域にあると、言えなくもない。そう、実際に今年3月8日からは米国ニューヨークのMomaこと、近代美術館では過去20数年にわたるビョークの音楽、美術活動を振り返る大規模な回顧展が開催されている。現代アートの殿堂とも言えるこの美術館で展覧会が企画されるアーティストなど、音楽界で過去にいただろうか。

 決して分かりやすいポップスと言えるアルバムを一枚たりとも彼女は作っていない。そもそも、ポップスの範疇に入れられているが、全然ポップスじゃないのではないかと思う。聴く人によっては難解と感じるに違いない。歌詞も思いっ切りシュールだったり、ラディカルだ。聴きながら一緒に歌ったり、つい口ずさんだりというのもきっと無理だ。それに例えば、こうした方面に疎い彼、彼女とビョークのアルバムを部屋で聴いたりすると、きっと相手は無口になって気まずい空気が流れてしまいかねない。あえて言えば、ビョークが好きな人は女性のほうが多いような気もするのだが、そう想定してみれば、ビョークが理解できない人(彼)とは付き合わないほうが身のためではないかと。まかり間違っても恋人とか夫婦にはならないほうがいいように思う。きつい言い方をするなら、ビョークの素晴らしさを理解できる人間とそうでない人間との間の差異がとてつもなく大きいような気がするのだ。

 それでも音楽性、ルックス、ファッション、表現スタイルまで、彼女の登場以降、多くのフォロワーを生んだように思う。影響力の強さは半端じゃないと言える。過去に映画の主演女優に抜擢されたことも、きっと映画制作者は、音楽だけでなく、ビュークの、異端とまでは言わないが、特異なキャラクター、その存在感から放たれてくるオーラに魅せられのことだろう。ちなみに賛否両論あるが、ビョークがカトリーヌ・ドヌーブと共演していることでも話題を集めたその映画『ダンサー・イン・ザ・ダーク』(\'00)は、第53回カンヌ国際映画祭では最高賞であるパルム・ドールを受賞し、ビョークは映画主演2作目で主演女優賞を獲得した。ちなみに1作目の映画は『 ビョークの“ネズの木”〜グリム童話より』(\'86)だ。

 日本へも3度にわたる『Fuji Rock Festival』への参加も含め、たびたび来日している。近年の『Biophilia 』(2011)のライヴなどを観ると、ステージも大がかりなものになり、オーケストラの共演やバックアップミュージシャンの数なども非常に多く、簡単にコンサートツアーを行なうこと自体が大変そうだが、新譜のリリースに合わせて、ぜひまたその姿を日本のファンに見せてほしいものだと思う。

【関連アーティスト】
Bjork, The Sugarcubes
【ジャンル】


メガマソ、「FaRao」冠ラジオ、ゲストにNimo登場!
Fri, 13 Mar 2015 18:00:00 +0900
メガマソ (okmusic UP\'s)

2006年の結成から独自の世界観と誰もが聞きやすいPopな楽曲を武器にビジュアルロック界に新たな風を巻き起こしているバンド「メガマソ」のメンバー3人がメインMCを務めるネット配信ラジオ「メガマソのFaRaoってなに」の第7回配信を3月13日にスタートする。


今回のゲストは3月18日1stソロアルバム『RHAPSODIA〜Dolce Vita〜』(よみ:ラプソディア ドルチェヴィータ)を発売するNimo。全編カバー曲で構成されているアルバムの、選曲にこだわった点などを熱く語る。
「FaRao」では3月18日以降、Nimo&メガマソの楽曲が流れるアーティストチャンネルも展開。ファンはもちろん、ビジュアル系アーティストが好きな人は是非チェックしてみてはいかがだろうか。
※ラジオはアプリをダウンロードすればフリーモード(無料)で聴くことが可能です。

■インターネットラジオアプリ「FaRao」

FaRao Official Site
https://www.faraoradio.jp/
FaRao Facebook
https://www.facebook.com/FaRaoRadio
FaRao Twitter
https://twitter.com/FaRao_Radio

【関連リンク】
メガマソ オフィシャルウェブサイト
メガマソ オフィシャルTwitter

【関連アーティスト】
メガマソ
【ジャンル】
ビジュアル

WOOYOUNG(From 2PM)、初の日本ショーケースツアーが大盛況で終了
Fri, 13 Mar 2015 16:00:00 +0900


3月4日に日本での初ソロシングル「R.O.S.E」をリリースしたWOOYOUNG(From 2PM)が、ショーケースツアーのファイナル公演を、3月11日に大阪なんばHatchにて開催した。

【その他の画像】WOOYOUNG(From 2PM)

今ツアーは、3都市9公演を巡り、各地即完売となったWOOYOUNG(From 2PM)初の日本ソロツアー。その最終日となった当日は、公演開始前からぎっしりと会場を埋め尽くした。

超満員のファンたちからの「チャン・ウヨン」コールが響き渡り、照明がない暗闇の中、そっとウヨンがピアノにつくと、一筋の明かりとバラのネオンが灯され、本人による弾き語りでファンへのプレゼントとして書き上げた楽曲「Happy Birthday」からしっとりとライブはスタートした。

ウヨンの歌声に包まれ会場はどんどん彼の世界に引き込まれ、続く「I know your shirts」は一変して、歌詞が描くストーリーがパフォーマンスで忠実に表現され、観客を釘付けにした。

昨年の2PMの全国アリーナツアーで初披露した「Give Up」が始まると、客席からは大きな歓声が上がり、力強くセクシーなパフォーマンスと甘い歌声で会場は興奮に包まれた。

スタートから3曲は息をのむスロウテンポなパフォーマンスが続いたが、「こんばんは、ウヨンです! 待ってましたか?」と明るいトーンでMCを始めると、会場の雰囲気は一転、ファンは大きな歓声でウヨンを迎えた。

「今この瞬間が特別でみなさんと共有できることが本当に嬉しい」と話すウヨン。一生懸命考えたMCを、日本語で一言一言、自分の言葉で大事に伝える姿に涙をするファンも。

そしてウヨン自らがプロデュースしたソロシングルの収録曲はもちろん、アーティストWOOYOUNGの育ての親でもあり、ウヨンが尊敬してやまないJ.Y. Park氏の曲等で構成された今回のショーケースライヴは、衣装から舞台まですべてに関わり細部までこだわった。

ピアノとギターだけのアコースティックサウンドでしっとりと聴かせる楽曲から、激しいダンスを披露する楽曲まで、ジャンルにとらわれない様々なウヨンの姿が楽しめる公演となった。

さらに2PMメンバーのJun. Kがウヨンのために書いた曲「DJ GOT ME GOIN\' CRAZY」と、ウヨンとJun. Kの共同作「Superman」のステージでは、LED映像にJun. Kが登場し会場を沸かせた。

3月11日のツアーファイナル公演では、会場に来ていたファン全員が「Happy Birthday」を歌うというサプライズが行われ、初めてのソロショーケースは最後まで盛り上がった。

本編17曲、アンコール4曲、約2時間30分に及んだ本公演のライヴの模様は、5月に音楽チャンネルMUSIC ON! TV(エムオン!)で独占放送が決定している。さらに4月からは、6都市14公演を巡る2PMの日本全国アリーナツアーがスタート、勢いにのる2PMの今後も楽しみだ。

■セットリスト

01. Happy Birthday
02. I know your shirts
03. Give Up
04. 2NITE
05. Sexy Lady
06. Letting You Go
07. I Already Got a Girl
08. The House You Live In
09. Kiss
10. COCKTAIL
11. R.O.S.E
12. Falling Down
13. This is Love
14. Be With You
15. Merry-go-round
16. DJ GOT ME GOIN\' CRAZY (feat. Jun. K)
17. Superman
<ENCORE>
EN-1. ORION
EN-2. Only Girl
EN-3. R.O.S.E Remix
EN-4. Happy Birthday Remix

■シングル「R.O.S.E」

2015年3月4日発売
【完全生産限定盤】
¥2,980(税込)
※LPサイズ盤
※撮り下ろしLPサイズフォト封入
<収録曲>
01.R.O.S.E
02.COCKTAIL
03.Happy Birthday
04.I know your shirts(ボーナストラック)

【初回生産限定盤A】(CD+DVD)
¥1,900(税込)
※撮り下ろしフォト歌詞ブックレット
<収録曲>
01.R.O.S.E
02.COCKTAIL
03.Happy Birthday
04.R.O.S.E (Instrumental)
05.COCKTAIL (Instrumental)
06.Happy Birthday (Instrumental)
<DVD収録内容>
R.O.S.E MUSIC VIDEO (Original ver.)
R.O.S.E MUSIC VIDEO (Performance ver.)

【初回生産限定盤B】(CD+DVD)
¥1,900(税込)
※撮り下ろしフォト歌詞ブックレット
<収録曲>
01.R.O.S.E
02.COCKTAIL
03.Happy Birthday
04.R.O.S.E (Instrumental)
05.COCKTAIL (Instrumental)
06.Happy Birthday (Instrumental)
<DVD収録内容>
Happy Birthday MUSIC VIDEO
R.O.S.E making movie

【通常盤】(CDのみ)
¥1,300(税込)
※三つ折り6Pブックレット
<収録曲>
01.R.O.S.E
02.COCKTAIL
03.Happy Birthday
04.R.O.S.E (Instrumental)
05.COCKTAIL (Instrumental)
06.Happy Birthday (Instrumental)

【関連リンク】
WOOYOUNG スペシャルHP
がんばれ!Victory、メジャーデビュー曲は「全力!スタート」に決定
SKE48、ニューシングル「コケティッシュ渋滞中」リリース記念3大イベント決定
SCREW、再始動第一弾ミニアルバム『昏睡』のアートワーク&収録内容解禁

【関連アーティスト】
WOOYOUNG(From 2PM), 2PM
【ジャンル】
K-POP, ライブ

DREAMS COME TRUEカバーアルバム第2弾の全曲試聴映像を公開
Fri, 13 Mar 2015 14:00:00 +0900
アルバム『私とドリカム 2 -ドリカムワンダーランド2015 開催記念 BEST COVERS-』参加アーティスト (okmusic UP\'s)

DREAMS COME TRUEが2015年の冬に、4年に1度の国内最大級のグレイテストヒッツライヴ「史上最強の移動遊園地 DREAMS COME TRUE WONDERLAND 2015」を開催する。

【その他の画像】DREAMS COME TRUE

この開催を記念して、4月1日にリリースされる話題のカバーアルバム第2弾『私とドリカム 2 -ドリカムワンダーランド2015 開催記念 BEST COVERS-』の全曲試聴映像がYouTubeで公開された。

昨年リリースされた大ヒットカバーアルバムの第2弾となる今作には、DREAMS COME TRUEの楽曲をリスペクトする幅広いジャンルのアーティストのカバー曲を収録。今注目のニューアーティストから超人気アーティストまで、男女・グループ・ソロを問わない全14組の非常にバラエティに富んだラインナップで、発売前から大きな話題になっている。イベントもアルバムも併せてご注目いただきたい。

■史上最強の移動遊園地 DREAMS COME TRUE WONDERLAND 2015 冬開催決定!
聴きたい曲リクエスト受付中!!
http://dwl2015.tickets.yahoo.co.jp

■『私とドリカム 2』全曲試聴映像
http://youtu.be/-KJNTGTAxTc

■アルバム『私とドリカム 2 -ドリカムワンダーランド2015 開催記念 BEST COVERS-』

2015年4月1日発売
¥2,913+税
※仕様:初回盤のみ三方背BOX予定
<収録曲>
01.何度でも/May J.
02.うれしはずかし朝帰り/西内まりや
03 .未来予想図II/三浦大知
04.晴れたらいいね/LiSA
05.The signs of LOVE/JUNHO (From 2PM)
06.眼鏡越しの空/片平里菜
07.うれしい!たのしい!大好き!/クリス・ハート
08.決戦は金曜日/NICO Touches the Walls
09.サンキュ./大森靖子
10.朝がまた来る/Little Glee Monster
11.やさしいキスをして/川畑 要(CHEMISTRY)
12.雪のクリスマス/JUJU
13 .a little waltz/MONGOL800
14.LOVE LOVE LOVE/?永英明

■DREAMS COME TRUE第2弾カバーアルバム特設サイト
http://www.watashitodreamscometrue.com/

【関連リンク】
DREAMS COME TRUE オフィシャルHP
リトグリ、「SHOWROOM」での歌声生バトルで5000人を超える視聴者を動員
Little Glee Monster、オーディションコラボ企画のライブ生配信が決定
「春の紅桃歌合戦」にてSMA所属女性アーティストによる一夜限りのコラボバンドが登場

【関連アーティスト】
DREAMS COME TRUE, May J., 西内まりや, 三浦大知, LiSA, JUNHO (From 2PM), 片平里菜, クリス・ハート, NICO Touches the Walls, 大森靖子, Little Glee Monster, 川畑 要, JUJU, MONGOL800, 徳永英明
【ジャンル】
J-POP

シナロケ、スカパラ、WHITE ASHがタワレコ「NO MUSIC, NO LIFE.」ポスターに登場
Fri, 13 Mar 2015 13:00:00 +0900
「NO MUSIC, NO LIFE!」 シーナ&ロケッツ (okmusic UP\'s)

タワーレコードの意見広告「NO MUSIC, NO LIFE.」ポスター新シリーズに登場する3組のアーティストが発表された。

【その他の画像】シーナ&ロケッツ

新シリーズ「NO MUSIC, NO LIFE?」には、今年デビュー25周年を迎え、ベストアルバム『The Last』をリリースした東京スカパラダイスオーケストラと、3rd アルバム『THE DARK BLACK GROOVE』をリリースしたWHITE ASH が登場。そして、「NO MUSIC, NO LIFE!」ポスターには、シーナ&ロケッツが登場する。

シーナ&ロケッツが伝え続けてきた音楽をこれからも変わらず伝え続けたいという思いから、今回のポスターが決定したという。

この最新版ポスターは、3月19日(木)よりタワーレコードおよびTOWERmini 全店にて順次掲出。

また、東京スカパラダイスオーケストラとWHITE ASH が出演した「NO MUSIC, NO LIFE?」では、撮影時のメイキングレポートやコメント動画を制作し、タワーレコード オンライン内のNO MUSIC, NO LIFE.ポスターギャラリーにて順次公開される。

さらに、タワーレコードのストリーミングメディアTOWER REVOLVE PROJECT(通称タワレボ)にて、東京スカパラダイスオーケストラ、WHITE ASH、シーナ&ロケッツの番組配信も決定した。

■タワーレコードのストリーミングメディア「タワレボ」

・WHITE ASH
3月13日(金)22:00〜 「NMNL PREMIUM NIGHT with WHITE ASH」
NO MUSIC, NO LIFE?ポスター撮影メイキング&インタビュー、スタジオトーク

・東京スカパラダイスオーケストラ
3月27日(金)
NO MUSIC, NO LIFE?ポスター撮影メイキング&インタビュー、MV(&DJ)

・シーナ&ロケッツ
4月上旬配信予定 クアトロ25 周年ライブ(2013年7月実施)

■「タワレボ」公式サイト
http://www.towerrevo.jp/
■「NO MUSIC, NO LIFE.ポスターギャラリー」公式サイト
http://tower.jp/nomusicnolife/

■鮎川誠コメント 「NO MUSIC, NO LIFE!」シーナ&ロケッツ ポスター写真について

90年代初め、シーナ&ロケッツがボ・ディドリーのジャパンツアーに同行したNY 在住のカメラマン・Fred B Slingerに、ベーシストのデビーを通じて知り合った。
翌年、NY のワシントンスクエアホテルにシーナと泊まっている時に彼が訪ねて来てくれて以来、親交を深め、シーナの誕生パーティには必ず毎年顔を出してくれる程の家族ぐるみの付き合いが現在も続いている。この写真は、94年シーナ&ロケッツの「ROCK ON BABY」レコーディング後、自宅でFred が撮ってくれたお気に入りの一枚です。

【関連リンク】
タワーレコード オフィシャルHP
WHITE ASH、プレミアムな未発表音源をツアー来場者にプレゼント
WHITE ASH、ニューアルバムに収録された新曲のMVでのび太が“あの格好"を披露
東京スカパラ、ベストアルバム発売にあたり小沢健二によるライナーノーツが実現

【関連アーティスト】
シーナ&ロケッツ, 東京スカパラダイスオーケストラ, WHITE ASH
【ジャンル】
ジャパニーズロック

天才作曲家/ピアニスト、ジョヴァンニ・アレヴィが日本向けベストアルバムを3月18日(水)に発売
Fri, 13 Mar 2015 12:30:00 +0900
ジョヴァンニ・アレヴィ  (okmusic UP\'s)

イタリア国内ではあらゆる世代に渡り知らない人はいないとまで言われ、その作曲スタイルから「現代のモーツァルト」と称され、内外から非常に高い評価を受けている天才作曲家でピアニストのジョヴァンニ・アレヴィが、ヤマハミュージックコミュニケーションズより日本向けのベストアルバムを3月18日(水)にリリースする。

【その他の画像】Giovanni Allevi

アルバムは『THE PIANO OF GIOVANNI ALLEVI His Best 1997-2015』と名付けられ、1997年の1stアルバム『13 Dita』から2015年1月20日に発売された最新作『Love』までを網羅した形となり、17才の時に初めて作曲したと言われる「Japan」をはじめ、「Tokyo Station」や、今回特別に2015年1月20日発売の最新作『Love』に収録された、日本の金沢で生まれたと言われる新曲「Yuzen」が選ばれるなど、日本由来の楽曲も多く含まれた、彼のヒストリ―を詰め込んだ日本向けのスペシャルベスト・アルバムである。

また、初回盤には映像特典としてDVDが付録し、イタリアで発売中の映像作品『Allevi & All Stars Orchestra - Arena di Verona』より人気の楽曲「Aria」を含む2曲と、代表作のひとつである「Go With The Flow」のビデオクリップが収録されている。

独特なスタイルを持つ作曲方法について彼は、「魔女が僕の頭の中に棲んでいて、時おり、閃光のようにその魔女が音楽を運んで来る」と語る。その時すでにあの美しい旋律達が音楽として完成を迎えているというところが、まさに“天才”たるゆえんと言えるだろう。この、ピアノを一切使わずに行われる作曲法にちなんで、「現代のモーツァルト」とも呼ばれている。

日本人の礼節と村上春樹、そして日本食をこよなく愛する親日家としても良く知られているシャイで無邪気な天才ピアニストは、ひとたびピアノに向かうとその表情を一変させ、あっと言う間に音楽の世界に入り込んでしまう。彼のコンサートを経験した事がある者ならば誰しもが経験するという、五感すべてに音楽が染みこんで行く感覚は、一度味わってしまったらもうその心を掴んで離さない、まさに“恋”と呼べるものに近いものだろう。

2005年5月20日に発売した自身3枚目のピアノ・ソロ・アルバム 『No Concept』が、イタリア国内で30,000枚以上を売り上げ、シルバーアワード賞を受賞する。その結果、このアルバムはドイツ、オーストリア、韓国でも販売される事となった。そして、彼の名を飛躍的に世界中に轟かせた出来事が起きた。それは、「ドゥ・ザ・ライト・シング」、「ジャングル・フィーバー」、「マルコムX」など数々の名作を生み出してきた映画監督のスパイク・リー氏によるBMW社の最新スポーツ・カー用のCFに、同アルバムから「Come Sei Veramente」が起用された事である。その後、瞬く間にジョヴァンニ・アレヴィの世界が市場に溢れる事になる。

イタリアからの風(Vento)はゆっくりと、しかし確実に日本に届いてきている。これまで地道に日本へ足を運んでくれた彼のこれからの活躍に、目が離せない。

Photo: Alessandra Tisato / Bizart Srl
Licensed courtesy of Sony Music Entertainment Italy SpA

■アルバム『THE PIANO OF GIOVANNI ALLEVI His Best 1997-2015』

2015年3月18日(水)発売
【初回盤】(CD+DVD)
YCCS-10054/B/¥3,500+ 税
※収録曲数:全16曲 + 映像3曲 (解説付き)
※初回封入特典:アナザージャケット2種1枚
<収録曲>
■CD
01. Monolocale 7.30 a.m. [モノロカーレ セッテ トレンタ デル マティーノ]
02. Ti Scrivo [ティ スクリーヴォ]
03. Downtown [ダウンタウン]
04. Go With The Flow [ゴー ウィズ ザ フロウ]
05. Giochi D\'Acqua [ジョッキ ダクア]
06. Qui Danza [クィ ダンツァ]
07. Japan [ジャパン]
08. Memory [メモリー]
09. Helena [エレナ]
10. Cassetto [カセット]
11. L\'Orologio Degli Dei [ロロロッジォ デリ デイ]
12. Come Sei Veramente [コメ セイ ヴェラメンテ]
13. Tokyo Station [トウキョウ スティション]
14. Secret Love [シークレット ラヴ]
15. Prendimi [プレンディミ]
16. Yuzen (Bonus track from the album “Love”, 2015) [ユウゼン]
■DVD
01. Aria [Live video from the DVD "Allevi and All Stars Orchestra Arena di Verona" ] (アリア)
02. Come Sei Veramente [Live video from the DVD "Allevi and All Stars Orchestra Arena di Verona" ]
03. Go With The Flow [Videoclip]

【通常盤】(CD)
YCCS-10055/¥2,750+ 税
※収録曲数:全16曲 (解説付き)
<収録曲>
01. Monolocale 7.30 a.m.
02. Ti Scrivo
03. Downtown
04. Go With The Flow
05. Giochi D\'Acqua
06. Qui Danza
07. Japan
08. Memory
09. Helena
10. Cassetto
11. L\'Orologio Degli Dei
12. Come Sei Veramente
13. Tokyo Station
14. Secret Love
15. Prendimi
16. Yuzen (Bonus track from the album “Love”, 2015)
アルバム『THE PIANO OF GIOVANNI ALLEVI His Best 1997-2015』 Amazon商品ページ
アルバム『THE PIANO OF GIOVANNI ALLEVI His Best 1997-2015』 ヤマハミュージックコミュニケーションズ商品ページ

■「GIOVANNI ALLEVI - Go with the flow」(videoclip ufficiale)
https://youtu.be/yt8ypwvk7do

【関連リンク】
ジョヴァンニ・アレヴィ オフィシャルHP
がんばれ!Victory、メジャーデビュー曲は「全力!スタート」に決定

【関連アーティスト】
Giovanni Allevi
【ジャンル】
ヒーリング/ニューエイジ

郷ひろみ、100枚目のシングル「100の願い」がドラマ主題歌に決定
Fri, 13 Mar 2015 12:00:00 +0900
郷ひろみ (okmusic UP\'s)

1972年8月「男の子 女の子」でデビューして以来、現在に至るまで一線で活躍し続けている郷ひろみが、遂に100枚目のシングル「100の願い」を5月20日に発売することが発表された。

【その他の画像】郷ひろみ

また、同曲が3月30日午後1時25分からスタートする、東海テレビ制作・フジテレビ系全国ネット『プラチナエイジ』主題歌に採用されたことも同時に発表された。このドラマの主人公たちは60代の夫婦で、ここから人生は動きだす、という青春ドラマ。常々「60代が一番人生で輝く時」と話している郷とドラマのテーマがぴったり一致しているところから、郷にぜひ主題歌をお願いしたいと、ドラマプロデューサーからの熱いリクエストがあり、郷も即快諾となったそうだ。

「100の願い」は郷ならではの王道の歌謡バラード。同世代にとってはどこか懐かしく、若い世代には新鮮に聞こえる楽曲に仕上がっている。

また、「100の願い」を携えての全国ツアーも、5月27日の越谷を皮切りに、60歳の誕生日の10月18日国際フォーラムまで50公演行う。

2015年の郷ひろみも、とどまることなく走り続ける。

■シングル「100の願い」

2015年5月20日発売
【初回生産限定盤】(DVD付き)
SRCL-8824〜8825/¥1528+税
【通常盤】
SRCL-8826/¥1241+税
※詳細は決定次第HPにて発表

■ツアー情報

5月27日(水) 埼玉 越谷・サンシティホール
5月30日(土) 東京 オリンパスホール八王子
6月03日(水) 和歌山 和歌山県民文化会館
6月04日(木) 滋賀 滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール
6月07日(日) 新潟 新潟県民会館 大ホール
6月09日(火) 静岡 静岡市民文化会館
6月14日(日) 埼玉 大宮ソニックシティ 大ホール
6月19日(金) 岩手 北上市文化交流センター さくらホール
6月20日(土) 秋田 秋田県民会館
6月21日(日) 山形 やまぎんホール
6月25日(木) 広島 広島文化学園HBGホール
6月28日(日) 石川 北陸電力会館 本多の森ホール
7月03日(金) 千葉 松戸・森のホール21
7月04日(土) 神奈川 神奈川県立県民ホール
7月06日(月) 奈良 なら100年会館大ホール
7月08日(水) 愛媛 松山市民会館
7月10日(金) 岡山 倉敷市民会館
7月12日(日) 兵庫 神戸国際会館こくさいホール
7月13日(月) 三重 四日市市文化会館
7月15日(水) 京都 宇治市文化センター
7月18日(土) 東京 NHKホール
7月22日(水) 神奈川 相模女子大学グリーンホール
7月25日(土) 大阪 フェスティバルホール
7月26日(日) 大阪 フェスティバルホール
8月02日(日) 北海道 ニトリ文化ホール
8月06日(木) 静岡 アクトシティ浜松
8月18日(火) 福岡 アルモニーサンク北九州ソレイユホール
8月20日(木) 大分 iichikoグランシアタ
8月21日(金) 宮崎 宮崎市民文化ホール
8月23日(日) 佐賀 佐賀市文化会館
8月24日(月) 福岡 福岡サンパレスホテル&ホール
8月26日(水) 熊本 市民会館崇城大学ホール
8月27日(木) 鹿児島 鹿児島市民文化ホール 第1ホール
8月30日(日) 神奈川 よこすか芸術劇場
9月05日(土) 福島 郡山市民文化センター
9月06日(日) 宮城 仙台サンプラザホール
9月12日(土) 愛知 日本特殊陶業市民会館 フォレストホール
9月13日(日) 愛知 日本特殊陶業市民会館 フォレストホール
9月17日(木) 栃木 宇都宮市文化会館
9月20日(日) 高知 高知県立県民文化ホール オレンジホール
9月21日(月) 香川 アルファあなぶきホール・大ホール
9月23日(水) 富山 富山オーバード・ホール
9月26日(土) 大阪 フェスティバルホール
9月27日(日) 福井 フェニックスプラザ
9月29日(火) 大阪 岸和田市立浪切ホール
10月03日(土) 新潟 上越文化会館
10月09日(金) 埼玉 川口総合文化センターリリア・メインホール
10月11日(日) 茨城 茨城県立県民文化センター
10月16日(金) 岐阜 長良川国際会議場
10月18日(日) 東京 東京国際フォーラム ホールA

【関連リンク】
郷ひろみ オフィシャルHP
久しぶりに彼(彼女)に会う前日に聴きたい5曲
天職である“郷ひろみ”を燃え尽きるまで務めたい! 郷ひろみが全国ツアーをスタート! 
郷ひろみ、99枚目のシングルは前山田健一プロデュース!

【関連アーティスト】
郷ひろみ
【ジャンル】
J-POP, テレビ(番組/CM)

Poet-type.M、4部作の第一章「Dark & Dark」のヴィジュアルイメージ公開
Fri, 13 Mar 2015 11:00:00 +0900
Poet-type.M (okmusic UP\'s)

BURGER NUDSの門田匡陽(Vo&Gt)のソロプロジェクト「Poet-type.M(ポエト タイプ ドット エム)」が、一年をかけて音楽で綴る御伽噺『A Place, Dark & Dark』の春盤となる『A Place, Dark & Dark -観た事のないものを好きなだけ-』のビジュアルイメージをオフィシャルサイトにて公開した。

【その他の画像】Poet-type.M

今作品は架空の世界「Dark & Dark」の街を春夏秋冬で表現していく4部作の第1章で、これから始まる物語の舞台「Dark & Dark」の街の全景をジャケットで表現し、アーティスト写真は街の中にいる門田匡陽を描いている。

収録内容に関しても、一貫して「Dark & Dark」という夜しかない街を軸に考えられた6曲入りのミニアルバムとなる。これらの楽曲は、BURGER NUDSとGood Dog Happy Menの群像劇という、門田の遊びココロも含まれているので、当時の楽曲を知っているリスナーはニヤリとする事は間違いないだろう。

もちろん、どちらの楽曲を知らない人も十二分に楽しめる作品であり、これから始まるストーリーに注目してほしい。

そして、4月18日にはリリースに伴い、TOWER RECORDS秋葉原にてインストアイベントの開催が決定。また、『A Place, Dark & Dark -観た事のないものを好きなだけ-』のリリース日である4月1にはPoet-type.M始動から2周年のお祝いとレコ発を兼ねて、原宿ストロボカフェにて独演会の開催が決定している。

■ミニアルバム『A Place, Dark & Dark -観た事のないものを好きなだけ-』

2015年4月1日(水)発売
PtM-1030/¥1,500+税
<収録曲>
1.唱えよ、春 静か(XIII)
2.痛いな、この光(Ticket To Nowhere)
3.観た事のないものを、好きなだけ(THE LAND OF DO-AS-YOU-PLEASE )
4.救えない。心から。(V.I.C.T.O.R.Y.)
5.泥棒猫かく語りき(Nursery Rhymes ep3)
6.楽園の追放者(Somebody To Love)

■「D&D release&PtM 2nd Anniversary 独演会『Gentry liar from D&D』」

4月01日(水) 原宿ストロボカフェ
開場/18:30 開演 /19:00
【チケット】前売¥2,500-(税込)※座席あり
チケットの購入はPoet-type.M webサイト予約のみ、ご来場者には「A Place, Dark & Dark -観た事のないものを好きなだけ-」の中から1曲の譜面をお土産でプレゼント

■Poet-type.M webサイト予約
http://ptm-net.com/2015/02/20/2220

■『A Place, Dark & Dark -観た事のないものを好きなだけ-』インストアイベント

4月18日(土) TOWER RECORDS秋葉原店 イベントスペース
18:00 START
内容:ミニライブ&特典引き換え会
対象店舗:TOWER RECORDS秋葉原店、新宿店、渋谷店、池袋店、横浜ビブレ店、吉祥寺店、町田店

【関連リンク】
Poet-type.M オフィシャルHP
Poet-type.M、原宿ストロボカフェにてアコースティック編成の独演会を開催
Poet-type.M、4月1日(水)に1年半振りのリリースが決定
Poet-type.M、1月31日に約1年ぶりの独演会を開催!

【関連アーティスト】
Poet-type.M, 門田匡陽, BURGER NUDS, Good Dog Happy Men
【ジャンル】
J-POP

在日ファンク、ニュービジュアルは担当ディレクターの結婚披露宴で撮影
Fri, 13 Mar 2015 00:00:00 +0900
在日ファンク (okmusic UP\'s)

5月6日にメジャー1stシングル『ぜいたく』をリリースすることを発表している在日ファンクがニュービジュアルを公開した。

【その他の画像】在日ファンク

撮影はメンバー全員が揃うタイミングを見計らう中で、昨年メジャーデビューのタイミングからタッグを組んでいる、バンドが所属している日本コロムビアの制作ディレクターの結婚披露宴で敢行された。

様々なロケーションで撮影は行われたが、新郎新婦が座るメインテーブルにてメンバー全員で撮影した記念写真のような写真を採用。新郎新婦の強い希望により、黒目線が入る形となった。

アートディレクションは、小林忠浩、根岸篤男(ともにAIM Design)、撮影は羽田誠が務めている。なお、結婚披露宴では、在日ファンクボーカルの浜野謙太が乾杯の挨拶を行い、トロンボーンのジェントル久保田が、司会を務めた。

在日ファンクは今後、この写真を正式なアーティストビジュアルとして、ポスター、店頭展開などで使用していく予定。

そしてこの度、早速、在日ファンクが「ぜいたく」を主題歌提供しているTOKYO MXのTVドラマ『食の軍師』のオフィシャルサイトがオープンし、この写真が掲載されている。ドラマ『食の軍師』放送時間などが発表となったので、ぜひチェックしてほしい。

■日本コロムビア 在日ファンク 制作ディレクターコメント

在日ファンクのみなさん、この写真が採用されるなんてまさかないだろうと思っていた自分がバカでした。やはりみなさんはファンキー。けれども今の在日ファンクのいい雰囲気が凝縮された最高に"ぜいたく"な写真だと思っています。
ありがとうございました、そしてこれからも末永く宜しくお願いします。

■シングル「ぜいたく」

2015年5月6日(水)発売
COCA-17013/¥1,800+税
<収録曲>
1. わからん
2. ぜいたく
3. 『笑うな』ツアーオンパレード2014 ※ライブ音源

■『在日ファンク「ぜいたく」発売記念わからんツアー』

5月06日(水・祝) 福岡BEAT STATION
5月08日(金) 梅田CLUB QUATTRO
5月09日(土) 名古屋CLUB QUATTRO
5月16日(土) 恵比寿LIQUIDROOM

【関連リンク】
在日ファンクオフィシャルHP
在日ファンク、メジャー1stシングルでようやく湯水のように金を使う!?
在日ファンク、対バンツアーのゲストにZAZEN BOYSとぺトロールズの出演が決定
在日ファンク、東名阪福岡にて対バン形式のツアーを開催!

【関連アーティスト】
在日ファンク
【ジャンル】
R&B/ソウル, ジャパニーズロック













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1